//[[一足遅かったか……>死亡/444667]]
CENTER:''[[泉の魔女>家畜娘/魔女]]''
|#pcomment(666,1,reply)|
----
** [#ja0b8146]
#region
-''静寂に包まれた森の奥、静謐な泉の畔に女が棲んでいる……&br;己が産み落とした異形を赤子のように…&br;愛しげに撫でるその姿は母性を感じる前に何処か歪んで、狂った光景だった'' --  &new{2011-06-20 (月) 21:28:08};
-'''形無きモノは壊れはしない?''' --  &new{2011-06-20 (月) 21:20:27};
-'''否……あらゆるモノは壊れ得るのだ''' --  &new{2011-06-20 (月) 21:19:30};
-おーす、元気にしてるかー…おりゃ! &ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072126.jpg,ドワオ,125x73); -- [[アルフ(90cm)>名簿/433630]] &new{2011-06-18 (土) 14:10:21};
--''(木々に囲まれた静謐な泉、少年の呼び声が呪言と共に広がっていく…)&br;(その力を現したか一本の大樹の根の傍で瞬く間に血の海が広がって…異臭が辺りを満たし始めていた)&br;(木の根元、其処にはあの長身なセクマカが寄り掛かり、秘部の翳りや谷を露にする程まで大きく両足を広げたままぐったりと…力なく座り込んでいる)&br;(かすれるような虫の息の、虚ろな眼をした女の傍には…その体液でぬめり、紅で彩られた、珠のように艶やかな…人の腹では到底収まらぬような大きな卵が鎮座していた)'' --  &new{2011-06-18 (土) 15:00:49};
---''予想以上にとんでもないことが起きたぁー!?''&br;だ、大丈夫かねーちゃん、生きてるか!? -- [[アルフ(90cm)>名簿/433630]] &new{2011-06-18 (土) 15:03:47};
---''(すきま風のような浅くか細い吐息、虚ろに眼を見開いたままの女は少年の呼び掛けにも反応を見せず…)&br;(日頃気丈で勝ち気な女の面影は其処にはない……涙の跡、口元は涎で汚れ、苦悶と恐怖の後に表情すら抜け落ちたか)&br;(女の血で彩られた…対照的に純白の、人ならざるモノの子)&br;(それを産み落とす苦痛と恐怖と女は独りで闘い、そして…)'' --  &new{2011-06-18 (土) 15:18:27};
---(出産の苦しみが分かるはずもなく、一体何があったのか想像がつかないでいる)&br;(傍らの卵も視界には入ったが、それ以上に瀕死のセクマカが気にかかり注意を払っていない)&br;息、息はあるな…?よ、ようしそんなら!(自分の指先を剣で傷つけ、血の滲む指先をセクマカに咥えさせようとする)&br;(本来の竜にあるとされる不老不死ほど効果は高くないが、怪我などを癒し場合によっては寿命を気持ち伸ばしたりも…摂取しすぎると竜属性が身についてしまうかもしれないが) -- [[アルフ(90cm)>名簿/433630]] &new{2011-06-18 (土) 15:27:53};
---''(指先に当て滑らせた刃、その軌跡から紅い雫が浮き始めた……)&br;(自力で啜る事も出来ぬ女の口を強引に開かせ、生温かな口腔へと押し込めば…少しづつ喉から胃へと流れ込んでいく)&br;(加減も分からぬままにそうしていれば少しづつ、呼吸が穏やかに…女が徐々に小刻みに、不規則に身を震わせ始めた)'' --  &new{2011-06-18 (土) 17:30:29};
---(しばらくそうしていたが、呼吸が穏やかになりつつあるのに気付き指を引き抜いた)&br;苦しそうじゃなくなってきたぜ…もう大丈夫かなぁ……んぉ!?な、なんか震えてる!どうしたねーちゃん、寒いのか?大丈夫かー!?&br;(体力なんかは戻っているはず、それでも震えるのはなぜだろうか…寒い?気温はそこまで寒いとは思わなかったが、とりあえず羽を広げて包み込もうと…しかし体格差のせいであまり包めていない) -- [[アルフ(90cm)>名簿/433630]] &new{2011-06-18 (土) 17:38:25};
---''(既に春先だけに大気は肌寒いと感じる程ではないが、触れた女の肌は異様な熱を帯びて)&br;(痙攣するように震えた女…開ききった胎道から出産の際に破れ裂けた腹腔、臓腑の一部が零れ、流れ出てくる)&br;(与えられた竜の血潮で代謝が進み、破損した臓器を再生する過程で押し出し…体外へと排出されているのかもしれない)'' --  &new{2011-06-18 (土) 19:23:52};
-何を食べたらそんなになるのかしら…… 少し羨ましいわ -- [[カノ>名簿/451117]] &new{2011-06-17 (金) 00:15:47};
--……ん、どうした?追い剥ぎにでもあったか&br;(半裸に等しい女は全裸の少女の姿に首を傾げ)&br;簡単だ。喰え、特に肉を沢山喰え……育ち盛りはとにかく食べれば大きくなるものだからな! -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-17 (金) 00:59:20};
---追いはぎ? そんなものが居るの? 別に取られるものなんて無いけれど……&br;動物の死骸なんて美味しいのかしら…… 私は枯れ木を食べるの ナナカマドの木とか、歯ごたえがあって美味しいわよ -- [[カノ>名簿/451117]] &new{2011-06-17 (金) 01:04:51};
---何だ、違うのか……おまえ、何処からか流れてきたのか?&br;…ああ、居るぞ?人目の少ない場所だと時折不届きな輩がいる。&br;金品以外にも、好んで命を奪いに来る連中も居るし……&br;交尾の相手欲しさに襲い掛かってくる者も稀にいるな&br;木の皮を好む人間はこの辺りでは見かけないが…ふむ、何時だったか赤い服の男が言っていた菜食主義という奴…か&br;(肉は食べないと言っていた知り合いを思い出して)&br;…食の好き嫌いはよくないぞ?そうやって血肉の足しになるものを食べないから小さいのだろう… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-17 (金) 01:23:04};
---だって、肉はすぐに焼けて溶けてしまうもの ケチなチンピラなんて、私に近づく事も出来ないわ&br;(フッと小さく息をふきかける 炎の渦巻くような、ねっとりと熱い風)ふふ、意味が判ったかしら あなた達人間みたいに服を着たりとか、そもそも必要ないのよ -- [[カノ>名簿/451117]] &new{2011-06-17 (金) 01:43:26};
---そんなものは見ずとも解る……お前が動くたびに辺りが焦げ臭いからな。&br;(寄せてくる季節はずれの熱気以前に乾いた空気と塵が焦げた匂い、刻まれる足跡…何れも判断の要素にはなる)&br;己が人ではないというのなら別に構わんが、この辺りは魔性を好んで狩り絶てる人間達の都であるのは覚えておけ。&br;…忠告と思え。身一つで後の一切を不要と出来るのは種としては強靱だろうが…人なら己を補う事でそれ以上を可能と出来るだからな&br;……この辺りにいるかは知らないが、火山の炎熱に好んで潜む火鼠の肉や肝辺りなら丁度いいんじゃないか? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-17 (金) 09:53:08};
---ふぅん… 人間は賢くて勤勉で賑やかだって聞いてたけれど…&br;イメージと少し違うのね 群れが大きすぎるからかしら&br;ひ…ねずみ? そんな鼠がいるの まぁ…見てみたいわ&br;食べるかはともかくね -- [[カノ>名簿/451117]] &new{2011-06-17 (金) 22:02:17};
---それはあっているとも言えるし、間違ってもいる。&br;賢者もいるが大半は古龍や森の民程ではないし、蟻人程まとまりはないし…個を捨て滅私奉公で種の為に生きはしないだろう……&br;喧騒は…街を見れば解るな、これだけ人がいて物が行き交うから人混みともなれば当然賑やかだ&br;お前が思うとおり、大半の人間は取るに足らぬ程度の力だろうが…英雄等と呼ばれる連中は巨人や魔神、海魔の群れすらも易々と屠ってみせる&br;つまりは…一概にどうだと先入観は持たぬ方がいいと言う事だ。&br;この街は必ずしも常識が通じぬ、混沌とした街だからな… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-17 (金) 23:38:08};
---こりゅう…?ぎじん……??まじん………(少女の瞳が好奇に輝き、その体から発せられる熱量が上がる)&br;私は貴女の言ってる事が全部はわからないけれど 面白そうね 常識が通じないのはよく判ってるわ&br;私の暮らしていた所とまるで違うもの 文化の違いってやつね 私は、自分達以外には森の獣や精霊くらいしか見たことがなかったから…&br;でも不思議ね どうしてそんなに強くなろうとするのかしら? -- [[カノ>名簿/451117]] &new{2011-06-17 (金) 23:44:57};
---この地には太古に滅びたと思われていた種、異界からや星の彼方から訪れた者すら居るというからな……郷里にはない、初見のものには事欠かぬだろう&br;(爛々と、或いは煌々と輝きを増す少女…物理化した熱意に目を焼かれぬように細めながら)&br;…人間は弱いから、だろうな。獣のような鋭い爪も刃も持たず、衣を纏わねば柔な肌は簡単に引き裂け冬の寒さにも堪えられぬ&br;そんな脆弱な人が滅びぬ為には、己を補い強くなるしかなかった…一つにはそういう事だろう -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-18 (土) 14:07:19};
-(鷲獅子とも呼ばれる強大な魔獣と対峙して、戦友が斃れて行くのを防ぐ事も叶わず……)&br;(その場から敗走する満身創痍の女は腹の底から吼える、叫びに籠められた感情は無数に入り混じって) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-11 (土) 20:59:38};
--ルニルは還ってきたらしいが……アルンは未だ消息を知れず、か&br;(流石に堪えたようで沈んだ様子で手当てしていた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-12 (日) 00:13:25};
---……。&br;(女は肉をひたすらに喰らう、失った血肉を補うように…黙々と貪り、平らげていく)&br;(敗北を喫しようと生或る限りは終わりではなく、意思あるならば次なる戦いに備える為に)&br;(…内から込み上げるような吐き気を堪えながら) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-12 (日) 08:44:10};
-  --  &new{2011-06-11 (土) 20:51:04};
-  --  &new{2011-06-11 (土) 20:50:57};
-えーと、こちらも来月の同行者なのです!そ、そろそろ寒くなるのに大丈夫ですか……?おっきいから大丈夫なのですかねぇ&br;まぁそれはさておきどうぞよろしくなのですよ、多分大変ですけどなるべく全員生還と参りましょーです! -- [[ルニル>名簿/445651]] &new{2011-06-10 (金) 21:46:52};
--おまえも?そうなると今度の依頼はトリも見かけた気がするし、半分以上この辺りの連中か……珍しい事もあるものだな&br;アタシは狩り手のセクマカだ、よろしくな!&br;(色々デカい女が出迎えて、挨拶代わりに唇に口付けを見舞ってくる)&br;アタシの郷里は雪深い辺りだが、幼子以外は皆似たような格好だ&br;勿論これくらいなら平気だぞ?アタシも成人の儀が済んでいるからな! -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 22:53:05};
---そうですね、もうちょっと楽そうな冒険だったらもっと素直に喜んだのですけど!ルニルはルニルと言うのです、どうぞよろしくなのですよ!&br;って何でそんなに近付くのですか!?潰れちゃうですよぅ!(近付いてくる分身をそらして離れながら)へー、そんなところもあるのですねぇ……寒いのにそれは何だか尊敬してしまうです!種族的な物なのですかねぇ、ルニルだったら1時間でソルベですねきっと! -- [[ルニル>名簿/445651]] &new{2011-06-10 (金) 23:56:25};
---何故?いや、ただの挨拶だが……&br;言魂を交わす前に源である唇に口付けを交わす習わしなんだが?&br;ルニルは冷え性なんだな……それなら、おまえも狩り手になるか?&br;素質があれば導き手がその為の道を示してくださる… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-11 (土) 00:14:38};
---こ、こっちって言うかルニルにはそう言う習慣がないので何かこう、別の事で変わりにならないですかね?握手とか!&br;冷え性って言うか普通の人は基本的にそうだと思うのですけど!素質にはちょっと自信ないですし……弓矢より近付いて戦う方が得意なのですよ! -- [[ルニル>名簿/445651]] &new{2011-06-11 (土) 00:18:14};
---そうか…ならばこの辺りの流儀に切り替えよう…&br;(眼前に迫っていたのがあっさり引いて、大きな手を差し出して)&br;(慣れの問題で、それほど拘りがある訳でもないようだ)&br;ん、ああ…ルニルの資質はアタシでは計りかねるが、心配は無用だ&br;必ずしも狩り手の武具は弓とは限らない。まじないや槍や斧の使い手も少なくないんだ。 -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-11 (土) 00:35:04};
---それだとありがたいのですよ、ちょっとそちらのは刺激が強い気がするので……(握手して軽く上下に振る)&br;そう言う物なのですか?ルニル、どっちかと言うとパンチなのですけど……って言うか何を狩るのですか?どういう人なら素質アリなのです? -- [[ルニル>名簿/445651]] &new{2011-06-11 (土) 00:48:26};
-セクマカ様ごきげんよう……(スカートを摘まめば頭を垂れて)来月の依頼でまたご一緒する事となりました……&br;来月の依頼はこれまで以上に…厳しい物となりそうですが…全力を尽くしましょう -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-10 (金) 21:34:36};
--…おお!壮健だったか!&br;(女は大きく両腕を広げ、懐を開けて迎え入れるように……しかし、あれ以降も会う機会があればその構えの意味を知っているだろう)&br;うむ、貴族というのは初めてだがお互い全力を尽くすとしよう…!&br;(その両腕でベアハッグのように抱き、捕らえた相手に不可避な再会の口付けを見舞う…凶悪極まりないものなのである!) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 22:44:57};
---セクマカ様も…お元気そうでなによりです……(これがセクマカの挨拶と知っているので得に抵抗はしなかったが……)&br;私も…貴族の方からの依頼は初めてとなりま…す…?(セクマカの豪快な口付けにやっぱり今回も目を丸くして固まるメイドさんであった) -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-11 (土) 00:43:53};
-お、おーっす、元気してるかー?(どことなくギクシャクしつつもひょっこり顔を出す) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 18:04:30};
--…ん。アルフか?何だ…お前の方こそ声に力が無いぞ?&br;(ゆっくり歩いて近付いてくる女…露な乳房や健康的な肢体、そして唇)&br;(少年を虜にしたあの時の事などまるで夢か幻のように飄々と、何時ものように口付けの挨拶に来て) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 18:17:19};
---あ、あぁいや、なんでもないぜ?うん、ちょっと気のせいだぜ!(この相手からはそれ以上の事をしたと認識したためか、挨拶だと割り切ったためか特によける事もしなくなったようだ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 18:22:32};
---何だ、今日は逃げないんだな?それとも……また食われに来たか?&br;(アルフの顎に指先を掛けて上を向かせ…眼前には獰猛な笑みを向けた女の貌がある)&br;(目を背ければ襲われかねないような、緊迫した睨み合いが続いたが……一変して不意に女が爆笑する)&br;フッ、ハハハッ…からかって悪かった、冗談だ。&br;じつは近付くだけでも怯えられるかと思っていたんだが……何せアタシはお前の身体を貪った訳だし、な? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 19:22:15};
---え?う、うんまぁもう逃げる程でも…い、いや違うって!&br;(雄の性か不安や恐怖もあるが、どこか期待をするような視線を交差させて)&br;ふ、ふぅー…冗談かよ!脅かすなよ!んえ?ま、まぁそうかもしんねーけども…ううぅ…(思い出して悶える)痛いとか嫌なことって訳じゃなかったから…(言葉を濁すようにもごもごと) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 19:44:11};
---それなら何だ、つまり気持ち良かった…訳、か?確かに随分とアタシの中で逝きまくっていたものな…?&br;(相変わらず意地悪く笑みながら無造作にもぞつく少年のスカートの中へ手を潜らせ、下腹部をまさぐって) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 20:00:43};
---う…うん、まぁ…あんなの初めてだったし…ひゃあっ!?さっきやんないって言ったじゃん!(思わず腰を引いて) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 20:03:14};
---今更どうした、照れるも何も…馴れたものだろ?&br;アタシに触られ扱かれて…腹の中で気を失うまで散々果て続けて。その上…&br;(耳元であの日の子細を具に囁き続けて…少年の反応を見て遊んでいるらしい)&br;…勿論今は交尾する気はないぞ?どうやらおまえの子種が宿ったようだしな…?&br;アタシもまさか竜の子を孕むとは思わなかったが… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 20:24:45};
---馴れないって!こんなの馴れないって!(顔を赤くして必死で首を振っている)&br;へぅぅ…(きっかけが与えられるとフラッシュバックする性体験、交わったときの心地よさ、快感を思い起こすと股間にテントが張り始め、わたわたと覆い隠す)&br;…へ?子種が宿るって…あっ!赤ちゃんが出来たのか!? -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 20:29:37};
---フフッ、相変わらず其処は元気みたいだな…&br;ああ。どうやらそのようだ、月のモノが暫らく来ないしな&br;アタシも初めてだったし、おまえの胤以外の心当たりはない…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 21:16:24};
---へ、へぅ…(恥ずかしさと情けなさで縮こまる)&br;つきのもの…?何か良くわかんないけどそうかー、俺はとーちゃんになるのか…&br;うーんなんだか不思議な感じだぜ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 21:19:23};
---フッ、好みの女に反応して雄がそうなるのは大人になりつつあると言う事だからな…&br;…それにアタシを見ておまえが欲情した、という徴でもある&br;おまえは確か姉がいると言ってなかったか?尋ねれば教えてくれるんじゃないか…?&br;……この辺りだと確か月経という呼び方だったかな…うむ。&br;狩りの最中でこうなったのはどうにもアタシの失策だが…ともあれ堕ろすというのもない心算だ -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-09 (木) 22:10:11};
---COLOR(#808000){ちんちんがこうなると、大人になりかけって事なのか!?そうだったのか…(関心)&br;お、おー…(改めて欲情といわれ、なんだか照れくさくなり)ねーちゃんにか?どうだろう…まぁいいや、聞いてみるんだぜ(アルフが帰宅し、姉にその話を聞いた所人間なら全治6ヶ月の謎の大怪我をこぶしによって負ったという)&br;あやー…なんか不味かったか…?(どうやら子供を作るということの重大さを理解していないようだ)} -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-09 (木) 22:16:33};
---(不幸にも少年へと全然謎じゃねーじゃねーか!?と突っ込む常識人は此処には居なかった)&br;まあ、アタシが招いた失策だ…大雑把に言えば産む前と産んだ後で色々問題が出てくるな&br;子を宿した間は著しく弱体化する…まだアタシの腹は小さいがこれから子を産むまでに大きくなれば…&br;子の分も食わねばだし、常に重荷を身に付けてるに等しく…何より子を守らねばならないからな? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 00:40:53};
---子供を産む前後…ほうほう、お腹が膨らんで弱くなるのか…?(妊婦を知らない、ただ女から出るぞ!位の知識)&br;つまり二倍食うようになるのか!子供って作るの大変なんだなぁ… -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-10 (金) 00:52:50};
---まあ、そんな所だ……腹の子は己の身を守る事もできん。だが宿した親が死ねばやはり腹の子も無論死ぬしかない。&br;だが子が腹にいる間は本領を発揮するなどは無理に等しい……つまり、孕んだ間は大きな枷になる&br;&br;…尤も。産んだ後は後で一層難儀だろう。&br;子は勝手には育たんからな、独り立ち出来るまで育てねばならん。&br;当然孕んでる間より長い月日が掛かるし、お前を見るに竜の血も交じった子と考えるとただの人より一層長引くだろ?&br;郷里なら先達と共に育てられようが…狩りにきた以上、アタシ独りで此の地で育てる他ないしな。 -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 01:14:25};
---それで冒険に行くのってすげー大変じゃねぇの!?な、何とかできないのかなそれ…&br;俺の子供の頃はどうだったんだろう…気がついたらねーちゃんと一緒だったからなぁ…&br;(ちなみにアルフは卵から産まれているでっかい卵がゴロン、その内ある程度育ったのが産まれ出てくるので赤ちゃんだった事はない…親も卵を置いてどこかに行ってしまっている)&br;その獲物って一体何なんだぜ?捕まえたらいったん戻ったりとかしたらいいんじゃないのか?(俺が育てる!と言う発想のない育てられる身) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-10 (金) 01:21:55};
---(玉のようなお子さんってそういう…とか、カエルみたいにヘソないのか…とツッコむ者はやはりなく)&br;魔女狩りの役目がある以上、時季が悪かったと秘薬を煎じて飲んで…&br;大きくなる前に子を腹から堕ろして土に還す…というのも手ではあるな。&br;どの道育てられぬなら子は死ぬ、結局殺す事になるからな&br;…アルフよ、そんな顔をするな。アタシは堕ろさず産む心算と言っただろ?きっと何とかなる…一人でも何とかしてみせるさ&br;それに竜の血を引くならばきっと強い子に育つ事だろう…郷里に恵みをもたらす事にもなる -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 12:01:45};
---(多分鶏卵を割ったときについてる白い奴みたいなのがおへそを作ってくれるさ…)&br;魔女狩り!?す、すげぇ標的だな…俺は見た事ないぜ…&br;子供を地面に埋めるのか?おぉーなんか凄く育ちそうだなそれ!(バカだった)&br;お、おう!さいきょうだし!さいきょうの俺のこどもだし!つよくなるし!&br;んーそんじゃあなんか困ったら言ってくれ!俺の子供なんだったら何か手伝うんだぜ!&br;(アルフの出生は母体の中で卵として1年程度、卵状態で10数年、さてその子やいかに…) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-10 (金) 15:20:43};
---(軽い調子の少年に対し、女は寧ろ終始坦々とした様子で語っていた…軽く首を振れば、もしかすると何か頼むかもしれないな、と答えた程度)&br;(明確に子の死に言及しても育つと思い込んでいるまだ幼いアルフに対しては何ら期待を抱いていないのがある種明白だった)&br;(それでも少年は女の態度に気付く事もないのだろうが…) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-10 (金) 17:32:27};
