* スウェイト家出身 デディア 216720 [#n6dd6f6e]
|ID:|216720|
|名前:|デディア|
|出身家:|スウェイト|
|年齢:|23|
|性別:|#listbox3(女,server,sex)|
|前職:|#listbox3(猟師,server,job)|
|理由:|#listbox3(何となく,server,reason)|
|状態:|#listbox3(野垂れ死に,server,state)|
//////////
|その他:| [[ステータス>http://gold.ash.jp/main/?chrid=216720]]/[[戦歴>http://gold.ash.jp/main/advlog.cgi?chrid=216720]]|
~
|イメージ曲|[[La Campanella>http://jp.youtube.com/watch?v=hEnfZjqMSy0]]|
//|BGCOLOR(white):現在:|BGCOLOR(white):#listbox3(離席,server,stay)|
//|>|BGCOLOR(white):CENTER:[[話しかける>http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F216720#i03e22ac]]|
//
// ※ ご注意「//////////」より上は変更可能個所以外はそのままにして下さい。
// タイトルの「家出身」の記述も含まれます。
//セックス!
//-こ、こんなところにッ!?
//***近況 [#p89173e6]
//-ホホホ、もう30万も稼いだのね。「一山当てた」という称号をいただいてよ~
~
*誰も居ない小さなログハウス [#i03e22ac]
窓辺には、テディベアと光るグラスとスノーマンの置物とhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013671.gifが置いてある~

~
【[[編集>http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%B3%B9%B3%B0%A4%EC%A4%CE%C0%C5%A4%AB%A4%CA%BF%B9]]/[[差分>http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=%B3%B9%B3%B0%A4%EC%A4%CE%C0%C5%A4%AB%A4%CA%BF%B9]]】【ログ[[1>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst016242.mht]],[[2>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst017936.mht]],[[3>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019314.mht]],[[4>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst020331.mht]],[[5>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst030323.mht]]】【[[パジャマパーティーログ>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst018995.mht]]】

