[[IG/0021]]

-あ、あ、あー、テステス。 -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-18 (土) 14:56:12};
-&COLOR(darkred){こんな感じか}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-18 (土) 14:56:48};
-&COLOR(darkred){よっしゃー}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-18 (土) 14:58:52};
-&COLOR(darkred){ふんふん、意外と一年生多いな。仲良くなれると嬉しいが……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-18 (土) 22:49:41};
-(麗らかな春の日、旧校舎から見える窓の外 木漏れ日の注ぐ大樹にもたれて静かに寝息を立てている) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 14:10:58};
--&COLOR(darkred){(旧校舎の周りをランニングしていたら、通り過ぎかけた大樹の根元に人影を見つけた。具合でも悪いのかと慌てて近づいたが)&br;なんだ、寝てんのか ……エルフ? 先生かな (全員の顔はまだ覚えていないので、大人びたアエリアの寝顔を見てそんな事を思いつつ)&br;確かに今日は天気も良いし、昼寝日和だなあ……俺もちょっと休憩するかね (起こさないようにしつつも、根ががさつなのかどさっと座ってしまった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 14:27:51};
---(水面に波紋の広がるように、空気が揺らいだ気がして薄く目を見開く すぐそばに何者かの気配があった)&br;(ゆっくりと頭を持ち上げれば、白金の髪に引っかかっていた木の葉が抜けてひざ元に落ちた)………ん……寝入ってしまったか… -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 14:34:48};
---&COLOR(darkred){おっと、起こしちまった……起こしちゃいましたか? (先生かどうか分からないが、歳上ではありそうなので言葉遣いを正して)&br;すんません、ランニング中に見つけて、木陰が気持ちいから休憩しようって思って ……邪魔でした? (遠慮がちに尋ねる角持ち少年だ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 14:45:50};
---(遠い昔の夢を見ていた気がする いつどこで目にした光景なのか、定かには思い出せない 夢も現も変わりなく、そうして忘れ果てていくのだろう)&br;よい、気にするな お前は……(現実に引き戻されて、紅蓮の目をした少年を茫洋と揺れる瞳で観察する)見ない顔だな いずこか運動部の家中の者か? 精が出ることだ -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 14:54:25};
---&COLOR(darkred){ああ、んじゃ良かった 追っ払われたらどうしようかと思いました (がははと明るく笑う少年は、じっと見られて首を傾げ)&br;か、家中……? 何かめっちゃ時代がかった言い方しますね!? でもハズレ、帰宅部無所属ですよ 1−Aの真田丸吉広です&br;(ジャージ姿ではあるがそんな事を言う) 部活は色々見たんですけど、どれって決められなくって}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 14:59:56};
---そうか、お前は新入生か 毎年新たな者たちが学び舎の門をくぐり、同じ数だけ去っていく 名を覚える暇もないまま、やがて私も去るのだろう&br;(角の生えた赤髪の男、真田丸吉広 何度か名前を呼んでみて記憶に刻もうと試みる)アエリア・ウェスタリアだ 2年B組……&br;(体形にあったジャージ越しに身体つきを観察する 四肢の肉付きと何気ない所作、掌の具合を眺めて)武の心得があるな -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 15:14:46};
---&COLOR(darkred){なんか詩的ッスね……エルフって感じ (現国が得意なはずなのに語彙力) アエリア先輩ですね、よろしくお願いします!&br;って、うん? 判ります? どれって専門は無いんスけど、色々やってますよ (今日はただの走り込みだけど、と)}; --  &new{2020-04-19 (日) 15:18:10};
---我が同胞、あるいは遠き血の裔は他にもいる……が、皆が皆こうではない(己よりずっと世俗に通じたきぬの顔を思い起こす)&br;お前の思う「らしさ」とは何だ、真田丸吉広 私はこれを捨て去るためにここにいる 古き世の理を捨て、今の世の理を知るためにな&br;戦なき世に武を磨いたとて、人は斬れんぞ そもそも敵する者がおらんのでな お前を導く師はあるのか? -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 15:36:13};
---&COLOR(darkred){人それぞれって事か (あっさり納得しつつ、問いかけに目を白黒させる) らしさ? な、なんか哲学的な話スか?&br;と、とりあえず、普通に友達作ってお喋りして、今の人がどんな事してるのか真似してみればいいんじゃないスかね いや、俺難しい事はよく分かんないですけど&br;いや、師はいないですね。まあでも、昔から色々やってるんで自己流って奴です (そんな事言いつつ) 別に相手を切りたいとは思わないけど、強くなったら自分が楽しいじゃないですか}; --  &new{2020-04-19 (日) 15:48:10};
---いまは互いの違いを認めあう世だという ひとりひとりの事情はさておいてな 理屈のとおりにはゆかぬこともある様だ 我らは己の感情ひとつさえ御しきれない&br;私は……エルフ「らしさ」を捨て去ったとて、私らしさを忘れなければそれでよいと考えている 謙遜するには及ばない……お前たちの真似をするのも近道となろうとも&br;しばらく前の話になるが、私はこの国でお前たちのような棒振りに出会った 同じことを言っていたよ(初めて笑顔らしいものを見せる)人を害するのではなく、道を究めたいのだとな -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 16:05:45};
---&COLOR(darkred){人間もエルフも鬼も猫又も、入り混じって学校に通う時代ですからね ……しっかし、先輩難しい言い方しますね (聞いてる途中で目を回しかけ)&br;エルフらしい先輩から、自分らしい先輩になれる様にって事スかね ま、まあ、俺みたいなんで良ければ仲良くしてください&br;(気を取り直して) そうそう、別にぶん殴り合うのが嫌いって訳じゃないスけど、ぶん殴りたいからって言うよりは、自分の力を試したいって理由の方が強いスからね}; --  &new{2020-04-19 (日) 16:13:36};
---言葉が通じる分まだよい方だぞ 私のように適合プログラムを使うものの中には、お前たちの言葉を知らぬ者もいる あれにはあれの苦労もあろうよ&br;すると今度は、私を形づくるものは何か、という話が始まるわけだが……あまり身構えるな お前には別の話題を選ぶとしよう よろしく頼む&br;芸を磨き武を磨きたいならば、部活にこだわらず独力で励むのもよいかもしれぬ 誰ぞ教師を捕まえて指南を乞うがいい 兵どもの遠き裔よ -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 16:35:14};
---&COLOR(darkred){外国語を学ぶみたいなもんか……ってなると、アエリア先輩は文法きちんとした教科書人語? きちっとしてるしなあ (凄く納得した顔で)&br;そ、そうスね、あんまり難しい話が続くとぶっ倒れちまいますよ (苦笑いして頭を掻いてから、挨拶には『こちらこそよろしく』と座ったまま頭を下げ)&br;そッスね、先輩達や先生達には相当な手練れも多いって聞きますから、頑張っていきます! アエリア先輩にもなんか頼む事あるかもしれないッスね}; --  &new{2020-04-19 (日) 16:47:21};
---ローマが滅びず続いていれば、ラテン語ひとつで事足りたのだがな 言語の習得にはそれなりに労力をかけている 我が名をもっと讃えるがいい……&br;ところでお前は、この伊上の生まれか? 真田丸という名……どこぞで聞いたような聞かぬような…以前、お前にゆかりの者に出会っていたかもしれない そういう者を訪ね歩いている -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 17:05:32};
---&COLOR(darkred){長命種ってのは例え一つとっても時間のスパンがデカいな…… でもアエリア先輩すげえ! 努力家! (素直に褒める)&br;うん? ああ、いや、最近ここに越して来たばっかりで、この辺りの生まれ育ちじゃないんスわ&br;でも、真田丸って関西の例の番組とは全然関係ない……とは思うんスけど、よく分かんないです (自分のルーツを知らない最近の若い子)}; --  &new{2020-04-19 (日) 17:39:45};
---そうか、かつて在りし者たちの縁の者ではないか……ならばお前とは、これより新たに縁を結ぶことになる それもよかろうさ(褒められて満更でもない顔をする)&br;さて、私はもうひと眠りしようと思う お前も鍛錬に戻るがいい 頑健な身体を作りたければモレトゥムを食え あれはいいものだ……(また目をつむって背景と同化する) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-04-19 (日) 17:53:49};
---&COLOR(darkred){スね、改めてよろしくお願いします! (明るく笑って立ち上がり)&br;了解、良い夢見てくださいね そんじゃまた! (そうしてランニングを再開した少年)&br;(その脳内では) ……モレトゥムってなんだ……っ!? (悩みが続いていたのだった)}; --  &new{2020-04-19 (日) 17:56:37};
-君、人の話最後まで聞かないタイプ。所謂せっかちと言われる事が多かろう&br; (授業が終わり、時間に余裕のある放課後に声をかける。にしても結構な言いようだ) -- [[暁>IG/0086]] &new{2020-04-19 (日) 19:30:29};
--&COLOR(darkred){よく言われる (がはは、と明るく笑って気にした様子もない) ま、個人個人距離感ってのもあるし、近過ぎて気を悪くしたらすまん!}; --  &new{2020-04-19 (日) 20:49:44};
---…ん?いや、それはいいんだけど。僕が眠たそうなのは何時もの事だからあまり気にしないで&br; って言いたかっただけなんだ、言う前に戻って行ったから(和やかな雰囲気で笑い返し)&br; 授業中ずっと気にしたままとかじゃなった?………大丈夫か。そういう細かい事気にするタイプじゃなさそう&br; (こちらはこちらで大概失礼な発言をする) -- [[暁>IG/0086]] &new{2020-04-19 (日) 20:54:41};
---&COLOR(darkred){いつもの事なのか……おう、すまんすまん、迷惑だったら悪いと思ってさ (苦笑して、不愉快でなかったなら良かったと安心した)&br;あー、まあほら『人それぞれだからな』って勝手に納得してたわ (失礼な発言は的を得ていた) まあ、改めてよろしくな 真田丸吉広だ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 21:01:51};
---『人それぞれ』で合ってるからそれでいいと思うよ(こちらも細かい事は余り気にしない性格なのか、そう返して)&br; あかつき はる って名前。こちらこそ宜しく(ポケットから名刺を取り出す。アドレスと『怪異探し屋』暁 春と書かれたそれを差し出し)&br; これから、忙しくなるみたいだから、取り敢えず今日はこの辺でね?(と言って教室を後にした) -- [[暁>IG/0086]] &new{2020-04-19 (日) 21:07:11};
---&COLOR(darkred){暁、か、良い苗字だな って、学生で名刺持ってる奴はじめて見た!?&br;おーう、花見で会おう! ……怪異『探し』屋? 倒したりするんじゃなくか? 珍しい感じだな (興味深そうに名刺を眺めたのだった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 21:21:57};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 22:18:39};
-&COLOR(darkred){(花見が終わり、賑やかな声を背に歩く少年。まだ肌寒い春の夜風に身震いし、ワイシャツの腕を撫でる)&br;ふいー、学ランないと流石にちょっと冷えるな まあ、女の子風邪ひかすよりはマシか&br;いつの間に酒が混ざってたんだろうな……先生達の席からか?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:11:04};
--&COLOR(darkred){俺もちょっと酒飲みたかったが…… (そこで少し足を止めて考え) 生徒会長やら先輩やらが飲んでたし、我慢しなくて良かったんじゃ!?&br;(そう思って一口くらい飲んでいこうかと振り返りかけたが) いや、やめておこう 『早く帰らないと父さんと母さんが心配するからな』&br;(自分の言葉に頷いてグラウンドを抜ける。旧校舎を横目に人気のない校内を歩く)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:15:09};
---&COLOR(darkred){(右に曲がれば校門、左に曲がれば新校舎) さ、週末は何しようかな バイトかあ、バイトも面白いかもなあ (そんな独り言をつぶやきながら道を曲がる)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:23:54};
---&COLOR(darkred){(左に)}; --  &new{2020-04-19 (日) 23:24:40};
---&COLOR(darkred){『帰ったら風呂入って、そうだ、母さんに録画しといてって頼んどいたアレみて、父さんに宿題見て貰って……』&br;(それは、当たり前の、学生の週末の予定 しかし少年は躊躇い無く鍵の閉まった新校舎に向かい)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:26:47};
---&COLOR(darkred){来週も楽しみだな (壁にぶつかる直前に、その姿は溶けるように消えたのだった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:27:30};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-19 (日) 23:28:19};
-あっ!(家に帰るところだろうか?学ランを貸してくれた1年生を見かけて返却のために追いかける)&br;(自分のにおいが移っているのは気にはなったが、まだまだ肌寒い時期で、クリーニングしてから返すよりはと(そのままでいいとも言われたので)畳んだ学ランを持ってかけていくが、背が低い分足も短いのでそこまで早くはない) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 19:23:46};
--&COLOR(darkred){(パックジュース(バナナミルク)を飲みつつプラプラ校内を歩いている放課後の少年。あっ、と言う声に振り返る)&br;お、会長さんじゃん。おつかれさんです。そんな慌ててどうしたんスか? (ちょこちょこ走ってくる姿を見て、小動物的な微笑ましさを感じつつ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-20 (月) 19:42:05};
---(良かった、追いついた。ハァハァと乱れた息を整えつつ)&br;どうしたもなにも、これ!(抱えていた学ランを差し出す)借り物を返しに来たのよ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 19:51:41};
---&COLOR(darkred){お、おいおい、大丈夫か? バナナオレ飲む? (飲みかけだけど差し出し)&br;ん? あー、そうだ、会長さんに貸したんだったな! あの後風邪ひかなかったスか? 流石に裸学ランは冷えたでしょうし……&br;お酒って怖いスね…… (生暖かい微笑み)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-20 (月) 20:07:56};
---ありがとう、いただくわ(全力でズズー)&br;なによ、忘れてたの?あきれたわ…わたしは風邪をひいたことないのが自慢なのよ(鼻息ひとつ、胸を張る)えっ…わたしはお酒飲んでないわよ(記憶が飛んでいる)&br;そろそろ下校時刻よ(あたりは暗い)寮に住んでるならすぐに返せたのだけど、遅くなって悪かったわね 家はこの近く? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 20:14:13};
---&COLOR(darkred){それ旨いスよね、俺よく買ってるんスよ (購買部人気商品だ)&br;あー、風邪ひいた事なさそうですよね……子供は風の子って言いますし (ほほえま……) 記憶が……酒って怖い (こわい)&br;『いや、俺は通いスよ ちょっと離れてるんスけどね』 会長は?}; --  &new{2020-04-20 (月) 20:28:57};
---私が行ったときはいつも売り切れてるわ……(うん、美味しいと遠慮なく最後まで吸う)&br;それどういう意味かしら!?子供じゃないわ!&br;私は寮に住んでるわ、実家は西区のはずれだけど…家に迷惑をかけたくないし、寮に入ることにしたわ&br;真田丸くんはどのあたりなの? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 20:41:40};
---&COLOR(darkred){このバナナオレとクリームパンの甘々コンボが堪らないんスよ……っ (力説しつつ、呑み干されても慌てないのは購買部の争奪戦を勝ち抜く自信がある故)&br;そスね、子供じゃないスよね ところで実は会長飛び級だったりしません……? (にこ……) 寮かあ、何人か友達も寮なんスよね 通いの生徒も遊びに行っても良いもんなんスか?&br;『俺は遠い所ッスよ』 (その言葉以上の情報は引き出せないだろう) ていうか、先輩こそ寮って門限大丈夫なんスか?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-20 (月) 20:55:42};
---ふわぁ……(想像して涎が垂れる)真田丸君、見かけによらず甘党なのね(欲しい物があって買いに行くといつも間が悪く売り切れているタイプ)&br;自慢じゃないけど、成績は上の方よ(合法ロリにするか違法ロリにするかは決めあぐねているのでした…合法のほうがとっつきやすいかな?)遊びに行くのは問題ないわよ&br;ふぅ…ん(もう下校時刻だと言うのに特に目的がある様子でもなく学校に残り、家の場所も遠くだと妙に歯切れが悪い そんなに遠くとなれば今から帰るのはかなり遅くなるんじゃないのか?)&br;真田丸君、私の部屋に遊びに来る?(きっと家に帰りたくない何かしらの事情があるに違いない!そう思った) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 21:07:02};
---&COLOR(darkred){甘味は正義ッスよ…… 会長も甘いの好きでしょ、そんな顔してる (そう言って笑って) どうしても食べたい購買商品があったら言って下さいよ、取って来てやりますから&br;え、マジ? (思わず尋ね、流石に失礼だったかと慌てて) い、いや、流石は生徒会長って感じッスね!! 白鐘会長凄い! 偉い! かわいい! (合法でも違法でもロリはロリ)&br;へ? 会長の部屋? ……女子寮か、男には秘密の花園だな……!! (思わずテンションが上がるが、流石に) 会長がロリでも、一応女の子の部屋スからねえ……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-20 (月) 21:15:37};
---ノワールの生パイとか、美味しいわよ!(力説)なんかずるい気はするわね…でも、必要なときはお願いするわ&br;わからないことがあったら聞くといいわ!(褒められて有頂天 ただし教えるのは致命的に下手)&br;ロリじゃないわ!レディよ!……こほん、別に構わないわよ、見られて困るものがあるわけじゃないし -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 21:23:05};
---&COLOR(darkred){なにそれ美味そうっ (学年を越えた甘味仲間意識) がはは、そんなん適材適所って奴ッスよ! 代わりに今度数学教えてください、文系なのに1年は数学やんなきゃで死にかけてるんスよ&br;(1年生らしい悩みを相談する。まさか生徒会長までやる人が人に教えるのが苦手だなんて、その時、そう、思いもしなかったわけで……)&br;はいはい、レディでもロリでも女の子は女の子ッスよ でもまあ、今度寄らせてもらいます ……女の園ッ!! (思春期の男の子は興味津々だ!)&br;っと、流石に寮って言っても遅い時間ッスから、寮の入り口までは送りますよ}; --  &new{2020-04-20 (月) 21:27:40};
---パイ生地にたっぷりのカスタードクリームと生クリームにチョコチップ、上からパウダーシュガーがかかっててとろけるような……(涎が垂れる)今度食べに行きましょ!&br;ついていけないときはちゃんと聞くのが一番よ 黙ったままだと置いていかれるわ&br;だから、ロリじゃない!(地団駄を踏むと翻った短いスカートの中の可愛らしい下着がよく見える)&br;なにか悩みとかあったら気軽に言いなさい 生徒の学生生活をスムーズにするのが生徒会の仕事よ 他の部屋はちょっと問題あるけど、私の部屋ならいつでも気軽に遊びに来ていいわよ&br;じゃあ、ちょっとコンビニに寄ってもいいかしら?今日はジャンプの発売日だわ(真田丸の手を握る) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 21:38:19};
---&COLOR(darkred){ヨシ! 小遣いとっとかないとな! (つばを飲み込んで約束をする)&br;だなー、ちょっと恥ずかしいけど、聴かぬは一生の恥っていうしなあ……ちょっと頑張ってみます!&br;バックプリントパンツ履いてロリじゃないとか言われてもなあ…… まあでも、先輩らしい所あるんスね 頼りにしますよ (そう言って明るく笑うのだ)&br;コンビニ? 学校の外出ちゃっていいのかなあ……へいへい、お付き合いしますよ (そう言って二人で校舎から出て校門に向かう)&br;……で、暫くジャンプ買ってなかったんスけど、鬼滅がー…… (そう言って普通に会話をしていたが) (校門を出て、少し先に白鐘が歩いた所で、振り返ると少年の姿は無くなっていた)}; --  &new{2020-04-20 (月) 21:53:03};
---いい言葉だわ!高校生活はたった3年だけれど、その3年をふいにすると一生に響くこともあるのよ!&br;…?(真っ赤になってスカートの裾を押さえる)い、いいじゃない!ま、ママが買ってきたんだもん……(今日は少し大人っぽいバックプリントを穿いててよかったと思った)&br;真田丸くんも読んでるのね、鬼滅!(小学生にも大人気のコンテンツ!)早く読まないと、ネタバレされちゃうわ!真田丸くんは単行本派かしら?だったら内容は言わないけれど……あ、好きなキャラは?&br;(いつの間にか握った手の消えている 慌てて振り返ると姿も消えている)真田丸君?&br;真田丸くーん!(キョロキョロあたりを見回しながら名前を呼ぶ)ちょっと、いたずらはやめなさいよ!&br;真田丸君……?(校門の内側を覗き込む)&br;……じ…事件かしら?(時折起こるという何かしらの怪異、都市伝説 だとしたら…)&br;(意を決して振るえる足で学校に戻る) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 22:09:56};
---&COLOR(darkred){(白鐘が振り返った場所にはいつもの古い、見慣れた校門があるばかり 教師や残った生徒がつけた明りが、白々とした校舎の壁に一つ二つ)&br;(少年の名を呼ぶ白鐘の声は虚しく響き、夕暮れから夜に変わりゆく校内は静まり返っている)&br;(昼間の喧騒、さっきまでの楽しいお喋り、その落差から、まるで初めて来た場所で迷子になったような錯覚が少女の胸を侵食する)&br;(呼び声に応える声は無く、どれだけ探しても、その日少年の姿は見つけられなかった……)}; --  &new{2020-04-20 (月) 22:17:10};
---(いつもと全く違う顔を見せる校舎に涙目になりながら真田丸を探す)&br;(チビりそうになりながら一晩中探したが、結局見つけることができなかった) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-20 (月) 22:23:48};
-(追ってきた) -- [[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035287.jpg>IG/0024]] &new{2020-04-20 (月) 19:56:51};
--&COLOR(darkred){なんで増えた&br;なんで増えたの山野君!?&br;え、ええー……はじめましてぇー……生徒さんスか……? (腰が引けつつ会釈する一年坊主)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-20 (月) 20:09:13};
---(本当は画像の選択を間違えたけどまあいっか…となった山野であった)&br;(こちらの人は[[アエリア>IG/0023]]さんの知古の刑天さんである。4500年前に黄帝と天帝の座を争ったすごい人だとウィキペディアに書いてあった) -- [[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035287.jpg>IG/0024]] &new{2020-04-20 (月) 20:17:04};
---&COLOR(darkred){アエリア先輩交友関係の幅が広い…… (山野君なら普通に連れてくることもあり得ると納得していた少年)&br;ええー……そんな偉い人なの…… 真田丸です、よろしく…… (言葉通じる? 漢文は出来ないぞ俺、とか言う顔しつつ対話を試みる)}; --  &new{2020-04-20 (月) 20:30:28};
---(挨拶は伝わったらしい。「うむ、吉広君は鍛えているね」的な事を翻訳する山野であった) -- [[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035294.jpg>IG/0024]] &new{2020-04-20 (月) 20:40:18};
---&COLOR(darkred){うス、恐縮ッス ……俺山野君からどう伝えられてるのか分からないけど伝わる…… でも山野君だしなって納得してしまう……!}; --  &new{2020-04-20 (月) 20:56:41};
---(それが山野の最後の翻訳だった) -- [[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035265.jpg>IG/0024]] &new{2020-04-20 (月) 21:04:58};
---&COLOR(darkred){山野君、良い奴だった…… …… …… …… (刑天様を見て) …… (ちょっと会釈して)&br;……二人きりにしないで山野くーんっ!!!}; --  &new{2020-04-20 (月) 21:07:18};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-20 (月) 23:48:42};
-&COLOR(darkred){【学校の怪談:深夜に学校に忍び込むと、終わらない廊下で鬼に追いかけられるんだって】}; --  &new{2020-04-20 (月) 23:49:48};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-20 (月) 23:49:56};
-(陣楼成哉は幼いころに罹った人狼症に悩まされている)&br;(感染経路の一つに性交渉があるから世間体が悪いというのもあるし、狼除けのゴツいベルトを常につけていなければならないというのも煩わしい)&br;(そんな中に舞い込んできた一つの噂・・・「怪異を食べると体内に怪異の因子が混ざり、それが人狼症ウィルスと食い合う事で人狼症の治療になる」)&br;(主治医は根も葉もないと一笑に付したが、それでももし、万が一・・・そういう考えが離れなかった)&br;&br;夜の学校なら怪異もいるかと思ったんだが・・・(護身用のバットと捕獲用の虫取り網を手にため息・・・自分はどうにも荒事には向かないらしい・・・小動物以上の怪異を手にかけ食すという行為は想像するだけで躊躇ってしまう・・・だから虫くらいなら何とかと思ったが)&br;・・・こっちがその気じゃそういうのも出てこれないか・・・(学ラン姿で悩みながら夜の校舎を歩く) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 18:38:27};
--本当にどこに行ったのかしら……?(いい加減時間も遅く、校舎には人っ子一人いない)&br;(なんとなくなにか怪異のようなものに襲われたのではないかという思いも強くなってきて、ほっといて帰るわけにも行かなくなってくる)&br;ああっ…もう!(スマホのバッテリーが切れ、ライトが落ちる いつもこうだ)&br;さな…だまるくん……(呼びかける声も、なにか違うものに聞こえてしまうのではないかと思って弱々しい)&br;(1年の教室の前を歩く足取りもふるえ、ビクビクしながら窓から中を覗き込む) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 19:25:54};
---んぁ?(そうこうしてると廊下の向こうに何やら見える・・・小柄な人型サイズ・・・この位の大きさの物からは逃げると端から決めていた、踵を返そうとした所で)&br;誰かいるのか?(か細く聞こえるその弱々しい声をどうしても振り切れず、ライトをつけて何者か見定める) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 19:31:24};
---!?(急にライトを向けられ、目がくらむ)&br;ぎゃんっ!(声をかけられてびっくりし、逃げようとしたが足を滑らせて尻餅をつく)&br;た、たた、たすけて、ママァ(光のせいでその先にいるものの姿は見えないが、頭を守るように抱え、近づかれないように体育座りの足をバタバタさせる ささやかな水音の正体はお尻の下に広がっていく水たまり) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 19:45:09};
---会長!?・・・だぁぁ・・・(水音の正体も光がばっちり捉え、あちゃぁっという風に顔を覆う)&br;((踏まないように)腰を下ろし、光をほどほどに下げて声をかける)落ち着いてください、俺です、一年の陣楼・・・花見の手伝いで一緒になったでしょう? (脱いだ服を集めもしたとは言わないでおく)-- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 19:49:34};
---は、はひぇ?(目を開けると目の前に)&br;ふぎゃあ!(明かりに下から照らされた顔を見て思わずビンタ)え……?じんろ…くん? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 19:55:06};
---(ぺちん)なんで・・・・・はい・・わかっていただけたようで何よりです・・・・(なきそう)&br;・・・とりあえずその・・・(足元を指さす)どうにかしましょうか・・その、変えの下着とかあります?(色々処理をさせながらどうしてこんな時間に学校にいるのか聞いてみる事にする) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 20:05:11};
---ご、ごめんなさい、つい……驚かさないでよ!(急激な責任転嫁)&br;は、はい!?(赤面し、きゅっと足を閉じる)こ、これは…その……えっと…無いわよ!そんなの!(逆ギレだ)&br;そ、そうだった、じんろくん、真田丸くんを見なかった?一緒に学校を出たところで急にいなくなって、探しに戻ったんだけど見つからなくて……こころ…こころ…こころぼそかったわ……(ポロポロ涙を流しながらしゃくりあげる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:10:30};
---はい、はい、すんません・・・(「男は謝る、女は許す」父の言葉である)&br;ですよね・・・(どうしようかため息をついたところで)真田丸が?・・・神隠しか・・・?(しゃくりあげるのを見れば身につまされる心地で肩に手を置き慰める)そうでしょう・・・&br;なんにせよそういう事じゃ一人でどうにかできる問題じゃないです・・・怒られるとかそういうのはあと、警察や先生に連絡しましょう(自分のスマホに手をかけて) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 20:17:14};
---&COLOR(darkred){(そこで成哉は気づく。電波が無い。)}; --  &new{2020-04-21 (火) 20:20:08};
---で、でも、もう少し探してみましょう もしかしたら、隠れてるうちに寝ちゃったのかもしれないし……(大人の手に委ねるのはなんだか負けた気もする) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:23:20};
---・・・あれ、電波が・・おかしいな、昼は普通に・・・(設定を弄っても特に変化はない)&br;・・・・(ぞわぞわと、なんだか無性に嫌な予感がしてくる)&br;そう・・・ですね・・(職員室の電話機なら有線だからあるいは・・・彼女に追従する形でどうするか考える) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 20:27:29};
---&COLOR(darkred){(そこで白鐘は違和感を覚える。暗い。見回せば気付くだろう。窓が暗幕を引いたような暗さ。黒さ。夜闇ではなく、塗りつぶされたような黒。)}; --  &new{2020-04-21 (火) 20:28:09};
---&COLOR(darkred){(スマホから顔を上げて白鐘に顔を向けた所で、成哉の耳に異音。がり、がり。)&br;(白鐘にも聞こえる。何かを引っ掻くような音。それは廊下の向こうから。長い廊下の……長い、長い廊下の……)&br;(『果てが見えないほど長い廊下の向こうの闇から、何かが近づいて来るぞ』)}; --  &new{2020-04-21 (火) 20:31:06};
---暗いわね……ライト、貸して&br;あっちのほうが暗くて見えないわ(廊下の奥を指差す)なんか聞こえるわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:33:03};
---(ごくりと喉を鳴らす・・・この廊下、こんなに長かっただろうか?)あ、あぁ・・・(水仙にライトを渡しながら、音のする暗闇に最大限の警戒を向けて) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 20:40:05};
---ありがと(受け取ったライトの明かりを廊下の音のする方へ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:45:37};
---&COLOR(darkred){(どすん、がり、ずるずる……どすん、がり、ずるずる…… 重い物が落ち、固い物が引っかかれ、何かを引きずる音 ライトの光のその向こうにそれはいた。)&br;(どすん、がり、ずるずる。 成哉の胴よりも太い赤黒い色の腕が廊下に振り下ろされ、伸びた分厚い爪が廊下を引っ掻く。天井にくっつく頭の高さ、幅は廊下の幅でも狭そうに。)&br;(頭には角。顔には隠し布。ずるずると下肢を引きずりながら、這いずるようにそれは近づいて来る。……動きが止まる。二人に気付いたような間を置いて……)}; --  &new{2020-04-21 (火) 20:50:13};
---&COLOR(darkred){(速度を上げて、それは二人に襲い掛かってきた!!)};&br;http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035309.jpg --  &new{2020-04-21 (火) 20:51:43};
---!?(ビクッと身体が固まる カシャンと音がしてライトが床に落ちるとライトが転がるのに合わせて光が動く)&br;(様々な異形の生徒が学校に通っているのだが、これは記憶にない ということは)&br;ぎゃああああああ!(きぬを裂くような悲鳴が響く) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:53:49};
---(そのあまりの光景に体が固まる・・・かつて経験した物とは別種の、より根源的な圧倒的な威圧感、暴力という恐怖)&br;──っ!?(その少しの間を逃げる事に使わなかった事を後悔する・・・どのみち変わらなかったかもしれないが)&br;逃げろ!!(会長の悲鳴で我に返り、その手を引いて走り出す) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 20:56:35};
---あ、ま、まって、ライトが!(幼児みたいな身体は軽く、なかば引きずられるように) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 20:58:56};
---&COLOR(darkred){(白鐘の手を乱暴にでも引いたのは正しかっただろう。転進した二人の真後ろで、重い物を叩きつける音、僅かな揺れ)&br;(一瞬振り返れば、先程二人が居た場所に拳を打ち付けている姿。その手が持ち上がれば、粉々になったライト。人の肉よりも固いはずのライト。)&br;(遅れ、先程よりも速い速度で這いずる音が後ろから追ってくる。必死で走る二人の速度に追いつかないまでも、這いずる巨体にしては異常な速さだ)&br;(全力で走っても息も切れない程度の距離の廊下だ。すぐに廊下の端の階段が見えて、逃げ切れるだろう。……階段、階段)&br;(……しかし無い。無いのだ。『廊下に端がない』!)}; --  &new{2020-04-21 (火) 21:02:29};
---ほっとけっ(慌ててるのでやや口調が乱暴になるのも仕方がない・・・背後で重く力強い何かが空をきり打ち付ける音)・・・冗談じゃない!&br;(夜の学校に怪異が出やすいとは聞いていたが此処までの物とは正直考えてなかった・・・考えが甘すぎた!)&br;(後悔してももう遅い・・・幸いな事にギリギリ逃げ切れる速度差だ、このまま階下に行けば出口はすぐそこ・・・)&br;はぁ・・・はぁ‥なんだ・・・なんだここ!?(おかしい、絶対におかしい・・・ここはこんなに長い廊下じゃない)&br;くそぅ・・・なんなんだ・・・(疲労は溜まり、走れなくなってくる・・・おそらく会長の方ももう限界か) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 21:13:10};
---きゃっ!(背が低い分足が短い 歩幅が全く違うじんろくんについていくことができず、手をつないだまま足がもつれて転ぶ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 21:16:36};
---&COLOR(darkred){(疲労がたまるにつれてじわじわと近づいて来る這いずる音。突然の混乱と恐怖が疲労を倍増させる。恐ろしい音は更に恐ろしく。その音は更に疲労を掻き立てる。)&br;(転ぶ白鐘。それに気づいた成哉はどうするか。顔を上げた白鐘の目の前、見上げる様な巨躯)&br;(血管の浮き上がった赤黒い肌。脈打つように走る刺青。真下から見ても見えない隠し布の奥) ……ハァァァ…… (怪異が、笑った)&br;(そして、ゆっくりと振り上げられる腕……白鐘の小さな身体ならきっと、先程のライトの様に……)}; --  &new{2020-04-21 (火) 21:23:30};
---会長!?(転ぶ彼女を見てから配慮が欠けていた事を悔やむ・・・だがもう遅い、怪物はもうすぐそこまで来ていて、ゆっくりと拳を振り上げている)&br;(まるで・・・・試すみたいに)&br;・・・っな・・っめんな!!(頭に血が上る、思考も覚悟もないただ衝動のままにバットを振りかぶり、怪物に殴り掛かっていく愚行) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 21:26:56};
---&COLOR(darkred){(高校生男子の全力の一撃は、得物の扱いの心得が無くてもそれなりの威力のはずだった)&br;(しかし、逆に、振り下ろされる腕を打ちすえた成哉の手に骨に響くような痺れ。固い大木を殴ったかのうな反動だ)&br;(その一撃で僅かにそれた拳は、白鐘の真横を強かに打つ。拳の風圧で少女の髪が揺れる。当たっていたら……)&br;(白鐘に向いていた怪異の顔が、成哉に向く。そして次の瞬間、成哉をバットごと殴りつける!)}; --  &new{2020-04-21 (火) 21:40:59};
---ひっ…(振り下ろす腕の勢いに下半身から力が抜ける 先程出し切っていない残りが股間の布にじわっとにじむ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 21:45:02};
---・・・っ!(金属のバットでなくてよかったと思う・・痺れでまともに握れなくなっていた所だ)&br;くそ・・・(いくら睨み返したつもりになっても完全に気圧された瞳は恐れに揺れて)ぅぁ!(バット事ぶん殴られて吹っ飛んだ・・・壁をバウンドし、面白いように遠くへ飛んでいく・・・バットは衝撃で折れた・・改めて木製でよかった、折れる事で衝撃が和らいだような気がしなくもない)&br;げほっ・・ぐ・・・(情けない、みじめだ・・・ただの人間が怪異を倒せると思い上がった結果がこれだ・・・このまま死んだふりをして倒れていれば、少なくともちょっとは長く生きられるんじゃないか?・・そんな考えが頭をよぎる)&br;(でも絶対あの子は死ぬよな・・・真田丸もアイツにやられたのかな・・・やっぱ痛かったかな・・・真田丸を探し、不安に消え入りそうになっていた会長の姿を思い出す)&br;&br;ぁー・・・(何処にそんな力があったのか、気が付けば身を起こし、両の脚でしっかりと立っていた)&br;(体の底から何かが湧き上がってくる・・・その衝動に急き立てられるように・・・気づけば手には灰色の鍵があった)&br;&br;(ガチャンっと暗闇から響く解錠音・・・そしてピっと電子音が鳴れば)&br;ウォォオオォオォオオォオ!!(狼の遠吠えが上がり、飛び出してくる)&br;(背は190に少し届かないか、されど剛毛に覆われた筋骨隆々なその体は実際以上の迫力を感じさせる・・・狼頭の怪人、人狼の姿がそこにあった)&br;(それでいて瞳には確かな理性の輝きがあって)会長!下がれ!!(声は成哉の物だった・・・剛腕と鋭い鉤爪を振りかぶり、怪物めがけて叩きつける) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 22:07:16};
---(ど、どうしよう…でも生徒会長として私がなんとかしなきゃ…などと考えていたが)&br;は、はひぃ(目まぐるしく変わる事態に頭がついていけなくなり、ひとまず言われるままに四つん這いで這って距離を取る) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 22:14:21};
---&COLOR(darkred){(普通の人間であれば骨の一本や二本折れている威力。加減したのではなく、遊んでいるのだろう。悪しき怪異、嗜虐の怪異。そのことが二人に伝わる)&br;(その隙が、成哉の反抗を許した。飛び出してきた狼男への反応が遅れ、叩き付ける鉤爪を食らう。その一撃でもその分厚い皮膚は破れない。しかしよろけ、窓に巨体を打ち付ける)&br;(びし、と音を立てて真っ黒に塗りつぶされた窓がひび割れる。体を起こす巨大な怪異は、苛立つように低く唸り、その拳を地面に打ち付ける。先程よりも強い威力であることが、揺れで分かる)&br;(そして、先程よりも速い動きで狼男に向けて拳を放つ怪異。白鐘よりも先に脅威を排除しようとしたのだろう)&br; &br;(標的から外れた白鐘。その視界に、光が見えた それは、先程怪異がぶつかってひび割れた窓)&br;(割れた窓の隙間から、普通の夜空が見えているのだ)}; --  &new{2020-04-21 (火) 22:15:53};
---(いける!切り裂くには至らなかったが、次は決める)っは!どうしたキレちまったってかぁ!?&br;(例え理性を保てるよう調整した所で、人狼の血が人の精神を高揚させ好戦的にさせる事は変わらない・・・・体格では未だ負けているのにも関わらずだ)&br;(巨大な拳をまともに受ける、トラックにでも轢かれたかのような衝撃を筋肉と体毛で強引に耐え・・・お返しとばかりに大ぶりの鉤爪を見舞う)&br;(如何にまともに戦えるようになったといっても、こんな戦い方では先は見えている事は、傍目から見ている白鐘にもわかるだろう) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 22:29:47};
--&COLOR(darkred){(狼男になっても尚見上げる様な巨躯、それでも高揚のままに殴りかかり切りつける成哉)&br;(しかし、筋量が、身体の厚さが、重量が違う。そして、この怪異はどうやら戦い慣れているようだと成哉にも分かる)&br;(首や脇腹などの急所は防ぎ、それ以外の所は筋肉で受け止める動き)&br;(背に白鐘を庇いながら戦うのもあり、成哉は段々と押されていく。拳が、掌が、一撃ずつが重く。そして、成哉の疲れが溜まった時だった)&br;''ごおおおおおおおっ!!'' (窓を、壁を震わせる咆哮と共に、強烈な一撃が成哉を襲い、そのまま窓に叩き付ける!! 先程以上の衝撃、窓一面に皹!)}; --  &new{2020-04-21 (火) 22:38:44};
---(んっだよ・・くそっ・・・なんで倒れねぇ・・あたってんだろ!・・・あぁもう・・・邪魔だな・・)&br;(白鐘を無視すれば・・・ベルトを取ってしまえば・・・そんな誘惑にかられた所でハッとする・・・バカが、何のために戦ってんだ)&br;(明らかに集中が途切れたその合間を縫うように)・・・っ!!?(怪物が強烈な一撃を見舞ってくる)&br;が・・・っは・・(以上に硬い窓とサンドされる形で衝撃をまともに受け、さしもの人狼も気を失い、変身がとけて人に戻っていく) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 22:46:53};
---ああっ!もうっ!(スカートに手を入れて下着を下ろす)&br;邪魔っ(緊迫した状況でなければこのままなのだが、今は足に引っかかってじゃまになる 片足を引き抜いて足首に引っかかった下着を蹴るように怪物の方に脱ぎ捨て)&br;(ずるずると太くぬらぬらと光るタコのような足が尻尾のようにお尻から生える 一見するとタコのようなそれは、禍々しく冒涜的な音を立てながらうねうねとのび、人間の姿の成哉を掴み、残る7本の足が窓に食い込み空間を割り割いていく)&br;このっ!くるな!くるな!一応手で股間を隠しつつ、怪物に向かってバタバタと両足で牽制)&br;(窓が割れるやいなや、飛び出せるようにしておく) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 22:56:40};
---&COLOR(darkred){(変身が解除された成哉を見て止めを刺そうとした怪異。しかしそこに、びしゃっと濡れた布が投げつけられ、地面に落ちる)&br;(顔は見えないがちょっと慌ててそれから手を引いた怪異の前、触手をうねらせる少女の姿 その様子に気付き、警戒するように怪異は僅かに身を引く)&br;(そのわずかな時間、普通の窓ガラスよりも固い手応えだが、ばきんと割れる音。それを見て怪異が唸り、白鐘を殴ろうと拳を振るった!)}; --  &new{2020-04-21 (火) 23:01:42};
---開いた!?(ように思う)&br;きゃあっ!(とっさに一本を防御に回す タコとは思えぬ膂力で振るわれた足が、怪異の拳にまともにぶつかり)&br;(その反動で、足を巻きつけた成哉ごと窓から飛び出す)&br;わっわっわっ!(慌てて吸盤を校舎の壁に貼り付け、一気に屋上まで駆け上がる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 23:13:22};
---&COLOR(darkred){(ばりん!と飴細工を割ったような音と共に窓から飛び出す二人 その瞬間、身体を涼しい夜風が優しく包み込むのを感じるだろう)&br;(蛸足で必死に外壁を駆けあがり、屋上に無事辿り着いた。追ってくる気配もない。遠く遠くで、怒りの籠った方向が響いた気がしたが……)&br;(空を見上げれば綺麗な月。先程までの重苦しい空気ではない、普通の夜の学校の風景が広がっていた……逃げ切ったようだった)}; --  &new{2020-04-21 (火) 23:17:53};
---なんとか逃げ切ったみたいね……くしゅん!(スカートの中が夜風でスースーする)&br;じんろくん?ちょっとじんろくん?(尻尾を引っ込めて、仰向けで気を失っている成哉の横にしゃがんでぺちぺちと頬を叩く) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 23:23:24};
---んぅ・・ぁ・・・(ぺちぺちされればぼんやり目を覚ます)・・・ぁー・・・・・・&br;・・なんかこう、真田丸の事とか会長の事とかいろいろ覚悟を決めて良いトコ見せるつもりがすげぇダセえ事になってた気がする・・・あれは夢であってくれ(うわーと思わず顔を覆う)&br;・・・そうだ真田丸っ(がばっと身を起こす、くらっと来て倒れる)あら・・・?う、動けねぇ‥? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 23:30:33};
---おきたわね(立ち上がる)&br;えっ!?ちょっと、歩けないの?仕方ないわね……目は瞑っててよ(再び禍々しいタコ足がお尻から生える 女子の前では時々やることはあるが、人前ではできない)&br;いい?絶対目は開けないでよ(一応手で股間を隠しているが、見られたら恥ずか死しかねない)&br;(足を巻きつけて成哉の運搬しつつ、中に戻るのは怖いので壁をズルズル降りていく)&br;あんなのがいるなんて……なんとかしないといけないわね……じんろくんは寮だったかしら?寮だといいのだけれど、寮まで運んであげるから通いだったら家に電話しなさい -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-21 (火) 23:37:15};
---え?なになに?(戸惑いつつも律儀に目を閉じると・・・)うわなんかぬるっとする!?なんなの会長!?なにしてるの?小アメンの腕でも使ってるの?(こわいよぉってなってる)&br;ア、ハイ・・寮です・・・(優しくして・・・って感じで大人しくなりながら運んでもらったとか) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-21 (火) 23:47:23};
-(授業中に[[クアッカワラビーのスタンプ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035310.png]]が送られてくる) -- [[アリスからのLINE>IG/0014]] &new{2020-04-21 (火) 21:11:18};
--&COLOR(darkred){(よく分からない授業は眠くなる。一番後ろの隅の席で板書しただけのノートを前にペン回しをしていた少年)&br;……? ンフッ (変な笑いが出てギリギリで堪えた。教師は気づいていない様なので、こっそり机の影で返信。)&br;【なにこれかわいい】(ぺこんっ♪とアリスの手元に返信音。……そして少し遅れて[[URLが送られてきた>https://www.youtube.com/watch?v=0h30wQcXZqg]])}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-21 (火) 21:18:42};
---大体の生き物、食事中は可愛い説あるわね。それにしたってこのURLの子たち、可愛すぎじゃない?&br;(保健室の先生がいない間は静かで、暇で、それで友達にLINEなんか送ったりもする)&br;(するっていうか、思いついてから二日くらい実行するかどうか悩んで不眠気味なのだけれど)&br;そっちも授業中?(本当なら、同じ授業を受けているはずのソフィーや真田丸のことをいつも心のどこかに考えていた) -- [[アリスからのLINE>IG/0014]] &new{2020-04-21 (火) 21:27:34};
---&COLOR(darkred){【わかる、にんじんあげたい】(教師の様子を盗み見つつなのだろう、漢字変換出来てないが、意外と返信が速い)&br;(最初のスタンプを送るまで悩んだ時間が嘘のように会話が交わされる)&br;【数学。さいんこさいん。呪文。もぅマヂむり。】 (その後に、絵本風の赤鬼が目を回してるスタンプが追加される)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-21 (火) 21:31:45};
---(漢字変換ができてないのに気付いてしばらくスマホを持ってぷるぷる震えていた、ツボる)&br;数学、本当難しいわよね。タンジェントってのもあるらしいわよ。私には無理だー、一緒に赤点とろ?&br;(悪魔が誘惑しているスタンプを送ったりなんかして、たのしい) -- [[アリスからのLINE>IG/0014]] &new{2020-04-21 (火) 21:44:26};
---&COLOR(darkred){【なにそれおいしいの、おれはぶんけいたいいいくかいけい】 (い、が多かったりと緩い返信だ)&br;(返信の間隔が少し空いたのは、板書でもしてるのだろうか。遅れて) 【👹! 👿!】 (鬼!悪魔!と絵文字で帰ってきた)}; --  &new{2020-04-21 (火) 21:52:01};
---私だってド文系よー。白衣はただのファッションだし。&br;鬼はあんたでしょ。(あ、今の返しは上手かったかな?と一人でニヤニヤしてたり) -- [[アリスからのLINE>IG/0014]] &new{2020-04-21 (火) 22:01:07};
---&COLOR(darkred){【まじで、理系だとおもてった】(誤字がある、でも返信が速いので楽しんでいるのが伝わってくるだろう)&br;【おれがおにだった】(倒れた赤鬼のスタンプ。そのあと、また少し間隔開いて) 【今度一緒に勉強するか、中間こわい】 (返信)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-21 (火) 22:05:27};
---異能の発動条件解明実験? とかいうののために理系の勉強もしたけど、全然さっぱり。&br;(倒れた赤鬼のスタンプ、こんなのよく見つけたし、よく買ったなぁと微笑みながら)&br;勉強、しよっか。赤点取ったらパパとママに何を言われるかわからないもの。それじゃまた後で。&br;(最後にクアッカワラビーのスタンプを連打して授業中のLINEおサボり会話を終えた) -- [[アリスからのLINE>IG/0014]] &new{2020-04-21 (火) 22:11:33};
---&COLOR(darkred){(挨拶のあと、ぺこん♪と追加の返信音。見れば、ノートの端の落書き。意外と似てる数学教師の似顔絵だった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-21 (火) 22:19:59};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-21 (火) 23:53:39};
-&COLOR(darkred){【成哉と白鐘が翌日確認しても、窓ガラスが割れた廊下なんてどこにも無かった。】&br;【学校の噂:深夜の学校に出る怪異、あれって本当みたいだよ……襲われた人が居るんだって……】}; --  &new{2020-04-21 (火) 23:56:06};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-21 (火) 23:56:14};
-(怪物に襲われた翌日、午前は病院で検査、警察で聴取、職員室でお説教とトリプルコンボで潰れ、昼休みでようやく戻ってこれた)&br;(落ち込み気味の表情が真田丸を見たとたんに驚愕の物に代わって)真田丸お前っ・・・(何というべきか迷って)・・・無事だったのか・・・ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-22 (水) 18:35:38};
--&COLOR(darkred){お、半休出社の成哉君乙 (いつものようにクリームパンをかじりつつ本日発売の雑誌を眺めている少年だ)&br;どしたん、悪いもんでも食ったとかー…… え、は? え、なんの事? (眉を寄せて、むしろ成哉の様子を心配そうに) どうした?}; --  &new{2020-04-22 (水) 19:01:06};
---病院行ってたんだよ、先生なんも言ってなかったのか?(マジかよと呟く)&br;(少し考えて)・・・お前、昨日帰りに生徒会長と会わなかったか? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-22 (水) 19:06:18};
---&COLOR(darkred){言ってたとしても俺がHRちゃんと聞いてると思うか? (なぜかドヤァ……して)&br;うん? 会ったよ。って、え、会長と会った? 俺探してたんだけど! (そうして話すのは白鐘の話と真逆だ)&br;校門まで一緒に帰ったんだけど、俺がちょっとよそ見してる間にいなくなってさ マジ焦ったぜ 女子寮に行くわけにもいかなかったしさー}; --  &new{2020-04-22 (水) 19:08:07};
---・・・・・はぁぁ・・・(でっかい溜息)そういう時はスマホで連絡とるとかさぁ・・・会長の話じゃ、学校を出たところで急にいなくなったなんていうから俺はてっきり神隠しにでもあったのかと&br;(人込みかなんかに紛れて見失ったのだろうか?会長だしな、ありうるとか失礼な事を考えたのは言わないでおく)&br;あの人その後、俺とばったり会うまでずっと独りでお前を探し回ってたんだぞ・・・夜中になってもだ、怪異も出るってのに・・・(後ででいいから謝っとけよと付け加える) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-22 (水) 19:20:12};
---&COLOR(darkred){いや、それ思ったんだけど、意外と電話もIDも知らなくってさ (参ったぜ、と肩を竦め)&br;あ、成哉も繋いどこうぜ (そういってQRコードを表示させて連絡先を交換し、ついでに意味もなく赤鬼がサムズアップしてるスタンプを送る)&br;マジで、俺悪戯されたと思ってたんだけどそうじゃない感じ? 連絡先聞いておこう、マジで}; --  &new{2020-04-22 (水) 19:23:46};
---(忘れてたといった風に頭を抱えて)そういや会長、スマホの電池が切れたとかどうとか言ってたか・・・モバイルバッテリーくらい持てよ・・・&br;ん?あぁそうだな・・(学校ですぐ会えるものだからあんまりそういう事はしてなかったと交換しておき)・・・(健康が心配なら野菜ジュースをのむといいと言ってる白熊のスタンプを送っておく)&br;ぎりぎりの所で泣いてないってレベルだったよ・・・実際やべーのにも襲われたし、相当怖かったろうな・・&br;見失った状況がいまいちよくわかんねーけど、とにかく揉めた時はさっさと男から謝っておくのがいいって親父が言ってたよ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-22 (水) 19:34:20};
---&COLOR(darkred){(こちらからは、冷凍庫にドーナツ入れてサクサクにするスタンプ。同じスタンプを持ってて思わず爆笑する様子は、特に変わった様子もなく)&br;マジで……夜の学校って怖いんだな…… 噂では学校の怪談は色々聞くけどな 屋上に出る猫の花子さんとか、体育館のドリブル幽霊とか (眉を寄せて肩を竦める)&br;成哉の親父さん、奥さんに尻に敷かれてそうな…… (大事な教訓だ、と頷いた) 次会った時に謝っとくよ}; --  &new{2020-04-22 (水) 19:42:59};
---へっ(心配したしあっけらかんとした様を見た時は怒りすら湧いたものだが、こうして何事もないのであれば良いことだ・・・スタンプを見ながら肩をすくめて笑って)&br;あぁ、ラミアのオスをマッチョにしたような奴だった・・・上半身だけで三メートルはあったんじゃねぇかな・・・まともにやり合えるのはドウェイン・ジョンソンくらいだろ、あれ(そこでふと)そういや会長に助けられたんだった・・・俺もあとでお礼言っとかないとな&br;そうしとけ・・・(もっかい溜息)なんか疲れた・・・今日一日休みにすればよかったぜ(じゃぁなっと席に戻っていく) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-22 (水) 19:55:09};
---&COLOR(darkred){何その……全長どれくらいだよ……どこ得だよ……女だったら良かったのになあ、その怪異 (遭遇していないのでへらへらしたもんだ)&br;ハリウッドクリーチャー映画みたいな奴と出くわして帰って来れてるのは凄いな……まあ、お疲れ あ、昼一古文小テストだぞ (手を振った所で予鈴が鳴ったのだった)}; --  &new{2020-04-22 (水) 20:09:16};
-……(壁に寄りかかってスマホを弄ってると、その前を通りすぎる鬼の血を引く少年、その角をじーっとじぃーっと目で追い呟く)いいじゃん -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-04-22 (水) 22:59:12};
--&COLOR(darkred){(クリームパン齧りつつ移動教室に向かう途中、すれ違った少女の呟きに振り返る)&br;うん? なんか言ったか? あー……隣のクラスのー…… (まだ話した事が無かったが、見かけた覚えはある)}; --  &new{2020-04-22 (水) 23:22:46};
---ちっす、そそ、隣の1-Bのアオイ、よろー(ぴっと片手上げ)ってか足止めさせて悪いね、なんて言うかカッコいい角?だったんで&br;鬼はあまり見ないし、ん、でも、じろじろ見られたら気分悪いか(嫌味もなく割と思ったことを素直に言ってるっぽい) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-04-22 (水) 23:38:35};
---&COLOR(darkred){俺は1-Aの真田丸 吉広、読み方は好きで良いぜ ……角が格好良い? はは、そりゃ嬉しいな! 有難うアオイ&br;(思ったままに口に出すアオイの様子に笑い、気を悪くした様子もない) いや、珍しけりゃあそりゃ見るさ 俺も可愛い子や面白そうなやつがいたらめちゃ見るし&br;闘牛の角みたいに刺す事は出来ないが、立派なもんだろ 俺も自慢にしてるんだ、角}; --  &new{2020-04-22 (水) 23:49:27};
---さなだまる、へぇ……ずいぶん古風な感じで、角もだけど苗字もいいじゃん、けど、吉広の方が呼びやすいからそっちにさせてもらお&br;わかりみ、アタシも格好いい怪異とか見たらついつい目で追うし、スマホ構えるし(角から吉広の全身を俯瞰するように視線を映して)&br;けど、もうちょい、ちょい縦と横幅あれば絶対いいだろうね……!いやま、ほら、鬼と言えば巨体がテンプレみたいなとこあるし -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-04-23 (木) 00:11:14};
---&COLOR(darkred){はいよ、苗字が長いのは分かってるんで名前で良いぜ。俺もアオイって呼ばせてもらうわ (よろしく、と笑って見せ)&br;この学校は特にいろんな種類が居るからなあ え、何、俺格好良い? 照れるぜ (よくわかんないけど格好良さそうなポーズをとってみせるお調子者)&br;あー、それはなー、俺まだ160cmギリだしなあ……で、でも見てろよ、卒業までにはあと20cm30cm伸びると思うからな!&br;『うちの親父もでっかいから、俺もデカくなるさ』 でも、こう見えて身体は鍛えてるんだぜ?}; --  &new{2020-04-23 (木) 00:15:48};
---(よろと再度挨拶を返すけど、こっちはちょっと眉毛が下がって口角が上がった程度しか表情が動かない)&br;……っし(即、格好良さそうなポーズを撮る)意図せず目的を果たせた、これもアタシが日ごろから徳を高めた賜物(竜型怪異とかのカッコいいもの写真の中に吉広が追加されました)&br;そそ、160じゃまだ凄みが足りないっしょ?鬼ならやっぱ30僂噺世錣2m超えを目指すべき、と思うわけで、あー吉広もやっぱアレ、怪異退治とかしてる系?&br;(知り合った男子は大体そんなことしてるっぽいので重ね合わせて聞いてみる) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-04-23 (木) 00:46:13};
---&COLOR(darkred){アオイはポーカーとか強そうだな 俺はすぐ顔に出るからアオイ位冷静な感じになりたいぜ (がはは、とこちらは大口を開けて笑う、対照的な二人)&br;(激写され) え、今みたいなので良いのか!? (ポーズ取った割にちゃんと撮られるとそれはそれで照れ臭い思春期だ) いや、アオイが良いなら良いけども……!?&br;あー、2m超えてえなぁ……行けるかな、行きたいな (夢は大きく) うん? いや、俺は退治とかはしてないな 鍛えちゃいるが、そう言うのは専門家の仕事だろ&br;(そう言って首を傾げた所で予鈴が鳴る) あ、ヤベ! 視聴覚室遠かったんだ!! アオイ、またな! 今度今まで撮った写真見せてよ! (そう言って慌てて駆け出して行った)}; --  &new{2020-04-23 (木) 00:58:46};
---冷静……言われたのは初めてだ、けど、作ってるわけじゃなくてこれが素だからなあ(多分ポーカーやってもあんま強くない)&br;ん、なにも問題ないよ、上手く撮れてる、ポーズ取るためにポーズするとどこかしら不自然になるのがフツーだから(完璧とサムズアップ)&br;あー、鍛えるイコール怪異退治って先入観があったからごめ……っと、じゃーね吉広(と、こっちは教室にのんびり戻るのでした) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-04-23 (木) 01:19:22};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-23 (木) 15:41:26};
-&COLOR(darkred){【学校の噂:夜に学校を這いまわる怪異は、顔に四角い口があって目が飛び出てるんだって。なにそれこわい】}; --  &new{2020-04-23 (木) 15:42:22};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-23 (木) 15:42:28};
-(休み時間、教室にて)ゴールデンウィークどうだった?(なんのけなしの世間話) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-04-23 (木) 21:15:01};
--&COLOR(darkred){ん? 特に変わった事もないなー、旅行とかも行かなかったし ……あ、でも、学校に来たぜ&br;(そう言って、思い出したように自分のスマホをとる 動画を起動して見せる 誰もいない長い渡り廊下を歓声を上げて全力疾走したり、黒板全部を使って落書きしたりしてる動画だ)}; --  &new{2020-04-23 (木) 21:52:33};
---なにそれ楽しそう。どうして呼んでくれなかったし。……そういえば連絡先交換してないな? -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-04-23 (木) 21:55:26};
---&COLOR(darkred){いや、元々は武道場借りて自主稽古してたんだけどさ。思いついて衝動的に……超楽しかった (良い思い出……)&br;お、そういやそうだな、つなごつなご (アプリを立ち上げてIDを交換しつつ) こう言うのって意外と忘れるよな&br;クロは? どっか行ったりしたん (誰もいない教室で虚無顔で着席してる自分の写真を送りつつ)}; --  &new{2020-04-23 (木) 22:28:19};
---そうだねえ。初対面のとき名刺交換的にやらないと忘れちゃう。 &br;アリスと伊上山に紅葉狩り狩り狩りに行って、包囲されたけど爆破して脱出した。 &br;そのあと山の神様ににらまれて慌てて下山したよ。6000円の収入になりました。(支離滅裂な言動) &br;あとはお店の手伝いかなー。うち蕎麦屋だからね。(見てくれよこのてんざるそばのベストショット) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-04-23 (木) 22:33:09};
---&COLOR(darkred){わたくしこういうものです (アプリで名刺を渡してるゴリラのスタンプ送りつつ)&br;うん、うん? ……うん? (二度見して少し考えて三度見) そもそも狩が多いしハリウッドダイブしそうな機会が訪れるもんではないはずだが……!?&br;大丈夫? クロ寝てないのか? 酸素欠乏症か? (可哀想な人をみる目をして) え、蕎麦屋なの え、めっちゃ旨そうなんだけど。 学校に昼に出前頼んで良い?}; --  &new{2020-04-23 (木) 22:43:36};
---(『フレーメン反応!!』のスタンプを送り返す) &br;通称紅葉狩り狩りっていう紅葉に擬態した怪異がいるんだけど、それを駆除したら一匹3000円になるんだよね。 &br;新緑芽吹く中に、連中の紅葉色が目立つようになるGWあたりがオンシーズンなので退治しに行ったんだ。 &br;でも存外数が多い&知能が高くて、罠にかかって包囲されたりして。爆破したりして。脱出したりして。僕は正気だってことがご理解いただけたと思う。 &br;あー出前はやってないんですよー。Uber eatsなら届けてくれるかも? -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-04-23 (木) 22:55:06};
---&COLOR(darkred){(吹き出した。俺の負けだ)&br;なにその怪異……しかも結構いい値段だ…… いや、怪異狩りって考えると安いのか? 相場が分からんけども&br;うん、最後まで聞いても正気を疑いかねないが、まあ怪異狩りは正気にては成らぬとどっかの漫画で言ってたし、そう言うもんか……&br;マジかー、残念。出前頼んでクロの親父さん登場!みたいな面白い瞬間を見てみたかったんだけど}; --  &new{2020-04-23 (木) 23:21:44};
---低級怪異だけど、そこそこ強かったから安いんじゃないかな。 &br;けっこう真面目にやったんだけどな……。爆破っていうとハリウッド感出ちゃうもんね。仕方ないや。(うなずいて) &br;……一人父親参観とか罰ゲーム以外のなにものでもないよね!? &br;(落ち着くためのひと呼吸)父さんが見たいならお店に来るのがよいよ。火曜日は定休だから気を付けて。(お店のショップカードをお渡しする) &br;(そうこう話している間に予鈴が鳴った)次の授業なんだっけ。(こうして日常に戻っていくのだ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-04-23 (木) 23:29:19};
---&COLOR(darkred){マジかー……こうやって聞くと、結構怪異退治って身近なんだな (少し興味を持ったように頷いて)&br;いやほらむしろその罰ゲーム状態の反応が見たかった (にやにや笑ってからかって)&br;古典じゃなかったっけ あやべ、課題忘れた (普段通りの学生生活でした)}; --  &new{2020-04-23 (木) 23:33:45};
-調子はどうかしら?(放課後、見かけたので声をかける) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 01:11:25};
--&COLOR(darkred){お、会長お疲れッス (鞄を肩にかけて歩いていた少年) ぼちぼちッスね、そろそろ中間なんでこれから図書室行って勉強ス}; --  &new{2020-04-24 (金) 09:52:31};
---もうそんな時期なのね…1年のうちから油断すること無くちゃんと勉強しておくのは偉いわ!&br;わからないところとかあったら教えるわよ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 19:15:59};
---&COLOR(darkred){ま、『ガキの頃から親父に予習復習はしろって教えられてきたんで』 意外と優等生なんスよ俺 (がははと笑って胸を張り)&br;お、それ嬉しいッスね! とは言え、まだ2カ月目なんで何とか躓いてはいないんスけども 会長って文系でしたっけ、理系でしたっけ (図書室まで行きましょ、と一緒に誘って歩き出す)}; --  &new{2020-04-24 (金) 19:46:03};
---ふーん……(まただ なんだか違和感を感じる言い方、やっぱり家でなにかあるんだろうな)見た目によらないとはこのことね&br;私は理系よ どちらかと言えば、だけど 順調なのはいいことだわ(一緒に図書率へ向かう) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 19:51:53};
---&COLOR(darkred){(少年の表情も口調も別段変わりなくいつも通りなのだけれど、何故かどこか薄らと軽いような違和感) ま、それでも数学は苦手なんスけどね&br;どちらかと言うと、って事はどっちもそれなりに出来るって事スか? 流石生徒会長だなあ、ちっちゃくても (余計な冗談言いつつ) そうなると進路は国立大学スか? 俺にゃあ無理だなあ……}; --  &new{2020-04-24 (金) 19:56:28};
---まぁね!(得意げ なぜか成績だけはいいのだ)目指すは東大!……とまでは行かないけど、私もそろそろ進路については考えなきゃ&br;真田丸くんは結構インドアだったりするのかしら?(GWにはだいぶ町を見回ったが見かけなかったので聞いてみる)&br;ち、ちっちゃくないわよ!(精一杯垂直跳び 今日も下着がよく見える) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 20:06:51};
---&COLOR(darkred){俺はまだもうちょっと考えときます、これって進路は無いから、とりあえず進学かなあ……国立にはいるには、何とか数学を……ぐぬぬ&br;そスね、家で漫画読んだりゲームしたり、あとは稽古して過ごしてますよ ……会長、もうちょいスカート長くしたらどうスか ロリコンの人に狙われますよ (呆れ顔)}; --  &new{2020-04-24 (金) 20:37:23};
---数学はこう、流れでなんとかするのよ 1年のうちは自分にあった科目を見つけるのもいいかもね&br;ふーん…家で、か 真田丸君の家族ってどんな人?&br;な、長いとあちこち引っ掛けちゃって転ぶんだもの!&br;なんでロリコン限定なのかしら!!!(怒って飛び跳ねる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 20:46:08};
---&COLOR(darkred){日本史! 古文! 現国! ……えいごはがんばるますです (完璧に文系だ)&br;うん? 俺の家族スか? 『普通スよ、サラリーマンの親父に専業主婦のお袋。俺が明るいのはお袋似ッスね』 一人っ子なんスよ&br;どんな長いのはくつもりなんスか……十二単スか会長…… ……え、だって会長アニメプリントパンツ履いてるし……パンツ見えても恥ずかしがらないし…… あ、図書室にはいるから静かにしてくださいねー&br;(誤魔化しつつ入る 数人しかいない図書室の大きな机 隣のイスを白鐘に勧め)}; --  &new{2020-04-24 (金) 21:06:50};
---文系だとどの大学が良いかしらね?将来どんなことがしたいの?&br;そうなんだ、うちが弟がいっぱいいるから大変だわ! でも、お母さんが主婦だと結構裕福なのかしら?&br;十二単!着てみたいわね!お姫様みたいなの!(くるっと回転)は、恥ずかしいわよ、見られたら!まぁ、ちょっと高校生向けじゃないけど!(騒がしい 入り口で睨まれる二人) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 21:20:21};
---&COLOR(darkred){いやー、それが進路はまだ全然決まってないんスよ まあ、まだ高1なんで 歴史系の勉強は好きなんでそっち系かなあ&br;会長がお姉さん? ……マジか いや、うーん、まあ、世話好きなので長女っぽくは…… (半分くらい納得できない気持ちを飲み下す)&br;『どうなんスかね? 金持ちじゃ無いとは思うんスけど、困ってる感じはないなあ』 (そんな事言いつつ数学の参考書を開き)&br;会長が来たらお姫さまって言うかお雛様…… え、恥ずかしいの!? またまたー、よくワカメちゃんになってるくせにー (おっと図書委員に睨まれた、会長に顔を近づけて小声で)}; --  &new{2020-04-24 (金) 21:25:39};
---歴史はお金にならないわよ&br;でも、覚悟を持って好きな方向に進むのなら、応援するわ!家にも余裕があるみたいだし&br;お雛様もいいわね!来年の3月はお雛様になりたい!&br;恥ずかしくないわけ無いでしょ!?(わかめちゃんになってると言われて前を押させると後ろが丸見えになるシーソー) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 21:43:15};
---&COLOR(darkred){何その含蓄ある言葉 ……まあ、考古学歴史学ってもんはなー、学者はなーってのはよく聞くしな 『きっと俺は平凡なサラリーマンになるんだろうな』&br;3月か、それいいッスね それまでに会長に彼氏が出来てたら、お内裏様にしてやろう (からかう様に笑って) じゃあもっと長くしろよスカート!? (思わず突っ込み、図書委員に咳払いされた)}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:07:22};
