[[ZS/0019]]

-&COLOR(#a0522d){ん〜〜〜……何か、すっごい久々な気がする&br;さて、皆にお礼を言いに行く時間はあるかなぁーっと。ね、アカリ?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-18 (日) 00:57:30};
-  --  &new{2023-06-18 (日) 00:45:58};
--''霧島悠里の元に差出人不明の封筒がひとつ&br; 中身は以前この世界に居た[[少年>ZS/0422]]と共に撮った写真。それ一枚きりだけが入っていた'' --  &new{2023-06-18 (日) 19:22:29};
-  --  &new{2023-06-18 (日) 00:45:55};
-  --  &new{2023-06-18 (日) 00:45:52};
-&COLOR(#a0522d){ここには居ない誰かは、この一年間を有意義に過ごした自信は無かった&br;それでも、人々と縁を結び、絆を育み、時に笑い、時に泣き、素晴らしき仲間たちと大切な時間を過ごしたことは確かだ&br;存在が消え失せようとも、この学校の至る所に、各々の心の隅に、彼女の痕跡は残っているだろう&br;部活動の際に残した様々な書類やメモ、交わした約束、仲間と撮った写真―&br;それらを持つ者がもしいるのなら、想いを馳せてみるのもいいだろう&br;今は居ない誰かに届くかは、霧に阻まれ定かではないが―}; --  &new{2023-06-15 (木) 00:56:36};
--(「デザート甲子園」で特別賞を受賞した、桃のコンポート。あれから幾度か作りはしたが、要である桃が希少品ともあり機会は少なかった)&br; (ある時なぜだか無性にまた作りたくなり、桃を手に入れ自宅で桃のコンポートを作る。折角ならばと以前のレシピに加え、何か一工夫を入れたくなった)&br; (そうして思案するも、どうにも上手くまとまらない。そんな時、ふと、思った。あの子が、居たなら)&br; (大会に出す最終形、その試食を協力してもらった時の事を思い出した。迷っていたけど、あの子に、食べてもらったから、決心がついた)&br; (あの子に、聞きたい。誰だろう?分からない。でも、あの子に、食べてもらって、感想を聞きたいのだ。あの子に。強く、そう思った) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-06-15 (木) 01:12:41};
---(深い山の中ゴキ、ゴキ、ゴキ、ゴキ、ゴキ、何かが潰れていく音がする。)&br;(相手を喰らわんと飛び付いた巨大な山犬の化性から天狗が影を奪った結果山犬の怪は自然と影の無い真円となろうとしたからだ。)&br;(絶命したそれを天狗はひょいと持ち上げれば己の青黒い体へと沈めてしまう)&br;夢幻泡影という言葉がある、この世は夢幻の如くに儚いものの例えだよ。&br;どれほど追い求めてもいずれは失ってしまうのが世の常だ、こればかりはこの山犬の怪の様にどうしようもない。&br;だが本当にそうかな?積み上げる事は果たして無意味なのか?生きる事に意味は無いのか?&br;それを決めるのは君が歩いた道筋だ、どれだけこの世が無常で在ろうとも君が積み上げた時間が奪い去られる事は無い。&br;君は一度もそこで私に助けてとも名を叫ぶ事もしなかったね。偉い子だ、私が殺せばこの展開は訪れなかった。&br;   君、もう一度言おう。敵は追い詰められているぞ、正体を現した怪異程弱々しいものはない。 -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-06-15 (木) 01:40:32};
---ああ ああ こんなんあったなぁ&br; (互助部の片付け中に見つけた一つのボード)&br; 懐かしいわぁ 楽しかったなぁ学校祭ぃ&br; これぇ 来年もまたやろうやぁ?&br; 互助部の みんな でなぁ&br; (互助部で催された[[『一言お悩み相談室』お悩みボード>ZS/学校祭・互助部『一言お悩み相談室』]])&br; (数あるお悩み相談の中には)&br; (とある少女の小さな小さなお悩みも)&br; (しっかりと刻まれている) -- [[片刃>ZS/0013]] &new{2023-06-15 (木) 03:23:28};
---ぬあああああああ!!!yuuriのやろう軽装に変えてもローリングが下手すぎるんぬううううう!!!!!(自宅でゲームちうのバカは己のスキルから目をそらしてキャラに文句を言った!)&br;……つーかなんでこんな名前にしたんだっけな?(ふと、疑問に思った。俺はいつでも入力の速さを考慮した名前か、あるいは本名プレイ派のはず…なんなら女性プレイもあまりしないし)&br;(でもなぜか、このゲームだけは女性キャラで。明るい茶髪のセミロングにくりっとした瞳。そして小柄な体格と、造形も妙にこだわっていて)&br;ううん……?(なんか。さっきまで何も気にせずばしばし打刀振り回してたyuuriが。なんか気になった)&br;(でもエドワードくんは物事を深く考えないやつなので)まぁいいや!次こそあのクソうざ二体湧きガーゴイルをぶちのめすぞyuuri!(違和感を気にせずゲームに集中することにした)&br;(だって誰かと約束したからな!「プレイ中めっちゃお前のこと考えながらやってやる」って!)ぬおおおお何回やってもyuuriが二体目にやられるんぬうううう!!!(…まぁ、考えてるうちには入るんじゃないかな。たぶん) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-15 (木) 03:58:09};
---(十日菊舞華は真剣に考えている)&br;(「どうすれば、あの子に合法的に[[サキュバシーなコスプレをして貰えるでしょうか>ロダ:090214.png]]?」と)&br;(それは互助部員たちが学園祭の出し物を真剣に話し合っていた時、十日菊先生が冗談めかして言った…妄想上の姿。非実在のイメージ)&br;(十日菊舞華は今、そんな“存在しない”イメージに思いを馳せている)&br;(けれど十日菊舞華は本気だった。本気で着てほしかった。っていうか、今でも着てほしいと思っているのは前述のとおりなのだ)&br;(理由はシンプル。似合うと思うから。あの子の魅力を最大限に引き出せると思うから。そうすれば、あの子のことを…みんなが見てくれるだろうから)&br;(つまり…世間一般の基準からすると相当歪んではいるものの…十日菊舞華なりにあの子のことを考えての提案だったのだ。本当に歪んでいるが…)&br;(そして………思案の末、十日菊舞華が出した結論もまたシンプルだった)&br;(「明日、あの子に会って頼んでみましょう!」)&br;(会って、言葉や行動で示さなくちゃ、想いは伝わらないのだから。そのために、あの子に会いに行こう、と) -- [[舞華>ZS/0010]] &new{2023-06-15 (木) 05:45:52};
---(毎週会う義妹と封筒を交換して・・・ふと疑問に思う)・・・なんで、こんな事してるんだっけ?&br;(そう問えば義妹・・・霧島悠里の事をそもそも知らない彼女は不服そうな顔をして「かなちゃんがやろうって言ったんだよ」と答え、封筒の裏を見せてくる・・・『忘れたのなら開け』そう書かれていた)&br;&br;(二枚の封筒の内、薄い方を開く・・・中身は)クロスワード・・・?&br;(訳が分からない・・・疑問に思いつつも義妹に促され、解いていく)[キ]ッス・・・ア[リ]ーデヴェルチ・・・エシディ[シ]・・[マ]ンダム・・・&br; (霧窓に囚われれば、霧島悠里に関わる情報は消えてしまう・・・だからかなえは、「霧島悠里」の情報を残すのではなく、消えた後に作らせることにした)&br;「キリシマユウリ」・・・?なんだこれ・・・(同姓同名の人間だっている筈だ、音の連なりそのものが消滅する事はない)&br;&br;(もう一つの方は?と厚い方を開き・・・)うわ!?&br;(出てくる小さな、大量の紙に驚く・・・それぞれの紙には、すべて別々の文章が書かれていた)&br;クイズ・・か?(「瑞祥高校一年一組女子の名前は?七文字」・・・「互助部に所属する生徒の名前は?七文字」・・・「ハナマルをくれた人の名前は?七文字」)&br;なんだよ・・・クイズになってねぇ‥該当者が多すぎるだろ&br; (情報はすべて別々の紙に記されているうえ、該当者が多く、これら一枚一枚それぞれでは特定の人物には結びつかない)&br;(そこで義妹が不思議そうに問うてくる、「全部七文字だよ?」と「これ、全部この人の事じゃないの?」とキリシマユウリを指してくる)&br;いや、それは…ただの状況から来る推測・・・だろ(「無関係なのに、二つの封筒がセットだったの?」と重ねて問われれば答えられない)&br;(ついには「今日のかなちゃんはなんかおかしい」と言われてしまう始末だ)アタシは・・・何を忘れているんだ・・・?&br;(いつもだったら当然のように結びつけられることを、無意識に拒否させられている・・・)ごめん唯・・・行かなきゃ・・(義妹に謝り、足早に休日の学校へ向かう)&br;&br;(互助部の部室を探し回る)なんだ・・・アタシは何を忘れている!?&br;(学園祭の記録を見つける・・・自分が回答して、ハナマルを貰った相談・・・これは・・・)誰が出した相談だ&br;(写真を見る、みんなで撮った・・・みんないたはずだ)なんだよ・・なんでここ空いてるんだ・・・&br;(名簿を見る・・・謎の空白・・・まるでそこには何かが書かれていたのだと示す様な七つの丸)・・・七つ・・七文字・・・「キリシマユウリ」・・・&br;(一人一人、メンバーの名前と顔、活動の様子を振り返っていく・・・そう・・・そこには確かに・・・もう一人、誰かがいたはずだ・・・強く、強く思い出そうとする) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-15 (木) 19:24:35};
---(自宅でアクセサリケースを整理していてはたと気付く) &br;(ピアスが一つ足りない。この間の魃の一件で失ったものを計算に入れても) &br;(気に入って大事にしていたはずのものが、一つだけ足りない) &br;(そうして、頭を巡らせるうちに気付いた) &br;(あれは上げたのだ。お守りとして、あの頑張り屋の少女に) &br;(そして、こうして思い出しているということは、今彼女は戦っている、ということなのだ) &br;(その記憶を呼び覚ます楔として、契機として、確かにあのピアスは機能した) &br;お前抜きでイタリアなんて、企画倒れもいいところだろ。 &br;(想起する。互助部での思い出の数々を。始まりから間も無くして出会ったあの少女の存在を) &br;居なくなられると悲しいからさ。 
&br;怪異なんかに負けてくれるなよ。 &br;(いつか言った言葉を繰り返す。拳を何処へとも知れず突き出して) &br;がんばれ、   。 &br;(少女の名前。思い出せないはずのその名前を、確かに自分は口にした) -- [[樒>ZS/0009]] &new{2023-06-15 (木) 19:30:59};
---あれ、この写真……クラスで撮影したやつ……&br;(知らない子が映ってる…でも、なんか…覚えてる、ような……)&br;クラスメイトなのに、不思議だな……覚えてないはず………ないのにな。&br;(心にある空隙の形、それは確かに彼女を描き出していた) -- [[千歌>ZS/0001]] &new{2023-06-15 (木) 20:23:23};
---(それは「茶畑の庵」で接客していてどちらかというと珍しい客層のJKが来た時であったり)&br;うーん最近  ちゃん見ないな…? …? っと。いらっしゃいませ……&br;&br;(つばさの家の修学旅行で体験したピザ作りの技能を磨くためにピザ窯を使っている時であったり)&br;いい加減家族とつばさ以外にも振る舞ってみたい気がするんだが…ん?&br;(そうだったか? 知り合いに…後輩に振る舞ったことはなかったか?)&br;……(思案する)&br;……何か引っかかるな……誰かに食わせたはずだし感想も聞いたはずなんだが……&br;記憶の齟齬が気になるな、なんだろうな…アレでも見てみるか。&br;(誰かを忘れてしまっている。そう思った灯華はかたっぱしから自分で和菓子を割引した相手のリストを漁る事になった。誰に何をどれだけ割り引いたか。名前と品名と割引率が書いてある。)&br;(その中に、忘れてしまった誰かの名前もあるだろう。) -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-06-15 (木) 20:48:01};
---(三学期の終業式の後)&br;(この日を限りに瑞祥高校を去る菫は、1年1組の教室の掃除を行ったのだが)&br;(その際、主のない席が二つある事に気が付いた)&br;(ひとつは花が飾られた席。入院生活の末に命を落とした生徒の席)&br;(もうひとつは――)&br;誰の…だっけ…?&br;(思いだせずにうーん?と唸る)&br;(菫はある役目を負っていた事情もあり、自分から人に関わる事を控えていた)&br;(ゆえに、言葉を交わした事のないクラスメイトも結構多いのだが)&br;(名前も顔も思いだせないほど薄情ではない)&br;(それに、この思いだせないという事象に違和感を感じるのだ)&br;(怪異や異能者に接した時と同じ、奇妙な違和感を)&br;(だとすれば…)&br;忘れ、させられている…のかな?&br;(菫はそう結論付ける)&br;(ならば思いだすべきだろう)&br;(怪異事件の予兆、嫌な気配を感じるというのもあるが)&br;(この1年、はじめての学校の思い出に謎の欠落があるのも気にいらない)&br;(思いだしたとして、それで何がどうなるのかは分からないけれど)&br;うむむむむ…。思いだせ、思いだせ…。&br;(その夜、山に入り、滝に打たれながら集中すること数時間)&br;(ぼんやりと、うっすらとしたイメージだけが頭の中に形作られる)&br;(異様に個性派の揃った1−1の中では控えめだけど…)&br;(小柄だけど…元気のいい…)&br;(そのまま集中力を高め、トランス状態に入る)&br;(我を忘れてただ細い細い記憶の糸を、薄く儚い縁の糸を辿る)&br;(それだけに意識を集め)&br;(やがて思いだすのはあの印象的な黒く大きな瞳と)&br;――き…り…&br;(名の響きだ) -- [[菫>ZS/0008]] &new{2023-06-15 (木) 20:49:30};
---(ゲームソフトの棚に空きがあるとゲーム開発部の元副部長、現部長のまき(NPC)から連絡があって首を傾げる)え、貸出システムのバグ……?&br; そんなばかな、今まで問題なかったんだし じゃあソフトはどこに行っちゃったんだろ&br; (ピザを作るまではあったような、ピザってなんだよ なんでピザ?)&br; うーん……?(抜けているのはファイナルファンタジアのナンバリングタイトルやテイルズシリーズの一部)&br; これらがないってことは誰かにゲームを布教していたとしか思えないんだけど&br; (なんで思い出せないんだろう? 大事なことを忘れるはずがないのに) …………うううーーーん……多分後輩だよね&br; (胸がざわつく 過去のゲームソフト貸出履歴を眺め、空白になっている個所を見つめた) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-06-15 (木) 21:13:31};
---(静かな図書準備室で、一年間の貸し出しデータから統計資料を作成中……)&br;(スクロールしていった画面の中に違和感を覚えた。削除フラグの立った、何の変哲もない一つのデータ)&br;(一年生の最初の方に図書室の利用法についての授業がある為、全校生徒の顔と名前は記憶している)&br;(だが、このデータにある名前と顔が一致しない──というよりも見覚えのない名前、思い浮かばない顔)&br;('''''──削除予定の一年生──''''')&br;(これは《異常》だ。ここで気が付かなければ、次のデータの更新時に完全に消えてしまっていただろう)&br;(あらゆる死から縁遠い、エンシェントエルフにして魔女である自分にとって、情報的死である忘却等まずあり得ず)&br;(また、忘却の魔術も存在するがそれを自身に使う様な事は、生徒に関してならば殊更にあり得ないと胸を張って言える)&br;(──で、あればこれは、何者かの干渉という事だ)&br;(温厚、柔和、おっとりを絵に描いた様な女の柳眉が逆立った)&br;(普段、生徒には極力干渉しない様にしているが、これは)……気に入らないわ、ね。&br;(削除フラグを外して)&br;(決して多くはないデータを目で、口で、何度も読み返して)&br;(頭の中の朧気な姿に何度も輪郭を重ねて、か細い糸を手繰り寄せていった) -- [[司書のお姉さん>ZS/1423]] &new{2023-06-15 (木) 21:41:51};
---(霧人の自宅、引っ越し前の様に殆ど物が置かれていない殺風景な部屋部屋の中)&br; (唯一、未だ物が置かれた霧人の部屋。その机に向かって座る霧人から奇妙な声が発せられた)&br; ・・・あれ?(映研や互助部、様々な面々と写った写真の中に見慣れない人物を見つけ手を止める)&br; (『ここ』を立ち去る前に友人たる彼等に送る為に現像したはずの写真)&br; (その中に知らない人物が写っていた。その違和感に手を止め、記憶を辿る。・・・が、覚えた物を忘れないはずの霧人の記憶に一向に引っかからない)&br; (『おかしい。どう考えたって不自然だ。知り合いで無ければ自撮りでツーショットを撮る訳がない』)&br; (以前に記憶を弄られた事のある霧人は、再度弄られたのだろうかと疑いを持ち写真を見やる。そこには小柄で可愛げのある活発そうな少女が霧人と一緒に写っていた)&br; (『きっと気が合うのだろうな』少女の横で笑って写っている自分の姿を見てそんな感想を抱き微笑み)&br; ごめんな、君の事忘れちゃって…今から思い出すよ…(申し訳なさそうに呟くと、霧人の髪の一部が徐々に白く変色していく)&br; …ああ、そうだ…君の名前は… -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-15 (木) 23:29:46};
---(京都大学医学部附属病院の一室にて。)&br; (この日水内野乃香の病室を訪れていたうずは、彼女の気を紛らわすために教科書を持ち込んだ)&br; (もうすぐ学年も変わる、そうすればこの英語の教科書も一線を退くことになる。)&br; 「うず、ここらへんのページだけ書き込みが無いね」&br; (野乃香が不意に指摘する。確かにうずは教科書を使い潰すタイプであったが、その数頁だけは全く書き込みがない。)&br; ん、あーそこらへんはね、ちょっと教科書忘れてきちゃって。誰かから借りたんだよ。&br; ……えーと…あれ?&br; (しかし、幾ら集中しても、思考を巡らせても思い出せない。)&br; (その近くであったスポーツ大会の対戦相手すら浮かぶと言うのに、その名と顔が…脳裏から消えてしまっている)&br; ……。&br; (確かに居たはずだ。英語の教科書を貸してくれた人物が)&br; (学校祭のお悩みボードに3曲もチョイスしてくれた人物が 居たはずなのだ。)&br; (妙な不安に駆られ、スマホに登録されたミュージックリストを見る)&br; (確か教えてくれた人物の名前でリストを作っていたはず。そこに書かれていた名前は…) -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-06-16 (金) 20:46:38};
- --  &new{2023-06-13 (火) 23:53:52};
- --  &new{2023-06-13 (火) 23:53:50};
- --  &new{2023-06-13 (火) 23:53:46};
-(とある日。教室で。新作のフルーツタルトなどをおあがりよしながら)そう言えばユウリちゃん、イタリアリベンジは、これそう? -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-06-12 (月) 23:09:53};
--&COLOR(#a0522d){(差し出されたフルーツタルトをもそもそ食べる。ここ最近の悠里はどうにも上の空だ)&br;んぇ?ぁ、あー……そっか、そういえばそうだったね。あー…私言い出しっぺじゃん&br;(言われて思い出した。は、と目が覚めたかのように目を見開いて、気まずそうな顔)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-12 (月) 23:36:03};
---(大丈夫なのだろうか、と思う。クラスで見る彼女の雰囲気はどこかふわふわしていている。タルトを食べている様も、また、だ) &br;手配なんかは樒先輩か舞華先生がぶあーってやってくれちゃいそうだからいけるだろうけど……うーん…(彼女の様子を伺う。やはり様子が変だ)// -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-06-12 (月) 23:47:36};
---&COLOR(#a0522d){あー…っと。ごめん、ちょっと最近立て込んでてさ。問題が旅行までに片付くかちょーっち怪しいんだよね&br;(ばつの悪そうな顔。頬を掻きながら言葉を続ける)&br;だからさ、もしも私が間に合わなかったら、みんなで行ってきてよ!その時は私宛のおみあげ、いーっぱいお願いします!//}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-12 (月) 23:53:18};
---そっかぁ……(とても残念そうな顔をする。彼女も揃ったイタリア旅行を楽しみにしていたのだが)…うん、でも仕方ないね。&br; 問題が解決したら…その時にまた。イタリアは大変かもだから…そうだね、温泉なんてのも、いいかもね(と微笑みを)&br; (恐らくは霧窓絡みであろう、問題。しかし情報が秘匿されているのか、あの後何度調べ直しても謎のままだった。自身に打てる手はない)&br; もっちろん!本場のサラミをたーんまり買ってきてあげるよ!…あ、それとね。霧人がなんか頑張っててさ。旅行を動画配信できるようにしたんだって。 -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-06-13 (火) 00:01:53};
