#navi(../)
//#ref(http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031392.jpg,around,480x254,主にドレス)


|#ref(http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031464.png)|~|~|
|~|~名前|セレイン・伏見・セイラム|
|~|~性別|♀|
|~|~年齢|22|
|~|~出身地|企業国家ナイン|
|~|~職業|密使|
|~|~理由|国交回復前の下見|
|~|~写真など|[[ドレス>ロダ3:031392.jpg]][[顔>ロダ3:031393.jpg]][[仕事姿>ロダ3:031420.jpg]][[H>ロダ3:031421.jpg]][[ラバーサンプル>ロダ3:031531.jpg]][[水着>ロダ3:031693.jpg]][[月光>ロダ3:031735.jpg]][[着物?>ロダ3:031751.jpg]]&br;[[ちび>ロダ3:031968.jpg]][[冥土>ロダ3:031969.jpg]][[異国>ロダ3:031972.jpg]]&br;[[母>ロダ3:031983.jpg]]|
|~|~もらい物|[[■>ロダ3:031464.png]][[■>ロダ3:031533.png]]|

*3行 [#p18b0c39]
-黒い狐のお姉さん
-何故かよくドレス姿でうろうろ
-はたらきたくない

*こめんと [#q7b0f805]
#region("&size(10){使いたい人向けロケーション表};") 

|>|CENTER:来店以外の目的、ネタに困った時に下1桁秒の判定でどうぞ|
|0|物資受け取り中に遭遇|
|1|営業外回りの休憩中|
|2|商品の入れ替えや店内清掃中|
|3|店内に誰も居ない、食事中のようだ|
|4|店の屋上で大型輸送ドローン誘導している|
|5|営業中、ではなく休暇のようで私服のままうろうろしてる|
|6|あまりに人が来ないので本国から配信されているニュース見てぼんやりしてる|
|7|電話中、しばらくお待ちください|
|8|定休日でぐでってる|
|9|0〜8の中から好きな物をどうぞ|

#endregion
-現在無期限の活動停止処分中
--お店に御用の方はは[[こちら>街人/しろいきつね]]にどうぞ

#pcomment(駄狐の出張所,3,reply)

[[編集>編集:駄狐の出張所]]
 セレイン>街人/くろいきつね &color(blue){};
*設定 [#a82a1745]
**メイン設定 [#jccab0d7]
-ある狐の一族の末裔の一人
--[[紫暮>名簿/505056]]と[[ユエ>名簿/505051]]から数えて6代目ぐらいの孫、ただし本家ではない
-身長は163、体重は極秘事項、3サイズは大きい・やや細い・大きい
--ドレスを好む為胸以外は大きさがわかりにくい
-多種多様な混血を経ても狐の血が強かった(主に親が原因)
--同時に堕天使系の血も強かったのか黒い翼がある
-本国での役職は営業、役職クラスは下級(ド標準、高くも低くも無い一般市民状態)
**母 [#o7a591e4]
-セルティス・犬駆・セイラム
-[[年中分厚いコートの酔っ払い>ロダ3:031983.jpg]]
-経産婦である自称17歳、実年齢137歳
-本業は遺跡の発掘調査
--本国での役職クラスは上級、中でも特級に近い
-白い、翼も尻尾も白い、娘は隔世遺伝の為黒い
-お酒と家族が大好き
-嗅覚が非常にいい
**従姉妹の家族 [#r221914a]
-叔母、実質育ての親でもあるセルティスの双子の妹、シャリゼ・E・マルクール(赤髪の狐)、ドロップアウトの主婦(下級一般市民)
--その旦那、ハリー・マルクール(入り婿、ごく普通の人間、ただし眷属契約の利用により長寿)、ごく普通のサラリマン(下級一般市民)
-従姉、シャミア・E・マルクール、セレインより僅かに早く生まれた珍しく狐系のちんちくりんのプラチナブロンド狐
--中級のデザイナーとしてそれなりに稼いでいる、妹に生活能力を任せきりなので生活能力が極めて低い
-従姉、シャーリー・E・マルクール、セレンよりも僅かに遅く生まれたが従姉妹含めて4人中最も発育がいい赤い狐
--極度の人見知りもあってメイド科の出身ながら家族の手伝い(特に姉の生活)ぐらいしかしていなかったが切欠を経て国外にも足を伸ばした~
見知った相手やその知り合いぐらいまでは安心して会話できるしよく笑う娘だが知らない人相手だと途端に硬直する難儀な性格をしている
---別名スーパーちょろいさん
**現在の支社の状況 [#nb927b32]
-ギリギリ!
-一般客ほぼなし
-食品は置いてあるが必要最低限のみ
-電気ガス水道は全て船から転送
-屋上にヘリポート有り
-毎週水曜日が定休日
**サブ設定 [#ad8bebb0]
#region(性格や性癖)