---そこで諦めちゃうの!?若いんだから夢を持っていいと思うわよ&br;か、かれし!?で、できないわよ!だ、だって、モテない……こともない……とは思うけど……その、私こんなだし……(どんどん小さくなる声)&br;長くするのはいいけど……(椅子に座ると、背もたれにスカートが引っかかって丸出しになる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 22:27:00};
---&COLOR(darkred){夢なあ、まだまだ先の話に思えるけど、俺も2年の中盤位になったら進路に悩むのかなあ (ちょっと楽しみそうな、面倒臭そうな曖昧な笑顔だ)&br;いや、会長は可愛いと思うぜ? 可愛いというかかわいいというかkawaiiというか…… うん、まあ、ほら、ワカメちゃん治したらきっと……&br;……治らないかもな…… (思春期なのにこんだけばっちり見ても劣情を催さない位に見えすぎてありがたみのない会長パンツにそっと涙)}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:44:27};
---そんなこと言ってると、すぐ卒業なんだから!今からちゃんと考えときなさい サラリーマンもいいけど、どんな会社とか……&br;えへへ〜(褒められて顔が溶けるくらいニコニコする)す、スカートは長くしたわよ!?&br;さ……真田丸くんは恋人とかいるの? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 23:03:26};
---&COLOR(darkred){うえー、会長が先輩みたいな事言ってるー ……は、先輩だ (わざとらしく気付いた素振り) どんな会社かあ……全然思いつかないや&br;スカート長くしても、裾が椅子に引っかかって全開だぜ会長…… (そろそろ〜スすらも無くなる) うん? 俺? 恋人? がはは! ……居た事もないっ (突っ伏した)}; --  &new{2020-04-24 (金) 23:20:21};
---会社に務めるにしても、営業とか色々あるし、会社で作ってるものもぜんぜん違うから、その辺も考えるといいかもね&br;でも、考古学者っていうのも応援するわよ?&br;じゃあ、私達恋人できない同士ね(ニコっと笑う)でも、恋よりもまずは勉強&br;ふひゃっ!!!(真っ赤になって背もたれのスカートを直そうとしてバランスを崩し、大きな音を立てて椅子ごと後ろに転がって大開脚するセクシーガール) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-24 (金) 23:34:29};
---&COLOR(darkred){うへー、考える事は沢山あるんだなあ……うん、でも有難う会長 まだ時間はあるし、しっかり考えてみるよ (礼は素直に伝える)&br;なんか悲しい同盟だなあ……ま、恋はしようとして出来るもんでもないか (肩を落としつつ笑って) ……って、あ、かいちょ、危なっ&br;(抱え止めようと思ったが失敗 盛大な転倒音 大開脚パンツ会長 怒る図書委員 叩き出される二人 会長を慰めつつ女子寮まで送って行ったとか)}; --  &new{2020-04-24 (金) 23:50:06};
-(休み時間の廊下にて、まるで、枯れ葉の中に隠れていた毒蛇が突如飛び出すように、その膂力を以て獲物を絡め取るように)&br;(学校の平穏の中から耳に纏わり付く声が真田丸を呼び止める)&br;君が真田丸君?どーも、2年B組の倉守喰三と言います。ちょい君に興味があってお話したいんや、鬼の子って聞いて -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-04-24 (金) 21:10:16};
--&COLOR(darkred){うおっ? っと、え、あ、ども。倉守先輩スか? (突然現れた男を見上げ、会釈する少年。赤い髪に角、小柄ながらがっしりした身体は鬼の血だろう)&br;はい、俺は鬼族の血を引いてますけども ……すげえ、リアル関西弁だ (ちょっと感動しつつ、どんな話スか?と首を傾げ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-24 (金) 21:19:22};
---(長身の男はどちらかといえば細身の部類の中肉中背だ、常に張り付いた笑顔が何処か狐を思わせる…そもそも狐面を頭に被っているが)&br;格好ええやろ?下手に現地の言葉に慣らすよりもそのままの方流暢で珍しいさかいそのままや&br;ああで、話は戻すけど真田丸君は九鬼君とは縁があったりするのかい?&br;多分知ってるとは思うけど彼も鬼に纏わる神社の子やさかい(男は見た感じ好奇心で聞いているという体だ) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-04-24 (金) 21:32:04};
---&COLOR(darkred){確かに珍しいスね、俺初めて聞いたかも (狐面可愛いな&胡散臭い人だな、と思いつつ。きっと顔にも出てた)&br;九鬼って九鬼神楽? あー、あんまり話した事ないスけど、へえ、そうなんスね! 今度話してみようかなあ……&br;あでも、とりあえずそこの鬼さんとは関係ないスね、俺 今年こっちに越して来たばっかりなんで}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:14:38};
---この面気になる?京都の伏見はんで売ってるさかい買うとええで、僕の神社でも売ってるけどね&br;(こちらを胡散臭いと思っている事に気付いているのかいないのか面に意識が行った事に重点的に触れ)&br;そうかそか、九つの鬼を調伏して正道に引き戻した家かて話やさかいその鬼の末裔かなとも思たんや&br;となると、真田…ああ信濃の鬼の紅葉さん?もしかして大阪の陣由来で大江山がご先祖?&br;(メジャー所の鬼に触れていく、つまり有名人の子孫なのかというミーハーな質問だ…胡散臭さから他意もありそうだが) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-04-24 (金) 22:26:59};
---&COLOR(darkred){修学旅行でいったら探してみるッス (多分この鬼の少年は、Tシャツや木刀を買うタイプのバカ男子だ)&br;いやー、それも実は全然違いそうで というか自分のルーツ調べた事なくって (苗字についても笑って頭を掻く) 有名な鬼の末裔なら面白いんスけどね!&br;しかし、倉守先輩そういうの好きなんスか? めっちゃ知ってますね}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:47:09};
---そら残念や、坂田はんやさかい金太郎はんの子孫どすって確率の方がずっと低いもんな&br;ただそないなルーツは案外親や祖父母知ってる事も多いし聞いてみるとええで&br;(どういった神社か示すようにお面をトントンと指で叩いて)神社の子やさかい必修みたいなとこはあるんや、今でも怪異の調伏をしてる家でもあるし&br;単純に僕が知りたがりってのもある、有名所の子孫って知りたない? -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-04-24 (金) 23:05:04};
---&COLOR(darkred){はは、俺は鬼だけど別に源も渡辺も坂田も怖くないスよ (そう言って笑って) 『はい、家に帰ったら聞いてみる事にするッス!』&br;怪異調伏……やっぱ結構やってる人多いなあ (あちこちで聞く話題に、そう言う事をしてない自分が遅れてるような気がした) あー、確かに 神様じゃないけど武将の子孫とかワクワクしますよね}; --  &new{2020-04-24 (金) 23:22:49};
---となると人の生活に根付いた悪ない欲の鬼やったのかも、鬼が我欲を断つと角折れるって言うさかいね(真田丸の角があるだろ?と)&br;(家に帰ってみたら聞いてみる、という言葉を聞けば有名人だといいねと笑い)&br;安全な怪異を捕まえるバイトなんかも在るし興味があれば試すとええ&br;な、僕のとこみたいにご先祖様普通やと分かってんで余計やで&br;さて呼び止めて悪かったね、ほな行くで…おおきに真田丸君(ほななと手を振り去っていった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-04-24 (金) 23:31:26};
---&COLOR(darkred){元々はもっと長い角だったかもしれないスね (自分の角を触ってちょっと笑い)&br;いや、面白い話聞けて良かったッス! また話しましょう倉守先輩! (こちらも手を振って見送った)}; --  &new{2020-04-25 (土) 00:06:47};
-さなだまるくん、だっけ(昼食時に一年の教室付近の廊下で吉広を呼び止めたのは小さな背丈の二年生)&br;絵を描いてくれただろう お礼を持ってきたよ(と、差し出したのは弁当箱の入った包み 中身は和食の弁当だ) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-24 (金) 22:03:00};
--&COLOR(darkred){うん? あ、そうスよえーっと……楓先輩! って、え、お礼!? 別にそんな気を遣わんでも良いんスよ!?&br;……ん、でも丁度昼飯会に行くところだったんで、折角だし甘えようかな いただいていいスか? (目を輝かせる)}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:16:37};
---うむ、鞍馬楓。 あんなにかわいく描いてもらっておいてお礼の一つもないのはね&br;実は一年のあかつきくんに弁当を作って欲しいと頼まれたのだが、なにやら先にきみに渡す感じになった お礼だしいいよね&br;(中身は焼き鮭、厚焼き玉子、ほうれん草の胡麻和えなど典型的な和食だ 出来は随分よい) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-24 (金) 22:30:31};
---&COLOR(darkred){へへへ、実際に楓先輩は結構自分でもうまく描けたと思ってるッス ……今度カカポ撫でさせてもらっていいスか? (わくわく)&br;え、なんか悪いな……!? でもまあ、有り難く! (両手で受け取って、大袈裟に拝むように掲げ 目の前の空き教室に入って早速開く) うおっ、本格的だ!? 楓先輩が作ったんスかこれ!?}; --  &new{2020-04-24 (金) 22:48:58};
---うむ、べんけーくんも撫でてよいよ。あまり人前で光らないように言っておくから(むしろなぜ光るのかという疑問を置き去りにする)&br;バイトというほど本格的でないけど、お金払ってくれるって言ってたから 田舎育ちだから、こういうのよくやらされた。ほんとはジャンクが好き(でも自分の分もきっちり作ってる辺りそこそこ思い入れはあるのだろう) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-24 (金) 22:56:27};
---&COLOR(darkred){弁慶って随分いかつい名前なんスね ……ひかっ!? (なんで光るの、とはあまりに当たり前に言われたので突っ込めない)&br;バーガーとか美味いッスもんね でも、こういうスタンダードな弁当って初めてかも 俺基本購買なんで いっただっきまーす (ちゃんと両手を合わせてから食べ始める) うん、美味い 派手じゃないけどそうそうこう言うのって感じ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-24 (金) 23:00:30};
---なんとなくで名前付けちゃったから…… 忍鳥だからね 仕方ないね(疑問の答えになってない!)&br;おや、親御さんのお弁当はない?(そういう子もいるか、とぽつりと) たまにはいいんだけどね いつもだと あきる(などと言いつつも自炊のほうが割合が高いのは懐具合を気にしているからか 同じように手を合わせて食べ始める) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-24 (金) 23:08:56};
---&COLOR(darkred){フィーリングは大事…… …… 忍者って凄い (納得した)&br;あー、無いスね 『いや、別に家庭崩壊とかじゃないスよ? ただ昔から弁当はないんス、うち』&br;そう言うもんスかねえ まあでも、確かに毎日同じメニューだと…… うん、でも美味しいッスよ楓先輩の料理 (嬉しそうにパクパクと、楓の倍のスピードで食べる育ちざかり)}; --  &new{2020-04-24 (金) 23:25:34};
---それもそうか。ともばたらきとかあるらしいし(世間の家族のあり方には疎い方 吉広の言葉に特に疑問も抱かない)&br;和食は味付けがどうしても似てくるから…… プロならその辺も献立でどうにかするんだろうけど(あくまで家庭料理の範疇の腕前だ)&br;(吉広の食べっぷりに負けじと追いつきに掛かる この小さな体で結構な健啖家である) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-24 (金) 23:31:37};
---&COLOR(darkred){(お互い日常会話に家庭の話は溶けていき) 和食は確かに、醤油か味噌か塩って感じスね&br;うん、でも少なくとも、今日こうしていただく分には俺は大満足ッス (楓の追い込みの結果、食べ終わるのは二人同時、二人手を合わせ) ご馳走様でした! いやー、予想外のお弁当でした、美味かった!}; --  &new{2020-04-25 (土) 00:09:25};
---和食は香辛料が使いづらい……お弁当ものだと特に(辛子蓮根辺りなら?と思うがなかなか人を選ぶ一品かと首をひねり)&br;お粗末様。また食べたくなったら言って。次は有料だけど(暁とそういう契約で始めたお弁当バイトであった)&br;あんまり希望者が増えると私も大変なので他の人にはご内密に。じゃ(と、弁当の容器を回収して帰って行った) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-04-25 (土) 00:22:21};
---&COLOR(darkred){あー、確かに……スパイス系は無いもんなあ…… (家庭科程度の知識しかないので妙案もなく)&br;おう、時々はパンよりちゃんとした弁当が良いかもなあ……頼む時は前日までにお願いします! 有難う先輩! (満足して見送った)}; --  &new{2020-04-25 (土) 00:31:35};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-25 (土) 00:31:44};
-&COLOR(darkred){【学校の噂話:夕暮れに校門で遊んでいると、自分が周囲から見えなくなることがあるらしい】}; --  &new{2020-04-25 (土) 00:32:46};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-25 (土) 00:32:51};

-あぁ、えっと…真田丸君、であってる?ちょっと聞きたいことがあるんだけど…(休み時間、廊下で呼び止める声) -- [[七緒>IG/0007]] &new{2020-04-25 (土) 21:17:54};
--&COLOR(darkred){はいよ、俺が真田丸吉広だぜ、奈々崎君だよな (よう、と声を返し) スリーサイズは秘密だぜ (はじらう……)}; --  &new{2020-04-25 (土) 22:35:31};
---聞けば聞くほどに古風な…戦国武将みたいな名前だね!?(カッコイイけど、と付け加え)えっ、いや…ちが……そんな事聞きたいわけじゃなくって…&br;(先日机に入っていた似顔絵、クリアファイルに入れたそれを取り出して見せ)これ描いてくれたの、真田丸君? 赤鬼っていうと、他に浮かばなかったし…だとしたらありがとう!って言いたくて。 -- [[七緒>IG/0007]] &new{2020-04-25 (土) 22:40:34};
---&COLOR(darkred){あはは、よく言われる って、冗談だよ冗談。で、なんさ (と、言う所で出された絵を見て)&br;よく判ったな、こちらこそ、見かけて勝手に描いたのだから迷惑じゃなかったなら嬉しいや!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-25 (土) 22:46:36};
---迷惑なんてとんでもない!絵心あるなーって思ったよ…なので有難く貰っておくね。やー、A組とはあんまり交流なかったけど思わぬところでツノ男子という共通点を見つけちゃった&br;帽子とか被れるものが少なくて苦労するでしょ、専用に加工されたのも売ってたりはするみたいだけどー…(額から生える2本の角に視線を向けながら) -- [[七緒>IG/0007]] &new{2020-04-25 (土) 22:54:31};
---&COLOR(darkred){有難うよ、趣味なんだ (褒められて素直に嬉しそうに礼を言う) 角男子! それなー、意外と男は人間種多いからな&br;あー、帽子は悩むな 俺みたいに額ならまだいくらかやり様はあるけど…… 奈々崎くん……七緒でいいか? 七緒みたいに立派な巻角だと尚更だろうな}; --  &new{2020-04-25 (土) 23:30:58};
---この世の中はどうしても、人間を基本にして回ってるからね…この学校に制帽がなくて助かったよ 真田丸君だと帽子に穴あけなきゃいけなくなる!&br;ちなみに僕だとサイドに切れ込みを入れて、下からゴムバンド通す羽目になるかな…(そんな帽子事情)あ、面倒だったらナナでもいいよ?よろしくね&br;せっかくだし、なんかお礼をと思ったんだけど…今度ジュース奢る!とかでもいいかな…? 好みのやつがあれば買ってくるし -- [[七緒>IG/0007]] &new{2020-04-25 (土) 23:41:39};
---&COLOR(darkred){うちの組の平林しってる? アイツ学帽被ってるけど、被れない分ああいうのちょっと憧れあるんだよなあ……&br;サイドに切れ込み……ゴムも耳じゃなくて角に引っ掛けないと安定し無さそうだな (想像して、お互い不格好になりそうだ、と笑い)&br;おう、じゃあナナで って、別に礼なんて良い、よ俺が勝手に描いたんだしな こうしてナナと知り合うきっかけになったと思えばそれだけで釣がくるぜ}; --  &new{2020-04-25 (土) 23:55:41};
---あぁ、確か番長っぽい格好した子……番長って都市伝説じゃなかったんだね。被ったらどんな感じなんだろう、って気にはなるかなー&br;えぇっ!?無欲すぎないかな…今ジュース1本のチャンスを逃したっていうのにその爽やかさ…! A組ってみんなこんな感じなの…?&br;まぁ別のクラスの子と知り合う利点は色々、教科書の貸し借りとか小テストの情報とか!(そうこう話すうち、休み時間終了のチャイムが鳴って)とと、それじゃまた今度ね…!(ばたばたと教室に戻っていくのだった) -- [[七緒>IG/0007]] &new{2020-04-26 (日) 00:23:58};
---&COLOR(darkred){俺も都市伝説と思ってたんだけど、現役の番長だぜ……ああ見えて喧嘩したら強いのかも?&br;爽やかか? べ、別に組は関係ないと思うけど……あれ、俺変か? (ちょっと不安になりつつ)&br;んだな、テストのヤマの情報とかは共有しようぜ はいよー、またなナナ!}; --  &new{2020-04-26 (日) 01:30:49};
-よっちゃーん、はいこれー。(放課後、机にてってと走り寄っていなほ屋と書かれた袋を置く)&br;例のあんみつ屋さんのお持ち帰りのやつ買ってきたヨー。たぬき退治終わったらお店食べ行こうねー。 -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-04-25 (土) 22:46:39};
--&COLOR(darkred){よー、ソフィ……って、え、わざわざ買ってきてくれたのか!? うわー、有難う、めっちゃ嬉しいぜ!?&br;(思わず立ち上がって喜び) 気ィつかわせたな、じゃあ、店に行った時は俺に奢らせてくれよ (空いてる席から椅子を取ってソフィに勧め、嬉しそうに袋を開ける) 暑くなって来るとあんみつとか寒天とかそう言うのが嬉しいよなあ}; --  &new{2020-04-25 (土) 23:33:17};
---ん。ノープロブレム!大変な時こそおいしいもの食べないとねー。&br;わーい、じゃあその時はクリーム盛頼んじゃおうかなー。(椅子に腰かけて自分はポケットから今日のおやつとマジックで書かれたドリンクゼリーを取り出す)&br;あんみつもいいし、寒天もいいし、さらに暑くなったらかき氷とかもいいよねー。&br;定期考査終わったらみんなでアイスとか食べ行きたいねー。 -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-04-25 (土) 23:53:04};
---&COLOR(darkred){はは、悩みがあっても甘いもん食べれば結構スッキリするしな ……って、あれ、ソフィの分は無いのか?&br;(ドリンクゼリー眺めつつ) おう、クリームでもアイスでもフルーツでもだ! あー、かき氷いいな、俺宇治金好き (渋い好み)&br;いいな、31とかそこら辺で4段重ねぐらいのでも食べるかー (ロマン)}}; --  &new{2020-04-26 (日) 00:03:17};
---うん、私はお土産買う時に食べてきたから今日はこれー。二日連続で食べたらおいしいけどありがたみ薄れちゃう。&br;やったー!モリモリあんみつにしちゃおーっと。&br;私はみぞれが好きー。見た目が真っ白なのに食べたらあまーいの。&br;あー、ぜいたく……。私も絶対それしよ……。よし、私これからあっちゃんにノート持ってくからそろそろ行くねー。&br;美味しいあんみつをたっぷり楽しんで悪いたぬきに負けない気力養ってねー。 -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-04-26 (日) 00:12:05};
---&COLOR(darkred){成程なー、でもそれ系も結構おいしいよな 俺あれほら、バナナの朝食用の奴好き&br;追うよ、俺も楽しみにしてるぜ! 霙、みぞれも良いな、シンプルで良いな…… (甘いの好きな男子は夢見る目)&br;あっちゃん? アリス辺りか。 はいよー、悪いたぬきは鍋にして食っちまおうぜ! (見送ってから嬉しそうにあんみつを食べ始めたのだった)}; --  &new{2020-04-26 (日) 00:20:05};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-(昼休みに入ってまもなく。ぽん、と吉広の机に置かれる購買の焼きそばパンとカツサンド)…先日のお礼も兼ねて…ですわ。&br;それと…色々とお話もしてみたいと思いましたの。 鬼仲間として。(にこにこしながら学食に向かったらしい前の席の椅子を拝借して向かいに座る。手には購買のカレーパン。購買を往復したにしては短すぎる時間だった) -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-25 (土) 21:16:49};
--&COLOR(darkred){お、千代城先輩 お疲れッスって……あ、あれでバレました? (赤鬼マークで、と笑って)&br;って、わわわ、こりゃ逆に気を遣わせたみたいで!? でも有難うございます、いただきます! (早速焼きそばパン齧って)&br;鬼仲間? (きょとんとしてから)先輩エルフッスよね、見た感じ……鬼なんスか? (首を傾げ)}; --  &new{2020-04-25 (土) 22:33:35};
---ええ、少なくともわたくしの交友関係の中で赤鬼は貴方だけですもの。(くすくすと笑いながら)&br;いえいえ、良いんですのよ、誰かと食べる食事というのはそれだけで楽しいものですわ。(どうぞどうぞ、とこちらもカレーパンをかじりながら)&br;坂上田村麻呂…という名前は聞いたことありますかしら? その伝承の中で、東北に住む大武丸という蝦夷、鬼について言及されていますわ。&br;その頃は既にわたくしたちは東北の山中に隠れ住むエルフ… 髪の中から突き出た耳を角と見間違えても不思議ではありませんわね? -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-25 (土) 22:54:46};
---&COLOR(darkred){意外とシンプルな鬼族って少ないんスよね (淑やかに微笑むきぬに対しこちらは豪快にがははと笑う)&br;はは、それならご一緒します ……あー、成程、『体制に逆らう悪しき者』としての鬼だったんスね 北は蝦夷、南は隼人 耳を角に間違えるって言うのも、人間しか知らないなら勘違いしかねないッスね (成程なあ、と感心した様子で)}; --  &new{2020-04-25 (土) 23:28:12};
---お祖父様はあまり古い時代の話はしたがりませんけれど…わたくしの郷里の周辺には、『鬼首』や『鬼死骸』という地名もありますわ。 その大武丸が討たれた際につけられた地名、というのは想像に難しくありませんわね。(もぐもぐとカレーパンをついばみ)&br;そうしていわゆる朝敵…種族的に鬼でないものも鬼としていた都合、貴方の仰るようにシンプルな鬼が少ない、というのも頷けますわね。&br;と、そう前置いた上で…そんなわけで、貴方がどんな鬼なのか、少々興味がわきましたの。 歴史があるお家なのか、どのくらいここに住んでいらっしゃるのか…と。(にこにことしながら問いかける) -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-25 (土) 23:46:15};
---&COLOR(darkred){エルフの千代城先輩のお爺さんってなると相当……ガチで教科書の中の話ですね (ひえー、と大袈裟に声を漏らし)&br;『角折』とかの地名もそんな感じしますね そう考えると、その名前の所は結構強い豪族とか酋長が居た地域なのかもしれないスね (日本史好きは目を輝かせて)&br;え、俺? えー……ははは、いや、それが申し訳ないんスけど、全然大したことないんスよ 『来歴も親に聞いてもよく分からないし、今年引っ越してきたばっかなんで』 (申し訳無さそうに)}; --  &new{2020-04-25 (土) 23:52:19};
---…それこそ、蝦夷征討に現役で抗った世代ですわね。 お祖父様しかご存知ない歴史の真実とかあるのかも知れませんけれど…(少し残念そうに首を振り)&br;鬼の伝承はそれこそあちこちにありますものね。 もしかするとこの街にも1つか2つあるかも知れませんわ。 南地区の伊上山などは何かしらありそうな気配も感じますもの。&br;んんー…それは残念。ですけれど…もしかするとこの地方の伝承に鬼が登場したら、もしかすると貴方のご先祖様かも知れませんわね?(何の気無しに、そんな事を言って笑う) -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-26 (日) 00:23:43};
---&COLOR(darkred){まさに生き字引って感じだな…… (感心したように声を漏らし)&br;伊上山かぁ、一度行ってみたくはあるんスけど……そうだ、この間調べてたら、この地方の鬼と言うか、まさにこの町の鬼の伝承は見つかりましたよ&br;(ざっくりと言えばこうだ。数百年前にこの辺りを荒らしていた鬼が高名な侍に打ち取られたと言う) 最後には大蛇に化けて戦ったけど、結局この辺りに封じられたんですって}; --  &new{2020-04-26 (日) 01:28:26};
---ですからこそ…厄介な部分もありますわ。 おとぎ話の頭の固いエルフそのものですもの。 昔よりだいぶ丸くなったそうですけれど…(と、苦笑を浮かべて)&br;ふむ…(吉広の話を聞き、興味深そうに首を傾げ)大蛇に化ける鬼…興味深いですわね。 しかもそのお話ですと…討たれた、ではなく封じられた、と?&br;もしかするとその痕跡や塚や祠…そういったものが残っているかも知れませんわ。 下手をすれば未だにどこかに眠っているかも知れませんわね?(カレーパンを食べ終え、豆乳を吸いながら) -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-26 (日) 20:31:14};
---&COLOR(darkred){森から出るなど許さん!みたいなファンタジー小説コテコテのエルフ! 俺のイメージはやっぱそんな感じだったけど、千代城先輩やアエリア先輩でガラッと変わりましたよ&br;そそ、何でも、そいつは今も生きていて、封印が解けて侍に復讐する日を待ってるのだとかー (子供を脅かすような仕草でわざとらしい怖い声 怖くない)&br;まァ、眉唾ッスけどね。何百年もたってて解ける様な封印なら、もう解けてるか、ずっと解けないかでしょうし&br;祠かあ……意外と学校にあったりして よくあるのは、学校が出来る時に取り壊して祟りが……とか? (ありがちー、と笑った)}; --  &new{2020-04-26 (日) 23:23:31};
---ふふふ、他の種族にも居られるでしょう? そういう昔気質の頑固なご老人。 エルフもそれと同じ…変化を拒むものも、変化を求めるものも居るものですわ。&br;あら怖い…(とわざとらしく怖がるその顔は笑っている) さて、そうなりますとそのお侍がその後どうなって、どこに子孫が居られるのか…&br;案外、時間感覚など種族によって様々ですわよ? わたくしにとっては平安時代はお祖父様の世代ですもの。 もし祠があるなら取り扱いには注意が必要ですし、もし壊されてしまっているのなら…&br;(そこで少し思案した様子で) 生徒に危害が及ぶのであれば、応戦は必至ですけれど…まぁそこは実際鬼と話してみないとわかりませんわね。(とこちらも笑顔で)&br;さて、と…(教室の時計を見上げる。そろそろ予鈴のなる頃だ) 面白い話を聞かせていただけてよかったですわ。 もし貴方の話が本当なら、噂話には耳を傾けておいても良いかも知れませんわね。 ではまた…ごきげんよう。(笑みとともに会釈をひとつして、戻ってゆくのだった) -- [[きぬ>IG/0003]] &new{2020-04-26 (日) 23:47:37};
---&COLOR(darkred){ファンタジー好きとしては、いつかドワーフとも会ってみたいもんですが、現実では別に仲悪くなかったりするんでしょうかね?&br;お侍や祠のその後は聞いてないっすね、調べてみようかなあ…… 『俺にとっては人間と同じ時間間隔なんで』考えもつかないッスねえ……&br;あはは、話せる奴なら良いッスけど、あんま無理しちゃダメですよ? うちの組の陣楼や会長も、なんか夜の学校で変な奴に追い回されたって言ってますし&br;あ、はい、ほんじゃまた! ……俺も次の用意しよっと (見送ってから教室に戻ったのだ)}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:07:50};

-ふっふっふ……(ものすごいドヤ顔 どうやら球技大会で勝ったのが嬉しかったらしい) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-27 (月) 00:00:29};
--&COLOR(darkred){パンツ見えてるッスよ (ドヤ顔がむかついたのでペンの先でスカートを指し) 嘘だけど&br;でもまあ、優勝おめでとうッスよ 俺も頑張ったんだけどなあー、最下位だったんスよー}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:18:54};
---ふひゃあ!(抑えるといつものようにお尻が丸見えになる)せ、せくはらだわ!(騙されたことに腹を立て、飛び跳ねると本当に丸見えになった)&br;……ゆ、ゆうしょうじゃないわ……2位よ(これは優勝扱いすることで逆に2位でしょんぼりさせる罠なのだろうか? 一転してしょんぼりした)&br;頑張ったんだけどなぁ…… -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-27 (月) 00:28:16};
---&COLOR(darkred){普段からパンツ丸見せで歩いてる方がセクハラだろうがよ!? くるぶしくらいまでの長いスカートにして来いよもう…… (呆れたように)&br;あ、あれ、優勝じゃなかったっけ?! 俺自分が最下位で落ち込んでてちゃんと見てなかったや ……ご、ごめんて会長……&br;2位でも凄いじゃん、こっちは最下位スよ!}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:37:32};
---ま、丸見せじゃないわよ!?見えない長さにはしてるもん!!&br;う、うん、そうよね!2位も凄いわよね!3点入れたわ!(敵の男子からは色々やりづらい相手だった)&br;どうやらサッカーは苦手みたいね、真田丸くん 初めての球技大会、楽しかった? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-27 (月) 00:42:29};
---&COLOR(darkred){ひっかけて転ぶって言ってたけど、もうちょっと余裕持たせた長さにしとけよ会長……&br;俺は全然、そう言う意味では圧倒的に会長の方が活躍したッスよ それは素直に凄いと思うから、会長偉い! (そこはちゃんと褒め)&br;自分の身体は使えても、自分から離れた道具を使うのは慣れが圧倒的に必要ッスからねえ……でも、うん、めっちゃ楽しかったス!}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:50:11};
---そ、そこは細かな調整が必要だわ……(大雑把な性格)見られるのは厭だから、一応気をつけてはいるんだけど…&br;もっと褒めていいのよ!もっと!(褒められるとめちゃくちゃ嬉しそう)&br;じゃあ、今度剣道の勝負もしましょうか ルール無用で 前にも約束したして(楽しかったと聞くと、さっきよりも嬉しそうにそれは良かったわと笑う)&br;真田丸君の最下位残念会ということで、今度の週末に森姫で打ち上げしない?ノワールよりも落ち着いてて雰囲気いいのよね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-27 (月) 00:58:01};
---&COLOR(darkred){いっそこのご時世だ、ズボンスカート選択式の学校にする提案でも出してみたらどうスか? 私立高校でそう言うとこあるってきくし&br;これ以上褒める時に上るからこれ位にしとく (からかい) お、いいスね 今度やりましょうか 手加減なしッスよ&br;森姫? ……あー、いや、じつは (そう言って、現在判ってる事を話す。会長とはぐれた後も、アリスとはぐれたりと同じことが起こってる事)&br;今度、成哉とアリスが実験するってんで、一緒に南なんかする予定何スけどね}; --  &new{2020-04-27 (月) 01:04:22};
---&COLOR(darkred){//}; --  &new{2020-04-27 (月) 01:04:43};
---ズボンはあんまり可愛くないのよね…(女性らしい制服姿にはこだわりがあるらしい)いろいろな子がいるから、その辺はフレキシブルなんだけど……あんまり女子っぽくないのよね&br;なによ!もっと褒めてもいいじゃない!(お腹に頭突き)いいわよ、全力で来なさい!(あちょー!見様見真似のクンフーの構え)&br;まぁた、そんなことして!かい……こほん、かのつくアレにむやみに手を出そうとしないっていつも言ってるのに!その時は、私も立ち会うからね!まったく、じんろくんまで……&br;じゃあ、とりあえずその人は別の日にしましょ、今週の日曜、開いてなかったら土曜日にでも、伊上駅の南口で待ち合わせ!それじゃ!(強引に約束して、タタタッと駆け出し、「約束よ」と振り向いて念を押して階段を上がって2年の教室へ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-04-27 (月) 01:13:09};
---&COLOR(darkred){女らしさ、男らしさってのは色々言われてるけど、やっぱある程度のこだわりに繋がるもんなあ ……まあともかく、パンツ丸だしなのなんとかしないとなあ スパッツとかはかないんスか?&br;ごふっ 褒めるのも叱るのも程々が大事だとおもうスよ…… (油断してたので意外と痛かった でも結構しっかりした腹筋の感触だ) 少なくとも会長が拳法系で無いのは分かった (荒ぶる鷹のポーズで返し)&br;まあ、健康被害は無いって言っても実害が出てるから調べないとッて感じッスよ 俺も皆と遊びに出たいし! (素直な願いだ)&br;へいよー、了解ス ……そもそもいけるのかな俺 (今の自分の身で可能か少し心配になっていた)}; --  &new{2020-04-27 (月) 09:29:45};
- _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-(教室の中でふと風を感じて前を見ると、20m程の煙突がある工場が見えた。その煙突の天辺から黒く大きな学ランをたなびかせて誰かが飛び降りてくる)&br;……待たせたな!!(という流れで璃桜が教室の床にヒーロー着地を決めた。歯が実際にキラリと光る。工場は影も形もない)&br;いやー、新入早々挨拶してもらったのに、その後はあまり関わらなかったっすね。こんなにも時間がかかってしまった…… -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-26 (日) 23:37:16};
--&COLOR(darkred){このCV大塚明夫みたいな挨拶は!! ……いや声は全然違うけども!! って、おい、そんなとこから降りたら、!?&br;(思わず窓から飛びずされば、その目の前にヒーロー着地 思わず拍手して……) って工場どこ行った!? というかここ学校だったよな、工場どこから来た!?&br;……平林なら何でもやりかねんから考えるのはやめよう…… (処世術) んや、別に問題ないさ 見かけてるんで元気なのは分かってるし、気楽でいいと思うぜ?}; --  &new{2020-04-26 (日) 23:45:09};
---ちなみにこの歯をキラッとさせる技、エネルギーとして放出すると攻撃に使えるんすよ。会得しやすいんでやってみます?ちょっとナルシズム必要ですが(工場の件はスルーした)&br;僕の方はあまり見かけてないんだよね(単に生息域の問題)で、最近どう?番長見つけました? -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-26 (日) 23:59:31};
---&COLOR(darkred){一番気になった所スルーされた!? ……歯ビームは色男キャラにしか似合わなそうだから遠慮しとくわ……&br;ま、こうしてまた会えたのでヨシ! ……番長ってそんなあちこちに生息してるもんなのか?}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:11:58};
---数が少ないので貴重な目撃例を大事にしたいなと。チョーランなんて僕しか着てませんよ。伝説の白ランみてみたいなー&br;似合わない奴があえて!みたいなとこもありますが(歯をキラッとさせて運動場の方に小さな光の十字架を立てながら)&br;そーですねー、生活が番長すぎてそれ以外に疎くなりつつある昨今。普通の生徒って今どんな事にエキサイティンしてます? -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 00:19:57};
---&COLOR(darkred){少なくとも、白い学ランは見た事ねえなあ……相当派手になりそうだな&br;もう原理が分かんねえよ!? (遠くの十字架を遠い目で眺め) 普通の生徒の? まあ、最近なら球技大会とか、もうちょっとしたら定期考査。俺は帰宅部だけど委員会や部活、色々あるだろ?}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:30:09};
---目立つ事を良しとするレベルの番長しか着れないでしょうし。インテリメガネ系か、学園ナンバーワン番長か……&br;発生した熱量をトーマーリ屈曲次元式で作られた空間レンズに通して……いやいや。ほうほう、あまり注目してませんでした。生徒会の片鱗は知っていますが、部については全くですね -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 00:47:06};
---&COLOR(darkred){特別な感じだな、でも大体主人公にやられるか途中で仲間になる系の感じがするな&br;ま、まてまて、やっぱ説明されても全然分からんからいい! …俺も詳しくないけど、結構色々やってるみたいだぜ? 普通の部活や、変な物なら怪異探し部とか}; --  &new{2020-04-27 (月) 00:55:38};
---主人公自身のパターンもあるっすよ(KUNIO-KUNとか)&br;うーん、生徒の活動に関しては番長めいていなければ見逃しがちだった。普通に目を向ける事でより情報と出会いやすくなるかもしれない……&br;怪異というのは番長と違うよね。僕の知ってる怪異って階段付近に設置したピンク色のエイの化け物だけだけど -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 01:06:05};
---&COLOR(darkred){//}; --  &new{2020-04-27 (月) 01:06:45};
---&COLOR(darkred){随分懐かしい物を……でもやっぱ特別感の象徴だよな 白ラン&br;まあ、言っちまえば番長になる前の番長は一般人だしな 萌芽を探すのも良いんじゃないか? ……そもそもこのご時世に番長なる物が生まれるかどうかは置いといて&br;なにそのこわい この学校怪異多すぎじゃないか? (ドラゴンズレアを思い出しつつ) そういやそもそも、番長って何なんだ? 俺のイメージだと、喧嘩が学校で一番強い不良、なんだが}; --  &new{2020-04-27 (月) 09:23:45};
---確かに一般人から番長になった人もいるはずですが、多くは生まれつき番長だったりするんですよ。番長とは人生みたいなもので&br;ちょっと階段の方覗けば見えますよほら。会長の目撃例から作った精巧な代物で、闇のオーラも出せます http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035375.png &br;古くは反骨心に溢れ意地を通す為の腕力を鍛えて番を張る者……でしたが、今は番長力を備えた存在を指す事が多いっすね。異次元の邪番長ともなると全高100mは越えるという -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 21:56:06};
---&COLOR(darkred){番長は生き様……うん、番長力? 番長力とはいったい……とりあえず番長力高いと昭和のジャンプのボスみたいにデカくなるのは分かった&br;え、ええー……何あの禍々しいの……よくできてて逆に凄いわ…… かたつむりの化け物……?}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:04:32};
---番長力とは無限にケースの存在する番長能力を分かりやすくまとめて総称したものです。彼らの気迫とかオーラとか熱血はBCという数値でも表現はできますが……これは、くそっスカウターの故障か⁉ネタの為にわざわざ数字化したって節があるね&br;邪番長は番長の中でもちょっと桁が変わってくるというか、数多い世界滅亡原因の一つみたいなもんす&br;よくできてるでしょう、会長によるとちょっと怖さが増してるようですが。喋る注意喚起看板っす -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 22:14:16};
---&COLOR(darkred){数値化はインフレの第一歩だから安易に手を出しては……! でも数値にざわつくモブはやりたい 『番長力一万だって……うそだろ……!』みたいな&br;気軽に世界って滅亡の危機に瀕するよね…… 正義の番長と悪の番長が手を組んで未知の敵に立ち向かう2作目とか結構好きだよ俺&br;喋るのかよ……これ喋るのかよ……っ これ自体がすでに新しい怪異だよ! 本物の怪異がビビッて引く奴じゃねーか!?}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:29:38};
---番長力たったの5か、ゴミめ。みたいなムーブもあるぞ!……週刊世界の危機って雑誌もあるくらいだからね、僕達がこうしている間にも新しい世界の危機が生まれてるのだ&br;『俺に食われたくなかったら下校時刻には学校を出ていくんだなグハハハハハハハハ』……これはクロ君が録音した音声っす。あと、闇のオーラを発して驚かせる機能とか、驚いた生徒が階段から落ちないようセーフティ機能も搭載してるよ。まあ、夜に遭遇したらちょっと怖いかな? -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 22:37:28};
---&COLOR(darkred){それでは皆さん、とりあえず世界の危機です。で始まるセッションもあるからな……&br;え、何その悪役っぽいのに普通に良い奴 学校に忍び込んで悪戯する生徒は確かに減りそうだけどなあ……}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:44:08};
---そりゃ、怪異に気をつけようって注意喚起の看板なんだから良い奴ではあるよ、役に立ってるかどうかはまだわからないけど。録画機能もつけておくか……&br;おっと、そろそろ授業かな?もうすこし生徒の生活についても掘ってみたかったけど、自分でも探ってみます。それじゃ&br;(そう言って教室に降りてきた夕日の中へ消えていった。消えていったのに授業が始まると何時の間にか自分の席に着いていた) -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-04-27 (月) 22:54:54};
---&COLOR(darkred){やめろよ、それ絶対あとで録画確認したら映っちゃいけない奴が映ってるパターンじゃん!? 確認するとき呼んでくれな! (怖いもの見たさ)&br;おう、次は現国……って、お、おい、どこにー ……いっちゃったよ どこに? (首を傾げながらとりあえず教科書を準備して席に座って、ふと見たら) ……いるー!? (思わず声を上げて、教師にめっちゃ叱られたという)}; --  &new{2020-04-27 (月) 23:06:02};
- _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-(今日は陣楼と真田丸と放課後、三人で会うことになっている)&br;(友達三人揃って嬉しい? そんなことはない。だって、今日の目的は真田丸が消える/真田丸と帰ろうとした人が消える怪奇現象の検証なのだから) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 22:09:44};
--(スマホを何度も弄って操作間違いがないように慎重にやりながら)&br;・・・消えなきゃそれはそれでよしとして・・・大事なのは消えた後だな・・・一度引き返して再度校門をくぐったら出てくるかな -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 22:12:41};
---&COLOR(darkred){さてなあ……俺からしたら相手が消える訳だし。とりあえず、居なくなったら校門の中に戻るって事で良いか?&br;(少し緊張の面持ちの少年 自分もアリスと同じようにスマホを弄り、二人と作ったグループにスタンプなど送ってみる) うん、今は送れてるな}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:18:01};
---(グループLINEに[[クアッカワラビーのスタンプ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035310.png]]を送り)私も大丈夫。&br;……もし、何もなくて。ただの突発的怪異現象で、何も起きなかったら。三人でスイーツだからね。(緊張しながらスマホから顔を上げる) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 22:20:46};
---それでももし現れる事がなかったら・・吉広かアリスか、どちらか俺を見失った方が明日の朝・・・そうだな、7時丁度にまたここをくぐるか・・・兎に角現れる瞬間を見て安心したい・・・&br;(ワラビーを見てちょっとほっこりしつつ)そうだな、今のうちに何処に行きたいか考えとこう(西区のカフェあたりか?なんて話したり) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 22:23:11};
---&COLOR(darkred){アリスこのスタンプ好きだよな (いつものように赤鬼スタンプで返しつつ) んだな、俺ケーキ食べたい&br;いなくなったらそれはそれ、明日7時に此処で待ち合わせだな オッケーだ ま、狸に化かされる程度の話だろうさ (がははと笑う この少年には珍しく空元気だとバレバレだ) ……行くか}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:26:16};
---大好きなのよ、クアッカワラビー。(ぎこちなく笑って)陣楼、撮影機能の用意を。&br;大丈夫。(口の端を指で持ち上げて)そうそうバッドエンドなんて起こらないものよ。&br;それじゃ……帰りましょう、真田丸。(心臓が痛いくらい高鳴りながら、校門から一歩踏み出した) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 22:31:48};
---あぁ、大丈夫だよ(ぐっと親指立てて)&br;(緊張の面持ちのまま、スマホのカメラを向けて見守る) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 22:42:18};
---&COLOR(darkred){お、おう、二人とも、ちゃんと見てろよ? 居ろよ? (深呼吸して歩き始める そして、アリスと同時に校門を出た瞬間だった)};&br;(する、と煙が風に散らされるように、あっさりと目の前から少年の姿は消え去った )&br;(して、少し待ち、気付いた少年が校門に引き返すだろう十分な時間を待っても、現れない……)&br;(見直してみると、確かに丁度校門を境に消えていく姿が撮られている) --  &new{2020-04-27 (月) 22:42:36};
---………っ!(今度こそ、消えた)陣楼!(映っているものを確認したいのに、足が震えて動かない)&br;どうして………どうして…(真っ青な顔で口元を押さえて────消えてしまった、隣から。人が、一人) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 22:44:56};
---消えた・・・(そうだと聞いて、分かってはいた・・・でもやっぱり目の前で起きると恐ろしくなる)&br;(そして・・・)・・・まだかよ・・おい・・・(いくら待っても現れない、想像していた最悪のパターンだった)&br;(撮影を終了する・・・それを見直すよりも先に手が動いていた)&br;(電話を掛ける・・・相手は吉広?・・・違う)・・・あ・・母さん?・・・いや、うん、なんでもない・・・&br;(今目の前で消えたのは吉広だが、それでも、どうしても・・・消えてしまったのは自分達ではないかという不安がぬぐえなかったのだ・・・もちろんこんな事をしても真偽の確認はできないだろうが)&br;(電話を切り)わ、わりぃアリス・・・どうしても気になっちま・・・て・・・・・・(そこでぴたりと手を止めて・・違和感の正体を探る)&br;なぁ・・・・・吉広の両親って・・・この事知ってる・・・のかな? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 22:52:17};
---&COLOR(darkred){(陣楼のかけた電話の先は、普段通りの母親の声 突然の電話に不思議そうにしつつも、帰りに牛乳買ってきて、など、暢気な声。いつも通りの声。)&br;(アリスが同じようにかけたとしても同じようにいつも通りの反応だろう。呆然としている二人の横を、不思議そうな顔で通り過ぎる学生たち。誰一人として消える事もなく。)}; --  &new{2020-04-27 (月) 22:54:27};
---ううん、アプローチは合ってる。(しっかりしろ、しっかりしろアリス・アンダーソン)&br;私たちはここに存在してる。(震える手でLINEに大丈夫?と心配するキャラクターのスタンプを貼った。陣楼の既読しかつかなかった)&br;一歩進んだ。前に。私たちは……だから。(しっかりしなきゃ、解決しなきゃ、真田丸が危ないかも知れない)&br;検証しよう。陣楼、真田丸の両親とか……そういうのに当たったり。&br;あとは……識るべきだと思う。倉守先輩が言ってた、怪異はルールに縛られる。だから、法則さえ知れば…(その時、心の中に浮かんだ疑問点)&br;&br;(このケースで法則に縛られているのは─────だーれだ) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 23:01:37};
---そう・・・そうだな・・・進んだんだ、此処を越えると、アイツは消える・・・そして新しい疑問が出た&br;吉広は俺と違って寮住みじゃない、毎日実家に帰っている筈だ・・・でも帰って来ない・・となれば普通は心配する&br;学校に連絡が行くし警察に捜索願・・はまだ早いか?でももっと大きな騒ぎになってもおかしくないのに・・・・・・・なっていない&br;アイツの家に行ってみよう・・場所・・そいや知らないな・・・先生に聞けばわかるか・・・?&br;(ぶつぶつ呟いてたが)・・・アリス?(ふと気になって、彼女の様子を見る、なんだか疑問があるようで、その先を促す) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 23:10:26};
---ううん、なんでもない。(友達を、真田丸を疑った自分を恥じた)&br;陣楼。(形だけ、それでも細部まで真田丸のスマホに似せたものを錬成する)真田丸が忘れ物をしていったわ。&br;いいわね?(それを陣楼に差し出して)生徒会の陣楼は…忘れ物を見つけたら、本人に返してあげないといけないのではなくて?&br;(次の機会に真田丸に話を聞こう、知ることから全ては始まる。でも、今は) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 23:23:00};
---・・・?(よくわからないといった風に首をかしいでいる、理解できていないのか、理解しようとしていないのか)&br;・・・え?・・ぁ・・・あぁ(きょとんとしながら受け取る・・・なる程、確かに如何に生徒会員といえど、なんの口実もなしに住所は流石に教えてもらえる筈がなかった)&br;行こう(これで何かわかる事があるかもしれない・・・そう希望を抱いて職員室に向かってみる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 23:28:52};
---&COLOR(darkred){(二人が向かう教員室にも、普段通り見知った教師達の顔 陣楼が教頭に声を掛ければ、普段の生徒会活動について褒められる。信用されているようだ)&br;(陣楼が頼めば、あっさりと生徒名簿の棚の鍵を開けてくれた 読むのならあっさりと中の情報が読めるだろう 読める 読めるが……1年にも、A組にも、さ行にも、最終的に全部攫っても……情報は、無い)}; --  &new{2020-04-27 (月) 23:31:27};
---(教員室の前で待っていて)どうだった、陣楼。(表情は、浮かない) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 23:33:09};
---(青い顔をして出てくる)あぁ・・・流石にコピーは貰えなかったけど・・・・・・・・・なかった・・どこにも・・・&br;・・・真田丸吉広なんて生徒は・・この学校にいなかった・・・(足元が崩れそうな錯覚を覚える)&br;アイツ・・・来るのは明日か・・・どうする・・家の場所、直接聞くか・・・? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 23:39:12};
---(もう、言葉にせざるを得ない。どうしようもない、倦んだ気持ちで陣楼と一緒に廊下を歩きながら言った)&br;怪異は法則に縛られる。この場合、法則に縛られているのは……認識阻害の中心地は………さ、真田丸じゃ…………&br;(涙が出そうになった。どうしてこうなってしまったのか。私にはわからない) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-27 (月) 23:43:05};
---・・・・・・・・(言われてしまった・・いつまでもぐだぐだと、目を逸らしていたツケが・・・・アリスにこの事を言わせるという事態を引き起こした)&br;・・・アイツに、何かが憑りついているのかもしれない・・・それなら吉広を中心に怪異現象がおこるだろ・・(なら両親の件はどう説明する?)&br;きっと、家族全体が巻き込まれてるのかもしれないし(それなら消えるのは学校を出てからじゃなくて家を出てからだろう)&br;あるいは、町全体が・・・(どんだけだよ)&br;・・・・・・・・・(深く息を吸って・・・吐く)ごめん・・そうだな・・・アリスの考えが自然だ・・・(認めるしかなかった)&br;&br;(ショックは隠せない、それでも、それでもどうしても譲れない一線があった)なぁアリス・・・アイツ、吉広は・・・俺達の友達だよな? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-27 (月) 23:55:54};
---当たり前じゃない。(涙を拭って)真田丸は私たちの友達よ。&br;でも……(未来を変えたい、けど)何をどうすればいいのかしら……(空虚な言葉が学校の廊下に小さく響いた) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 00:01:18};
---うん・・・そうだな・・それでいい(頷く)&br;そうだなぁ・・・取り敢えず明日朝アイツが登校するから・・・・・・・話し、ちゃう?まだ早いか?(もう少し確証を得てから?と日和る) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 00:06:27};
---&COLOR(darkred){(少年が日常のお喋りで話していた家の事や、帰り道の事休みの日の事。それらは本当にあったのだろうか)&br;(今年ここに越してくる前のことについては、ふわふわととらえどころのない返答しかしなかった理由は?)&br;(アリスに送ったGWのメッセージも『学校にいる時』の映像や画像しかない)&br;(学校のこと以外、二人は少年について何も知らなかった)}; --  &new{2020-04-28 (火) 00:09:43};
---私は一人でも話すわよ。(歩き出していく)陣楼も手を引くなら今のうちだから。(不安で、不安で、不安で、たまらなくて)&br;私、今日は帰る。(こんなこと、誰にも話せない。けど、強がりで自分を覆って、歩いていった)またね、陣楼。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 00:13:05};
---・・・悪かったよ、不甲斐なくて・・・こんな事、女の子一人に任せられるかよ・・・(自分もやると)&br;あぁ、また、明日な(手を振って別れる、自分は少し風にあたってから帰りたかった) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 00:28:11};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-28 (火) 00:50:23};
-&COLOR(darkred){(二人が目の前で消えてしまった。校門を戻る。やはりいない。)&br;(アプリでメッセージを送っても既読がつかない。自分が消えたのかと思って近くの生徒に声をかけたが)&br;『さっきも一人だったじゃん』? そんなわけない さっきまで確かに、成哉と、アリスと一緒に居た……&br;(答えた生徒はさっさと離れていってしまった。少年が『話しかけないのなら自分の役目は無い』と言う様に)&br;(その様子に、なぜかゲームのNPCを思い出して身震いする 話しかけないと離さない、意志のない人形に見えた)&br;……俺か? やっぱり俺なのか? (アプリで通話ボタンを押す 二人とも出ない)&br;(教室にも引き返してみる。……やはりいない)}; --  &new{2020-04-28 (火) 00:52:35};
--&COLOR(darkred){(手が震え、嫌な汗が滲む 膝に力を入れて深呼吸すれば) い、いやいや、見えなくなってるだけだって この間だってそうだったじゃん&br;こう言う時でも、家に帰ったらいつもの日常だし、朝登校すれば皆居るんだし&br;…… (自分の声の残響が聞こえる 窓の外に夕焼けが見える 酷い孤独に襲われ、慌てて家に電話する。コール音が響く)&br; 母さん (コール音) 父さん……っ (コール音) 出て、出て……っ (祈るような声)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-28 (火) 00:59:34};
---&COLOR(darkred){(プッ、電波が繋がる音) ……あ、母さん? (安心感で膝から崩れ落ちそうになった)&br;うん、俺 『……』 いや、何でもないんだけどさ 『…、…』&br;うん、学校終わった セブン寄って帰る 『…さ…せん』 判ってるよ、買い食いなんてしないって (会話をすると心が緩む)&br;うん、コーヒーの粉? もう切れたの? 早くね? 『…様のお…りません』 はは、カフェイン中毒なんじゃないの父さん&br;(ああ、良かった) うん、了解 『お客さ……電話……現在……おりません』&br;(やっぱりちゃんと) はい、はーい、うん、ありがとー 『お客様のおかけになった……現在……』}; --  &new{2020-04-28 (火) 01:04:42};
---&COLOR(darkred){またあとでね 『お客様のおかけになった電話番号は、現在使われておりません、プッ』 (『家族が、居る』)}; --  &new{2020-04-28 (火) 01:05:32};
---&COLOR(darkred){(教室には、誰もいない 少年すら、居なかった)}; --  &new{2020-04-28 (火) 01:06:45};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-28 (火) 00:52:41};
-アナタは… もしや「異界のヒト」なのではないですかね?&br; 「パラレルワールドの住人」 と言い変えてもいいですが -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 20:42:51};
--&COLOR(darkred){へ? いや、俺は全然この世界の人間スよ!? なんスか藪から棒に銀先輩 (クリームパン齧りつつ)}; --  &new{2020-04-28 (火) 20:52:05};
---ちなみに パラレルワールドは知っていますか?&br; 私達の世界の隣には 私達の世界とそっくりな それでいて全く違う世界があるかもしれないという奴 ですよ?&br;&br; そしてもしかしたら この学校 伊上学校という一点のみを置いて&br; くっ付いている のかもしれません&br; (両の手でそれぞれ小さな丸を作り その二つの丸をちょんとくっ付ける) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 21:01:22};
---&COLOR(darkred){くっついて……い、いやいや、でもほら、うーん…… (否定しようと思ったが、思い当たるところがあるので絶句してしまい……)}; --  &new{2020-04-28 (火) 21:05:24};
---… (ちょいちょいと手招きし) 少し 失礼しても?&br;(おもむろに真田丸の身体に触れようと手を伸ばす) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 21:19:17};
---&COLOR(darkred){な、なんスか…… ぎ、銀先輩? (手招きされて近づけば、伸ばされる手 除ける訳ではないが、ちょっとどぎまぎした様子で)}; --  &new{2020-04-28 (火) 21:41:21};
---(お腹周りから ぺたりぺたりと輪郭をなぞるように上へと上がって行き)&br; うんうん 完全に実体はあるタイプ と&br; (最後にはおでこに掌を当て)&br; 学校の 外の記憶はあるんですよね?&br; 外のみで話すお友達は?&br; ここ(学校)から見る街並みに記憶との差異はありませんか?&br; この状況 アナタは とても 困っています? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 21:51:12};
---&COLOR(darkred){うひひ、くすぐったい ……え、ええ……そりゃ実体はあるけど…… え? (質問が重なり目を白黒させるが)&br;は、はい、記憶はあるッス 外でのみ話す友達……は、いないスね 基本インドアなんで…… 此処から見る街並み? (窓の外見て) い、一緒ッス&br;(そして、最後の言葉に目を瞬かせて、少し目を伏せ) 困ってます 自分がどういう状況なのか、よく分かんなくって……}; --  &new{2020-04-28 (火) 21:58:02};
---安心して 異界のヒト(よしよし)&br; 異界のヒトは異界のヒト&br; そういう モノなのです この世界とは少しだけズレている というだけ&br; 受け入れ認められれば 少しは楽になるはずですよ&br; むしろ一点だけでも繋がっていて良かったのでは? ね(よしり) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 22:19:54};
---&COLOR(darkred){(撫でられて、少し気恥ずかしさが残るが、よく分からない自分を受け入れてくれる人が増えた事は、とても心が落ち着いた)&br;(なので、撫でられるままにされて、少しはにかみ) そスね、繋がってたからこそ、こうして銀先輩に撫でて貰えたし、友達も出来ました&br;自分がどういう状況か分からないけど、少なくとも、自分の周りには友達がいるって思えるんで ……有難う御座います、銀先輩}; --  &new{2020-04-28 (火) 22:31:00};
---どうしても 受け入れられなかった場合 どうぞこちらもお頼り下さい&br; (ひボ部情報収集用のアドレスを渡し)&br; あ 異界のヒトな事はなるべく内緒にした方が良いですよ&br; (しっーと口に指をあてた後)&br; 今度 アナタの世界の事もっと教えて下さいねー&br; (バーイと手をふり離れて行く) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-04-28 (火) 22:43:16};
---&COLOR(darkred){ひボ部……珍しい名前 (貰った名刺を眺めてから、去っていく銀に手を振り返し) 銀先輩の忠告は聞いた方が良いな、出来るだけ秘密にしておこう……}; --  &new{2020-04-28 (火) 22:53:49};
-(翌日は朝6時に来た、校門すら開いていない「陣楼早いなー」と驚く教師に登校状況の調査だとか適当な事を言って入り口で待つ)&br;(昨日撮った動画を何度も確認しつつ、時間が近づけば撮影に入る構え) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 20:49:41};
--(6時30分)おはよう、陣楼。(入り口で声をかけて)昨日はごめん。&br;(あまり眠れなかった、けど、反省する時間は十二分にあった)早いわね。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 20:57:51};
---おはよ(応えて)いや、俺がビビってたんだ・・・アリスがいなかったらここに立てなかった&br;・・・なんとなく、早めに来ないといけない気がしてな(勘・・・とは違う、今日自分は誰よりも早く来なければならなかった) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 21:06:07};
---……ビビらないほうがおかしいわ。まして、友達のことなら。誰だって……&br;(頷いて)待とっか。真田丸。(気が重い、友達と会うのに。どうして、どうしてこんなことに) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 21:15:07};
---&COLOR(darkred){(そして、生活指導の教師以上に校門を注視してさらに30分後、7時の事だった。)&br;……おい、いつの間に居たんだ二人とも 気付かなかったぜ (校門の内側、そこにはいつのまにか少年が立っていた) あ、あれ、お、遅すぎたか俺……!?}; --  &new{2020-04-28 (火) 21:17:57};
---いや、それでもやると言えるアリスは勇気がある・・・後は、アイツをどう傷つけないように言うかだな・・・すんなり受け入れてくれれば楽なんだが&br;(頷き、待つことにする・・・考えられる登場は3パターン・・・といった所か) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 21:18:41};
---・・・よう、ちゃんと7時にきてくれたんだな(諦めるように微笑んで、撮影を停止する)&br;いや、お前が出てくるトコを見て安心したいって言っただろ?だから早めに来て待ってたんだよ&br;(指を三本立てる)吉広がどう表れるかは三パターン考えてた・・・&br;1つは門の向こうから吉広の姿が見えてくる・・・これはつまり門を出た直後に神隠しに合って、その後普通に現れたという事&br;2つめは消えた時と同じく門から歩いて現れる・・・門を境に別の世界に行っているって事だ&br;でも今は・・・3つ目だ、いつの間にか門の内側にいる・・・吉広、お前はこの学校に囚われてるんだよ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 21:25:53};
---……………あ…(呼吸が詰まる、息が苦しい、水に沈んでいるみたいに感じる)&br;(そうか、私は緊張しているんだ、過呼吸寸前の人はこんな苦しみなのかも知れない)&br;真田丸。(風が吹いて、長い髪を靡かせた)あなたも……本当は疑ってるんじゃない。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 21:32:19};
---&COLOR(darkred){そりゃな、『寝坊しちゃいけないって、お袋にも起こしてくれるように頼んで、親父よりも早く家出たんだぜ』 (そう言って笑う少年の言葉は、二人には判る 時々ある不思議な空虚感)&br;(『学校外の話をする時の、どこか中身のない言葉』) ……え? い、いや、とらわれてるって……今日も、家から来たんだぜ、俺&br;(普段血色のいい顔が青ざめる 冗談言うなよ、と弱い声で言うが、二人の表情から、二人の性格から、こんな冗談を言う訳がないと分かっていたけど) あの日も、俺、あの後家に帰って……}; --  &new{2020-04-28 (火) 21:40:25};
---・・・(そうとしれれば、それっぽい事を言っているだけなんだという事がよくわかる・・・でも同時に、今のこの表情が演技なんかじゃないともわかって)&br;(ルールに従うというアリスの言葉がすんなり頷ける・・・吉広はそうだと信じているのだ)&br;吉広(遮るようにきっぱり言う)この先何があろうと、俺達はお前の味方だ&br;(わかったな?と言った上で消える瞬間の動画を見せる)お前は消えた・・・出てきたのは今だ・・・つまりこの世界にある筈のお前の家に、昨日は帰っていないって事になる・・・吉広、お前の家ってどこだ? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 21:51:10};
---倉守先輩が言っていたの。怪異は法則に縛られる。怪異のルールを調べることが大事だって。&br;真田丸………すべての認識阻害はあなたを中心に発生している。&br;……法則は、あなたそのものなのかも知れない。だから………(今、友情を口にすることが憚られた)&br;(こうして友達を追い詰めることが本当に正しいのだろうか。アリス・アンダーソン────お前に人生は、重荷) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 21:55:01};
---&COLOR(darkred){(言葉を遮り成哉の告げる言葉 その言葉の意味が分からないまま差し出されるスマホの画面 消える自分 探す二人の声 戻ってこない自分)&br;え、で、でも、おれ、二人が消えて、すぐに校門に戻って、暫く探して…… え、ええ…… &br;(言葉を無くし、呆然としたまま問いかけに答え住所を口にする 二人が調べれば、その住所はすぐに……)&br;(…… 出てこない 無い 無いのだ) 法則は俺って……つ、つまり…… え、で、でも、俺は真田丸吉広&br;そうさ、今年の春に引っ越してきた、1−Aの生徒で…… (そこで、ポカンと表情が消える)&br; &br;俺、どこから引っ越してきたんだ? (何もない事に、気付いた)}; --  &new{2020-04-28 (火) 22:05:10};
---・・・わからん・・わかんねぇけど・・・(ポカンとする吉広に歩み寄り、肩をしっかりと掴む・・繋ぎ止めるように)そうだ・・お前は真田丸吉広だ・・・他の何があやふやでも、それだけは確かだろ?&br;(こいつが今感じているショックは自分になど想像もつかない・・・ひどい事をした・・・それでも、支えてやりたいと切に想う)&br;色々ショックで、不安だろうけど・・・お前には俺達がいる、それじゃダメか? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 22:17:55};
---あなたは真田丸吉広。(肩を掴む陣楼のそばで真田丸の手を強引に掴み、両手で包み込む)私たちの友達、でしょ。&br;何がどうなってるのか、さっぱりわからない。けど……(じわ、と涙が滲んだ)&br;今のままじゃみんなで一緒に修学旅行に行けないんだよ!? 何とか……何とかしようよ… -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 22:24:33};
---&COLOR(darkred){…… ……わっかんねえや (くしゃ、と泣きそうな顔で苦笑いして、しかし、肩に置かれた鞆の手に手を重ねて、震える手で握って)&br;俺の小隊がよく分かんなくても、少なくとも、昨日一緒に帰ろうとしたり、先週一緒に飯食ったり、球技大会で騒いだりした俺は、二人が、皆が知ってるもんな (泣かず、無理矢理笑って見せる 震えたままだけどその手を離し、深呼吸)&br;……それで十分だ、一先ずは 有難うな、成哉…… (自分の住所をスマホに打ち込み、存在の不明を確認して、一回目を閉じる 電話は、怖くてまだ掛けられない)&br;(そして、不安そうなアリスに笑って) 俺が中心なら、俺がなんとかできるって事だ そうだろ、アリス (違うかもしれないけど、そうだと思いたい))}; --  &new{2020-04-28 (火) 22:28:46};
---(にっと笑う)その意気だ(こっちも泣きそう?これはアレだ、雨だ雨)&br;まぁ・・・なんだ、朝っぱらから湿っぽい感じになっちまったけど、とにかくよかった&br;今後どうするかは、また話し合おう・・・この状況をちゃんと調べて、なんとか打破しないとな -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-04-28 (火) 22:39:35};
---…うん、私たちなら……何とかなるよ、多分ね。(無理やり笑って)&br;陣楼も、私も、真田丸も。三人もいるんだからね、文殊の知恵っていうの。良い解決方法がきっと見つかるから。&br;んん。(くああ、とわざとらしい欠伸をして)久しぶりの早起きで眠いわ、保健室でちょっと寝る…(そう言って眠気もないのに眠いフリをして) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-04-28 (火) 22:48:06};
---&COLOR(darkred){んだな、三人。それで駄目なら他の知り合いにも声かけて、何とかしよう。手伝って貰うからな (そう言って笑った顔はいつも通りに見えた)&br;おう、二人とも俺より早く来たなら寝不足だろ 今日こそ保健室のベッドを使う日かも知れん (アリスの様子に笑い、陣楼には、俺が先生に伝えておくよ、と)&br;なんにせよ、1−Aに居るからには授業には出ないといけないしな、俺は (生徒名簿にも自分は存在しない事も知らず、明るく笑って二人の背を叩き歩き出すのだ)}; --  &new{2020-04-28 (火) 22:52:31};
-(昼休みが終わってみなが教室にのんびりと戻り始める時間 1-Aへ戻るため偶然近くを歩くことになった)&br; (授業をさぼりがちな少女は購買のおばちゃんにおススメされたクリームパンを3個も手で抱えつつ、1つ封を開けて食べながら歩いている)&br; んむむむむーはみ出す!そっちから出るなぁ!もう!!(齧りついたので反対側からクリームがあふれているらしい)&br; なんなのーー全然食べられないんだけどー?! -- [[ねこ(ヒト)>IG/0222]] &new{2020-04-29 (水) 21:21:56};
--&COLOR(darkred){こんな不器用な食べ方初めて見た…… (隣で同じくクリームパンをかじる少年 こちらは大口で二口で終わるので、零す事はないのだ)&br;女の子は口が小さいから大変だな あ、手に落ちた (ハンカチいる?と)}; --  &new{2020-04-29 (水) 22:39:20};
---(ぐりん 改めて振り向いて真田丸を見る)&br; ありがと、ハンカチは大丈夫…(ペロリとクリームを舐めとってからクリームが付かなかった方の手でクリームパンを差し出した)&br; どうやって上手に食べたの? 教えて? -- [[ねこ(ヒト)>IG/0222]] &new{2020-04-29 (水) 22:50:09};
---&COLOR(darkred){うん? そうか……って、おう (差し出されたパンを見れば、んじゃあー、とこっちは放課後に食べようと思ってた焼きそばパンを渡す)&br;どうって、簡単さ 見てろよ (両手でパンを持つ)&br;こうして (あが、と口を開けて) こう (ばくん 半分なくなった もぐもぐもぐ、ごくん) で、こう (ばくん 全部なくなった 美味し)}; --  &new{2020-04-29 (水) 22:56:11};
---(焼きそばパンを受け取りつつ)もらっていいの?&br; (思わず立ち止まり)二口…!? ど、どどゆこと!?&br; え……(信じられないので実線あるのみ もう1つ封を切ってクリームパンを両手で持ち、大きな口を開けてかぷり)&br; (当然真田丸と同じ量は入らないし無理して詰め込もうとするので…)むぐー!!!&br; (お口の中は大惨事、反対側からあふれ出すクリーム) -- [[ねこ(ヒト)>IG/0222]] &new{2020-04-29 (水) 23:09:59};