---&COLOR(#a0522d){えへへ。キミちゃんは優しいなぁ…。いつもありがとね&br;(自分を気遣うキミの言葉ににへ、と口元を緩ませた)&br;動画配信…?へぇ、なんか面白そうだね!ふふ、もし行けなかったらそっちで参加させてもらおうかなぁ…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-13 (火) 00:09:07};
---あはは、そんな礼を言われるようなことじゃないよ。ほら、私達…互助部の、仲間でしょ?&br; (もっしもっしタルトを食べながら笑って言う。こいつリスみたいになってる。そうしてスマホを取り出してぺん、とトークを送る)&br;これがそのアドレス。霧人大明神様にありがたーく感謝しながら見れそうなら見るといいでしょー。…それで、ちなみにさ…───&br; (タルトの感想などを問う白髪の少女。時は放課後。なんでも無いような時間が…夕焼けの光の中で過ぎていったことだろう) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-06-13 (火) 00:21:04};
---&COLOR(#a0522d){―うん、仲間だもんね(キミの言葉を噛み締めるように繰り返して、嬉し気に微笑んだ)&br;おぉ、これが…こりゃキリちゃんには足向けて寝られないねぇ。キリちゃんちどっちか知らないけどねー&br;(何でもない楽しい時間は、胸中の不安を紛らわせてくれる。束の間ではあったが、いつもと変わらぬ放課後を楽しんだとかなんとか)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-13 (火) 00:48:01};
-  --  &new{2023-06-11 (日) 23:08:28};
-  --  &new{2023-06-11 (日) 23:08:25};
-  --  &new{2023-06-11 (日) 23:08:23};
-・・・ん?なんか見ない間に垢抜けた?ユウちゃん(学校で見かけて何とはなしに声をかける) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-10 (土) 01:00:22};
--&COLOR(#a0522d){およ?そうかなぁ。暫く向こうの世界に居たからなー…向こうで何したってわけでもないんだけどね&br;男子が三日合わない間に変わるんだし、女子も2か月弱居ないと変わるとか、そういうアレなのかな??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-10 (土) 23:36:21};
---そんなもんかぁ…いや、そんなもんなんだな、多分。俺少しは変わったかな?どう思うユウちゃん?&br; あ、それはそれとして、ちょっとこっち来てくれますかね(手招きして) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-10 (土) 23:54:05};
---&COLOR(#a0522d){んー…何か落ち着きが出た、かな?頼りがいが出たっていうかなんて言うか。何だろね、ちょっと逞しくなった?&br;(漠然とした感想を自分でもうまくつかみかねているようで首を傾げつつ)&br;ん、何々。何か大事な話?(特に疑うこともなく、素直についていく)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 00:15:30};
---あ〜…確かに体格は色々あって変わりましたが、頼りがいねぇ…ん?以前はなかったって事?!酷くね?!&br; (霧島の傍に寄るとスマホを掲げてパシャリ)・・・ん、OK(自撮りツーショットを取って満足げに)&br; ユウちゃんの携帯にも送っておくな〜?(LINEでパパッと画像を送る) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-11 (日) 00:18:10};
---&COLOR(#a0522d){あーいやいや、以前はさ、どっちかっていうと友達感覚が強くてね?今は何かこう…寄りかかれるぐらい、背中がおっきくみえるなーって&br;??何々、どしたの急に。私とのツーショットなんて別に嬉しくもないだろうにのう…(ぴろん、と通知音。スマホを見ればほんとに送られてきているではないか)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 01:02:57};
--- ん〜…ちょっとした思い出作り…何れ写真にして送るよ、これ(にこやかに笑って画像を見ていたが、霧島の発言で)&br;なるほど、背中が大きくねぇ…なるほど…………?!(「寄りかかれるってそれつまり男として見テル的なアレ?!?!」動揺してなんか動きがぎこちなくなる)&br; ・・・・・・ア〜…ほら、俺、今彼女居るし?ま、まあ〜頼りがいは出たのかもしれないですが、それはそれでちょっと困りますね…アハハハ(思い切り勘違いする奴) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-11 (日) 01:28:50};
---&COLOR(#a0522d){??よく分かんないけど、まぁ貰えるものは貰っとこうかな!(真意を測りかね首を傾げるも、気にしないことにした)&br;へ?彼女?うっそいつの間に!?うーわー!マジかマジか!!っていうかそういう意味では!なくてですね!(ばしんばしんと背中を叩く)&br;ってかてか、相手は誰なの!?何それ何それ全然知らなかったんだけど!(滅茶苦茶に食いつく。女子高生はコイバナが好物なのだ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 01:37:44};
---・・・藪蛇だコレ?!!イデデデ!!ちょ、強いぞ!!(『しまった』顔をしてたら背中を叩かれ飛びのく)&br; …え〜…言うの?ただ単に好奇心だけで聞きたいだけじゃんそれ…(ジト目)&br; 言ってもいいけどさぁ…変わりにユウちゃんの好きな奴を教えてくれたら教えるわ(言いたくないのか、そういって胡麻化す) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-11 (日) 02:00:40};
---&COLOR(#a0522d){そりゃ好奇心100%だよそんなもん!(開き直った)だって気になるじゃーん!馴れ初めとかぁ、告白の言葉とかぁ、二人の時はどんなことするのかーとかぁ&br;(ウキウキと肩を揺らしながら指折り数えて楽し気である)&br;えぇー……なーにぃそれ。そんじゃ私に好きな人居ないーなんていったらそれで終わりじゃん!&br;ぶーぶー!不公平だー!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 02:04:09};
--- 不公平じゃなくね?!むしろ今の現状の方が不公平じゃん!!?何言ってんのこの子?!&br; 色恋沙汰大好きな女子高生の話のネタにされるのはごめんだから帰るぞ俺は!(足早に帰ってった) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-06-11 (日) 03:40:00};
---&COLOR(#a0522d){あー逃げたー!!くそっ、次の機会にはぜーったい聞き出してやるー!(去っていく背中に手を振りつつ)&br;―好きな人、かぁ。居ないわけじゃない…けどね。うん}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 23:05:27};
-(ユウリを見て頭に手を当てる・・・すごく・・すっごく悔いている声で)おかえり・・・(全く察知できねぇし思い出せねぇなってなってる) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-06 (火) 23:43:38};
--&COLOR(#a0522d){…へへ、ただいま、ですよ。(対照的に何だか嬉しそうだ)&br;別に気にしないでください。こうして帰ってこられて、そしたら、声を掛けてくれる。それだけでいいんですからねー}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:47:01};
---・・・うん(難しそうな顔で頭を掻くと、申し訳なさげに撫でる)&br;なんていうか・・・よくなる兆しとかないか? -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-06 (火) 23:59:06};
---&COLOR(#a0522d){んー…あると言えばありますけど、それによって状況が悪化したとも…言えますかね?&br;(撫でられて気持ちよさそうに目を細めつつ首を傾げる)私の日々の努力で、こっちの世界との結びつきは強まったんですけど、そのおかげで向こうも本気を出してきたというかー…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-07 (水) 00:02:52};
---本気を出してきた・・・相手に余裕がなくなってきたんならそれは良い方向だけど・・・ユウリの負担は大きそうだなそれ&br;こっちから能動的に引っ張れりゃぁいいのに&br;・・・因みに、本気ってどんな感じになるのさ? -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-07 (水) 00:08:05};
---&COLOR(#a0522d){えーっと。まず、こんだけ長い間向こうに捕らわれてたのが初めて、ってのとー…&br;今回、初めて向こう側で目が覚めたんですよ。多分…無理やり向こう側への結びつきを強められた結果かな、とは思うんですけど…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-07 (水) 00:15:39};
---//(ごめんねっ寝落ちてたよ!明日は頑張る!文通スイッチぽちー) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-07 (水) 00:44:10};
---&COLOR(#a0522d){(//夜遅いからね…おやすみー!)}; --  &new{2023-06-07 (水) 01:10:40};
---向こう側で・・・?向こうとの結びつきが強くなるのは良い傾向って気がしねぇな・・・&br;それで?向こう側には何があったんだ? -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-07 (水) 20:37:45};
---&COLOR(#a0522d){んー…基本的には何も無かったです。一面霧で真っ白で、自分の足元さえ見えないぐらい…深い霧&br;でも、いつしか霧が人の形になって…「こっちにおいで」って。「何で思い出してくれないの?」って…。そう、言ったんですよね}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-08 (木) 22:49:43};
---・・・語り掛けて来たのか?(それはつまり)なんか伝えたい事があるって事だな・・・&br;(「こっちにおいで」はまぁ定型文みたいなもんだが、ユウリを引き込みたがっている霧窓の目的と合致している事から、霧窓のメッセージであると考えていいだろう)&br;「何で思い出してくれないの?」・・・?(「こっちで暮らそう」だとか「お友達になろう」じゃない・・それはつまり)本当は見知った仲だったって事か・・・ -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-08 (木) 23:07:24};
---&COLOR(#a0522d){―多分、そういうことだと思います。それで、最後に―「お姉ちゃん」って。そう言ったんですよ&br;(ぐ、と拳に力が入る。呼びかけられたその言葉が意味するものは―)&br;私、全然覚えてないんです。でも、思い当たるところはあって。以前かなちゃんセンパイと話してたとき、料理の話したの…覚えてますか?&br;その時にふ、と思ったんですよ。誰かに料理を教えてた記憶はあるのに、誰に教えてたのかが、ちっともわからなくて。それは、つまり―そういうこと、ですよね}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-08 (木) 23:16:18};
---お姉ちゃん・・・ねぇ(記憶にない身内・・・バニシングツインなんて単語も浮かんだが)&br;あぁ・・確か中学の頃までは・・・どうとか・・・・・(そこまで言って、気づいてゾッとする)・・・連れていかれた、弟だか妹がいるってのか・・・!?&br;ユウリが憑りつかれて、強く引き込まれてる理由も、そういう縁が関わってるってんならわかる気もする&br;(ただ、同時に)でも・・・そいつが言ったんだよな?「こっちにおいで」って・・・(本当にユウリの身内が先に引き込まれていたのだとしても、助け出す事はひどく絶望的に思えた) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-08 (木) 23:41:17};
---&COLOR(#a0522d){―(無言で頷く。状況からたどり着ける答えはやはり自分と同じだ。積み重なり、確信へと変わりつつある不安に、顔を伏せた)&br;…うん。こっちにおいで、って。私を引き込もうとしてるのは……私が忘れてしまった、弟か、妹か…&br;でもね、エド君が言ったの。向こうがこっちに干渉してくるなら、こっちから干渉し返すのも不可能じゃない、って&br;…だから、やってみるつもりです。あの子を……忘れてしまった、居なくなってしまったあの子を、こっちに呼び戻します}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-08 (木) 23:49:45};
---(中学の頃まで誰かに料理を教えていた記憶がある、ユウリが引き込まれるようになったのも中学の頃だったと聞いた気がする)&br;(二人は同時、あるいはかなり近い時期に引き込まれて、ユウリの身内(以降X)だけが帰ってこれなかった)&br;(そのXがユウリを引き込もうとしている事から、Xは怪異と同化しているか、X自体が怪異になっている可能性が考えられた・・・後者では難しいが、前者であればまだ何とかなるかもしれない)&br;呼び戻す・・か向こうがユウリをどうやって呼びよせているのか・・・それが分かればやり様もありそうなんだけどな&br;・・・(ふと)・・・誰かは思い出せなくても、誰かに料理を教えていた記憶はあったんだよな・・・そう言った事をもっと探す必要があるかもな・・・または、何か物とか(人の存在や記憶が消えても、その痕跡までは消し切れないのではと) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-09 (金) 00:04:03};
---&COLOR(#a0522d){んー…その辺は、ちょっと心当たりがあったりもします。ほら、こうやって―(むん、と力を込めれば、虚空からずるりと謎の巨腕を呼び出した)&br;これの応用で…何とかなる気がします。この腕の正体、最初は分かってなかったけど…今なら、何となくわかりますしね&br;そんで、あの子に繋がる何かを片っ端から集めて、繋げて―あの子とも「縁」を作ります。私が何度向こうに行っても、皆との縁で帰ってこられてるように&br;私との縁で―あの子を、こっちに引きずり込んでやるんです(ふふ、と最後は冗談めかして小さく笑う)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-09 (金) 00:14:14};
---(え?なにそれ知らん・・・怖っって顔で巨腕を見つつ)&br;なるほどね・・・これはつまり、こっちに呼び寄せてた訳か&br;厄介だな、それが縁だとわかるのはユウリしかいない・・・傍から見て分かればいいんだけどな&br;(悔し気だが最後の言にはにかりと笑って)いいね、それ凄く楽しそうだ・・その綱引きには人手が要りそうな感じか?(大きなカブの寓話を想像してる) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-09 (金) 20:41:25};
---&COLOR(#a0522d){だから、準備は私一人で取り合えず頑張ります。家のこととか、色々調べて…まぁ、何とかね&br;それで、綱引きでどーしても無理だなーって思ったら、その時はお願いします&br;私から、互助部への依頼として…。出来れば、みんなに助けて欲しいなって。そう思うんですよ&br;私にはこんなにも素敵な仲間がいるんだーって。あの子に、教えてあげたくて…。}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-10 (土) 23:35:25};
---(へっと笑って)そりゃいいな?・・あぁっ存分に教えてやろう・・・こっちの方がずっといいって思えるように(うんと頷いて)&br;・・・ユウリ・・・負けるなよ?(心配そうに語りかける、縁を揃え切る前に完全に向こうに引き込まれてしまえば全てご破算になってしまうから)&br;(最後にもう一度「頑張れ」と応援し、ハグしていった) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-06-11 (日) 00:18:20};
---&COLOR(#a0522d){―はい。かなちゃんセンパイも、他の皆も、そう言ってくれてます。だから…負けません&br;全部終わったら……また、一緒に騒げたらいいなぁ。ありがとうございます、センパイ(ぺこり、と背中に向かって頭を下げた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 23:06:39};
-&COLOR(#a0522d){―あ、れ。戻って…来た?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:40:42};
--&COLOR(#a0522d){今、はー……う、わ。そんなに?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:40:57};
---&COLOR(#a0522d){……丸々二か月ぐらい、いなかったってこと?&br;いや、流石に―ちょっとへこむな}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:41:31};
---&COLOR(#a0522d){(ぐ、ぱ、と掌を握っては開き。二か月という時間を意識した途端、随分と自分の身体が重たく感じられた)&br;―はぁ。クリスマスも、お正月も。丸々すっぽかしちゃったのか&br;そうかも、とは思ってたけど……実際そうなると、やっぱきついな}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:43:18};
---1月も半ばを過ぎてございます。よっすー(まあ……教室だろうね。たまたま遊びに来てたんだろうね俺は。霧島の眼前でひらひら手をふるよ) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-06 (火) 23:44:16};
---&COLOR(#a0522d){……それにしても。お姉ちゃん、かぁ。……何のこと、だろう&br;(異界での記憶は朧気だが、最後の瞬間だけは鮮明に刻み付けられている。人影が発した言葉が―。そこに込められた縋るような感情の波が―)&br;……忘れてる何かが、あるってことだ。忘れられたくないなんて、言う前に―&br;(すべきことが、ある。そう決心して拳を強く握った)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:45:09};
---&COLOR(#a0522d){―っておわぁ!なんだなんだエド君!?びっくりしたぁ!えーっとー……久しぶり?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:46:03};
---よう、俺の操るyuuriは星砕きのラダーンに勝ったぞ(どうでもいい報告しながら手で礼する。しぴっ)&br;なんだかわからんが神隠しとやらにも進展あった感じか?そもそも俺も「お前のこと見てない気がするの思い出した」のがついさっきなんだけどさ(思い出して1組に来てみたらなんか霧島百面相してたのだ!) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-06 (火) 23:52:05};
---&COLOR(#a0522d){あれホントにやってるんだ!?ゲームの中の私はずいぶんと活躍しているようで(苦笑い)&br;あー…まぁ、進展あったのかなぁ。謎が深まったともいうけども。うーん……(首をひねり難しい顔)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-06 (火) 23:54:25};
---俺は……やるといったことは『やる』男だぜ……?(ドヤァ。なお猟犬の長牙を振り回す技量特化型らしいですどうでもいいね)&br;そこで難しい顔されると霧島事情を知らんおれにはなにがどうなっとるのかさっぱりわからんくなる。なんだよ謎って…神隠してきた本人にでも会ってきたか?(そして恨み言でも言われたか?) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-07 (水) 00:07:36};
---&COLOR(#a0522d){あー…まぁ、大体あってるかな。私さ、向こうの世界に行ってる間は基本的に意識ないんだよ&br;それが今回は意識があってね?そんで、何かこう…謎の相手と相対しまして。多分……向こうに捕らわれてる私の半身、なのかなぁって思うんだけどもね}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-07 (水) 00:14:20};
---ほう。それはひょっとしなくても素晴らしい進展なのでは?どんなだったよ向こうの世界。くそでか大剣振り回す黒い剣士がトロールの群れ薙ぎ倒したりしてた?(なんでベルセルク世界指定してんだこいつ)&br;そんで半身ときた。……あー、意識の半分そっちに持っていかれてる的な?持っていかれたっ……!ってやつ(あっ世界観変わった)&br;どんな話ししてきたんだよ向こうの霧島と。「こっちはこっちでけっこう楽しいよ」とか? -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-07 (水) 00:29:09};
