[[街人/田舎娘あとロボ]]/[[街人/薄幸の吸血鬼]]

|COLOR(white):BGCOLOR(#302833):|COLOR(white):BGCOLOR(#302833):|c
|[[編集>編集:lunar eclipse]]||
|>|#pcomment(lunar eclipse,2,,reply,nodate)|

#region
- 
-たまにはふつーに来るよっ。あともうこれは絶対だってわかってたけど。案の定生理来なかったよ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 03:50:28};
--&color(#f0908d){こんばんは、おねえちゃん♡…って、それってつまり…(ぱぁっと顔を明るくして)&br;あ、でもちゃんと病院とかで検査して知っておきたいですね?…えへへっ(ちゃんと確認したくもありつつ、嬉しさに地に足がつかない様子で)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 04:00:22};
---うんっ、孕んでる人はだいたいいつも身近にいたけど。自分がするのは初めてだからね!&br;(アリーの両手を握ってぴょんぴょんっ)&br;とりあえず、店長に相談したらお仕事に支障ないようにって、お腹に結界つけてくれたよ。&br;(お腹まくると淫紋みたいなのがついてる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 04:05:42};
---&color(#f0908d){ということは…おねえちゃんの始めてを、私が…♡&br;(手を握り合ってぴょんぴょんしながらも、こんな運動してお腹に影響が…!?と思っていると)&br;結界ですか?……これが?(服を捲って見せられる淫紋っぽいの、妙にやらしく感じ少し顔を赤くしながら)&br;…ちなみに、この結界ってどういう効果が?}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 04:14:11};
---防御力高めたりステータス異常防ぐ魔法ってあるじゃない? あれの子宮にかけるやつだって。精液かかると子宮が&br; 反応しちゃうので。それをふせぐとか、あと病気予防。(バステ予防だし)&br; アリーの赤ちゃんだから大事にしてあげないとねー。すこーしお腹も膨らみ始めた感じあるし…♡&br; (お腹をまくってみせたまま、ちょっと顔を赤らめて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 04:23:45};
---&color(#f0908d){ああ、何となくイメージはわかります。…そういうのがあるんですね(便利ですねと深く頷きながら)&br;…改めて段々実感が湧いてきて、それに比例する様に嬉しさが後からどんどん溢れてきます。(触っても良いですか?と、手を伸ばそうとして)&br;…私も、おねえちゃんの受けとめて生理が来なくなったら、同じ結界つけて欲しいですね(そう言いながら微笑み)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 04:34:29};
---店長もなんかすごい子沢山だったらしくって。そういうの詳しかったので。うんっ一緒にお腹おっきくしちゃおうねぇ♡ 私もがんばっちゃうから♡&br;うんっ、ちょっと寒いからくっついて温めてぇ♡ (手をほってお腹にふれさせて。ついでにくっついてくれていいのよって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 04:56:47};
---&color(#f0908d){…何度かお見かけした様な事はありましたけれど、そんなにお子さんが沢山いらっしゃるように見えない位お若く感じましたけれど。(と、感嘆した様子で)&br;実は、私ももうすぐ生理が来そうだと言われてるので…わ、私も一緒に頑張りますっ♡&br;大事に、大事に温かくしましょうね…?(お腹に触れながら、身を寄せて…お腹を撫でながら温めようとして)所で、外寒かったですよね?&br;…おねえちゃんの手、暖めさせてもらえますか?(そう言いながらシャツの胸元を開いて差し込める様に)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 05:12:33};
---ぬふふぅーお腹に直にアリーがくっついてあったかーい…。んっ…いいの?手結構冷たいよぉ?…ほらっ♡&br; (ちょっとだけ意地悪な笑みをしてアリーの胸の中に手を差し込む。室内よりももっと暖かい人肌に触れて、&br;少し手の痺れるような感じがする)&br; アリーの肌があっついねぇ♡&br; (もう片手はアリーの腰を抱き寄せてすりすりと擦り寄る) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 05:20:49};
---&color(#f0908d){おねえちゃんのお腹…触ってると気持ちいー…。えへへ…おねえちゃんが暖まってくれる方が大事ですから…ひゃんっ!?&br;(差し込まれて思わず声を上げる、思った以上に冷えててちょっと驚きながら)&br;あ、あはは…おねえちゃんに会ったらいつでも身体も顔も暖かくなっちゃいますよ♡&br;ん…っ(腰を抱き寄せられて、密着しながら…こちらからも抱きつく様に腰に抱きついて。)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 05:29:59};
---(身体を密着させてすりすりと頬ずりして。あったかくて柔らかくてきもちがいい)&br; ねぇねぇ、お腹にほっぺたくっつけてみない?ふふっ前からちょっとやってみたくって♡&br; (アリーの髪に柔らかく指を通しながらそう言って) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 05:40:36};
---&color(#f0908d){(包み込まれるような安心感を覚えながら、身を預けようとしつつお腹に負担にならないようにと気を遣いながら)&br;お腹にですか?あ、は、はいっ!是非!(髪を手漉き撫でられながら、その申し出に二つ返事で答えて)&br;それではー…っ♡(少し屈んでお腹に頬をくっつけようと)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 05:47:49};
---はーい♡&br; (なめらかなお腹の感触が頬にあたって。まだ大きく膨らんでるわけでもないし、胎児が動くわけでもないけれど。&br; 暖かくて、柔らかい。小さいお腹だけど、そのぬくもりはゆりかごとしては申し分ないもので)&br; はやくおっきく育つといいねぇ♡&br; (アリーの頭を優しく撫でながら、うれしそうに) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 05:55:06};
---&color(#f0908d){ん…♡&br;(実際に触れてみて、まだまだ成長は時間が掛かりそうではあるが…しかしそこに宿る存在を感じ取れる様な気がして)&br;(少し頬ずりをして、お腹の感触を…ぬくもりを感じつつ)&br;本当に…待ち遠しいですっ♡でもこの大きくなるまでの時間も嬉しいです。…こんなに、嬉しかったんですね&br;(しみじみ、呟いて…おねえちゃんと、生まれてくる子の為なら何でも出来るっ!そんな風に実感して)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 06:10:38};
---ふふっ私も…楽しみで…!生まれるの秋ぐらいかなぁアリーより一月早くなるのかな。&br; (触れ合う気持ちよさは同じ、だけどいままでとは違う暖かい気持ちも強くわいてくる)&br; あーっあとねー。ほら今どんどんおっきくなってるけど、元々は半分アリーの精液じゃない?ずーっとアリーのがお腹に&br; 入ってる感じで…そう考えると…ふふふっ。&br; (アリーをなでなでしながら、頬に手を当ててぐへへぇって。まぁまだ受精してから数週間。いままでのソニアが急に変わる&br; わけもないので)&br; アリーも孕んじゃうといいよぉすっごい気持ちいいから♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 06:29:28};
---&color(#f0908d){んと…多分あの時、おねえちゃんの所に泊まりに行った時の事ですから…そのくらいでしょうか?&br;(改めて思い返す。酔いも程々で大体のことを覚えてて、少し顔を赤らめながら)&br;…ん、そうですね。元々私の出した物、と…おねえちゃんのが一緒になって…すごいですね生命って(と、撫でられながら頷いていると。普段の調子になっているおねえちゃんの様子に、自然と笑みが溢れて)&br;…それじゃあ、孕んじゃうまで…おねえちゃんのを出して下さい、ね♡(恥ずかしげも無く、そんな風に口にして。こういうのも悪く無いですと、すっかり影響を受けた様子で)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 06:41:07};
---うんっわたしも頑張っちゃうから♡ あっお薬飲んで大丈夫かは確かめとかないと。あとー…アリーもいっぱい食べて&br; 体力つけないとねー♡ 私も赤ちゃんの分まで栄養いっぱいつけるし。&br; (そう言いながら自分もしゃがんで、抱きついてアリーとほっぺたをくっつける)&br; 一緒に頑張ってママになろーね♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-20 (土) 06:55:00};
---&color(#f0908d){そういえば…一応お薬ですから、飲んで色々と影響あってはいけませんね。あ、それはそうと…おねえちゃんの身体と赤ちゃんに負担かけないように私が、動きますから…♡&br;(体力も付けたいですしね?と、ほっぺを擦り付けあいながら)&br;はいっ♡ママになりますっ!先んじてパパになりますけれども…(と、改めて宿してるところを撫でながら…少し羨ましげに感じている様子で)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-20 (土) 13:37:17};