-両刀、刹那的快楽主義者でもある
-SでMなややこしい性癖
-本来は国交回復の為の下見だが本人は割りとどうでもいいと思っている節がある
-本国の製品を売りつける為ならなんでもする意思もある
-夢は大きく次期社長
-戦えるが長期戦に対応していないので冒険者向きではない

#endregion

#region(その他)
-住居は洋上に停泊中の大型豪華客船
--営業所にあるテレポーターで直接移動している
-国との関係があまりよろしくないので度々不在になる
--//国家関連の人と敵対すると何かしらリアクションがあります
-どちらかと言えば技術屋であり術士としてよりは道具を使いたい派

#endregion


#region(家系図)
 左側がだいたい女性、右側が男性、たまにれずっぷるあり~
    稲荷―トーコ  朱音―ショウ~
      |      |~
        月―――――紫暮~
              |~
(獣耳つき)フィアナ―― 白陽~
         |~
           シュザ―――――クヴェル(堕天使)~
             |~
            カナデ―――――ディー(アホな竜種)~
                  |~
  (ハーフ吸血鬼)シャルミナ───ディアス~
             |~
          セルティス───[[ノイン>設定/416498]](妖狐)~
               |~
              セレイン 
#endregion
**護衛 [#bf73e7ee]
#region(銀騎士)
-ドゥルガー供∩換2m50cmの銀色の重甲冑騎士
-セレインの護衛として派遣された自動人形の一種
-自己判断能力を持ちセレインとのみ交信による会話が可能
-武装
--大型合体剣ベルングルスト~
両刃の大剣、刃が赤い水晶のような透明なパーツで作られている~
周囲に展開する力場の刃によって見た目以上の間合いを持つ
--細剣ハジット~
ベルングルストの中央部を構成する刃、展開型の水晶のような刃を持ちベルングルストと同じ力場を持つ~
大きさ故に間合いは一回り短く、また攻撃性も大幅に低下している~
その分重量は大幅に軽減され取り回しは格段に向上している
--片刃剣リハルー2本~
ベルングルストの左右に接続されている片刃の刃、ハジットと同じく水晶の刃が展開し力場も持つ~
ハジット以上、ベルングルスト以下の重さで力場のリーチも中間ほど
--重突撃槍ヘイルラング改~
本来はショートランスとメイスに分離する槍だったがメイス部分に射出機構を組み込み短射程パイルとして改造されている~
力場による貫通性能強化と貫通後の炸裂効果によって破壊力を向上、取り回しは悪いが一撃の重さに比重を置いた武器となっている
--武装盾ヘルライネ~
左腕に固定されている中型シールド、その先端部分が展開し大鋏となる~
特殊機構は持たないが馬力は高く重甲冑も鋏潰せる圧力を持つ~
その分通常シールドとしての耐久性は低くなっている
-短時間の全方位不可視シールドを展開可能
-短時間の魔力、電子ジャミングが可能
#endregion
*企業国家ナイン、または複合企業ナインテイルテクノロジー(通称NTT) [#oe258399]
#region(歴史)
**歴史 [#zef5222c]
-黄金暦100年1月、[[クロノス・ヴィクセン>凍結/33839#i798b0dc]]を中心に数名の出資者が外界の技術系漂流者を集め設立
--当初は冒険者用の装備のみの開発・販売を行う小企業だった
--黄金暦140年程から一部の外資系を取り込み急成長、生物兵器等を作る部署が設立される
--黄金暦160年を越えると大型機材、機動兵器等の再現を目指す部門が設立される
--以降度々各部署同士の抗争、派閥争い、実験生物や試作兵器の流出事件を発生させるも綱渡り的に乗り切る
-黄金暦200年1月、[[セレン・V・セイラム>名簿/372403]]が代表取締役に就任し社名を一新
--混沌と化していた内部人事等も全て整頓される、これに反発した一部開発メンバーが強襲するも制圧される事件が発生
--現状も後ろ暗い部分は多々あるものの、揺り篭から墓石まで、スプーンから戦略兵器までを手広く手がけている
-黄昏暦300年代
--本社設備を海上のメガフロートに移すべく建造開始
---完成後旧本社施設は廃棄された
-黄昏暦400年代
--完成したメガフロートが順調に拡大されギガフロート化
---同時に遠洋に移動し本社までの移動は地上施設からの転送に切り替わる
--軌道エレベーター建造開始
-黄昏暦500年代
--軌道エレベーター完成
--政府との軋轢が表面化し国家として独立宣言~
企業国家「ナイン」の独立宣言を行う
---周辺諸国を巻き込み独立戦争となる~
余談だが交戦中の相手国にコバンットスフィアの技術を売りつけ世界初死者の無い魔道兵器同士のみの戦争が行われた~
お互いのスフィア発生器を制圧する目的のみで行われた無血戦争は後に娯楽へと形を変え受け継がれる
-黄昏暦600年代
--酒場のある国と国交断絶~
一部の冒険者やその系譜との個人的な関係性は持続されている
-黄昏暦700年代
--ギガフロートでは収まりきらないサイズまで大型化した人工島を首都に、一部の飛び地としてギガフロートを複数所有
--海底まで届く立体積層型都市となる
-黄昏暦800年代
--軌道エレベーター老朽化の問題が生じメインシャフトを解体
---ステーションへの移動が転送のみとなるが大規模転送技術が発達したので問題なしとされた
-黄昏暦900年代
--現在も酒場がある国との国交は回復していない
-黄昏暦999年
--国交回復の第一段階として酒場の街に出張所が置かれる
***噂 [#y9b6680e]
-以下不確定情報であり信憑性は不明
--製造コードを消した武器がレジスタンスや反政府ゲリラに流されている
--取引相手ではない国に圧力を掛けている
--生物兵器を保有している、が度々暴走させている





