[[リーフの名簿に戻る>ARA/0017]]/[[エクレールの名簿に戻る>ARA/1124]]
|BGCOLOR(blue):|BGCOLOR(purple):|BGCOLOR(blue):|
|BGCOLOR(purple):|BGCOLOR(white):http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp036949.png|BGCOLOR(purple):|
|BGCOLOR(blue):|BGCOLOR(purple):|BGCOLOR(blue):|

|[[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp002053.png>編集:Read you Read me]]/[[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp002052.png>差分:Read you Read me]]|
|BGCOLOR(white):#pcomment(Read you Read me,1,below,reply)|



-&color(purple){ん、ふ……はふ…… (肩で息をして、恋人の首元に頬ずりをして甘え、胎内に満たされる熱を感じる) んふふ、幸せです❤&br;エクレールさんもですか? (とくとくとまだ脈打つ感覚を覚え、その度に小さく高い声を漏らし じゃれるように頬にキスをして) その、それだけ気持ち良くなってもらえたなら、ボクも嬉しいです&br;んっ (お尻を掴んでいた大きな手が離れれば、その指にしっとりと吸い付くような柔らかさが揺れ) ん、……はい、全部出ました? ……たっくさん、出ましたねえ ボク、お腹いっぱいですよう♡}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-09-09 (金) 19:19:46};
--&COLOR(blue){私も、嬉しいです……リーフが気持ち良くなってくれて(頬へのキスに擽ったそうに笑って、額にキスを返す)&br;ええ……実は限界にチャレンジしたことが無いので、本当の意味で全部かは分かりませんが(限界も何も今夜が初めてなので、生真面目風な冗談のつもり)&br;(お腹いっぱい、普段であれば何の変哲もない言葉なのに、こうした場面では非常に淫靡に思える)……我ながら、これ程出るものとは……苦しくはありませんか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-09 (金) 21:34:59};
---&color(purple){んふー♡ (汗ばんだひんやりした額の味がエクレールの唇に 顎をあげてその唇にそっと唇を重ねれば、息がかかる距離で見つめ)&br;そ、その……これからは、チャレンジしたい時にはー……ボクも、一緒に頑張り、ます、ので (段々と声は小さくなるけれど、太い尻尾が恥ずかし気に揺れ)&br;苦しくないです ……それにほら、あの、女のお腹はもっと大きいものを包めるようになってますから……これ位なら、何度でも、沢山もらっても、大丈夫です…… (気使いの言葉に嬉しそうにしつつ)}; --  &new{2022-09-09 (金) 21:55:54};
---&COLOR(blue){(つい唇に付いた汗を舐め取る。汗……美味し、いやいやいや……とか思っているとキスが来て、じっと見つめる瞳を見つめ返して微笑む)&br;……そ、そうですね。リーフの身体に差し障りのない範囲で……(それはそれとして運動で発散する以外の方法を知ってしまったのでセルフでどうにか、というのも考えないでもなかったが)&br;それは確かに……って、そんな風に言われるとですね?(嬉しそうにしているのが可愛いと思うが、それと同時に今何を言われてもえっちにしか聞こえない。賢者モードってなんだろう)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-09 (金) 22:10:28};
---&color(purple){あの、汗を舐められるのはちょっと恥ずかしいんですけどもぉ……はむ (口付けで上書きするように甘噛みのようにキスをして)&br;ふふー、男の人の方がほら、回数制限があると聞きますし ボクも体力つけて、エクレールさんに勝てるように……!! (ダイエットへのモチベーションが上がった!)&br;うん? どうしましたエクレールさー…… …… (気付いた 自分の言動と硬いままの胎内の熱) ……エクレールさんのえっち…… (じ、と見つめて恥ずかしそうに唇を尖らせる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-09-09 (金) 22:29:35};
---&COLOR(blue){(目に入れても痛くない的な感じで何でも舐められる、と思うのだが)ん……ふふふ……む、はむ、ん(甘んじて上書きされておく)&br;意気込みは買いますが、勝ち負けの問題ですかね……?(限界を攻めると一日ベッドで過ごす事になりそうな……なんと爛れた、背徳的な幸せ生活……とかちょっとだけ考える)&br;眠れる獅子、もとい竜を目覚めさせてしまったようですね……!(がおーっと冗談めかして脅かして、尖らす唇を宥めるように唇を重ねる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-09 (金) 22:43:08};
---&color(purple){(こういう関係になって改めて、自分は触れ合うのが好きなんだと自覚する エクレールがそれに応えてくれるので際限が無くなりそう、とも 啄むように口付けて、満足げに微笑む)&br;勝ち負けの問題です! 負けても良いですけど、やっぱりその、時々は勝って見せたいですし ……ボクもエクレールさんを翻弄してみたい気持ちがあるというかゴニョゴニョ……&br;えへへー、怖い竜に食べられちゃいます ん、ふふふ (口付けを受ければ、喉を鳴らす猫のように身を寄せて) ……今日は、朝まで一緒にいて、良いんですよね (幸せそうに息を吐き、自分が身を乗せる男の肌を抱きしめる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-09-09 (金) 23:05:34};
---&COLOR(blue){(実際早くも際限無くなりそうな雰囲気が端々……端かな?モロに出てないかな?という感じ)&br;なるほど……(確かに序盤はリードして貰っていたが、最終的には体力とセルフコントロールの差で勝った様な所がある)&br;(するとリーフに分があるのは知識とテクニックだろうか、という所まで考えて)……練習、付き合いますね(知らない所で技を身につけて来る、と考えるとなにかモヤッとする所があるのだった)&br;(猫っぽくて可愛い。つい庭園の猫にしているような感じでゆったりと撫でて可愛がる)……ええ、勿論。眠くなったら眠ってしまって、大丈夫ですよ(片手で髪を梳いて撫でながら、もう片方の腕で抱き直す)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-09 (金) 23:26:36};
---&color(purple){はい、付き合ってください ……と言うか、エクレールさんとじゃないと練習したくないですし、エクレールさんに試したいんです、ボクは 一緒に練習していきましょう? ね (んふふ、と恥ずかしさと悪戯っぽさを混ぜた笑顔だ)&br;(大きな手で撫でられれば、絹のように艶やかな髪の感触 くふくふと嬉しそうに笑う少女は、抱きなおす腕の中にすっぽりと納まって) はい……ん、良く、眠れちゃい、そう……でも、勿体無い……えくれーる、さんと…… (うと、うと……)}; --  &new{2022-09-10 (土) 01:50:29};
---&COLOR(blue){(流石に他の人と……と言うのは考えていなかったが、世の中代用品となるものはあるらしいというのはなんとなく知っていた)&br;(というのも昔、故郷の麓の村の土産屋に売っていた、『何らかの植物を織って作った棒状の物体』で一悶着あったのだ)&br;(尤も、悶着したのは『それが何か教えようとした義父・店のおっちゃんチーム』と『濁しておきたい義母・店のおかみさんチーム』だったが)……ええ、一緒に。鍛錬は本番に近い程良いですからね……と、変なこと言いましたね私。&br;(髪もきちんと手入れしているんだなあとか、笑う声が耳に気持ち良いなあとか、そんな事を思いながら胸の中に収まる恋人を優しく優しく、撫で続ける)……ふふ、確かにちょっと勿体ない気もしますが……&br;二人きりで過ごす夜は……沢山来ますから……ね?(甘く優しく囁いて、眠りに落ちていく愛しい龍を眺める、幸せな夜。これからもこの世の続く限り、幾度も繰り返される事だろう)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-10 (土) 21:46:45};
---&COLOR(blue){(流石に他の人と……と言うのは考えていなかったが、世の中代用品となるものはあるらしいというのはなんとなく知っていた)&br;(というのも昔、故郷の山の麓の村の土産屋に売っていた、『何らかの植物を織って作った棒状の物体』で一悶着あったのだ)&br;(尤も、悶着したのは『それが何か教えようとした義父・店のおっちゃんチーム』と『濁しておきたい義母・店のおかみさんチーム』だったが)……ええ、一緒に。鍛錬は本番に近い程良いですからね……と、変なこと言いましたね私。&br;(髪もきちんと手入れしているんだなあとか、笑う声が耳に気持ち良いなあとか、そんな事を思いながら胸の中に収まる恋人を優しく優しく、撫で続ける)……ふふ、確かにちょっと勿体ない気もしますが……&br;二人きりで過ごす夜は……沢山来ますから……ね?(甘く優しく囁いて、眠りに落ちていく愛しい龍を眺める、幸せな夜。これからもこの世の続く限り、幾度も繰り返される事だろう)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-10 (土) 21:46:45};
-&color(purple){二人きりじゃない時も、程々に甘やかしてくださいね 甘えたい気持ちは何とか抑えますので、ので! ……手を繋いだり位は良いですよね? (意志が弱い)&br;(首筋へのキスは、ちゅっちゅと猫が甘えるように押し当てるものに混ざり、ぬろ、と舌先が這う甘い感触も 舌に感じるエクレールの肌の感触に興奮しているのか、うっとりとした吐息がもれてしまう)&br;……だ、大丈夫、です…… 初めての後の朝なので、どんなことになるのか分からないんですけども……大丈夫です (長い耳を寝かせ、恥じらうように頷く)&br;ん、強すぎる、けどぉ…… はぁ、気持ち、良いです❤ やめちゃ、ヤだ♡ (はむ、と恋人の唇を甘噛みし、おねだりする目で見つめてから、エクレールがさっきしたような、誘いだすような舌使いを深く絡ませる)&br;え、手前……? ん、くぅっ♡ (お尻がもち上げられ、浅く味わわれる膣内 狩が入り口に何度も引っ掛かり、新しい刺激に腰が軽く痙攣する 腰をそらし、高い声を漏らし) ……もう、もうっ (大きな嬌声に驚いて口を押さえつつ、真っ赤な顔でエクレールの胸板を叩くけど、また腰を動かされればへなへなとまた覆いかぶさって甘える)}; --  &new{2022-09-04 (日) 12:13:42};
--&COLOR(blue){手を繋ぐのは……甘やかす内に入るんですか?(それは普通にすることでは?という顔)&br;っん、ふふ……舐めたら、擽ったいですよ……(擽ったさに抑えた笑い声。そして興奮が伝染したのか、それとは少し色合いの違った吐息も漏れた)&br;なら、安心です(安心して足腰を立たなく?と内心セルフツッコミしたり、『寮住まいでなければ、昼まで寝坊してそれからのんびり一緒に出かけたりも出来たかな』と思ったり)&br;(……その楽しみは将来に取っておこう、とか思うのも束の間。おねだりに応えて深く唇を重ね、舌を絡め合う。勿論止めるつもりは毛頭ない)&br;(浅くなら大丈夫だろう、等というのは恋人の敏感な身体を前に甘い考えだったのを悟る。胸板を叩く手にも愛しさを感じつつ、へたれこんで近くに来た額に唇を落とす)ふふ……&br;(押し寄せる細波のように締め付けられる快感は勿論だが、同時にリーフの反応を見て愉しんでいる所もある)&br;では……入り口から奥までゆっくりというのは?(むっちりと鷲掴みの尻を固定して、ずろろっとぎりぎりまで引き抜いては、再びずぶずぶと奥まで刺し貫く動きを繰り返していく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-04 (日) 22:16:48};
---&color(purple){……入る、んじゃないです、かね? ボク手を繋ぐだけでドキドキして嬉しくなっちゃうんですけども? (キョト、と顔を見合わせる エッチする仲になっても低燃費な幸せだ)&br;んふふー、エクレールさんがくすぐったがるの可愛いので!ので! ……あむ、ちゅ❤ えくれーる、ひゃんー……んむぅ❤ (キスをしながら漏らす呼ぶ声、幸せそうにうっとり絡む小さな舌)&br;んっ、んっ❤ ひっかかりが、びくって、しますぅ……ふぇ? (ゆっくり?と快感で溶けた思考で首を傾げたところでゆっくり抜かれ、)&br;やぁあん (お腹の中が寂しくなって、ねだるように見つめるのも一瞬 そのままゆっくりとしばらく焦らされた奥まで抉られて、腰を弓なりにそらして快感に声をあげる)&br;ぁ、は、あああああ…んんんっ♡ これ、ずっと、気持ち良くて、やぁ……❤ (ぶんぶんと首を振るけれど、滑らかなお腹がひくつくのが見えれば、悦んでるのがエクレールには丸わかりだ)}; --  &new{2022-09-04 (日) 22:48:32};
---&COLOR(blue){なるほど……(手を繋ぐのは普通と思ってはいるが、かといって人目のある所でそれ以上の事をしようと考えているかというとそうでもないのだった。そして確かに)……どきどきして嬉しいのは私も同じですね……(なるほど)&br;照れるじゃありませんか……悪い気は、ん、ちゅ……しませんが、ん、ん……リーフ……♡(キスの合間に、溢すように囁き返す恋人の名。自分でもびっくりするくらい甘い囁き声)&br;引っ掛かり、なるほど……(どういうのが気持ち良いのか、というのは重要な情報だ。これから更にテクニックを磨いてリーフを虜にしなければならないのだ……不思議と既に充分な気もするが)&br;(強請るような表情、そこから一転いやいやする素振り。どっちなんだ一体、と少し前なら途方に暮れたかも知れないが、そうした機微が少しずつ分かり始めた今なら分かる)&br;(これはとても悦んで貰えている……!それはとても嬉しいが、しかし調子に乗り過ぎず、全体を長いストロークでゆっくりと擦り上げていく)&br;……っ、はぁ……可愛い……リーフ……(相変わらずきゅぅきゅぅと締め付ける内襞と、脳を蕩けさせるような甘い声。段々理性が削られ……いや、溶かされていくような錯覚)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-04 (日) 23:15:17};
---&color(purple){んふー、ですよね ボクは、エクレールさんと手を繋いでるだけでふわふわしちゃいます ……肌が触れ合うのが好きなのかも (すりすりと首筋に頬を摺り寄せ幸せ笑顔)&br;それに、ん、ちゅ❤ ……こうやってつながればつながる程、好きになっていくのが判るんれふ……んん♡ (ちゅっちゅと水音をたてながら口づけをし、舌を絡ませ、とろとろに蕩けた口元から唾液が垂れる)&br;は、ぁ、奥も、好きぃ❤ ゴリって、押し上げられると、中、形、変わっちゃう感じが、してぇ……❤ エクレールさんの、形にぃ……んんっ ……してください❤ (理性が削られて、露わになり始めた本能をくすぐる雌の言葉)}; --  &new{2022-09-05 (月) 23:20:29};
---&COLOR(blue){(手を繋ぐと、胸が暖かくなってふわふわと幸せな気分になって……とか考えていたら恋人の発言はより艶っぽい路線へ進んでいくではないか)&br;(しかし確かに、自分もまた同じ様に肌を重ねるのは好きなのだろう。自分以外の熱がぴったりと触れる事、その嬉しさを感じるのは家族とのスキンシップ以来で)&br;(それはつまり、リーフはもう、家族と同じかそれ以上の存在だと感じている証左だ)ん、む……ちゅ、ちゅ……私も、同じです……&br;ふふふ……ぉっと、ちゅ(口の端から溢れる感触を感じて、無意識に舐め取って口の中へと戻す。もうどちらから溢れた雫か分からない)&br;っ、は……なる、ほど……(艶話にやや疎くとも、今のリーフの台詞がとっても淫靡なのは思い切り擽られた男心で感じ取れた)&br;(そしてそんな事を言われてしまえば、その通りにしたくなって仕方がなくなる)……では、お望み通りに……っ(再び奥に比重を置く動かし方で、一突き毎に深く奥を押し込む、否、押し潰すくらいのイメージで形を刻み込む様に攻めていく)}; --  &new{2022-09-06 (火) 00:00:35};
---&color(purple){えへへ、一緒ですねえ……なんか、すっごく安心するんです 家族とはよくハグしてましたけど、それとなんか違うというか…… (キスの合間に額を寄せ合い嬉しそうにして)&br;ふぁ? ん、ちゅ ……あ、垂れてました (唇を離し、ちろ、と舌先でエクレールの唇を舐める 普段見せる照れくさそうな笑顔に、普段見せない蕩けた瞳の輝き ぺろりと自分の唇を舐めて目を細める)&br;は、はい、して、下さ……あっ、ひっ❤ (腰が折れるほどにそらし、杭打ちのように埋め込まれた衝撃にはくはくと唇を動かし、)&br;は、ひ……❤ す、ごい、ですぅぅ……っ❤ あ、あんっ♡ (腰を揺らし、打ち付けられ、男の腰使いに突き上げられる度に胸が、長い髪が、乱れて揺れる光景がランタンの明かりだけの薄暗い部屋に浮かぶ)}; --  &new{2022-09-07 (水) 16:55:02};
---&COLOR(blue){ええ、家族ではこんな風に……熱くなったり、どきどきはしませんから(流石に胸元に耳を付けている訳ではないので聞こえはしないが、触れ合う肌の熱は十二分に、心地良く感じる)&br;っふふ(照れ臭そうな笑みにこちらも笑顔を返すが、細めた目の奥に秘めた熱情にどきりとし、同時にこちらの熱情が掻き立てられるのを感じる)&br;(その掻き立てられた熱情は、愛しい龍の胸の上で盛大に乱れる様に尚更に燃え上がる。掴んだ尻は愛撫と言うより最早ハンドルの役割でしか無い)&br;(リーフの上げる悲鳴にも似た甘い嬌声に急き立てられる様に、段々と打ち付けるペースが上がっていく。興奮と快感とで、次第にゴツゴツと最奥を突き上げる穂先は張り詰めていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-07 (水) 21:58:50};
---&color(purple){今、胸を触られたら……ドンドン激しい鼓動全部聞こえちゃうかもです んっ❤ ふふ、エクレールさんなら全部聞かれても良いですけど……❤&br;(そして、夜の寮室に立ち込める雄と雌の香り 段々と口数も互いに少なくなり、嬌声と息遣い、結合部のぶつかり合う粘質な音 エクレールが知らず強く掴む尻は弾力と柔らかさを返し、指が食い込めばその痛みすら快感に変わって)&br;(腰を突き上げられる度に声を上げ、滴る汗、絡み合う舌 互いの名前を緩んだ声で呼び合い、) は、ひっ❤らめ、来ちゃう、来ちゃいます、よぉ、エクレール、ひゃん……っ❤ んんんんっ♡ &br;(ガクガクと痙攣し、張り詰めてきつくなった膣内は収縮してよりねっとりと絡みつき、そのまま腰が動けば、内壁がエクレールの子種をねだるように吸い付く)}; --  &new{2022-09-07 (水) 23:05:43};
---&COLOR(blue){ふふふ、それは……っ、是非とも……後で、聞かせて下さい、ね?(それはつまり胸に何らかのアプローチをする事なのだが気が付いていない)&br;(念入りに手入れをした全身から漂う良い香りと、それでも隠しきれない雌の芳香。互いの熱い肌が打ち重なる打音と、体液の混じり合って絡む水音。重なり触れる肌の熱く柔らかな感触と、手に返る好ましい弾力)&br;(ランプの照らす肌は汗に輝き、髪は揺れ踊る。潤んで今にも泣きそうな視線が絡んで、震える唇が名を呼び、甘い鳴いて希う)&br;(凡そ五感の全てが雄の本能を刺激して止まず、更にそれを促す様に蜜壺が蠢く。ずっとこうしていたくて騙し騙し耐えてきたが、良い加減限界が来る)&br;っく、ぁ、は……一緒、に……っ!(本能の為せる技か、一際深く、奥の奥まで刺し貫くと同時に果てる。張り詰めきったモノの穂先が再び熱を吐き出し、心臓がそこにあるかのように力強く、何度も脈打って)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-07 (水) 23:33:20};
---&color(purple){はい♡ ん、……激しくない時も、エクレールさんならいつでも聞かせてあげます (くふ、と含む笑い声 甘えるのも好きだけれど、甘やかすのも好きなのだろう)&br;(逞しい体の上で踊るように身をくねらせる雌は、ぎゅうっと尻を鷲掴みにされて、奥を突き上げられれば子宮の入口にぴったりと押し付けられ、そして、脈動にぞくぞくと身震いする)&br;(狙いを定めて、流し込もうとしている 普段物腰柔らかなエクレールからは考えられないくらいのあからさまな獣性に) ……っ❤♡ 全部、中に出して……下さい♡ (きゅっと目を閉じ、首筋に頬を押しつけてぶるぶると痙攣し、)&br;あ、ひっ❤ あ、は……出てる、ぅ……❤ ひ、あぁ……っ❤ (脈動の度に声を漏らし、引くつく膣内が、男の射精を促すように何度もひきつけ、吸い付き……) ん、はぁ……あ、い、いっちゃい、ました……な、なんか、何回も、一気に、来た気が……します……❤&br;(荒い呼吸を繰り返しながら、すりすりと額を押し当てて甘え) ……ぜーんぶ、最後まで、出してくださいね❤ (耳元に囁く甘い声 快感に身を震わせながら腰を揺する少女 とく、と中で更に零れる精液の感触に、また熱く息を吐いた)}; --  &new{2022-09-07 (水) 23:52:22};
---&COLOR(blue){ぅ、っは……ぁぁ、ぁ(耐えに耐えた故か、なんだかさっきよりも出ているような気がする。あるいは身体が沢山出す方法を覚えたのか)&br;(そこに搾り取るような蠢きが手伝って、際限なく脈打っては精を吐き出していく)……ええ、ふふ。なんだか私もそんな気が(とはいえ普通の一回分を知らないので、実際そうなのかは分からないが)&br;(段々と弱まりながらも脈動が続く。全部、最後まで……そんな言葉さえ淫靡に思える。好きだ。無意識にまだ力を込めていた手を離す)&br;(労るように丸い曲線を撫でている内に)……っ、ん、はぁ(ふるるっと小さく震える。それが合図というように恋人の中に熱を吐き出していたモノも静まって)……終わりましたね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-08 (木) 00:07:24};
-&color(purple){(長い夜、はじめてのまぐわいを終えて一休憩……)&br;良かったです その……気持ち良くなってもらえたなら (そう言って自分の滑らかな下腹部を撫でる きゅんきゅんとお腹の奥がひくつく 女の幸せを味わう笑顔は、普段とは違い煽情的で)&br;朝、皆が起きるまで、ですしね ……卒業したらどうなっちゃうんでしょうねボク達 (赤くなって顔を隠す 多分、求めあうままに溺れる日とかもありそうだな、とか思ってしまった 恥ずかしいのかもにょもにょ声を漏らし)&br;は、はい、楽な? 楽……えーっと、うえ、とか、ですか? (首を傾げて考えつつ、素直にそういう) ……エクレールさんが重くなければ、です、けど!!! ……ちょ、ちょっとはダイエット成功してるんですけどね、これでも……!}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-08-06 (土) 17:37:30};
--&COLOR(blue){(覚えたてだからだとか、元から体力がとんでもないとか、色々あるが……リーフが意識しているのかしてないのか分からないまましている、兎に角唆る仕草にやられてしまうのが何より一番大きいのかも知れない)&br;卒業したら……(誰に咎められる事もない、というのは中々魅力的であると同時に危険も感じる。頬が熱くなって、恋人の顔を見ればどうやら同じような事を考えていそうで。同棲の少しイメージをほわっと和やかにしようと)……幸せにしますね。&br;ふふ。リーフは重くありませんよ、大丈夫です(鍛えてますから、と言ったら全部台無しだろうと思って言わないが恐らく、胸の上に亀先生が乗ってその上にディノクが座っても余裕……何だその絵面は)&br;……では上に、という事で。行きますよ……(声を掛け、腕を腰と頭の後ろに差し入れ、抱えてその場で転がるようにして、まずは一旦横に)&br;……そう言えばこれ、腕枕ですね(そして同時に胸の中に包むような形でもある)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-06 (土) 22:28:01};
---&color(purple){…… もう幸せなのに、もっとですか? (そんな事を尋ねて、にへ、と子供のように素直に嬉しそうに頬を緩めるのだ)&br;じゃ、じゃあ失礼しまして……きゃっ (ごろっと転がられ、反射的にしがみつく すると、腕枕で包まれる姿勢になる) ……これすきですぅぅ…… (乙女の夢、と頭を腕に摺り寄せながらぎゅーっと抱き着いた)&br;……寝る時は、こうしてください (お願いします、と甘えておねだりしつつも体を起こす エクレールが見上げる少女の小さな体 ランタンの明かりの中で汗ばんで艶やかに揺れる胸 流れる長い紫の髪)&br;ん、しょ、お邪魔します…… (言いながらそっとまたがって、エクレールの逞しい胸に手を置く) お、おもく、ないですか? (心配そうに言いつつも、胸が腕に挟まれてより強調され、胸の向こうから覗き込むような顔)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-08-09 (火) 20:50:21};
---&COLOR(blue){ええ。もっと、そしてずっと……です(意図せず、先程のプロポーズめいた台詞に続いて結婚の誓いめいた台詞になってしまった)&br;(どうやらぎゅっと腕枕がお気に召したらしいので嬉しくなって)……はい、是非(もう一回戦が終わったら少し眠って、早めに目覚めて部屋まで送る……と頭の中で計画するが果たして上手く行くのか)&br;(『兎に角可愛い』が常日頃の恋人に対する感想であるが、いざこうして関係を深めてみると、あどけない可愛らしさの中から未成熟ながら艶めく色香が垣間見えてくる)&br;(とは言えそもそも未成熟というのは精神性だとか社会的通念上の話であり、生物学的に見れば子を産み育てる準備の整った身体は充分に成熟していると言える)&br;(いずれは立派なレディに……なんて話もしたが、先程身体の動きに合わせて盛大に揺れ、今眼前でぎゅっと挟まれているレディは充分立派で)……重くないですよ、大丈夫です(小難しい考えがいとも容易く曲げられてしまう魅力があるのは確かだ、と思う)&br;(頭を支えていた手は首から耳、耳から頬へ、優しく撫でる。一方腰を抱いていた手はちょっぴり所在なさげに腰を撫でて)……リーフを見上げるのは中々新鮮ですね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-09 (火) 22:13:47};
---&color(purple){ぐっすり眠り過ぎないようにしないと……でも多分寝ちゃう……だって絶対こんなの安眠できちゃうでしょ…… (腕枕に甘えつつ、体を起こすときにはもっと甘えたいのを隠さずちょっと残念そうに)&br;良かった その、色々、お肉が付きやすいせいか、普通より重いのは確かなので……鍛えてる人が恋人で良かったですよう…… (お腹周りを腕で隠すが、比較にならないほど豊かな胸とお尻だ)&br;(耳や首筋、そして頬を撫でる掌にくすぐったそうに首を竦め、それから) ひゃんっ ……んふふ、ですね エクレールさんを見下ろすの、不思議な感じです (腰を撫でる手に手を重ねてくすくす笑う)&br;(長い髪を片手で背中に流してから、覆いかぶさるように屈み、そっと口付けして) ……こ、今度は、僕が動きます、ので ……頑張りますので&br;(そう言って腰を浮かせれば、細い指がエクレルの物に絡む 愛液と精液で滑ったそれを撫でながら、自分の秘部を広げる指 先程まで少女だった恋人が、自分で挿れようとする姿は、純朴な青年にはどう映るか……)}; --  &new{2022-08-10 (水) 23:52:56};
---&COLOR(blue){(そうだ、何故こんな簡単な事に気が付かなかったのだろう……自分が寝なければ良いのだ。部屋に招いた責任というものもあるし、恋人の寝顔を見られる良い機会だ)&br;(……絶対これ最後の部分が本音だろう、と内心自分にツッコミを入れつつ、残念そうなリーフもまた可愛いものだとしみじみ思う)&br;(これ位の年頃の女性は少し肉付きが良い位の方が良い……というのは誰に聞いた話だったか。ホルモンバランスがどうのというのはさておき、気になるならば本人が頑張る所だろうし、どんな姿でも好きな事には変わりがないのは確かだ)&br;(……もしかして今、所在なさげに撫でてしまった腰回りも気になる所だっただろうか、とちょっと心配になったりもしたが、手を重ねて小さく笑う様子はそうは見えないので安堵しつつ)&br;(重なる唇、軽く食んで頬をふにふにと撫でる)ええ、頑張って……自分のペースで大丈夫ですからね(どういう応援だろうか、と自分で少し笑ってしまう)&br;(はてさて、あまり深く考えずに横だの上だのと言ったが、なるほどこういう事になるか)&br;(恋人の生々しくも艶めかしい所作は衝撃的だった……という訳でもなく、はっきり言えば好ましい。こうした事に興奮を覚える、という事を素直に受け入れられる様になってきた)&br;ん……っ、は……(頭で考えるより遥かに素直な身体、その一部が再び熱い泥濘へと呑み込まれていく。繋がっていく、という感じがなんだか嬉しい)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-11 (木) 00:19:59};
---&color(purple){そんなまじまじ見ても面白くないでしょうー もう (視線に気づき、恥ずかしそうに自分の頬をくしくし掌でこする)&br;(何か色々考えている様子の恋人の様子を眺めて、自分の頬をこすっていた掌でじゃれるようにエクレールの頬をムニムニする) なんか変なこと考えてません、エクレールさん?&br;はい、頑張ります……んっと、あ、入……るぅ……っ (少し腰を揺らして狙いを定めるが、予想よりも早く先端が埋まり、ビクンと身震いすれば重量感のある胸がたっぷりと揺れる)&br;は、あ……んんん……っ はい、って、来ますよぅ…… んっ (腰がゆっくり埋まれば、根元まで飲み込む蜜壺 はふぅ、と息を吐きながらお腹を撫で) ……ふふ、もう全部入っちゃうくらい、エクレールさんの形にぴったりです}; --  &new{2022-08-15 (月) 20:31:38};
---&COLOR(blue){確かに面白くはないですね……(真顔で言うが勿論冗談だ)ただ只管に、心の栄養になるばかりです(恥ずかしげにする様もまたその通りで、うんうんとしみじみ頷く)&br;(むにむにされて微笑んで、その掌に頬擦りしながら)……リーフのプロポーションについて少し真面目に考えていた、というのが変な事ならばその通りかもしれませんが。&br;(小さな身震いが聳え立つ二つの山に波及して大きな揺れに繋がるのを、どこか大スペクタクルのような気分で眺める。体液の気化熱で少しひんやりしたモノの表面をぬるぬると密集した襞が撫で付けて行けば、小さく鼻に掛かった吐息が漏れた)&br;(確かに根本までしっかりと繋がっているが、同時に奥をぐっと押し上げている感覚もある。自分の形に合わせてくれているのだな、と感慨深い気分になるのと同時に)&br;……その言葉はなんといいますかこう、何故だか胸にぐっと来る物がありますね(恋人の下腹の、自分が収まっている辺りをそっと撫でる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-15 (月) 23:08:49};
---&color(purple){そ、そうはっきり言われるとショックというかー……って もー、……もーっ (冗談を真に受けかけ、続く言葉に真っ赤になって何も言えなくなり、ぺちぺちと恋人の胸板を叩く手だ)&br;プロポーションについて真面目に考えるっていう時点でなんかちょっと変な事です ……見ててください、磨いて見せるんですから (今の身体よりも、と胸を張る)&br;(そして、騎乗位でつながったまま少しの間は形を確かめるようにじっとして でも、恋人が自分の下腹部を撫でれば、きゅうんとお腹の奥から吸い上げるように絡んで)&br;……めっちゃ恥ずかしいんですけど…… その…… ……お腹触られるだけできもちいの、なんなんでしょうね…… (片手で顔を隠しつつ、もにょもにょ言う)&br;……でも、このままじゃエクレールさんがまだ気持ちよくないですよね ん、しょ こういう、感じ、ですかね……? んっ (言いながら、ゆっくりと腰を揺する 最初はぎこちないが、快感と愛液の潤滑が増せば、少しずつ滑らか)}; --  &new{2022-08-21 (日) 19:30:51};
