#navi(../)
|BGCOLOR(#e6e6fa):|BGCOLOR(#dda0dd):|BGCOLOR(#e6e6fa):|c
//|http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034442.jpg|~名前|暁龍/シャオロン/TS中 |
|http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034280.jpg|~名前|暁龍/シャオロン [[全身図>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034313.jpg]]|
|~|~所属|Nightmare|
|~|~学年|一年生|
|~|>|~生徒情報|
|~|~種族|人間/道士|
|~|~性別|男|
|~|~年齢|17|
|~|~出身地|大陸|
|~|~将来の夢|宝貝職人|
|~|>|~行動方針|
|~|~RP傾向|ノリでなんでも|
|~|~好み|道具類、機械類、辛いモノ|
|~|~苦手| |
|~|~企画|[[企画/Holy Nightmare High School]]|

&br;

#region(夢の涯)

** 三行 [#e3682dd5]
購買の売店で~
なんか~
宝貝売ってる~
*** 売店だったり教室だったりどこでも [#kf842137]

#pcomment(なまさたう,3,below,reply)
** 概要 [#j750db14]
大陸から兄妹でやってきた青年。兄妹はみなしごであったが幼い時、ある仙人に拾われた。~
仙人からはこの世を渡る術を学んだが、子供たちだけで生き抜ける程に成長したのち~
仙人はある日ふと最初から居なかったかのように消えてしまった。~
学園に入学したのは、宝貝作製技術を磨くために魔法や魔術の勉強に来たから。~
いつか、欠陥のない完全な宝貝を造るために。~
*** 細かい設定 [#y907efdf]
-身長176ほど。中肉だが鍛えられた身体をしている。
-いつも銀色の棍を持っている。大体は手に持っているが、両手が塞がる時や座学中は背中に留め具で背負っている。
-短めの赤い髪に額に布を当てている。布は汗止めも兼ねている
-仙術の結晶である宝貝製作を得手とする。本来は仙人でなければ宝貝は作れないが、&br;道士の身でありながら、不完全とは言え宝貝を作ることができる。
-仙人から武術も学んでいる。製作者としても、使い手としても武術を知らぬでは話にならないので日々鍛錬も怠っていない。
-道士とは言えども道術全般については壊滅的。宝貝製作術だけが飛び抜けて異様に上手く、仙術の域に近い。
-やろうと思えば普通の道具や、武具も作製できる。が、パンチ足りなくない?とか言い出す。
-性格はたぶんマイルドヤンキー。ドンキの圧縮陳列見るとワクワクするタイプ。
&br;
&br;
-鳳銃/ほうようじゅう&br;
--[[ベレッタ>HNH/0004]]に作ってもらった夫婦銃の片割れの仙道銃。鳳凰の羽の切れ端を素材として彼女のガンスミスとしての力により生み出された。&br;
仙道マガジンによって周囲の地脈から霊力を吸い上げ、弾として撃ち放つ。霊力は五行相生セレクターにより、&br;
火、水、土、金、木の力の性質を備えて撃ち出せる。銃そのものの性質があるため威力は火行の属性が一番高くなる。&br;
補正として使い手自身の霊力を込めることによって、弾の威力を上げることも可能。&br;
---改造を施し一度に複数の五行の霊力を放つことができるように。また宝貝とも連結できるようになった。

-師匠について
--年経た花が、天地の気を蓄えて意志を得て変化し、長い修行を経て仙人となった花の仙人。&br;
仙人としての最高位である天仙ではないものの、それに近しい程には能く修行を重ねた地仙の一人。&br;
兄妹を偶然から引取り育てていたがある日忽然と姿を消した。

-故郷の商人について
--兄妹の師と数々の取引をしていた故郷の大商人。仙人が直接俗世に干渉するのは余り好ましくないことのため、&br;
俗世に関わる際は商人を通して便宜を図るなり、存在の痕跡などを消していた。&br;
今でも時折兄妹とはやりとりをしていたり、無茶振りをされたり。
*** 扱う武術 [#ha660f1e]

-【花无心蝶術】&br;
師から教えられた技術のうちの一つである武術。&br;
大陸の武術の流れを汲んだ独自に編み上げられた武術であり、&br;
総合武術でもあるため、基本的には無手でも武器を持っても使え、その方法に沿った技となる。

#region(技説明)

-四照花&br;
袈裟、逆袈裟、裏袈裟、逆裏袈裟の4連撃を繰り出す。&br;
丁度その軌跡は正面から見た場合、×の字を描くようになる。&br;
棍で使う場合は棍を短く持って両端を使い繰り出すためリーチは短めだが
他の武器を使うよりも素早く繰り出せる。

-紅三葉&br;
相手を高速で三回突く刺突技。連撃でもあるため、一発を防がれても残る二発が、&br;
二発を防がれても残る一発が襲いかかる。ただし一発一発の威力は若干低いため、&br;
全てヒットしなければ高い威力は発揮できない。

-仙人掌&br;
無手のみで使う技。両手の指先に勁力を集め、通常よりも強力な指先となった両掌で&br;
相手を挟み込むように包み、十指を突きこむ。主に相手の頭部を狙い、&br;
頭部に存在する点穴を突くことも兼ねるため、点穴を適切に突けた場合は必殺の威力となる。

-夜来香&br;
気配を絶ち、同時に独特な歩法を踏み相手の視界から消え、相対しながらにして&br;
闇討ちのように認識外からの攻撃を仕掛ける。&br;
一対一を前提とする技のため、多対一では効果がかなり落ちる。

-含羞草&br;
身体を小さく縮め、無手なら拳、武器を持っていればその武器を身体の影なりに隠して&br;
相手の視界から消し、次の攻撃の出処を分かりづらくして相手の対処を遅らせる技法。&br;
槍や棍の場合隠し方が限定されるため、若干効果が薄い。短刀や暗器類が効果的。

-矢車菊&br;
自分を中心に放射線状に周囲に攻撃を連続して繰り出すための技法。一周するまで続く。&br;
多数の相手に囲まれた際にそれらに対応するための技であり、一対一ではあまり意味がない。

-一品紅&br;
無手なら立てた一本の指、武器であればその先端に勁力を集め、激しい踏み込みと共に&br;
一点突破で突き抜ける刺突技。ほんの少しだが溜めが必要なため&br;
高速で移動するような相手には打ちづらい反面、その一発の威力は高い。

-紫金牛&br;
無手なら体ごとのタックル、武器を持つならばその打撃面積が最大になるような&br;
(剣の場合は相手に対して平たく持つ)構え方で全体重を一気にぶち当てる突進技。

-紫雲英&br;
姿勢を一気に低くし、倒れているような程の地を這うような態勢から相手の足元を狙う。&br;
時には実際に倒れながら攻撃を仕掛けることもあり、その状態でも適切に相手を認識し、&br;
攻撃を当てることが出来るようにするための技法。

-天門冬&br;
主に下から上方へと攻撃を仕掛ける際の技法。地から天へと繋がるように全身を一本の木と化して&br;
勁力の流れを吹き上げさせ、普通に上向きに攻撃するよりも高い攻撃力を誇る。

-火燕蘭&br;
体内で練り上げた勁力を集め、無手なら掌底、武器ならばその武器へと込めて放つ技。&br;
貫通力よりも打撃力に重きを置いており、一瞬だが溜めが必要な変わりに高い威力を持つ。&br;
主に衝撃で相手を打撃する技であり、仮に鎧などを付けていたとしても衝撃を通すための技法。

-朱砂根&br;
一発一発は軽いものだが、多数の攻撃を一気に前方に散弾銃の如く放つ技。&br;
威力よりも手数を重視した乱打だが、全てをそのままに喰らってしまえばただでは済まない。
#endregion

** 購買部/宝貝(ぱおぺえ)屋 [#s4ec3526]
*** 売店 [#x96fe0d5]
学園にいくつかある購買部の売店の一つ。シャオロンはその売店を先生に%%無理やり%%頼み込んで半私物化している。~
とはいえ追い出される訳にもいかないので購買としての仕事は適当ながらも普通にしているようだ。~
並ぶ品は定番のパンやら弁当に飲み物やらの飲食物に、靴やら体操服やらの学校指定用品、~
それに教科書やペンなどの文具類、雑貨品や日用品などなど学園生活に必要な色々な普通の商品。~
そして…宝貝である。~
~
購買部の看板の横に、手書きの下手な字で「及び宝貝屋」と描かれた看板が追加で貼られている。~
売店の一角だけが明らかに雰囲気がおかしい区画になっており、その場所には大小様々な怪しい中華風の道具がある。~
もしそこに近づき隙あらば、シャオロンが目を輝かせてその道具…宝貝を売りつけに来るだろう。~
-空いた時間は大体店員としてここに居る。~
-授業の時などの外さなければいけない時は適当な人化できる宝貝に店番をやらせている。~
-悪魔のおにぎり入荷。よく売れてるっぽい。
~
~
~
[[&ref(http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034317.jpg,150x175);:http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034317.jpg]]
-ラーメン調理時に「天空落としやって!」と突然言われとりあえずポーズをキメた店主