---おっけーだぜ!任せとけー!(妊娠プロセスも大雑把なものではあるがようやく知ったばかり…堕胎などは知る由もないのだろう)&br;(知識の乏しさに加えて親の存在を産まれて60年間は知りすらしなかった環境も原因の一つかもしれない)&br;(アルフと同程度の存在が産まれるなら卵を産み捨てても勝手にそだつだろうが、人の血がより濃く混じった子はどれほどなのか)&br;(そんな事を考え付く事も無く、暇をするのであった) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-10 (金) 17:54:28};
-セクマカ様…ですね…?&br;私はアルンヴァール…来月の依頼にて同行する事となりましたので……挨拶に来ました……&br;よろしくおねがいします……(スカート摘まむと頭を垂れるメイドさん) -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-05 (日) 22:44:39};
--ん、ああ…アタシだが…?&br;(やってきた見慣れぬ上品な服装…給仕の装いではあるが…の相手に暫し首を傾げていたが)&br;そうか、同行者か!狩り手のセクマカだ…宜しく頼む!&br;(用向きを聞けば得心がいったようでつかつかと近付くと挨拶代わりの口付けをしようとする) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-06 (月) 01:00:42};
---狩り手…セクマカ様は…弓を扱われると言う事ですね…サポートはお任せください……&br;…?…あの…?何か…?(つかつかと歩み寄ってくるセクマカの行動に首を傾げる。挨拶に口付けをするとはまったく予想していない) -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-06 (月) 01:24:55};
---うん、弓の扱いには自信があるぞ。無論挨拶だ!&br;(男女構わずな性質…実際竜等の人外相手すら…らしく、戸惑い気味に見上げてくる相手へ顔を寄せて、何の迷いもなくまうすとぅまうすな挨拶の口付け…緊急回避もまだ可能だろう) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-06 (月) 09:49:54};
---挨拶ですか…?私の知るこれは…!……!?(唇と唇が触れた辺りでピタッと動きが止まるメイドさん)&br;(混乱中。一般常識外の行動に対し適応が無いらしい。そして唇が離れた辺りで我に返った)…い、今のが…挨拶ですか…? -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-06 (月) 16:40:58};
---……アタシの郷里の慣わし、だがな?&br;(軽く口付けた後に女が言葉を付け加える)&br;言魂を交わす前にその源である唇に口付けを交わすんだが、驚かせたなら悪かった -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-06 (月) 21:46:20};
---いえ…私の知識に…この挨拶の仕方は無かったもので……(作られた存在の少女ではあるが…やはり口付けには頬が染まってしまい)&br;…なるほど…言魂の源……つまり私を信頼して頂けると言う事ですね……(魔術や儀式において言葉に魂が宿ると言うのはアルンの知識にもある)&br;わかりました…依頼ではセクマカ様のご期待に添える働きをしましょう……、それでは…来月…集合場所にて……(頭を垂れると帰っていくメイドさん) -- [[アルンヴァール>名簿/445676]] &new{2011-06-06 (月) 23:26:06};
---…うん!頼りにしている!&br;(笑顔で頷き、見送れば出立の日を待った)&br;(特段危うい事もなく依頼は終えて)&br;(その後は互いに別々の依頼に配されたが、何れまた会う時に互いに壮健である事を祈っていたようだ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-06 (月) 23:56:31};
-♀ --  &new{2011-06-05 (日) 20:22:30};
-× --  &new{2011-06-05 (日) 20:22:08};
-♂ --  &new{2011-06-05 (日) 20:21:46};
-鋼の盾ってかっこいいよな…なんかあんまりやる気はなさそうだけど! -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-28 (土) 22:38:55};
--……だが、人より容易く貫けるモノを名乗るのも…首を傾げる、だろ?&br;(何処となく気だるげな様子で、吐息混じりに女はそう宣った) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-28 (土) 23:17:23};
---ま、まぁ豆腐とかそんな称号があったら変だけどさ…&br;なんだダルそうだな、そんなに冒険って面白くないか? -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-28 (土) 23:20:18};
---すらいむだったか?やらかい癖に面倒なのも確かにいるがな…&br;…強いて言えば、飢餓感に苛まれているから…そう、見えるのだろう……&br;アタシは今狙い定めたまま…息を潜めて、堪え忍んでいる……&br;絶好の機を待ち望む間、狩り手は常に…動かない事を強いられるんだ……&br;冒険が嫌いな訳ではない、待つのが…苦手なんだ……&br;(何処となく視線の定まらない…とろんと潤みを帯びた瞳) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-28 (土) 23:58:43};
---あー、あいつらは柔らかいけどその分徹底的に倒さないといけないからなぁ&br;飢餓感…?難しいことはよくわかんないけど、ハンターって奴かなぁ…&br;待って狙いを定めてるのに苦手なのか!?なんか難しいんだなぁ…それにしても大丈夫か? -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 00:02:34};
---護衛では見かけんのが幸いだ……&br;特に極限まで餓えているのに、目の前で御預けは…苦痛以外のなにものでもない……&br;もう、駄目かも知れないな……&br;(ゆるりと身を起こし、近付いてくればアルフの両頬に手を当てて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 16:03:55};
---そうだったのか!?知らなかったぜ…護衛にはゼリー出ないんだ…いろいろ違うんだなぁ&br;まぁそりゃ腹が減ってるのにずっと待ち続けてたら、いつかは倒れちゃうかもしれないしなー…うん?(何だろう、という表情) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 17:43:22};
---だから……喰ってしまっても仕方ない…だろ?&br;(アルフが戸惑う様子にもお構いなしに、何処か熱に浮かされたように女が顔を寄せて囁く…)&br;こうして目の前に、危機感のない…無防備の獲物がいれば……&br;(ねっとりと絡みつく様な視線……以前の挨拶の軽い口付けとは違い、貪る様に唇を奪いに来る) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 18:21:21};
---目の前…危機感のない獲物って…''俺!?''へ、へぅ…俺は食ってもうまくないぞ…(食料的な意味で食われると思ったのだろう涙目で震えている)&br;んぶっ!(唇を奪われれば諦めたように、痛くなければいいなと思って) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 18:29:11};
---(抗い難い衝動、疼き……それを晴らす術が実に簡単で、目の前にあるのを女は知っている)&br;(微かに震えるアルフの、口を己の舌で強引に開かせ…口腔を犯し蹂躙しながら)&br;(彼が眼に溜めた涙から…この背信行為の結果、互いの関係が崩れるであろう事も解っていた)&br;(こうして一時の情欲に流される過ち、恐らく友を一人失うであろう事すら最早……構わない、と)&br;(女は何処か冷めた思いで考えながら、長身で圧し掛かるようにして少年の華奢な身体を押し倒そうと…) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 19:39:15};
---(羽ばたき、飛び上がる力はそれなりにあるが腕力はセクマカを押しのけられるほど強くはない)&br;(口腔を蹂躙され怯えたまま容易く地に伏せられた、口を封じられているため喋る事はできないでいる) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 19:52:20};
---(アルフの身体を馬乗りに押さえ込んだ女は少年の口腔を舌先で一方的に擽り弄るのを一度止め、唇を離した)&br;…んはっ!はぁ…はぁ………っ!&br;(息も切れるほど長々とした口腔の陵辱、何処か陶然と正面から顔を向き合わせ見下ろしたまま…)&br;……アルフ、すまん。アタシは我慢できない…怨んでも、抵抗しても構わん…おまえを…犯す……&br;(少年が瞳に帯びた怯えの色すら構わず、持て余した衝動に従って…答えは聞かないとばかりに一方的に告げる)&br;(既に正気とは言いがたい…狂おしいほどに女は欲情して、妨げになる衣を剥ごうと薄い胸板に手を這わせていく) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 20:54:10};
---ぷはっ!(口が開放されると共に息を吐き、深呼吸をして酸素の供給を始める)&br;はぁー、はぁー…おか…す?食うんじゃないのか…?(恐怖に怯えていたが、予想していない言葉に多少冷静さを取り戻したようだ)&br;(問いかけに対する回答を得られぬまま、胸に当てられた手にびくりと体がすくむ。ワンピース状の服は綿でできているため、それなりの力があれば引き裂くことも可能だが) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 21:00:21};
---(下へ下へと、少年の身体を服の上からまさぐりながら……やがて裾の下へと手を入れて直に触れようと)&br;つまりは……おまえと交尾しようと思う、という事だ&br;(身を寄せ、乳房を押し付けたまま…首筋に舌を這わせた後、少年の耳元で囁く声は何処と無く愉しげですらある) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 21:45:02};
---(くすぐったそうにもぞりと、時々身をよじる)へぅ…(裾の下は子供用のパンツが一着、その他にはなにも身に着けていない)&br;こうび…?(本格的な性交渉への知識はほとんどないようだ、首筋を舐められれば味見かとすら思い、押し付けられた乳房に対する欲情よりも恐怖がまだ勝っている) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 21:50:42};
---……わからないか?別に獲って食おうという訳じゃない…ただ単に、アタシはおまえとの子を生そうという事だ…&br;(耳を甘噛むように食みながら女は言葉を紡ぐ、より直接的に…行為の意味を)&br;……見付けた&br;(臍から更に下腹部へと素肌をなぞり…そうして探らせていた指先が望みのモノを見つけ、女は呟いた)&br;(下着の上から少年のふくらみの形を、感触を確かめるように手で二度三度と撫でなぞりながら) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-29 (日) 22:28:23};
---子を…あっ、聞いたことがあるぜ、ちんちんから出る白いので子供が出来るって…(どうやらそこは誰かに教わることがあったらしい)&br;ひゃぅっ!(食われる訳ではないとわかったからか、安堵した所に耳への刺激で背に何かが走る)&br;見付けたって…う、うぁ…(行為の行い方を100%理解している訳ではない、しかし女の手に撫でられれば下着の中で徐々に存在を強調し始めて) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-29 (日) 22:33:52};
---それが…子種だ……女の腹の中に、男が直に注げば…子を孕む&br;(少年の耳元で女は囁き続ける、時折首筋に顔を埋めて啄ばみ)&br;(…少年が過敏に震えるさまや、汗ばむ肌や匂いに一層欲情を深め)&br;(擦り刺激を加えて、半勃ち気味に硬さを主張し始めたのが分かれば…女の指先が下着を潜り、陰茎へと直に触れ、絡め始めて)&br;悪いがアタシは…優しく、出来ないぞ?見た事はあっても…シた事はないからな -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-30 (月) 20:44:12};
---お腹の中に…?(思い浮かぶのは食事行為にも似た、タマ姉が咥えていたと言う記憶。あれは子供を作る行為だったのかと誤認する)&br;あ、あぅ…(くすぐられる事に弱い身、首筋はそうした弱点であるはずだがなぜかこそばゆさとは別の…)&br;(半ば呆然としたような、蕩けるようなだらしない表情で視点はあまり定まっていない。勃ち始めた陰茎はその先端を包皮から覗かせている)&br;あ…お、う…うん…(大人しく頷いた、本番に及んだ事がないのはこちらも同じ…今は行為を誤認しているが、ほとんど相手に任せきりであったため受身に回るがままだ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-30 (月) 21:59:30};
---(竜の血を引くアルフと人の己では種が違うだけに子はそうそう出来にくいだろうが…と呟きながらも、蕩けつつある少年の口を再び唇で塞いだ)&br;(口付けを交わす間も女は下着を漏らしたように湿らせて、吸い切れずに内股から伝った愛液が少年の体を濡らしている)&br;(まだ幼い陰茎を軽く握ったまま、下へと扱くようにゆっくりと女は動かして…)&br;(表皮を半ば被ったままの亀頭を無理矢理剥こうとする痛みと同時に、鈴口の部分を長い人差し指がくにくにと執拗に刺激を与えていた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-01 (水) 00:24:59};
---でも俺…半分くらいは、にんげんぶっ!(生粋の竜ではない、そう伝えようとしたが最後まで言い切る前に口をふさがれた)&br;(自分よりも体格の勝る女に押し倒されているため自身の体を確かめる術は無く、滴る愛液が体に落ちた際のひやりとした感触をわずかに感じる程度)&br;う、うぁ…!(剝かれてから日が浅く、まだ外部からの刺激に弱い亀頭は痛みとも快感ともつかぬ攻めに急激に高まり、やがてセクマカの手により皮がすべて剝かれると…)ピュッ、ピュルッ&br;(小ぶりな陰茎から迸る精液、幼いためか量の少ないそれはしかし、手を、指先を汚すには十分な量であった) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-01 (水) 00:37:36};
---(ごく間近に密着したままだからこそ、敏感な少年の反応も直に伝わってくる…)&br;(少年が腰を浮き上がらせようと藻掻き、切なげに身を震わせる様子も具に感じ取って…女は悦に浸っていた)&br;(手の中で暴発するように吐き出された白濁の飛沫が小麦色の肌を彩り、汚して…)&br;(身を起こした女は少年にその白を纏った指先を見せ付け、口に含むと丹念に舐めとった)&br;(跨ぐようにして大きく股を開き、下着を捲って濃い茂みに隠された潤んだ秘裂を露にすれば)&br;(萎え休む事は許さないと…出したばかりの若い雄のペニスへと擦り付け始めた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-01 (水) 21:14:41};
---はぁ…ふぅ…(また、出してしまった…射精後の倦怠感が謂れの無い罪悪感を湧き上がらせる)&br;(蕩けた頭に焦点の定まらぬ視点、何かが視界に入る…必死に焦点を合わせ、それが何かを確認すると目を見開いた)&br;(自分の出した子供の種、それを舐る女の口使いに息を飲む…)&br;おわ… … …(跨ぐような動作にたじろいだが下着の奥、秘裂を目の当たりにして動きが止まる)&br;(露になったその部位は、何のための物かどこかで聞いた覚えが…思い出そうとした所で現実に意識が引き戻される)&br;(わずかに力が抜け、半勃ちとなっていたペニスが女を感じて)あ… あつい…(そこに感じる女の体温は再び臨戦態勢を呼び起こす) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-01 (水) 21:49:17};
---(少年の腹に軽く手を添えて、指でなぞりながら)&br;(互いの性器を触れ合わせたまま…女は前後にゆらゆらと素股のように腰を揺らし)&br;(拙なさが目立つ動きだが…交尾を待ち兼ねて滴る愛液が絡まり、潤滑を促して)&br;(先までとは違って互いが擦れ合うだけに女自身も快感を得て…吐息を洩らし、身を震わす)&br;また…大きくなった、な…?&br;(少年が熱さを感じるように女もまた腹の其処が疼く…知らず知らずに淫蕩な笑みを浮かべた)&br;(満たす為に更なる行為へと踏み込み…少年の亀頭を片手で秘裂へあてがい、徐々に腰を降ろして) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-02 (木) 00:23:33};
---(普段ならこそばゆいだけ筈の指も、高ぶる今は立派な愛撫となる。指先が臍を撫でれば小刻みに体を震わせて)&br;すごい… なんだか、すごく熱い…(少年の男である部分もまた、知識にはなくとも体が女を欲し、透き通った体液を先端から滲ませる)&br;(なにが大きくなったかは言わずもがな、視線を思わず背けてしまうが頬はかぁと赤く染まる)&br;(先端が少しづつ女の中へと包まれていくと、熱と剥き身の亀頭へ走る快感が脳髄を突き抜ける)&br;…ぁっ…は (呼吸が困難になるほど高まる鼓動、そして雄としての本能は突き入れることを望むが、あまりの刺激に怯え腰を引こうとする理性、もっとも地面に押し倒されているため腰を引くことなど出来はしないのだが) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-02 (木) 00:59:24};
---(羞恥に頬を染め、顔を背ける少年の一つ一つの仕草に愛しく感じるのは己の想いか…或いは薬が生み出した幻想か?)&br;(何れにしても女は肉欲への耽溺を望むのだが…)&br;(ゆるゆると挿入する過程で女の動きが不意に止まった…処女地へと誘われた亀頭の先に触れる感触)&br;(此処にきて快感以外に強い苦痛が表情に滲んだのは破瓜の痛みと怖れに耐えるためか)&br;(そんな躊躇も一瞬で、理性の枷を無くした雌は一線を越える…少年を全て呑み込んで)&br;アルフ、見えるか?全部…入った……アタシの、中…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-02 (木) 20:51:56};
---(女の肉壁は感度衰えぬ剥き身の亀頭を包み込みこすり上げる)&br;ぁ…ぁ…(脳が情報を整理出来ず、腕を広げシーツ…ではなく地に生える雑草を握り締める)&br;(気を抜けば一瞬で意識を刈り取られそうな感情の攻防の中で不意に声をかけられた)&br;な …か … (ペニス全体を包み込むモノの正体、改めて認識する女の性器)&br;(始めて味わうそこは狂おしいほど熱く、愛しさすら感じさせるほどで…しかし身体は雄の本能に忠実であり、未熟さゆえに…)''ビュッ、ビュルルッ''&br;(挿入中に果てなかったのは幸運か、肉体的な快感と脳へのイメージが伝わると即座に女の中で果て、精を解き放つ)&br;う、うぁ…! はぁ、はぁ…(精を放った直後の倦怠感、しかし少年の男の部分は女に反応してかまだ衰えては居ない) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-02 (木) 21:02:14};
---お前の子種…今度はしっかり…中に、注がれてる……この調子で…孕ませる位の心算で、な?&br;(少年が早速女の中に精を吐き出したのをはっきり感じ取ったか、何処か嬉しげに身を震わせながらねだり…奥へ誘うように膣壁が蠢いた)&br;(寝転ぶ少年へと枝下掛かるように…ゆっくり身を倒せば)&br;(陥没気味に先端の隠れた乳房を押し付けるようにアルフの顔を埋めて、その頭を腕に抱いたまま)&br;(繋がったままの半身を揺り動かし、萎えずにいるペニスを攻め立て始める…血と愛液と精液が混じり合って、粘つくような水音を奏でていた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-03 (金) 00:27:00};
---ああ…おなかの中に、赤ちゃんの種がいっぱい…(蕩けた表情で肯定するように頷く)&br;(孕ませると言う事の意味を深く理解しておらず、ペニスに感じる快感のみに忠実になりつつある)&br;(小柄な体はすっぽりと女の腕の中に納まり、容易に胸に抱きかかえられる)&br;(間近にある乳房、以前向けられた事のある要求の記憶に従い先端を摘もうとするが埋もれているのに気づき、なお摘もうとほじる様にやや強めに先端をこねくり回す)&br;(水音に合わせ次第に少年も自ら腰を揺り動かし始める、せいぜいが子宮口に亀頭の先端が触れる程度のペニスも女の中をあわただしく駆け巡る) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-03 (金) 02:46:34};
---(胸の谷間で抱いた少年が徐々に荒げる吐息に擽られ…指先がぷっくりとした膨らみ、大きめの乳輪の先端を求めて捏ね穿り出す刺激に痛みではなく快感で微かに喘ぎ声を洩らす)&br;(熱を帯び、汗ばむ小麦色の肌伝いに早鐘のような鼓動…女の昂ぶりが否が応でも増しているのが伺える)&br;…あはっ!アタシのナカが、そんなに気に入った…か?&br;(女からの一方的な求めではなく…少しづつ突き上げてくる雄の衝動に気付いて、嬉しげに…愉しげに)&br;(女は欲望のまま…少年から精を貪る為に、悦楽を与える為に一層情熱的に上で腰を振り) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-03 (金) 17:07:04};
---(指先では無理と判断したのかそれとも別の意思か、無意識のうちに女の背に手を回し抱きしめるような格好で胸に吸い付く)&br;(ちゅうちゅうと吸い上げつつ、指先の代わりに舌の先で穿り出そうと)&br;うん… んっ ねーちゃんのナカ… 熱くて狭くて… うぁ…&br;(経験の乏しい少年、腰を振られれば耐えることも出来ずすぐに精を放つ)&br;(一度一度の量は少ないが何度も何度も…未発達な体だが生命力は人間よりもはるかに高いようだ、やがてはひと突きごとに射精をするように…)&br;すっご い… 止まん… ない…(完全に女の体に魅了され、うつろな視線で口を半開きにして一生懸命腰を振っている) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-06-03 (金) 20:45:52};
---(赤子のように無心に、雄の如く情熱的なまでにしゃぶり、ねぶり…唾液塗れになるほどに乳房へ吸い付く少年)&br;(隠れていた突起も外気へ触れるまでに掘り起こされ…)&br;(日頃触れないだけに敏感なのか、舌先で転がされ痺れるような甘い快感に喘ぎ、身を震わせ…女は酔い痴れる)&br;…ぁ、んっ♡ また、まだ…出てる♡ ……あるふの子種…孕んで…どんどん、ナカ…押し拡げ…っ!…♡♡&br;(竜種の幼い性器に下の口は塞がれたまま逃げ場もなく、無尽蔵に絶え間なく…一突き毎に子種は注ぎ込まれて…結果、更に奥へ奥へと) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-06-05 (日) 20:10:18};
---'''一度果てようと睦み合った若い雄と雌は互いの身体を貪り続け、一層の快楽と悦楽を求めて交わり続ける&br;夜が更けても森から男女の嬌声は絶える事はなかった……''' --  &new{2011-06-05 (日) 20:20:42};
-''発情薬が振り撒かれた'' --  &new{2011-05-27 (金) 09:01:01};
--(塒のすぐ傍、木々生い茂るその奥から時折響くのは女の切なげな声) --  &new{2011-05-27 (金) 21:06:44};
- 
- 
-これが模様替えって奴か…(ごろごろ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-23 (月) 21:36:45};
--なかなか落ち着く感じの色合いでいいだろ?(珍しく何時もの挨拶をせずに)&br;(唐突に転がるアルフのスカートを捲って覗き込む…何だか事前の予想と違ったのか首を傾げる女) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-23 (月) 21:42:43};