---&COLOR(blue){ふふふっ(ぺちぺちした位ではびくともしない大胸筋。もうこの『恋人を愛でる』という栄養無しでは生きて行けないな、とさえ思う)&br;そうですかね?先んじて考えておけばどこを鍛えれば良いか分かりやすいかと(今よりさらに磨きをかけたらどうなってしまうんだ……と張る動きでまた揺れた胸を眺めながら思う)&br;(自分も、リーフの触れる手付きはどれもとても心地良く感じるが、それとはまたちょっとニュアンスが違うようだ)何故でしょうね……愛情を込めているせいでしょうか(違うと思うなりに率直に述べる)&br;(実の所、今すぐ達する程ではないにせよ、能動的に動かなくとも内側の蠕動で充分に気持ち良いのだが、当然動き出せば快感は更に強まる)&br;ん……は……えぇ、気持ち良いですよ……(そう応えつつ『大きく揺れると痛い』という知識がふっと脳裏を過ぎって、腰を揺する度に目の前でリーフの顔を遮る大きな乳房を支えるように手を添える)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-21 (日) 23:37:22};
---&color(purple){むう、逞しくて頼れる胸板…… (自分のをもぎっと支えてから、またエクレールの胸筋に触れて) ……本当に同じ体組織です……? (人体の神秘……)&br;ふむむ、どんな風になりたいかを決めて、そこを重点的に…… ……お、おなかまわりを…… (恥ずかしそうに腕でお腹を隠す 隠すというか腕で胸を挟んで支える感じになってしまうけれど)&br;あ、愛情をこめてって……も、もー、そんな事言ってぇ ボクをそんな照れさせてどうするんですかもうもう (にへにへしながらお腹を撫でる手に手を重ねてうれしそう)&br;良かった、ん、しょ、……わひゃあっ? (鍛えた腕でもたっぷりと重い胸 指から零れそうなほどに柔らかく) んふふ、重いでしょう? ……ささえてくれると、んっ❤ 気持ちい……じゃなくて、肩が楽です (ちょっと恥ずかしくなって言いなおした)&br;(胸を支える手に手を添えて、ゆっくりと腰を揺する) んっ、ぁっ……は、これ、おく、ごり、ごりってぇ……❤ こじ開け、られそうで、ちょっと、興奮、します……♡}; --  &new{2022-08-28 (日) 23:47:22};
---&COLOR(blue){(自分で胸を持ち上げる仕草って良いな……と思いつつ)筋肉の量や付き方には個人差がありますからね。それにリーフのその……胸は、包容力が抜群ですので、どうぞそのままで(言い淀んだのは照れなので安心)&br;後程、腹筋を効率よく鍛えるトレーニングをお教えしましょう(挟むようにするとまたぐっとボリューム感が強調されて素晴らしいことだなあ、と詠嘆を禁じえない。お腹は自分としては全然気にならないが、協力は惜しまない)&br;ふふ……照れる姿もとても愛らしいので、どうするのかと問われればやはり愛でるに限りますね(何かしみじみと頷く)&br;(どこまでも指が沈み込んでいきそうな柔らかさと、それでいてハリもあって程よい弾力もある。そして確かに重い。これを胸にくっつけたまま常に背筋をしゃきっとさせているのは、中々大変そうだ)&br;(……それはもう、支えがあれば楽なのは明白だ。気持ち良いと言いかけたのは……お腹を撫でた時と同じ方向性だろうな、という見当もついたが)&br;っ、ええ、奥深くまで……入っているのが分かります……んっ(恋人の、最早隠す事無く艶っぽい言葉と仕草に興奮と感動のようなものを覚えつつ、動くと乳房が零れそうなので、つい手の中に収めようと五指が動く。それは知らず識らず、揉む動きに似ている)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-29 (月) 01:46:30};
---&color(purple){包容力……そ、そういう意味ですか…… そうですか…… (言い淀まれたので裏の意味を察してしまって、ぽぽぽとまた頬を赤くして)&br;やった、めっちゃ頑張りますよう こう、お母さん達みたいにきゅっと引き締まった腰つきに……! (ぐっと腕に力を籠める むちっと胸の張りが強調された)&br;うう、エクレールさんが真っすぐボクを甘やかす……んっ、もう、指動いてます、よう (恥じらう所で埋まり込むエクレールの指 芯が無いようにふわふわしてるのに、しっとりと指に吸い付くたっぷりした重さ)&br;(褐色の肌が汗で光り、ランタンの明かりに塗らりと艶かしく輝く) んん……❤ エクレールさんも、声出てます……きもちい、ですかぁ?&br;(嬉しそうに目を細め、ぎこちないながら止めない腰の動き 前後の動きと、きゅうきゅうと絡む肉の感触 水音) んっ、これ、好きかも、です……❤ (エクレールの腹筋を指で撫ぜながらうっとりと)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-08-29 (月) 18:53:08};
---&COLOR(blue){はい……そういう、意味です(照れが伝染して増幅されつつ、こうして言外に込めた意味が通じるのにも気恥ずかしさと嬉しさを覚える)&br;(そうなると今より輪をかけてアワーグラス体型になるのだなあ、と更にぐぐっと寄せ上げられた胸元を見ながらしみじみと思う)&br;甘やかすの、好きなんですよ(その辺りは先祖のエトワールもそうなので血筋なのかも知れない)……っと、こう、零れそうで、つい。痛くはないですか?(自分の体にはこんな感触の部分は無いので力加減が心配になってくる)&br;ええ、それは……っ、もう(それでも、先程よりだいぶ余裕を持って味わう事が出来ている。繋がり、触れて、見て、聞いて……たまらなく気持ち良くて、心地良くて、愛おしくて、興奮する)&br;(撫でる指が擽ったくて、小さく笑うとそれに合わせてぴくっと起伏が生まれる腹筋。ランタンの明かりが綺麗な六等分の陰影を浮かび上がらせる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-29 (月) 22:07:19};
---&color(purple){…… …… (繋がったまま照れくさそうに少し唇をもにょもにょさせてから) ……エクレールさんなら、言ってくれたらいつでも、包んで、あげますので…… (笑みが艶っぽく)&br;んふふ、ボク、甘やかされるの好きなので嬉しいです 甘えちゃいます (んふー、と嬉しそうに目を細める 先程と一転して子供っぽい表情 ころころ色合いの変わる表情)&br;は、はい、痛くないです ……その、えっと …… ……キモチイイデス…… (むぎゅ、とその手に自分から胸を押し当てるようにすれば、ふわふわな胸にしっかり肉が詰まった感触が伝わる)&br;えへへぇ、良かった ボク、も……んっ❤ 気持ちいいです……これ好き、エクレールさんの、奥までパンパンで、ゴリって……♡ (短かった呼吸が段々、深くなり、快感に夢中になっている様子で)&br;(子供っぽい少女、先程まで少女だった恋人は、自分の恋人の腹筋をなぞるように撫で、段々腰が止まって、息が上がった様子でエクレールに覆いかぶさるように身を寄せる)&br;……あ、あの、これ、好きだけど……つ、疲れますね、えっちって…… (体力不足だ 腰を使う慣れない動きで呼吸を乱すが、しかし、快感を求めるようにゆるゆる腰が動く)}; --  &new{2022-08-29 (月) 23:02:54};
---&COLOR(blue){それは……是非に(はにかんだ表情から一転、艶めいた笑顔にどきっとしつつ、恥ずかしいし照れくさくとも無論、嫌ではないのできちんと肯定しておく)&br;ええ、どうぞたっぷりと(かと思えば再び一転あどけない、愛らしい笑み。こういう所も好きだ……というか、付き合い初めというのを差し引いても好きな所しか無いな、と思う)&br;良かった。痛かったら言ってくださいね(まだ探り探りな所もあるが、その手付きは支え直すと言うよりも感触を愉しむ、明確な愛撫に変わっていて)&br;(快楽に耽る恋人の艶やかな姿に見上げ、見惚れる。夢中な様子で、しかし段々とペースが落ちていく)&br;(興奮で息遣いが荒くなるのとは違うな?と思った所で上体が倒れてきたので胸から脇に手をスライドしてキャッチ、そのまま胸の中へ)&br;ふふ……そうですね。結構全身使う感じで(微笑みつつ、労うように頭を撫でる。息も絶え絶え、疲れ果てて……それでも腰が動いているのがなんだか……そう、えっち、で興奮を覚えてしまう)&br;(片手はそのまま頭を、しかしもう片方は首、肩、背中……と段々下へと移りながらゆったりと撫でていく。リーフが上に来るまでは堪能出来なかった、生の感触だ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-29 (月) 23:23:27};
---&color(purple){是非なんですね、んふふ あまやかします! (普段甘える側なので、と嬉しそうにニコーッと笑う 誰も居ない所や、二人で部屋にいるときなど、求められればその胸でエクレールを甘やかす事だろう)&br;(子供っぽさや、未来に湛える様になるだろう妖艶さの萌芽が混ざり合った年頃、惜しみなく全部恋人に見せるのだ) ん、痛くないです ……自分で触っても、こんな感じに、んッ……ならないんですけど……っ❤&br;(指からあふれる胸を揉まれる度に、優しい甘やかな快感に声を零す そしてほぐされた胸を硬い胸板に押し当て、すりすりと汗ばんだ頬を首筋に寄せて)&br;ぜんしんうんどう…… つまり、 (顔を上げ、間近で見つめいたずらっぽく) 体を鍛えたら、もぉっと楽しめますね 頑張らないと んっ ……腰、止まんないです…… (さっきまでの強い刺激から緩い快感に変わり、もどかしそうに甘い吐息を漏らす)&br;ん、ふふ……んん、エクレールさんの手、好きです ……大きくて優しくて、ちょっとごつごつしてて、格好良くて、……気持ちいい♡ (はむ、とエクレールの鎖骨に甘噛みする少女 エクレールの指が触れるどこもかしこも、張りがあって柔らかく、儚いけど肉感的で)}; --  &new{2022-08-30 (火) 00:16:55};
---&COLOR(blue){(存分に甘やかしたり甘やかされたり。それを他に見聞きする者は恐らく居ないが、もし居れば目耳口鼻から砂糖がダダ漏れになること請け合いである)&br;(自分で触れるのとは違って感じる、というのは実感を持って理解出来る。平常のスキンシップともまた違うということも。その上で、これ程悦んでくれているのは密かな自信に繋がる)&br;(そして、もっと気持ち良くさせたいという、ここ1,2時間で初めて持った種類の向上心の強化にも繋がった)&br;そうですね、沢山鍛えてもっともっと……(自分も割とそうだが、凄い事言うようになったな……と感じる。それでどきっとするのも悪い気がしない、というよりもっと聞きたい気もするので敢えてツッコミは入れずに置く)&br;そうですか?ふふ、鍛えておいた甲斐が……というのも何度目でしょうか。何度聞いても嬉しいものですが……っん、ふふ。擽ったいですよ(お返し、というように額に口吻て)&br;(そうこうしつつも、お互い少しもどかしさがあるのも事実。今しがたの言葉で裏打ちされた自信と向上心にも推されて、手が丁度お尻に差し掛かったのを機に少しずつこちらからも攻めてみようと試みる)&br;(普段の生活ではまず触れない領域の一つ、だが繊細な器官という訳でもないので少し大胆にむっちりと軽く鷲掴みにして、先程乳房にしたようにゆっくり揉みしだく)&br;(そして緩やかな動きに重ねるようにして、腰を揺らしていく)リーフは……どこを触っても、触り心地が素晴らしい。ずっと触っていたくなります……}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-30 (火) 00:54:01};
---&color(purple){(多分それでも、本人達はたっぷり加糖するのだろう 甘いものは慣れたらその分甘くしたくなるものなのだ)&br;頭、撫でられたりも好きですけど……ぁっ❤ ……こうやって触られるのも、ボク、好きです……ちょっと、恥ずかしいけど……&br;(羞恥に僅かにブルッと震えるけれど、うっとりと濡れた瞳は快感を隠さずに エクレールの指が胸に沈み、形を歪めさせるたび、鼻にかかった溜息のような甘い声が漏れる)&br;はい、もっともっと…… えへへ、恥ずかしい事言ってるのに、エクレールさんなら良いかなって思っちゃう ……こういうの、言うの……ヤですか? (ちょっと心配そうに、間近の瞳で見つめ)&br;ひゃっ (そんな瞳が丸くなり、んん、と悪戯する子供を叱るように眉を寄せて) ……びっくりしちゃいます (でも、ちょっと嬉しそうに甘く文句を言い、かふかふとくすぐるような柔らかさで鎖骨に歯を立てる)&br;ん、ふぁ……っ❤ ……んふふ、エクレールさんになら、どこ触られても大丈夫なのでぇ…… ……ずっと触っても、良いですよう♡ (そう言って、ちゅっちゅとじゃれるように頬にキスをする)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-08-31 (水) 22:12:13};
---&COLOR(blue){(他人には触れ得ぬ場所を互いに触り合い、その喜びをも分かち合う。愛し合う者同士、一つ深いステップに進んだのだと強く噛み締めて)&br;ん?いいえ、嫌ではありませんよ。私もそうですが、求める気持ちに一つ種類が増えた事が嬉しいです。それと……普段とのギャップが大きいのも……良いです、ね……&br;(普段可愛いが強い分、不意の色っぽさが強烈に刺さる。人間(人間ではないが)ギャップに弱いのだ)&br;っ、ふふ。一声、掛けた方が良かったですか?(肌にやんわりとごく浅く食い込む歯の、こそばゆい位のほんのりとした痛痒に小さく笑って愛撫を続ける)&br;ずっと、なんて……どうなっても知りませんよ?ふふ(それこそ、持久力で言えば朝まで平気で揉み続けられそうだが、流石にそこまで行くとリーフのお尻が大変な事になりそうだ)&br;(そこそこにしておこうと思いつつ、頭を撫でていた方の手も合流して、両手で揉んだり擦ったり、お許しが出たので思う存分堪能する)&br;んー…(ちゅっちゅと繰り返される頬へのキス。唇にもして貰おうと、徐々に顔の向きを変えていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-08-31 (水) 22:43:24};
---&color(purple){一種類…… ……えへへ、こんな種類があるなんて思いませんでした エクレールさん専用です (えっちなのは、と恥ずかしそうな笑みを含んだ声、耳元で)&br;…… エクレールさんなら、いきなりでも良いですよ? (笑う恋人を見つめ、それから、目を伏せてモジモジしながらそう返した)&br;そんな事言っても怖くないですよ エクレールさんはボクに優しいので 酷い事は絶対しませんもん (うふふ、と甘えながらはむはむ頬を唇で味わううち、気付けば口元に唇)&br;(間近で見つめた目がうっとりと細まり、目を閉じて口づけをする 自分からそっと男の唇を舐め、顔を傾けて甘い口付け 腰の動きに漏れる甘い吐息もキスの味わいに彩りを添える)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-09-03 (土) 21:04:42};
---&COLOR(blue){(専用、なんと良い言葉だろう……えっちなのは、と恥ずかしげに付け加えるのもまた良い。が)ふふ。特別、ってとても嬉しいですが……叶うなら全てを独り占めにしたいですね?&br;(突然覗かせた独占欲を囁く。とはいえ両親友人諸々の事は忘れていないので常識の範囲内です大丈夫)&br;……では沢山、不意打ちしちゃいましょう……ふふふ(悪戯っぽく笑って返して、早速角を甘噛みしてみたりなどする)&br;む、それは確かに……ああでも、翌朝足腰立たなくなることはあるかもですね……?(単に疲労でそうなる想定だが、果たしてリーフにはそういう意味で聞こえるかどうか)&br;ん……ふふ、ちゅ、む……(思惑通りに唇が触れて、思わず嬉しそうな笑みが溢れた。舌が擽る感触さえ心地良く、きちんと重ね直す唇がまた嬉しい。そしてそうする間にも甘やかな吐息が耳を擽り、更に愛しさが込み上げる)&br;(リーフがしたのに似せて柔らかな唇を舐め、隙間をなぞって舌を誘い出そうとする。その間も尻を愛撫する手は止まらず、腰は腰で膝を立てて動きを少しずつ大きくしていって)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-04 (日) 00:01:50};
---&color(purple){……二人きりの時は、全部専用ですけど? 声も体も、それに心も ……な、なんちゃって…… (最後ちょっと恥ずかしくなって誤魔化しつつも、本心ですけど、と付け足す)&br;不意打ちって言ったら不意打ちにならないですよぉ……ひゃんっ (不意打ちになった くすぐったさと心地良さに目を細め声を漏らす このー、とじゃれ返すように首筋にキスをする)&br;んっ、そ、それはー…… ……今日、そうなっちゃったりしません? ん、沢山、その、……し、して、ますし…… んっ❤ (緩く動く腰に声を漏らす うっとりと潤む瞳)&br;あむ、んんむ……ちゅ、ぁっ❤ ずんずん、強く……あぇっ❤ (誘い出された舌、漏らす声 変な声出た、と恥ずかしがり、自分から深く唇を重ねる 早くなる腰に、きゅっと目を閉じながら頑張って舌を絡めるけど)&br;ぁ、あっ❤ ごつ、ごつして、つよい、ですようぅ❤ ん、キス、とまっちゃ、う♡ ん、ちゅ……んっ♡ (高揚に口づけするけれど、段々と快感に負けて縋り付くようにしてにゃあにゃあと嬌声をあげる少女 すでにその間に、何度かきゅんきゅんと中がわななき浅い絶頂を味わっている)}; --  &new{2022-09-04 (日) 00:32:21};
---&COLOR(blue){(二人きりの時は全部、という時点でもう普通サイズの独占欲は満足してしまう。まして本心となればもう、言う事なしでついつい頬が緩む)ふふ、大事にします……というのは二人きりの時以外もですが。&br;ふふっ、成功です……んぉ、っふふふふ(首筋へのキスは擽ったくて、首を竦めたくなるが同じくらい嬉しくて、気持ち良いのでぐっと堪えて、しかし笑いは溢れる)&br;(カウント的には二回目だが、もしかして普通は一晩に何度もしない?あ、いや、この場合の沢山は回数と言うより時間的な……?)まあ、明日はお休みですから予定がなければ大丈夫……大丈夫ですよね……?&br;(意識せず言外に足腰立たなくするような事を宣いつつ)&br;(今の声可愛いな、とか、なんだか頑張って舌を絡めている雰囲気が可愛い、とか、そんな事を考えているとつい、夢中になって責め立てている)&br;ん、は……強すぎますか?(確かに、舌を噛みそうだし何より)っ、うゎ、ぉぉ……(痙攣するような締め付けが襲いかかってくる)&br;(すぐに終わってしまったら勿体ない気持ちと、もっとキスをしていたい気持ちが無意識に少しだけペースを緩めさせる)……奥がダメなら、手前はどうでしょう?(そしてついでにやってきた探究心に任せて、言葉通りに動きを変えてみる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-09-04 (日) 02:50:48};
-&color(purple){……二人とも余裕ないですねえ……ふふ、じゃあ、二人とも安心ですね、一緒に頑張りましょう (ちょっと冗談めかしてそんな事を言い、鍵のかかった扉を眺め、頷く)&br;ふぁ……、ん、 ……んっ あ ……く、ふふっ なんか、変な感じですよう…… 気持ち良いけど、ちょっとふわっとします…… えいっ (胸を口に含むエクレールの頭を撫で、もぎゅう、と胸に抱きしめる)&br;恥ずかしいので、見えなくしちゃいます ふふふー (胸に抱きしめたまま頭を優しく撫でてちょっとお姉さん気分 しかし、エクレールの触り方が変われば、ふにゃふにゃと声を漏らして腕を離した)&br;ん、あ、それなんか、ちょっと変な感じ、です……うう、自分で触るのと違…… ……いやなんでも (げふんごふん) ……っ、その触り方、好きです…… (くちゅくちゅと音を立てるそこは、経験が無くても十分に濡れているのが分かる程)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-06 (水) 20:48:30};
--&COLOR(blue){(こういう声も良いな……と耳でも楽しんでいると)ん……むぁ(頭に腕が回って顔が埋まった。苦しくはないが、呼吸をする度に良い匂いがして興奮と安らぎがせめぎ合う)&br;(撫でられるとちょっと安らぎが優勢に……しかし蕩け気味の声と共に腕が離れて、再び興奮が勝り始める)&br;……ん、は……ふふ、それはどっちですか?変な感じだけど、好き?(そう囁きつつ弄う指には蜜が絡み付く。準備としては十分なのだろうと判断出来る)&br;(が、もう少し色々してみたいな……とも思う。勿論今日を限りとする訳でもなく、焦って今夜中に全てを済ます必要はない)……では、指ではなく口で、というのも試してみませんか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-06 (水) 22:03:34};
---&color(purple){(興奮と安心のシーソーゲームに恋人が翻弄されているとも知らず、いいこいいこと撫でて甘やかす) んふふ、こういうのも好きかも……んっ (とは言え、時折反応してしまう)&br;ど、どっちってー…… (尋ねられれば、ちょっと言葉を濁すようにもにょもにょと声を漏らし……恥ずかしそうに) 好き、です ……気持ち良…… ふぁ、んっ (言ってしまえば、段々タガが外れるように声が大きくなり)&br;ゆ、指じゃなく、口ですか……? ……いや、僕もしましたけど、あの、その、 (顔を隠しつつうつむいて……) ……ちょ、ちょっと、してほしい、かもです……}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-06 (水) 22:44:34};
---&COLOR(blue){……良かったです(そうかぁ、気持ち良いのかぁ……と胸に去来する安堵と喜び。指の動きに合わせるように上がる嬌声に思わず耳をそばだててしまう)&br;分かりました、ではベッドに腰掛けて下さい(そろそろ腰が立たなくなってくる頃だろうという推測半分、高さ的にはそちらの方がしやすそうだというのが半分)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-06 (水) 22:50:16};
---&color(purple){ふぇ、……こ、腰かけます…… けど、ちょっと待ってくださいね…… (エクレールの肩に置いた手に力を籠める)&br;(どうやらすでに膝は力が入らない状態だったのか、どうにかこうにか座ろうとするけれど、) わふっ (途中でかくんと膝が折れ、ベッドにどさっと尻餅をついた 反動でたっぷり揺れる胸)&br;あ、あの、こ、こうしたら、シやすい、ですか……? (言いながら、羞恥を堪えるように目を閉じて、そろそろと広げる脚 自分でさらすその姿勢は、酷く扇情的)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-06 (水) 23:35:50};
---&COLOR(blue){……っ、大丈夫ですか?(わたわたと支えようと試みるが時既に遅し。ベッドのスプリングも手伝って盛大に弾んで揺れるのを見守る結果となった)&br;(眼前でおずおずと広げられていく脚。じっと見たら恥ずかしいだろうに、と思うがどうにも目が釘付けになってしまう)&br;……は、はい……多分、ですが(ぐっ、と喉が鳴った。構造等の知識しか無くとも、視覚から本能にガツンと働きかけてくる)&br;……では(顔を近づけていって……茂みに鼻先を突っ込むような形で、その部分に唇を付ける。勝手が分からないのでとりあえず、唇にするのと同じようにキスをして)&br;(それから割れた形に沿って、上下に数度舌を這わせる。そして指で広げて、先程その指でしたのと同じように形を確かめていくように舌先でなぞっていった)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-06 (水) 23:55:21};
---&color(purple){じゃ、じゃあ ……はい、どうぞ (唾を飲み込むエクレール、興奮が伝わってきて、こっちも鼓動が早くなる)&br;(ちゃんと入念に洗ってきたし、整えてきたし、大丈夫……と思うけど、顔を近づけられれば顔から火が出そうで) ひ、ぁっ!? (口付けされ、ぬるりと舐める感触に思わず声を上げて太腿でぎゅうっと頭を挟んだ)&br;あ、ご、ごめんなさい! ……うわ、あ、舐められてる……ぁ、んっ ……っ (脚を広げ治すも、広げて舐められれば、自分が知る感覚とはまるで別物で 足の指先にまで力が入る)&br;(髪より少し濃い紺色の茂み 指で広げればその奥には目に痛いほどの生々しいサーモンピンク、息が触れれば、エクレールの目の前できゅん、とひくつくだろう 唇や舌に、唾液とは違う粘液)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-07 (木) 19:48:35};
---&COLOR(blue){(太腿に挟まれるのも悪くない、と思う。胸とはまた違った柔らかさと、その奥に確かに感じる筋肉が心地良い……力加減にもよるが)&br;(健康な内臓の色というと色気もなにもあった物ではないが、自分の中のオスの部分に確かに訴えかけてくる色艶だと感じる。肌や毛の色とのコントラストの強さが余計にそれを強調している)&br;(『う、動いた……当たり前か……』等と内心で思いながら、その場所を唇と舌で愛撫していく。入り口を舌先で擽ってみたり、小さな花弁のような部分を啄んでみたり)&br;……ん、む……ちゅ(先程指では刺激が強すぎたと思われる場所は同じように周囲から攻めて反応を見つつ、軽く、唇で挟んだり舌先でつつくようにしたりして直接攻撃を加えてみる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-07 (木) 20:55:10};
---&color(purple){う、うううー……エクレールさん、さっきすっごく我慢してたんですねえ……めちゃ恥ずかし……っ (指で開かれ、見られている気がする 恥ずかしすぎて見れないけど!)&br;(羞恥で体が緊張すれば、きゅうきゅうと収縮する秘肉 そこを舌で探られ、入り口を唇で愛撫されれば、跳ねていた声が段々深く湿度が上がる 緩く動く腰)&br;はぁ、は、……んん…… ……や、ぁ (気付けば蕩けた声 普段の明るく跳ねた声と違う、甘い雌の声 身体を支え切れず、ベッドに寝転がり、太腿はもう締める力もなく) ……んっ (恋人の愛撫を受け止めるので一杯だ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-07 (木) 23:38:31};
---&COLOR(blue){(普段の、聞いているだけで元気が出てくるような声は勿論好きだが、今頭上というか前方というかから聞こえる甘い声も好きだ。別の意味で元気が出てくる……先程からずっと元気なままだが)&br;(こうなってくると、その耳から染み込んで理性を溶かしていくような声をもっと聞きたくなって、敏感な部分への直接攻撃を少し強めて)&br;ちゅ、む……ん……ぢゅる、ちゅ(舌先で転がし、唇で啄む。湧き出す蜜を啜り、舐め取る……興奮はいや増し、最早夢中と言って良い位に愛撫に没頭している)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-08 (金) 01:40:19};
---&color(purple){ひゃっ!? ん、、エクレール、さ、ぁっ そんな、はげしく、しちゃ、あっ ……っひ (股間に顔を埋める恋人の頭をクシャッと両手で撫で、濃厚な舌使いに翻弄される)&br;(普段優しく撫でる手とは違う、味わわれる舌の動きは攻撃的ですらあり) た、食べられ、ちゃうう…… 音、凄い、聞こえて、恥ずかしい、ですよぉ……っ (きゅっきゅと反射的にひくつく内腿が頭を挟むが、撫でる手に力はなく)&br;(次第に、ぞわぞわとお腹の奥から湧きだすような快感に、自慰とは違う高まりを感じ) あ、あのっ エクレール、さん、待って、待ってくださ、いっ んっ (力が弱い手で、エクレールの頭を離すように押さえ)&br;(荒い呼吸、上気した頬、蕩けた涙目の瞳で見つめる少女は……) ……気持ち、良すぎちゃうの、で …… ……初めて、その、エクレールさんので、高まるなら…… ……つながってが、良い、です……}; --  &new{2022-07-09 (土) 12:35:04};
---&COLOR(blue){(持ち前の集中力も、流石に引き離そうとする力が加われば中断される)……っは(何事か、と顔を上げれば胸の深い峡谷の向こうから潤んだ眼差し)&br;(どんな幻惑魔術も効かぬエクレールに、これ程強く作用する囁きはそう無いだろう。激しく胸が高鳴り、下半身にどんどん血が集まっていくような感覚)&br;(可愛い。可愛過ぎる)……分かりました(では、と丁度良い位置に移動しようとするが、覆い被さるような姿勢になる途中で止まる)&br;……っふふ、この向きですと頭が壁に当たってしまいますね(ここでもまた身長差が効いていた。狭くはないが広くもないベッド。壁際に置いてあるのもあって、横に使うと流石に窮屈だ)&br;向き、変えますね(一旦ベッドから降りると断りを入れて、リーフの頭を枕の方へ向けるべくお姫様抱っこのようにして抱え上げようとする)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-09 (土) 21:36:23};
---&color(purple){はふ、ちょ、ちょっと、刺激が、強い、です、よう…… んっ (余韻に浸るように声を漏らし、短く息を吐きながら熱い顔をくしくしと掌でこする)&br;わ、わ、なんか、こう、えへへ……は、恥ずかしいというか、本当に、しちゃうんですね、僕達…… (覆いかぶさられ、ドキドキと喜びと照れくささで笑ってしまい しかし、途中で止められ目を瞬かせ)&br;あ、そ、そうですね! ……わひゃっ!? (ひょいっと抱き上げられれば、思わず首に腕を回して抱き着く エクレールの胸から顎まで柔らかいものがもぎゅっと押し当てられる)&br;あ、あの、……裸だと、より密着感がというか……恥ずかしいですねコレ…… …… (そんな事を言いつつ、位置を変えるエクレールの横顔を眺め……きゅんとしたのでその頬にちゅう、と甘えるようにキスをした うふふ、と嬉しそうな声を漏らす少女だ)}; --  &new{2022-07-10 (日) 16:32:28};
---&COLOR(blue){(しっとりあったかやわらかい……胸は言わずもがな、回された腕や、抱えている太腿やら背中やら、全部触り心地が良い)&br;ふふ、そうですね……(頬に柔らかな、そしてちょっと吸われる感触。そして耳に心地良い、密やかに鈴を転がしたような笑い声)&br;(胸に愛おしい気持ちが込み上げてくるのを感じつつ、そっと丁度良い位置にリーフを横たえる。そして自分もベッドの上へ)&br;(膝立ちの状態からリーフの顔の横に手を突いて、再び覆い被さるような姿勢になって)……大丈夫ですか?威圧感とか、怖かったり、しませんか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-10 (日) 21:45:00};
---&color(purple){(対して、少女が思うのは恋人の身体の逞しさ 自分と違ってごつごつと筋張り、筋肉はしっかりと引き締まった身体 全体重を預けてもビクともしない戦士の物)&br;恥ずかしいけど、嫌じゃないです ……この腕も、凄く好き (嬉しそうに目を細め、喉を鳴らす猫のような顔で首筋に頬を寄せる)&br;(そっと下ろされれば、仰向けの自分に覆いかぶさる恋人を見上げる 自分より大きく、逞しい生き物 それに襲われるような感覚に本能的な恐れと、それと) ……安心感、すっごいです (えへー、と照れくさそうに笑って、両腕をそっと、迎えるように広げる)&br;僕の体も心も、エクレールさんのだから 安心してください ……エクレールさんだって、ちょっと緊張してるでしょ? (一緒、とささやきながら広げた腕をエクレールの首に回し) ぜんぶ、どうぞ (にっこり、微笑んだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-11 (月) 19:48:04};
---&COLOR(blue){(リーフの照れ笑いの奥にある、本能的な恐怖とそこから来る緊張を薄っすらと察しつつ)……ふふ、はい。緊張、しています(こちらもまた隠し切れないそれを、微笑みでカバーして)&br;(素手で戦う術を身に着けていれば、人体という物はそうそう簡単に壊れる物ではないと言うのは分かる。分かるのだが──)&br;(この身体に触れている繊細で柔らかな感触は、細心の注意を払って優しく扱おうと強く思わせた)&br;(……のも束の間、吐息の交わるような距離で『身も心も捧げる』なんて言われてしまっては、早くもどうにかなってしまいそうで)&br;……では(なんと言ったら良いだろうか、と少し迷ってから)……リーフの全部、大事にします(そっと囁くと、破裂してしまいそうな程に血の集まったその穂先を、先程見て確かめた所へ宛てがって)&br;(急ぎすぎては必要以上に傷付けてしまうだろう、さりとて痛みを長引かせるわけにも行かない……ゆっくりと推し進め、押し広げていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-11 (月) 22:16:48};