#comment(below)
-(巨大な飛空艇が、彼女の住んでいた森の上空を飛んだ)&br;………見えるか?デディア、俺ぁ………夢、叶えたぜ。なあ、こんだけ高けりゃ見えるか?………へへっ。&br;(そのまま、ぐるりと森の上空高くを旋回し、雲の中へ消えて行った) -- [[チェイサー>名簿/227511]] &new{2009-02-01 (日) 04:54:26};
-ああ、遅くなってしまったでありますな……本当に何もかも&br;(暫し佇んだ後、片足の女は立ち去った) -- [[旋風>名簿/220529]] &new{2008-12-11 (木) 19:10:19};
-・・・・ただいま、帰りました&br;貴女とは、すれ違ったままでしたね・・・今、自分が最も後悔している事です&br;ご冥福を、祈ります・・・また、ヴァルハラで・・・(敬礼) -- [[ゲルハルト>名簿/232715]] &new{2008-12-10 (水) 20:45:54};
-やっと来る勇気が出たわよ。…簡単に死ぬなんてばっかじゃな……っく、ひっく…。 -- [[リディア>名簿/243179]] &new{2008-12-05 (金) 21:37:11};
-ちょっと遅れたけれど、貴女は怒るかしら? ……ええ、大丈夫よ 覚悟はしていたもの……なかなか足を踏み出せなかっただけ&br;おやすみなさい、きっとそのうち、また会えるわ……今はユッコたちと仲良く見守っていてちょうだい……?(一輪の花を添え) -- [[ヴェネッサ>名簿/217879]] &new{2008-12-03 (水) 08:19:11};
-………………………お、い………(無人のログハウスの前で、膝を付いた)………………&br;………………ぁあぁあああああああああああ!!!(悲痛な絶叫を上げながら地面を何度も殴りつけた)&br;お前まで………お前まで、何で………!!!デディ………!!! -- [[チェイサー>名簿/227511]] &new{2008-12-03 (水) 00:09:17};
-(テヒョンテヒョンと今は無人のログハウスにやってくる)&br;(入ると、主のいない家をせっせと掃除する小球の姿が 「帰る?」と尋ねてみると砲塔を横に振る小球 その小球をぽふぽふ撫でてやると、後は何も言わずに家を出た)&br;(その日、街外れの静かな森には、夕暮れを背にただただ何かを見つめ続ける巨兵の姿があったという) -- [[ジム>名簿/203314]] &new{2008-12-02 (火) 23:09:42};
--<< なんか期間限定で戻ったのです 何だか懐かしい感じなのです >>(ふよふよお墓参りな球だ ナームー) -- [[ジム窟改修球>名簿/203314]] &new{2008-12-08 (月) 10:32:21};
---(懲りずに今年もお墓参りする元球である ナムナムするその背中は少し寂しそうであった) -- [[ジム>名簿/203314]] &new{2008-12-20 (土) 12:01:35};
-また組めるかなーって思ってたけど、もう無理になっちゃったね、おやすみなさい -- [[フィーア>名簿/216060]] &new{2008-12-02 (火) 23:06:42};
-…この感覚だけは慣れない、否、慣れてはいけないのであろうな… (花束を供え、静かに立ち去る鎧娘) -- [[メイル(融合体)>名簿/67706]] &new{2008-12-02 (火) 21:32:43};
-姉さんといい、デディアといい……&ruby(ダークエルフ){同族};の女性は死に急ぐ癖でもあるのだろうかね……?&br;……「さよなら」は言わんよ。死は俺にとって別れではない。 いつかまた会おう。死者としてか、あるいは屍術師としてかはわからぬがな…… -- [[ファイシス>名簿/208355]] &new{2008-12-02 (火) 21:30:59};
-・・・デディアさんは、ちゃんと空を飛べたかしらぁ?・・・飛べたわよね。&br;お姉ちゃんよりも、ずっと高くて遠いところまで・・・ -- [[アーシュラ>名簿/57511]] &new{2008-12-02 (火) 19:24:19};
-ハル「あれぇ…オオカミさんとおねーさんは? お菓子持って来たのにぃ」&br;うん、いないねー。ちょっと遠くにお出かけしちゃったみたいだから、一個置いてってまた今度にしよ、ね?&br;(しょんぼりと頷く娘は大きな飴を、自分は深海真珠を花束の置かれている所にそっと添えた) -- [[サヨリ>名簿/138855]] &new{2008-12-02 (火) 17:36:10};
-デディアにゃん・・・結局この姿で合えず仕舞いにゃったね・・・さよなら -- [[ノラネコ(ヒトガタ)>名簿/234118]] &new{2008-12-02 (火) 16:51:10};
-また若い友達が召されてしもたなぁ……。さよなら、デディ。ゆっくり眠りや…。&br;(デディの霊が迷わずに安息を得られるよう祈る) -- [[ラム>名簿/175888]] &new{2008-12-02 (火) 16:47:20};
-熊、そしてグリフォンですか……ちょっと自分の経験がフラッシュバックしますね&br;(花束を添えながら)そうそう、和菓子を一緒に作る件……気にしないでくださいね?あの約束はそう、また会おうっていう約束なんですから……&br;だから、少し待たせちゃうかもしれませんが……天国で、会いましょう&br;(胸の前で十字を切って、デディアの魂が無事天国へ昇れるよう聖句を唱えた) -- [[シュガー>名簿/189111]] &new{2008-12-02 (火) 16:33:34};
-あー・・・なんてこった&br;・・・無駄に、なっちまったな(手の中の物を見つめ、踵を返した) -- [[ロレンス>名簿/222480]] &new{2008-12-02 (火) 16:29:23};
-……ついに戦う事は叶わなかったか(懐から魔獣の牙で作った短剣を取り出し、地面に突き立てる)&br;……戦士として弔おう。さらばだデディア。お前は良い戦士であると同時に良い女だったぞ…… -- [[ダグル・ボース>名簿/216569]] &new{2008-12-02 (火) 16:22:36};
**来訪者 [#c4f9513b]
[[カイ>名簿/210283]] 猫を川で釣った男。おっとりとしていて、頭の回転は遅そうだけれど、芯は強そうね~
[[ゲオルド>名簿/216190]] 自称『死なない男』。でもアタクシ、あんなに死んでいる男は初めて見てよ!~
[[サヨリ>名簿/138855]] 元気な人間ね。海を囲ったようなものが家の前にあったけれど、釣りをするのかしら~
[[メモーラ>名簿/216234]] 夜分に面白い話を聞きに来た男。罰ゲームでもやらされていたのかしら?~
[[タイニーリーフ>名簿/64785]] 訪ねてきた白エルフの女。別に潔癖症でもなかったし、むしろ話しやすくてね~
[[オルツ>名簿/212123]] 旅籠の主人。褐色同盟の盟主か何かなのかしら?よく芸舞場で見かけてね~
[[ニュクス>名簿/40490]] 同族、ダークエルフの女。闇魔法の使い手なようで、アタクシに注意をくれたわ~
[[ベスティナ>名簿/167524]] お婆さんのような話し方をする女。情の深い性格のようね、ああいう人は好きよ~