---ありがとうねアリー。ふたりともパパであとママでーふふっ。なんか可笑しい、でもうれしいなぁ♡&br;(おなかを撫でるアリーに腕を回してぎゅっと抱き寄せて)&br;大丈夫っアリーもすぐにママにしてあげちゃうから…♡ そろそろ、赤ちゃん産める身体になりそうな匂いはしてるんだけどねー?&br;元気な赤ちゃん産める女の子は匂いでわかるって言うの。&br;(ふんふんって鼻をくっつけて、息でくすぐる。別に特殊能力ってわけじゃないけど。ソニアの村のローカルな生活の知恵みたいな奴である)&br;まぁーアリーは吸血鬼だから、ちょっと人と匂い違う気ぃもするけど。…あっ嗅いでたら興奮してきた…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--&color(#f0908d){本当に…私に赤ちゃんが出来るなんて、こっちに来た時は思ってもみませんでした。だからこそ喜びも大きいんですよね…あ、おねえちゃん♡&br;(抱き寄せられて嬉しそうに頬ずりをして)&br;気持ちや心の準備はとっくに出来てるんですけれども…そうなのですか?&br;(匂いを嗅がれて少しくすぐったそうにしながら、密着していると身体が火照っていくのを実感しつつ)&br;私も、おねえちゃんと一緒に居るだけで最近はそんな気分に…♡えっと…産める身体になった時にすぐに妊娠できる様に、練習…してみませんか?(折角ですし、と…スカートをたくし上げて見せて)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---いつも練習ならいっぱいしてるけど…もっちろんいいよっ!子作りえっちは大事だし。赤ちゃん出来ても。いっぱい愛しあうのも大事大事。&br; お腹の赤ちゃんにいっぱい気持よくて幸せな気持ちを伝えてあげなきゃね♡&br;(鼻息でくすぐっていたアリーの頬を舌で撫でて。たくし上げられて誘われるまま、指を下着の縁に差し込む。腰骨と鼠径部の窪みの辺りを柔らかく指の腹で撫で回し) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){おねえちゃんと練習するのなら私はいくらでも…。わぁ、ありがとうおねえちゃんっ!&br;あ…♡ん、もうくすぐったいですよ…悪く無いですけれど♡&br;(頬を舌で撫でられて、嬉しそうに身体を揺らして。下着の縁から差し込まれた指で…興奮が抑えられないでいて)&br;…そう言えばさっきも言ってましたけれど、おちんちんの生えるお薬飲んで大丈夫なのでしょうか…?(と、そんな話をしてたのを思い出して)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あー…お酒はやめたほうがいいっては聞いたけど。そっちはもともと呑んでないし。&br;おちんちん生える薬はどうなんだろう…?飲んだあと特別気分悪くなったりとか副作用はないけど…。&br;あっちなみに。あれをアリーが飲んで私に中出しするのは全然だいじょうぶだって♡&br;(子宮にかけた結界の効果で、流産の原因になる子宮の収縮やなんかも防ぐので)&br;でも、性別変わっちゃうのは間違えて飲まないようにしなきゃね…ちょっとおっかないのでっ。&br;(そう話ながら、猫が毛繕いするようにアリーの頬と顎をぺろぺろっ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){前にお話に出ていた貼り付けておちんちんが生えるシールは‥・どうなのでしょうか?&br;一応、おちんちん生える薬は大体都合が良い内容だったと聞いてますけれども。&br;…お腹大きくなっても、中に出しても良いんですよね?(安定期になれば大丈夫だとは聞いた事があるが、そんな事を言い出した辺り…ある意味でたくましくなったのかもしれない)&br;実際そうなったら…試す気には全くなりませんけれども。案外お腹に赤ちゃんがいると薬自体が無効化されるとか十分ありえますね&br;(やりませんけれどもと言いつつ、くすぐったそうにしながらお腹を撫で回しつつ手付きは段々下がっていって)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---赤ちゃんは大事にしないとだからねっ。あっでも妊娠中ほとんどの間エッチして大丈夫なので。お仕事もそんな休まなくて大丈夫みたい。&br; (言いながら下腹部に触れるアリーの手を撫でて…。こっちはおかえしにスカートを脱がして優しくお尻を撫でてあげる)&br;シールの奴はね、作ってる人に聞いたら。薬飲むよりもっと身体に影響でないようにした。ただのおもちゃです。だって。&br; 前に宴会芸で腕増やすシール作ってその台紙の流用だって…。&br; (今度は自分の上着を脱いで。おしゃべりしながらも、アリーに足の間を触らせながら、少し前かがみになって膝立ちのままアリーの背や胸、そしてお尻を愛撫して…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){そうですか…良かった。ん、と…私が妊娠させて、生活に支障きたしたらどうしようかなと内心で思ってたりで…それに…(やっぱりえっちな事をしたいと言うのも思ってたという…やらしくなりすぎたでしょうかと言葉にはしないものの態度からは見え見えで)&br;(ここから…この辺りにいるんですよね、と撫でながら実感する様に。そうしてスカートを脱がされ下着越しにお尻を撫でられれば、軽く腰を揺らしてもっとしてほしいとねだりながら)&br;…使ったことは無いんですけれど、精液とかはでないのですね。&br;……腕やおちんちん以外にも増やせるんでしょうか?その…おちんちんをもう一本、とか…胸とか…?&br;(我ながら何を言ってるんだろうと思いつつも、少し胸が大きくなった様な…そう思いながら、雰囲気に包容力が増したおねえちゃんに指を這わせ、太ももから脚の付け根を撫であげて。感じやすい所を愛撫されながら、下着もズレて胸の先端などを覗かせて}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---えへぇっアリーがすごくえっちに積極的になってくれてうれしいっ♡ 私を孕ませて自信ついちゃったかなっ!&br; (愛撫していた手を止めて、思わずぎゅって胸を押し付けるように抱きしめて。胸を触れ合わせながら両の頬にキス)&br; いっぱい色々してみようねぇ…♡ 私もっとアリーとえっちしたいし…。アリーに赤ちゃん産んでって言われて…種付けえっちしてぇ…。&br; 最っ高に気持ちよかったんだぁ…だから、アリーにもしてあげたいって♡&br; (腕を交差させるような格好でお互いの秘部に指を這わせあって。刺激しあう) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){おねえちゃんとえっちな事をするのがすっかり好きになっちゃって…えっちなことに興味持てる様になったのはおねえちゃんのおかげですから♡&br;(押し付けあう胸、先端がすでにピンと立っている状態で擦り合わせつつ柔らかな感触を堪能する様に少し身体を揺すり…キスを受けてこちらからも頬に口付け。)&br:色々と…です、ね♡あ、あの…お尻も、妊娠には直接関係無いですけれどしてみたいなって…する方もされる方も。&br;ん、ぁぁ…♡は、ぁ…っもう、こんなになっちゃってますよ♡(足を開き、自ら秘部を指で開いて触りやすくしながらもう一方の手はおねえちゃんの秘部を撫で這わし)&br;…だから、おねえちゃんにしたみたいに…私にもおねえちゃんの赤ちゃんを、お腹に宿させて下さい…♡}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ絶対っ絶対するからっ!&br; (二人の指はもうお互いの愛液でぬるぬるだ…。おもむろにソニアは指を引き抜いて舐める)&br; んふっじゃあうまーく子種汁絞れるように、おちんちんの気持よくさせかた練習しちゃおうか?&br; (鞄からさっき言ってたシールを取り出すと、割れ目に手で抑えるようにペタリとあてがう。&br; するとペニス型のタトゥーのようなシールは、濡れて肌の凹凸そのままに張り付いて。2次元の影の中から&br; 浮かび上がるように。勃起したおちんぽがソニアの股間に現れる。&br; 薬を用いた時みたく、息が上がることも身体が熱くなることもない。ほんとに気の利いたペニパンみたいなもんだ)&br; アリーのご飯にはならないけど。コレも感覚はあるし。精液っぽいのは出るんだよ♡ ほらっおいでぇ♡&br; (そう言ってぺたっとお尻を付けて座って足を広げる。まっすぐ上を向いた亀頭がびくんっと震えながら先走りをこぼした) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--&color(#f0908d){えへへ…♡あ…っ♡&br:(目の前で愛液まみれの指を見せつけるように舐められて思わず喉を鳴らし)&br;は、はいっ!練習、練習で…気持ち良く…なってもらいます、ね…?私も気持ち良くなっておかしくなっちゃうかもしれないですけれど&br;(そうして用意されるシーツ、目の前で貼り付けられるのを見せられ…そこから浮かび上がる男性器そのもの、と言っても過言ではない存在)&br;(しかもすでに臨戦態勢と言った様子のそれを目の当たりにして…招かれればフラフラと顔を近づけ)&br;本当、ですね…匂いも近い様な気が…んん、ぷ…味は何か違う…気が…ふ、ぁ…ぷ…っ(先走りをこぼす先端に、口をつけてそのまま軽く咥えながら…上目遣いで見つめてもごもごと口を動かし)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっ…ふぅっんっ…♡ アリーのベロがおちんちんの先っちょこすって、気持ちいい…。&br; (アリーの長い前髪に先走りのつかないように軽くかきわけながら頭を撫でながら。少し腰をびくっと震わせた。&br; 他人の手や粘膜が性器に触れる温度や、湿った柔らかさは本物と遜色無いレベルだ)&br; んっ…一応聞いたけど出るのは身体の水分だけだって…。ほんとにえっちするためだけのおもちゃなんだねぇ…。&br; (それでも、熱い口内に性器が包まれているのは心地よくて。つい遠慮がちながら腰を揺すってしまう) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){(髪を軽くかきわけながら撫でられる、咥えながらこうして撫でられるのが実は大好きでどことなく嬉しそうにしながら)&br;(しっかりと咥えたまま、熱やビクビクと跳ねる様子も遜色が無い…ただ決定的に何かが足りない様な気もしつつ、舌を絡ませて音を立てて吸って)&br;……あまり吸い過ぎると脱水症状とかになるんでしょうか?流石にそんなに吸えませんけれど(と、咥えたまま器用に喋りながら)&br;……♡(腰を揺すられながら、つんつんとこちらを向くように軽く指で突いて…目を閉じながら一気に根本まで咥えこんで、先端を喉奥にこすり付ける様に…少し苦しげに声を漏らしつつも)&br;(頭を引いて、一度口を離しながらも…口を開けたまま目を閉じて。そのままお口を犯して欲しそうに)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---そんなにいっぱいは出ないから大丈夫って、ぁああっ…アリーのお口の中でおちんちんビリビリすぅ…♡&br; んっひゃぁあっあっんっ…!お口、上手だよぉ…。&br; (咥えたまま喋られるのも、その後のディープスロートも快感を与えるのに十分で。そして、そのまま扱くのではなく&br; あえて手を止めて。お口を好きに使って気持よくなっていいですよ…♡ と言わんばかりに口を開かれてまたれると…。&br; 1秒も我慢できなくて。アリーの頭を撫でていた手で、頭をしっかり固定すると自ら腰を使って口内へ挿入する)&br; あはぁっ…カリ首に唇ぷにぃって当たるの…きもちいいっ…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){ですよね…?あ、でもそれだったら二人で飲ませ合ったりしたらずっと出し続けられます…?ん…♡&br;ふ、ぁ…ちゅ…じゅるる…っ ぷぁ…♡(気持ちよさそうな声を聞いてそれだけで気分が盛り上がるのを実感しながら)&br;…ふ…っ!んん〜…♡ん、っ んん…っ♡&br;(まるでお口を性器の様に扱って欲しいとでも言うようにしていると、頭をしっかりと固定する様に掴まれて)&br;(挿入されるおちんちん、唇に擦りつけたり押し付けたりとされながら…口の中に入れられて、使われる感覚に腰を震わせて。