#endregion
#region(概要)
**概要 [#g3956316]
-日用雑貨から国家守備隊向けの大型兵器まで取り扱う、基本は通販だが販売店は多数点在している
-主な商品は冒険者用の装備、次いで日用雑貨、大型兵器等は契約が通った時のみ販売
-医療系技術もそれなりに発達しており冒険者用の義肢や義体の販売までしている
-度々本社施設や近隣の開発施設で爆発事故や暴走事故が発生している、この為本社施設は再開発区からも遠い郊外に設立されている
-常に試作品の実戦テスト先を求めており、よく冒険者(主に社長や出資者の家族関連)に試作品が渡されている
--申請すれば誰でも試作品のテスターになれる(高性能な試作品はまず手渡される事が無い問題もある)

***製品化への流れ [#ked08064]
-レベル1、企画段階
--文字通り企画書のみの段階、この時点で明らかに実現不可能な物(恒星間移民計画等)は処理されるが、内容に関しては一番カオスな段階でもある
---なお偶に企画が通らなかった物をこっそり作る技術者がかなり多い
~
~
-レベル2、概要試験段階
--試作品第一号を含む実用化可能かのテスト段階、採算度外視で開発される物(開発資金の8割を出す研究者も少なくない)もそれなりにあり、性能だけで見ればかなりの物も埋もれている
---が、次の段階に進むケースは全体の2割程度である
~
~
-レベル3、製品化試験段階
--レベル2で採算が取れると判断された物をコストダウンや派生パターンを開発する実験段階
--同じ製品のバリエーションテスト等も行われる為ある意味最も活気のある段階
---同時に最も多くのゴミを排出する段階
~
~
-レベル4、最終調整段階
--製品化直前の品物を調整する段階、この時点の試作品がよく冒険者にテスト品として報告用レポートと共に提供されている
--偶にレベル3、又は研究者が独断でレベル2を持ち出しテストしてもらっていると言う噂もある
---なおテストに協力すると一定の報酬が支払われる
~
~
-レベル5、製品
--文字通り一般普及まで辿り着いた製品、販売店、又は通販で購入可能






