#navi(../)
* 夜の貴族 吸血鬼ヴラディスラフ公 479374 [#pd39130f]
#ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079752.jpg,nolink,around,left,310x490,拾い物です!元ネタの版権キャラのイラストであってこの版権キャラのRPをしてるわけではありません)
|BGCOLOR(MidnightBlue):COLOR(Crimson):|BGCOLOR(Thistle):|c
|ID:|479374|
|名前:|ヴラディスラフ・ストリゴイ|
|出身家:|ストリゴイ|
|年齢:|適当に長寿|
|性別:|#listbox3(男,server,sex)|
|前職:|#listbox3(商人,server,job)|
|理由:|#listbox3(立身出世を目論んで,server,reason)|
|状態:|#listbox3(冒険中,server,state)|
//////////
|方針:|#listbox3(探検を優先,server,type)|
|難易度:|#listbox3(危うきに近寄らず,server,diff)|
|信頼性:|#listbox3(あまり気にしない,server,conf)|
|その他:|&areaedit(){[[ステータス>ステ:479644]]/[[戦歴>戦歴:479644]]/[[冒険中>冒険中/479374]]};|
|CV:|杉山紀彰|
|曲:|[[Roots of the king>つべ:b1efKQU_TJE]]|
|曲:|[[Roots of the king>つべ:5WrmVgpkcGs]]|
|在席:|#listbox3(チラ見,server,stay2)|
|企画:|[[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp019365.jpg>企画/吸血鬼xハンター]]|

----
**三行 [#c40c4503]
-インテリヤクザなキザ吸血鬼が
-カジノ経営
-ワイン(=血)いかがですか?

~
~
[[戦闘設定>冒険中/479374#df01b905]]はほんのりある
***方針 [#if4e32f2]
-&color(crimson){''スタンス''};
--''人間について'' → 喋るワイン樽。生け捕りにする
--''ハンターについて'' → 邪魔者。排除するのも辞さない
--''他の吸血鬼について'' → 共に愉しむべき夜の隣人
--''戦闘について'' → 手荒は好まないので基本は部下や下僕を使う。自分が戦う必要に迫られればエレガントに
--''冒険について'' → おいコイツ冒険に出る要素ねぇぞ?! げ、下僕に行かせてる設定でお願いします…
~
**設定 [#f2d9aa7a]
-''見た目'':インテリ眼鏡。割と若く見える……服装は黒いスーツとか燕尾服とか。ぶっちゃけ見た目モデルは黒執事の[[この人>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079456.jpg]]~
''普段は吸血鬼と判別できない''が、興奮すると耳は尖るし眼が赤くなったりその辺はテンプレ吸血鬼
--長身細身。身長189cm体重67kg (予告無く変更することがあります)
-とある凶悪吸血鬼(真祖)の弟。兄と同じく人間に対して残虐な性格だが、インテリ~
十字教に退治された兄とは違うと自負し、表ではカジノを経営し裏では下僕にした人間から血を搾取する狡猾ぶり
--夜の隣人達が集まっている噂を聞きつけ、自分も新しくこの街に出店しようとやってきた
-生真面目な表情をしているが物腰は低い。計算高くて享楽的。100を得るために99耐え忍ぶ虎視眈々~
根はプライドが高く利己的な性格だが、理性的ではあるので''利害が一致すれば協力的''
-カジノ「Cherry Tree Hill」(チェリー・トゥリー・ヒル)をこの街に構える~
''同胞=吸血鬼に血をいつでも飲ませてくれる良心的なお店''……あれ? もしやこいついい奴か?
--見た目は普通の会員制カジノだが、客の多くは夜に生きる種族。迷い込んだ人間は捕らえられてワイン樽にされる
---''ワイン樽''=カジノの地下にはワインセラーならぬ''人間セラー''があり~
生かさず殺さず状態の人間からいつでも血を吸えるようになっている。'''カジノの客に出されるワインはこれ'''
-カジノからは甘ったるい'''人間を誘う香り'''が漂っており、意志薄弱な者なら誘われるように足を運んでしまう、かもしれない
-日光の下を歩けないこともないが、歩きたくない。''活動時間は夜限定'' 他人を訪ねる時は例外アリ
--相手を魅了する魔眼を多用する。強く見詰められた者は意識が混濁する~
酷い場合はそのまま下僕にされてしまうが、対魔力に優れていれば支配されるまでには達しない
-店では相手を様付け、他所ではさん付けで呼ぶ。同胞には「〜公」的な呼び方もある