まるでそのまま犯して欲しそうに上目遣いで見つめながら軽く吸い付く様に口を窄めて)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あははっやり過ぎて倒れちゃったりしてね♡ あっあっ…んんっふぅ…♡ アリーの唇きゅぅっておちんぽにくっついて&br; しまってきもちいいよぉ…アリーはおちんちんちゅっちゅするの上手だねぇ♡ んふふっかわいいっ…。&br; (最初は優しく出し入れしてたけど。だんだん腰の動きが忙しくなって。そのうち荒く息をしながらアリの舌や頬におちんぽを&br; こすりつけるのに夢中になって。そのうち頭を抱えるようにして喉奥まで突いて…)&br; んんっんっ…射精ッる…ふぁっ…あっんっ♡ (アリーの口内で音が聞こえそうなくらいの勢いでびゅるびゅると精液を吐き出しはじめて…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){だって、おねえちゃんのおちんちんだって思ったら…ん、お口が勝手に…♡&br;ふ、ふぅ…♡ん…ふ、ぅ…ん、じゅ…じゅる…ずず…っ♡&br;ん、ぐ…ふ、ふ…んぷ…っ♡ふ、ぷ…んん…っ!&br;(次第に激しい動きになっていくのを感じ、文字通り口で交わりあう様な状態…激しく突かれて、えづきながらも腰も自然と動いて身体は欲しているのを表して)&br;んん…っ♡ふ、ぅ…♡ん、ふぅぅ……っ♡♡(しっかりと頭を抱えられながら、射精を喉奥に直接注ぎ込まれながら…喉を鳴らしながら、くたりと身体から力が抜けて…ぴくぴくと身体を震わせお口でされただけで気持ちよくなった様子)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ん…♡ はふぁー……きもちよかったぁ…っ。&br; (擬似的ではあるけど。射精の快感も本物だ。結んでいた口を開いて息をつくと。アリーとくっつくように腰を下ろして)&br; アリーとエッチするのやっぱりきもち良いねぇ♡ ふふっアリーも気持ちよさそうで。射精しておまんこの方もかるーく&br; イッちゃったよぉ…。ところでぇ…赤ちゃん居る間はお腹に負担かけないように座位か寝てするのがいいみたいだけど。&br; どっちでしてくれるかなぁ?&br; (精液と唾液で濡れるおちんぽを、指先で弄びながらアリーの耳を舐めるように口を近づけて囁く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){ん、んん…っん、く…ふ…♡&br;(風味や粘度も本物に近く、とは言えお腹が膨らむ様な感覚は無かったりしつつ…引きぬかれて身体を擦りつけて)&br;…わ、わたしの方は…お口でしてるだけで、ちょっと…い、イッてしまいました…♡(言いながら下着を見せる様にスカートをたくし上げて)&br;…(そう言えばお腹を大きくしてるのって妊婦さんですよねと、至極当然な事を考えつつ…座位か寝てするのもお腹に負担かからない様に…入れる側の場合その体位で良いのかなとも一瞬過ぎったりしながら)&br;…あまり激しく動か無さそうな、寝てする方で…♡(言いながら、下着を足から引き抜いていこうとして)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーい♡ &br; (アリーにくっついて下着を脱ぐのを楽しげに見ながら。足の先から下着が引き抜かれると。太ももの付け根に手を這わ&br; せながら。身体を押し倒すようにして寝転んで)&br; まぁまだお腹はおっきくないから、そんなに気にしなくていいんだけどねっ。きっとすぐにアリーもおっきくなっちゃうから♡&br; (身体を擦りつけて服も脱がせながら。ふとももにおちんぽをこすりつけるようにして段々入り口に近づけていって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){(軽く手を這わされつつ、ゆっくりと押し倒されていき…太ももに擦りつけられる、精液と唾液に塗れたおちんちん。それだけで身体が昂ぶってしまいそうになりながら)&br;…どっちも大きくなったらどういう体位でするのが良いのでしょうか。多分座位だと苦しくなりそうな……ん…♡(生まれたままの姿にさせられ、少し足を開いて受け入れられる様に…舐めているだけですっかり準備が整っている様で)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あー…っ。お腹ぶつけないようにしないとねぇ?あっでもおっきくなったお腹くっつけながら &br;キスしたりアソコいじって上げたりするのってそれはそれで気持ちよさそう…♡&br; (ゆるゆるとそんな話しながら。おちんちんのさきっぽで、アリーの足の間の入り口を探り当てると。腰を前に出す。&br; 蕩けた熱いぬかるみに突き入れるような感触。どこまでも柔らかくて、だけどこっちの動きに合わせて時々指で締める&br; みたいにきゅって強く収縮するような刺激もあって…。思わずためいきがでる)&br; …アリーのお腹の中、おちんちんで触るの癖になっちゃってるなぁ…♡ きゅうきゅうって吸い付いてきてかわいいの。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){それは…確かにちょっと素敵かも…?お腹が膨らんできて…おっぱいも張ってきたりして…♡&br;赤ちゃんに飲んでもらう感覚を…ちゅーちゅー吸って感じさせられたり…?&br;(大きいままのおちんちん、それが探るように押し付けられて…性の匂いを擦りつけられていく度にその感触に吐息を漏らしながら、くちゅ…と先端が秘部へと押し当てられ、ぐぐ…っと、押し込まれていく)&br;(普段は閉じてて、しかし抵抗なく受け入れていくそこは本物そっくりなおちんちんの感触に打ち震える様に…腰をこちらからも押し付けていき、その形にピッタリになる様に締め付けていく)&br;(一番押し広げてくるカリ首の辺りを刺激する様にきゅぅ…と収縮しつつ、他の部分は柔らかく包み込んでと緩急をつけた様な具合を感じさせ)&br;あ、ふ…私、おねえちゃんに触られるの大好きですから…♡だから、手、足、お口、それからおちんちん…♡触った所のない所が無くなる位…沢山、触ってほしいな…って♡ん、おねえちゃんに触られてるから…私も吸い付いちゃう位ぎゅーって…しちゃうんです…♡&br;(そう言いながらこちらから腰を揺らして、最奥に届いたおちんちん…小さく振って奥を小突かせる様にして)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリーのそう言う可愛いくてえっちな所大好き♡もっといっぱい触りたくなっちゃう。&br;(互いに寝そべって居る状態ではあまり激しくは動けない。けれど抱き合う足の先から膝、太もも、繋がっている部分はもちろんお腹も胸も触れあって。くっついた場所が互いの体温で熱い。心地よい肌の感触を味わいながら。小さく腰を動かして。唇でもアリーに触れる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---もう癖になるどころか、触れるのが普通なくらい触ってくれて良いんですよ…?おねえちゃんなら…いつでも、どこでも…♡&br;(触れ合い、繋がり合う状態で…互いの鼓動が伝わる様に感じながら、腰が動かされてくちゅ…とやらしい音をたてながら、唇でも触れ合い、舌を伸ばして絡ませていこうとして)&br;(そして手を動かして、乳房に触れながら…先端をそれぞれの指で摘んでコリコリと動かして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--うんっ♡もっともっと…アリーに触りたいの。んっ…はぁっあっぷぁ…♡&br; (柔らかい唇同士が、くっつけあった乳房と同じように形を変えて。舌も互いに上になったり下になったり…。&br; 二人の少女の柔らかい身体は、そのままこねれば一つに混ざりそうなほど、絡み合って形を変える)&br; んっふぁっ…あっ…んっ。&br; (柔らかい塊の中から、アリーが硬い部分を摘み取ると、お返しにソニアはアリーの一番やわらかい場所を&br; 硬く張ったモノで小突いて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){おねえちゃん…っ♡おねえちゃん…っ!&br;(唇を触れあわせ、こちらの大きさはそこまで大きくないが柔らかさは同じくらいで。舌を絡ませあいながら吸い付いていき)&br;(一つになっている状態でそのまま蕩けてしまいそうになりながら)&br;おねえ、ちゃん‥・私、もう…んん…あ、ぁ…っ♡も、う…気持ち良すぎて我慢出来なく、ってぇ…♡&br;(小突かれながらギューっと締め付けて。奥の柔らかな部分に先端を軽く埋めさせながら腰を揺すって射精を促そうと)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっはっ…あっ…んんっ♡ …奥の、一番熱いとこぉ…♡&br; (ソニアも、切なげな声を出して。腰に回した腕でぎゅっとお尻を掴むようにアリーの腰を引き寄せる。&br; 熱くてぬめる膣内の、さらに熱い場所…。先端で突く度に腰が痺れるような感触がある。男性器でしか味わえない&br; アリーの身体が与える快感に、ソニアの女性器の方まで釣られるように気持よくなっていく)&br; わたし、もぉ…イッく…いっちゃう…アリーのお腹のでぇ…あっ!んんっ!!&br; (ほとんど腰を振ること無く、ぎゅっと抱き合ったまま、包まれるような状態でアリーの中に射精をした。&br; 激しく注ぎこむというより、じんわり相手の身体の中に精液を広げていくような感覚で。絶頂感から少し遅れて&br; 控えめな射精がどくっどくっと脈打って。おちんちんの中から気持ちよさと一緒に精液がゆっくりいつまでも出て行く感じがして…) &br; ふぁぁっこれ…ちょっと、おまんこでイクっのに…似てるぅかも…あっ!&br; -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){あ、ぁ…ふぅぁ…お腹の、奥に…んん…押し付けられて…♡&br;(お尻を掴まれる様に腰を引き寄せられながら…密着する感覚に腰をくねらせながら)&br;(こうして普段は触れ合う事の出来ない部分、そこに触れられていく感覚にそこから蕩けていきそうな感覚)&br;(本能がそこへの刺激を求めているのを実感しながら)&br;中で膨らんで…ん、ぁ…ああ…っ♡出、て…るぅ…♡&br;(密着したまま、お腹の中にじんわりとひろがる暖かい感覚)&br;(激しくない動きではあるが、だからといって身体が高ぶらない訳ではない。…優しい射精に、ゾク…と腰を震わせながら)&br;(しっかりと包み込んだまま、脈打つおちんちんが続けて精液を注ぎ続け…心地良い感覚にそのまま沈んでいってしまってもいいかもと思いながら)&br;はぁぁ…♡激しいのも、良いけれど…こういうのも…好き…んん…っ♡}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんー…抱き合って、あったかくて…好きぃ♡ &br (額を甘えてこすりつけるようにして。ただ身体を合わせてじっとしていると。触れ合った部分が熱くなって。&br; その温度にもすぐに慣れて心地いい温もりを感じる)&br; んふぅっ…ん、あ…。シール溶けちゃった。&br; (最後の一滴を、アリーの膣内の一番奥ぴゅっと注ぎ終わった後に役目を終えたおちんちんは溶けなくなった。