***ラーメンコーナー [#bc34605b]
売店の棚に以下メニューの札があるので渡して会計するとラーメンを作ってくれる。&br;
簡易的な机と椅子が何セットか置かれた売店内フードコーナーで食べられるが、&br;
出前や食堂への配達も可能。

#region(ラーメンなどのメニュー)

-『ラーメン』&br;
あっさり系醤油味のシンプルなラーメン。&br;
鶏ガラを中心として豚、昆布、帆立でしっかり出汁を取ったスタンダートなもの。&br;
麺は中太麺で具はチャーシュー、メンマ、ノリ、ネギ、玉子。

-『チャーシューメン』&br;
ラーメンのチャーシューを多く入れたもの。&br;
普通のラーメンはチャーシュー二枚でこちらは十枚。&br;
チャーシューはよく煮込まれてとろとろとしている。

-『チャーシュー丼』&br;
チャーシューを刻んで、同じく細めに刻んだ白ネギを白いご飯にたっぷり乗せた&br;
サイドメニュー。専用の甘辛い中華風のタレをかけてある。

-『タンメン』&br;
塩味が基本の白湯スープをベースに細麺でキャベツもやしピーマン人参きくらげかまぼこと&br;
豚肉を炒め合わせた物を乗せたメン。厳密にはラーメンじゃない。

-『次郎系ラーメン』&br;
豚骨と豚肉を背脂をガツン!と大量に煮込んで化学調味料をどぱどぱ入れて濃厚な濃い口醤油をだぶっと&br;
ニンニクもだばだば入れた、豚の旨味をこれでもかと詰め込んだ豚骨系醤油スープ。もはや大体豚。&br;
加水率をギリギリまで落とし太めに作ったうどんのような強烈なコシの太い麺は手では打ち切れないので&br;
製麺機の宝貝にて打った店内製麺のオリジナル麺。&br;
仕上げに山と積まれ男子高校生でも容易には食いきれないもやしとキャベツと豚肉の山脈。&br;
大ラーメン(通常のラーメンの二倍)小ラーメン(通常のラーメンくらい)があり&br;
はじめての方は小ラーメンをお勧め致しますの但し書き。&br;
&br;
コール(追加注文内容)は凡そ以下の通り。トッピング無料。&br;
&br;
ニンニク:刻んだ生にんにくの追加&br;
ヤサイ:茹でたもやしとキャベツの追加&br;
アブラ:背脂の追加&br;
ハンペン:背脂の追加&br;
カラメ:スープの返しを追加。味が濃くなる&br;
カラカラ:スープの返しを更に追加。味がもっと濃くなる&br;
チョイマシ:トッピングの量を少なめにする&br;
マシ:トッピングの量を多めにする&br;
マシマシ:トッピングの量をかなり多めにする&br;
チョモランマ:トッピングの量をすごい多めにする&br;
&br;
例)「アブラヤサイマシマシニンニクチョイマシカラメ」&br;
 →背脂と野菜をかなり多めにして大蒜を少し増やして味を濃いめにしてください。
--ヤサイにメンマが加わりました。メンママシマシとかで増やせます。
--ヤサイにネギが加わりました。風味付けなので散らすように少しの量。


-『水餃子』&br;
ぷりぷりのエビとニラの入った、皮に浮き粉と片栗粉を使った半透明の水餃子。&br;
もちもちとした歯ごたえを、鶏出汁のあっさりめスープで頂く。

-『焼餃子』&br;
豚肉とニンニクと玉ねぎとキャベツの入った皮薄めのパリパリの焼餃子。&br;
キャベツが多めに入っていて、ヘルシーに何個でも食べられるような味わい。

-『ゆず白菜の浅漬け』&br;
ゆずの皮を千切りにしたものと一緒に漬け込んだ白菜の浅漬け。&br;
爽やかなゆずの香りと強すぎない塩っけが口の中を綺麗にしてくれる。

-『ドラゴンステーキ』&br;
学園ダンジョンで討ち取った緑竜の肉を下ごしらえして焼き、玉ねぎをベースにした&br;
野菜多めのソースを付け合わせにしたもの。言えば岩塩を使って塩だけでも頂ける。&br;
その際は例の有名塩ふりポーズで塩をふるとかふらないとか。&br;
他の料理に比べお値段がお高い。

-『チャーハン』&br;
角切りにしたチャーシュー、ネギ、卵で作ったシンプルな癖のないチャーハン。&br;
半チャーハン、普通チャーハン、大盛りチャーハン、メガチャーハン、ペタチャーハンがあり&br;
ペタチャーハンはバケツ一杯分出てくる。残したら残した分を冷凍にして冷凍庫に詰め込む%%ペナルティ%%サービス付き

#endregion
*** 宝貝屋について [#a3e6cfc3]
シャオロンが作った欠陥宝貝を売る店。お値段は駄菓子レベルからそこそこのものまであるが、総じて安い。~
だが宝貝を売っているのは人に使ってもらって使用感などの情報を蓄積し、~
より良い宝貝を造るためなので言えばタダでも貰えたりする。~
なので使った感じとかを報告すると喜ぶ。~

-宝貝の陳列棚には各種宝貝の説明と、欠陥について記載された注意書きがある
-値札がつけられている。概ね材料費に比例しているがそれを考慮しても概ねおやすい。
** 欠陥宝貝 [#j01823ec]
道術によって作られる尋常成らざる道具。シャオロンは割と感覚派なので細かい所を突っ込まれると目を逸らす。~
様々な能力を持っているが、基本的に何かしらの欠陥が存在する。概ね宝貝屋に並んでる。~

*** 欠陥宝貝基礎設定 [#b053637d]

-真鋼とシャオロンが呼ぶ、鋼を仙術的に加工した真なる鋼。通常の鋼よりも硬く、軽く、頑丈でいて錆びず加工にも用いやすい。&br;
魔力や気、仙術的な力を通りしゃすく何かしらの術の媒体としても優秀。シャオロンが作る宝貝の主材料。&br;
全てが真鋼で出来ている訳ではないが、大体の宝貝は基本素材として組み込まれている。
-基本的には全ての宝貝に何かしらの欠陥がある。
-一部の宝貝は人間に化けることができ、物にもよるがその状態でも宝貝としての能力をある程度使う事ができる。
-宝貝は手にとって使い方を知りたいと思うだけで、その宝貝の概要や使い方が自然に読み取れる。&br;
更に人化ができる宝貝の場合、道具の状態でも思考で会話ができる。この解説機能は意図的に省かれていたり、&br;
該当機能が壊れていない限り、全ての宝貝にある。
-解説機能は欠陥を解説してくれない。欠陥は本来想定されていた機能ではなく、解説機能自体に含まれていないため。
-意志のある宝貝であれば、欠陥自体は概ね把握しているので本人の気が向けば教えてくれる。
-人型を取れる宝貝の場合、持ち主が同意した場合、持ち主の身体を操って自分自身を使わせることができる。&br;
その場合、その宝貝が持つ技術や機能も使える。例えば武具の宝貝である場合は、その武器を使うための武術を使うことができる。&br;
あくまで主は持ち主であるので、持ち主が止めようと思えば身体譲渡はいつでも止められる。
-宝貝はある程度の傷なら自動で治る機能がある。ただし、致命傷に近い大きな傷となると治しきれない。&br;
その場合は製作者による修理、もしくは修復系の術なりが必要となる。
-人型になっている際は治癒魔術なども効くが、大きな傷を負うと人間に対する治癒では全て治しきれない。
-人型の状態でもある程度は宝貝の能力を使える。その程度は宝貝によりけり。
-一度破壊された宝貝を残骸から作り直したとしても、厳密には以前と違う別物の宝貝になる。&br;
人型の場合は、記憶が残っていたとしてもそれは別人が体験した記憶のように感じられる。
-誰かに使ってもらいたい、という道具としての業を持つ。