---&COLOR(darkred){おう、クリームパンと交換な (自分の口の端についたクリームを舐めつつ頷き)&br;どういう事って、見たままさ クリームパンは飲み物 (育ち盛りなので) って、言ってもまあ、口のデカさが違うからー……って、おいおい、無理すんな無理すんな、あああ、ああ…… (零れたクリームを思わず受け止め、なんとも言えない顔)&br;……実演した俺が悪かったが、無理すんな な? (廊下の手洗い場で手を洗ってから) 何口もかかるなら、パンの一番薄い所齧れば零れにくいんじゃね?}; --  &new{2020-04-29 (水) 23:19:24};
---(真田丸が手を洗っている間残ったクリームパンを何とか口に詰め込んで、自分も手を洗った)&br; (げっほげえっほ) ね、ねこには無理かな… クリームパン、難しい食べ物なの…&br; (すっかりクリームパンは難しいというイメージを持ってしまったのであった)&br; ふう……あ、もう戻らないと… ねこはえーぐみ……えっと…(ぽっけから名簿を取り出してぺらぺら)えっと、あなたはだあれ? -- [[ねこ(ヒト)>IG/0222]] &new{2020-04-29 (水) 23:31:24};
---&COLOR(darkred){クリームたっぷりになればなるほど食べにくくなる悩ましい食べ物、それがクリームパン……美味いけど&br;おう、俺も1−Aだぜ そういや話した事なかったな 真田丸吉広、苗字でも名前でも、呼びにくけりゃあニックネームつけても良いぜ えーっと、ねこ、で良いのか? 呼び方}; --  &new{2020-04-29 (水) 23:37:52};
---よしひろ…ふむふむ…これからよろしくね! ねこはねこだから、ねこって呼んでね&br; (と自己紹介したところで授業開始の鐘がなる)わわ! 急がなきゃ!! いこいこ!(二人で教室に駆け込んだって話だ) -- [[ねこ(ヒト)>IG/0222]] &new{2020-04-29 (水) 23:45:39};
---&COLOR(darkred){あいよ、よろしくねこ っと、そだな! (先生に睨まれたって話だ!)}; --  &new{2020-04-29 (水) 23:46:33};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-29 (水) 23:48:38};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-29 (水) 23:48:48};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-04-29 (水) 23:48:52};
-[[ありがとうございました!>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035413.txt]] --  &new{2020-04-30 (木) 16:52:03};
--&COLOR(darkred){これは……いいものだ……  バフを重ねて皆で殴る! 最高に頭の良い戦法だぜっ&br;裏設定や性格をがっつり掴んでくれてるのが凄い……ありがとうだぜーっ!!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-30 (木) 19:40:38};
-// -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-04-30 (木) 19:43:25};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-02 (土) 12:12:55};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-02 (土) 12:13:02};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-02 (土) 12:13:06};
-ん、吉広じゃんちーっす、どんなもん?あれから身長1僂任眇びたりした?&br;(定期考査も終わり夏休みも目前のとある日、廊下で見かけた同級生に気楽に声をかける) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-02 (土) 13:32:52};
--&COLOR(darkred){おう、アオイじゃんチーッス そういや身長計ってないな……今度保健室で計ってみるか&br;アオイは俺より1cmだか低かったよな そっちはどうヨ (競争心)}; --  &new{2020-05-02 (土) 14:30:48};
---……ひゃくごじゅうきゅうせんち(ぼそ)159僉帖弔世韻鼻もう少しで160の大台の乗るのに何で伸びないかなぁ、ご飯はちゃんと食べてんのに&br;(保健室と聞いて)なんか、最近の保健室住みつく主や妖怪が増えて魔境になってるって聞くけど、大丈夫なのかねアソコ、悪戯されないようにしときよー&br;そいやもうすぐ夏休みだけど、吉広はなんか予定してんの? -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-02 (土) 14:35:59};
---&COLOR(darkred){ふっふっふ、ならまだ俺の方がぎりぎり高いな……! (1cm) まあ、縦幅ばかりは授かりもんだからなあ……女は先に伸び切るって言うし&br;保健室人口増えてるけど、保健室登校のアリスの友人としては良い事だと思ってるので良し!&br;うん? とくには全然、と言うかまあ、色々あってなあ……学校で過ごすこちになりそうだよ}; --  &new{2020-05-02 (土) 15:45:12};
---(むか)や、別に競ってるわけじゃないし、けど、なんか数センチの勝負だと妙に悔しいのは何だろ、190僂箸ならおーでっかいーで終わるのにさ&br;あーアリスは友達欲しがってたっけ、ちな、今はうちの部員になってくれてるからこっちの部室で寝てることもあるかもね&br;学校で?別に考査が悪かったわけじゃないっしょ?ふーん変なの、まあアタシも部活とかで頻繁に来ることにはなりそうだけど、顔合わせるかもー -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-02 (土) 16:01:07};
---&COLOR(darkred){そこまで来るとなんか素直に褒めたくなるよな、デカいなーって……苦労も多そうだけど&br;あれ、アオイってなんか部活は行ってたんだけっか アオイが一緒ならアリスも安心だな (うんうんと頷いて)&br;まあ、色々あってなあ、家庭の都合って奴だよ (頭を掻いて苦笑しつつ、) マジか、教室か宿直室にいると思うから、忘れ物撮りに夜来たりするときは声かけてくれよ}; --  &new{2020-05-02 (土) 16:22:06};
---あ、そか、吉広は知らなかったか……5月にロボ部ってのを立ち上げたんだけど、そこについこの間入ってくれたってわけで&br;アリスは色んな人から心配されてるんだね、ま、いちお預かる身としてはその分の責任は負うつもりだけどさ、家庭かーじゃあ仕方ない&br;教室か宿直室、おっけ了解、もし暇してたら部室に遊びに来てもいいかんね?まぁアタシがいる場合だけだけど、お菓子とゲームくらい遊ばせちゃる -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-02 (土) 16:30:31};
---&COLOR(darkred){ロボ部? アオイって理系なんだな (定期考査で理系全般赤点ギリギリだったので羨ましそうに)&br;あはは、まあアリスなら大丈夫だとは思ってたけど、やっぱ知ってる奴が近くにいてくれると安心すらぁな&br;部室に行っても良いなら、邪魔にならない程度に邪魔しに行くわ はは、差し入れ位は持ってくさ}; --  &new{2020-05-02 (土) 16:35:10};
---や、アタシは経理担当なんで、ん、経理も理系?(はてな)いちおバイトとかで鍛えてるから数字には強いつもりだし&br;真の理系の制作担当は飛び級天才眼鏡のクリスちゃだけどね、アタシは収支メインっと&br;アリスの事はまかしとき(ぐっと親指立てる)いちお来る者拒まずがアタシの信条だから、まだ部員3人で部屋も広い感じだしねぇ&br;さてと、それじゃアタシは部活行くんで、そっちも頑張り吉広(小さく手を振って部室棟へ歩いていくのでした) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-02 (土) 16:46:34};
---&COLOR(darkred){簿記は理系……? (判らん……) 俺バイトもしてないからなあ……&br;クリスってあのちびっこ? 凄いとは聞いてたけど本当に凄いんだなあ…… おう、アリスの事は頼んだ! 俺が頼む事でもないけど! (サムズアップ)&br;あいよ、俺も頑張る! (見送ってから) よし、学校に泊まる準備だな…… (購買に向かったのだった)}; --  &new{2020-05-02 (土) 16:55:18};
-(そろそろ日も沈む夕刻、空き教室に集まる)さて……学校も夏休みで、これなら何が起こっても多分大丈夫だわ(正直ダイナマイトの威力にはドン引きした会長)使わずに済ませたいけど!&br;お夜食も準備したわよ(コンビニで買ってきたお菓子や菓子パンなどをドサッとあける) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 15:21:18};
--(こっちもこっちでドン引きしたって話だ・・・自分で用意したくせに)・・・甘いモンばっかっすね(別個に用意したコンビニ弁当を置いて)&br;なんていうか、ちょっとわくわくするな・・・(寝袋を確認) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 15:29:16};
---&COLOR(darkred){なんか顔色悪いぜ会長、怖いのか? (からかう様に笑いつつ、会長が買ったパンを早速かじる)&br;ちょっと林間学校的なあれがあるよな (こちらもワクワクした様子で) 学校に泊まるのは初めてだからなあ、楽しみだぜ}; --  &new{2020-05-02 (土) 15:53:18};
---準備いいわね……(寝具は用意し忘れた)&br;そりゃ、ね!前にも話したでしょ?[[こんなの>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035320.jpg]] &br;今日は出なければいいんだけど……からっ!(ドーナツと思ってかじったパンがカレーパンだったので涙目)真田丸くんにあげる(新しくホワイトリングドーナツをあける)&br;林間学校は……苦手だわ…… -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 16:11:43};
---会長・・・寝具は・・・?・・保健室があるか・・・&br;(カレーパンがダメな様子にマジかってなりつつ)わかる、夏場なのもよかった、冬だったら寒くてやってられなかっただろうよ(総菜パンをもぐもぐ) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 16:19:11};
---&COLOR(darkred){会長、どこまでお子様なんだ……(うまいぜこれ、と受け取ったカレーパンをぺろりと平らげる) むしろもうちょい辛くても俺は良いな&br;そうか? 『俺は修学旅行とか林間学校とか、ガキの頃から好きだったけどなあ』 特別な感じがして&br;んで、化け物とやらはどの辺りで見たんだ? ……会長のこの絵だと、なんかひょろひょろしてるけど……}; --  &new{2020-05-02 (土) 16:24:00};
---お子様じゃないわよ!ちょっと……甘いと思ってたのが辛かったからびっくりしただけ(カレーは王子様派)&br;お菓子は…お菓子と飲み物はちゃんと用意したわよ……あ、あとビデオカメラも用意したわ!これでばっちりね!でも、保健室まで寝に行くのも危ない気がするわ&br;(またなんか嘘っぽい感じがする…)私は、子供の頃は笑われるのが厭でお泊りはちょっと憂鬱だった&br;ひょろひょろしてない!むきむきしてる!こことか!(お腹を指差す) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 16:42:48};
---・・・カレーパンのカレーって・・・辛いか?(分からない・・って感じで吉広にふる)&br;・・・・・・(吉広の主張する実家は何処にもなかった・・その時点で察せれる物があると思うが、受け入れるのは難しいのだろう)&br;(少しずつ覚悟させる必要があると考えながら)笑われる事確定なんすか?(そりゃぁ嫌にもなるだろうが・・・)なんでまた・・・&br;いつの間にか奴の空間に飲み込まれてた感じだからな・・・具体的にどこかはわかんねぇけど・・・(あの辺だったよとどこの廊下かを伝えて)近づかないに越したことはないよ&br;どうしましょ、夜が更けるより前に保健室に移動しときます? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 16:53:18};
---&COLOR(darkred){いや、むしろ甘い……会長にはアンパンマンカレーでも買って行ってあげないとだな…… (生暖かい目)&br;大丈夫だ成哉、お菓子はしょっぱいのも買ってきてるぞ (昼間に購買で買った小袋せんべいなどを追加しつつ)&br;危ない時間になる前に保健室行くのが良いかもな ……笑われるってー……やはりキャラパンツ……でもそれなら普段からだしなあ&br;これ模様じゃなくて腹筋スか?! (会長とわいわいやってる横顔は、実家を失ったショックは見えないいつも通りの物 その様子も普通ならおかしいだろう)&br;(持ち込んだ物を袋に入れて持ち) んだな、君子危うきに何とやらだ とりあえず保健室行くか&br;(そうして移動を始める) なあ成哉、そっちの鞄には何が入ってるんだ? (ダイナマイトの入ったカバンを見て首を傾げる)}; --  &new{2020-05-02 (土) 17:00:35};
---ま、まって!保健室だと、何かあった時備品とか壊しちゃうかもしれないからまずいわ!?あと標本怖いし&br;空き教室なら、万が一使えなくなることがあっても大丈夫だし夏休み中になんとか出来ると思うわ その……それを使っても(カバンを指差す)&br;ち、違う!そんなの、別に着替えてるときとかでも普通に見るし…… -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 17:05:17};
---なんでそろいもそろって菓子みたいのばっかなんだよ(なんてからから談笑、吉広は、少し考え難い位にはいつも通りだ)&br;キャラパンツでなかったとしたら・・・じゃぁなんでまた・・・?(よくわからないって顔)&br;(移動に反対されると手を止める)じゃぁ・・・床に雑魚寝・・・?まぁ寝袋は会長が使ってもいいっすけど・・・どうせこんなもん(爆弾)ある時点で壊すも何も・・・&br;ん(バッグを開いて見せる、ダイナマイトがごろごろ)待て引くな、引くなよ?俺だって正直どうかと思ってんだ・・・さっき言った奴対策でアリスに用意してもらったんだ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 17:18:53};
---&COLOR(darkred){標本の方が主な理由な気がする……大きな歯の模型とかも苦手そうだよな会長&br;まあ、俺は保健室じゃなくても良いんだけどさ …… …… ……(鞄の中を見て)&br;…… 成哉、自首には付き合ってやるぞ…… …… ええ…… (ガチ引き)}; --  &new{2020-05-02 (土) 17:41:06};
---だ、だって美味しいじゃない(2人が喜ぶと思って好きなお菓子と好きなパンをいっぱい持ってきた)いろいろ……あるのよ(座面についた手を足で挟んで頬を染めて言いにくそうに視線を外す)&br;こほん……流れを説明します!眠くなったら交代で寝ましょ どちらかが必ず起きて真田丸くんを見張ってること!目を離しちゃだめよ&br;ちょっと過剰かなって思うけど、所持は禁止されてないし……使うにしてもちゃんとした理由があれば問題はないと思うわ まぁ……見たときは私も引いたけど…&br;使用法については、北区の施設で試したから問題はないはず……(と、真田丸の後ろに隠れながら) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 17:48:54};
---・・・まぁ、嫌いじゃないっすけど(時々無性に食べたくなるのは事実なのでもぐもぐ)&br;・・・・・・(なんだか分からないけど女の子の事情的なあれだろうとそれ以上は何も言わないでおく)&br;そっか・・・目的を考えれば目を離せないんだったな(ぺしぺしと顔を叩いて気を引き締めると同時、だからトイレが近い教室にしたのかと納得する)&br;(ぐさぐさ刺さる、言葉はナイフだ・・・)ぐぬぬ・・・わぁってるわいちくしょうめ(これが終わったら絶対つき返そう、ついでに二度とこんなものに手は出すまいと心に誓う) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 17:55:28};
---&COLOR(darkred){わかる クリームパンは至高…… (ビニールの中から取り出して、勝手に食べつつ廊下を歩く)&br;ふむふむ、俺はさっさと寝ちまった方が良いな その方が落ち着いて見張れるだろうし 夜通し話すってのも一つ楽しいけどなあ ……ここで一晩中百物語したら会長が眠れなく……&br;まあ、そんな物使ったら怪異どころか学校がヤバいだろうし、使わないに越したことはねえやな&br;(そんな事言いつつ空き教室に着けば借りてた鍵で明けてはいる) おんしゃーす、っと、なんか夜の教室って雰囲気あるな (明かりをつける 机の無い空き教室は蛍光灯の明かりで白々と)}; --  &new{2020-05-02 (土) 18:04:33};
---起きてても構わないわよ と、言うか起きててくれないとじんろくんが寝ちゃったら私一人になっちゃうじゃない!(夜中にはトイレにもついてきて欲しがる)&br;そういえば、子供の頃は早く寝ないと悪い鬼が食べに来るって言われたわね……なんかそんな昔ばなしが伊上市にあるらしいわよ でも悪い鬼なら真田丸君のご先祖様じゃないわね&br;なんか、使われてない教室って異界みたよね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 18:11:25};
---明日の朝までに食べきるみたいな事にはならないでくれよ・・・(まぁ十分な量がある筈だが)&br;まぁ話相手がいてくれないと起きてるのもきついってのはあるな・・・交代で寝るのも2人でじゃなくて3人でがいいかもな&br;そんな感じの脅かす話ってどこにでもあるよな・・・俺んところはお化けだったかな・・・&br;異界とか縁起でもない事言わんでくださいよ・・・(三人でいればすぐに慣れるだろうと適当に座ってだべる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 18:18:45};
---&COLOR(darkred){会長が見張りの時に寝たふりしたら面白いことになるな……いや、やんないスよ、やんないって (にやにや)&br;ああ、この間ちょっと調べたんだけど、実際そう言う言い伝えあるな 月が見えない夜に出歩く人を食べる大鬼が居たんだってさ だからこの辺りの村は、新月の夜は夜通し囲炉裏の灯を絶やさないようにしてたとか&br;ある時通りかかった侍が切り伏せてこの地に封印したとかなんとか……まあ、よくある話だな (そんな事を言いつつこちらも地べたに座って) テレビとかあれば良かったんだけどなー、スマホでなんか流す?&br; &br;(そんな事をしてるうちに日付が変わり丑三つ時……) ん、俺ちょっとトイレ ……連れションになるのか? (欠伸を噛み殺しつつ立ち上がる)}; --  &new{2020-05-02 (土) 18:33:37};
---や、ややや、やめてよぉ!(本気で怖がる カメラもセット)&br;真田丸くん、歴史好きだけあって詳しいわね やっぱり、歴史好きってそういう地方史も要チェックだったりするの?&br;あ、そ、そうね…監視はじんろくん……だ、だめ、そうすると私も置いてかれちゃうじゃない!私も行く!(置いてかれないように裾を掴む) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 18:37:59};
---へぇ・・・そんな話があったなんて知らなかったな・・・郷土誌とかにあったのか?&br;(「なんか流す」かと聞かれれば)あ、じゃぁこれ見ようぜ、面白いらしいし(と最近話題になっているらしいライバー「行燈りの」のアーカイブを流したり)&br;&br;(吉広と会長が起きているという事は交代で自分は寝ている筈だ)&br;んぁ?・・・なんだ・・・交代?(むくりなう)トイレか・・あいよ(寝ぼけまなこで立ち上がる・・・ダイナマイトが目に入る・・・散々ドン引かれて嫌気がさしてきたが、一応会長も養護してくれたし取り敢えず持っていこう)&br;(会長が付いてきても中までは入ってこれないだろうが、まぁその辺はしょうがない) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 18:49:09};
---&COLOR(darkred){はは、冗談冗談! 誰かと話したけど、昔すぎる話だし、解ける様な封印ならもう解けてておかしくないだろ 大丈夫だって よくある怪談だよ(怖がる会長に笑い)&br;ああ、図書室の郷土史に 意外と、その鬼が二人を襲った怪異の正体だったりしてな ……おう、おはよう成哉、悪い、俺が便所行きたい&br;そ、それ、持ってくのか……? (ちょっと引きつつも、) 俺は二人を襲った怪異を見てないから、まあ、最悪必要になるレベルの怖さだったんだな…… (納得はした)&br;はいはい、会長も来るんだな ……男子トイレにまでははいるなよ? (そんな事を言いつつトイレに移動して)&br;んじゃ、ちょっと待っててな (そう言って、『男子トイレの中の個室に入った』 ……とは言え、暫く一言二言話していたのだが…… …… ……返答が、無い)}; --  &new{2020-05-02 (土) 19:00:47};
---否定した直後にそういう怖いこと言わない!&br;ちょっと、まだ!?は、はやくしてよう!(二人がトイレに入った直後からコンコンドアを叩く)&br;ま、まだ?(いい加減怖くなってそっと男子トイレのドアを開けて覗き込む) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 19:16:19};
---もってく一本だけだよ(うるせぇなぁと開き直り気味)&br;(早速コンコン叩いてる会長に笑って応えつつ入室)ん‥おう(そっちかよとちょっと嫌そうにしつつもこっちも用を済ませ・・・)&br;もうちょっとですから待っててください会長(窓を開けて換気とかしながら会話をしていたが・・返事がない)・・・(のっぴきならない状況なのかと少し黙ってたが・・・)&br;なぁ吉広、大丈夫か?・・・おい・・・(嫌な予感がしてきた、扉を何度か叩く・・・返答がない・・覗き込んでみた会長にも状況はさっせられる筈だ)&br;冗談はやめろ、覗かなきゃならねぇこっちの身にもなれっ(仕方が無いと登って上から見てみる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 19:19:32};
---&COLOR(darkred){(個室には誰もいなかった もぬけの殻)&br;(それと同時であった 便所の前で待っていた白鐘は、目の前の教室から聞こえてた吉広のスマホからの音楽がぴたと止まった事に気付いた)&br;(そちらに顔を向ければ、その途中に目に入った廊下の窓が『あの人同じ様な黒に塗りつぶされていたことに』 ……音が聞こえる…… ……音が聞こえる、這いずる音が……)}; --  &new{2020-05-02 (土) 19:22:45};
---えっ…いない!?(ドアを開けて男子トイレに入ってくる)&br;じんろくん、においよ!真田丸君のにおいを追うのよ!えっと……カレーとか! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 19:26:23};
---くそっ(降りたつ、入ってきた会長に)・・・すいません会長・・見立てどおりでした、本当に一瞬でも一人にしちゃダメみたいで・・・って・・匂い・・・?まさか最初っからそれが狙いでカレーを・・?&br;(それならそうと説明しておいて欲しかった・・・青いランブルキーを手にする、ベルトに突き刺して回せば・・''ガチャリ''という解錠音と共に変形し)&br;すぅ・・・・ふぅぅ・・・(息を整えて気を練り、精神を集中させる・・・最高のパフォーマンスを発揮する為のルーティンだ・・・腕時計を起動する)&br;変身!&br;(直後成哉の体が変異する、上半身に体毛が生え、マズルが伸びて耳が立ち狼頭と化して・・・・・されど体格の変化は以前ほどではなかった・・・爪も牙も控えめで、ケモ度の高い獣人といった程度)&br;タイプセンス・・・(人間らしい体格を保ったまま、最低限の筋力強化と狼の感覚を獲得した)&br;・・・・・・・・・・・・・・・くさい・・(嫌そうになりながらカレーの匂いを探し・・・同時に気づく、この這いずる様な音は・・)会長・・・あの怪物が来てます -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 19:43:05};
---&COLOR(darkred){(変化した成哉の鼻に、カレーの香りは無い……感じないまま、それ以上に感じる物があった それは、廊下から漂う血の匂いだ……)&br;(その耳には、深く荒い息遣い あの夜、自分を追い詰めた怪異の息遣い ずるりべたり、廊下の方から聞こえてくる音)&br;(まだ音は遠く、トイレの窓を割れば逃げ出す余裕はありそうだが……)}; --  &new{2020-05-02 (土) 19:48:03};
---ま、まぁね!(偶然だ!)えっなにその……機械?変身って……狼男ってそういうものなの……?&br;ええっ!?あのって…(問いたくない!答えは決まってるから!)あの?(でも結局聞いた)&br;ままままま、マイトよ、じんろくん!マイトを使う時が来たのよ!?あ、でも真田丸くんがそこにいないかは確認して投げつけてやるのよ!? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 19:56:41};
---いいえ、本来はもっと狂暴で、この機械がないとまともに会話もできない危ない奴なんですよ&br;(そういう種族だと思ってくれている分にはありがたいが、そろそろこの病気の危険性も知っておいてもらわないと困ることになりそうだ)&br;あの(うんと頷く・・・アリスの言葉を思い出す、怪異はルールに従う・・・奴の領域は果てのない廊下・・・トイレではない・・・つまりここは、奴の領域にぎりぎり入っていない、ガラスは・・・まだあれほどの強度は誇っていない・・・・・・と思う)&br;吉広はいません・・・でも奴の居場所も大雑把にしかわかりません・・・それに、あの威力を思い出してください、今使ったら俺たちまで巻き込まれかねない&br;(攻撃に使うのだとしたらしっかり目視できる状況で直撃させないといけない・・・それよりはとガラスを割り、会長を抱えて飛び出す作戦を試みる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 20:08:13};
---&COLOR(darkred){(廊下から男子トイレに白鐘が入った瞬間だった 今まで白鐘が居た空間を真っ赤な拳が殴りぬける もし一瞬遅ければその拳の餌食になっていただろう)&br;(しかし、そこまでだ トイレに入った二人を見失った様子でトイレの前の廊下でぐるりと眺めまわす……そして、布で隠された顔が、トイレに向いた)&br;……うらみはらさで、おくべきか…… (ぐろろ、と地響きの様な声と共に拳を振り上げる) そこか……ふういんされたうらみ……はらさで……&br;おくべきかあああああっ!! (ごぉん!とトイレが揺れるような衝撃 トイレの入り口に透明な壁が貼られたように、そこで拳が止まっているが、)&br;(2度、3度、打ち付ける拳 ……ルールなどぶち破るのではないかと思えるほどの、剛腕)}; --  &new{2020-05-02 (土) 20:16:14};
---ち、ちびった……&br;うひぃ!(繰り返される衝撃に両手で耳を抑えて目をつむる)い、いるわよ、そ、そこ!そこに!(すりガラスの向こうに影が見える)&br;だ、だめよじんろくん、探さないと、真田丸くん、探さないと!ほっておけないわ&br;あいつと遭遇しちゃうかも……それに、あの音を聞いたら真田丸くん、絶対助けに来るわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 20:21:49};
---いますねぇ・・・(今にも破られそうな衝撃だが・・・伸長した感覚器が告げる、この威力の拳で入り口が破れない筈がない)封印されたうらみ・・・ね・・・(ついさっき吉広から聞いた伝承を思い出す)出来すぎだろ・・・&br;どうやって・・・消えた後のアイツは、決まって俺達の事を見失うんですよ(だが今消えた状況が今まで確認していたそれとは異なっている事も事実)&br;(天秤にかける、今爆弾を使って奴の目の前に飛び出し、出てくるか分からない吉広を探す事と、一旦距離をとって改めて探し直す事)&br;(すまん吉広・・)・・・・・・・・すんません会長(空手道場に通い始めて早二か月、技術的な面は兎も角精神的にはがっつり鍛えられた・・・躊躇いのない獣人蹴りを窓に向かってぶちかまして割ると、会長を抱えて外に飛び出す・・・しかる後)&br;早さと、対応力・・これだ(黄色の鍵をバックルに突き刺し、フォームチェンジを敢行・・・体格は大きく伸びてシャツを引き裂く・・マズルも手足も長くのび、鉤爪は短剣のように長く鋭い、いつぞやに見せた人狼形体寄りもスリムで、しかしてより鋭く危険性を抱かせる様相)&br;タイプスティング・・・またあそこに戻ります、会長はこれを持っておいて・・・いざとなれば俺が足止めするんで、それで何とか突破口を作って下さい(ダイナマイトを託すと会長を抱え、風を切って走り出す・・・かなり早い) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 20:57:17};
--&COLOR(darkred){おのれ、おのれぇぇぇ…… (怨嗟の声は禍々しくトイレの窓から聞こえる。しかし外までは追ってこないようで)&br;(二人は、廊下から物理的に飛び出せば安全であることを確信するだろう 戻る事も容易だが……)}; --  &new{2020-05-02 (土) 21:02:18};
---ちょっちょっちょっっと!じんろくん!!!!(強引に連れ出されて抗議の声)&br;ちょ!ちょちょちょ、ちょちょっと、じ、じんろくん!?(マイトを渡されてビビる声)&br;じんろくぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(早すぎておいていかれる声) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 21:08:54};
---すんません・・できれば外にいて欲しかったんすけど・・・(この人置いていったらどうなるか分からないから・・・)&br;(鼻を利かせる・・・さっきは全然わからなかったが、改めて落ち着いて探せば見つかるか・・・?) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 21:19:00};
---&COLOR(darkred){(鼻を利かせても、吉広の匂いは無かった しかし、濃い血の匂いを追う事は容易)&br;(匂いを辿って着いたのは先程とは違う階層の違う廊下 階段を上がった先にある廊下は普段通りに見えるが……分かる、入ればあの鬼が待ち構える廊下に出るだろう)}; --  &new{2020-05-02 (土) 21:28:40};
---さっき消えたっていうトイレになにかあるのかも……戻って調べましょう!&br;すこし様子を見て、落ち着いたら廊下ではなく壁から戻ればきっと気づかれずに戻れるわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 22:33:35};
---(校舎をかける・・・いくら探し回ろうと吉広の匂いがしない、するのは化け物からする血の匂いばかり・・・あとこれ以上進んだら絶対拙い…そんな感じの事を会長に伝えた所で提言)&br;マジっすか・・・!?(話を聞いて)なるほど、外からか・・・じゃぁ一度引き返しましょう(さっきの場所に戻ろうとする) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 22:40:10};
---&COLOR(darkred){(トイレの窓から入り込めば、そこは普通のトイレだ。そこから廊下に出れば、普段通りの廊下の様子。陣楼の鼻は先程嗅いだ別階層に怪異が居る事が分かる。)&br;(陣楼たちが望むのならばその別階層の怪異に立ち向かう事も、そのまま夜を明かす事も可能だろう)}; --  &new{2020-05-02 (土) 22:59:44};
---普通のトイレだわ……なにもないみたい……&br;じんろくん、じんろくん……&br;………&br;じんろくん、その……わ、わたし……ごにょごにょ&br;お、おしっこ……&br;後ろ向いてそこにいて!(と言って個室に入り、下着をおろして便器にすわる)&br;(男子トイレで用を足すのは変な気分だ 気恥ずかしさもある)&br;あった……(下腹部の力を緩める前に、スマホを取り出して、再生ボタンをタップ)&br;途端、[[軽快な音楽>つべ:nxtpEm7_Lms]]が大音量で流れる)わ、わわわっ! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 23:10:16};
---いるな・・・校舎内にいるからって常にこっちを捕捉出来ているわけじゃないのか・・・(新しい発見だ・・・それに、多分同時に二か所存在する人間を襲う事は出来ないのかもと思う)&br;ん・・・会長?(目を向け、鼻を鳴らして)・・・・・・・・・・・・・早いトコ済ませちまってください&br;(この状況で肝が据わっているというかなんというか・・・若干あきれながら待っていると)&br;・・・!?な、なにやってんですか!?(止めて止めて!ってなる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 23:18:16};
---だ、だって、音聞かれるの……恥ずかしいし……が、がまんしてたし……(慌てているので操作がなかなかうまく行かない 1コーラス分流れてやっと止められた) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 23:20:13};
---&COLOR(darkred){(……匂いが一瞬消えるのが陣楼には判る そして、それが突然濃くなる事にも……陣楼には判る トイレの前の廊下が、血の匂いで塗りつぶされた事に)&br;(ウどうやら、人の気配が無ければ学校中を徘徊し、何か気配や物音があればそこに近づくのだろう 気配がトイレの入り口のすぐ近くを徘徊する……}&br;(先程の様にトイレの入り口を叩く様子はない 二人の存在には気付いて居ないようだ 大きな物音を立てなければ次の移動までバレないでやり過ごせるだろうが……); --  &new{2020-05-02 (土) 23:27:48};
---(何か言い募りそうな会長を「とにかく静かに!すぐ近くにきてます!」と制すると扉の近くにより、感覚器を総動員して確認する) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-02 (土) 23:33:01};
---ふが…(両手を口に当てて静かに、息を殺す)&br;(静かにすればするほど、トイレに水が流れ込む音が大きく響く)&br;(真っ赤になって泣きそうな顔で(実際にはもう泣いてる)口を抑える) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-02 (土) 23:45:36};
---&COLOR(darkred){(扉越しだが先程よりも近くで感覚を研ぎ澄ました陣楼の鼻に、ねばりつくような血の匂いと共に、僅かに、香辛料のような……)&br;(そこに、止められなかった会長の水音が響く……その音はひどく大きく響いて……) …… (陣楼の感覚で、壁の向こうの気配が近づいて来るのが分かった)&br;(そして、どぉん!と壁が軋みを上げる様な衝撃) ここかぁあああああ…… (ゆっくりだが重い一撃、一撃 見つかってしまった!)}; --  &new{2020-05-02 (土) 23:50:48};
---・・・?この匂い・・(まさかと総毛立つ・・・と)くそっ見つかった!&br;(再び響く重い衝撃・・・破れない・・・はずだが)&br;会長、血の匂いで分からなかったけど、今確かに感じた・・・カレーの匂いだ&br;(鉤爪にぐっと力を込めて構える)吉広は、この近くに間違いなくいる・・・戦いながらでも探さないと(会長に覚悟はいいかと尋ねて) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 00:03:07};
---ご、ごめんらふぁい……でも、とまんなくて……&br;い、いるのね!もちろん、近くにいるんだったらなおのこと探さないと!&br;で、でもあとちょっとだけ、ちょっとだけで出し終わるから! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 00:08:32};
---&COLOR(darkred){(怪異はルールに縛られる それは確かなのだろう ……確かなのだろうか)&br;(一撃一撃は重く、扉は軋みを上げている 『ルール』の壁に守られているはずなのに、扉の向こうの圧迫感は増していく)&br;(このままではルールと壁を纏めて破られかねない危機感 一撃ごとに、ビキビキと何かが割れる様な音が陣楼の感覚に届く)&br;(逃げるか、飛び出して戦うか、選択の時だ)}; --  &new{2020-05-03 (日) 00:12:17};
---・・・(どっちにしろ、出て時間は稼がなければならない・・・ダイナマイトは、出来れば脱出にとっておきたい・・・救出、脱出を会長に任せて戦い続けるのがベターか)&br;(破って来られない・・・その筈なのに、目の前の扉はいつ壊されたっておかしくない・・今目の前の現象として破壊されようとしているが・・・)&br;(もしかして術的な視点で見た時、奴はいままさにここをルールの内側に含めようと解釈を巡らせているのではないだろうか?そんな風に思う)&br;会長・・・すんませんが時間切れです(ぐっと爪を振りかぶる)&br;(深く構えれば、頭の中で「On Your Mark.」と声が響く)会長は吉広を探して、ダイナマイトで出口を作って下さい・・・(タイミングを計れ・・・「Get set.」)俺が・・・時間を稼ぎます!(Go!)&br;(拳が打ち付けられる衝撃、その合間を縫う様に扉を盾に蹴り開け)ウォォオォオォオ!!(獣の咆哮と共に鋭い爪で切り裂かんとする) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 00:26:54};
---&COLOR(darkred){(蹴り開けた扉の向こう、まさに拳を振り下ろさんとしていた怪異の姿があった 天井に頭を抑えられ窮屈そうに背を丸めたその鬼は、飛び出した陣楼の速さに、拳の行き先を乱した)&br;(陣楼の頭をかすめた拳が壁にぶち当たり地響きを起こす その下をすり抜けた陣楼の一撃が、胴に深々と食い込む……鋭い爪が分厚い胸板に食い込み、浅く切り裂く 赤い血が跳ね、僅かに動きが鈍る)&br;(トイレから陣楼に意識を映した鬼は、咆哮を上げながら振り返り、陣楼を捕まえようと、大きな手を振るう)&br;(トイレの個室に居る白鐘には気付いて居ないのだろう 陣楼がうまく動く事で、トイレからわずかに遠ざかる)}; --  &new{2020-05-03 (日) 00:41:17};
-[[『夏の特別教室が開講します』>IG/夏の特別教室]]&br;&br; ''『コミュニケーション能力開発教室』''&br;セルフアピール能力を伸ばそう!&br;コミュニケーションは相手を察するだけでなく、自分を知ってもらうのも大事です。&br;能力や魅力は、関係性の中でこそ最大限生かし、また成長できるものです。&br;夏休みを成長の機会とするため、特別教室でコミュ強を目指しましょう!&br;&br;※//という体の、後半に向けてキャラクターアピールの場です。&br;※//設定やRP方針が変化した人もそうでない人も、改めて自己紹介してみましょう。&br;※//降ってもらえると話しやすい話題や、教えたいキャラの秘密を出すのも有り&br; //邪魔だったらあとで消してね! --  &new{2020-05-03 (日) 03:23:43};
--よし、と(発表してきた) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-03 (日) 14:08:41};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-03 (日) 21:10:40};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-03 (日) 21:10:46};
-・・・(どっちにしろ、出て時間は稼がなければならない・・・ダイナマイトは、出来れば脱出にとっておきたい・・・救出、脱出を会長に任せて戦い続けるのがベターか)&br;(破って来られない・・・その筈なのに、目の前の扉はいつ壊されたっておかしくない・・今目の前の現象として破壊されようとしているが・・・)&br;(もしかして術的な視点で見た時、奴はいままさにここをルールの内側に含めようと解釈を巡らせているのではないだろうか?そんな風に思う)&br;会長・・・すんませんが時間切れです(ぐっと爪を振りかぶる)&br;(深く構えれば、頭の中で「On Your Mark.」と声が響く)会長は吉広を探して、ダイナマイトで出口を作って下さい・・・(タイミングを計れ・・・「Get set.」)俺が・・・時間を稼ぎます!(Go!)&br;(拳が打ち付けられる衝撃、その合間を縫う様に扉を盾に蹴り開け)ウォォオォオォオ!!(獣の咆哮と共に鋭い爪で切り裂かんとする) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 00:26:54};
--&COLOR(darkred){(蹴り開けた扉の向こう、まさに拳を振り下ろさんとしていた怪異の姿があった 天井に頭を抑えられ窮屈そうに背を丸めたその鬼は、飛び出した陣楼の速さに、拳の行き先を乱した)&br;(陣楼の頭をかすめた拳が壁にぶち当たり地響きを起こす その下をすり抜けた陣楼の一撃が、胴に深々と食い込む……鋭い爪が分厚い胸板に食い込み、浅く切り裂く 赤い血が跳ね、僅かに動きが鈍る)&br;(トイレから陣楼に意識を映した鬼は、咆哮を上げながら振り返り、陣楼を捕まえようと、大きな手を振るう)&br;(トイレの個室に居る白鐘には気付いて居ないのだろう 陣楼がうまく動く事で、トイレからわずかに遠ざかる)}; --  &new{2020-05-03 (日) 00:41:17};
---わ、わかったわ!(念の為に下着は脱いで腰に巻き上げていたスカートを少し下ろす)&br;い、いまだわ!(2人がトイレのドアから離れたすきに、ダイナマイトを持って男子トイレから飛び出す)&br;真田丸くんを探して、逃げ…(成哉の後ろを抜けて走り出す)&br;真田丸くんを探し……&br;さが……(段々とスピードが落ち)&br;探せるの、じんろくんだけじゃない!(とまる)&br;ちょ、ちょっとじんろくん!?匂いがわかるのじんろくんのほうじゃない!(戻ってくる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 21:22:30};
---(手を振れば素早いフットワークで距離を取り・・・)ッシャァァァアァ!!(一息で間合いを詰めて切り裂きにかかる、狙いは顔面、視界を奪えればめっけものだ)&br;(足を止めてはならない、攻撃の手を止めてはならない、タイプスティングは早さと鋭さを両立した代わりに防御力は低い、守りに向いたスタイルではないのだ)&br;(だから会長に戻って来られても困る・・・構えた爪をひっかけそうになって慌てて引っ込め)・・・!?さ、下がって!&br;直ぐ近くにいるはずなんすよ!それこそ目に入る位の距離で・・・(戦いの高揚感と緊張感で自分がおかしなことを言っていると気づけない) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 21:33:10};
---&COLOR(darkred){(素早く鋭く爪を振るう陣楼の動きに、最初はほんろうされるように拳を振るっていた大鬼だったが、段々と陣楼はやりづらくなるだろう 受け止めるのではなく、交わし、流す、避けられ始める)&br;(戻ってくる白鐘は、その身のこなしが武芸を元にしたものであるように感じられる 速度に重きを置いた陣楼の爪も、致命打を与えられない)&br;(しかし、その中の一撃。戻ってきた会長に驚いた陣楼の一撃が、期せず鬼の隠し布を浅く裂く。その下、ぎょろりとした目が陣楼を睨みつける)&br;(その目は、赤と橙の混ざった不思議な目の色。あまり見かけない混ざり色の目。……陣楼の知る少年の色とよく似ていた。) ごぉぉおおっ!! (咆哮。近づいてくる白鐘に振り返り、拳を振り上げる姿!)}; --  &new{2020-05-03 (日) 21:47:59};
---だ、だって…!見える場所って言ってもォ…(キョロキョロ見てもそれらしい姿はない なにより、近くにいるならでてこようとしないのはわからない)&br;真田丸…真田丸くん!?(とりあえず名前を読んでみたが返事はない)&br;真田丸くーん!!(怪物の動きが何かしらの武道を納めたものに見えることが人間味を感じさせ、逆に恐怖は薄らいだ)&br;真田丸くん!!でてきて!!(先程よりも若干落ち着いた声で名前を呼ぶ)&br;真田丸くん……?きゃっ!(スカートの背面が盛り上がり、押しのけるように太いタコの足のようなものが飛び出す)&br;(6足は花の蕾のように小柄な身体を覆い、残る2足は後ろにのび身体を支え、迫るこぶしを防御する) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 21:59:21};
---(マジか!?もう対応してきやがった・・・内心驚愕する・・・その動きは、道場で見た手練れの先輩を思わせた・・・)&br;(多少なりとも鍛えられた今だからこそわかる、もっとテクニカルに攻められなければ読まれる・・だが下手に小手先の技を出しても練度の足りない攻撃など軽くいなされる事だろう)&br;!?(それは偶然、掠めた爪が布を切り裂く・・睨まれているのに、一瞬戦いである事を忘れた)&br;(そんなわけがない・・・ないのに何で)・・・吉広・・・?(そんな言葉が口をついて出たのか・・・)&br;!!?(慌てて会長との間に割り込もうとするが間に合わな・・・)・・会長・・・?(会長からタコみたいな足が生え、奴の拳を防御している)&br;・・・・くそっ(なにがなんだかよく分からないが、気持ちを切り替え、鬼の伸びきった肘関節に爪を突き立てる) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 22:07:36};
---&COLOR(darkred){(拳を受け止める触手、大きな手で掴んで引きちぎろうとするが、まるでタコの脚のように廊下に吸いついて剥がれない)&br;(その隙に陣楼の一撃が鬼の肘関節を傷つける。赤い血が弾け、痛みで鬼は呻きを上げる。ぎろりと横目で陣楼を睨み付ければ、触手を離して腕を畳み力を込める)&br;(鉄縄を束ねた様な筋肉が盛り上がり、食い込んだ陣楼の爪が肉の繊維に絡めとられる。動きを封じれば、そのまま陣楼ごと肘を窓に叩き付ける。廊下の硝子一面が衝撃で一気にひび割れる)&br;ぐるる、ぐるるる……っ (痛みと怒りで唸る大鬼は追撃せずに腕を離し、素早く二人から距離をとる 様子を窺うように身を屈めるその腕の傷が、ジュクジュクと音を立てて治っていく)}; --  &new{2020-05-03 (日) 22:18:49};
---(この動き……)&br;(とっさに反応できたのは、以前真田丸の稽古を見ていたからだ 動き、攻撃のタイミング、いつか彼の稽古に付き合うときのために想定していた呼吸 それがかっちりハマった 長く延した足はその分接地面が増え、強固に床を掴む)&br;どうして……?(広がる疑念 が、しかしゆっくり考える暇はなかった)&br;じ、じんろくん!(窓に叩きつけられた成哉に駆け寄る)&br;じ、じんろくん、だいじょうぶ!?(今なら距離がある 成哉の鼻ならきっと真田丸の場所を見つけられる 見つけたら、真田丸を掴んで脱出を…) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 22:29:07};
---(尺骨神経は)ばっちりあるみたいだなぁおい!(手ごたえを得たと思った瞬間)んぐぅっ!!?(窓にたたきつけられた)&br;(衝撃で爪が折れる・・が怪異はこちらも同じ、そんな物はすぐに生え変わる・・・頭が少しくらつくが、流石に苦し紛れの一撃で昏倒するほど柔じゃない)&br;(鬼が距離を取る・・・おかげで少し頭が冷えた)大丈夫です・・会長・・・(彼女の目を見ればわかる、吉広を探したいと・・・気持ちは同じだ・・・だが、どうしても確かめなきゃいけない事が出来た)・・・吉広なら無事です&br;せい!!・・・ぁあぁぁぁぁ!!!(鉤爪の抜き手をひび割れたガラスに突き立て、引き裂くようにして割り開くと)逃げますよ!(手を伸ばし、掴まるように言う・・即座に脱出する算段だ) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 22:42:17};
---&COLOR(darkred){ぐるる…… ……あなくちおしや あの侍でも無き者に手傷を負うなど (唸り声の中に忌々しそうな声 苛立つように拳を握り、床に打ち当てる)&br;おのれ、おのれ、おのれ、喰ろうてくれる (床を拳で打ち付ける度、体中に走る刺青が脈打つように光り、巨体がさらに膨れ上がり、筋骨が逞しく盛り上がる)&br;あの者に意趣返しをする、その為の血肉となるが良い 逃がすか、逃がすかあああああっ (陣楼が白鐘を掴むと同時、床に爪を立てながら地響きと共に襲い掛かってくる! 敗れた隠し布から覗く口元に、ぞろりと並ぶ牙)}; --  &new{2020-05-03 (日) 22:49:12};
---ホントに?(大丈夫と返されホッとする)&br;今のうちに真田丸くんを……無事?(今真田丸の場所がわかるのは成哉の鼻だけだ わからなくても)&br;わ、わかったわ、信じる(信じるしかない 伸ばされた手を掴み、抱き寄せて成哉の首に掴まる)&br;ひっ(振り向いた目に、ずらりと並ぶ鋭い牙が移り小さく悲鳴) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 23:01:11};
---良い面構えになったじゃぁないか!(すっかり忘れていた・・・平林から借りた謎のスマホ状の機械をポケットからつまみ出し、鬼に向けて念じる・・・俄かには信じがたいが、これで記録できた筈だ)&br;そっちの方が似合ってるぜ!(会長がしがみ付いた事を確認し、手早く外へと飛び出した) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 23:04:57};
---&COLOR(darkred){(二人が飛び出した瞬間、真後ろで窓を叩く轟音……そして、亀裂が入る音。遅れて、硝子が弾ける音)&br;(着地して見上げた2階の窓から突きだした鬼の腕 それ以上は出てこれないようだが……『ルール』がほころび始めている 鬼の力が増しているのかもしれない)&br;次は逃がさん…… 貴様ら二人、覚えたぞ…… (割れた窓の奥、ぎろりと浮かぶ鬼の眼 そして、暗闇に落ちる 血の匂いが消えた 鬼が去った事が分かっただろう)&br;(二人は無事に逃げ出せた ……しかしこの後、学校中を探しても、小鬼の少年の姿は見つからないだろう)}; --  &new{2020-05-03 (日) 23:09:08};
---おわ……た?(無事に逃げ、落ち着いたところで降ろされると立ち尽くし)&br;ふ……ふえぇぇぇぇぇぇこわかったぁぁぁぁ(上と下から水が溢れ出す)&br;ざなだまうくんはどこぉ〜〜〜?(泣きながら、現在の心配の種を尋ねる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 23:20:41};
---さっき出したばっかでしたよねぇ!!?(一体どういう体の構造してるんだと面食らう)&br;(流石に今戻ると上半身裸のひどい状態なのでタイプセンスに調整しつつぽんぽんと頭を撫でて慰める)&br;・・・・・・それですが、アイツは今ちょっと見えない、安全なトコにいます・・・明日の朝、またここに来てください・・・それで会えると約束します(此奴嘘ついたぞ)&br;詳しい事は後日ちゃんと説明します・・・今日はもう帰りましょう・・・家まで送りますよ(引っ張ってでも帰る事にする・・・そうしないと残るとか探すとかなんとか言い張りそうだ) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 23:28:11};
---い、いっぱいのんだから……&br;ほ、ホントに…?(山岡さん!)&br;(成哉の言葉というのもあって、素直に信じる)&br;(深夜に街を歩くのは怖いので、成哉の手を握り、西区の実家まで送ってもらった) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-03 (日) 23:32:40};
---えぇホントホント(罪悪感めいたものを感じつつ送っていきました)&br;(翌朝吉広へトイレではぐれた事とその後に鬼が出た事、会長にちゃんと連絡をとる様にとLINEで伝えておいた) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-03 (日) 23:36:31};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-04 (月) 11:41:18};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-04 (月) 11:41:25};
-(夏の学校の教室、ぼんやりと考える少年) 夜だな、問題は 俺がそこにいるって分かってる二人が居ても消えちまうって事は、問題は視認か -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-04 (月) 11:43:13};
--昼はこうして普通に居られるからなあ (窓の外、グラウンドで部活をしている生徒たちの姿も見える)&br;逆に、夜でも俺を見つけられるやつがいたら、夜でも普通に行動できるのか? うーん、判らん。 -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-04 (月) 11:51:27};
-(夏休みの登校日。保健室に病院の診断書の提出と、保健室の備蓄の管理で学校に来ていた 夏休みなだけあり生徒がまばら、部活動の掛け声が響くのみだが)…あら?(一年の教室に生徒を見つけた)&br;(赤い髪に角、あの子は確か…)………?(…名前が出てこない。生徒名簿で一年生の名前はすべて覚え、ここ1か月で顔も一致させたと思うのだけれど…)&br;(そして吉弘からは教室の外でうんうん呻っている謎の女子生徒の姿が観察できることだろう) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-04 (月) 14:15:27};
--? (人影を見つけ、眺める 見覚えのある少女だ 確か……) アリスと保健室で良く話してる先輩だな&br;(描き覚えがある そして何か悩んでいる様子なので悪戯心が湧いた 音を立てずにこっそり移動して、教室の窓から出て)&br;(気付かれないように別の教室から入って回り込んで、悩んでいる後ろから……) わっ! (脅かした!) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-04 (月) 14:27:04};
---(目を閉じてうーーーん、と自分の記憶と格闘を続けていたところ…後ろに回り込まれていたことに気づかずに)…きゃぃん!(可愛い声を上げた)&br;(びっくりした…猫耳はピンと天井をさし、心臓が早鐘を撃つ……あっ結構苦しい)…はっ、はぁ…お、驚かさないで、欲しいのだけれど…(胸に手を当てながら)&br;(息を落ち着ける…顔色が悪くなってきた)……ええと、一年生の子、よね…?(名前を思い出せなくて…とは言い出しにくい。失礼に当たる) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-04 (月) 14:39:06};
---&COLOR(darkred){あっはっは、大成功! (子供の様に笑ってから、予想以上に驚いた様子に目を瞬かせ) あ、もしかして先輩って身体弱い? そうだったらごめんなさい! 大丈夫スか!?&br;(慌てて教室の扉を開いて、近くのイスを進める) 保健室に居るのもアリスの勉強見てるだけなのかと…… えーっと、提灯、灯篭……えーっと、ひな祭り、近いけど…… (こちらも名前が思い出せず)&br;俺は真田丸 吉広ス 先輩、名前なんでしたっけ! (忘れてる事を隠さない)}; --  &new{2020-05-04 (月) 14:44:14};
---…ええ、今日は体調がまだ、いいのだけれど…(リングフィットをやっていなけば急な動機に心臓がびっくりして倒れていただろう。やっててよかったリングフィット)&br;悪いわね…(すすめられた椅子に座り)…ああ、保健室にいるのはご存じなのね?ええ、普段から重度の貧血なのよ…アリスちゃんとは、仲良くさせてもらっているわ。&br;おしい。(くすりと笑って)雪洞…ぼんぼり、ちろりよ。2年生。真田丸君、ね…?(名簿に……そのような名前が、あったかしら?覚えていない…読み忘れてしまったかしら…?)&br;(まぁ、いいか。こうして覚えたのだからもう忘れない)…今日は、どうしたの?夏休みで、補習の日ではなかったと思うのだけれど。部活動か何か…?(次に気になっていたことを聞いてみた) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-04 (月) 14:52:05};
---&COLOR(darkred){はい、俺、アリスと友達なんスけど、保健室遊びに行った時に先輩と話してるの見かけた事があって (女子会の邪魔は出来ないのでその時は入らなかったけど、と)&br;貧血かー、悪戯一瞬怪我一生……気をつけるッス 改めてすみません、先輩 (頭を下げる様子は、意外と礼儀正しい)&br;あ、そうだそうだ じゃあ、ぼんぼり先輩で良いスか? (よろしくお願いします、と笑う少年 きっよ、読み返してもそんな生徒は居ないのだけれど)&br;いや、ちょっと色々あって家に帰れない状況なんス……怪異に祟られたとか何とかで、とりあえず学校泊りの日々なんスよ 先輩は?}; --  &new{2020-05-04 (月) 15:03:13};
---あら、そうなのね?(アリスと友達、と聞けばにこりと笑って)それじゃあ、遠慮させたかしら…?次からは気にせず入ってきてくれていいからね。3人でお話ししましょう?&br;いいえ、確かに驚いたけれど…私じゃない、丈夫な友達なら笑ってくれるでしょうし。あまり気にしないでね(礼儀正しい。とても好感触だ)&br;ええ、もちろん(後で漢字を見せてリアクションを貰おう…とか思ってる低血圧笑顔)…あら、家に帰れない?そんな、それは…大丈夫なの?(驚いた。夏休みに帰れないなんて)&br;怪異に祟られた…(耳をぴこぴこ。…周囲を簡単に探ってみたが、さっぱりわからず)&br;私は…体調のせいで、定期的に病院に行って診断書を学校に提出しないと行けなくてね、それで。(やらないとまた休学になってしまうの、と困ったように微笑んで)&br;それにしても、大変ね?外に出られないんじゃ…町に遊びににも行けないのね?治るといいのだけれど…友達に相談とかはした?(怪異を専門としている1年が多いことも知っており) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-04 (月) 15:10:16};
---&COLOR(darkred){そスか? んじゃあ、見かけたら声かけますね (女子会にお邪魔します、と冗談を言って笑う)&br;丈夫な友達かあ ……ヨシ (友人の顔でも思い浮かべたのだろう、悪戯小僧の目で頷き) ああ、大丈夫ッスよ、先生にも話してOK貰ってますし 夏期講習とかでなんだかんだ人もいますしね!&br;そ、俺もまだ全貌は見えないんスけど…… (探った気配の中には、少年が鬼であること位しか分からない それ以外に感じる事もなく) まあ、友達と話して色々調べてるんスけど、ぼちうぼちって感じッス&br;ありゃ、定期検診してしかもそれを学校に報告って……大変そうスね (困った顔に同じ様な顔を返し) もし休みの時に学校来て体調崩したら、俺が居るんで呼んでくださいね&br;(LINE繋ぎましょ、とスマホをとりだしつつ) あー、いや、俺は学校の外に出てるつもりなんスけどね…… (ざっくりとした説明をする)&br;(夕方以降に学校の敷地を出ると自分が消えてしまう事、自分はちゃんと学校の外の記憶があるのだけど、それはどうやら幻らしい事。……自分の家や両親すら幻だったことについては口にするには苦すぎたので言葉を濁す)}; --  &new{2020-05-04 (月) 15:33:42};
---むしろ、私以外の友達ならやっても大丈夫じゃないかしら…ああ、でも驚かす相手は選ばないと駄目よ?(女子には嫌われてしまうかもしれないわね…?と)いえ…先生に許可を得たという問題ではなくね…?&br;(自分の体のことについては、心配してくれる言葉に目礼を返して)有難う。そうね、夏休みだと近くで見つけてくれる人が少ないから…素直に助かるわ(LINE交換しつつ)&br;つもり…?(説明を聞く。聞けば聞くほど首を傾げる)……ドッペルゲンガー、という言葉が思い浮かぶけれどね。けど、記憶はある…(本人だけが見る白昼夢のようなものだろうか…?)&br;うぅん…初めて聞いたから、ええ。原因も解決策も、正直な所、ピンとこないけれど。心配はさせてね?無事に、治るといいわね…(手伝えること…あるだろうか。少しでもあれば力になりたい)&br;ありがとうね、大変な時に私のことも心配してくれて。またお話、しましょうね(長話もしたいところだが…教室は暑い。倒れてもさらに迷惑をかけてしまうので、名残惜しく教室を後にした) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-04 (月) 15:41:39};
---&COLOR(darkred){人を選んで脅かすッス (悪戯心は止められないのだ) 家に帰っても解決はしなさそうなんで……しゃーなしッス (そう言って苦笑した)&br;はい! 気分悪くなった時とかは呼んでください、探しに行くんで (どうせ夏休みの校内で暇してるんで、と笑った)&br;そスね、本当に早く治って欲しいもんスよ 陣楼とか会長とか、アリスにも迷惑かけてるし (俺も頑張ります、と笑った)&br;うぃッス、なんもッスよ 身体自体はバッチリ健康なんで人の心配する余裕はあるッス はい、また! (がははと笑って、手を振って見送った)}; --  &new{2020-05-04 (月) 16:12:59};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-04 (月) 21:07:19};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-04 (月) 21:07:25};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-04 (月) 22:16:04};
-(祭りの夜、学校の敷地内に入る・・・校舎には、入れない 手には屋台で手に入れた焼きそばとかたこ焼きとか)&br;・・・(ダメもとでスマホで連絡を取ってみる)『いるか?』 -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-04 (月) 23:47:56};
--&COLOR(darkred){(意外とあっさりと返信が来る) 『購買部のイートインに居るぞー どしたー』}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-04 (月) 23:52:56};
---(驚きつつもホッとして)『出てこいよ 花火はおわっちまったが 焼きそばとか買ってきた まだあったかいぞ』 -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-04 (月) 23:58:58};
---&COLOR(darkred){(そのメッセージに、『最高』とサムズアップしてる赤鬼のスタンプを送って数分後)&br;よー、何、わざわざ持ってきてくれたのか? 有難うな、遠かったろ (ジャージ姿の少年が駆け寄ってきた)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:02:05};
---いいさ(正直、今日までに吉広を学校の外に連れ出せるようにしたかった・・・でもそれは叶わなかった・・・別に約束してたわけじゃないけれど・・・)&br;俺なりのケジメだよこれは(そう言って渡す)今日はまだいるんだな・・深夜が境か -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-05 (火) 00:07:55};
---&COLOR(darkred){けじめって何だよ 固っ苦しいなあ (成哉の様子に明るく笑って、冷えたコーラを渡す) ほれ、暑い中持ってきてくれて有難うな&br;うん? ああ、居るってのは俺がか ……俺自身の視点じゃあ、いつでもちゃんと居るんだけどな (苦笑してそう言ってから、昇降口のベンチに座る やっほー、たこやきだ、とか喜ぶ姿はいつも通りで)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:15:02};
---夜に暑いも何もあるかよ(からから笑って)&br;(いつもちゃんといる・・・以前は『家』に帰れていたはずだ)・・・この前アリスと一緒に確かめてからか・・・?いつでも居るってのは&br;(それが例え仮初であったとしても、吉広の帰るべき場所を自分が奪ってしまったのではと心苦しい)&br;・・・祭りじゃ会長に写真取らされまくったよ・・・お前に見せるんだとよ(純粋だが、見かたによっては残酷な事の様に思えた) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-05 (火) 00:28:46};
---&COLOR(darkred){気持ちが嬉しいって言ってんのさ (言わせるない、と笑って渡し) 有難うな、成哉&br;あー、いや、まあ ……そうだな いや、帰ってみたらちゃんと家はあるんだけどさ (頭を掻いて苦笑し)&br;いつまで経っても親父もお袋も帰って来ねえの スマホ見ても、地図もバグってるし、メッセージに返答もなくてさ ……怖くなって、それからずっと学校さ&br;(いただきます、と手を合わせてからタコ焼きを食べる なんてことないように話しているが、) ま、ちょいとショックだったけど、もうそれも一カ月たったしな&br;あはは、じゃあ、次の登校日あたりは会長のスマホデータ公表会だな テレビで見たけど結構大掛かりなのな、お祭りって}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:36:22};
---・・・そうか・・(知った事で家族を失ってしまった・・・それが良い事なのかどうか、自分には分からなかった)強いな、吉広は・・・(自分だったらとっくにどうにかなってたろう)&br;(はっとわらって)そうだな、覚悟しとけ・・・あぁ、神社の敷地いっぱいに使って出店で溢れててな、人混みが凄くてちょっと目を離すと会長なんかすぐ迷子になる(くつくつ笑う)花火も、すごい迫力だったよ・・・&br;・・・・・・来年は、絶対連れてってやる(ぐっと拳を突き出す) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-05 (火) 00:43:13};
---&COLOR(darkred){なんかなー、こう言っちゃ変だけど 『そういうもんだったのかもしれん』って思ってな どれだけ思い出そうとしても、引っ越す前の記憶がねえんだもん 参っちまうよ&br;あの日より前には、確か思い出せてたはずなんだけど ……困ったもんだぜ (どこか他人事のように話し、肩を竦める タコ焼きは美味い)&br;どうせ会長、迷子になって放送かけられたりしただろ それか、迷子になってりんご飴片手にわんわん泣いてたり ありそー (かかか、と冗談を言って笑い)&br;うん? ……おう、来年な (目を瞬かせてその拳を見れば、どこか泣きそうな笑い顔で、軽く拳を合わせた)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:48:03};
---そりゃぁ・・・便利というかなんというか・・ガキの頃の嫌な記憶とか思い出せないのは便利だな(なんて冗談を言ったりして)&br;いや、ぎりそこまでにはいかなかった(スマホを見せて)文明社会万歳だ・・・聞くたびに場所が変わるのは辟易したが&br;(拳を合わせると「それじゃ」っと手を振って帰っていった) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-05 (火) 00:51:36};
---&COLOR(darkred){がはは、そりゃそうだな そう思う事にするぜ (冗談には素直に笑って返し)&br;子供の特徴:迷子になっても動き回る お疲れ成哉…… おう、気をつけて帰れな (座ったまま見送る 成哉が校門を出て振り返ると、そこには既に少年の姿はなかった……)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:56:39};
---(振り返り)・・・(悲し気に目を細め、帰路に就いた) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-05 (火) 00:59:38};
-(夏休み最中の登校日にて学校内で出会う、まだ昼前だが必要な事は全て終わって生徒達は皆足早に帰っていく)&br;(登校日と言っても何をするでもない夏休みで気が緩まないように生徒を一旦集める程度のなんて事は無い代物だ)&br;(渡される物も様々なイベントについての注意喚起などの親が口を酸っぱくすべき内容の紙)&br;や、真田丸君。一年生ももう終わったみたいやね、せやかてやる事は一緒か(透明なファイルに入った数枚の紙を笑いながら振る) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-05 (火) 00:03:29};
--&COLOR(darkred){あ、倉守先輩 お疲れッス (購買の自販機で買ったパックジュースを持って暇そうにしていた少年が会釈する)&br;一緒ッスね、俺も『帰ってもだらけないように』って似た様なの渡されました (真似するように紙を振って見せて)&br;俺はそもそも、家にも帰ってないんスけどね (宿題も大体終わったし、と肩を竦め) あ、倉守先輩にはっぱかけて貰ったおかげか、こないだの試験も赤点無しでしたよ!}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:10:00};
---集める理由は分からへんでもあらへんけどなぁ、たった数週着てへんだけでシャツの堅苦しさにびっくりしてるもの&br;(苦笑しながら襟首を指で撫でる、制服で登校しなければというのは案外気を引き締めるものだ)&br;何より何より、真面目にやってる子にはうかさんしんこさんも喜びます、ソワカソワカ&br;けど家に帰ってへんの?親心配するんと違う?僕もやけど -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-05 (火) 00:20:51};
---&COLOR(darkred){夏休み終わったらすぐ衣替えでまた詰襟ッスよ あれ、慣れるまで首が締まる気がしますよねぇ&br;(わかるー、と頷きつつ) ウカサンシンコサン? 神様の名前スか? (確か神社関係者さんだったよなあ、と思い出して首を傾げて)&br;ああ、いやー、そのー……ちょいと色々あって、家に帰れない状況なんスよね (どこか痛むような顔で笑って言葉を濁す)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:27:26};
---分かる分かる、あと衣替え直後の寒暖も気になんでなあ…せやけど一年過ごせば案外慣れるさかい&br;(春に感じたであろう暑くなった時の長シャツの煩わしさを言っているようだ)&br;そや宇迦之御魂に荼枳尼天、家じゃ怒られるが僕はそう呼ばせて貰うてる、ええ女神様達やで&br;(それは神仏習合を知る者ならば違和感を感じる言葉、神社が現代で仏教の遣いを祀るのだ)&br;そうか、そんねきは人それぞれやさかいね。ならその分友達は大事に&br;(事情はある程度聞いてはいるがまるで顔には出さない、ただこの胡散臭い笑みの男にしては言葉に裏は無かった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-05 (火) 00:44:24};
---&COLOR(darkred){暑がりな俺としては、衣替えの後もしばらくは半そで着てたい気持ちもあるッスよ 長袖は腕まくりしたい (だらしないと言われても、と苦笑して)&br;へえ、お稲荷さんってそんな名前があるんスね (こちらはあまりそういう知識がないのか、そう言うもんなのか、とあっさり納得した)&br;意外と、学校も過ごしやすいもんスよ、クーラーある教室もあるし ……夜の便所は怖さ割増しですけど! 一カ月近くいますけどまだ慣れないスわ (大袈裟に身震いして見せる姿は、その『事情』の原因にしては罪のない子供)&br;はい、すっげぇ良い友達ばっかりに囲まれてるんで、大事にするッス こうして心配してくれる先輩もいてくれるし (そう言って小さく頭を下げるのだ)}; --  &new{2020-05-05 (火) 00:54:10};
---そ、お稲荷はんはお稲の神様、そやさかい総称であって実は沢山居るんやで&br;(その身震いする姿に嘘が混じっていない事を細められた瞳が見て取り)&br;その怖さは大事や、なんでなら実際夜の便所は怖いんや…留まる水は穢の象徴、幽霊が好むさかい&br;(などとこちらも身震いする真似をして更に脅しつつ)僕はそうでもあらへん、ほんまにええ先輩ならもっとやるべき事もあるやろうにな&br;(あくまで助言に留める自分に思う所はあるが真田丸に気付かれないよう口にし)&br;それじゃ僕も行きます、またな真田丸君(じゃあねと手を振り去っていった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-05 (火) 01:07:31};
---&COLOR(darkred){え、マジスか?! お稲荷さんって神様なのかと……あれか、ご飯粒一つ一つに神様がいるってことからすると、稲にも一粒一粒神様が……?&br;って、や、やめて下さいよ!? 俺今日も学校泊りなんスからね!? 絶対思い出すやつじゃないですか、やだー! (酷ぇ倉守先輩、と明るく笑って)&br;そうスか? 話聞いてくれるだけでもありがたいって思うんスけども あ、はい、じゃあまた次の登校日に! (そう言って手を振って見送った)}; --  &new{2020-05-05 (火) 01:12:15};
-(雪洞の開催した勉強会の最中、なにやらバタバタして途中退場した墨薫が、十数分後に学校の食堂にやってくる)&br;おーい、いるかー?カメラ小僧ー?(大きな取っ手付きの箱を手に、食堂の中を見回す) -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 21:50:55};
--&COLOR(darkred){(真っ暗な廊下を抜け食堂に着けば、一角だけが明かりがついている そこに、スマホを前にしている少年の姿)&br;え? うおっ!? びっくりしたー……あ、黛先輩……あれ、みんなファミレス行くって言ってなかったスか?&br;(突然の登場に目を瞬かせつつも迎える) 丁度俺もオフラインにしようかなと思ってたんスけど……なんスかその箱?}; --  &new{2020-05-05 (火) 21:55:09};
---(夜…と言うにはまだ早いが日暮れ後に伊上高校に来るのは初めてだ)&br;(こんな時間だと教師もいないので、紛失?した問題集は一筆書置きして勝手に拝借した)&br;(廊下や部屋が暗いのは問題ない。エルフの血を引く目には暗視の力がある)&br;あー…ファミレスはもう間に合わねーな(行く金が無いというのも恥ずかしいのでテキトーに誤魔化し)&br;そういうお前こそ一体何してるんだ、営業もしてない食堂で。…まあほれ。倉守からの差し入れのデリバリーだ。&br;(チョコケーキとフルーツケーキのみっちり詰まった箱をテーブルに置く) -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 21:59:43};
---&COLOR(darkred){いや、俺は元々学校泊りなんで、晩飯は大体食堂なんスよ 教室で食べるのもアレだし (起動したままのスマホの周りには、描きかけのレポート用紙とパンとパックジュース)&br;って、ええ!? マジすか!? やったー、黛先輩有難うございます! 大好き!! (子供の様に喜んで) スマホ越しに見てて、めっちゃおいしそうだなーって思ってたんスよー!}; --  &new{2020-05-05 (火) 22:09:30};
---へ?学校に住んでるのか…?寮でもなく(そういう生徒も居るのか、と目を丸く)&br;だとしても勉強会会場には出向けばよかったように。…って、そういう台詞は倉守に言ってやんな。&br;西区にある有名店のケーキだからなあ、そりゃあ美味いさ。&br;その店の店名ショコラティの通り、チョコケーキが得に絶品だぞー。 -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 22:13:19};
---&COLOR(darkred){はい、今は ちょっと怪異がらみで色々あって、学校から出られないんスよ (だから今日もスマホ参加だったんです、と)&br;有名店……倉守先輩てモテそうッスよね、そう言うの知っててさりげなく手土産持ってくるとか 大人だなあ&br;あ、ちょっと待っててくださいね (一声かけてから、食堂で稼働してる自販機で、紅茶とコーヒーを買ってきて) 黛先輩どっちが良いスか 一緒に食いましょうよ}; --  &new{2020-05-05 (火) 22:18:07};
---は…?(数秒、何言ってるのかわからずきょとん)いやお前、学校から出れないって大問題じゃねーか!?&br;デジタル技術で器用に対応してる場合なのかよそれ…。っても…。&br;(もし、この学校にいる怪異のプロ達がどうにか出来ていないのであれば、それもやむ無しか、と思う)&br;まあ、アイツも何だか得体のしれないところがあるが、確かに妙に大人びているな。&br;っていいのか。オレはあっちで食って…ないや!(問題集が消えてバタバタしていたのでケーキを食いそこねていた)わ、悪いな…じゃあ紅茶で。 -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 22:23:43};
