#menu(MenuBer/Neo)

*ウィンチェスター家出身 プリム・ローゼ・ウィンチェスター 409401 [#p8de87b8]

**[[御用のさいはこちらへ>名簿/13567]] [#u75768c7]

#region("第一部終了")

&br;
CENTER:''「…まいったわね…休むヒマも無いじゃない……?」''&br;
&br;
&br;
CENTER:'''致命傷を負い地に伏す事となったプリム・ローゼではあったが'''
&br;
&br;
CENTER:'''同行した酒場の冒険者の助けにより、一命は取り留める'''
&br;
&br;
CENTER:'''しかし、受けた傷は深く療養のため故郷へと帰国する事に'''
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
CENTER:'''…なったのだが……'''
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
CENTER:'''旅の途中不穏な噂を聞きつつも故郷の地を踏みしめたプリム・ローゼ'''
&br;
&br;
CENTER:'''そこで彼女を待っていたのは王城を取り囲む鉄の軍勢'''
&br;
&br;
&br;
CENTER:'''国の主産業でもある「遺失技術」の利権を巡り革新派貴族が反乱を起こしたのだ'''
&br;
&br;
&br;
CENTER:''「このままあの街に帰りたい所だけど…そうも行かないわよねぇ?」''
&br;
&br;
&br;
CENTER:'''敵は革新派貴族率いる三千の機甲兵団……'''
&br;
&br;
CENTER:'''対するプリム・ローゼの戦力はモブメイド五十……'''
&br;
&br;
&br;
CENTER:''「まぁ、なんとかなるわよね」''
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
CENTER:'''''プリム・ローゼ・ウィンチェスターの物語はまだ終わらない'''''
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;

#endregion

RIGHT://
&br;

/////その後のプリム・ローゼのお話
//
//いきなり絶望的な戦力差でプリムさん死んじゃった!と思った子も多いかと思います
//そうは思わなかった?それはどうもです
//
//プリムさんも学園で色々な事を学んだ身、いきなり突撃して犬死にするほど馬鹿ではありません
//王族と限られた者のみが知る秘密通路を使い王都に潜入
//奇襲夜襲等を繰り返しつつ民衆の国外脱出を手助け、反撃の機会を待ちます
//
//さて…元々は自分の利益のために集まった革新派貴族勢
//こんな訳のわからない状況が続けば疑心暗鬼に内部分裂が起こるのは当然の事
//ついにとある貴族が革新派からの離脱を宣言…勢力内での内乱が発生
//
//それを好機とみたプリムさんは地下から王城へと潜入
//捕えられていたお姫様や親族その他投獄されていた皆さんの解放に成功
//(残念な事に国王やプリムの父等重鎮の多くは処刑されていました)
//
//助けるべき人を助けた所でさらに国を解放したい所ですが……
//何分今は戦力不足これ以上はどうする事も出来ません
//今は生き延びるのが先決…と言う段になって革新派貴族軍に包囲されてしまいます
//敵はカンカン殺る気満々プリムさん大ピンチ!
//
//「こんな時ウィンチェスター家に伝わる「伝説の天使」でも現れたらいいのにねぇ」
//…なんてお気楽な事を考えていたら、本当に現れちゃいました「伝説の天使」さん!
//その天使さんたったの一騎で機甲兵団3000騎相手に戦闘開始…僅か数分で3000騎の機械兵をのしちゃいました
//
//そんな訳で革新派貴族の反乱は失敗、王国は平和にもどりましたとさ
//どっとおはらい


/////おまけ
//
//区切りを付けたので裏話を少しだけ……
//プリムさんのコンセプトは「ライトなエロキャラ」でした
//「ピンクは淫乱」の格言の通りに特定の恋人は作らず色々な子とだらだらしてみよう!と考えていました
//…でも慣れない事はするもんじゃないですね…結果は見ての通りでした
//
//遊びに来てくれたり絡んでくれた皆さんありがとうございます
//こちらからはほとんど出歩けずごめんなさい!
//