#endregion
#region(代表的取り扱い商品)
**取扱商品の一例 [#kaf74071]
***冒険者用装備 [#gf299154]
-''装甲コート''
--最も古くから取り扱っている商品にして代表的な商品
--機能等から世代分けされており現在第4世代まで開発されている
--最も早くから魔術と技術の融和を実現した商品でもある
---''第一世代装甲コート''~
魔術的要素を一切持たず、金属繊維等も使用箇所が少なく外装として装甲版が多い~
また初期型は追加武装は全てハードポイントに接続する為重量の問題が解決されていない~
---''改良型第一世代装甲コート''~
魔力を使用しない汎用型としてアップデートし続けているタイプ~
炭素系繊維や金属繊維等を使い初期型より軽く丈夫になっている、また所有者の魔力を使い格納術式を使う事も可能~
今現在最も普及しているタイプ
---''第二世代装甲コート''~
携帯魔力炉の開発に成功しオプションとして装備可能にしたタイプ~
魔術防御を併用して軽量化しているが炉がまだ比較的大型で重量的なメリットは少ない、炉の容量も限られているが外部動力としては十分とされていた
---''第三世代装甲コート''~
携帯魔力炉の小型化に成功し、格納用術式の実用化もあり大幅な軽量化に成功したタイプ~
金属繊維や炭素繊維の量産により強度をそのままに柔軟性と軽量化を両立している、炉の関係上背負い式ではなく左右どちらかの肩に乗せる事になり左右非対称のデザインが多い
---''第四世代装甲コート''~
魔力炉の共鳴効果を利用し更に小型化に成功、外見的には第一世代に近く、装甲版と一体化した炉が複数装備されている~
魔力ジャミングに弱い面があるものの重量、強度共にトップクラスの性能、追加武装はほぼ全て格納術式を利用している
---''第五世代装甲コート''~
魔力炉方式を廃止し魔力を充填可能な鉱物を装甲内部に封入したタイプ、魔力炉式よりも軽く単純な防御力が高いが魔力防御は下がっている~
装甲に封入された鉱物と増幅術式により術者が着用した場合効果が高い、反面魔力が使えない者の場合性能を引き出せない問題がある~
また封入された装甲、増幅術式がある装甲を破損すると大幅に性能が低下する~
分類上は第五世代型だが正しくは第一世代型の発展型であり第二世代の別パターンである
---''第六世代装甲コート''~
第五世代型を発展させ装甲ではなくコート全体に魔力を蓄積、増幅する構造を持たせる事に成功~
全体の7割を損傷しない限り性能低下しないがやはり最大出力と稼働時間は魔力炉式に劣る~
亜種として金属繊維ではなく魔力そのものを繊維として加工した特殊タイプが開発されている