---&COLOR(darkred){そうなんスよ しかも聞いて下さいよ、俺が帰ってた家も天下のグーグル様のマップに載ってないわで、帰れもしないって言うね&br;もう一月以上そんな感じですし、ちょっと慣れてきちまいましたよ ははは (眉を上げて情けなく笑う 慣れてくるような事ではないはずなのに、慣れてしまえている)&br;ね、倉守先輩って実は学生の年齢じゃ無かったり……あ、これ聞かれたら笑顔のまま怒られそうだ やっぱ無しでお願いします (オフレコで)&br;食べてないんスか? そういや、なんか問題集が無くなったとか…… なんか、あっちもこっちも失せもの騒ぎで大変ですね&br;(よく冷えたペットボトルのストレートティー。自分はコーヒーの栓をあけ) 俺はフルーツケーキにしよ (食堂の皿とフォークを拝借して黛にもケーキを取り分ける)&br;じゃあ、今日の勉強会お疲れ様でした! いただきます! (手をきちんと合わせてそう言えば、改めて黛に持ってきてくれた礼を言って、ケーキを一口) んまいっ (幸せそうだ)}; --  &new{2020-05-05 (火) 22:33:52};
---山ん中の一軒家ですら見逃さないというgooglemapにか…。家は無く、自分は学校に監禁状態…&br;(腕を組んでうーむと唸る。考えてもそんな現象を起こす怪異は思い付かない)なんだかわけわかんねー話だな。ちゃんと飯食えてるのか?&br;(年齢の話はくすりと笑み)まあ2千歳越えとかも居るしな!(とだけ返しておく)&br;(失せものという言葉には苦々しい顔で)まったくだ。問題集なんか可愛いもんだよな。しかもみんな怪異慣れしてて全然驚かれもしねーし。&br;(甘あじの薄い紅茶がありがたい。ケーキの甘さが引き立つ)沢山あるし、好きなだけ食えばいいさ。オレはこれ貰うな(チョコケーキをひとつ摘み上げる)ってフォークあった!&br;(行儀悪く手づかみでケーキを齧り)お前の身に起きてる怪異現象については、オレは専門家でもないしサッパリわかんねーけど…&br;まあ、ここで生活で何か困った事とかあれば言えよ。すこしは助けになるぜ(と、言っておく) -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 22:43:56};
---&COLOR(darkred){あのストリートビュー見てると「どうやってこの道撮ったの……」ってなって意外と面白いグーグルマップにすらです……&br;そうなんスよ、実際わけわかんないんで今ちょっと手詰まり気味で (肩を竦めて) 飯は食えてます! お陰様でなんとかかんとか&br;伴天連とかなんとか言ってるころから日本の歴史見てきた高校二年生エルフとかもいますからね……改めてそう考えるとすごい学校だなここ……!&br;あはは、多分失くした問題集は夏休み明けで必要なくなった頃に出てきますよ、一番探した場所に……あの現象なんなんスかね……マジ怪異……&br;そりゃ食堂スからね あ、お行儀悪いスよ (と言いつつも、豪快だなあと笑って) ……なんてか、俺の周りは優しい人が多くて頭上がんないッスよ はい、助けて欲しい時には遠慮なく声かけますから! あ、ラインやってます? (スマホ開き)}; --  &new{2020-05-05 (火) 22:56:03};
---いちど映りこんでみたいよなああのマップ。いや、マップはどうでもいんだ。&br;お陰様ってもオレは何もしてないさ。しかし奇妙だな…帰る場所がないから帰れないのか、それとも…。&br;(いろんな可能性を考えるも、やはりそこは一般人。なにも確信は得られない)&br;ああ、探し物ってそういう感じだよなあ。灯台下暗し、じゃねーけど何でか見落としてるんだ。&br;(意識の穴、その学術的な名前はわからない。ケーキはそのまま食べてしまい)うーむ、上品な甘さ…西区って感じだ。&br;そんじゃオレは帰るけど…あ、気をつけろよ。夜の学校にはなんかムッキムキの蛇人間が出るって噂だぞ。&br;(言いながらリュックを背負い、そんな忠告をしながら食堂の出口に向かい)&br;(一度振り替えて)それと、図書室の裏つまり司書室には、生徒から没収したエロ本がわんさかあるらしいぞ?(にひっと笑いながら言い、手を振ってから廊下に姿を消した) -- [[墨薫>IG/0008]] &new{2020-05-05 (火) 23:10:15};
---&COLOR(darkred){分かるッス 多分俺、撮影車見つけたら走って追っかけると思います (アホ犬の如くビューに残る気だ)&br;(そして、黛の呟くような思索に、少しだけ息を呑む少年 しかし、ケーキを食べて誤魔化して)&br;あはは、生徒会長のあの絵の怪異スよね なんか俺、いつもあれとニアミスしてるっぽいんスよね……会えるのかな、いや、危ないなら会わない方がいいけども&br;へ? (そして、見送りに立ったところで渡された情報に目を瞬かせて) ……それは噂の真偽を調べなきゃなんねえッスね!! (バカ男子力を発揮しつつ見送ったのだった)}; --  &new{2020-05-05 (火) 23:16:48};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-05 (火) 23:54:22};
-&COLOR(darkred){……俺をこの学校に存在させる怪異の狙いは何なのか分からない……&br;……でも、少なくとも、そいつは俺をこの学校にいさせたいと思っている……&br;……じゃあ、俺自身が俺を存在できなくするようなことをしたら……?&br; &br;(明かりを消した、独りの教室 少年は自分の呟きが酷く寒々しく感じて、熱帯夜なのに身震いをして夜明けを待っていた……)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-05 (火) 23:56:32};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-05 (火) 23:56:38};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-06 (水) 21:00:27};
-&COLOR(darkred){夏休みの間に出来る事、なんだろうな…… (ふーむむ、と首をひねる少年だ)}; --  &new{2020-05-06 (水) 21:00:58};
--&COLOR(darkred){黒板を全面使った落書きや、廊下全力疾走とか……終わったし、食堂で自炊とかもやった。視聴覚室のプロジェクターでスマホゲーもやった……&br;他に、他に何か…… (腕に包帯を巻いた少年が空き教室で唸っている) 二度とないかも知れないこの、誰もいない学校で好き勝手できるタイミング なにかないか……っ}; --  &new{2020-05-06 (水) 21:37:48};
-ちょっとそこの一年生! これ運ぶの手伝って! &br;(からころ言わせながらコースロープを引っ張っている。プールを区切るプラスチックの浮くやつだ)) -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-06 (水) 22:55:55};
--&COLOR(darkred){え、俺スか? (声をかけられて目を瞬かせる 呼ばれればすぐに行って) これスね よいしょ (まとめて肩に担ぐ怪力を見せる)&br;女の子一人でこれって結構重いッスよね……プールまで運べばいい感じスか?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-06 (水) 22:57:40};
---おわっ!? (急に後ろが軽くなったので思わず慌てた) &br;や、やるじゃない……そうよ、さっきまで水抜いて掃除してていま水を張り終わったからこれつけてくの &br;……っていう段取りだったのにみんないい時間だからって帰っちゃったわ、明日でいいやって。まったく、わたしがこれから使うのに……(ぶつくさいいながらプールへ向かう) -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-06 (水) 23:01:40};
---&COLOR(darkred){鬼の面目躍如ってとこスよ (がははと笑う少年、水鈴の顔を見れば) あ、音崎先輩 (似顔絵を描いたので一方的に知っていた)&br;って、え、作業途中で帰っちゃったんスか そりゃ大変スね……悪い奴等だ (眉を上げて呆れ顔) どうせ俺暇だし、設置まで手伝いますよ}; --  &new{2020-05-06 (水) 23:10:39};
---ん? (鬼を名乗る赤髪の少年……そういえばいつかの似顔絵にも赤鬼の印がついていた) ……ひょっとして前似顔絵くれたのあなた?  &br;うわーだったらお礼言わないと! ありがとうね、かわいくて一瞬誰だかわかんなかったわ。すぐに気づいたけど! &br;まぁ幽霊部員にならないで出てくるだけ熱心な方よ、ここはそんな記録狙って詰めてくタイプの部活じゃないし……え、いいの? 正直助かるけど終わる頃に夕方になっちゃうわよ? -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-06 (水) 23:18:28};
---&COLOR(darkred){あったりー、何となく学校で目立ってる人達かいてたんスよ ……授業中に (そっと目を逸らし)&br;いやいや、勝手に描いたもんなんで! 喜んでもらえりゃ俺が嬉しいス! 可愛い子は可愛く、格好良い人は格好良く描いて良い、良いのだ!&br;うちの高校って特段強い部活ないッスもんねえ……ああ、俺は学校に寝泊まりしてるんで 夜までかかっても構いやしませんよ (がははと笑った)}; --  &new{2020-05-06 (水) 23:22:28};
---……気持ちはわかるわ (授業が上の空になることは自分も多かった) &br;でも嬉しかったから、もう一度お礼言わせてね。本当にありがとう。美術部とか入ってたりする? 白岩先生が顧問やってるのかな…… &br;まぁそうよね、はい到着ー (じゃらっと鍵束をだして施錠された扉を開けた) え、学校で寝泊まりしてるの? 寮生とかではなく? (ちょっとびっくりした。変わり者が多い学校だと思ったけれどまさか在住者までいるとは……) -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-06 (水) 23:28:16};
---&COLOR(darkred){数学分からな過ぎて…… (一緒にファーアイズ)&br;そ、そんな重ねて言われると照れるッスよ でもうん、どういたしまして (うへへ、と照れ臭そうに笑って) いや、俺は帰宅部ッスよ 1つの事に打ち込むってのがあんま性に合わなくて&br;そうなんスよ、ちょっと色々あって、家に帰れなくって (眉を下げて笑い) おお、夜のプールって雰囲気ありますね ……そうか、夏休みに出来る事、深夜に勝手にプール!}; --  &new{2020-05-06 (水) 23:32:28};
---わかる (すごくわかる) でもわかんないまま進級すると悲惨よ、わたしは新年度はまだ半分ぐらいは内容わかったけど今はもう八割方わかんないからね!  &br;(家庭の事情だろうか、でもそれなら寮に入ればいいのでは……? と思ったがなんだか詳しく聞くのははばかられる雰囲気がした) まぁいいけど、いやよくはないけど……風邪ひかないようにしなさいよ、あとなんかあったらちゃんと先生に連絡しなさい &br;そうね、ナイトプールってやつ? いやあれはもうちょっと違うか……でも残念ね、この通り施錠されてるから深夜に入るのは無理よ (更衣室とかいけちゃうからね、しかたがないね) &br;だけどわたしは毎日使ってる関係上鍵預かってるから、そうね……コースロープ描け手伝ってくれるなら連絡くれたらその日はこっそり開けといたげるわ、どう?(くるくる鍵束を回しながら) -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-06 (水) 23:46:20};
---&COLOR(darkred){お、俺は2年で文系科目だけ選択するし……国立文系じゃないし…… (ガタガタ)&br;あはは、腹は冷やさないようにします 先生にはオッケー貰ってるんで大丈夫ッス! (眉を下げて笑い、頷いた)&br;そそ、折角夜中も学校にいるなら―って、そっか、施錠…… (残念そうにした所で水鈴の申し出 ぱぁっと表情を明るくし) 乗ったッス!!}; --  &new{2020-05-06 (水) 23:53:01};
---ふふふ、一度足抜けしたらいざ志望変えた時必要になったりすると辛いわよー……いやそこまではわたしも知らないけど。なんか頼れる伝手を見つけときなさい、ファミチキおごるとテスト対策してくれるような同級生とか &br;(快諾する様子を見てにこっとしながら) よろしい。まぁ二人ならそこそこの時間で終わるでしょう &br;一旦プールサイドに全部並べるから、そうしたら端っこ持って反対側に回って。 つけ終わったらこっちで手を挙げるからそっちも同様に。で、両方つけ終わったら次のを取りに行く、って段取りで &br;じゃあぱぱっとやってきましょうか! ……あ、一応言っとくけど更衣室荒らしたりするんじゃないわよ。真っ先に疑うからね! (笑いながらそう言うとコースロープを並べにかかる。順調に作業はすみ、たっぷりと泳ぐ時間がとれて満足した) -- [[水鈴>IG/0025]] &new{2020-05-07 (木) 00:05:04};
---&COLOR(darkred){頼れるつてなあ……意外と頭いい友達多いのでそこで何とか……&br;はーい、っと ……あ、これってそうやってつけるんスね (ふんふんと頷いて) って、荒さねえッスよ!? 持ち物には興味ねえッス! 健全なんで!!&br;(そんな事をわいわい話しながら作業をして、終わった後は自分も水着を取って来て、楽しく泳いだのでした)}; --  &new{2020-05-07 (木) 00:14:13};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-07 (木) 00:28:14};
-&COLOR(darkred){夕暮れのプールってのもちょっと特別感あったな ……今日はよく眠れそうだぜ&br;(水鈴を見送ってそう呟いた その日、深夜の怪異の徘徊はなかったという)}; --  &new{2020-05-07 (木) 00:30:50};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-07 (木) 00:30:58};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-07 (木) 19:49:56};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-07 (木) 19:50:02};
-&COLOR(darkred){自分が学校に存在する事、それを否定するようなことをすると、か……でも、敷地を飛び出しても周りからは消えてなくなるばかりだし、敷地に居ながら、自分を否定する事……&br;(夏休みの最終週、焦りが募る中で考え込む 夕暮れの教室で一人) ……それに、郷土史の内容とは少し違う昔話……どっちが本当なんだ 鬼は何をしたいんだ……?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-07 (木) 19:52:36};
-ちなみに 市外に出た経験・記憶はありますか? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 20:03:15};
--&COLOR(darkred){あ、銀先輩。無いですね……市街から来たはずなのに変な話なんスけども……家も無いし、そもそも本当に俺って居たのかと……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-07 (木) 20:11:27};
---アナタは 今 ココ にいますよ 吉広くん&br; 記憶もない となると無理そうですかねぇ&br; そちらの沖縄と こちらの沖縄の 二ヵ所同時修学旅行中継は -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 20:18:50};
---&COLOR(darkred){はは、有難うございます先輩 ……とは言え、過去が嘘なんじゃないかってのは、自分の今がガタついちまって仕方ないんスよ……なんともかんとも&br;俺の世界の沖縄とそっちの世界の沖縄? はは、出来たらそりゃ面白そうなんスけどね 今は、学校の外に出たら誰もいない世界になっちまうんスよ 前はそうじゃなかったんだけど}; --  &new{2020-05-07 (木) 20:45:57};
---この世界は昨日 アナタのために産まれたんですよ?&br; なんて 気休めにはなりませんか&br; む… 誰もいない沖縄とか… すごく楽しそう… じゃない&br; 誰もいないなら交通機関も動いていませんかー&br; 残念です -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 21:01:57};
---&COLOR(darkred){少なくとも今俺はここに居るってのは、銀先輩が保証してくれるんで、その分だけ心強いス (そう言って笑って見せ)&br;そうなんスよ 想像だけでどこへでも良ければいいんスけど、ままならんもんです}; --  &new{2020-05-07 (木) 21:06:30};
---良い案だと思ったんですがぁ&br; (くてり)&br; とりあえず 学校からなら繋がるんですよね?&br; (手で四角をつくり) スマホ -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 21:20:15};
---&COLOR(darkred){逆に、何もない世界を中継とか出来たらそれはそれで需要有りそうスけどね 誰もいない世界に電波が繋がらないのが残念ス (がはは、と冗談にならない冗談を言って)&br;あ、そうスね この間勉強会があった時にそれは確認済みッス 皆は外で、俺は学校の食堂でって感じだったんで スマホ持ってたら連絡繋ぎます? (スマホ取り出し)}; --  &new{2020-05-07 (木) 21:40:08};
---もし 良かったらあの子 [[赤いあの子>IG/0016]]も&br; テレ修学旅行に巻き込んであげてくれない?&br; (スマホ修学旅行になりそうなら の提案です) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 21:46:49};
---&COLOR(darkred){あ、あの赤札さん? 俺話した事ないんスけど、いきなり行っても会えるかな……&br;了解ス! もし俺が修学旅行行けなかったら、赤札さんとスマホ参加ですね! (そう言うのも楽しいかも知れない、と笑って)}; --  &new{2020-05-07 (木) 21:50:58};
---ありがとうございます (にこっ)&br; アナタも修学旅行 楽しんでー&br; (む 行動が早い! と思いながらばいちゃー) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-07 (木) 21:58:04};
---&COLOR(darkred){はい、有難うございます銀先輩! 善は急げって奴ッス! (手を振って見送る)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-07 (木) 21:59:36};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-08 (金) 00:42:15};
-&COLOR(darkred){俺は怪異、怪異か…… (夜の教室で自分の手を眺めながらつぶやく少年) そりゃあ、親も住所も全部嘘だよなあ……そもそもないんだし……&br;…… ……っ (ぐす、と鼻を啜る こぼれそうになった涙を擦って誤魔化す ……スマホのアプリを立ち上げ、友人とのトーク欄を開く)&br;…… (そこに、自分が怪異であることを打ち込みかけ、……やめ 他の友人のトークを開き、やめ ……そんな事を繰り返している画面に、堪え切れず一滴の涙)&br;う、うう…… ううううううう……っ (メッセージは送れなかった これで相手から返信が無かったら)&br;(そもそも、このスマホすら嘘で、送ったメッセージが届きもしなかったら? そう思ったら何も出来なくなって、怖くなって)&br;うわあああ…… ……ひぐっ ……う、うううううう……っ (夏休みの最期の夜 少年は一人、震えて泣く事しか出来なかった)}; --  &new{2020-05-08 (金) 00:46:33};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-08 (金) 00:46:59};
-お前、浮かない顔してるわね。何かお悩み?(ふっとやってくるJK) -- [[シュガー>IG/0999]] &new{2020-05-08 (金) 01:02:06};
--&COLOR(darkred){うん? おお、あまちゃんじゃん 久し振り、夏休み前ぶりだっけかな&br;……あー、判る? そんな酷い顔してるか俺 (自分の顔をペタペタ触って苦笑し) ちょっとな、俺の出自とか現状とか色々考えてたら眠れなくって}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 18:05:16};
---同じ学校に居るのにお前とは中々あわないのよ、不思議な話ね(苦笑して)&br;普段のお前から比べれば、私じゃなくても浮かない顔してるってわかるわよ?ふぅん、出自ねえ…それはそんなに重要な事だったの? -- [[シュガー>IG/0999]] &new{2020-05-08 (金) 20:17:24};
---&COLOR(darkred){まあ、暫く夏休みだったしな こうして会えたから良いじゃないか (元気そうで嬉しい、と素直に伝えて)&br;俺ってそんな分かり易いか!? ……うーん、まあ、そうだな ぶっちゃけ言えば、かなり重要だ&br;(整理して簡単に話す内容 家や両親は存在しておらず、自分過去の学校に発生した怪異の可能性が高い事)}; --  &new{2020-05-08 (金) 20:35:50};
---夏休みも私は学校に通っていたのよ?ま、殆ど誰にも会わなかったけれど…ええそうね♪&br;ふぅん、なるほどねぇ(それを聞きながらも、平然とした顔で)&br;それなら、私も両親は何処の誰かも知らないし、此処に家も無いわよ?それにお前が怪異だったとして、お前を助けてくれる人が居るのではなくて?お前はどうあっても「今」お前ではないのかしら、真田丸吉広(何を悩む事がある?と)&br;でもこれから旅行があるというからお前に面白い玩具を使わせようと思ったのだけれど…ふふ、その必要はなさそうじゃない。この学校には世話焼きが多そうね -- [[シュガー>IG/0999]] &new{2020-05-08 (金) 20:59:49};
---&COLOR(darkred){マジで、俺は学校に寝泊まりしてるから、相当運が悪かったんだな…… (一番使われてない隅っこの空き教室にいるぞ、と)&br;(そして、あっさりと言う相手に眉を上げて苦笑する) あっさり言うけど、シュガーの昨日までの記憶が全部嘘で、この学校も存在しなかった、なんて事になったらつらいだろうよ&br;すぐそんな仙人みたいには考えられねえよ、俺には 親も、家も、今まで学校の外に出てた記憶も全部嘘だった ……なんてさ&br;友達は心の支えになるけど、だからと言って失ったショックが無くなる訳じゃない 勘弁してくれ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 21:20:50};
---確かにお前の言う事は最もね、割り切れない事も多いのが人間よ。お前はまだ人の様にみえるわよ?(くすくすと笑い)&br;なら、お前は自分を嘘にしない事ね。…ま、元気を出しなさい?人並みな言葉だけれど。&br;…お菓子でも食べる?(鞄の中に手を突っ込むとでてくる…カルパススティック) -- [[シュガー>IG/0999]] &new{2020-05-08 (金) 21:31:57};
---&COLOR(darkred){そりゃそうさ、俺は俺でそう変わりゃしない ……何とかしたいけど、とりあえず模索中だよ&br;(そう言って、差し出されたカルパスを一つ貰って) あんがと うん、元気出せるようにもうちょっと頑張ってみるさ (ちょっとだけ笑った)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 21:36:46};
---さっきよりは随分マシな顔ね。おーっほっほ!それじゃあね、真田丸。(真田丸の顔を見て満足したのか、その場をすんなりと後にした) -- [[シュガー>IG/0999]] &new{2020-05-08 (金) 21:42:42};
---&COLOR(darkred){(高笑いと共に去っていく後姿を眺め、ちょっと笑い) なんだかんだ心配してくれたんだな ありがてえや}; --  &new{2020-05-08 (金) 22:18:05};
-(放課後。真田丸が一人学校をぶらついているところへ、ちょうど探していたのか)…真田丸君、ちょっといいかしら?(普段使われない多目的室の前で、雪洞が待っていた)&br;…夏休みの勉強会以来ね。(と微笑みかけて)…そうね。単刀直入に聞くけれど……修学旅行には、スマホでまた、ビデオ通話になるのかしら?(見れば、銚釐の手には工具箱がある。何をするつもりだ) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-08 (金) 19:56:57};
--&COLOR(darkred){お、ちろりん先輩、勉強会ぶりッス (どさくさであだ名をつけてそれで読んでる後輩だ) って、どうしたんスか?&br;あ、はい、そうですね 折角なんで皆のスマホにお邪魔して参加しようかと思って リモート修学旅行ッスね (ははは、と弱いながらも笑って見せ……) ……なんスかその工具箱 (持ちますよ、と言いつつも興味津々)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 20:08:06};
---(あだ名にはむしろ笑顔を見せる。ちろりんという呼ばれ方は好きだ)ええ、元気そうね?よかったわ…そして、危惧したとおりね。これが無駄にならなさそうで、よかった。&br;ええ、ほら。前の勉強会の時、私のスマホで受信して、映像をやり取りしたでしょう?けど、あれだと真田丸君が常にスマホに画面を写したままになるから、ほら。弄れなくてそれも可愛そうかな、って思って。&br;だからちょっと、webカメラと出力機器を装着して、ええ。向こうの画面はほら(多目的室を指さす)プロジェクターに写るようにしようかな、って。スマホはその場所でなら使えるようにね…?&br;(多目的室の中に入り、工具箱を開く。中から何やらケーブルや最新型のwebカメラなどが出てきた)…そんなわけで、旅行の時期だけでいいのよ。先輩のお節介を受けてくれるかしら(というか楽しそうだ。スマホの改造。) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-08 (金) 20:14:40};
---&COLOR(darkred){あ、そうスね 結構電蓄運で充電繋いだままでしたけど、機体熱くなって悩んでたんスよ&br;……え、あ、ちょっと、ちょっとまってちろりん先輩! (わらわら出てくる機材に目を瞬かせて) そう言う技術ある人だとは察してましたけど、想像以上でした……すっげぇ……&br;えっと、スマホにカメラ繋いで、画像をプロジェクタに連携して…… おお、なんかこう、配信者っぽい (ワクワクしてる現代っ子)}; --  &new{2020-05-08 (金) 20:39:30};
---でしょう?通信は学校のwifi繋いでいるから大丈夫だと思うのだけれど、機体によっては熱がね…壊れてしまっては元も子もないし。&br;ふふ。意外だった?趣味なのよね、こういうの。さて、それじゃあ…あ、直接カメラは繋がないわ、まずハブを通して…(てきぱきこっこ。とても手慣れている感。電源もスマホ本体とは別にコンセントから取って)&br;……はい、できた。(プロジェクターの横、簡易の配信装置が完成した)…ええ、このUSBにスマホを繋げば、それで電源を取りながらプロジェクターに映像が出力されるわ。声はこのマイクを使って頂戴(マイクまである。15,000円也)これでかなり快適になるでしょう?&br;あと、沖縄で受信は私のほうでやるわね…?強めのwifi子機も持っていくから、通信料とかは気にしなくていいわ。こっちはタブレットでやるから充電も大丈夫。大画面にこっちの映像が映るようにするから……(プロか?プロなのか? ※プロです) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-08 (金) 20:45:48};
---&COLOR(darkred){お、おお、おおおう…… なんか、よく判んないけどすっごいのはよく判る えーっと、とりあえず配線と設置状況撮っておこう (スマホのカメラで撮って)&br;ふむふむ、こうすれば大画面で見れるのか…… あ、これスか? な、なんかしっかりしてますね、声優が使ってそうなやーつ&br;えっと、じゃあちょっと試してみますか (ワクワクした様子を隠さずに、早速スマホで会議アプリを立ち上げて、雪洞に発信する)&br;あーあー、マイクチェックマイクチェック (少年らしいちょっと高めの声が、良いマイクを通して聞こえる)}; --  &new{2020-05-08 (金) 20:53:32};
---あら…大丈夫よ、この多目的室はほとんど漁られないもの。(カメラ撮影が終わった後、プロジェクターにつないだ線を指さして)ここだけ抜けば、後はハブごと動かせばok。棚の裏にでもこのまま隠しておきましょう?&br;ふふ。雑音は拾いにくく、声は通るマイクよ。歌えば美声が…ああ、でも会議アプリでは音質がそこまで通らないわね…(まぁそこは拘らないけれど)&br;はい。(アプリで受信。映像が立ち上がる)…ええ、よく見えてるわ。プロジェクターにも映っているわね?(室内に室内の映像が投影される奇妙な様子。プロジェクターを写すと…)くす、合わせ鏡みたい。&br;(スマホから真田丸の声も綺麗に通る。数瞬の誤差は仕方がないが)……大丈夫そうね。ええ、向こうでも誰かにカメラを持たせたりして、できる限り色々見れるようには工夫するわね?(くすっと笑って)&br;&br;…それにしても(試聴も終えて、スマホのアプリを落としながら)大変ね。その、体の事。赤…さんのように、学校から出られないとなると…やっぱり、怪異の絡みなのかしら? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-08 (金) 21:02:27};
---&COLOR(darkred){なんか手慣れてるな先輩……業者みたいですよ (手際の良さに目を瞬かせ、思わず笑い)&br;俺音痴なんで歌は歌わないッスよ!? お、ホントだ ……へぇー、プロジェクターだとこんな風になるんスね 面白い……&br;(そして、雪洞が笑うのを見ればこちらもへにゃっと笑って) 有難うございますチロリン先輩、ここまでしてもらえるなんて思ってなかったですよ&br;本当は、俺も修学旅行に良ければ良かったんですけどね…… っと、あ、そうだ、多分こっちからの映像には特別ゲストが来ると思いますよ (悪戯な笑顔で)}; --  &new{2020-05-08 (金) 21:25:08};
---もしかしたら将来、そういう仕事ならできるのかしらね…?(ああ、でも体力を使ってしまうとねぇ…と真剣に悩みだしながら)あら、残念。大音量でお送りしてあげるのに。(くすり)&br;とんでもない、趣味と実益を兼ねているもの。それに、参加できない子がいるのは、寂しいもの。(それは、本意。このセッティングも無駄ではないはずだ……あの子のためにも)&br;あら、特別ゲスト…?(…親友だ、当然ピンとくる。赤だ ただ、せっかくなので話には乗る)…そうね、それは楽しみにしているわね?誰かしらね、うーん…(と悩む素振りもしつつ)&br;ふふ、当日楽しみね。これで少しでも、真田丸君と…その、ゲストさんが楽しんでくれたら。ええ、本当に嬉しいわ。(それじゃ、と片付けをしっかり終えて。多目的室を後にしました) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-08 (金) 21:31:50};
---&COLOR(darkred){ADちろりん先輩……(黒Tシャツ姿で頭にタオルを巻いたAD姿を想像した) 違うな、どっちかと言うと先輩は映す側じゃなくて映る側っぽい&br;参加は出来なくても……と口では言っても、やっぱり正直寂しいスからね…… うん、本当にありがとうございます、先輩 嬉しいです (素直に礼を言って)&br;そう、特別ゲスト! (そう言って含むような笑みを浮かべる少年 子供が母の日のカーネーションを後ろ手に隠してる(お母さんからは見えてる)様な微笑ましい滑稽さがあった)&br;絶対楽しめますよ! へへ、来週が楽しみッス 先輩も現地で楽しんでくださいね!}; --  &new{2020-05-08 (金) 21:40:53};
-お、鬼さん発見やー なーなー、ウチ今日から学校通うことになってるきひら きらっていいます&br;この学校もう修学旅行があるのなー、来て早々だけどなんだかすごく楽しみだよー -- [[きら>IG/0202]] &new{2020-05-08 (金) 21:15:08};
--&COLOR(darkred){お? ああ、俺は真田丸ってんだ よろしくな、きら! (明るく笑って返すクラスメイトだ) おう、楽しんで来いよ! 俺は色々あって行けないけども}; --  &new{2020-05-08 (金) 21:26:55};
---うん、七緒さんから聞いてなー?鬼の人がいるって聞いてたんよ よろしくね真田丸さん&br;えーそうなん?それは残念だなぁ…ウチまだ友達らしい友達おらんから、お兄さんと仲良くなって一緒に回ろうかと思ってたんよー&br;(少し残念そうに、それでも事情があると聞けば素直に受け入れて笑顔で納得し) -- [[きら>IG/0202]] &new{2020-05-08 (金) 21:36:13};
---&COLOR(darkred){七緒から? はは、角繋がりだな (自分の角をつついて見せ) ああ、そりゃすまん……でもまあ、1−Aは気のいい奴多いから、声かければ一緒に回れるさ&br;陣楼とかアリスとか、クロとかも話しやすいと思うぜ (友達を紹介し、) きらもすぐ馴染むさ、俺も仲良くなれたんだし}; --  &new{2020-05-08 (金) 21:43:06};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-08 (金) 23:04:36};
-&COLOR(darkred){(友人たちを呼びだした空き教室 生活用の荷物やマットレスが敷かれて、ちょっとした隠れ家の風情)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 23:05:26};
--がっこうぐらし!というやつね……(お邪魔します、と口にして) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-08 (金) 23:13:30};
---&COLOR(darkred){学校でゾンビパニックとか、学校にテロ組織乱入とか、そう言うのは絶対一度は考えた事あるよな……}; --  &new{2020-05-08 (金) 23:20:17};
---ある……私が華麗に異能を使ってゾンビにバリケードを作ったり、てろそしきをコテンパンにする妄想も…(人を待ちながら雑談) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-08 (金) 23:29:21};
---&COLOR(darkred){そいや俺アリスの異能の事よく知らないや まあ、無理に聞きやしないけど ……ちなみにそういう時どこ拠点にする? 屋上はロマンだよな}; --  &new{2020-05-08 (金) 23:32:59};
---別に隠してないし?(掌にミニチュア模型で作った、机や椅子のバリケードを錬成して)&br;屋上よねー。基本は屋上。(腕組み)屋上って他の学校だと生徒は進入禁止だったりするの、知ってた? -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-08 (金) 23:46:33};
---&COLOR(darkred){何これすごい ハガレンじゃん 手パンしない分更にすごいやつ! (思わず興奮する少年ハート)&br;え、マジで 俺この学校しか知らないから知らんかった……考えてみると中学の記憶すらねえわ…… (そこでスマホをとりだし) &br;あ、成哉用事で難しいって ……修学旅行終えてからにするか、話は 呼び出したところで申し訳ないけども……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-08 (金) 23:57:17};
---そう、私こそが。(国家錬金術師の銀時計を錬成して)ジ・アルケミスト(自称)……アリス・アンダーソンなのよ。&br;ごめん。(即謝罪)あ、そうなの。それじゃ今日は適当に喋って解散しましょうか。&br;(その日は自分の異能のことを喋ったりした) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-09 (土) 00:03:52};
---&COLOR(darkred){さっきの美少女ゲームの話やら、意外とアリスはオタクだな……(同類を見る生暖かい目……)&br;んだな、修学旅行の次の週(今週日曜)に適当に集まったら話そう ……まあ、まだ詳細はつかめてないんだけどな (その後、アリスの異能にテンション上がったという話だ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-09 (土) 00:10:31};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-09 (土) 09:49:01};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-09 (土) 09:49:06};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-09 (土) 09:49:11};
-''告知!10月第4週(5/16金曜夜)21:00から[[このページ>http://notarejini.orz.hm/?IG%2F%B2%F8%B0%DB%A1%D8%E9%E7%A1%D9%C6%A4%C8%B2%B0%CD%CD%EA]]にて討伐イベントを行います''&br; ''興味がある方はふるってご参加ください'' -- [[暁>IG/0086]] &new{2020-05-10 (日) 01:20:07};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-10 (日) 11:42:32};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-10 (日) 11:42:54};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-10 (日) 11:42:59};
-(のんびりと待っている空き教室) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-10 (日) 15:32:05};
--よっ(と軽く手を上げて挨拶、待機) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 15:57:06};
---ここに住んでるのね&br;寮に入ればいいのに -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 16:02:11};
---&COLOR(darkred){おう、成哉! いやまあ、まだ何も進んでないんだけどな、一応俺の事調べてくれてる3人には伝えておこうと思って (修学旅行リモート参加の時のお菓子の残りをあけつつ)&br;学籍が無いことも分かっちまったからなあ……にんともかんとも (やっほー会長、とコーラを紙コップに注いで渡し)}; --  &new{2020-05-10 (日) 16:04:10};
---ありがと(両手で受け取ってこくこく飲む)&br;その辺はなんとかなるとは思うけれど……不自由してないようならいいわ(鼻先を真田丸に押し付けてニオイをかぐ)お風呂と洗濯が必要なら寮のを使いなさい -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 16:23:19};
---&COLOR(darkred){く、臭くねーし! ……臭くないよな? (プールのシャワー室とか借りて身体は洗ってるし……)}; --  &new{2020-05-10 (日) 16:36:38};
---遅くなってごめんなさい。(空き教室に入ってきて)こんにちは、もう揃っていたのね。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 16:38:51};
---…………寮に来なさい、とりあえずお風呂と洗濯室を使いに(まだまだ残暑の季節) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 16:38:58};
---(こちらもこちらで沖縄土産のサーターアンダギーを開けつつ)&br;・・・まぁ・・こんどファブリーズとか持ってくるよ(やんわり)&br;(学籍がない事を知っていたのかと少し表情が硬くなる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 16:40:21};
---&COLOR(darkred){お、アリスも来たな とりあえずコーラ飲め (3人にコーラの入った紙カップを配り)&br;二人ともマジで!? ……マジで…… (SHOCKだ……) うう、誰もいない町に出て銭湯使ったら何とかならんかな……&br;(会長に礼を言って後で寮の風呂と洗濯室を借りる事にしつつ……) いやまあ、これからも学校住まいになりそうだから、好意には甘えておくべきだな (そう言って一息ついて)&br;…… ……あ、これリモート修学旅行で余ったお菓子なんで食べてな サーターアンダギーヤッター! (言い出しづらくてカラ元気を出し)&br;…… (サーターアンダギーをもさもさ食べてから、息を吐いて) ええとだな、俺が自分で色々当たって調べた結果なんだが&br; &br;……俺はどうやら、怪異らしい (そう言ったが、しかし) 学籍もなく、記憶もないことから、最近生まれたばかりの奴だな&br;何で生まれたかはまだ分からないが (自分が深夜の怪異であるところまでは辿り着けていないようだ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-10 (日) 16:50:16};
---ありがとう。(コーラをもらって微笑んで)全然臭くないわよ、気になるならフローラルなシャンプーとボディソープ作ってあげましょうか。&br;(冗談を言う時間も終わり、真田丸の言葉に頷いて)そっか………&br;信じていた世界が崩れ落ちることの怖さは、私にはわからないけど。それでも……知らないより、知っているほうが対策を立てやすいわ。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 16:55:52};
---サタンダーキーってどんな味がするのかしら?(こっちは持参した黒糖カヌレをあける)&br;そう…なんだ……(怖がるでもない、どこか歯にワニが挟まったような物言い)&br;でも、前に誰かと話したけれど、亜人種とか魔法とあんまり変わらないんじゃないかなって思うのよね そのうち法も整備されて、怪異も社会の一部になるかもしれないわ&br;なると思うわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 16:55:57};
---(ドーナツみたいなもんすよっと会長に)&br;・・・・・・・(難しそうに頭を押さえる・・・しかし上げた時には微笑んでいて)気づいてたよ・・&br;ごめんな、どうにも・・上手く伝える言葉がみつから無くてな(なんて苦笑しつつ)俺はその上でお前を自由にしたいんだ・・・・友達だからな -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 17:04:33};
---&COLOR(darkred){(自分で調べた、校門の外に出た時に広がる誰もいない町の話。 思い出せない今年の春より前の事や、試しに行ってみた自分の家の事)&br;地図に無いって分かってから一人で行ってみたんだけどさ、家自体無くなってやんの 自分が自覚すればするほど、当たり前にあった物が無くなってさ&br;怪異に詳しい人や、怪異自身と会ってみたんだけど、太鼓判も押されてさ (そう言った所で、成哉の言葉に俯いていた顔を上げ、目を瞬かせてから、複雑な笑顔) 気を遣わせたな、悪い ……うん、俺も自由になりたい&br;そうだな、アリスの言うとおり、知ってる方が対策が立てやすい 会長の言う様に……あ、カヌレ美味い……その内普通に扱われるかもしれんしな&br;とは言え、俺は1−Aに入学した真田丸 吉広ではなく、この学校に発生した怪異って事だ ……改めて言う事じゃないかもしれねえけど、よろしく頼む (そう言って三人に頭を下げ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-10 (日) 17:10:57};
---水臭いわよ。(コーラの入った紙コップの液面を揺らせば、泡が幾重にも弾けた)&br;私たち、友達じゃない。あなたには自由になってもらいたい。そのためなら、協力は惜しまない。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 17:14:42};
---ここまで来ちゃったら、私にとっても生徒同然だわ(頭を下げられると慌てて)違うと言われる方が違和感あるもの!&br;そうね……真田丸くんは、真田丸くんでいなさい!&br;赤マントがそうだったように、真田丸くんが真田丸くんだということを知る人が多くなれば、真田丸くんは本当の真田丸くんになるかもしれないわ(いいながら色々思考を巡らせる)&br;「学校にいる比較的新しい怪異」ではなく、「真田丸吉広」という存在をできるだけ多くの人に認識させれば、「真田丸吉広」という普通の生徒に変化するかもしれない -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 17:16:31};
---あ、補足すると(赤マントを見つけるために、出現条件を噂として流し、そうやって赤マントのルールを変化させた話をする) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 17:18:40};
---(自分の分のコップをもって)あたぼうよ、よろしく(と盃のようにコップを掲げた)&br;会長・・・その案面白いっすね・・・・・(上手くすれば吉広という存在をもっと強く固定できるのかもしれない)&br;吉広的には、なんかプランがあったりするのか・・・? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 17:26:28};
---&COLOR(darkred){(三者三様ながら、皆が受け入れてくれる様子にほっとした顔をする 信じてはいたが、こうして告白するまで、不安は残り続けていたのだろう)&br;有難う皆 ……ふむふむ、先週赤ちゃん先輩も言ってたな 自分の胸がデカい理由は分からないけど、『そういう事になってる』的な物 噂次第でなんにでもなれるってことか、怪異は&br;(会長の言葉にふむふむと頷き) 何年もの後には、俺の姿かたちは全然違うものになってたりしてな (がははと笑って見せる 不安はあるが笑うのだ この怪異の根元は明るい性質なのだろう)&br;(コーラを一口飲んでから、成哉の言葉にあっさりと首を振った) いや、ぜーんぜん とりあえず、家族もなんもそもそも無かったってのを、この一カ月で何とか飲み込んだ状態だからな (首を傾げて、そうだ、と声を漏らす)&br;話は変わるんだけど、会長と成哉が戦ったって言う赤鬼 あれの情報を途中で有名から仕入れたんだけどさ&br;(そこで話すのは、地域史に載っている伝承の裏話 赤鬼が元は村の守り手で、侍に裏切られて封印された話) その頃から生きてる怪異の爺さんに聞いたんだってさ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-10 (日) 17:32:55};
---……ひどい。(口元を押さえて悲痛な表情を隠した)&br;侍に裏切られて、怨恨が後の世まで残るなんて……(真田丸の顔を一瞬見て、すぐに顔を逸らした) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 17:40:05};
---(真田丸の目を見て、なんだか安心したような表情を浮かべる)&br;それは助かるわ 間違った話をもとにキャラを作ったら、鬼にも偽物だってバレちゃう&br;できれば鬼と侍しか知らないような何かがあればよりディテールが詳しく出来るんだけど(と言いつつ、真田丸のことも考える)&br;(まずは学籍をいれて、この学校の学生という立場をきちんとすること どの教師に相談すればやってくれるだろうか?あまり多くの教師に頼むのは真相を広げることになる)) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 17:45:46};
---ま、そうだよなぁ・・・(かかと笑って返しつつそれ以上はこちらからも何も言わない・・・自分はとんでもない詐欺師なのかもしれないと思う時がある)&br;・・・!(赤鬼の怪異の話に移れば表情に真剣なものが混じる)ゆうな・・・?・・(考え)・・・B組のほうかな?&br;(そして詳しく話を聞けば)え・・・?なんだ・・それ・・・(そりゃ怒る・・と呟きつつも戸惑いを隠しきれず、二人の様子を見る・・)&br;(会長は特に動じていない・・・鬼の溜飲を下げさせるという方針に変更は必要ないからか・・確かにそうだ) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 17:51:54};
---&COLOR(darkred){ホント、その話が本当なら、その鬼ってのもそりゃあ相手を探し回るわ……うん? どうしたアリス (パイの実食うか、と渡し)&br;キャラを作るって何のことだ? (三人がやっている侍ロボの話までは知らないようで首を傾げて) 鬼退治する時は声かけてくれよな&br;鍛えてるから前衛戦力にはなるぜ 成哉と俺が並んだらちょっとしたもんだと思うぜ (なあ、と何も知らない笑顔を成哉に向けるのだ)&br;ま、俺の方はこれからは怪異ってのは隠さないで行くよ 友達に隠してるのもアレだしな&br;そそ、B組の北川有名 アイツ色々怪異に詳しそうだし、何かあったら聞いてみると良いかもな (そこまで伝えて、コーラを飲んで深い息を吐く)&br;……なんか、やっと肩の荷が下りた感じだぜ ……あとは、俺の行動範囲をどう広げるかだな&br;この間の修学旅行は参加は出来たけど、やっぱちょっと寂しかったしな! 来年の夏祭りも行きたいし!!&br;そこについては一つ手があるんだが……ちょっと危ないんだよな……}; --  &new{2020-05-10 (日) 17:58:37};
---(会長は、今まで戸惑っていたけれど、真田丸の正体である鬼が悪いやつじゃなくて安心したのだ!)&br;鬼退治にもプランがあって今進めているところよ そのために、侍の情報がほしいのだわ&br;真田丸くん、「伊上市に住む高校生真田丸吉広」としてゆーちゅーばーになるのはどうかしら?(赤マントのときも使われた手だ)&br;伊上市にあるお店で買ってきたものをレビューすれば、そのお店に買いに行ったと信じる人が増えて市内を歩き回って買い物に行ったりできるようになると思うの&br;(と、ここまで案を伝えたところで)えっ……怪異なのをばらしていくの?それも危険じゃないかしら……?(と、言いつつ真田丸の話の続きを待つ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 18:07:27};
---私も、真田丸と修学旅行に行けなくて残念だったわ。でも、修学旅行の機会はもうなくても…&br;まだ思い出は作れる。だから……みんなで一緒に楽しい日々を重ねられるよう、努力しましょう。&br;有名が? 怪異に詳しいのね……それじゃ、今度色々聞いてみようかしら…(そこまで喋って真田丸のプランを聞く) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 18:11:21};
---・・・(会長は知ってる・・・アリスには話した・・・鬼は当然として・・・だが吉広には自分の秘密を話していない・・・恐らくは男子高校生一人でも渡り合える物であるという印象なのだろう・・・無意識に繋がっているか・・?)&br;動画配信か・・・それは面白そうだ・・部活動として申請したら通してやる(ゆちゃく!)&br;隠さないか・・・襲われる事もあるかもしれないぞ?(それだけはっきり言っておき)それさえわかっているなら、周りにより深く認識してもらえたりするのかも・・・?&br;手・・?危ないとはまた・・・怖いなおい(軽口を叩きながらも聞いて) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 18:18:09};
---&COLOR(darkred){俺が配信者? 勘弁してくれ、俺喋り上手くないぜ!? まあでも、多数に知ってもらう手としてはアリだな ちろりん先輩辺り詳しそうだな……(機材の量とか思い出し)&br;怪異だってばらすのが危ないなら、赤ちゃんちゃんこの怪異とかももう祓われてるだろ それに、もうすでに一先ず生徒として何故かこうしていられるんだ、今更怪異だから生徒じゃないですなんて言い出したら、生徒名簿が無いのに生徒扱いしてた半年何だったのって話だし&br;はは、そうだな、思い出を作っていこう 少なくともこの半年は、生まれたての俺だったとしても確かな楽しい時間だったしな (アリスに頷き)&br;いや、実際怖くてさ (成哉の言葉に苦笑して) 俺が怪異としてこの学校にあるのは、【この学園にだけ出てこさせたい何かの意志】があると仮定する 自然発生って訳でもないだろうしな&br;じゃあ、その意思に反したことをやってみりゃあ、何か変わるんじゃないか、と言う案があってさ ……つまり (言いにくそうにしつつ) 【俺と言う存在を否定するようなことをする】}; --  &new{2020-05-10 (日) 18:28:53};
---(祓われる以外のことを考えていた)&br;(真田丸吉広は怪異だ だから、おそらく怪異のルールに縛られる 人の思い、情念により存在を変えられてしまう それは赤マントの事例で理解していた)&br;(怪異だということをバラすということはつまり)いいの?「高校生の真田丸吉広」には戻れなくなるかもしれないわよ(怪異ではなく人として認知されれば、もしかしたら人として存在することができるようになるかもしれないと考えていたが、怪異として認知されるようになれば、もう人には戻れないかもしれない)&br;それは……(言葉に詰まる どうなるのか想像もつかない 消えてしまうかもしれない 思っていた以上の、思いも寄らない「危ない」だった)&br;私は反対だわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 18:40:43};
---私は賛成かも。(人差し指を立てて)確かに危ない橋だし、怪異として広く知られる以上、噂の影響を受けやすいかも知れない。&br;でも、真田丸のことを私たちが知っている。何かの意思に反しても、私たちの『真田丸の思い出』があなたの形を浮かび上がらせるかも知れない。&br;頚木を断ち切り、自由を得る。そのための大胆な発想の転換だわ。リスクもリターンも大きいと思う。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 18:43:59};
---最初からそうだってのと実はそうだってのとじゃ受ける印象も違うだろ・・・でもま、あんまり気にする事はないんだろうけどな(実際吉広が狩られる事はまずないだろうと思ってる)&br;(【何かの意思】といえばまぁまずは鬼の事が思い浮かぶ・・・アイツはなんで、吉広として昼の間出てこようなどと考えたのか・・・)&br;・・・下手をすりゃ、吉広自身が消えるかもしれないとか・・・そういう話か・・・?(いやそうな顔)具体的には?首くくるとか言い出すなよ?&br;(とかなんとか言ってたが、アリスの言葉を聞いてはっとする・・・吉広のこの考えはつまり・・・あの鬼を殺せという話に帰結する・・のか?・・いやさすがに飛躍しすぎだと思うが・・・第一吉広はまだ鬼との関係性を自覚していないはず・・) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 18:50:35};
---&COLOR(darkred){有難う会長 ……とはいえ、もう今この時点で、俺は自分の事を怪異だって知っちまってるしな その上で学生生活は続けようとしてる それで良いさ 地に足のついた命としての俺は、もういない訳だし (そう言って苦く笑った)&br;まあ、そりゃ反対されるよな (会長と成哉の言葉に頷き) リスクとしては、取る手段によっては俺と言う存在自体居なくなるかもしれん ……怪異って殺したら死ぬのか? (アリスの言葉に首を傾げ)&br;がはは、俺を狩りに来るやつが居たら全力でぶん殴ってやるさ (そう言って笑う様子は、春から付き合って来た3人にはお馴染みの、大雑把で明るい少年の姿だ 変わりはしない)&br;正直、この案が出た時には最初、成哉の言う様に自殺しか思いつかばなくって、すっげえ怖かった (頭を掻き、弱々しく笑った) でもさ、皆とさ、離れたくなくて、その案は捨てた ……他の案は浮かんでないけど、とりあえず捨てた}; --  &new{2020-05-10 (日) 19:04:56};
---殺されると死ぬのも居るらしいけど……&br;わかったわ、真田丸くんがそれでいいというのなら……(人として生きられるかもしれないというのは、都合のよすぎる願望だ でも、思いを受け入れる怪異という存在なら…と思っていた)&br;(だが、真田丸が別の道を選ぶというのなら、それは受け入れるしかないのだ それでもちょっと泣き出しそうになる)&br;そんなこと、考えてたんだ(立ち上がり、弱々しく笑う真田丸の頭を抱えて撫でる)大丈夫よ、きっとなんとかするから(深夜の鬼を満足させれば、そんなこともしなくて済むかもしれない)&br;だから、もし他の案が思いついても、もう少しだけ待って -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 19:20:56};
---(するさと頷き)死と消滅がイコールとは限らないけど・・・少なくともこの世に影響を与えられないくらい弱められないと狩ってる意味がないな&br;(豪快に笑う様をみれば頼もしいねまったくと頷いて)&br;あぁ捨てちまえそんな考え(やれやれと首を振り)会長の言う通りだ・・・あんま一人で悩んで突っ走るな・・・相談してくれれば協力するから -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 19:30:49};
---怪異は死ぬわ。(スマホで動画を見せて)私たちで赤マントを討伐した時の動画。条件さえあえば……だけど。&br;(パイの実を食べて)私たちが一緒よ。私はね、しつこいのよ。友達にはとっても。&br;……怖いわよね。でも、ハッピーエンドは必ずある。(真っ直ぐに彼を見て) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 19:43:44};
---&COLOR(darkred){……失意のまま身投げ、とか賭けに出ないで本当に良かったぜ…… (三人に怪異は死ぬ太鼓判を押されてぞくっと)&br;ちょっ、会長、流石に恥ずかしいんだけどな!? (抱えて撫でられれば文句を言いつつも、心配かけたのは分かっているのでされるがままに任せ) はは、何とかしてもらうってか、俺もなんとかできるように頑張るから、協力よろしくって感じだ&br;おう、ハッピーエンドはある! そう信じてる そうするさ (そう言ってアリスに笑い) 一先ずは、俺も自分のルーツを探ってみる事にするよ&br;……今日集まって貰った要件はこれでおしまい、だ はあ、一段落って感じだな (少年は鬼退治の事を知らないので、気楽な様子だった)}; --  &new{2020-05-10 (日) 19:50:30};
---私が怖いときは、ママがよくこうしてくれてたから&br;もちろんよ、生徒会は全面的に協力するわ!ね?(成哉に確認)&br;ルーツ…か ゆっくりでいいんじゃないかしら?やっぱり、だいじなのはいまだし -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 20:02:39};
---私も気分が上向いたわ。(んん、と伸びをして)次のイベントからは、真田丸も一緒。そう考えただけで、明るくなれるもの。&br;(時計を見て)あ、そろそろ私は用事が。またLINEで作戦会議しましょ。それじゃ。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-10 (日) 20:11:32};
---諦めろ吉広、会長のそれからは逃げられない(首をふり)&br;えぇ、もちろん・・・協力する・・・絶対にだ&br;・・・俺もそろそろ行かないとな(んじゃっと) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-10 (日) 20:20:52};
---&COLOR(darkred){ママねえ…… (もう顔も思い出せない【いたはずの物】を思い出そうとして、諦めた)&br;はは、生徒会の二人がバックアップしてくれるなら安心だな 有難う、助かるぜ&br;んだな、次のイベントこそ! 学園祭が楽しみだぜ!! (アリスに笑って) おう、二人とも行くか お疲れ、時間とってくれて有難うな! (見送ってから)&br;会長も、寮まで送ってくよ ついでに男子寮の寮母さんに挨拶しとく 風呂借りたいしな}; --  &new{2020-05-10 (日) 20:26:17};
---教室にも顔を出すようになったらしいし、いい傾向ね やっぱり、きっかけだったのかしら(芯の強さは感じていた)時間が解決してくれたのかしらね&br;ありがと ついでに洗濯室によって服も洗濯してきましょ 私も、沖縄から持って帰ってきた着替えを洗濯したいし -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-10 (日) 20:29:13};
---&COLOR(darkred){へいへい、んじゃあ俺の着替えも持ってこう&br;ところで先輩、修学旅行の映像で見かけたんスけど、流石にJKがパンツと上裸は犯罪ッスよ……流石に…… (そんな話をしつつ寮に向かいましたとさ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-10 (日) 20:37:07};
-真田君お土産買って帰ってきたよー いやーまさかオンライン修学旅行とは真田君もなかなかスマートな考えをしたねー&br;ウチからは沖縄に行った気分が味わえるあの三角形のやつだぞー、ペナント?ウチら鬼みたいに昔からお土産屋さんを支えてる&br;陰の立役者ってやつだねー(ランド…鞄からお土産を取り出して広げて見せる) -- [[きら>IG/0202]] &new{2020-05-10 (日) 21:24:47};
--&COLOR(darkred){あれ、実は先輩達からの知恵を借りててさ 驚いたろ、俺も上手くいって驚いてる (お帰り、と笑って)&br;お土産? なんだなんだ……って、タペストリー? ペナント? 正式名称分からないけど、土産屋でよく見かけるやーつ!!&br;それランドセ……いやいや、水着に続いてだなんてまさか…… (ペナント受け取って広げつつ) いやでも、嬉しいなこれ 有難うなきら!}; --  &new{2020-05-10 (日) 21:52:04};
---seyade-あの有名な建物とかが掛かれてるあれだねー この鞄なー昔から使ってるけど頑丈でとってもいいんよー&br;喜んでもらえたならウチも何よりですー、これから学校が始まるから&br;ウチも晴れて転入生として頑張らないと、いっぱい友達つくるぞー(ゆるーく拳を突き上げて) -- [[きら>IG/0202]] &new{2020-05-10 (日) 22:05:19};
---&COLOR(darkred){seyana-でっかく観光地の名前が書かれてたりするやつなー って、やっぱりランドセルじゃねーか! 高校にランドセル持ってくる奴はじめて見たよ!?&br;あ、そう言えばまだ夏休み明けからなんだっけ? 俺も心機一転頑張るぜー 一緒に頑張ろうー (おー、と掲げた拳をぶつけ合った)}; --  &new{2020-05-10 (日) 22:13:55};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-10 (日) 23:38:08};
-&COLOR(darkred){(夢を見た 延々と続く長い道に、光が差した夢 その光に向かっていくと、広い場所に出た事 綺麗な月が見えた事)}; --  &new{2020-05-10 (日) 23:38:20};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-10 (日) 23:38:25};
-よっちゃーん、沖縄土産あげるー。黒糖とー、海ぶどうせんべいとー、紅芋タルトー。&br;カメラで見てたとは思うけど、いいとこだったよー、沖縄。たぬき退治終わったらさー、卒業旅行とかでみんなで一緒にいこー -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-05-11 (月) 19:23:23};
--&COLOR(darkred){お、ソフィお疲れー って、多いなお土産!? 有難うな!? 一緒に食おうぜ、ソフィ食べてないのある?&br;(受け取ったお菓子を眺めて) なー、俺も行きたいぜ ……あ、そうだ、その事なんだけど&br;たぬき、俺だったみたい (あっさりと、そんな事を言った) 化かされてたんじゃなくて、俺がこの学校に居ついた怪異っぽくてさ}; --  &new{2020-05-11 (月) 19:28:59};
---お土産のおやつは一通り食べたよー。食べてお気に入りのやつ選んだの。でも黒糖もーらうー!&br;いこいこー。私食道楽しちゃったから次はちゃんと名所観光したいし、もう一回そーきそば食べたーい&br;え?そうなの?そっかー、よっちゃんは鬼じゃなくてたぬきだったかー。地に縛られてる系なのー? -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-05-11 (月) 19:47:57};
---&COLOR(darkred){マジか、ソフィの舌が選んだものなら間違いなさそうだな! はいよ、黒糖&br;(謎の信頼と共に袋を開けてソフィに一つ、自分に一つ、口に入れて) これはうまい…… (しみじみとした濃厚な甘さ)&br;そーきそばなー、有名だけど俺食べた事ないんだよな (あっさりと受け入れられれば、ちょっと安心したように笑い)&br;ま、狸かどうかも分かんないんだけどな! とりあえず、ルーツも分からないんで調べて見れるんだが……とりあえず、まだ学校からは出られないな いつか出てやるつもりだけども!}; --  &new{2020-05-11 (月) 19:51:37};
---このなんかもー、この渋いような、苦いような、それでいて甘い味が気に入ってしまった……。(口にいれた黒糖をゆっくりと味わう)&br;おそば自体はすごくあっさりしてておいしんだけどねー、上に載った甘辛い豚のお肉がまたおいしいの。あれは是非食べさせたいなー。&br;たぬきだったら尻尾とかあるもんねー。たぬきじゃなさそう?うんうん、じゃあ出れたら絶対ねー。&br;私はたぶん千年だろうが万年だろうが待っててあげられるけど、やっぱりみんなで行きたいもんねー。&br;あ、そろそろ行かなきゃー。何か手伝えることあったら言ってねー。ファイトー、また明日ねーよっちゃん。 -- [[ツァディソフィート>IG/0015]] &new{2020-05-11 (月) 20:12:14};
---&COLOR(darkred){確かにこれは美味いな……量を食べるんじゃなく、時々ふとほしくなる系のおいしさ……有難うな、ちみちみ食うよ&br;食道楽だなあ、学校から飛び出す方法を考えるモチベーションが上がるぜ! ……って、そうか、長生きだもんなあ、ソフィは&br;逆に、怪異だって分かった俺も相当長く生きられるだろうし、改めてよろしくな 長い付き合いしようぜ おう、また明日なソフィ! (がははと笑って背中を見送った)}; --  &new{2020-05-11 (月) 20:18:59};
-(夕日も沈みかけ夜のとばりが降り始めた頃、ポヒとLINEにメッセージが届く、アオイからだ)&br;吉広暇してる?&br;忙しいならいーんだけど&br;暇してるならちょいこっち、部室来て&br;(どうやらまだロボ部の部室にいるらしい) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-11 (月) 20:09:14};
--&COLOR(darkred){うん? お、アオイからだ ……ふんふん、ロボ部の部室か&br;(脚を向けながら返信する。男の子特有のスタンプ返信。赤鬼が全力疾走してる絵だった。)}; --  &new{2020-05-11 (月) 20:20:17};
- _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-(校内に居た吉広の姿を見止めると、目を輝かせた満面の笑顔で走り寄ってくる)&br;(携えていた[[赤鬼印のクリアファイルに収められた似顔絵>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035484.jpg]]を指し示し)&br;このイラスト、アナタが描いたと有識者&ruby(G){『銀』};氏に聞いたのですが、本当ですか? -- [[夜魔霧子>IG/0009]] &new{2020-05-11 (月) 22:27:17};
--&COLOR(darkred){うん? お、3年の、えーっと……すみません、名前は調べてなかったッスけど、知ってるッスよ どうしましt (そこで似顔絵を出されて目を瞬かせる)&br;本当ッス、この時期に転入って珍しいなって思って ましてや3年でなんて更に目立ってましたし (似顔絵容疑を認めた)&br;俺、1年の真田丸 吉広ッス 先輩、改めて名前聞いても良いですか?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-11 (月) 22:35:45};
---ジーザス…………&ruby(ゴッド){神絵師};降臨…………(思わず拱手の礼で吉弘に頭を下げる)&br; お先に名乗らぬ非礼をお詫びしますハイわたしはヨルマ・キリコと申しますです!&br;(眩しいものを見る様に目を細めつつ、おずおずと右手を差し出し)……あのー、自分、握手イイデスか? -- [[夜魔霧子>IG/0009]] &new{2020-05-11 (月) 22:44:43};
---&COLOR(darkred){お、おおう、中国の人? ニーハオとシェイシェイ位しか知らないぞ……!? (とりあえず真似してお辞儀しつつ)&br;いやいや、先輩なんだから別に……て、え、握手? 俺と? え、ええええ…… (有名人への扱いみたいにされて戸惑いつつ、しっかりその手を握って) えと、よろしくッス、夜魔先輩}; --  &new{2020-05-11 (月) 23:06:17};
---(神絵師と握手してしまったワー、とはわわ状態で唇を戦慄かせながら、懐から取り出した紙の束を差し出す)&br;あの……相場も分からず失礼かもしれませんがお受け取り下さいです……(差し出したのは百万円である) -- [[夜魔霧子>IG/0009]] &new{2020-05-11 (月) 23:14:54};
---&COLOR(darkred){いやこっちとしてはいきなり外国の美人転校生先輩に握手されてはわわなんスけどね!? って、え、なんスかこれ……って、えええええええええ!?!&br;い、いや、ちょっと待って、待ってくださいマジで 落ち着いて夜魔先輩!? (突然の大金に目を丸くして、慌てて押し返して)&br;あ、あの、あくまで俺の好意って事で、仲良くしてくれればそれが一番のお返しッスよ、ね、ね?!}; --  &new{2020-05-11 (月) 23:49:15};
---はわわわ……仁義礼智信を備えた聖人神絵師……(返された札束を収めると、一息ついて頭を下げ)&br;失礼しました! 誠意=お金という悪癖が出てしまいました! 仲良くするのは望むところじゃいなのでよろしくお願いします。&br;とはいえー、好意には厚意の行為で返すのが世の習いというモノですのでー、ヨシヒロ氏の為ならワタシ何でもしますよー。 -- [[夜魔霧子>IG/0009]] &new{2020-05-12 (火) 19:56:42};
---&COLOR(darkred){褒め過ぎじゃね!? あ、ああ、有難うございます…… えーっと、夜魔先輩は先輩なんだし、堂々として良いと思うッスよ?&br;(へりくだりまくりな相手に戸惑いつつも) 何でもって言われてもなあ……そもそもまだ知り合って秒だし、何をお願いって訳にもいかないスよ 仲良くしてくれりゃあそれで良いんだけども!}; --  &new{2020-05-12 (火) 20:47:34};
---えー? ワタシ、何でもパシりますがー……(徐々に冷静になっていくにつれて相手を困らせてしまっていることにようやく考えが至る)&br;再三失礼しておりまして申し訳ないです! 兎に角、素敵なイラストをありがとーございました!&br;(仲良くしてねー、と最後にはフランクな様子で元気よく手を振り振り、去っていった) -- [[夜魔霧子>IG/0009]] &new{2020-05-12 (火) 21:45:10};
---(その背を見送って) 嵐のような人だったな……しかし、ううん、金を辞退したのはちょっともったいなかったか…… (俗物的な事を言いつつ教室に戻ったのだった) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 21:50:29};
-&COLOR(darkred){倉守先輩の言ってた、【鬼の姿の何かが過去にこの場所にとらわれる事があったか】&br;郷土史に載ってた鬼退治の話と、有名の教えてくれたその真相?……話が盛ってあるとしても、随分立ち位置が違う話。これが一番怪しいか……&br;とは言え、俺がそれかって言うとなあ……別に侍に恨みとか無いし、むしろ俺が木刀使って稽古したりしてるし……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 13:11:03};
--&COLOR(darkred){……わからん、なんかしらか関係はありそうだけど……むしろ、その話を元に生まれた怪異とか?&br;成哉も「それだ」って言ってたしなあ……仲良く遊ぶため? んにしても、そんな簡単に怪異って生まれるのか? …… うーん (堂々巡りの悩み事)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 13:27:58};
---&COLOR(darkred){己とは何か、なんて哲学的な命題、俺には荷が勝ちすぎるぜ……言っちまえば俺生後半年だぞ……&br;(しかし、と考え方を変える) 想いが形になったってんなら、思えば思うだけなんか色々出来るようになったりするのか?&br;赤ちゃん先輩みたいにふわふわ飛べたり、学校の怪異なら学校内の移動とか、鬼なら変化や怪力……?}; --  &new{2020-05-12 (火) 18:58:32};
-新米の季節です!そしてこれをお供えしにきましたよ吉広君!(米俵担いで教室に入ってくる、え、なに…米俵?あれ60圓阿蕕い△襪茲福弔箸兇錣弔教室のモブ生徒たち) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 19:52:45};
--&COLOR(darkred){うん ……うん? いやお前力持ちか (あまりに面食らって、毒にも薬にもならない突っ込みをしてから)&br;って、お供えって何だよ!? あー、とりあえず置こうぜ、な、重いだろ (手伝って下ろさせつつ)&br;……で、えーっと、その、どうした有名 (咳払いをしてから用件を聞く)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 20:12:43};
---あっ、思わず教室にもってきてしまいましたが。(よっこいしょーと起きつつ)&br;吉広君、実は怪異ですよね?いえ、前々から気配で分かってはいたのですが…それで折り入ってお話が…(こしょこしょと耳打ち) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 20:16:22};
---&COLOR(darkred){思わずで持ってくるようなもんでもない気がするけども! って、おお、よく知ってるな 誰かから聞いたか?&br;(特に隠していないのであっさりと頷き) お話し……? ん、よく分からんけど、内緒話か? (こっちもこしょこしょと言葉を返して)&br;じゃあ放課後に俺が住んでる空き教室に来てくれよ 教室よりも話しやすかろ ほれ、先生来たぞ (そしてその場は流れて放課後である)&br;(後者の隅の、物置代わりになっている空き教室、そこに米俵を置いて) んで、なんだ有名 怪異って知ってからの話なら、なんか悪戯でもするのか?}; --  &new{2020-05-12 (火) 20:27:00};
---住んでるのも知ってましたけど、改めてみるとちょっといいですね穴倉みたいで。(おじゃましますー)&br;いえね、悪戯するわけじゃないです。むしろ私達の方が、何かされないようにーって。&br;ほら、前から気づいてはいたって…言ったじゃないですか。なんとなくわかっちゃうんですよ、『同類』の気配って。(まぁ私は色々ワケあって気配消すのは得意なのですが、と付け加えつつ) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 20:34:58};
---&COLOR(darkred){だろ、結構気に入ってる (はいれはいれ、と教室で貰った米俵も教室の隅に置く 着替えや私物が置かれた教室の一角)&br;同類? ってことはー……(目を瞬かせて有名の顔をまじまじと眺め) 全然気付かんかった、変化って奴か?&br;(興味満面で聞こうとして、) ……っと、いや、先にそっちの用事だな 何かされないようにってのは? (胡坐をかいて床に座り、有名には椅子を勧める)}; --  &new{2020-05-12 (火) 20:39:32};
---前に、吉広君は伊上村の赤鬼のお話を聞いて来たじゃないですか。&br;それで、私が昔話を聞いたお爺さんにも、そのことを話したのですよ。で、絶対関係者じゃよねーですよねー?ってなったんです。&br;案の定、なんだか日増しに気配も濃くなっているようですし。&br;…というのが前置きでして。なんか周りをちょろちょろしてますけど、私達を食べたりしないでください。お願いします!(へへーっと平伏しなさる有名さん)&br;代わりに新米もってきましたから! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 20:53:09};
---&COLOR(darkred){うん、あったな ……あ、ポテチ食う? 今週の新作 (ネギ塩味を開けつつ勧めつつ) ……うーん、その事なんだけどさ&br;俺も、倉守先輩とか詳しい人とも話してルーツを探ってんだけどさ、話を聞くと相当鬼は恨み持ってそうじゃん? でも俺、全然そんなん無いんだよなあ&br;伊上生まれの鬼ってだけで、別人……いや、別鬼なんじゃねって思っててさ (頬杖つきながら平伏有名を眺め、苦笑し) 友達を食おうなんて思わないよ&br;それともなんだ、俺にぶん殴られて食われるような悪い事、俺に向かってする予定でもあるのか? 有名さんよ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 20:58:11};