[[開発部>名簿/169195]] 芸舞場で見かける男。取れた腕をくっつけたり、瞬間移動をしたり…どうなっていて?~
[[ユッコ>名簿/216728]] 樹木の身体を借りた魔女。アタクシの初めての友達、彼女との話はとても面白くてね~
[[ヴィクトール>名簿/168950]] 身体の半分が機械でできている男。ラーメンというヌードルを届けてくれてよ~
[[ラーナ>名簿/203333]] 働き者の女。もっと自信を持てばいいのに、と思うのだけれど、ああいう性格なのかしら~
[[ダグル>名簿/216569]] アヌビトの戦士。魂の力強さには、いつも目を見張ってよ。いつか戦いたい相手ね~
[[メイル>名簿/67706]] 鎧を、本体とやらが動かしている…存在、と言っていて?親しみやすい相手だわ~
[[ハムダーン>名簿/218266]] 砂漠の民の戦士。厳しい環境で鍛えられた、強い肉体と心を持っていてよ~
[[改修球>名簿/203314]] ランダムツアーという動作をしているロボット。好奇心が旺盛で、まるで子供のようね~
[[エル>名簿/212219]] 仮面を付けた使用人の女。なかなかに強そうね。メルキオールという館で働いているわ~
[[メィル>名簿/193335]] 気の弱い山羊の獣人。郵便屋をしていて、配達に走り回る脚には自信があるそうよ~
[[ジニー>名簿/216811]] 一言茶化すためだけに来た…精霊とかその類の女。不思議な魔法を使ってよ~
[[サーレント>名簿/210295]] エルやウォルト、サンセルジュの仕えている館のご主人。鷹揚で愉快な方ね~
[[質の悪いフレッシュゴーレム>名簿/208355]] 同族、ダークエルフのフェリシテの使い。彼女が作ったそうよ~
[[トワ>名簿/174977]] 友達いないぜぇ、と挨拶する変わった人間の男。チョコレートの作り方を教わってよ~
[[サンセルジュ>名簿/210400]] メルキオールの使用人の男。同族だけれど、何か違う感じを受けてね~
[[フーナ>名簿/204275]] ハッキリと喋らない人間の女。でもお返しに来てくれたし、いい人ではありそうね~
[[ウォルト>名簿/207571]] メルキオールの使用人の男。作法はなっていないけれど、これからが楽しみだわ~
[[アーシュラ>名簿/57511]] 魔術師協会の理事会議長をしている女。自分のことをお姉ちゃんと呼んでいてね~
[[壮弦>名簿/207571]] メルキオールの厨房見習い。落ち着いていて謙虚な性格ね。ウォルトの幼馴染みだそう~
[[システ>名簿/210344]] 大きな屋敷に、ゴーレムを従えて一人で住んでいる女。あの屋敷には秘密があるそうね~
[[クレア>名簿/94878]] 食堂で一緒にお昼を食べた獣人の女。いつでも敬語で、性格はのんびりとしていてね~
[[エルデス>名簿/189995]] 依頼で同行するというので、挨拶に来た魔女。触手を使役した戦い方をするようね~
[[シロップ>名簿/224162]] エルフの男。姿形だけではなくて、感覚にも違いがあるようだけれど、礼儀正しい男ね~
[[旋風>名簿/220529]] 「旦那様募集中」に二番乗りしてきた女。堅苦しい口調の割には、軽い性格のようね…~
[[ロレンス>名簿/222480]] 血を飲みに来た吸血鬼の男。誇り高き吸血鬼…、ああいう人、嫌いではないわ~
[[エイミ>名簿/227396]] アタクシが珍しいと声をかけてきた人間の女。冒険を始めたばかりだそう。素直な性格ね~
[[ジョナサン>名簿/225610]] 褐色同盟で知り合った人間の男。礼儀正しいし、真面目そうだし、好感が持ててね~
[[チェイサー>名簿/227511]] ……アタクシの家の壁にぶつかってきた男。高速移動を制御しきれていないのだそう~
[[ローラ/アルベール>名簿/227158]] 御主人様募集中を掲げている女。呪いのせいで月毎に性別が変わるそうよ~
[[ヴェネッサ>名簿/217879]] 無事に冒険者を引退した舞い手の女。明るくて、親しみやすい性格をしていてね~
[[ラム>名簿/175888]] 眼鏡をかけた、いかにも魔術師といった風体の女。闇魔術の使い手を訪ねているそう~
[[ゲルハルト>名簿/232715]] 道ですれ違った、生真面目な男。故郷から遠く離れたこの地に飛ばされたのだそう~
[[ユルゲン>名簿/228793]] 手当てを習った、ハキハキとした医者の男。兎の獣人で、いつでも舌が出ているわ~
[[ノラネコ>名簿/234118]] 近くを通りかかった猫。首からラジオを下げていたわね。首輪の代わりなのかしら~
[[キリコ>名簿/236053]] 公園で見かけた子供。お金の要らない暮らしをしていたそう、早く慣れるとよくてね~
[[カヤ>名簿/205525]] 広場で花を買って知り合った、人間の女。今はひとつのお店を構えている女主人だわ~
[[ルカ>名簿/235178]] パジャマパーティーで、ヴェネッサが連れてきてくれた人間の女。歌を歌うそうね~
[[シュガー>名簿/189111]] レムリスという観光の街で知り合った人間の女。シスターの見習いをしているそう~
[[リディア>名簿/243179]] 同族ということで訪ねてきてくれた女。こちらに気を遣わせない心配り、見習いたいわ~
[[バスター>名簿/243277]] リディアと似ていることを尋ねてきた男。大きなハンマーと義手が特徴的だったわね~
[[フィーア>名簿/216060]] 依頼で一緒になった女。黒い翼を出して戦っていたわ。天使か鳥人の類かしら~
[[ウルガレ>名簿/205525#dca853b9]] カヤの親友で、彼女の店を継いでいる女。素直で、少し慌しい性格のようね~
[[メヒスト>名簿/244933]] 人探しをして、アタクシの家のあたりまでやってきた男。外科の医者をしているそう~
~
~
~
~
~
*プロフィール [#z77ce1ce]
~
#ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst022555.jpg,nolink,around)
~
~
ダークエルフのお嬢様。~
弓闘士、闇魔術、氷魔術の使い手。呪いを専門に扱う。~
~
世間知らずが幸いして、エルフや他の種族への偏見はない。~
他の種族を見下し、村に閉じこもる一族に嫌気がさして、~
愛用の弓を片手に抜け出してきた。~
人とは距離をおき、気風がいい。うじうじした人と下品な物が嫌い。~
特技は狩り。弓の腕前は村でも随一だった。~
実利を重んじるダークエルフの村で育ったため、~
家事や、生きるための技術は一通り身につけている。~
また朝に弱く、起床時間が遅い。~
~
誕生日:12月15日~
~
~
[[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst009836.png,褐色同盟);>同盟/褐色同盟]]~
~
~
[[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst022268.jpg]] 
[[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst020855.jpg]] 
[[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst018314.jpg]] 