~~
-''義肢''
--機械式、生体培養の二種類がある
--機械式は魔術との併用型が主流、一応完全機械式もあるが拒絶反応等の理由からあまり勧められていない
--生体培養は本人の細胞、または用意されているクローン培養された無反応細胞のどちらかが選べる
---''機械式(魔力炉内蔵)''~
使用者とリンクさせる必要があるため高出力ジャミングに弱い欠点を持つが汎用性が高く、なにより低価格で販売されている~
義手に様々なギミックを搭載でき、アームブレード、ワイヤーガン等もオプションとして販売されている
---''機械式(完全機械式)''~
魔力を一切使わず神経接続で稼動する為外部の影響は受けにくい、反面メンテナンスのスパンが短く価格も高い~
オプションも魔力式で稼動するタイプは選べないが、腕自体のパワーは高い
---''生体培養義肢(義体含む)''~
培養された細胞を整形して作る手足、または全身義体、機械式ギミックは一切搭載できない反面、非常に高いポテンシャルを持っている~
引き出すためには体との親和性が高い必要があるものの、現状で確認されている最高性能は生きる伝説並の性能を引き出している個体が存在している
***冒険者兼用輸出向け [#ca89a155]
-''コンバットスフィア(擬似精霊)''
--元々冒険者用のオプションとして開発された擬似精霊、人格までは保有していないが長時間(最長で1月)の活動が可能な人工精霊
--大きく分類し射撃、近接の2種類が存在し、それぞれの分野で更に細かく分類される
--射撃型は着弾点起爆型、直接打撃型の二種類に直射、曲射の二種類を組み合わせた計4種類
--近接型は近接範囲起爆型、斬撃展開型、短距離刺突型の3種類
--冒険者の代理として名無し程度には使える性能を持っているが所詮は名無し程度、自律思考もあまり高性能ではない
---''スタンダードオーブ''~
完全に冒険者向けに調整されたタイプ、冒険者の中に術者が居なくても安定した性能を発揮するがやはり名無し程度
---''ウォーオーブ''~
戦争向け、軍隊向けに調整されたタイプ、専門の術者を介しある程度の指示を与える事ができ部隊単位での使用も可能~
性能はスタンダードより高い反面コストがやや高くマニュアル化しているとは言えある程度専用の術者が必要になる~
近年攻撃型だけでなく防御専用のオーブも開発され、人口の少ない国などでは時折戦力の補助として見かけることもある、かもしれない


#endregion

#region(保有技術)
**保有技術 [#p486a8b3]
-独占技術ではないが基本的に独自路線で開発している
-この世界に特許があるか怪しいので類似品を調べようともしない
***魔術系技術 [#v07eada6]
-''魔力炉''
--魔力を保有する鉱石を加工し所有者とリンクさせる事で自然回復する外部魔力タンクとして機能する
--鉱石の種類、質、サイズによって出力と容量が決まり、基本的に重いほど高性能
---近年同質の魔力を共鳴させ規定出力以上の性能を引き出す事に成功
-''格納術式''
--召喚、口寄せ等の術式を利用した略式魔術の一種
--初期型は別の場所に配置しておく必要があり、逆に元の場所に戻す事が不可能だった
--新型で別の位相空間に格納する召喚術式を採用し、送還術式も組み込む事で問題点の解消に成功
---原理としては刻印として取り寄せたい物に術式を刻み、同様の刻印の入った札やパーツに魔力を流す事で手元に呼び寄せる
---この為後から加工する事が可能
-''魔力共鳴(又は共振)''
--完全同一同質の魔力炉をリンクさせた場合生じる現象、直列、並列とは違い''容量、出力の双方にリンクさせた炉の数''だけ上乗せさせる事が可能
---ただしリンクさせた炉同士は直列接続が不可能となり常に並列状態と等しい(並列は使用者からすれば炉の数だけ外部タンクがある状態、並列とは名ばかりである)
---直列は出力の強化、並列は容量の強化に用いられる(直列は全ての炉から同時に同じ量の魔力を消費する為出力が高くなる)
--出力10、容量10の炉を2個共鳴させた場合、出力(10+10)と容量(10+10)の炉を2個搭載した状態と同等の性能を得ることが可能になる
---3個であれば出力(10+10+10)容量(10+10+10)が3個
---当然共鳴している状態をジャミング等で解除されると一気に性能低下を引き起こす
---小型炉でも出力、容量の問題を解決可能となるがジャミングへの対策が219年現在不完全な状態
-''時間停止''
--物質、または空間に作用する時間を完全に停止させる術式、術式を施した時点でその式も時間停止の影響を受ける為破壊が困難になる
---元々は武装の強度上昇を目的とした技術、時間が流れない=変化が発生しない=破壊されない、と言う乱暴な理論
---主に武装に施されるが下準備となる術式が大規模であり通常は完全なオーダーメイドのみで販売される
---放棄、破壊には専用の装置が必要となる為別料金を取られることになる
***機械・魔術複合技術 [#dc9ae3e7]
-マテリアル製造機
--複数種類の魔力含有量の多い物質を分解し一つに統合する装置
--基本的に種類と量さえ同一であれば常に同じ結果が得られる為魔力炉のコア等の量産に必須となっている
--劣化オリハルコン程度であれば量産可能だがコストは掛かる
--設備自体かなりのサイズであり運搬は不可能、独立した大型魔力炉と発電ユニットが付属している
-空間展開型シールド「Bユニット」
--その場に展開する魔力を使わない魔術シールドの亜種、正式名称はベリルユニット
--本来はシールドとして短時間展開し攻撃を歪曲、反発し防ぐバリア発生機
---応用として空間を押し退けて発生する効果を利用し近接武器や射撃武器に利用可能
--外見は半透明のガラス質の素材、特性により色や質感が異なる
--武器に応用する場合の特徴としてシリンダー型のコアジェネレーターを搭載する必要がある
-空間制御
--機材を経由して管理される近距離空間接続の自由配置機能
--高位術者になれば機材を介入する必要はないが膨大な魔力を必要とする為概ね魔力炉と併用することが多い
--屈折防御、転移防御など多岐に渡る利用方法がある
---中には壁尻などをしてみたいと言う奇特な方を満足させることも