&br; 栓がなくなってせまい穴の中から溢れる白濁が、二人の足の間を濡らす)&br; でも、抱き合ってるだけで気持ちいい…から、いいやっ♡&br; (そう言ってまたアリーの唇にちゅっと触れて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){(触れ合っているだけでじんわりと身体が暖かくなりながら、内外でぬくもりを感じながら嬉しそうに微笑んで)&br;あ…(身体の内側から圧迫する感覚が徐々になくなって、白濁を溢れさせながら少しだけ切なげな声を漏らして)&br;(向かい合ったままお互いの足の間が白濁まみれになるのを感じながら、手を伸ばして白濁を手に取り少しおねえちゃんの秘所をぬるぬると指でかき混ぜて)&br;ふ、ぅ…でも、抱き合ってる以上に気持ち良いのもあって…ん、どっちも良いです…ね♡&br;(ちゅっちゅと唇を触れ合わせながら)…お風呂入りましょうか、冷えてはいけませんし}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっはぁっ…♡ っん…ちゅっ…。うん、一緒に入ろうねぇこのままにしてると眠っちゃいそうだし…。へへぇっ。&br; (少し腰をよじって、アリーが触りやすいように角度を変えて。自分は少し長い舌でアリーのあごと頬を、なでるように&br; 舐める。犬が甘えて顔を舐めるようなその仕草は、リラックスするとついやってしまう)&br; じゃあ、いこっかぁ。&br; (そうは言うけど、まだ甘えたりないのか、髪に鼻先を埋めるように抱きついて身体をすりよせて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){ですね…色々と熱くなってしまいましたけれど、冷える時は、冷えますし…んぅ♡&br;(舌で舐められていく感触、甘えられて喜びながらくちゅ…と音を立てて弄りつつ触れ合うだけでも気持ち良くて)&br;…もう、続きはお風呂でですよ?…お風呂上がった後も良いですけれども&br;(身体をすりよせられながら嗅がれつつも、拒めず起き上がれず。)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---わかってるよー。でも、もうちょっとだけぇ…♡&br; (離れるどころか、ますますくっついて。柔らかく胸を押し付けながら、もうちょっとだけ…、少し開いた唇を顔に近づける)&br; こうしてると、ほんとにいつまでも甘えていたくなっちゃうの。&br; (だから、って。アリーの身体を胸の間に挟むようにして。お腹をぴったりとくっつけあう) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){…そう言って離れられなくなるんですよね。それも、悪くはないんですけれども♡&br;(唇に近づく顔、じっとみつめあいながら身体を密着させられて)&br;…私も、ですよ♡ふふ…(お腹をピッタリとくっつけあって、お腹越しに何となく存在を感じたりしながら)&br;……もう少しだけ、ですから(そんな風に言いつつ抱きしめあって)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ん…もうすこしだけ…。&br; (そう言ってちゅっと音を鳴らしてキスをする。胸の方はサイズ差のせいでアリーがソニアに埋もれてるようだけど。&br; くっつけあったお腹は、やさしくアリーに抱いて貰ってる気がして。それが心地よく。もうちょっと…ってもう一度呟いた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---&color(#f0908d){(包まれながらも、抱きしめて…互いが互いを求め合い、という体勢を嬉しそうにしながら)&br;(しばらくそのままで居たが、ぶるりと震えて)…流石にこれ以上はまずいですね。続きはお風呂で…(と、連れ立ってお風呂に入りに言ってそこでも暖まりあったとか)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
//-http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087368.png --  &new{2016-08-31 (水) 22:17:57};
-..
--(少し汗ばむくらい暖かかった日中の空気が、目に見えないままその辺に塊で浮かんでいるような夜だった。&br; 涼しい風が塊の間を縫って来て、カーテンを揺らす) --  &new{2016-08-31 (水) 22:23:44};
---順調に育ってるって。&br;(自室のベッドに腰掛けて、そう言った)&br;もうそろそろ動き出してもおかしくないって♡ &br;(そう言って、薄いワンピースの上から膨らんだお腹を撫でる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-31 (水) 22:29:45};
---良かった…(ホッとしながらおねえちゃんの隣に腰掛けて)&br;…ここまで来るのにあっという間でしたね。(こちらからも手を伸ばして、お腹に触れてみて)&br;それと、私の方からもおねえちゃんにご報告が。&br;……2ヶ月目、です♡(そう言いながら自らの身体を見下ろし、お腹に手を触れて。よくよく見ればスカートとブラウス、普段のコルセットは身に付けてない) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-31 (水) 22:39:53};
---そっかそっかぁ…えへへーへへー…♡&br;(すっごい嬉しそうなちょっとだらしない笑顔になって、アリーのお腹をなでなで、とする)&br;最初に私の赤ちゃんうまれてぇ、それからアリーでぇ。たのしみだねぇ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-08-31 (水) 22:50:50};
---おねえちゃんがママでパパに…ふふ、もう二人共ママでいいですよね?&br;すごく楽しみで…ああ早く時間が経てば…とも思いつつ、このままじっくり大きくなるのも感じたいとも思いつつで…ちょっと悩ましいです♡&br;(幸せな悩みにこちらも表情を緩めながら、お腹を撫でられて嬉しそうに) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-08-31 (水) 23:12:48};
---私はちょっと、早く出てこいってなってるけどね。だって重いんだもん。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 03:10:59};
---でもこれからもっと重くなるんですよね。……まだ5ヶ月位ですよね。私の方が大きくなったら動けるでしょうか…?&br;…一人分、入ってたらそういう風に感じるんですね…(そう言いながら自分のお腹を撫でて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 03:20:02};
---大丈夫っアリーがお腹おっきくなって辛くなったらジープ貸したげるから!24時間歩かなくて済むよ♡&br;私も最近、階段の登り降りとかちょっと面倒で、よく窓から出入りしてるし (ジープで)&br;でもそれだけ重いってことは、元気でおっきな赤ちゃんになってるってことだよねぇ。&br;(そう言って、ソニアはアリーのお腹を優しく撫でる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 03:27:14};
---で、出来るだけ歩いたりしますけれども…もしもの時はお願いします、ね?…って、おねえちゃんぐらいの大きさになってたら、おねえちゃんまだ大きくしたままじゃないですか…&br;(窓から出入りしていると聞いて少し考えこみながら)&br;…私とおねえちゃんの赤ちゃんがそんな大きく、ですか。今から生まれてくるのが楽しみですね…♡&br;(そうしてお腹を撫でられながら、考えてた事を切り出す)……一緒に、住みませんか? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 03:31:29};
---一緒にー?…いいねっ!すっごい素敵だとおもうよ!!&br;(撫でていた手で、きゅっとアリーの手を取って握り目を輝かせる)&br;どうして今まで気づかなかったんだろうっ!へへへー。姉妹だし、もう赤ちゃんまで一緒に作る仲だし。ひとつ屋根の下に住まなきゃねぇ♡&br;(それを同列にしていいのかは今更問うまい。しかし、これから生まれてくる赤ん坊の世話等の事も考えると。広い館に一人暮らしなアリーのためにも同居は望ましい)&br;あっちなみにアリーって、赤ちゃんの世話とかは得意? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 03:46:47};
---(手を握られ目が輝いてる様子に、こんなに喜ばれるのならもう少し早く申し出れば良かったかなとも思いつつ)&br;えへへ…おねえちゃんと毎日一緒だなんて、素敵過ぎますよ♡これから生まれる子達の事もありますからねっ&br;(幸いにも住むのに適してる館もあるため、場所には困らないのは間違いない。色々と身重になっていくことを考えるとそれぞれ一人暮らしというのも色々と問題が有りそうで)&br;え?言われてみれば…そういえば赤ちゃんのお世話ってしたことないですね…。……ど、どうしましょう?誰かに聞いたり本で調べたり…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 04:03:47};
---ないの?&br;(慌てるアリーに、不思議そうに首をかしげて。それから頷き)&br;ああそっか、吸血鬼の人って噛んだら増えるから、あんまり子作りするってイメージじゃないもんね。&br;大丈夫、私村に居た頃はたくさんしてたから♡ 赤ちゃんのお世話慣れてるよ!自分の子供は初めてだけど。&br;(そう言ってなでなで、として) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 04:10:08};
---おば様のお家に引き取られて、そこからこっちに来るまで…勉強とかそういうのはしてましたけれど。同世代や未満の方は居なかったです、ね&br;…厳密には噛んで増やすという訳でも無いのですが、まあ…大体そんな感じですね。…思い返すと、育児の本積んで読んでたり、使用人の方に話を聞いてたりしてましたね。&br;…おねえちゃんが慣れてるのなら安心ですねっ 私にもお世話の仕方教えてもらえますか…?(撫でられ目を細めながら、そうお願いをして)// -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 04:19:15};
---もっちろんっ、おねーちゃんにまかせて!&br;(頼られてうれしいので、撫でていた手でそのままぎゅっと抱き寄せる)&br;でもアリーもちゃんと赤ちゃんのこと、勉強はしてたんだねぇ。アリーってばそういうとこ偉いよねぇ。身体鍛えるのに弟子入りしてみたり、精液集めるのにオナホ作り習得してたり。&br;えっちなことも覚えるの早いし♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 04:27:44};
---ありがとう、おねえちゃんっ!&br;(抱き寄せられて、感触をじっと確かめるようにこちらからも腕を回して)&br;勉強してても、実践出来るかどうかは分かりませんから。その分経験のあるおねえちゃんに頼ってしまいそうですけれども…っ&br;……えっちなことは、喜んでくれるのもですけれど…気持ちよくって…っ♡…二人共身重だと大変ですから、もしもの時手伝ってくれる方も探してお願いしないと…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 04:39:03};