---おう!目に厳しくない優しい緑だぜー(安心してごろごろ)&br;ひょわぁー!?な、なにしてんだ!(スカートを押さえようとするがセクマカに腕力で勝てるはずも無く) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-23 (月) 21:45:38};
---…いや、風の噂でお前は男根を無くしたと聞いたんだが……あるみたいだな?&br;(下着に納まった微かな膨らみを確認するように指でなぞって) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-23 (月) 21:51:04};
---あ、ああ…一度なくなったけど、魔法で生やしてもらったんだぜ!(生やしたのではなく、性転換を解除したのだがそこまで理解していない)&br;ひゃぅっ…そ、そんなとこ触るなし! -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-23 (月) 21:56:50};
---むー…そうなのか。(興味津々だったのか元通りと聞いてわりと残念そうな反応)&br;…そんな処とかぞんざいに扱うから、もげてしまったんじゃないか?トカゲの尻尾じゃあるまいに…&br;(指で軽く押した後、一先ず解放して…ごろんと大の字に転がった) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-23 (月) 22:18:11};
---お、おれがもいだわけじゃないし…それに前は栓抜きでもがれた事も会ったんだぜ、古傷がーって奴だな…&br;ふ、ふぅー(ちょっともじもじしつつ)ごろごろはいいなー -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-23 (月) 22:23:27};
---…栓抜き?あんなものでとれるのか……抜けるのが癖になってるんじゃないか?&br;(冷え込むこの時期も何時もの格好の女、視線を意識しない…無造作、無防備過ぎる寝姿も相まって如何にも目に優しくない)&br;お前の塒だって十分寝転がれそうだったじゃないか(何を言うとばかりに軽く笑って) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-23 (月) 23:25:04};
-緑系のほうが見やすいかも --  &new{2011-05-22 (日) 17:34:13};
--緑か……(助言者に気付いたらしい)&br;黒字で行くならやはり薄めの方が良いか…? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 17:42:44};
---あっ すごい見やすくなったー --  &new{2011-05-22 (日) 17:50:43};
---どうだろう?多少黄色っぽい気もするが…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 17:52:53};
---気になるなら#90EE90とかはどうかなー --  &new{2011-05-22 (日) 17:59:51};
---ふむふむ、確かに此方の方が緑だな…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 18:32:21};
---いい感じー もうちょっと暗いのがいいなら#32CD32とかもあるねー --  &new{2011-05-22 (日) 18:51:02};
---(結局初めのと黄色っぽいのをそれぞれ採用したらしい) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-23 (月) 21:33:44};
-あとは…名前が見にくくなるのも難点か -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 17:00:34};
-少し目に優しくないか……? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 16:59:53};
-背後がこれなら文字は黒のままでも良さそうだが…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-22 (日) 16:59:27};
-帽子拾ったのかぁ、ねーちゃんが帽子をつけてるのは見たことないな、体が大きいと頭もでっかくて入らないとかか? -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-15 (日) 22:50:34};
--人なら頭の大きさなど老若男女、誰でも差程かわらんだろ。&br;むしろ角等生えてる輩の方が大変そうだが…?&br;(毎度の挨拶を済ませる女、魔女のような鍔付きのとんがり帽子を被っている) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-15 (日) 23:40:05};
---ひゅー、ひゅー…(挨拶回避に息を切らす)&br;そ、そんなもんか?身長大きくなっても頭は大きくなんないのかぁ・・・&br;そういえばそうだなぁ、俺が被る事になったら穴を開けないとなぁ…(セクマカの被る帽子を見上げながら) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-15 (日) 23:43:23};
---二本足で直立しているからな、首周りがしっかり発達していないと大きな頭はとても支えきれん…&br;多少背が高かろうと同種なら頭の大きさまで極端には変わらんだろう&br;尾や羽もアタシから見ると随分不便そうだがな……街の人間のような服を着るとあちこち引っ掛かるのではないのか? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-16 (月) 09:35:29};
---んん〜……おぉ!頭だけでかかったら確かにふらふらしそうだぜ!&br;背が高いんじゃなくって全部でっかくなければ頭はでかくないのかー、おん?&br;羽はきゅっとすぼめて、服を着たあとに背中の穴から出すんだぜー&br;尻尾は別に気にならないなー(ほれ、とスカートを捲り上げてしりを向ける。パンツのゴムが尾に引っかかって若干後ろだけローレグ気味になってるが気にしていないようだ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-16 (月) 09:42:13};
---二足だと四つ足に比べて上の重みが掛かる分、足元に負担が大きいだろうから…&br;(こんな体型になるんじゃないか?と空中に三角形を指で描いて)&br;ん。何だ、存外軟らかいものなのか?見た感じ骨骨しいものかと思ってたが&br;(背の方を覗き込んで少し身を屈めれば指先でくいくいと摘んで)&br;穴でも開けてるのかと思っていたが…何だか尻の穴まで見えそうな感じだな……&br;(尻を向けられればしゃがんで指先を尾の下のゴムに掛けて広げたりしながら弄ぶ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-16 (月) 12:00:24};
---うへぇ変な体型!ねーちゃんは普通の女の人の体型だもんなぁ&br;んー…竹とかそんな感じに近いのかなー、ほら羽ばたくのにしならないと困るぜ!あんまり乱暴にすると折れるかも知んないけど&br;(他の肌とは違った質感、骨の部分にはうろこのようなものがあり、膜の部分は皮が張っているような感じだ)&br;穴を開けると脱ぐ時大変だからなぁ…(緊急的に尿意を催した時のためにこうしているらしい)そこまで下がってねーって!(しりの穴からは多少余裕がある、谷が出来始める所程度といった所)&br;ひゃあっ!?な、なにしてんだー!(パンツを広げられれば当然しりが丸出しに) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-16 (月) 12:09:07};
---竹?…空洞みたいな訳か。コウモリに似た感じにも見えるが…&br;そんな情けない悲鳴を上げる事もあるまいに……ああ。いや、尾の付け根はどうなっているかとな……&br;(無造作に手で尻の丘から尾の根を軽く撫でて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-16 (月) 14:31:04};
---うーん、空洞かまではよくわかんねーなぁ…折ったり割ったりした事ないし…そんなことしたら飛べなくなっちゃうんだぜ&br;だ、だってよー…付け根?(尻をなでられると背筋が震える)ひょわわわ〜っ、な、なにしてんだって!(人の皮膚のような部分から徐々に硬質化し、途中からは鱗となって尾に続いているようだ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-16 (月) 14:42:42};
---それはそうだろうな……あまり日頃飛んでるのを見た記憶は無いが。&br;つまり見た目より軽そうだと言う事だ…無論、アタシだってそこまでする気はないからな?&br;…ホントだぞ?&br;…ふむ。徐々に、硬く…この辺りは普通の子供の肌みたいなんだがな……&br;(間近からしげしげと覗き込みながら、指先が臀部との付け根をなぞっている) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-16 (月) 15:41:47};
---そんなにずーっと飛んでるわけじゃねーからなぁ、楽してたら足が弱っちゃうんだぜ!&br;しないならいいけどなー…なんで二回言うんだよ!?&br;あ…くぅ…そ、そんな所触っちゃダメなんだぜ…(尻を向けたまま前かがみになる、とても情けない格好だが止むにやまれぬ事情があるようだ) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-05-16 (月) 15:57:19};
---地竜の類は羽を使わぬから無くなると聞くし、歩かぬとじきにお前も蛇みたいになってしまうわけか…(可笑しそうに笑っている)&br;習ったからな…大事なことは二度繰り返して強調するのだろ?&br;おたからの竜珠でも隠している訳でもあるまいに…盗んだりもせんさ。&br;なんだ…どうした、もぞもぞと。用でも足したいのか? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-16 (月) 17:08:58};
-数が多いだけでしたね……まあ食費は浮くからいいのですが。 つくりすぎた分差し入れ置いときますねーっと&br;それではお疲れ様でした、また何か縁があればいずれ(オーク肉トンカツやねずみ肉のミートパイなんか置いていった) -- [[スカルフェイス>名簿/445732]] &new{2011-05-03 (火) 16:45:26};
--これは…随分手が込んでいるな!(日頃火に掛ける程度の調理しかしないらしい)&br;うむ、また会ったら頼む! -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-05-03 (火) 20:56:11};
-デオチのドタバタで応答が遅れたので、改めてこちらで…お肉御馳走様でした!(ご好意はしかと受け取る)&br;あと「セックス!」は初めて街に来る人の出迎え儀式というか、からかいの挨拶というか…(苦笑しながら) -- [[アニー>名簿/445850]] &new{2011-04-30 (土) 08:59:13};
--おお、アニー!せっくす!&br;気にするな、アレを糧に再起をはかるんだぞ!&br;(歓迎するように大きく腕を広げ近づいてくる女…しかし、その構えはベアハッグのようにしっかりと相手を捕らえ、逃がさぬように再会の挨拶で口付けする為のものだ)&br;(反省してないのかもう忘れてるのか…悪気がないにしても相変わらずの女だった!) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-30 (土) 12:35:24};
---だ セ 挨 違(だめだこりゃ、といった表情で) はい、私もここで起死回生の…!?&br;(伸びてきた手を一瞬手の甲で受け、ハグモーション発動前に脇を流水の如くすり抜けるぽるのあ女) -- [[アニー>名簿/445850]] &new{2011-04-30 (土) 13:14:20};
---?(アニーの緊急回避っぷりにきょとんとしながら)&br;ハハハッ!アニーは妙な奴だな!(特に気にした様子もなく愉しげに笑ってる) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-30 (土) 14:18:12};
-巨大な怪物って言うとねーちゃんならおりゃー!って投げ飛ばしそうに見えるんだけど…弓を使うんだよなぁ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-25 (月) 22:58:32};
--他の奴にも似たような事をいわれたが、アタシが弓を扱うのはそんなに似合わないか…?&br;(毎度の挨拶を済ませた後、とても心外そうな顔で見ながら) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-26 (火) 00:23:50};
---弓が似合わないって言うより、もっと似合いそうな戦い方がありそうだなーって思うだけだぜ?(ちゅーを何とか回避して肩で息をしている) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-26 (火) 00:26:52};
---そう言われてもな…アタシなら殴りあいでもそれなりの手練れになれただろうが、弓は自分で言うのもなんだがそれ以上に素質があるんだ&br;(何時もの攻防、少年の必死の逃げっぷりにくすりと笑いながら…別れの挨拶も増やしたら青ざめた顔をするのだろうかと思いつつ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-26 (火) 08:48:27};
---そうなのか!弓の上手いやつって見てもわかんないからなぁ俺&br;なんか頭良さそうだったら魔法が得意で力強そうだったら近接が得意かなーって思うんだけどなぁ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-26 (火) 09:01:45};
---まあ、直に見てもらったほうが早いだろう……んー。(暫し思案すると彼方を指差し)&br;見えるか、あの屋根が尖った一番高い建物が?鐘が吊り下がってる奴だが…&br;(地平とは言わないまでも、随分遠めにある種他の建物よりは特徴的な聖堂らしきものが見える)&br;あの鐘に当ててみせよう……(矢を三本取り出すと弓を構えて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-26 (火) 09:21:31};
---屋根の尖った…うーん…あぁ、見える見える…(セクマカほど視力が良い訳ではないらしく、目を凝らしてやっと見えるようだ)&br;ありゃー教会かなぁ…こっから当てるのか!それが出来たら…って何で3本も? -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-26 (火) 09:30:23};
---うん、そういう事だ……放たれた矢は何処かしら辿り着く、まぐれでも当たるかもしれない&br;(狙い定め、引き絞るように弦を引きながら構えた弓矢…女は自信に満ちた顔で三度当てれば信じるに足るだろうと告げる)&br;(実際の所、如何なる剛弓と言えど当たる云々よりまともに届くかがそもそも疑わしい距離だが) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-26 (火) 12:06:23};
---こっから見ると矢より小さく見えるぞあの鐘…あぁ3回やって1度でも…え?全部当てんのか!?&br;いくらなんでも無理だと思うけど…(流石にそれはないだろうと眺めている、弓矢の飛距離に関しての知識はないので常にまっすぐ進み続け、いつか届きはするものだと思っている) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-26 (火) 14:41:29};
---…一先ず、当たったな(射た瞬間に確信があるように呟いて)&br;(放たれた矢はその刹那で消え…遅れて数秒後には鐘の音が耳にも届いた)&br;(しかし、この距離から鐘を揺らし鳴らす程の威力が果たして矢に残るものか) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-26 (火) 15:35:51};
---…うーん、こっからじゃ当たったかどうか見え…(鐘の音が聞こえて)あたった音だ!&br;なんだ当たるのが見えてたのか…予知能力か…(音が遅れて来ると言う発想がなく、不思議そうにしている)&br;(揺らさなくてもカーン程度の音は聞こえると信じて…) -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-26 (火) 15:46:53};
---或いは偶然あの建物の住人が鐘を鳴らした、か?(些か苦笑混じりにおどけて)&br;普段アルフは何を扱っているか知らないが……会心の出来だったりすれば自分でも何となく分かるだろ?今のもそんな感じなんだ&br;まあ、動いてるものに比べると先を読む必要がない分…遠いとは言ってもあれは比較的狙い易いんだが…(補足しながら次の矢をつがえて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-27 (水) 10:56:15};
---偶然なんてあるかなぁ…(首をかしげる)&br;普段俺は斧を使ってるぜ!うーん?どうだろうなぁ、あんまり考えた事ねぇや!&br;あー…怪物は動くもんなぁ、インプとかなんて飛んでるから狙いづらそうだぜ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-27 (水) 11:14:35};
---正直でかい獲物は苦手なんだがな……幾ら急所を射ぬけても直ぐには倒れてくれないだろ?&br;…こんなところだな(矢継ぎ早に矢を射れば立て続けに鐘の音が響いて)&br;…その細腕で斧なのか?驚いたな…振り回せるのか? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-27 (水) 20:23:35};
---あー、矢はデカい奴に弱いのか……おぉー!(すげぇー!とばかりに拍手をする)&br;見た目は大雑把そうなのにすげぇ細かいんだな!(わるぎはない)&br;うん?別に問題ないけど…(成人男性が扱うだろう斧を片手で振り回している、人間ではないからか見た目よりも力はあるのかもしれない)でも斧二刀流は駄目だった!使いづらいし弱い! -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-27 (水) 20:29:40};
-こんばんは、次回の冒険に部下が同行するようなのでご挨拶に来た次第です(ぺこり) -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-21 (木) 23:28:22};
--おお、ソウトウ!あまり大きくなってないな…ちゃんと食べているか?&br;(大きく手を広げて駆け寄ってくる巨体…やたら恐いが、何度か会ったことがあれば知っているかもしれない)&br;(あの態勢がベアハッグの如く犠牲者をしっかりと捕らえ、再会の挨拶に口付けて来るものだと…)&br;そういえばソウトウは長だったな。従うもの達がいるのも当然か…失念していた -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-22 (金) 00:00:02};
---ば、ばっちこーいじゃよ!(異文化コミュニケーションを厭わない総統、怪我続きで吹っ切れたとも言う)&br;食べてはおるが怪我をしての、今は元通りじゃよ! そうそう、オトトちゃんという子なんじゃが&br;夏場の冒険で汗疹が出来ては困るのでベビーパウダーを持っていって欲しいのじゃよ(小さな缶に入ったパウダーを見せて) -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-22 (金) 00:21:57};
---怪我には肉だ、何より食わないとな(ちゅちゅっと軽めにすると解放して、力説)&br;なるほど、忘れ物と。オトト、だな…わかった、必ず届けよう&br;しかし肌が弱いのか…どれも外の務めだからそうなると大変だな -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-22 (金) 13:30:48};
-あうあう? -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 13:59:38};
--あうあう…?ああ、あの板なら拾ってきたときからあのままだが、この辺り特有の言葉なのか?&br;(女は大きく腕を広げ近付いて来る…あれからも会ったことがあればそれが逃がさぬようにベアハッグの如く抱き締めて、再会の挨拶に相変わらず口付けてくる凶悪な構えであると知っているかもしれない) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 14:17:12};
---板…あぁ!看板の事か!言葉の意味は分からないけどとにかく凄い言葉だぜ…&br;(迎え撃つアルフは体育すわりから頭をひざの間に挟み込むようにしつつ、ひざと頭をまとめて抱えることで球の防御力をその身に宿した) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 14:22:09};
---…お前は何やってるんだ?(きょとんと見た後、脇に手を入れそのままアルフを宙吊りに持ち上げた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 15:11:22};
---(宙ぶらりんになった足を組みつつ)えっ…い、いや…防御形態を… -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 15:24:51};
---……ますますよく分からないぞ?(たかいたかいと持ち上げて遊びながら…割と余裕な様子で、下手すると片手で男手玉しそうな勢いだ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 15:52:15};
---だってまたちゅーしようとしたろ?ちゅーなんてした事ないし恥ずかしいんだってば!(普段飛んでるので高さについて特に恐怖も無く、足をぶらぶらさせている) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 15:57:51};
---ははっ、それならこの前だってしたじゃないか……しかもアタシみたいの相手でそんな気にする事か?&br;まあそうだな、それでも気になるなら…近場の森で熊にでも突然襲われた事故と諦めろ。それなら数える気にもならないだろ? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 17:56:37};
---だからディフェンスしたんじゃないかよー、そりゃ気にするっての!ちゅーとかしたことないし!恥ずかしいし!&br;うおぉい!?どんな例えだよ!むしろ何でこんな事にって悔やんでも悔やみきれないってそれは! -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 18:00:28};
---…うん。うん?やっぱり数に入らないんだから問題ないじゃないか…?&br;そうか?的確な例えだと思ったんだが。まあ、アタシは気にしないからアルフも悩むな!(丸々ったのを抱えたまま地べたに座って膝に載せ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 18:33:10};
---お、おう…あんまり悩まないようにするぜ&br;文化の違いって奴なんだろうなぁ…それにしてもねーちゃんは力持ちだな!(ひざの上でころころしながら) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 18:36:39};
---うん、それでいい!(にっこりと笑んで)&br;まあな、弓はそれなりに力がいるんだぞ?強い弓を使うならアタシも相応にならねばならないしなー(持ち歩いてるのはそれほどごつそうな弓には見えないが) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 18:45:16};
---弓に力が…?今まで弓使ってるやつは強そうに見えなかった気がするんだけどなぁ…&br;その弓を使うのに力が要るのか?俺にも出来そうに見えるぜー -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 18:50:05};
---堅く、軽く、強靱だからしなるが…あの細い弦とて原型に戻ろうとする折れず曲がらずのそれを支え続けるほどの強さがあるんだ……他の武具と違って弓を引くにはそれだけに保ち支え続ける力がいる。&br;暫らく前のアタシに合わせてあるからそれなりだか…まあ、竜の裔なら見かけの割には力もありそうだしな……(膝抱えてる二の腕をぷにぷにと) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 19:08:14};