[[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013927.jpg]] [[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst018211.jpg]] [[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst016901.jpg]] 
[[●>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019358.jpg]]
~
~
~
~
~
~
-[[■>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst014325.jpg]] [[メイル>名簿/67706]]が描いてくれたアタクシ。[[ジニー>名簿/216811]]に変えてもらった服を着ていてよ&br;  舞踏会の日のことも、この絵も……ありがとうメイル~
~
-[[■>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst015194.jpg]] [[カイ>名簿/210283]]が描いてくれたアタクシ。…別に駄洒落のつもりで言ったのではなくてよっ&br;  それにしても、カイがこんなに絵が上手いだなんて……意外だわ~
~
~
-こやすからあざとさ判定をしてもらったわ~
 なんだろう、あざとさは感じられる点はいくつかあるけど、雰囲気的にそう感じない~
 あざとさと大人っぽさは相反するかもしれない、あとアジテさんをごっちゃになってたよ~
~
ありがとうこやす。アジテとは同族だし、髪の色もよく似ていて親近感を覚えてね~
他の種族からすれば、違いは小さく見えるものでしょうし、仕方が無いと思うわ~
感想が聞けて嬉しかったわ、重ねてありがとう、こやす~
~
-引き出しに[[見せられないような絵>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst018771.jpg]]がしまわれている~
**いろいろ。 [#gca197f9]
-[[タイプ別性格判断>http://www32.ocn.ne.jp/~emina/]]:INFJ型 エゴグラム:[[aabba型>http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/aabba.htm]]
-普段はスキンシップを避ける傾向がある
--基本的には、戦いで培った習慣のために、近づかれるのを嫌うようだ
--心的距離を保つために、物理的距離を保ちたいという要素も強い
--数ヶ月間狼と共に暮らして、この傾向が強まった
--酒が入ると抱きつき魔になる(アンケートの協力ありがとうございました!)
-誇りを尊ぶ
--以前に失った誇りは戻ってはいないが、ほぼ元の性格に戻っている
-こちらに来て学んだこと
--応急手当:ユルゲン
--お菓子作り:いろんな人
--料理作り:壮弦
~
~
**闇魔術 [#u89d2115]
-魔導器(杖/闇)を用いて闇魔術を使う
--二つ名は『[[陰翳曲鎖(トレモロシャドウ)>http://pha22.net/name2/c/%E3%83%87%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2]]』~
-呪いには自身の血を使う
--血に触れながらその血を呪い、相手に呪われた血がつくことで効果を発揮する
--自分を自分で呪うことはできない
--現在、服やアーマー越しでも呪うことができる
~
~
~
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):通常魔法|
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):難度|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):名称|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):特徴|
|入門|『破』|攻撃魔法。こぶし大の闇の塊をぶつける|
|入門|『解』|解呪の魔法。強をかければ他人のかけた呪いにも範囲を広げられる|
|初級|『疾』|攻撃魔法。闇の弓矢を作り出し、ごく速いが範囲の小さい攻撃を仕掛ける|
|中級|『追』|補助魔法。印の呪いがついた相手をホーミングできる|
|上級|『強』|補助魔法。破、解、疾、物理攻撃に乗せるとそれらの威力を強化する|
|---|『影』|設置型の魔法。闇の膜を張り、光を遮る(カヤの言葉を基に習得)|
|魔術師|『煙』|広域魔法。闇の瘴気で覆い、視界を悪くする|
|BGCOLOR(white):COLOR(gray):大魔術師|BGCOLOR(white):COLOR(gray):『速』|BGCOLOR(white):COLOR(gray):重力、空気抵抗、水圧を闇の力である程度消失させる&br;程度の調節は可能|
~
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):呪い|
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):難度|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):名称|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):特徴|
|入門|『重』|血の付いた部分がズシっと重く感じる|
|初級|『愚』|血の付いた箇所を中心に傷みを感じなくなる|
|中級|『印』|血がホーミングをするための印となる|
|上級|『沼』|血の奥に闇の沼を作る。すぐに作れる深さは30cmほどまで|
|---|『癒』|自分の生命力を奪って血に乗せ、血の触れた相手にそれを与える&br;それ相応の寿命が縮む(小さい怪我なら1年、普通は3〜4年)&br;(ラムの言葉を基に習得)|
|魔術師|『蝕』|血の付いた無機物を侵蝕する|
|BGCOLOR(white):COLOR(gray):大魔術師|BGCOLOR(white):COLOR(gray):『鋭』|BGCOLOR(white):COLOR(gray):血の付いた箇所を中心に、全ての感覚が鋭くなる&br;(五感は言うに及ばず、痛覚、温感、体性感覚に至るまで)|
~
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):呪いのかかる条件|
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):かける側|生身(入門)|服越し(初級)|アーマー越し(初級)|
|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):かかる側|生身(入門)|服越し(中級)|アーマー越し(上級)|
**氷魔法 [#m65d76fb]
-魔導器(本/氷)を用いて氷魔術を使う