---&color(purple){んふふ、こういう時強がらないの、エクレールさんの良い所だと思いますよう はじめて同士、一緒に勉強しましょう (ね、と首を傾げて目を細める)&br;(同じ体の構造とは思えないほどに細い腕 キュッと込める手の力も弱くて それでも) はい、僕も全部受け止めますので (その笑顔は大らかで強いのだ)&br;ひにゃっ ……わ、わ、ぬめって、んっ (押し当てられ、滑る感触に声を漏らし そして、自分の閉じた入り口を押し広げる感触を覚えれば、息をつめて、キュッと目を閉じて) ん、ぃ……っ ぅっ (こじ開けられる痛みをこらえ、息を漏らす)&br;ぃ、たい、けど、大丈夫、なの、でぇぇ……っ (涙目になりつつ、それでも首に回した手に力を込めて) やめちゃダメ、です、よぅ…… んんっ くぅぅ……っ (男の進む先に少しの抵抗 少し腰に力を籠めれば、わずかな感触と共に) んぁっ! (少女を貫き、女にする実感を覚えるだろう)}; --  &new{2022-07-12 (火) 18:12:45};
---&COLOR(blue){格好つけたい気持ちもあるにはありますが、隠し事はしたくありませんから……ええ、一緒に。焦らず、着実に……(目を細めるリーフに、こちらも柔らかく微笑んで)&br;(先の赤ちゃんの話にも繋がるが、こうした時、女性は強いものなのだな、と思う。受け止めるという言葉以上の安心感をその笑顔に覚えて)&br;……っん、は……(十二分に準備をしておいて尚、狭く感じる。これで準備不足も重なったならば、中断も已む無しだった事だろう。愛しい彼女の痛みを堪える表情は胸が痛い)&br;(少しでも気が紛れるようにと髪を撫で、額にキスをして)……はい。きちんと、最後まで……行きますよ(恐らく一番痛みが強いポイントだ。だから声を掛けて……ゆっくりと、しかし確実に押し破った)&br;(重要なポイントは無事通過したが、まだ終わりではない。他にも気を紛らわせられないかと耳や首筋も撫でながら、奥の突き当る所まで深く繋がっていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-12 (火) 21:09:40};
---&color(purple){はい、着実に …… …… (母性を感じさせる笑顔がじわっと崩れ、視線をちょっと外し) ……着実に、その、エッチするって、逆に恥ずかしいですね……!?&br;(そんな表情が硬くなり、痛みをこらえるように眉間にちょっと皴を刻む しかし、撫でられながら額に口づけを受ければほにゃっと微笑む 汗ばんだ冷たい額) は、はひ、おねがいし、ま、すぅぅ……ん、ぃいっ (痛みに声を上げるけれど、ぎゅうっと腕を首に回して抱き着いて堪え)&br;(体格の差、エクレールの物の大きさも十分にあったが、驚くほど深く受け止める胎内 キツさと滑り、まだ硬い感触だけれど、エクレールの物を深く飲み込む きっと慣れれば、根元までも打ち込めるだろう)&br;(は、は、と痛みで短く呼吸を漏らすけれど、) は、はいり、ました、かあ……? え、えへへ……痛い、けど、その……は、入ってるの、分かります…… びっくり…… (ポロ、とこぼれる涙と嬉しそうな笑顔)}; --  &new{2022-07-12 (火) 21:40:52};
---&COLOR(blue){あー、まあ……その辺りは、今後の家族計画的な意味も込めてという感じで……(それはそれで結局照れる話であった)&br;(思ったよりも、しっかりと入る。先の方が入れば良い方かと勝手に思っていたのだが)……ええ、ちゃんと。偉いです、良く我慢して……(涙を指で拭って、御褒美というように唇を重ねて)&br;……暫く、こうしていましょうか(行為そのものに関してあやふやな知識では、この後動くらしいので慣れるまではこうしていた方が良いだろう、と思う)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-12 (火) 21:59:55};
---&color(purple){ああ、明るい家族計画ってそういう…… ……んふふ、もー、二人ともこんな時もなんか、いつも通りですねえ (くすくす笑ってしまい、少しリラックスした様子)&br;(口付けを受け入れ、ぺろ、と舌で唇を舐めて返し) ……大丈夫です? その、男の人ってそのー……えっと、う、動きたいものじゃないんです、か? ……僕大丈夫ですよう?&br;(言いながら、頬を撫でる掌に甘えるように頬を摺り寄せ、口付けをして嬉しそうな顔) ……とは言いつつも、ちょっと心の準備の時間が伸びて安心しちゃう僕です ……エクレールさんは優しいなあ (すき、と思わず口に出す きゅん、きゅんと痛みとは違う動きでエクレールのモノに絡みつく)}; --  &new{2022-07-12 (火) 23:46:12};
---&COLOR(blue){(少しリラックスした様子に、こちらも安堵を覚え)……そう、いつもどおり。ロマンティックにするにしても心の余裕は大事です。&br;大丈夫……私だけが気持ち良くなっても意味がありませんし(甘い甘い囁きに、身悶えしたくなる気分を味わうが、そこはぐっと堪えて口吻をして)……私も、大好きです。&br;(そして身体は身体で、蠢き絡む未知の刺激に敏感にモノが反応してしまう)っ……そもそもこうしていても結構……気持ちが、良いかも……}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-13 (水) 02:06:04};
---&color(purple){あはは、そうですねえ ……じゃあ、もう少しこのまま…… (頬を撫でる手に自分の手を添え、すりすりと甘えて微笑む)&br;ん ……えへへぇ (口付けを受けてにっこり目を細める) 好きです、大好き ……こんな風にするの、エクレールさんで良かった&br;って、え、そ、そうなんです? 男の人ってかなり敏感なんですね……ん、 (意識してみる お腹の奥に埋まった熱 自分の下腹部を撫でれば、キュッと力が籠る そのたびに肉厚の肉壁が絡みつく) あ、ピクンてしてるのわかるかも (ちょっと嬉しそうに、男が刺激に反応する感覚を確かめる)}; --  &new{2022-07-14 (木) 21:14:15};
---&COLOR(blue){(目を細めて囁かれる甘く優しい言葉を噛みしめるように頷いて)……うん、シンプルに心に効きますね……好き、という言葉は。私も、受け止めてくれるのがリーフで良かった。&br;あー…私に経験が無いからというのもあるかも知れませんね。洗ったりする以外では触れませんでしたし(それを差し引いても、初体験で入れるのに手間取っている内に、あるいは入れた途端に暴発と言うのは良く囁かれる話)&br;(そういう意味ではとても良く耐えている……エクレールの預かり知らぬ所だが)ぁ、うぉ……動……(先程受けた唇や舌での行為とはまた違った刺激に小さく呻く)&br;……って、意識的にやってます?初めてでもそういう事、出来るんですね……(知識でもテクニックでも置いていかれている気がしている……!)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-14 (木) 21:59:23};
---&color(purple){えへへへー エクレールさんの好きは僕が全部受け止めますのでー (嬉しそうに笑う そのたびに意識していないだろうが中がキュンキュンと締め付ける 初体験なのに順応が早い身体)&br;洗ったり以外で、触らない…… (改めて、こんな純粋な人が良く今まで手を出されてこなかったものだと感動すら覚える 自分?うんまあはいリハーサルは大事だよねって事で、と心の中で自分に言い訳しつつ)&br;んふふ、女の子はほら、耳年増なので…… ……僕の中、きもちい、ですか? (じ、と見つめながら自分のお腹においていた手を男の背に回し) ……動いて、大丈夫ですよ ……痛みも、和らいできたので}; --  &new{2022-07-14 (木) 23:46:44};
---&COLOR(blue){(並の男子であれば、その笑顔とキュンキュンで達していたかも知れない。だがそんじょそこらの一般男子とは違う……!)&br;ええ、恥ずかしながら……(偏に、『いつも穏やかで優しいけど、やっぱりちょっと竜って怖いよね』という印象が拭えなかった所為かも知れない)&br;(尚、自慰については行為その物は知ってはいたが、養父母に詳細を訊こうとすると、お前にはまだ早いの一点張り。その内興味が別の事に移った……というような経緯もあった)&br;なるほど耳年増……(一緒に先へ進みたいと言っておきながら、何の情報も仕入れていないのは怠慢だったかも知れないな……と真面目な事を考えるも、問い掛けには少し顔を赤らめつつしかししっかりと見つめ返して)……はい。とても。&br;(首に掛かる細い腕。囁かれるOKの言葉。これで動いたらどうなってしまうんだ、と思いながら)……では、少しずつ、動きますね……&br;(ゆっくりゆっくり腰を引いていく。破瓜の証を纏わり付かせたモノが、引き抜かれて)……っ、は……本当に、気持ち良い、です(そしてまたゆっくりと押し込んでいく。最初より幾分スムーズな気がする)&br;(リーフが少しずつ慣れて来ているのが嬉しい。と同時に、何度か往復したらすぐにこちらが限界になりそうな気配がひしひしと感じられる。セルフコントロールの鬼と言えどもこの刺激はあまりに強い)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-15 (金) 00:30:04};
---&color(purple){恥ずかしい事じゃあないですよう、一緒に覚えていきましょうね (嬉しそうにそう言って、きゅっと首に抱き着いた はじめてをあげて、初めてを貰う、それがとても嬉しいのだ)&br;はい、その、うちのお母さん達が結構大らかな人だったので特に…… (ちょっと顔を赤らめつつも、) えへぇ、良かった 自分じゃその、男の人が気持ちいいか分からないので……&br;ん、はい、ぃ だ、大丈夫、です、からぁ、ぃっ…… んっ (腰を引かれれば、こすられる破瓜の傷 しかし、龍の回復力のなせる業か、さっきよりも痛みが無いようだ) あは、は、よかった、ぁ、っ あ、あれ? (腰がゆっくりと動くたびに、うずうずとお腹の奥がくすぐったいような……)&br;(これは、) んっ、え、あれ っ、ぼく、も、気持ちいい、かも……ぁっ (漏れる高いか細い声 戸惑うように目を潤ませながらも、甘い声に痛みをこらえる物は薄く きゅ、きゅ、と蠢く中も硬さ少なく)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-15 (金) 19:42:10};
---&COLOR(blue){はい……一緒に(照れ笑いを浮かべて、頷く。首に回った腕の力が少し強まって、身体に押し付けられる柔らかな感触も強まる、と同時にはたと気が付く)……今更ですがこの体勢、胸とか尻尾とか、窮屈ではありませんか?&br;なるほど……(将来生まれる子供には、上手く話せるように考えておこう……と思った)&br;……?(戸惑う声にどうしたのだろう、と一旦動きが止まるが)ふむ……(続く言葉にちょっと赤面したり安堵したりしながら軽く頷く。続けても大丈夫なのだと分かった)&br;(奥まで突き当たるとまた腰を引いて、それからまた押し込んで……ゆっくりと、しかし確実に動きを連ねていく)&br;(段々と馴染んでいく。この感覚を言葉で表すならば)段々、私の形……覚えて、きてますね……っ(何の気無しに、何かとんでもない事を言ったような気がする)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-15 (金) 21:10:42};
---&color(purple){ん、尻尾は大丈夫です! 胸はー……うん、大丈夫です エクレールさん、自分の身体支えてくれてますし (覆いかぶされているけれど、襲われているというよりも守られてる感でにっこり)&br;その、えっと、人間種よりも、身体回復しやすいので、……こんなところで龍で良かったと思うとは想像してませんでした&br;(ママ、お母さん、有難う、とか思いつつも、だんだんと深くなる腰使いにくぐもった喘ぎを漏らし) ん、ふぁ、……んんんっ ……さっき、より、ふかく、はいってきて、ますぅ…… こえ、出ちゃう、ぅっ (内臓をかき乱される分、息苦しそうに声を漏らすけれど)&br;…… …… ……は、はひ (純真な恋人からとんでもない発言に思わず目を丸くし、また真っ赤になって) ……お腹の奥まで、覚えさせてください…… ……エクレールさんの、専用、なの、で…… うぁぁぁ、めちゃ恥ずかしいんです、けど、ぉっ (両手で顔を隠してしまった しかし少女の肉は深く、既に根元まで飲み込めるように)}; --  &new{2022-07-15 (金) 21:26:51};
---&COLOR(blue){(リーフのにっこり笑顔にこちらも微笑んで)ふふ、それは何より。腕を鍛えておいて良かったです(でも動く度にすごいことになっていてすごいな、と語彙がどこかへ飛んでいく)&br;ああ、そういう事でしたか……(場所によって違うものの、粘膜は治りが特に早いイメージだ。竜/龍ならば尚更という事だろう。とすると……膜も再生する……?)&br;(そんな懸念も、動く度に上がる恋人の甘い嬌声に掻き乱されてすぐに雲散霧消する。どこか苦しそうだが、それを辛そうに思うよりも興奮が勝っている)&br;ん……(今自分何かおかしな事言ったんだな、とリーフの反応を見て思うがしかし、的外れという訳でも無さそうだ)&br;……っ、はい。身も心も私の物だと、しっかりと刻みつけましょう……(釣られて恥ずかしくなってくる……と同時に、段々意味が分かってきて、ぐっと来るものもまた感じる)&br;(ストロークを繰り返す内にすっかり全て受け入れられるようになっていて、本当に形を覚えていくようだと感心する。そうなってくると次は、リーフはどこを擦れば気持ち良いのだろうかという好奇心が湧いてきて)&br;っは、ふ……こういうのは……どうでしょう?(前後の動きに様々な角度を付けて、反応の良いポイントを探っていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-15 (金) 21:55:43};
---&color(purple){んふふ、エクレールさんの腕好きです 逞しくて、ずっと触ってたい…… (ペタペタと触れて、顔の横についた手にすり寄る少女 一突きごとに波打つ胸は重たげに形を変える)&br;刻み付け…… (ひぇ、と声を漏らす エクレールの無自覚な独占欲を見たような気がして、キュンキュンしちゃうどっちかというとMな娘だ こく、と頷いて) 刻み付けて下さい、うけとめ、ますのでぇ……んっ&br;う、ぁ? んぁっ、え、くれー、るさん、お腹の奥、ゴリゴリ、しちゃ ……っひ、な、なん、か、さっきと違うとこ、当たって、……ひゃんっ! (自分の腰使いに翻弄される様子 よく見ると) んっ❤ (奥をこすり上げるのが好きなようで)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-16 (土) 14:11:36};
---&COLOR(blue){ふふふ……好きなだけ、触れて下さい……私も貴方だけの物ですから(片方の肘を曲げ、擦り寄せる頬を撫でる代わりに腕を沿わせる)&br;(リーフの『ひぇ』という反応は怯えたようにも聞こえるが、慣れてくるとそこに含まれる感情がなんとなく判るようになってきた。続く言葉に喜んでいるという確証と、なるほどこういうのが良いのかという理解も得る)&br;は……ん、これはダメですか?どこならリーフが気持ち良くなれるのか、知りたくて(とは言え一度探り当ててしまったら、そこを攻めたくなるのが人情というもので)&br;(一番反応の良かった奥を重点的に、ごりごりと擦り上げていく。ペースはゆっくりと、しかし、初めよりも確実にコツを掴んできていた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-16 (土) 19:46:05};
---&color(purple){えっへー、良いんですか?ずーッとくっついたままになっちゃいますよう?わ、……これって、ちょっと腕枕みたいで、特別感爆上がりですねえ(顔の横に沿わされる腕、子猫のような笑顔で頬を寄せる)&br;んむ、な、なんでちょっと笑ってるんですかあ いいじゃないですか、その、えっと……エクレールさんが、こう、僕を特別って思ってくれるのが伝わって、嬉しいんですよう……&br;(なるほど、と納得した感情が顔に出ていたらしく、エクレールの表情を見てちょっと恥ずかしそうに唇を尖らせる その表情もすぐに、好きな場所を攻める動きに乱されて潤む)&br;そ、そこ、僕、はじめて、でしてぇ……んっ、指、そんなとこまで、届かない、し ひゃっ、あっ 刺激、強……ぃいっ (腕に顔を押し当てて、顔を真っ赤にする少女 膣内のわななきが、強く、長くなっていく 呼吸が荒く、深く、)&br;っ、エクレールさん、エクレールさ、ん……ぁっ ひっ (言葉が途切れ、く、と腰が浮くようにエクレールの腰に押し付けられる 滑らかなお腹がひくつき、胸が大きく揺れた) ……あ、ひ…… ……うううう (浅く達したのを自覚して、顔を両手で隠した)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-17 (日) 09:53:20};
---&COLOR(blue){勿論……ああ、腕枕も良いですね。後でしましょう(腕はそのまま、手首と指で髪をさわさわ撫でて)&br;……ふむ。いつも特別だと思って、そのように接していますが……まだまだ伝え足りないのかもしれませんね?(これ以上更にどうにかしてしまうぞ、という宣言のようにも聞こえてしまいそうなセリフ)&br;(恐らく、リーフの中指の先から手の平の終わりまでよりは長いので、届かない所まで届くというのは当然だ)&br;(前人未到の部位に触れているという事実に嬉しさと興奮を覚えつつ、事ここに至って漸く、リーフが自分で触れた事があるというのに気がついた)&br;(……まあ、とは言えそれは別に普通の事だと思うし、それが自分を想いながらの行為なのだとしたらとても嬉しい。貞淑なのは好ましいが同じ位、自分の為に乱れてくれるのも好ましい)&br;(刺激が強過ぎたのか、では少し緩めよう……と思っている内に)……っ、ぉぉ、ぉ……!?(恋人の様子の変化に戸惑う。強く長い締め付けに思わずぐっと堪えてしまった)&br;(今しがた起こった現象と、直前のリーフの言葉、自分の少ない知識を照らし合わせて結論を得て、初めてでも上手く出来た喜びと、自分で気持ち良くなってくれた恋人への愛しさが胸を満たす)&br;……恥ずかしがる事はありません。私はリーフをちゃんと気持ち良く出来て、嬉しいです(顔に腕を添えている方の手でまた、そっと髪を撫でる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-17 (日) 17:44:43};
---&color(purple){……つ、つまりその、一緒に寝るのもアリな感じです……?(朝帰りしちゃう?と今更な事を言いつつ、撫でられる感覚にへにゃへにゃと微笑む)&br;い、いえ!それは分かってるし伝わって来てるんですけどそのー……もっと、伝わってくるので、嬉しいんですぅ…… お、お手柔らかにぃ…… (恋人の言葉にキュンキュンしてしまうのだった)&br;(そして、何か考える様子のエクレールを見れば、自分の言葉に気づく) あ!や!その!……し、仕方ないんです エクレールさんの事考えたら、そういう気分になる事だってあるんですぅ……っ (誤魔化しきれずそんな事を言って恥ずかしそうにすねた)&br;(しかし、そんな表情も快感で乱れて蕩け、快感の波が和らげば、胸を震わせて身震いして) ……恥ずかしいですよう…… ううう (撫でられながらちょっと涙目で返す、けれど、撫でられるうちに落ち着いた様子で見つめ返し)&br;……その、えっと ……はい、すっごく、気持ちよくなりました……エクレールさんの動き、なんか急に、凄くなるんですもん びっくりしちゃった (もう、と拗ねたように唇を尖らせるが、) ……エクレールさん、まだ、ですよね…… (自分だけが先に達したのを思い出し、) だ、大丈夫ですから、動いてください、な}; --  &new{2022-07-17 (日) 23:08:27};
---&COLOR(blue){勿論、夜はまだまだこれからです……夏なので短い方ですが、他の方が起きてくるまでまだ暫く時間はあります(なるほど朝帰り……とこれからそうなるのか、と今更しみじみ思う)&br;それならば良かった……もっともっと、伝え合っていきましょう(微笑みながら言うのは、言外にリーフの気持ちも伝わっている、と示す言葉)&br;……嬉しいですよ、とても。有難う(有難うというのもなんか変な話ではあるが、素直な気持ちだ。拗ねる額に口吻て)&br;沢山気持ち良くしたいな、と思ったら自然と身体が動いてですね……?(言い訳のような、偽らざる本心)確かに私はまだですが……本当に大丈夫ですか?敏感になってたりとか、するのでは?&br;……それと本当に、本当に今更なのですが……今日はその、最後まで繋がったままでも大丈夫な日なのでしょうか?(ここまで言及がないので大丈夫だとは思うのだが、確認はとっておいた方が双方安心だ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-17 (日) 23:29:37};
---&color(purple){朝の点呼に間に合えば大丈夫ですからね、ぎりぎりまで…… (悪いことをしている自覚と、甘えられる喜びが混ざったにまにま笑顔)&br;は、はい、伝え合います 僕もたっくさん伝えますので、覚悟してくださいねえ んっ ……もう (口付けられ、照れくさそうに睨んで見せる すぐにへにゃっと緩むけれど)&br;自然と、ですかあ……運動能力が高い人の勘の鋭さ……!? あ、えっと、敏感には-…… (自分のお腹を撫でる ジワリと滲むような余韻に身震いすれば、きゅう、と中が締まる) なってます、けど、その&br;僕だけが気持ちよくなるより、なってほしいので……って、あ (そう言えば、避妊具を忘れていた 少し考えて……) 大丈夫な日です、はい それは…… ……つ、次はちゃんとつけましょうね、お互い気を付けないと、です&br;(恥ずかしそうに頷きつつも、でも) ……初めてなので、直接感じられたのは、嬉しい、です}; --  &new{2022-07-18 (月) 09:51:06};
---&COLOR(blue){そうですね……ふふ、可愛い(にんまりとした笑顔に思わず溢すように囁く。実際の所、早起きの学生が居るのを加味して薄暗い内に送る方が良さそうだ)&br;ふふふ。今から心臓が保つか心配です(照れつつ睨むのも、すぐに緩んで微笑むのも可愛い。さっき口から溢れた可愛いがあっという間に溜まってきている)&br;はい、次は事前に気を付けます(ド真面目な返事をしつつ、薬局で買えるかな、とか考える。と、思わずぐっと来る言葉が飛んできて胸に刺さった)……っ、ええ、その点は私も……とても良かったと思います。&br;……と過去形で話していますが、もうちょっとだけ続けます、はい(朝までいちゃいちゃコース予定の二人、果たしてもうちょっとで済むのだろうか)&br;では、また……動きますね(許可も出ていることだし、再びゆっくりと動き始める。今度は達しそうになっても我慢する必要は無い……無いが、タイミングが一緒だったら嬉しいな、とは思う)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-18 (月) 21:16:11};
---&color(purple){可愛いのはエクレールさんにだけです (にへ、と恥ずかしそうに笑って、) キュン死したらすぐに回復魔法で助けてあげるので安心してください! (えっへんと胸を張った 揺れた)&br;そ、そうですね 僕もその、えっと…… ……じゅんび、しますので…… (真っ赤な顔を手で隠しながらごにょごにょ 恋人の為に薬局で恥ずかしそうに避妊具を買い求める少女のイメージ)&br;は、はい、まだ続きますからね ……エクレールさんにも、気持ちよくなってもらわないとですしね (ガンバリマス、と今埋め込まれているだろう場所、下腹部を撫でる きゅんきゅんと絡みつく中の動き)&br;動いて、下さ……あ、は ぁぁぁ……っ (ゆっくり抜かれる動きに思わず声が漏れ、腰をそらす 埋め込まれ、奥を押し上げられれば、きゅう、と子犬が鳴くような嬌声を漏らし)&br;はぁ、あっ、んっ んんっ (さっきよりも良い反応 達した分、快感が強まっている様子で きっと、なかなかいかないと言う事はないだろう)}; --  &new{2022-07-21 (木) 17:03:03};
---&COLOR(blue){ふふふ……その時は宜しくお願いします(仮に実際にキュン死が起こる場合、何度世話になるかきっと数え切れないことだろう、と思う。何しろ、自慢気に揺れる胸も、ころころと愛らしく変わる表情も、ずっと隣で好きなだけ見ていて良いのだから)&br;(……流石に胸はそんなじっと見ていることはないと思うが。今は真っ赤な顔を手で隠しているけど何を考えているんだろう、と思いを馳せるのも楽しい)&br;(お腹を撫でたら中が動いた……やはり随意に動かせるのだろうか……と驚嘆とちょっぴり興奮を覚えつつ、前後動を続ける)&br;(先程よりも更に反応が良くなり、耳を擽る声の甘さも増していく。そうなれば当然、こちらの興奮もまた高まっていく)&br;(昂ぶり、夢中になればこれまた当然、ゆっくりとしたペースも徐々に上がっていく。ランプの薄明かりの中、嬌声と泥濘を穿つ音がリズミカルに響いて)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-21 (木) 22:11:37};
---&color(purple){あでも、出来るだけ死なないでくださいね? 慌てちゃうので (冗談めかして言ってからくすくす笑う きっと、これから大人になっても変わらない笑顔)&br;(意識してかしないでか、つながった場所は柔らかく、しかしきゅうきゅうと絡みついて締め上げる 少女の腕が男の首にかけられ、ぎゅっと抱き着く 恋人が腰を動かす度に嬌声を漏らす唇は、吐息の合間に恋人の頬、首筋、唇をふわふわと味わう)&br;あ、やっ 音、聞こえる……ぐちゃぐちゃ、いってるう…… (恥ずかしそうに声を漏らすけれど、見つめあった瞳は興奮で潤んで 少女の中の雌を感じさせる輝き かわす口づけは先程よりも深く)&br;んっ、は、やい、ですっ 気持ち、良すぎ、ちゃうううっ んひっ (ぎくっと腰を戦慄かせてまた浅く達する けれど、) 止めないで、良い、です、んんっ、からっ ……もっと、もっとぉ……っ❤}; --  &new{2022-07-22 (金) 22:25:12};
---&COLOR(blue){ええ、勿論。死が二人を分かつならば……その日はずっと遠く、遥か彼方である事を望みます(愛らしい笑みに囁くのは、誓いのような言葉)&br;(首に掛かるリーフの腕がこちらを抱き寄せるのに合わせて、ベッドに立てた手を肘に切り替えると顔はぐっと近く、両手と前腕で頭を包むような形になる。触れる唇がこそばゆくも心地良くて)&br;(同じ様に唇で額に、頬に鼻の頭に触れながら、言葉に釣られて思わず音に耳を傾ける。視線の先には潤んだ眼差し。恋人もまた興奮を覚えているのは同じで、なんだか嬉しい)&br;……ん、ん……ちゅ、は……ぁむ……(唇と唇が触れれば、次の瞬間には触れるだけの物では無くなって)&br;(気持ち良すぎる、と言われれば責めの手を緩めそうになるが)っ、分かり、ました……(許す、どころかもっともっとと求められればどうしようもなく昂ぶりがいや増して)&br;(それにつれて、モノに流れ込む血液の量も増してぐぐっと張り詰め、段々と子種を注ぎ込む準備が整っていく。スパートを掛けるように、突き上げるリズムも最高潮に達して)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-22 (金) 22:50:04};
---&color(purple){二人共りゅうの血がありますからねえ、末永くお願いします ……はっ!? あ、いや、えっと、はい (さらっとプロポーズの言葉を口にしたと気付いて真っ赤になりつつ) は、はるか先でありますように……&br;(照れを誤魔化すように頬に頬を寄せ、そのうちに触れあう唇を味わう 甘えるように舌を絡め、喉を鳴らす 腰を使われるたび、舌の絡んだ口元から濡れた音と甘い吐息が零れる)&br;ん、っお願い、します…… 止めないで、エクレールさんの、好きに、動いて、大丈夫っ、ぅっ、あんっ (強く突きあげられて声を上げるけれど、首に回した腕は離さない)&br;エクレールさん、エクレールさんっ 好き、好きです っ、んっ、あ、あ、っ、ひっ (きゅっと腰をそらし、腕に力が籠る お腹がわななき、ビクン、と強く震える 先程の絶頂と似ているけれど、) エクレールさんも、気持ち、よく、ぅっ❤ (一緒に、という先程の言葉の為に、涙目で必死に絶頂を我慢し)}; --  &new{2022-07-23 (土) 20:44:30};
---&COLOR(blue){ええ、末永く……(真っ赤な頬に軽くキスをして微笑む。ちゃんとしたのはまた後日、改めてしようと思いつつ)&br;(ああもう、なんと健気で可愛らしいのだろう。限界が来ているのを必死に踏み止まって、合わせようとしてくれている)&br;(そんなぐっと胸を突き動かす熱情と、ぎゅうっと蠢くように締め付ける内側の動きが、無意識の自制の最後の一線を破る)っ、ああ、リーフ……リー、フ……っ、好きです、大好きです……っ&br;今度こそ、一緒、に……っ(ぐぅっと、一際深く、強く、押し込むと同時にモノが力強く脈打つ様に跳ねる。一拍遅れて、奥の部屋に直接どくどくと流し込むような勢いで精が放たれた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-23 (土) 21:42:47};
---&color(purple){ん、はい、好きですっ 僕も、好きぃっ♡ (必死で快感を堪える表情は切なそうに歪み、泣きそうになりながらあげる声は甘く 抱き着く腕にぎゅうっと力が籠れば、豊満な胸が恋人の胸板に押し付けられ、柔らかく歪む)&br;ひっ、ああっ、一緒、に、下さいっ♡ も、僕、ダメ……あ、ひぁ、あっ! 深……ぃぃいいっ❤ っ!!!♡♡ (ごりん、と奥を突き上げられて、息苦しさと少しの痛、それを覆い隠すくらいの快感が弾けて、)&br;ん、、んんっ❤ ひ、は……❤ (腰をそらし何度も青年の腕の中で痙攣し、しかし、長い脚がきゅうっとエクレールの腰に絡む まるで自分からもっと奥にとねだるようなその動きに、射精中の物がさらに奥にこすりつけられ、)&br;はぁ、あ、……んっ❤ あ、これ、中、出て……んん……っ (ぶるる、と身震いする ぐぅぅ、とお腹の奥から吸い上げるような動きは無意識だろうけれど 初体験なのに十分男を悦ばせる動き 慣れたらどうなってしまうのか……)}; --  &new{2022-07-24 (日) 23:33:34};
---&COLOR(blue){うぁ、ぁ……っは(息も詰まるような快感。排尿とは似て非なる初めての感覚に思わず腹筋に力が入って、小さな体を抱え込むような形に近くなる。それはリーフが足を絡めるのと偶然同じ効果を産む)&br;(種付け、子作り、etc...疑いようもなく生殖行為そのもの。本能の為せる技か、自然と一滴も余さず注ぎ込まんとする姿勢であり、深く密着して互いの存在を強く感じられる姿勢)&br;(うぉぉ、すごい脈打ってるぞこれ……こんな動きするのか……と次から次に精液を送り込んでいく自分の体に驚きを覚えると共に、同様の目的で搾り取ろうとするような恋人の内側の動きにも感心する)&br;(感心しつつ、止めどない脈動)……ぅ、あ……は……ぉぉぉ……止まらな……(そんな事はありえないのだが、リーフの口から溢れてくるんじゃないかと心配になるくらい出ている、気がする)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-24 (日) 23:51:48};
---&color(purple){(体格差から、まるで殻に包まれる雛のようにエクレールに包まれる少女 ギュッと抱き着いて一つとなるように身を寄せる)&br;(強い快感のせいか小さく震えながらも、エクレールの耳をくすぐる吐息はトロトロに熱く溶け、ふにゃふにゃと掠れた声は無意識に恋人の名前を呼んでいた) あ、まだ、出てるうぅ……零れちゃう (脈動の為にうねる膣内 小さな体に吐き出されるものをすべて飲み込もうとするように)&br;ん、だいじょうぶ、ですよう……全部、出しても……ん、くぅ……っ❤ (子宮がじんわりと温かくなるような感覚がある そして) ……お腹、重くなっちゃいます❤ (甘えるように首筋に吸い付いてから、ゆっくりと息を漏らし) ……これ、なんか、すっごい幸せですねぇ……}; --  &new{2022-07-25 (月) 08:53:43};