---うぅん…?(難しいことはちんぷんかんぷんな様子)とにかく重い武器とは違う力が必要って事か!&br;そ、そこまで力は自信ねーけど…(子供特有のぷにぷにさを持つ腕) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 19:10:46};
---まあ、物を扱う以上は力がある方がどうしても基本的には有利と言う事だ&br;ははっ、流石にこれでは弦を外すのも辛いだろうな……もっと食って鍛えないとデカくもなれないぞ?(わしゃわしゃと頭を撫でくって) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 20:09:09};
---ふぎぎっ、もっと食べないとでかくなんないのかなぁ…ここ20年身長が伸びてない気がするぜ…(わしわしされて頭がぐらぐら揺れる) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-20 (水) 20:10:39};
---育ち盛りは兎も角沢山食べろと先達達も言っていたからな!&br;二十年?ああ、竜は長生きと聞くし…お前も見た目より齢を重ねてるのか&br;しかし、それならアタシの身の丈は当分抜かれなそうだな?(からかうように笑いながら) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 21:42:44};
---いつまで沢山食えばいいのかなぁ…おー、俺は…うーん、60歳くらいだぜ?&br;ねーちゃんの身長を超える…超えられるのかおれ!?うちのねーちゃんよりもっともっとでかいなぁ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-20 (水) 21:43:47};
---驚いたな、六十となると古老達くらいだぞ。そうなると…だいたいアタシの五倍は生きてる訳か(感心した様子で)&br;お前の姉者か……かなり年が離れてるのか?(アルフの容姿からぼんやり連想している) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 22:00:12};
---5倍…だと…ねーちゃんは10歳ぐらいか!?でかすぎねーか!&br;うーん、俺はねーちゃんの年齢知らないなぁ…でも俺が知ってる頃からずっとねーちゃんだし、おれよりずっと長生きしてると思うなぁ -- [[アルフ>名簿/433630]] &new{2011-04-20 (水) 22:05:35};
---んー…お前達がどれくらいで成長が止まるものか見当も付かないが、三桁に届いていそうだな。この街が出来てそろそろ百年と聞いたが…&br;ハハッ…それならアタシだって六と言うだろ?&br;別にそうでもないと思うが……男に比べて女の方が早熟らしいしな -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 23:35:15};
-…………(デカい女を見上げる140 -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-18 (月) 21:20:13};
--……?(じっと見る視線に気付いたか首を傾げて、見下ろす長身の女…上は裸身に等しく、首元の狼の毛皮が辛うじて乳房を隠す程度)&br;(背の順で前後に並ぶと恐らく頭の上に胸が乗るくらい差があるのだろうか) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-18 (月) 21:29:49};
---ぐぐぐぐ…おい、お前普段から何を食っているんだ?聞かせろ…(見下ろされるのが心底イヤなチビは屈辱に耐えて背の高い奴を見かけたらするいつもの質問をする -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-18 (月) 21:31:54};
---ん…なんだ、そんな事か?アタシは肉も食うし、野菜や魚も好きだ(どうやら拍子抜けしたようで)&br;寧ろお前は何故そんなに小さいんだ?…もっと好き嫌いせずにたくさん食べろ&br;(笑いながら頭を撫でて…女に悪気はないのだろうが純粋すぎて逆にフォローしようがなかった) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-18 (月) 21:53:48};
---俺だって好きだ!食い物はみんな大好きだ!!その中で特に変わった食べ物はないかと聞いているんだ!大好物でもいい!(いくら種族で違いがあると言っても女でここまででかいのは稀だし、何かあると信じて疑わない&br;ち…小さい…!?(歯に衣着せぬ物言いに怒りが頂点を突破したらしく顔真っ赤のまま撫でられて口をぱくぱく、ここまでストレートに言われたのは初めて)&br;馬鹿にするな!ただ大きいから何だというのだ!時代は無駄を省いた小型高性能化だ!(そして悔しさのあまり本末転倒な事を口走る、負け惜しみ) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-18 (月) 22:09:01};
---そう言われてもな……アタシとしては風変わりなものを食べている心算はないし&br;寧ろ普段お前達は何を食べているものなんだ?(あまりに必死な様子に困り顔で)&br;……?どうした、急に?丘に上がった魚みたいに…(逆鱗に触れたのに気付かぬままきょとんと見て)&br;いや、別に嘲ったりはしていないけど……よく解らないが、それなら小さなお前は何に秀でるんだ? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-18 (月) 22:34:45};
---さっきの貴様のセリフをそっくりそのまま返す、俺だけ変わったモノを食っているつもりはない!それでなぜ差が出る!納得いかん!(せいぜい冒険先で仕留めたものを料理する程度)&br;なんでもない!俺は海魚でも川魚でもない!(自然で余裕のある態度がますます怒りの炎に油を流し込む格好になりもう止まらない)&br;何にだと!?知力体力反射神経…そして持久力!全てにおいて貴様より上だ!更に…こんな事もできる…どうだ!!&br;(必死に負けても劣ってもいないアピールをした後緑色の光を伴ってふわりと宙に浮いてみせる、空中浮遊) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-18 (月) 22:45:11};
---んー…体質じゃないか?きっとお前はもっと一層たくさん食べねばならないんだろう&br;(携帯していた干し肉を分けてやりつつ…何でも食べればでかくなる…それが女の認識で、あまり賢いとはいえないのは確かだった)&br;おー、足場の悪い狩りで便利そうだな!(空中浮遊に凄いというより便利そうだ!的反応)&br;んー、すべてにおいてかは知らないが…アタシもコレには自信があるよ(弓を見せて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-19 (火) 00:41:32};
---毎日牛乳1リットルは欠かしていないというのに…何故…(レイプ目で干し肉を突っ込まれる&br;その通り…大抵の奴らは空を飛べば手も足も出ん、そして地形効果を得たいときは降りればいい!なんと合理的な機能か!(スパロボ脳&br;弓だと…?お前は射手なのか?(ガタイの発達具合から見て近接型だとばかり思っていた) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-19 (火) 22:16:19};
---なら1.5にすれば良かろう?(単純な話とばかりに自分も干し肉を齧りながら)&br;まあ、この街だと一切手を持たない者の方が少ない気がするが…(燃費はお高いんでしょ?という視線)&br;ん、どうみてもアタシは射手だろ?(何を言っているんだお前は…という感じで) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-20 (水) 15:37:45};
---さらにその二倍前を行く!'' 3 リ ッ ト ル だ !!''(どうしても勝ちたい せめて数値だけでも)&br;ならばさらにその上を行くまでの事…飛べることの利点を生かした立ち回りくらい俺にとって造作もない(すとっとセクマカの頭の上に着地してみながら)&br;弓を射るには相応の筋力が要るとは言うが…(接近戦のほうが強いですよね?という目) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-21 (木) 20:30:12};
---そうだな、白兵でもアタシならそれなりだっただろう…だから、単純にそれを上回る位に射手に向いているんだ&br;(挑発するように頭上に降り立った相手に笑いながら肩程まで腕を上げ、金貨を飛ばす)&br;(上に弾き上げたのなら兎も角、真っすぐ放っては頭上の相手に当たるはずも無いのだが…不意に鼻っ柱に硬いものが当たった感覚、ぶつかったものを確かめようとすれば落ちていく金貨が見えるだろう)&br;この手にあと二枚金貨があるんだが……おまえ、そこから動いた方がいいんじゃないか?これでは的にし易過ぎる…逃げ回っていいぞ、飛べるのだろ? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-21 (木) 22:39:03};
---…フン、何をするかと思えば…無駄にでかい図体をしてやる事がこの程度の小細工では子供だましにもならん(大して驚いた様子でもなく落ちる金貨を右手で掴み、距離を取ると十円玉をひねり潰す間隔でひねって投げ返す)&br;たった二枚か?無理せずその辺の石でも何でも使えばいい、小賢しい貧乏人相手にフェアではない…だろ?(当てられるものなら当ててみろとナメきった顔、不意打ち以外に何かできるのならやってみろと自信満々…過剰とも言う) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-21 (木) 23:15:24};
---そう、アタシとしても戯れにすぎん……なんだ、その程度の距離で納得するのか?&br;(一里くらい離れても平気だぞと笑って)&br;なら、口に気を付けるがいい…&br;(大口を開けて嘲笑う相手に女は見向きもせず、金貨を乗せて指で弾き…)&br;(弾いた瞬間まで金貨が其処にあったのは目が良ければ見えただろう…だが)&br;(その後の軌跡は一切存在せず、そのまま口を閉じれば金貨を縦に噛む事になる筈だ)&br;(そして弾かれる二枚目が一枚目の金貨を喉の奥へと押し込むだろう) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-21 (木) 23:50:55};
---フェアではないと言っただろう、ハンデだ(相手を過小評価する癖に加えて「相手は女であるし手心を加えよう」というフェミニスト気取りの差別主義者である)&br;貴様こそ無駄口を叩くヒマがあるなら何かして見せろ、退屈すぎて欠伸が………(大きく欠伸をした瞬間に口に異物が潜り込む感覚…二個、なるほど言うだけあって狙いは正確だ… ご く り )&br;…安心したぞ、ハンデをやって外したでは話にならん(何かしているのは間違いない、確かに腹の中には金貨が二枚…ただ飛ばすだけではこうもいいようにされるはずはないと内心穏やかではないが勤めて冷静かつ尊大に振舞う)&br;『やっぱりやってた…誰彼構わずケンカふっかけんのはいいけど一度くらい勝てよかっこ悪ぃ』(もう勝負にもなってない一方的な展開を見てまただよ…と表情を曇らせつつ[[メガネの女>http://lh3.ggpht.com/_zQ7RQZU4oZ8/TNksRU8oLHI/AAAAAAAAALo/MrjV2B0QZpQ/s800/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3.png]]が近づいてくる、保護者だろうか)&br;黙れ!俺は負けてなどいない!相手の手の内を真正面から受けその上で叩き潰す!それがキングだ!(保護者相手にも食って掛かる、懲りない)&br;『ゴメンしてあげてね?コイツ見ての通りバカで…アタイも困ってて』(ぎゃあぎゃあ喚くのを無視しつつセクマカに馴れ馴れしく話しかける) -- [[ディーブレイク>名簿/417578]] &new{2011-04-22 (金) 00:27:04};
---…ん。いや、これはこれでなかなか妙な奴で退屈はしないが&br;(接近に気付かなかったか別の声に些か驚いた様子で目を丸くして)&br;アタシはセクマカ、狩り手だ……アイツと知り合いのようだがアンタは?&br;(浮いている自称キングを余所に保護者相手に名乗り合いを始めている) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-22 (金) 14:01:10};
---そういう感性大事よ?大切にね(キングと接した相手はだいたいキレて二度と付き合ってもらえないか、とりあえず生暖かい目で見守ってくれるかどっちかである 言うまでもなく後者は希少だ)&br;セクマカ…セクマカ…はてどっかできーたような?っと…アタイ?こいつの保護者よん、マッスル北村です!よろしこ☆(今流行りだっつーてへぺろで可愛さをアピールするどう贔屓目に見積もっても三十代前半のとうがたった女)&br;あいつも見た目と一緒でたいがいお子様でねぇ?気になる女の子にちょっかいだす精神レベルで成長とまってんの…結構いい年なのよ?あれでも&br;『誰が保護者だ!人の話を聞け!…!…!』(その後ろで叫び続けるが女の子同士の会話ゾーンが出来ているため蚊帳の外なキング) -- [[マッスル北村>名簿/417578]] &new{2011-04-22 (金) 20:29:16};
---よくわからんが忠告は受け取っておく…よろしくな、マッスル!&br;(同性相手でも気兼ねなく挨拶代わりに口付けにくる)&br;…ん?どうした、マッスル…アタシと似た名の知り合いでも居たか?(名前に対する反応に首を傾げて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-22 (金) 21:04:21};
---あいあいこちらこそよろしく〜 アイツもウザい事この上ないけど仲良くしてやって欲しい(矢島のモノマネしてキングのフォローするフリをするマッスル、夕飯のおかず一品追加が目当て)&br;あらやだ最近の子って大胆なのね!?そういうの…嫌いじゃないわ!(男はもちろん女もイケるバイなので迷わず唇で行く、節操ない)&br;『なっ…何をしているお前ら?!デカルチャァァァァァ……』(目の前でお子様には見せられない光景を繰り広げたのでどっかの戦闘民族のごとく混乱して頭から墜落、飲んだ金貨もきっちり吐き出すという都合のいい展開)&br;愛は勝つ、ラブアンドピース!バーイみつを!ちゅぅぅー… おっといけねえ…ヨダレまみれだけどいる?(金貨をつまみつつ)&br;たいしたことじゃないのよ、なんか変わったモン狩りに来た連中がいるとかなんとか聞いて…人違いだったらごめんなさいね?(カマかけてるのか素なのか解らない態度で言う) -- [[マッスル北村>名簿/417578]] &new{2011-04-22 (金) 21:18:55};
---郷里の挨拶だ、言魂を交わす前に源である唇に口付けるんだが…(にこりと笑んで)&br;この辺りも頬ならあるようだが、口付けを交わす挨拶はあまり無いらしいな&br;なんだ、サラは狩りなど街で聴いたこともないと言っていたが…知るものもいるんだな&br;そう、アタシは狩り手の一人として魔女狩りの手伝いで呼ばれたんだ&br;(特に警戒する様子もなくあっけらかんと打ち明ける)&br;金貨はくれてやる心算で放ったからな、奴に聞いてくれ&br;(変な落ち方したがあれは平気か…と訝しげに見ている) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-22 (金) 22:06:56};
---挨拶がセックス!だってのにキスは恥ずかしがるっておかしな話だわね(友キスくらい当たり前ジャン?といういまどき女子気取り これは友情なのでセーフ&br;そうそうそれそれ、やっぱりかぁ…もうちょっと早く来てくれればもっと楽だったのに…何匹くらい狩ったの?(まるで前にも狩った事があるような態度でフレンドリーに話しかける&br;頑丈さ以外いいとこないしへーきでしょ?んじゃコレアタイがお小遣いとしてもらっておくわねん(金持ちだがケチなキングから生活費をもらっているため常にカツカツ、浪費家) -- [[マッスル北村>名簿/417578]] &new{2011-04-22 (金) 22:13:32};
---頑健さがアイツのある種の天恵なのか(一応納得したのか頷いて)&br;まさか…マッスルも狩り手なのか!これは驚いた…&br;着いたばかりだからまだこの辺りの魔女とは遭っていない&br;もともとアタシは成り立てだからな…余所でも二度しかマミえていないんだが -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-24 (日) 22:05:14};
---その対価かなんか知らないけどああいう馬鹿なの、先祖代々ね(ため息)&br;狩り手っていうかそのお手伝いさん?それにあれって狩った事になるのかしら…(彼の事を思い出し溜息)&br;できるなら会わないまんまの方がいいわよ?あんな化け物…狩るったって息の根止められる奴の方が少ないっぽいし…&br;最悪自分がエサになっちゃうんですもの、せっちゃんはせっかく可愛いのにそれって丸損じゃない?(さっそくちゃん付けする馴れ馴れしさ)&br;…でもまそれがお仕事だしね、サービス残業や休日出勤は断固NOで楽しい冒険者ライフをねー(言いたい事言ってキングを引きずって帰る) -- [[マッスル北村>名簿/417578]] &new{2011-04-24 (日) 22:17:47};
-''テーブルの上に[[写真>ロダ3:007010.jpg]]が置かれている。'' --  &new{2011-04-18 (月) 00:18:16};
--(酒場の酒席で何時ものように女が飲んだくれていた時の事……そもそも特定の塒を持っているのかも怪しいが)&br;…?(いつのまにか置かれていた写真に気付いて拾い上げる)&br;これは…あの時の、か…?(己を含めた三人の姿、知り合いと同行した時のモノだと当りを付けた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-18 (月) 12:58:32};
-こんにちは、こんにちは、セクマカさん。(薄い笑いを浮かべる黒衣の少女がふらりふらりとやってくる。)&br;このまえの、鳥、ありがとです。おいしかった、です。(そうして小さく礼をする。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-16 (土) 17:31:52};
--ん、ああ…ナル!元気にやれているようだな!うん?そうか、美味かったか!&br;それならまた獲っておいてやるからな、アタシに任せておけ!……しかし、ナルはちっとも大きくならないな……もっと沢山食べないとだぞ? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 21:33:08};
---うん、おいしかった、です。おなか、いっぱいになったです。&br;また、よろしく、です。私は、大きくならなくても、いいの、です。このままで、大丈夫、です。(小さな笑みを浮かべつつ言う。確かに体に成長の様子は見られない。)&br;家も、できました。これから、墓守と、冒険者、やっていくから、もっと、食べられるようになり、ます。(犬小屋程度の大きさだが、野宿の暮らしではなくなったことを告げた。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-16 (土) 22:02:32};
---そうか、住まいも決まったのか……大したものだ、アタシよりすっかり街に溶け込んでいるな!(進捗を聞けば我が事のように喜んで)&br;そういうな、何れ巨鳥も持って帰ってきてやるぞ……先達の狩り手が屠ったものを見たが、アタシよりもっと大きいんだ(あれなら半年は喰うに困るまい…等とかなり無謀な話をしながら女はフードの上からナルの頭を撫でて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 23:19:06};
---はい、決まり、ました。ううん、とけこんでなんて、ない、です。私、根無し草、です、から。(それでも相手が喜んでくれればこちらも喜んで)&br;巨鳥……おおきい、鳥、です。でも、強い、らしいです。気を付けて、ください、です。(巨鳥というのはまだであったことがなかった。かなり大きいものらしい。フードの上から頭を撫でられれば、嬉しそうに微笑んだ。)&br;じゃあ、私も、いつか、大きいの、たおして、セクマカさんに、あげます。 -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-16 (土) 23:45:20};
---ああ、知っていたか……うん、練達した狩り手とて少し誤れば命を落とすものらしいからな。&br;ん?…ふっ、ははっ!そうか、ナルもアタシにくれるのか……小さくとも頼もしいな!ならば…アタシも期待してるよ?(小さな少女の心意気を受け取って嬉しげに笑い、口付けて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-17 (日) 09:25:30};
---気を付けて、ください。友達の、葬儀は、あまり、したくない、です。&br;期待していて、ください。きっと、巨鳥を斧で倒して、きます。(どこか狂気めいた笑みを浮かべつつ、そういうと、小さく礼をして去っていった。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-17 (日) 18:20:35};
-&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072126.jpg,ドワオ,125x73); &br;(なんとなく面白そうなので使ってみた) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-15 (金) 18:27:12};
--(その禁じられた言葉通りの勢いに長身の女は倒れ、アルフの下に組み敷かれていた…)&br;(覆う布すらないたわわな乳房を跡が付くほど掌に押し潰され、少し苦しげに女の口から吐息が洩れる) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 18:40:41};
---ちょっと待てよ!?一体何が起きたってんだよぉー!(いつか使えるかもしれないから拝借しようと思う程度の軽い気持ちだったはずがこの有様だよ!)&br;うわわわーっ!?ご、ごめんっ!(はじめて触れたおっぱい、しかし状況が上手く飲み込めず余韻を味わうまもなく混乱している) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-15 (金) 18:44:09};
---(はた目には巨女が押し倒され、馬乗りになられたような有様だが…)&br;……ダメじゃないか、無闇矢鱈にその呪いの詞を唱えては(動転するアルフの下に組み敷かれたままの女の声)&br;ホントに危険…なんだぞ?(此方は多少は落ち着いたか深く溜息を吐いて)&br;(女は外方を向いて伏し目がちにアルフを見た) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 19:01:40};
---の、呪いなのかこれ!?ご、ごめんなさぁーい!(気がつけば女の格好、ほぼ裸なそれに顔を赤くして飛び去っていってしまった)&br;(いささか刺激が強すぎたようである、ドワオはそこに転がっていた…どうやら持っていかなかったようだ) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-15 (金) 19:03:48};
---その呪言は過程を抜きに因果を直結させるものなんだ……使い方を誤ると危険な&br;(地味に説明をしていたが途中で相手は飛び去っていて意味がなかったりする)&br;…ん。何だったんだろうな、あの子…(身を起こしてぼんやり空を眺めていた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 20:09:02};
--(何かしばらくしたら戻ってきた)よくわかんないけどお詫びの品を持ってきたんだぜ!(年越し蕎麦) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 00:42:34};
---おお、さっきの……また来たか。いや、詫びるのはアタシだ。まさか呪音を扱える者がいると思わず、油断してた…(己の失態と思っているようで気まずげに頬を掻いて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 00:53:42};
---そんなに深い意味のある言葉だったのか…(悪口のアホだと思ったらスペイン語のニンニクだった時のような気分になりながら)&br;(暖かい年越し蕎麦をよそいながら)こうしてよそってからするとどうなるんだろう…ど、&br; &ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072126.jpg,ドワオ,125x73); &br;(好奇心に負けた) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 00:57:48};