---&COLOR(#a0522d){やー…そんな楽しいもんでもなかったよ。辺り一面霧で真っ白でさ。なーんにも見えないし、なーんにも聞こえないんだよね&br;意識…とはなんか別のものっぽいけど。まぁとにかく、半分向こうに居るから、私は時々向こうに連れていかれちゃうわけでね&br;話したことも…うん、なんかよく分かんない。私のこと忘れてる奴らのことなんて気にせず、こっちに来いとかなんとか…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-07 (水) 00:39:24};
---なんだそりゃ、そんな楽しくない世界に生きてんのかもう半分の霧島…(音楽も動画もゲームもない世界…だと…?)&br;もうさ、お前忘れる俺らのことよりさ、周りに誰もいないそっちの霧島こっちに連れてくればいいんじゃね?(脳カラは適当なことを言った)&br;おかしいだろだって、確かに俺達は時々霧島のこと忘れるけど、そいつはそのまっしろな世界に一人ぼっちなんだろ?霧島呼びつけるよりそいつがこっちに来るべきだろどう考えても!&br;なんならうちのラーメンごちそうしてやるわあじもない世界からこっちのうまあじを知ればいいんだ!おいそこんとこなんとかできねえのか霧島!?(ぼっち霧島と接点あるのはお前だけなんだ!) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-07 (水) 01:04:47};
---&COLOR(#a0522d){―そっか。こっちに、呼ぶ……のか(エドワードの言葉にぽん、と思わず手を打った)&br;そっかそっか、そういう考え方もアリ…かぁ(成程、と何度か頷いて)&br;ありがとエド君!なんかちょっとどうにかなるような気がしてきたよ!ふふ、こっちに呼びつけてさ、互助部の皆と仲良くなってくれたりしたらさ。……いいよね!&br;(段々調子が戻ってきたのか、いつもの明るい笑顔でぐ、とサムズアップ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-07 (水) 01:10:07};
---&COLOR(#a0522d){(//ぶんつー!)}; --  &new{2023-06-07 (水) 01:10:20};
---だろ?そもそも向こうの霧島に対して受け身で呼ばれるがままになってる現状に問題あるんだよたぶん。&br;''あっちがこっちに干渉できる以上、こっちからやり返すのは不可能じゃない!はず!''(どどーん。背後に東映のロゴめいた大波を背負う!)&br;あははその時は我ら互助部が勢力を挙げておもてなしするからよ、いっそ二人に分裂してもいいんだぜ?&br;だって霧島みたいなかわいくて面白いやつは……何人いてもいいからな!(ぐっ。力強いサムズアップ返しが決まったァー!)&br;(//イエスイエス、こんな時間まですまぬ…) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-07 (水) 01:36:44};
---&COLOR(#a0522d){うん、そうだよね!私の力も強くなってるって、周りの人も言ってくれてるし…今度、試してみよっかなぁ&br;(ふむ、と腕を組んで色々と考えてみる。出来る出来ないは別として、やってみる価値はあるかもしれない―)&br;えへへ、可愛いって面と向かって言われると照れるねぇ。エド君も面白くてかっこいいぞ!(わー、と大げさにはやし立てて拍手)}; --  &new{2023-06-08 (木) 22:48:32};
---やってみろやってみろ、だいたいお前ばっか不都合被ってんじゃねーか勉強は遅れるわ修学旅行は行きそびれるわ!&br;こっちにおいでよじゃねえよ向こうの霧島もリスクを背負え!(うむうむ。おかしな理屈だがとりあえず憤慨してるようす)&br;あはは俺はいぎりすじんだから美人には美人だと素直に言うことにしてるのさ!おっといくら俺がかっこよくても惚れちゃいけねえぜお嬢さん!お前を俺が泣かせてきた女たちの列に加えるのは忍びないからな!&br;(おだてられれば無限に調子に乗るのもいぎりすじんならではですかね?ひとしきりかっこいいポーズでくだらねーこと吠えてから)&br;……ま、ほんとさ。俺でもなんとかできそうなら頼ってくれよな?困ってるんなら助けになりたいしよ(ちょっとだけ真面目なこといって2組に戻ってった) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-06-08 (木) 23:30:48};
---&COLOR(#a0522d){―うん、ありがとね。エド君&br;そーやっていつもの通りに元気に騒いでくれるの、割と助かってるんだよなー&br;明日も、明後日も、その先も…。あんな感じで、皆とも楽しく遊べればいいよね。うん}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-11 (日) 23:08:16};
-  --  &new{2023-06-04 (日) 23:32:42};
-  --  &new{2023-06-04 (日) 23:32:38};
-  --  &new{2023-06-04 (日) 23:32:33};
-テストも終わったことだし有言実行、ピザパーティーやるぞーーーーー!!&br; (この一言でユウリはつばさの自宅に拉致られた)&br; (趣のある古民家の庭には立派なピザ窯がある)&br; (発酵済みの生地とトッピング、ピザソースがテーブルの上に並び 各種ジュースもそろえられている)&br; 主にこのとーか君が! ピザを回したり焼いたりします!! 私は釜の火を保ちます(てへぺろ) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-06-01 (木) 21:27:45};
--ピザ焼きイケメン担当の灯華です。焼きとピザ回しパフォーマンスは任せろ〜(自分でクラッカーを引いて盛り上げる。) -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-06-01 (木) 21:30:32};
---&COLOR(#a0522d){えっ えっ あっ わーーーーーーっ!!(拉致されて気づけばピザ窯完備のパーティー会場である)&br;マジでやるんですか!?うぉぉぉー!!センパイサイコー!!!し、しかも灯華センパイまで…!!ありがとうございますーーーーっ!!(ぴょんこぴょんこ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-01 (木) 22:57:45};
---約束は守るよ(むふー) 1個目の約束も2個目の約束もね!(汚れないように隅に置かれた段ボールを開けると貸す予定のゲームソフトがびっしり詰まってる)&br; ささ、何が食べたいか言ってごらんー!&br; チーズも生ハムもソーセージもバジルもルッコラもあるし、トマトソースでもチーズソースでもそれ以外でも言えばとーかが作ってくれるよ -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-06-02 (金) 20:40:57};
---ぶりとかはまちとかアジとかじゃなければだいたい行けるぜ…!(ピザ生地練ってる)&br;(つばさとの会話に集中していいんだよガールズでトークしなという顔)&br;それはそれとして[[回しまーす>https://www.youtube.com/watch?v=u6VyTTFA-1U&t=187s]]! -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-06-02 (金) 20:52:35};
---&COLOR(#a0522d){せ、せんぱいぃ〜……(こみ上げる感情に身体を震わせる。うっすら涙すら浮かべながらつばさに抱き着きにかかった)&br;え、えっとえっと、それじゃチーズと、ソーセージと、サラミと!あとはー……トマトスライス!(指折り数えて材料の指定、ウキウキの笑顔だ)&br;っていうか灯華センパイすげぇー!?一般人がピザ回してるの初めてみた!!&br;(//途切れ途切れでごめんね…ちょっとばたばたしてまう)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-03 (土) 23:10:29};
---ユウリちゃんおいで…!!(手を広げて受け止める 数少ない自分より小さな後輩を受け止めるくらいはできるのだ)&br; 相変わらず見事なピザ回しだねぇ(うんうんと空を舞うピザ生地を眺め)&br; (伸ばされたピザ生地にサッとピザソースとトッピングを乗せて)&br; すぐ焼けるから待ってね とーか、お願いー!&br; (つばさの言う通り90秒ほどでピザは焼きあがる)ささ、食べて食べてー!&br; (薄い生地のピザはペロッとお腹に収まってしまう あれやこれやとピザを焼き、ピザパーティーを楽しんだのでした)&br; (//忙しいところお返事ありがとうございますー 〆まんた!) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-06-03 (土) 23:22:58};
---&COLOR(#a0522d){うぉぉーセンパイサイコーですよぉー!(つばさの首元に顔をうずめながらふがふが)&br;思ったより早いな!?ピザってそんな早く出来るもんなのかー…(ほぁー、と感心している間に焼き上がりである)&br;(わいわいとトッピングを変えながら次々とお出しされるピザを堪能したとかなんとか)&br;(//ほんと申し訳ない…!また遊びに行きますので…(へこへこ))}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-06-04 (日) 00:27:08};
-  --  &new{2023-06-01 (木) 00:03:04};
-  --  &new{2023-06-01 (木) 00:03:00};
-  --  &new{2023-06-01 (木) 00:02:55};
-(魔が差す、という言葉がある。古くはブッダの修行の折にその心を見出そうとマーラが数々の誘惑を仕掛けた事に由来する言葉だ。)&br;(だから例え神に相応しき場であろうとも悪魔が忍び寄る事はある、それはユウリが何処かの寺社にふらりと立ち寄った時に一幕。)&br;どしたん?おじさんが話を聞こうか?って今どきのおじさんは言うらしいね、そうならないように気を付けないとなぁ。&br;(灯籠の上に座っていた青黒い何かが笑いながらそんな事を語る。何たるバチアタリか!おおブッダよ!憩っているのですか!)&br;いやあ言わなくて良い、今日は単に霧窓が仕掛けてきた事の邪魔しようと来ただけだから。かるーくお話しようか。 -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-29 (月) 22:54:58};
--&COLOR(#a0522d){―ぁ(声を掛けられ、振り返りざまに間抜けな声が出た)&br;(予想外の時に、予想外の来客。軽くかぶりを振って気を取り直し―)&br;え、っと。邪魔…ですか?それは、確かに最近ちょっと頻度多くて困って、ます…けども&br;(あはは、と笑いながら言葉を返そうとして、出来なかった。こみ上げてくるモノをこらえようとした唇を噛む)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 22:59:16};
---何もかもが君を忘れてしまう時間、恐ろしいよねぇ。人は人と繋がってないと自己を認識出来ない、つまりは死んでるようなものだ。&br;まあ我々の業界だと死んで蘇る事自体は悪い事じゃないんだけどね?その苦行を積む毎に神の領域に近付いていけるし。とはいえ君は仙人でも天狗でもない。&br;(優しい言葉のようにも聞こえるが事実確認を含めた残酷さに満ちている、今のユウリには優しさよりも辛さの方が勝るだろう。)&br;はい深呼吸、今から言う事は霧窓にとって本当に隠しておきたかった事なので確実に互いに動揺が走ります。 -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-29 (月) 23:13:27};
---&COLOR(#a0522d){―は、い。怖い…です。私、全然……この世界に、必要ないんだって。帰って来る度に、そう…思っちゃって&br;(ぐ、と拳を握り、俯いたまま答える。苦しい。胸の中で渦巻く不安を、恐怖を、言葉にするだけでこうも―)&br;っ、は、ぁー(フラグメントの言葉に息を呑んだ。何を言われるのか、想像もできない。言葉が出ない己の代わりに―背筋が、背後が、否。背後に居るであろう何かが―ざわめく)&br;わかり、ました。……おねがいします(そのざわめきこそ、フラグメントが語る言葉が真である証拠。ぐい、と滲んだ涙を袖で拭い、深呼吸―)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 23:23:56};
---(ふふふ、ふふふふふ。と邪悪な笑い声が響く、神域にてそのような声を出すものだから鳥が一斉に飛んで逃げていってしまった。神の燗に障ったのかも知れない。)&br;(天狗はユウリを…いやその奥をぞっとするような愉悦に満ちた眼で覗き込んでいる、実に愉快そうだ。)&br;君の事さぁ、同じ学校のクロウ君が修学旅行先で話題にしてたんだよね。いや、まあ内容はちょっと…こう…若くて…元気だなぁって奴なんだけどね。若いよなぁ…。&br;君はこの3週間消えていないよ、私の様な怪物だけではない。この世界に生きてこの世界を知るモノが君を認識している。君はこの世界の一員だ。&br;(楔の如くに天狗から言葉が紡ぎだされる、それはユウリの日々の行動が無意味ではなかった事の証左だ。) -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-29 (月) 23:32:07};

---&COLOR(#a0522d){(フラグメントの言葉にざわめきが一層強くなる。その先を口にするなと、そう訴えかけているのが分かる)&br;―それ、ホント……ですか!?それ、それじゃ!私がやってきたことで、コイツの力が…弱まってるってことですよね!?&br;(フラグメントの語る言葉は本当に予想外で、思わず身を乗り出して問いかけようとしたその刹那―)&br;―ガっ、ぁ、ぁぁぁぁっ!!っく、そ、動揺って、こういう…ことかぁ……っ!&br;(胸中から何かがはい出てこようと強く蠢く。これは、霧窓だ。実体のない、霞のような存在の筈の霧窓が、暴れている)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 23:44:11};
---(いつの間にか天狗は灯籠から降りていてユウリの両肩に手を乗せて顔を横付けしている、その体格は2mを優に超えていて中々の圧巻だ。)&br;我々は実にか弱い、恐るべき怪物だがしかし種が割れれば何とも呆気なくその支配力を失ってしまう。だからいつだって人の心を闇に引きずり込もうとする。&br;今もそうだ、君は霧窓が弱くなったと言ったね?だが同じぐらい君は強くなっているんだよ。&br;それを認識されたくないから大事なイベントで君を隠すだなんて真似をした、あの時居なかったね、と言われてしまえばどうしようも無くなるのにね。&br;(東西問わず語られる僧による説法退治。汝の正体見たりと叫べばそれは怪異にとって猛毒となりうるのだ。)深呼吸を、君は此処に居る。神が見ていなさるよ。&br;(呪いに満ちた言葉が天狗から吐き出された、お前も証人となれ、と。この場に在るモノ全てがこの少女を見ろ、と。) -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-29 (月) 23:59:22};
---&COLOR(#a0522d){(霧窓は未知であるが故に、不可侵であるが故に強大で厄介な怪異である)&br;(その正体を定義されるとまでは行かずとも、こうして状態を看破されてしまうことは霧窓という怪異にとって致命的であった)&br;(窓の外に満ち満ちた霧のように、不気味で、底が知れず、未知でなければ、霧窓はその異界を維持できない―)&br;(故に、抵抗する。「この女を今すぐに取り殺すだけの力があるのだ」と誇示するように)&br;(だが、それは―)&br;へ、へへ……私は、此処に居る。フラグメントさんが、証明してくれてる。私の中で暴れるお前は―、それが嫌なんだ&br;こうやって、暴れるってことは…っ、ぐ、ぁ…っ…お前、の、底が…見える…ぞ…っっ!!&br;(両肩に乗せられたフラグメントの大きな掌に勇気づけられ、強い言葉を絞り出した)&br;(こうして暴れて、痛みを、苦しみを直接的に与えていること自体が、既に―)&br;この、苦しみがっ!痛みが…っ!私の、霧島悠里の……何よりの、存在証明だ…っ!!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 00:10:27};
---(ニイ、とニンジャはその顔の無い顔で明らかに笑った。それは本来賭けるに値する時ではなかったと思っていた、時期尚早であると。)&br;あくまで君の存在証明を強める為に訪れただけだが…いやすまない私からも君の認識を訂正しよう。君は強い。&br;もしかすれば君だけでその怪異を制御しうるかも知れない程の強さを感じるよ、今どきの若者も馬鹿に出来ないな。あっ今の私凄いおじさんっぽい。&br;(緊張の一時を壊すような言葉だがこれも天狗なりの考えだ、笑うというのはそれだけで強い。自己の内より湧き出る喜びだからだ。)&br;…君、焦ってはっきりと繋がったね?(天狗の瞳から冷たい光が漏れる、肩に置かれていた手がユウリの胸に当てられる。)&br;(ズドン!と爆発音が響き枯れ落ちた周囲の葉が吹き荒れる!しかしその手から出た衝撃は少女を震わせるだけで痛みを与えない。)&br;(それは示威行動だ、直接繋がったという事は最早触れられるのだぞ、という。痛みを取り払う為のブラフ。)時期は近い、手段は君が選ぶといい。 -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-30 (火) 00:25:17};
---&COLOR(#a0522d){(―掌から発せられた衝撃に、胸中で荒れ狂っていた「何か」が霧散するのがはっきりと分かった)&br;(霧となって散っていく何かが、二度、三度とユウリとフラグメントの周囲に渦を巻き、消える)&br;(忌まわしき天敵と、ただの餌から己を振り払う灯へと変わりつつある少女に、己が意思を誇示するかのように)&br;っ、はぁ…っ、はぁっ……か、勝った……のかな…。え、へへ。何だ、やれるじゃん…私&br;(糸が切れたかのようにその場へとへたり込む。全身にかいた汗に気づくもそれを拭う気力は無い)&br;フラグメントさん……私、私も……コイツに、一矢…報いることが出来ましたよ&br;(それでも、今は全身を覆う疲労感が心地よかった。疲れ切った顔ではあったが、その笑みはどこか晴れやかで―)&br;ありがとう、ございます……がんばり、ますね…(そう言って、地面へと背中を預けて倒れ込んだ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 00:36:16};
---ああ勝利と言っていいだろう、良く頑張ったね。だが厳しい事を言うがこれはまだ半ばの一時的な勝利に過ぎない。&br;奴にはまだ余力があり自分の世界があり君に干渉するだけの猶予が残されている。&br;仮に奴を完全に滅ぼすとなれば厳しい戦いになるだろうね、もしそれを選ぶのならその覚悟だけは持っておかないといけないよ。&br;(先程とは打って変わって霧窓の危険性を伝えておく、理解しないというのもまた危険だからだ。だがそこまでで切っておく、今は疲れ切った少女に勝利の余韻こそが重要だろう。)&br;この時期の地面は冷え込むよ、程々の所で立ち上がるようにね(そう告げながら天狗は何処かへシイ…と口元へ指を立てた。)&br;(それは神に今はこの少女をお目溢ししろ、とでも伝えたのかも知れない。いつの間にか天狗の姿は消えていた。) -- [[フラグメント>ZS/0074]] &new{2023-05-30 (火) 00:50:46};
---&COLOR(#a0522d){えへへぇ…はぁーい(疲れと喜びと。その他もろもろが入り混じった緩んだ顔で返答する。緊張感はどこかへ消え失せてしまったようだ)&br;―私も、まだ出来ることがあるんだ。私は、此処に居る。負けてなんて…やるもんか&br;(フラグメントが去った後、拳を天に突き上げて決意表明。ぐ、と結んだ口の端は自然と持ち上がる)&br;(何もかも全てが解決したわけでは決してないけれど。あの時掴んだ糸が、こうして自分の存在を証明するに至る太いロープへと変わった)&br;(まだもう少し、前へ進める。その喜びを噛み締めつつ、誰も居ない寺社の境内に、可愛らしいくしゃみを響かせるのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 01:11:45};
-(ろけっ) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 20:42:35};
--あ、ユウリちゃんー(こないだのゲームはどうだった、と続けようとしたが何やら忙しそうである)&br;どしたの? 何かあった? -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 20:43:20};
---&COLOR(#a0522d){あーつばさセンパイ!ゲームはっ!最高でしたっっ!!最高でしたけど!!!何でルート分岐があるゲームなんて貸すんですかぁ!&br;おかげでめっちゃくちゃやりこんじゃいましたよ!何なら全ルート見終わる勢いですよそろそろ!(声を掛けられれば立ち止まり、ゲームの感想を鼻息荒く語る)&br;っと、そうだ、今丁度互助部の活動中でして。何でも「校舎内の何処かに大事なモノを落とした」とか何とかで…手がかり探してるとこでした!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 22:16:16};