---&COLOR(blue){(ぴったりとくっついて、震える息遣いや囁くように名を呼ぶ声が耳元でする。段々と、一つに溶け合ってしまったような錯覚に陥って)&br;っく、ぅ……ええ、全部……ぅぁ(どこにそんなに溜まっていたのか、と思う程吐き出す事暫し。段々と脈動は弱まって、やがて止まる)&br;(恋人の言葉に思わず困ったように笑う。確かに一般的な人間の成人男性の平均量を凌駕している。人型と言えどやはり竜、ということだろうかなどと思いつつ)あはは……我ながら随分と……&br;っん(首筋へのキスに擽ったそうに小さく笑い)……受け止めてくれて有難う……(幸せを噛みしめる恋人に口吻て)&br;(抱え込むような姿勢を少し楽にして)……一緒に気持ち良くなれて良かったです。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-25 (月) 22:35:25};
---&color(purple){ん、くふぅ……❤ ふふ、大丈夫です、全部受け止めますので、ぇ…… んっ (ぶる、と身震いすれば、きゅむ、と中が締まり、最後の一滴まで搾り取るように絡んだ 吐き出されるものは一滴残らず注がれて)&br;どういたしまして、ですよう ……こちらこそ、その、……中に頂きまして、有難うございます……? (返事の言葉を考えつつそう言う 本人はどれほど煽情的な事を言っているか分かっていない)&br;はい、一緒でした ……んふふふ 嬉しいです (ちゅっちゅと口付けを返してから、首元に頬をすり寄せて) 僕、エクレールさんとなら、好きです これ、その、えっち (照れくさそうにしつつ、そんな事を言う 素直)}; --  &new{2022-07-27 (水) 20:26:24};
---&COLOR(blue){(今しがたの『有難う』の言葉に何か胸の奥から湧き上がる物を覚える。これがムラっと来るという感覚だろうか、などと思いながら)&br;(口吻に嬉しそうに笑みを浮かべつつ、首元への頬擦りにこちらもすりすりと頬擦り。素直な告白に少しどきっとするも)……私も好きです(同じ様に素直に気持ちを述べる)&br;ところでその、ですね……男というのは一度出したらそれでおしまい、と思っていたのですが(それなのにムスコと来たらまだまだ元気で困る)&br;(更には、リーフから無意識に飛び出した扇情的な台詞の2連発で、頭の中をスーッとクールにしていた賢者がさっさと帰り支度を始めていた。とは言え、無理をさせたくないというのもまた本音ではある)&br;……もし宜しければもう一度、と思うのですが……流石に最初から調子に乗りすぎでしょうか?(と冗談めかしてみる)&br;辛いようであれば、治まるまでのんびり過ごしましょう(髪を撫で、汗ばむ額にキスをして)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-27 (水) 21:55:40};
---&color(purple){(自分の言葉が無垢な恋人に獣性を芽生えさせてるとも知らず、幸せそうに頬ずりする子犬系少女 頬ずりを返されれば、嬉しそうに鼻にかかった声で笑う)&br;って、え、あ、そ、そうですよね、男の人って弾数制限がとは聞きます、けどお…… げ、元気、ですね (自分の中で張り詰めたままの熱に、) そ、そんなに気持ち良かった、ですか……?&br;(恥ずかしそうに、ちょっと嬉しそうに見つめ、)……ちょ、ちょっと休んでからなら、その……な、何度でも、大丈夫、です……エクレールさんの、したいだけ、僕、受け止めますので……&br;(額に口づけされ、んに、と恥ずかしそうに声を漏らすけれど、顎をそらしてこちらから唇を重ねれば)僕は、エクレールさんの彼女なので 全部、受け止めたいです}; --  &new{2022-07-31 (日) 20:53:45};
---&COLOR(blue){いやはや申し訳ない……ええ、それはもう(他を知らないので比べようもないが、これ以上があるとしてもそれを味わうのはリーフでなければ嫌だ、と心の底から思う)&br;(恋人の反応次第では今のワンモア発言は物凄く後悔したかも知れないが、嬉しそうな表情を見ればその心配は杞憂だと分かった)&br;ふふ、時間の許す限り……ですが。宜しくお願いします(時間制限が無ければどれだけするつもりなのだろうか。返ってくる口吻にも嬉しそうに微笑んで)&br;……ああ、そうだ。体勢を変えましょうか、リーフの楽な姿勢に(と言って、どういう姿勢が楽なのかちょっと想像が付かなかったが。リーフが下以外に居るとなると横か上だろうか)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-31 (日) 21:07:22};
-&COLOR(blue){(試験終了日。夜に限らずと言ってしまった結果、何時頃来るか分からずソワソワしっぱなしの竜がこちらです)&br;(部屋はいつもどおり片付けてあるし、お茶の用意も万全。真面目な三年生ともなると共通科目は概ね取り終えている為、その分試験が少ない。必然、待ち時間が長くなるのだった)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-25 (土) 21:43:20};
--&color(purple){(そして時間は深夜になっていた 日付が変わるちょっと前である ……今日は来ないかとエクレールが油断した瞬間、窓を小さくノックする音)&br;(カーテンを開けてみると、ひょっこり顔をのぞかせたのは、寝間着姿の少女である 足元がうっすら輝いてるのは、飛行の魔術だろうか) こ、こんばんは……お邪魔して良いですかあ……?}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-25 (土) 23:51:32};
---&COLOR(blue){(買っておいたドーナツは食べてしまった。一日置くと美味しくないし、この時期冷蔵も無しでは保存も効かないし。そしてその煽りを受けて夕食も少なめになってしまった)&br;(客観的に見ると何か元気が無い感じになった事だろう。主観的にも、随分期待していたものだ、と苦笑しながら平常心を保つ努力が必要だった)&br;(早めに横になり、寝苦しさを感じながら寝返りを打って数時間。窓から小さなノックの音。ベッドの上で横のまま跳ねた)&br;(……窓から?訝しく思いながらカーテンを開ければ)……リーフさん……!?(小声でびっくりする、という器用な事をやってのけながら窓を開け)&br;ど、どうぞ(招くように手を差し伸べる。寝る時用のシャツとハーフパンツだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 00:02:48};
---&color(purple){(そんなソワソワ時間を過ごして、ベッドに転がっていたエクレールを知ってか知らずかいや知らないんだけど、奇襲の形となった)&br;は、はぁい、先輩の彼女のリーフさんです…… (へら、とちょっと緊張した顔で笑って返し、開いた窓に招かれれば、ふわっと身を浮かべて部屋の中)&br;(こちらは、もこもこでカラフルなパイル地の寝間着だ しかし、閉まり切らないチャックは胸の途中で止まって、オフショルタンクトップになっている(名簿トップ参照の事))&br;(そわっと見まわしてから、えーっと、と声を零してから……深々と頭を下げる) ご、ごめんなさい先輩 ……そ、その、えっと……来よう来ようと思ったんですけど、緊張しちゃって、その、……昼から何度もお邪魔しようと思ったけど、男子寮の前で引き返しちゃって……&br;……気付いたらこんな時間になっちゃってて…… ……し、失礼かなと思いつつ、今日中に、と思って……こんな時間に、しかも表も閉まってるしばれちゃうからって、窓から…… ううう&br;(むしろ、噂されても昼間だったらこんなに恥ずかしいことはなかっただろうという所だが、結果として、『試験終了日』には間に合った ……ちらちらとエクレールのラフな格好を見て) ……先輩、寝るとき結構ラフなんですね……パジャマ派かと (なんか感心してた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 00:13:03};
---&COLOR(blue){ふふふ、可愛い彼女のリーフさんですね(緊張をほぐそうと、冗談めかして微笑む。可愛いのは冗談ではないが)&br;(消灯時間なので明かりは消してある。故に月明かりが照らすのみなのだが、それでもはっきりと普段より肌が露わなのが見えてどきっとした)&br;(リーフなりに色々考えたり迷ったりした結果がこの時間なのだと分かると、一人もやもやしていたのが馬鹿らしくなって)いえ、それよりも……高い所、怖くありませんでしたか?(軽く抱き寄せつつ、窓を少し隙間を残して閉める)&br;ああ、これですか?夏場はすぐに着替えられるようにと、こういう格好になりがちでして。冬場はパジャマです(大体青系かモノトーンの無地)&br;リーフさんの寝間着は可愛らしいですね。肩とか……ちょっとどきどきしますが(水着も見ている癖してどきどきする奴)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 19:24:01};
---&color(purple){は、はいぃ…… (緊張してる所に可愛いと褒められれば、照れ照れへにゃへにゃと微笑んで)&br;あ、僕高い所は結構大丈夫です、ちっちゃい頃は木登りとかもー……ふぉぉ……っ (エスコートするように優しく抱き寄せられ、窓を抜けて部屋に入る)&br;(エクレールが抱いた肩、素肌は夏の夜の暑さでしっとりと しかし、初めてのキスの時よりも女の汗の甘い香りがした 今回もしっかりお風呂に入ってきたようで)&br;……な、なるほど……僕は結構、お風呂上り汗かいちゃうからこういう生地が多いですねえ (腕の中で、自分のパジャマを抓んで見せる 褐色の肌にパステルカラーが映える)&br;あはは、その、市販のものだと胸が苦しくって……ちょっとだらしないんですけどこんな感じなんです ……えへへ、水着審査だって見たじゃないですかあ (ぺちぺちと照れ隠しにエクレールの胸を叩く そして、軽くだかれたままくるっと部屋を見回す)&br;間取りは女子寮と一緒なんですね ……でも、なんかやっぱり、人の部屋って感じがして不思議な感じです うふふ、お邪魔します ……来ちゃった (もぎゅ、ッと抱きしめ返して甘える)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 20:48:35};
---&COLOR(blue){ああ、飛び降りるのでもなければ、と……(宿泊研修での一幕を思い出して大丈夫だったか心配になったのだった)&br;(しっとり柔らかな肌、良い匂い……即座に心拍数がアップする)汗を良く吸うのは大事ですよね……休む時にはリラックス出来る格好が一番でしょう?だらしないとは思いませんよ。&br;まあ、それは……水着とはだいぶ趣が違いますので(見せても良い物とそうでない物では、見る方もだいぶ気分が変わってくるものだ)&br;そうなんですね……ふふ、その気持ちはなんとなく分かります。ようこそ……(よく来てくださいました、と囁いて抱き締める腕に少し力を込める)&br;(ベッドサイドのランプを点け、カーテンも閉めてしまう。うっかり誰かが見てしまわないように)&br;(月に代わってランプに照らされた室内は、よく片付いている。棚の本と角に立てかけられた剣等が目立つ私物だろうか。机の棚の角に闇に紛れて肌色っぽい物が見えるかも知れない)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 21:16:38};
---&color(purple){ですです、落下が目的な行動はまだちょっと怖いですねー…… んふふ、エクレール先輩が抱き留めてくれるなら、何度でも飛び降りちゃいますけども (すりすりとエクレールの首元に頬を摺り寄せる 甘い香りが青年の肌にしみこむ)&br;気楽な格好が一番ですよねえ、女子寮だと、エクレール先輩みたいな恰好の子も実際いますし ……水着と感覚違うのは、はい、確かに…… (少し恥ずかしい)&br;(抱きしめる腕の力に、ん、と鼻にかかった吐息 なんか色っぽい感じになってしまったに出恥ずかしくて、カーテンを閉めた動きの中でちょっと身を離す)&br;ふふ、ちゃんと整頓できてて偉いですね先輩 ……剣とかあるのが戦士さんって感じです でも本もしっかりあって、勉強家な先輩らしいというかー (何とはなしにその眼だった肌色っぽい本を取り上げて開いてみる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 21:34:32};
---&COLOR(blue){ふふふ、勿論何度でも抱き留めますが、ああいった遊び以外では危険は避けたい所ですね(ずっとこうしていたくなる。今やすっかり、好きな匂いの一つになった)&br;(今の声ヤバかったな……なんだろうこの胸から湧き上がるような熱のような感覚は。などと思いながら、丁度良い距離になって少し落ち着く)&br;あまり物が多くない所為でしょう。整頓しやすい物ばかりというのも……あっ(罠だ!本ではなく&ruby(スタチュー){置物};だ!)&br;(リーフの手に取ったそれは、かつて中庭に鎮座ましましていた、ミネラ像改めガラテア像の1/12サイズのフィギュア。しかもフルカラーで生々しさ150%アップ(当社比)であった)&br;(別にそれでナニカしたという訳ではない。そもそも自分で買った物でもない。ホコリこそ積もっていないものの、壁の方に向けて置いてあったという扱いがすべてを物語っている)&br;(……が、そんな事が伝わる訳もない。即座に弁明すると明らかに怪しいし、かと言って何も言わないのもそれはそれでどうなのだろうか)……それは、ですね……}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 21:51:03};
---&color(purple){遊び以外で落下が必要なタイミングは来てほしくない人生です…… ん (抱きしめる腕に甘えてすり寄りつつ、じゃれるように首元にふにちゅ、と口づけ)&br;(そして、離れた少女は緊張とドキドキを誤魔化すように部屋を眺めて手に取ったそれは本改め) ……彫像? あれ、これなんか見た事あるけどー……あれ、え、こんな わー……ひゃー……っ (声を抑えるために口元を手で隠しつつ)&br;(ほこりが積もってない、机の上にあった!つまりそれは、結構大事にしてるのか……なんて推測して、じーっと像を眺め……そっと元あった場所に丁寧に置きなおし)&br;(弁明にも窮す様子のエクレールに背を向けたまま、ゆーっくりと深呼吸をして) ……っ (振り返ってそのまま、少女なりに思いっきり飛びついて、真正面から抱き着いた)&br;(たぷ、とエクレールのお腹のあたりに押し当てられる大きく柔らかな感触 いつもと違い、胸をわざと押し付けるようにして、むに、むにと身体を摺り寄せる ……そして、上目遣いをして、ちょっと唇を尖らせる表情 ランプの明かりで揺れる目の光)&br;……僕の方が、おっきいし ……ぎゅって、できますもん (それは、初めて見せるかもしれない分かりやすい嫉妬と、対抗心 押し当てられた胸はいつもの制服と違い、タンクトップで深い襟ぐりに、手が挟める深さの谷間がくっきり)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 22:05:58};
---&COLOR(blue){(手に取り、わーとかひゃーとか言って、それからじーっと眺めて、棚に戻す。それから背を向けたまま深呼吸をして……という5分にも満たない時間。だが、何百倍にも感じられた)&br;(そして振り返るや否や)……ん゛っ(鳩尾に入った。これは罰だ……本人に戴いたからといって処分出来ずに置いておいた自分への……)&br;(と思っていたらどうもそうではない、ような。いつもより腹に当たる柔らかい感触の圧が強い。擦り寄せる動きから察するに態とそうしているように思える)&br;(すると、上目遣いの目と目がかち合った。拗ねたような口元からは飛び出した言葉は──)&br;(そうした機微にやや疎いエクレールであっても、ヤキモチを妬いているのだというのには流石に気がついた。胸を抉られるような気持ちと同時に、嬉しさを覚える)&br;……ちゃんと、分かっていますよ。リーフさんは温かくて、柔らかくて、こうして抱き締めてくれる(そっと抱き返し、じっと目を見つめる)&br;あれは、御本人から直接戴いた物なんです。捨てるに捨てられず、蔑ろにするのも気分が良い物ではなくて。&br;ですから、埃だけは払って壁の方に向けて置くに留まっていたという訳です……でも、抱き締めたり、キスしたり……その先を望むのは、貴方にだけです。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 22:27:58};
---&color(purple){(エクレールが体感数時間を耐えている間に、少女の頭の中でもぐるぐると色々考えがこんがらがっていた)&br;(「これってあの彫像だよね?」「あれでもあれって人だったんじゃなかったっけ」「センパイこういう大人っぽい人が本当は?」「いやでも机の隅っこに置いとく?」「いやでもでも……」ぐるぐる考えた結果思った言葉が口に出た)&br;ぼ、僕はちっちゃいですけど、きっとそのうち大人の女の人になりますしー…… (ヤキモチだ 格好悪いし面倒な子だと思われないかが心配だったけど、抱きしめ返す腕の温かさが心地良くて)&br;(目を見つめながら説明をしっかり聞けば、) あー……エクレール先輩、そう言うの捨てられないタイプですよねえ……ご、ごめんなさい、なんか、面倒くさい性格なんです、僕 むーってなっちゃって…… ……&br;……じゃ、じゃあ、その ……ちゅーしてください……そうしたら落ち着きますので (じ、と甘えるように見つめ、爪先立ち あの日から何度もしたので、少し慣れた仕草)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 22:43:49};
---&COLOR(blue){リーフさんはちっちゃ可愛いのが良い所だと思います(言い切る。好みのタイプという意味ではこだわりはないが、リーフならこのままが良いと思う)&br;(そうなんですよ、と困ったように笑って)……面倒臭いと思いませんよ。むしろ、そういう風に思って下さって嬉しいです。&br;(全く理解を示さず烈火の如くブチギレて、即座に窓から投げ捨てるようなタイプこそ面倒臭いんじゃないだろうか、というのはさておき)&br;(折角抱き締めているので、爪先立ちする足が疲れないように少し抱え上げて……唇を重ねる。愛情を注ぐように、ゆっくりと、優しく啄む)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 23:00:23};
---&color(purple){ううー……嬉しい、です、けど、その、……彫像の人とは全然違ったので、ちょっと焦ったというか、モヤッとしたというか……&br;や、ヤキモチ焼きでも、嫌じゃないですか? ……僕、初恋だから、自分がどんなになっちゃうのか分かんなくて、ちょっと怖いですけども…… 嫌だなって思ったら、言ってくださいね? (遠慮がちにそう言って)&br;(抱く腰はむっちりと柔らかく、ゆっくりと重なる唇はみずみずしく柔らかい ……そうして、静かな部屋で吐息が混ざって少ししてから……ぺろ、とエクレールの唇を舐めるぬめった感触 薄く開いた口から、震える舌が躊躇がちに絡む)&br;(学校や寮の屋上でこっそりかわす健全なキスじゃなく、もう少し、もっと、と深まるキス はむ、と男の唇を食んだ後、目を閉じたまま深いキスに 水音が混ざる、静かで暗い部屋の中)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 23:06:33};
---&COLOR(blue){勿論、嫌ではありませんよ。でも、そうですね……これからはそういう気持ちにさせないようにしたいと思います。私も同じ、初恋ですから……貴方も、言って下さいね(遠慮がちに言うのもまた可愛いな、と思う)&br;……ん(唇と違う感触に少し驚きを覚えつつ、もっともっと、と求める気持ちが伝わってくるようで。それに応えたくて、こちらからも舌先で擽る)&br;(少しずつ少しずつ、深め合う口吻。胸の内を、愛しく思う気持ちと何か燃えるような興奮とが渦巻いて、狂おしく満たしていく)&br;(暫しの後、唇が離れれば、隙間から漏れる荒げた吐息)……暑く、無いですか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 23:17:46};
---&color(purple){はい、それはそのー……お互いに、ちゃんと言いましょうね? って、エクレール先輩も初恋なんです? うふふー、そっかあ (凄く嬉しそうだ)&br;(そんな子供っぽい笑顔、少女らしい嫉妬、そして、女としての口づけ 色んな顔を短い間に見せるのは恋人にだけなのだ 自分の舌先が、迎えたエクレールの舌に触れれば一瞬引っ込み、そして、観念したように絡む)&br;(柔らかな優しいキスとは違う、ぬめり、粘膜を直接刺激するぞくぞくする感触 我知らず、エクレールの背中をきゅうっと掴む手 しっかり腰を抱いたエクレールの腕に体重がかかる)&br;あ、ふ…… はぁ…… ぁ…… (離れた唇が銀の糸でつながり、つい、と解けた 零れた唾液が少女のうっすら開いた唇の端から糸を引く うっとりと蕩けた顔は、ランプの薄明かりでも分かる程上気して)&br;…… 体中、熱いです…… はふ (息を漏らし、すり、と身を寄せる 先程の嫉妬で押し付ける感じとも違う、疼きを伝えるような悩ましい身じろぎ) ……暑いけど…… ……離しちゃ、やです}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-26 (日) 23:31:40};
---&COLOR(blue){(あどけない顔立ちに浮かぶ蕩けた女の表情。その危ういバランスがどうしようもなく胸の熱を高めて、体中の血液が沸騰してしまいそうだ)&br;ええ、離しません……(朝には送り届けなければならないが、今はそんな事は忘れてしまおう。じっと瞳を見つめて……)&br;(ゆっくり向きを変え、リーフをベッドへ座らせるような形へ持っていく。そのまままた、キス。唇を重ね、啄み、舌先で擽って……ついた手の重みでベッドが微かに軋んだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-26 (日) 23:55:12};
---&color(purple){えへへ ……はい、離さないでください ……部屋には、鍵をかけてきたので (朝まで大丈夫ですから、と覚悟を決めた熱のこもった声で囁く)&br;(そして、導かれるままにベッドに腰を下ろす 恥ずかしそうに笑い、) 膝震えて、崩れそうだったんです ……エクレール先輩のベッド……あ、んむっ ……ん、ふ…… (緊張でどうでもいい事を話しかけ、その言葉ごとキスに飲まれる 顔を傾け、求められるままに受け入れる小さな唇)&br;(そのまま段々と後ろに倒れる少女 ぽす、と青年が普段寝ているベッドにあおむけになりながら、キスを受け、身体の奥に灯る熱を持て余すような熱い息を、唇の隙間から漏らす)&br;(薄く離れた唇 離れるのを寂しがるように、エクレールの唇を舐める舌先 顔を見合わせながら、ぺろ、と自分の唇を舐める様子) ……あの、その ……僕、今すっごく緊張してます&br;(でも、と言葉をつづけながらベッドについたエクレールの手に手を重ね、指を絡めて握る) ……でも、それ以上に嬉しいから ……エクレール先輩のしたい事、全部、僕もしたいです (汗ばんだ褐色の肌が艶やかに青年を誘う)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 00:04:37};
---&COLOR(blue){(囁きに篭もる覚悟と熱に、知らず識らずの内に喉が鳴った)&br;(先程腕に掛かる重みが増した時に、そうなのではないかと思ったのが正解だった形だ)……ん、む……ちゅ、ちゅ……&br;(それ程押したつもりはなかったが、気付かぬ内に前のめりになっていたようだ。気が付けば押し倒したような格好で、吐息の混じる距離で見つめ合う)&br;(こちらの唇を舐める舌を捕まえたくもなったが、何か言いたげで、止めておく。おずおずと告げる言葉に耳を傾け)&br;(指が絡めばこちらからも優しく握り返す。その手の甲にも口付けて)……そう思ってくれて、嬉しいです。&br;……凄い事しますから、覚悟して下さいね?(先程緊張をほぐそうとするセリフを唇で奪ってしまったので、代わりとするように冗談を言って)&br;(その無意識に漂わせる色香に誘われるように、首筋に、顎に近い所から順番に下の方へと辿るように、唇で触れていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 00:22:49};
---&color(purple){(ごく、と自分の言葉で恋人が生唾を飲むのが判った ゾクゾクする 自分が言った言葉にも、そしてそれを受け入れた恋人の興奮が伝わってきたことにも)&br;(そして、手の甲に優しく添えられる唇 嬉しい、と言う言葉にこちらもにっこり照れながらも笑って……) ひぇ (凄いこと、と言う言葉に、目を丸くして耳先まで真っ赤になった)&br;(はわはわあわあわ声を漏らしながらも、首の柔らかい場所に口づけされれば、んん、と甘えるような声を漏らし ……自分の首筋に顔を寄せる恋人の頭をそっと撫でる 小さな手)&br;……汗臭くないですか? ちゃんとお風呂で磨いては来たんですけども…… ん、ふふ (少しくすぐったくて首を竦める その動きで唇に自分の肌を押し付けるようになった 薄く繊細な肌のしっとりした感触 どこに触れても柔らかい少女の身体)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 19:03:25};
---&COLOR(blue){(小さな手が撫でる金の髪はほんのりと湿気が残って、こちらもまた風呂上がりだと分かるかも知れない)&br;良い匂いです。大丈夫(よしんば汗の匂いがしても自分は気にならないとは思うが、リーフが気にするだろうなとも思うのでその部分は内緒にして)&br;……ん、は……む(首を竦めた動きで捕らえられてしまった。なので先に進む代わりに、その場の感触を味わって楽しむように唇で食む)&br;(ちろりと舌で擽ってみたりもしつつ、問い掛ける)……脱がせて、良いですか?(繋いでいない方の手が、お腹の上の方辺りを彷徨ってチャックを探している)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 20:37:25};
---&color(purple){(長い前髪を優しく掻き上げるように指で梳く 指にかかる湿り気に、準備してたのは自分だけじゃなかったんだと再確認 ……お互いに、身体を磨いて何の準備か ……それは、よく分かっている)&br;そう、ですかあ……? ……ん、ふふ、くすぐったいです…… (声が隣に聞こえないように抑えつつも、くすくすと漏らしてしまう吐息 エクレールとは違う女の肌は唇とは違う甘さ)&br;(くすぐったがっていたが、次第に、ひく、と身震いするようになる エクレールが唇で食めば、ぬるく湿った吐息が薄く開いた唇から零れた)&br;え、あ ……は、はひ…… (お腹辺りを探るその手が恥ずかしくて、そっとその手を取って、自分の胸元に) ここ、です……&br;(パジャマのチャックに手を置かせる 手を乗せた胸は、驚くほどにふわふわだ 戯れに指を押し込めば、きっとどこまでも沈み込んで、そして確かな弾力を伝えるだろう)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 20:52:03};
---&COLOR(blue){(お互いに、準備万端。嬉しくもあり、気恥ずかしくもあり。しかし、舐めると甘い気がするのだが、本当に甘いのだろうか。確かめたくなって唇で、舌で、丹念に味わう)&br;っと……そこ、でした、か(と、なにか衝撃を受けたような語勢。以前顔を埋めた時にも思ったが、角と鱗以外大体どこも柔らかなリーフの身体の中で、更に特別柔らかい部分に触れている)&br;(それでいて程よい弾力もあり、きっとずっと触っていたいと思うこと間違いなしの、魅惑の胸元。それを今から……)&br;(こうして付き合うようになって初めて覚えた、未だ慣れないタイプの興奮と共にジッパーを下ろしていく)&br;……ああ、ええと。私、だいぶ興奮してしまっているのですが……怖かったりは、しませんか?(肌を食んで擽る合間に問う。まるで肉に食らいつく獣のように見えてはいないか、と心配にもなって)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 21:08:17};
---&color(purple){ん、ぁ……っ (舌が肌を這えば、思わず小さく漏れる高い声 慌ててキュッと唇を噛んで堪え、その分、断続的に漏れる鼻にかかった吐息が悩ましくエクレールの耳をくすぐる)&br;は、はい、ここですう…… ……そ、そんなジーっと見られると、ちょっと恥ずかしいですよう…… (とぎれとぎれで相槌を打つ恋人の視線にもじもじと視線を外し)&br;(しかし、少しためらってから、エクレールの手を挟むように、きゅう、と自分の腕で胸を寄せる ……あ駄目だこれ恥ずかしい、とすぐに腕を離すけど 精一杯のえっちな挑発だ)&br;あ、ううう…… (おろされるジッパーに恥ずかしそうに顔を片手で隠す 胸が解放されるにつれ、たっぷりとこぼれるような柔らかい塊がエクレールの前に ……胸を保持するための下着は、付けていないようだ)&br;えっと、それは その、……結構、大丈夫です むしろそのー……エクレール先輩、ちょっとかわいい (にへ、と頬を緩め、自分の胸元に顔を寄せる男の頭を撫でる)&br;……だから、大丈夫ですよう ……見せてない僕を、見てください}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 21:35:50};
---&COLOR(blue){ちゅ、はむ……ん……れる(やはり甘い気がする。スキンケア用品の味……ではない。聞こえてくる声も甘い。なるほど、好きな人というのは何もかもが甘く感じるものなのかもしれない、と結論づける)&br;(正直に言えばずっと見ていたい。顔も見ていたいし、他の所も全部見ていたい。目が幾つもあれば良いのに……と思っていると挟まれた。感動すら覚えるその感触に、一瞬身動きが取れなくなる)&br;(それも束の間、すぐに開放されて安心と名残惜しさを覚えつつ、先へ進めていく。柔らかさを目一杯視覚に訴えるような乳房の挙動に、これが支えになっていたのかと感心してしまって)&br;……かわいい、ですか?照れますが、良かったです(怖がらせていないのだと分かれば、安堵の笑み。そして言葉に頷いて)……見せて下さい。リーフさんの、全部……&br;(下ろしきると、再び上に戻る動きでタンクトップの裾をゆっくりと捲くり上げていく。そうする間にも、柔らかな肌をチョコレート菓子でも味わうように口で愛撫して)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 21:54:09};
---&color(purple){ん、ふぁ……っ ん、む……っ (握りあった手に力が籠る エクレールが少女を味わう度に反応を返す敏感な体 匂いも、舌触りも、声も、全部脳が痺れるほど甘いのは、きっと特別な相手だからだ)&br;あ、はは……ちょっと、やられっぱなしだったのでぇ…… ……お、おっきすぎますか? 大丈夫ですか……? (胸に挟んだ瞬間硬直したエクレールに、自分の胸を隠すように押さえつつ心配そうに)&br;……は、はい…… ……エクレール先輩になら、全部 (こく、と小さく頷いて、熱っぽい声で答える声 そして、裾からめくる動きに羞恥心があおられ、思わず目を閉じて でも、両腕を頭の上に伸ばせば大人しく……)&br;(肉付きのいい健康的な腰、滑らかなお腹の線からすぐに覗くのは、たわわな乳房の下半分 じわじわと青年の前に露わになっていく……)&br;(その途中) ん、ぁっ (溶けないチョコ菓子の肌がエクレールの唇に震え、ぴくんと背をそらさせた その瞬間だった たぷん、でも、たゆん、でも足りない柔らかで大きな揺れと共に、青年の前に零れた胸)&br;(ぷっくりとした赤褐色の先端も露わに……) ……〜〜〜っ (真っ赤になった少女は、それでもそれを隠さずそのまま上を脱がされた ベッドの上、上裸身の露わ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 22:26:22};
---&COLOR(blue){(指の間に食い込む細い指の生み出す、微かな痛みさえも甘く、愛しい。つい口元が緩んでしまう)&br;あぁ、大丈夫ですよ(はっきり言うのも少し恥ずかしいが、安心させたいのが勝って)……好きです、大きい……胸。貴方のは特に。&br;(と、手元に引っ掛かりがある。引く方向が不味かったか、と思っていると……唇で触れた肌が弾んで、その拍子に弾けるように溢れ、まろび出る)&br;(母親の乳を知らないので、これが初めて見る女性の乳房。感動、興奮、何か色々混ざって思わず目が釘付けになる)……綺麗、です。&br;……と(そしてこちらも脱がねば無作法というもの、とか言いそうな感じで自分のシャツの裾に手を掛け、引っ張り上げていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 22:48:49};