---呪い師が唱える呪文みたいでないからと思っているならそれは違うぞ?&br;長さは問題ではない、短かろうと魂の込められた言葉はそれ自体が力なんだ。&br;呪文だって基になるのは一つ一つの言魂で、ものの名前もその存在を現す呪になりえるんだからな&br;(雑学披露中に解き放たれた呪音がまたしても猛威を奮い、熱々だった汁が冷めるどころか蕎麦もろとも器の中でカチカチに凍りついた!逆さにしてもこぼれない!)&br;……。だから無闇矢鱈に使うなと…(呆れた様子で見て) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 10:06:31};
---えぇ…それってやっぱり呪文とか魔法じゃないのか?ううう…頭が痛くなってきたぜ…(理解する知能がなかった)&br;すげぇ結果になった!?不思議だなー…(凍った蕎麦を突く) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 15:56:37};
---驚いた、冷めるを通り越して腐らずに冷え凍ったんだな……これで少しは判ったか?禁じられた訳が&br;すまない、アタシは教えるのが向いてないみたいだな……古老達ならもっと解りやすく話を伝えられるんだろうが -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 21:27:20};
---ああわかったぜ…もう何が起きるかさっぱりわかんねぇんだなコレ!&br;もう使わないようにしておくんだぜ…ふーっ、ふーっ(火を吹いて蕎麦の氷を溶かしている) -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 21:30:19};
---うん、そんな感じだな!直結するんだ、起こり得る全てに……&br;しかし、凄いな……火の吐息とは…!(興味津々の女はアルフへと近寄って、上から横に下から斜めへと無防備に覗き込んでくる)&br;そういえば名乗ってなかったな……アタシはセクマカ、狩り手をしている(アンタは?と問いを投げ掛けてきた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 21:59:10};
---そうか…俺はバカだから分からなかったけど、今なら分かる気がする……全ては一つなんだ、ゲッターも俺も…(うつろな表情)&br;んぉ?俺は火龍の龍人だからなー…溶けねぇ!(熱で溶けない不思議な氷に諦める)&br;な、なんだよそんなに見て…あー、俺はアルフって言うんだ!山に住んでるんだぜ! -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 22:05:40};
---いや、不思議だろう。口の中を火傷したりしないのだなと思ってな……&br;龍人か、この近くにも古竜の仔が棲んでいたが……よし、アルフ。よろしくな!&br;(女はにこりと笑む、そしてそのまま流れるように挨拶代わりに唇へと口付けに) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 23:08:31};
---そりゃ人間じゃないからなぁ、やけどなんてしないぜー?溶岩にだって入れるしな!ちょっとだけなら…&br;古竜?そんなのも居るんだなぁ、つーか子供だったら新しい新竜じゃねーの?&br;おう!よろしくなセクマカねーちゃん…なんか言いづらい名前だなぁーって、ちょはーっ!(びっくりして飛びのく)ななな、いきなり何してんだぁー!? -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 23:15:11};
---その竜は種が古いのだと言っていたぞ……ふっ、あはは!火をも物ともせぬアルフが驚いてばかり…だな?&br;(慌てて飛び退く様子に一瞬きょとんとした後、愉快そうに)&br;どうやらアルフも手を交わすのが挨拶の習わしか。&br;アタシの郷里は言魂を交わす前に、源である唇に口付けを交わすんだ…驚かせて悪かった&br;あと…アタシの事はただセクマカと呼べばいいぞ? -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 23:35:52};
---種類がかー、俺の所はどうなんだろう?ここから20年ぐらい行った所にじいちゃんかばーちゃんがいるらしいんだぜ&br;挨拶だったのかよ!?すげー挨拶だなぁ、でも恥ずかしいからそれは勘弁してくれ!&br;んおー、わかったぜセクマカ! -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-16 (土) 23:41:17};
---それは…行って帰ってで季節が四十も巡ってしまうじゃないか。それ程彼方だと血族が集うのも大事だな…(比喩的にではなく額面通りに言葉を受け取ったらしい)&br;うん、この辺りではあまり無いらしいな……善処するが慣れもあるから間違えても許してくれ(他の者にも言われてるんだと頬を掻いた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-17 (日) 09:14:24};
---集まろうなんて事はしないんだぜ、じいちゃんとかばあちゃんなんて殆ど他人みたいなもんだからなー(親にとって子も、独り立ちできるようになれば立派なライバルとなったりするらしい竜族のしきたり、祖父母との縁は血がつながっていると言うだけで敵対すれば食い殺される事もある)&br;怒ってる訳じゃないから許さないって事は無いけど…恥ずかしいだけだしな! -- [[アルフ>名簿/433630]][[(オサレ>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp005581.jpg]][[仕様)>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp006471.jpg]] &new{2011-04-17 (日) 12:34:44};
-(酒場で見かけて)…この時期だってのに、よく平気だね(半ば呆れたような顔の赤毛) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-14 (木) 23:12:23};
--…ん?おお!少しは元気になったようだな?(声に振り向き、トバルの姿を視界に捉えれば立ち上がり、女は大きく手を広げて近付いてくる)&br;(いつぞやの近場の森でいきなり熊に襲われた的なのはファーストキスには数えない事件以降にも女と会ったことがあればアナタは知っているだろう…)&br;(あれはベアハッグのように相手を胸に抱き締め、再会の挨拶に接吻する構えだと…) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-14 (木) 23:37:52};
---あはは、おかげさまで(肩を竦めて。包帯こそ巻いてないが、松葉杖をついている)&br;って、うわわわわわ!?(また近い、近い近い。思わず仰け反る) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-14 (木) 23:50:02};
---…ん?急にどうした、何も無いところで仰向けに倒れそうだったぞ?(手を取り、仰け反るトバルの体を片手で支え……カップルダンスの一コマ的な態勢) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 00:12:13};
---うわわわ、っと…(しっかりやさしく支えられ…なんだか逆だなあなんてぼんやり) いやその、急に近づいてきたので…(苦笑で誤魔化し) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 00:22:23};
---うん?よくわからんが…気を付ける!(トバルに体を起こさせると、そう言ってくるが…分かってないらしいのでやはり今後も期待薄だろう)&br;何はともあれ、傷にはまず肉だ!さあ食べるぞ!(背中を叩いて席に着くのを促す女…豪快というべきか、単に大雑把なのだろうか) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 00:51:55};
---うん、セクマカって上背あるしね。そーいうのが好きな人にはたぶんたまんないだろーけど(苦笑して)&br;おっ、わかってるじゃんいててて!(促されて座る。ともあれ、治すには食べるのが一番だ)&br;そーいや、セクマカってえーと、狩り手、だっけ?普段はなにを狩ってるの?ウサギとか?(ばくばくもぐもぐ) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 01:02:13};
---(知り合いに勧められた街の酒やら肉を勝手に追加注文しながら既にある分をトバルにも勧め、豪快に食べていく)&br;…なんだ、そんな事か?まあ、鳥や兎を狩ったりもするが…名うての者ならそれこそ虎や熊だって屠る(問いにきょとんとした顔で)&br;狩り手の役目は戦士なんだ……必要なら人だって狩るぞ?特に男は持ち帰ると歓ばれて、部族の皆で宴を開いて夜通し食べるんだ(脅かすようにニヤっと笑ってからかって)&br;しかし、狩り手の一番の標的といえばやはり……魔女だな&br;(指に付いた脂を舐めながら、女は真面目な顔で顔でそう答えた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 09:43:32};
---(むっしゃらもっしゃら。んまい) へー。虎かー(先日やられてきたばかりなのでちびっと嫌な思い出である)&br;戦士、か… ''いいっ!?'' …お、俺とか食べても美味しくないからね?(びくびくしつつ)&br;魔女…え、魔術を扱う女性、って意味で?(そーいう手合いは知り合いに大量に居る赤毛) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 20:06:09};
---その頃のアタシはまだ宴には混じれなかったが…男たちは恍惚とした顔をしていたぞ?&br;郷里の先達達ならもっと見るからに雄々しいのを好むだろうが…アタシは選り好みはしないさ&br;(不意にトバルの顎に指を掛け、品定めするように意味ありげに全身を舐め回すような視線を注いで…相変わらず怯える様子を愉しんでからかっているのだろうか)&br;…違う。魔女は単に呪いに長ける相手じゃない。災禍の源、天地に呪怨を遍く齋す存在だからな… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 21:30:04};
---こーこつ…はぁ… …っ!!?(大体どーゆーことなのかを察して赤面する赤毛) あ、あはは…俺、そーいうシュミもないんで……&br;…ふぅん?よくわかんないけど、そっか(おそらく、自分の知人たちとは違う類、なのだろう。それがわかっただけでも、なんとなく安堵の息を漏らし) …そんなのが居るんなら、確かに放っちゃおけないな。 -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 22:11:37};
---どうした、急に鶏の真似をして……酒でむせたか?&br;うん?趣味と、よくわからんが…?ああ、あれか。''トバルは男でないと勃たないんだな!''&br;まあ、天災とでも思えばいい。既にこの街にいる狩り手達が今も追い込んでいるのだろうがな……その上で私も手伝いで呼ぶ位だから余程手強いのだろう -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 22:55:54};
---い、いや…そーじゃないけど(とりあえず落ち着くためにお酒を一杯。つらい)&br;''いつそんな話になったの!?'' ちゃんと女の子で勃つよ!?(いい感じに酔ってるのか口から出る内容が普段よりひどい)&br;…天災、かぁ(ぼんやりと想像しようとし…さっぱりイメージがつかなかった)でも、それをなんとかしよーとしてるんだな、セクマカたちは。&br;俺にもなんか手伝えることとか、あると良いんだけど…&br;そしてそれはそれとして関係ないけど、来月一緒の依頼だった -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 23:04:03};
---狩り手の戦いに敗北はない、十中八九が死しても倒して勝利を持ち帰るんだ……&br;アタシみたいのは趣味ではない…そう言った(ぐいっと顔と体を近くまで寄せて、不満げにじとっと見てくる…心なし火照ったように露な肌も赤らんで、女もそれなりに酔いは回ったのだろう。中々面倒臭い奴である)&br;ああ、アタシとトバル…もう一人くらい何となく居るような妙な違和感もあるが。とりあえず依頼に向けて一層英気を養うとしよう!(あっさりと切り替えるように杯を掲げた) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-15 (金) 23:42:27};
---……そっか。強いんだなあ、セクマカの部族は。俺も見習わなきゃ&br;い、いやそのえーと…(あまりの近さにしどろもどろ) そーじゃなくてえぇと… もっと清いオツキアイ、とゆーか?(笑って誤魔化す。赤みを帯びた肌が目の毒過ぎてなるべく見ないように頑張る)&br;あ、そうなの? それじゃ、暇を見つけて挨拶にいかないとね。 ああ、ってなわけでカンパーイ!(そんなわけで飲んだ。でも下戸なので死んだ) -- [[トバル>名簿/436757]] &new{2011-04-15 (金) 23:55:32};
---会えれば良いがな、アタシも見つけられなかったし。&br;うまく言えないが[[底無し沼>名簿/深き淵]]みたいな、妙な感じがする……&br;(女は意味ありげに呟いて、それとは無関係に色気とは無縁な男女二人の夜は酒と共に更けていく…) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-16 (土) 00:27:08};
-(変わったファッションセンスだなぁと眺めている総統、自分も十分に変わっている事は気にしてないらしい) -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-14 (木) 09:28:31};
--(セクマカ本人にファッションという認識はなく、単に部族正装なのだが明らかに奇抜な…寧ろ職質されかねない有様ではあった。)&br;…?(さておき、視線を感じたか辺りを見回せば小さな子が何やら見ているのに気付いて微かに首を傾げる)&br;(…日頃周りを特に意に介していないようにも見える女だが、狩人だけに別段鈍くはないのだ)&br;(そして巨体が一直線に総統に近付いてくる…彼女自身は非常に単純に物事を考え、直接相手に聞くという選択となったのだ)&br;(下手な男よりよほどデカいのもあって間近に立たれると異様な威圧感があるだろう) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-14 (木) 09:53:22};
---(近づくとその大きさに顔を真上に向ける状態に、手にした箒から落ち葉拾いをしていたようだ)&br;おはようございます(ぺこり)冒険者とは思うがえらく背格好が立派じゃの(朗らかな笑顔で) -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-14 (木) 10:01:24};
---ああ、おはよう…少し風がひんやりとしているな(女はしゃがむように身を屈め……それでも割と目線は高いが…首が疲れない程度には顔が来る)&br;うん、狩り手のセクマカだ。何だか呪い師のおばばさま達のような喋り方だな…(心なし愉しげに笑んで) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-14 (木) 10:18:29};
---そろそろ薄着では寒くなる季節ですからの…これはご丁寧に、人並みより小さいものでの(顔を楽な位置に戻し)&br;セクマカさんか、わたしは金毛の猫団の総統をやっております、部下からは馴れ馴れしく総統ちゃんと呼ばれております、どうぞよろしく&br;ほっほっほ、そうじゃの、おばばさまたちの様な人と過ごしていたらこういうしゃべり方が染み付いてしまったんじゃよ -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-14 (木) 10:33:45};
---金毛の猫…?ふむ、ソウトウは一団の長なのか…まだ幼げだが、大したものなんだな……(どういった集団か知らないままでも長は無条件に称賛に値するようで)&br;だが、もっとしっかり食べるんだぞ?率いる者は強くないとな!(両肩にぽんと手をやると、そのまま挨拶代わりの口付けにくる) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-14 (木) 12:32:30};
---世界の人々のために働く組織ですのでの、まだまだ力は小さいが今まさに成長をしているところじゃよ&br;うぐぐ…痛いところを突いて来るのう…ん?(肩に置かれる手、不思議に思ってセクマカの方を見ると間近に迫る)&br;あわわわ・・・大胆なあいさつなんじゃの(顔を赤くして慌てながら) -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-14 (木) 12:55:59};
---(互いの視線が絡まり、近付く唇…むちゅっとディープな感じではなく、ちゅっとソフトな感じのようだが…)&br;(ファーストキスは想い人に、等の信念があれば今ならまだ咄嗟に顔を背けて頬くらいで済んでそうな気もするしない)&br;ああ、この辺りでは挨拶に手を交わす方が定番なんだったな…アタシの故郷では言魂を交わす前に源である唇に口付けるんだ&br;世界!?身は小さくともソウトウは志が大きいな…!(関心しきりの様子で) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-14 (木) 13:21:32};
---(異文化交流と軽めのキスを受け止める総統)ううむ、慣れないと土器がムネムネするのぅ&br;しかも話を聞くと感心できると思う節があるのもまた不思議なものじゃわい(話を聞きながら頷いて)&br;まだ理解はされないので先の長い話にはなるとは思うがの、セクマカさんのお役にもたてるよう努力させてもらうかの -- [[総統>名簿/441666]] &new{2011-04-14 (木) 13:43:07};
-酒場で言っていたのは…[[此処>名簿/440449]]か -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 14:37:57};
--[[此処>名簿/39023]]と[[此処>名簿/433747]]もだったな… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 14:45:02};
---[[意外>名簿/442082]]と[[この時間>名簿/268446]]にもいるのだな -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 15:00:27};
---[[加えておこう…>名簿/424442]] -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 16:57:27};
-[[ドワオ>ロダ3:006924.png]] &br;//何だか気になったのでまだ設定整備中を承知で勝手に描かせて戴いた! 御免! イメージの一助にでもドウゾ --  &new{2011-04-13 (水) 03:46:39};
--!?(ファンファーレの如く辺りに轟いた音に流石にびくりとするが…)&br;これは……うん、驚いたな。アタシの似姿の贈り物なのか(其処にいつのまにか置かれた絵に気付いて)&br;恥ずかしがりなのか、脱兎の勢いだな。これでは直にありがとうと礼も言えないじゃないか……&br;(既に届け主の姿はこの辺りにないようだが感謝を一人述べて、上機嫌で随分と眺めていたようだ) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 09:44:53};
-(黒衣と頭巾を身にまとった小柄な女が歩いてくる。)&br;……初めまして。私は、大麻 鳴と言います……貴方は?(薄気味悪い笑みを浮かべて、会って早々そんなことを聞く。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-12 (火) 22:21:18};
--ん……ああ、アタシはセクマカ。うん、初めまして&br;(対照的にその女は下手な男より長身なのもあってか気付くまでに幾分時間を要した)&br;ナル、か……ふぅん?(奇異な雰囲気に興味を抱いたか見下ろす女は右に左としげしげと眺めて) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-12 (火) 22:41:57};
---大きい……。(その姿は普通の人間の男よりも大きく、見上げなければ顔も見えなかった。鳴はとても小柄である。)&br;そう、鳴。墓守で、冒険者。(相手を赤い目で見つめながらそう言う。)&br;どう、したの?(何やらまじまじと見つめているのを不思議に思ったのか首を傾げた。こちらもケンタウロスなんてものは見たことがなかったので、不思議そうな顔をしている。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-12 (火) 22:47:33};
---(半人半馬設定は結局消化しきれず眠らせたので何処となく申し訳なさげに)&br;いや…ナルは随分小さいな、と思って&br;それじゃあ弔いの仕事も大変だっただろう……しっかり食べてるか?&br;(フードの上から頭に手を軽く乗せて)&br;アタシは狩り手だったんだ……よろしくな?&br;(身を屈めて顔を正面から合わせ、女はにっこり笑い……挨拶代わりに口付けにくる) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 00:08:45};
---(今確認したらそうだった。どうも名簿作成中にやってきたみたいで申し訳なかったですと礼)&br;食べれるときは、食べる。家、ないから。(そんなにもうかる商売でもなく、相手が子供であれば頼むものもそう多くはない。家もないのはそのためだ。)&br;ん……狩り手……? うん、よろしく、です……んんっ!(狩り手となれば、兎でも捕まえるのだろうかと思っていると、女は視線を合わせてにこりと笑って鳴に口づけに来た。少し驚いたようではあったが、特に跳ね除けることもない。)&br;……あいさつ?(海外ではそういう風習があると聞いたことがあった。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-13 (水) 00:19:25};
---満足には食べれていないのか……これを持っていけ、しっかり食べねば丈夫な娘が産めないからな!&br;(荷袋から射殺して下拵えした野鳥を数羽差し出して)&br;ん?ああ、すまない……驚かせたか、部族の慣わしなんだ。&br;(きょとんとした様子をみて風習の差異があるのを思い出したか説明して)&br;言魂を交わす前に口を交わす。確かこの辺りだと…手を結ぶんだったな?&br;(やり直しとばかりに女性の割にやはり大きな手を差し出して) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 00:51:08};
---あっ……あり、がとうございます。(荷袋から出された野鳥を数羽受け取ると、嬉しそうに笑顔になって、ぺこりと礼をした。焼けばおいしいだろうと思って。)&br;部族の習わし……そうなんだ。(相手の説明を聞けば納得したように頷いた。挨拶ならばそう驚くこともない。)&br;ことだまを、かわまえに、くちをかわす……うん、握手、するの。&br;(そういって差し出された大きな手をとって握手を交わした。)&br;もし、貴女が冒険で一緒になって、もし、死んじゃったら……私が弔ってあげます。安心して、ください。(自信ありげに縁起でもないことを言った。悪気はないのだが。)&br;じゃあ、今日は、これで。また、セクマカ。(そういって手を振ると、ぺこりと礼をして、黒衣を引きずって帰っていった。) -- [[鳴>名簿/444578]] &new{2011-04-13 (水) 01:06:11};
---(不意の葬儀の話に些か驚いたか、ぱちくりと目を瞬かせたが)&br;そうか……身は小さくても己の務めに大きな自負と、誇りがあるのだな(誇らしげな少女の顔を見れば納得したように頭を撫で)&br;此処は故郷には遠く離れた異境だ、確かに部族流の葬儀は難しいだろうな……ああ、その時はアタシの弔いは任せるぞ?&br;またな、ナル……しっかり食べるんだぞ?(大きく手を振り見送って) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-13 (水) 09:13:54};
-わりとまっとうなのが揃ったから取捨選択がつらいな…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-12 (火) 22:06:34};
--弓使いのケンタウロスとか格好いいし、好きなんだけどなぁ…… -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-12 (火) 22:08:28};
---外見類はこの組み合わせ、だろうな…やっぱり -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-12 (火) 22:43:48};
#endregion

