#navi(..//)
*J・D/スヴァローグ     [[http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst028168.png>HRBG/0010#j0d2ff7b]] [#q0e4f350]

|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|
|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#ffaa00):CENTER:410|BGCOLOR(#ffcc88):CENTER:68|BGCOLOR(#ffeedd):110|BGCOLOR(#ffcc88):CENTER:68|BGCOLOR(#ffeedd):110|BGCOLOR(#ffaa00):|BGCOLOR(#888888):|c
||>|>|>|>|>|BGCOLOR(#ffaa00):CENTER:''- SOUL MASTER -''||
|~|&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088768.png,400x400);|称号|>|>|異分子||~|
|~|~|名前|>|>|J・D|~|~|
|~|~|読み|>|>|ジェイ|~|~|
|~|~|容貌|>|>|常に死んだ顔|~|~|
|~|~|惑星|>|>|コジマ|~|~|
|~|~|戦績|>|>|0142勝048負15分|~|~|
//|~|~|襲撃|>|>|0235勝00負00分|~|~|
|~|~|>|>|>|BGCOLOR(#ffaa00):|~|~|
|~|~|本名|>|>|大道譲介|~|~|
|~|~|性別|男性|年齢|27|~|~|
|~|~|職業|>|>|マルチレーサー|~|~|
|~|~|霊圧|>|>|主に夜|~|~|
|~|~|企画|>|>|CENTER:[[HOBBY ROBOT BATTLE G>企画/THE HOBBY ROBOT BATTLE G]]|~|~|
|~|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#ffaa00):|~|
|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|
&br;
|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|
|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:410|BGCOLOR(#888888):|c
||>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- SOUL UNIT -''||
|~||形態|>|>|ソウルロスト|&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088767.png,400x400);|~|
|~|~|名称|>|>|スヴァローグ|~|~|
|~|~|外観|>|>|四脚型機動兵器|~|~|
|~|~|全長|20m|重量|25t|~|~|
|~|~|操縦|>|>|手動操縦+神経電位接続|~|~|
|~|~|戦術|>|>|重砲撃戦|~|~|
|~|~|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):|~|~|
|~|~|CP|>|>|2/76|~|~|
|~|~|出力|17 (20-3)|精密|17 (15+02)|~|~|
|~|~|速度|30 (25+05)|防御|10 (10+00)|~|~|
|~|~|HP|>|>|1500|~|~|
|~|~|変形|>|>|オールパージ:出・精・防−10・速度+30|~|~|
//↓の行詰め禁止


|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):320|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#888888):|c
|||>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- SUB PARTS -''|||
|~|~|名称|M型神経置換装置|補正|無し|説明|初期装備|~|~|
|~|~|名称|アキュレイトセンサS|補正|精+2|説明|機体の精密動作をサポートする小型の追加センサー|~|~|
|~|~|名称|脱出装置|補正||説明|全損でも死亡扱いにならない|~|~|
|~|~|名称|増加スラスタM|補正|速+5/出-3|説明|機体の高速機動をサポートする中型の追加スラスター|~|~|
//↓の行詰め禁止

|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:40|BGCOLOR(#eeeeee):211|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:80|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:80|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#888888):|c
|||>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- WEAPONS -''|||
|~|~|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:武装|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:形式|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:威力|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:射程|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:弾数|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装填|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:重量|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:特殊|~|~|
//ここから武装
|~|~|1|RX02-MD180mmバズーカ|射撃実体|1800|3〜8|5|2|−|−|~|~|
|~|~|2|RX02-MD180mmバズーカ|射撃実体|1800|3〜8|5|2|−|−|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|貫通弾と炸裂弾の切り替えにより多目的な破壊を可能とする重砲撃火器|~|~|
|~|~|3|粒子放出|近接EN|1000|0〜1|∞|−|−|−|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|機体内を巡る極めて有害な粒子を放出する事による全方位汚染|~|~|
|~|~|4|突貫|特殊近接|3500|0〜3|1|特|−|使用後戦闘不能|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|オールパージ時のみ使用可能な全力加速による自爆攻撃|~|~|
//ここまで武装
|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):|~|~|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|
//詳しい説明は別途説明欄を設けよう!