---&color(purple){…… ……なんか、エクレール先輩からそういう、エッチな好み聞くの、不思議な感じしますうううぅ…… (安心と照れくささと恥ずかしさがごちゃごちゃになって、くしくしと自分の顔を掌でこすって誤魔化す 誤魔化せない) ……あぃがとぅござぃますぅぅ…… (真っ赤な顔を両手で隠した)&br;(綺麗、と言われれば、恥ずかしさでヤバいです、とヘナヘナな声で漏らし……しかし、シャツを脱ごうとしたのを見れば、意を決してその手を両手で止めて) ……ぼく、が、ぬがし、ます エクレール、せんぱい、を……っ&br;(負けん気なのか奉仕精神なのか分からない感情のままそう宣言すれば体を起こす そんな動作だけでたゆ、ゆ、と魅惑の柔らかさが青年の目の前で揺れ) ば、万歳、してくださいね……&br;(そう声をかければ、ゆっくりとエクレールのシャツをめくり上げる 現れる男の身体に、煙を吹きそうな顔色になりつつも手早く脱がし、……) た、立って、ください (そんな事を言う 覚悟完了の目だ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 23:12:33};
---&COLOR(blue){自分でも不思議な感じがしますね……(恥ずかしがるのを見て今更自分も恥ずかしくなる)……リーフさんの全部が好きです。&br;ぇ、あ、はい(揺れに目が行きがちだが、ちゃんと顔も見て、顔も見て。2回言うくらいちゃんと見ます。ばんざーい)&br;(黒いシャツの下から現れる、鍛え上げられた肉体。起伏に富んでいるが、ディノクのようなTHE・マッチョという感じでもない)&br;(実戦型という感じだが傷一つ無いという所に、見る者の感想が二分されそうな感じである。ただ鍛えているだけか、傷を負う事のない実力を持っているか)&br;……た、立つ、とは、つまり下も……?(目を見れば覚悟が決まっている。こちらも腹を括り、真っ直ぐに立った)&br;(すると必然、ハーフパンツ中央、平常ではないナニかがヘソ近くまで元気一杯になっているのが丸分かりだ。恥ずかしいのを改めてぐっと堪える。下には下着も履いている)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 23:28:01};
---&color(purple){…… ズルい 僕だって、エクレール先輩の全部 好きです ……ん (めくりあげた無駄のない体にキスをする はむ、と小さなぷっくりした唇で肌を甘噛みし、ちゅ、と音を立てて吸う)&br;……ぷぁ …… ……かっこいい…… (唇を離し、エクレールの筋肉質な体に触れてうっとりとつぶやく すり、と遠慮がちに頬を寄せ、んふー、と幸せそうな溜息)&br;エクレール先輩の体、好きです ……怪我、しちゃダメですよう? (頬を寄せ、すり寄りながらそういう どんな理由であれ、それは心配なのだ)&br;……はい、下も です はい (尋ねられ、決意が鈍りかけながらもはっきり頷き) ……ひぇ (目の前に立つ恋人の股間、ガッツリと元気になってるのを見れば目を丸くして変な声を漏らした)&br;こ、これ ……僕に触って、見て、おっきくなってるんですか……? わ、わ (口を両手で隠し、それから、その手を離してそっと包むように、ズボンの上から触れた) ……えへへ、嬉しいです&br;…… (ごく、とつばを飲み込みつつ凝視して、撫でて…… いきます、と変に緊張した声を漏らしてから、そっとズボンに手をかける 先っぽがズボンにひっかかる うぬぬぬ、とゆっくりと下に…… 下着ごと掴んでた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-27 (月) 23:45:32};
---&COLOR(blue){ふふ……っ、ん(照れ笑いも束の間、肌に吸い付かれて小さく声が漏れる。自分がやっていた事の報いを受けたような格好だ)&br;(陶然とした様子で頬擦りをする姿は、どこか煽情的で艶かしく見える)……っふ、ふふ。有難う御座います……ええ、気を付けましょう。心配掛けたくありませんからね。&br;(なるほど確かにじっと見られると恥ずかしいな、と思いつつ)……はい。当然の反応、だと思います(だと思います、というのは他の男子の話を聞き流してきたせいでもある。あけすけに為される下世話な話がちょっと苦手なのだった)&br;(撫でられて暴発……は流石にしなかった。まだコントロールが効く範囲だ)ちょ、っと……下着ごと引っ張ってます……!(ぐぐぐぐぐっとバネでも入っているのか、という位抵抗する下着の中のナニか)&br;(臨界点を超えて下着ごとハーフパンツがずり落ちる、と同時にぺちんっと音を立てて下腹に当たる。元気一杯過ぎて自分自身、毎朝身支度を整える間に治まっている程度のモノと同じとは思えなかった)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-27 (月) 23:58:55};
---&color(purple){んー、ふふふ、くすぐったいでしょ、先輩? (声を漏らすのを聞けば、楽しそうにちゅっちゅと口付けを繰り返す 頬ずりと唇での愛撫は、少女の中に女を見せる もじもじと揺れる尻尾と大きなお尻)&br;はい、心配するのは良いけど……やっぱり、先輩が痛いのはやなので 怪我したらすぐ治しますからね (最近魔力が上がっていて、中級魔法も少しずつ操れるようになってきているのだ)&br;当然、ですかあ……えへへ、ちょっと嬉しいです 僕でー…… (興奮してくれて、と優しく撫でながら熱く息を吐く しかし、慌てる声に) あ、ごめんなさいっ (びくっと手に力が入った 跳ね上がった べチンと目の前で跳ねあがったそれに目を真ん丸にして絶句して)&br;(しばらくの沈黙 長い耳も立派な尻尾もピンと天を衝いて硬直して ……へなへなと下がっていく) …… ……あ、あの こ、こんなおっきく、なるん、です、か……? ひゃああ……&br;え、痛くないんです? こんな硬いのズボンのどこに収まってるんです? え、えええ…… わ、あの、……さ、さわり、ます、ね? (そろそろと手を伸ばし、指先が触れれば熱いもののようにビクッと手を引いて)&br;し、しつれいしますぅ…… うひゃあぁぁぁ…… (そーっとそれに手を当て、遠慮がちに両手で包む すり、すり、と形を確かめるように撫で、目を離せず 知らず顔が近づいて) ……お、男の人のって、こんななんですね……わぁ……}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-28 (火) 20:25:32};
---&COLOR(blue){っく、ふ、はは……っそうですね、とても(笑う度に腹筋を始めとしてあちこちの筋肉がピクピクと反応する)&br;ふふ、頼もしいですが……そもそも私が怪我をしてしまうような場所に、リーフさんを連れて行きたくないというのはありますね?(自分が負傷する相手となれば余程だ、と思う)&br;(己の下着の中から飛び出したものに恋人が絶句し、しかし目を離さないまま硬直、そして脱力する様を、気恥ずかしくも隠したりはせずに見守って)&br;(体中の血がそこに集まっているような錯覚に陥りそうな程熱を持って、固く張り詰めて反り返っている。念入りに洗ってあるので、妙な匂いは今の所はしない)&br;……大きいかどうかは比べた事が無いので分かりませんが……ここまでになるのは、自分でも初めて見ます。痛くはないです、大丈夫。普段は柔らかくて、サイズもここまででは無いですね……&br;(なにを真面目に言っているのか、と自分で思いつつもついしっかり受け答えしてしまう。恋人が不安を感じるならば、少しでも払拭したいと思うが故だ)&br;……ど、どうぞ……っ(普段自分で触るのは平常時、それもトイレと風呂位のものなので、撫でられると思わず腰を引いてしまいそうな、未知の感覚が襲い掛かってくる)&br;そんなにじっと見られると、恥ずかしいですよ(とさっきのお返しのように囁いて、軽く頭を撫でる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-28 (火) 22:15:29};
---&color(purple){わわ、きんにく、すごい ……本当に同じ体の構造なんだろうか…… (自分のぷにっぷにな身体を見下ろす 胸しか見えない 悔しいので胸をエクレールの生肌に押し付ける)&br;んむー、でもほら、僕も卒業までには強くなれる、ように、頑張る、ので! ……危ない所に行くときには声をかけてくださいね? (唇を尖らせ、上目でじーっと見つめた)&br;(そして現れたる屹立に目を奪われて、) ……大きさってそんなに変わるんですねえ……普段は柔らかい……じんたいのふしぎ…… (はわわ、と声を漏らしながらそーっと壊れ物に触れるように指先で撫でる)&br;(本人でも驚くほどに固くなっているそれを撫でる指は、ケアも磨きも丹念にした、細い指、艶やかな爪) ……ご、ごめんなさい ……でも、その…… ……男の人って、触られるの好きって、本で読んだので……&br;…… …… …… (凄ーく躊躇う、と言うか気後れするような沈黙の間、さわさわそれを撫ぜ……んむ、と撫でられて声を漏らせば) ……ん、ちゅ (そっと、幹にキスをする それから、はむ、と瑞々しい唇で甘噛みし、上目遣いで様子を見る)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-28 (火) 22:32:09};
---&COLOR(blue){(リーフが体を鍛えて身長が伸びて……と想像したらアマゾネス的な姿になってしまって)……貴方はどうかそのままで……う、柔……!(直に触れたらこれがまたとんでもないので思わず感想が溢れる)&br;はい、分かりました。置いてけぼりは寂しいですからね(ぽふぽふ撫でて、尖らせた唇をそっと撫でる)&br;その組織はスポンジ状になっていてですね……(なにをどうする、というのは具体的には知らない癖に構造は良く知っている、偏りのある知識)&br;っふふ、謝る事ではありません……なるほど、そういう物ですか(『なんか元気になっちゃった時はなぁ、運動すると良いぞぉ!!』と言っていた養父を思い出す。こういう所は当てにならないな?と今更気付き始めた)&br;(しかしそういう本を読むのか……と妙な所に感心していると)……あっ、そこは汚いので口をつけては……あいえ、しっかり洗いはしましたが……(と口では言うが、手等で止めに入らない)&br;(愛らしい唇が、グロテスクと言っても差し支えない物体に口付けている。その光景に興奮を隠しきれずにいる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-28 (火) 22:48:29};
---&color(purple){冒険についていけるように、もうちょっと運動は頑張ります……!! (モチベーションが上がった!!!!!……多分頑張れる!!) んふふー、でも、柔らかいならある程度はヨシです (ほれほれー、とむにょんむにょん押し付け)&br;んむ ……はむ やくほくれふよ? ん (撫でる指をはくっと唇に挟み、優しく歯を立てる ジーっと上目で見つめてから、にこっと目を細め、ちゅ、と音を立てて口を離した)&br;保健体育の授業みたいになってきましたね……すごいね、じんたい (ふむふむ、と頷き) ……エクレール先輩、ボクより年上だけど、僕よりもそういう知識少なそう……!! いや、僕も経験はないんですけども!!&br;(そう思えば、もう少しずつ自分からリードしていかねば、とお姉さん力を発揮する 口付けたそれを優しく撫でながら、) だいじょうぶれす、変な味、しないですから ……ん はむ (唇を寄せたまま話し、ちゅっちゅ、と筋に沿うようにキスを落とす)&br;……えへへ、エクレール先輩、目がちょっと、エッチです…… (ちょっと嬉しそうにそう言って、先っぽにもキスをしようとしたところで) ……あ、 (先走りに気づき、恥ずかしそうに目を伏せる ……しかし、目を閉じれば、そっと鈴口に唇を寄せ、ちゅう、と吸い) ん (ぺろ、と舐めた エクレールが嫌がらなければ、先っぽを猫のように舐め始めるだろう)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-28 (火) 23:19:21};
---&COLOR(blue){(むにょんむにょんされると改めて、この世界にこんな感触の物があったのか……としみじみ感動する)……はい、約束です(上目遣いも、指に当たる歯の小さささえも可愛い。にこっと笑えば勿論可愛いので思わず微笑み返す)&br;そうした話題を無意識に避けていた所はあるかも知れません……嫌悪感があった訳ではないのですが(経験が無いのはたどたどしさからも伝わるが、そこが嬉しい所でもある)&br;……へ、変な味がしたら口を離した方が良いかもしれません(毒が出る訳でもないのだから心配し過ぎである)&br;……う。(目つきを指摘されれば困ったように少し視線を逸らすが、何やら嬉しそうな様子なので諦めて素直に目を向けなおす)&br;っ、は……ぅ(気が付くと先端に液体が滲んでいる。先程ああは言ったが、このタイミングで出てくる物などたかが知れている。嫌ではないが抵抗感というか、そんなものを飲ませてしまって良いのか、みたいな気持ちはある)&br;(しかしなにぶん知識量でリーフに分があるので、任せてしまって問題はないのだろう。艶かしく舌が這い回るのを頬を上気させ、眺める)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-28 (火) 23:40:30};
---&color(purple){(後日、親友と放課後にランニングをする姿が見られるようになるだろう……時々エクレールのトレーニングにもついていくようにも すぐバテるけれども一生懸命で真面目なのだ)&br;あはは、なんか気恥ずかしい所はありますよねえ ……僕の家は、お母さん達が結構そう言う所大らかと言うか、うん、まあ、はい (親のそう言うのを見た事があるのだろう、言葉を濁す)&br;変、と言うか、しょっぱいというか……? ん、でも、大丈夫です ……嫌だなって、思わないんです だから、大丈夫 (はむ、ちゅう、と小さな口で一生懸命に愛撫をする) ん、ふふ、先輩可愛いれふ んんー……ぷは、でも、ちょっと、口に入れるには大きいかも……&br;(んむー、とちょっと悔しそうにしつつ唾液で濡れたそれを両手で撫ぜる さっきよりも張り詰め、時折震えるのを見て) ……きもちい、ですか? (奉仕することを好むような、褒められ待ちのような、しかし雌を感じさせる笑顔)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-28 (火) 23:51:25};
---&COLOR(blue){(そういう所も大好きで、ついついトレーニングに付き合ってもらう時は休みを多めに入れたりなどしてメニュー調整をしていたりするのだった)&br;あー…(察してそれ以上は言わず)……うちの養父母はどうなんでしょうね……熟年夫婦のような、付き合う直前のカップルのような、不思議な距離感で(仲は良い癖に諸々シャイ過ぎるのが今養子の知識の偏りに響いているのだった)&br;ぅ、あ……は……そ、そうですか……嬉しい、ですが照れるというか恥ずかしいというか……あぁ、やはり……(これからなんやかんやあって入れるという事になるはずだが、ちゃんと入るかは疑問を感じざるを得ない)&br;(それでも健気に、気持ち良くしようとしてくれている。慣れていないのもあり、刺激は十分だがそれ以上に気持ちが嬉しい)……ええ、とても。&br;(刺激に反応して血が集まっている感覚がある。それでも暴発してしまわないのは偏に無意識にセルフコントロールが働いている所為かも知れない)&br;(褒めて欲しそうな表情に目を細めて、髪を梳くように優しく撫でて)……ああ、そうだ。今更ですが、リーフさんからもして欲しい事があったら言って下さい。例えば……呼び方とか。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-29 (水) 00:08:23};
---&color(purple){(そのトレーニングの成果でより魅力的な体つきになってエクレールにヨシ!になるとはこの時は思いもしなかったわけで)&br;素敵なご両親ですねえ ……うちのお母さん達はめっちゃくっついてました 僕が赤ちゃんの時から変わらないってお姉ちゃん達が言ってましたよう 付き合いたてのカップルのテンション…… (両親のタイプの違いもこういう時の行動に現れるのかもしれない)&br;うふふー、照れるエクレール先輩、可愛い (慣れてきたのか、ちゅっちゅと唇で遊ぶ様に男根に口づけし、手で優しく撫でる)&br;(そして、やはり、と何か思う様子のエクレールを見上げれば) ……口には入らないけど、多分、大丈夫です ……赤ちゃんだって通れるんですもん…… (そう言って、まだ脱いでいないパンツの上、おへその下辺りを撫でて見せる……ぞくぞくとその奥から疼くような身震い)&br;ん、ふふ、してほしいこと、ですか? ……呼び方…… (少し考え、) ……呼び捨てにして、欲しいです (男女の行為に進もうという時に、その程度の事だけど、酷く恥ずかしそうに)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-29 (水) 20:25:13};
---&COLOR(blue){ふふ、それは理想的なカップル像の一つですね……(今にして思えば偶に『ちょっと遠出して来っから麓のおばさん家で留守番しててな!』という事があったのは仕事にかこつけて二人でいちゃついたりしてたんだろうな、と思う)&br;っ、は……言われると余計照れます……ぅ、ぁ(興奮やら羞恥やらで耳の先まで赤くして、それでも目を離さず己のモノを可愛がる姿を見守る)&br;?(何の話だろう)ああ(理解)ああ……(後からやってくる気恥ずかしさと、言葉の後に続くリーフの反応にむらっと胸の内が燃えるような興奮を覚える)&br;分かりました(呼び方、と言い出したからには当然そのようにするつもりだった訳だが)……リーフ。で、良いですか?&br;……それともミオの言葉の方が?と言っても、話せる訳ではありませんが(もっと恥ずかしい事をしているのに、呼び捨てで照れているのがまた可愛いな、としみじみ思う)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-29 (水) 21:42:40};
---&color(purple){僕達は、足して二で割った感じで? (シンプルにそう考えて口に出して それから少しして自分の言葉の意味に気づいて真っ赤になった) ……僕らも、です (重いかな、と思いつつもそれでも重ねてそう言って、頷く 尻尾がそわそわ)&br;ふふ、照れてる (普段自分を優しく包む年上の彼氏が、今は自分の手で声を漏らしてされるままになっている なんかちょっと、新しい扉が開けそうなリーフさんだ じっくり形を覚えるように、つたないながら唇と舌で愛撫して)&br;はい、ああ、です (理解した様子のエクレールに恥ずかしそうにしつつも、ここまで来たら堂々と そして、名前を呼ばれ、んふ、と思わず漏らす笑み にへー、と緩む頬)&br;え、えへへへへへ…… はい、リーフ、でお願いします ……ううん、エクレール先輩と会った時にはリーフを名乗ってたので、そっちで大丈夫です (にへにへと緩む頬を両手で押さえつつ、見上げ) ……エクレール、さん (先輩、じゃない呼び方)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-30 (木) 12:03:35};
---&COLOR(blue){程よく、という感じでしょうか?付き合い始めてからこれまでの事を思うと……それは難しそうですね(若いカップルとしては自制が効いている方だとは思うが)&br;(重ねて言った意図を少し考えて)……きっと隙きあらば、という感じになるでしょう……ずっと一緒でも、です(きっとリーフも望んでいて、自分もまた望んでいる)&br;(赤ちゃんが通る、という話だっていずれは叶えたい事の一つとなるだろう。流石に今暫くは学生なので気を付けたい所だが)&br;ああ、もう……(今の頬の熱は興奮よりも羞恥が勝っているような気がする。そしてそれとは関係なく身体は正直に悦びを示し、じわりと露を滲ませて)&br;ではリーフ、で……ん゛っ(快感とは別の声。先輩ではない呼び方が刺さった時の鳴き声だ)呼び方が変わるだけで、中々の破壊力が……&br;と、そろそろ顎とか、疲れませんか?(労うように頭を撫で……されっぱなしも性に合わない気がしてきたので、髪を梳く流れでそのまま耳を愛撫する)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-30 (木) 21:47:21};
---&color(purple){……一回タガが外れると、こういうのって大変って言いますし、ね? (キスが良い例だ 初めてのキスを済ませてからは、積極的にねだるようになった少女なのだ)&br;す、すきあらば……が、がんばります、いつでもどんとこいですよう……っ む、むしろ、僕の方こそ、……遠慮、しませんから (赤い顔をもっと赤くして、こくこくと頷く)&br;(ちゅっちゅと愛撫するエクレールのモノは、気付けば先走りと唾液でどろどろで 疲れないかと撫でられれば、そこでやっと熱中してたことに気づいて、恥ずかしそうに首を竦め) ご、ごめんなさい、楽しくなっちゃって……ひにゃっ&br;(耳をくすぐられればすぐに反応する 長い耳を優しく撫でられ、へにゃへにゃと声を漏らし、) ……エクレール、さん ……あの、その…… ……僕、も、脱ぎ、ます……?&br;(身を引けば、もじ、と太ももをすり合わせる 露わな褐色の上半身、下半身はまだパイル地のパステルカラーに包まれたままで……)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-02 (土) 20:41:22};
---&COLOR(blue){そうですね……可能な限り節度は守っていきましょう……(部屋に呼び出してこんな事をしている時点で節度もへったくれもないのではないか、と言われると反論出来ないが)&br;ふふ、こちらも受けて立ちましょう(性欲が強いという認識はないが、それこそ箍が外れるという事もないではない……とは言えするにせよ抑えるにせよ、無理はすまい、させまいと思うのだった)&br;(耳から頬、顎をこしょこしょと撫でて、ふにゃふにゃな声に微笑む)……無理をしていなければ良いのですが。&br;そうですね……私も、リーフの全てを……見せて欲しい。私が脱がせても?(撫でる手はそのまま、囁き問い掛ける)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-02 (土) 21:25:54};
---&color(purple){はい、本分は勉強ですからね ……でも、時々なら、こういう事したいです エクレールさんと…… (もじもじしつつ照れ笑い、ほしがりりーふ)&br;無理、してないですぅううう……ひぇ、ダメ、くすぐったいよエクレールさん…… (耳を寝かせながら身震いして、もじもじと握ったエクレールのを弄る掌 そして、見せてほしいと言われれば、じわっと胸もとまで赤らんで)&br;は、はいぃ…… エクレールさんになら、全部、見てほしいです…… (言って、今度は自分がエクレールの前に立つ エクレールの肩に手を置けば、) ……どうぞ…… (まるでプレゼントの開封をさせるように)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-02 (土) 23:23:10};
---&COLOR(blue){(時々。果たして普通のカップルはどれくらいの頻度でこうした事を行うのか……こうした事にしっかり興味を持ったのは初めてかも知れない)&br;ええ、学業の邪魔にならない程度に……ふふ、可愛い(くすぐったがるのも、もじもじするのも、胸元までじわっと赤くなるのも。遂に口から可愛いが溢れた)&br;……では、失礼して……ぉぉ(膝を付いて、作業しやすい高さに合わせる。手は届くが代わりに視界が胸で一杯になって、思わず小さく感嘆の声)&br;(ジィ……と音を立て胸の下辺りから更に下へとジッパーを下ろす。何か履いているとは思うが、下ろし切るまで油断は出来ない……)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-02 (土) 23:35:46};
---&color(purple){と、時々ですよ? ……時々…… (付き合い始めて甘えん坊だと知ってるエクレールは、恋人の表情から察するかもしれない 多分普通のカップルよりも肌を合わせる頻度は高くなりそうだと……)&br;んむっ ……ダメです、シンプルなのにこう、恥ずかしくて、嬉しいです…… 可愛い、良いなあ…… (えへぇ、と抑えきれずにほっぺたが蕩けるような笑顔)&br;エクレールさんは、格好良くて大人で、……時々子供っぽくて、格好良くて可愛いです (ふふ、と笑いながら目の前にしゃがむ恋人の頭を撫でる 視界一杯の胸はしっとりと汗で濡れ、ランプの明かりで艶かしくゆっさり揺れる)&br;(ゆっくり下ろされていくジッパーに、羞恥心があおられて目を閉じる エクレールが下げきれば、プチ、と合わせが外れた ……子供っぽい少女の普段のイメージから離れた、紫に黒のレースの、色っぽい下着 ……勝負下着だ!)&br;あ!の! ……ほ、本当は、男の人は白が好き、とか、色々聞いたんですけど、その、わ、分かんなくて……お気にの、に、したんです、けども…… (はら、とパジャマが落ちる 肉感的な腰に結ばれた下着の紐 引っ張れば、あっさり解けそうだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-03 (日) 14:01:27};
---&COLOR(blue){(他種の竜とは子を成しにくいとか、長命種もまた然りとか、そういう事があると聞かされてきた。事実、エクレールの実の両親は番となってから一子設けるのに相当な年月が掛かったという)&br;(しかし、多産なリーフの両親から考えると案外丁度良くバランスが取れるのかも知れない……なんて事を考えるのはきっと今よりだいぶ後だ。何しろ今の所は、この可愛い甘えん坊の望みを叶えたいのが一番だからだ)&br;そのようにするする褒め言葉が出てきますと、照れるよりもむしろ感心してしまうと言いますか……私の語彙が死んでいる気が……(可愛いしか言えない。だって可愛いし)&br;(本能に任せるとずっと魅惑の胸元を見てしまいそうなので、時折表情を見つつ、手元が狂わないようにそちらを見る)&br;(はらりとパーカーが落ち、その下に履いているものが露わになった。以前採集を手伝った時、事故で見てしまった物と方向性が似ているが、レース使いの細やかさ等ではこちらの方がより力が入っている、気がした)&br;女性の下着の好みについて考えた事がありませんので、そちらについてコメントは差し控えますが……私も、この色が良いと思います。&br;(何より、自分に気に入って貰えるか沢山考えて選んだのだろうから、これ以上のチョイスは無いと思う。あまり言及すると余計に恥ずかしいだろうから、言わないでおくが)&br;(『いいかぁ?女子の下着の紐ってのは飾りだぞ?引っ張っても脱げないからな、気をつけろ!』という養父の言葉を思い出すが、その直後養母がチョップ入れつつ『そうとは限らない』とだけ言っていた)&br;(結局どっちなんだ、というか何の話をされたんだ今の……という感想を抱いたものだが……なるほど、これは本能的に引っ張りたくなるのも頷ける。がなにも言わずに引くと衝撃を与えてしまいそうなので)&br;……こちらも、失礼しますね(両端の紐を引っ張る。脱げなかったら素直に下着の縁を頼るしか無い)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-03 (日) 18:56:59};
---&color(purple){(自分を撫でる手に嬉しそうに目を閉じて甘え、褒められれば照れくさそうに微笑む エクレールが甘やかせばその分愛が深まっていくだろう)&br;うっふっふー、こう見えて学者系なので (えっへんと胸を張る しゃがんだエクレールの目の前でゆっさり揺れる 無邪気無自覚) でも、エクレールさんの可愛いの一言は、万感の思いが籠ってるように聞こえるので、十分です えへへ&br;んむ、僕が先にやりましたけども……間近で見られるのは、その、恥ずかしい、ですね…… 良かった、エクレールさんにも気に入ってもらえると、嬉しいです ……沢山、見られると、思うので (恥ずかしさでごにょごにょ)&br;は、はい どうぞぅ…… (声をかけられて了承し、エクレールの肩に手を置いてされるままに 下着に顔を近づけた状態で見上げても顔は見えないだろう 胸が邪魔だ でっかい)&br;(黒いリボンがするすると解ける 滑らかな手ごたえと共に結び目が緩み……はら、と先に片方が解けた 柔らかく滑らかそうな鼠径部が露わになる 『そうは限らない』方だった エクレールがそう思ったところで、もう片方も解けた)&br;(エクレールの手の中に下着 ……目の前には、柔らかな茂みに隠れた秘部 ちゃんと整えているのか、見苦しいことはないが……) ……あうぅ…… (とても恥ずかしそうな声が漏れる もじ、と目の前で太腿を寄せれば、くち、と小さな水音が聞こえた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-03 (日) 19:47:31};
---&COLOR(blue){(そして愛が深まれば深まる程に甘やかす……%%性%%正の連鎖、スイートスパイラルが生まれるのだ)&br;(立ち位置の所為もあって、リーフが胸を張ると顔が谷間に吸い込まれそうな気分になりつつ)……それは確かに、あるかもしれません(全てを口に出すと毎秒可愛いと言っていることになる、という自覚はあった)&br;(そして早くも頭の中は可愛いすらどこかへ行って、『おぉ』という感嘆で埋め尽くされる。きっと女の子としては色々気になる所はあるのだろうが──)&br;(全てきちんと整えて、完璧な状態に仕上げてあるのだと感じる。と、頭上で恥ずかしげに呻く声が聞こえてきて)&br;(全身を視界に収めるべく顔を上げる。下着は放っておくのも気が引けたので軽く畳んでベッドの端へ)&br;(水気のある音……自分のモノからも出ていた液体に思い至り、準備は進みつつあるのだな、と考えながら)……綺麗ですよ、リーフ。とても……綺麗です。&br;……少しずつ、触れていきますね……(顔を見ながら、腰骨の辺りから始めて、ゆっくりと太ももやお腹、お尻を撫でていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-03 (日) 21:39:36};
---&color(purple){(ああ、甘いってそういう……と納得する日が来るだろう……)&br;ふふ、だから別に、語彙力なんていいんです 好き、可愛いって言って貰えれば僕はそれだけで幸せになっちゃうので (てへー、と照れくさそうに笑って)&br;(下着を畳む丁寧な様子に恥ずかしさとトキメキの両方を感じつつ、) ……あ、ありがとう、ございます…… うう、はい (誉められれば顔を両手で隠しつつ、自分の全部を晒す覚悟を決める 耳まで真っ赤だけど)&br;は、ひっ んっ ……んん…… (くすぐったさと違うゾクゾク感に身震いする お尻を撫でられれば、ひゃん、と小さく声を漏らし) ……だ、大丈夫です (触りたいところを触ってもらう 全部をあげるのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-04 (月) 20:56:52};
---&COLOR(blue){(照れ笑いを浮かべる恋人に、これからも控えめに沢山言おう……と、どっちなんだそれはという決意を胸にする)&br;(大丈夫、の言葉に頷いて返し)……と、その前に……(ボソボソと何かを唱え……)'''宝物殿の錠前'''(扉に高ランクの施錠魔術を掛け、更に)'''禁断の逢瀬'''(部屋全体にこれまた高ランクの遮音の魔術を掛ける)&br;……これでよし、です(緊張をほぐすように微笑みかけながら左手でリーフの手を取り、右手は膝の辺りから内股へと滑り込んでいく)&br;(目の前にぐんっと張り出した胸にも口付けながら、太腿を撫で上げて、大事な所へと辿り着く)……私の指や掌は、タコ等でゴツゴツしていて痛いかもしれません。&br;もしそうなら、教えて下さいね(囁きながら、割れ目の部分をそっとなぞるように触れていって)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-04 (月) 21:22:44};
---&color(purple){その前に? あ、 (魔力が動くのを感じる しかも、魔力が動いたと言う事しか分からないほど高ランクの魔術だ) ……でも文言だけで何をしたか分かっちゃいますね……&br;こ、声、出しても大丈夫なら、その、安心します ……僕、声出ちゃうタイプなので…… (何で処女なのに知ってるのかって?まあ、リハーサルって大事だよね)&br;ひょわっ ……あ、は、はい、よろしく、お願いします…… んんっ (顔を寄せればふわふわなのにしっとりと吸いつく胸の感触 口付けられてひくんと震えれば、たぷ、と重く揺れる)&br;だ、大丈夫です ……エクレールさんの、なので はい ……ふ、ぁ ん、んんぅ……っ (固い指先が入り口をなぞる 腰が引け、きゅ、とエクレールの方に置いた手に力が籠るが……) だ、大丈夫です、続けてくださいぃ…… (尻尾の先を震わせながらも嫌がる様子はなく)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-04 (月) 22:19:34};