*** 欠陥宝貝メタ説明 [#eb46c48a]
#region(宝貝メタ説明)

-非売品の列に○の無い宝貝は譲渡します。&br;貸出も可。%%返却とかも行間で可。%%貸出の場合、特に何もなければ返却は後日行間でされた扱いとします。
-表コメントでロールして買うなり貰ってもいいですし、メタコメで一言頂ければ貰ったということにしていいです。&br;
霊圧やタイミングが合わない等あれば(無いとは思いますが見てない時間で同じ宝貝の売却被りとか)事後でも構いません。&br;
つまり極端な話し行間で買ったとか借りたで勝手に使っていいです。基本アバウト。
-効果は説明欄にある通りですが、ある程度はアレンジして頂いても構いませんし、解釈はお任せいたします。
-基本、欠陥は無くせませんが、当名簿における宝貝は仙人が作るならば欠陥は無いであろう、という設定ですので&br;
仙人に匹敵する力や技術を用いられるのであれば欠陥を無くすことも問題ありません。どの程度の力かは自由です。校長は多分余裕。
-そうでなくとも欠陥自体を別の欠陥に変えるのや、何かしらの補強なりを施して欠陥自体のフォローをするのは一向に構いません。&br;
(例:穴の空いたヤカンにテープを張って水を漏れないようにした、等)
&br;
&br;
-譲渡した宝貝が人化機能を持つ場合は、希望であればキャラとして扱って頂いて構いません。ご自分でロールしてもいいですし、&br;
呼んで頂いたりするのであれば私が該当宝貝をロールします。インテリジェンス宝貝的な。モブとして扱って頂いてもいいです。&br;
もちろん人化させなくてもいいです。私の呼び方は…考え中。とりあえずメタコメに一声かけて貰うとかが今の所いいかもしれません。
&br;
&br;
-宝貝の作製を請け負います。希望する機能、欠陥、人化設定などがあれば言って頂ければそれに沿うような形にします。特になければこちらで考えます。
-表でロールして作る場合、欠陥は意図しない機能のためどんな欠陥にする?などとロール上聞けないため、&br;
何か欠陥に希望がある場合はお手数ですがメタ欄に一言ください。
-余りにも凄すぎる機能であったり、欠陥になっていない欠陥などはもしかしたら相談になるかもしれません、申し訳ありません。&br;
ただこの辺りは人によってさじ加減が違うと思いますので、今までの宝貝の機能を見ていただいてこんなかな?と思ったら&br;
気軽にメタコメにお問い合わせください。
-作製の形を取らなくても、何かしら希望があるのであればその場で生えたり生えなかったりします。&br;
生えない場合はネタが思いつかなかったりなので後日持っていったりするかもしれません。
&br;
&br;
-基本的に全く同じ宝貝は作らないつもりですが、希望があればすごく似てるけど別のもの、という形で複数個同じものも作ったり用意します。
&br;
#endregion
*** 欠陥宝貝リスト [#w78b58cb]

#region(宝貝リスト)