#region(イベント用)

|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|
|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:410|BGCOLOR(#888888):|c
||>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- SOUL UNIT -''||
|~||形態|>|>|ソウルリバイヴ|&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088781.png,400x400);|~|
|~|~|名称|>|>|チェルノボーグ|~|~|
|~|~|外観|>|>|二脚型機動兵器|~|~|
|~|~|全長|25m|重量|41t|~|~|
|~|~|操縦|>|>|手動操縦+神経電位接続|~|~|
|~|~|戦術|>|>|汎用戦闘|~|~|
|~|~|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):|~|~|
|~|~|CP|>|>|0/300|~|~|
|~|~|出力|40 (40-0)|精密|40 (40+0)|~|~|
|~|~|速度|180 (180+0)|防御|40 (40+0)|~|~|
|~|~|HP|>|>|3000|~|~|
|~|~|変形|>|>|アドバンスドブースト:出・精・防−20・速度+60|~|~|
//↓の行詰め禁止


|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):110|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:68|BGCOLOR(#eeeeee):320|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#888888):|c
|||>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- SUB PARTS -''|||
|~|~|名称|M型神経置換装置|補正|無し|説明|初期装備|~|~|
|~|~|名称|緊急管理コードFFFF|補正|無し|説明|初期装備|~|~|
|~|~|名称|空間接続コードFFFF|補正|無し|説明|初期装備|~|~|
|~|~|名称|SU検索コードFFFF|補正|無し|説明|初期装備|~|~|
//↓の行詰め禁止

|BGCOLOR(#888888):|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:40|BGCOLOR(#eeeeee):211|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:80|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:80|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#eeeeee):CENTER:60|BGCOLOR(#aaaaaa):|BGCOLOR(#888888):|c
|||>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):CENTER:''- WEAPONS -''|||
|~|~|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:武装|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:形式|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:威力|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:射程|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:弾数|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装填|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:重量|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:特殊|~|~|
//ここから武装
|~|~|1|光波掌底|近接EN|1800|0〜1|E|−|−|−|~|~|
|~|~|2|光波ブレード|近接EN|1600|1〜2|E|−|−|−|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|掌に備え付けられた光波調整器によるビーム格闘|~|~|
|~|~|3|光波照射|射撃EN|1500|1〜5|E|−|−|微誘導|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|掌に備え付けられた光波調整器によるビーム射撃|~|~|
|~|~|4|臨界光波刃|特殊近接|3500|1〜3|E|5|−|防御無視|~|~|
|~|~|~|~|>|>|>|>|>|>|両掌の光波調整器を重ね臨界させる事による極大のビーム刃|~|~|
//ここまで武装
|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#aaaaaa):|~|~|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#888888):|








#endregion

**諸々の設定 [#veef6fd2]

#region(長くなりそうなので格納)
***J・D [#g0388bb9]

まるで幽霊の様な精気の無い顔をした逞しい肉体の男性。~
戦闘では決して足を止める事無く機械染みた、もしくはそれ以上の精密性を持って重火力で相手を仕留めるスタイルを取る。~
そしてその精密性は戦う毎に更に増しているという。~
キャラクターはエディットの跡は無く純粋なスキャンのみを用いているが不気味な程に表情を感じさせない。~
言葉にも抑揚が無くお喋りな設定をされているNPCの方が余程人間性を感じるだろう。~
本名は大道譲介でありかつてはプロのレーサーとして数多くの輝かしい杯を手にしてきた過去を持つ。~
日本人としても史上で数える程しか居ないWRC優勝経験あり。~
しかし数年前不意に事故を起こしてしまい再起不能の身となっている。~
文字通りの再起不能であり回復が困難と見込まれる程の意識障害でとてもHRBGを行える状態ではない。~
だが事実として登録上だけでなく多くのデータがこの男を大道譲介と物語っている。~
ただし華やかなりし時代の彼を僅かにでも知るのなら別物に感じる事だろう。~
惑星上では何かに突き動かされるように、同時に無機質にPVPを行い続けている。~
接触を求めるのならば任務やPVPなどに出ていなければいつでも出会える筈だ、24時間いつでも。~
~
尚これらの情報は現在では改定されておりHRBGで彼と出会うのは主に夜の数時間のみとなる。~