-セックス!! --  &new{2011-04-12 (火) 19:13:48};
--&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst072126.jpg,125x73);&br;(押し倒す) -- [[セクマカ>名簿/444667]] &new{2011-04-12 (火) 19:25:00};

**// [#g14001fa]
//削除されたときの名簿の動きで、初めてコメントアウトで問いかけられていた事に気づいた…!(ゲザりながら)
///大丈夫だ、問題ない…あと面の服で悩んだのは秘密だ!
///寧ろこの展開を持っていったアタシが土下座すべきな気もするが…謝らない!
//(誤字にも気づいて頭が地面にめり込む、綿ですまない…)
//場面に関しては設置バナー的に何の問題もない!
///目立たないとこに置いておいたのにバレバレだったのか……
///摘み食いだけどタマ猫さんもきっと許してくれるよね!
//目立たないって何か言われて探して気づいた…うちのバナーのことだったんよ
//タマ猫さんは気まぐれ猫さんなんだろうか…修羅場が生まれたらと思うとワクワクしてしまってすまない
///むむっ、まさか自爆してしまうとは…気付いてて元より喰われる覚悟してる人だったのかと思った
///あと何だか少年、わりと下衆い事言ってるな!?
///…女蛮族的流儀で協定を結んで少年の共有財産化という名のハーレムだな
//気付いてなかったけど食われても構わない人かな…むしろ弄んでも?
//ここでは少年じゃないから大丈夫…
//なんだかハーレムと言う嬉しい響きより、縛り付けられて性処理道具になってもおかしくない気が!
///だいたいあってる…たぶん。