|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|c
|宝貝名/読み|種別|説明|欠陥|非売品|備考|
|無し|棍|シャオロンがいつも持っている真鋼でできた銀色の棍。厳密には宝貝ではない。&br;並大抵のことでは折れず、曲がらず、しならない強靭な棍。&br;唯一欠陥のない宝貝と言ってもいいが、&br;習作であるため特に尋常ならざる特殊な機能は無いただただ頑丈で硬い棍である。&br;とは言っても武具の宝貝と打ち合えば多少の傷は付く程度のもの。|無し|○||
|五山瓢/ござんひょう|瓢箪|内部に五つの山を収められるほどの空間を持つ瓢箪。&br;シャオロンの作った宝貝なら大きさや重さを無視していくらでも格納できる。&br;取り出すには対象の宝貝の名前を呼べば具現化して手元に現れる。&br;格納するには瓢箪の持ち主が対象の宝貝を所有している必要がある。&br;シャオロンはこの宝貝を出歩いている時だいたい持っている。持ってなかったりもする。|内部の保護機能が甘い。宝貝に対しては十全に保護されるが、&br;それ以外は生物、無生物共に亜空間となっている内部の環境に耐えられない。&br;例えば服の宝貝を着た物が服ごと収納された場合、普通の人間なら五分も持たず絶命する。|○||
|破壁矛/はへきぼう|槍|対盾に対して絶大なる威力を発揮する槍。&br;ありとあらゆる堅固な盾、宝貝の盾だろうと貫く槍である。&br;対象が盾であるかどうかは、持ち主の認識に依存するため&br;少々であれば特異な形状の盾でも貫ける。|盾以外に関してはなまくらもいい所の槍。&br;適当に突いただけでは布の服さえ貫けない上に、人間に当てても皮膚の一枚も裂けない。&br;無理にそれでも貫こうと力を込めすぎると槍の方が折れてしまう。|||
|禁通盾/きんつうじゅん|盾|対槍に対して絶大なる防御を発揮する盾。&br;ありとあらゆる協力な槍、宝貝の槍だろうと防ぎきる盾である。&br;対象が盾であるかどうかは、持ち主の認識に依存するため&br;心の底から思い込めるなら破城槌も防げるだろう。|槍以外に関しては紙の盾のごとく。&br;剣や矢、ましてや銃などに対しては防御力がゼロに等しい。&br;やろうと思えば指で軽く突くだけでも大穴が空くだろう。|||
|陽明灯/ようめいとう|照明|疑似真火を内包し、油を一滴たりとも補給せずとも&br;常時まばゆい灯りで辺りを照らし続けるランプ(光量は調整可能)&br;その光はただの炎の光ではなく、霊や魔術の痕跡など&br;通常は眼には映らないようなものまでつまびらかに照らし出す。|特殊な工程を踏まないと消せず、強引に空ける、&br;外装を破壊するなどすると内部の擬似真火が暴走し、&br;辺り一帯を烈火のごとく焼き尽くす爆発を起こす。&br;普通のランプよりは余程頑丈ではあるが、鉄の棒などで殴るようなことがあれば流石に壊れる。|||
|蕩桃酒/とうかしゅ|酒器|洗練された印象のある掌ほどの器。&br;内部に入れた液体を桃の香りのする極上の味わいの酒に変えてしまう。&br;この酒はどんなに飲んでも悪酔いすることがなく、天井に居るかのような心地よさを与え、&br;酔えば酔うほど体力を増強する。&br;『人型』&br;常に酔ったような顔の妙齢の女性。桃色の長い髪を後ろになでつけている。|飲んだ人間の身体が酒に蕩けたように柔らかくなってしまう。&br;少しであれば関節の可動域が広がる程度で済み、凝りなどが消えたように思う程度だが、&br;大量に飲むと骨まで柔らかくなり自立することさえ難しくなり、&br;更に飲むと完全に軟体と化してスライムのように。&br;時間が経てば元に戻るが量が多ければ多いだけ時間がかかる。|||
|罪枷重/ざいかじゅう|枷|枷付きの鉄球と鍵がセットの宝貝。&br;鍵を持つ者が主となり、鉄球を装着した者の重さを操れるようになる。&br;鉄球自体の実質的な重さはほぼ無く、&br;鍵を持つ者が設定した重さが装着者の全身にそのまま加算される。&br;重量設定は鍵を持ち、近くに居れば自由に変更できる。&br;枷を外すには鍵を持った者の許可が無いと外せない。|やろうと思えば重量設定を即座に死に至らしめるほど重く設定できてしまう。&br;枷の目的はあくまで拘束であり、処刑道具ではない。||[[浦嶋>HNH/1984]]譲渡|
|公望船/こうぼうせん|漁船|小さめの一人用の船。しかし乗る人数に合わせて大きくなる。&br;海や川のみならず空中や空さえも往きどこへでも移動する。&br;魚の居る場所を探知することができ、設定すれば自動で魚群がいる場所まで移動してくれる。&br;また、水棲生物に対して優位な属性を搭乗者に付与することができ、&br;釣り下手な者であってもそれなりに釣れる。あくまでそれなり。&br;『人型』&br;日に焼けた褐色の肌を持つ漁師姿の男。大雑把な性格。|レアな魚や大群を見つけてしまうと、持ち主の意に反して舵を勝手に変えてしまう。&br;場合によってはその魚を釣るまで動かず、足止めを食らったりする。|||
|七転八弩/しちてんばっど|弩|放つ矢が本人の腕前や風向きに関わらず必中となる弩。&br;眼をつむっていようと後ろを向いていようと標的に当たる。&br;ただし細かい部位までは指定できず、持ち主の集中力が高ければ高いほど狙った部位へと当たる。&br;当たるだけではあるので、普通に防御はできる&br;(盾を持った手だけを狙っても、普通の集中力では盾に当たる)&br;『人型』&br;長い栗色の髪をお下げにした少女の姿を取る。&br;落ち着きのあるタイプだが、肝心な時にやらかすどこか抜けた性格。|どんなに高い集中をしていようと、狙いがどんなに正確であっても、8発に一発の割合で確実に外す。&br;決まった回数で外す訳ではなく無作為に外すため、一発勝負の狙撃などには向かない。&br;実質この弩は持ち主の腕と関係ないただの博打道具でもある。|||
|蟲囲檻/ちゅういかん|虫籠|尋常ならざる魔蟲、怪蟲を捕らえるための蟲籠。片手で抱えられるほどの大きさにも関わらず、&br;対象が蟲籠に対して非常に大きなサイズでも中に入るくらいのサイズに縮めて捕らえることができる。&br;また、内部に捕らえた物を暴れさせないため、&br;術に類する能力を封じる機能があり、なおかつ内側からの攻撃に非常に強い。&br;鍵は無いが、内側からは開かず、外側からだけ開けることができる。&br;生き物であれば蟲でなくても捕らえられる。|捕らえる際、捕らわれる者が中に入ることに同意していないと捕らえられない。&br;僅かでも内心に拒否する心がある場合、表面上同意しても捕らえられない。&br;そのため何かを捕らえるには完全に恭順させないと機能しない。|||
|撓命刺/とうめいし|短刀|細身の短刀。その刃で傷つけた生物の命を吸い取り持ち主に与える。&br;吸い取る量は調整可能だが、大量に吸い取る場合は相応の傷をつけなければならない。&br;持ち主が傷ついていればそれをたちどころに癒やし傷ついていなければ体力筋力を増強する。&br;寿命さえも吸い取った分伸ばしてしまう。|吸い取った命とは魂とほぼ同義であり、余りにも大量に吸いすぎると持ち主と魂が混ざり、&br;自我混濁、肉体変容をおこし最終的には融合する。普通の人間であればその後、崩壊する。&br;また、吸い取る相手の魂が上位存在である場合、身体を乗っ取られる危険性もある。|||
|積鍛鎧/せきたんがい|鎧|全身を覆う鎧。羽毛のように軽く、並の刃では傷一つつかず、術や魔法への耐性も高く、衝撃も通さない。&br;また、装着後時間が経つほどに受けた攻撃に応じて耐性が強化され、その果てには仙道の攻撃さえ防ぐ鎧となる。&br;耐性が高くなる前であれば、強力な攻撃により破壊することも可能。&br;ただし耐性は一度脱ぐことによってリセットされる。&br;『人型』&br;黒髭を蓄えた体格のいい巨漢の鎧姿の武人の姿を取る。豪放磊落な性格。|耐性が高くなるごとに、鎧自体が成長して持ち主の体を締め上げ、食い込んでいく。&br;動きづらくなるのはもちろん、成長が続けば骨を折り、極まれば四肢をちぎるほどに成長してしまう。&br;無論、着用者がそれにより死ねば、耐性も成長も解除される。|||
|天眼球/てんがんきゅう|球|ピンポン球を少しだけ小さくしたような白球。この白球を眼の前に近づけることによって同調し、&br;その眼と同じ存在となり、球に浮かぶ瞳が見た物を自分の眼で見たのと同じ様に見えるようになる。&br;球自体は使用者の意志で自由に飛び回り、遠く離れた場所へも動かすことができる。|視覚だけではなく、触覚や痛覚などの他の感覚も同調してしまう。そのため余り長時間飛ばしたり、&br;速い速度で飛ばしたりすると眼球をそのまま空中に晒しているのと同じとなり目が痛い。&br;あくまで同調しているだけなので眼が傷つくことはないが、仮に壁にぶつかったりするとすごく痛い。|||
|楽同冠/らくどうかん|冠|思考・感情を周囲に拡散させ、同調させることができる冠。&br;怒りや悲しみ喜びなどを周囲の生物へ振りまき、使い方によっては行動を操ることも可能。&br;もともとは舞踊を盛り上げるために作られたため、金銀をあしらったかなり華美な装飾である。|短時間ならば問題ないが、長時間使用すると装着者の自我が薄れる。&br;それに反比例するように同調者の思考が装着者の思考に汚染され、元の思考を塗りつぶされていく。&br;完全に装着者の自我が無くなるまで使いつづければ、同調者の意識は装着者とほぼ同一になる。|||
|颶嵐扇/ぐらんせん|種別|一つ扇げば木の葉を舞い散らせ、二つ扇げば枝を折り、三つ扇げば木々を吹き飛ばす豪風を巻き起こす扇子。&br;長さは大人の腕ほど、広げれば上半身を覆い隠せるほどの大きさ。大小様々な細工が施されており豪奢な印象を与える。&br;強く扇げば、繰り返し扇げば扇ぐだけ強い風を巻き起こせ、最大で雲を動かすほどの風を起こせる。&br;『人型』&br;派手な衣装を纏い、濃い化粧をした遊女のような女性。|起こせる風の規模とは反して使用者を守る機能が全く無いため余りにも強い風を起こすと扇いでいる本人が&br;吹き飛ばされてしまう。また、自然を蟲した尋常ならざる風の流れのため、風に耐えられても場合によっては&br;使用者の周りの空気が薄くなり、呼吸が難しくなってしまう可能性もある。|||
|山水筆/さんすいひつ|筆|見た目は標準的な絵筆。この筆で描かれたものは具現化し命があるかのように動き出し、意志を持ち行動する。&br;ただしなんでも動く訳ではなく生物、もしくは生物のように見えるものでなければ動いたりはしない。&br;(石を描けば石は出てくるが、ただの石)一定時間経つと霧散するが、出来が良ければ良いだけ長く持つ。&br;念じれば自動的に色が滲み、描かれたものは描いた者の意志を若干だが反映する。|必然とも言えるが、元はただの得なので作り出された絵は湿気に弱い。水には特に弱い。&br;雨の中で絵を具現化してもすぐに雨に溶けて消えてしまうだろう。|||
|霞甘果/かかんか|菓子|見た目は厚めの板チョコのような手のひらサイズの菓子。&br;味は甘く美味でありほぼ大体の種族の生き物の味覚に合うように作られていて腹持ちもいい。&br;小さな一欠片でも残しておけば、そこから元の形に再生しまた食べられるようになる。&br;全て食べてしまった場合は流石に再生できないので注意。|栄養、及びカロリーが全く無い。ローカロリーという訳ではなく完全にゼロ。&br;そのためこの菓子を何十枚何百枚食べようと食べた者は飢えたままである。&br;食った部分もきちんと腹に入っているので満腹感はあり他の食べ物が入らず下手をすると飢え死にする。|||