~
~


***スヴァローグ [#l9ca2f41]
KOTOHOGIYAからもフィギュアが発売されているロボットアクションゲームArsenal Cavalryシリーズの四作目に登場するRFAC。~
RFとはReinforcementの略であり新型、強化型のArsenal Cavalryを意味している。~
その性能は既存のACを遥かに凌駕するものであり僅か数十機で世界を相手に勝利したとされる、~
のはあくまで元のゲーム中の設定でありHRBG内では常識的な範疇の性能を持つ重火力機である。~
手に入れたければHRBG内の企業ショップにも並んでいる程度のありふれた品。~
ただしスヴァローグに搭載されている謎のサブパーツに関してだけは何処にも存在し得ない。~
その名はスラブ神話の火と生の神であり現世とあの世を切り離し死から人を救う神でもあるという。~
~
~

***チェルノボーグ [#v5491e61]
戦いは新たなステージへと銘打たれたイベントにて撃破報酬として配布される予定だった黒のユニット。~
HRBGに於ける上位層のマスター達へのエンドコンテンツとして始まったイベントだったが、~
何を履き違えたか上位層ですら途中のイベントを攻略するだけで限界の無茶な難易度としてお出しされた。~
最大の問題点としてイベント内でのゲーム速度が常人ではめまいを起こす程の猛烈なモノであり、~
野生の山猫でも探してるの?やメタトロンの意思でも感じねーと無理だよこれ!などの散々な評価を受け、~
結果クリア出来た者は皆無でありこの機体をPV以外で目にした者が極僅かな完全な黒歴史となった。~
KOTOHOGIYAによるフィギュア化の計画も頓挫し企業ですら殆どがその記憶から消した程である。~
今ではその残滓はPVか詫びPLA集めを趣味とする者の倉庫内にしか残っていない。~
イベントでの最終目標だけありその性能は文字通り超人にのみ扱いこなせる杜撰な調整となっている。~
その名はスラブ神話の黒の死神とされているがかつては二柱の創世神として白神と協力しあっていたとされる。~

***惑星コジマ [#pf067a5e]
錆びた鉄粉と毒性の粒子が入り混じった風の吹く荒涼とした滅びの香りを放つ争いの星。~
七色の大気や崩れたビルや大地に突き刺さった宇宙船の成れの果てがマスター達の眼を楽しませる。~
この惑星では任務上での決闘などが日常茶飯事でありPKマークが付与される事はない。~
ただしあまりに勝率が異常なマスターには特殊な称号として「異分子」が与えられる事がある。~
それ以外には基本的には退廃と争いに満ちた文明的な世界観を醸し出すだけの惑星だが、~
中には半ば立入禁止区域とも取れる程の速度でHPの減少する重汚染エリアなどが存在する。~
そうした短期決戦向きのPVP御用達の惑星だが他の旨味として古代文明の高度な遺物という設定のパーツ掘りも可能。~
~
~

***中立エリア [#e9b76c95]
荒廃した惑星には似つかわしくない程に区画整理され整った都市エリア及び、~
似つかわしい荒廃した辺境エリアが担当しエリア内での戦闘が禁じられている。~
機能的な差は無く無機質なガレージを選ぶか荒廃したガレージを選ぶか程度である。~
J・Dは主に辺境エリアのガレージ内でぼんやりしている事が多い。~
~
***惑星コジマで出会える戦闘狂達 [#qf53ebc7]