---&COLOR(blue){(マナの動きに気が付く者も居るかも知れないが、夜中眠れず手慰みに魔術の練習をする者もまま居るので問題はないだろう……恐らく)まあ、この魔術に関しては当事者以外が耳にする事はありませんから……&br;なるほど。リーフが入ってきた時点で掛けておくべきでしたが……気が付いて良かったです(くもりなきまなこで微笑む)&br;(すべすべしっとり、良い匂いがして柔らかい。唇で触れて、軽く吸って……なんだか物足りなくて、はむっと食んでその感触を楽しむ)&br;私の指なら、という保証なんて無いでしょうに……別の方法もあるでしょうし(先程口でしてもらったのを念頭に置いておきつつ、壊れやすいものを扱うように慎重に、そしてどこか構造を確かめるように指が動く)&br;(ぴったりと閉じたその部分を割り開き、胸よりも湿度の高い粘膜の感触を指に感じる。突起のような部分と、入り口と、そうでない穴と……)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-04 (月) 22:49:00};
---&color(purple){そ、そうですね! ……気付いてもらえて良かったです、始まったら多分、余裕ないし ……むしろ今既に、余裕、ないし (穢れなき相手に自分が汚れてるように思えてごにょごにょ)&br;(とはいえ、じっくりと胸を楽しまれれば、胸の奥からじわじわするような快感が滲みだす 優しく胸を愛撫されることで、とろとろと優しい快感に目を閉じていたが) ひぁっ (甘噛みで小さく跳ねる体 柔らかく埋まるエクレールの顔 ぷっくりした先端が口の中で柔らかな硬さを持つ)&br;い、いえ、僕は大丈夫です! ……エクレールさんの触りたいように触ってほしいんです ……全部、受け止めます、ので、ぇっ (指に探られれば声が途切れながらも、ちゃんとそう伝え)&br;はぁ、は…… あんっ や、ちょっと、恥ずかしい、ですね……これ……ぇっ (声が跳ね、指先が探る奥は既にねっとりと濡れて 突起に触れると、激しい刺激に爪先立ちになる くちくちと水音が混じる愛撫 入り口も柔らかく)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-07-04 (月) 23:41:01};
---&COLOR(blue){(リーフが普段から元気一杯なので、声が出ちゃうタイプと言われても納得しかなかったのだった。あるいは)……私も、余裕があるとは言えませんし、大丈夫(というのもある。どこが大丈夫なのか)&br;……む(先端を口に含んだ所で声が上がって一瞬痛かったのかとも思うが、そうではないようなので続ける事にした。口の中で存在感を増した部分を唇で刺激し)&br;(……吸ってみてはどうだろうか、と思い立って軽く吸う。そうしながら飴玉のように転がしてみると、心做しか甘いような気がする。良い匂いに引っ張られている)&br;ん……でしょう?私はじっくり見られたりもしましたね?(ちょーっとだけ意地悪したい気分になって、そんな事を言いながら)&br;(なるほど直接触ると刺激が強い。自分の体と照らし合わせると亀頭部分と同じような感じだろうか。では周囲から軽く揉む感じではどうだろう?)&br;(探究心が鎌首をもたげてきている。どうしたら気持ち良くなってくれるだろう……さっきのリーフと同じ気持ちなのかも知れない、と思った)&br;(濡れた感じや入り口に拒む様子が無いのを、準備が進んできている証と捉えつつも、念には念を入れた方が良いだろうと考える)&br;(初めてだから、痛い思いだけで終わらせたくはない。男に痛い所はないが、女の子はそうではない、というのは漠然と知っていた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-07-05 (火) 01:51:01};
-&COLOR(blue){(ここは自習室。定期考査前の学生で溢れかえっている……という程ではないが、そこそこ賑わっている)&br;(賑わっているというのもおかしな話だが、王立図書館や学院の図書室と比べると緩い雰囲気なので、そういう表現になる)&br;(二人も例に漏れず最早恒例となった勉強会だ)……今回も、頑張れそうですか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-23 (木) 19:48:23};
--&color(purple){ん、今回はばっちりです! 前回の定期考査で頑張った分、今年一年の見直しになるこの考査は、結構いい点目指せるかもです&br;(にこー、と嬉しそうに目を細める ペンを置いてぐうっと背伸びをする) エクレール先輩はどうですか? 調子は}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-23 (木) 21:33:47};
---&COLOR(blue){それは何より。勉強は日頃の積み重ねが物を言いますが、年度末ならば尚更ですからね。&br;(釣られてこちらも嬉しげに目を細め)私ですか?勿論、今回も順調ですよ。&br;(学生の恋愛と言えばそちらにばかりかまけて成績を落としがち、という話を良く聞くが、エクレールにはそういった兆候は見られない)&br;(尤もその代わりなのだろうか、前回のご褒美からスキンシップは増え、キスも一日一回以上はしているが……そこから先は進めていない、と思う)&br;(自室に招くという選択肢も無くはないが、『ディノクが女子生徒を部屋に連れ込んだ』なんて噂が駆け巡ったりしている以上、どうしても慎重になってしまう)&br;(……別に、付き合っているのだからとやかく言われる筋合いは……学生である内はあるといえばあるかも知れない)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-23 (木) 21:50:30};
---&color(purple){そうなんですよう、前回の頑張りは後につながる頑張りになりました そしてやっぱりエクレール先輩は凄いです (勿論順調と聞けば、何故か自分が得意げな顔 僕の彼氏はさいきょうなのだ)&br;勿論、油断しないようにこうして一緒に勉強しているわけなのですけどもー……うん、この項も問題無しでした (自主採点で参考書に丸付けして、よっしゃ、と小さくガッツポーズ)&br;(そんな感じで今までよりも一緒に過ごす時間が増えた二人 寮の消灯時間のギリギリまで寮の近くや屋上で会ったり、寝る前だけと言わず、人目のない所でこっそり口付けを交わしたり 結構積極的に触れあっているがー……)&br;エクレール先輩、 先輩? (何か考え込んでしまったエクレールを呼ぶ声 気付けば少女が顔を覗き込んでいた) どうしました?考え事です? (大きな目が心配そうに見つめ、ぷるっとした唇は恋人の名を呼ぶ 前よりも意識せず距離が近い事が多くなった)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-24 (金) 09:39:34};
---&COLOR(blue){ふふ、リーフさんも偉いですよ(得意げな表情ににこにこと微笑み、よく出来ましたとぽふりと撫でた。傍から見るとテスト前でもあの二人ずっとにこにこしてるな……という印象になる事だろう)&br;(休みの日に外泊許可を貰って……いや外泊は一気に進め過ぎでは!?とか考えていた所に漸く声が届く)……っと、済みません。リーフさんが可愛いな、と……近くで見ると一層可愛いですね。&br;(そんな風に言える位には慣れた……慣れたかなこれ、やはり顔がちょっと熱い)&br;それと……もう少し、二人きりで過ごせる場所があれば、と(誤魔化しても仕方がないので正直に、しかし声は潜めて)……試験が終わりましたら、私の部屋に、なんて……考えてました。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-24 (金) 21:42:07};
---&color(purple){んふー、そうですか? エクレール先輩に褒められると猶更嬉しいですよう (撫でられてにへにへしつつ、ぐりぐりその手に頭を摺り寄せる)&br;って、いきなり何言ってるんですかあ もうー…… えへへへ (驚いて赤くなりつつも、満更でもなさそうにぺちぺちとエクレールの胸を叩く キャッキャウフフと言う擬音が似合うカップルだ)&br;二人っきりですか? じゃあ、また今度遠乗りでもー…… …… …… (のんきなことを言ったところで、続く言葉で……) …… ふぇ (一瞬で臨界突破)&br;……お、おへやに、ですか? え、えっと、お茶を以ってとか、じゃ、あの …… ……えっと、あの、 ……よる、です、よね? (じわあ、と赤くなりながら)}; --  &new{2022-06-24 (金) 23:31:30};
---&COLOR(blue){よーしよしよし……ってこれ恋人にする撫で方ではないような、ふふ(ぐりぐりされるに任せた後、乱れたリーフの髪をさり気なくさっと直したり)&br;(勿論遠乗りだって行きたいし、もっと遠出もしてみたいとも思う。それはそれとして、こちらの提案を上回ってきたので釣られるようにじわりと赤くなる)よ、夜……に、限りませんが、ですね……&br;普段から良く行き来しておけば、段々と気にもされなくなってくるでしょう(そういう問題だろうか、と思わないでもないが。人の目を気にしすぎても仕方がない)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-24 (金) 23:52:52};
---&color(purple){わふわふ、僕こういう撫でられ方も結構好きですよう (目を閉じて髪を直してもらう 髪に触れても嫌な気分にならない、むしろ良いと思っている)&br;あ、か、限りませんか! で、ですよねー! あははー! おっと (誤魔化し笑いが大きすぎたので口を押える わざとらしい大きな仕草は何とか恥ずかしさを誤魔化すため)&br;……男子寮ってそんなちょいちょい行って大丈夫なんですっけ? 寮監さんにばれたりしたら大変そうですけどもー……}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-25 (土) 00:06:32};
---&COLOR(blue){ふふふ、私も結構好きですよ(反応は子犬のようで、こうして髪を整える間は妹のようで……しかしてその実態は恋人なのだ。色々な親愛の情を一心に注いでいると言えよう)&br;(最早周囲も、『またやってるわー、微笑ましい』位のある種テスト期間中の癒やしのようになっているとかいないとか)&br;まあ、限らない、ですので……(逆に言えば言外に、夜も勿論含まれるという事でもあった)&br;……そこは普段の行いが効いてくる所……だと思います(普段から素行が良く、仕事が楽になるという意味でどちらかと言えば寮監からは好かれている)&br;……もし目に余るようでも、私がお小言を戴く程度で済むでしょう。外泊許可を貰って遠出を、というのもアリかも知れませんが頻繁には難しいですし(無自覚に凄い事を言っている)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-25 (土) 00:24:18};
---&color(purple){良かった、じゃあ沢山して良いですよ! win-win! (んっふー、と幸せそうな笑顔 色んな愛を一身に受けているのだ)&br;(なんだかんだ周りから疎まれないのは、べたべたくっついて見せつけるというよりも、健全なスキンシップの範囲に収まっているからだろう 兄と妹のようにすら見える ……キスとかハグは勿論、人気のない所まで我慢してるのだ)&br;……そ、それ強調されると、誤魔化した意味が無くてですね…… ……限らない、ですよね (初キスの時のエクレールの言葉を思い出す その先、その先かあ……)&br;外泊……頻繁…… あう、ええと、ひ、頻繁に、したいものなんですね (外泊の事かどうなのか、ごにょごにょ言って赤い頬を両手で隠し)&br;……エクレール先輩と、お泊り…… えへへ、良いかも…… (にへー、と緩んでしまう頬だ) ……試験終わったら、じゃあ、その ……こっそりお邪魔、しますね?}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-25 (土) 00:33:46};
---&COLOR(blue){ふふ、ではこれからも沢山可愛がりましょう(目を細めて頷く。語彙が死んで久しいが、可愛いにもたくさんの意味があるのだった)&br;(好きな人との大事な時間のためならば、そんな努力や苦労も厭わない……ちょっと人目を忍ぶのが楽しい所もないではないが)&br;そう、限らないのです……何の話か分かりませんがー(棒読みで誤魔化す。実際その先とは言った物の、具体的にどうするというのはしっかりイメージ出来ていなかったりもする)&br;(頻繁に、という箇所を確認されると自分の中でも意味が繋がってきて)……ぇ、ぁ、ぅ……そう、ですね(どちらの意味で取っても否定する要素はないので、両方を肯定するような感じの返事をする)&br;(そうだ、試験の後にでも、夏休みの予定を聞いておこう。長期休暇ならば寮の外泊申請は必要無くなる)はい、お待ちしております……ドーナツとお茶、御用意して(健全要素を取ってつけた!)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-25 (土) 00:53:01};
---&color(purple){じゃあ思いっきり甘えます 受け止めてくださいね (にこにこと顔を見合わせて笑う 甘えるのも愛情の証なのだ)&br;(屋上や使ってない奥の教室、校舎の裏など、人目を忍んでこっそり、と言うのは秘する楽しさもあってか、少女は意外と乗り気で 意外とそういう趣味の素養がありそうだった)&br;何の話か分からないデスネー…… …… (対して、こちらは知識やそういう話は耳年増 もしかすると、エクレールよりもいろいろ深く想像できてしまっているのか、目を回しそうになり)&br;……頻繁に ……ひ、ひんぱんに…… (真っ赤になりつつ、何とか持ちこたえて) ……しけんあけ、たのしみにしますぅ…… (真っ赤になりながら頷いた 今期末のテストは、それはもういい点数を取ったそうな)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-25 (土) 01:01:21};
-&color(purple){(初夏の夜空は広く、星が輝いている 涼しい風が吹く中で、少女がベンチに座っている)&br;(そわそわと尻尾の先を揺らしつつ、夜なのに制服姿 散々服に悩んだ挙句に、一番安心な服を選んでしまった 今更着替えようかと思ってもすれ違いになったら……と思うと動けず、待つばかり)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-21 (火) 21:12:29};
--&COLOR(blue){(風呂でしっかり体も洗ったし、歯もきちんと、というより念入りに磨いた。その上で……制服を着て来てしまった)&br;(そもそも持っている服が制服と、運動に適したラフな物、そして寝間着なので選択肢がほぼ無いと言って良かった。これは考え物だな……と思ったのだが)&br;……こんばんは。風が心地良いですね……隣、失礼してもよろしいですか?(声を掛けた相手──リーフも制服だったのでちょっと安心した)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-21 (火) 21:29:34};
---&color(purple){ひゃっ あ、はい! おとと (驚いて元気よく声を上げて慌てて口を押さえる 夜だからこっそり声で、こんばんは、とはにかんで)&br;あれ、エクレール先輩も制服だ あはは、先輩もそのー……ちょっと悩みました? (僕もです、と胸に手を当てて見上げる 隣に座ると仄かにお風呂上りの甘い香り)&br;(屋上のライトの薄明かり、落ち着かない様子でソワソワ身じろぎしてから) ……夜に会うって、なんか不思議な感じですねえ (ちょっと身を寄せる ドキドキしてるのが耳の赤さで分かる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-21 (火) 22:29:37};
---&COLOR(blue){(隙間を開けず、すぐ隣に腰を下ろす)ふふふ。そうですね、こういった機会に合う服が中々……(そしてすぐに気がつく、良い香り。ぐっと心拍数が上がる)&br;普段はこの時刻に出歩く事は殆ど無いですからね……それこそ、新年等の夜祭でも無い限りは(すぐ隣りに座った所に更にリーフから身を寄せられると、最早密着と言っていい位の距離感だ)&br;……と。まずはお誕生日御目出度う御座います、ですね(どうぞ、と差し出す、ラッピングされた本。十字に掛けたリボンにメッセージカードが挟んである)&br;('''『Happy birthday 来年もこうして二人でお祝いしたいですね』'''これを挟む為に態々、夜に渡す事にしたのだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-21 (火) 22:50:55};
---&color(purple){ねー、普通に私服にしようかなと思ったけど、それも変な感じだし でもお風呂上がりだし、と色々考えたら結局制服に! ……まあ、学生の正装って事で&br;(ぼんやりとしたライトに浮かぶ髪の色はいつもよりも艶やかで お風呂上り特有のしっとりした色をしていた) ふふ、特別な感じがします ……この時間、普段は部屋に居ますし こんな風にその、彼氏と夜に会うとか、入学時思ってもみなかったです&br;はい、有難うございます えへへ、本だ本だ、エクレール先輩からのプレゼントだ (嬉しそうに両手で受け取れば、リボンに挟まれたカードに気づき、それを読む ……読んで、暫く無言になってから、ぽす、とおでこをエクレールの腕に押しあてる)&br;こういうの、ズルいと思います 誉め言葉です ……今顔見ちゃダメです、真っ赤なので (あうあうと声を漏らしてから、) ……来年も、一緒にお祝いしましょうね…… (すり、と押し当てた額を摺り寄せた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-21 (火) 23:03:10};
---&COLOR(blue){私の場合私服がラフすぎて……制服、大抵の場所で違和感なく過ごせますからね……(下手すると酒場にも制服姿が居るかも知れない、そんな王都)&br;(髪のしっとり感になんだか色っぽささえ感じてしまう)そうですね……私もです。勉学に勤しみ、そのまま卒業を迎えるものだとばかり。&br;(流石、すぐにカードに気がついた。読んでる読んでる……可愛い。腕に当たる額の熱がまた心地良い)&br;……はい。必ず(リーフは見ていないが、それでも心の底から溢れる笑みはそのままに……そっと手を取り、甲に唇で触れる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-21 (火) 23:14:14};
---&color(purple){先輩のラフな私服ももっと見てみたいです! だから、沢山デートいきましょう (目を輝かせてそう言う 僕も服買わなきゃ、と楽しそうだ)&br;ふふ、僕もです ここで勉強して、普通に卒業して 卒業したらまた旅に出ようかな、と思ってましたけど…… 先輩と離れるのやだから、ここに根差しちゃおうかなあ……&br;(額を押し当てたままそう言って、そこで、手を取る大きな手の感触 そして、手の甲に触れた温かさ) ! (がば、と顔を上げて 真っ赤な顔で見つめ、手を見、見つめ) ……ぴぇ (変な声が漏れた)&br;……エクレールせんぱい、おうじさまみたい…… (手を取られてるので、隠そうとしても顔は片手分しか隠れない 照れくささと乱れる情緒に目がちょっと潤んで でも嬉しくて、手をキュッと握り返す) …… (こく、とつばを飲み込み、恋人の目を見る)&br;…… ……て、 ……手だけで、おしまい、 ……デス、か……? (ドキドキしすぎてちょっと泣きそうな顔をしつつも、潤んだ瞳で見つめ ……目を閉じる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-21 (火) 23:35:55};
---&COLOR(blue){デートを沢山、は私も望む所ですが、流石にラフすぎるので……本音を言えば先に何着か揃えておきたいですね(普段ほぼ必要なものしか買わない弊害が顕著に出た形だった)&br;(逆に、一緒に旅に出るというのも良いなと考えながら、慌てて顔を上げたり、こちらの顔を見たり、口付けた手の甲を見たり、可愛い声で鳴いたり)&br;(王子様みたい、と言われれば照れ笑いして)……そうですよ、私は貴方だけの王子様、です(自分で言って尚照れ臭いが、潤んだ瞳をじっと見つめ返す)&br;勿論……ご褒美は一度だけ、等という事はありませんとも(愛しい人が、そのつぶらな瞳をそっと閉じる。乱れてしまいそうな呼吸を抑え込むように整えながらも、半ば吸い寄せられるように──)&br;(──唇を、重ねた。触れた所から、どきどきが伝わってしまいそうな程、胸が早鐘を打っている)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-21 (火) 23:55:03};
---&color(purple){あは、じゃあ今度制服でデートしましょ お互いの似合う服を探しに! ……エクレール先輩の好みも知りたいし (えへー、と色々想像して笑い)&br;(くるくる変わる表情のすべてを、今はすべて恋人に見せる 信頼しきっているから、虚勢を飾る事無く) ……ぼくだけの、おうじさま…… (夢見る少女の表情で)&br;……そういうの、言えちゃうから、エクレール先輩凄いと思うぅぅ…… (きゅうう、と握った手にちょっと力を籠める 繋いだ場所が熱い 鼓動が伝わってしまうかも、と考えてまた恥ずかしくなる)&br;……は、はい ……ご褒美なので ……沢山、欲しいです (囁く声は少し刺激が強いかもしれない 少女のうっすらあいた唇から、緊張で震えた息が漏れ)&br;…… …… (どんなふうにキスして良いのか、夢見る乙女は色々考えていたけれど 実際にしてみた今、何も考えられず、息すら止めて 頭の中で、唇のケアしててよかったな、とか、男の人って口も自分より大きいんだ、とか、どこかでぼんやり思った)&br;(湿った唇同士が柔らかくはがれ、顔も離れてからやっと息を吐き、自分が呼吸を忘れていたことを思い出した 薄くリップを引いた自分の唇は、まだプルッとしている でも、エクレールの唇に自分のリップの色が少し移ってるのに気づいて、首までじんわり赤くなった)&br;…… (何か言おうと唇を開けるけど、閉じ、視線を彷徨わせてから、へなへなと崩れるようにエクレールの腕の中に) ……好き、です (遅れて、エクレールの背に遠慮がちに回した手で、きゅうう、と抱きしめた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-22 (水) 00:07:36};
---&COLOR(blue){それが良いですね……私もリーフさんの好みを知りたいですし(その実こちらは判断基準が動きやすさと汚れ等が目立たない色、位しか無いのである意味コーディネートしがいがある)&br;(勿論、平素であれば到底口から出ないセリフだとは思う。言いたい気持ちにさせてくれるのが、リーフという女の子なのだ)&br;(こちらからも軽く、しかししっかりと握り返す。温かくて、どきどきしていて、可愛い。触れている唇は、時々盗み見てイメージしていた通りの……いや、期待した以上に甘美な感触だ)&br;(離れていくのが名残惜しい)……ふ(気が付けばやはり自分も息を止めていたようで、隙間から小さく息が漏れた)&br;(こちらを見て、何かに気付いて照れている。そして何か言おうとして、断念して胸の中へ。なんだろう?と思うが可愛いので許す。許した。続く囁きに、また心拍数が上がる。聞こえてしまいそうだ)&br;(いや、聞こえてもいい。聞かせたい、こんなにも貴方の仕草や言葉で胸が高鳴るのだと)……私も、好きです。心の底から、好きです(背を抱き、つい、衝動的に、まだ少ししっとりとしている髪に顔を埋めた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-22 (水) 00:24:20};
---&color(purple){ふっふっふ、めっちゃ色々着せるので、前日はしっかり寝て体力温存しててくださいね……! (意外と明るい色も似合うはず、とか思いつつ)&br;(そして、キスを終えた後に抱きしめるエクレールの腕 体格の差もあって、自分を包むような抱きしめる温かさに、知らず目を閉じて身を預ける ドキドキして、恥ずかしいけど、安心する 不思議)&br;(エクレールが埋めた髪は少し湿っていて、少女の甘い香りとお風呂上りの清潔な香りが混ざった、男とは全然違うもの すり、と頬を胸板に寄せる仕草は子猫のように)&br;……エクレール先輩、胸凄いドキドキ言ってます んふふ、僕だけじゃなかった ……わかります? 僕も、凄いドキドキしてるんです (伝われ、と言うように精いっぱい抱き着く 力一杯なのに驚くほど細くて弱い腕 エクレールの身体に押し付けられる大きな柔らかさ)&br;……好き、って言われるの…… 嬉しいです ……あ、の…… (躊躇いがちに顔を上げ、甘えて濡れた唇が、) ……もう一度、したいです ……嘘 ほ、ほんとは、何度でも…… (付け加えた言葉に恥ずかしくなって でも、気持ちが止められなくてねだるのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-22 (水) 00:32:29};
---&COLOR(blue){……はい。覚悟しておきます(養父母と大きい街に出かけた時、養父がしっっっっぶい顔をして養母にあれこれ着せられていたな、と思い出す。自分は……嬉しいだろうな、とも思った)&br;(つい、やってしまったが嫌がられていない……と思う、大丈夫。しかし、途轍もなく良い香りがする。同じ人間、もとい竜なのだろうか。いや厳密に言うとちょっと違うのだが)&br;それはもう……(どうだろう、これは。柔らかいのがそれはもう柔らかいというのが伝わって尚更心拍数が上がりそうだ。それでも、自然と鼓動がシンクロしていくのはきちんと感じ取れている証拠、かも知れない)&br;私も、とても嬉しいです……(囁き返す。すると再びこちらを見る眼差し、柔らかい明かりに艷やかな唇。同じ気持ちだから、余計な言葉は要らない。ただ頷いて──)&br;(──唇を重ねた。今度は我慢出来なくなって、重ねたまま食むように唇が動いた。2度、3度、その感触を確かめるように、味わうように……)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-22 (水) 00:47:36};
---&color(purple){んふふ、楽しみです エクレール先輩なら何でも似合いそう! でも僕の好みは綺麗目カジュアル! (恋人の色んな服装を妄想して色々想像してんふふってなる少女だ)&br;えへ―、めっちゃドキドキしてます でもその、凄く安心もしてるんです ……不思議です、落ち着かないのにもっとこうしてたいって思うんですよう&br;(赤らんだ頬のままにっこり微笑み、そしてまた重ねる唇 ぷは、と離れた唇の隙間で息継ぎをしたところで、更に食まれる唇)&br;んっ ……んむ…… (ちょっと驚いて、鼻にかかった声を漏らし しかし、きゅっとエクレールの背を掴んで、愛を込めた動きを受け入れ、自分からも一生懸命口づけを返す)&br;(そして暫くして、まだ物足りないというような顔で離した唇 走った後のように浅くはっは吐息を漏らしながら、首筋まで赤くした顔の少女)&br;(恋人の顔をうっとりと見つめ……そして、ぽすっと広い胸と腕に収まった) ……あたまがクラクラひまふ…… (幸せそうに、へにゃへにゃに柔らかくなった体だ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-22 (水) 19:53:48};
---&COLOR(blue){綺麗めカジュアル……(図書館で少しそういった関連の本を読む必要があるな……と思いながら🌌🐱な顔)&br;(まだ少し呼吸の浅い恋人の背を抱いて)……落ち着いて、深呼吸を……キスの間、息を止めないよう気を付けないといけませんね(と言っている自分は鍛えた肺活量でなんとかしているだけだ)&br;(更に言えばコントロールの効かない高揚感でくらくらしているのは同じだった。自分を、そしてリーフを落ち着かせるようにゆったりと頭を撫でる。普段の軽くぽふぽふするのとは違う、愛で、慈しむ手付き)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-22 (水) 21:24:39};
---&color(purple){は、はい、……すー、はー…… ……すー…… …… (優しく撫でる手に甘えながら深呼吸をしていたら、ふと気づき、)&br;……エクレール先輩の匂い、好きです (んふー、と深く息を吐き、甘えるように頬を摺り寄せる 喉を鳴らさんばかりだ) ふふ、なんか不思議です 生まれてこの方、男の人とこんなくっつくことなんてなかったから}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-22 (水) 22:15:27};
---&COLOR(blue){……匂い、します?(『体臭の合う合わないは深刻だぞ』という養父の言葉を思い出す。役に立つ機会があるのかと疑問したものだが、なるほどこうして安心を得ることは出来る)&br;(周りが女性ばかりだったからだろうな、というのは容易に想像がつく。しかしこう、腕の中に収まって安らぐ様は子犬のような、子猫のような。尤も、庭園で猫を抱っこしてもこんなにどきどきはしない)&br;箱入り娘、だったのでしょうか(ふふ、と小さく笑う。女性に匂いの話をするのはどうかな、と思ったがそういった所にも気を配っているだろうから大丈夫、なはず)……リーフさんは、良い匂いがします}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-22 (水) 22:46:51};
---&color(purple){ん、臭いんじゃなくてこう、なんか、……じわーって胸があったかくなるんです ずっと嗅いで居たいような、包まれていたいような……&br;えへへ、お母さん2人から生まれて、上も下も女の子ばっかりだったので ……僕も、匂いします? (顔を上げ、首を傾げちょっと恥ずかしそうにしつつも、先に匂いの話をしたのは自分なので)&br;……エクレール先輩になら、匂われても良いです (へら、と笑ってそっと首に腕を回し、もぎゅっと頭を胸に抱きしめる 自分が抱っこしてもらったお返しのつもりだけど すごい、つつまれる、おおきさ}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-22 (水) 22:55:01};
---&COLOR(blue){それは良かった。もしそれが『癖になる匂い』等だったら、好きだと言われても少し悩んでしまいそうです(冗談めかして笑って)&br;はい。とても好きな……(どきどきするような、それでいて落ち着くような。そしてどこか、香木に似た……本を想わせるような)&br;(なんて言葉を接ぐ前に、顔が、顔が。鼻が谷間の辺りに来るので呼吸出来なくはないが、吸うとダイレクトにリーフを吸う事になる)&br;(吐いたら擽ったいかな、と思うと吸うしかない。吸って、吸って、吸って……もう吸えないので吐くしかない。諦めて、吸った時間の倍以上掛けてゆっくり、そっと吐いていく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-22 (水) 23:09:01};
---&color(purple){あはは、臭うってわけじゃないんですよ! こう、久々に帰った実家の匂いとかみたいな、不思議と安心するというか……でも違うな、ドキドキするし&br;(石鹸と、女の子と、紙とインクの香り 不思議な香りが混ざった少女の匂いに顔全体が包まれる) ふふ、エクレール先輩もぎゅー、ですよう 抱きしめてくれたから、僕からも……&br;……ん、ふふ、くすぐったいような…… (吸われ、恥ずかしそうにしつつも頭をなでなでして……) ひょわわわわ (吐き出す息がじんわりと胸に、下着に染みる感じ 思わず声を漏らし、小さく身震いし)&br;…… (吐き出し終わるのを待って、そっと離す 真っ赤な顔で、じっとエクレールを見て、) ……これは、ごめんなさい ちょっと、えっちだったかも しれません (首元、耳先まで赤くなりつつごのごにょ言った)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-23 (木) 00:05:36};
---&COLOR(blue){(結果、恋人の胸で思い切り深呼吸、という事に相成った。思い切り顔を上げると頭をぶつけるというか角が刺さりそうなので、ゆっくりと……名残惜しいのも否定はしないが)&br;(上げた顔は流石に赤い。そして暑い。詰め襟のホックを外すと……首元も少し赤みが強まっている)&br;ああいえ、謝る事はありませんよ。私が先にした訳で……つまり同じ気分を味わった、と(えっちだったのは否定し得ないが、いずれ夫婦となればもっとすごい事をするのだ)&br;(いや、もしかしたら夫婦になる前に、かもしれないが。兎に角、これ位でたじろいでいてはステップアップは牛の歩みよりも遅くなる)&br;正直に言いますが……いずれは、キスより先の事も、したいと思っています。ですから、二人で少しずつ進めて行けたら、と(勢い、すごいことを言ってしまった気がする。ドン引きされたらどうしよう)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-23 (木) 00:27:47};