---もしあの時違う選択をしたらどうなるんだろう…な分岐を見られるのなんてゲームの醍醐味じゃんー(どやっ)&br; 1本のソフトで色々楽しめるなんて最高でしょ?? 全ルート制覇、がんばれーふぁいとーーー!!&br; それは大変だね…? 探すの手伝おうか? -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 22:28:14};
---&COLOR(#a0522d){そりゃそうですよ!何となく二週目始めたら見覚えの無いイベント始まるし、これってもしかして…と思ったらマジで要所要所で違うキャラとのイベントになるし!&br;何ですか、もしかしてゲームって滅茶苦茶沼なんですか…??私、まだ出られますかね…??(今更な気づきであった)&br;イイんですか?ゲーム開発部の方とか、スケジュールとか、大丈夫なんです??(割と常にデスマってる間違った印象を持っているようだ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 22:30:47};
---2週目をやってくれるところがゲーマーの才能だよね(うんうん)&br; あれっ ユウリちゃんまだ沼にハマってないと思ってたの?? もう頭の先まで浸かってるのに???(ニタァ) だってテイルズもFFもどっちもかなりシリーズが出てるんだよ? 気になるでしょ、気になるヨネ? もっといっぱいやりたいよね………?&br; 今は比較的穏やかだから平気! 私も万年デスマしてるわけではないのだよユウリちゃん(ここでイメージアップを図る先輩だ) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 22:48:32};
---&COLOR(#a0522d){えっ えっ 私もうハマってたんですか!?ま、まだ2〜3本しかゲームやってないのに…??&br;いや、でも確かに気になりますけど……!!あの闘技場に出てきたキャラとか何か過去作のキャラみたいですし…いやでも、私はまだ…(無駄な足掻き)&br;あ、そうだったんですか。それならー…手伝ってもらっちゃおうかな!あのですね、何でも親友から貰った大事なストラップらしいんですけど…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 22:55:02};
---それはもうずぶずぶに!&br; 気になるキャラ、いたでしょ? 実際に会いたいでしょ??(ニヤァニヤァ) いろんなシリーズのキャラが集まってるお祭りゲームもあるからね、いっぱいシリーズやろうね&br; ストラップを探してるんだね どんな形とか色とか…わかる? 掃除の時間を挟んじゃってるなら落とし物の確認もした方がいいかも? -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 23:28:48};
---&COLOR(#a0522d){ぐ、ぅぅぅ……センパイ、こうなるってわかっててゲーム貸しましたね…?見事に術中にはまってしまいましたよぉ…&br;んと、こんなのみたいです(はい、とスマホに件のストラップが写った写真を見せる。どうやら修学旅行に行った先で買ったと思しきものだ)&br;何か、友達と修学旅行先で交換し合った友情の証?なんですって。あ、落とし物の確認は他の部員に行ってもらってます!私は取り合えず、足を使って探そうかと!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-29 (月) 23:39:58};
---(//ぶんつうでおねがいします!) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-29 (月) 23:47:34};
---&COLOR(#a0522d){//承知いたした!}; --  &new{2023-05-30 (火) 01:12:00};
---ジャンルを盛り上げるために新規参入者は必須…つまりユウリちゃんは…この私にはめられたのだー!!!(ドヤッ)&br; でも楽しいでしょ? ゲームを知って後悔してないでしょ?? でしょでしょ??(確信した顔!!)&br; なるほどユウリちゃんは地道に探すチームだったんだね えらいえらい(なでなで) それじゃ私も一緒に足を使って汗水たらそう!&br; 修学旅行で買った記念品を早速無くしちゃうなんて相当しょんぼりしてるだろうしね〜 -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-30 (火) 21:31:02};
---&COLOR(#a0522d){ぐぬぬ…悔しいけど仰る通りで…。今まで興味なかったのに、ネットのゲームの広告とかチラチラ気になるようになっちゃったしぃ!&br;責任!責任取ってもらいますからねつばさセンパイ!!卒業までの間、もっともーっとゲーム色々貸してもらうんですから!&br;うへへー。まぁ頭使うの苦手なので、適材適所というわけですけどもねー(撫でられてまんざらでもない)&br;そうなんですよぉ。凄い落ち込んじゃってて…。何とかしてあげたいなーって。つばさセンパイは修学旅行、楽しかったですか?&br;(二人して校舎内を捜し歩きながら、ふと訪ねてみる)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 22:06:11};
---あ、ネットゲームは普通のコンシューマーゲームよりもよっぽど時間を吸い取っていく時間泥棒だから…そこは気を付けてねっ(一応注意する 廃人は危ない…)&br; でも用法と容量を守ればとーっても楽しいんだよ 例えばファイナルファンタジア14はネットゲームなんだけど知り合いとパーティ組んで遊んだりできるの&br; もちのろんだよ まだまだまだまだいーーーっぱい、時間が足りなさすぎるくらい名作ゲームはあるんだから!&br; (足元を見たり机やいすに引っかかってないか確認したりしながら校舎を歩きつつ)ん? 修学旅行? もちろん楽しかったよ! ご飯は美味しいしお買い物もできたし…ミラノでピザも作ったし!&br; (ユウリはどうだった?と聞こうとして、イタリアでユウリの姿を見なかったような気がしたので口を噤んだ) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-30 (火) 22:18:59};
---&COLOR(#a0522d){絶対ですよ!約束しましたからね!(びし、と大げさに指をさして宣言。これも約束。自分の存在を固定するための方便の一つだ)&br;―あ(答え辛そうにする様子を見て、不用意な質問だったと思い至る)あの、別にそういうアレではなくてですね!&br;いや、確かに色々あって修学旅行には参加できませんでしたけど…その分、皆の思い出話を聞きたいんです!&br;ほら、つばさセンパイなら灯華センパイと特別な思い出とか作ってたりしないかなーって!(大げさにジェスチャーを交えて言い繕う。決して他意があったわけではないのだが―)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 22:40:39};
---うん、約束!(にっこり笑って言い切った) かわいいなあユウリちゃん 指きりもしておく??&br; (ユウリの様子を見つつ) そっかぁ…参加できなかったのは残念だったね 知ってたらお土産たくさん買ってきたのにー…&br; それならさ、ミラノのピザ職人直伝の技で私ととーかがピザを作ってご馳走するよ!&br; (ミラノでピザ作り体験してきた話をして)&br; ミラノのピザはすごいんだよ、めちゃくちゃ回るし空も飛ぶし、そして何よりも美味しい! きっとイタリアに行った気分になれるよ -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-30 (火) 22:50:21};
---&COLOR(#a0522d){えへへぇ、それなら指切りもしときます!ゆーびきーりげんまん、うーそつーいたらはーりせーんぼんのーます!(ぶんぶんと大きく腕を振りながらの指切り。満面の笑みである)&br;おぉぉ…回るし、空も!?なんだ、全然分かんないけど何か凄そうですね!灯華センパイの料理なら味も問題ないでしょうし!&br;これも、卒業までにご馳走してもらう約束…ってことにしても、いいですか?&br;(流石にちょっとずうずうしいかな、なんて思いつつ。下から覗き込むように問うてみた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 22:56:31};
---ゆーびきーったっ(1つ、約束をして) この約束を違えることは無い…なぜなら私の頭の中は次のおススメゲームでいっぱいだからだっ&br; …いまさり気に私の料理の腕をディスったよね? よね??(ニコォ) そりゃとーかみたいに美味しくならないしピザも回せないけどー先輩は悲しいなぁーー&br; なーんてね これも約束だよ!(2つ、約束を重ねて) ピザ窯できたら最初に招待するから待ってて!&br; (こうして話しながら落とし物を探しました)&br; (ピザ窯、作るの?とツッコミを入れてもいいし入れなくてもいい 自由とはそういう事だ…) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-30 (火) 23:13:12};
---&COLOR(#a0522d){うっ、ご、ごめんなさい…灯華センパイの料理の腕は身に染みてるのでついつい…別に、つばさセンパイが料理出来ないとかはー…オモッテナイデスヨ(目をそらす)&br;―はいっ!(二つ目の約束。ぱぁ、と表情を明るくして、二度目の指切りをかわす)&br;(ピザ窯についての突っ込みは入れなかった。だってこの人ならマジで作ってしまいそうな、そんな気がしていたから―)&br;&br;(結局、落とし物は別の班が見つけたって話だ}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-30 (火) 23:37:09};
-  --  &new{2023-05-25 (木) 22:10:32};
-  --  &new{2023-05-25 (木) 22:10:24};
-  --  &new{2023-05-25 (木) 22:10:20};
-(ロケ表は選ぶ物・・・ゾロ目だって遠慮せずに選んじゃうぜ!)&br;(先生は日を追うごとに怪異じみていくよなぁなんて思いつつ歩いていると、廊下で誰かが倒れているのを見つける)&br;・・・あ?・・・おいおい寝てる訳じゃねぇよな?(慌てて駆け寄り助け起こす)ユウリか?おいしっかりしろ -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-22 (月) 21:12:00};
--&COLOR(#a0522d){(いいんだ…誘い受けみたいなとこあるからね…いいんだよ…)&br;―ぁ、あー……かなちゃん、センパイ…??(助け起こされれば、瞼を擦りぼんやりとした調子で答えた)&br;…あれ、私…何でこんなとこに。……あれ?(思考にかかった靄を振り払うように幾度か頭を振って)&br;あの、ごめんなさい、かなちゃんセンパイ。今って…何月、何日ですか……?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-22 (月) 22:18:03};
---(反応があればホッと胸を撫で下ろし)びびったぁ・・・&br;・・・?いや・・まだはっきりしてねぇみたいだな?(ぼんやりと、記憶があいまいになっている様子を見れば不審げに)&br;変な事聞くな・・・(スマホを取り出し、日付と時間を見せてやる)ほら、どうしたんだ急に・・・?(否、そんな事を聞くという事は)・・こういう事、何度かあるのか? -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-22 (月) 22:38:43};
---&COLOR(#a0522d){あー……(スマホの画面で日付を確認し、深い溜息を一つ)&br;大体2日、かぁ。(ぼそり、と眉間に小さく皺をよせて呟いた)&br;んん−…まぁ、何度か、というか、いつもの、というかですね。端的に言えば、私、自分の意思に関係なく神隠しに会っちゃうんですよね&br;(と、バツが悪そうに。極力重たくならぬよう、困ったような笑顔を浮かべながら答えた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-22 (月) 23:00:03};
---二日・・っておい!?(呟かれる言葉には流石に焦り)&br;神隠して・・・やべぇじゃんなにそれ(えぇーってちょっと引き気味)疑うつもりはねぇけどよ?それ、マジならもっと騒ぎにならねぇか?・・いや、一人暮らしなんだっけ?(だとしたらそれも頷けるかと)&br;・・・大丈夫なのか?それ -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-22 (月) 23:24:52};
---&COLOR(#a0522d){あー…騒ぎには、うん、ならないんですよ。私が向こうの世界に…つまり、神隠しに会ってる間は、私の存在を誰も覚えてないみたいなんです&br;だから、かなちゃんセンパイも…この2日、私のことは思い出しもしなかったと思います。だから、大丈夫なんですよ&br;(えへ、と誤魔化すように無理やり笑って見せる。大丈夫。「対外的には」何も問題は無い。いなくなっていた子が帰ってきた、それだけだ}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-22 (月) 23:40:06};
---あぁそりゃぁ・・・騒ぎになんない訳だ(苦々し気)ってそれだとお前がマジでいなくなっちまっても誰も気づけねぇじゃねぇか&br;なにがどう「大丈夫」なんだよ(助け起こした姿勢のままぎゅぅっとして)アタシは自分が恥ずかしいよ・・・部の後輩がこんな事になってるのに気づきもしないだなんて&br;・・取り敢えず、立てるか?それとも保健室とかにいく? -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-22 (月) 23:58:44};
---&COLOR(#a0522d){―(抱きしめられ、放心。慣れ切ってしまっていた状況も、改めて言われると少し、心に響く)&br;ん、あの、気に…しないでください!その、誰が悪いとかは無いんです。しいて言えば、私に取り付いてる怪異のせいですし…&br;っと、じゃあ…保健室、ついてきてもらっていいですか?ちょっと…横になりたいです&br;(素直に厚意に甘えることにした。実際からだが重たいのは事実ではあるし―素直な想いが嬉しかったというのもある)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-23 (火) 00:09:09};
---あい・・よっ(ぐいっとユウリを抱き上げると保健室に向けて歩み出して)怪異か・・・面倒な事になっちまってるな(ぐぬぬと歯噛みして)&br;何処にいんだよ?そいつ・・・あたしがぶっ飛ばしてやる(ふんすと鼻息荒く言い放つ) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-23 (火) 20:46:34};
---&COLOR(#a0522d){すいません…お手数、おかけします…(ぐったり、といった様子で肩を借りつつふらふら歩き出す)&br;あはは…それは多分、難しいかなーって。…私に憑りついてるのは、『霧窓』って怪異なんです&br;実体のない、異界そのものの怪異。私はその霧窓と、この世界を結ぶ…「窓」にされちゃったんですよ&br;(困ったように笑いながら続ける。要は怪異とは異界そのものであり、ぶっ飛ばすべき実体など存在しないのだ)&br;(異界との繋がり自体は未だ断ち切ることは出来ず、今は人助けを通じて自身の存在を現世に固定させているところだということまで、全て)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-23 (火) 22:51:28};
---窓に・・・?面倒な奴だな、窓を引きこんじまったら使えなくなっちまうだろうに・・&br;異界とのつながりは断てないから、現世とのつながりを強くしてバランスを取ろうって事か(でも話を聞く限りそれは)窓を、安定させてるようにも見えるな&br;(保健室に辿り着けばベッドに寝かせて)ま、今は少し休んどけ・・・大丈夫、いなくなったりしねぇよ(その宣言通り、ユウリが起きるまでちゃんと近くにいる腹積もりで) -- [[かなえ>ZS/0004]] &new{2023-05-23 (火) 23:08:01};
---&COLOR(#a0522d){断ちたくても、断てない…っていうのもあるんです。私の半身…それが何かはわかりませんけど。それが、向こうの世界に捕らわれたままみたいで…&br;それに呼ばれて、私は向こうに引きずり込まれちゃうと…そういうことで&br;(かなえの言葉に安心したように静かにほほ笑んで―)私の方が…いなくなっちゃうかもですね、なんて&br;(いつものように軽口を叩き、静かに目を閉じるのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-23 (火) 23:24:51};
-(ユウリちゃん(の新立ち絵)がちょっとメスガキっぽい可愛さを醸し出すようになっている気がするので)&br;(ユウリちゃんの周りをぎゅんぎゅん回って残像で取り囲んで行きました) -- [[十日菊>ZS/0010]] &new{2023-05-21 (日) 23:46:39};
--&COLOR(#a0522d){ヒッ 怪異}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-22 (月) 00:11:57};
-  --  &new{2023-05-21 (日) 22:25:12};
-  --  &new{2023-05-21 (日) 22:25:10};
-  --  &new{2023-05-21 (日) 22:25:07};
-(学際に向けて互助部の割り当て場所の準備を一緒に整えている。大体は部長がやってくれたが、ふと、ユウリと二人っきりになったタイミングでキリが良くなったので)&br; ……そういやさ。ちょっといい?あれから霧窓って怪異の事調べたんだけど…結局よくわからなかったんだよね。ユウリちゃんはどうやってその怪異の事を知ったの?(と問いかけた) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-20 (土) 20:28:51};
--&COLOR(#a0522d){んー?あのね、私が霧窓に憑りつかれて暫くしてからね、旅の退魔士の人が教えてくれたんだよね&br;「霧で覆い隠された窓の外の世界。何も見えない、未知の世界との境界線である窓を作り出す怪異…故に霧窓」だったかな?&br;(言われた言葉を何となく思い出しつつ作業の片手間に語る)今でもたまーに京都に来ては相談に乗って貰ったりしてるんだよねー}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-20 (土) 22:27:00};
---(貼り付ける用の紙をちょきちょきと切って作りつつ、ユウリの言葉を頭の中で反芻して記憶にとどめておくようにする)&br; ……厄介そうな怪異だね。天狗隠しなんてやるからには、その手の力を持ってるだろうとは思ったけど…別世界に干渉出来る部類か。&br;あ、そうなんだ。ならちょっと安心だね。けど…その退魔師さん的には、なんか対策とかあったの?今一応元気ってことは、何かしら出来ただろうけど -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-20 (土) 22:43:12};
---&COLOR(#a0522d){そいつに憑りつかれちゃったからさ、その「異界との窓」が私そのものになっちゃってるんだよね&br;私を介して異界と現実が繋がってるから、私はこっちとあっちを行ったり来てるしてるわけなんだー(半ば強制的だけど、と付け加え)&br;んとね、出来るだけこっちの世界と私の繋がりを強めることが大事なんだって。私のことを思って、覚えててくれる人との繋がりを作ること&br;そうすれば私の存在がこっち側に引っ張られて、向こう側に呼び込まれることも減るみたい。互助部もその一環なんだよねー&br;ちょっと人助けの理由が他の人とは違うってのがさ、実は罪悪感あったりするんだよー。ほら、ぶちょーとか人助けの鬼みたいじゃん?それと比べるとね…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-20 (土) 22:50:02};
---そういうことかぁ……ユウリちゃん自信が、ゲートの役割を果たしちゃってるんだ…(それは難しい、と唸りつつ)&br; ……となると、単純に霧窓を祓えばいいって問題じゃないね?まずはユウリちゃんを完全にこっちの世界に戻して固定した上で、&br; 霧窓を祓わないと意味がない……ああ(だからか、と思った。繋がりを作る。それは、縁、という楔を結ぶ事でもあろうと)&br; んん?いやいやー、そこは気にする必要ないよ!私もある意味では互助部やってるのは自分のためでもあるからね、&br; 理由なんて様々だし、よっぽどが無ければそこに差はないと思うな!それが…部長であってもね(なんて偉そうにいった、とはにかんで笑う) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-20 (土) 23:08:40};
---&COLOR(#a0522d){私の事情は大体これで全部かなー。最近は、色んな人に話を聞いて自分を鍛えよう!ってなってるんだよ&br;霧窓に対抗するにも何するにも、自分の身体を、精神を鍛えてからだーって言われてね。それこそいろんな人に(指折り数えつつ)&br;うう〜〜キミちゃんは優しいねぇ…あ、でも人助けが好きなのもホントだよ!そこはね、嘘じゃないから!(に、といつもの明るい素直な笑顔を浮かべた)&br;というか、キミちゃんも自分のために互助部やってるの?…良ければさ、キミちゃんの事情も聞かせてよ!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-20 (土) 23:18:33};