|CENTER:ディスリーヴァ|CENTER:リプレイス|CENTER:パイルストレート|
|『肉切り包丁』の異名を持つ近接戦闘型ソウルユニット。&br;マシンガンとレーザーソードによる近距離主体の削りを主体とし、&br;相手が追い込まれたと見れば汚染粒子を放ちレーザーソードと併用した高DPSで敵を仕留める。&br;堂仁と交戦、撃破され装備の見直し中。趣味は盆栽。|惑星コジマでトップ10入を果たした新進気鋭のソウルユニット。&br;肩部大型ロケットとバズーカ二丁という超重火力と瞬間加速を巧みに振るう。&br;その戦い方は何処か惑星コジマのナンバーワンと似通っているという。&br;尚ナンバーワンは現在思春期のリアル妹に苦労しているという噂。|トッツキニストと呼ばれる惑星コジマで多く見られるソウルユニット。&br;武器はパイルバンカーのみという極めて極端な編成を好む集団であり、&br;その突撃方法は様々だが惑星コジマでも概ね下位のランクを占めている。&br;しかしその一撃の威力だけは油断出来ない。当たればの話だが。|
|CENTER:ファイアブレッシング|CENTER:インペラータ|CENTER:黒風白雨|
|チーム『ミサイル同好会』に名を連ねるミサイル偏重型ユニット。&br;両腕、両肩、両脇、胴体に短距離多連装ミサイルを装備している。&br;圧倒的な面火力と猛烈な高DPSを誇るが反面重量超過により機動性に極めて劣る。&br;弾薬費も桁違いである為非戦闘系の稼ぎで見ない日は無いという。|『皇帝』の異名を持つ惑星コジマ最高位ソウルユニット。&br;威力に富んだプラズマライフルと連射性に富んだパルスライフルを持ち、&br;爆発半径に優れた肩グレネードと腕部光刃の汎用性重視の構成。&br;惑星コジマで数少ない『異分子』の称号獲得マスターでもある。|カルト集団『ガチタニズム』に属する重タンク型ユニット。&br;ガチタンの例に漏れず速度を全力で切り捨てている反面、&br;通常のユニットでは搭載の難しい高威力光学兵器を多数装備している。&br;装甲も厚く重要塞とでも呼ぶべき編成。HRBGソフトボールクラブに所属。|
|CENTER:グリムリーパー|CENTER:アッシュボーン|CENTER:クドラク|
|レーダーは疎か有視界ですら捉える事が困難なステルスユニット。&br;サブパーツだけでなく武装にすらステルスパーツを採用しており、&br;唯一の武器である実体剣による不意打ちに全てを注いでいる。&br;その為か不意打ちを防いだらそのまま去っていった等様々な都市伝説を持つ。|火炎放射器や熱拡散型ロケット砲を中心とした熱量攻撃型ユニット。&br;火炎で視界を奪いながら相手をオーバーヒートに追い込む事により、&br;様々な性能低下を齎し相手のペースを崩し押し切る戦いを好む。&br;その射程を活かし建物内で遭遇する事が多いという。閉所恐怖症。|『倒される度に更に強くなって蘇る』を標榜する吸血型ユニット。&br;実際はエネルギー吸収兵装で身を固め出力極振りの格闘で殴り掛かり、&br;負ける度に出力にCPを更に振り格闘の威力を高めるRP型マスター。&br;コジマでは低ランクに属するがその極端さに一定数のファンが居る。|
|CENTER:EOC199X|CENTER:テストゥド|CENTER:トータルバランス|
|チーム『ミサイル同好会』に名を連ねるバイク型二輪ユニット。&br;HRBGでも最大威力の一つとされる『Nミサイル』のみで装備欄を埋め、&br;更にサブパーツに大型弾倉を四積みという偏重編成を常としている。&br;その極端な編成により見た目にそぐわぬ鈍重さ。マスターは『モヒカンクラブ』にも所属。|全身にシールドを装備した超大型超重装甲ユニット。&br;その巨大さから要塞型ユニットに分類されるが装備枠の問題上攻撃方法は格闘のみである。&br;ただしその巨体と出力を活かした高威力の格闘は生半な機体を粉砕する。&br;長期ミッションの際には修理系や補給系サブパーツを揃え簡易拠点となる事も。|総合栄養食系クッキーをエンブレムとして掲げる汎用型ユニット。&br;装備は手堅くマシンガン、ライフル、単発ミサイル、光刃。&br;コジマでのランクや勝敗数も常に平均的な位置を求めているが、&br;勝敗数調整に上位層に勝利する事もあり真の実力はかなり高いという。|
|CENTER:トップスピード|CENTER:エアセイルフィッシュ|CENTER:メルセナリオ|
|『HRBG最速』を自称する速度最特化型ユニット。&br;スラスタLの四積に加え速度のみにCPを振るという極めて極端な編成で、&br;火力面に於いては描写の邪魔だと初期装備のみという徹底ぶりを見せる。&br;惑星コジマランク最下層組。非公式HRGBコジマレース前々年度優勝者。|トッツキニストと呼ばれる惑星コジマで多く見られるソウルユニット。&br;名の通りカジキマグロ状のユニット頭部にパイルバンカーが装着されており、&br;惑星コジマ上空を回遊しながら標的を探している。&br;精度は低いがその加速は凄まじい。HRBG釣りクラブ会員。|現在惑星コジマにて暫定二位と評されている強豪ユニット。&br;両手に装備したアサルトライフルによる高精度の連射に加え、&br;肩部に装着されたリニアレールガンによる狙撃を得意とする。&br;『領主』から『皇帝』にと極めて意欲的に腕を磨く隙の無い姿勢。|
|CENTER:ルーズキャノン|CENTER:ローカストプレイグ|CENTER:スリンキー|
|圧倒的大火力によって地形毎殲滅する重火砲型ユニット。&br;グレネードとバズーカ、更に肩部大型ミサイルを装備し、&br;その圧倒的な爆発半径と威力による豪快な勝利を至上としている。&br;マスターも後腐れの無い豪快さだが、私生活では慎ましやかな会社員。|『蝗害』の名の如く無数の小型遠隔攻撃ポッドを主兵装とするユニット。&br;こうした数の多い遠隔装備は対処の容易な自動式が多いが、&br;敢えてマニュアル操作にし驚異的な認識能力で相手を追い詰めていく。&br;反面その大攻勢を切り抜けられると途端に凡庸となるユニット。|両腕、胴体、両脚がバネ状の構造をしている異形のユニット。&br;その構造を活かしたテクニカルな移動、回避の独特な戦いを好む。&br;特に市街地や閉所を得意とするが反面開けた場所を不得手としている。&br;古風な玩具を好んでおりガレージには1900年代の古い玩具が並んでいるという。|
|CENTER:ブラックウィドウ|CENTER:バレットレイン|CENTER:ノブレスオブリージュ|
|汚染粒子系装備によるDOT戦法を基本とした黒い四脚型ユニット。&br;DOT戦法の為装備の基礎威力は低い値で抑えられているものの、&br;それらを手数で補う事で実戦レベルにまで引き上げたDPSを誇る。&br;最近現れた他の黒い四脚ユニットの戦歴ばかり話題になり対抗心を燃やしている。|全身に連射系実弾火器を搭載した火力特化型ユニット。&br;両肩のチェーンガンと両腕のバルカンによる掃射に加え、&br;遠隔操作型実弾兵器により面に於いても点に於いても高い火力を誇る。&br;反面連射実弾の弱みとして重装甲のユニットを苦手とする。自称晴れ女。|騎士道精神を標榜する純近接戦闘型ユニット。&br;両腕の実体シールドとビームシールドにより敵の攻撃を防ぎ、&br;接近次第卓越した剣技によって相手を圧倒する戦いを得意とする。&br;自主的な治安維持にも勤しんでおり新人を保護する事も多い。古流継承者。|
|CENTER:インベラータ|CENTER:テイカカズラ|CENTER:ワンショットキル|
|『皇帝』の異名を持つ惑星コジマ最高位ソウルユニット。の偽物。&br;色合いだけは同じだが全体的に既製品が占められ良く見るとまるで違う。&br;腕前も比べるべくも無い為定期的にぬか喜びする者が現れる。&br;ただしRPは貫いており『皇帝』からも「まあいいんじゃないか」との事。|電撃鞭による行動阻害とDOT装備を組み合わせた近接型ユニット。&br;純粋な技量による凌ぎ合いだけでなく精神面にも着目しており、&br;加虐心の強い挑発とその戦法で相手の冷静さを奪い勝つ事を得意とする。&br;陶酔感を与える特殊な声をしており戦闘後にファンになる者が多い。|レア発掘品である超超超大口径ビームキャノンを装備した砲撃型ユニット。&br;弾数1でリロード時間1000を代償にHRBGでも最大級の威力を誇るビーム兵器のみを持ち、&br;これが外れればそのまま敗北を認めるという潔い戦法を取る。&br;重火力チーム『大口径クラブ』会長。個人勝率は低いがチーム勝率は高い。|
||||
||||