#region(詳細)
-同属や同じ夜に生きる者とは交友を深める姿勢を見せるが、彼の性格を承知した上で付き合うべき
--もっとも、普段はエレガントに振る舞うので本性をまず見抜かないといけないが
---冷酷な男ではあるが、同じ吸血鬼相手には情を持ち合わせている。単純に人間を生き物扱いしてないだけか?
-美しい者、或いは賢い者が好き。そして美しいモノが好きな賢い自分がもっと好き
--反対に醜い者、馬鹿な者は好きじゃない。あんまり酷いと内心で見下す
---新しい物好き %%ロリコン%%
-吸血鬼の中でも地位は高い。酒場から東(=東欧程度の東)の国に本拠地があるらしく、部下の吸血鬼も何人か連れてきた    
-東(=東欧程度の東)の地方では多少有名だが~
何百年か前に退治された兄の名が主に知れ渡っているだけで弟である彼の知名度はそれほどでもない~
名声よりも実益を優先するタイプ~
--人間社会に迎合してる、などと受け取られても気にしない~
人間にできる事を人間以上に上手くやって、吸血鬼という種の優秀さを誇示しようと考える~
兄が人間を文明ごと見下し、形振り構わなかった結果封印されたのを反面教師にしている
---''吸血鬼仲間なら既知可能''なレベル~
ハンターの場合は''吸血鬼マニアなら既知可能かもしれない''レベルの知名度
-甘い言葉で若い女を誘うのはデフォ。処女の血美味いと思うのは当然ですよね~
まぁそれは人間に対してのみで、同属や混血を吸う趣味はないのは前提で
--主食は生き血だが、それ以外の食物も摂取できる。ただ栄養吸収率は悪いので食事という行為はほぼ趣味
-吸血鬼としての弱点は多分大体効くんじゃなかろうか…ただし即死しないレベルで~
まだ予定は未定
-人間の血は吸うが、''人間を自分の眷族にしようとは考えない。''何故なら人間を徹底的に見下しているから
--劣等である人間を支配はともかく眷族にするのは有り得ない。人間は家畜も同然に思っている~
''人間を眷族にしたら同族になる→混血は吸いたくない→じゃあ飼い殺そう''という思考
---それに伴って元人間の吸血鬼もあまり好きではない~
ただ、なってしまったモノは仕方ない と考えその吸血鬼を殺そうとかは考えない
-ヴラディの兄は無言で人間を殺戮する系。そこそこマッシヴで単純な戦闘力ならかなり凄かった
--封印したのは人間ではなく天使。それも結構な人数動員されて、右胸に杭を刺されて封印された~
その後の行方は不明……もしかしたらマッドサイエンティスト天使に改造されたかもね
-純血の吸血鬼、真祖である。ヴラディの場合の真祖の定義は~
血筋としての大元の先祖。人間を眷族にするの能力を有したヴァンパイアという高位の魔族で~
生まれつきの吸血鬼の血族であり、尚且つ他種族と交わりを持たなかった純血家系を指す~
つまり元人間という経歴は一切ない。少なくとも本人は紛れもない純血だと思っている~
大元を辿れば人間が魔族に堕ちた存在かもしれないが、その辺りはあえて明確に設定しない
--Q.「ストリゴイ」って真祖じゃなくね?~
って詳しい人は言いそうですが、ストリゴイは気分でつけただけでございました…!~
なので語源のストリガとも関係ないし、本当に元々ヴァンパイアな種族かもしれない