---存在の圧が強いです!でもポテチはいただきます!&br;(鬼っていうのは怪異の中でも特別だからね。とくに有名ちゃんみたいなのにはね)&br;&br;別鬼…鬼違いっていうのもあるんですか?鬼ってそうそう居ないから鬼だと思うんですけど…。&br;まぁ鬼違いでもいいんです、いえ、そんな悪事だなんて企んでませんよ!&br;んーまぁ怪異同士ですから、分かってもらえると思いますが。私達って棲める場所が限られる&br;じゃあないですか…。&br;(話ながらもポテチいただきます。人から食べ物もらうの大好き)&br;&br;だから、棲み処が荒らされるのは死活問題なんですよ。&br;それで…私達って伊上のお山にひっそりこっそり住んでる怪異達なわけでして…。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 21:04:35};
---&COLOR(darkred){圧……初めて会った時よりもなんか変わってるか? 自分じゃ分からんけど、自分を怪異だと知ってから変わったりするものなのかな&br;住む場所が限られる……俺みたいに、その場所にしか存在できないって意味じゃないよな ジブリの狸映画みたいな『人間の進歩に住処を追われた』的なあれか? 確かに、それは大変だろうなあ……&br;俺は一番古い記憶が半年前の生まれたてだし、有名に持ち上げられるような存在でもないと思うけど 俺こそ新米だぜ? あ、これ美味いな (おかし抓み)&br;少なくとも、友達を意味なく追いやるようなことはしないから安心してくれ どうせ俺もまだ、学校から出られない程度の存在だしな}; --  &new{2020-05-12 (火) 21:26:23};
---あら、じゃあ私と入学時期おなじなんですねー?もっと以前から学校に棲みついているのかと…。&br;おっと、これは今は本題じゃなかったですね。ネギ塩味美味しいですね…(パリパリ)&br;……あ、すいません。&br;(脱線しがちだ。有名はもともと深刻ぶったり、難しい話をするのに向いてないおつむなのだ。&br;だから、あれこれ考えや策をめぐらせるのはやめにして)&br;&br;伊上の山に、人が近づかないように。脅かしてやろうと計画しているのですよ。&br;この学校が要の場所なのです。ですから、できれば邪魔立てしてくれないといいなぁって…。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 21:34:20};
---&COLOR(darkred){そうさ。元々3月に伊上に越してきて実家通学だったんだけどな。どうやらそもそもその辺りの記憶すら嘘の記憶だったらしくてさ。 だから俺、生後半年。&br;(その割に思考も話し言葉も行動も、普通の高校生程度にはしっかりしているが)&br;山に近づかないように脅かす? ふうん、マジぽんぽこじゃん 俺そう言うの好きだぜ (にやっと笑って)&br;人殺したり、傷つけたりはしないんだろ? じゃあ、俺がどうこう言う事でもないさ 大丈夫だと思うぜ?}; --  &new{2020-05-12 (火) 21:40:07};
---よかったー(ほにゃーっと笑いながら、ほっと息をつく。その顔が雰囲気狸)&br;&br;そうですね、人は殺さないというのが、今回の私達の取り決めです。&br;(それは、前回の伊上トンネル工事のときに、人を直接襲って、結果痛い目を見た教訓である。&br;ただ、今は理由はそれだけでもなく)&br;&br;それに…学校にいる友達も傷つけたくないのですよ。&br;私は怪異です、相容れないから怪異と呼ばれ、相容れない存在だから怪異として生きている…。&br;自身の在り方は変えられません。私が私でなくなれば消えてしまいますから。&br;でも…。&br;&br; -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 21:45:45};
---&COLOR(darkred){(有名の説明や、その取り決めに至った理由を聞けば、こちらは安心したように笑う)&br;でも、それはそれとして、友達は大事だよな (判るぜ、と目を細めて頷き) 逆に、学校で手伝ってほしい事がありゃあ声かけてくれよ&br;今はまだ出ていけないし、自分の能力も分からない駆け出し怪異だけど、有名の友達として、力を貸すぜ}; --  &new{2020-05-12 (火) 21:53:37};
---はい!ありがとうございます!へへへっ伝説の鬼が味方とは心強いですねぇ。&br;(悪戯っぽく笑って言う)&br;&br;では、私も吉広君に何かできることがあればお手伝いしますね。&br;お爺さんの他にも、古株な怪異さん達がたくさんいますので。きっと昔話には&br;色々詳しいはずです。&br;(最近の事情はさっぱりですけどねーとまた笑い)&br;&br;では、そろそろもどりますね! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-12 (火) 21:58:37};
---&COLOR(darkred){伝説の鬼とは鬼違いだよ 俺そんな裏切られたような記憶も無いしな! (こちらも明るく笑って返し)&br;おう、俺のルーツ探りはまだ始まったばっかだし、調べ物の時は頼らせてもらうよ 有難うな、有名&br;あいよ、今度この新米食いに来いよ 家庭科室で炊き立てをご馳走するぜ (教室の前まで行って見送った)}; --  &new{2020-05-12 (火) 22:03:17};
-ヒロくんヒロくん。ちょっと折り入って相談があるんだけどいいかな。あ、これおみやげのシークワーサージュース。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-12 (火) 20:44:46};
--&COLOR(darkred){お、センキュー、柑橘系好きだから嬉しいぜ (嬉しそうに頂き) で、相談ってなんだ? いじめられでもしたか? (指をぼきぼき鳴らしつつ)}; --  &new{2020-05-12 (火) 20:48:35};
---まあ、解決手段が暴力なのはあってるかな。 &br;妹が神様に攫われてたのが分かったからタマ取りに行くんだけど。(さらっと言った) &br;今のままじゃ正直力不足なので稽古とかつけてくれたら嬉しいなって。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-12 (火) 20:53:17};
---&COLOR(darkred){え、なにそれ 学校外? 内なら俺もぶん殴りに行く (ガタッと即決して立ち上がり) ……でも、稽古って事は学校外か、役に立てんですまん (しょんぼりストン……)&br;でもまあ、稽古位なら良いぜ どれ位の期間、何を使いたい、ってのはあるか? (しょんぼり顔を引き締め、普段の陽気な様子とは違う真面目な顔)&br;相手の武器や人数、戦う場所とか……}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-12 (火) 21:00:09};
---場所は伊上山。時期は諸事情あってクリスマス前後の予定だから、もしかしたら出れるようになってるかもね? &br;2か月、素手かなあ。今のところ爪がメインなんだよね、僕。猫だから。一から新しい武器を覚えるより、既存の技術を伸ばした方がいいかなって。 &br;相手の武器は不明。人数は1柱(神なので)。場所は旧社殿、の外かな。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-12 (火) 21:11:50};
---&COLOR(darkred){出られるようなら加勢するぜ 腕っぷしには自信があるんだ 生まれたてって言っても怪異だからな (がはは、と笑い)&br;武器は爪と猫の身のこなし、相手は個人……個神?、神社の境内じゃ真正面からしか無理か……成程なあ&br;(貰ったジュース呑みつつ) あ、これ美味い ……んで、爪だっけ? じゃあ素手の技を教えるよ 後は体さばきだな}; --  &new{2020-05-12 (火) 21:29:20};
---すごく助かる。でも無理はしないで。命がけだし、失敗したら殺されるか祟りをもらうか、とにかくろくなことにはならないからね。 &br;……さらっといったね、怪異って。初耳だけど、まあ、気配からして納得はいくよ。 &br;僕も先祖返りで、半分くらい怪異みたいなものだったりして。(妖気を操り、黒い球体を生み出して見せる。それを猫の形やカラスの形に変えてみたりして) &br;……うん。助かる。体さばきも爪の技も、我流なんだよね。変な癖とかたぶんついてるから、直してもっと効率よく動きたい。 &br;よろしくお願いします。(座礼。なお指導に関してはは基本行間で、もしそちらの気が向いたら手合わせとかあってもいいかなとかそんな感じでお願いできたらと!) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-12 (火) 21:37:59};
---&COLOR(darkred){祟り目が怖くてアタリメが食えるかい (がははと豪快に笑って) こちとら生後半年の生まれたてのみなしご怪異だ、友達失うより怖い事なんてないぜ&br;(最後の言葉だけは真剣な目で言った それから) おう、最近俺も自覚したんだ 引っ越して来たとか、家族がいるとか、あれ全部嘘の記憶だったッポイ (さらっと説明して)&br;へえ、なんか格好良いなそれ! ……俺はまだ、自分がなんの怪異なのか、ルーツを探ってる所だよ そういう妖術?的なの憧れるから、落ち着いたら教えてくれよクロ&br;んだな、体術については俺よりも強くなって、神様ぶん殴ってやろうぜ (こちらも、侍の様な堂に入った座礼だ 行間で毎日のようにしごかれる事になるぞ!)&br;神様相手なら、隠し玉が必要だな……ロボ部辺りに行って、神様が知らない科学の武器でも忍ばせるのもありかもな B組のアオイに声かけてみたらどうだ?}; --  &new{2020-05-12 (火) 21:48:24};
---いいよ。武術のお返しに。妖気の制御の仕方なら任せてほしい。 &br;もしかしたら暗がりから暗がりへ渡ったり、そういうのも努力次第で出来るようになるよ、きっとね。 &br;うん。殴るっていうか、引っ掻くっていうか、喉笛にかじりつくのが猫らしいかな。(などと笑って。この時点ではどれだけ厳しいしごきが待っているか想像できていない。嬉しい悲鳴だ!) &br;なるほどロボ部。科学、っていうのは新しい切り口かもしれない。アオイとはたまに話すし、ちょっと聞いてみる。 &br;(と、そうこう話している間に予鈴が鳴った)次の授業の準備しないと。それじゃあよろしくね。師匠。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-12 (火) 21:55:30};
---&COLOR(darkred){最近赤ちゃんちゃんこの怪異と転移の練習はしてるから、影渡りとかも格好良いな…… (少年ハートを疼かせて目を輝かせる)&br;野生の武器に武芸の理が加われば鬼に金棒、猫に鰹節だな (がははと笑うその顔のまま、足腰立たなくなってからが本番だ、みたいな稽古をする事になるぞ!!)&br;おう、最近の神様は分からんが、アエリア先輩みたいにスマホやパソコンに精通してるとも思えんし、科学で攻撃したら面食らうだろうさ&br;(いたずらっ子のような笑顔でそう言って、予鈴と共に見送る) おうよ、また放課後にな、お弟子さん}; --  &new{2020-05-12 (火) 22:06:51};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-12 (火) 22:44:56};
-&COLOR(darkred){まだ短距離だけど、校内なら転移が出来る…… ふむふむ、これは練習していくとして……&br;怪力は稽古を続けていくとして、あとは変化か……変化が得意そうなのって言うと誰だ、音崎先輩辺りに聞いてみるか ……人魚⇔人間は変化とは違うか?}; --  &new{2020-05-12 (火) 22:47:04};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-12 (火) 22:47:13};
-(昼休みのチャイムが鳴って)ねぇ、真田丸。(隣の席の彼を見て)前はごめんね。&br;……話、したいわ。前の話の続き。(ふふ、と眉を下げながら笑って)パンのお礼も。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 18:39:24};
--&COLOR(darkred){(少年はアリスの拒絶の後も、普通に話しかけたり、昼飯に誘ったりしてきた。あまりにもいつも通りに)&br;うん? ああ、なんだ、気にしてたのか (その日も目を瞬かせて、からかう様に笑った) ちょっと落ち着いたか? おう、聞こう 何があったんだ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-13 (水) 19:09:09};
---ええ、落ち着いたわ。(変わらないことの大切さを、彼から学んだような気がして)&br;私ね、クローンだったみたい。オリジナルのアリスに襲われて、お前は不要品だって言われて。&br;怪我して、アイデンティティが揺らいで、メンタルがボロボロになって。でも、みんながいてくれて。&br;(多めに買ってきたパンを差し出して)いる? この量よ、私一人では食べられないわ。&br;それで………オリジナルアリスとちょっと、話し合ってみたくなって。今は考え中。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 19:12:28};
---&COLOR(darkred){クローンって……あれか、なんかこう、遺伝子を取り出してもう一人自分を作る的な? ……つまり双子? (ぶんけいなのでよく分かってないけれど)&br;しかし、突然出てきて不用品って言われても、そりゃあアリスも混乱するし、怒るわなあ お、やった、ありがと (貰ったパンを笑顔で受け取る)&br;へへ、一緒に食べる為に多めに買ったんだろ? 隠すなって (冗談めかして言いつつビニールを開け、ばくん、いつも通りの大きな一口)&br;ふうん、喧嘩しに行くんじゃなくて話し合ってみるのか? ……オリジナルの方が先に生まれてる、言っちまえば姉貴だろうに、妹の方が人間出来てるな&br;(がははと笑って) アリスとしては、どうしたいんだ?}; --  &new{2020-05-13 (水) 19:21:40};
---双子……だけど、相手の異能のほうが強力で…手も足も出なかった、かな……(自分も文系なのでよくわからないし)&br;うん……私の友達に怪異がいるなら、それは怪異を殺す怪異のコピーであるお前の本能だ、みたいに…言われて、さすがに怒った。けど。&br;あーら、レディーの本心を見透かすような発言はよろしくなくてよ?(オホホと何キャラかわからない喋り方で自分もクロワッサンを一つ食べる)&br;……オリジナルの思惑次第だけど。伝えたい……かな。(昼休みの喧騒に感傷は溶けて消えていく)&br;私は偽物だけど、思い出も感情も本物よ、バーカ。みたいな?(はしたない、と口を手で押さえて) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 19:50:22};
---&COLOR(darkred){そりゃまあ仕方ないだろうな、いきなり不用品とか偉そうなことを言える位には、あっちも修羅場くぐってるんだろうし 喧嘩は場数だしな&br;怪異を殺す怪異ィ? (その言葉にアリスを見て、それから思わず吹き出した) なんじゃそりゃ、その時点でそいつは頓珍漢だな 殺す対象と仲良くなれてる時点で、そりゃあ本能じゃねえや&br;(俺も怪異だしな、とあっさりしたもので) 食う寝る遊ぶ以外は全部個人の自由だぜ ……え、なに、ショックでお嬢様キャラ発動? 似合わねー (ケラケラ笑って)&br;伝えたい? (アリスの目を見て促して、そして、その先の言葉に目を丸くして、それから) 1つ違うと思うぜ、アリス&br;同姓同名であれ、血が同じであれ、育ってきた環境が違えばその時点で別人だ お前は本物のアリスだよ、俺にとっては&br;(真剣な目でそう言ってから、にま、と目を細め) 成哉にとってもな?}; --  &new{2020-05-13 (水) 20:11:57};
---場数で言ったら私は全然だし、それは負けるけど……理論が思い切り不良バトル漫画ね………&br;怪異を殺す怪異の本能の誤作動だって。だから、私の感情は偽物なんだって。……絶対違うわ。&br;あーら、わたくしのお嬢様お喋りをお聞きになってお笑いになられているのカーシラ。&br;……うん。私は本物! それでいいのかもね。(困ったように笑って)陣楼。も。(名前を聞いたらちょっと赤くなる)&br;そうだといいなぁ……(自分の机にへばりつく) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 20:19:29};
---&COLOR(darkred){がはは、意外と全力でぶつかり合ったら和解できるかもだぜ 決戦は夕焼けの河原だな (がははと笑い、そうなると良い、と)&br;(ぱくんともう一口でパンを食べて) 誤作動起こしてる時点で本能じゃねえや、そんな決めつけ気にすんなよアリス&br;氏より育ちって昔から言うだろ (重々しく考え込むアリスに軽く言う ……自分は言葉しかかけられないのだから、肩の重みを少しでも軽くしてやりたい。そう思うのだ)&br;はは、拙者アリス姫の達者な上流階級なお言葉遣いに感服仕ってそうろうござるー(へへー、と机に三つ指ついて頭を下げた 顔を上げれば軽く笑って)&br;(そして、自分のカマかけに見事顔色を変えたアリスに、目を輝かせる) あ、やっぱりそうだな! かかか、そうだと思ったんだ}; --  &new{2020-05-13 (水) 20:29:18};
---私たちがガチったら地形が変わるわ……(冗談を言いながら)&br;ええ、気にしない。私は友達にしつこいアリスよ、誰から何を言われても友情は大事にするもの。&br;育ちで言ったら、パ……両親だった人は大事に育ててくれたわね。なんでかしら……&br;ふふっ。(ツボって笑いが堪えきれない)姫、姫て……拙者て。(しばらくパンが食べられなかった)&br;う、うん……(赤い顔を隠して)告白、した。病院の帰りに。返事は待ってもらってる。今の問題が片付くまでは。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 20:45:47};
---&COLOR(darkred){夕焼けの河原が焼け野原になりそうだな……(ごくり……) おう、それで良いんじゃないか?&br;俺も言われたよ、実は生徒でも人間でもなく、生まれたての怪異でって時に。俺は俺、アリスはアリス、難しく考えるこたあないってね&br;パパって言って良いんだぜ (にやっと笑って) そりゃまあ、アリスが可愛い娘だからだろ シンプルじゃないか&br;(爆笑するアリスを見て満足げな笑みを浮かべ、そして、顔を隠すアリスの言葉に) マ!! (声を上げて、周りからの視線に、何でもないと誤魔化してから顔を近づけて小声で)&br;マジで 告ったの? やるじゃねえかアリス、こりゃあ今から仲人の言葉を考えておかないとな…… (顔を引いて真面目腐った顔で)}; --  &new{2020-05-13 (水) 20:53:35};
---川が一部蒸発するかも知れないもの……(自分が、でなく。オリジナルが何をするかわからないから、だけど)&br;……うん、ありがとう真田丸。(笑顔で頷いて)……パパ…だった人には、複雑…私をママだった人と一緒に騙していたんだもの……&br;でも、いつか仲直りしないと……(声が大きい!!と人差し指を自分の唇に当ててあわあわ)&br;気が早いわよ!! 陸上選手のスタートダッシュ並よ!!(顔を手で覆って)……陣楼、モテそうだから…不安…&br;(そんなことを話しながら、二人でパンを食べて話して。この楽しさは、絶対に偽物なんかじゃない) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-13 (水) 21:05:17};
---&COLOR(darkred){地形が変わるなあ……(空恐ろしい、と眉を上げて) おう、こちらこそだ ……どうだろうな、吐くべき嘘、言うべき時、そう言うのもあるんじゃねえか?&br;ま、俺はアリスの両親に会った事無いから、偉そうなことしか言えないけどさ 両親が居るんだ、話し合えるならそうしといた方が良いぜ 俺みたいに消えちまうかもしれない&br;(ちょっと傷むような笑顔 しかしすぐに笑顔になって) 成哉はモテる……というか良い奴だからな 好かれてるのは確かだ&br;でも、俺としては 親友二人がくっついてくれりゃあ、それは嬉しいもんだからな 頑張れよアリス、応援してるぜ&br;……しかし、アリスも大変だな 人生に家族に恋に、正念場が同時進行だ 盆と正月とクリスマスが一緒に来たな (がはは、と明るく笑ってからかう 言い合える友達が、アリスにはもう沢山いるのだから)}; --  &new{2020-05-13 (水) 21:20:47};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-13 (水) 22:45:23};
-&COLOR(darkred){(夜の教室で少年は一人、妖気を練る 変化の術を覚えるために、クロから教わった錬気の修業を黙々と)&br;……女・老人・猫……女・老人・猫…… (変化の入門として決めたそれを思い浮かべながら錬気をするが)&br;([[放課後に発現した鬼の腕>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035539.jpg]]を思い出し身震いをする) ……駄目だ、今日はやめよう ……あれ、なんだったんだろうな 鬼の腕は、即できたけど&br;……あー、やめだやめ! 考えるのよそう!! (教室の片隅に敷いた布団に潜り込んで目を閉じる) 文化祭、どれに参加するか考えないとな うん、楽しい事だけ考えよう!&br; &br;……怖い事や、寂しい事なんて、もう沢山だ (肌寒い秋の夜、毎夜のように襲い来る孤独に、今日も布団を頭からかぶって目を瞑る事で対抗するのだった)}; --  &new{2020-05-13 (水) 22:51:46};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-13 (水) 22:51:54};
-(そうして日々自身の真実に葛藤する少年に対し平気でその案件を持ってくる胡散臭い笑みの男)&br;(男の手には郷土史の写しがあり)確かにそれっぽいのありました、僕の件とは完全に別口やったさかいノーマークやったね&br;…少なくともこれが旧校舎に出る鬼の正体やろうね、噂が具現化したか、それともこの二つの存在そのものか -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-13 (水) 23:08:55};
--&COLOR(darkred){あ、倉守先輩こんちはっす! ……あー、やっぱその話って夜の鬼ですよね 恨みつらみありそうだもんなあ……&br;実は、俺の友達の陣楼と生徒会長が襲われたってんで、今退治の作戦練ってるらしいッスよ ロボ部で (侍作ってるんですって、と聞きかじりの情報)}; --  &new{2020-05-13 (水) 23:11:31};
---そ、鬼と蛇っていうのが…あの…平林ちゃんが作った…像?(そうかぁ?と男は疑惑の表情、実際の姿と比べかなり独特な怪物だ)&br;まあ兎も角や、真田丸君の言う通り恨みがあっても当然やろうね。君の疑問も当然や&br;せやけど断定出来ん状況で力尽くは危ない気もするなぁ、恨みを晴らす為に侍を壊させるなら分かるけどね…ロボ部で?(男は不思議そうに二度首を傾げる)ロボを? -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-13 (水) 23:29:13};
---&COLOR(darkred){アレですね、下校時刻になると早く帰れってアナウンスが流れるらしいスよあれ 番長アイツ結構変なもの作るッスよね&br;うーん、情報が少なすぎるんスよね 確かにそう言う疑いはあるけど、状況証拠ばっかりでキーパーツが無い感じ…… 俺のルーツについては影も形もッスよ (肩を落とし)&br;あでも、最近変化の練習してるんスよ、クロ……1年の久常に教わって 俺の由来は分かってないスけど、鬼っぽい事は出来るように! (前向きに鍛えている様で)&br;あ、はい、ロボ部で ……ロボッス アオイに聞いたんスけど、なんか主導は会長らしいスね 詳しい事は教えてくれないんスよ 俺仲間外れ (ちょっと拗ねたように唇を尖らせて)}; --  &new{2020-05-13 (水) 23:52:30};
---お陰で下手に夜の校舎に人が集まらないのは良え事やけどアレ地味に動く事もあって凄いよね&br;(酷く珍しい事だが男がビクッと驚いた事がこの学校で一度だけある、平林の会話中にあれが動いた事だ)&br;せやね、壁とも言えるぐらい何か大きゅう部品が君に関わる怪異について欠けてる気がする&br;ああせやけど…や、ただの妄想かいなこれは(推測の情報も無いな、と呟いて)&br;(前向きに鬼である事を受け止めている様子には悪い事ではないのかよしと頷いて)&br;そか、ロボか…ロボ部言うとあの天才君かいな、気になる気持ちは分かります(そっちには案外疎いのか男は首をまた傾げる) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-14 (木) 00:01:57};
---&COLOR(darkred){動くんスか……平林の科学力すげえ……(番長とは……) 何年か経って平林が卒業したら、新しい学校の怪談の一つになりそうスね&br;そうなんスよ、ベースが鬼なのは確かなんスけど、それも俺の認識とこの角くらいなもんスからねえ…… 俺の認識程当てにならんものはないし&br;せやけど? なんスかなんスか、妄想でも良いから言ってみてくださいよ倉守先輩! 名探偵の「証拠がそろってから言おう」は大体あってるて相場が決まってるんスから!&br;(そんな事を言って促す妄想の内容。鬼だが無邪気な性根である) ねー、俺はあんま面識ないけど、あの年で高校通ってる時点で相当スよね&br;侍のロボットに、俺の動きをトレースしてるから、結構なもんになってると思うけど…… 目からビームとか、ロケットパンチとか、ドリルとか、そう言うのも装備してるのかな…… (少年ハート)}; --  &new{2020-05-14 (木) 10:09:31};
---由来を皆が忘れたら怪異の仲間入りかもなぁ(などと璃桜の作った像に関して笑いつつ)&br;(その珍像が出来上がった経緯から前提が違うのではと思い至った為真田丸に促されれば人差し指を立てて)&br;話半分で聞いてな、まず昔話を疑いに掛かって否定に入る…つまりは鬼は純粋な悪鬼やなかったと見る&br;その上で鬼には学校を善いモノと見たか人と暮らしたいいう気持ちがあった、それが君&br;勿論こら証拠も何も無いトンデモ学説、異説も異説の倉守説やけど今の君に色々説明がつきます&br;せやったら何で暴れるいう話やけどね、これが正しいとドリルやミサイルは兎も角必殺技は待った方がええよ&br;(当然のようにロボットに必殺技がある前提で話す、理解があるタイプのようだ) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-14 (木) 13:08:11};
---&COLOR(darkred){俺達は今、怪異の種の誕生に立ち会ってるのかもしれませんね……まあ、見た目はともかくそいつは悪い怪異にはならなそうだけども&br;…… (倉守の話を聞き、少しショックを受けたように考える 倉守は知らない情報を、自分は持っているので……)&br;あの、先輩、実はですね、その頃の事を知ってる怪異と知り合いの友達が居まして (そこで情報を共有する)&br;(良い鬼が居て、悪い大蛇が居て。侍が来て鬼と一緒に大蛇を討伐しようとした事。 侍が鬼を蛇に食わせて、鬼ごと大蛇を封印した事)&br;……先輩の話ならつじつまが合います え、え、じゃあ、えっと、もしそれが正解なら、成哉達を攻撃した鬼は、俺?&br;皆が倒そうとしてるのは、俺って事か? そんな、えっと…… (倉守が少年の顔を見れば、真っ青になっているのが分かるだろう)&br;え、俺、悪い怪異だったんスか? 皆を攻撃したり、襲ったりしてるんスか? そんな……}; --  &new{2020-05-14 (木) 13:49:40};
---(そもそも…真田丸が持っていた、この男が欠けていると思っていたピースそのものを、それこそが証拠そのものだ)&br;(だからこそか強くショックを受ける少年に対して男の方は納得の様子を見せている)&br;これがほんまの瓢箪から駒か…時間と共に過去は歪むもんやとはいえそないにガラリ書き換えるんは中々ええ根性してます&br;ところで青ぅなっとる所堪忍な?深呼吸してこの質問に答えてくれはる?&br;よぅく考えて…(男は少年の首に腕を回して深呼吸深呼吸と囁いて)せやったら君が君で居る時間が何で伸びてると思う?&br;僕の学説とセットで考えてくれはる? -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-14 (木) 14:04:13};
---&COLOR(darkred){も、もしそれが本当なら、俺、友達にを襲って、そんで、友達に殺されるかもしれないのか……?&br;(目を回しかけ、倉守に言われるままに深呼吸する 問いかけに暫く黙って考える間をおいて)&br;……俺である時間が伸びてる……? ……えっと、もしそうであれば…… 夜の鬼より、俺の方の比重が上がってる、とか……?}; --  &new{2020-05-14 (木) 15:34:44};
---(それは少し悪辣な話術だ、ドツボに嵌りかけている本人に敢えて良い答えが出る質問を振り心に余裕を持たせようとする)&br;(ただそれは同時に本人が不意に見失いかけた真実を気付かせる方法でもあるのだが)&br;はい百点満点や、比重が上がってるとこまで辿り着けるんは立派。追い詰められてからが強いわ&br;人と暮らすと人を恨むは表裏一体、襲った過去はあるかも知れんけど時間が伸びてる事もまた本心やっちゅう話&br;で…そこまで絆されとって何で許せん?何で学校を離れられん?君は鬼で歩ける二の足があるのに&br;(探偵と呼ぶにはあまりにもお粗末で妄想に都合のいい解釈を重ねに重ねたパッチワークの推理劇)&br;(それでも追い詰められた少年に用意する冷静さを取り戻す仮初の真実としては十分だ、再び瓢箪に駒が入っている事もある) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-14 (木) 20:03:57};
---&COLOR(darkred){(欺瞞や誘導を用いて導かれる先は) ……うん、出来ないはず、無いんスよね (不安をの黒の上に塗りこまれる、希望の白)&br;(少年も、これは色んな都合の悪い事を押し込めただけだという事は分かっていたけれど、それでも信じたい物がそこにはあった)&br;(この半年で得られた友人たちの笑顔や言葉、優しさが、少年に不安を飲み込ませる まだまだ、おそれや不安はあるけれど) ……ごめんなさい先輩、ちょっと戸惑ったけど、うん、大丈夫ッス&br;そうッスよね、例えあの昔話が本当で、成哉達を襲った鬼が俺と同じ存在だったとしても! 今こうしてる俺の方が、絶対強い、絶対に主人格だ、そう思えてます、今は&br;(まだ震えてる手をぐっと握って、弱気の残る脚を踏ん張って、長身の倉守を見上げて笑う) 有難うございます、倉守先輩 やっぱ先輩は優しいスね&br;(それは、誘導されたと気付いて居るからこその言葉 悪辣に見えてもその目的は真心であると感じているからこその言葉だ)}; --  &new{2020-05-14 (木) 20:34:38};
---(男はそうして自身を奮い立たせる少年の前でも相変わらずその胡散臭い笑みを纏い続けるが…)&br;(勇気を出した事を褒める様にその拳を真田丸の胸に当てグリグリして頷いた、少年の感じた事は恐らく真実の一端なのだろう)&br;や、けど僕は間違うとる事が嫌いなだけでええ人かどうかはまた別の話やからね(と皮肉ろうとはするものの)&br;けどその意気や、それとな…形に意味がある言うたやろ。君は純然たる鬼人の形や&br;つまり鬼である君はそう思うとるけどあの昔ばなしは登場人物が三人居ったよな?&br;(最後の都合の良い解釈だ、それを伝えれば男は頑張ってなと笑って去っていった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-14 (木) 21:02:47};
---&COLOR(darkred){(拳を当てられれば、いひひ、と子供の様に笑って) 別の話って事にしときます (自分がそう思うのは勝手だから、と思うのだ)&br;昔話の登場人物は三人…… …… 三人…… (去る倉守の後ろで、何かと手も引っかかるようなものを胸の奥に感じていた)&br;(なにか、自分の知る事実と違うものがあると、誰かが叫んでいた)}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:21:00};
-(夜の屋上、フェンスに手をかけて街を眺める大蛇鬼に)&br; (問う)&br; アナタは いったいナニを 恨んでいるのでしょう?&br; 生者を? この街を? それともこの 学校を? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-14 (木) 20:35:16};
--&COLOR(darkred){……私をこの地に縛り付けた者を (青白い月明かりの下、なお赤黒い巨体 地の底から響く様な声で唸り、しかし応える)&br;(そして、ゆっくりと顔を上げる 布に隠された目をヒトデナシに向ける) 貴様は何を望む? 私を殺すか? 追い払うか?&br;それともまた封じるか? (ヒトデナシの問いかけを真似し、少女の胴以上に太い腕に力を籠める) -- [[大蛇鬼>IG/0021]] &new{2020-05-14 (木) 21:02:23};
---いいえ アナタは アナタのままで いいと思います&br; そして 大変残念なコトなのですが…&br; おそらくは その(縛りつけた)ヒトは… 既に 死んでいますよ? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-14 (木) 21:11:01};
---&COLOR(darkred){…… (ヒトデナシの言葉にしばしの沈黙) 違う (そして言葉 その瞬間、ごきごきと音を立て、鬼の身体が一回り膨れ上がり、筋肉の隆起がうごめく)&br;違う、そんなはずはない、ヤツは生きておる 『私を裏切り蛇に食わした』あの男は生きている 私はその為に、探して、探して探して……っ&br;(先程と一転、狂気すら孕んだ獰猛な声、息遣い 両手を床についてヒトデナシに向き直る ずるりと伸びる下肢の蛇 剣呑 殺気 どろりとした物がヒトデナシに向けられる)}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:27:57};
---恨みを忘れろ とは言いません&br; よく見て 見て下さい 私の顔を&br; 私はそのヒトですか?&br; せめて 恨みを巻き散らすのはやめて下さらないでしょうか -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-14 (木) 21:36:18};
---&COLOR(darkred){貴様は、既にあの者は死んだと……そのような嘘、そのような妄言を吐く貴様は、貴様はああああっ!!&br;(どんっ、と校舎が揺れるような衝撃と共に、大蛇鬼はとび上がる 急襲 ヒトデナシの元に飛び掛かり、拳を打ち下ろす!!)}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:41:30};
---(幾重にも張られた氷の膜が 僅かに その鬼の拳を滑らせる)&br; このままでは アナタは&br; そのヒトと同じに 成ってしまいますよ&br; (身体の右 1/3程を削られて 砕かれても)&br; (その口は)&br; 誰かに 恨まれる存在に -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-14 (木) 21:49:57};
---&COLOR(darkred){(氷の膜を幾層も削る剛腕 氷礫が月影に煌めく) 怨まれる? く、はは、ははは! 鬼は怨の塊、蛇は恨みの縄、この身は既に堕しておるわ&br;(ぐわらぐわらと割れ鐘が鳴るような声で笑い、残った氷の膜をもう一方の手で払い壊す 身体の一部を失ったヒトデナシの前に巨木のように立つ)}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:56:01};
---(氷膜を払い壊す腕に巻き込まれ 残る半身も砕かれて散る)&br; (鬼の目の前にはただ)&br; (ゆらゆら舞い流れて行く 氷の結晶が)&br; それではアナタは とても 哀しい存在 なのですね… -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-14 (木) 22:06:02};
---&COLOR(darkred){(その姿が風に舞い消える きらきらチラチラと名残る輝きを見ながら)&br;……あの者が死んだ? まさか 『私を裏切り、殺した者が』 『私を封じた者が』 『恨み深き、あの侍が』&br;…… 哀れみなどいらぬ いらぬ 私は、あの者を殺す為に、恨みを晴らす為に…… (逃げられた、その事に気付いてかおらずか、天を見上げて 独り)}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:12:22};
-洗濯物、乾いてたから持ってきたわよ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 21:16:16};
--&COLOR(darkred){お、会長有難う! 重かったろ、大丈夫か? (それを受け取った住処の空き教室 いっぱいに広がる炊き立てのお米の香り)&br;丁度飯が炊けたんだけど、会長も食ってく? こないだ友達に新米一俵貰ってさ}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:38:21};
---ちょっとね(大の字に寝てひとやすみ)&br;えっ?俵?ユンピョウ?kgじゃなくて?俵って何Kg!?(若干混乱)&br;御飯食べるなら寮か学食行けばいいのに(と言いつつ鼻を鳴らす) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 21:47:34};
---&COLOR(darkred){(弓道部辺りから貰ったのか、畳が敷いてある一角) そんなアクションスター貰って食べるとか猟奇的な……俵だよ、何キロかは分からん!&br;夕方以降は購買や学食は閉まってるし、俺は寮費払ってないからな そこまではちょっと…… (電子ジャーを開ければホカホカだ 自分のお椀にご飯をよそい、箸と一緒に会長に渡す)&br;(自分は平皿とスプーンでご飯をよそう おかずはコンビニ惣菜だ) よし、いただきますしようぜ 丁度飯のタイミングだったんだ}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:50:56};
---いただきます(手を合わせ、お箸を逆手に持って食べづらそうに食べる)&br;あ……学園祭、何やるか決めた?(いいづらいことを避けるような唐突な話題) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 22:02:46};
---&COLOR(darkred){普通に持って食えよ…… (呆れたように眉を上げて食べる様子を見て) スプーンの方が良いか? (子供扱い→幼児扱いだ)&br;うん? いや全然 変化の術を練習してるし、いっそメイド喫茶にでも出てやろうかなと思ってるよ (がははと笑い)}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:09:05};
---えへへ……ありがとう(扱いの変化には気づいていないスプーンでご飯を食べる)&br;(おまえのようなメイドが居るか!なところを想像してご飯を思い切り吹き出す)やるなら、猫か……おばけ屋しk……えっと!将来やりたいこととか、ある?&br;(我ながら良い話題の変更だと思った ルーツ…過去を探すより、未来に目を向けるようにさせたい)&br;何か、将来やりたいことを参考に選んでみたら? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 22:18:20};
---&COLOR(darkred){(マジで箸の使い方が下手だったのか……とショックを受けた顔 こちらは意外と綺麗な食べ方だ)&br;猫? 猫カフェかなんかあったっけ お化け屋敷は俺むしろガチの怪異だしなあ レギュレーション違反じゃね? (がはは、気にした様子もない)&br;やりたい事なあ……まあ、まだ高1じゃあ夢もなんもないもんじゃね? まあ、表に出ない大道具とかキッチンでも良い訳だしな}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:35:24};
---次々と猫が参加表明をしているわ、猫カフェ!&br;そうね…それに真田丸くんは怪異は怪異でも、人を怖がらせるようなものじゃないし&br;入学のときにも言ったけど、高校の3年間なんてすぐ終わっちゃうのよ!今から将来を考えて準備をしておかないと!&br;真田丸くん、絵がうまいし似顔絵屋さんなんかもいいかもね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 22:48:07};
---&COLOR(darkred){あったのか、猫カフェ……! むしろ俺はそこに客としていきたいぜ……!!&br;そういう会長はどんな進路なんさ 進学? (おもらししてる人に言われても説得力が、と言う顔)&br;似顔絵屋やる程絵に情熱はないからなあ、俺も出来れば進学だけど、まあ、戸籍も何もない生まれたての怪異だからなあ 人間とは違う進路でも探すさ}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:53:02};
---わ、わたしも!私も行くつもりよ!その……生徒会として適切なサービスが行われているか、チェックしなきゃ!&br;探せば、そういう人向けの入試枠を設けてる大学もあるわよ 私も、進学するつもりだけど……&br;昔はゆーちゅーばーになりたかったのね でも今は可愛いお嫁さんになりたいわ! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 22:58:40};
---&COLOR(darkred){時間が許せば全部回りたいけどなあ……この間の修学旅行のステージの大騒ぎを思い出すと難しいかもな&br;ふぅん、怪異向けってのもあるのか? 今度調べてみるか……でもとりあえずは、2年への進級からだな 卒業まではいきたいところだぜ&br;ユーチューバーか、会長ホラゲーとかで良い反応しそうだからなあ (そう言って笑いつつ米を食べ) 嫁さんねえ、学生の時分から気が早いな……!}; --  &new{2020-05-14 (木) 23:03:42};
---今度は学校の中の行事で良かったわ テレワークじゃやっぱり寂しいものね&br;ほ、ホラーのゲームはやらないわよ!?絶対やらない!(お惣菜のハンバーグばっかり食べる)すぐよ、すぐ!大人になるのなんて!&br;………その(チラチラ視線を外しつつ)&br;緑壱零式の動作、真田丸くんが協力してくれたんだってアオイさんから聞いたわ&br;その……黙ってたのも怒ってたっていうのも -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 23:11:01};
---&COLOR(darkred){まったくだ、貴重な経験とは思うけど、やっぱ皆でわいわい生身でしたいしな!&br;はは、会長ならアクションゲームとかパズルゲームとかかね 俺もホラーは駄目だ、怖い (プレイ動画だけで十分だ……ハンバーグが無くなったので副菜でご飯を食べ)&br;気付けばアッという間ってもんだろうけど、俺はほら、その今までが無いから、まだ実感がないんだよな、そう言う【光陰矢の如し】的なの&br;(そして、居心地悪そうな会長がその話題を出せばちょっと笑った) その事か、なんか変にソワソワしてると思ったら&br;ああ、怒ったって言うか、不満ではあったな ……まあ、あえて俺に話してないんだろうとは思ったけどさ 会長だけじゃなく、アリスや成哉も俺に言わないって事は、理由があるんだろうしな (無理には聞かないけど、と)}; --  &new{2020-05-14 (木) 23:18:31};
---う…うん…&br;仲間はずれにするつもりじゃなかったのよ 最初は、生徒を巻き込むわけには行かないから(モゴモゴ口ごもる)&br;あの二人も言ってないのね(少しホッとしたような表情を浮かべたあと、困った顔)&br;真田丸くんは、あの『鬼』について、どこまで知ってるのかしら? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-14 (木) 23:33:09};
---&COLOR(darkred){まあ、そこら辺はな そんなトコだろうなって思ったよ 内々の所でって会長なら考えるだろうなって&br;でも、ロボ部に話しを持って行って、夜の間にその怪異が話しを知ってロボ部襲撃とかしたら大事だったぜ? (そんな事を言ってから)&br;どこまで……成哉や会長からは、夜中に徘徊して見つけた者を襲う怪異って言うのは聞いてるな}; --  &new{2020-05-14 (木) 23:41:21};
---そこまでは聞いているのね&br;怪異は力技や術なんかで成仏させられるのも居るけど、やっかいな怪異はそれじゃ一時しのぎにもならないことがあって、そういうのを何とかするにはその怪異の理を解きほぐすこと……&br;あの鬼は侍に恨みがあって化けて出た怪異……らしいことがわかったから、その恨みを晴らせばなんとかなるんじゃないかって思ったの&br;恨みを晴らす相手に私やじんろくんがなるわけには行かないから、影武者としてロボ部にお侍を作ってもらうことにしたの 一応は、ロボ部の部員を危険には巻き込まないようには考えてきたけれど、関わりができてしまうのは私ではどうしようもできなかったわ&br;その後、真田丸くんにも調べてもらったのもあるけど、直接何とかする方法を選ばなくてよかったと思ったわ 悪い鬼じゃなかったから(ホッとした様子で) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-15 (金) 00:04:38};
---&COLOR(darkred){…… (会長の説明を黙って聞き、ほっとした様子までを見届けて、深く息を吐く)&br;うん、成程な ……まあ、判った そのロボット侍を鬼にぶつけて、適当な所で負けさせるつもりなんだな&br;……そう上手くいくかな 騙されたと分かったら、鬼は怒り狂うんじゃねえか? それだけ恨みが深い相手だ、違和感があれば気付くだろうし&br;それにー…… (言いかけて飲み込む 会長は、自分をに声をかけなかった理由を言わなかったので、こちらも言えなかった。その鬼が自分であると気付いて居る事を)&br;……とりあえず、俺は手が出せない話だからな 失敗したら逃げてくれとしか言えないな (白米を食べ終わりそう言って、立ち上がった) うっし、俺は走り込み行ってくるわ}; --  &new{2020-05-15 (金) 00:13:16};
---うん(ひとまず作戦の説明は終えた 真田丸くんに言わなかったのは最初は巻き込む必要はないと思っていたから、今は告げることで鬼に変化が起こることを避けるため、そして本当は巻き込みたくないと思っている)&br;そうならないように、可能な限り侍についても調べている所 ロボの方もかなりよく出来ているし(真田丸君の動きを参考にしたところで、更に完成度は上がっただろう 真田丸君の武道と侍の剣術は多分関係がある)&br;(ロボ部の技術と真田丸君の動き この2つが揃えば)必ず成功するわ&br;えっ?(最後の言葉が引っかかった 『俺は手が出せない話』 知らないのだとしたら疎外感を感じて拗ねた言い方にも取れるが、鬼の正体が自分であるから手が出せないといったようにも取れる)&br;(だが、それを確認する前に真田丸は出ていってしまった 暗い顔で立ち上がり、食べ終わった食器を片付けた) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-15 (金) 00:44:40};
-(それは休み時間の短い間の会話だった)&br;……10月の末に蜃っていう蛤の怪異が出るんだって? 伊上高校に。(前振りなしの突然の会話で) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-14 (木) 21:44:18};
--&COLOR(darkred){ふぅん、酒蒸しにしたら食いでがありそうだな (茶化してから) 話は聞いたけど、あれって学校内の話なんだっけ?}; --  &new{2020-05-14 (木) 21:51:57};
---大きい生き物って大味なイメージがしない?(それに乗って)ええ、学校内。&br;……あれに困っている人がいるって言ったら信じる?(ペン回しをしながら)私が討伐に参加するとか。&br;……真田丸に参戦して欲しいとか。(ペン回しをする手が止まった) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-14 (木) 22:01:09};
---&COLOR(darkred){ダイオウイカとかな あれアンモニアで浮力調整してるからめっちゃ臭いらしいな (学生らしいとりとめもない会話をしつつも)&br;…… (目を通していたノートから視線を上げて) 学外かと思ってスルーしてたけど、そうじゃないなら手は貸せるぜ&br;……しかし、アリス大丈夫かよ 例の件とか (オリジナルとクローンの話だろう) 忙しいんじゃないのか?}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:03:33};
---へー。特定のサメの肝臓からビタミンがいっぱい取れるとか、海の生き物は不思議ね。&br;……本当? 危険だけど……真田丸の手が借りられるなら、とっても助かる。&br;忙しいけど。私が忙しいから誰かの手助けをしないって言ったら大間違いよ。(変に胸を張って) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-14 (木) 22:12:07};
---&COLOR(darkred){肝油ドロップってあれ美味いらしいな 食った事ないけど、薬局とかに売ってんのかな&br;おう、俺の手の届く所なら 言ったろ? (当たり前の様にそう言って笑い) なんてか、アリスはホントお人好しと言うか……貧乏くじ引くタイプだよ まったく}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:14:11};
---売ってるのかしら……(肝油ドロップ、未知の食べ物)&br;ふふふ、もっと褒めていいわよ。(冗談を言って笑うと、チャイムが鳴り響いて)さぁ、英語の時間がやってくるわよ。アリス無双を見せてあげる。(授業に戻って) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-14 (木) 22:22:13};
---&COLOR(darkred){わからん……今度薬局見かけたら探しといて (買わなくても良いから、と)&br;アリスチャンカワイー (ヒュー、と冗談めかした棒読みで返し) 母国語じゃねーか! まったく……無理すんなよ (最後の言葉は小さな声で)}; --  &new{2020-05-14 (木) 22:37:03};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-15 (金) 09:15:29};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-15 (金) 09:15:50};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-15 (金) 09:16:14};
-&COLOR(darkred){変化、変化…… (放課後、自分の席で『日本妖怪全集』なる大判の本を眺める) 色んな引き出しを持ちたいよな、折角なら……}; --  &new{2020-05-15 (金) 19:08:51};
--吉広は学園祭なにやるんだ?&br;・・・何読んでんだ? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-15 (金) 19:12:58};
---&COLOR(darkred){おう、成哉 いやー、まだ決まってねえんだよな (本を広げたまま首を傾げて) ああ、妖怪全集 今変化の術を練習しててさ&br;(自分が怪異と分かって、一通り凹んだ後に思ったのは、自分のルーツを探る事 そこから思いついたのは、鬼の伝承は怪力と変化が多い事 その事を話し)&br;とりあえず俺は鬼がベースなのは間違いないから、変化は面白そうだなって思ってさ その引き出し増やす為に妖怪を眺めてる!}; --  &new{2020-05-15 (金) 19:18:51};
---だよなぁ・・・俺も生徒会の仕事に集中しようかと思ったんだけど・・・(やらないのー?なんて友達に言われるとついつい気にしてしまう)&br;変化・・・へぇ・・鬼っていうと力自慢なイメージだったけど、結構テクニカルなんだな?&br;(ふむふむと考え)変化っていうと自由な発想が武器って感じになるよな?日用品に化けたりして -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-15 (金) 19:44:33};
---&COLOR(darkred){お祭りが気にならない高校生なんていません、だな 成哉はとりあえずメイド喫茶な 女装ポジ、美味しいぞ (にこ……)&br;ああ、例えば羅城門の鬼は女と老婆、桃太郎の鬼の元になったヤツなんて鳥とかにも化けたんだとさ だから俺も、やってやれない事は無いって思って&br;日用品か! 無機物は考えなかったな、とりあえず女と爺さんと猫には化けられるようになろうと思ってるけど (入門編に)}; --  &new{2020-05-15 (金) 19:55:40};
---ねーわ・・・ねーわ(二回言った)まぁ裏方で飲み物や菓子を出すくらいなら・・・?&br;(ほうほうと頷きながら話を聞いて)変化っていうと隠れるのに使うイメージだったな・・・いつも見てるロッカーとか机とかになられると気づかなそうだ&br;・・・女?(眉根をよせる・・・)・・あんまみたくないな・・・(親友だと思ってる奴が急に女になったとか笑えない) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-15 (金) 20:04:01};
---&COLOR(darkred){アリスが見たら、ツボに入った後無言で連写してきそうだよな 俺はそれが見たい (にやにやしつつ) まあ、そうでなくてもキッチンスタッフとかは普通に必要だろうしな&br;ふむふむ、そりゃ面白いな そういう隠れる為の変化も考えてみるか…… (そんな所を言ってると、顔をしかめる成哉)&br;ふ、意外と可愛かったり渋かったりするかもしれんぜ? こんな感じにさ ([[ぱぱっと描いて見せ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035545.jpg]]) 俺は渋い爺さんに化けたいな……こう、剣豪的な雰囲気の}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-15 (金) 20:10:45};
---くそ・・・ウケるんならいいけどよ・・滑ったら最悪だぞ(絶対やりたくないって顔)&br;(さららっと描かれた絵をみる)・・・可愛いかどうかじゃない、友達が化けてるって時点で引くんだよ(ひどい、でもイメージ図が可愛い事は認める)&br;油断させる為に化けるんならともかく、自分を大きく見せる為に化けるのはどうだろうな・・・そう言うのは実力が伴ってからなっとけ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-15 (金) 20:18:28};
---&COLOR(darkred){むしろ滑るのが見たい (そして写真に納めたい友人心)&br;怪異と友達なんだ、一般的な倫理観念は諦めて貰おう! こちとら生後半年だ (がはは、と豪快に笑って見せる)&br;まあなー、見た目だけってのが一番格好悪いしな 同じ老人ならよっぼよぼのふがふが爺さんの方が良さそうだな}; --  &new{2020-05-15 (金) 20:45:54};
---くそぅ・・・(まぁ面白いのかもしれない・・しれないけどやっぱヤダ・・・)&br;言われてみればそうだった・・・ま、どんな風に化けるのか楽しみにしてるよ(縁側でお茶飲んでそうだと笑いつつ暫く談笑していきました) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-15 (金) 20:49:41};
-// -- [[総痍>IG/0026]] &new{2020-05-15 (金) 20:52:47};
--//☆ -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-15 (金) 21:26:44};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-16 (土) 01:19:28};
-&COLOR(darkred){あの大きさでも対応できたな ……面での攻撃には弱いけど、点を捕らえられればいけない事もないか&br;(蜃討伐の後、独りで空き教室の寝床に戻り身体の怪我具合を確かめる) 脇腹や足がぎしぎしいうけど、まあ折れちゃいないか……&br;さあ、次は学園祭だな 何しようか…… (まだ決まっていなかったのだった)}; --  &new{2020-05-16 (土) 01:21:42};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-16 (土) 01:21:49};
-吉広くーん!こないだありがとうねぇぇぇ!米俵持ってこようと思ったけどこないだもってったばっかりだから、これを…&br;(『おかず100選』と書かれた冊子…。表紙はほかほかの炊きたてご飯だ。ごはんが進むオカズのギフトカタログであり、卑猥は一切ない) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 20:53:36};
--&COLOR(darkred){ああ、おかずってそう言う…… (言わなきゃいけないような気がした)&br;もう残り半俵だけど、これでさらに消費が加速する……! 味もそうだけど、多いのが良い多いの!&br;まあ、それはともかく、有名もこないだの討伐お疲れさん 無傷で戻って来てくれて安心したぜ!}; --  &new{2020-05-16 (土) 20:56:51};
---あれ、もう半分って30圓阿蕕い發Δ燭戮舛磴辰燭鵑任后?(じゃあ米俵でもよかったかーと思った)&br;ええほんと、死ぬかと思いましたけど…。そういえば怪異って話通じない方のが多いの忘れてました…。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 21:08:34};
---&COLOR(darkred){育ち盛りだからな! なんなら米だけでも美味しくいただける だから有難うな有名、このおかずギフトも嬉しいぜ (ほくほく顔だ)&br;まあなー、俺も有名も、何なら例の昔話教えてくれた怪異も、ちゃんと話せるのだしな。サルと人間位の違いはあるんじゃないか?&br;あ、ねえねえ、これ美味そうじゃないか 家庭科室の冷凍庫とか借りれないかな (冷凍のカニとかのページ開きつつ)}; --  &new{2020-05-16 (土) 21:15:41};
---お山の怪異さん達は、基本長生きな方ばかりですからねー。怪異も退治されずに何十年も生きてると、&br;分別も知恵もつくのだそうです。あ、北海道産のカニセットですね!寒くなって来たのでお鍋とかいいですねー。焼いた甲羅を入れて炊き込みご飯も…お腹空いて来ました。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 21:23:43};
---&COLOR(darkred){何百年もかあ…… ……俺、何十年か経ってこの学校が無くなったらどうなるんだろうな (学校に縛り付けられている怪異として、ふと、そう呟いて)&br;鍋いいなー、今度赤ちゃん先輩も誘って、学校の怪異で鍋でもつつくか? 俺一人で晩飯食うのそろそろ寂しくてさ (候補、と丸つけて) 鍋ならこのちゃんこセットも良いな……もつ鍋とか……}; --  &new{2020-05-16 (土) 21:26:20};
---この学校、大正の頃からあるし、大丈夫じゃないですかー?いざとなったら、棲み処を結界化する方法もお教えしますよ&br;(有名はお山に何百年も棲みついてる集団の一員だから、暢気かつ楽観的である)&br;赤ちゃんこマント紙も誘うなら、チゲ鍋や火鍋セットですかねー?あれ?赤ちゃんこでしたっけ…? -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 21:40:33};
---&COLOR(darkred){結界化? なんと言うか、有名は色々知ってるなあ あれだな、怪異の先輩だもんな (俺なんて生後半年だし、と笑って) その時は頼む&br;赤マントちゃんちゃんこ紙、だったような気がする。俺はいつも赤ちゃん先輩って呼んでるし 俺辛いの嫌いじゃないし、そうするかなあ 有名は大丈夫?}; --  &new{2020-05-16 (土) 21:47:58};
---人の食べ物なら何でも好きです!えへー…人家に忍び込んで食べ物食拗ねてたら、いつの間にか怪異になってたぐらいですからねぇ私。(にへらとしてる、この顔、きっと正体は狸かなんかだ)&br;ああ、色が赤ければいいのであれば、トマト鍋などもいいですねぇ。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 21:53:18};
---&COLOR(darkred){いつの間にかって……なんと言うか、有名らしいっちゃらしいなあ こう、いたちとかたぬきとか…… ……狸だな (のんびりした目元を見て頷いた)&br;トマト鍋、そんなのもあるのか! 俺それ食べた事ないな ミネストローネみたいな感じなのかね 締めはパスタでも茹でるか……(トマト鍋のページに折り目をつける)&br;そいや、有名って夜学校に居て大丈夫なやつ? というか家とか大丈夫か? (夕方にやって先生とかに鍋見つかるのもアレだし、と)}; --  &new{2020-05-16 (土) 21:56:48};
---(チーズを入れて、リゾットもいいですよ!とおすすめしつつ)&br;ふふんっ人目を盗むのは得意なんです。(自慢していいのかなこの能力。怪異トークできる相手で、気が緩んでんでしょうね、頭ぽんぽこだから)&br;むしろ、吉広君や赤ちゃんマント氏が、うちに来れないかなーとか。うちはお山の怪異の森ですし。&br;私が学校通ってるのも、ここからお山につながる地脈があるからですしー。でも場所が設定に盛り込まれてるとやっぱり難しいのかな -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 22:09:08};
---&COLOR(darkred){おっしゃれー、じゃあ、鍋の時はチーズも買って置かんとな (購買で注文しておこう、とか考えつつ) そいや討伐戦でも最初身を隠してたもんな&br;隠形とかそういう術に属するのかね 今度教えてくれよ、出来るかどうかは置いといて面白そうだ! (素直に有名の長所として認めてる少年だ)&br;んー、どうなんだろうなあ 色々調べたところ、俺はどうやらこの学校の領域って言うのが重要みたいでさ 俺の元になった奴が守ってた山だったみたいで&br;(自分の正体をある程度把握してきたのか、そんな事を言って) でも、ここから出られるようになったら、一緒に行ってみたいもんだな}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:13:22};
---ふひひ、原理は意外と単純なので、命も助けてもらったのでお教えしましょう。&br; (そして、吉広の話にふむふむ、とうなずいて)&br; 昔から、お山は異界化しやすい場所ですし。因縁があるのならなおさらですねぇ。&br; 伊上の土地と縁の古い怪異なら、きっとみんな歓迎してくれるので、私も協力しますね! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 22:23:18};
---&COLOR(darkred){やったぜ! 隠形憶えたら俺も有名と一緒に悪戯に出ようかな ほら、俺怪異だし、学校の怪談の一つでも増やしてやろうかなって (悪戯小僧の笑顔だ)&br;はは、まずは俺のルーツを何とかしなきゃって感じではあるけどな 少しずつ進んでるんだが、こう、確たる転機ってのがなぁ……俺はここ半年の記憶しかないから、ルーツについて調べても全然しっくりこなくてさ}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:26:07};
---いいじゃないですか、いいじゃないですかぁ、ノリノリですねぇ。協力しますよ!&br; (有名もいたずら好きな性質なのだ)&br; 伊上村の赤鬼のお話には、なにかピンッとくるものあったんですよね?&br; では、同じぐらいの時代の昔話を他にも…と言いたいんですが。&br; お爺ちゃんも歳ですので、昔話はよく覚えてても、ぶっちゃけ「いつ」って部分が曖昧なんですよ…。&br; つい最近って言って100年前の話するようなお爺ちゃんですし…。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 22:31:15};
---&COLOR(darkred){やっぱあれかな! 旧校舎の隅のトイレで「はーあーい」とか、窓に血の手跡とか! 音楽室に忍び込んでピアノ弾いてみるか? あ、俺チューリップの歌しか弾けねえや (こわくない)&br;うん、と言うか (頭を掻いて) どうやら、俺、その鬼らしい ……で、夜中に徘徊してるんだと いや、まだ状況証拠だけなんだけど それっぽいんだ&br;もしそれが本当なら、俺の意識は生後半年だけど、魂としては千年以上昔かも知れん ……その爺さん何歳だ!?}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:41:38};
---わー、絶対お山の仲間と息が合いますよ!吉広君がきたら若手仲間が増えるとおもったのに!&br;(そういう有名も実は明治大正のうまれである、多分ね)&br;蛙殿とかは平安時代の生まれだっていうし。お爺ちゃんも、まだわしが若かった頃ー…って言って、室町時代の話するし…。&br;犬が持ってたごすじんの品物が土偶だったから、たぶんあいつ、縄文時代の犬です。たぶん。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 22:47:35};
---&COLOR(darkred){ま、この見立てが本当でも、俺は生まれたてなのは変わんないぜ よろしくな、有名センパイ (からかう様に笑って)&br;え、何それ、その犬網怪異じゃなくて神様かなんかなんじゃねえの……下手すると天孫降臨レベルじゃねえか……!}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:58:17};
---犬ですよ?ガチでタダの柴犬。舌が肥えてて玉ねぎとか食べても平気なだけの。&br;ああでも、なんでしょう、先輩って言われるのはなんだか照れますねぇ、ふへへへ。はい!先輩がんばります!それでは、そろそろもどりますね。今度はお鍋に良い具とかもってきます! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-16 (土) 23:04:56};
---&COLOR(darkred){確かにそれは犬じゃないな……ネギ食べれるとかやっぱ怪異だな&br;はは、照れてやんの (先輩と言われて嬉しそうな有名を見て笑い、) おう、また今度なー! (そう言って手を振った)}; --  &new{2020-05-16 (土) 23:17:25};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-16 (土) 21:15:59};
-(夜の教室に集まる)侍・・うまくいくよな -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 21:41:38};
--作戦は完璧、侍は万全、きっとうまくいくわ&br;準備ができたらお侍を廊下に出しましょう -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 21:45:26};
---私たちの情熱の結晶だもの。きっと……きっと大丈夫。(それでもコントローラーを握る手が汗ばんで) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 21:46:23};
---あぁ・・そうだな(緊張している様子のアリスの肩をポンと叩いて)&br;一応、最後にもう一回作戦を確認してもいいかな・・ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 21:50:10};
---お侍を廊下に出して、スピーカーを通して件の呪文を唱えながら学校を回る&br;現れたら戦闘開始、十分に戦ったらなるべく自然に負ける&br;細かい動きは操縦者に任せるわ -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 21:55:44};
---(肩を叩かれると、微笑んで)大丈夫。いけるわ。(肩の力が抜けて)&br;さて……起動させるわよ。(バイザー型のデバイスで視界を共有して) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 21:58:19};
---(うんと頷く)了解です&br;じゃぁ・・そろそろ出しますか(頼むぞーと言いつつ戸を開けて) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 22:04:45};
---モニターもバッチリ、感度良好(こちらはモニターでチェック)&br;でも、お侍視点だけだとよく見えないわね……ドローンがあれば…&br;あ、そう言えば……(ゴソゴソカバンを探る)あったわ、ドローン!&br;これをサブモニターにつなぐわね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 22:08:28};
---ドローンなんて持ってたんすか会長(わくわくしてきた)&br;アイツに気取られないように注意しましょう -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 22:11:28};
---(侍ロボを校舎内へ歩かせる。動作はスムーズ、コンディションはグリーン)&br;(夜の校舎は真っ暗で、それでも視界に苦労しないのは天才の技術を実感させた)&br;そろそろ音声、お願い。(短く呟いて) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 22:14:43};
---(録音のスイッチを入れる・・・)『鬼や来い・・・鬼や来い・・・』(と響く事になるだろう) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 22:30:57};
---&COLOR(darkred){(響き始める音声 アリスの操る侍ロボットは作り物とは思えない滑らかさで廊下を歩いていく)&br;(普段使っている学校の廊下、掲示板に貼られた文化祭の出店の広告 賑やかな世界が夜になると一転して、闇に沈んだ虚ろな世界)&br;(30分ほどだろうか、そうして歩いて学校外を回っていると…… ……廊下の端の階段が、見えてこない 壁の掲示板を見るのは何度目だろうか)&br;(アリスがロボットを振栄還らせると、先程上がってきた中階段もなく ……一瞬、回線接続が乱れる)&br;(揺れる画面の中、アリスは音を聞くだろう どこまでも続く廊下のその先から、唸り声 這いずる音 どす、どすと重い物を床に打ち付ける音……近づいて来る、何か)}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:37:38};
---(暫く見守っていると・・・廊下の端が見えなくなる)入った!(音声を止める)&br;来るぞ、アリス -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 22:39:56};
---……来た…(コントローラーを握ったまま、呟く)会長、陣楼。間違いない?&br;(モニターの向こう側なのに、恐怖を感じる。その存在の凄まじさが、静かな夜の学校に在る違和感にも)&br;(異界と化した廊下の中で、ゆっくりと刀を抜くボタンを押した) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 22:41:04};
---大丈夫だ(安心させるように肩を叩いて)俺がとった録画は前に見ただろ?あれと同じのが出るだけだ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 22:42:25};
---(倉守じるしのお守りがビシビシ悲鳴を上げる)&br;お守りにも反応が出たわ 始めるわよ(パラパラお侍会話集をめくる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 22:47:28};
---&COLOR(darkred){(怪異の領域の外にいるはずなのに、白鐘のお守りが軋むような音を上げている)&br;(モニター越しの画面は少し乱れ、ねじれているが、アリスの視界は明瞭 ロボットの作り手の力量が現れていた)&br;(どす、と音がして、ズルズルと長い物が引きずられる音 それが近づいて来る恐怖に打ち克ったアリスの視界 闇の中に現れたのは、白い布)&br;(ゆらゆらと揺れるそれは祭事に使われるような白と黒の文様 しかし、) おお、おおお…… (どすん、と視界に入ったのは、赤黒く禍々しい、逞しい腕)&br;(その腕が床を掴み、身体を引き寄せれば……) おお、おおお……っ (アリスの視界、廊下を埋める巨体 岩を削りだした様な身体、振り乱した赤い髪)&br;(そして、三にんともが見覚えのある身体の刺青 ……修学旅行の時に、画面の向こうではしゃいでいた少年と同じ形の……)&br; &br;うらみ、はらさで…… (ぽつり、と呟いた、次の瞬間であった)&br;……おおおおおおおくべきかあああああああああっ!!!! (どっどっどっど、と地響きを立ててそれが迫ってくる!)&br;(頭を振り乱し、爪を立て、壁に身体がぶつかるのもいとわず巨大が迫る、原初の恐怖を掻き立てる光景!!)}; --  &new{2020-05-16 (土) 22:54:01};
---……出るだけ、ね…(陣楼の手の温もりに勇気をもらって心を奮い立たせる)&br;お守りがそんな音を立てるのって……並じゃないわね…&br;(そして視界の向こうに在る、圧倒的な恐怖!!)&br;(落ち着け、あれだけ練習したんだ。私は……ロボ部はやれる)&br;(コマンド入力。抜いた刀を振りながら後方に下がる斬り下がりだ)&br;(剛性に難のあるこの機体、生かすなら得意を押し付けるだけ) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 22:58:47};
---吉広・・・(現れる異様に、思わず小さく呟く)&br;相も変わらず、おっかねぇ出方しやがるっ(よしいけいけいけ!っと応援) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 23:01:23};
---布が治ってる……やっぱり、力技でなんとかしても消えるタイプじゃなかったわね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 23:04:30};
---&COLOR(darkred){(切り下がり その切っ先が間近に迫った鬼の動きを止める 成哉達が遭遇した時とは違う、様子を見る様な……)&br;……貴様、は…… (顔を隠す布の奥、地の底から響く様な声) ……貴様はぁあああああああっ!! (そして咆哮)&br;(それは怒りと怨嗟に満ち満ちた怒号 バリバリと古いテレビのようにモニターが乱れ、アリスの視界も揺れる)&br;(次の瞬間、侍ロボットを打ち付ける腕の衝撃 アリスの視界が一瞬で鬼から離れ、床を映す)&br;(ドローンカメラの映像は、金属の侍が何mも吹き飛ばされたのが見えるだろう 重量は見た目以上にあるにもかかわらず!)&br;(姿勢矯正機能が働いたか、アリスが慌てるよりも先に侍は経ったが、既に眼前に迫る巨体)&br;(天井を掠めながら、真上からの拳の打ち下ろしだ!!) 見つけたああああああ!!!}; --  &new{2020-05-16 (土) 23:09:28};
---真田丸……!!(これほどの憎悪が、これだけの年月を経てまだ捨て置かれていたことに感情が揺さぶられる)&br;やる、だけど……まだ!!(前方に転じながら上方に広く刃を振るう、前方転回ツバメ返し)&br;(ここまでプランは順調、それでも気は抜けない) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 23:13:52};
---うぉ!?キレるなぁ・・というか・・・(明らかに以前より強くなっているような・・・やはり恨んでいる相手には力が強まるか)&br;(激しく乱れる視界・・・こんな状態でまともに戦えるのか・・・?)会長!ドローンを侍の後ろに配置できますか?(FPSよりTPS・・・俯瞰視点の方が立ち回りしやすいかもしれない) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 23:15:10};
---(画面を通しても十分に伝わってくる臨場感 しかし恐怖はない)&br;(怖いと思うより先に哀しくなったからだ 鬼はすでに相手を疑っている様子もない、用意した受け答え集の必要もなく、じっと画面を見つめる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 23:16:08};
---わかったわ(ドローンを巻き込まれないように二体から離しつつ、できる限り状況が見やすい位置へ動かす) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 23:17:11};
---&COLOR(darkred){(翻る侍の身体、跳ねあがる剣閃 二度の音の後に血華が咲く 巨腕が裂かれ、血を流す 壁に、床に、血が飛び散る)&br;ごお、おおおっ! (しかし鬼は止まらず、鉤爪を振るい侍を捕まえようとする) 貴様、なぜ、なぜワシを殺した……っ&br;この、怨み、この恨みはらさで、おくべきかああ!! (剛腕暴風 技術ではなく、暴力だ)&br;(手数、回転数、威力、それは段々とアリスを追い詰めるだろう 速く、乱暴で、凶暴 教室の中にまで地響きが伝わってくるようで)&br;(……いや、事実、揺れている 結界の外にまで衝撃が伝わるような怒気、威力)}; --  &new{2020-05-16 (土) 23:22:36};
---(視界を切り替えながら戦う、しかし怨嗟と共に振るわれる暴力が、次第に侍を追い詰めていく)&br;……こんな怒りの気配を感じ取ったのは、初めてかも知れない…(表情を歪めながら、剣戟と共に下がり、追い詰められる)&br;二人とも、もう持たないわ。ドローンの調整をよろしく。(コントローラーを持つ手に汗が滲む) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 23:26:17};