//#region("設定等")

|BGCOLOR(#ffccff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff00cc):CENTER:330|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ffccff):60|c
| | | | | | | | | | | |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):150|BGCOLOR(lavenderblush):200|BGCOLOR(white):570|BGCOLOR(#ffccff):5|C
| |ID:|409401|BGCOLOR(#F9EEDD):#ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst066528.png,around,510x488)| |
|~|名前:|プリム・ローゼ|~|~|
|~|出身家:|ウィンチェスター|~|~|
|~|年齢:|18|~|~|
|~|性別:|#listbox3(女,server,sex)|~|~|
|~|前職:|#listbox3(占い師,server,job)|~|~|
|~|理由:|#listbox3(やむをえない事情により,server,reason)|~|~|
|~|こっそり:|[[ステータス>http://gold.ash.jp/main/?chrid=434034]]/[[戦歴>http://gold.ash.jp/main/advlog.cgi?chrid=434034]]|~|~|
|~|その他:| %%[[ステータス>http://gold.ash.jp/main/?chrid=409401]]/[[戦歴>http://gold.ash.jp/main/advlog.cgi?chrid=409401]]%%|~|~|
|~|使い魔:| [[ステータス>http://gold.ash.jp/main/?chrid=411052]]/[[戦歴>http://gold.ash.jp/main/advlog.cgi?chrid=411052]]|~|~|
|~|>|>|BGCOLOR(lavenderblush):[[http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst064937.png>学園]] [[学生服>ロダ:066528.png]]、[[最初のステ絵>ロダ:063818.png]]|~|
|BGCOLOR(#ffccff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff00cc):CENTER:330|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ffccff):60|c
| | | | | | | | | | | |

&br;

//*街のどこかにある空き屋敷 [#z38669af]

//|BGCOLOR(#ffccff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff00cc):CENTER:330|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ffccff):60|c
//| | | | | |''私とお話しするの?''| | | | | |
//|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
//| |LEFT:[[http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst048231.gif>編集:ピンクは]][[http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst048230.gif>差分:ピンクは]]| |
//| |BGCOLOR(lavenderblush):#pcomment(ピンクは,5,below,reply)| |
//|BGCOLOR(#ffccff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff00cc):CENTER:330|BGCOLOR(#ff00ff):60|BGCOLOR(#ff33ff):60|BGCOLOR(#ff66ff):60|BGCOLOR(#ff99ff):60|BGCOLOR(#ffccff):60|c

|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff):  |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc):COLOR(#ffccff):''諸設定''|BGCOLOR(#ff00ff):  |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
| |・ピンク髪のやる気の無いお姉さん| |
|~|・こんなのでも一応北の大国では有名な伯爵家の令嬢らしい|~|
|~|・本当は血縁の者が昔暮らしていた屋敷に住む予定だったが、人の住まぬ間にとある魔王の根城にされていた&br;そこで急遽、売りに出されていたこの屋敷を買い取ったらしい|~|
//セツナ・ウィンチェスター→浸食の魔王→現在
|~|・屋敷にはモブメイドが多数いるが、常に人手不足なのでメイドさん募集中|~|
//モブメイドの大半は人ではなくウェルクストラタイプの神姫だったりする
//基本的な活動時間帯は深夜〜なので時間が合う人がいいかも
|~|・黄金歴159年にゴルロア学園のM科に入学したらしいですよ|~|
| | | |
|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc):COLOR(#ffccff):''外見設定''|BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
| |・全体的に桃色吐息。奇抜な衣装を好むがどれも特殊な魔導繊維で織られた物で質と耐久性は高い| |
//見る者が見ればかなり高価な品と分かる素材を贅沢に使ってあります
| |・学園では制服を着用しているが胸の辺りが弾けそうになっている| |
|~|・身長:155cm→158僉福椒辧璽襪旅發5cm位)、体重:女性にそんな事聞くのはダメよ♡|~|
|~|・スリーサイズ:ステ絵からご想像くださいな|~|
//160年5月時 155cm45kg B96 W55 H82→161年4月 B98 W57 H85
//まだ成長する予定
|~|・髪:特徴的な桃色(これもやはりご先祖様の影響らしい)の髪を腰まで伸ばしたストレート。左右の跳ねがポイント(重要!)|~|
|~|・瞳:エメラルドグリーン。右目の下には泣き黒子。常に眠たそうな目をしており、それが艶っぽく見える事も……(しかし、本当に眠い時の方が多いらしい……)|~|
| | | |
|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc):COLOR(#ffccff):''内面設定''|BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
| |・まったり、だらだら| |
|~|・楽しい事は好きだが、どこか刹那主義的な部分も……、冒険者になったのもそんな理由から|~|
//…と見せかけて英雄にでもなれば国の在り方を変えられるのではと思っている
|~|・考え事をする時等に足を頻繁に組み直すのが癖|~|
//この癖一度も使ってない!
|~|・カレーがトラウマになった|~|
| | | |
|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc):COLOR(#ffccff):''戦闘設定''|BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
| |・武器「メタルロッド(仮)」:故郷近くの遺跡から発掘された不思議な光沢を放つ金属製の棒(オリハルコン製のハンマーでも折れなかったらしい)&br; 長さは1m〜2mと可変し、使わない時は三節棍の様に折りたためる(折れないけど折りたためるのだ!)| |
//実は神姫技術製のオーバーテクノロジーの産物で大型粒子砲に使われるパーツの一部
|~|・ご先祖様に竜だか魔族だかがいたらしく炎の術を扱える。とは言っても技術はまだ未熟で、今の所は牽制程度の術しか扱えない(※成長に合わせランクアップの予定)|~|
//ご先祖様が何かは投票で決める事にしたけど…地味に投票されていて安心したわ
//魔術設定作ったけど…適当でもいい気がしてきた
|~|・護身として棒術を学んでいた事もあり長物を用いた格闘もある程度こなせる(小さな力で巨漢を打ちのめす術等も身につけている)|~|
| | | |
|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |

//#endregion

/////裏設定
//やる気の無いと言うのは表の顔……
//一族の中では家督継承権第一位の立場にあり
//幼い日から家督を狙う親族に命を狙われて育った
//そこでプリムは怠惰な振る舞いをする事で「相続の価値無し」と周囲に思わせようと考えたらしい

//で、そんな事をしていたら「一族の恥曝しめゴラァ!」と今の当主に追い出されました
//(実の所、当主…祖母はプリムの内心を理解していたらしく、表向きには継承権剥奪だが、プリムは今でも家督継承権一位である)

//…しかし、プリムの行動を見るに怠惰さは地なのかもしれない

//一見地位や名誉には興味が無さそうだが
//一族をひっくり返せたら面白いだろうなと思っているらしい

/////『北の大国について』
///そのうち設定ページを作るけどとりあえず……
///某通りすがりのメイドさんがここに来る前に暮らしていた国でもあり
///某人間サイズ半妖精の故郷の村もこの近くにある
///
///この街からは西に列車で一週間ほど、さらに馬車で一日ほど行った所にある王政国家
///急速な機械技術の発展にともない、伝統的な中世風の街並みに機械技術が混じると言う特殊な景観と文化体系を持つ
///
///近くには古代文明の遺跡が多数存在し古代遺物の発掘も盛んに行われている
///(通りすがりのメイドさんが発掘されたのもそんな古代遺跡の一つ)
///そんな背景もあり「遺失技術」や「神姫技術」の研究では最先端を行く国のでもある
///また古代技術の研究発掘は国の主産業の一つでもあり、この国を大国へと押し上げた一因でもある
///※他の輸出品として高級ワインがあるが他の産業に押され縮小の傾向にある
///
///機械兵器等の輸出により国は豊かだが内情は常に不安定気味
///市民生活への影響こそ少ないが、統治階級層による権力抗争は絶えず暗殺等は日常茶飯事
///貴族王族の子弟達の多くは成人するまで国外で育つ事も
///
///さらにこの国から北へと進むと「帰らずの砂漠」があり
///その砂漠を生きて抜けると「最北の遺跡」がある
///
/////『帰らずの砂漠』
///北の大国のさらに北、極圏に近い場所にある広大な砂漠
///この砂漠では様々な不可思議現象が起こり、毎年遭難者未帰還者が多数出る
///それゆえ近隣に住む者は「死の砂漠」「無限の荒野」「時の壊れた場所」「永遠の終わり」等と呼ぶ事もある
///それでも砂クジラと呼ばれる希少生物やオーバーテクノロジーの遺物が発見される事もあり
///探索者が後を絶たない……
///
/////『最北の遺跡』
///「帰らずの砂漠」の向こうにあるとされる古代遺跡群(一千万年〜二千万年前?)
///精神的物理的魔術的干渉を及ぼす結界(バリアー)の向こうにあり……
///……この先は編集中