#endregion
~
~
**[[カジノ「Cherry Tree Hill」>葡萄酒よりも紅く]] [#ze51c238]
''夜の街にひっそりと佇んでいたカジノは一旦森の奥に姿を移した&br;厳つい用心棒が門の前に2人佇んでいるが、彼等の顔も新しくなっている''

|BGCOLOR(MidnightBlue):COLOR(Crimson):|BGCOLOR(Thistle):|c
|個人使用:|[[施設/常夜の館]]|
|ログ:|[[>ロダ3:020499.htm]] |
|連絡とか:|&areaedit(){カジノの住所が変わったが&br;名刺(会員カード)を持ってれば通知されるので大丈夫だ問題ない};|

↓ここを読むと利用しやすくなる、かもしれない?
#region(カジノ&下僕紹介)
|>|遊戯スペースにある物は適当に出してくれて構いません。スロットでもルーレットでも何でも&br;ビリヤードとかもいいですね。地下には一応見世物用の闘技場もある&br;カジノではあるが、''BARのスペースも大きい。賭け事に興味の無いお客様はこちらへ''&br;オーナー自ら出ていって雑談にお付き合いしましょう&br;常連設定で行くなら最初からVIPルームへのお越しも可能!|
|>|''会員証について''&br;ヴラディの名刺、もしくは店で直接貰える。いずれも血のように真っ赤なカードで、ちょっとしたマジックアイテム&br;渡す際にヴラディが渡した者だけを判別するように直接魔力を込める&br;相手が手にした時だけ表面には店の名前と支配人の名前が浮かび上がり&br;裏面に名前が浮かび上がってなんかカッコいい。友達に自慢できる(信頼度:微妙)&br;店の住所は直接記されておらず、カードに込められた魔力が方位磁石のように店への方角を示す&br;他の人が持ってもそれらの効果は発揮されず、ただの赤いカードになる…が、魔術のプロなら解析可能|
|用心棒×2|グラサンかけたマッシブ黒人。店の扉の前に立っているが、基本は無言&br;カチコミがあった時に真っ先に死ぬ役でもある&br;ハンターの癖に同じ人間を手にかけるなんて外道め!と言われたい時に殺すと良し|
|%%逞しい人狼%%|死亡。ハンター酒場に襲撃してあえなく撃破される|
|メイドの魔族|有能メイド(信頼度:◎3つ) ヴラディのおはようからお休みまで、こき使われる青肌メイドさん&br;武器はモップで軽い魔術も扱う。戦闘RPでも出番アリ。多少賢い&br;おっぱいはなかなか大きい。何か失敗するとお仕置き部屋行きになる被虐担当?&br;''シェリー''|
|ドリアード|ヴラディのカキタレ。メイドよりも頭がいい腹黒さんで顔を合わせれば口喧嘩&br;カジノではポーカーのディーラーが勤まる程度に知性溢れる&br;戦闘はあまりしないが、敵を拘束する係くらいはやる。レッツ触手プレイ&br;''ナペーア''|