---えっちになってくアリーがだーい好き♡&br; (むぎゅーっと抱き合って、そのままベッドに倒れこんでしまう。互いに向き合って横向きに寝転がりながら)&br; でもそうねー、このままだとふたりとも出産近いし、生まれてすぐの赤ちゃんが二人だし…。ジープも子守はかなり上手&br; だけどー…。んんっ…実家帰ればよゆうだけど、田舎帰っちゃうとお仕事できないしなー。&br; (ソニアは、若さが強みな娼婦稼業なのだ。花の命は短く、熟した色気を身につけるには時間が足りない。だから&br; なるべく仕事に間を空けない方が都合がよい。なら何故こうも簡単に子をこさえてしまったのか。妹に子供をせがまれ&br; て孕まない姉は居ないし、子種を強請られてあげない姉も居ないのだ。なにもおかしいことはない) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 05:25:06};
---んー…っ♡私もおねえちゃんの事、大好きです…っ♡&br;(二人でベッドに横に横たわり、抱き合った状態で楽しげに寝転がって)&br;ジープさんだけでも手一杯になりそうな…前もって手伝って頂けそうな方に声をかけたりとか、必要な物を前もって準備しておかないと。&br;…ジープさんで片道3日でしたっけ、おねえちゃんの故郷って。お仕事のことを考えるとだいぶ大変…体のこともありますしね&br;(お仕事の事を考えてみれば、時期尚早だったのでは…そう考えながらも、日に日に大きくなっていくお腹を見ていると成長を実感して)&br;(新しく生まれてくる子供、その後の生活を考えると…自然と笑みが溢れてきて)&br;あ、えっと…前から考えてたのですが、おねえちゃんのお仕事私にももっと手伝わせてもらえないかな、と。&br;(微力でもおねえちゃんの力になれれば、そう言った思いから言い出して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-01 (木) 14:33:53};
---んー。アリーも娼婦にー?&br; (そう言ってアリーの前髪を指先でなでつけると、笑顔になって)&br; うんっ今のアリーならきっと上手くできるよっ!私、元々だれとでもえっちするのは平気だったけど。仕事でする&br; のはやっぱり大変だったから…。でもアリーも昔よりずっと強くなってるし…私よりもえっちな子だもんねぇ♡&br; (にまっと笑って手のひらでアリーの頭を柔く撫でる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-01 (木) 23:51:35};
---は、はい!まだまだ未熟ですけれどおねえちゃんのお役に立てればと…っ&br;(そうして前髪を指で撫でつけられて、少し緊張した面持ちでいると)&br;…本当ですかっ?私自身まだまだ…おねえちゃんにえっちにしてもらったからこそ、こうしていられるんです&br;前から考えていたのですが…時間帯は夜ですし、以前と比べて身体も丈夫になりました。ちょっと身重なのはおねえちゃんと一緒ですが…私、頑張りますっ&br;(と、決意を新たに応えながら嬉しそうに撫でられて)色々と今後入用になりそうですし、ね…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 03:22:18};
---がんばろうねぇ二人で…♡ 赤ちゃんには服もベッドもひつようだねぇ。ベビーカーはジープがしてくれるけど。&br; 私ちっさい頃は服とかおもちゃとかもあんまり持ってなかったから、アリーの赤ちゃんにはいろいろ買ってあげちゃいたいなぁ&br; (生まれてきた赤ちゃんと4人で戯れるのを想像してか、目を細めてますます緩い笑みになり。ふと気づいたように目を開いて)&br; あ…っ一番大事なもの忘れてた。名前どうしようねぇ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 03:42:43};
---これから4人になりますから、頑張らないとです♡…うん、少なくとも4人ですよね?ちょっと良さそうなお店があれば、後でおねえちゃんも一緒に買いに行くというのも良いかもしれませんし&br;私の頃はどうでしたっけ……ちょっとすぐには思い出せませんけれど、いろいろと買うのもですけれど出来るだけ一緒に居たいですね。&br;(そう言いながらおねえちゃんのお腹に触れつつ自分のお腹を撫でていて…ふと目を開けて気づいた様子に首を傾げ)&br;…まだ早くないですか?男の子か女の子かまだわからない…何となく女の子な気はしますけれど。ん、んーどうしましょうか…?すぐには浮かびそうには無いですねぇ…(と、頭を悩ませ始めて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 03:50:47};
---買い物は絶対一緒に行こうねっあと名前もねー、素敵なの考えてあげたいし。&br;(ふにふに、とアリーの頬を指にはさんで弄び)&br;女の子ならレイラやアイナもよく付ける名前かなぁうちのほうだと。私のソニアもわりと同じ名前の子いる。うん。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 03:59:12};
---お店自体は探してるのですが、今のところこれといって…色々と揃う品揃えのいい所があれば良いんですけれど。名前…なまふぇー…&br;(ぶつぶつと呟いてるところ、頬を指で挟まれちょっと間の抜けた感じの声が出て)&br;な、なにふるんれふか…もう。(そんな弄ばれるのも悪い気はしなくて)…私とお姉ちゃんの名前、少しずつ取って付けるのも良いかもしれませんね?ん…でも、なまえ…こういう時悩むんですよね、すごく… -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 04:07:14};
---生まれてくる子にあげる大事なものだからね。あとさっき4人って言ったけどもし双子とかだったら倍だね…!&br;(マシュマロの感触な頬を挟んでいた指を2本立ててみせる。にょきにょきと曲げ伸ばし)&br;…うん、まだ時間あるからゆっくり考えよう。&br;(そう言って、腕を伸ばしてアリーを抱きせようと) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 04:13:41};
---双子+双子だったら更に倍になります。……さ、流石にそれはないですよね?私達の腕が余分にもう2本ずつ無いとちょっと足りなく…いえ、4本ずつ欲しいです&br;(割りと突拍子もない事を言い出しながら、しかしすぐにその理由を抱き寄せられてから口にする)&br;赤ちゃんをそれぞれとおねえちゃんと抱き合うにはそれくらい欲しいなって…なんて。ん…焦らずゆっくりと、です(頷きながら軽く唇をこちらから重ねようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 04:20:42};
---仙人修行で腕増やしちゃうとか…。 &br;(冗談を言って口を閉じて、ちゅっと触れ合わせる。お互いの柔らかさが口を通してかんじられる気がして)&br;ん…。アリーなら羽で包んであげるのもいいんじゃない?&br;(今度は頬や肩に、じゃれるみたいにちゅっちゅぅと唇を当てながら、アリーの瞳を覗いて微笑み) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 04:28:52};
---……一歩間違えて千本位になりそうなのでやっぱり止めておきましょう&br;(そうしてお互いの唇の柔らかさを堪能する様に重ね合わせ、少し表情が蕩けていき)&br;…ふわっふわの羽根なら考えなくもなかったんですがね。ちょっと赤ちゃんの肌には痛そうな…?ん、ぁ…っ♡&br;(じゃれあいながら、唇が少しずつ下がってきて…蕩けてきた瞳を覗きこまれながら、少し緩めに口元に笑みを浮かべて…ブラウスのボタンを外してもっと吸いやすくしていって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 04:37:40};
--私はアリーの羽、すべすべしてて好きよー?ハンモックにしてあげるのにちょうどいいかも…ふふっ。&br; (肌の顕になった所へキスをして、肩から乳房になるあたりの柔らかい肉に唇で食む。すべすべとしてあったかな感触 &br;がとても心地良くてうっとりする)&br; んっ…ふにふに、すべすべ…♡&br; (スカートの方にも手を伸ばして腰を撫でながらホックを外す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 04:44:04};
---流石に私の羽そこまで支えきれる気がしない…ですね。(せめて自力で飛べる様になってから…?と呟きながら)&br;(肌を顕にし、キスが次第に降りていくのを身体を震わせ…その感覚を甘美に感じながら、時折小さく声を漏らしたりして)&br;は、ぅ…♡えへへ…んん、おねえちゃん…♡&br;(手が下半身、スカートに伸びてきて…少しやらしい手付きでホックを外され、少し腰を上げて脱がせやすい体勢になりながら)…もっと、たくさん…触って下さい…♡(言いながら身重なおねえちゃんの身体、腰辺りを負担にならない様にと撫でていって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 05:02:47};
---はぁーい♡ &br; (甘えた声で返事をしながら、自分のワンピースのスカートもたくしあげて、アリーの手に地肌と下着を触れさせる) &br;アリーのおねえちゃんって甘える声とっても可愛いなぁ。なんでも言うこと聞くしかなくなっちゃうねっ。&br; (身を寄せると、元より大きな胸と、大きくなったお腹がアリーにくっついて柔らかさと体温が二人の間で行き&br; 来してる感じがした。ブラウスと下着だけになったアリーの身体を、優しく愛撫する。お尻から太ももを撫でて、峰の&br; ようになってる腰を越えると、まだそんなに膨らんでいないお腹に手を当てて。ゆるく円を描くように下腹部を撫でて…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 05:17:28};
---あ…♡(手の中に触れる感触、さわさわと触れて…少しずつ手を下着と柔らかな肌の間に差し込んで)&br;…何でもとか言われるとすごく悩んでしまいますね。本当はこうして一緒に入られるだけで十分過ぎると思ってたのですが…もっとおねえちゃんを感じたり感じられたりしたい、って思ってしまいます♡&br;(一方でまだまだ大きくなってない胸とお腹、凹凸が控えめに言って大きくない身体を触れ合わせながら…柔らかいのは確かで、触れあいながら吐息のかかる距離に顔を近づけて)&br;あ…♡(優しく撫で回されながら、自らブラウスを開けさせて胸もお腹も顕にして…撫でられていく感覚、ゾクリと身体を震わせて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 05:31:58};