---・・・容赦ねぇな・・(早い・・早すぎる・・・変身していてもどこまで反応できるか)自然に負けるっていうか・・・普通に勝てない奴だぞこれ・・&br;・・・っ(部屋が揺れる・・・以前の遭遇の時に感じた事ではあるが・・やはり)・・・廊下以外にも出るって噂は・・マジだったか・・・&br;(アイツは、自分の存在を拡大させようとしている) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-16 (土) 23:30:11};
---(数百年の怨嗟と怒り こんなものを真田丸くんは内に秘めていたのだと思うと言葉も出ない)&br;真田丸くんもこの学校の生徒だもの……なんとかしなきゃ(ドローンをさらに下げる それでも画面は補正も追いつかないくらい衝撃で揺れる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 23:35:32};
---&COLOR(darkred){ワシを封じ、長者にでもなったか 友を裏切り、英雄とでもなったか 憎らしい、恐ろしい、どれほど貴様を怨んだか……っ&br;(怨嗟と共に振るわれた拳が壁を打つ 瞬間、教室に伝わる揺れがアリスの手の中の汗を滑らせた)&br;(数コンマ秒の操作ミス、その隙に、侍は巨掌の中に納まっていた)&br;どれほど、どれほどおおおおおっ (ぎりぎりと締め上げる アリスの視界、カメラがバリバリと乱れ始める)&br;(アリスの視界一杯に、無機質な顔布 黒く塗られた丸が瞳のように侍を覗き込む)&br;(侍の耐久力が限界に達する、その時だった) ちがう (激昂の声から一転して、地獄の釜から滲むような、低い声) 違う 違う 違う&br;(顔が近づく、顔が近づく アリスの視界一杯に、黒)&br; &br;''お前は誰だ''&br; &br;(次の瞬間 アリスの視界が揺れ、ドローンの視界では、鬼が、壁に向かって侍を)&br;(叩き付ける轟音、揺れ 人型の物がひしゃげる衝撃的な映像 家畜の血が飛び散り、凄惨な様相を呈する廊下 アリスの視界に血が飛び散り、その向こうに鬼の顔)&br;(そして、鬼の頭だけがぐるんと動く その先には、ドローン そしてさらに動く ……)&br;そこ、かああああああああああっ!! (モニターの声と、現実の声が、重なり合う)&br;(刹那、轟音と共に教室の壁が破られる 三人の目の前に、くず鉄と化した侍ロボットの残骸)}; --  &new{2020-05-16 (土) 23:45:54};
---まずい、捕まった!(間近でみられれば、作り物と生き物 違いは一目瞭然だ)&br;(鬼の動きが……怒りが想定を凌駕していた 真田丸くんに警告されていた事態だ しかも)&br;つなげた!?廊下とここを!?&br;ふ、ふたりとも、逃げて!(お侍の残骸が頭上をかすめ、2人と鬼の間に割って入ろうとする) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-16 (土) 23:51:00};
---しまっ………(侍が鬼の掌中に捕まり、音を立てて締め付けられる。視界からまるで自分が殺されかかっている感覚を覚えた)&br;え?(カメラが乱れ、顔布がこちらを睨みこむと、恐怖に息が詰まった)&br;あ………あ…(震えた。知られた!! 見られた!! 気付かれた!! 鬼に───悟られた!!)&br;(恐怖と連動するように視界を染める血、そして)&br;&br;(恐慌に駆られ&ruby(バイザー){夢の瞼};を外す。教室の中に、それは飛び込んできた。その残骸は未来の私だ。そう心のどこかでどこか他人事のように思った)&br;いや……いや…………… -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-16 (土) 23:51:52};
---(「違う」そう聞いた瞬間、ぞわりと総毛だつ・・・かつて抱いた悪い予感・・・もしこの作戦がばれたら・・・鬼はまた、人に裏切られる事になるという事・・その怒りたるや図り知れまい)&br;アリス!・・・アリス?(拙い、茫然としている・・・アリスは直に会うのは初めてなのだ)&br;くっそ・・・来るぞ!(鍵を手にする、色は・・・)・・・っ(赤、力自慢相手に力でぶち当たる事はしたくなかったが・・今は誰かがアイツを受けとめなければ)&br;(間に入ろうとする会長を推しとどめる)女の子盾にする男が何処にいる!・・会長はアリスをお願いします(少し強引に後ろへやると鍵をベルトに挿入する)&br;変身!(姿が変容する・・体毛が生え、身体が大きく膨れ上がり2mを優に超える・・・狼男と聞いて一般に思い浮かぶ姿とは大きく異なる・・・言うなれば狼顔のゴリラといった様相の怪物と化す)タイプヘビィ・・&br;こいやぁぁあぁ!!(がっつり組み合い押しとどめようとする) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 00:05:29};
---&COLOR(darkred){(ずるりと穴から身体を滑り込ませる巨体 それに続くのは、廊下では目立たなかった長い長い巨木の様なヘビの下肢)&br;(大鬼が両腕を鷲のように広げる 今朝教師が板書をしただろう、いつか生徒が落書きをしただろう、大きな黒板を隠す様な、巨体、異様 威様)&br;(三人の目の前にいるのは、蜃の生み出した幻ではない、本物の、鬼) たばかったか、私を……あの者の、姿など、真似して ……あの者の、剣の動きを、真似して&br;(訥々と零す声は独り言のように その声は先程とは違う、恨みではなく、悲しみ、絶望のように聞こえただろう しかし、すぐに)&br;ワシを殺した、あやつの真似などして……シャアア……このワシを舐めたか、童共っ (ふつふつと滾る怒り、それはすぐに臨界に達する 響く方向は窓ガラスを震わせ、皹を走らせる)&br;(二人を守ろうと飛び出した白鐘に伸ばされた腕 それを途中で止めた怪物の腕 布に隠れた顔がそちらを向く) ……シャアア……面白い…… (蛇が威嚇するような声)&br;(そして力比べをするように両腕を組み合わせて ……) ほうれ (力を籠める 巨体、剛腕 重量級の成哉をねじ伏せる様な超重量、剛力!!)&br;ほうれ、どうした ……シャアア……力自慢が、ワシに敵うかぁああああっ!! (拮抗がじりじりと崩され、背に護る二人の方に成哉が押される……!)}; --  &new{2020-05-17 (日) 00:16:11};
---足の早いじんろくんが連れて逃げなくてどうするの!(叱責を飛ばす)&br;この侍を考えたのも、この作戦を考えたのも、あなたを……真田丸くんを騙したのも私よ!やるなら私にしなさい!その2人は関係……なくはないけど、大将は私、白鐘水仙よ!(組み合う二体の横に周り、一歩踏み出す)&br;じんろくんも、戦っちゃだめ!(以前、戦ったときのことを思い出している)&br;(あの時、鬼は自分たちを恨むと言い放った 攻撃すれば積もりに積もった怨嗟に油を注ぐようなものだ)&br;(なにより)真田丸くんをこれ以上傷つけないで! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 00:21:12};
---・・・・・っ・・ざ・・け・・・っ(押される・・それも軽々と)&br;んぐ・・・ぐ・・・っへ・・吉広・・・随分口が達者になったな・・・始めて会った時はそうでもなかったと思ったけど?(大分苦しい状況でも憎まれ口は叩いておく)&br;(ぐぎぎと押されながら)アホですかアンタは・・・(これが戦いと言えるのか・・一方的な蹂躙としか思えない) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 00:24:44};
---(咆哮がガラスに皹を入れる。規格外、こんなのどうしようもない)&br;(恐怖に叫び声を上げそうになった直後、二人が弾かれるように前に飛び出していく)&br;(何をしている? 悲劇のヒロインぶっている場合か、バカアリス!! 今のままじゃ、二人が!!)&br;(直後、横合いから撃たれたコイルガンから射出された導体が蛇の部分を穿つ)……&ruby(ジャバウォック){空論の獣};…&br;真田丸!! 会長と陣楼はやらせないわ!!(泣きながら大声を張り上げて、自分を奮い立たせた) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 00:28:27};
---&COLOR(darkred){『真田丸』? (白鐘の叫び声に声を返す その瞬間、成哉を押す力が止まる その隙に弾かれた一撃が蛇の鱗を打つ 痛みに怒りの咆哮)&br;ジャアアアアッ! 『真ぁ田ぁ丸ぅ』 真田丸と言ったか かかかかッ ワシを真田丸と!!&br;(笑い、笑い、笑いながら声に怒気が孕む 握り合った成哉の手が握り潰されそうな位に力がこもっていく)&br;あの侍を探しているのは、ワシの方じゃ! おお、おのが友を裏切り、ワシを封じた、憎き侍め!!!&br;どこじゃ、どこに隠した! 吐け はけえええええええっ!! (そのまま、成哉を振り回し、白鐘に投げつけた!!)&br;あの鬼と共に、ワシを殺そうとしたあの侍の血肉を食らわねば、口惜しくて死ぬことも出来ん&br;(地面に両腕をつき、ずるりと動かす蛇の身体 たわむ身体 ぬらぬらと輝く赤いヘビの鱗が波打ち、力が溜められ)&br;どこじゃあああああああっ!! 出て来い、真田丸吉広ぉおおおおおっ!!&br;(壁が、照明が、黒板が、机が、波打ち叩き付けられる蛇の巨体に壊されていく! 暴風のような攻撃は三人にも襲い掛かる!!)}; --  &new{2020-05-17 (日) 00:38:56};
---わ、私アホじゃないわ!(教室に司令部を置いたのは失敗だった コイルガンの跳弾が教室を壊さぬよう、下着を押しのけて現れたタコの触手のようなものが受け止める)&br;せ、せー……きゃっ!(今度は狼男の巨体が飛んでくる)&br;(それも触手を使って受け止めるが)きゃあっ!(成哉をアリスの方に下ろすと、今度は降り注ぐ破片に頭を抱える)&br;ど、どういうこと!?真田丸吉広はあなたじゃない!それに、侍はもう死んでるわ エルフでもなければだけど……(成哉とアリスの方に大きな飛来物が行かないように触手を室内に伸ばしてガードを試みる)&br;ここはもう、江戸時代じゃない、令和の伊上市なのよ&br;もう、あなたが恨む相手はいないわ(ガツンと飛んできた机がおでこに当たり、血がにじむ 泣きそうな顔をしながら鬼を見据える) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 00:51:40};
---・・・?・・(「鬼と共にワシを殺そうとした・・・?」蛇のような声・・閃くものがある・・・・おれは・・とんでもない思い違いをしていた)&br;(手が・・潰されそうになる・・・痛みなど左程感じない筈の人狼の体が、悲鳴を上げ始める)&br;ぅぁ!?(とんでもない・・暴風めいた力に煽られ、飛ばされた・・・会長が受け止めてくれる)すんません・・でも・・(息をすい・・吐く)・・&br;そう言うことかよ・・・頭が鬼だから・・・・惑わされてたぜ・・・この蛇野郎!!アリスっ狙うのはアイツの下半身だ!&br;眼ぇ覚ませ!赤鬼!真田丸吉広!!二人揃ってそんなクソ蛇に負けんな!(鍵を差し替える・・赤から・・・銀へ)&br;(タイプヘビィの体格を保ったまま・・・否、ともすればそれ以上に体躯を巨大化させながら、より太く、長く鋭い鉤爪を生やす・・・二足での歩行が怪しくなり軽く手を突きながら、されど爆発的な勢いでもって突進していく)&br;(タイプベルセルク・・・人狼症患者が本来なる、神話の時代から連綿と恐れられてきた怪物の姿がそこにあった)ウォオォォオォオォオォ!!! -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 00:55:41};
---(ガラスのシャワーを浴びて頭の一部が切れたのか、頭を伝って額へと血が流れる)&br;(会長は私を守ってくれていて、陣楼は……陣楼?)そういうことね……&br;(陣楼の言葉に口の端を持ち上げて笑って掌にブロックの粘土を錬成する)&br;蛇妖!! あんたにプレゼントよ!!(蛇の部分に粘土を投げると、形を変えて粘りつく)&br;&ruby(モーメントブラァスト){瞬間変異爆破};!!(掌を握ると、教室内という状況と陣楼や生徒会長を巻き込まない配慮を鑑みた)&br;(ああ、それでも生物を爆ぜて殺すに相応しい小規模な連鎖爆発が起こった) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 01:00:58};
---&COLOR(darkred){シャアアア……っ 侍が死んだ? かかかか、ワシの毒が回ったか? かかかかかっ!! (白鐘の言葉を信じたようなそぶりを見せたが、)&br;さにあらば、童共、起き抜けの飯にしてやろう 一口で喰ろうてやろう&br;村の生贄の代わりじゃ、かか、かかかっ! 邪魔な鬼もおらず、真田丸もおらねば、邪魔するものはない! (凶悪狂乱 その様子に少年の姿はなく)&br;目を覚ませ? 目を覚ましておる この恨み、あやつが死しても晴れるものではないわァ!! 貴様らが終われば、この地の者を食ろうてやるわァ!!&br;(蛇尾が振るわれ、弾かれた椅子や机が驟雨の如くに三人に襲い掛かる!)&br;(しかし、届く前にアリスの起こす爆発に巻き込まれそれらは爆ぜ消える 窓ガラスが割れ、月明かりが差し居る)&br;シャアアアア…… (赤黒い異様の鬼 その身体は鱗に覆われていた 蛇の侵食 蛇の呪毒が全身に回り始めている……)&br;娘、貴様奇妙な力を持っておるな……目障りな……目障りなッ!!&br;ジャアアアッ!! (蛇の身体をばねのようにとぐろ巻き、全身の力を弾かせて急襲 弾丸のようにアリスに襲い掛かる!!)}; --  &new{2020-05-17 (日) 01:09:29};
---(アリスに襲い掛かるその鬼に)グルルァアアァアァァァァ!!!&br;(吠え、駆ける・・力強くも鈍重だった先ほどとはわけが違う、砲弾のような勢いでもって下から跳ね上げるようにして体当たり、注意をこちらに向けようとする) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 01:20:07};
---も、もうめちゃくちゃじゃない!(室内で起こる連鎖爆発はまるで精緻に計算されたように、この混乱した狭い教室に飛び回る破片のみを消し去る)&br;どういう……こと?(言動がおかしい ような気がする まだ考えなければいけないことがあるのか?見落としてる要素が?)&br;(その一瞬のスキを突くように鬼の軌道が変わる)&br;まずい!(背を向けて2人に突進する鬼 その視界の片隅に、着物を着た鉄の人形が見える)&br;じんろくん!アンダーソンくん!2人を!&br;(それは、とっさの呼びかけに応えたのか それとも破損によって操作系統が狂ったのか)&br;(きしんだ金属音を立て、鉄の侍が2人をかばうように鬼の目の前に立ち、二人の代わりに鬼の突進を受けひしゃげ、バラバラになる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 01:26:11};
---…!!(かばうように立ち上がった鉄の侍のフレームがバラバラになり、陣楼がカバーに入る)&br;(こんな悲しみを繰り返してはいけない、こんな悲しみの中心に真田丸を置いてはいけない)&br;ブシドー……あなた最高のユニットだったわ…(短く彼の死を惜しむと、足元を強く踏む)&br;&ruby(ジャバウォック){空論の獣};!!(足元から伸びる鉄槍の数々が蛇妖を執拗に狙う) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 01:31:52};
---&COLOR(darkred){(はじけ飛ぶ機械の身体 その様子に蛇鬼は、いや、鬼の顔がそちらを向く) 真田丸! (それは大きな隙だった)&br;(衝撃 咆哮と共に躍りかかった狂戦士のかち上げで上体が浮く) ジャア、アアアア……ッ この、けだものごときがあああああッ&br;(鱗に覆われ始めた腕で、成哉に掴みかかろうとした、その時 アリスが生み出した槍が床から伸び、長い蛇体を貫き串刺す 固定される身体)&br;この、童ごときに、この大妖ガッ 竜を呑んだワシがッ!! (蛇がのたうつがしかし、アリスが念じればさらに増える槍)&br;ガッ カッ……この、ワシ、が……ッ (血にまみれた教室の中、弱っていく怪異の姿)&br;足が動かない……っ 動けない……ッ ……これ、は…… 私は…… (痙攣する蛇の尾、そして、力を無くした鬼の声 蛇とは違う、落ち着いた声)&br;(成哉が力を込めれば、そのまま床に巨体を抑えられるだろう 地響き もがきもしない巨体は、布に隠れた顔を上げ、)&br;……童達よ、教えてくれ ……侍は…… 真田丸は、死んだのだな (地に伏したその姿は、まるで、死にかけた蛇に鬼が丸のみにされてるような……)&br;侍は…… この蛇を、ここに封じられたのだな ……村は、村は、守られたか? (伝承とは違う、長生きした怪異の話とも違う ……鬼の声は、穏やかで)}; --  &new{2020-05-17 (日) 01:47:29};
---(押さえつけた腕の中、蛇が弱まるのを感じる・・・鬼が・・優しい鬼が現れたのを感じる)&br;(鍵を銀から灰に変える)・・・あぁ・・守られたさ・・お前達が守った・・・だから、今もここに町があるんだ&br;・・・お前・・名前何て言うんだ? -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 01:58:00};
---(ズシンと床が抜けそうなほどの轟音を立て、それきり静かになる教室)&br;(荒れ果てた床を怪我しないように『鬼』に近づいていく)&br;(鬼の枕元にしゃがみ、そっと白い布を退ける)&br;村は……もう無い 今は100万人が暮らす都市になったわ(藤色の瞳が鬼の瞳を覗き込む)&br;あなたの知っている真田丸吉広も、もう亡くなったはずよ(額の傷から鬼の顔に血が垂れる)&br;でも、私達の知っている真田丸吉広は生きてる……あの子を、返してくれない?(逆光の月明かり 影の落ちた顔は今にも泣きだしそうだ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 01:59:20};
---何が大妖だ!! 見苦しい蛇が不幸の中心に居座るな!!(一喝して涙を拭うと、自分の顔が頭から流れる血に濡れていることに気付いて)&br;ごめんね、陣楼。ちょっと汚れちゃった……(私ってばしょうがないなぁと笑って) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 01:59:51};
---いいさ・・・そんなことで、アリスの魅力は霞まないから(なでなで) -- [[人狼成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 02:11:13};
---&COLOR(darkred){そうか、そうか……村は守られたか…… 私は、それだけが気がかりで…… ああ、そうか……&br;(成哉の言葉に安心したように息を吐く そして、顔布を上げられれば、少年と同じ血と蜂蜜が混ざったような不思議な色の瞳が三人を見て)&br;……夢を、見ておった ……童、お前達が、色んな子供達が、私に笑いかけて…… 名も無い、ただの鬼に……鬼としか呼ばれなかった、私を、名で呼んで……&br;ああ、人に、囲まれて……私は、……私は……幸せであった…… (その目を閉じかけ……しかし、白鐘の言葉に目を開ける)&br;……はは、そうか、そうか…… 私が、真田丸吉広と そう呼ぶ者たちが、居るのであれば それは私ではない 【俺】だ&br;これからも、あの男の名前で呼ばれる……それも、良い…… (アリスの一喝 刺さっていた槍が弾け、蛇の肉は千々に千切れ飛ぶ 不浄の気配が、消え去る)&br;(残る鬼の身体で、鬼は力を振り絞り体を起こす) 童達よ、後は、頼む&br;……【俺】を、頼む ……お前たちが名を呼ぶ限り、【俺】は居続けられるだろう ……私は消える 【俺】を、迎えに行ってくれ……&br;(そう言って、鬼は笑った 厳めしい顔なのに、その表情は酷く人懐っこく そして、鬼の姿は消えた 跡形もなく まるで朝日に夜露が溶けるように)}; --  &new{2020-05-17 (日) 02:17:45};
---・・・・お前は強かったよ・・忘れない・・・これからも吉広として・・・アイツの力になってやってくれ(消える鬼を見守っていた)&br;(変身を完全に解除する・・落ちている上着を拾って羽織り)&br;吉広・・・何処にいるかね -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 02:24:47};
---さなっ……まう!(膝を付き、消えぬように慌てて鬼の頭を抱えようとする)&br;(だが、その手は空を切り、床の小さなガラスの破片の上に)&br;さな…まう…くん…(ボロボロと大粒の涙が溢れるが、すでにそこには鬼の頭はない 額から垂れる血と涙と鼻水が床に落ちるだけ)&br;か、かえしてよ……さなだまるくんをかえしてよ……(泣き声が夜の中に消えていく) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 02:28:48};
---返してもらいに行きましょう。(会長に手を差し出して)ハッピーエンドを、返してもらいに!&br;きっと、空き教室に……真田丸が過ごしていた場所にいるはずよ。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 02:31:52};
---あぁ・・・あそこか(行きましょうと笑って会長を促す) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 02:36:18};
---ふええええええ(めっちゃボロボロ泣きながら迷子の子供が案内されるように引っ張られていく) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 02:38:15};
---&COLOR(darkred){(そして、3人が向かった先 普段少年が寝泊まりしている教室を開ければ ボロボロな3人に飛び掛かる人影)&br;うわあああああああああんっ!! すまねえ! 3人ともすまねえ、怪我させたな、大変だったろ!! ごめんな、有難うなぁっ!!&br;(号泣しながら3人を纏めて抱き締める少年の姿だ) 【俺】、戻ってきたよ!!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 02:43:36};
---ふひゃっ(変な悲鳴)&br;ざなだまうぐんだあああああああああああぎえでないいいいいいいいいいぃいぃいぃいいぃい(涙と鼻水と血でグシャグシャになった顔をお腹に押し付ける) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-17 (日) 02:47:22};
---(がっと力強く抱き返す)てっめぇこのやろう!やっとわかったか(ちょっと泣きながら笑って) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-17 (日) 02:48:57};
---(三人まとめて抱きしめられると、笑って)ふふ。こんな怪我も苦労も、たいしたことないのよ。&br;ハッピーエンドさえあれば……ね。(こうして私たちは、大切なものを取り戻すことができた) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-05-17 (日) 02:49:53};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-17 (日) 11:18:20};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-17 (日) 11:18:36};
-&COLOR(darkred){(顔を洗う 軽く運動する 炊き立ての新米を食べて、一息つく)&br;色々思い出したけど、主となるのは俺か なんか安心したぜ (今日は、学園祭だ))}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 11:20:45};
-(真田丸吉広をめぐる事件に決着がついた翌日朝の事)&br;「こっち!こっちだべ!」 なんだって今朝になって・・・うわ何この教室・・・・ 「そっちじゃねぇだこっち!」 え、えぇ・・・&br;(真田丸のいる教室に近づいてくる声) -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 11:29:36};
--&COLOR(darkred){うん? (昼飯を食べている途中、聞こえてきた2つの声 空き教室の入り口に顔を向ければ、カラっと開かれる)&br;(二人が見たのは、空き教室の隅、畳敷きの間 正座して飯を食べてる少年の姿 教室には炊き立てのお米の良い香り) んぐ、どうした? えーっと、流河、だっけ?}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 11:38:27};
---え・・あ・・・真田丸くん・・?(なんで・・・?と思っているとりゅーちゃんが飛び出して)&br;「おぉ〜!オラの尻尾!!こんな所にあったー!(真田丸に縋る小動物)」 真田丸くんが・・りゅーちゃんの、尻尾を・・・? -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 11:42:19};
---&COLOR(darkred){おう (名を呼ばれて、頷きつつコンビニ惣菜の筑前煮を抓み) ここに泊まってんだ、家が無くて……って、おお!?&br;(ちっこいのが飛んできて腕やら首やらににょろにょろと) へ、蛇!? 俺蛇に良い思い出ないんだけどっ って、尻尾?&br;(その言葉に、財布を取って開けば、中から干物のような細い物) これか? (それをりゅーちゃんの前に差し出し)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 11:45:30};
---家がないって・・・ 「コイツ怪異だかんな」 え、えぇ!? 「学校についてる系だったけんども・・・なんか縛りの要みたいのが消えてるべな・・・それで出てきたのか・・」&br;「蛇なんかといっしょにすんな!オラは由緒正しい龍神だべ!(ふんすっとしてると取り出される細いの)」&br;「お・・・おぉ・・・こんなに細くなっちまってぇぇ・・・(おろおろ)けーしてけろー」 あ、あのね・・真田丸くん・・・私達、昔失われたりゅーちゃんの体を探してるの・・・それ・・その、頂けたら、嬉しいなって -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 11:56:53};
---&COLOR(darkred){おう、生後1000年、物心ついて半年のぴちぴちの若手怪異だぜ (もぐもぐ) こいつ米食うかな (りゅーちゃんに白米)&br;ま、色々あってな ちっこい割に偉そうじゃん タケノコ食うか (小動物にエサをやりたいタイプの少年だ 筑前煮もあげよう)&br;(そして経緯を聞けば) ん、良いぜ? (あっさりりゅーちゃんの角に刀をかけるように尻尾を置いて)&br;成程な、合点がいったぜ その身体を食ったから、うちの蛇が妖怪になったんだな ……神様よ、自分の身体は大事にしろよ? (呆れたようにりゅーちゃん眺め)}; --  &new{2020-05-17 (日) 12:03:16};
---千年は若手なんだ・・ 「くうー(白米もっちゃもっちゃ)くうー(たけのこもぐもぐ)」&br;・・・い、いいの・・・?よかった・・・ 「(恭し気に受け取れば・・・・)んぐっ(くった)」 たべた!? 「血となり肉となるって奴だべ・・・」&br;「(すぅぅっと神聖な感じにふわーってして・・・・・・すとんっと降りる)パワーアップだ!」 何も変わって無くない!? 「何言ってんだ全然違うべよ!」&br;蛇が・・妖怪に・・・? 「取り込まれて、覆われてたから、オラでも感知できなかったんだな・・」&br;「でも普通そこまで癒着していたら、引っぺがす時に相当な痛み・・・というか死ぬ筈だべが・・おめぇよく無事だったなー」 -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 12:53:04};
---&COLOR(darkred){わからん……気持ちとしては普通の男子高校生なんだけどな…… あ、かわいい (めっちゃご飯食べるぞこいつ)&br;って、それも食うんだ!? ……うん、何も変わってないように見えるな (りゅーちゃん本人にしか分からぬ変化) 女の子が前髪2仞擇辰燭箸そんな違い……?&br;そ、昔々野心家の蛇が神社のご神体を食べて妖怪になりました。悪い事する蛇は鬼と侍に封印されましたとさ。って感じ (かいつまんで説明して)&br;ああ、蛇も鬼も侍も死んだよ ……だけど、【伊上高校の真田丸吉広】って言うのを信じてくれた人たちが居るんで、こうして俺だけ残ったって感じだよ (相当痛かったけど、と夜の記憶も持った少年は顔をしかめた)}; --  &new{2020-05-17 (日) 15:02:52};
---普通の男子高校生の気持ち・・?(女子高生には分からない) 「『そういうもの』だという自己認識だべ、怪異にゃよくあるもんだ」&br;お腹いっぱいでそれはいらなかったらどうなるの・・・? 「ほら、別腹っていうべ?」 分からない・・りゅーちゃんが分からないよ・・・&br;「はりぼてに首しか入ってなかったのが、下半身も入ったくらいだ」 中が変わってたらわかんないよ・・・&br;そんな事が・・・(皆死んだと聞けばしゅんっとなって) 「いつか言った事だべ?・・死は、誰かを生かすためのものだ」&br;「そう言う苦しい事があったから、今この男がここにいるんだ」 ・・・・・・・うん・・・こう、言っていいのか・・分からないけど・・おめでとう・・真田丸くん -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 15:38:44};
---&COLOR(darkred){りゅーちゃんは色々判ってんな、ちっこいのに 偉いので人参もやろう (ほい、と餌付けしつつ)&br;まあ、神様とか怪異とかなんてものは、実在と非実在が同じ場所にあるようなもんさ そいつが食えると思ったら食えるんだと思うぜ (大雑把な認識をやどりに伝え)&br;うん? 首と下半身って事は、胴体はまだ? お前も大変だなりゅーちゃん (ぷにぷにとお腹辺りをつっついてやりつつ)&br;(そして、やどりが落ち込むのを見れば、明るく笑う少年) 死は結果さ 残したもの、続いたものがある そもそも1000年以上前の話だ、戦いが無くても9割の奴は死んでるよ&br;俺の中には、人を救いたかった侍と、友達を守りたかった鬼と、強くなりたかった蛇が居る。残った俺は、俺なりにそれを叶えていこうと思ってる。それでいいのさ&br;でも、有難うな、流河 もう居ない【俺達】を悼んでくれて 今居る【俺】を祝ってくれて (そう言って、少年はまるで大人の様に微笑んだ)}; --  &new{2020-05-17 (日) 15:53:27};
---「うむっくるしゅーないべ(もぐもぐ)」 んもー・・さっきも食べたばかりなのに・・・あんまりあげなくていいからね?(真田丸くんの説明になるほどーとなりつつ)&br;「んだ、まーそっちはあんま心配してねーけどな(ぷにぷに、鱗が硬い)」 そうなの? 「なんだかんだ尾っぽも見つかったんんだ、すぐだすぐ」 また楽観的な・・&br;・・・そう・・そうだね・・・(色んな思いがあって、今がある・・今を作っている・・・苦しい選択を迫られているのは、自分だけではないのだ・・・そう思うとなんだか気が楽になった気がした)&br;うん・・真田丸くんも・・その、自分の家?とか、持てるようになったらいいね?(それじゃ!と手を振り、その場を後にする) 「じゃーなー」 -- [[やどり>IG/0010]] &new{2020-05-17 (日) 16:14:10};
---&COLOR(darkred){いやー、すまん、つい ……ちっちゃい生き物がご飯食べてる姿ってなんとなく好きでさ (頭を掻いて謝り)&br;がはは、それ位気楽に構えてた方が良いんじゃないか? 世間って意外と狭いからな、すぐに見つかるさ (明るく笑って)&br;俺自身の家なあ、俺もそう願いたいね はいよ、またな! (二人を見送って手を振った) ……今はまあ、ここが俺の家って事で (そうして食事に戻ったのだった)}; --  &new{2020-05-17 (日) 16:20:38};
-あれから1週間経ったけど、調子はどうかしら?(消えちゃわないか、事あるごとにくっついて回ってた) -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 21:13:17};
--お蔭さんで好調順調、夜の間の記憶もはっきりするようになったぜ! 夜は多分、あの鬼状態に意識を明け渡してたんだろうなって -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 22:06:04};
---夜の学校に一人じゃ暇なんじゃない?そろそろ寮の方に入る手続きする?&br;この前のこと、真田丸くんは見えてたのかしら? -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 22:18:18};
---&COLOR(darkred){いや、前も言ったけど俺は生徒名簿にも存在しないし、学費も払ってないからなあ この空き教室貸して貰ってるだけで、十分すぎるほど厚意を受けてるよ&br;(気を回す会長に、有難うな、と笑って) ああ、全部ハッキリ、と言う訳じゃないけどな 別事やりながら見てた映画みたいな、ちょっとふわっとした記憶と感情は覚えてる ごめんな、怖かったろ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 22:23:45};
---途中編入はできると思うけど、学費の方は……(困った顔)&br;あのね……あんまり怖くはなかったのよね きっと、怖いと思うよりも悲しかったんだわ 真田丸くんがあんなふうに恨んだり怒ったりしてるの&br;それにあの時ロボが勝手に動いたのは見えてた?(あのときの不思議な出来事は、そういう誤作動をするように干渉を受けたのかもしれない だが……)&br;どうして動いたのか不思議だったけど私は、真田丸吉広をモチーフにして真田丸くんが動きを入力したあのロボット、あの時一瞬だけど、多分真田丸君が二人を守ったんだと思うの&br;じんろくんとアンダーソンくんと……そして真田丸くんも一緒に鬼と戦って2人じゃなく3人でなんとかできたんだと思うの だから謝らなくていいわ 二人を助けてくれてありがとう -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 22:32:55};
---&COLOR(darkred){ま、ここに入れるだけでもありがたいッスよ、多くは望まない 一先ず3年までは居て良いって校長にオッケー貰ったから (行間で)&br;はは、確かにあんま、この姿の俺は怒ったりしないもんなあ ……恨みつらみってのは怖いって、身に染みたぜ (顔をしかめる)&br;……はは、そうかな もしかするとそうかもしれない だったら、結構俺もやるもんだ (頭を掻いて笑う)&br;3人? 会長もいたから4人だぜ? だから、改めてこちらこそ有難うだ (そう言って頭を下げ) 後で二人にも改めて言わないとな}; --  &new{2020-05-17 (日) 23:10:23};
---卒業証書もくれれば大学にも行けるのに……&br;あの時、鬼に聞きそびれたのだけれど……お侍さんのこと、本当に恨んでたのかな……(鬼の最後は驚くほど穏やかで、それまでの恨みがまるで嘘のように見えた)&br;私は、見てただけだから(苦笑する)真田丸くんを攻撃するなんて、出来なかったわ&br;考えていたことがるんだけど&br;あの鬼が伊上村に暮らす鬼だったのなら、伊上村…つまり、今の伊上市になら自由に出ていけたりしないかしら? -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 23:21:35};
---学費払ってないからなあ…… というか俺、小中通ってないしな! 義務教育スキップ! 学校の怪異だからか、知識はあるんだけどな&br;あー…… いや、怨んでなかったと思うぜ ありゃあ蛇が悪いよ蛇が (そうして真相を話す 身を呈した赤鬼と、封印したのち果てた侍の話) 3人の記憶は、有るんだ、俺&br;あそこに立ってただけでも十分だぜ ……うん? 考えてたこと? (その話を聞けば、ああ、と声を漏らし)&br;そうだな、俺もそれは考えた ただまあ、昨日試したら、まだ学校の外に出ると誰もいない町に出るから、もうちょい修業が必要だろうな -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-17 (日) 23:29:50};
---その辺の保障制度はまだまだなのね、日本!イギリスは手厚いって聞くけど……(幽霊大好きの国)あ、私はずっと真田丸くんは生徒だと思ってるから安心して&br;そっか…真田丸くんが恨んでたんじゃないのね、悲しんで損したわ!怖がればよかった!……それとも蛇に怒ったほうが良かったのかしら……&br;と、いうことはあの鬼と蛇が学校に閉じ込めてる原因じゃないのね……修行でなんとかなるものなの?森姫やノワールを案内するのはまだ先になりそうね(がっかり) -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 23:39:09};
---&COLOR(darkred){あっちは住民票まで発行するからな……日本は日本でゆるキャラやアザラシに発行するけど はは、俺も自分は生徒だと思ってるよ&br;【俺】はあくまでこの身だからな 親があの三人ってだけで 多分学校の歴々の生徒たちの色んな思念も混ざってるだろうし (あくまで一構成要素さ、と)&br;んや、多分俺がまだ学校の怪異って気持ちが強いだけだと思うぜ 今度皆で試してみるか! 学校の校門から駅前まで、とか}; --  &new{2020-05-17 (日) 23:45:28};
---でも安心したわ、悪いのはあの蛇だけだったのね(子供っぽい善悪論)&br;(ぴこーん)つまり、学校の怪異じゃなくて伊上市の怪異って気持ちになれば外に出られる?&br;学校の上空ってどこまでなら大丈夫なのかしら?空の上から伊上市をみて、この街の一部なんだって気持ちになれば外に出られるかも!&br;こんど、やってみましょう、空!飛ぶ手段はあるから&br;とりあえず……今日は学園祭を楽しみましょ!私はお化け屋敷で呼び込みをやってるから遊びに来てね!(前へ習えをしてぴょんぴょん跳ねて一周 そのままお化け屋敷に戻っていく ふわふわ舞うスカートからお尻がチラチラする) -- [[殭>IG/0201]][[屍>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035572.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 23:53:43};
---(会長の分かり易い二元論に目を瞬かせて、ちょっと笑うだけでそこには応えない 蛇の事が嫌いにはなれなかったのだ)&br;へえ、そりゃ面白い提案だな! その視点はなかった……会長は発想が柔軟だな! やろうぜ!! (面白そうだ、と頷いて)&br;って、ああ、その為の格好か! 途中で気付いたけど今更突っ込むのもなって思ってたんだが!&br;はいよ、お化け屋敷な……って、おーい! 会長! パンツどころか尻…… いっちゃったよ…… (呆れた顔で見送った) -- [[吉広>IG/0021]][[(チャイナ)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035582.jpg]] &new{2020-05-17 (日) 23:58:02};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-18 (月) 00:52:00};
-&COLOR(darkred){はあ、今日は楽しかったな…… ……うん、前よりも落ち着いた夜だ (残って校舎内で作業をしてる生徒の気配を感じながら就寝するのであった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-18 (月) 00:53:01};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-18 (月) 00:53:07};
-(コトの顛末を何となく聞いてきた風で)&br; 今回の件で 私 一つだけ疑問が残っているんですが…&br; 聞いてもいいですかね? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-18 (月) 19:34:12};
--&COLOR(darkred){あ、銀先輩! ……あー、えっと (鬼の時の記憶を思い出したように気まずい顔になり) 申し訳ないッス、怪我させました!!&br;って、え? 疑問スか? (勢い良く下げた頭を上げて) 俺に応えられる事なら何でも答えるッスよ!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-18 (月) 19:36:32};
---アナタの 本当のお名前は? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-18 (月) 19:37:23};
---&COLOR(darkred){(その問いかけに目を瞬かせて、あー……と声を漏らしながら頭を掻いて苦笑した)&br;いや、実は結局、無いんスよ 隠してる訳じゃなくって ……あの鬼が居た時代、あの辺りは鬼しか鬼が居なくて、鬼で済んでたんス&br;半身になってた大蛇にも名前は無いし、だからきっと、名前を持ってた侍の名前を、俺は自分の名前だと思ってたみたいで}; --  &new{2020-05-18 (月) 19:49:20};
---ですかぁ&br; んんー…&br; それでは これからもその名前のままで?&br; 私は吉広くんと呼んでても良いのでしょうか? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-18 (月) 19:55:07};
---&COLOR(darkred){そりゃ勿論! ……銀先輩は気ィ使いさんスね (思い悩む様子を見れば、気遣いに笑みを零し)&br;俺は純粋に鬼だけじゃなく、鬼を食った蛇も、それを殺した侍も混ざって、その上学校の色んな思念をトッピングして生まれた【真田丸 吉広】ッス!&br;だから、今まで通り呼んでください、銀先輩 色々思い出しても、俺は俺ッス}; --  &new{2020-05-18 (月) 20:02:29};
---その名前でいい のではなく その名前がいい と思えますか?&br; 名前を継ぐとは 意外と重たい事ですよ?&br;&br; 的なコトを言いに来たんですが&br; あーはい 混ざっているなら普通に大丈夫そうです? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-18 (月) 20:06:31};
---&COLOR(darkred){銀先輩は真面目だなあ! 大丈夫っすよ、別に侍に秘めたる使命があってそれを果たさなきゃ!ってわけでもないし&br;俺は俺ッス、親が3人居るってだけですよ 俺はそう捉えてます (気楽に言うが、考えてないのではなく、腹に嵌ったのだろう 堂々としていた)}; --  &new{2020-05-18 (月) 20:14:08};
---ふふふふっ それはとても良い考え方だと思いますっ&br;それでは 改めまして&br;これからもよろしくお願いしますね&br;真田丸 吉広 くん -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-18 (月) 20:25:15};
---&COLOR(darkred){はい、人 銀先輩 変わらず、よろしくお願いします (そう言って明るく笑ったのでした)}; --  &new{2020-05-18 (月) 20:34:25};
-生き延びられてよかった…(女性の胸の話題はしばらくトラウマになりそう…とアイサツ、しかして本題は…)&br;ね、ねえ…真田丸くんと、ボンボリセンパイって…(ひそひそと耳打ち、もしかして付き合ってたり…?と) -- [[メガネ>IG/2020]] &new{2020-05-19 (火) 21:25:58};
--実は俺2人目の吉広なんだ……1人目はお姉さんの平らな鉄板に……くっ (そこまで冗談を言ってから辺りを警戒する だったら言わなきゃいいのに)&br;うん? ちろりん先輩と俺がー…… (突然声を潜めたのでこちらも顔を近づけ……) って、な、何言ってんだよ!? (ガバッと顔を話して赤くなる) なんで?! -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-19 (火) 21:36:27};
---やめるんだっ!(思わず天さんみたいな構図になりつつ、どうやらお姉ちゃんはいないようだ…)&br;だっ…だってこう…一緒にまわってたみたい、だし…?(勘違いだったのかな…?と思いつつ、でもあれってデート…?なんて考え中) -- [[メガネ>IG/2020]] &new{2020-05-19 (火) 21:53:14};
---&COLOR(darkred){(二人で顔を見合わせてほっと胸をなでおろし)&br;いや、あれはその、話の流れで付き合ってくれただけでー……いや、あーんはしたけど…… (ごにょごにょ言いつつ)&br;(しかし突っつかれれば顔が熱くなる、目がぐるぐるし始めたので) そ、そんな事より、メガネお前もなんか色良い話があるらしいじゃん?! (やり返す)}; --  &new{2020-05-19 (火) 22:48:17};
---あーん…したんですね!(かなりの付き合ってるポイントを感じる…!と、気のせいでない雰囲気を感じる…顔も赤い!)&br;''はい!あります!''(断言!言い切った…こいつテレを捨てているぞ!)こあらちゃんとお付き合いをね…(目下テストのために勉強をいっしょにしたり…と何をしているかを話してみたり) -- [[メガネ>IG/2020]] &new{2020-05-19 (火) 22:57:42};
---&COLOR(darkred){あれ、え、メガネあん時居なかったっけ? 居なかったっけ ……忘れて! (わいろの飴玉)&br;\ て め ぇ っ / 畜生、付き合いたてのテンションの奴には敵わな過ぎる……幸せになれ! これコアラちゃん分ね! (飴玉もう一個あげた)}; --  &new{2020-05-19 (火) 23:59:35};
---そ、それは…辛あじインパクトの印象が強すぎて…(まさかあんな超辛いヤツにあたるなんて…と悲劇を思い出す)&br;幸せだよ!(言い切った!テスト勉強だって幸せだよ!)…ありがとう…!(これからふたりで勉強、してくるね!と飴玉をふたりぶん貰ってウキウキで走っていく…) -- [[メガネ>IG/2020]] &new{2020-05-20 (水) 00:07:40};
---&COLOR(darkred){やっぱりからみ派とは相いれない……! はいはいご馳走様、ちくしょうめ幸せになれ! (その背を見送って笑って)&br;…… (ふむぅ、と息を吐いて、赤くなったままの頬を擦る) 恋とはどういうものかしら、か (判らないけど、顔が熱いのは確かだった)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 01:16:48};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-20 (水) 17:37:36};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-20 (水) 17:37:48};
-&COLOR(darkred){(夜、生徒や教師達が帰った時間帯 普段使われていない校舎の隅の空き教室、ごそりごそりと蠢く影があった)&br;(赤い髪、額の角 明らかに人とは違う風貌のその影は、人目を憚る様にカーテンを閉める そして、そっと蛍光灯のスイッチをつける……そこは……)&br;怪異の宴だ! (畳敷きの上に大きな炬燵、テーブルコンロの上にはこれまた立派な土鍋 飲み物やお菓子、食器もちゃんと置いてある 今夜は鍋パーティーなのだ!)}; --  &new{2020-05-20 (水) 17:49:55};
--&COLOR(darkred){って言ってもまだ皆は来ないだろうしダラダラするんだけどな&br;(スマホアプリでパワプロやりつつ) なんで太刀川さん彼女候補選手じゃないの……これで彼女イベあったら強すぎるからか? (ポチポチ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 18:08:22};
---ナベパ……というものらしいな。(空き教室にやってきて)来たぞ真田丸吉広。&br;ガスが足りないとか食器が不足しているとかあったらいつでも言え。錬成してやる。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 20:22:13};
---待たせたかしらね?(続いてやってくる。食材や女子様にスイーツなども持ってきて)&br;アリシアも来てたのね、早いわね。…それにしてもお鍋か。人と一緒に食べるのは初めてかもしれないわね… -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 20:24:39};
---パワプロなら内藤さんもお茶目な怪異って感じでかわいいと思うなぁ…キャストオフすると結構赤いところも…&br;うん、そんな話じゃないね?わぁ、なんか美人がそろって夜の学校も艶やかだね…やぁやぁおこんばんは?(唐辛子だけ差し入れ的に土鍋の横に)&br;学校で鍋なんてまずやらないからワクワクしちゃうよねぇ…フフフ -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 20:29:33};
---&COLOR(darkred){うん? おお、来たか……って、うん? (二度見してから、続いて入ってきた先輩に顔を向け) アリー……シア? うん? (状況を考えて……)&br;……アリスのアレか、最近現れた家族? アリシアって言うんだな! (経緯は聞いてたが初めて会うのでまじまじと眺め)&br;俺の名前はもう知ってるんだな、宜しく、フルネームじゃなくても良いぜ (真面目か、と笑いながら二人を招き入れる 机を隅に寄せた空き教室、畳が敷かれた一角、炬燵と鍋の準備はばっちりだ!)&br;ちろりん先輩もこんばんはッス、鍋は良いッスよ、わいわいつつくのは楽しいもんッス!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 20:29:49};
---(こたつを開けたらいる猫) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 20:31:10};
---&COLOR(darkred){内藤さん良いよね……あれで乙女なのも良い(いい……) って、考えてみたら女の子多いな!? (今気づいた)&br;赤ちゃん先輩もおつおつ、俺も学校鍋は初めてだよ (そう言って笑った)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 20:31:26};
---アリシアよ、アリスの妹ということに今はなっているわ。…新しい怪異の仲間。今日はよろしくしてあげてね、真田丸君も、赤も。&br;そうね、少しワクワクするわ…悪い事してる気分。赤、その唐辛子…どこで取ってきたのかしら…? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 20:32:00};
---久常君が猫過ぎる…(ずるーんと引っ張り出す) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 20:32:26};
---&COLOR(darkred){こちらこそッスよ (銚釐に笑ってから) クロはぬだからな……アリシア、炬燵って入った事あるか? まま、脚突っ込め、寒かったろ}; --  &new{2020-05-20 (水) 20:34:06};
---(ぬるーんと引き出される液体猫)僕は鱈などを持ってきたよ。(部屋の隅に置かれているクーラーバッグ内) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 20:34:25};
---ああ。アリスの双子の妹と言うことになっている。邪魔するぞ。(話を聞けば)それでは吉広と呼ばせてもらう。&br;銚釐姉様は色々持ってきているな……やはり私も手土産を持ってくるべきだっただろうか…(錬成頼りで生きてきたので荷物を持つ習慣があまりない)&br;この学校の怪異か……?(赤いのを見て)アリシア・アンダーソンだ。よしなに。&br;久常玄道……引っ張ると意外と長いな猫という生き物は…(コタツ、と聞くと首を傾げて)コタツ……? なんの祭儀だ…(そのままコタツに入る)あ、暖かいぞ!? -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 20:35:27};
---やぁやぁちろり君…ああ?唐辛子はねぇ 学食を作るところに落ちてたものでちょいと……許されるさ 唐辛子も僕も赤いもの♪&br; アリシアくんもよろしくぅ…僕は赤マントちゃんちゃんこ紙ってやつさまぁ気軽に縮めてくれてかまわないよ? はははういクロネコめこやつめ(マントを仰いで冷風を浴びせる)&br;…さて、僕もコタツとやらに…足を………足を…? -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 20:36:54};
---やあ久しぶり。この間はどうも。(アリシアに挨拶)いい名前だね、アリシア。 &br;(ぬあぁあ……と冷風を浴びる。こたつ布団の上に着地) &br;(人型になってこたつに足を突っ込む)ううさむいさむい。……バナナでこけられるんだ!こたつくらい何さ!(応援) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 20:38:42};
---アリシアもこたつの魔力にやられてしまうのね…。私も体験したときは一日出られなかったわ…(わかるわ…と)ああ、あそこの。まぁ少しくらいは目こぼししてもらえるわよね。&br;…ああ、そうね…赤には足がないものね。ほら、赤。隣に来なさい。肩を寄せ合えば温かくなるわよ(おいで、と隣をぽんぽん) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 20:39:55};
---赤マントちゃんちゃんこ紙。(名前を聞いて頭を抱える)この世界は狂っている…!!(怪異退治して2000年、未知の領域に触れた)&br;ああ、アリシアという名前は気に入っている。コタツの魔力……魔力が通っているのか!? 本当に大丈夫だろうな…!(でも出られない) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 20:41:33};
---&COLOR(darkred){ちろりん先輩、アリシアがあざといんですけど 何あのかわいい生き物…… (炬燵に驚くアリシアを見てちょっと感動しつつ)&br;赤ちゃん先輩はまあ、ちゃんちゃんこの裾と髪を……? (着ればあったかいかな、とか思いつつ)&br;はいはい、適当に座ってなー ジュース適当に次ぐから適当に持ってって! (適当だ!) んじゃ、とりあえず鍋火にかけるか……&br;ちろりん先輩って鍋得意? (そんなこと聞きつつ、お取り寄せギフトのトマト鍋セットを取り出す) とりあえず具材入れて煮るだけか}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 20:43:25};
---初対面の子も居るのにバナナで転ぶ怪異だった時代の僕の話をしようとは…尊厳を貶める気か…!!&br;(でも応援に手を振って返してこたつin)……うん、乾燥が…早そう…ああ、やはり人の温もりが一番なんだねぇ…あたたか…(ちろりの傍にスススと寄って) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 20:43:25};
---可愛いでしょう?アリスと双子のようなものだもの、素直になればそういうものよ。心配はいらなかったわね、やっぱり。(真田丸に頷いて)&br;ああ、私も次ぐの手伝うわよ…(お手伝いお手伝い)ええ。一人暮らしのJKよ?…いえ、まぁ結構作ったことはあるけれど。一人用の鍋、作ると便利なのよね。味付けは私が整えましょうか…(お玉を手に持って)&br;ええ、存分に私でぬくもりなさい。普段は体温も低いけれど、こたつのお陰で少しは温かいはずよ?(猫の尻尾で赤の服をまとめて密着する。密です。) -- [[行燈りの:http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035410.png]] &new{2020-05-20 (水) 20:46:10};
---ああ、初めて聞いて名前を略さず間違えずに言ってくれるなんていいこだねぇアリシア君てば……仲良くなれそうだよ♪(URESII)&br; 何よりかわいいものねぇ……ほらほら、コタツくんも友好的に体内が赤く光っているんだから安心して足をお入れ……赤はいい色だね………そう、鍋も赤なのでよい色!わー、トマトだよトマト、お洒落だよねぇ… -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 20:46:45};
---はーたすかる(お茶を飲みながらぬくもる) &br;こたつはたすかるなー(ぬくもる) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 20:47:32};
---何が素直だ、私は別に……(姉様に抗弁しようとして首を左右に振る)…何とでも言ってくれ。今まで反抗期だったのは事実だ。&br;赤マントちゃんちゃんこ紙、私も怪異だ。何かあったら言え。伊上の怪異として生きる以上、互助は必要だろう。&br;トマトナベ………なるほど、トマトナベを食べるからナベパなのだな… -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 20:51:08};
---トマトはうま味(※玉虫色の発音)がすごいからな……。きっとおいしいよねえ。(こたつでダメになってるぞこいつ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 20:54:44};
---(アリシアは優しいから赤も甘えていいと思うわよ、と小声でぼそぼそ)そうね…トマトの鍋、最近は結構メジャーになってきたからね。&br;(まずトマト鍋の元を鍋にだばぁ)…火の通りを考えると、根菜類から…(すでに切られている←重要 根菜から入れて煮込んでいく)固いものから茹でないと、火の通りが悪くなるから…&br;あ、だめよ。まだ魚介や肉は入れちゃ。固くなるわよ。…(味見)…少し薄い、野菜の水分も出るから…ちょっと味を足さないと…醤油と塩、マギーブイヨンも入れる…?入れましょう…唐辛子は刻まずに入れたほうが風味出るわね…(おかーさんになってきた) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 20:54:53};
---あぁ、そうっぽいとは思ってたけどやっぱり怪異だよねぇ?嗚呼、何か学校で高いところに手が届かないとか赤いものが見たいとかあったらいいなよ…フフフ、助けになろう(何もできない感を醸し出す…!)&br;フフフ、しかしこの面子はもういよいよお化けの学校ってやつだねぇ…テストも何もないとはいかないけどねフフフ…&br;…わー、ちろり君の料理が実質食えるみたいなものだねぇ…料理上手な子って素敵だよねぇ……料理がんばれ♥がんばれ♥おかーさん♥(密しつつすりすり) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 20:57:01};
---テストのことは言うんじゃない(戒める猫) &br;おかーさんたすかる……。がんばれ♥がんばれ♥ -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:00:33};
---が……がんばれ♥がんばれ♥(これが礼儀だと信じて言う) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 21:01:50};
---&COLOR(darkred){ちろりん先輩の手際が凄い……やはり有名の言葉は間違っていなかった…… (タラは後回しの奉行さばきを見て納得) って、そういやまだ有名来てないな&br;(有名の席もちゃんと確保 全員が入っても大丈夫な大きさの炬燵だ!!) 辛いのダメな奴いるかもだし、小切りにして後で個別に入れるで良いんじゃないスか?&br;赤ちゃん先輩がデレッデレだ…… (密ですね 良い事) クロ、お前飯の前に寝るなよ……?}; --  &new{2020-05-20 (水) 21:03:43};
---(がんばれ❤されてやる気がもりもり湧いてくる。怪異としての元気すら出てくる怪異)ふふ。最高の味付けにするから待っててね…?唐辛子はそうね、そうしましょう。(持参したエプロンを装備し始めてガチな料理番)&br;(そんなわけでほぼ鍋奉行になりながら鍋作成しつつ)テストはちゃんと勉強しないと駄目よー。赤はテストはないとして…他の子たちはもう考査が近いのだから。ちゃんとやってる? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 21:05:12};
---僕は本当にテストが無いからね…フフフ…苦しめ学生諸君…(悪い怪異フェイス)&br;…そしてあの子、ちろり君の傍で育つには危ないくらいピュアな純白なキャンパスじゃない?……心配になってきたんだけど&br;…こほん、こういう時はちろり君に密着して応援するのが礼儀というものだよ? さぁ、僕は温まったし応援したからどうぞ傍で応援を…(どうぞどうぞ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:06:46};
---&COLOR(darkred){アリシア……流石アリスの妹、根っこが真面目だ…… (がんばれ♥をする様子をそっと動画で撮っておく あとでアリスに送る 今送った LINEって便利)&br;数学がヤバいけど倉守先輩に頼み込んでちょいちょい見て貰ってるッス、赤点は免れそう…… あ、ご飯炊けた (米俵の横の電子ジャーから電子音)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 21:08:36};
---寝てたら起こして。(真面目な顔) やってますよぅ。学生の本分ですからね勉強は。 &br;でもまあ、数学はちょっと……もうちょっとがんばらないとですが……。 &br;どうぞどうぞ(赤さんに同調してアリシアを密着させんとす) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:08:54};
---隣が寂しくなるから赤は逃がさないわよ?(ねこしっぽでからめとって逃がさないムーブ)もう片方ならアリシアもいいわよ、来ても。こたつは猫を抱くとより温まるのよ…? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 21:09:28};
---しかし回り込まれてしまったという訳さ…(とても密…)あぁいけないねこうも美女が密着していると男の子達の嗜好に後々影響が…&br; ……あーんとかさせあってるところ見たかったりする?あとで見せたげようか?……あぁ、鍋って一度煮てしまえば待つだけだからダラダラするのにうってつけだねぇ…あぁ、お米もお鍋もいい匂い…(すんすん) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:17:31};
---なぜ私にすまーとほんを向ける……(苦々しい顔で吉広を見て)ああ、そういえばあれには撮影機能があったな。まさかお前…&br;誰がピュアで純白なキャンパスだ、私は2000年を生きる怪異だぞ……(勉強の話になれば)教科書を読めばわかる。&br;コタツ……ネコ………そうか、話が見えてきた。これは魔力炉の一種だな? 黒猫の魔力で熱を増幅しているのだろう。(距離を取る) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 21:17:50};
---見せつけるのが好きじゃないと配信者なんてやってられないわ。(狙われてる)あら、あーんは元からするつもりだったのだけれど…?(狙われてるぞ赤)&br;そうね、アリシア。とても素敵な推論のところ悪いのだけれど。何の魔力機構も怪異現象も起きていない、ただの暖房器具なのよね、これ。(現実を見せつける)&br;(ある程度煮えてきた鍋)…有名が来たら、具材を投下しましょうか。すぐに煮たてられる状態にはしてあるわ。味はお愉しみ。(一度フタを閉める) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 21:20:17};
---見たくないといえばうそに……いやううん……困る……(照れ) &br;ばれた?なーんて。 いいえ電気の力です。コンセント、つながってるでしょ? -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:26:40};
---2000年かぁ…ざっくり僕の怪異生600、700倍ぐらい……いやぁ、大ベテランだことで…こんなかわいさ奇跡だよねぇ奇跡…(桁が凄すぎてもうハードルが分からず舐めてる)&br; 待つんだ…アリシア君…君が来ないと僕だけが玩具もといちろり君の寵愛を独占してしまうじゃないか…申し訳ないから来なよ…来な…来て…こっちのこたつはあったかいよ…?&br;あぁ、有名君がトマト鍋セットをくれたっていうから感謝だよねぇ…ふぅ…音も匂いも楽しくなってきたねぇ…(ぐつぐつ音に耳済ませ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:28:37};
---&COLOR(darkred){寝たら皆で順繰りに膝枕して写真に収めてあとで全部クロのLINEに共有するから大丈夫 (寝て良いよ☆と良い笑顔)&br;ちろりん先輩両手に華だな! あーん…… (ちょっと思い出して赤くなりつつも) 美人二人両側からあーんされるちろりん先輩は見たい (美しい物が嫌いは人が居て?)&br;うん? なんでもないぞアリシア アリス元気かなって思っただけで (送信済み にっこり) ああ、大丈夫、魔力じゃなくて電力で動いてるから炬燵 はー、ぬくい&br;そッスね じゃあ、それまでちょっとのんびりしておきましょうか ……しかし、結構集まったな、怪異組 突発だったから全員は無理だったが}; --  &new{2020-05-20 (水) 21:30:41};
---銚釐姉様の寵愛……フン。(銚釐の赤いのとは逆側の隣に座って)私だってそれを受ける権利はある。&br;電気? 暖房器具…………(コンセントを見るとこほんと咳払い)そういうことか。(少しの間、口数が減った)&br;なんだこの匂いは……トマトナベとはトマトを使うのか? 私は50年前、スペインでトマトを投げつけられたことがある。&br;あの時の人間の楽しそうな顔……忘れたくても忘れられん…迫害に野菜を使われたのも初めてだった………(※夏にトマトをぶつけあうトマト祭りのことです) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 21:31:32};
---あら、もちろん。アリシアは私の可愛い妹なのだから(赤とアリシアに挟まれて両手に花状態)あとで二人とも、あーんしてあげるわね。&br;スペイン…トマト祭りね、あれは食物に感謝をささげる祭りだったと思うけれど…?多分、投げ合うお祭りよ、それ。&br;やっぱり、伊上市はそれなりに怪異の集まる土地ということかしらね…(霊脈の問題かしら…と)…さて、あとは有名待ちね。我慢我慢。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 21:35:18};
---絶対寝れないやつ(絶対寝れないやつ)(ぐぬぬ顔) &br;それただのお祭りじゃない?(それただのお祭りじゃない?)人間同士もぶつけ合って楽しそうにしてなかった?? &br;しばらくは待ちかぁ。ねむねむ……(ふわぁ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:35:27};
---フフフ…照れている男子君たちもかわいくて良いことだね……後でおみせしようね…フフフ(それにしてもこの怪異ちょろかわいいなぁ!とくすくす笑いつつ)&br; 嗚呼、トマト祭り…皆が赤にまみれる祭りかぁ…参加してみたいよねぇ(うっとり)&br; 一人で学校に居た時と比べればこうも仲間に溢れた待機時間もまた楽しいものさ……あー、ぬっくい… -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:39:14};
---久常君は眠そうね…猫はこたつで眠くなるのだったかしら、丸くなるだったかしら…私も久常君みたいに猫形態になれればいいのに。&br;……ああ、でも体形や髪質は変化させられるのだから……やろうと思えばいけるのかしら…?(行けるかしら。行けそう)……(無言でこたつに潜り込むちろりん。勢いがいい) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 21:46:35};
---トマト祭………?(思い出して)確かに人間同士もトマトを投げて争っていた……あれは怪異を探そうとしているのではなく、そういう祝祭なのか…?&br;赤マントちゃんちゃんこ紙は……孤独だったのか。(考えるところがあるのか、少し逡巡して)今度、アリスを連れて遊びに行く。&br;孤独の苦しみ、わからんでもない… -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 21:47:18};
---試してみたら人間に戻れなくなったりして。変身を覚えたての子供の猫又にはわりとよくあるので。気を付けて。 &br;どれどれ(手元のこたつ布団を暖簾めいてオープン。ぺろり) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:49:44};
---ああ、僕ってば学校から出られない系でねぇ?日中は誰かしらいるけど夜や長期休暇ばっかりは…&br; なんて、最近は付き合ってくれる友人もこんなに増えているけど……嗚呼、でも友人が増えて訪れてくれるのは嬉しいねぇ、是非学校に遊びに来てくれよ、大体いるからさ……&br; フフフ、あとでアリシア君にもあーんしてあげよう、なぁに親交のシルシというやつさ…さて…もう一人のアーンする相手はいかに…(のぞきのぞき) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:52:53};
---(こたつの中。しばらくもごもごと動き、サイズが大きくなったり小さくなったり、そして徐々に小さくなったところで久常にこたつをめくられた)&br;………ニャーン。(そこには猫形態になった銚釐の姿)…どうかしら。声帯とか視覚は人間の時のままだけれど、外見は猫になったんじゃない…?(見た目は普通に毛が長めの猫) -- [[銚釐>IG/0031]][[(猫):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035595.png]] &new{2020-05-20 (水) 21:54:26};
---(猫化して横に並ぶ)はいチーズ。 -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 21:55:40};
---チーズ。(ニャーン) -- [[銚釐>IG/0031]][[(猫):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035595.png]] &new{2020-05-20 (水) 21:56:46};
---……ぬぁーん、器用なものだねぇ…(かわいいので写真パシャパシャ)目線くださーい -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 21:58:13};
---&COLOR(darkred){(パシャ ……保存 ……クロとちろりん先輩に送信) 此処は天国か……}; --  &new{2020-05-20 (水) 21:58:19};
---ええい、あーんはいいあーんは。私は子供ではない…!!(表情を歪めて)&br;あ、姉様がネコに……!(衝撃を受ける)そのような能力があったのか、姉様……! -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 21:59:30};
---ところで僕は妖術的な作用で猫になってるから猫と行き来しても服とかはそのままだけど、先輩の能力の場合は物理的な変形ですよね? &br;……???(炬燵の中に服とか転がっているのでは??って顔) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:02:16};
---&COLOR(darkred){それ以上いけない (思春期の少年的には)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:03:20};
---それ以上いけない。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:03:34};
---それ以上いけない -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:05:07};
---(しずしずとこたつを出て、布団を閉める) &br;(無心) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:06:23};
---&COLOR(darkred){アリシアとは仲良くなれる気がする コーラ飲む? (紙コップに注ぎ) 有名遅くなりそうだし、30分になったら食べ始めちまうかー 猫ちろりん先輩、具材状況いかがスか?}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:06:26};
---…………まぁ、そうね。服を生み出すことはできないわね……。&br;……ごめんなさい。アリシアか赤、ちょっとこたつの中の服を持ってくれる…?隣の部屋で着替えるから……(後先考えないやつだな本当にこの怪異) -- [[銚釐>IG/0031]][[(猫):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035595.png]] &new{2020-05-20 (水) 22:07:25};
---(赤ちゃん先輩ともピシガシグッグしつつ) ……クロ…… (お茶を注いであげた) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 22:07:39};
---あ、鍋は火をかければすぐにでもいけるわよ。(猫形態でてこてこと教室から立ち去ろうとする) -- [[銚釐>IG/0031]][[(猫):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035595.png]] &new{2020-05-20 (水) 22:08:21};
---人と発言が被ったのは400年ぶりかも知れない…(紙コップを受け取って)コーラか。イギリスにもあったな。キュリオスティーコーラというブランドだった。&br;(コーラを飲むと顔を顰めて)美味い。(美味いかお) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:08:38};
---お茶おいしい。(お茶おいしい。) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:09:12};
---では僕は拾い集めた服を見えないように隠す赤いカーテンとなろう…一緒に向こうまで運ぼうか……フフフ…(でぃーふぇんすでぃーふぇんす) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:10:50};
---姉様!(真っ黒いビニール袋を錬成して中に畳んだ服を集めて)待ってくれ…(姉様についていった) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:11:51};
---悪いわね二人とも……(二人と一緒に一度退室。ついでに一度植林してもいいのではないかなって顔で隣で着替える) -- [[銚釐>IG/0031]][[(猫):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp035595.png]] &new{2020-05-20 (水) 22:12:47};
---&COLOR(darkred){クロ、お前が居て良かったよ…… (色々妄想してしまう状況に感謝してるのか、こんな状況で男一人じゃ無かった事を喜んでるのか その両方か)&br;(隣で着替えてくるのを待ちつつ、) コーラも良いぞ! 猫ッてコーラ飲めるの? なんとなく苦手そうなイメージなんだけども}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:15:28};
---出遅れるところだったー!(窓から出現) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:19:06};
---普通にでおくれてますの…(窓を閉める) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:20:14};
---(着替えて戻ってきた)あら、有名も来たわね。それじゃあ鍋の仕上げをしてしまいましょうね…(火にかける)&br;(魚や肉などを適切に混ぜて煮たてて)……はい、お皿に盛るわよ…(みんなの分をお皿にバランスよく分け始めて)唐辛子欲しい子は言って頂戴ね… -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:21:05};
---うん。僕も一人ではどうすればいいかわからなかった(部屋に残された男二人……くつくつと鍋の煮える音が響く) &br;一般的な猫の味覚からいうと、炭酸はあんまり好みじゃないかな。僕はおいしくいただくけどさ。 &br;あっやっときた -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:21:11};
---&COLOR(darkred){ちょっと女子ー、寒いから窓から入ってこないでよー こたつあったかいぞ (よー、と手を振る少年 大きな炬燵に大きな鍋、鍋からは良い香りが漂ってきている)&br;良かった、これから食べる所だったんだぜ おーい、クロ、ご飯並べるの手伝って! (炊飯器から白米を茶碗によそって渡しつつ)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:22:07};
---まさか学校で全裸になることが更衣室以外であるとは思ってなかったわ。(そういうこと男子の前でこの怪異は言う) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:22:46};
---やぁやぁ、ちょうどいい具合に食べられそうなときに来たじゃないかよかったねぇ♪外からきて寒かったろうしこたつにお入りよ…フフフ&br;あぁ、僕は当然唐辛子を……自分の皿を赤く染めようじゃないか -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:23:30};
