qst022287.jpgポイフルナンバーズ格納庫


qst021899.jpg
ID:250541
名前:ポイフル・ナンバーズ
出身家:メイカー
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer

管理者:ポイフル・メイカー

ポイフルの進める世界征服のための戦力となるためのメカ達。
その中で最も運用しやすいメカはどれなのか、冒険者を雇い、このマシンに搭乗させることによって、その成果を見ようという思惑である。
現在はおおむねの結果が出た為、最終調整段階に入っているらしい。

PN-00 ハリボー・ゼロPN-01 ヘクト・カチェスPN-02 マハ・トローリPN-03 ラクト・ノ・ベール
稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴
PN-04 ピーキー・トスPN-05 ネプト・フィアーPN-06 リッシューPN-07 リュー・カオン
稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴
PN-08 コリスPN-09 ギムベル・ベルPN-10 デクノ・ボーPN-11 ダブル・アイ
稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴
PN-12 ヘリメスPN-13 マハ・ロッドPN-14 名称未設定(警備子)開発中
稼動停止中/調査履歴稼動停止中/調査履歴稼働中unknown

機体資料格納庫 Edit

PN-00 ハリボー・ゼロ Edit

  • [武装] 巨大サーベル
    • 全長4.6m 重量2.4t
    • 試作一号機、巨大サーベル一つで戦う近接型。
    • 2.5mある大太刀を振るう、この一点のみに重点を置いて開発されたテスト機体。
    • テスト機体とはいえ、構造はしっかりしており、現行のPNと張り合っても引けを取らない。

PN-01 ヘクト・カチェス Edit

  • [武装] 電磁スピア、バルカン、ミサイル
    • 全長3.7m 重量1.8t
    • 正式な一号機、素早さに重点を置いて開発されている。
    • テスト機で得られたデータを参考に、より最適化を計り、全体的な性能の向上に成功している。
    • 特に運動性に関してはハリボー・ゼロの2倍近い数値を叩き出している。
    • 再調整されたヘクト・カチェスにはレットの作成したジャベリンを巨大化+強化したものを持たせている。

PN-02 マハ・トローリ Edit

  • [武装] バルカン、ガトリングガン、誘導式ミサイル、炸裂弾頭ミサイル、拡散型バズーカ、ビーム砲、
    • 全長6.3m 重量3.9t
    • 二号機、初の射撃特化機体、多くの射撃武器を搭載している。
    • あらゆる射撃武器で敵を寄せ付けないその様は正に動く要塞。
    • アレもコレも詰んじゃえと悪ノリし過ぎたのか重量が半端ない事になっており、少々敏捷性に難有り。

PN-03 ラクト・ノ・ベール Edit

  • [武装] 催眠音波放出器、つるつるスプレー散布、ステルス迷彩、デコイ、等
    • 全長3.2m 重量1.4t
    • 三号機、趣味に走った機体であり、様々な変則兵器が積まれている。
    • 催眠音波により、相手に幻覚を見せることが可能、つるつるスプレーは散布する事で辺りをひたすら滑りやすくするというある意味性質の悪い武器。
    • その他にも様々な機能があるが、ほぼ全てが悪戯に使うようなもの、うまく使えば実戦で使えないこともないが、センスを必要とされる。
    • お気に入り機体であるらしく、稼動テストでなくてもよく乗って遊びに出かけていた、半ばポイフル・メイカー専用機になりつつある。

PN-04 ピーキー・トス Edit

  • [武装] 魚雷、放電、(試作兵器)水中拡散レーザー
    • 全長5.8m 重量2.2t
    • 四号機、電撃攻撃を主とする、水陸両用メカ。
    • 防電処理を施しており、水中で自らが放電することにより、周りの敵を沈黙させる。
    • 試作品として水中の光の乱反射を利用して発射される、拡散レーザーが搭載。
    • その変則的な動きは捉えることが困難だが、発射する側も命中させるのが難しいデメリットが残る。

PN-05 ネプト・フィアー Edit

  • [武装] 拡散熱放射機、絶対防壁(バリア)
    • 全長12.8m 重量6.5t
    • 五号機、放射熱を自ら発する移動要塞型メカ。
    • 唯一の武器はその熱放射、一定範囲に高熱を振り撒き、あらゆるものを焼き、溶かす。
    • 防熱処理が施された機内は安全、操縦室はクーラーが完備、涼しい。
    • ほぼ全ての物理攻撃、ビーム兵器を通さない最新鋭のバリアを搭載、しかし、この頃は魔術について精通していなかったため、魔法には全く耐性を持たない。
    • これってバルディオs…「何の話かなこやすくん?」

PN-06 リッシュー Edit

  • [武装]
    • 六号機、凡庸性のある機体がコンセプト、バランスよく武装がまとめられている。

PN-07 リュー・カオン Edit


PN-08 コリス Edit

  • [武装]
    • 八号機、素早い動きからの正確な射撃を可能にした、ヒット&アウェイ型メカ。

PN-09 ギムベル・ベル Edit

  • [武装]
    • 九号機、初の空中戦特化型メカ、その耐久を生かした突撃が最大の武器である。

PN-10 デクノ・ボー Edit

  • [武装] レールガン、カタパルト、煙幕
    • 十号機、敵要塞攻略が目的の『超』長距離射撃メカ。
    • コンピュータ制御によるカタパルトは風力、重力、抵抗力を正確に割り出し、『超』長距離の投擲を可能とする。
    • 主力のレールガンは超射程を有するが、その分チャージに時間がかかる。

PN-11 ダブル・アイ Edit

  • [武装]
    • 十一号機、夜戦特化型メカ、広範囲を感知するセンサーを持ち、暗闇でも相手の位置を正確に知ることが出来る。

PN-12 ヘリメス Edit

  • [武装]
    • 十二号機、リッシューに続く第二の凡庸性重視のメカ、バランスの良さがウリ。

qst021532.jpg

PN-13 マハ・ロッド Edit

  • [武装] クロー、荷電粒子砲、火炎放射器
    • 全長4.1m 重量3.1t
    • 十三号機、強行偵察用メカとして作られた、高い戦闘力、偵察力を有し、純粋な戦闘用メカにも遅れを取らない。
    • 四足歩行で多少機動性は劣るが、空気圧の利用により、壁、天井を自由に闊歩することができる。
    • 開けた地形でもそれなりに戦えるが、この機体の真の能力が発揮されるのはやはり敵基地へ侵入してからであろう。
    • 芹沢研究所?テープ奪還作戦時に破損、そのまま置いてきてしまった為、運用停止中。

qst039707.jpg

PN-14 名称未設定(通称:警備子) Edit

  • [武装] レーザービーム(ただしビームは目から出る)
    • 全長?m 重量0.047t
    • ロボ子?の型枠+サヨリに貰ったリュウグウノツカイの遺伝子+ホムンクルス+ナノマシンで構成された実験的な生体アンドロイド。
    • 深海生物特有の空間把握能力を引き継ぎ、研究所の周辺、直径3kmの範囲を監視することができる。
    • 語尾に「あります」をつけ、非常に礼儀正しいのが特徴。
    • 周辺警備が仕事であるが故に、研究所からの外出は許されていない、本人は自分を研究所の一システムとして認識している。

Last-modified: 2008-12-28 Sun 22:19:00 JST (4176d)