---確かにそれはあると思うね。ある意味じゃ、ユウリちゃんの身体自体が魔術儀式の祭壇みたいになっちゃってる状態だろうし…。&br; ……それなら滝行とか、してみる?(なんて苦笑して言う)ちょうど夏休みに、この前の鵺事件で力不足感じたから、追加修行してたりしてたんだよ私も。&br; (彼女の笑みを見て、頷き微笑み)私?あ、私はね(スマホ出し、写真を見せる。写っているのは、どこかの三階建ての家。だが見てみれば直ぐに分かるだろう)&br; (一階の入り口にある玄関扉。それと同じ玄関扉が、二階、三階にも壁に直接ついている。もちろん、外から入れるような高さでもなし、階段もない)&br; ね、これ面白くない?こういう変なモノとか風景を集めるのが好きでさぁ、互助部やってたら普段自分で思いつかないような場所行く機会が増えるかなって。 -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-20 (土) 23:37:01};
---&COLOR(#a0522d){キミちゃんレベルで力不足の相手だったの!?……うへー、ざっくりとしか聞いてなかったけど、よっぽどすごい相手だったんだねぇ&br;(噂になっていた怪異との戦いは想像以上に過酷だったようで、苦笑い)&br;(どれどれ、とスマホの写真を覗き込んで―)成程、確かに依頼があれば割とどこでも行くもんね、互助部&br;(うんうん、と頷いてから)それで、今のところはどう?目的、果たせてる?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-20 (土) 23:52:54};
---皆頑張ってたけど…特に樒ぶちょーがすごかったねぇ。ちょっと人が変わったみたいだったよ(うんうん)私は…別のトコで頑張ってたりもしたので…ウィルス作りとか…(とおいめ)&br; そだね!行動範囲が広がった感じ!それこそ鵺事件のときとかも、結構色々探し回ったからついでに見つけたりもしたし…ちょっと不謹慎だけどね?(苦笑して言う)&br; (それは、鵺を倒した際に訪れた廃村の写真だ。写っていたのは首の取れた地蔵。確かに白髪の少女が言う通り、趣味が悪いかもしれない。趣味としては少し不自然なくらいには)&br; …ま!ってことで私も私のためにやってたりなんだよ、だからユウリちゃんも自分のためにやってていいんだ。ほら、それなら互助ってるって言えない?&br; もしかしたら、その退魔師さんだってそうなのかもしれないし…世の中って、案外そんなもんなのかもよ?(などと言って…微笑む) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-21 (日) 00:09:36};
---&COLOR(#a0522d){―(キミが見せた写真を見て、一瞬言葉に詰まる。確かに珍しいモノなのかもしれないが―それを写真に収めるのは―)&br;そ、っか。うん、確かに互助かも。へへ、ちょっと気分楽になっちゃった。皆お互いの理由があって、手を差し伸べ合って―&br;でもそれが結果的に皆の笑顔になるんならさ、それって…きっと悪いことじゃないもんね&br;(キミの言葉の意味を噛み締めるように何度か頷きながら。に、と笑顔で返した)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-21 (日) 00:22:52};
---&COLOR(#a0522d){//ぶんつー!}; --  &new{2023-05-21 (日) 00:23:04};
---(写真アルバムをすりすり移動させていれば、大半は最初の写真通りの妙なものだ。[[小汚い変なパンダ>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst090173.jpg]]とか。ともあれ)&br; そうそう!全然悪いことじゃないって!だからユウリちゃんもどんどこ行っちゃおうー!おー!!(なんて小さくガッツポーズをして笑う)&br; ……っても、まずはこの準備からだけどね。あ、こっち紙できたから、あとはペンとか揃えよっかー(などとぱたぱた文房具を集めだす)&br; (準備としてはさほど大掛かりなものでもない。二人と他の部員も加われば、問題なくできるだろう。そうして、日々は刻まれていく)&br; //はーい!次で帰ろうと思ってたし私はこれで!ありがとー! -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-21 (日) 00:31:43};
---&COLOR(#a0522d){おっけー!学祭、上手くいくといいよねー&br;(なんて話をしながら準備の時は過ぎていく。結果、互助部の出し物は大成功に終わるのだが、それはまた別のお話)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-21 (日) 22:25:03};
-  --  &new{2023-05-16 (火) 20:49:01};
-  --  &new{2023-05-16 (火) 20:48:59};
-  --  &new{2023-05-16 (火) 20:48:56};
-わっせっせと(休み時間中に対面に座る同級生、眼帯で目は見えないが相変わらず口元はニヤニヤと笑っている。)&br;瞑想中の君に御影さんからのワンポイントアドバイスだ、ニンジャでない君だがしかしニンジャとも共通のパーツがある、それを知っているかね?&br;(知っているも何も共通のパーツなどごまんとある事だろう、むしろ違うパーツを探す方が難しい筈だ。) -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-12 (金) 23:48:55};
--&COLOR(#a0522d){んー…う、ぉぉ。(瞑想中に声を掛けられゆっくりと瞼を持ち上げれば目の前にはニンジャ。思わず小さく身体が跳ねた)&br;パーツって言われてもな。…身体自体は、同じなんじゃないの?骨とか、肉とか。身体を作ってる要素自体は…おんなじだと思うけどなぁ(唐突な問いに自信なさげに答えた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-13 (土) 00:09:41};
---&COLOR(#a0522d){//すみません、ぶんつーでおねがいしまっす!}; --  &new{2023-05-13 (土) 00:18:23};
---うん私も質問を出しておいてこれ別に答え無いに等しいんじゃねえか?と気付きましたよ。&br;そんな訳ですっ飛ばした答えを言うとそれは心臓でした…自分を強く保ちたいのなら心臓の音によーく耳を傾けてごらん。&br;心臓は血液を全身に巡らせ生物としての根幹を成り立たせる重要な装置だ、これを抜き取られれば流石のニンジャも爆発四散する。&br;誰にでもあるがしかし君の心臓はそこに一つしかないのだよ、だからただただ自分の心臓の音の全てを把握するのだ。これインストラクション・ワンな。 -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-13 (土) 00:21:31};
---//了解いたしたー! -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-13 (土) 00:21:45};
---&COLOR(#a0522d){心臓、心臓かぁ…。確かに大事ではあるけど、そんなに意識したことはなかったかも&br;んー…(ふ、ともう一度目を閉じる。とくん。とくんと静かに鳴る己の鼓動に耳を澄ませて)&br;音の、すべて……??(確かに鼓動はしっかりと聞こえてはいる。が、これが何だというのだろう)&br;全て、ってどういうこと?心臓の音は普通に聞こえるけど…ほかに何かあるの?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-14 (日) 22:17:40};
---もっともっと、もちょもちょ、鼓動が起こるという事は血液が流れるという事さ。&br;血液は巡り毛細血管へと染み渡り脳を巡り内臓を巡り皮膚を巡りそうして再び心臓へと戻ってくる、それら循環はある種一つの世界と言ってもいい。それら全ての音を聞くんだ。&br;そうして外の世界と中の世界である自分は隔絶されている事を知る、自己を認識する。それが仙人やら天狗やらを目指す人の第一段階。&br;(女は胸の前で手と手を合わせる、それはまるで神や仏に祈るかのように。)とはいえ無茶な話だ、あくまでそれを目指すぐらいがモアベターな?自分を強く持つコツさ。 -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-14 (日) 22:36:11};
---&COLOR(#a0522d){ふむ……一つの、世界かぁ。何か壮大な話だなぁ(むぅ、と難しい顔をしながら自分の掌を照明に透かしてみたり)&br;あー…そっか、その世界?ってのをちゃーんと自覚して、形が分かってれば…自分を取り戻すというか、自分を意識付けのも簡単だもんね&br;(自己を自己意識にて規定することは難しいとは樒の言葉だ。しかしながら、御影の言う「自己の世界」の輪郭をしっかりと自覚していれば―)&br;ん、なんかわかってきたぞ!(色々な人にここ最近聞いていたことが少しずつ実を結び始めていた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-14 (日) 22:40:58};
---そういう事です、おやおやお爺ちゃんからの受け売り100%だが中々センスが良いらしいぞ?天狗になれますかね?&br;(((まあ世界から外れているという意味では向いてるかも知れないがこんないい子がなるのはどうだろうなぁ。)))&br;今ナチュラルに私は天狗に向いている悪党と言いました?(何か独り言を呟いているがその実情を知るユウリなら意味も理解できるだろう。)&br;そして第二段階が世界との合一、まあこれやれたらもうある程度の法力とか神通力持てちゃいますけどね。世界と自分の音を混ぜ合わせ感じるんだ。&br;君にとっちゃあこの世界の音だな?ただ凄い修行に時間が掛かるからこれは精々普段から世界を良く見て音を聞く程度でいいと思うよ。あくまで怪異対策だしね。 -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-14 (日) 22:50:57};
---&COLOR(#a0522d){む、私天狗に向いてるんですか??んー……それは、どうなんだろうな(ちらり、と横目で御影をみやり苦笑した)&br;音、音かぁ。混ぜ合わせる…??(流石にこれはすぐに理解、とはいかないようだ。机を叩いてみたり、手を合わせてみたりと、色々音を鳴らしては首を傾げた)&br;んー…この色んな音と、異界の音と、聞き分けることが出来るようになれば…ってことですか??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-14 (日) 22:56:14};
---まっそんなとこだね、鏡合わせの世界が少しずつ少しずつズレていくように全く同じ世界というのは無いと言ってもいい。&br;この世界、この世界の自分、その二つの音をきちんと聞き分ける事が出来れば君は自分を保つ事が出来るだろうってワケだ。&br;そこまで出来りゃあ君だけだけでなんとかできちゃいそうだけどね!ガハハハハハ!頑張れ若人!同い年だけど!&br;さっそんなとこでアドバイスは終了だ、精々消えないように頑張りなさいな。困ったらお爺ちゃんに頼んでね(チャイムも近いのでバイビーと自分の席に戻っていった。) -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-14 (日) 23:23:32};
---&COLOR(#a0522d){ふーむ…音の、聞き分けか(理屈としては分かったが、実感としてはイマイチだった)&br;ん、とにかくやれるだけやってみるよ。最近さ、色んな人に色んな話聞いてね、出来る事から色々やってみてるんだ&br;またなんかわかんなくなったら聞きにいくから!んじゃねー!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-16 (火) 20:48:53};
-  --  &new{2023-05-11 (木) 23:43:15};
-  --  &new{2023-05-11 (木) 23:43:12};
-  --  &new{2023-05-11 (木) 23:43:09};
-ユ・ウ・リ・ちゃーん ゲームはどう? 楽しめてる? カービ〇からやってくれたかな??&br; バランの方はまだだったらやらなくてもいいよ??&br; (相変わらずできるだけバランから遠ざけようとする先輩 そしてこれは定期考査の週に聞くことではない…) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 21:27:26};
--&COLOR(#a0522d){あ、つばさセンパイ!そりゃもう楽しんでますとも!&br;いや、楽しんでいた…というべきか…??ここ最近はですね、全然…触れてなくてですね…(赤点回避のため必死であった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:06:34};
---あ……(普通はそうだった、という顔)&br; 定期考査はゲームの敵…… ちなみにユウリちゃん、自信のほどは? -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 22:11:28};
---&COLOR(#a0522d){自信があれば私は多分ゲームしてますよ今…(沈痛な面持ち)&br;うぅぅ、勉強嫌いなんですよ私はー!せんぱいは、せんぱいはどうなんです…??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:14:14};
---(肩ぽんぽん)頑張って………&br; 私は…天才だから……勉強しなくても大丈夫なんだ…っ(余裕の微笑み)&br; (今日だって次のおススメゲームを持ってきたのだ 後ろ手に持っているのでチラチラゲームのパッケージが見えるぞ) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 22:20:23};
---&COLOR(#a0522d){てん、さい……?なんですか…?そんな、そんな非現実的な存在が…?(乾いた笑い)&br;ぬ、くっ、私は…私は負けませんよ!!そのチラチラ見えてるゲームの誘惑にも…っ!!(言いながらパッケージを確かめようと覗き込む体勢)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:24:39};
---(定期考査が終われば分かるだろう…全教科満点…鍵峰つばさ…)&br; おや〜おやおや〜 随分と気になっている様子… ユウリちゃんは早くもゲームの誘惑に負けかかってないかな〜?&br; (見えないように微妙に角度を変える しかし…ふとした時にタイトルが見える 「ファイナルファンタジア 10」)&br; (この国に住んでいれば一度は聞いたことがあるであろう超有名タイトルだ)&br; (今週最新のナンバリングタイトル16が発売するので徐々に沼にはめようと持ってきたのである)&br; (しかし危険、あまりにも危険…ッ もし手を出してしまえば破滅への片道切符) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 22:39:29};
---&COLOR(#a0522d){あっ それ!それ私も知ってます!昔友達がやってましたそれ!&br;(ちらりと見えた超有名タイトルに思わず声が出た。知らない筈がないのだ。テレビCMばんばん打ってたんだもんね)&br;(ごくり、と喉が鳴る。間違いなく手に取ってしまえば定期考査を文字通り投げ捨てることになるだろう。しかし―)&br;……あの、つばさセンパイ。それ………面白い、ですか…??&br;(逸る好奇心を抑えきれず漏らしたその一言。ゲーム好きであり、更に自分を沼に嵌めようとしている相手にこの質問は、禁忌―)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:43:59};
---見えちゃった……ああ…いたいけな少女が………(堕ちること前提になってる)&br; 一言でいえば……最高だよ(面白さと感動と切なさと 全てが詰まった笑顔)&br; 多くを聞かず、前情報も入れず、無垢なまま…是非やってみて欲しいの&br; (もうそっとユウリの手にパッケージ握らせてる) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 22:54:12};
---&COLOR(#a0522d){―っ、ず、ずるいですよその言い方ぁ!(思わず一歩、後ずさる。それほどまでにつばさの言葉に無意識の「圧」のようなものを感じた)&br;つ、つばさセンパイがそういうんなら…絶対面白いんですよねこれ…。確かにカービィも面白いですし…気を抜いたら電源入れちゃいそうになりますし…&br;(パッケージを手にすることを拒否することも出来た筈。それでも、己の手はしっかりとそれを掴んで離してはくれなくて)&br;う、恨みますからね…!これで赤点取ったら、つばさセンパイに何か奢ってもらいますからね…!!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 23:01:10};
---(多分起動して最初に流れるセンチメンタルなBGMで引き込まれて止まらなくなると思う、思うけどそんな野暮なこと言わない先輩だ)&br; (ただ笑みを浮かべて)やってみれば、分かるよ……&br; (奢ってもらうの言葉には頷いた 赤点は否定しなかった こうして悪い先輩は帰っていった)&br; (頑張れユウリ、死ぬなユウリ! 全ては君の理性にかかっている…!!!) -- [[つばさ>ZS/0022]] &new{2023-05-11 (木) 23:13:13};
---&COLOR(#a0522d){くっ、絶対、絶対にゲームの誘惑なんかに負けたりしないんですからねー!!(と、叫んでセンパイを見送った)&br;(その後、パッケージを何度もチラチラと見ては苦しそうな表情でカバンに戻すユウリの姿が見られたとか)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 23:30:36};
-ユウリちゃんて部活とか入りよんー? (お昼休み、合同授業の流れで一緒に1−1教室でご飯 コンビニのサンドイッチをもぐもぐしつつ) -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-09 (火) 19:02:15};
--&COLOR(#a0522d){ん〜〜ふぁいっふぇるふぉー(もごもご)&br;(ごくん)ふぅ。此間の勉強会あったじゃん?あれ主催してた互助部ってのにね。割と最初っからいるんだー。ユエちゃんは?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-09 (火) 23:04:38};
---ふぁいっふぇるんねー (はぐはぐ) あ、互助部ー いつもしきみん先輩達にもお世話になってますー (へこー、と机に手をついて)&br;ボクは帰宅部ー 委員会にも入ってないから完璧フリーでさー 聞いてみると、結構みんな部活に入ってるんよねー、出遅れた感ー(//ここで文通ですまない……!) -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-09 (火) 23:20:01};
---&COLOR(#a0522d){いえいえこちらこそー。ぶちょーも私たちも、割と好きでみんなの世話焼いてるからねぇ(気にしないで―、と笑った)&br;ふむふむ、帰宅部かぁ…(ユエヤンの言葉に何事か思案し)ね、ね、ユエちゃんさえよかったらユエちゃんも互助部…どう?&br;ちょーどこないだ部長から勧誘は任せた!って言われちゃってさ。互助部は新入部員募集中なんですよ!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-09 (火) 23:27:12};
---&COLOR(#a0522d){//ぶんつーりょうかい!遅くなってごめんよぉー!}; --  &new{2023-05-09 (火) 23:28:07};
---世話好きな良い人の集まりなのだわー この間の合宿で食べたユウリちゃんのチョコブラウニーも美味しかったし― (思い出しにっこり)&br;え、ボク? 互助部にー? (首を傾げて) ボク役に立つかなあー、のんびり屋だしー&br;でも、皆と過ごすのは楽しそうだしなあー…… (うーん、と首を傾げて そして頷く) じゃあ入るー ユウリちゃんもいるしー -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-10 (水) 17:47:53};
---//こちらこそ早寝でごめんよーお! --  &new{2023-05-10 (水) 17:48:09};
---&COLOR(#a0522d){そういうのが好きだからこその互助部!ってのはあるよねー。みんなからのありがとうとか、結構嬉しかったりするんだー(へへ、と照れたように笑い)&br;あ、ホント?やったね!勧誘大成功!(ぐ、と大げさにガッツポーズしてみて笑う)&br;互助部、基本的にはみんなでゆるゆるしてるし、部室でのんびりするのも全然オッケーだからさ!大歓迎だよ!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-10 (水) 22:08:53};
---ユウリちゃんはいいこだねー 撫でたろー (よしよし、と頭を撫で)&br;大成功― *ユエヤン が なかまに はいったー (テテテテーン、と口でそれっぽいSEを言って) 放課後にでも寄って入部届出してくるよー&br;ボクも何かの役に立てればいいなあー 体力も筋力もないけどもー -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-10 (水) 23:53:56};
---&COLOR(#a0522d){うへへー(撫でられてとろけた顔。満足気にふす、と鼻を鳴らして笑う)&br;うんうん、ぶちょーもみんなも、喜んでくれる筈!よーこそ互助部へ!&br;大丈夫大丈夫。私もそんなもんだし!基本的には生徒からの小さなお悩み相談とかばっかりだしね!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 00:05:33};