----

#region("魔術書を開く")

|BGCOLOR(#ddeeff):150|BGCOLOR(#ddeeff):|c
|>|BGCOLOR(linen):CENTER:術関連(整理作成中)|
|>|BGCOLOR(white):|
|>|BGCOLOR(linen):CENTER:''入門〜初級''|
|>|BGCOLOR(white):|
|火炎弾(フレイムショット)|属性:炎 魔力消費:低 飛翔速度:中 威力:小〜中|
|>|基本的な炎の術、握り拳大の火炎弾を生成し対象に投げつける。対象に命中すると炸裂し炎と衝撃のダメージを与える|
|>|BGCOLOR(white):|
|エナジーバレット|属性:無 魔力消費:低 飛翔速度:中 威力:小〜中|
|>|魔法の弾丸(青白い光の弾として認識される)を撃ち出す攻撃魔法。魔力の消費が少なく連射可能。学園のとある先生に習った。|
|>|BGCOLOR(white):|
|>|BGCOLOR(linen):CENTER:''中級''|
|>|BGCOLOR(white):|
|炎の嵐(ファイアストーム)|属性:炎 魔力消費:中 飛翔速度:速 威力:中〜大|
|>|範囲攻撃型の炎の術、その名の通り炎の嵐を発生させ広範囲を攻撃し時に焼き払う|
|>|BGCOLOR(white):|
|炎の舞(フレイムダンサー)|属性:炎 魔力消費:中 飛翔速度:無し 威力:中〜大|
|>|炎を身に纏い身体能力を強化、舞い踊る様にステップを踏みながら近づく者を焼き払う|
|>|BGCOLOR(white):|

//
//炎の壁(ファイアウォール)
//文字通り炎の壁を生成する。
//
//炎の拳(ばーんなっこー)
//お仕置き用。炎を纏った拳で殴る、熱い痛い
//
//炎熱弾(フレイムクラスター)
//火炎弾をより強化した術。魔力を集中し練り上げる事で炎の珠を生成し相手に投げつける、ある程度の追尾性能もあるので命中率も高い
//命中すれば爆炎が大きく広がり対象を包み込む。威力は大型ナパーム弾くらい

#endregion

----

#region("展示物")

|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |
|BGCOLOR(#ffccff):5|BGCOLOR(lavenderblush):920|BGCOLOR(#ffccff):5|c
| |BGCOLOR(lavenderblush):&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst065460.gif,112x150,フェイの桃の効果?膨らむプリム・ローゼ);&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst064146.jpg,150x87,ぬきぽんなプリム・ローゼ);&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst064627.png,150x150,リッツさんの作ったコースター);| |
|60|60|60|60|60|CENTER:330|60|60|60|60|60|c
|BGCOLOR(#ffccff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff00cc): |BGCOLOR(#ff00ff): |BGCOLOR(#ff33ff): |BGCOLOR(#ff66ff): |BGCOLOR(#ff99ff): |BGCOLOR(#ffccff): |

#endregion

#region("判定")

-隠された性癖判定
 脚を舐めさせるのが好き、サドだけどリバられて関節極められる位乱暴にされることを望んで僧

-ペルソナ判定
 所持ペルソナ:アルラウネ
 自身の刹那主義的な部分に潜む
 孤独に震える心を認めたくない自分が影となる
 自身を見つめ直し、その孤独を踏み越えて人と関わる勇気を持つことでペルソナを取得

-絡みやすさ判定
 もう少し感情表現してもいいんじゃないかと思った
 外から見たら、何考えてるのかわからないフシが見られます
 親密になったら違うのかもしれないけど
 
 行動を詰め込み過ぎる感が性急さの原因じゃないかなと捕捉

-かっこいい判定
 おっとり快楽主義お姉さん これだけでもうぐったりするほどの女臭さだね
 この手の人は道に迷うかっこいいキャラ候補生の男の子を諭して導くのが一番だと思います
 貧乳に対する挑発的なかっこよさ ★☆☆☆☆