|デーモン|堅物の男ディーラー。ルーレットのコーナーにいるようだ&br;常に眉間に皺を寄せた表情だが、別に怒ってるわけでも悩んでるわけでもない&br;戦闘では素早く飛び回り豊富な魔術を用いる。ヴラディの下位互換&br;''ロヴァイオ''|
|サキュバス|店ではBARで接客をしているカキタレその2。エロい。完全にエロ要員。おっぱい&br;馬鹿そうに振る舞ってはいるが口が達者でちゃっかりしていたり油断ならない&br;戦闘力は殆ど無いが魅了の魔力は当然持っている&br;''メィラ''|
|無口な人狼|前の狼男が使い物にならなかったので新たにもっと強いのを下僕にした&br;[[アドラフリューグ>設定/アドラフリューグ]]にて''シルバー・ルーガル''と恐れられたことのある狼男で&br;''全身を銀の体毛が覆う''。狼男の弱点である銀の弾丸や刃物を弾く防御力を誇る&br;体毛は背中や四肢が濃く、腹部や顔は薄いので防御力がある程度違う&br;勿論素早さや腕力も以前の狼男と同等かそれ以上。また、普段人間の姿で生活する|
|影伏|シェイドと呼ばれる魔族。殆ど人に知られておらず、魔族の間でも知名度の少ない種&br;その原因は影から影へ移動し、極力他の種族と接触せずに一生を終えるという生態に由来する&br;そんな影伏とヴラディがどうやって関係を結んだかは不明&br;影伏に戦闘力は無いが、隠密性や情報収集能力に長けヴラディの目となり耳となる&br;''シェイド''|
|マンドレイク|頭に花を咲かせたじと目幼女。これもヴラディのカキタレ…犯罪じゃね? 犯罪です &br;独特の喋り方をする、というか喋るのが不得手。戦闘では痺れ粉っぽい花粉撒くだけ。基本無力&br;ただし他者や環境の変化に非常に敏感な性質を持ち、そこをヴラディに買われている&br;''ムスクラン''|
|下級ヴァンパイア|色々いるが、リーダーは老執事風の白髪白髭のヴァンパイア。BARにいる&br;ヴラディスラフの家に古くから仕える従者の家系出身で、ヴラディの護衛&側近を務める&br;魔術は用いないが、暗闇で視認し辛い鋼糸を自在に操り必殺仕事人的な殺しをする&br;''コルラード''|
|ドッペルゲンガー|暗殺者ヴェイルとの交渉で手に入れたドッペルゲンガーの部下。どんな人物にも変装できる&br;メダロスを信仰しているため、精神支配して使役すると思われたが、敢えて支配は施さなかった&br;欺きのヴェイルを殺したメイヘムに対する憎しみで動くメイヘムスレイヤー=サンが誕生した&br;''スペーラ''|
#endregion
[[修正>編集:葡萄酒よりも紅く]]
 ヴラディ>名簿/479374 ''''' ''''' &size(){}; &ruby(){}; &color(Indigo){}; &color(DarksLateBlue){};
|BGCOLOR(#d4d9dc):900|c
|#pcomment(葡萄酒よりも紅く,3,below,reply)|