---いえいいえいー、よろしくねごじょぶー (ハイタッチ) 小さなお悩みかー……&br;…… ……背が小さいのが悩みなんです、あと2cmなんですー (自爆ダメージ) -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-11 (木) 00:24:51};
---&COLOR(#a0522d){―ごふっ(流れ弾で血を吐く)&br;や、やめよう自爆テロ…身長は、身長はね…高校生になって伸びてなければもうそんなに…(言ってて苦しくなってきた)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 00:40:46};
---そうだねー、まあボクはこの身長で諦めがついてるんだけどねー (はふー、とため息をついて)&br;あとはボク達は、前後左右に増えるしかないのじゃー 運動せなー…… (年頃の悩み 頬っぺたもちもち系なのでお肉が付きやすいようだ) -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-11 (木) 01:16:47};
---&COLOR(#a0522d){前後左右…ユエちゃんは前に増えてくからまだいーじゃんよ!私全然前方向に増えないんですけどー!&br;(ぎー、と悔し気な視線をユエヤンの身体の一部に送る)横に増えてくしかないんだよなぁ私は…運動、運動なぁ…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:05:40};
---前方向は遺伝が大きいからねえー ……後方向にも増えるんやけどー…… (立派な大陸棚に手を置きつつちょっと遠い目をする)&br;ユウリちゃんのバランス取れたスタイルも良いと思うけどねー 一緒に今度京都観光ついでにウォーキングでもするー? 地元だけどもー -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-11 (木) 22:47:59};
---遺伝ねぇ……(思い浮かべる親戚筋に、大陸棚持ちなど一人もおらず改めて溜息をついた)&br;お、いいねぇそれ!ウォーキングってことはぁ、んー…清水さんから八坂さん回って祇園から河原町、とか??&br;(定番のぶらり歩きコースを思い浮かべながら楽し気に微笑んだ) -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 22:50:10};
---ボクのはお母さん似ってわけでもないんだけどねー (その辺りで予鈴が鳴る 食べ終わったごみをひとまとめにしつつ)&br;あ、いいねー、でも祇園河原町あたり美味しいお店もあるから誘惑も多いー 痩せたいけど食べたい、心がふたつある〜&br;(ちいかわになりながら、今度行こうね、と指切りして隣のクラスに戻っていった) -- [[ユエヤン>ZS/0027]] &new{2023-05-11 (木) 23:04:17};
---&COLOR(#a0522d){約束だよー(と、大きく手を振ってユエヤンを見送って)&br;ふふふ、ユエちゃんとデートだ!何しよっかなー…楽しみだなー…(運動、という建前はどこへやら。鼻歌交じりに一日ご機嫌だったとさ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-11 (木) 23:43:03};
-それで、最近はどうかな?人助けできてる? &br;互助部の活動は(リストに載ってないのも含めて行間で大小いろいろあったが)結構役に立ててる感じかな。 -- [[樒>ZS/0009]] &new{2023-05-08 (月) 22:03:30};
--&COLOR(#a0522d){あ、ぶちょー。えぇ、おかげ様で?っていうのも何か変ですかね?&br;(自分で言っておいてん?と首を傾げつつ)日常的に人助けというか、契約と履行が出来てるおかげで、大分こっちへの私の存在の固定も安定してるっぽいですよ!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 22:57:11};
---わりと合ってるんじゃないかな。こっちは活動が捗ってお互い様だけどね。(肩を竦める) &br;何より何より。根本解決には至らないかもしれないが、対症療法はそれはそれで続ける価値がある。 &br;部活動について何か要望だとか、もっとこうしたいだとか、そういうのはあるかな。まあ、一応部長としてね。 -- [[樒>ZS/0009]] &new{2023-05-08 (月) 23:09:16};
---&COLOR(#a0522d){win-winってヤツですね!(賢いっぽい言葉を使えて満足気な顔)&br;ですねー。取り合えずはこのまま安定させつつ、在学中に怪異を切り離せれば御の字かなーって思ってます!&br;って、要望…ですか?んー…何、と言われてもパッと思い浮かばないんですよねぇ&br;(む、と腕を組んでしかめっ面)ん〜〜〜……あ、そうだ!部員の勧誘とか私がしちゃってもいいですか?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 23:12:56};
---それな。(実際用法としてはばっちりなのであった) &br;切り離しのときには呼んでくれたら何かしら手伝うよ。これで一応専門家のはしくれだからね。本当にはしくれだけども。(それはさておき、と話題を移す) &br;全然いいよー。俺は俺で結構受け身だから、そういうアクティブな子がいてくれると新しい出会いもあるかもしれないし。 -- [[樒>ZS/0009]] &new{2023-05-08 (月) 23:30:42};
---&COLOR(#a0522d){頼りにしてますよ、ぶちょー(ふふん、と何処か嬉し気に笑って)&br;お、いいですか?それならもっと勧誘しちゃおっかなー。此間の合宿も実は参加したいなーって人何人か居たんですよ&br;あーいうイベントごとなんかも人数多い人が楽しいでしょうし…よしよし、テンションあがってきた!(ふんす)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 23:43:52};
---頼られるのは悪い気がしない。 &br;勉強合宿は広く参加を募ったつもりだったけど、オープン感がもうひとつ足りなかったかなー。反省点だ。 &br;そういう部分も含めて、活動が広まると俺としてはとても助かるので、どんどんやってほしいかな。 &br;(勧誘活動でこれどうなのとかあったら遠慮なく相談してね、とかフォローを加えつつ) &br;じゃあよろしく。(びしりと勧誘役に任命して、予鈴とともに去っていく。お昼休みだったらしいよ) -- [[樒>ZS/0009]] &new{2023-05-08 (月) 23:51:54};
---オッケーですぶちょー!それなら次からは私がばーっと走り回って宣伝したりしよっかなー&br;(色々と考えを巡らせているようで、楽しそうに身体を揺らし始めた)&br;はいな!これからもよろしくおねがいしまーっす!(び、とそれっぽい敬礼をして去っていく姿を見送った) -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-09 (火) 00:05:01};
-Hello!互助部のユウリはこのクラスですか!(スパーンとドアを開けて)互助部の人に自己紹介して歩いているマヒナです!&br; よろしくお願いします!(突っ込みの暇を与えない勢いで握手の手を出す) -- [[マヒナ>ZS/0020]] &new{2023-05-08 (月) 00:09:08};
--ワーオマヒマヒ!ウェルカムウェルカーム!!(突っ込む気も無くがっしりと握手してぶんぶんと上下に振る)&br;互助部の元気印とは私のことだ!よろしくね! -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 00:20:50};
---Thank you!Thank you!ユウリは確かに元気です!(ブンブンに付きってさらにブンブン振るアメリカン)&br; 互助部のゲンキジルシ……つまりユウリは私のライバルと言う訳ですね!分かりました私も負けないです!(親指立てつつぱちーとウインク) -- [[マヒナ>ZS/0020]] &new{2023-05-08 (月) 00:26:34};
---&COLOR(#a0522d){ふふん、互助部にどんどん人が増えてて嬉しい限りだよー&br;二人でこれからも互助部を盛り立てるとしようぞ!(ウインクへの返礼とばかりに此方もサムズアップしつつウインク。出来ていない)&br;ところでマヒマヒは何でまた互助部に?人助け好きなタイプ??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 00:32:57};
---Yes!もっと増えて欲しいですね!私はゲーム開発部ともカケモチしていますけれど、そう言う人を引き込むのも良いかもですね!&br; What?人助けは好きです!困ってる人が喜ぶのを見るのは嬉しいですから!でも、それだけじゃなくて……&br; 怪異を間近で見られるかもしれない、と言うのがあったので参加しました!参加後に一回そういう事件があったので参加して正解でしたね!&br; ユウリもゴジョブに入ったのは人助けだけですか?(カウンター質問) -- [[マヒナ>ZS/0020]] &new{2023-05-08 (月) 00:43:17};
---&COLOR(#a0522d){うむうむ、私の周りにも掛け持ちしようかなって人いるしね。もっと積極的に勧誘してみようかなぁ&br;怪異を間近で…って、中々珍しい理由じゃない?怪異なんてあんまり近づかないに越したことはないような…ワケアリ?&br;あ、そうそう。私もワケアリでね。私の場合は人助けが好きなのもあるけど、人助けしなきゃいけないからさ!諸々の事情で!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 00:45:45};
---&COLOR(#a0522d){//ネマース}; --  &new{2023-05-08 (月) 01:02:20};
---Umm...ワケアリ、なんでしょうか?ただ興味が抑えきれないと言えばいいのか、漫画で言えば「あこがれはとめられねえんだ!」ですね&br; もしその動機に理由があるとしても思い当たりません。(うーんと唸る、本当に理由に心当たりがない)&br; What.しなければならない、ですか?ユウリも色々とワケアリなんですね、もし私にできる事があればお手伝いします!(むん)&br; //リョウカイ!オツカレサマデス! -- [[マヒナ>ZS/0020]] &new{2023-05-08 (月) 01:39:05};
---&COLOR(#a0522d){ふむ、ってことはホントにただの好奇心ってことかぁ。すごいねマヒマヒ、私とは大違いだなぁ&br;(ほぉ、と感心したように溜息一つ。表向きなポジティブさは似たように見えても、マヒナと自分では根本のところに大きな差があるのかもしれないな、何て思う)&br;んー、気持ちは嬉しいけどこれって私自身にしか出来ないことなんだよねぇ(あはは、と苦笑い)&br;ま、助けてほしくなったらその時はちゃーんとお願いするよ。もちろん、マヒマヒだけじゃなくて互助部の皆にもね!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 22:42:16};
---hmm?大違い?mmm...(何が違うんだろうとしすごい真剣に悩むアメリカン)分かりません!&br; でも理由がどうあれ人助けは人助けですよね!そこは同じだと思います!(ぶんぶかぶん)&br; Oh,Yes!はい、ユウリが何を抱えてるのかは分からないですけれど、一人で出来ないならみんなでやりましょう!all for oneですね!&br; それじゃあ私はこれで戻りますね!see ya!(手を振り振り一年生の教室を出ていくのでした) -- [[マヒナ>ZS/0020]] &new{2023-05-08 (月) 23:03:16};
---&COLOR(#a0522d){あーいいのいいの!マヒマヒの言う通り、人助けは人助け!取り合えずはそれでいいかなーって&br;(うんうん、とマヒナの言葉にうなずいて朗らかに笑った)&br;そうそう、互助部もさ、一人で出来ない依頼はみんなでやるし、それとおんなじってことで!&br;はーい、またねー!(と、ぶんぶんと手を振って見送った後)………あれ、マヒマヒって二年生??(今更な事実に気づいたのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-08 (月) 23:08:50};
-  --  &new{2023-05-07 (日) 00:26:56};
-  --  &new{2023-05-07 (日) 00:26:53};
-  --  &new{2023-05-07 (日) 00:26:50};
-(一年一組の教室。つい先程授業も終わった放課後、ユウリのもとにとてとてと白髪頭がやってきて)&br; えっと、ユウリちゃん。今ちょっといいかなぁ?あなたにちょっとお願いがあって…(そう言う少女は、バックからごそごそと何かを取り出そうとしている) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 21:57:09};
--&COLOR(#a0522d){んぁ?何々、どしたのキミちゃん。私へのプレゼント?愛の告白ならいつでも受付中ですよーっと&br;(にひひ、と軽口を叩きながらキミが取り出すものが何かを気にしているようだ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 22:03:39};
---そしたらせめて校舎裏で声かけた方がよかったかな?伝説の木の下、までは行かなくとも(くすくす、と微笑んで取り出したのは…ラップにかけた小さな小皿だ)&br; これ、お菓子の大会に出すつもりの試作品なんだ。前に互助部の人に食べてもらったんだけど…折角なら、同じ互助部のユウリちゃんにも意見聞きたいな、って。&br; (ラップを外せば、桃のコンポート。一見、しっとりとした桃の切り身だが、上にはピンク色の花びらが乗っている。桃の花びらだろう。そして、切り身に円を書くように桃色のライン。ソースだろうか) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 22:19:06};
---&COLOR(#a0522d){いやいや、時と場所を選ぶ愛なんてのはナンセンスだよキミちゃん。愛は止まらないものさー&br;っと、おぉ。何か凄いの出てきたな。…きれーだねー。これ、キミちゃんが作ったんだよね?&br;みんなから話は聞いててさ。羨ましかったんだぁ。ありがと、キミちゃん!食べてもいいかな?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 22:22:32};
---恋は猪突猛進、なんて言うもんねぇ(あはは、と冗談めかして言い、小皿をとん、と彼女の机の上に置く。ドライアイスで冷やしていたので保冷は万全だ)&br; うん、前に意見聞いたのを取り入れて改善した最終候補!これがいい感じだったら、これで大会に挑もうって思ってる。たべてたべて!&br; (胸に手を当ててどきどきしながら様子を見守る。なお、花びらは桃の花弁を塩漬けしたしょっぱさのアクセントを加えるもの。ラインは同じ桃を煮詰めた濃い味のソースだ) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 22:33:01};
---&COLOR(#a0522d){おぉ、私なんかが最終候補担当とは…。ふふ、なんか緊張しちゃうねぇ(照れくさそうに笑いながら、机に置かれたお菓子を一口)&br;(口の中に広がる濃厚な桃の甘味と豊かな香り。それを更に引き出すソースの舌触りの中に、塩漬けされた花びらが爽やかなアクセントとなり、言葉に出来ないような美味しさが駆け巡る)&br;〜〜〜〜っ!おいしーーー!これ、これすごいよキミちゃん!これ手作りって、これ!美味しい!&br;(悲しいかな語彙力が無い。ただただ、大げさな身振り手振りで美味しいと繰り返す)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 22:40:05};
---(静かにユウリが桃のコンポートを食べるのを見守る。自信はある程度はある、あるがなにせ素人だ。自分の舌だけを信じきれる程の腕じゃない)&br; ………わぁ!ほんと!?良かったぁ!(彼女の反応を見て、ほっと一息をつく。その大げさな身振りで、笑顔も生まれて)&br; あはは、大げさだよぅ、でも、ありがとね。桃の良さを引き出すために色々手を加えたから、味のバランスが崩れてないか気になっちゃって…&br; ちなみに…歯ごたえとかは、大丈夫かな?味はともかく花びらが邪魔になってたりしない?(なんて聞いたりする) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 22:47:24};
---&COLOR(#a0522d){いやいや、ホントに美味しいよこれ。食感に関してもぜーんぜん問題ない!&br;(柔らかな桃の歯ざわりの中に時折混ざる花びらの異質な噛み応えが、殊更にアクセントとしての味わいを深くしている、とは伝える語彙力が無い)&br;何かこうね、桃の食感の中に時々、こう…違ったのがあって、それが……うん、美味しいんだ!&br;(雑な食レポではあるが、ふんふんと鼻息荒いその様子から、本心から美味しいと思っているであろうことは見て取れるだろう)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 23:03:29};
---お、むしろプラスになってるって感じ?ふむふむふむ、そういう効果もあったかぁ!(心のメモにしっかりと書き加えておく)&br; 自分じゃ繰り返し繰り返し食べすぎて、そういう感覚も分からなくなっちゃってさぁ。ありがとう、助かったよ。&br; (とても嬉しそうな笑顔で、軽く頭を下げて、礼を言う)それじゃ…もーこれ、もうこれ以上手を入れるとこも思いつかないしこのまま大会に出しちゃおう!&br; ユウリちゃんのお墨付きももらったことだしね!(ぐっ、と小さく腕を立ててガッツポーズ。これだけ美味しく食べて貰えれば気合も入るというものだ) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 23:09:57};
---&COLOR(#a0522d){これなら絶対イイとこ行くって!私が保証する!(どん、と無い胸を叩いて満足気に頷く)&br;(たかだか素人の少女の保証があったとてどうか、というモノではあるのだが―)大会が終わって、凱旋報告を楽しみにしてるからね!&br;(どうやら悠里の中では完全に金賞受賞まで話が進んでいるようだ。ふんふんと興奮したままあれやこれやと楽し気に語る)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 23:28:58};
---ふっふっふ、私一人の力でなく、ユウリちゃん含めた互助部の皆の力があるんだから絶対いけるよね!(なんて、無根拠な自身をみなぎらせ)&br; おっけおっけ!万が一悪い結果だろーとお知らせするよ!まー少なくともー?優勝なんかして当然っていうかー?(ふふん、と。流石に冗談だが、気分だけはそんな気分で笑い)&br; じゃ、早速これでエントリーしないとかな(と小皿を片付け、バックに仕舞い)試食ありがとねー!(手をぶんぶん振りそう言って、教室を後にした) -- [[キミ>ZS/0026]] &new{2023-05-06 (土) 23:42:13};
---&COLOR(#a0522d){その意気だ!キミちゃんの報告、楽しみにしてるからね!いってらっしゃーい!(去っていく背中に同じくぶんぶんと手を振り返し)&br;いいなぁあぁいうの。私もお菓子作りとか練習すべきかな…女子力向上のために&br;(お菓子の味に思うところがあったのか、そんなことを呟いたとか)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 23:52:28};
-  --  &new{2023-05-06 (土) 21:25:13};
-  --  &new{2023-05-06 (土) 21:25:11};
-  --  &new{2023-05-06 (土) 21:25:08};
-(スポーツ大会の後に廊下で見慣れた顔を見つけ近づいてくる)&br; こんにちわ、ユウちゃん。ホームランダービー見かけなかったけど、出なかった?忙しかったり&br; (上半身を曲げ『大丈夫でしょうか?』とユウリの顔を覗き込む) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-05 (金) 00:01:28};
--&COLOR(#a0522d){やー、間の悪いことに色々立て込んじゃってさぁ。出たかったよホームランダービー…無念(がくり)&br;んで、キリちゃんは出たの?結果とかぜーんぜん知らないんだよ私}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-05 (金) 00:43:56};
---そっか。それは残念。だったら折角だし話でもしようか(落ち込む様子のユウリの傍に立ち)&br; 俺は出たよ。一応3分間で87本ホームラン打った。結果としてはまずまずだね&br; 他に100本とか平気で打つ人がいるので流石にさ〜そこまでは(軽い調子で笑い) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-05 (金) 00:47:14};
---&COLOR(#a0522d){いや、3分で87本も大分人間やめてる気もするけど…というか流石は男の子って感じするねぇ&br;(創真の語る結果に苦笑いしつつも、その運動神経には感心しているようだ)&br;いやさ、私スポーツとかあんましやったことないから、そういうので結果残せるってのは素直に尊敬するね&br;100本とかのレベルと比べるとキリないよー。キリちゃんだけに!(ドヤ顔)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-05 (金) 01:20:57};