///そして長引いてすまぬー…
//こっちこそ霊圧がぶちぶちしたりして…
//暗転とか子供が出来るできないとか…は好きにしていいぞ!

//と言った所でお疲れさまー、最後はきっとアヘ顔になって搾り取られるだけの器械になったに違いない…
///お疲れ!中途半端な〆方ですまぬ…!しかし竜種恐るべし!
///驚異の回復力…後々サイズアップと持続力も付いたら絶倫で無双か…!
///相手した子は皆壊れちゃうな!
//サイズは身体変化でもない限り相当年月が必要かも!
//持続力は…経験を積み重ねたら伸びるかもしれない…
//相手を壊すのはファーブニルに任せた!うちのは食われる位がちょうどいい…
//ところで今後について何か要望はあるかなー?
///ファーくんは流石だなー!そういえば隣近所だったな…今度遊びにいこう
///んー。そうだなー…アルフよ、男と女どちらがいい?
//うーん、じゃあ女で!
//こうすることで娘ともども竜の巣で捕虜になるかもしれない可能性を含ませるのだった…
///了解致した…しかし、自分の胤入りのお下がりを何食わぬ顔で知り合いに進呈して処分とは邪悪だなー!?
//可能性のひとつですよ奥さん!ところでセクマカ的には嫁入りになるんだろうか…?
//それともそんなの関係ねえ!で単独で子供を育てる部族なんだろうか…
//なぞは深まりつつ、一時霊圧が途絶えるのだった
///なるほど、逝ってくるがいいアタシのショタチンポ!
///女しか存在しない部族だから本来的には対等な関係で男は居なかったり
///里なら子供は部族衆皆で育てる感じだろうけど、出先だからなー…
//夫とかじゃなくってちんちん扱いされてるし、うぁーん!
//育て方とかのシステムを考え付いたらそのときまた相談したりしなかったりか!
///システムとかあるのか!?子育てする機会とか今までなかったしアタシは無知だったんだな…
///ちなみに里だと捕らえた%%チンポ%%男は種馬代わりに皆で食べて、精も魂も尽き果てたら人里に解放する感じだと思う
///アルフなら長持ちしそうだな…!