|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):難度|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):名称|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):特徴|
|入門|『球』|攻撃魔法。水の球をぶつける|
|入門|『針』|攻撃魔法。細い針状の氷を飛ばす|
|初級|『霧』|広域魔法。細かい水(もしくは氷)の粒子を散布する|
|初級|『壁』|防御魔法。氷の壁を作る。すぐに作れる大きさは盾程度&br;闇の力で重力制御を行い、空間上の位置固定ができるようになった|
|---|『堰』|溢れんとする液体をせき止める魔法。主に止血に用いる&br;(ユルゲンから借りた本を参考に習得)|
//BGCOLOR(white):COLOR(gray):
**複合魔法 [#u6709944]

|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):名称|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):使用魔法|BGCOLOR(darkblue):COLOR(white):効果|
|ダーティミスト|『(各呪い)』+『霧』+『煙』|赤黒い霧を発生させる。霧には呪いがかかっているが、&br;広域に発生させているため、普通に呪いをかけるよりも効果は薄い。&br;また失血量が多いのも難点である。&br;長時間霧の中にいるほど、呪いの効果を強く受ける。|
~
~
~
~
~
~
~
***// [#l970aff3]
//-***スイッチをバラバラに書こうの会***
//-スイッチは好きに書き足してください。ON-OFFをつけておきます
//恋愛スイッチ:ON (ロレンスさんに対してオンリー)
//エロスイッチ:ON (まだ処女で、身持ちが固いです)
//陵辱スイッチ:ON
//戦闘スイッチ:ON
//レイプスイッチ:ON
//コメントレイプスイッチ:ON
//MCスイッチ:ON
//確定受け入れスイッチ:ON
//文通スイッチ:ON