|夢顕灯/むけんとう|幻灯機|これに触れながら灯りをつけると、触れている人間の記憶を鮮明に映せる。&br;本人が細部を忘れていてもそれを補正しきれいに写り、音声も再生できるが本人が見聞きしてないことまでは再現できない。&br;映すためにスクリーンや壁なども特に必要なく、空中に直接映像として映し出せる。&br;ある種の幻覚なので、その映像自体を別の機械で録画などは出来ない。|一度だけなら問題ないが、何度も何度も再生すると再生するたびに元となる記憶が不鮮明になり曖昧になる。&br;最終的にはその記憶を跡形もなく消してしまう。|||
|空跳輪/くうひりん|腕輪|見た目は簡素な腕輪。これを着けた者は短距離であるが瞬間移動が可能になる。&br;瞬間移動できる距離は個人差があるが使用者が思いっきり幅跳びをしたくらいの距離。&br;連続では移動できず、一度瞬間移動した後にもう一度飛ぶには、深呼吸を一回したくらいの時間が必要になる。|瞬間移動したその先の場所に一定以上の物質があるとその存在に押しのけられ、瞬間移動が失敗する。&br;その存在が大きかったり強かったりするほど失敗時にダメージがかかる。&br;具体的にはコンクリの壁に対して失敗した場合は複数箇所骨が折れてぶっ倒れる。&br;池くらいであれば大人にぶん殴られたくらいの衝撃で済む。|||
|猪猛靴/ちょもうか|靴|見た目は毛皮で出来た靴。これを履いて走ると、その者の速力を劇的に増加させることができる。&br;早く走れば走ろうとするほど速度は上がり、全力で走った場合、普通の人間には視認できないほどの速さになる。&br;その場合も身体を靴が保護するため、やろうと思えば幼児でさえ風のように走れる。|速度を上げれば上げるほど曲がりづらくなる。また、止まることも難しくなるただただまっすぐ走るだけの物体になる。&br;無理に曲げたり止まったりすると靴の保護機能が切れ、大事故となる。||[[ソティス>HNH/0017]]売却|
|陰陽剣/おんみょうけん|剣|白い金属で出来た剣と、黒い金属で出来た剣。二対セットで扱う。白い剣は陽剣、黒い剣は陰剣と呼ばれ&br;陽剣は邪悪なるモノを祓う破邪の力を持ち、陰剣は聖なるモノを侵す魔の力を持つ。&br;剣の扱いに習熟し二つの力を合わせて使うことにより更なる力を引き出せる。&br;『人型』&br;白い服を着た幼い少年と、黒い服を着た幼い少女の姿を取る。|片方だけの剣を使い続けると、使い手の本来あるべき陰陽の気が偏る。&br;陽剣を使い続ければ陽の気が増大し、陰剣を使い続ければ陰の気が増大し本来の性質から離れていく。&br;本来は振るう際にだけ一時的に使い手を強化するはずだった物が恒常的になってしまったため。||[[テオドール>HNH/0009]]売却|
|[[金剋刀/きんこくとう>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034403.jpg]]|刀|刀の宝貝。五行刀の中でももっとも硬く、刃こぼれしづらく頑丈。&br;強い磁場を操りその磁場をもって金属を操作することができる。&br;また、植物に対して優位な属性を持っている。&br;『人型』&br;金髪を単発にした真面目で堅物の青年の姿を取る。|戦いにおいて納得できない理由での戦いとなると宝貝としての力を発揮しない。&br;例えば弱者を一方的に虐殺するなどすれば、この刀は少し切れ味のいい刀である。|||
|[[火剋刀/かこくとう>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034403.jpg]]|刀|刀の宝貝。炎を操り発火能力を持つ。刀自体を熱することもでき、高まれば刃が赤熱化する。&br;下手な剣であれば刃を合わせ続ければ相手の剣がとけさえする熱量まで熱を高められるが、&br;あまりにも熱量を高めると消耗が激しく、しばらく発熱能力が使えなくなる。&br;また、金属に対して優位な属性を持っている。&br;『人型』&br;燃えるような紅い長髪をもつ釣り眼の少女の姿を取る。好戦的な性格。|戦いに夢中になり興奮すると使い手の守りを考慮せず炎や熱を暴走させて使い手を傷つける。&br;また、使い手が戦いを避けようとしても勝手に戦おうとしたりする。|||
|[[土剋刀/どこくとう>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034403.jpg]]|刀|刀の宝貝。刀自体の重さを操ることができ、振るう時だけ重い一撃を放つことも可能。&br;土を操ることができ、他の五行刀に比べても精密な操作が可能なため土を色々な用途で利用できるが、&br;当然ながら土が無い場所ではその能力は役に立たない。&br;また、水にたいして優位な属性を持っている。&br;『人型』&br;茶髪の少年の姿を取る。怠け者であり、いつもだらけている。|たまにやる気がなくなって全てを放棄してだらける。&br;そうなると宝貝としての能力は使えず、ただの上等な刀である。|||
|[[木剋刀/もくこくとう>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034403.jpg]]|刀|刀の宝貝。刀を木のように成長させて伸ばしたり枝分かれさせたりできる。&br;また、木や草などの植物を操ることができる。植物がない場所では使えないが、&br;自分で種から発芽させて操ることも可能。ただし種からは消耗が激しい。&br;また、土に対して有利な属性を持っている。&br;『人型』&br;豊かな緑色の髪と身体を持つ少女の姿を取る。のんびり屋でマイペース。|のんびりしすぎて戦いが始まってもスムーズに戦闘に移行できないことがある。&br;戦闘状態であると認識していない場合は、能力を発揮できない。|||
|[[水剋刀/すいこくとう>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034403.jpg]]|刀|刀の宝貝。刀を流体のようにして水のように操ることができる。刀としての性質は変わらないため、&br;水のようであるが、鋼のように硬く、相手の攻撃を受けることもできる。&br;また、水を操る事ができる。川や海で力を発揮するが、大量に操れば操るほど消耗が激しくなり&br;余り大量だとしばらく能力が使えなくなる。&br;また、火に対して有利な属性を持っている。&br;『人型』&br;水色のショートカットの髪のスレンダーな少女。冷静な性格。|戦闘において待ち、守りに偏ってしまう。時には明らかな攻めどきであっても&br;万が一を重視して見に回ってしまうこともある。|||
|紙兵軍/しへいぐん|人形|軍隊運用をシミュレーションするための紙の兵士。数百から数千枚の紙の束として保管されている。&br;セットになってる紙製の軍配をもった者の命令を聞き、忠実に動く。&br;あくまで紙なので、簡単な作業はできるが本当に戦える訳ではない。兵の動かし方の練習をするだけである。|紙であるがゆえに悪天候に弱く、雨が降ったり強い風が吹くとまともに動かせない。&br;軍隊運用において天候を考慮できないのは致命的。|||
|[[安籠亭/あんろうてい>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034374.jpg]]&br;[[水着>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034373.jpg]]|家屋|内部に入った者を守り、もてなす家の宝貝。普段は手のひらサイズのミニチュアの家だが、&br;使い手の意志に応じてテントから一戸建ての家まで大きくなる。中へ人間が入ると敵から見つかりづらくなる、&br;外敵からの干渉を跳ね除けるなどの防御結界が貼られ、使い手を守る要塞となる。&br;また、衣類や食事も自動で供給されるため引き篭もり放題になる。&br;『人形』&br;おっとりとした、子供の居そうな年齢の女性。少々ぽっちゃりか。|極稀にだが、入り口兼出口の扉が開かなくなってしまうことがある。&br;その場合、家の結界及び扉をこじ開けられるぐらいの力で突破しないと開けられない。&br;武具の宝貝であれば充分に可能。|||
|舞操鑼/むそうら|銅鑼|手持ち出来るくらいの小さな銅鑼。この銅鑼を鳴らした音を聞いた者は、異性に限り命令を聞くように操る事ができる。&br;命令には精神力次第で抵抗できるが、強く叩けば叩くほど強制力が高くなる。&br;操れるのは銅鑼の音が響いている間だけのため、長時間何かをさせるならば鳴らし続けなければならない。|本来は妖怪化した女王アリを無力化するために作られた物だが、強度に問題が有り、&br;余りに長く鳴らし続けると歪んでしまって効果がなくなる。|||
|漠雲傘/ばくうんかさ|傘|この傘を差して念じると、どんなに天候が晴れていても上空に雲が集まり雨が降る。&br;降る範囲、雨量についてはある程度調整が効くがどんなに長くとも一日ほどしか雨を降らせることはできない。&br;傘としては異常な強度があり、やろうと思えば普通の武具ならば打ち合えるくらいの強度がある。&br;武器の宝貝とさえも少しはやり合えるが、基本的には負ける。|気象のコントロールが出来るのは雨だけであり、雨雲に自然の天候が引き寄せられて加わった場合、&br;それらのコントロールは出来ない上に概ね自然の天候は暴走する。引き起こされる天候は、雪、雹、嵐、雷など。||[[ベレッタ>HNH/0004]]売却|
|套垓人/とうがいじん|木人|鍛錬陽の木人の宝貝。そのままでもある程度は自立して修行の相手を出来るが、髪の毛や爪など、&br;誰かの身体の一部を取り込ませることによってその武人の写し身となり、同じ技術を扱えることが出来る。&br;ただし再現に限界はあり、意志そのものはなく持ちの歯の簡単な命令を実行するのみであるため、複雑なことはできない。|命令の解釈に難がある。「俺の修行の相手をしろ」なら問題ないが「修行の相手をしろ」だと&br;眼についた全ての人間の修行の相手をしようと襲いかかるだろう。|||
|手躍櫛/しゅやくしつ|櫛|この櫛でくしけずることによって、すいた髪が自由に動かせるようになる。&br;髪の毛の本数次第で力もそれなりにあるので手の代わりに使ったり、&br;やろうと思えば足の代わりにして歩くこともできる。&br;また、そうあれと念じて髪をすけば、髪の毛が生え、長くなるので短髪の者も使用可能。&br;効果は大体一日間続き、また使うのであればもう一度すきなおす必要がある。|髪の毛を生やす機能は、本来あるべき毛根の生命力を活性化させて行うため、&br;将来的に禿頭になりうる者の髪を伸ばすとその過酷なる運命までの道のりが短くなる。&br;死ぬまで禿げない者の場合でも、伸ばした分髪の艶なりが失われる。|||
|賦身帯/ふしんたい|包帯|見た感じはボロボロの汚い包帯。しかし傷を負った場所に巻けばその傷をたちどころに癒やしてしまう。&br;重症であっても時間はかかるが治すことができる。致命傷の場合は傷の規模にもよるが、&br;余りにも大きい傷は命を繋ぎ止めておくことしかできず、更に深い傷は癒せない。&br;また、ある程度ではあるが、病も治すことができるが、幹部をきちんと診断して巻かないと効果が低い。|痛い。傷の度合いに比例して治っていく際に激痛が走る。痛みそのものでショック死などはしないが&br;治療中はその部位に激痛が走る。重症の場合は並の人間なら痛みで気絶くらいはしてしまうかもしれない。|||