---おねーちゃんは女の子の一番大事なとこまで、アリーでいっぱいにしちゃったんだから、遠慮なんてしなくていいんだよ♡&br; 抱き締めて手をつないでキスもしてぇ、それから…お腹の中でずぅっとアリーを感じてるし…。&br; (下着の中に入り込んでくるアリーの手を上からさすると、近づいた唇を吸いながら、自分もワンピースを&br; 胸元までたくし上げて、直に胸同士を触れ合わせ。手だけじゃなくて身体全体でする愛撫に、赤ん坊が寝ている場所より&br; もう少し下の辺りが、じんわり痺れるように気持ちよくなってくる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 05:44:30};
---その逆も…ですから、ね♡おねえちゃんの女の子の一番大事な所も、一番弱い所も…一晩中感じさせてもらったり&br;…こういう風に話していると、はじめておねえちゃんがおにいちゃんで入ってきた時のことも思い出してしまいますね…♡&br;(手をさすられながら、柔らかい感触を確かめるように揉みつつ…少し大きくなったような胸、そして確実に宿してるのが分かるお腹とを触れ合わせて)&br;(下腹部の疼く感覚、既に新たな生命を宿しているのに気持ち良くなっているのは…多分単純に欲しているからだろう。お尻を揉みながら少し指を窄まりに掠らせ様として) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-02 (金) 14:37:28};
---赤ちゃん無事生まれたらまた男の子なったげよっか、えへへ…ひゃっ!あんっもうお尻はぞわってなっちゃうってば♡&br; (こっちはお返しに、顎の付け根辺りに口を寄せて、長いべろで首筋から耳裏までてろんっと舐めあげて。手はお尻を&br; 抱えるようにして、お尻の方から足の間を指先でくすぐる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-02 (金) 21:22:54};
---…お願いできますか?あ、あと…私も、弟になってみても良いでしょうか?何だかんだでなったこと無かったですからっ あぁ、すみません…つい♡&br;(悪びれているどころか分かってしている様子、そうしている間に口が寄せられて…長い舌が、舐め上げられていくとビク…と身体を震わせて)&br;あ、にゃ…ぁぁ…♡(軽い身体はお尻から抱えられ、指先でくすぐられる秘所の側。思わず声を漏らしながら…お尻を揉む指先に力が入って) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-03 (土) 04:18:21};
---んっ…ふぅ…っん…♡&br; (柔いお尻に細い指が埋まると、ソニアも少しくすぐったそうな吐息を漏らす。前にたくさんお尻でされてから感度が&br; 上がってしまっているような気がして、少し心配になってしまう)&br; 寝転がったままだと、さわりあいっこするぐらいしか出来ないけど。お腹くっついててきもちいいからこれはこれでいいかなぁ。&br; アリー、どっちをいじって欲しい?前の方、それともお尻かなぁ?&br; (身体の下側になってる方の腕を、アリーの頭の下に差し入れて、腕枕すると優しい、ちょっといたずらな笑みを浮かべ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-03 (土) 04:39:23};
---…ふふ♡&br;(指を埋めてふにふにと揉みながら、窄まりに一本だけ触れさせてクニクニと弄ったりしてその反応を楽しむように)&br;…こうしてると、おねえちゃんが感じてる顔を沢山見られますから…♡私、ですか?&br;んと、私はま………お、お尻で…&br;(腕枕をされて重くないですか?と言いつつも、恥ずかしそうにそう口にして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-03 (土) 04:51:11};
---大丈夫、私腕も実は結構しっかりしてるので。&br; (そう言って、腕枕してない方の手の指をぺろりを唾液で濡らすとアリーのおしり割れ目の方へ手を差し込み。&br; 小さなお尻を手のひらで撫でまわりながら、お尻の穴をつつく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-03 (土) 04:58:06};
---言われてみれば…私おねえちゃんには軽々と持ち上げられてるイメージが…&br;あ…ん、ぅ…ひゃぁぅ…っ♡(目の前で指を舐めて、おしりの方へと手が差し込まれて…小ぶりなお尻が手のひらに吸い付く様に。)&br;(そうしてお尻の窄まりへと突かれ思わず身動ぎをして、蕩けるような震える声を漏らして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-03 (土) 05:06:02};
--- んん〜…♡ 可愛い声ぇ…私も、ちょっと苦手ってくらいお尻弱いけど。アリーも結構こっち敏感だよねぇ…。&br; (ソニアが性器を触れて愛撫するとき、濡れた紙を破かない程の繊細な手つきをする。だけど、大きな尻の筋肉と&br; 括約筋で固いお尻の穴をいじるときは、指先に力を込めてほぐして…突き入れるように体内へと指先を潜りこませる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-03 (土) 05:24:03};
---…お尻のはじめて、ってすごく激しかったですから。でも私、おねえちゃんがお尻で気持ちよくなってる様子の方が…すごく好きです、ね&br;(指を二本、舐めて指先を濡らして…おねえちゃんのお尻をその二本の指先でお尻の谷をなぞりながら)&br;にゃ、ぁ…っ!(お尻の穴もゆるいわけではないが力負けはしがちで…潜り込んでくると、一瞬強張ってから表情が緩んで)…ぁ、ふ…♡…んっ(そのお返しにと指先を埋めていこうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---私はアリーがとろっとろに蕩けた気持ちよさそうな顔してるのが好きだよぉ。ほれほれぇ〜…っんゃっひゃぁ!&br; (調子よくお尻を攻めていたら、アリーに反撃されて案の定変な喘ぎ声が出てしまった。押し付けて二人の間で潰れてる&br; 乳房の先端もいじってないのに勝手に硬くなるくらいだから。アリーに負けず劣らず、相変わらずの敏感さで)&br; んんっ…!アリーの、指ぃ…中でぐにぃって…はぁっ…ん♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それ、じゃあ…二人共、とろとろに蕩けていくのが…一番良いんですよ、ね…?あ、はぁ…♡&br;(声を上げる様子を見つめながら、互いの胸の先端…そこの存在を主張するような硬さに、軽く身を捩って擦れ合わせていきつつ)&br;(一方で指は埋めたまま、その動きを一旦止めて。)…そんな顔と声出されたら…一日中、おねえちゃんのお尻いじり続けてしまいたい、ですね…♡&br;(そういう言葉とは裏腹に止めた指をそのまま引き抜いて、強請るようにおねえちゃんの指が突き入れられているお尻を少し締め付けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--あっん…くふぅ…だめぇ♡ そんなの絶対おかしくなっちゃうからぁ。&br; (アリーの耳元で甘えた声で言い返しながら。身体の密着度をもう少し上げる。腕枕にした腕で頭を抱きかかえて&br; 足の間に自分の腿を挟み込ませる。すると背に回している手がもう少し動きやすくなり、お尻への愛撫を強くして)&br; でもぉ、二人で気持よくなっちゃうのはいいかなって。お腹の赤ちゃんにもママ達いっぱい気持ちよくなってるよーって&br; 教えてあげるとえっちな良い子に育ってくれるよ。&br; (そう言いながら、お尻に差し入れる指を2本にして、穴の形をなぞるように指を回して。徐々に激しくまぜはじめる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…私は、おねえちゃんとならいくらでもおかしくなっても構わないって、思ってますよ…?&br;(耳元の甘い声に身体を震わせながら、腕枕されている頭が抱えられて)&br;(足の間に腿が入り込んできて、足で挟む状態…文字通り包み込まれる状態で愛撫をしやすい体勢を整えられていく)&br;ふふ…そういう事なら二人で沢山気持ち良いことしていきましょう、ね…?&br;…何だか普段と全く違わない気がしますけれど、もぉ…っ…!?ゆ、び…二本はぁ…っ♥&br;(指が穴の形をなぞるようにかき混ぜられていく、自然と腰を揺らして太ももに秘所を押し付けるようにしながら…すがるようにお尻に回している手、その指が一本埋まったまま揉んでしまいお尻を拡げようとして) -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、じゃあこのまま二人で…いっぱい気持ちよくなっちゃえばいいってことだねぇ…あ、これからは4人かぁ。&br; (言葉は軽く続けながらも指の動きだけは強めていく。指だけじゃなくソニアは、全身をすり寄せるように動かした。&br; 太ももで局部を撫でて。胸同士を合わせて擦れさせる。間にわざとブラウスを挟んで乳首にざらざらとした感触を感じ&br; させるようにして…)&br; いっーっぱい気持よくなろうねぇ…♡&br; (そして、耳の穴に舌先を差し入れてくすぐりながら囁く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---// -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---とっても賑やかになりますね?…楽しみ、です…っ …ぁ、くふ…ぅ…っ&br;(やはり経験の差があるのだろう、指の動きだけでなく擦りつけられていく身体の感触。太ももでやらしい水音を立てられながら)&br;(薄い胸に押し付けられる豊かな乳房、その際に着衣を挟まれて胸同士で触れ合うだけでない感触の変化に挙げる声も少し驚きが混じり)&br;(しかし決して嫌な訳ではない、すぐに感じている気持ちよさそうな声へと変化して)&br;ひゃ、ぃ…♡にゃああぁ…!?み、みぃ…っ(直接耳に舌先を差し入れられながら、くちゅくちゅという音が頭の中に響きながら感じ過ぎた身体はビクビクと弾ませて)&br;あ、ぁあ…っ♡♡(くたりと身体から余計な力が抜けて達してしまった様で、熱っぽい吐息を耳元で漏らして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---イッちゃったねぇ…。かわいいッ♡&br; (耳にかかる熱い息を心地よく感じながら、指を引き抜いて優しく小さなお尻を撫でる。じんわりと身体に暑さを覚えた。&br; 絶頂したアリーの身体か、それともその姿に興奮した自分が熱いのか。どちら共分からない程密着して二人の体温が&br; 混ざり合った状態…。うっとりしながらキスをしようとして、ふと二人の間に何か別のものを感じる)&br; …んっ。あ…今動いたっ。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、ぅ…ふ、ぁぁ…っ…ん…♡&br;(まだまだ絶頂の最中、と言った具合だろうか。自然とこちらの指も引き抜いて、撫でられながらじんわりと広がる熱、触れ合っているからこそ感じる物でもある様で)&br;(不思議と心地よさを感じながら、達したばかりの身体を横たえていると)&br;…どうしまし、た…?(間近に迫った唇、唐突にそれが止まりかける声)&br:;…動いた?あ、もしかして…っ(思わず身を起こそうとして、すぐにへたり込んでしまいながら。