---&COLOR(darkred){\こちとら思春期だぞチロリン先輩!!/ (ちょっともー!)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 22:23:42};
---うとうとしてたら寝過ごすところでした。ごめんなさい。めっちゃぎりぎり… -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:23:46};
---えっ(えっ) まさか猫の手が借りられるタイミングがこようとは……!!(人型に戻って手伝う。茶碗を回していく) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:24:08};
---(お茶碗おっことしそうになる。あぶない。せーふ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:24:57};
---(咳払い)姉様。(嗜めるような口調で)&br;北川有名もコタツに入れ。知っているか? こいつは相当暖かいぞ……(クククと悪そうに笑って) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:26:45};
---&COLOR(darkred){立ってる者はネコでも使え! 立ってなかった? いいから手伝うんだ はい、さんきゅー (クロの手によってみんなの前に炊き立ての新米が届く)&br;よーっし、皆揃った所で、ちろりん先輩、トマト鍋御開帳願います! (ワクワク)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:28:21};
---ふふ。ごめんなさいね(男子をからかうの楽しそうだなオイ)それじゃあ鍋、開けるわね(綴じ蓋ぱかり。真っ赤なトマト鍋がいい具合に煮込まれている…)&br;(みんなの小皿に鍋の具をよそる。男子は多め、有名はかなり多め、赤には唐辛子in、自分は少なめ)……さて。開始の音頭がいるのではなくて?(真田丸を見て) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:30:18};
---ほんとにタイミング的にはぎりぎりといった感じで…。あ、はいおじゃましますー。&br;あったかいのだいすき…。アリスさんはイメチェンですか?夏休みデビューじゃなくてこの時期にとはめずらしいですね。(ぬくいのだいすき) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:30:40};
---有名、この子はほら、前に言っていたもう一人のほうのアリスよ。話した通り…仲良くなったから、怪異仲間として今日は私が呼んだわ。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:32:52};
---へー…例の…(取り皿をどうも、と受け取りながら)&br;そっかぁ…!(わりと混乱気味なあたまで必死に状況把握につとめてる) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:35:18};
- _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
- _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
-&COLOR(darkred){(長くなってきたので植え替え)え、音頭!? (見られ、オタオタしてからコーラの入ったコップを持って立ち)&br;えー、入学から半年色んな事があったけど、みんな元気で、アリシアって仲間も増えて良い年末を迎えられそうです!&br;怪異一同、これからも仲良くやっていこうぜ!! 乾杯!! (うぇーい!) …… ……これめっちゃ恥ずかしいな!! さ、食べよ食べよ!! (照れを誤魔化した)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 22:34:23};
--\カンパーイ/ -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:35:48};
---かんぱーい!!(お茶で乾杯) &br;(早速よそわれた鍋に舌鼓を……)ふぅ ふぅ (舌鼓を……)ふぅ ふぅ (舌……) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:36:45};
---カンパーイ☆(うぇーい。コーヒーを淹れたカップを打ち合わせて)あら、素敵だったわよ?私も今年は、赤以外にとてもよい怪異の友達が増えて…寂しくないもの。&br;これからも楽しみましょうね。…さ、食べてちょうだい。味付けはそれなりに自信があるのだけれど。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:37:21};
---はーい、みんなナカヨシー、カンパーイ!……やぁやぁ早く食べないと鍋にも失礼ってやつだよねぇ…いただきまーす♪&br;……あー、トマトの持つ暴力的なうまうぇいが出汁としてしみわたって……そして……汗が出る辛み…ふぅ…寒さが吹き飛びそうだ…(ぬっくぬっく) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:39:51};
---(ちょいちょい枝を整理しつつ)……あ、そうか、久常君は猫舌だったのね…?(次から盛るときに気を付けてあげよう……)&br;(時折鍋をかき混ぜたりしながら、自分の分の鍋も食べる。トマト鍋…うん、美味しい)…早速だけれども、ほら、赤、あーん(ふーふーして冷ました魚の切り身を赤にあーんする) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:40:23};
---(念入りにふうふうしてからやっと舌鼓)おいしい!!(目がしいたけ) &br;当然のごとく猫舌です。ちなみに一家全員猫舌ですよ。 温度はこちらで調節するのでお構いなく。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:42:03};
---おや?早速?……では、フフ、ほらほらとっても良いけども?(あーんと目を閉じながら差し出された切り身をパクリ、手慣れている)&br;……うん、ちろり君から食べさせてもらったのもそうだけど唐辛子がないならないで味がはっきりわかるねぇ…美味しい美味しい…&br;じゃぁこちらもお返しに……ほらほら、あーんだよあーん♥(同じくふぅふぅと冷ました切り身をあーんする、ぴりから) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:44:31};
---これは健康にいい……(あーんしあう様子をしっかり目の当たりにする健康な男子) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:45:32};
---&COLOR(darkred){(短くなってた!有難う!) あ、赤ちゃん先輩俺にも唐辛子……あ、これ美味い 流石お取り寄せギフト…… ありがとう有名…… (もぐもぐ)&br;ちろりん先輩の奉行さばきも良いんだろうな いいお母さんになれるッスよこれ (枝整理してくれてありがとう!)&br;(そして、あーんしあう様子をクロト並んで眺めて) いいよな…… (いい……してた)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:46:11};
---とりあえず、お鍋のお味を確かめてから色々考えましょう(食べ物優先思考)&br;思った通りおいしー!!煮たトマトの旨味が全ての具材の旨ウェイと混じり合って濃厚なんですな… -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:46:32};
---(こちらも手慣れた動きで食べさせる。だいぶ何度もやっているのだ)ふふ。そうね、唐辛子入りの味も試してみたいわ…?&br;(あーん、と赤からの餌付けを受け取る 舌で味わい)…ん、いいわね、唐辛子の刺激が素敵。美味しくできたようでよかったわ?(美味しい…)&br;ほら、アリシアも食べる?美味しくできたわよ?(あーんの構え)有名も、ええ。どうせいっぱい食べるのでしょうから、しっかり食べなさい?(私の分もいいわよ?と) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:48:02};
---乾杯だ。(野菜を口にして)ふむ。美味い。(ぱくぱく)何とも温かい味わいだ。&br;そしてトマトの風味が生きているのに、青臭くはない。これを作ったシェフは相当の腕前だな……(ぱくぱく) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:48:32};
---(生きてる鱈がダァンされてトマト煮込まれるイメージ映像) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:49:19};
---&COLOR(darkred){峰打ちですな}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:50:24};
---お?唐辛子かい、ほらアーン♥(唐辛子をそのまま差し出しつつ)&br;……まぁさすがに序盤から男の子の胃があれるのは心苦しいから冗談だよ(と刻まれた奴をパスしつつ)&br;うんうん、有名くんもいっぱい食べるといい…美味しそうに食べる子の顔もよいものだよね‥(いい…) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:50:55};
---食べます!めっちゃ食べます!(思考の食べ物優先)&br;出現と同時にご飯にありついて、すでに心はお鍋のとりこです! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:51:00};
---あ、あーんはいい……姉様、人の目がある…(戸惑いながら)&br;それにしても。怪異というのは自由なのだな。今までの私はなんだったのだろう。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:51:33};
---(鍋)(米)(旨)(おおむねこの3コマの間にふぅふぅが混ざる) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:52:49};
---&COLOR(darkred){鬼が痛みに強いからって、唐辛子丸かじりして辛くないかと言うとだな……!! (赤ちゃん先輩のパスを受けつつ)&br;トマト鍋って最初キワものかなと思ったけど、こうしてみると美味いな やったー、魚だー (ほくほく顔で齧り 肉団子を見、女性陣のあーん合戦を見)&br;クロ、あ〜ん☆ (肉団子を差し出す悪乗り男子)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:54:13};
---あら、残念。(アリシアに断られてくすくす笑い)トマト鍋の元が素晴らしい味付けなのよね、元々。私じゃなくても美味しくできるわ…?&br;…ふふ、この光景を見ているとそう思えるでしょう?いいのよ、怪異だからって悩まなくても。こうして、楽しんでも。(アリシアに笑顔を向けて) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:54:36};
---(真田丸のあーんにスッ…と音もなくスマホを構えだす女子)続けて。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:55:04};
---今までよりこれからだよ。人生……怪異生?長いんだから。(のんびりと言う猫である) &br;(なんで!?)あ、あーん(あーんされたら食べる。もぐもぐ。うまい) &br;はいあーん(吉広にあーん返し) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 22:56:19};
---&COLOR(darkred){ちろりん先輩の真顔よ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 22:56:29};
---続けて。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 22:57:00};
---この学校にいると、怪異とはいったい…ってなるとこはあります。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 22:57:21};
---まぁ、学内にもそんな安全でない怪異も(行間で)出てくることはあるけどねぇ…&br; 何の因果か折角こうやって自由にコミュニケーションが取れるんだ…楽しまないと損という奴さ……ほら、見てごらん今こうして楽しい光景じゃないか…(男子あーんにスマホ撮影スタンバイ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 22:57:36};
---&COLOR(darkred){おいしい? 愛がた〜っぷり籠ってるんだから♡ (カメラに取られてるので思いっきりふざけて)&br;(しかし、スムーズにクロにやり返されれば一瞬止まって目を瞬かせ) え、あ、……あ、あーん……&br;(あーんをして良いのはあーんをされる覚悟がある奴だけだ、という声を聴きながら、恥ずかしくて赤くなりつつ食べた 美味しい)}; --  &new{2020-05-20 (水) 22:58:40};
---そうか………そういうものか。(微笑んで頷く)&br;久常玄道と吉広は仲が良いのだな。あれか、クラスメイトが話していたズットモというやつか。&br;魚をトマトで煮込む発想力……人間の食への探究心は侮れんな…… -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 22:59:45};
---ふふ……こういうのは心を強く持ってカウンターするに限る……(どきどき) &br;……撮影隊機敏ですね!?(女性陣!!というつっこみ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:00:22};
---(録画し終えた…よかった……さて……アリスには流しておこう。LINEって便利)……なるほど。私たちの行為が周りからどう見られているか理解したわ。(頷き) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:00:44};
---&COLOR(darkred){お気づきになられましたか…… (赤くなった顔を手の平で擦りつつ)&br;アリシア、ズッ友なのはそうだけど普通しないから、男子同士は、あーん、しないから!! だめだ、この精神幼児の情操教育に悪い事をしてしまった!}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:02:15};
---やぁやぁ、仲良きことは美しきという奴だね……(録画まではいかずに写真でFIN)&br;あぁ、そうだねぇ…あまり男性同士であーんというやつは…ずっともよりも、もう少し仲が深くないとやらないかもねぇ…フフフ? -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:03:17};
---この子アリスとおんなじDNAしてるから、そういう素養はばっちりだよ。気をつけて。(アリスの乙女ゲー趣味を思い起こしながら) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:03:42};
---(私もそういう文化は嗜んでいるのよね…とは口には出しませんでした)…ふふ。冷める前に食べてしまいましょうね(楽しいのはいいけど消費もね!と肉と魚を追加で鍋にin)終わったらうどんで煮込む? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:05:14};
---男子同士であーんはしないのか……また一つ学べたな。(コーラを口にする)(刺激に顔を顰める)(でも美味しそう)&br;どういう素養だ久常玄道……ウドゥン? トマトとウドゥンで煮込むのか? -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:06:21};
---(終わったらという言葉にそろそろとこたつから抜け出して、持参のクーラーバッグからチーズを取り出す) &br;トマト……チーズ……リゾット……!!!(くわわっ) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:06:39};
---&COLOR(darkred){うんにゃ、コメととろけるチーズ足してリゾットにしようかって有名と話してたんスよ チーズダメな人とか居ないかな?&br;(一応皆に声かけつつ、銚釐にとろけるチーズと先にドンブリ山にしておいた冷や飯を差し出す) これもお願いしたいッス!お奉行様!}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:07:02};
---具材を食べ終えたら、最後に残った鍋のスープと、うどんとかで煮込むのよ。ラーメンでもいいし、お米を入れておじや…リゾットかしらね?にしてもいいし。&br;それを食べて、〆っていって、鍋パがおしまいになる、という感じね。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:07:22};
---トマトうどん…気にならないでもないけどリゾットもやっぱおしゃれでいいよねぇ……ほら、僕マントなんておしゃれなもの着てるし?(マントをひらっとさせるちゃんちゃんこ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:08:05};
---あら、リゾットね?了解、具材があるのであればしっかりと私が味を調えさせてもらうわね(にっこり)&br;それじゃあ、具はどんどん食べちゃいなさいねー(真田丸と有名の皿にもりもり。久常には少し冷ましてもりもり。アリシアにも赤にも食べ過ぎない程度に盛る。自分?これ以上入れると〆が食べられない…) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:08:45};
---\トマト鍋なのでいちおうショートパスタもよういしましたー/ -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:11:24};
---やぁ、みんなのママと言わざるを得ないねぇ…〆迄ちろりママありがとう……(平伏)&br;……フフフ、まぁお腹も膨れ切っていないからこれぐらいならねぇ…(シミシミになった野菜なんかを美味しそうにパクリ,喉から下のどこかに消え去る食べたもの) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:11:27};
---マントとはおしゃれなのか。(赤いマントを錬成して)つまり制服の上からこれを使えば私もおしゃれになるわけだ。&br;ああ、すまない姉様。(魚を見て)それにしても魚とは不思議なものだな。&br;肉も野菜も果物も、人間の手で改造された末に味が良くなったはずだ。だが魚は天然のままそれらに比肩するくらい美味い。神も粋な計らないをする。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:12:31};
---&COLOR(darkred){あ、どもども (はいどんどん、と皿に具材を盛られれば嬉しそうにして) なんか懐かしいな ……嘘の記憶だけど、久々に家族を思い出したわ&br;(しみじみしつつ、もう顔も思い出せない幻の両親を思い出し目を細め、改めて一度両手を合わせてから食べる) うん、美味い&br;……って、クロさんチーズまで用意してんの!? コンビニのよりも絶対美味しいやーつ! やったぜ!}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:15:11};
---何だか私はいろいろと聞かないといけないこととかあったきがするんですが。よーく煮込まれたお魚やお肉とあたたかいこたつを前にして、もうごはんを食べているときの犬と同じ程度にしか頭回らなくなりました。 -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:17:12};
---すごくいい思い付きだと思ったら既に用意がされていた。さすがはお師匠……!! &br;まあ、チーズは複数混ぜるとコクが深まっておいしいからね。どっちも入れようね。(冷ましてよそってくれるのありがたい……母性……) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:17:29};
---そんなさっくりとマントを…僕のキャラが危うい……!?あぁ、でも自画自賛みたいだけどやっぱかっこいいよねぇマントって…僕は純粋にいいと思うな♪(怪異故のセンス…)&br; ……確かに、そう言われると不思議だよねぇ…ジビエとかって言ったりもするけど豚肉や牛肉の方が美味しいしねぇ…&br;ふーむ、海もまた怪異以上に不思議で満ちているというわけだ……踏み込めない領域もいっぱいだしねぇ……さぁ、有名君も海の不思議にお触れ…(魚の切り身を移してやる) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:18:26};
---&COLOR(darkred){有名はだけんだなぁ…… (肉団子をあげよう)}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:18:37};
---ああ、そうね…お魚は、昔から味がついているって何かに書いてあったわ。豊臣秀吉はシャケの皮が好きすぎて奉納させていたとか…&br;人間って欲の生き物なのよね。美味しいものを食べたいという欲でここまでの料理を作るのだから。ええ、食べられる側からしたら溜まったものじゃないのかもだけれど…美味しいのだもの、しょうがないわ。&br;(鍋の中身がだいぶ空いてきたことを確認してから)……よし、それじゃあ作りましょうか…久常君のチーズがいい風味。混ぜたら美味しそうね…(作り始める)&br;(リゾット煮の作り方…冷や飯を混ぜます。かき混ぜます。この時点で少し味を調えます。チーズ乗せる都合で少し濃いめに。煮立ったらチーズを早めに乗せます。熱してチーズ溶かして完成)&br;そして完成したものがこちらになります。ええ、いっぱい食べてちょうだい。(みんなのお皿にリゾットをもりもり。久常君のは鍋の縁の傍、チーズは蕩けたうえで少し冷めたものをもりもり) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:20:04};
---&COLOR(darkred){ホッケとかもそのまま開いて焼くだけで、食べやすいし旨いしッスもんねえ……魚は偉いよ、美味いから偉いよ&br;わぁい、リゾット! 俺リゾット大好き! いや初めて食べるけども (はぐはぐと熱々を口に運んで) ……こりゃあうまい…… (おかわりをお願いした)}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:24:52};
---おさかなはおいしいよね。おさかな最高。みんなもおさかな最高といいなさる……(イェイイェイ) &br;(リゾットができて冷静になった)ちょっと冷めたやつありがたいです。(お礼を言って受け取り) &br;(でも念入りにふうふうはした。チーズだからね!!)おいしい……。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:24:55};
---ふふ、よかった。トマト煮だからじっくり出汁が出ているかしらね?慌てて食べて火傷しないでね…(真田丸におかわりをよそりつつ)&br;(自分も食べよう。あむあむ。一口が小さい)……ん、あふ…おいひい…(チーズが零れそうになったので指で拭う。どうしてそういう色気を醸し出す食べ方をするのかな?) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:26:35};
---(肉団子はふはふたべてる駄犬系怪異。私は…犬? やや自分を見失い気味)&br;そしてごはんをたべてるうちに新しいごはんが!…極楽ってきっとこういうシステムなんですよ! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:27:54};
---有名の食べっぷりはいつ見ても気持ちいいわね…ええ、どんどん食べていいのよ?(無限餌付けシステムの主。お皿が開けばよそってあげる) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:28:47};
---やはり「きゃら」というのは被ると良くないのか? なら消しておこう。(赤いマントを分解して)海は不思議だ。そして肺呼吸である以上、海は怖い…&br;豊臣秀吉か……気持ちはわかるな。私もお母様の作る魚料理が好きだった。&br;りぞっと……これがか。前に食べたのとは随分と見た目が異なる……(一口食べて)美味い。&br;なるほど、チーズとトマトとご飯で三権分立のような味のバランスがとられるわけだな。姉様は料理が上手い。&br;チーズトマトリゾット天国か……?(有名の言葉にくすり、と笑って) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:28:57};
---猫……有名さんは猫……(猫洗脳をこころみんとす) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:29:20};
---あー、絶対美味いやつ絶対うまいやつ……学食でリゾットなんておしゃなもの僕も食べたこと無いけど分かっちゃうそういうの&br; ん……こいつは……チーズが結構伸びる奴……!(みよーんと、口から白い糸が伸び、少し恥ずかしそうにしながらもスプーンで伸びた分を取り直して食べて)……あぁ、美味しい……最高…母親になってよちろり君… -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:30:39};
---&COLOR(darkred){(銚釐の食べ方からそっと目を逸らしつつ) ……クロ、俺は今勿体無い事をしてる気がする…… (色っぽい食べ方が見れない思春期)&br;(見た先には有名が居た だけんだ よし、冷静になったのでおかわりを食べよう) リゾット旨い}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:30:41};
---私は……猫? -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:31:20};
---もう、そんなに褒められても何も出ないわよ(苦笑を零して)私が赤の母親に…?あら、それじゃあ私の事をママって呼んでくれるのかしら…?考えなくもないけれど…?(くすくす)&br;料理なんて、ある程度覚えればみんなもできるわよ。一から作ったものでもないのだから…ええ、でも。みんなが喜んでくれて嬉しいわ(にっこりと微笑んだ) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:32:55};
---&COLOR(darkred){それ以上いけない}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:32:58};
---あぁ…似合っていたのに……とはいえまぁ、マント単品だけだと怖い噂なんかもあるからねぇ…フフフ、たまのおしゃれとしておくといいさ&br;…目を少し横に向ければ猫というキャラがかぶりにかぶってさらにまた猫が増えようとしているんだけどねぇ……あぁ、よしよし有名ねこちゃんよしよし… -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:33:35};
---久常君は猫…私も猫…有名も猫…つまり私は久常君のお姉ちゃんで有名のお姉ちゃん…?(姉なるものかな?)&br;(そして霊圧の都合でそっと背景化していく怪異。遅くまで時間取れずにすまない…楽しかったです!) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-20 (水) 23:35:28};
---怪異もったいないおばけが出るよ。出たら鍋に囲おう。 &br;もともと二人いたところに二人増えたので、もう一人増えても同じですよ(にゃーん) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:36:23};
---&COLOR(darkred){ネコと和解せよ…… 最終的に皆ネコになる…… (影が薄くなる先輩に感謝の念を飛ばしつつ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-20 (水) 23:36:25};
---ちろりママ♥……後が怖いからこれぐらいにしておこうね、いやぁ、でも本当に美味しかったなぁ……うん、皆と食べたっていうのもあって更に一入だ&br; (ママバイバイ…と一緒に食べてはいるものの謎の念を飛ばしつつ、チーズリゾットの残りをんめんめと食べている) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:37:25};
---チーズとトマトとご飯が協力しあう中で、怪異とネコ属性は増え続けて鎬を削っているのだな。(もぐもぐ)&br;あとはスイーツ……いけるか? だが苦しくなると困るな……スイーツで思い出した。&br;アリスやクリスが頻繁に話題に出す「みすど」というパティスリーはどこにあるんだ?(姉様お疲れ様です) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:37:27};
---術で耳はやせるけど。みんなに生やそうか?? (ありがとう先輩……おやすみなさい先輩……!!) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:37:38};
---&COLOR(darkred){赤ちゃん先輩、それ言い過ぎるとガチでちろりん先輩のママみに骨抜きにされるぞ……!!&br;(わいわいと騒ぎながらかこう鍋は暖かく、) 赤ちゃん先輩、皆でわいわいって良いよなあ (そう言って笑うのだ)&br;うん? ミスド? 駅前にあったっけ……って、クロ、俺は自前で化けられるから大丈夫だ!}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:39:35};
---化けられるようになったんだ。やったじゃない。一つ上の怪異になったね? &br;ミスドは駅前にあるね。大体のチェーン店は駅前を探せばあるはずだよ。今度行ってみる? -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:41:26};
---気軽な人体改造異能をお持ちとは…折角だしやってみようかな、そうしたら赤マントちゃんちゃんこ紙キャッツと呼んでくれ給えよ?ふふふ…&br; ミスド……僕は行ったことないなぁ(はぁやれやれ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:43:38};
---ネコになると今なら、銚釐先輩がお姉ちゃんに!?(よしよしされつつ)&br; そんな豪華特典があるから、猫がやたらと増えていくんです?っていうか猫耳を生やすじゅつー!とかあるぐらい、需要が高いんですね猫耳…&br; あっ、デザートに買ってくればよかったですかね、ミスド -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:44:02};
---ああ。興味がある。陣楼成哉もみすどの菓子を買っていたな……高名なパティシエがいるに違いない。&br;とはいえ、今日はもう満腹だ。(満足げに息を吐き)たらふく食べた上で次の菓子のことまで考えるとは。私も平和ボケしたものだ。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:44:29};
---&COLOR(darkred){一つ上のって言うと男の子としては言い方!って言いたくなるな! 有難うな!! (クロに言ってから、赤ちゃん先輩の様子に、今度外出る練習の時に買って来て見ようと思いつつ)&br;……アリシアは1年後には、アリスと並んでも分かる感じになりかねないなコレ…… (ちょっと肉付きが良くなってたりしそう 美食は甘い毒)}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:47:39};
---それ。(くるくるぽむんと赤さんの頭にタッチすれば、ぼわん、と、真っ赤な猫の耳が生える。ちゃんと聞こえるぞ!) &br;ざっくり1日くらいで消えるので無害です。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:49:26};
---??(けんぜんな男の子なのでわかってないぞ!) &br;おいしいものは脂肪と糖でできている。食べすぎには気を付けて。(といいつつ、この猫も満腹であった)おいしかった……。(ふくふく) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-20 (水) 23:51:24};
---おぉ……(自分の耳をさわ、さわ……)普通に耳だ……音も聞こえる…いやぁこの位置だとこんな風に聞こえるんだね…うわ、結構動かして角度も行けるな……&br;……赤マントにゃんにゃんこ紙ですにゃ(あざといポーズ) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-20 (水) 23:52:32};
---ぶっはっは!赤マントちゃんちゃんこ紙氏に新たな属性が追加されてる!&br; (怪異、もったいないお化けに目をつけられないように、残ったやつも全部食べるつもり勢) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:53:29};
---なッ………やっぱり「みすど」は延期だ、運動できる場所を教えろ! …教えろください!&br;赤マントにゃんにゃんこ紙。(繰り返して)世界は歪んでいる……(でもちょっと嬉しそう) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-20 (水) 23:54:54};
---&COLOR(darkred){おお、こりゃすげえ ちょっと赤ちゃん先輩属性過積載過ぎない? 大丈夫? 積載上限超えてない? (写真を撮っておきつつ)&br;有名、腹壊すぞ…… 一応何客か布団借りて来てるから、泊まる奴は泊って、帰る奴は寝るまで帰るなよ! (気付けばそろそろ日付が変わる頃だ!)}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:56:20};
---&COLOR(darkred){アリシア…… (ほろり)}; --  &new{2020-05-20 (水) 23:56:56};
---食べ貯めができないのは、人の体の不便なとこですよねー。(もぐもぐと残った奴を遠慮なく頂いてる) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-20 (水) 23:59:27};
---(ぶっはっは……!?)中々豪快な笑い方をするもんじゃにゃいか……ねぇ?かわいかろうに?(あざといポーズ)……くそっ、目線が速攻で飯の方に…!&br; …アリシアくらいならまだ少し位ふくよかでもかわいらしかろうに……いやぁ、大変だねぇお腹とか気にしないといけないのは……フフフ、世界の歪みとは時に恵みをもたらしてくれる…(胴体が無いのでスラッ…)…む、ちょっとうれしそう…結構猫好き系?(にゃーん) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-21 (木) 00:00:04};
---ナイスキャッツ!!(赤さんの猫姿をばっちり撮影しておく) &br;学校でいうと、運動部用のトレーニング室が、体育館に併設されてなかったかな。 &br;それか外で走るか……でもこの時期ちょっと寒いし、がっつり有酸素運動するなら、公共体育館のジム室のランニングマシンとか。 &br;ああそうだ。(ぽんと手を叩いて)ちろり先輩にならって、リングフィットでもやってみる? 運動ができるテレビゲーム。 -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-05-21 (木) 00:03:26};
---怪異を殺す怪異、絶対の少女が食べすぎで太ったと思われたらどうする!!(突然久米田漫画みたいな作画になる)&br;赤マントちゃんちゃんこ紙……(じっと胴体の空洞を見る)ネコは…嫌いではない。無辜の民に危害を加えるケースが少ないからだ。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-21 (木) 00:04:04};
---私、上品に微笑んでるより、ほんとは、わははって笑う方が素なんですよ。&br;ああ、リングフィット配信とか?アリシアさんも挑戦でyoutuberデビューなんです?ねこみみで?そうなれば、ねこさんも呼んで来て、『猫ならばいける』のダンスも仕込んでもらいましょう! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-21 (木) 00:08:36};
---いぇーい、キャッツキャッツ(撮影時にもポージング)……フフフ、顔しかないからじっと見ても何もないよ?胸だけはあるように見えてしまうのが不思議な所ではあるけどもねぇ&br; (胴も胸も空洞のはずだが、なぜか胸には存在感を持つふくらみ…)……あー、ネコカボチャとか恨みで襲うケースとかはあるけど能動的に襲うのは確かに少ない気がするね……うんうん、嫌いではないようでよかったニャ♪&br; &br;(そして日付も変わったしすぅっと背景化…猫キャラを演じ切るためコタツで寝ると押し切った) -- [[赤いの>IG/0016]] &new{2020-05-21 (木) 00:08:57};
---りんぐひぃっと……? 運動が家でできるのか。フ……興が乗った。帰ったらアリスに相談しよう。&br;ゆーちゅーばーとはなんだ……猫耳なんぞつけん、私には私のスタイルがある………!&br;今日はもう帰る。ハーヴェイとジェニファーにも泊まるとは言ってないからな。&br;……今日は楽しかった。またな。(そう言って夜の校舎を後にした) -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-21 (木) 00:10:21};
---配信はちょっとどうだろう。人気は出る気がするけれど、なかなか理解の及ばないまま挑戦させるのも忍びないよね。 &br;猫が好きなら友好の証に……肉球……さわる?(と、アリシアを猫誘惑する黒猫) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-21 (木) 00:11:40};
---また今度な。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-05-21 (木) 00:12:18};
---言質はとったよ(肩をすくめたような声音)またね! &br;……(あくび)僕も寝ようかな。片づけは起きてからでいいよね(こたつで丸くなって寝た) -- [[クロ(猫)>IG/0001]] &new{2020-05-21 (木) 00:14:05};
---みなさんお疲れ様ですー(そして残ったものをあらかた片付けてる、もしかしたら彼女が怪異モッタイナイオバケなのかもしれない) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-21 (木) 00:14:45};
---&COLOR(darkred){はいよ、アリシア帰り道には気をつけろよ! 暗いからな! ご両親に連絡して迎えに来てもらえよ!&br;……アリシアは勿体無い事をしたな (肉球……) よし、俺も片付けたら寝る事にするか 三人とも話してて良いからなー (そう言ってスゥ……する)&br;(良い思い出ができたので、きっと今日は良い夢を見れるだろう 皆有難う……}; --  &new{2020-05-21 (木) 00:14:47};
---みなさんおやすみなさい(遅れてきた分もあるので、後片付けは任される) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-21 (木) 00:16:25};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-21 (木) 08:46:32};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-21 (木) 08:46:42};
-&COLOR(darkred){テストだッ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-21 (木) 08:47:15};
--吉広ちっすちっす、テストの手応えどんな感じ?あと、いい加減外に出られるよーになった? -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-21 (木) 09:53:21};
---&COLOR(darkred){アオイじゃん、うぃっすー テストはぼちぼち、数学もお蔭さんで赤点は逃れ、てる、と、おもう、ん、だけ、ど…… (語尾がだんだん小さくなる)&br;ああ、外には限定付きで出られるようになったぜ! 誰かと一緒なら、って感じだな。 俺を俺として認識してる人が居れたら存在できる感じ。&br;って、あれ、アオイには俺が怪異だったって話したっけ? (してなかったら唐突過ぎる話だけども、と思い出して首を傾げた)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-21 (木) 11:17:39};
---相変わらず理系は苦手っぼいね、アタシはバッチリ60点キープ確実ってヤツなんで&br;マジで?良かったじゃん、条件付きでも前進は前進だし、ってか、その珍妙な条件はなにさ&br;ん?(続いて首傾げ思い出すように視線を外しもっかい吉広を見てびっくり顔)!?&br;えマジで?吉広怪異だったん?あー、それならガッコから出られない件も条件も納得って感じ、けどま、ミリも怪異に見えないいつもどーりなのにね -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-21 (木) 11:42:11};
---&COLOR(darkred){それは胸張って良い点数なのか……!? 赤点じゃあないけどさ!! (対して文系科目は総じて良い少年だ)&br;いや、その条件ってのが、俺を知ってる人に触れていることでさ 存在証明って言うの? それを現実の人に紐づけるとかなんとか難しい話があるようで…… (難しくてわからんけど)&br;うん あ、やっぱ? すまんすまん、誰に伝えて誰に伝えてないか分からんくなってる (がはは、と笑う様子は相変わらずで) そうなんだよ、昔々ここで倒された怪異なんだ&br;(鬼と侍が大蛇を封印したけど皆死んだ話をざっくりとして) それの集合体ッポイ ま、そうであってもアオイの言う通りいつも通りだけどな!}; --  &new{2020-05-21 (木) 11:57:13};
---ま、アタシは進学するつもりないんで、赤さえなければ万事おっけ的な?&br;ふーん、難しいコトは置いといて触れてればガッコの外に出られるんだ、ちな、外で離れたらどうなんの?&br;(そして鬼と蛇と侍の話を聞き)あー!大体わかりみ、ってか点が繋がったじゃん、だから蛇鬼の話も聞かなくなった的な?はーすっきり……&br;でもさ、それなら侍ロボで怨み晴らさせるって最初からダメなヤツだったって事?ま、結果的に良かったからいーんだけどね -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-21 (木) 12:28:24};
---&COLOR(darkred){進学じゃないのか 就職ってイメージが無かったぜ どういうトコ狙ってるんだ?&br;外で離れたら、学校の校門に強制送還だったな 何度かやったけども ……今は離れても大丈夫なように練習中さ 帰宅は楽で良いんだけどな (がはは)&br;そうそう、お蔭さんで自分のルーツも分かって一安心だよ んで、家もないので相変わらずがっこうぐらしって訳 ……ああ、いや、ロボは役に立ってくれたぜ!&br;蛇鬼だった俺がぶっ壊したにもかかわらず、現場にいた3人を守って勝手に動いてくれてさ アオイやクリスの情念がロボに命を宿したのかもしれん (そう言ってから目を細め) 有難うな、アオイ}; --  &new{2020-05-21 (木) 13:03:20};
---それはそうっしょ、就職もする気ないんで、最初は一人で経営できるちっちゃな店立ち上げるかなーなんて考えてたけど&br;なんか、ロボ部でイミフな自信ついた的な?今はいっちょ起業も楽しそーかもってヤツ、経理ばバリバリ実践してるかんね&br;えーなにそのずっと触れ合ってないとダメとか恋人かっての、きしょ(苦笑しつつ)&br;ま、それは冗談としてもさ、オトコノコ同士ならまだしもトイレとかやばくね?や、オトコノコ同士で触れ合いながらもヤバいけど&br;(ありがとうと言われれば得意げに親指立てた)そのお侍さんが宿ったのかもね、吉広に友達を手に掛けさせないためにさ、む、アタシだっておセンチメンタルになる事くらいある的なヤツ&br;さーてアタシは部活行こ、2号機の作成もあるし、っつー訳で吉広も自由に出歩けるように頑張っときー(と小さく手を振って行くのでした) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-05-21 (木) 13:33:10};
---&COLOR(darkred){へえ、企業って奴か! すげえなあ……色々考えてるんだな (意外、と言うのを隠そうとしない顔)&br;いやまあ、高校時代にモーショントレース機能付きのロボット作りましたって学生も少なかろうよ……そうか、卒業後の事をちゃんと考えてるんだなあ……&br;さ、最近は紐とか鞄とか、身体じゃなくても大丈夫になってきたし……! きしょいとかいうなし!? って、ああ、まあ、トイレはな……長時間はまだ難しいのだ……&br;はは、にあわねー (侍が宿った、に笑うけれど) うん、でも、そうだな そうだと良い 生かして守るって遂げられてたら、嬉しいな (目を細めて頷いた)&br;マジか、まだ作るならモーション協力はするぜ! はいよー、ありがとなー! (こっちは大きく手を振ったのでした 別れ際は性格が出る)}; --  &new{2020-05-21 (木) 17:50:16};
-(月夜の晩にひとり校舎を訪れる 何やら大荷物を担いで、風のうわさに”出る”という鬼の姿を探す)さて、どこにいる……? -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 20:18:31};
--&COLOR(darkred){(深夜の校舎は静まり返り、昼の喧騒が嘘のようだ よく見知った別世界を歩くアエリア)&br;(……すると、向かう廊下の先、人影がある 明かりも点けない廊下にぼんやりとたたずんでいる)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-21 (木) 20:56:51};
---(程なく、それらしい人影を見つけた 月光を浴びて輝く輪郭は夢と現の境目に立っているようにも見えて)真田丸吉広!&br;少し付きあえ 屋上に出るぞ(大荷物を担ぎ直して屋上まで上がっていく 扉を封じる南京錠はひとりでに落ちて、涼やかな夜風の吹き抜ける屋上のど真ん中に陣取る) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 21:08:00};
---&COLOR(darkred){うおっ!? って、アエリア先輩? こんな時間に何をー……って、え、え、なになになんスか!? (屋上まで連れていかれて目を丸くする)&br;な、なんかでっかい荷物ッスね……天体観測でもするんスか? (状況が理解できておらずに、とりあえずアエリアの担いだ荷物を眺め)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-21 (木) 21:13:02};
---うわばみが出ると聞いたのでな これくらいなければ足りぬであろう(風呂敷を解くと酒樽に升がふたつ)先だっての戦働き、まことに天晴れであった! 祝い酒といこう -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 21:28:07};
---&COLOR(darkred){うわばみ……蛇? (いやいやまさか、とちょっと思いつつも) 先の戦い……蜃か! 俺は足止めだったんで、成哉とアエリア先輩のお蔭ッスよ!&br;って、え、酒? え、良いんスか? やっほい! (鬼の頃の記憶があるので大喜びだ) じゃあ、先輩にお酌するッス&br;しかし、蟒蛇ってのはどんな怪異なんスか? 大蛇? まさか、上半身が鬼で―って奴じゃないッスよね (ははは)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-21 (木) 21:34:26};
---お前の酒だ 割っていいぞ(樽の天板を露わにして)幻とはいえ、己と同じ姿をしたものが人の手にかかるさまを眺めるのはなかなか愉快な体験だったな&br;(樽を挟んで腰を下ろす 冬の大気の透明感あふれる空に無数の星々が瞬き、月は皓々と天心に輝く)佳い月だ あれに劣らぬ美女もいる 他に肴は要らぬだろう&br;さて、私の聞いた話は……どうだったかな ほんのひと月ふた月の間にたくさんの事件があった 目が回ってしまいそうだ -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 21:46:33};
---&COLOR(darkred){俺がスか!? (木槌を預かりつつ) あー、確かに中々無い経験ッスよね……本物の方がいい動きしてたッスけどね!&br;自分で月くらいいい女って言う人初めて見たッスよ (思わず笑って、しかし否定はせず) この一年入学してから毎日事件続きだった気がするッスよ……よし、そんじゃ行きますよ&br;(いよーお、と声をかけてから、木槌でふたを一撃 子気味良い音と酒の飛沫 なみなみと揺れる酒を升に注げばアエリアに) ああ、良い香りッスね 上物だ&br;しかし、夜の蛇って言うと……その、鬼のヤツですか? (もう一度たずね、自分も升に次ぎ、樽を挟んだ向かいに胡坐をかく 今世はじめての酒だ) 乾杯は先輩が}; --  &new{2020-05-21 (木) 21:55:54};
---己を下げるような物言いは好かぬのでな 私のような者にも慕ってくれる者がいる であればいっそ、ディアナにも並ぶがごとき極上の美女よと誇ってみせる方がよかろう&br;その者の見る目もたしかだったということになるわけだ……(なみなみと満たされる升酒に思わず喉を鳴らす)干したら直に汲んでしまえ 私もそうする&br;では、名月と私とお前と、慌ただしき日々に!(乾杯して升の半分まで一息に干す ふーっと熱い吐息を漏らして)そうだと言ったら、何とする? -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 22:12:43};
---&COLOR(darkred){浪漫ですねえ…… いや、それ位の方がこっちも褒めやすいってもんス (月の様な美女に太陽のように明るく笑って)&br;了解ッス、手酌でやらせていただきます (そう言って升を掲げ) 月と友と慌ただしく尊い日々に! (乾杯、ぐい……ぐ、ぐ、ぐう……ぷっはああ! 一息で干して早速おかわりだ)&br;いや、これ良い酒ッスね! ……あー、いや、なんとするって言うか…… どうしようもないって言うか…… (視線を向けられ、酒を一口飲んでから)&br;……それ、俺ス 深夜の校舎を這いずり回る蛇鬼って (とても気まずい顔……) い、いや、正確には俺と言うかワシというか私と言うか……! ちょっと違う存在と言うか!!}; --  &new{2020-05-21 (木) 22:27:33};
---今日はお前の話を聞きにきたんだ(升の中に月を映して、くいっと干していく)どうして慌てる? 恥じるようなことでも、後ろ暗いことでもあるまい&br;噂くらいは聞いていたが、お前とは知らぬ間柄でもない となれば、当人の話を聞くのが筋であろうよ(樽に升をつっこんですくい、口をつける)&br;かく言う私はウェスタの巫女をしていた 旧き神々の信仰が廃れ、不滅の焔が消えゆくときにも何もできなかった 実に恥の多い人生を送ってきたぞ -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 22:48:17};
---&COLOR(darkred){って、気付いて来てたんスか……そういや、最初から俺の酒って…… 良かった (討伐目的だったらどうやって説得しようかと、と眉を下げて笑い)&br;ローマ帝国でしたっけ? 俺のルーツも古い世代スけど、アエリア先輩程じゃあないなあ……っていっても、そんな話せる面白い事ないッスよ? (酒をちびりと)}; --  &new{2020-05-21 (木) 23:17:31};
---声なき者たちの声に耳を傾けてみるがいい お前の噂で持ちきりだぞ テウルギアの残滓のひとひら、神代の魔術の再現に過ぎぬが……彼らは今もここにいる この世界に息づいている……&br;カエサルが現れる前だ ハンニバルに滅ぼされかけていた頃に私は生まれた 祖先はガリア北方のどこかから、マグナ・グラエキアに流れてきたらしい&br;話のタネがなければ手品でも構わん お前が見目のよい生娘であれば酒の肴にもなったところだが、一芸あらばそれでよい(天を仰ぎ、プトレマイオスの星座を探しながらぐいぐい飲む) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-21 (木) 23:42:56};
---&COLOR(darkred){アエリア先輩の言葉は時々難しいッスけども、バレバレだったんスね 良かったぁ (見えない何かを見ようとするように、空に乾杯をしてぐぅっと一口)&br;(おかわりを注ぎながら) 紀元前ッスよね確か そりゃあすげえ……大姉さんスね (感心したように頭で年表をめくる 日本史専攻の頭には世界史の情報が少なかったのであきらめ)&br;手品は出来ないんで、ちょっと昔話に付き合って下さい ある鬼と、人間と、そして神様を飲み込んだ蛇の話ッス (そうして話す昔話 ある所に気の優しい鬼が居た話)&br;(酒を飲みながら語る口調は、時折仔細に、時折伝聞のように 村と上手くやっていた鬼が、旅の侍と友となり、村を脅かす大蛇を討伐に入った話)&br;(その大蛇は、神社のご神体を飲み込んで怪異となった半神。戦いの末勝つためにその命を投げ出した鬼。二人を封印し、力及ばなかった自分を恥じて自刃した侍の話。)&br;…… で、千と数百年経って今に至り学校ができ、封印が弱まって……あとはアエリア先輩もごそん時の通りッスよ 残ったのは3人のまぜこぜになった俺って訳ッス}; --  &new{2020-05-22 (金) 00:04:44};
---ローマでは、酒といえばもっぱらワインだな ローマ市民はところかまわず、帝国の全土にぶどうを植えては酒を造った つまみは濃い味の肉料理に魚介類だ 今と変わらんな&br;ガルムといって、この国の醤油に近い調味料もあった 同じ発酵食品の相性というのもあるのだろうが……米の酒も甘くて旨いな 400年前はこれほど洗練されていなかったし、黄色く色がついていた&br;(昔話を肴にこくこくと酒を飲む 胃の腑も膨れてきたようで、熱っぽい吐息を漏らしながら主観と客観の入り混じる不思議な物語に耳を傾けた)&br;となると、私が伊上の領主どのに世話になっていた時分にも、お前はそばにいたのだな 私は400年前に出会った者たちの子孫を探した まさに灯台下暗しだな……&br;そしてお前が永き眠りについている間に、浮世の噂は変遷を遂げ……ついには神秘に昇華されたか 数奇なさだめもあったものだ(す、と升を突き出して、吉広のそれと打ち合わせる) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-22 (金) 00:31:56};
---&COLOR(darkred){魚醤ってやつッスか? なんかどっか読んだことがあるような…… って、黄色い日本酒って、本当に昔のお酒の作り方ッスね&br;(そして、昔話を終えた頃には樽は底が升で突けるくらいになっていた) はは、それ位の頃は、俺は封印の中でぐっすりだったッスよ、多分 400年前に起きてれば力になれたんスけども&br;はは、神秘と言うには随分と世俗っぽい俺ッスけどね でも、千年の時を超え出会えたことに (乾杯をする ぐうっと呑み干せば、そのまま大の字に寝転がって)&br;あー、千年ぶりだろうなー酒ー、酔っぱらったあ…… ……良い月だぁ、月の色もちょっと昔とは違う気がするなあ……&br;アエリア先輩、 (うとうとと瞼が重い目を向けて) ……今日は、有難うございます ……千年後も、こうして飲めると……良…… (そこまでで、少年は大鼾をかき始めたのだった)}; --  &new{2020-05-22 (金) 00:43:26};
---ずっとまどろんでいたのなら、百年も千年も変わりなく……ただ一炊の夢に過ぎんか 世に不思議の種は尽きぬものだな(天心に浮かぶ月を中心に世界が回る)&br;(升を逆さにして最後の一滴まで味わい、そのまま仰向けに倒れこんだ)ふぅっ、存外に………いけるものだな、二人…だけでも……&br;なんの、礼には及ばぬ………(全身を熱き血潮がかけめぐり、しあわせな浮遊感に包まれたまま眠ってしまいそうになる)……いや、いやいや寝るな! 12月だぞ!!&br;第一、酒盛りが見つかったら退学は免れん……世話の焼けることだ…(睡魔と戦いながら片づけて、ぐっすり眠った少年は無人の宿直室に放り込んでおいた) -- [[アエリア>IG/0023]] &new{2020-05-22 (金) 01:56:45};
-(定期考査も終わって悲喜こもごもが満ちる校内の自販機の前で二人揃えば談笑する、出来はどうだったかなど…)&br;(と、会話する中で男は何か思いついた様に眉を上げて)そういえば思い切り話はズレるけど君、実際身分どないなっとる?あらへんやろ? -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-21 (木) 22:48:44};
--&COLOR(darkred){(パックのバナナオレ飲みつつ、倉守先輩に見て貰わなかったら即死だった……とか言って笑っている日常、問いかけに首を傾げて)&br;ないッスね、まあ、校長に直談判したら学籍3年までは許して貰えるって事になったんでアレっすけども 帰る家も両親も幻だったと分かった身スからね}; --  &new{2020-05-21 (木) 23:21:20};
---(こっちは微糖の珈琲を口にしている、意外と珈琲好きな様だ)そうか…こうして実際に聞くと凄いずっしり来る話題やね&br;そうなると三年になったら戸籍取る為に色々せなあかんなぁ、鬼種やったらそう取るのは難しあらへんと思うけど&br;一先ず他の子よりは忙しなると思うから二年から将来やりたい事とか色々考えるとええよ(と…この多種多様な世界なりの道がある事を語る) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-21 (木) 23:27:09};
---&COLOR(darkred){はは、もう顔も思い出せないスからなんとも、夢みたいなもんスよ 良い夢でした (少しだけ目を伏せて笑って)&br;戸籍については、とある先輩が知見を貸してくれるみたいで、ちょっと勉強中ッス! (あげた顔はいつもの明るい笑顔で) 鬼は結構メジャーな種族なんスかね&br;将来かあ……ぶっちゃけ物心ついて半年なんで、「なにしたい」「なにになりたい」って経験が無い状態で義務教育飛び越しちまったんスよね……悩ましいスよ&br;倉守先輩は将来の夢とかあるんスか?}; --  &new{2020-05-21 (木) 23:30:04};
---(夢と語る少年に対して男は何度か眉間にシワを寄せた後に溜息を吐いて)こないな時いけずか臭い事ばかり浮かぶ頭を恨むわ&br;(ただ前向きな様子を見れば男もそうか、と安心したように頷いた)&br;ヒトとの混血も多い種やさかい、前も話したけど源氏は鬼混じりが多い。藤原や平家は竜混じりも居るいう話は聞いた事ある&br;そこはこれから何倍も濃密に生きてこか…僕?あるよ、神様に恩返しをするいう大きい夢が(何か素っ頓狂な事を笑顔で語る) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-21 (木) 23:38:22};
---&COLOR(darkred){そこで思いついた皮肉とか適当な慰めを言わない所が、倉守先輩ッスよ ……有難うございます (その心遣いが有難かった)&br;正直、それを可哀そうだとか言われるとどう返して良いか困っちゃうんスよね 無かった物って納得できちまってるんで (頭を掻いて苦笑して)&br;祖先は天孫、子孫は鬼や竜が混ざる、この国の血脈ってのは元々凄いもんなのかもしれないスねえ&br;はは、もうすでにこの一年足らずが激動すぎて濃密どろどろッスよ! って、神様に恩返し? (その言葉に目を瞬かせて、首を傾げて) 奉職されるとか? (そう言えばもともとそう言うか系だと聞いた気がする)}; --  &new{2020-05-21 (木) 23:53:51};
---お礼を言われる様な事とはちゃうよ、君が単に芯のあるビシッとした子いうだけや&br;(素直な態度を向けられると男はどうにも困るようだ、素直に対応してしまう辺り皮肉に生き過ぎてその辺りの経験値が足りないのだろう)&br;せやね、それだけ間口も広い。そんねきあるさかい鬼が一人増えても人口増加って具合や&br;(濃密な件には確かにと笑い)や、漠然としてるけどもっと信徒が増えるよう働いたり即物的に直接お会いして感謝を伝えたい。&br;僕は小さな頃神様のお世話になった言うたら笑う?7歳の頃までは神様に色々教わったて言うたら(苦笑しながら男は珈琲を飲み干す) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-22 (金) 00:05:32};
---&COLOR(darkred){はは、そうッスかね うん、芯はもっともっと鍛えてぶっとい男になりたいもんッスよ&br;(がははと明るく笑って見せる 強がりかも知れないが強がりでもそう言って見せたいと思った 格好良い先輩の前では、格好良い後輩でありたい そんな事は本人には言えないけれど)&br;はは、少子高齢化に歯止めがかかりますね って、直接? (その言葉と、続く話に目を瞬かせ、しかし) 信じますよ 倉守先輩は言い方変えたり言葉を選んだりするかもしれないけど、嘘は言わないと思いますもん&br;(真っ直ぐ目を……閉じてるようにも見えるけど……眼を見てそう言って、それから) それに、俺の一部は龍神の尻尾を呑んで怪異になった蛇が居るんス 神様を信じないわけないじゃないスか}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-22 (金) 00:16:06};
---(少子高齢化に歯止めと聞くと男の眉間がきゅっと締まる)ご結婚の際には稲荷にどうぞ&br;(と冗談めいて言うが度々男と話す真田丸からすると今ちょっとマジなトーンだったと気付くだろう、稲荷神社は家内安全がご利益だ)&br;そか、おおきにな(素直に信じる真田丸に対し言葉少なにしっかりと感謝を伝えて)&br;せやったね、ああけど龍神の尾か…文献色々漁った時に珠やらもあるいう話は見たなぁ、飲まれた張本人は探してへんのかな?(その一点気になるのは男は首を傾げつつ缶をゴミ箱に捨てる) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-22 (金) 00:28:31};
---&COLOR(darkred){ま、まだ相手がいないッスよ!! ……気になる人はいるけども (はあ、と息を吐いて それでもマジだとは判ったので) ……覚えておくッス&br;どういたしまして 俺の中の倉守先輩への信頼ゲージは、それ位信じさせるくらいに高いんス! (大袈裟にガッツポーズをして言って見せる それから、笑ってゴミ箱に空のパックを捨てて)&br;ああ、張本人はこないだ取りに来たんで返したッスよ まだ胴体も探してるって言ってたなあ  小さくなって大変そうでしたけど―…… (あっさりとそう言った所で予鈴)&br;っと、そろそろ行かないとッスね そんじゃまた、今度また一緒に昼めし食いましょう!}; --  &new{2020-05-22 (金) 00:47:30};
---青春やなぁ…(珍しく何かしみじみとして語る、神職の息子として家内安全に関わる事には反応がちょっと違う様だ)&br;そないに信じて貰える程立派な事はした覚えはありません(と苦笑はしつつも嫌がる素振りは無く)&br;ああやっぱり探してたか、小さく?(そこで流河を思い出す、ただあくまで興味で出した話題の為一端思考から消して)せやね、ほんならまたな真田丸君(手を振り男は去っていった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-22 (金) 00:56:01};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-22 (金) 09:13:40};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-22 (金) 09:13:49};
-&COLOR(darkred){来週から冬休みかあ……夏休みと違って長いけど、ちょっと寂しいやな (溜息つきつつ、住処の空き教室で炬燵に入る少年だ)}; --  &new{2020-05-22 (金) 09:14:57};
-(炬燵で温まりながらアクセサリーだのコスメだのを検索してる)&br;なぁ・・吉広・・・ちょっと相談があるんだけど・・・ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 18:42:36};
--&COLOR(darkred){相談? どうしたよ改まって水臭い (炬燵蜜柑と言う日本の伝統を楽しみながらのんびりと)}; --  &new{2020-05-22 (金) 21:15:23};
---・・・女の子へのクリスマスプレゼントって・・どんなのがいいのかな・・・(悩みすぎてもう来週ですよ?) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 21:25:09};
---&COLOR(darkred){平安生まれで物心ついて一年未満の俺にそれ聞く?! なさけないなあなるやくんはぁ (ドラえもんぽく言いつつ顔を上げ)&br;女の子にプレゼントとか贈った事無いし、そもそも彼女すらいない俺に幸せな悩みをコノヤロウ (炬燵の中で爪先キックでつつきつつ、しかし考え)&br;まあ、安くていいなら、リボンとか? アリスあいつ大体リボンスタイルじゃん 日々使える物とかなら生きるし、学生の身としては高すぎないしってな&br;というか、クリスマスにはデートとか誘ったのか?}; --  &new{2020-05-22 (金) 21:32:18};
---(蹴られつつ)う、うるせぇ!俺だって・・俺だってなぁ・・・考えたんだよ、必死に・・・でも女の子にプレゼントなんてした事ないし・・・そもそも付き合った事もないし・・・吉広なら生まれたばかりでも人生経験豊富かなって・・・&br;リボン・・リボンか・・・なる程良いな・・・(悪くないと頷く)普段使い出来るってのもいい・・・うん(よしっと決心するした)&br;うん・・・ちょっと遊園地行ってくる・・・伊上ワンダーワールド・・・(自分で言いつつこれは何かの妄想なのではなかろうかと何度も予定を確認したりしてる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 21:52:17};
---&COLOR(darkred){なんだその生まれたばかりでも経験豊富って……残念ながら、侍の俺も鬼の私も蛇のワシも、つがいは、居なかった!! (くわっ)&br;俺が平安貴族っぽく和歌を送ろうとか言ったらどうするつもりだったんだよ (うりうり、とつっついて) お、そうするか? 指輪でも良いんじゃね? (がはは)&br;お、良いじゃん! 学生デートらしくて! あ、夜帰らないアリバイ作りなら俺がやってやろうか? 今夜の背景後ろに二人で写真撮っとく? (にやにや、めっちゃ楽しそうだ)}; --  &new{2020-05-22 (金) 22:20:12};
---そうだったのか・・・(昔の人だからなんとなく誰かはいるもんだと思ってた)なんか・・ごめん・・・(気を使った)&br;(和歌と聞けば)現代風だと・・・ポエムか・・・恥ずか死ぬ奴だわ・・・(うわーってなりつつうりうりされる)&br;指輪なぁ‥高校生の所持金じゃぁちゃちなもんしか買えねぇよ・・・サイズもわかんないし(でもアクセサリー系はいいかもなぁなんて呟く・・・なんたって誕生日は2月だ・・うかうかしてたらすぐである)&br;い、いらねぇよそんな事・・(否定しながらも期待はしてしまう・・・いやでもむこうまだ14だし・・・とぶつぶつ) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 22:30:59};
---&COLOR(darkred){やめてっ その視線ガチでダメージデカいからやめて!! (みかんの皮アタック目つぶし) シャーねえじゃん、蛇は蛇だし、鬼は自分一人だったし、侍も旅してたんだから!&br;アリス、君の髪は何と美しいんだ、まるで……とかキラキラ画風な成哉がアリスを口説いてる所まで想像しました マジうける (げらげらげら)&br;指輪はまだ早い、とは言わないんだな ベタ惚れじゃん (ききき、とからかう様に笑うが、) ま、上手くやれよ 親友二人がまとめて幸せになるなら、俺は喜んで協力するぜ&br;まあ、そこはムードと二人の気持ち次第だから冗談半分だけどさ さっきも言ったが、俺は二人を応援してるぜ アリバイ作りなんて喜んでやるさ}; --  &new{2020-05-22 (金) 22:47:51};
---(ミカンの汁を受けてぎゃーって転がる)&br;・・・・まるで、朝日を浴びて輝く・・・(稲穂って表現としていいのかなぁとうぅんと唸る・・・やりかねないぞこいつ)&br;確かに特別な意味がある物だけど、指輪は指輪だしなぁ・・・(でも普段から付けづらいだろうし、別の物かなぁってなる)&br;・・・ありがとな・・・でもそうなると、こっちもお前に出来る限り協力したくなるなぁ(あれからどうなんだよ?クリスマス近いぞ?と反撃を試みる) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 22:59:24};
---&COLOR(darkred){(反撃かっこ物理成功!とガッツポーズ)&br;え、マジで考え始めちゃった? …… 良いと思うぜ! (ムードが良い時に成哉ポエムがさく裂して、アリスが噴き出す姿を思い浮かべたのでそのままにしておいた 面白いし)&br;お、意外と冷静……まあ、俺からのおすすめはリボンってだけで、もっと良いのが思い浮かんだらそれにしろよ? アリスの事だし、デートだけでも大満足だろうし、成哉からなら何でも喜ぶだろ&br;(当日使った遊園地のチケットも大事に保存しそうだよなアリス、とか言いつつ、反撃に目を瞬かせ) どうって……なにがよ? (気付いていない!)}; --  &new{2020-05-22 (金) 23:06:30};
---気持ちは言葉にしないと伝わらない・・・恥ずかしいけど・・いやでも言う程に軽くなる言葉ってあるな(だから回りくどい表現があるのだろうかなんて考えたり)&br;・・・・・そうだな・・もう少し考えてみるよ・・(むむむっとまた悩む)&br;・・・・・・・雪洞先輩と、その後なんか進展あったのかって聞いてるんだよ・・仮に今からクリスマスを誘えなかったとしても、正月とかあるだろ? -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 23:26:39};
---&COLOR(darkred){シンプルが一番だと思うぜ 成哉としても、アリスにとっても (グルグル悩んでる成哉を微笑ましく眺めつつ)&br;って、ち、ちろりん先輩と?! (気付いた! 赤くなった!) い、いや、外に出る練習でちょいちょい世話になってるけどさ! クリスマスとか正月とか、その辺りは先輩も用事あるだろうし……&br;(ごにょごにょと言いつつも、首を傾げた そうか、) 用事があるかどうかなんて、聞いてみないと分からないよな……無けりゃあ別に、誘っても…… うーん}; --  &new{2020-05-22 (金) 23:30:26};
---・・・だよな、やっぱ・・・(気楽な方がらしさがでるだろう・・・アリスもかなりストレートに攻めてくる・・それはもう全てがフィニッシュブロー位な勢いで)&br;そうだよ、勝手に遠慮して逃してりゃ世話ないぜ?そもそも、いくら暇だったとしても、まったく気のない相手と文化祭で一緒に回るか?(間違いなく「あーん」はしないとうんうん)&br;絶対待ってる・・・少なくとも、心のどこかで期待してると見たね(そそのかす) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-22 (金) 23:54:42};
---&COLOR(darkred){それはそれとして、頑張って褒めるのもアリスは満更でもないと思う つまり成哉が頑張ればアリスは嬉しい 俺ニヤニヤする みんな幸せ (片言)&br;いや、あれはその、……そ、そうかな? (首を掻いて恥ずかしそうにしつつ、あーんは二人をたきつける為に、とか言い訳ごにょごにょ) ……そうかな?&br;(そそのかされて暫く考える 悩んで、しかし、) ……結局、俺はちろりん先輩と過ごすのが楽しいんだよな (自分の中で結論が出た) 誘うわ 駄目ならそれはそれだ!}; --  &new{2020-05-23 (土) 00:07:48};
---てめぇ!(最後のトコは必要ないだろうとうりうり)&br;そうだ・・・そうだ・・・(「そうかな?」と問われる度に頷く)よしっその意気だ!(互いに頑張ろうと誓い、その後は適当な雑談をして過ごしたとか) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-05-23 (土) 00:26:23};
-そういえば真田丸君。(学校内。保健室でお茶しているところで、誰も周囲にいないことを確認してから)…前に言ってた、戸籍の事だけれど。一応準備、できてるわよ。どうする? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-22 (金) 22:30:59};
--&COLOR(darkred){(冬休み直前の保健室は人気も無く、) はい、なんスかチロリン先輩 (お茶あったかい……とのんびりしている所にその話)&br;えっ、もう準備ー……っ (大声出しかけて口を抑えてから、声を落として顔を近づける) もう準備できたんスか、凄いッスね……! めっちゃ嬉しいッス、俺どんな戸籍なんスか}; --  &new{2020-05-22 (金) 22:39:51};
---(こちらもお茶をずず。やはり寒い冬場はお茶に限る…いやコーヒーも好きなのだけれど)…真田丸吉広君。男性。A型。16歳。&br;住所は伊上市内のこのリストから選んで。全部空き家で、決めた後は一応そこに住んでることになるから…(ぺらりと住所リストを出す)…ご両親については、なし、という形を選んでもいいし…(少し言いづらそうに)…架空の親の戸籍を作ってもいいわ。私のように。&br;(父親がいることになっている…むろん、そんな人はいないのだが)あとは誕生日とか、細かい所を決めてくれれば、すぐにできるって古い知り合いから連絡を貰ったわ。これで、人の世の中で生きるのに、多少は都合がよくなったはずよ。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-22 (金) 22:45:52};
---&COLOR(darkred){(あ、饅頭どうぞ、と手土産の饅頭を菓子皿に置いて) 家まで!? が、頑張って稼いで家賃払わんと……!&br;って、両親スか? ……うーん (その言葉に少し考え、しかし、首を振って笑った) 無し、で大丈夫ッスよ ……うん、俺が記憶を取り戻した時点で、完全に納得出来ましたから、大丈夫です&br;親が居なくても、こんだけ気にしてくれる人が居て、親友も居て 十分今は幸せッスからね 誕生日かあ……折角だから覚えやすいのが良いッスねぇ&br;でも、それよりも先に (そう言ってお茶を置けば、真っ直ぐに目を見て) 有難うございます、ちろりん先輩 ……最悪俺、学校卒業したら山に籠る事になるかもって覚悟してたんスよ だから嬉しいッス}; --  &new{2020-05-22 (金) 22:57:14};
---(悪いわね、と受け取る。ちょうどいいのでこれがお昼ご飯になりました)…ああ、いいのよ?さっきも言ったけれど、空き家なのだから。無理にすぐ住もうとしなくても。&br;(住むときはまた所定の手続きがあるから、と説明して。両親についての回答を得れば)…そう。わかった…それじゃあ、そうするわ(スマホにメモって)…そうね、それは分かるわ(私も今、幸せ。と)&br;誕生日は自由に決めていいわよ?今後の日付にするなら15歳にするし、前にするなら16歳で登録するから…(キャラクリみたいになってきた)…あら、いいのよ。…私も同じ悩みを、14年も続けたから、気持ちは分かるつもり。&br;あまり合法的な手段ではなかったけれど…真田丸君が、喜んでくれたら私も嬉しいもの。楽しいわよ、人間のように生きるのは。大変なこともあるけど、楽しい。それは保証するわ。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-22 (金) 23:07:43};
---&COLOR(darkred){ちろりん先輩ってホント小食ッスよね……本来の食事じゃないから、そもそもあんまり受け付けない感じなんスか? (こっちは一口でまんじゅうを食べる 饅頭は飲み物)&br;あ、良かった! でも、バイトしようにももっと外で動けるようにならんとな……ちろりん先輩の手を握りっぱなしでバイトする訳にもいかんし (ちょっと冗談めかして笑う 照れ隠しだ)&br;んまあ、もうちょっと考える事にするッス どうせ年末年始は役所もやってないだろうし 正月とか分かり易いスけどね (単純だ!)&br;はい、俺めっちゃ嬉しいです ……人間として生きる、かあ (お茶を一口) ちろりん先輩は、人間として生活して、何が一番楽しかったッスか?}; --  &new{2020-05-22 (金) 23:14:56};
---いえ、一応食事でも精気は蓄えられるのよ?ほんのちょっとだけれど…少食なのは、単純に胃が小さいだけ。(痩せてるでしょう?と続けて)いっぱい食べるのは有名もだけれど、見ていて気持ちいいわね(くすり)&br;そうねー…駄目よ、私と手をつなぎ続けてなんて。恥ずかしいし、それに多分、途中で私が倒れてしまうもの(そこは頑張りましょうね、と)もぅ。&br;そうね、決まったらLINEして。手続きはすぐに進めるから(頷いて、お茶を一口。続く質問には)……そうね、難しい問いだわ。&br;この高校に入学したころから考えると…毎日が、それはもう輝いていたから。1年の終わりから入院しちゃって、底からは少し寂しかったけれど…6月に学校に復帰してから、それまで以上に楽しかった。&br;一番を決めるのは難しいわ…?赤と出会えたこと、アリスと出会えたこと、有名と出会えたこと…もちろんクラスの皆や、後輩の皆や…真田丸君と出会えたこと。全部楽しくて、全部かけがえのないものだから。だから答えは…「全部」ってなっちゃうわね。(苦笑を零した) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-22 (金) 23:21:50};