|練扶炉/れんふろ|炉|宝貝の作製に使用する炉の宝貝。&br;片手で抱えられる程の炉であり、簡易な工具や道具、材料などを納めておくスペースがある。&br;宝貝の設計や製造を補助するための炉であり、宝貝には及ばないものの単独でも武具、道具の作製を行うことができる。&br;『人型』&br;作業衣を着た少女の姿を取る。いつも不機嫌そうな顔をしている。|反抗的。シャオロンどころか、使い手に対してさえ素直には恭順せず己の我を通そうとする。&br;そのため売り物には並んでおらず、封印の中に納められている。|○||
|模身帯/もしんたい|帯|元は形意拳などの動物の形を取る拳法の修練用補助道具。&br;獣の要素を取り入れることで対象の獣に似た姿となりその獣の力を使えるようになる。&br;初期設定時は熊、虎、猿、馬、鶏、燕、鷹、蛇、ワニ、蟷螂、そして龍が登録されており、&br;龍を除いては基本的に幻獣、魔獣の類いは登録ができない。|複数の獣の要素を同時に使うことが可能だが、使うと制御が不安定になり暴走する。||[[ヨシオ>HNH/0666]]売却|
|薄在帽/はくざいぼう|帽子|この帽子を被ると被った人間の存在係数に干渉し、まるでグラウンドの一つの小石のように&br;周囲に気にされなくなる。全く存在しないわけではないので、観察眼の高い者なら気づくだろうが&br;普通の人間にはほぼ気づけない。ただし小石とは言えそれがぶつかってきたりすれば気づくので&br;余り派手な行動をすると効果が薄くなる。|数ヶ月単位で使用し続けることができるが、脱いだ後も被っていた時間に比例して&br;存在感が薄くなったままになってしまう。小石を踏みつけることを気にする人間はいない。|||
|門突杵/ととつしょ|破城槌|硬く閉ざされた城の城門を開けるための攻城兵器の宝貝。&br;そのままでも通常の破城槌よりかなり強力な威力を誇るが、何かしらの門、壁に対して&br;より強力な攻撃となる特攻効果を持つ。何が門であり、壁であるのかは使用者の認識に&br;依存するため、例えば身体をガードする腕を門として認識できれば威力は跳ね上がる。|重心のバランスが悪い。工夫しなければ真っ直ぐに突くこと自体が難しい。&br;無論、狙いがブレればブレただけ威力は減衰する。||[[セシリア>HNH/0642]]売却|
|情撃握/じょうげきあく|甲手|学園ダンジョンのキューピッドの矢を素材にした甲手。&br;使い手の感情を読み取り、やる気や喜び、愛の感情などの正の感情を込めて殴りつければ&br;その感情が強ければ強いだけ打撃を強化する。上限は今の所不明。&br;発注者の希望により防具類の宝貝としては防御力は高くない。武器の宝貝に数度耐えられるくらい。|持ち主の負の感情も読み取ってしまう。悲しみ、恐怖、憎しみの感情などに反応し&br;その感情が強ければ強いだけ打撃を弱体化してしまう。||[[スピカ>HNH/0021]]納品|
|舞曲剣/ぶきょくけん|剣|演劇で使うような派手な装飾が施された中華剣。&br;周囲に流れる音楽やリズムなどの音に反応し、その曲に応じた剣術を繰り出す。&br;激しい曲であれば激しい剣を、静かな曲であれば静かな剣を放つことができる。&br;『人型』&br;踊り好きの活発な少女の姿を取る。|曲によっては刃が己に向くことがある。仮に自傷をすべき曲、などが演奏された場合、&br;使い手及び宝貝の意志に関係なく刃は舞うだろう。|||
|削盛勺/さくせいしゃく|お玉|掬う、という機能を極限まで高めたお玉。&br;何か物にあてて掬うことでどんな硬い食材でもエグるように大体何でも掬える。&br;ただし、対象が硬ければ硬いだけ掬う動作に時間がかかり、お玉を当て続けなければいけない。&br;試しで鋼鉄の塊の一部を掬ってみたが、割と時間はかかった。&br;また掬う範囲を調整できるが、範囲を広くしただけ硬い物は掬えなくなる。|重い。長剣と同じくらいの重さを持つ。お玉としては重すぎて普段の調理に使えない。|||
|乾魃網/かんばつもう|湯切り|お湯を切る、という機能を極限まで高めた湯切り。触れている物体の水を消すことができる。&br;熱による蒸発を行っている訳ではなく、水分子を直接消滅させているので対象の食材を変質だせず&br;元々のおいしさを保つことが可能。麺の内部の水分を消すと歯ごたえが変わってしまうので&br;麺表面の水分のみを消滅させることができる。|水分消滅機能の精密性が甘い。湯切りのカゴ内では想定通りの精密な湯切りが可能だが、&br;カゴに外から触れている物の場合、細かい操作ができない。|||
|放蓄鍋/ほうちくなべ|中華鍋|鍋に具材を入れて適当に炒めるだけで適切な火の通りになる宝貝。&br;仮に食材の大きさが極端に不揃いだったとしてもきちんとどっちにも火が通る。&br;好みの範疇で火の通り加減の調整も可能で、ステーキならヴェルダンならウェルダンの、&br;レアならレアを意識して鍋を握ればその通りに火が通る。&br;超強火だろうが超弱火だろうが、強すぎる熱であれば余剰熱を力として蓄え、弱い火であれば&br;宝貝が熱を放出し補填する。逆に冷菜を作る時に冷やすことも可能。&br;『人型』&br;中華料理屋でコックをしてそうな小太りのおっさんの姿を取る。|生命として生きている材料に対しては調理機能が働かない。&br;そのためエビやカニを生きたまま茹でる類の釜茹で系料理には使えない。|||
|呆け薬|薬|課題で作った薬。元々は(前略)惚れ薬だったが、色々あって掘れ薬を手に入れ、&br;そのままでは使い物にならないので手を加えて呆け薬へと。更に課題提出時にはまだ残っていた&br;(前略)条件の削除に成功。ただしその分効果は若干弱くなった。&br;コレを飲ませれば対象の精神を一時的に呆けさせて、そこに何か別の考えや意識を刷り込むことが可能。|持ち主が薬を効かせたい対象に対して口移しで飲ませないと効かない。&br;この欠陥のため持ち主が普通に薬を飲んだとしても特に効かない。|||
|エリクサー/偽|薬|課題で作った薬。学園ダンジョンにて手に入れた中品質エリクサーに手を加えたもの。&br;飲んだ時点での使用者の状態を記憶し、薬の効果時間の間に使用者の肉体が損傷すると&br;使用した時点の状態へと復元する。効果時間中は例え心臓が破壊されても元に戻る設計だが、&br;脳細胞に関しては記憶の連続性や思考回路の維持の関係上、修復性能が控えめになっているため&br;重大な損傷が合った場合は復元しきれない。薬の効果時間は多少前後するが30秒ほど|効果時間が切れると記憶した状態のまま全身が固まってしまう。ギリギリ喋ることくらいはできるが&br;首を傾けることさえできなくなる。場合にもよるが大体の場合において数日ほどその状態が続く。|||
|賢者の石/偽|玉|課題で作った玉。中庭で配られていた賢者の石?を利用して作成したもの。&br;万物は類似する、という異説に則った相似理論を採用し、ある物体を僅かに次元の位相がズレた末節世界から&br;その物体が持つ特徴と類似する別の何かと入れ替えてくる。(例:甘露飴→琥珀)&br;何が入れ替わるかはその特徴である程度狙うことが出来るが、実際に何が出てくるかは完全にランダム。&br;また、仙力の消費が激しく気軽に何度も繰り返せない。|そもそも入れ替わり自体が発生しない失敗、つまりハズレが多い。|||
|七支刀/真打|刀|課題で作った剣。故郷の知己のツテを活用し東国で大金を使って得た青生生魂を利用して作成したもの。&br;この剣を持ち斬撃を繰り出すと七支刀の特徴でもある左右に枝状に伸びた3本ずつの枝刃が、それぞれ相剋共鳴を起こし&br;その斬撃を周囲に複製、模倣し、6の6乗、46656回分の斬撃を放ち撃つことができる。&br;放たれた複製斬撃は使用者によってある程度だが操作が可能。広げれば範囲攻撃に、まとめれば集中攻撃になる。&br;対になる影打ちが存在する。また、サイズをある程度可変にできる。|46656回分剣を振った際の疲労や身体への肉体的ダメージが振った直後に全て纏めて襲いかかる。&br;ダメージも相乗効果を起こしているため、仮に46656回分の素振りをしても平気な人間でも、それ以上のダメージとなる。||[[マキナ>HNH/0005]]納品|
|七支刀/影打|刀|課題で作った剣。故郷の知己のツテを活用し東国で大金を使って得た青生生魂を利用して作成したもの。&br;この剣を持ち防御を行うと七支刀の特徴でもある左右に枝状に伸びた3本ずつの枝刃が、それぞれ相剋共鳴を起こし&br;その防御に応じた防壁を周囲に複製、模倣し、6の6乗、46656回分の防御を行うことができる。&br;生成された防壁は使用者によってある程度だが操作が可能。広げれば範囲防御に、まとめれば集中防御になる。&br;対になる真打ちが存在する。また、サイズをある程度可変にできる。|46656回分剣で防御した際の疲労や身体への精神的ダメージが振った直後に全て纏めて襲いかかる。&br;ダメージも相乗効果を起こしているため、仮に46656回分の素振りをしても平気な人間でも、それ以上のダメージとなる。|||
|予来杯/よらいはい|湯のみ|このお湯のみでお茶を呑むと大変リラックスでき、飲んだ人間の記憶や脳の空き領域を利用して&br;起こりうる近似事象の計算を行い、予知に近い未来視を行う事ができる(視る未来は一つと限らない)&br;ただしあくまで本当の予知ではなく近似値の予測のためその通りになるとは限らない。&br;主な計算は湯呑みが行うため、誰でも使うことができるが、脳の性能が高ければ精度が高くなる。&br;ちなみに飲むのはお茶でなくてもよい。|ものすごく脳が疲れる。使うと数日徹夜したくらいの頭の疲れがどっと来る。|||
|箱猫甲/そうびょうこう|胸甲|あらゆる場所に存在し、あらゆる場所に存在しない性質を使い手に与える胸甲。&br;防御力は高くないが、攻撃をされた際に使い手を「そこに居なかった」ことにして&br;別の場所に同時に存在させることによって攻撃をしのぐ。&br;この偏在空間式防御機構は連続で発動することはできず、一度存在を再構築、&br;空間への再固定演算を行っている間は再度発動ができない。&br;また、その性質上、使いの意志力次第で本来あり得ない場所へ行く手段としても利用可能。&br;例えばそれは異界。例えば夢。例えば心。&br;『猫型』&br;黒猫の姿を取る。わがままな性格。|気まぐれである。時には使い手の指示を無視したりするが、猫なので仕方ない。|||
|土削爆/どさくばく|爆弾|土木工事用に開発された掌サイズの指向性爆弾の宝貝。&br;爆発させると前方に爆破が広がり、その爆発に巻き込まれた物体は跡形もなく消滅する。&br;消滅の度合いはその物体の存在係数に依存し、ただの土や石であれば容易に消し去るが、&br;生物や魔力を含んだ物体はその存在強度に応じて消しづらくなる。単純に硬い場合も同様。&br;元々はトンネル掘りに際し土砂を運ぶ手間や、吹き飛ぶ岩石の破片の危険性を減ずるためのもの。|土砂が残る爆発よりも、土砂がなくなる爆発の方が地盤が緩くなりやすく崩落の危険性が高い。|||
|写化鏡/しゃかきょう|鏡|鏡面に写真や絵、何かしらの対象をあらかじめ描いたり貼り付けておくことで&br;その対象に写るように鏡を持つを、映したものの見た目を対象通りに変えることができる。&br;ただし風景写真を人間に、人間の写真を茶碗に、などあまりにもかけ離れた物は効果がない。&br;人間を犬に、なら使い手の意志力次第でギリギリいける。かも。&br;戻りたい場合は鏡から写した何かを剥がすなり消せばいい。|何かを写したまま鏡が割れると、鏡の仙気が消えるまで元に戻れなくなる。|||