それでもお腹に手を触れさせようとして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んへへっ。ほらっ…。&br; (アリーの手を取って、ソニアはお腹のちょうど感触のあった辺りに触れさせた。仰向けになってもぽっこりとしたお腹。&br; 直に触れてもまだ外から動きが分かる程じゃないけれど)&br; 今も、少し動いたよ♡&br; (アリーの方を見ながら、頬をほんのり赤くして) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(手のひらを導かれ触れさせてみる、柔らかく温かい…確かに存在している事を感じさせている膨らんだお腹)&br;(達したばかりで敏感な身体で、出来る限り集中しながら触れていると)&br;あ…っ♡&br;(動いた瞬間、僅かではあるが内側から動いたのを感じられて…緩んだ笑みを浮かべて)&br;…ママと、ママが…待ってますからね…?えへへ(と、こちらも赤くなりながらお腹を撫でて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---早く生まれてこないかなぁ。それにしても…動き出すのがえっちしてる最中って…さすが私達の子だねぇ♡&br; (にひひっと笑いってアリーと一緒にお腹をなでなで。なんだか楽しくなってくる)&br; これはすごくえっちな子が生まれてきそうで…早く生まれてこないかなぁ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、あはは…でもそうなのかもしれない、ですね。…実は早く出てきてエッチな事がしたいんでしょうか?なんて&br;(笑い合いながら、なでていきつつ)&br;…あ、でも私焦らされるのも嫌いではないので…生まれてくるのを楽しみに待ってます、から…♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---私も楽しみなのでっ♡ 待ってるのもこれはこれで、なんだかねっ。もっとおっきくなったら、えっちしてる最中に&br; お腹けったりするのかなぁ。アリーのお腹の子も育ったら赤ちゃん二人とも…えへへっへへぇ♡&br; (笑ってちゅっとキスをする)&br; これからはアリーと一緒に赤ちゃんの分もかわいいってしてあげないとねぇ、おねーちゃん忙しくなりそうです。…あー、ママかぁ。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---私も早くお腹の中で動いてるのを実感してみたいですね。…そういう意味で本当待ち遠しいですっ♡&br;えへへ…♡はやく、そうなるように沢山栄養を取らないとですねっ!(チュッとキスをされて、決意も新たに)&br;私もおねえちゃんと一緒に頑張ります!……んと、おねえちゃん?(つぶやいている様子にどうしたのでしょうかと首を傾げ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---生まれてくるのは娘なんだけど、きっとアリーに似てて可愛いんだろうなーっておもったら…。その子も妹に&br; しちゃいたくなるかも…とかちょっとね!&br; (アリーが妹でありパパでもありそしてママで、実は年上というだけでややこしいのに、生まれてきた子まで&br; 娘でそして妹となったら家系図は猫に弄ばれた毛糸玉の如くこんがらがる)&br; …大丈夫っちゃんとママになるからねっ!がんばるからっ!&br; (ぐっと拳を握って頷いた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…多分無いですけれど男の子が生まれてきてもおねえちゃんなら妹にしかねない様な。&br;………いっそ四姉妹(ポツリと何となく思い浮かんだ言葉を呟いて)&br;…ふふ、きっとどういう関係になっても私はおねえちゃんの事が大好きで、この子達も生まれる前から大好きで…それだけ絶対なら大丈夫ですよ、きっと&br;(ぐっと拳に力を込める様に握り頷くおねえちゃんにつられうなずき)&br;…ふふっ♡(微笑んでから少し身震い)…もう5月(開始時点)とは言え、夜はちょっと冷えますしお風呂とか入って服着ましょうか…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっそっか…お腹冷やしちゃだめだもんね。&br; (気だるさはまだ少し残っているけど。アリーを抱き寄せながら、布団に手をついて抱き起こす。ついでに脱ぎ広げて&br; あったパーカーを拾ってアリーの背に抱きしめるようにかけた)&br; お風呂でしたくなってもちょっと我慢とかしなきゃぁ…ねっ♡&br; (悪戯っぽく笑ってまた頬をくすぐるように唇をあてる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(抱き寄せられながら、こちらもおねえちゃんの身体を支えようとする。本当に微力ではあるが)&br;…おねえちゃんの方がお腹大きいんですから、もっと冷やさないようにしないと…(と、パーカーをかけられて嬉しく思いながらも、その一方で心配そうに口にして)&br;…そうです、ね。今日は…気持ち良くなり過ぎた気がしますから…&br;(頬を擽られる様に口付けを受けて、ポツリと呟くのは)……おねえちゃんがもっと乱れるところ見たかったですけれど、ね♡(そんな事を言いながらお風呂へ向かう。…そうして二人、少々長湯になったとかならなかったとか) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
-.
-アリーってごはん精液だよね?料理って普段するの?&br; (部屋の脇に、荷物を置いてソニアが言った。骨董屋の棚を飾ってそうな皮の旅行かばんを一つとダンボール箱が2つ&br; これで家財道具は全て。時刻は、6月の長い日も沈んだ頃で。館を囲う森と夕空のコントラストが、窓を上下に色分けしていた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--料理ですか…普段はあまり。これまで館で普通の食事が必要なのって魚のオリーくらいでしたから&br;…ただ、味は分かりますし凝った物じゃ無ければちゃんと作れます。&br;(思っていた以上に荷物が少なくて少し驚きながら、こうして改めて一緒に暮らすということを意識して)&br;…そういうおねえちゃんは、って前に行ったデートで手際とても良かったでしたっけ。逆に普段って何食べてましたか? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ラーメンとか肉まんとかピザとかサンドイッチとか色々だけど、屋台だねぇ。&br; (つまり外食。娼婦稼業だから、いつ入るか分からない仕事の合間に食べるので。時間を問わず開いている&br; 街の屋台群に頼りがちなのだ。あとソニア自身、村にはなかった屋台の飲食店がお気に入りでもあり)&br; でも、やっぱり赤ちゃんのために忙しくても、しっかりしたご飯食べなきゃって! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…ちょっと栄養偏ってしまいますね。うん…偏食どころじゃない私が言うのもなんですけれど&br;…確かに、色んな屋台が並んでいてすごく魅力的ですけれども。聞いてる限り何か野菜的なのが足りない…?&br;(そんな風に首を傾げて。少し考えながら…)&br;そ、そうですね!しっかりしたご飯を…しっかりしたご飯ってどういうのなのでしょうか?(食生活が少々特殊な為か、いまいちピンと来ない様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---まっかせて!私、料理の勉強とかはちゃんとしてるから!新生活を期に頑張るのもいいよね!&br; (むんっと可愛くガッツポーツしてウィンクまでしてる、相当な自信だ)&br; それに、アリーも普通のご飯も食べられるなら一緒に食べるのも楽しいかなぁって。甘いの好きなのは知ってたから。&br; おやつは一緒によく食べてたけど。せっかく住むところも一緒になったんだから食卓も二人で囲むのって…家族って&br; 感じでいいなぁって♡&br; (ね?って首をかしげて笑いながらアリーの手を握る) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おねえちゃんの料理…♡えへへ…それだけで何だかほっぺた落ちてしまいそうです♡&br;(そんな自信満々の様子を見ていると)…わ、私も作っても良いですか?良いですよね!おねえちゃんの料理を食べられるのも考えるだけで嬉しいですけれど、その逆…食べて貰うのもちょっと憧れますし&br;…甘いのは好きで、あ、あとは辛いのはあまり食べた事は無いので苦手…ですね&br:それが後々可愛い私達の子も加わって団欒…っていうのでしょうか。&br;……家族で食卓を囲む、ちょっと憧れだったんです&br;(手を握られながら、感慨深そうに呟いて。) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ね!ふたりともママだから、代わりばんこしたり一緒につくったり…。私は辛いの平気だけどアリーと一緒に甘口でも&br; いいからねぇ!ごはんも甘々だよー!!&br; (思わず抱きついて頬ずり。すごく楽しそうに。それから優しく髪を撫でて寄り添うように抱き合って)&br; 好きな人と一緒に毎日ごはん食べられるっていいよね、私も街にきてからいつも一人だったから。&br; (アリーの両親が早くに亡くなってるのと、それから彼女がごく普通とはちょっと違った暮らしをしてきたことも、自分の&br; 事のように覚えているから。やさしくそう言って) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それじゃあ改めて料理のお勉強をして練習しないと、ですね…楽しみです。辛いのは食べず嫌いだなでかもしれないので後々慣れてく様に…甘々でも良いかも…っ&br;(頬ずりされながら、どちらからともなく抱き合い触れて)&br;…私なんて街に来る前から一人、でしたから。…だから、これからの生活、食事とか…そんな些細な生活がとても楽しみで…あ、あれ…?&br;(優しくされていると、ふと頬を伝う感触…何故か涙が流れて、思っていた以上に感極まってた様で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(泣くほど嬉しかったの!?とソニアは驚き気味になり。それでも、その涙の意味はなんとなく分かる気がして。&br; 抱いていた腕をアリーの頭と背にまわし)&br; よーしよし、大丈夫。楽しいことはこれからいっぱいだから。笑ってもいいし泣いてもいいよ、私が一緒にいるからね。&br; (小さく身体を揺らして、髪の上を滑らせるように撫でながらあやす) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おかしいですね…ん、わわ…っ!?&br;(涙を拭っていると腕が回されて撫でられながらあやされ、少し溢れた涙も収まって)&br;…はいっ!私、これからもっと頑張って…一緒に居て沢山楽しい…嬉しい事が沢山あるって、実感したり、されたり…してきたい、です…っ!&br;(そう言いながらギュッとこちらからも腕を回して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---それなら、引っ越して最初のご飯だから気合いれなきゃねっ!