***M型神経置換装置 [#pd442fbe]
現在ではボードゲームに於いてすらリアルタイム性を求めた作品が存在しており、~
過度とすら言える程ゲーム全体が加速する中優れた記憶力だけでなくそれに追従するだけの神経が求められている。~
無論それを強く必要とするのはトッププロと呼ばれるごく一部の存在ではあるが彼等が数多の勝利を稼ぎゲームを先鋭化させているのは事実。~
しかし今更それを止める事は出来ない、鈍足化したゲームに一般層は満足する事も出来ず先鋭化の果てにはプレイヤーの散逸を招く事だろう。~
であれば一般層をより加速させてしまえば良い。~
ある種のコリン作用性の物質及びアダプトゲン、リン脂質と光学及び電磁波等を用いた神経新造による感覚野の増大。~
これを現実と非現実の境界が曖昧となった脳へと行えば高い効果を発揮する事が証明されている。~
そしてその境界を曖昧とする事を目覚めたまま可能とするのが感覚に働きかける次世代、次次世代フルダイブ技術だ。~
現にそれらに対し過度に高い適正を持つと思わしき者達による未帰還と呼ばれる現象が発生しているのだから。~
我々は今すぐにでもこの技術に関し研究と共に権益の確保に強く当たるべきだろう。~
現在スマートドラッグと呼ばれるそれらの薬と私の技術が組み合わされば市場には成長と勝利に酔い痴れた者達で溢れる事となる。~
~
そう提唱していたVR機器開発に携わっていた神経科学者の姿は現在企業に無くそのデバイスが市場に出た事は無い。~
事実として脳改造と呼ぶべきその倫理に悖る行為を企業側が受け入れられなかったからだ。~
~
~
***巻島英治 [#q86c8e4d]
19XX年帝都大学医学部卒業。「短光パルスと脳神経の可逆的変異の可能性」にて博士号取得。~
数年後帝都大学霊長類研究所神経生理部門講師に。以降教鞭をとり38歳の時教授となる。~
著書である「痴呆を防ぐ為のテレビの観方、聞き方」がそれなりに売れる。~
20XX年外部顧問としてフルダイブ機器の研究開発に携わる。~
如何にして現実と同等の感覚を齎すか、またその悪影響など、~
神経科学の専門家として多岐に渡り協力。~
五感再現技術の完成の前後に外部顧問の座を降りる。~
~
人物としては老年期前後の白髪の老人だが極めて苛烈で、自己顕示欲が強い。~
自身の知性を存分に活かせる事を何よりも誇る反面それが受け入れられない場合、~
その存在に対し極度とも言える強い敵愾心を持つ危険人物。~
ただし結果の伴わない行動を強く嫌う為入念なテストを尊重している。~
服役予定。~
一年の服役。~
[[外見はドロッとした眼を持つナイスミドル。>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088801.png]]~