-可愛い判定
 可愛い!ピンクおっぱい!可愛い!
 外見は可愛いというよりエロいね!
 言動はといえばちょっと壁が感じられるかも!
 その壁が壊れた時にどんな反応してくれるのかが楽しみでもあるんだけどね!
 75点

-恋人にしたいか判定
 学園キャアっぽい 設定は分かりやすくてよし、なんつーかきままに付き合える感じ
 ただし学園キャラ以外との絡みが微妙に少ないように感じるので、出歩けるとよいでしょう
 学園内で恋愛するなら話は別 可もなく不可もなく、無難な相手と言った感じ 55点 

-貴方に似合う花
 ハマナス 花言葉は:「照り映える容色」「見映えの良さ」「香り豊か」「美しい悲しみ」

-恋人にしたいか判定
 最初は屋敷に売り込みにきた商人として出会いたい
 何度か売り込みに行くうちに不思議な雰囲気の彼女に
 どことなく惹かれて行くんだけど通いつめるうちに
 なんだか彼女が少し寂しそうにしてることに気づくんだ
 金持ちは満たされてるんだろうな、と思ってた俺は
 なんだかモヤモヤしちゃって余計に気になっちゃうんだよね
 そんな日々を重ねてついに我慢できなくなった俺は
 彼女に向かってこう言うんだ
 「的はずれな、失礼なことかもしれませんが…言わせて下さい
  貴方は何事も刹那的に考えてらっしゃるようですが…そうでないものもあるんです
  例えば…俺の貴方への想いはずっと、ずっと変わらない」
 ってね

#endregion

----

#region("旧友達")

-お話
--[[ユリウス>名簿/409685]]
--[[ソーニャ>名簿/410170]]
--[[エルーカ>名簿/408943]]
--[[レナータ>名簿/333754]]
--[[アンサー>名簿/394142]]
--[[ヒレン>名簿/408832]]
--[[リト&ノト>名簿/408063]] 

-同行
--[[リセリア>名簿/408080]]
--[[ユゥル>名簿/409050]]
--[[イェルド>名簿/408914]]
--[[リッツ>名簿/408792]]
--[[マリーシア>名簿/408812]]
--[[オウキ>名簿/409186]]
--[[アルルミ>名簿/408846]]
--[[エイリ>名簿/409387]]
--[[アラト>名簿/410076]]
--[[那智>名簿/409560]]
--[[マイヤ>名簿/408965]]

-去った方
--[[フェイシオン>名簿/405727]]
--[[しょうこ>名簿/409292]]
--[[フェルニィ>名簿/409531]]
--[[和泉>名簿/409406]]
--[[フレイバ>名簿/409676]]

#endregion

///プリム・ローゼの話はここで一旦終了です
///今日までありがとうございました

/////

///うぐぐ……
///…素直に先月の時点で故郷に帰れば良かったかも……
// はわわ、大丈夫ですかプリムさん……?(マイヤ)
///同行したのにごめんなさい…どうするか少し考えます
// こちらこそ守れずすみません。Flashで見ましたが、本当に運悪くという瀬戸際の事故でしたね……
// ここで守れたらカッコ良かったのですが。それでは、ゆっくりお考え下さいー
///いえ…こればかりは運なので仕方がありません

//ぎゃあし!帰宅が遅れて確認してたら…正座して待ってよう(マリ)
///来てくれてありがとうございます…悩んだ結果閉じる事にしました……
///今になって貴族ネタでもっと絡めばよかったかなと思ったりしました……

//ようやく帰宅して同じ科の卒業生が未帰還だった。…教室とかでしか話出来なかったけどお疲れ様…うぅ! 408960
///いえ、私も引き籠り気味だったので…仕方がないです
///実は人の多い中へ入って行くのは苦手だったのだけど
///会話を拾ってくれるエイミアさんのお陰で教室に慣れる事が出来ました、ありがとうございます

///名前がしっくりこなくて登録しなかった子の方が紅蓮の魔人をとったのだ
///こっちを登録していたらまた別の展開があったのかな……

/////