---&COLOR(#a0522d){//すみません、諸般の事情で霊圧不安定になってまして…明日以降には多少マシになるかと…。ねます}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-05 (金) 01:21:41};
---俺の場合チート有りなので〜(『実際自分の出したバットを使えばユウリもそれぐらいは打てるだろうと』思いつつ)&br; なので俺の結果は参考にしなくてもいいと思うよ?(謙遜しながら)&br; それに学内のホームランダービーで頑張った所で。就職にはユウリに働かないと思うしね〜(と、どや顔をし返す) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-05 (金) 01:27:15};
---//お気になさらず!と言うか付き合ってくれてありがとう!よく寝てまた明日! --  &new{2023-05-05 (金) 01:27:49};
---&COLOR(#a0522d){チート…?ってことは異能使ったってこと?あの色々作れる異能で作ったモノって、なんか付加価値とかつくわけ?&br;(うん?と合点の行かない顔で首を傾げる)む、やるなキリちゃん。咄嗟にその返し…流石は私が見込んだミストフレンズであることよ…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 00:13:34};
---自分の意志で自由に動かせます。あんまりやると疲れるんだけどね&br; (掌から小さい扇風機が出現する。動力があるわけでもないのに首を振ってそこそこの風を送るそれ)&br; へへー!お褒めにあずかり光栄ですユウちゃん。以後も研鑽して行きたいと思いますーーー!&br; (跪き首を垂れるそれっぽいポーズ。ついでに手に持った扇風機を差し出し) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-06 (土) 01:02:53};
---&COLOR(#a0522d){はぇ〜〜〜〜便利なもんだねぇ〜〜〜(扇風機の風に当たって変な声を出しながら)&br;うむ!苦しゅうない!これからも精進…ってこれ貰っていいの?いや嬉しいけどさ&br;(もらえるものは有難く貰う主義である。頷きながら扇風機を受け取って満足気)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 01:09:21};
---でしょー。バットも自前の出して操って打ったのだ(自慢げに自分のイカサマを暴露しつつ立ち上がり)&br; いいよ?疲れるので10分もせずに動き止まるけど、それ(流石に動かしっぱなしは疲れるらしく、ことの他短い寿命を告げ)&br; あ、因みに俺の所属してたBチームは残念だけど2位に収まりました&br; されにそれはそれとして、近頃物騒な怪異に遭遇したからユウちゃん帰る時は気を付けてね?&br; (と、自分がかかわった[[怪異事件>http://notarejini.orz.hm/?ZS%B5%FE%C5%D4%BB%D4%C5%D4%BB%D4%C9%F4]]の話をしつつ) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-06 (土) 01:24:18};
---&COLOR(#a0522d){えっ割と儚い…君との時間もあと僅かなんだね……あぁぁぁぁ〜〜〜&br;(想像以上に短い寿命にショック。せめてもの思い出作りに変な声を出して風を浴びつつ)&br;はぇ?怪異…?(首を傾げつつ話を聞いて。創真の語りが進むにつれて眉間にしわが寄っていく)&br;えぇー…何か、嫌だなぁ。私も怪異と縁が無いわけじゃないけど、化け物みたいなのと戦えるかと言われると…うーん(想像して苦い顔。戦闘が出来ないワケではないが、決して自信があるわけでもなく―)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 01:31:16};
---&COLOR(#a0522d){//ネマース}; --  &new{2023-05-06 (土) 01:31:32};
--- それ以上は疲れるので勘弁してー?(言いながら変な声出してるユウリを見て微笑み)&br; き、気を付けてね…?遅くなる時は携帯でLINEでも良いんで呼んでくれれば俺が自宅まで送るから…&br; (心配そうな顔してのぞき込む。過保護な兄か何かみたいだった) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-06 (土) 01:39:52};
---&COLOR(#a0522d){あ、そっか。結構体力消耗するんだっけ?ごめんごめん(スイッチを切って苦笑い)&br;んー…もしホントに怖くなったら連絡してもいい?多分大丈夫だとは思うけど、頼れる相手がいるってだけでさ、怖いのは薄れるからね&br;(照れたような、バツが悪いような。曖昧な笑顔を浮かべてスマホに目をやった。使うことが無ければそれでいいのだが―)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 16:18:54};
---もちもちの木!じゃなかった。勿論!&br; 呼ばれたら、飛んで行きますんで!(比喩じゃなくこいつは本当に飛んでくる)&br; (複雑な表情を浮かべるユウリも気にせず、明るい調子で答えた)&br; さて、じゃーま、今日はこれにて!また会おうユウちゃん!(手を振って走って去ってく) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-06 (土) 18:00:24};
---&COLOR(#a0522d){(人を助けることを優先していた筈の学生生活の中で、人に助けて貰うことを考えることになろうとは―)&br;(何とも言えないモヤモヤが心の中で渦巻くが、目の前の青年の明るい声色と晴れやかな笑顔で、少し楽になった気がした)&br;ん、キリちゃんも気を付けて!また部活でねー!(去っていく背中にぶんぶんと手を振って)&br;……もう少し、鍛えた方がいいのかな?(なんて一人呟くのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 21:22:22};
-裏番さん1年1組だったんだー!?(隣のクラスで驚いてる)1年から裏番やってるとかやべえよぉ…神童かよぉ…&br;…あっ、そうそう英語の教科書。とっっても助かったですよ、ありがとうー!(借りてたのを差し出す) -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-05-04 (木) 19:52:57};
--&COLOR(#a0522d){ヘイうず君!その言葉だけで私は満足ですようず君!苦しゅうないよ!(思い出したかのような裏番ムーブ。無い胸を張った)&br;これからもバシバシ私を、もとい互助部を頼ってくれていいからね!互助部はいつだって困った貴方の味方なので!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-04 (木) 23:53:21};
---ははっ、ありがたきお言葉でございます〜!(時代劇的に平伏)&br; いつだってって所がとっても心強いですねぇ。んあ…でも、そんな何度もお世話になってたらこう、なんか悪い気も…&br; 裏番さんは日夜怪異をこう、やっつけたりして忙しそうですしっ!うん、絶対強いに違いないし(バシーン、と一撃の下になぎ倒すような動き) -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-05-05 (金) 20:28:11};
---&COLOR(#a0522d){そんなこのと気にしなくていいってぇ!何たって互助部、割と依頼に飢えてるからね&br;依頼が無い日はわりと皆のんびりしt―(言いかけたところで、うずの勘違いが不味い方向に発展していることに気づいた)&br;え、えとね?うず君??私は確かに裏番的なアレかもしれないけどね、そんなに好戦的じゃないっていうか…争いってよくないって思わない??(苦しい)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 00:16:07};
---互助部って普段はわりとまったりしてるんです…?前依頼しに行った時のキビキビバリバリ動いてる姿が印象的でぇ…&br; 皆の困った事解決しますって、そうそう皆やりたがることじゃないでしょう、今でもすげーなー、って思ってますよおれ&br; …ええー、でもウラバンてこう、強いってウワサで…&br; (と、ココであれ、というかそれじゃあ…もしかしてウラバンだけどフツーに優しい人なのでは…?と気付き始める)&br; あっ……もしかしておれスゴイ・シツレイな事してました!?(あわわわわわ) -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-05-06 (土) 00:27:57};
---&COLOR(#a0522d){皆凄い、ってのには同意かな。私も人助けは好きだけど、互助部で活動してるのには理由があるわけだし?&br;その点ぶちょーとか他のメンツはさ、ちゃんと「人助け」を目標にしてるもんね。だから、凄い(深く頷く)&br;あーいやいやいや!!その、私が!私が適当なこと言ってたのが悪いんだから!うず君はぜーんぜん悪くないから!&br;(慌てるうずの姿に此方もあわあわと手を振った)いや、ほんとごめんっ!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 00:52:43};
---(「人助けは好き」の言に天を仰ぐ)矢張り…ウラバンの志は高かった…(パアアア…)&br; そーいう活動に打ち込むぐらいなら皆なにかしら、理由あるもんですよね。いや無かったら無かったでナチュラルボーン・人助けマンなのでそれはそれでスゴイですけど(うんうん、とふかーく頷く)&br; いやいやいや、いーんです!そんなIQ1800とか10ヵ国語バリバリの帰国子女とか勝手にウワサに踊らされて…!&br; そんなんより、ユウリさんがおれに英語の教科書貸してくれたのは間違いないじゃないですか!それだけでおれにとっては名誉ウラバンですよ。 -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-05-06 (土) 01:06:58};
---&COLOR(#a0522d){人助け、やり始めると結構楽しいからね。皆でわいわい言いながら楽しんで、それが誰かのためになるって結構いい感じだと思わない?&br;(キミもどうだい互助部、なんてナチュラルに勧誘しつつ)&br;っていうかそこまで尾ひれついてたのか裏番…。これは気軽に名乗れなくなるな…(むぅ、と小声でつぶやいた)&br;…にひひ、なんかそうストレートに褒められると照れるな!このこのぉ!(照れ隠しに指先でうずの肘をつつきつつ)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 01:11:48};
---いい感じだと思う(と頷く)でもおれ、互助部してもごろごろするぐらいしか出来なさそうでぇ…(異能の汎用性が…死んでる!)&br; そこはもう、私が元祖ウラバンだ!もんくあっかー!って開き直っても良いんじゃないです?皆元祖ならそうがないよねぇ…てなるに違いないですよ&br; ワ…ウワーッ(なんかつんつんされとる)えっえっ、ナンデナンデ!まあ嬉しそうだから良いけど…!&br; と、んじゃそろそろ教室移動しますんで。また今度!これからも人助け、がんばって下さい!(ぴ、と心のウラバンに敬意を表すると教室から出ていった) -- [[水内うず>ZS/0025]] &new{2023-05-06 (土) 01:52:18};
---&COLOR(#a0522d){部室ででごろごろして無為な時間を過ごしたり、楽しく遊んでるだけでもいいんだ(いい)&br;異能使ってのバタバタなんてそうそう無いからね。基本的には小規模な相談とかばっかりだし、いつでも歓迎するからねー!&br;(待ってるぜー!と、去っていく背中に声をかけつつ手を振った)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 16:21:14};
-(休み時間中に廊下で見かけたユウリに店員モードと真逆のゆるい声掛けをする)&br;お、霧島ちゃんではないか。大丈夫? 財布の傷癒えた? 楽に稼げる怪しいバイトとかに手を出してない? -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-05-03 (水) 20:14:03};
--&COLOR(#a0522d){ほぁ?(店内での雰囲気とのギャップに一瞬認識が遅れた。故に、間の抜けた返答)&br;って、灯華センパイですか!財布の傷は来月の仕送りまで持ち越しですよ…。学生の身分でそうそうバイトも出来ないんですよねぇ&br;ほら、私互助部員ですし、放課後は部活がですね…(依頼の無い日は部室でダベってるだけなのを思い出して目が泳ぐ)} -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-03 (水) 23:54:09};
---今日もほぁ? がよく似合っているね霧島ちゃん。仕送り勢だったのか…それはつらい…退魔士は学生でもちゃんとやれば金が出るからなぁ&br;あー。互助部は部費から…普通の部活で部費から給料はでねーな(一人で納得する) 互助部で何してるんだね霧島ちゃんは、何係? エキセントリック言動係? -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-05-04 (木) 21:38:55};
---&COLOR(#a0522d){退魔士なんて専門職とは無縁ですよ私!そりゃ色々怪異だの異能だのには縁がありますけどね…(むぅ、と財布の中身を思い出してしかめっ面)&br;何ですか。私そんなにぶっ飛んだ感じの印象ですか?いやそりゃその辺の人よりはテンション高い自覚はありますけども!&br;(低い身長から見上げつつ、ばたばたと手足を動かしての抗議)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-04 (木) 23:51:52};
---怪異と異能には縁があるのか…怪異はまあその辺にいるからアレとして異能あるんだ?&br;いやあそりゃああなた、店で体で払うとか言い出すのは老舗和菓子店としても初の快挙だったから…仕方あるまい!&br;あとその動き小動物っぽいな霧島ちゃん! その路線で行こう! -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-05-05 (金) 22:31:39};
---&COLOR(#a0522d){ありますよぉー。疲れるしあんまり使いたくはないんですけどね!なので極力使わないようにしてるわけです(能ある鷹は何とかって言うし!とドヤ顔)&br;えぇー…だってあの時はホントに焦ったんですって!思ったより和菓子が高くて…いや、確かにその分美味しかったですけど!&br;この路線…?なんですか、この路線で行けば私モテモテですか?常に和菓子5割引きとかですか!?(わちゃわちゃとオーバーに動く)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 00:24:19};
---やだ…かっこいい…霧島ちゃんかっこいいよ〜(とりあえず上げる) で、どんな異能なん? 他人に言えるやつ?&br;コンビニ売りみたいな安売りしてるのとはモノが違うのだよモンが…!! それは何より、またのご来店をお待ちしております。来月かな???&br;う〜ん小動物系は男女問わずモテるので人気5割増しはありえるけど和菓子5割引きは遠い! -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-05-06 (土) 13:49:41};
---&COLOR(#a0522d){んー…端的に言えば、私の存在を通して繋がってる異界から、よくわかんない誰かの腕を呼び出す異能です!(ざっくり)&br;何かこう、おっきい鬼の腕?みたいなのを呼び出して、殴ったりはたいたり!(雑な説明だった)&br;ぐぬ、来月…流石に仕送りで財布の傷が癒えた瞬間に新しく傷を作りにいくのもなぁ…&br;それこそセンパイが私限定で常にサービス価格ってんなら話は別ですが!(むり)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 16:22:28};
---とてもざっくりしているじゃねえか…! うーん、ぱっと聞くだけで負担でかそうだな。そして危険もすごい感じる。大丈夫その異能?&br;アレだね、うん。基本怪異からは逃げたまえよ…退魔委員とか退魔士呼んでね…(戦える子じゃないわ! と再確認してる)&br;まあちょいとお高いからな…そして個人対象割引はない…ないっ! とはいえなんもないよ高いまま買ってね! だけでは人の心もない。&br;というわけでなんか考えておくわ。今買えなくても将来稼ぐようになった霧島ちゃんが常連になる可能性を捨てられない…!&br;今はこれしかないがそのうちまた来店してくれれば…情熱と…壊滅と…(鞄に入れてある羊羹単品(小さいスティックタイプ)を渡してから謎かつ特に意味のない言葉を囁いて去っていった) -- [[灯華>ZS/0023]] &new{2023-05-06 (土) 16:48:09};
---&COLOR(#a0522d){んー、大丈夫と言っていいのかどうか。まぁ、私がこうして元気なんだから平気ですよきっと!(けらけらと茶化して笑った)&br;お、おぉぉ……ありがたやセンパイ…これが、これこそがデキるセンパイというもの…(恭しく羊羹を受け取って首を垂れた)&br;またお金貯めて遊びに行きますんで!よろしくおねがいしまーす!(と、去っていく姿を見送ったのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-06 (土) 21:25:03};
-(教室での休み時間にて)ど、ど、ど、ドーモ、ピガガー!織部御影デス(カクカクした謎の動きと共にアイサツ)&br;今同級生達にアイサツ周り中なのだ、なのだが…なんだろうな、君からは親近感と共に相性の悪さも感じます。なんだろうな、目が見えてないから分からないな(うーんと顎を擦る) -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-02 (火) 22:31:44};
--&COLOR(#a0522d){ドーモ、ミカゲ=サン。キリシマユウリです!(アイサツにはアイサツを。実際礼儀タダシイ)&br;んー?親近感?相性??よく分かんね!(特に気にした様子もなくケラケラと笑う)&br;んでんで、どの辺に親近感??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-02 (火) 22:37:47};
---(アイサツにきちんとアイサツを返す少女、神聖な一瞬が訪れた。)&br;そうだなぁなんというか幸があるようで薄いというか運命がマイナス方向でヘイタンというか…&br;生まれながらにゼロを目指すかそれともマイナスに突き抜けるかが約束されてる感じがします、言ってる事はよく分からんが説得力を感じてくれ!&br;(((…ほーう。))) -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-02 (火) 22:43:52};
---&COLOR(#a0522d){んんんー…??(本当によく分からなかった。分かりやすく大きく首を傾げて眉をしかめた)&br;何かよくわかんないけど、私別にそんなネガティブでもないよ?いうて御影ちゃんもそんなネガネガしてるとも思えないしー…&br;(どうやらゼロだのマイナスだのを精神面での話だと受け取ったらしい)それとも御影ちゃん、思ったよりネガい感じー??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-02 (火) 22:48:32};
---ふっふっふだからこそだ!ミーはこう見えて意外と人生を儚んでいる!儚んでいるからこそエンジンにガソリンだけでなくニトロを入れるような生き方しか選べぬ!&br;つまりヤケという訳ですな、しかし君の場合はそう…そうやって前向きだから相性が悪い的な感じがしたのです。&br;まあ基本的に15年しか生きてないし10年以上ベッドの上で唸ってるだけの人生のアタシなので寝惚けてる程度に思って欲しい。あるよね厨二病的な。 -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-02 (火) 22:54:20};
---&COLOR(#a0522d){はー…御影ちゃん、意外とハードな人生背負ってたんだねぇ(初めて知る級友の背負ったものに目をぱちくり)&br;まぁ、私の場合は前向きになるしかないってのがあるからなぁ。私頭悪いし、一回ネガると長くなっちゃうからさぁ!&br;(けらけらと楽し気に笑った)だからさ、なるべく笑って居たいんだー。どうせ覚えてて貰うなら、笑顔の私の方が嬉しいし!&br;(に、と晴れやかな笑顔を見せて―)って、なんか恥ずかしいこと言ってね?これも厨二病ってやつ?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-02 (火) 23:04:10};
---案外ネガるのも悪くないずぇー?ネガッてネガッて全人類死ねとか祈りだすと突然救われる事もある…。&br;(((あまり良くない成功体験だなぁ…まあだからこそ私の耳にも君の声が届いたんだけれど。)))&br;しかしその考え方誉れ高い。誰かの記憶に残るなら笑顔の方がいい…(ギシイ…と邪悪な笑みを作る)こういう奴?&br;いいんですいいんです、青春なんて残り3年ぐらいしかないので悶えるような事を言っちゃって。生涯青春な人も居るかも知れないが! -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-02 (火) 23:14:36};
---まー自分じゃどうしようもない時とかね。ネガるのが楽な時はあるよね!わかるー…経験あるー…(遠い目)&br;そういう…うん、そういうの?中々にインパクトあるな御影ちゃんの笑顔…(おぉう、とちょっとのけぞる)&br;生涯青春!