~
***黒い死神事件 [#i0867481]
かつてこの世界で無かった事になったイベント配布用ユニット「チェルノボーグ」と、~
それを駆る謎のマスターを従えた謎の怪人物による世界ランカー及び惑星ランカー襲撃事件。~
本来GMやそれ以上の管理権限を持つ者でしか使えないユニット招致機能や特殊エリアを用い、~
連日連夜猛威を振るい続け数百戦の後に数名のマスターによって撃破された。~
運営側はあくまで少々悪質な、と言い含めたユーザーイベントであると発表したが、~
怪人物の奮った権限が運営側でしか使えないモノであった事など謎が残されている。~
幾人かのマスター達は今回の事件を起こした怪人物の名前を出しているが運営は黙秘しており、~
怪人物が運営側の愉快犯…もしくは何らかの取引があったのではないかという推測も語られている。~
~
~

***獲得報酬 [#x5c2b76e]

|BGCOLOR(white):一般名称|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):効果|BGCOLOR(white):説明|BGCOLOR(white):所持数|
|カスタムポイント||機体改造用ポイント|同文|32|
|PLA||ゲーム内通貨|持てば持つ程使うのが惜しくなる|6500|
|アキュレイトセンサS||精+2|機体の精密動作をサポートする小型の追加センサー|2|
|増加スラスタM||速+5/出-3|機体の高速機動をサポートする中型の追加スラスター|1|
|脱出装置||全損でも死亡扱いにならない|オート作動する緊急脱出装置|1|
|増加装甲S||防+1|機体の防御力を補強する小型の追加装甲パッチ|2|
|増加装甲M||防+5/速-3/精-3|機体の防御力を補強する中型の追加装甲パッチ|1|
|[[『偽りのクリスマスツリー』>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088769.png]]||部屋用の飾り|季節イベントボーナス、夏でも飾れる|1|
|ジェネレイトスラスタM||出+5/速+5/防-10|ジェネレータ内蔵追加スラスター&br;軽量化のため防御が低下する|1|
|バリア||出-5/ダメージを1000軽減、それ以上のダメージを受けると2ターン使用不可|割れるバリア|1|