//------------------↓何かありましたらどうぞ↓-----------------------

//-まだまだこれから、やりたいこといっぱいありましたが……
//-これにてダークエルフのお嬢様デディアと、
//-以前のデディの精神であったタマ(=魂)のお話はお終いになります
//-遊んで下さった皆さんに、心いっぱいの感謝を…っ

//-ミスコンに出るつもりで描いていた絵、昨日仕上がったんですが…うぅ;
//-勿体無いので貼っておきます。ぺちょ
//-http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst022582.jpg
//-ロレンスさんとユッコさん、チェイサーさんに捧ぎます

//旅立ちの時に挨拶これなかったけど、うん、おつかれさんだぜ。某赤犬含めて色々ありがとな。(デコ
////旅立ちに挨拶をしなかったのはアタクシもだもの、気にしないで頂戴。
////貴方の成長は楽しみだったわ。またどこかで会えたらよくてね

//寂しくなりますねー……あ、不在中コメントしたのはほんの気紛れですから。また縁があったらどこかで(砂糖
////本当、貴女と会えなくなるとアタクシも寂しいわ。
////ええシュガー、またどこかで。オリゴと一緒に、元気でいて頂戴ね
//さよならの前に「親友」って言えて良かったです……そちらもお元気で!

//タマにはそんな意味合いが。残念だけど、お疲れ様(旅籠
////ホホホ、最終的には一体化するつもりだったのよ。叶わなかったけれど。
////貴方にはこちらに出てきた時分からずっとお世話になり通しだったわね。
////ありがとうオルツ。お元気で

//もー何しんでんのよー! 遊んでくれてありがとね、デディ
//…ま、また よ、よろしくね で、デディア…  エロ樹&虎の子
////アタクシの力が足りなかったのよ。来てくれて嬉しいわユッコ。
////またよろしく、ね………ええ。 ふふ、よろしくキリコ、ユッコ

//終ぞ再開は出来ぬまま、でしたか・・・心残りです
//どうか、ご安らかに・・・二キャラに渡り、お世話になりました。
////「貴方」とはまた戦いたかったわ。
////アタクシの初めての、戦闘RPの相手ですもの、ふふ
////またどこかできっと…、違う形で会いましょう

//ほんの僅かな付き合いでしたが楽しかったです
//栗のシチューは本当に美味しいのでぜひお勧めしたかった。今までお疲れ様でした、お元気で(壮弦
////まぁ壮弦! 本当?今度中野に作らせようかしら
////アタクシも、貴方達二人との付き合いは楽しかったわ。貴方も、お元気で

//超・しょっくなのです 何となく、お姉さんはこのまま闇に魅入られるくらいまで延々と成長し続けるものだとばかり思ってたのです…
//お話してくれてありがとうなのです またね なのです (元球
////本当、アタクシもそう思っていたわ(ころころと笑って)
////ボールも、小ボールもありがとう…。大切なアタクシの友人達。ええ、またね

//親友が一人死んで立ち直りかけたところに親友が一人死んで
//頑張って立ち直ろうとしたところに惚れた女の人が死んだんだけど
//………何この何?いぃぃやぁぁーーー
//ううっデディ………最後に見せたのがあの醜態なんて………(チェイサー
////また行くと言っておいて、行けなくなったことをこそ醜態と呼ぶべきだわ……
////貴方には、本当……何もできないどおしで……
////貴方の告白を、断ってすぐに誇りが無くなってしまったこと、
////ずっと悔やんでいたわ それがまた、こんなことになってしまって…
////……ただ貴方の幸せを祈ることしかできないけれど、ずっと祈っているわ
////最後に……、また、デディと呼んでくれてありがとう