|溜球砲/りゅうきゅうほう|大砲|通常の大砲よりも込めた砲弾の威力を増加させることができる。&br;また、砲弾を地力で形成することができる。もし何も無かったとしても&br;空気を圧縮した圧縮空気砲を撃てたりする。その場合着弾すると空気圧による爆発が起こる。&br;鉄など以外にも、鉛や銀、木などを砲塔に入れることで砲弾にすることができ、&br;火や雷、氷なども砲弾にすることができるが、そのためにはそれらの力を別途起こして&br;大砲に込めなければならない。やろうと思えば生物も込められる。爆発はしない。たぶん。|連射性に難あり。一度撃った後はしばらく休ませないと次が撃てない。&br;無理に打つと砲身が壊れる。|||
|当妙麺/とうみょうめん|製麺機|あらゆる種類の面を作れる製麺機の宝貝。&br;太さや硬さ、加水率も有に出来るほか、小麦粉や米粉などの通常麺にするような&br;食材ではなくても、木や氷、鉄なども麺にすることができ、食べられるような硬さにできる。&br;ただし味はそのままなので、歯ざわりのいい鉄という物体が出来上がる。&br;不定形の物質については、麺にすることができない。火や雷など。|一日に打てる麺の量に限りがある、限度を超えると狙い通りの麺が打てなくなる。|||
|逢享刀/ほうきょうとう|日本刀|刃渡り三尺程の太刀であり、乱れ刃、肉厚、鎬高く反り浅い豪壮な雄々しい日本刀の宝貝。&br;最高級の玉鋼を用い、頑健さを主眼に打たれており、武器の宝貝や、&br;魔剣と呼ばれるような魔法武器と打ち合ったとしても刃こぼれ一つしない。&br;また、刀に触れた相手に使い手の感じている痛みを全てではないしろ大半を与える。&br;必ずしも斬りつける必要はなく、刀身にふれただけでも痛みは相手に伝わる。&br;しかし与えた痛みの更に一部は一時的にだが使い手に返り、&br;使い手は常より強い痛みに苛まれる。&br;『人型』&br;狐色の髪を持つ和装の少年の姿を取る。臆病で気弱。|余りにも臆病であり、戦意のない状態では十全に能力を発揮できない。&br;その状態で能力を使ったとしても、痛みの反動だけが使い手に返ってくる。||[[ムツキ>HNH/0002]]納品|
|拡洞館/かくどうかん|家|自由にその形状、内装、重力方向を変えられる家の宝貝。&br;急激に広げることは出来ないが、命令をしておけばその命令に従って自分自身を拡張し&br;部屋を造り、内装を整える。また、空間を有効活用するため重力方向を変えられ&br;天井や壁も床として、立体的な構造を取れるようになっている。&br;現在はシャオロンの住居の離れの工房として亜空間に設置中。&br;内装は大陸風の赤を基調とした金や緑の派手な色調で造られている。|命令にない部屋が勝手にできたりする。重力も一部たまに変になったりすると、&br;命令通りに素直に構築しないことがある。|○||
|重躰玉/じゅうていぎょく|首飾り|エメラルド色をした、珊瑚のような艶を持った石に鎖が繋がれた首飾り。&br;装着し使用したいと念じれば、未来の自分から筋力、魔力などの身体能力を前借りできる。&br;どれだけ前借りするかの量は調整ができ、時間も日や時間単位で指定が可能。&br;ギリギリまで借りてくれば単純に身体能力が倍となる。更に別の時間から借りてくれば&br;借りてきただけ倍増する。上限は不明。|借りられた方の時間の自分は借りられただけ身体能力を失う。&br;余り調整をせず借りてしまえばその時間は箸を持つのも苦労するようになる。||[[アーヤン>HNH/0022]]売却|
|湧泡輪/ゆうほうりん|腕輪|希少な千年珊瑚を材料に使った腕輪。&br;これを付けて水に入ることで、身につけている物を含め体中から激しく泡が巻き起こるようになる。&br;仙力を空気に変換して満遍なく泡を吹き出させることで、水中にあれど宙に浮いているような状態になり、&br;自力で飛べるような者であればそのまま空を飛んでいるような感覚に近くなる。&br;空気の出力は水圧に応じて自動調整されるが、自分でも調整可能。強くすればする程水の影響を受けづらくなる。&br;無論、自ら吹き出す空気を吸うことで呼吸もそのまま可能。&br;特に飛行能力などがない場合は、水底を歩くようなことになる。|空気を出す量の上限がない。身体から嵐を巻き起こす事もできてしまう。&br;ただし最大出力は仙力の溜まり度合いにもよる。通常であれば湖を割るくらい。||[[チェルシー>HNH/0006]]納品|
|廻風羽/かいふうは|翼|ケツアルカトルの羽を材料に使った翼。元の羽の金属と羽の中間のような材質の特徴を持つ。&br;見た感じは戦闘機の翼のような、羽ばたかない固定翼に近い。幅は結構広く、片翼で3メートル以上。。&br;4点ベルトの背負帯を通して背負う、と自動的に帯が閉まる。外したいと念じれば帯は外れる。&br;飛びたいと念じる事で元の羽の司る風の力をジェットのように噴射し、空を舞う事ができる。&br;また、農耕、雨を司る権能も一部引き継いでおり、これを付けて雲に干渉することで雨を降らせることができ&br;その雨を受けた動植物は通常では無いような顕著な成長を見せる。|やろうと思えば相当な速度で飛べるが、使用者の保護機能が無い。&br;余りにも早い速度で飛んだ場合、高いGやちょっとしたゴミ程度でも激突して致命傷になり得る。||[[ぴよ林>HNH/0012]]譲渡|
|陵殖矢/りょうしょくや|矢|元、破城槌の宝貝、門突杵がニーズヘッグの毒と血肉を受け世界樹へと変貌した世界樹の枝を使用した矢。&br;霊木を使った兵器である門突杵の性質を残しているのか、通常の世界樹種よりも&br;硬く、強い強度を持つため、矢じりの類が無くとも通常の矢とは比べ物にならぬ相当な貫通力を持つ。&br;また、世界樹としての性質も現れており、ひとたび矢として放たれ、着弾すればその箇所に&br;爆発的に枝を成長させ、標的の体内に深く刺されば内部から標的を爆散させる。|一度枝を張ってしまうと回収が困難。一定の時間経過ののち、成長した枝は自然崩壊するが、&br;逆を言えば崩壊する前に矢を回収するには中心の矢まで枝を掘り進めなければならない。|||
|発応鎧/はつおうがい|鎧|攻撃の衝撃で爆発する副装甲を身体の各所にびっしりと持つ鎧の宝貝。通常の重鎧のような主装甲と、&br;爆発で飛散し、攻撃を相殺する副装甲、その間に特殊な血液を合成材料とした粘土質の火薬が挟み込まれている。&br;ある種の指向性爆弾を幾つも纏った状態となっている副装甲内部の火薬には金属の球が仕込まれており、&br;ヘタに攻撃をするとその攻撃を爆発と副装甲の破片で相殺されるだけではなく、内部の金属球を食らうことになる。&br;また、基本的には副装甲に何らかの強い衝撃を接触にて与えることによって爆発燃焼が始まるが、&br;使用者の意識を血液と概念的に結びつけることによって、受ける射撃、攻撃の類を使用者が&br;食らう前に認識することで、事前に火薬が予備燃焼状態に移行し、反応が早くなり防御性能が更に上がる。&br;予備武装として、手甲部分のナックルパートの副装甲は尖った棘のようになっており、&br;その部分だけは自力で爆発させて棘を撃ち出す攻撃が可能。|当たり前だが、一度攻撃を防御し、爆発した部分の副装甲は失われるため、その箇所の防御性能はほぼ無くなる。&br;主装甲は指向性の反応爆発自体から使用者を守ることに特化した性能しかないため、一般的な鎧よりも弱いくらい。|||
|川添スーツ(仮)/かわぞえすーつ|服|単車に乗る際に着用することを想定したライダースーツの宝貝。&br;高速で転倒した際に身体を守ることを想定した身体の要所を守るプロテクターとしての防具を備え、&br;鎧の宝貝には防御性能自体は劣るものの、対衝撃性に強く、仮にプロテクター部分で岩にぶつかれば&br;岩は割れ、本人の身体には大した影響も与えない。&br;また、対摩耗性も高く、もし100mほどもアスファルトの道路を滑る事になっても傷一つつかない。&br;更に、服の宝貝としての快適性を備えており、発汗を吸収し、体温調整を適度に行い、&br;垢や皮脂の汚れなども自動的に消し去ってしまう。&br;そして、万が一事故を起こしてしまった、もしくは事故をこれから起こすことが確定した状況となっても&br;その際に念じる事で、一時的にだが思考速度を飛躍的に加速し、適切な姿勢で転ぶ、&br;間に合うならばハンドルを切り直す、などの方策をじっくり考えることができる。|思考の加速を行った後、加速された思考が元に戻ったことに身体が順応しきれず、&br;激しい船酔いや、車酔いを起こしたような状態になる。||[[川添>HNH/0018]]納品|
|財看鱗/ざいかんりん|人形|学園ダンジョンで倒したグリーンドラゴンの鱗を使って造った宝貝。&br;普段は体長30cmほどの小さい姿の大陸の龍を模した人形だが、手に取り念じると起動し、&br;守りたい対象=宝を護る番人として動くようになる。対象や敵の設定は起動の際に思念で入力する。&br;最大体長10mほどに大きくなることもでき、その体躯だけでも相当な強さではあるが、&br;黒雲を呼び起こし小規模な雷を操り落とすこともできる。&br;一度起動すればその地の気を取り込み、半永久的に可動することが可能だが、&br;消耗は体長や雷の使用頻度にもよるので、最大限に力を発揮できる状態では長くは持たない。|龍を再現するあまり、いわゆる逆鱗が弱点だという概念が強くなってしまった。&br;財看鱗の逆鱗は普通の逆鱗と違い、やろうと思えば指先で触れただけでも穿け、それだけで機能を停止してしまう。&br;破壊自体はされないものの、無防備になるのでそのままでは普通に破壊されてしまう。||[[アンジェ>HNH/0008]]売却|
|三猿像/さんえんぞう|像|眼を抑えた猿、耳を抑えた猿、口を抑えた猿の三匹の子猿が掘られた手のひらサイズの像。&br;これを持った者は、視覚、聴覚、発声、のどれかを封じることで残る感覚を強化することができる。&br;複数封じることも可能であり、封じれば封じるほど残る感覚は強くなる。&br;また、複数魂魄人化実験の成果でもあり、人化をした際、眼か耳か声が無い少年の姿を取る。&br;その際は使い手が使う場合と機能が異なり、その少年が触れるなりした相手のそれぞれの感覚を封じる。&br;この場合は、特に残った感覚を強化したりはしない。&br;『人化』&br;くせっ毛をしたやんちゃ気味の身軽な少年の姿。三つ子のように似ている、&br;だが確かに違う三人の少年の姿のどれかに切り替わる。|一つ二つの感覚を封じる程度なら問題ないが、三つ全てを封じると解除に時間がかかる。&br;封じていた時間に比例するので長い場合は長期間に及ぶことになる。|||
|幹整衣/かんせんい|衣|ある一定のイメージを持ってそれを入力、その後身につける事によってそのイメージ通りの身体に徐々に補正する下着。&br;見た目はコルセットスーツのようであり、胸部と鼠径部に関しては取り外しもできる。&br;変化の術という訳ではなく、実際に肉体をその形へと成長させる手助けをする宝貝であるため、&br;時間はかなりかかるが、身体自体に負担は全く無く、&br;また着っぱなしでも服の宝貝の基本機能として汗や垢、汚れなどは自浄する機能があるので問題ない。&br;イメージがはっきりしない場合は、この宝貝自体でそれに近い物を読み取ってくれる。|必然でもあるが、仮に変なイメージを固めてしまい肉体がそのように変わったとしても、&br;その変化自体は不可逆なのでそれ自体は戻せない。&br;その場合は再度違うイメージを入力し、また長い間この宝貝をつけっぱなしにするしかない。|||