!って響きはいいんだけどねー。私も出来ればずーっと青春してたいけどなぁ。大人になっちゃうんだろうなぁ…}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-02 (火) 23:16:34};
---ハハハッやはり似た者同士だ。だからこそ君はこれからも前を向いて元気でいて欲しいね!私はその分ネガッて楽な思いするから!ガハハ!&br;(胸を張れない事を胸を張って笑う、その胸は豊満であった。)&br;いつだって笑顔は込められるモン全部込めとけばいいんです!疲れた笑顔は大人になってからで十分!&br;そういう訳でこれから3年間よろしくキリシマ・ユウリ=サン。ゴッドブレスユー(チャイムが鳴り出せば女はスススと自分の席へ戻っていった) -- [[御影>ZS/0074]] &new{2023-05-02 (火) 23:47:22};
---&COLOR(#a0522d){こちらこそよろしく御影ちゃん!ゴーッドブレスユー!(戻っていく御影にひらひらと手を振って)&br;&br;――っ、!?&br;&br;(ぞくん、と背筋を、背骨を背後から引きちぎられるような嫌悪感が走った)&br;(ここ暫くは縁遠くなっていた異界への導き。存在消失の奔り)&br;(同じく見えない「何か」に呼応するかのように、裏側の世界の鼓動が身体を突き抜けた)&br;………なん、で…?&br;(ちらり、と先ほどまで話していたクラスメイトに視線をやるも答えは出ず。その後の授業はちっとも身が入らなかった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-03 (水) 00:09:24};
- --  &new{2023-05-02 (火) 22:28:36};
- --  &new{2023-05-02 (火) 22:28:33};
- --  &new{2023-05-02 (火) 22:28:31};
-&COLOR(#a0522d){へいへい!この時間なら今からでも遊びにいける!!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 21:41:58};
--&COLOR(#a0522d){イクゾー}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 21:42:09};
---デッデッデデデッ -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 22:35:33};
---&COLOR(#a0522d){カーン!(謎のSE)&br;よう来たのうエド君!!まぁまぁ座って座って(用意される座布団)};カ -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 22:38:33};
---カーンが入ってるヨシ!(ヨシ!してから)……はーっ!!この俺が誘い込まれただとー!?(促されるままお座布団に正座)&br;やるな霧島、してやられたというわけか……ッッ!(このどこからともなく生えてきたお茶もうまい) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 22:44:32};
---&COLOR(#a0522d){この空間に迷い込んだが最後!エド君は私にもてなされてゆるい時間を過ごすことになるってことよ!&br;(流れるように差し出されるお茶請けの羊羹。完璧な布陣であった)&br;で、どうよエド君。2組の様子は(此方は1組である)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 22:49:48};
---なんてこった、こうしている間にも張り詰めた緊張がほどけリラックスしていくのが自分でも理解できるぜ……(はふ。なんてくつろぎ空間だ…!)&br;んー?別にどうってこともねえよ?''ネームド4人中3人が日本人じゃねえけど''……まぁ、国際色豊かだよね!ってことで(羊羹もうまい……むっ!つぶあんですな!)&br;まーモブのみんなも気さくないい奴らだよ、そっちはどーよ?(1組まであまり行ってないのよね) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 23:06:07};
---&COLOR(#a0522d){それは割とどうってことあるんじゃないかな…グローバル化ってやつ?すごいなこの学校…&br;(はむ、と羊羹をかじりつつ訝し気な顔)ん、こっちはそこまで変わった人は居ないかも。まぁ私あんまりまだ友達増えてないからなんともだけどねー}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 23:12:58};
---2年にも金髪でなんかアメリカーンなパイセンいるしな…あと俺だっていぎりすじんだが?このくつろぎ空間も現在とても国際的なんだが?(正座で羊羹つまみながらなんかゆうとる)&br;……言われてみりゃ俺もクラスメイトとまだちゃんと話してないや。退魔委員会には入ったけど掃除しかしてねーしな…(やだ、私の交友範囲狭すぎ…?)&br;ほんとか変わったやついないかー?なんか「私は死ぬのー!あと一年で死ぬのー!」って1組の教室で元気に騒いでるやつとかいたぞこの間(あれが普通…?) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 23:20:31};
---&COLOR(#a0522d){そういやエド君もGAIJINさんだったね…。この空間に馴染んでるあたりとてもそうとは思えないけど!&br;え、退魔委員会って何それ。エド君そんな戦闘系の人だったの?ほえー…何か意外かも&br;(自分と対して身長の変わらない少年を勝手に同族だと思っていた様子)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 23:22:38};
---仕方ないんだ…おれ2歳からずっと日本住みだし英語できねーし…だからこの和風100%空間に馴染めちまっても仕方ない……アーイイ……(ずずー。音高くチャを啜る!)&br;ん?別にふつーの美化委員会みてーなもんだぞ?校内に低級霊避けのお清めしたりー、迷い込んできた浮遊霊にお札貼って成仏させたりー…あんまり戦ったりしねーな、うん&br;まぁ有事に備えていちおー鍛えてもいるけどな!俺は強くて……大人物だから!とてもつよいから!(キリッ。つよいおとこの頼れるキメ顔だ!) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 23:30:54};
---&COLOR(#a0522d){見た目と名前は滅茶苦茶かっこいい外国の人なのに、中身はこんなにも…ギャップってやつ?ウケるらしいよ?(他人事)&br;あれ、そうなの?てっきりもっとビシバシやる感じの委員会かと。だってほら、「退魔」って文字列ってそんな感じじゃない?(一般人思考)&br;大人…うん、大人だね。私よりもね、背は高いからね。カッコいいね(慈愛に満ちた瞳)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 23:38:58};
---なるほど……つまりかっこよくて日本的礼節もわきまえた俺はモテ必至というわけか…!いやまいっちまうなーモテちゃうなこれー!(たはー)&br;「退治」より「退ける」のほうの「たいま」なんじゃないか?俺もそのへん聞いてないけど、活動としちゃそんな感じー。いずれ戦えない生徒のための活動…そう、ヒーロー活動なのさ!たぶん!&br;そーだろそーだろでかくてモテてしかもヒーローということだ!おっと惚れるなよ俺に惚れたら苦労するぜ!?ライバル多いからな!たぶん!(なまあたたかい視線を受けて完全に調子に乗ってやがるぜ…!) -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 23:48:38};
---&COLOR(#a0522d){キャーエドクンカッコイー(これ以上無い棒読みで白々しい賛辞の言葉を投げかけつつ)&br;カッコいいエド君私の代わりに英語の宿題やってー!ついでにお昼ごはん奢ってー!&br;(なんてどさくさに紛れて勝手なことをいいつつ、謎ののんびり空間での時間は過ぎていった)&br;//ネマース!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 23:53:46};
---ふははははサインはしてやるけどハグはもっとステップを踏んでからだぜプリティガール!(こいつ…棒読みを素直に受け取ってる…!)&br;……あ、ごめん……さっきも言ったけど…オレ、エイゴ、ヨワイ……学食くらいはまぁ……しょーがねーなー!オレときたらモテモテ大人物だもんなー!&br;あっでも常識的な範囲でだぞ!?カッコイイ俺でも財布の中身までは完璧じゃないからな!(なんて話をしながらひとしきりチャをしばき…お昼もまぁちゃんと奢ったんじゃないかな?たぶん!)&br;//オヤスミー!! -- [[8世>ZS/0018]] &new{2023-05-01 (月) 23:59:10};
- --  &new{2023-05-01 (月) 21:41:33};
- --  &new{2023-05-01 (月) 21:41:29};
-&COLOR(#a0522d){気づいたら入学式とか色々終わってたんだけど…??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:07:46};
--&COLOR(#a0522d){これは完全に出遅れ…うぅん、今からでもどっか行ってみよっかなぁ}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:08:06};
---ローマ皇帝出遅れ(ディオクレ)ティアヌス!&br;フフフこれは出遅れとディオクレをかけた国語教師特有の超絶面白ギャグですよ。&br;そして互助部顧問として部員であるところ霧島さんの様子を覗き見に来たわけでもあります…(スッ…) -- [[十日菊>ZS/0010]] &new{2023-04-30 (日) 23:13:02};
---&COLOR(#a0522d){こうやって時空を歪めてしまえば来客対応もスマートってわけだね!(カメラ目線)&br;そして改めて菊せんせーわざわざありがと!いやぁ思いっきり出遅れちゃってどうしたもんかと思ってね…先生の気遣いがスーっと効いてこれは…ありがたい}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:23:18};
---出来ておる哉………カチャカチャッ ターンッ(これは時空の歪みを超えて創真さんの入部届を受理した音ですよ!)&br;まあ先生は気遣いというよりキチ…いけない!国語科教師なのに放送禁止ワードを発するという許されざる罪を犯すところでした…!&br;とにかくとにかく、出遅れとかどうとかは気にせずにー、花の高校生活をパーッと楽しめばいいと思いますよー。&br;楽しそうにしてる生徒を見ていると、先生も嬉しくなってくるのでフフフフフ… -- [[十日菊>ZS/0010]] &new{2023-04-30 (日) 23:29:30};
---&COLOR(#a0522d){流石キクセン!話が分かるし何も考えずに時空を歪めた私のお茶目なミスを華麗に修正してくれる…ッッ!!&br;ふふん、言われなくとも高校生活はばーっちり楽しむつもり!色々と厄介ごとはあるけれども、そんなもんより青春よ!&br;ちなみに菊せんせーは学生時代どんな青春だったのん?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:32:18};
---むむっ!先生の教師的アンテナが霧島さんの学生らしい内なる悩みを察知しかけた気がしますが、気のせいかもしれませんね!&br;(ポンコツアンテナ!…で、自分の学生時代のことを聞かれますとー)&br;[[http://notarejini.orz.hm/up3/s/exp037309.jpg>ロダ3:037309.png]] ………えっ? 私の…学生時代…? 青春………??&br;(表情がスンッ、と消えて………)&br;はぃぃ………無為に………ただひたすら無為に………過ごしました………&br;………だから…だがら゛っ゛っ゛!! 霧島ざん゛には同じ後゛悔゛をじでぼじぐないんでずっ゛っ゛!!&br;(かーらーの、ワンピース式感情決壊!!!!!) -- [[十日菊>ZS/0010]] &new{2023-04-30 (日) 23:46:28};
---&COLOR(#a0522d){うわぁ(うわぁ)&br;元気、元気だして菊せんせー…。失った青春は帰って来ないけど、灰色の青春もきっと今のせんせーを作る大事な1欠片だから、サ…(ウインク)&br;何なら私と今から青春しちゃう?せんせ、「しんろそーだん」って体でどっか遊びに行こうよ!(悪い誘い)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:50:50};
---うんっ…うん゛っ゛…!!(ぐしぐしと涙を拭いながら20歳以上年下の子に慰められる教員…)&br;はうっ!(そしてウィンクにきゅんっ♡ときましたよ!) そ、そんな、生徒と秘密のフララーンランデブーなんて不謹慎なこと…!!&br;ウワーッ!性犯罪者にはなりたくなーーーい!!!(すんでのところで自制心をきかせて、昭和のギャグマンガみたいなポーズで窓からぴょーんと跳び出て逃げ去るのでした!) -- [[十日菊>ZS/0010]] &new{2023-04-30 (日) 23:56:31};
---&COLOR(#a0522d){サラバキクセン…。また会う日まで…(窓から去っていく教師?を見て敬礼)&br;いやぁ、あんな先生が顧問ならごじょぶ、楽しくなりそうだなー!(くっく、と楽し気に肩を震わせるのだった)}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:58:59};
-- 暇そうですね彼女!何かに乗り遅れた。そんな時は&br; なんとなく知らない人に話しかけてみるのはいかが!&br; と、朝のめざましテレビで言ってたよ。ちなみにラッキーアイテムはカロリーメイト&br; いや、俺の場合いつもそんな感じだけど(なんか良く分からん奴がいきなり話しかけてきた)&br; って、わぁ!?先生まで?!互助部顧問・・・あ、入部届受理お願いしまーす(紙を差し出し) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:15:36};
---&COLOR(#a0522d){うぉぉ!いきなりお客様がどっと出てくる!!キクせんせーに同級生の誰かさん!なんか見覚えはあるが…??&br;というわけで私は霧島悠里!お二人ともまとめてよろしくねー!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:18:45};
--- 二組の創真霧人って言います。以後お見知りおきを…あ、カロリーメイト食べる?(制服からカロリーメイト取り出し渡そうとする)&br; 同じ霧仲間(?)として憂う女子を放っておけるわけないじゃないか!いや、名前今知ったんだけどもね&br; (それとは別のカロリーメイトをまぐまぐ) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:22:33};
---&COLOR(#a0522d){いぇい霧仲間!ミストフレンドとして心に刻んでおこう…(刻んだ。カロリーメイトは貰う)&br;ん、ソウマ…?ってことはアレか。君がごじょぶの新入部員さんだね。聞いてる聞いてるー(行間で)よろしくね!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:26:03};
---おぉう。つまりミストアイランドさんもごじょぶなんだ、ではこれからよろしくお願いします&br; ちなみに私の入部届は今さっき渡し損ねました&br; ついでに言うと何か面白い活動もあったらしいのだけどそれも逃しました&br; ミストフレンドとして慰める事を希望します。という訳でどれくらい暇?どこか冒険に出ようか -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:30:47};
---&COLOR(#a0522d){気にしないで欲しい。出来る女でごじょぶ顧問であるところにキクセンが入部届は何とかしてくれる。してくれた(頷く)&br;私も面白い活動逃したし、何なら新入生歓迎会とかその辺も逃したので安心してほしい&br;我々はミストフレンズ…霧のように所在を掴めぬ出遅れの民…。何々、冒険って何?そんな入学早々二人で逃避行?}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:34:54};
---できる顧問なんだなぁ…この前メチャメチャ怒られてたのに(遠い目)&br; どこでも。学校の屋上でもいいし、学校付近の裏山に遊びに行くのでも&br; 二人で帰って駄菓子屋で駄弁るのも、映画館におデート行くのでも構わないよ&br; 時間は有限だからね。やれる事を沢山したもの勝ちだ! -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:39:12};
---&COLOR(#a0522d){菊ちゃんせんせー、私たちからすると親しみやすいんだけど、先生たちから見ると色々危なっかしいらしいから…&br;時間が有限、ってのはその通りだね!そんなら取り合えず今日のところは軽く駄弁る?河原町におしゃれなカフェあるらしいし!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:42:30};
---しょっちゅう怒られてるみたいだからなぁ・・・いい人そうではあるんだけど(年上に対して結構失礼な態度を取りつつ)&br; ん…河原町ってとそこまで遠くないかな…。自転車で行く感じかな。霧島さん自転車乗ってきてる?&br; 兎も角レッツゴー(いうが早いか学校の出入り口まで走り出す奴。行動がイチイチ早い) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:47:11};
---&COLOR(#a0522d){あ、私電車だから自転車無いの!キリちゃんは自転車?(早速変なあだ名をつけ、駆けだした創真の後を追って走り出す)&br;それなら後ろ乗せてって!ニケツってすげー青春って感じするし!(子供っぽい発言。無論校則違反である)&br;っていうか!ちょっち、待って!早いから!!(身長差40僂ら生まれる歩幅の差は絶大であった}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-04-30 (日) 23:53:54};
---ん〜?俺は基本何も持ってな…(何か声が遠いなと振り返って、だいぶ遠い所にいる霧島を確認し)&br; 遅い…(走る彼女を見ながら呟きつつエネルギーチャージゼリーを口にする)&br; (ようやっと追いつく彼女を待ってから)ごめんごめん、ちょっと早すぎた。けど、無いのなら好都合&br; 空行ってみます?空(ゼリーのパックの口を咥えたまま上を指さし) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-04-30 (日) 23:58:54};
---&COLOR(#a0522d){ひー、ひー…やーっと追いついたぁ。流石男子…体力あるねぇ…って、何?(肩で息をしながら追いついた矢先、提示された謎の選択肢に首を傾げた)&br;いや、空て。そんな気軽な散歩みたいな言い方しないでよ。空だよ?&br;いいかいキリちゃん。我々はニンゲンなんだよ?人間はね、空飛べないの。羽がないからね。分かる??}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 00:01:32};
---そうだねユウちゃん。けど人間は…(手を中空にかざし)&br; それを克服する為に様々な研究を重ねて克服したんだ。最初の成功者はライト兄弟…&br; (呟き、人の歴史を振り返り、積み重なった技術を頭の中で反芻するよう口にすると、目の前に大きな羽をもった何かが形成されてゆく)&br; そしてできた機械の名前は『飛行機』(深く息をつくと目の前に出現した二人乗り用の小型飛行機、その表面を軽く叩く)&br; (骨組みに羽とエンジン、推進力用のプロペラを付けただけの簡素な作りと剝き出しのコクピットが素人目にはかなり危うい代物)&br; 二人乗り用は初めて作ったけど。ん、まあ悪くないかな(懐からカロリーメイトを一本取り出しつつ感想を述べる)&br; 流石にちょっと疲れたけど(ついでにさらに危ういセリフを付け加えつつ) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-01 (月) 00:18:29};
---&COLOR(#a0522d){(目の前で行われ、組みあがっていく物にただぽかん、と口を開けることしか出来ず)&br;(最後に付け加えられた言葉に気づくことはなく、ただただ、出てきた言葉はたった一つで―)&br;''すっっっっっげーーーーーーーーー!!!!!''&br;えっ、ちょ、今何したの!?何!?何が起こったの今!?急に歴史の講義始まったと思ったら飛行機出来てるんですけど!?&br;ヤバすぎないこれ!?異能?異能ってやつなの!?はー…いや、すげー……&br;(大興奮である。ぐるぐると飛行機の周りを走り回ったり、まじまじと羽根の裏を覗き込んでみたり)&br;えー…ってことは。これで行くの!?河原町まで!? 」;-- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 00:49:11};
---(ついでにエネルギーチャージゼリーも追加しつつ)&br; あーうん。流石にそこまで驚かれると、こちらとしても何か気恥ずかしいのだけど(そいつを咥えたまま頬を掻く)&br; 恐らく止める所が無いから正確には途中まで。中空でこいつは消して後はパラシュート落下かな&br; (かなりの無茶を言っているのだが、慣れているのか気にした様子もなくヘルメットをふたつ出す)&br; (さっさとコクピットに乗り込み、慣れた動作でエンジンを始動。動き出したプロペラを確認して)&br; 乗るなら早くして。これ、学校に許可とってないから怒られる奴なんで&br; (すでにプロペラが回り始めた影響で微妙に動き始めた飛行機を制御しつつ声をかけ) -- [[創真>ZS/0422]] &new{2023-05-01 (月) 00:57:12};
---&COLOR(#a0522d){パ、パラシュ…落下ぁ!?&br;ちょ、キリちゃんさっきから大分発言ぶっ飛んでるよ!?&br;いや乗れったってそんな……乗るけどー!!&br;(やけっぱちとばかりにひらりと座席に乗り込んだ。飛行中も落下中もぎゃーぎゃー騒ぎながらの賑やかな放課後になったそうな)&br;//ねまーす!}; -- [[ユウリ>ZS/0019]] &new{2023-05-01 (月) 00:59:09};
---//お疲れ様です。続きで後日河原町でカフェしてもいいし続かなくてもいい --  &new{2023-05-01 (月) 01:05:04};