---&color(purple){(深く顔どころか頭まで埋まりそうな谷の中、深呼吸は甘美な香りだったろう…… それはそれとして、二人共真っ赤になっている 初夏の夜だからと言う事にしよう 少女はそうやって自分を誤魔化す)&br;同じ気持ち、かなあ……? でもほら、男の人の胸と、女の人の胸はほら、こう……ちょっとちがうので…… (だいぶ違う自分の胸とエクレールの胸)&br;正直に? (何でしょう、と首を傾げたところで、本当に正直な言葉 真っ赤な耳がピンと立ち、尻尾まで硬直するくらいの衝撃! ……だけど、へなへなと力を抜いた後、顔を両手で隠し)&br;はい、いっしょに、すすみたい、デス…… キスより、先……が、がんばり、ますので …… (手をずらし、上目で見上げる) ……心の準備、しておきます}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-23 (木) 01:23:04};
---&COLOR(blue){そうですね……(自分の胸板を見る。リーフの胸元を見……ない。失礼なので。確かに一般的な観点からすれば価値が異なるかもしれない)&br;(しかし自分は幸せというかなんというか、そういう気分を味わったし、リーフも同じ気分だったら嬉しいな、とは思うのだった)&br;(ダメだったかな……とどきどきしながら反応を見る。感じ取る事が出来たのは衝撃と……恥ずかしい?)&br;(だが、続く言葉と、指の間から覗く瞳は嫌悪感ではない気持ちを伝えてくる。安堵と、喜びと、この先を思う何か言い表し難い感情とが、顔に熱と笑みを作った)&br;……はい、宜しくお願いします(囁き、頭を撫でて……額に優しく口付けた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-23 (木) 01:35:33};
---&color(purple){んむ ……えへへ、これなら、照れくさいけど、恥ずかしくないです (おでこにキスしてもらえば、へにゃへにゃと微笑み)&br;(そして、エクレールの胸に手を添えて、ベンチに膝立ちでエクレールの頬にチュッと音を立ててキスをする 身を引き、にひ、と笑って見せれば)&br;部屋、戻りましょう ……その、これ以上は今日は、僕の心臓が持たないので ……この先は、その、また今度で…… (ね?と恥ずかしそうに、でも期待を込めたような眼で言えば、手を取って歩き出すのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-23 (木) 02:23:22};
---&COLOR(blue){(恋人の蕩けそうな笑みにこちらも蕩けそうな心地で微笑んでいると、お返しの頬へのキスが来て)&br;そうですね。照れますが……嬉しいです(笑みを交わす、幸せなひと時)&br;(この先の行為は……屋上じゃない方が健全な気がする。人目はないが、気分的には屋外の範囲だ……今ぱっと良さそうな場所は思いつかないが)&br;はい、そうしましょう……(頷いて、細く小さな手をそっと握る。そして部屋の前まで送っていったそうな)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-23 (木) 19:34:02};
-&color(purple){(定期考査も終わり、春休みの前の平日である テストの結果を持ってきた少女は、学校のカフェテリアで恋人と向き合う)&br;……ふ (息を吐く、) ふっふっふ (笑う) ふはははは!!! 見てください! これ! を!! (ばばーん!どこに出しても恥ずかしくない上位陣の成績だ!!)&br;頑張りました! 頑張りましたよー! この1年で最高点です! (ほめて、ほめて、と尻尾を振る子犬のように喜色満面)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-17 (金) 20:17:26};
--&COLOR(blue){(あれだけ頑張っていたのを隣で見ていたのだから、結果が出ないはずがない……と分かっていてもちょっぴり緊張の面持ち)&br;(珍しいテンションの笑い方……!可愛い!とか思いながら成績を見れば、ぱちぱちと拍手して)おお……頑張りましたね……!&br;偉いですねぇ(頑張った子犬をいいこいいこするように、ぽふぽふと撫でて微笑む。こちらはこちらで、教師陣のしっっぶい評価態度に負けず上位をキープしている)&br;……という訳で、早速ご褒美第一弾を御用意しました……!(じゃーん、とばかりにバッグから取り出しましたるはドーナツの箱。中身はチョコレート系ドーナツ攻めだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-17 (金) 21:33:07};
---&color(purple){頑張りましたー (えっへん、と元気良く胸を張った 胸に乗ったタリスマンが跳ねた)&br;うふー、先輩方に過去問借りたり、勉強見て貰ったりもしたので…… もちろん、エクレール先輩も応援して勉強見てくれましたしね ありがとうございます! (撫でられて、んふー、と幸せそうに笑って照れる)&br;でも、僕の勉強見つつもエクレール先輩も上位って聞きました……凄い (えらい、とお返しのように手を伸ばしてエクレールの頭を撫でる エクレールと比べて小さな手だ)&br;わーっ ドーナツだー! (ぺっかー!と嬉しそうに笑って) あ、しかもチョコ系中心!これ大好きなんですよう! あれ、僕言いましたっけ? (驚いたように目を瞬かせる)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-17 (金) 22:08:11};
---&COLOR(blue){(タリスマンはつくづく良いポジションに居るな……としみじみ思いながら)&br;なるほど。いえいえ、リーフさんの努力の結晶ですとも……ですがどういたしまして(この幸せそうな笑顔……守りたい……とか思いながら)&br;ふふ、有難う御座います(少し頭を傾けて撫でやすいようにして、撫でられる。小さな手の感触に目を細めつつ)&br;ええ、先日ウィスカさんとお話しまして。リーフさんについて色々なことを少しだけ、聞かせて頂いたんですよ(ミスコン資料の確認みたいな感じであったが、秘すれば花、親友に花を持たせようと思う)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-17 (金) 22:23:15};
---&color(purple){(自分が初めて贈った(?)プレゼントが恋人の胸のうえでぽよんぽよん跳ねる光景 よく見かけます)&br;うん! 僕頑張りました! ……でも、エクレール先輩がいてくれて、頑張りたいってより思えたんですよう? だから、この点数はエクレール先輩のお蔭でもあるのです!&br;わ、わ、柔らかい ケアしてます? ……うわ、エクレール先輩かおがいい…… (限界オタクみたいな感想)&br;ウィスカちゃんと? わー、何の話したんですかあ、なんか恥ずかしいですよう! ……んふふ、でもそっか、ウィスカちゃんが教えてくれたんですね はー、うちの親友マジ優しい&br;(友人の顔を思い浮かべにこにこする) 親友と彼氏が仲良いのは、僕としては嬉しい! いつかウィスカちゃんに彼氏が出来たらWデートしましょうね……!!&br;(そんな話をしつつ、先輩の分のコーヒーも取りに行き……) いっただっきまーす! 試験無事終了おめでとうです! (はくっ!と大口開けて齧りつく もっぐもっぐしながら、全力至福のにっこり) 美味しいです、有難うございます先輩!}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 01:36:58};
---&COLOR(blue){(うらやまけしからん!しかし自分の大きさでは跳ねることは出来ない……と考えがなんかちょっとズレた)&br;ふふふ……面と向かってそう言われますと、中々照れますね(照れ笑いを浮かべつつ、結果が実って良かった良かったと頷く)&br;こう……それなりに、ですかね……実家から持ってきた物を使い切ったので、王都で同じ物を探したら馬用だったくらいですが……(馬ってつやつやだよね)&br;ええ、とても得難い優しさを持った方ですから、良い巡り合わせがあると良いのですが。&br;(有難う御座います、とコーヒーを受け取り)試験、お疲れさまでした(戴きます、とは言うが専ら彼女が幸せそうな顔をしているのを眺めてにこにこしている)&br;いえいえ、リーフさんが頑張ったご褒美ですから(そしてご褒美といえばもう1つ……しかし流石に学校のカフェテリアは少々人目があるのでどうしたものかな、と言ったところである)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 02:01:40};
---&color(purple){うふふー、照れるエクレール先輩ってのもプレミア感あって良いですね (こちらも頷き、もっくもっくとドーナツを食べる) んー、やっぱチョコが一番好き……&br;馬用 ……馬用!? エクレール先輩って時々変わりものですよね、王子様みたいな見た目なのに意外と豪快と言うか、大雑把と言うか (馬用、とちょっとツボに入りつつ)&br;んですねー、まあ、本人は焦って恋人作ろうとしてる感じでもないですし、こういうのは縁ですからね ……僕もほら、川で会わなかったら、エクレール先輩とこうなってるかどうか分からなかったですし 縁と、あと流れってありますよね&br;(ちょっと照れつつそう言ってから ……少し視線をさまよわせて) その、で、あともう一個のご褒美なんですけどぉ…… ……その&br;…… (声量を絞る 顔が真っ赤だ) ……今日の夜、寮の屋上に来てもらえますか? その、ご褒美の為に……}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 12:41:10};
---&COLOR(blue){っふふ、プレミア感は大袈裟でしょう。これから……いくらでも、見られるのですから(事前に好みを聞いておくことが出来て良かった、ともしみじみ思う。因みに沢山買ってきたので7:3(リ:エ)くらいで食べても十分満足出来ることだろう)&br;変わってますかね……?良く世話のされた馬の毛並みの美しさを見れば一目瞭然、ですから納得してしまったのですが(結局人間用に少し香料を入れた物に落ち着いたのは余談である)&br;そうですねぇ……(川での出来事をありありと思い出しつつ)縁と流れ……確かにアピール自体は十分、肩書きが付く程です。後はやはりその辺りが欲しい所ですね。&br;余計なお世話は避けたい所なので、見守るに限りますが……(と、何か言い淀むのに気が付く。そして絞った声量に思わず、少し乗り出すようにして顔を寄せる)&br;……ああ、そうです、ね。その手があったか……分かりました(消灯時間までなら事実上お咎め無しなので、部屋に呼ぶしか無いか!?とか考えていた所だった。釣られるように頬に熱が上る)&br;……ですが、今暫く間がありますので……誕生日プレゼント、一緒に見に行きませんか?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 19:35:13};
---&color(purple){い、いくらでも…… ……そ、そうですね (へにゃへにゃと照れ笑いするのだ そして、口は小さいのに気づけば溶けるようにドーナツが減っている)&br;いや、馬の毛並みは確かに綺麗だけどなんかこう、うん、ふふ (くすくす笑いつつ、ちょっと変わりものな彼氏を可愛いと思うのだ)&br;んですね、見守るしかないです…… まあ、まだ卒業まで時間もありますし! ウィスカちゃん可愛いし (深く頷いてから、内緒話) ……その、人目が無い所なので…… ……ご褒美、お願いしますね? (間近な目を見る潤んだ目 恥ずかしそうに伏せてちょこんと座りなおし)&br;……うん? あ! え? おお! (きょとんとしてから思いだす) 僕、誕生日ですね今週!! え、行きます! 一緒に行きます!! わわ、嬉しい! (きゃーっと歓声を上げて立ち上がる すでにドーナツはない) 行きます!}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 19:48:24};
---&COLOR(blue){(口ちっちゃいのに早いなー、可愛いなー。と見ていたら先日の頬に触れた感触を思い出してしまった。顔が熱い)&br;……まあ、皮膚や髪の毛が頑丈ですので、その程度のケアで済む辺りが一番の理由かもしれませんが(皮膚や髪の毛に使う表現ではない)&br;(まだ一年生なんだよなぁ……というのは、目の前で潤んだ眼差しを伏せる自分の彼女にしてもそうなのだった)&br;そうですよ、これもウィスカさんに感謝ですね……って早いですね……!(珍しくやや慌てて残りちょっとのドーナツを頬張り、コーヒーを飲み干す。機を見るに敏、私の好きな言葉です)&br;&br;(そんな訳で後片付けをした後、街へと繰り出すのだった)……プレゼント、何が良いですか?本がお好きという話も聞きましたけれども(その辺りも趣味が合う。本の内容はともかく)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 21:26:43};
---&color(purple){(食べるの早いけど食べ方は綺麗だ お母さん達の教育の賜物だろう 量?すごいよ)&br;頑丈かあー……僕も龍族だけど、油断するとすぐ荒れちゃうんですよね 髪も跳ねちゃったり エクレール先輩の髪や肌の強さが羨ましい!&br;(普段は子犬のような子供っぽさがあるが、潤んだ目で見つめる表情には確かに早熟な女らしさがある 恋の力だ 勿論、それを少女が向けるのはエクレールだけ)&br; &br;あ、本も良いですね! 僕は何でも読みますよう、流行りのノベルスも、学術書も でもやっぱり、魔術書が好きですねー……そう言う血筋なので}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 21:49:48};
---&COLOR(blue){なるほど、魔術書……すると古書店の方が掘り出し物を探すのには向いているでしょうか。&br;……あるいは、気になる本があるのでしたら、普通の書店の方ですかね(どちらも学生街にあるので有難い)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 22:03:17};
---&color(purple){ん−っと、そうだなあ……あ、そうだ! えっと、来年受けたい授業の教授が書いてる本があって、それ気になるんです!&br;新本屋さんの方行きましょう! …… (そう言って歩き始めたけど、ちらっと横目でエクレールを見れば、遠慮がちにそーっと手を差し出す 手を繋いで、と言うように)}; --  &new{2022-06-18 (土) 22:20:53};
---&COLOR(blue){ああ、予習大事ですね……と、別に授業で使う訳ではないのかも知れませんが(考え方が分かっていれば勉強も捗るだろう……とか真面目な事を考えている)&br;ではそちらで……?(視線を感じて、遠慮がちに差し出された手がちょん、と触れる。それだけでちゃんと伝わったので手を取り、微笑み返す。細くて小さくて、なんだかドキドキしてしまう)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 22:27:15};
---&color(purple){溶解魔術を専門にしてる教授なんですけど、それを覚えたら色んな魔法薬や化粧品作るのに役立ちそうなので、めっちゃ気になってるんですよう&br;(趣味に実用に有用、とそんな真面目な話をしつつも、指先はタイミングを計るようにエクレールの手の近くをふらつき、そして、)&br;ぴぇっ (握られる自分の手は、すっぽり収まってしまう 変な声を漏らし、微笑むエクレールを見上げる赤い顔の少女)&br;……えへへ、おっきいですね (それから、嬉しそうに目を細め、キュッと握り返して歩き出すのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 22:34:56};
---&COLOR(blue){ようかいまじゅつ……(一瞬頭の中にマッチョな河童の魔術師が脳裏を過ぎったが)あ、そういう……効率良く溶かす事が出来れば品質も上がりそうですね。&br;(繋いで欲しそうだったのに、いざ繋ぐとびっくりするのか……可愛いな……などと思いながらしっかりと、しかし痛くないように)リーフさんは小さくて……可愛いですね。&br;(なんて事を言ったら本選びに支障をきたしそうな気もしたが、ある程度決まっているなら大丈夫か。そうこうする内、書店に到着する)ここですね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 22:43:14};
---&color(purple){(妖怪企画って言ったじゃないか!という嘆きの声が聞こえた気がした 多分気のせいだね)&br;そうなんですよう、すりつぶして水に混ぜてこして火にかけて……って工程を全部吹っ飛ばせるので、絶対身に着けたいのです……!!&br;かわ! ……か、可愛い、ですか? えへへ、有難うございます ……エクレール先輩はおっきくて、格好良いです…… (握った手をにぎにぎしてから、ぽふっと身を寄せて歩く 頭一つ小さな彼女だ)&br;ここですね ……えっと、室内だし、邪魔になっちゃうし、離しますね…… (そう言って手を離すが、凄く残念そうだった) んーっと、こっちのー……ああ、これですこれ!&br;(新書だ プレゼントとしては特別高いわけではないが、自分で積極的に買うにはちょっと悩む そんな価格帯だ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 22:48:51};
---&COLOR(blue){(なんとなく胸に去来する申し訳無さもきっと気の所為……!)&br;単に溶かせば良いという物でも無いでしょうから、中々に奥深そうです。&br;ふふ、有難う御座います……(庇護欲を駆り立てるなぁ……としみじみ思う身長差であった)&br;ええ、流石に……ですね(とはいえ小さい子供等は繋ぎっぱなしで店内を歩いていることもしばしばなので大丈夫じゃないかな、と思わないでもなかったが)&br;高い所の物は私が……と、それですね(なるほどプレゼントとしては躊躇なく買える値段だ。冒険者で稼いでいて良かった。ひょいと手に取り)……他にも何か欲しい物あります?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 23:03:17};
---&color(purple){そうなんですよお、それに、綺麗に溶かせば溶かすだけ混ぜ合わせるのも楽になりますし、品質に直結しますからねえ…… あと、料理にも使えそう (家庭的だ)&br;(私服の時によく被ってる大きな帽子を加味してもなおエクレールの身長には届かないのだ 胸が無かったらもっと幼い印象そうだ)&br;んふー、めちゃ嬉しいです 一冊で十分ですよう!! 誕生日を祝ってもらえるなんて思ってなかったので! そもそも自分で忘れてたので……! (てへ) あれ、エクレール先輩の誕生日っていつでしたっけ?}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 23:14:27};
---&COLOR(blue){不純物の混入を抑えたり、不要な成分を排除したり……お料理は新たな地平が見えそうです(野菜も肉も完全に溶かした全く新しいコンソメとか)&br;(場合によっては妹のような存在止まりだったかも知れない、と思うと先程話題に登った縁や流れといった物を感じる)&br;なんと……ではますますウィスカさんに感謝しなければ……(学院の方角をなんとなく拝んでおく)私の誕生日はですね……愛の祝日だったんですよ。&br;ですからある意味、プレゼントは頂いた事になりますねぇ……(本格的には来年になるだろうか。そんな事を思いながら会計を済ませ、ラッピングしてもらう)……本人の前でラッピングというのも妙な話ですが。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 23:23:31};
---&color(purple){溶解魔術覚えて、料理に使っても大丈夫だって確認できたら振舞いますね!! (料理魔術研究)&br;愛の祝日が誕生日…… ……そんなタイミングで私、黒薔薇贈ったんですね!? ひゃー、タイミングよ! ……ら、来年も、プレゼント渡しますね? 今度は誕生日をお祝いとして、愛をこめて&br;(見上げ、へにゃっと笑う そして、ラッピングされるのを眺めながら楽しそうに) そうですねー、でもほら、包まれてくの見るのってなんか嬉しくなりません? プレゼントだ!って感じで!}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-18 (土) 23:28:45};
---&COLOR(blue){ふふ、楽しみにしていますね(研究熱心だなぁ、と感心する竜)&br;今となっては笑って話せる良いエピソードになりましたね。はい、それも楽しみに(愛を込めて、と来ればどうにも堪えきれない照れ笑い)&br;確かに、こうして包まれていくのも楽しいですが、中身が分かっていても解く楽しみもありますよね……プレゼント、良い風習です(ラッピングされた本を受け取って)……折角ですしこれは夜、渡しましょうか。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-18 (土) 23:33:47};
---&color(purple){楽しみにしててくださいなー! エクレール先輩に美味しいって言って!ほしい!ので!! (ふんすふんす やる気いっぱいだ)&br;笑い話ですねー、あの時エクレール先輩が花言葉教えてくれなかったら、多分僕、自分の気持ちに気づかなかったですし……(こちらも照れ笑いを浮かべつつ、しかし、嬉しそうに見上げ) あの日、薔薇を渡してよかったです!&br;は、はい、夜に…… …… (ちょっと笑いながら本屋のおじいさん店員がエクレールに本を渡すのを見つつ、恥ずかしそうに頷く 自分で提案したくせに、実際にその予定が現実となると考えるとソワソワしてしまうのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-19 (日) 17:35:36};
---&COLOR(blue){(この熱意ならば、胃袋を完全掌握される日も近い……そんな事を思いながら頷いて)&br;ええ、本当に(返礼の薔薇に添えたメッセージの『花言葉抜きに』というのは裏を返せばそれを意識していた事になる、と自分の事に今更ながらに気がつく)&br;(店員に会釈をして、書店を後にする。今度はこちらからリーフの手を取り繋いで)……さて、もうちょっとだけ時間がありそうな気もしますが……もう少しどこか回るか、寮に戻って……心の準備をする、とかですかね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-19 (日) 21:37:27};
---&color(purple){(自然な流れで手を握られ、ひにゃ、とか声を漏らしつつも、嬉しそうににへにへと頬を緩め、キュッと握り返す)&br;エクレール先輩はどっか回りたいところありますか? 僕はー……その、こうして歩いてるだけでも楽しいですけどお…… &br;(もにょ、と唇をすり合わせチラ見) エクレール先輩はいつも僕にどうしたいか聞いてくれますけど、エクレール先輩がしたい事も、言って良いんですよう?}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-19 (日) 22:22:37};
---&COLOR(blue){そうですね……(考える。普段はと言えば図書館で本を借りて庭園で読みながら猫を撫でるか、冒険者ギルドに足を運んでそこから依頼をこなすか、鍛錬か、護衛だ)&br;(……なんと彩りのない。部分部分で無くはないが、一番マシなのが読書の時間とは……そんな日常に彩りを添える、というよりも色鮮やかにしてくれるのがリーフとの時間という訳だ)&br;(つまりしたい事と言ったら『一緒に居たい』となる訳で)……なにか日用品で切らしている物があったかも知れません。市場を少し、ぶらぶらしましょうか(それは露天食べ歩きフラグでもあったのだった)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-19 (日) 22:45:10};
---&color(purple){(エクレールからの意思表示を聞けば、何でもないような普通の日常の買い物 それでも、そう言う風に意思表示してくれるのは嬉しいのだ にこー、と笑って)&br;(もぎゅ、とエクレールの腕に抱き着いて、) はい、ぶらぶらします! んふふ、エクレール先輩となら、いつもよりも楽しいですよう! (尻尾を嬉しそうに揺らしながら歩き出すのです)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-19 (日) 22:58:54};
---&COLOR(blue){(桜並木でリーフをそっと抱いた時は、いっぱいいっぱいだったのでそれ程意識せずに済んだが……)&br;(腕に抱き着いたらそれはもう、当たる訳で。当たるというかこれ半分包まれてるな、という感じで。すごい、すごいとしか言いようがない……という所で思考を無理やり打ち切る)&br;(何故なら嬉しそうな笑顔をこちらに向けてくれているから。だからこちらもにこりと微笑んで)ふふ。私もいつもの買い物より楽しい予感がしています……&br;(ひとまず雑貨を売っている通りを眺めて、あれやこれやと見て回る)……予定外の出費が増える予感もしますね……!(楽しいのでつい買ってしまう、が発生するのだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-19 (日) 23:11:07};
---&color(purple){(下着と上着越しでも分かる柔らかさに包まれる腕、ちょこちょことした歩きの度にもにもにと揺れて感触が……)&br;ふふー、そう言うもんですよねぇ あ、あれなんでしょうね! (ウィンドウショッピング 露店のよく分からないものを眺めたり、広場の大道芸人に目を奪われたり) ちょっとの無駄遣いも心の栄養になるんですよう! あ、あそこの揚げパン美味しいんですよ!&br;(長細い揚げパンに蜂蜜をかけたやつ 一本買って、さくっと一口 にへーっと嬉しそうに笑ってから、唇の蜂蜜をペロッと舐め) はい、先輩あーん (ちょっと背伸びして、口元に差し出す)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-19 (日) 23:23:09};
---&COLOR(blue){(いやらしい事を考えてはいけない……訳ではないのだが、リーフのことは大事にしたい。傷付けたくないし……言ったら止めちゃうよなあ!?)&br;(突然の悪魔のエントリーを、どういうセンスかよく分からないオブジェや、三色の箱をジャグリングしながら、何らかのギリギリを攻める大道芸人で押し流し)&br;……それもそうですね。そもそもデートな訳ですし、無駄な出費など無いと言えましょう……ふむ、揚げパン。&br;(なるほどこういう感じかぁ、と美味しそうに食べている様子を眺めていると)……ん(差し出されるままに一口)&br;(この後に控えるご褒美やら、今しがた見た蜂蜜を舐め取った後の艷やかな唇やらが脳裏を過り、気付く。間接キス……!いや意識し過ぎでは?いやいやここは素直に楽しんどけよ!)&br;(どうでも良いことで争い始める天使と悪魔は一旦置いておきつつ、黙っているとおかしいので感想を述べる)……甘くて美味しいですね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-19 (日) 23:35:41};
---&color(purple){(でも本当にそうか?意外と分かってやってるかも……そう言うエクレールの事も受け入れるかも……なんて悪魔のささやきも聞こえたりする)&br;(叫ぶなめくじのクリスタル像とか、爆走する金魚のガラス細工とか、そういうよく分からない物を見てけらけら笑う彼女さんだ 変な物好き 買わないけどね!)&br;そうそう、楽しむための出費は良い出費なのです! んふー、美味しいですか? ちょっとエクレール先輩には甘すぎるかな? (首を傾げてみあげる)&br;(エクレールが見た少女の唇は、きちんとケアされていてよく潤っている 蜂蜜を舐めても、つやッとしたリップでぷるぷるなのが判る 女子力が高いお嬢さんがエクレールの彼女なのだ)&br;あは、良かったあ! ここの揚げパンはですね、国産の小麦粉と、王家御用達の蜂蜜を使っててですねー…… (詳しく説明する少女 常連だ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-19 (日) 23:52:11};
---&COLOR(blue){(普段の反応からしたらそれは無いと思いますね。いやいや、ドキドキしながら意識的にやってんぜこれは!五月蝿いぞ脳内会議)&br;(センスとして面白みは分かる。分かるがこれ買う?プレゼントしたら案外喜ぶかも知れないけど、本当にあれで良かったのか後でプレゼントした側が苦悩するんじゃない?好きだけど)&br;あ、いえ。少し飲み物が欲しくなりますが、美味しいですよ(それは要するに甘すぎるのではないか)&br;(食べたら美味しそう、とさえ思える唇。そんな唇早々ないぜ!?奪っちまえよー!いや、夜まで待て……!脳内で勝手にヒートアップするのは止めて欲しい)&br;(……天使若干押し負けてない?と思いながら、熱心な説明に耳を傾ける)……なるほど、美味しい訳ですね。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 00:04:29};
---&color(purple){(賑やかな脳内会議にも、当たり前ながら気づかない少女 聞いてみたら判るかもしれない とりあえず事実としてエクレールへのスキンシップが多くなってきている 慣れたのか、意識してやってるのか……)&br;(気になります?とエクレールが聞けば、面白いです!要らないけど!ときっぱり返した 手元に起きたいわけではないらしい でもこういうの見てるのは楽しいので好き!との事でした 確実に本の方が喜ぶ)&br;あはは、ちょっと甘過ぎましたねえ でも、美味しいなら良かった あとでお茶でも買いましょう (そう言う屋台もあるので、と笑う 前に触れた頬の柔らかさ、しっとりした肌、頬に触れたぷにプル感、エクレールの脳内天使も抗いがたいのかもしれない……)&br;……エクレール先輩、どうしました? ちょっと疲れました? (脳内会議で反応が遅れてるのに気づいたのか、首を傾げて尋ねる) ……一回今日は帰りますか?}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 00:16:39};
---&COLOR(blue){(では脳内会議に掛けますが──秘すれば花なり、秘せずは花なるべからず。はっきり明かさないのが美しいのです。勝手に想像するから楽しいんじゃねぇか!なあ!……こいつら仲良さそうだな)&br;(そして思春期男子としては増えたスキンシップや、良い意味で高い女子力に素直に喜んでおこう、と結論づけて脳内会議ひとまず閉会)&br;そうですね、さっぱりした物を……ぁはい?いえ、大丈夫ですよ。この程度で疲れはしません(行軍演習で同期生に引かれる程むちゃくちゃタフだしぃ)……ですが、飲み物ついでに少し休憩しましょうか。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 00:30:51};
---&color(purple){良かった、なんかこう、考え事してるみたいだったので……無理しちゃダメですよ? 女の子の買い物は長いってよく言われますし (自分では分からないけど、と首を傾げ)&br;うん、休憩しましょう! そこのベンチに座って下さいな、僕、お茶買ってきますから&br;(エクレールの返答も聞かず、両手でエクレールの肩を押してベンチに座らせる 天使と悪魔の葛藤での反応が送れたことを、ちょっと調子悪そう、と勘違いしているようだ)&br;(向かいの露店でお茶を買う少女の後ろ姿 立派な尻尾と小さな背中 振り返ってエクレールに手を振る笑顔 お茶を買って帰ってきて) はい、どうぞ}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 00:40:46};
