以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

生まれた時から身体が弱く、長く生きられないとされていた。
藁をも掴む思いで両親は親類に居る吸血鬼に頼み込んで吸血鬼化
しかし幼くして両親が流行病で死亡。その吸血鬼の元に預けられ育てられるが
血液の入手は容易く無く、それまで血を吸うこと無く代替品で暮らしており吸血鬼の紛い物に近い存在へとなっていた
引き取った吸血鬼はよくしてくれていたが、居心地の悪さも感じており今は使われてないという館へと独り移り住む事にした

尚預けられた際に血液を口にしようとしたが、意識と身体が受け付けなかった
預けられた際、そして館に残されていた書物に何か代替品を摂取できる方法は無いかと思案し…致し方ないとその方法を試す事とする


タイムスタンプを変更しない