//-お墓参りにまで来てくださって…ありがとうございますっ…!
//自分のことかな?いえ、ちゃんとやはり着たかったものですから・・・
//色々とご迷惑かけちゃいましたしね、はは・・・すみません
//本当に、また会いましょう?別の形で、ね・・暫くゲルは動かしますから、いつでも・・
//-このメッセージ自体は、
//-ボールさんがお盆にいらっしゃってくださったときに書いたものですが、
//-もちろん来てくださった皆さんに向けてという意味もっ!
//-今は15歳薬草売りで戦々恐々しながら遊んでおりますので、
//-見つけたらいつでも声をかけてくださいねっ

////おめでとう、チェイサー














//----------------------------------------//
//**********森の中の洞窟を臨んで**********//
//----------------------------------------//

////あの様子なら大丈夫そうね

//-心配性なんだからぁ。ロレンスさん、アンデッドですよぅ

////うっ、煩くてよユニテ! さ、帰って狩りに行きましょうっ

//-あ!デディデディ、ロレンスさんから言づて預かってますよ

////え? ……彼、なんて?

//-よろしく、って言ってました

////…………。そ。

//-あと、言づてじゃないけど、
//-多分忘れない、って言ってました

////多分って。もうっ、あの人は…っ
////……いいわ。アタクシが 絶対に ずっと覚えていればいいのだもの

//-えと、多分忘れない、それだけいい女だから、って。言ってました

////!
////……そ………、
////それだけ軽口が叩けるのなら、心配など要らなくてねっ。
////ほら、帰りましょうユニテ

//-ええ〜〜っ。ねえぇ、デディ〜〜会わなくていいの?
//-私本気で悲しいんですけど…

////聞こえなかったのかしら、ユニテ。 帰 り ま しょ う。
////……いいのよ。これで。
////縛ってしまったら、あの人ではなくなってしまうわ

//-………………。

////……ねえユニテ。アタクシ、少し考えていたことがあるの

//-?

////あの人が、なぜあんなにも図々しくて神経が図太いのかって

//-……そこが好きなんですよね?

////……それから、なぜあんなにも心が…、広いのかって。
////なぜだか分かって?

//-中野にそれを聞きますか。デディと、同じ答えですよ。

////そういえばそうだったわね。なら、もういいでしょう?
////あの人の邪魔をしたくないの

//-邪魔じゃないよ!多分だけど…ッ、邪魔だったらさっさと忘れますって!
//-お前に邪魔だなんて分かるのかとか、言われてたじゃないですか!

////………じゃあいいわ、アタクシが会いたくないだけ。
////これなら、いいでしょう

//-会いたいくせに

////ユニテ

//-だって

////混ぜ返さないで頂戴。
////結論は「会わない」。「帰る」。
////アタクシが言ったことを翻すとは、思ってはいないでしょう?

//-…それは、うん。うん……
//-やっぱり私じゃ駄目かぁ……

////何が

//-ああ、いや……デディさ、オリジのお話のほうでも、
//-ゴルロアほど感情出してくれなかったじゃない。
//-やっぱロレンスさんすごいな〜…って

////……暗示を、使われていなかったら……
////オリジナルのアタクシと同じだったでしょうね。
////ああいう人は…親しくは話しても、信用ならないタイプだし

//-ものごっついストレートに言いましたね

////だって本当のことだもの。
////暗示をかけられたこと、怒りはしたけれど……
////今は、半分感謝をしているわ。半分ね

//-は、半分ね…;

////あの人の……優しさだとか。
////愛情の深さ、だとか、そういった物に……触れる事ができたから…

//-……今、すごくいい顔してますね、デディ
//-やっぱりロレンスさんには負けますっ!ふふっ

////なッ、何を言っていてユニテっ…
////言っておくけれど、感謝をしているのは半分ですからねっ!

//-はーい、おっきなおっきな半分、ですねっ

////!! …さ、さっさとほらッ
////帰ると言ったら帰ってよ、ユニテっ!

//-はいっ、って! にゃ〜〜ん待ってぇデディーーーっ;



//-時々、下を見て、穏やかに微笑んでいるデディの横顔に贈ります
//http://jp.youtube.com/watch?v=eKY4723NckU