#endregion


#region(施設その他)
*施設 [#te0f41b8]
**本社 [#o3d8463b]
-洋上、大規模な海溝の上に建造された大型人工島~
それ自体が本社施設であり領土そのものである~
今尚拡大を繰り返し大型化している~
今まで点在した施設全てを内包し居住空間も広い~
現在の直径はおおよそ200km、形状はその時の拡張工事の状態次第の為一定ではないが六角形の場合が多い



***旧本社 [#xebc785b]
-所謂本社施設、酒場の街の郊外に建造されたかなり大きめの建築物~
所謂例の本社施設をモデルにしているが支柱を破壊されても倒壊しない程度には補強されている
***本社付属開発棟 [#b521b873]
-本社人工島に内包された通常の施設、今尚増築中~
--兵器開発施設~
所謂主力兵器、大型兵器の開発を行う設備
--備品開発施設~
冒険者向けや一般人向けの装備開発を行う設備、現在最も魔術を取り込み発展している
--生体兵器開発施設~
何度でも蘇り何度でも崩壊する不滅の施設
--魔道技術研究施設~
急速に発展中の施設の一つ、魔導器関係も多数取り扱っている
--宇宙開発研究施設~
旧軌道エレベーター跡地と衛星軌道上にある大型ステーションの2箇所
--海底開発研究所~
下部5000m以下にある海底開発施設、主に海底のレアメタル等資源採取が目的
**外部施設 [#b0d477d6]
-本社代行艦''クイーンズランス''~
全長1000mを越える超大型豪華客船、上層は通常の客船、下層は本社施設をそのまま代行できる機能を持つ~
戦闘力は無く護衛艦が無ければ対空迎撃すらできない
--現在は支社として複数の同型艦が就航している
--護衛艦・改セントエルモ級~
あくまで迎撃及び報復を目的とした中型艦艇、原型よりかなり肥大化して140m級に達した~
主な装備は3連装砲2問、長射程CIWS8機、VLS12機、ヒュージミサイル発射機構1基~
最大火力であるヒュージミサイルは原型と異なり発射段階で外壁に囲まれる為暴発しにくくなっている


#endregion
*お問い合わせはNTT西日本まで、つまりメタとかいろいろ、相談もこちら [#n17de056]
#pcomment(駄狐の営業所,2,reply)
*相談 [#e60810e0]
//大体のスイッチはON
//とりあえずで作りたくなった系

///リクエストあれば適当にSLで撮影してきます
///家系図追加、許可は取得済み

//誠に勝手ながら、直前ではありますが実際に買って家で試してくるでも良いでしょうか。ご迷惑おかけします(吸血鬼)
///いえいえ、こちらこそすみませんでした、また別のキャラで縁があったときにでも