///むぐぐ……二人が…!貴族きついんだな…!


//これはひどい(褒め言葉)
//アルフの精神年齢がもっと高ければ逆に心が壊れる所だった…
//まぁ子育てと言っても卵のままじゃ育てるも何もないけどね!
//もしかするとその卵はソウルジェムなのかもしれません

///うん、暖めたりしてるよー?(火で炙りながら)
///アルフ君もそろそろ大人にならないと…
///具体的には避妊を覚えて一歩前進!
///というかショタおちんちんがインポになりかねないレベルのトラウマ事件よねー…

//食う気だー!?
//搾り取られる側が「やだぁ出来ちゃう」と言うのは変じゃないかな…
//自分から避妊準備OKさあやろうと言う事はないので!
//原因が自分だと分かればありそうだ…認識としては何かおかしくなっちゃった!程度なんだろうけど

///キモチいい、けど(大変な事になるから)逝っちゃダメなのに…止めれない…イかされちゃう!
///という快感に対する耽泥と背徳感は大事だと思いますまる
///この調子で壊し屋ショタ街道を邁進して欲しい……
///本人解ってないけど、もう二・三人破壊すれば流石に気付くだろうし!

//どんなジャンルだよ!そんな機会ねーよ!
//逆レした人の子宮を粉砕であれを思い出したぜ…
//なんか返しのついてる対レイプ用コンドーム!
///単純に欠損とか破壊嗜好系じゃないかな?
///いるじゃない、タマ猫さんとかあの子とか……
///&ruby(キラーコンドーム){殺人近藤};!!…何か違う気もするしない

//ああそれなら…ありなんだろうか…?
//タマ猫さんはまだわかるけど他には居ないと思うんだけどな!
//あれは食いちぎるからなー、食いちぎられるのと返しが突き刺さるのとどっちが痛いんだろう

///このショタチンポったら、天然のスケコマシなんだわ…!
///どちらも臓器だけど体内にある分、女性器の方が致命度は高いんじゃない?処置しにくいから……

//マジでわかんぬぇー…天然言うなし!
//なるほど確かに治し辛そうだぜ、手術で取り出したりしかないもんなぁ子宮がんも
//ちんちんがガンになるって話は聞かない不思議!

///このショタチンポ、スケコマシの自覚は合ったんだわ…頑張れ、そして喰われろし!
///…まあ、軟骨と海綿さんと血が通って皮冠ってる程度で身は無いし?
///膣内に入ってきた男性器を高密度放射線を浴びせて遺伝子異常を引き起こし、正常な精子も生産不可能に追い込む性魔法とかどうかな?
///周辺ごと細胞を悪性変異させるから再生能力も広がった患部ごと完全に切除しないと転移して機能しないという……

//だから誰にだよー!?
//でもちんちんぶつとすげー痛い…あー、あれはたまきんだろうからだろうか?
//ズボンを穿いて正座をするとき位置が悪いとちんちんが痺れてうへぇってなるんだぜ
//どうかなと言われても!新種の妖怪福島女とか呼ばれそうだな…ああ(原子)炉まんこってそういう
//なんかピッコロさんを思い出すなその対処法

* [#t3ab25e2]
-
-♡ --  &new{2011-09-23 (金) 18:30:26};
-♡ --  &new{2011-09-23 (金) 18:30:32};
-♡ --  &new{2011-09-23 (金) 18:30:36};
--んっ……珍しい、誰ぞ来ていた…か? -- [[魔女>家畜娘/魔女]] &new{2012-08-19 (日) 16:38:08};