~
~
~
**夜の交友 [#g25d7bc2]
|BGCOLOR(MidnightBlue):COLOR(Crimson):|BGCOLOR(Thistle):|c
|名前|本音|
|[[ヨイバナ>名簿/479351]]|この女の中には真祖にも等しい者が眠っている…ただの娼婦と侮っていたのは間違いか|
//血を飲ませるの成功。吸血鬼的なイベントは結構やった気がする
|[[セメテリー>名簿/479328]]|忌々しい兄に似ている。やはり野蛮な頭しか持たない者はいかに力があっても滅びるのだよ|
//ヴラディ個人的には嫌いな相手。終止敵対は避けつつ見事ヴェイルを利用した形になった…?
|[[パルフェ>名簿/472328]]|夜の領域に足を踏み入れてくるがいい。背徳と快楽の世界へ招待しよう|
//ちょっと揺さぶったら思いの外曇っちゃって可愛いなぁ!
|[[ラフィット>名簿/479020]]|人間社会の獅子身中の虫として非常に有益。出来れば盟友の関係を築きたい|
//牧場主だったり、何気にヴラディと考えが似てるかもしれない
|[[アナスタシア>名簿/479884]]|血が嫌いな彼女は、吸血鬼という種が如何に惰弱になっているかを体現しているのかもしれない…|
//名簿/478970 帰ってきてた。飲んだくれねーちゃんのノリにはヴラディもたじたじである
|[[エデュー>名簿/478897]]|「共食い」の名は聞き及んでいる。敵対は避けたいが……何か策を講じる必要がある|
//こういうのに突っかかられないとなかなかヴラディは戦わない気もする。でもグレイスワンダーまじ怖いころされる
|[[エンドワード>名簿/479276]]|真新しき真祖の姫。自身と同等の存在であり、それでいて血が無ければ生きられない儚さと若さに惹かれる|
//なうなう。何気に 血が好き&真祖&ロリ でヴラディの好み3要素バッチリだ…
|[[スットン>名簿/475233]]|頭の回転は速そうだ、良き関係を結びたい。これでヴァンパイアとしての血が濃ければ…惜しい|
//血が薄い点を除けばヴラディの中で評価は高い
|[[ミリア>名簿/479048]]|最低限吸血鬼としての自覚はあるが、人間の情を捨て切れない小娘。折角得た力も持ち腐れか|
//可愛いなこのダメダメ吸血鬼…
|[[ツァトル>名簿/479319]]|強欲なハンターめが。その分不相応な欲望を抱きながら闇へ堕ちろ|
//こういう夢見る少年をどん底に堕としたいよね!…え、駄目? はい…
|[[ヴェイル>名簿/479552]]|吸血鬼の力を与えてやったが…予想通り長くは無かったな。しかしお前の同族は私が有効活用してやる|
//まさか吸血鬼にしてくれ!なんて対価を求めてくるとはね…! 予想外だったのであの流れは全てアドリブです
|[[シックス>名簿/479402]]|かなりの長命らしい。魔術に相当年月を費やしたようでその知識量は尋常じゃない…思わぬ逸材だ|
//いつ面倒な人が発動するんだろう…何気に強キャラで今後期待
|[[ワード>名簿/479062]]|ギャンブル好き。常連になってもらうのは当然として、あの手下の層の厚さ…侮ってはならないな|
//最初女の子かと思ってた…あぶねー
|[[ジュネ>名簿/477840]]|新生者でありながら吸血鬼の有り方を理解している聡い少女。初心な今の内から交友を深めたいと考える|
//ヴラディッサこういう将来有望な吸血鬼好きよ。あと新生者って単語便利だから使わせてもらう
|[[カウェント>名簿/412260]]|この街に長く居ついていると聞き及ぶ赤い狩人。狂犬ではなかったが破天荒な気質…さてどう出るか|
//来たか戦闘卿…! でもヴラディは出し惜しみ路線なので申し訳なく思いつつ回避回避
|[[メリア>名簿/479584]]|夜の種としての生に絶望しているのか、愚かな人間臭が抜けない女。半端者だな…|
//死にたいらしいけどどうすれば殺せるかな…自我無くせば実質死んだことになるかな…
|[[デジレ>名簿/478998]]|美であり、美味でもある。だが何やら下品な馬を連れているな…まさにじゃじゃ馬か|
//ツンキャラが好きという理由だけで遊びに行ってしまい、今は反省している
|[[ストリガ>名簿/479175]]|ストリガという鳥人の種族か。性質的には血を吸う魔女…魔女にしてはあまり知的な印象がないな…|
//めっちゃ失礼なこと考えてるなヴラ公… なんか重そうな設定の割に、軽い!さすがフェザー級
|[[ハスチェ>名簿/478971]]|ハンターに名を連ねているが野蛮には走らない同胞。血は薄いが品性は十分有している|
//本日の虚勢可愛い枠。内面を殆ど見せない安売りしない姿勢、好きですな
|[[デッド>名簿/480301]]|醜い巨躯…しかし見た目に反して知性は持っており、吸血鬼としての気品も順調に学んでいるようだ|
//本日のギャップ枠。見た目怖すぎで夜トイレに行けなくなります
|[[ファラ>名簿/479550]]|詳細は不明ながらもファラリスが由緒ある旧家というのが分かった。人間が作った銃器を扱う聡明な同胞|
//ヴラ公が好きな頭のいい同胞。しかも多分真祖系。銃器に興味が湧いたかも
|[[メイヘム>名簿/478353]]|数々の同胞を葬ったハンター。私の手駒を執念だけで倒した点は評価してやるが…醜悪な生き様だ|
//会話した吸血鬼は公式で死ぬ!そんなジンクスまであるしこえーなにこの化け物