---&COLOR(blue){ああいえ、大した事は……(大した事は考えていないが、大した物については考えていた)あはは……それで養父が良く愚痴ってましたっけ。大丈夫ですよ、有難う。&br;あ、はい(座らされて、後ろ姿を見送る。うん、後姿も可愛いですね。尻尾でしっかり見えねぇがありゃお尻も大したもんだぜぇ!?お尻を見るのは止めなさい)&br;(お尻、な辺り悪魔も悪ぶっているだけかも知れない……と思いながら手を振る恋人に手を振って、こっちに来る姿も可愛いですね。とか思う)&br;(そしてお茶を受け取って)……有難う。ふふ、いつかの奢りの話はこれでイーブンですね?}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 00:49:53};
---&color(purple){僕も買い物始めるとうろうろしちゃうタイプなので、疲れたら言ってくださいね? つい甘えちゃう (甘やかされてる自覚がある甘えん坊の笑顔)&br;(悪魔のささやきで視線がそっちにずれれば、確かに、ゆったりした私服のパンツを丸く盛り上げる柔らかそうな大きさ……太い尻尾を支えるに向いた……)&br;(そんなところで振り返った少女、向ける笑顔は無邪気で 手を振り返して貰えば、照れくさそうに頬を緩めるのだ 尾の先がご機嫌そうにゆらゆら)&br;あ、そうですね ふふ、先輩とゆっくり話始めたのもあの頃ぐらいから? なんかついこの間みたい ……あの時や、このタリスマン貰った時、こんな風になるとはこのリーフの目をもってしても…… (なんて、と笑ってちょっといつもより身を寄せるようにして座るのだ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 19:22:07};
---&COLOR(blue){いえ。自分だけで回ると見ない物ばかりで、楽しいですよ。それに、どんどん甘えて下さい……恋人なのですから(少し照れつつ、甘やかし放題に甘やかすつもりの顔)&br;(あのゆったりしたパンツであの盛り上がりだぜぇ?安定感が抜群ですね。最早どちらが天使なのか)&br;(照れ臭そうにして、尻尾が嬉しそうで……可愛い。可愛いしか言うことがない。そこに天使も悪魔も無かった……それはそれとしてリーフさんマジ天使)&br;そうですね……冬から春の間に、と考えるとかなりあっという間で(タリスマンが無ければ、その後に続く色々も無かったかも知れない。そう考えると新年バーゲンセールにも感謝だ)&br;(しかしこう……隣りに座った恋人が、肩が当たるという次元ではなく、ぴったりくっついている。温かくて柔らかいし、隣を見ると思ったよりも近く感じる)&br;(やはりこれは意識的に、距離を縮めようとしてくれているのだ。嬉しいが、どきどきして仕方がない。落ち着くためにカップを口に運ぶ)落ち着く味です。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 21:57:26};
---&color(purple){……えへへ、はい、甘えます 恋人なので (照れるけれど、嬉しい気持ちを伝えるようにそう言って頷いた にへ、と緩む頬を自分の手で揉んで誤魔化した)&br;(女らしすぎるほどに女らしい体つき、なのに行動は甘えん坊の子犬 最近は恋人としての自覚も出てきたのか距離も近いのだ)&br;ですね! ふふ、これ貰った時にはまだ「優しい先輩だなあくらいだったのに、不思議です、縁って (猫なら喉を鳴らしてそうな笑顔で頷き、お茶を一口 立ってると頭一つ、座ってみると更に低くなる少女の頭の位置 少し甘えるように頭を腕に寄りかからせる)&br;(積極的な行動だけれど、見下ろせば長い耳が赤いのが判る 恥じらいや照れくささがあっても、距離は縮めたいと思う乙女心だ) は、はい、落ち着きます…… (尻尾の先がそわそわしている! 落ち着きとは)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 22:12:44};
---&COLOR(blue){(これでほんとに子犬ムーブ全開だったらとっくに理性が陥落していた事だろう……互いに少しだけシャイなお陰で良く持ち堪えている)&br;(頭が腕に来ると、嬉しいのと照れるのと驚きとで思わず、おっ、と声が出そうになった)……ええ、本当に。良い縁に巡り会えたと思います。&br;(どんな気持ちなのだろう、とちらと見てみると耳の赤みが強くなっていて、尻尾もそわそわ感がとても出ている。可愛い)&br;(ここまで来たら、こちらからもアクションを起こさねば無作法というもの。とは言えこの状態では肩に腕を回すとかはちょっと無理だ)&br;(頭に頭を重ねるとか良さそうなのだが、ここで効いてくるのが身長差である。ぬぅ。仕方がないので膝に置いた手を、リーフの手に重ねる)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 22:34:38};
---&color(purple){はい、……えへへ、そう言って貰えると僕も嬉しいです (お茶をちびちび飲みつつも、こく、と頷いて嬉しそうに返す)&br;(自分からくっついて、その後どうしようか考えてなかったのか固まってしまう少女 可愛いなどと観察されている事にも気づかず この後どうする? 変に思われてない? 逆に離れられたりー……)&br;(そんな風にぐるぐる考えたところで、お互いの間において置いた手が温かく包まれる ぴゃ、とも、ひぇ、ともつかない声を漏らし手元を見る 重ねられた手 ピン、と長い耳が跳ねた)&br;(…… 少しの間動かなくなって、へにゃりと耳が垂れ それから、) えへへ…… (すり、と遠慮がちながらエクレールの腕に額を摺り寄せる 人差し指だけ指に絡め、精一杯甘えた)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 22:50:11};
---&COLOR(blue){(直接見ずとも反応が手に取るように分かる。可愛い。自分がだらしない顔になっていないか心配になるくらいだ)&br;(押し付けてくる額の感触さえ愛しい。遠慮がちに絡んだ指を、ふにふにと撫でるように弄って)……可愛い指ですね。&br;(いっそこのままキスとかしてしまいたい位なのだが、人目も気になるし、約束は約束だ。ここまで来たら溜めに溜めた方が威力が高い、と考える。威力ってなんだ)&br;(クールダウンすべくカップの中身を口の中へと流し込む。と)……あ、夕飯も考えないとですね(いつの間にか暮れ始めた空を見て呟く)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 23:01:45};
---&color(purple){(そんな二人の初々しい様子を通りすがりの街の人達は微笑ましく見ている 常連のお店のお爺ちゃんなどは孫を見る目だ)&br;ひょわっ ……あ、ありがとうございます ……その、先輩の為に、磨いてます…… (身だしなみ、と言う意味だろうけれど、色々妄想がはかどることを口走り)&br;もう夕方! ……あっという間ですね (そう言ってプルプルと火照った頭を振って立ち上がる エクレールの手をぎゅっと両手で握って引く) 寮のご飯の時間終わっちゃいますし、行きましょ!&br;……その、ご飯食べて、夜になったらー…… …… (手を握ったまま上目で見上げ) ……屋上で、ね 先輩}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 23:07:52};
---&COLOR(blue){(普段周囲の気配に鋭敏な少年も、この時ばかりは周囲の目も気にならなかった。これが二人の世界という物なのだ)&br;それは……彼氏冥利に尽きるという物です、ね(ただただ、嬉しく思う。自分を想って、そうしてくれる人のなんと有難い事か。余計な妄想も及ばない程に)&br;(両手で引かれ、腰を上げる。そして笑みで返事をして)……はい(その後に続いた言葉には頬を染めつつ頷いた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-20 (月) 23:15:18};
---&color(purple){喜んでもらえたら、僕も磨いた甲斐があります 彼女冥利です (えへー、と笑って返して さっきよりも指を絡め、キュッと握って)&br;……学院まで、手、繋いでてくださいね (甘えるように目を細め、そう言って歩き出した 帰り道も、少し歩調は遅めで……)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-20 (月) 23:19:07};
-&color(purple){(もやもや、もやもや 一緒に自習室で試験勉強をしているけれど、勉強好きな少女にしては目に見えて集中力が無い)&br;(それはこの間の遠乗りからだ 前よりもぼんやりしている様子が見受けられる) ……んあー (今日も何度目かの溜め息を吐き、ぐうっと背をそらして伸びをした)&br;エクレール先輩、お茶入れますよう 休憩しましょう、休憩ー}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-16 (木) 20:04:52};
--&COLOR(blue){(この間から集中力を無くしている……何が原因だろうか。私の所為か……?いや、それは最早疑いようもない)&br;そうですね。少し集中力も途切れてきましたし(と頷いて返しながら、脳をフル回転させる)&br;(……までもなく、思い当たる節がない。とするともしかして祖母の言っていた👺<&COLOR(#000088){『展開が遅い!』};なのかも知れない)&br;(焦っても仕方がない、着実にステップアップしていけば良い……と考えていたがそれはのんびりすぎるのか……?等と考えている内にリーフがお茶を淹れて戻ってくる頃だ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-16 (木) 21:10:05};
---&color(purple){お待たせでーす (お茶をカップ二つ持って戻れば、自習室の外、休憩スペースに出て並んで座る) はい、お茶請けはお手製のクッキーです チョコチップなのです&br;(素朴な布包みを広げれば、ふわっと甘い香り 大きめなクッキーにごろごろチョコチップだ) 召し上がれ、ですよう&br;(薦め、それを齧るエクレールの様子を眺める またどこかぽやーっとした沈黙 それからちょっと遅れて、慌てて小さく頭を振ってから) どうですか、お味 チョコが甘いからクッキーの方はシンプルな控えめ味にしたんですけど};  -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-16 (木) 21:14:15};
---&COLOR(blue){有難う御座います。む、お手製……!良いですね、チョコチップ。好きですよ(このごろごろ加減が素晴らしい……と感心というか感激というか、そんな調子で)&br;では、戴きます(さくさく、香ばしい。そして甘さが丁度良い。自分は授業で十分足りてしまうタイプなので、復習として勉強に付き合っているのだが、それでも頭はそれなりに疲れるらしかった)&br;(やはり少しぼーっとしているな、と思いつつ)……美味しいですよ。甘みが恋しいタイミングでしたから、丁度良い塩梅です。甘い物に塩梅というのも妙な話ですが。&br;それにしても……もしかして熱でも?(自分に思い当たる所が(進展が遅い以外に)無い以上、リーフの体調の問題だろうか、と心配になって、カップを置くと額にそっと手を伸ばす)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-16 (木) 21:27:54};
---&color(purple){良いですよね、チョコ味! 僕も大好きなんですよう (喜んでもらえて自分も嬉しい、と言うようにニコニコ) 良かった! 焼き加減はばっちりだけど、ふむふむ、こういう味わいも好き、と&br;(覚えとこう、と頷いたところで、心配される言葉に顔を上げ) あ、いやいや! 全然、健康そのものー……あう (おでこに触れられ言葉を止める じわっと顔が赤くなる あうあう言いつつも、しかしその手をのけることなく) ……その、えっと、…… こ、こないだの事、その、ちょっとまだ恥ずかしくて&br;…… …… (言ってから少し迷うように言葉を留め、ぐり、と掌におでこを摺り寄せて見上げ) ……あ、あの! ……その、て、テスト、いい点取れたら ……えーっと (エクレールの触れる額が熱くなる) ……先輩からも、してくれたり、しません、か? なんて、その、えー、あはは (そわそわ尻尾を揺らす)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-16 (木) 21:37:25};
---&COLOR(blue){(味の好みが合うのは重要だ。『男は胃袋を掴め』という格言に従えば、そういう意味での進捗は十分かも知れない)&br;ふむ、少しだけ熱が……(顔も赤い。これはやはり……と一瞬思うが、続く言葉に病気ではないと理解を得る)&br;(そっと当てていた手に今はなんだか力いっぱい、温かなおでこが触れている。可愛い。ぐっと言葉を溜めるのも可愛いし、更におでこがちょっと熱くなってそれがまた可愛い)&br;(知らず識らずの内に頬は綻び、目も弓なりに細められて)良いですよ……その時は、私から。それなら、ちゃんと集中して勉強出来ますね?&br;(じっと見つめて、手は額から頬へ、ふわりと優しく撫でる。ちょっとやりすぎだろうか、と思いつつも触れたくなってしまったのだから仕方がない。この後の勉強に支障が出なければ良いが)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-16 (木) 21:52:27};
---&color(purple){ね、熱はー……多分その、風邪とかじゃない、です はい (耳を寝かせてもにょもにょ言う 恥ずかしい でもおでこを包むエクレールの大きな手が心地いいので、ぐりぐり甘える)&br;(色々感情が溢れそうなエクレールの内心は見えないけれど、優しい微笑を見ればこちらも我知らず、頬を緩ませるのだ) は、はい! ……め、めっちゃがんばります! (むふんっ、と気合を入れるように拳を握り)&br;……へぁ (頬を撫でられれば、へにゃんと手が下りる。スキンケアも頑張ってる乙女の頬は、エクレールと同じ素材だと思えないくらいにツルサラむにふにだ) ……が、がんばるます……}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-16 (木) 22:08:17};
---&COLOR(blue){では一緒に頑張りましょう(集中力が戻るならば、自分が教える効果も高まるだろう。一緒に頑張れば点数アップ間違いなし!)&br;(何かがっついているような気がするがそんな事は……いや、もう少し積極性を持って望むべきではある。あるのだが……この、抜群の触り心地をずっと堪能していたいと言うのはちょっと違うんじゃないか、自分)&br;(なのでここはグッと堪えて、しかし)……ずっとこうして触っていたい気もしますが、休憩だけで日が暮れてしまっては元も子もありませんし、お茶とクッキーが終わったら再開しましょう。&br;(触っていたい気持ちを表すだけに留まるつもりが結局その後、十数秒程頬から手が離せなかったりしたものの、どうにか休憩を終えて勉強に戻ったそうな)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-16 (木) 22:17:30};
---&color(purple){(むしろがっつき気味なのはおねだりする少女の方では?と突っ込む者もおらず、しかし、言葉にされれば耳も尻尾もピンと立てる少女)&br;……そ、その、はい ……さいかい、します …… ……へぁあ…… (そのまま触れられ続け、へにゃっへにゃになった少女は、ふらふら立ち上がって自習室に……)&br;……っ (エクレールが見てない所で、小さくガッツポーズ ご褒美の約束の喜びと、スキンケアを頑張った過去の自分への賞賛を籠めて)&br;(来週には、きっととんでもなく良いテスト結果が渡されるだろう……)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-16 (木) 22:23:54};
-&COLOR(blue){(善は急げ、という訳で早速馬を借りて遠乗りに出かけた二人。今は王都が見渡せる、広い草原の広がる高台に来ている)&br;(時刻は昼頃、お弁当タイムだ。手頃な木に繋いでおいた馬ものんびりと、水桶の水を飲んだり草を食んだりしている)&br;ふぅ……春らしい陽気が心地良いですね(大き目の織物のマットを敷いて座り、ぐぐーっと伸びをする)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 21:50:49};
--&color(purple){話を出した時期がちょうどよかったですね、気持ちいい―! (わー、と草原の中、少し高くなった場所で両腕を広げて、爽やかな春の風を受け止める少女だ)&br;(頑張ってくれた馬の首を撫でてから荷物を下ろし、エクレールの隣にポスッと座る) はい、どうぞエクレール先輩 (取り出したのは水筒 甘さ控えめの紅茶を注いで渡す)&br;(それから取り出すのはバスケット 開けば、サンドイッチとフルーツが詰め込まれている) 簡単なのですけど……朝作ってきたんですよう}; --  &new{2022-06-14 (火) 22:03:34};
---&COLOR(blue){はい、本当に。暖かすぎず涼しすぎずで……ああ、有難う御座います……丁度よい甘さです(紅茶を受け取り、早速一口。小柄な少女が隣に収まるのもだいぶ慣れてきた)&br;(慣れてきたはしたが、嬉しさはそのまま据え置きなので実質嬉しさが勝ちである。バスケットの中身を見てはまた嬉しげに)良いですよね、サンドイッチ。美味しそうです。&br;(朝作ってきた、というのも加点が大きい。思わずその姿を想像したりもして)……では早速頂きましょうか(※因みに手は魔術で水を出して洗ったのであんしん。馬の水もそれだったりする)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 22:15:23};
---&color(purple){良かった 僕も喉乾いちゃいました (もう一個のカップを使って一口潤す ほ、と息を吐いたあと、じっとエクレールの横顔を見る)&br;えへへ、美味しいですよ! ハニーマスタードのチキンサンドが自信作なんですよう (食べるのが好きな少女は、食に謙遜はしないのだ 食べて食べて、と手を洗った後にエクレールにサンドイッチを差し出す)&br;召し上がれ、です! (ナチュラルにやってるけど、はいあーん、と言うやつだ 美味しいのは真っ先に食べてほしい、と言う気持ちが強すぎて自分の行動に気づいてない 無邪気な笑顔だ)}; --  &new{2022-06-14 (火) 22:22:55};
---&COLOR(blue){(ある時、同期生に『お前……睫毛長ぇーなー』と言われてしまったものだから、教室内の一部女子が勝手に盛り上がったという逸話があるとかないとか、そんな横顔)&br;(別に何か考え事をしていた訳でもないので、視線に気が付いてリーフの方を見る。そしてにこっと微笑んだ)&br;どれにしようか迷ったら、すぐにおすすめが来て有難いですね……(ではそれを、と手を伸ばすよりも速く、差し出される)&br;(おお、これは古来より伝わりし伝説のハイ・アーンの儀式……等と思考を逸らして照れ臭さをどうにかしようとしたが、無邪気な笑顔にやられる)&br;では、いただきます……(一口。一瞬なにか食レポ的な感想を言おうとも思ったが、そんな言葉より何よりまず)……ん、美味しい。とても。自信作というのも頷けます。&br;(言葉を継ぐよりもう一口。自分で食べていたら瞬く間に手の中から消えてしまっているだろう、と思う)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 22:38:01};
---&color(purple){(時々、こうして横顔に少女の視線を感じるだろう そして、そっちを見るとパッと顔をそらして何もないように話をする少女だ)&br;(でも、今日はなんでかそれが間に合わなかったようで、目があって、そして微笑みかけられた少女は目を瞬かせ それから、へにゃっと嬉しそうにくすぐったそうに笑った ぱっと顔の向きを変えて誤魔化すけど顔は赤いままだ 見とれてたなんて言えないんだ)&br;頑張ったので早く食べてほしくって! (素直にそう言って、そして一口、二口 そして漏らされた感想に、んふー、と満面の笑み) 良かったー! 自信はあったけどほら、口に合うかは別だったので、安心しました!&br;頑張った甲斐がありました (えっへん、と胸を張りエクレールがそのひと切れを食べ終わるまで食べさせてあげて) 他にもですね、レバーパテとレタスのサンドとか、シンプルな玉子サンドとかですねー (言いながら自分も一つつまむ いつも通り、美味しいものを食べた時のにっこー!!とした至福の笑顔)}; --  &new{2022-06-14 (火) 22:46:52};
---&COLOR(blue){(目が合って笑って、それだけで嬉しいし可愛い。慌てて顔を逸らすのも可愛いし、逸らしても少し赤くなった耳は見えているので可愛い)&br;(というような事は割とのんびり考えるので、結果としてこちらからも見つめ返しているのだった)&br;(いずれ一緒に暮らすにも、味の好みの合う合わないはとても大事だ。胸を張るのにもうんうんと頷きながら、腕が疲れてしまわない内に食べ終えて)&br;シンプル故の奥深さがありますよね……後シンプルな割に意外と手間が掛かると言いますか(適当な固さに茹でて潰して調味料と混ぜて……自分は沢山作ろうとするから大変なだけかも知れないな?と思いつつ)&br;(そうしてリーフの幸せそうな顔を見て、少年からも笑みが溢れる。この笑顔、守りたい)……そう言えばこの間、私の隣に立つ、というような話をされていましたが……私、どうも思い違いをしていたような気がするんですよね。&br;そう……隣に立って戦いたい、と(脳が竜だった。だからダイエットを勧めるのと同時に、戦力として鍛えようという意識が働いたのかも知れない)&br;よくよく考えてみましたらどうもそうではないような、と。ですので、御自分が気になるのは私にはどうする事も出来ませんが……&br;少なくとも私は、美味しい物を気兼ねなく食べて、幸せそうにしているリーフさんを見るのが好きですよ、と伝えておきます。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 23:03:50};
---&color(purple){(そんな優しい目で見られているとも、自分がいつも見てるのを誤魔化してるのがバレているとも気づかず そして、見つめるエクレールの視線をちらっと見返し、にへ、と幸せそうに笑うのだ)&br;シンプルだからこそ、固さや塩加減間違えるとなんかコレジャナイになるのが難しいんですよう (そう言ってから、ちょっと甘えるようにエクレールの肩にすりっとおでこを寄せ) ……エクレール先輩の好きな味付けも、もっとこれから教えてくださいね?&br;うん? 思い違いですか? (顔を上げ、説明を聞くためにきちんと向き合う) 戦……っ エクレール先輩ディノク君みたい (男の子ってそう言うもんなんです?と思わず吹き出し)&br;(しかし続く言葉に、うあ、と情けない声を漏らし ……それから俯き、耳を寝かせ、じんわり頬を赤くして、言葉を探すようにあうあう声を漏らしてから、恥ずかしそうな小さな声で返す) あのー……ですね&br;その、ぼ、僕、結構というかかなりと言うか、人の何倍もその、食べちゃうので…… ……エクレール先輩に、変に思われたくないかなって、ちょっとその、えっと…… へ、変じゃ、ないですか? (ちらっと上目)}; --  &new{2022-06-14 (火) 23:14:09};
---&COLOR(blue){(リーフの幸せそうな笑みに、こちらもまた微笑み返す。こうして笑顔は無限にループするのだ)&br;とは言え、少し失敗したくらいならそこまで気にならないのは良い点ですが(肩に触れる感覚にも幸せを覚えつつ、手を伸ばして軽く撫でて)はい、勿論。リーフさんの好きな味も、です。&br;あまり意識はしていなかったのですが、少しそういう所があるかもしれません……(あるいは古き竜に少し感化されているのかも知れないが)&br;(リーフを優しく見守り、言葉が出てくるのを待つ。こういう表情もまた可愛い。語彙が死んでる。可愛いしか出てこない。上目遣いににっこりと笑ってみせる)……いいえ、全然。&br;リーフさんが人間だったら、あるいは色々と気にしてしまったかも知れませんが……龍なら、おかしな事は無いでしょう?人の形をしていても、龍は龍。人間と比べてどうこう、というのは当て嵌めても仕方がないと思っていますよ。}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 23:33:33};
---&color(purple){(そんな感じで見つめあってニコニコしてるから、別に皆に公言して回ってるわけじゃないのに周囲にカップル認定されてたりするのだが、少女は気付いていない)&br;自分のなら気にしないけど、食べてもらうのだと気になっちゃうんですーう んひ (撫でられて変な声が出る うれしみだ) はい、じゃあ、また作ってきます。僕の好きな味付けも食べてみてください&br;男の子ってまったくもう (しょうがないにゃあ……と笑って) 僕、家族に女の子しかいなかったから、男の子のそういう嗜好は分かんないですけど、うん、そう言うもんなんですねえ (何となく納得はした)&br;(恥ずかしさも躊躇いも、笑顔も驚きも、感情を素直に顔に、耳に、尻尾に出す少女だ にっこり笑っての言葉に、へにゃっと安心したような笑顔も隠せない)&br;……良かったぁ えへへ、ちょっとこう、無理してました めっちゃお腹減って、こっそりウィスカちゃんとご飯食べ行ったり…… …… でもですね?&br;(唇を尖らせ、指をすり合わせるようにしてもにょもにょ) ……彼氏にどう見られるかなって、こんなに自分が気にする子だって思わなかったので ちょっと意外でした 自分でびっくりです}; --  &new{2022-06-14 (火) 23:43:17};
---&COLOR(blue){(こちらも時々『身長差……』とか聞こえてくるのを不思議がっているのだった)&br;なるほどそれは確かに……(変な笑い声さえ可愛い。そろそろ口から溢れるんじゃないか、可愛いが)ええ、是非とも。&br;理解が速くて助かります(何れにせよ一緒にまた素材採集に行く事もあるだろう。そういう意味では隣に立って戦うというのは無くはないのだが)&br;(こちらとて隠そうというのではないが、男の子として格好つけたいのもあって全部が全部表に出る訳ではない。良くないかもなぁ、とも思ってはいるのだが)&br;(兎に角ずっとにこにこして止まらないのは隠しようがなかった)気にしないで、とは言いますが、やはり気にしてくれるというのは嬉しいものです。彼氏冥利に尽きるというものですよ。&br;そういう所も……(別に誰が聞いている訳でもないが、前に手を付き顔を寄せて、そっと)好きですよ(と囁く。頬が少し熱くなってきた)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 23:56:53};
---&color(purple){(身長差30兌紂でもその身長差良いよね……してる勢が居るとも知らず、二人は学院でほんわかカップルしているのだった)&br;でしょ? そう言う事なんです! ……んふふー、先輩お肉好きって言ってたので、今度お弁当はお肉三昧で色々試してみますね! 塩味辛味、甘炊きみたいなのも良いなあ (色々考えるのも楽しそうだ)&br;ふふ、でも、後方支援ならちょっとはできますよう! 最近中級魔法も少しずつ出来るようになってきたので!! (全属性も積み上げて育っているのだ、とまた胸を張った)&br;彼氏冥利、ですか? んふふ、じゃあ、程々に気にします! でも、ご飯は我慢しないようにします! (そう言って笑顔で安心のもう一口しようとサンドイッチに手を伸ばしたところで、顔が近づき、甘い囁き 目を丸くして、固まって)&br;(まだ微妙にカップルの自覚が出来ていない少女は🌌🐱な顔をしていた その頭にはエクレールの囁きがぐるぐる そして、そこに混ざるのはユイと交わした話題 照れくささと、幸せと、恥ずかしさと、混乱が ぐるぐるして、気付けば、少女はちょっと顎を上げて)&br;(顔を近づけて囁いたエクレールの頬に、ちゅ、と口づけをしたのだ) …… (した後で自分の行動に気づいて、耳の先まで赤くなって、顔を離し、あわあわ声を漏らし、それから) ……僕も、好きですぅ…… (真っ赤な顔を両手で隠して俯いた上で、もにょにょ、と返事した)}; --  &new{2022-06-15 (水) 00:07:32};
---&COLOR(blue){いろいろな味、楽しみです(その実、思い浮かべているのはリーフの料理姿だったりする)&br;ふふふ、背中は任せました……!(胸を張るのも可愛いし、大きいし可愛い。素晴らしい。語彙レベルがどんどん竜化している)&br;(いきなり距離を詰めすぎただろうか。戦いの間合いは意識せずとも測る事が出来るのに、こういう時は全くと言って良い程分からない)&br;(元の姿勢に戻ろうかと思った所に)……!(ぷるんとして、でも柔らかくて、そんな感触が熱の増す頬に触れる。そして照れながらの返事、胸の奥が熱くなるように感じた)&br;……嬉しいです。と、昼食の続きに戻りましょうか、そろそろ馬が退屈してくる頃です(そうして、照れからやや言葉数少なめに昼食を再開した)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-15 (水) 00:24:57};
---&color(purple){(間合いを心配した少年 同じ位間合いバグってる少女 でも、お互いの気持ちが通じたのは分かって、視線を交わし、照れ笑い)&br;は、はい! えっと、あの、お茶、おかわりします……? (そんな感じでぎこちなく、でも幸せなピクニックを過ごしたのでした)}; --  &new{2022-06-15 (水) 00:32:58};
-&COLOR(blue){使用するしないに関わらず作成はしておきましょうか。寮住まいに頻発する謎のカップル空間……}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-12 (日) 22:55:56};
--&color(purple){ヒョコッ! 有難うございます!!今後はこっちに……!いやー、個別コメントページってありなの忘れてたってお母さんが言ってました(テヘペロ)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-14 (火) 00:05:21};
---&COLOR(blue){相談欄にでも一言書いておけば良かったですね……!(なでぐりなでぐり)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 00:07:47};
---&color(purple){いえいえー!つまりはこれで人目を気にせずイチャイチャなんですね判ります(撫でくられにへへー)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-14 (火) 00:10:02};
---&COLOR(blue){隠しページではないので人目から逃れる効果は……!&br;どちらかと言うと、なんとなく来客が気不味くて行き辛い現象を避けられるのが利点ですね(膝に乗っける)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 00:15:49};
---&color(purple){まあほら、新婚さんのリビングのカーテンが開いててもわざわざのぞき込む人がいないような感じで……いるかな? いるかも……&br;照れますね……うへへ……(ちょこんと乗っかる、体格にしては多分のっしり 尻尾と胸とお尻のせいです)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-14 (火) 00:19:50};
---&COLOR(blue){態々見に来るのは物好きということで……実際にやると捕まるので注意して下さいね。&br;自分で乗せておいてなんですが、これはかなり照れますね……(後悔はしないがこの密度感は危険が危ない。そして普段身長差約25cmの距離もぐっと縮まり更にドキドキだ。顔が近い)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 00:28:06};
---&color(purple){陳列罪になるとは聞いたことが……!&br;ふふふ、半メタな感じて話してるので今はあれですが! しんちょうさは良いものです……ふふふ、いちゃこら覚悟してくださいね!&br;今日は寝る時間!なのでお休みなさいです(お膝でスヤァ……)}; -- [[リーフ>ARA/0017]] &new{2022-06-14 (火) 00:41:22};
---&COLOR(blue){まあ閉め忘れという事もあるのでケースバイケースのようですね(便利ワード)&br;らじゃーです。初々しさ重点(腕回したら腕挟まるな……と思いながら)覚悟の準備をしておきますね……!&br;おやすみなさい!(庭園に居ると猫に良く膝の上で寝られるのを思い出す竜。でっかいねこだ)}; -- [[エクレール>ARA/1124]] &new{2022-06-14 (火) 00:49:06};