|BGCOLOR(white):一般名称|BGCOLOR(white):|BGCOLOR(white):攻撃力|BGCOLOR(white):射程|BGCOLOR(white):使用回数(マガジン)|BGCOLOR(white):リチャージ|BGCOLOR(white):装備条件|BGCOLOR(white):重量ペナルティ|BGCOLOR(white):特殊|BGCOLOR(white):説明|BGCOLOR(white):所持数|
|ビームソード||1300|0〜1|3|1|出15|-|-|出力を向上させた近距離用エネルギー剣|1|
|備前長船||1700|0〜1|-|-|精20|-|判定に出力の代わりに精度を用いる|名工の手による刀を再現したもの|1|
|アサルトライフル||1000|2〜4|4(5)|1|-|-|-|標準的な中距離用実弾兵器|3|
|マイクロミサイルポッドM||1200|2〜4|3|-|-|速-1|自分の攻撃時ヒット判定に+2|同時発射数を増やした小型ミサイルポッド|1|
|シールドマシンガン||800|1〜2|4(5)|1|-|速-1|防+1|シールドが備え付けられたサブマシンガン|1|
|ビームサーキュラー||1000|0〜1|3|1|出20|-|防+10/パリィ時も使用回数が減る|中型の実体シールド|1|
|ビームマグ||900|0〜1|3|1|4|-|-|高威力な近距離用ビーム兵器|1|
|2連装ミサイル||1500|3〜5|2|-|-|速-1|自分の攻撃時ヒット判定に+3|中型ミサイルを2基搭載|1|
|パイルバンカー||2000|0〜1|1(3)|1|-|-|-|液体炸薬を用いた強力な杭打機|1|
|ワンポイントスクリーン||1200|0〜1|3|1|-|-|防+10/パリィ時も使用回数が減る|ビームシールド系装備。&br;展開が瞬間的・限定的な為出力負荷が小さいのが特徴。|1|

#endregion



**対話は可能 [#j0d2ff7b]

&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst065603.png,nolink,文通スイッチON); &ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png,nolink,既知可);

|#pcomment(この戦いの向こうに、答えはあるのか,2,adove,reply)|
|[[http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp002053.png>編集:この戦いの向こうに、答えはあるのか]]|

 &br; &size(){}; &ruby(){}; \/ ''''

~
~

**使うか分からない相談スペース [#u1fce696]

|#pcomment(この戦いの向こうに、答えはあるのか,1,below,reply)|


//お気に入りのロボ・マスター応援祭り!
//ストーリーが気になる度ナンバー1!忍者とどうなるのか楽しみ
///複雑な話じゃないので予定さえ詰まらなければ乞うご期待!


//譲介復活イエーイ
//そりゃINしっぱなし=寝っぱなしなら筋肉衰えるよなあと納得しつつ
//自分やほかのマスターの体力も心配になりました
//それにしてももともとACネタで構成されていたとはいえ
//まさか強化人間+違反機体でラスボス化しようとは…
//そして不愛想に見えユーモア心溢れるステキキャラだったと思います
//マッドサイエンティスト+いいおじいちゃんな巻島博士も!
//そして、チェルノボーグイベントに参加させていただきありがとうございました
//治らない前提でキャラ作ったため、ジェイが壊れ脳を治療してると言い出した時は
//どうしよう、どうすんだこれ!?と困惑したのもいい思い出…
//しかしお陰様でキャラの方向性はより固まり
//ただの捻くれ者で終わらずに済みました
//イベント主催お疲れ様でした!よいお年を!(M
///そして明けましておめでとうで返す!
///多分1、2年後ぐらいには何やかやあれどもライセンス再発行してテレビに出てくるかも
///今は寝たきりでも新型の電気刺激でむしろ筋肉を増やせるという話もあるし
///未来のお話ならその辺りのネトゲ用グッズなんかも出ていたり…?
///大道の場合は全身チューブ塗れの周辺機器塗れなので最低限で済まされたとか、多分
///素敵だと言われると本当に嬉しひ…
///実際Jに黒い機体に死神に人を超える技術とACのラスボスの要素をこれでもかと兎に角詰め込みまくりつつ
///ACシリーズ伝統の人間が人間性を捨てて機械の様になる、の真逆で技術によって壊れたモノが人に戻るを目指し申した
///ホビーと聞いて本当は悪の博士巻島メインの予定がこれ味付け濃くて自分が胸焼けするな?とJと交代した背景は秘密です
///そして告白するならば磨璃音ちゃんに対し治療を漏らしたのはちゃんと設定を読み込んでいなかったからであり…
///これから起こる個人イベントに酷い事したかも!!!と悶絶していた事を告白します
///更にイベントを仕込み含め凄く盛り上げてくれてありがてえ…ありがてえ…と拝んでいました…
///お陰で最高のイベントになりました!本当にありがとう!