~
~
**下僕とか他の種族に対するスタンスとか [#x199e723]

-''下僕''(※基本的に吸血行為による支配ではなく、せいぜい魅了の魔眼での支配まで)
--''人間'':カジノ前に立っているバウンサーなど一部を除いて、主にワイン役
--''魔族'':たまにいる頭の悪い魔族に限っては見下して利用。人間よりはいい扱いだけど
--''獣人'':頭の悪い獣人を上手く騙し、たくさん下僕にしている。特に人狼が多い
--''蜥蜴人'':リザードマンとか。ほぼ獣人と同じ扱い…
--''淫魔'':魔族の中でも特にサキュバスとか。エロいのでセフレ感覚で飼う
--''樹精'':ドリアードとかトレントとかアルラウネとかマンドレイク的な木~
女性型の樹精マジ可愛いから飼う。しかも賢いし人間を触手プレイも出来る
~

-''客として''
--''人間'':ホイホイやってきた人間は捕まえてワイン樽にしちゃう~
え?ハンター?聖職者? うーん…強そうなら門前払いで。しつこく来たら殺そうか
--''吸血鬼'':カムカムうぇるか〜むっ!な感じで大歓迎。見下すことは殆どない…ハズ
--''魔族'':賢い者が多いので同胞ではないが友達扱い。カジノの客として丁重に扱う~
--''獣人'':賢い者が少ないので見下している。賢い獣人だったらちゃんと客扱いする
--''蜥蜴人'':獣人と同じく
--''エルフ'':エルフの血うめー!肉もうめー!しかも美しー!~
何こいつら、吸ってより食ってよし飼ってよしで最高じゃん!~
でも人間みたいにホイホイ来ないのでもし来たら柄にもなく必死になるかも
--''魔女'':美しい…でも大抵賢いから捕まえるの無理。それに血は何故か美味しくないから来たら視姦するだけ~
有用な取り引きを持ちかけてくることが多いので商売相手として扱う
--''竜族'':竜ソノモノとか竜人とか…ちょっと手に余る。慎重に対処する。馬鹿なら利用~
でも大抵獣人みたいに馬鹿でもなければ、魔女のように取り引きも持ってこない…使えねぇ
--''天使'':不倶戴天の怨敵。油断させてころころする! え?戦う意思は無い?~
ふーん……そうですか。でも天使とか信用できないので警戒は解かない

~
~
~
***込み入った話はVIPルームへどうぞ… [#o3a158cb]
 //下僕にされたい物好きさんとか来てもいい。自由とはそういうものだ
//恋愛スイッチ OFN 鬼畜外道だ
//戦闘スイッチ ON いつかはやる(手荒は嫌いなのでエンカウント数少ない段階では避けがち)
//文通スイッチ ON する
//エロールスイッチ ONF 暗転ならいつでもOK。込み入ったものは要相談
//吸血スイッチ ON 下手なエロールよりエロくしてもいい…!
//支配スイッチ ON こんな腐れ外道の下僕になりたいとかとんだドM
//ガチ死にスイッチ OFF やってたら設定が浮かんできたので今後その内吸血鬼王国とか作る 
//引きこもりスイッチ OFF 何故支配人がこんなに営業に走っているのか…!
//シリアススイッチ ON むしろネタの流れに乗れるか不安不安
//溜まり場参加スイッチ ON 疲れたらやめる程度にはOFF

// 退治ENDはなくなりました。でも最終的に街からカジノは撤退する



//23日夜か24日にでも伺います 24が休みなんですよねーえへー
//時間とか大丈夫でしょうか?(メイヘム)

// 今気付いた多分オッケーです 20時とかだとまだ霊圧ないかもしれない

//中の人が先に死ぬぞー!!
//ごめんね 実は急にギックリ腰をやってしまってねぇ!(へむへむ)

// お大事に、過ぎる…… コイツどうやったら殺せるんだろうと思ってた人狼を見事に殺してくれた!最高だぜ!!
// 〆とか必要なら明日ですかねーっと

//もうちょっとだけがんばぶぞー! ほんとどうやったら死ぬのか考えてた 銀は効かないんだろうなぁと思いつつやってみた
//ほんとに効かなくて吹いたよ!

// ご期待に応えられたようでなによりです(ニコッ)
// 銀の毛が生えてたり銀のコインを商売道具にしてる人には当然銀も効かないんやな…

//ありがとうヴラちゃん 愛してるよー またいつか遊んでね

// 銀狼さんが嫉妬するな…殺し愛担当だから
// カジノごとイリュージョンしてお終い。メイヘムさん朝チュンの巻…ありがとうございましたー