---&COLOR(darkred){確かに、俺の半分どころか、それより少なそうッスもんね…… はは、有名アイツ、鍋の時も最後まで平らげてましたもんね&br;(先週の怪異会を思い出して笑って) そうッスね、それに、ちろりん先輩が外で倒れたら、俺がそこに残ってられるかも分からないし…… (認識が外れたら、と考えると少し怖くて)&br;はい、決まったら (そう頷いてから、) 全部楽しくて、かけがえのない…… そっか、へへ、そん中に俺も居るんスね (照れ臭そうに笑って礼を言った)&br;(そして、少し黙って考え込むような様子を見せてから……) あの、さっきの話なんスけど……そろそろ、長く外に出られるか試してみないとって思うんスよ&br;……で、そのー、えっと 放課後とかだと先輩が帰る時間とかあって、出来ないけど、昼からならとか思っててー…… (普段率直な少年にしては回りくどく) ……24日とか、25日とか、空いてますか? 先輩}; --  &new{2020-05-22 (金) 23:37:10};
---有名はね、二人で何か食べに行く時も遠慮なく食べてくれるから…奢りがいがあるわ。本当に、可愛い後輩よ(くすっと笑って)&br;もちろんよ。怪異の友人として、後輩として。アリスの最初の友達であり、自らの境遇も乗り越えた強い子。貴方と話している時間は、私、とても楽しいわ(お茶をずず。うまい)&br;…ん、そうね?確かに行けるところは増やしたいものね(なるほど、と頷いて)…休日の昼?いいわよ…24と25かぁ…(スマホをぱかり)&br;…25のお昼からなら。24は、午前中は多分(前日が久常君絡みで体力使うので)倒れているし、夜は(生配信の)予定が入っているの。それなら付き合えるけど、どうかしら? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-22 (金) 23:45:40};
---&COLOR(darkred){有名のだけん化にはチロリン先輩が大きく関与している気がする……でも沢山食べさせたい気持ちはわかるッス (判る)&br;はは、どっちも俺一人の力じゃあないッスけどね でも、俺もチロリン先輩と話してる時間は楽しいッス 凄く (実感を込めて伝え)&br;はい、その内空き家に住むようになるなら、一人でも顕現出来ないとッスからね…… (スマホをいじる様子をドキドキしながら見つめ……そして) やったー!! (OKが出て思わずガッツポーズ)&br;……あ、えっと (座りなおし、耳まで赤くしつつ咳払いで仕切り直し) じゃあ、25日のお昼に お手数をかけますが、学校の校門で待ち合わせで良いスか? (そわそわ) }; --  &new{2020-05-23 (土) 00:01:38};
---あの子、可愛いのよね…(その分、心配もある…ただ、彼女とは対等でいたい。私は見守るだけだ)&br;あら、そう?ふふ、照れるわね…じゃあもう少し砕けて話しちゃおうかしらね(その後脳死会話の割合が増えることになった。唐突にPCパーツの話を振るように…)&br;そうね、あくまで最終目標は一人で出歩くことではあるから。(頷いて)あら…そんなに嬉しかった?(くすり)ええ、もちろん。学校まで迎えに行くわ。&br;考えると、男の子とデートって、もしかすると初めてかしらね…(んー、と口元に指先を持っていって)本当はエスコートしてもらうものだけれど。真田丸君は不慣れだもんね、町は。ちゃんと案内するから、安心してね?&br;(それじゃあ楽しみにしているわね…と笑顔を見せつつ。お茶を飲み終えたあたりで、予鈴がなったので二人とも教室に戻るのであった。一時間後にまたちろりんは保健室に来るのだが) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-05-23 (土) 00:08:52};
---&COLOR(darkred){(可愛いの前者と後者があれば、有名は間違いなく、後者!と頭の中でコラが生まれる)&br;全然問題ないッスよ、判んないネタだったらガッツリ語って下さい (人の話を聞くのも好きな少年だ 配信方法やPCについての知識が微増する事になる)&br;あ、えっと、はい、嬉しかったッス…… (照れつつもそこは素直に頷いて) はい、校門からのんびり行きましょう&br;って、マジっすか!? ちろりん先輩モテそうだけど、そうか、体調崩してる時期とかも長かったから…… うん、光栄ッス (内心でもう一度ガッツポーズしつつ)&br;はは、ちょっと情けないけど、エスコートお願いします そのうちお返しにまたデートに誘うんで、その時はエスコートしますよ&br;(自覚無く次の約束も口に出す 自分が気付いて居るよりもずっと、二人で話すのが楽しい様だ そこで予鈴 放課後に保健室を覗いて、また少しお喋りするのでした)}; --  &new{2020-05-23 (土) 00:18:49};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-23 (土) 11:16:04};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-23 (土) 11:16:15};
-&COLOR(darkred){冬休み開始! 今年も終わりだなあ}; --  &new{2020-05-23 (土) 11:21:49};
--初めての年越しね 冬休み、そしてクリスマス……この学校に人が限りなく少なくなるタイミングを待っていたのよ(服は教室で脱いで校庭には裸で出る 両手で身体を抱いてめっちゃ寒そうにさすってる)&br;スマホの地図アプリも開いておきなさい 気になる建物とか見えたら名前を調べたら外に出られるようになったら案内するわよ&br;それと、この姿に戻るためにエネルギーを放出しなきゃいけないんだけど、地上より上空でやったほうが被害が少ないから、パラシュートはちゃんと装備しておくのよ&br;ふぇっくしゅ!!!! 夜には雪になりそうね……日が沈まないうちに始めちゃいましょ 準備ができたら踏まれないように離れてて -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 12:17:09};
---&COLOR(darkred){わかる、わかるよ、巨大になったら服が破けるからな?&br;……でも、こう、な、スイミングタオルとかさ、あっさり解けるようなものでギリギリまで隠してて良いと思うんだぜ?&br;(風邪ひくぞ会長……と堂々と全裸な少女を眺め、特にもう恥ずかしさを感じなくなってきた少年) ヌードビーチで勃たない男の気分ってこう言う事なんだろうな……&br;へいよー、まさかパラシュート降下を経験することになろうとは! (ちょっとワクワクしつつ離れ、準備オーケーと言うように大きく両手を振って見せる)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-23 (土) 12:22:32};
---こっちはめちゃくちゃ恥ずかしいんだけど!見られると恥ずかしいんだけど!?恥ずかしいけど、寒さでなんかそういうのもうどうでもいいっていうか……でも、その発言はすごく傷ついた!深く傷ついた!絶対私のセクシーさでたたせる!!&br;うおおおおお!めっちゃさむい!!!(唇は紫色になっている)&br;(もうちょっともうちょっとと、手で合図 十分離れたら)い、いくわよ!&br;(周囲の空気が変わる タダでさえ雪の降りそうな冬の空気が、極地を思わせる凍てつく刃のような冷たさを帯びる こおりついた空気中の水分がキラキラと陽光に反射して舞うダイヤモンドダスト 周囲の温度を奪い、視界すらもままならぬ極低温の中心に巨大な黒い建造物が現れる)&br;(そのドラゴンは全長は300mをゆうに超え、尻尾は完全に敷地から飛び出している 校庭に丸まるようにたたずみ、骨のようなつばさは校舎に当たらぬように上に向けて畳んでいる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 12:32:43};
---&COLOR(darkred){#セクシー #とは (虚無なツイートしつつ)&br;こんなに離れるのか? 完璧にグラウンドのトラック直径より……って、おお!? さ、寒い!? (一応羽織っていたダウンの前を掻き抱く 頬がキンと冷える)&br;(突然の冷気に顔をしかめながらも、変身していく会長の姿を見守り……そこに現れたそれを見上げる) ……で、でっけぇ……!!?&br;校舎よりもでっかいんじゃないか……?! 確かに建物の中では無理だわ…… おーい、会長ー! その姿でも喋れるかー?! (近づきながら大声 口の中が凍るような寒さに喉を冷やし、咳払い)}; --  &new{2020-05-23 (土) 13:01:07};
---(聞こえているのかしら?)&br;(話そうとして口を開けると、待機を割くような咆哮 完全に人形種族と違う顔は表情を読むのは難しいが、かろうじて目を見れば感情のようなものはわかるだろうか?)&br;(冷え切った空気も段々ともとの温度に戻りつつある 高温というほどではないが、ドラゴンの高い体温が空気を温めている)&br;(校舎よりも大きな体で器用に右前足を前に出し、乗るように促す) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 13:29:17};
---&COLOR(darkred){うひっ (大きな咆哮に耳を抑える) さ、流石にしゃべれないか……でも、意識はちゃんとあるみたいだな お、近寄るとあったかい&br;(こちらを見る目を見上げれば、少し安心したように そして、差し出された前足にちょっとおっかなびっくり上がって) オッケーだ! 指借りるぜ! (そう言って、ドラゴンの指にギュッとしがみつく)}; --  &new{2020-05-23 (土) 13:40:39};
---(しっかり捕まったのを見て立ち上がると全高は150m弱 伊上タワーに並ぶ 日本史の教科書に載っていた、米軍機が撮ったという長崎に出たドラゴンのおぼろげな写真に似ていないこともない)&br;(いくわよ)&br;(咆哮とともに広げた翼から風が舞い、ガタガタと校舎の窓が悲鳴を上げ)&br;(巨体がゆっくりと上昇したかと思うと一気に加速し、まっすぐ上空に登る) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 21:46:57};
---&COLOR(darkred){うお、おおおおおおおっ!? た、たた、立ち上がるだけで怖いなこれ!? (コートを脱いでその指に身体を縛り付けて固定する、パラシュートリュックを背負いなおし、その上で必死にしがみついて)&br;うひゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!&br;(少年の声は尾を引いて、天高く飛び上がる 顔に身体に当たる風の冷たさにガタガタ震えながらも、ぐんぐん広がっていく眼下の世界に目を奪われる) ……すっげえ……!}; --  &new{2020-05-23 (土) 22:31:52};
---(あっという間に眼下の建物群が豆粒のようになり、やがて精子 街を一望できる高さでホバリングする 停止すると、空気の流れが少し穏やかになった分ドラゴンの体温で上昇中よりはマシな温度に)&br;(見えているかしら?これが今の伊上村……伊上市よ)&br;(伊上山よりはるかに高いそこからは、隣の市まで見える) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 23:17:14};
---&COLOR(darkred){これが、伊上市…… ……はは、俺の中の記憶よりもずっと開けて、山も減ってやがる ……ああ、でも、あの川は昔の形のままだ あっちの山も&br;……ああ、そうか、そうか ……侍が、鬼が守った村は、こんなに立派になったんだな ……蛇も悔しがってるだろうよ、これを食らい損ねたんだ (はは、と笑う声 白鐘には見えない場所で、少しだけ泣いた)&br;(ばれないように顔を擦ってから、借りていた双眼鏡で眺め、じっくりと風景を見回し……) ああ、やっと、この世界は俺が居た場所だったって、肌で感じたぜ 有難う、会長}; --  &new{2020-05-23 (土) 23:34:57};
---(本当はもう少し、市の中央に行けば南区の方もよく見えそうなんだけど……)&br;(そうね……私や弟たちが居るのも、真田丸くんたちのおかげなのかもね、ありがとう)&br;(真田丸の様子に気づいた様子はなく、ゆっくり前足を掲げる あそこが私の家と西区のあたりを指差す)&br;(一通り真田丸が街を見回すまで待つ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-23 (土) 23:56:11};
---&COLOR(darkred){(会長の頭の中の言葉は分からないが、前足が差す方角が) 会長の家の方角か? いつかあの辺りまで行けるようにならんとな (察し、そんな事を言う)&br;(そして、暫くしてから、) オッケー、目に焼き付けたよ ……有難うな会長、もう大丈夫だと思うぜ}; --  &new{2020-05-24 (日) 00:15:24};
---(真田丸の言葉にこくりと頷いたように見える)&br;(雲はいつの間にか厚く垂れ込め、ひらひら雪が降り始める)&br;(朱に染まった太陽が巨体を赤く染め、少しづつあたりも暗くなってきた)&br;(準備はいい?いくわよ)&br;(ひときわ高い咆哮を合図にし、前足から真田丸を落とした)&br;(直後、ドラゴンの体温は急上昇し、上空めがけ)&br;(口から周囲を昼間に変えるほどの熱線が放たれ、雲を穿ち、薄く星が輝き始めた空が覗く)&br;(途端、竜の巨体は消え)ざなだまるぐうううううううううん!!!!!!(真田丸を追いかけるように小柄な裸身が落下してくる) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 00:34:50};
---&COLOR(darkred){雪か……こりゃあ、風邪ひく前に戻りたいところだな…… って、おおおおおおおおおおお!!!? 覚悟きめててもこれ怖えええええええええっ!!!&br;(自由落下が始まり、下半身がひゅんとなる感覚に襲われる 熱戦の眩しさに目を細めていた所に、声) あいよおおおおおおおおおおおお!!! うひーーー! 落下って怖ええええ!!!&br;(半泣きになりつつ裸の会長をキャッチし、自分が着ているベンチウォーマーの中に抱きこんでから、パラシュート! 成功!) ……あー怖い、やべえ、正直半泣きなんだけど……っ&br;会長は大丈夫かー? (ふわー、とパラシュート降下しながら声をかける) って、いやパラシュートも結構早いなコレ!}; --  &new{2020-05-24 (日) 14:45:05};
---やった!泣いたわね!?(お化け屋敷で泣かせられなかったのでちょっと満足)&br;(身体はめっちゃ冷たい!落ちないように、筋肉質の体にギュッと抱きつく)そう言えば、乙女怪獣、公開されてるところだけど読んだわ なんだか身につまされたけど、でも、こう言うときに怪獣になっちゃうのは大変そうで私はまだ楽だなって思ったわ&br;(落下傘が開くとがくん!と衝撃があったが、全力でしがみついていたのでなんとか離れずに済んだ)だ、大丈夫……だけど、スピードが落ちたら落ちたでめっちゃ怖い!!(思わず下を見る)&br;し、敷地内に降りるのよ!?真田丸くんが消えちゃったら、地面に人形の穴があいちゃう! -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 22:17:30};
---&COLOR(darkred){これは会長が何やかやしたんじゃなくて生き物としての本能からの涙だあああああああああ!! (とりあえず衝撃で取り落とさないようにしっかりと抱えて)&br;乙女怪獣良いよね……まあ、このタイミングで怪獣になられたら流石に抱えられない、っ (衝撃、それを堪えてなお腕の中に会長が居るのを確認してひとまず安心し)&br;だーいじょうぶだ会長、誰かと一緒の時には消えないようになってきたから ……とは言え、人んちに落ちたらあれだし、な……っと、こう、か? (サバゲ部に教えて貰った通りにパラシュートを操って)&br;よーしこいよしこい、……会長、口閉じてろ! (見事、グラウンドに着地して会長を抱えたままゴロゴロと転がる) あててて……怪我はー……無さそうだな、いやー、凄い経験したぜ……}; --  &new{2020-05-24 (日) 22:33:55};
---泣いてることには変わりないからいいの(しょうりせんげん!)&br;(押し付けられた小さく柔らかな膨らみの奥で心臓がものすごい勢いでドラミングしている)でも、怪獣はともかく人間のときは可愛くて、私もあんなだったらもっとモテたのかなって思っちゃった&br;わ、わわわわ!ちゃんと捕まえててよ!?(落下傘を操れば、下半身が振り子のようにブランブランゆれ、離されないかどうか気が気ではない)&br;ん〜〜〜〜〜〜〜(しっかりお口にチャック)ふぎゃっ!!(着地の衝撃と回転に胸の中でくぐもった悲鳴)は、はひ……こ、こひ……こひがぬけた……(怪我はないようだ) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 22:43:02};
---&COLOR(darkred){そう言うもんかねえ…… って、ちょっと落ち着けよ会長!? 大丈夫か、動悸か!? 救心飲むか!?&br;(そんな風にわいわい言ってる間にグラウンドが近づいて) 会長も見た目は捨てたもんじゃあないと思うけどな パンツ見せなければ……&br;(そして、腰が抜けつつも声を上げる元気があるようなので安心して、起き上がれば) 漏らしてないだろうな? (冗談……半分くらいで尋ねつつ、手を掴んで起こした)}; --  &new{2020-05-24 (日) 23:03:38};
---飲めるわけないじゃない、こんな状況で!?&br;も、漏らさないわよ!?高校生にもなって!(でもひとしずくだけ、布地のない股間から地面に落ちる)あ、ありがとう(手を掴んで起こされるが、足がガクガクしててうまく立てない 子鹿みたい)&br;ま、まずい……(人が少ない日とは言え、流石に騒ぎすぎたし竜は目立っていた グラウンドに人が集まりつつある) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 23:13:31};
---&COLOR(darkred){俺も持ってない! すまん! 適当言った!&br;……何もみなかったことにする武士の情けが俺にもあった…… (そっと目を逸らす 怪異は色々敏いのだ)&br;まあ、そりゃあ人は集まるよなあ……よっと (ベンチウォーマーに包まれた会長にフードをかぶせ、肩に担げば) はいよー、失礼するぜー、異能課外実習終了でーす はいよー、どいたどいたー! (声をかけて走り出す)&br;(そして、校舎の影に隠れた瞬間に学校内転移をして) ヨシ! ……うん、撒いたな (屋上からグラウンドの騒ぎをこっそり見下ろし、ほっとした ばれてないバレてない)}; --  &new{2020-05-24 (日) 23:28:35};
---わっわっ!(落とされないようにぐっと足でホールドして)ちょ、ちょっとどこに!?&br;マジでどこに!?えっ!?なにこれ!?(突然のテレポートに大混乱)なにこれ!? -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 23:33:41};
---&COLOR(darkred){ふっふっふ、これぞ赤ちゃん先輩と練習した、学校の怪異ならでわの能力! 転移(学校内に限る)! (得意げにしつつ会長を担いだまま階段を下りて教室に戻る)&br;ほれ、着いたぜ会長 入って着替えてくれ 流石にそろそろ本格的に風邪ひいちゃうからな (そう言って廊下におろす) ベンチウォーマーは貸してやるからさ}; --  &new{2020-05-24 (日) 23:36:49};
---なにそれ、すごい!えっと……特別教室に行くときとか便利そう!あ、あと、休み時間のトイレとか!&br;ありがとう(降ろされると23歩よろけ、転ばないようにバランスを取って両手を広げる)じゃあ、着替えちゃうから向こう向いててね&br;(服を着ながら)どこか、気になる場所とかあった?一緒なら外に出られるなら無理する事はなかったかな?あ、でも一人で散歩もできたほうがいいわよね -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-24 (日) 23:59:25};
---&COLOR(darkred){実際そんな感じでしか使ってなかったけどなー 今日は覚えてて良かったと思ったぜ……&br;ああ、やっぱ山と、あとは川だな ……まったく変わっちまった景色の中で、その二つはいくらか形を保ってた&br;有難うな、会長 ちょっとずつだけど外に出れるように頑張れそうだぜ (そう言って笑ったのだった)}; --  &new{2020-05-25 (月) 00:33:34};
---(若者らしい赤いダッフルコートを腕に抱え、制服の上にベンチウォーマーを着る)校内限定だと、便利だけどなんかこう…モヤッとする便利さね…あ、女子トイレや女子更衣室にワープするのは禁止よ!寮の私の部屋ならいいけど&br;山と川かぁ……(もっとお店やきれいな建物が来ると思っていたので予想外の返答に少し困って)じゃあ、今度登山部から色々借りて山登りしましょ 子供の頃に言った自然公園までなら案内はできるけど、そこから先は私も初めてね&br;いいのよ 誰かのためになったならそれが私の仕事だから もし気になってたら私からのクリスマスプレゼントだと思って(照れくさそうな笑顔で返し、顔をそらすと)あ、見て見て!雪がすごい!(窓を見れば、本格的に雪が降っている)&br;久しぶりのホワイトクリスマスね(嬉しそうに目を輝かせたのだった) -- [[白鐘 水仙>IG/0201]] &new{2020-05-25 (月) 00:45:40};
---&COLOR(darkred){まあ、そもそもの顕現が学校の怪異としてだったからな……便利だぞ チャイムなった瞬間に購買に行けるしな (みみっちい使い方)&br;女子の部屋に勝手に入り込むなんて事しないってば!? まあでも、皆で登山とかは楽しいかも知れんなあ 会長とかちろりん先輩とかは体力尽きて大変なことになりそうだが (HP低そうな二人)&br;はは、有難うよ 良いプレゼントをもらったぜ (軽く会長の背を叩いて目を細め) ドラゴンの姿も格好良かったじゃん&br;っと、おお、こりゃあいい 俺は初めてのクリスマスがホワイトクリスマスだ 有り難いね (そう言って、暫く二人で雪空を見上げたのだった)}; --  &new{2020-05-25 (月) 10:52:27};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-24 (日) 22:11:20};
-&COLOR(darkred){学校で炬燵に入って餅を食いつつ正月を過ごす生徒なんて、俺位なもんだろうな (ぬくぬく)}; --  &new{2020-05-24 (日) 22:12:29};
--あけおめー……炬燵!?ずるーい!(飛び込んでくる猫っぽい人) -- [[紅茶>IG/0002]] &new{2020-05-25 (月) 16:32:39};
---&COLOR(darkred){お、花子ちゃん先輩じゃないスか どうぞどうぞ (校舎の隅の空き教室に住んでいる少年だ) お久しぶりッスね、お元気そうで何より 蜜柑食います?}; --  &new{2020-05-25 (月) 17:33:59};
---お邪魔してまー……ああ、ぬくぬく…♥(どの時点で勝手に潜り込んでうっとりしてる駄猫)&br;花子さんはのびのびだよ。ううん、おかしいな……まともに顔合わすの半年ぶりくらいな気が、する!&br;ありがとー、いただきます……噂は時折耳にしたけど、よっしー元気そうでよきだね。(蜜柑の代わりに鯛焼きを差し入れ…完全に物々交換状態) -- [[紅茶>IG/0002]] &new{2020-05-25 (月) 19:00:03};
---&COLOR(darkred){炬燵良いよね…… (ぬくぬく、大きめサイズで快適だ!)&br;そんな感じする ゆっくり腰据えて話す事はほとんどなかったッスからねー あ、鯛焼きやったぜ ……お茶淹れよ、花ちゃん先輩も飲みますよねー&br;(教室に畳敷き、炬燵、電気ポットに電子ジャー これ以上ない位の生活感だ!) あはは、皆のお蔭様で楽しくやってるッスよ&br;この一年は激動っしたからねー……入学して、自分が怪異だって知って家を失って、学校に住んで、自分のルーツを知って……うわなにこれ超濃い&br;花ちゃん先輩は去年どうでした、一番の心に残った話とか (お茶の入った湯のみを渡し)}; --  &new{2020-05-25 (月) 19:53:30};
---良い…そして…お茶はぬるめが怖い。(お点前頂戴いたしますと湯のみを受け取り)&br;ああ、屋上にも延長コード付きで設置したいよ……この快適空間!(夢見がちなことをぼやきながら教室を見渡していた)&br;…うん、うん。濃厚……何より、悪くない1年になったワケかー(一つ一つに頷いて)&br;花子さん?んー…なんだろう。修学旅行は結局行きそびれて、屋上で水着してたくらいだしなぁ…二人っきりで夜の屋上、夏祭り花火観覧とか?(蜜柑に顎載せだらだら)&br;学祭は展示がんばったし…あ、クリスマスのアローン会が意外と面白かった!(何だかんだ一年愉しんでいた様子である) -- [[紅茶>IG/0002]] &new{2020-05-25 (月) 20:35:52};
---&COLOR(darkred){猫舌だもんなあ (ちょっと濃いめに入れて水を足しぬる茶) 屋上の吹きっ晒し時点で快適さ下がる気がするッスよ……&br;え、修学旅行行きそびれてたんスか!? 俺と赤ちゃん先輩とでリモート参加してたから、誘えばよかったかな…… (赤マントちゃんちゃんこ紙の怪異さんと)&br;二人っきり……何やらいい雰囲気だったんスね (青春……と頷き) アローン会なんてあったんスねぇ、そっちは俺行けなかったなあ (ちぇーとか言いつつ鯛焼きを頬張り) でも、楽しそうで良かったッスよ}; --  &new{2020-05-25 (月) 21:06:11};
---それでもおこたの力があれば…あれば……ううん。&br;あの頃にちょうどやってた沖縄物産展でちんすこうとか買っちゃったりね。屋上からプールはよく見えましたとも。ふふふ……(青春とにまつく猫)&br;鮮やかな花火の最中に二人で秘密共有したり……ま、同性だったんだよねー(蜜柑をつまみに茶を啜り)&br;うん、この学校での3年は…思ってた形ではなかったとしても、満喫できたと思う。 -- [[紅茶>IG/0002]] &new{2020-05-25 (月) 22:25:07};
---&COLOR(darkred){無理しないで良いんスよ……はい、ぬるいの (手渡し) おお……めっちゃ青春恋物語……って、女同士だったんスね!?&br;まあ、そう言う友情や愛情の形があっても良いと思うッス…… (話しを聞いてちょっと赤くなりつつ、何度か頷いて) あ、そっか、花ちゃん先輩卒業か…… おめでとうございます ……満喫かあ、俺もそう言えるように過ごさんとなぁ}; --  &new{2020-05-25 (月) 23:06:36};
---そんな花子さん大満喫の去年に関わった中にはよっしーのおかげもあるし、ありがとう…ね&br;(かたじけないと飲み頃のをいただいて一息)さてさて、お茶もいただいたし…おコタは名残惜しいけど、そろそろお暇しよう。&br;よっしーなら大丈夫と三年生が保証しませふ。卒業の前に話せてよかった……元気でね!(そういって炬燵に後ろ髪引かれながら去ったのでした) -- [[紅茶>IG/0002]] &new{2020-05-25 (月) 23:48:22};
---&COLOR(darkred){俺のお蔭って……はは、俺の方こそ 楽しい一年間の中には花ちゃん先輩もいるッスよ&br;先輩からのお墨付きが板だkじぇたなら、堂々と過ごして見せますよ はい、花ちゃん先輩もお元気で! ……って、まだあと1ヶ月ちょっとありますからねー! (そう言って笑って見送った)}; --  &new{2020-05-26 (火) 01:40:58};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-25 (月) 10:53:40};
--吉広くん…&br; せっかく出れるようになったのなら&br; とりあえず 自分の限界を調べてみたいとは思いませんか?&br; (にこーと笑いながら)&br; (乗り換えのみ 弾丸世界一周の航空チケット2枚をぴらり) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-25 (月) 21:51:17};
---&COLOR(darkred){お、銀先輩こんちわッス ……って、限界? …… (チケットの内容見て) …… (少し考え)&br;(もう一度チケット見てから) 全力で限界調べる気満々ッスね!? 俺まだこの市内確認中なんスけど!? ……って、二枚?}; --  &new{2020-05-25 (月) 23:03:22};
---とりあえず一周出来れば 地球のどこへでも アナタは行ける という事に?&br; ただまぁ 一つ保障出来かねるコトもありますがー -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-25 (月) 23:16:01};
---&COLOR(darkred){ま、まあ、そうッスね…… ……毎度の事だけど、銀先輩は面白い事考えるなあ……!&br;(思い切りのいい考え方に目を瞬かせてから) 保障できかねるってのは? まあ、外国ってのは危ないイメージありますけども}; --  &new{2020-05-26 (火) 01:42:22};
---遠方で 基点を失った場合(同行者と逸れた場合) 存在自体が消失する可能性も無くは無い って点ですねぇ&br; 上手く行けば(学校にリスポンで) 帰りのチケットが要らなくなって普通にお得 なんですがー -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-26 (火) 20:09:00};
---&COLOR(darkred){遠すぎると存在力が薄れすぎて消滅、とかちょっと怖すぎないスか!?&br;いや、大丈夫とは思うんスけど……ちょっと試すにはリスクが高すぎるッスね……! (ごくり)}; --  &new{2020-05-26 (火) 20:41:52};
---はい ですので帰り代節約法は試さないのがオススメですねー&br; ふふふっ (チケット二枚を渡して)&br; 出来るだけ絆強めの同行者を選ぶと良いと思いますよ&br; (指先二本をちゅっちゅーっと合わせる) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-26 (火) 20:48:09};
---&COLOR(darkred){……こないだ失恋した件について話した方がいいスか? (とても何とも言えない顔でそっとチケットは頂いた……)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-26 (火) 21:38:00};
---んー 私恋バナは好きですが失恋話はちょっと?&br; 彼女さんでは無くお友達と一緒に でもいいんじゃないですかね&br; ちなみ 当然のごとく出国にはパスポートが要るので&br; 何かその辺の伝手? 当たってみると良いと思います&br; (お年玉みたいなものなのでご遠慮なくー と帰って行く) -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-05-26 (火) 21:47:11};
---&COLOR(darkred){(ですよねー、と頭を掻いて) まあ、まずはパスポートか…… 有難うございます、頂いときます!&br;(去っていく銀先輩を見送ってから、チケットを眺め) なんなら変化で……いやいや (うーん、と考えこんでいたのだった)}; --  &new{2020-05-26 (火) 22:10:49};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-27 (水) 08:24:48};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-27 (水) 08:24:58};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-27 (水) 08:25:10};
--&COLOR(darkred){……(銀先輩から貰った世界一周弾丸旅行のチケット2枚、それを眺めて考え込んでいる)&br;(そして、やおら立ち上がり、) よし (頷いて教室を出ていくのだ)}; --  &new{2020-05-27 (水) 19:44:43};
-よしひろくんの正体のあれこれが私の知らない間に解明されててしかも山神の討伐に来ててわりとびつくりしたりした。ごきげんいかがですか(お昼時にお近づきの印にお弁当をもってきた!以前と同じ和食弁当)&br;それできみの腕前を見込んでばいとをお願いしたいのだが。……それに絡んで、ちょいときみ絡みの問題もある(まずはお昼を食べながら、と空き教室に誘って) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-05-28 (木) 00:07:04};
--&COLOR(darkred){実は俺は平安生まれの侍と鬼と化け蛇の無念と怨念が凝り固まった怪異だったのだー (がははー、と明るく笑う少年だ)&br;やったぜ、ありがとうございます! 楓先輩の弁当美味しいんだよな (誘われるままに空き教室に行って、お弁当を頂きつつ) お願いってなんスか? 問題ってのも……&br;……俺、また何かやっちゃいました? (転生主人公みたいなことを言いながら弁当美味しー、している)}; --  &new{2020-05-28 (木) 00:20:37};
---よがよなら歴史上の偉人がたおしにくるれべるの怪異。よしひろくんらすぼす枠ではー?(そんな冗談を無表情で返す)&br;はるくんがけっこんしてしまったので私は他の人にお弁当をつくらなくなってしまった。たまにはいいよねとおもって(そんなお弁当はアジフライを主菜にしたお弁当)&br;んー、わかりやすく言えば怪異退治。現在遮那王こと源義経が怪異となって現れ、現世に侵攻を掛けようとしてる。これを退治する手助けが欲しいんだ&br;で、問題が。やつは都市伝説を紹介する動画配信者となって、噂をばら撒いてる。それを元に怪異を育て、増やし、軍団にしようとしてる&br;……その中にはきみの怪異と思しき噂もあるんだ(スマホで表示したのは「太古の怨念!?蛇胴の赤鬼に迫る!!」と題された動画 吉広の元となった赤鬼についての内容だ)&br;(しかしその内容は全てが正確というわけではない 伊上市を今でも徘徊しているだとか、人を捻り殺して血を啜るだとか、恐怖と好奇を誘う内容だ)&br;(ついでに解説しているのは愛らしい声のバーチャル女性アバターだ 遮那王の努力が偲ばれる!) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-05-28 (木) 00:40:43};
---&COLOR(darkred){源のらいこーなんのそのー ……この町だと本当に来かねないから大口はこれ位にしておこう……&br;え、アイツ結婚したの!? はー、学園祭でカップルになったってのは聞いてたけど、凄いなあ…… おこぼれに与り嬉しいッスよ (うまい!うまい!しつつ)&br;ヨシツネ? ……動画配信て、なんと言うか、スマホ使ってる俺が言うのもなんだけど頑張るな鎌倉時代人&br;(悪い奴ながら、と感心しつつ) ……俺が市を徘徊? 街中を散歩するようにはなったが、あの姿は見せないようにしてるぜ? なにそれ (不快をあらわに眉間に皺) 気に入らねえなヨシツネ}; --  &new{2020-05-28 (木) 00:54:33};
---ちょうどそのらいこーさんが使った刀が私のてもとにあるわけだが。それが遮那王のおはなしにもつながるけど&br;けっこんは話を盛った。でもじじつこんみたいなものだよねあれ。だいぶらーぶらーぶなのでなかなか近寄りがたい所ある&br;そう、歴史の教科書にでてくるこいつ(教科書の義経の肖像画を指して) 既存の価値観に捕われない武将だったらしいし、現代のやり方をきっちり学んでいるんだろう&br;そう、デタラメ。あいつは視聴者集めと怪異の配下を作るために怪異の噂をあることないこと纏めて動画にしてる。放っておけば怪異がいろんな所で吹き出すかも知れない&br;(付け合せのお新香をカリッと齧ってから)そういう訳で、きみの力を借りて討伐したい。公的機関から協力の謝礼も出るだろうし、うち……鞍馬寺からもいくらか出るんじゃないかな。いや出させる(なにせ義経と縁深い山故、放置は出来ないと) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-05-28 (木) 01:04:15};
---&COLOR(darkred){大口叩きました (机に手をついて頭を下げた) 綱の刀とかもありそうだな、鬼特効ですよあれ つながるってと、頼光の刀の気で義経がよみがえったとか?&br;盛ったんスか でもまあ、カップルになると声かけにくいのは分かる まあ、イチャイチャの時間に譲る感じスね (しゃーなし、と頷き)&br;ふぅん、つまり天下の判官義経サマともあろうものが、嘘の戦力で誤魔化そうってハラか 気に入らねえ、気に入らねえスね&br;(ぎらりと目を輝かせる鬼は、) よろこんで力を貸すッスよ 本物の力でねじ伏せてやりますから、期待しててくださいよ (マジな目で)}; --  &new{2020-05-28 (木) 01:12:17};
---75ぱーせんとぐらいは当たってる。義経が使った「薄緑」を楔にしての儀式が黄泉返りの原因。そして「薄緑」はらいこーが土蜘蛛を切った「蜘蛛切」でもある。怪異を断つ刀が怪異を呼んだってのは皮肉だね(そしてその怪異を断つ刃にもなるとなればなお皮肉、と)&br;すみかちゃんのお弁当が食べれるはるくんはしあわせものだとおもうので。もっと幸せになって周囲をあまあまにすればいい(投槍な祝福の仕方!)&br;人の形をした源氏の亡霊を軍勢にするのじゃ足りないと思ったんだろう。あいつはちんぎすはんに例えられるように征服を成そうとしてる。伊上、日本、あるいは世界を&br;心強い。山神の時にも実力は見せてもらってるし、期待させてもらうよ(薄く微笑んだような表情 よく見てなければ見逃すほどほんのりだが)&br;あ、あと終わったらうちあげやる。私持ちで。今の所焼肉が優勢の意見だけど、他によい店があるなら……よしひろくん表の店りようしてたっけ(彼の特性を思い出し首を傾げ) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-05-28 (木) 01:27:27};
---&COLOR(darkred){同じ一振りなんスね 知らんかった……って、儀式って事は、義経を蘇らせたやつがいる……?&br;成哉とアリスとか、メガネとこあらとか、皆幸せになれば良い (一人身なりの適当ながら本音の祝福)&br;征服ねえ……そりゃあそもそもの運が悪いスね 一歩目の伊上は怪異と異能が手を取りあってる街だ、目にもの見せてくれましょう&br;友達に危害を加える……ましてや人の姿を騙るってなあ、楽しい話じゃないッスからね (こちらはしっかり歯を見せて笑う) 楓先輩の笑顔、初めて見たかも (仄かな笑みにはちゃんと気付いた)&br;ああ、表には出られるようになったんで大丈夫ッスよ! あんまり店は知らないけども!}; --  &new{2020-05-28 (木) 09:30:30};
---黄泉帰らせたやつは逮捕されたので。あとは遮那王をたたっ斬れば終わる話。古代なら誅伐だけど現代は警察のご厄介になるよね、こういう企み。&br;伊上の地の怪異への親和性を利用した儀式だったからね。ある意味必然ではあったかも知れない。 うむ、他にも色々怪異が出てきそうな感じだけど、皆で力を合わせれば心配ないさ&br;あまり表情にでないとよく言われる。自分では感情豊かな方だとおもってたがー。 なら心配ないかな。そーいくんがればーとかゆっけのいい店がいいと言ってるのでなんかこう……結構いい店になるかも(楓もそういう店の想像が付かないので調べている最中なのだ!)&br;んむ、ともかく受けてくれてありがと。細かいことは後日LINEとかでも。じゃーね(手を合わせて弁当を片付け、空き教室を後にしたとか) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-05-28 (木) 20:05:56};
---&COLOR(darkred){ああ、それなら良かったです これで遮那王倒したら黒幕登場、とかなったら大面倒だと思ったんスけどね 警察は優秀だなぁ&br;怪異が多い所じゃないと呼び出しにくい、でも、怪異が多いから邪魔されやすい、か…… 思いっきり邪魔してやりましょう (悪戯小僧のような笑顔で)&br;雰囲気は伝わるスけど、こう、ペカーっと笑ったりはしないッスよね (自分の口の端に指を当てて、にかっと笑って見せ) お、生肉系? 嬉しいッスね、俺肉大好き!&br;はい、了解ッス ご馳走様でした 情報を待つッス (話しながらもきちんと綺麗に食べ終わり両手を合わせた)}; --  &new{2020-05-28 (木) 20:15:25};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-28 (木) 22:17:44};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-28 (木) 23:01:31};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-28 (木) 23:01:39};
--ごぶさたしてまーす。同じ学校通ってるのにって?私姿晦ますのうまいじゃないですか。&br;なんで隠れてんのって?まぁそんなことよりバレンタインの贈り物なんですよ。&br;&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst089181.jpg,150x150);&br; (ランダムでバレンタインプレゼントが出てくる謎の箱、下1桁が)&br; 1.チョコミントアイスマカロン 2.アルフォート 3.本命風チョコ 4.チョコドーナツ&br; 5.シンプル板チョコ 6.あん肝 7.チョコケーキ 8.あんこう鍋 9.チョコチップクッキー -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-29 (金) 21:23:34};
---チョコの中異彩を放つアンコウ……なに、釣ってきたの? あんがと、いただきます (チョコドーナッツ齧りつつ、まだ現役の炬燵にお茶を置いてやり)&br;ホワイトデーはギリ返せるかな 俺、三月末に日本から出てく事になったんで なんかするならそれまでに頼むぜ (もぐもぐ、うまい) -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-29 (金) 21:34:21};
---あんこう鍋は…旬だからですかね?いえ、最近忙しくて、プレゼント用意する暇もなくて、駅前で怪しい幼女から買ったんですよこの箱。&br;(おちゃおいしい)&br;ああ、例の件ですが…って、ええっ学校やめちゃうんですか!? -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-29 (金) 21:39:08};
---&COLOR(darkred){なにそのバレンタインの贈り物って色ぽさに全く見合わない出自の怪しさ!? 美味しいから良いけどさ!?&br;ああ、いや、一応休学 っていうかそもそも俺学籍無いけどな (どーなつと日本茶を味わいつつ) んで、そっちはどうよ?}; --  &new{2020-05-29 (金) 22:06:51};
---ええ、実は前に言ってたパレードはしなくても大丈夫そうなのですよね。&br;ほら、2か月ほどまえに吉広くんたちが、ヤマノカミ様を倒したので…。その後、倉守先輩やお姉さんのおかげで&br;山が開かれても、私達の棲み処は保っていけそうなので…(それにしては浮かない顔だが) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-29 (金) 22:23:19};
---&COLOR(darkred){お、マジか? そうか、狂った神様の縄張りを収める事が出来て生活圏が整たとかか? ……って、眉間に皺寄ってるけども&br;なんだよ有名、気になる事があるなら言えよ 俺とお前との仲だろ? 他に誰も聞いてねえしさ}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-05-29 (金) 23:15:13};
---倉守先輩が思ったより怖い人じゃなくて、まともだったってことですかね。&br;いやおっかないことはおっかないですけど。(ヒドイ言い草)&br;棲み処の問題が解決しそうなので、よかったのですが…。&br;(言ってしまおうか、その方が良いような気もする。けど…言ってしまえば&br;もう秘密にはできない。全員の問題になる。そして何より久常君が知れば間違いなく…)&br;&br;あー、あれです。神様とかの祟りって後から効いてくるので。それが心配なんですよ。&br;(なんか変な夢見たり、痣が出来たり、夢遊病したりしてませんかー?と軽く聞いてみる) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-29 (金) 23:48:39};
---&COLOR(darkred){ん? 倉守先輩めっちゃ良い人だぞ 気を回してくれるし、勉強見てくれるし、昼飯一緒に食ってくれるし (懐いてた)&br;(なんか悪戯したんじゃね?とかからかってから、悩んだ上の言葉に目を瞬かせ) 祟りねえ、俺は全然 むしろ快食快眠で調子が良い位だぜ?&br;しかし、具体的な心配の症例だな ……それだけじゃないだろ、具体的になんか掴んでないか、有名? (じーっと目を見て)}; --  &new{2020-05-29 (金) 23:59:22};
---むぐっぬぬぬ…&br;(じぃーっと見られるのは苦手だ、なにせ相手の視線やら知覚を、実際に感じとれる性質なもので。&br;目の前で見てたのに、急に有名の姿が消える。知覚の隙に入って逃げたのだ!)&br;&br;ふっ、最近簡単に無効化されがちな私の能力ですが、間近で凝視されるぐらいならちゃんと対策があります。&br;ほんとに、祟りが心配なんですよ、私達があのヤマノカミ様と何百年一緒に棲んでたと思うのですか。&br;そりゃあ詳しくもなりますよ。吉広くんは生まれたての怪異なので、知識の方はあんまりだとおもいますけどー。&br;(そして、今度は、急に目の前に現れてにへっと笑った。狸っぽいなこの顔)&br;&br;だから、長期観察は今後ともひつようなのです。とくに、吉広君、休学するってことは&br;何か大きな計画でもあるんでしょう?ひきこもりたくて学校休む性質にもみえないですし。&br;&br; -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-30 (土) 00:28:42};
---&COLOR(darkred){うおっ!? 消えたっ!? ……ああ、いるのな? (声は聞こえたので安心し) 俺に祟りの影響が無いのは、生まれたてってのもあるのかもな&br;(現れた有名にたぬきの気配を感じ、驚かしたら固まって気絶しそうだなとか思いつつ)&br;うんにゃ、そんなデカい計画はないんだけどな 色々あって世界一周してくることになったんだよ 自分の活動限界を知るために}; --  &new{2020-05-30 (土) 14:37:51};
---めちゃめちゃデカいじゃないですかー!(2人の背景一杯に、集中線付きの地球のイメージ図)&br;つい最近まで学校から出れなかったのに、いきなりすげぇ遠出ですね!私なんて修学旅行の沖縄でさえ世界の果て行くぐらいの感じでしたよ、今までの生涯で一番の長距離旅でしたし! -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-30 (土) 20:44:31};
---&COLOR(darkred){銀先輩がさ、「学校から出られるようになったなら活動限界を調べよう」ってんで、こう、チケットをね……びっくりする事ばかりだね&br;いや、俺にとっても沖縄は遠い場所だからな!? とは言え、このチャンスには乗っておくべきだろって思ってな!}; --  &new{2020-05-30 (土) 21:01:34};
---銀先輩…あの人もたいがい謎い人ですねぇ…。いつの間にそんな仲にっていうのも含めて。&br;でも、旅は確かに楽しいですね、それにいいですね、どこか知らない遠くの世界…。&br;(言うのは止そう、そう思った。そうだ、これ以上の厄介事なんて何も起こらないのかも&br;しれないのだし。久常君も妹さんも帰って来た。みんな先へ向かって進み始めているのだ)&br;&br;そうしたら、帰国のさいには、伊上のお山にも寄ってみてくださいよ&br;今よりも快適にグレードアップしそうなので!&br;(その頃まで私を含めてみんな無事でいられれば、きっとそれは時間が全てを&br;解決してくれたってことだ。そうなれば、それが一番いいと有名は思う) -- [[有名>IG/0020]] &new{2020-05-30 (土) 21:33:34};
---&COLOR(darkred){不思議な人だよなあ……って、元々気にかけてくれてたからなあ…… そんな仲って言っても別に特別な仲じゃないぜ!?&br;ああ、俺はそもそも学校以外を知らない生き物だったからな、どんな風景が待ってるかが楽しみでならないぜ! (明るく笑って返してから)&br;しかし、本当にパレードやらないのか? 日本を離れる前の大イベントのつもりだったんだけど ……なんかあるなら言えよ?&br;(何か様子がおかしいのは察したので、そう言って しかし目を見てもまた隠れて誤魔化すだろうな、と追い詰める事は出来ず)&br;ま、もしかすると行動範囲限界が空港まで広がってないで、初日に戻って来てるかもしれないけどな (肩を竦め)&br;学校にいる間はなんかありゃ手伝えるから、声かけろよ? ……なーんか有名、自分の腹にため込むタイプに思えるんだよなあ (うーん、と首を傾げた)}; --  &new{2020-05-31 (日) 09:06:37};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-31 (日) 21:37:53};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-05-31 (日) 21:38:00};
-&COLOR(darkred){あと2,3週間か……早ぇなあ この教室も空けないとな (炬燵とかはロボ部に上げようかな、とか思いつつ)}; --  &new{2020-05-31 (日) 21:39:08};
--はい、そないな訳でお守り何あげようかなーと思うてた中でこれが一番適任そうやさかいこれあげる&br;(身体健全御守と書かれた白い御守を差し出す)厄除けやら交通安全やら色々あるけど苦労自体はええ思い出になるし -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-31 (日) 21:48:43};
---&COLOR(darkred){あ、倉守先輩 って、お守り? (差し出されたそれを両手で受け取り) おおっ、餞別貰えるなんて思ってなかったんでビックリですよ!&br;はは、七難八苦を我に、なんて言えるほど殊勝じゃないスけど、それも楽しんで行きたいトコなんで、怪我除け病除けは嬉しいッス 有難うございます!&br;これって倉守先輩のご実家の御札とか?}; --  &new{2020-05-31 (日) 22:02:33};
---むしろ何時帰るかも分かりません言うような旅に出る後輩に餞別渡さん方が不安になるわ&br;(つまりは無事であれという御守を渡す事でこちらが安心したいという事だろう、相変わらず皮肉に塗れた物言いだが)&br;ほんまは家内安全が売りだけど家内作って帰ってきたら流石に驚いて目ぇ開いてまうさかい(愉快げに笑い)&br;せやね、ガワは伏見さんと同じとこから卸してるけど中身は僕のとこや、ええご利益ありますよ -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-31 (日) 22:11:47};
---&COLOR(darkred){……先輩ってホンット良い人っすよね…… (しみじみ……この後輩皮肉が効かないぞ!)&br;あはは、男友達からは結構それ言われますね、ボインボインなの捕まえて来いとか (こちらも笑って) 英語もろくにしゃべられないんスけどね!&br;はは、それなら猶更うれしいッスよ そこらの神社さんより割増しで効きそう! ちゃんと旅行カバンに入れときます!}; --  &new{2020-05-31 (日) 22:22:20};
---(相変わらずの素直さにやはりちょっと困ったように眉が寄る、基本皮肉を吐かねば生きていけないのだ)&br;今まで学校の女の子だけやったとこにワールドワイドな美女は刺激が強そうやなぁ、あんま流されすぎてもあかんよ?&br;僕の気持ちが籠もってるからね、ああけどその鞄を盗られないように…厄除けやあらへんそこは君の努力が大事や -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-31 (日) 22:28:53};
---&COLOR(darkred){(そんなやり難さにも気づかず、お守りを眺めて喜ぶ後輩だ)&br;あはは、大丈夫ー……とは言わないけど、気をつけるようにするッス 俺、人を見る目はあるつもりなんで (そう言って胸を張り)&br;うーん、それなら懐にでも入れておこうかな? いや、荷物盗まれる気はないスけど!}; --  &new{2020-05-31 (日) 22:58:46};
---その辺り言葉が通じんさかいほんまに大事やわぁ、全力全開で見てええ人達から色んな事学んできはるとええ&br;ああけど今は翻訳アプリも在るし案外会話も行けるか?身振り手振りだけで一周する猛者っぷりも期待してまうけど(などと無茶振りしつつ)&br;せやなぁ、兎に角にも自身を磨いて盗難だけでなく色んな事を乗り越えていってな&br;ま、一先ず別れの挨拶は当日にしとこか…ほんならまたね真田丸君(片付け邪魔したねと去っていった) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-05-31 (日) 23:04:46};
---&COLOR(darkred){良い人も悪い人も、学校とは比べ物にならないぐらいに出会うでしょうしね 気を引き締めるッス!&br;はは、流石にヤバいと思ったら意地張らず翻訳アプリに頼るッスよ! 現代っ子なんで! (平安生まれ)&br;へへ、そうッスね 何でも乗り越えて、デカい男になって帰ってきます! あ、はい、それじゃあまた! (元気に手を振って見送った)}; --  &new{2020-05-31 (日) 23:15:17};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-06-02 (火) 19:32:12};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-06-02 (火) 19:32:20};
-&COLOR(darkred){(すっきりした空き教室 住み始めた時よりも綺麗に磨き上げた)&br;……夏休みからだから半年の住まいか ……こうしてみると、ちょいと感慨深いな}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-02 (火) 19:37:50};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-06-03 (水) 20:20:08};
-_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ --  &new{2020-06-03 (水) 20:20:15};
-&COLOR(darkred){アテンションプリーズ、って本当に言うんだなあ…… (国際線の空港、搭乗口前 行きかう人を眺めながらリュックに腰掛けた少年)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 20:21:30};
--いよいよか・・・なんか今更になって実感が湧いてきたよ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 20:30:22};
---なんやこの段になるとほんまに男の子!って感じがして笑けてくるなぁ&br;ティッシュとハンカチは持ちました?(男は笑いながらそんな事を聞いてくる) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-06-03 (水) 20:35:01};
---忘れ物はない?常備薬とか…ああ、外国だからコンセントの変換器とかも必要なのかしら…&br;あとお金とか…パスポートは無くさないようにね?それと……(心配性の母親かな) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-06-03 (水) 20:36:18};
---&COLOR(darkred){俺はいまだに実感がわかない件 でも、学校どころか伊上市外に普通に出れたし、世界もなんてこと無さそうだぜ (ペットボトルのお茶を飲んでから軽く笑う)&br;倉守先輩、俺もまさかこんな昭和の青春映画みたいな事する事になろうとは思わなかったッスよ! ハンカチもティッシュもお守りもばっちりッス! (明るく笑う)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 20:37:27};
---&COLOR(darkred){ちろりママン…… (ほっこり……) 実はスマホは本物じゃない俺が自分で出してる物っぽいんで、最悪気合で充電します!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 20:38:33};
---お母さんが二人もいる。(妹を連れて、見送りに来ていた) &br;生水には気を付けて。スリや置き引きにも。まあ、君ならあんまり心配ないだろうけど。 &br;(『兄ともども、お世話になりました。気を付けて、行って帰ってきてくださいね』 深白は品よく猫をかぶっている) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-06-03 (水) 20:40:14};
---まあ吉広なら大丈夫っしょ、たくさんいろんなこと経験しておいでよ?あとお土産ヨロシク(親指立ててお見送り) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-06-03 (水) 20:41:19};
---&COLOR(darkred){倉守先輩は俺にとってママより兄さんって感じだなあ まあ、俺母親も兄弟も居ないんですけどね! (怪異ジョーク)&br;まあ、暫くは街から街へって予定だし、ヤバそうな水は飲まないようにするよ、サンキュなクロ ……深白ちゃん、ちゅ〜る舐めすぎんなよ (猫っかぶりにほっこりしつつ)&br;アオイへのお土産は、変な生き物の干物とか……? (ちゅかぱぶらとか……?)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 20:44:48};
---ご老人の寿命ジョークバリに笑ったらあかんの別れ際に飛ばしたらどんな顔してええか分からんよ(いやいやと手を振る、普段より努めて明るく)&br;色んな有名どころ全部見たってくるとええ、それだけでもう他の人の一生分以上の綺羅びやかな思い出になります -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-06-03 (水) 20:49:18};
---エモい景色と食事があったらLINEで送ってね…楽しみにしているから…(懇願) -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-06-03 (水) 20:51:11};
---お前は湧いておこうぜ(からから笑って)有名どころ色々見て回れるのは羨ましいな -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 20:56:10};
---&COLOR(darkred){あはは、ごめんなさい! (こちらもちょっとはしゃいだように明るく笑って)&br;そうッスね、とりあえずは大陸からッスね…… はは、時差忘れて夜中に写真送ったら許して下さいね (もちろん送ります、とちろりに笑い)&br;成哉が羨ましがるような景色を見てくるぜ いいだろー (沖縄にもまだ行ってないのにな、と笑って)}; --  &new{2020-06-03 (水) 20:58:40};
---海外はやばそうじゃない水も当たるらしいよ。本当に気をつけて。 &br;(あとそのジョークはあんまり笑えない。と、苦笑して肩をすくめる)友達がこれだけいるんだから、おつりがくるよ。 &br;(『もう。』深白はぷんすかと拗ねた。『おみやげ、忘れないでくださいね』 この妹、ゲンキンである) -- [[クロ>IG/0001]] &new{2020-06-03 (水) 21:00:44};
---干物を喜ぶJKってどーなのさマジで、なんでフツーでいいし、イミフなキーホルダーとか?変なTシャツとか?こう言うのは基本気持ちだしね&br;まぁでも、一番は無事に帰ってくることってヤツ、元気でやっていきなよー? -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-06-03 (水) 21:09:00};
---お待たせ、ちょっとばたばたしてて遅れちゃった。 -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-06-03 (水) 21:09:08};
---すまんな、アリスのやつが可愛い服が決まらんと言って時間がかかってしまった。&br;だから服なんて黒ければどれでもいいだろうと言ったのに…… -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-06-03 (水) 21:11:16};
---&COLOR(darkred){マジで、JOJOっぽく水よりコーラ飲んだ方がいい感じか!? ……おう、そうだな、へへ 生後1年でこんだけ良い友達が作れたんだ、これからも上り調子だな&br;(深白の様子に笑い、クロと仲良くな、と) って、アオイ泣かせるじゃん 無事に帰って来るさ それだけは約束できるぜ!&br;って、おう、アリスこっちこっち (友人の輪の中、手を振る少年だ) おう、アリシアも! 仲良くなったなあ、二人とも (しみじみ)}; --  &new{2020-06-03 (水) 21:12:44};
---ちぇー・・・あれだ、モン・サン=ミシェルとか撮ってきてくれ、あれは一度見てみたい&br;(アリスが来れば)吉広、餞別だ(と腕時計を渡す、Gショック的な丈夫な奴)お前の事だから、どうせ行った先でも暴れるだろ、壊れそうにないのを選んだんだ -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 21:14:05};
---私と成哉で選んだの。丈夫だけど、大事に使ってね。(片目を瞑って人差し指を立てて)どこに行っても必要でしょ? -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-06-03 (水) 21:17:28};
---別に仲良くなったつもりはないが……(邪悪に笑って)だが、吉広。お前にこれを授けてやろう。&br;(新品の折り畳み傘を差し出して)海外ではなかなか見当たらんぞ。そしてこれは黒い! 黒いということは、良いことだ。&br;…どこかで困ったことがあったら言え。ブラジルくらいまでなら駆けつけてやらんでもない。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-06-03 (水) 21:20:38};
---…あら、餞別タイムに入ったかしら。それじゃあ…(取り出すのは、最新の技術の粋が集まったオペラグラス。板状になっていて開くと望遠鏡になるタイプ)&br;これなら場所も取らないでしょうし。持っていって頂戴、真田丸君。これでいっぱい、いい景色を見てきてね? -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-06-03 (水) 21:25:54};
---&COLOR(darkred){あれってどこだっけ、イギリス? (日本史選択の少年はよく判ってないぞ! 写真では知ってる!)&br;って、おお? ……はは、時計化、そう言えば持ってなかったわ 学校はほら、どこの部屋にも時計があったから (それを貰い、早速着けてみる 慣れない感覚)&br;……って、アリシア、悪るぶんのも程々にな ……いきなり、その相手に会えなくなっちう事もあるからさ (アリシアも知ってるかもしれない、自分が怪異だと知ったその日から、家族だと思ってた存在が消えてしまった少年の話)&br;黒はいいって、アリシア…… (ちょっとほっこりしかけるけど、それよりも) うん、有難う、な ……&br;ちろりん先輩まで ……双眼鏡? へへ、色んな風景見るのにいいスね ……ありが…… &br; &br;…… …… (言葉に詰まる 息が詰まる 鼻の奥がツンと痛くなって) ……俺さ、夏に自分が怪異って知って、親も実家も幻だったって知ってさ、&br;…… …… ……半年後、こんな風に、笑ってられるとか、考えられなかったんだ あの時、正直 (笑顔のまま、堪え切れなかった涙を、ぼろっと大粒一つ流して)&br;……でも、皆のお蔭でさ、こんな風に笑えるようになってさ ……なんて言や良いのか分かんないけど、 (沢山伝えたい事があるけれど) 有難うな }; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 21:31:23};
---あかんなぁこういう時微妙にタイミングズレてまうわ(と…数人で渡していく中で苦笑する、当然だ既に渡している) -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-06-03 (水) 21:32:25};
---&COLOR(darkred){ぐすっ はは、倉守先輩は用意が良いから、こう言う時早すぎたって思う感じッスか?&br;大丈夫! 先輩がくれたお守りは上着の裏ッス! (鼻を啜って目を擦ってから、羽織ったジャケットの裏を見せる しっかりと内ポケットに縫い付けられたお守りだ)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 21:34:07};
---フランスだ、まぁ気にしないでいいよ&br;・・・(ばんばんと力強く肩を叩く)この一年、お前とクラスメイトでいれて楽しかったよ・・必ず戻ってこい -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 21:34:53};
---…門出でしょう?笑顔で送り出したいのに、真田丸君が泣いてしまってはもらい泣きしちゃいそうだわ。寂しくて。(目頭を指先でもみつつ)&br;…しっかりね。元気な顔して帰ってこなかったら、本気で怒るんだから。…楽しい旅の話が聞けることを願ってるわ。 -- [[銚釐>IG/0031]] &new{2020-06-03 (水) 21:36:51};
---おや、ぎりぎり間に合ったかな。まさか私が出遅れるとはー(足の速さだけでは間に合わないもので)&br;怪異でもみんなと生きていけるってことさ。きみの場合はもうちょっと特殊だったけどまぁ、見送りに来てる皆が答えだよね(それだけ強い絆を持った、と吉広を励まし)&br;私からはこれ、降魔扇。護法魔王尊の羽団扇のレプリカ。うちのお土産だけど&br;退魔と運命を守る力があるとされる。お土産なので本物の法力はない。海外の人に見せると物珍しがるかもね。普通のうちわとしてつかってもよい。 遠い先でも元気でやってね(と、旅路の安全を祈る) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-06-03 (水) 21:37:53};
---私の一番最初の友達で、親友で……(笑顔で頷いて)真田丸と一緒にいた時間は私の宝物だわ。&br;写真、スマホで送ってよね……あ、なんなら今写真をとりまくるし?(スマホでいろんな角度から真田丸を写して) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-06-03 (水) 21:37:57};
---餞別タイムになるといよいよ時間迫ってるって感じになるよね、アタシからはこれ上げる(お財布)基本大事なモノは出さないようにして、お金だけ入れる用、まぁ吉広なら盗まれるとかないと思うけど一応的な? -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-06-03 (水) 21:38:13};
---(吉広の話を聞けば視線を下げて)すまなかった。アリスとは仲良くする。&br;泣くな、吉広。お前は嵐の波濤のように豪快で、その反面で氷細工のように繊細で……お前と共にいた毎日は、とても楽しかったぞ。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-06-03 (水) 21:40:00};
---(遅れてやってきて)っと、ギリギリ!…いやぁこういう光景見るとマジで世界一周しに行くんだなって感じすんな(空港と、見送りの集まりを見て)&br; んじゃ俺からは梅干しと醤油と味噌を。海外行くとこーゆーの恋しくなるって聞いたからな。一気に使っちまうなよ?(くつくつ笑う) -- [[総痍>IG/0026]] &new{2020-06-03 (水) 21:43:33};
---&COLOR(darkred){フランスか! まあ、ネットで検索しつつ、自分がいる国の名所はまわfれるようにするぜ ……んだよー、俺だって楽しかったからな! (ばしばしと成哉の背を叩き)&br;はは、すんません 我慢しきれませんでした (ちろりに笑い、ごしごしと顔を擦って) って、楓先輩にちがちゃん先輩までーっ 駄目、これ泣く 此処だけ泣く (思春期の強がりなんて、友達の前ではあっさり崩れちゃうのだ)&br;うう、この扇は多分めっちゃ使います……有難うございます ……ちがちゃん先輩も、大事に食べます、有難う御座います……っ&br;(全部を大事に鞄に入れる それらを入れてなお、軽装な少年)&br;おう、撮っとこ! (赤い目元でアリスや皆と一緒に映り) アオイ、財布? ……はは、ありがと、普段使いさせてもらうぜ!}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 21:53:00};
---(涙を流す彼を見て、薄く微笑む)へっ、そんだけおめーが築き上げてきたもんは大きいってことだわな。怪異として用意されたもんじゃない、おめーが、自身で築いたな。&br; ……でも女になって戻ってくるとかしたら驚くかんな?あっちで女レベル築きすぎんなよ?(けらけらと笑う。だとしても…ここに居る彼の友人は、それはそれで受け入れてくれるだろうが、と思いつつ) -- [[総痍>IG/0026]] &new{2020-06-03 (水) 22:04:45};
---折角みんなで写ったのに目ぇ真っ赤じゃねぇかお前(笑いながらこっちももらい泣きしちゃう) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 22:05:56};
---じゃあ僕からはこれっす。お元気で(翻訳こんにゃくを5丁ぬるりと入れておいた) -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-06-03 (水) 22:07:43};
---もう、笑顔でお別れするって決めたじゃない。(穏やかに微笑みながら言う)&br;(泣くな。まだ。早い。親友に泣き顔を覚えられたくはない) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-06-03 (水) 22:17:07};
---……元気でな、吉広。お前と食べたトマト鍋は、美味かったよ。何千年経とうと忘れられない味だった。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-06-03 (水) 22:18:15};
---笑ったり泣いたり忙しいなぁ(相変わらずけらけらと胡散臭い笑みで)せやけどそれだけ感情出しとけば現地に着く頃には胸もスッキリしてはるやろ&br;(総痍と似たような事を自分も言っていたので苦笑しつつ)こんにゃくはそう腐らんし菌も居らんから通るかな -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-06-03 (水) 22:18:43};
---&COLOR(darkred){濃厚な一年だったッスよ ……って、女はあくまで変化できるってだけで、俺は男ッスからね!? (受け入れられても困る、と笑って)&br;へへ、しゃーなしだな! 悪い涙じゃないって事で……って、おお、番長! ……こんにゃく? 落ち着いたら食べるわ (まさかそれで世界の言葉が話せるようになるとは、この時は思ってなかった……)&br;(璃桜に礼を言った所で、自分の乗る便の搭乗手続きを促すアナウンス 深呼吸してから、皆にしっかり深く頭を下げて) ……行ってきます!! (あげた顔は笑顔だった 搭乗口に向かう)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 22:18:49};
---おう、またな!(こちらも笑って応えると手を振って・・・吉広の乗り込んだ飛行機が飛び立ち見えなくなるまで見守る事だろう) -- [[成哉>IG/0011]] &new{2020-06-03 (水) 22:27:32};
---&COLOR(darkred){_/_/(最後に振り返り、皆に大きく手を振った ……そして一回金属探知機に引っかかった)_/_/&br;_/_/(凄く気まずそうにもう一回手を振って、ゲートの奥に進んで行ったのだった……)_/_/}; --  &new{2020-06-03 (水) 22:30:45};
---帰ってくる頃にはひとつ上の男……ひとつうえのかいい?になっているさ。いつかまた会える日を、楽しみにさせてもらうよ(吉広の乗った飛行機が飛び立つ様を見つめる顔には、いつもと変わらぬ表情の裏に寂しさと誇らしさを満たしていたとか) -- [[楓>IG/0004]] &new{2020-06-03 (水) 22:30:51};
---おう!行って来い!伊上高校生の心意気、世界に響かせてやれ!!(と頭を上げた彼の笑顔に力強く声をかけ放つ)&br; (彼ならば、世界に羽ばたこうがしっかりと歩いていけるだろう。そして…その後の成長した彼の姿を楽しみにして、手を軽く振る) -- [[総痍>IG/0026]] &new{2020-06-03 (水) 22:31:51};
---(真田丸が飛行機に乗り込むと、堪えていた涙を流して)また会おうね。(そう呟いて泣きながら笑った) -- [[アリス>IG/0014]] &new{2020-06-03 (水) 22:33:09};
---(雑に皆色々渡したからなぁ…などと思いつつ男にしては珍しく素直にその手を振る)&br;またな真田丸君、日本の鬼此処に在りと言えるぐらい頑張ってきぃや -- [[倉守>IG/0176]] &new{2020-06-03 (水) 22:33:39};
---ん、ってらー(片手上げてゆっくり振りながら見送り、検査に引っかかったのを見て)……不安だし、まぁらしいっちゃらしいけどさ(ふふっと小さく笑いつつ、今度こそ最後まで見送ったのでした) -- [[アオイ>IG/0398]] &new{2020-06-03 (水) 22:34:01};
---……フン。怪異が正当なる人との関係性……絆を持てるとは。世界はこれだから面白い。 -- [[アリシア>アリスの設定ページ#o80d8e84]] &new{2020-06-03 (水) 22:34:05};
---それじゃまた過去か現在か未来でお会いしましょう(離れた所でお見送りしてから人知れず帰っていった) -- [[璃桜>IG/0018]] &new{2020-06-03 (水) 22:36:41};
-&COLOR(darkred){(飛行機の中 すれ違う人が外国人多めなことにキョドる少年は、) えーっと、席の番号はー……っと、この辺りだけど (自分の席を探して見まわして)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 22:34:11};
--(吉広が番号を見合わせば なんなく吉広の席は見つかって)&br; (その隣席には 機内だというのに大きな帽子を目深に被ったヒトの影) -- [[???>IG/0006]] &new{2020-06-03 (水) 22:41:53};
---&COLOR(darkred){お、あったあった…… って (屋内での帽子に目を瞬かせるが、ファッションなのかなと思い、納得する)&br;えーっと、失礼します 隣なんで、お邪魔しますね (一応声をかけて、荷物を上に入れ、そして座ろうとする なんとなく帽子の下をちらっと覗き) ……?}; --  &new{2020-06-03 (水) 22:45:01};
---全く… あれ ですよねぇ?&br; (ヒト影は愚痴をこぼすように呟いて)&br; (覗き込めばその顔をあらわになる)&br; それ(一人旅)ではチケットを 二枚 用意した意味が無いじゃありませんか? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-06-03 (水) 22:46:59};
---&COLOR(darkred){え、あ? (ぽかんと口を開けて固まる少年 その後ろを大柄なおじさんが通ろうとしたので、慌てて座る ……座ったまま絶句してその横顔を見て)&br;いや、えっと、その、そうなんス、けども…… …ええええええっ!? なんでここに!? あれ、卒業して、え、あれぇ?!&br;(お静かに、と搭乗員に叱られて口を抑えるけれど) ぐ、偶然……じゃ、ないッスよね!? ……銀先輩、え、ええー……!? (制服じゃない姿にドギマギしつつ、顔と服装を交互に眺め)}; -- [[吉広>IG/0021]] &new{2020-06-03 (水) 22:53:10};
---(吉広の驚き顔を眺めれば 満足げに肯いて)&br; いやー とても 良いリアクションです その顔が見たかった…&br; さて&br; 天地がひっくり返ったらー どう してもらえるのでしたっけ?&br; (いたづらっ子のように微笑んで)&br; 真田丸くん? -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-06-03 (水) 22:57:24};
---&COLOR(darkred){い、悪戯にしても、え、これ国際線ッスよ!? ……く、驚きますよ、そりゃ驚きますってば!&br;(ちょっと泣いた跡のある目を丸くして、ゆっくり深呼吸して落ち着こうと……) え、どうって…… …… …… (止まって)&br;……っ (自分の言った言葉を思い出し、赤くなった) あ、あの、え、えええええっ…… いや、言ったッスけど、言ったけども……っ!?&br;え、でも、その、 (銀が見る前で、耳の先までじわじわ赤くなって)}; --  &new{2020-06-03 (水) 23:01:51};
---ようこそ 私たちの 世界 へ -- [[銀>IG/0006]] &new{2020-06-03 (水) 23:04:53};
---&COLOR(darkred){……暫く飽きそうにはない世界ッスね……っ&br;学校飛び出しても、先輩にはまだまだ敵わねえなあ……! (そう言った少年の顔は、底抜けに明るい笑顔だったのでした)}; --  &new{2020-06-03 (水) 23:12:03};