#endregion
** 売店アンケート箱 / 相談などメタスペース [#v1b0718c]

#pcomment(さっぱりとしたアスファルト味,1,below,reply)

#endregion

&br;

#region(最後の宝貝)

** 完成宝貝 [#o693f1af]

|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):|c
|宝貝名/読み|種別|説明|欠陥|非売品|備考|
|縁繋蝶番/えにしつなぐちょうのつがい|指輪|雄型と雌型の二つ一組の宝貝。シンプルな銀色の指輪の形をしており、&br;直線的な線で彫られた硬い印象のある飾り彫りをされている指輪が雄型、&br;曲線的な線で彫られた柔らかい印象のある飾り彫りをされている指輪が雌型である。&br;二人の使用者がそれぞれを指に嵌めた状態で機能を発揮できるようになり、&br;一つは片方の指輪を嵌めた者が片方の指輪を嵌めた者の存在を感じ取れるというもの。&br;これは距離的、空間的、時間的な制限に左右されず、仮に銀河の端と端に居ようとも、&br;異次元に飛ばされようとも、未来、過去に移動したとしてもその存在を感知できる。&br;また、素の状態でも武具の宝貝に匹敵する硬度を持っているが、宝貝として機能している状態であれば&br;片方の指輪が健在であればもう片方の指輪は絶対に壊れないという機能を持つ。&br;これは雄型と雌型の指輪それぞれがお互いにお互いの存在を共鳴存在として常時参照しあっているためで&br;仮に破壊するとすれば完全に同時に二つの指輪を破壊する必要がある。|無し|○|[[シャオロン>HNH/0026]]&br;[[オリヴィア>HNH/0044]]縁定|

#endregion

//-絵は貰い物です、ありがとう!…でもかなりラーメン屋に見えるようになってしまった…!
//-当キャラは封仙娘娘追宝録いいよね…の気持ちでお送りしております。
//-宝貝の基礎設定は凡そそのまんま、宝貝も全体的にアレンジは入れてるけど割と被ってたりしてもまあいいよね的な。

//元ネタはよく知らないけれど便利なアイテム屋として素敵な位置だよねってコメントアウトでほめる祭りに便乗しちゃうんだ
//-むう!いつのまにか素敵なことが…!ありがとうございますありがとうございます!
//-元ネタは知らなくてもいけるようにしてるつもりではありますが、そう言っていただけるととても嬉しいですね…!
//-余り万能にもなりすぎないように気をつけてはいますが、難しい所です。ある種校長や先生方の存在が有り難い…

//ナイトメアらしいちょっと斜に構えた感じとか、すごく唯一性があって好きでござる
//-ありがたい…!ナイトメアらしさってのを割と中の人もわかって無くてこういう感じかなって
//-思ってやってるのでそう見えたならよかった…俺たちは走り始めたばかりだからな…このナイトメア道を…!

//ラーメン食べたいです
//-らっしゃい特盛一丁!私もたべたいです!!
//-自分でもラーメン関係の話してるとお腹へってきたりすることもあったりして…これは…自爆飯テロ…

//褒める祭り!!
//独特の設定を破綻させない驚異の会話ちから!
//性格も好感が持てるナイスガイ!
//-ふふふ破綻してないかな…?破綻してるかもですよ…?元ネタから拝借してる所も少しありますが、
//-大体は思いつきで突っ込んでるだけなので今の所は上手くごまかせているのかもでしょう…!
//-性格もそう思えてもらったなら良かったです。ただちょっと年頃男子っぽくないかなと思うので少しそこは入れてきたい感じ…!
//-がおん!&〆!
//-とはいえ名簿は〆ましたが動く機会があればまだ動くかもしれないですが、とりあえずは。
//-何かあればレギオンの上からコメント、メタコメ書いて頂いて大丈夫ですし、ここでもOKです。
//-ちなみにレギオンの元ネタは短編集のタイトル。夢の涯は今でもかなり好きなタイトルです。

//-結局明示的に造った宝貝は64個となり、我ながらWikiでやるには多いなコレという感じに。
//-流石に元ネタの方は今数えたら100個くらいあったので遠く及びませんが(元は能力、欠陥が不明なのも多いですが)
//-必然として過去最高に名簿が縦に長くなりました。あと表を作るのクッソめんどくさかったです。
//-性質的にいつも以上に見易さを考慮したんで表にしたんですが成果はあったんだろうか…改めて考えればツリーでもいいか聞けばよかったな…。
//-まあ、ほぼパクリではありますがずっと前からやりたかったネタでもあったので能力を欠陥を考えるの自体は楽しかったんですけども。
//-事前に考えていたより、思ってたよりも貰われていったり注文があったりしたのでそれはとても嬉しい誤算でした。
//-どこかで宝貝を使って貰っているたび、ニヤニヤしまくっていたのは私です。本当にお買い上げありがとうございますマジで。
//-課題というかこれは無理かなーと思ってた、私がロールする形でサブキャラとして所有されるというのは
//-やっぱり厳しいものがありましたね。途中で投票ボタン設置してそれを押したら
//-出ていくとかも考えましたが、それもやっぱり敷居高いかなと。
//-でもサブキャラとしてちらほら使って頂いたのでそれで充分でもありましたが。

//-ともあれ何となくつけた中華料理上手い設定が名簿の絵と相まって全く想定していなかったラーメン屋方面が
//-ごりごりと広がったり、何故かTSして結構な期間その状態になってたりとか
//-ノリと勢いで突き進んでいったら超可愛いお嫁さん(予定)が出来たりとかで
//-物凄く充実した学生が出来たのではないかと思います。課題も普段考えないようなことを考えたり出来て楽しかったですし。

//-何はなくとも、お付き合い頂いた皆さん、ありがとうございました!!!