&br;(アリーの感触が心地よくて、ぎゅーっと抱きしめ返して)&br;ほっ、そういえば前にケーキつくったりしたけど。アリーんちのキッチンってどうなってるんだろ。一応器具とかはそろってるのかな。&br;(普通の食事はしなくてもよさそうなアリーだけど、まったく料理しないというわけでもなさそうなのでそう聞いて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(抱きしめられる感覚が嬉しくて目を閉じて堪能していると)&br;…ん、キッチンですか?普段はお茶を淹れるのにお湯を沸かしたりするばかりですが、点検だけは欠かして無いですね&br;(そうして案内するキッチン、館の広さに見合っただけのことはある設備は揃っているし器具も十分。…ただし食器の数は乏しく、数人分しか無い) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---来るときいつも思うけど、改めて住むってなるとほんと広いよねーアリーんちって。&br; (前に来た時は見なかった戸棚の中やオーブンなんかも開けて確認していく)&br; こんなに本格的なとこで料理していいってなかなかテンションがあがるー!あっそだねぇねぇアリーアリー、&br; お揃いのカップとか買わない? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あんまり使ってない部屋も多いのですが…大小問わずで、20部屋以上はありますからね。クローゼットとか込みだともっと…?&br;(設えてあるオーブン等は型が古いものの、見る限りでは使用等に問題はなさそうで)&br;建てたのはかなり昔ですけれど、私が越してくる前に点検して使える様にはしてある…とかで。(私も時々使えるか確認しかしてないですけれどねと付け加え)&br;…お揃いのカップ、食器とかもですよね?良いですね、買いましょう!おねえちゃんとお揃い…柄の色合いだけが違うのとか…あ、おねえちゃんはどんなカップが良いですか?&br;(と、見るからにノリノリと言った様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(ソニアは微笑んで、アリーの頭をやんわりと撫でる。さっき涙を見せた時はちょっと驚いたけど、やっぱり楽しんでくれて&br; 居るのがうれしいのだ。それから、頷いて)&br; 私が今使ってるのはキャンプ用のマグだからー。せっかくなのでかわいいのがいいよね!私コーヒーよく飲むけど&br; おうちがお屋敷になるとこう…優雅な感じにしてみたい!お嬢様とかっぽく?&br; (今度は、いたずらな仔犬のよう笑う) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(こうしてソニアさんに撫でられるのがたまらなく嬉しくて、幸せを噛みしめる様に感じていると)&br;…あの金属製のですよね?おねえちゃんとお揃いならあのマグと同じものも…とか思ったりしますけれど。&br;そうですね…普段精液以外で私が飲んでるのはお茶、紅茶とかそう言った物が主ですけれど。…おねえちゃんがお嬢様で、私がメイドになってお茶を淹れたりとか。&br;(と、着飾ったソニアさんとその側に仕える様に立つ自分の姿を想像して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---メイドさんアリー…ああっ前に着てたよね!あれっ一着だけなの?まだあるならむしろ私も着たいんだけどっ!&br;(想像の中でふたりともメイドさん姿になって、クルッと回ってスカートふわっとさせたりして、手を繋いできゃっきゃうふふ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---いえ、何着かある筈ですけれど……(そう言いながら胸元に手を当てて)今、サイズがあったかどうか……胸回りとか。胸回りとか。&br;うーん、でも将来的には師匠ぐらいの大きさを目指してるので…(と、つぶやきつつも首を横に振ってそれはともかくと)&br;試しに見て確認してみます? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ!キッチンは使えるのわかったからちょっと見て見たいなぁ。&br; (さっきから、やりたいことが次から次に出てきて取り留めがない。新しい生活を前にはしゃぎ気味なのだ)&br; あとね、あとでおっぱいおっきくするマッサージとかお客さんに聞いたからやったげるから。&br; (胸回りへ対するお悩みもしっかり聞いていた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---改めて確認してもらって、何かあったら便利な物…そういうのが分かるかもしれませんしね&br;(そうして目の前でワクワクとしているソニアさんの姿を見てるだけでこちらも愉しくなってきて)&br;…あ、ありがとうございます。(少し顔を赤くしながら、ちなみにどれ位の大きさがおねえちゃんは好きですか?と念の為に聞いてみたり)&br;(台所を後にして、クローゼットルームまで案内して)あんまり多いと虫干しも大変なのでそんなには無いのですが…(と、大体10着分位はあって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(アリーのバストサイズについてバランスかなー私胸だけおっきいの実はちょっと気になってるしとか応えがてら。&br; 廊下を移動して。何度も泊まったことはあるけど、改めて館の広さに感心したりして入ったクローゼットルームもちょっと&br; 驚きな広さだった)&br; うはっ、お店の衣装部屋よりおっきい!&br; (服がトランク一個に収まるソニアには驚きの広さであった。っていうかクローゼットルームとか初めてみる)&br; ああー、アリーは昼間お外とか出辛いもんねぇ、そうしたらお洗たくは私の担当になるのかな。あっこれこれ〜♪んふふ&br; (メイド服の一着を手にとって身体の前に当ててみたり袖をのばしてみたり) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--(そうなんですか?イェチン師匠くらい大きい方が良いかなと思ってたんですが…バランスですかと少し考えこんで)&br;(そうして案内しながら、広さは十分だけれど収められている服はそこまで量は多くない)&br;普段着てる私の服と、メイド服…一応礼服の類もありますけれども。&br;(広さの割に少ないのは今まで住んでたのがアリーだけだったためで、これから服を買い揃えたりしていけばまた室内の様子も変わってくるだろうか)&br;今まで基本は室内干し、とかでしたし…基本日当たりは悪いので、例えばお外に干すのも日が上がる前、日が暮れた頃に回収ってしてました。&br;…途中で雨なんか降った時は大変でしたけれどね(と、少し肩を竦めながら…目の前で服を合わせてる様子を見て、自然と笑みが溢れ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---じゃあやっぱりお洗濯はまっかせて!お庭広いし日当たり悪くっても風通しいいところに物干し台作ればいい具合に&br; 乾くよー。お日様の匂いするシーツとかは気持ち良いものだし!ふふっなんだかほんとにメイドさんになれそうな気分だよぉ。&br; ん、メイドさんかぁ、そういえばママも時々家で着てたなぁ…。&br; (メイド服を抱きしめたまま、何か昔を思い出したのか、そうそうぽつりと呟いて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それじゃあ…おねえちゃんにお願いしますねっ 室内干しとかそういう風に干す事のが多いので…&br;おねえちゃんがメイドになるのなら私もメイドに…なんて。&br;(そんな光景を思い浮かべながら、つぶやいている様子に)&br;…おねえちゃんのお母さんの事が、着てたのですか?(そんなつぶやきに首を傾げて尋ねて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(アリーと同様にソニアも両親を亡くしている。赤ん坊ができて、自分がもうすぐ母になるというこの時期&br; 色々と思うこともあるのだろうか…)&br; …うん、夜に…寝室で。ミニスカートのほぼ裸エプロンのお尻とか透けて見える…。&br; (懐かしそうに語るのはご両親の夫婦の性活の一端でした。感傷とは程遠い) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---……(何となくそんな風な話題だろうなと思ってたらその通りで、どう答えようかなと少しだけ考えこむと)&br;…そういったデザインのメイド服は無いですけれど、その…は、裸エプロンなら直ぐにできます、から…?&br;(だから何だという話ではあるが。…それはそうともう少し詳しく聞いても良いでしょうか?と少し気になって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---裸エプロンもいいねぇえへへっ♡ なんかこう新妻感?それにちょうどこれから夏だし涼しくってよさそう♡&br; (何か聞きたそうなアリーに、なーに?って笑って首をかしげながら) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…私が裸エプロンになるか、おねえちゃんが裸エプロンになるか。…二人共?&br;あ、その時…おねえちゃんのお母さんがどんな事をしたりされたりしてたのかなぁとか…&br;…それを見ておねえちゃんが何かしたのかなとか…‥どう思ったのかなとか。 -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---二人でかわいいのおそろい、いいよねぇ〜…。ん、ああ。そりゃ当然二人で愛し合ってるとこだよね平たく言うとえっち。&br; (エロメイドコスでご主人様とメイドさんプレイ等)&br; 子供の時だから、夜は寝ちゃうけどー。たまに起きちゃったときとかねー混ざってた。&br; (つまり親子で3P) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ですよね。(何となく予想はしてた、しかしここまでサラッと言われると…半ば納得に近い感じで頷いて)&br;(夜の営みじゃあ仕方ないですよねと思っていたのは続く言葉を聞くまでで)&br;そうですか、混ざ………混ざって!?それって、もちろん触ったり舐めたり吸ったり挿れられたり…まで? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---やー、ちっちゃいときだったから。挿れたりはしないよー。触り方とかキスの仕方を教えてもらったりね。&br; 大体どこのうちもそんな感じだと思うよ♡&br; (そんなん、ソニアの故郷だけだと思われるが。アリーの頬へ手を伸ばしてうにうにとくすぐって)&br; だから生まれてくる子にも二人でいーっぱい気持ちいいこと教えてあげようねぇ〜♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---そうでしたか…なら大丈夫ですね(果たして何が大丈夫なのだろうか。)&br;…改めて聞くとおねえちゃんの故郷、とても奔放ですよね。(少なくともこの辺りでは聞いた事が無いし自分のところでも、多分無かったと思いながら)&br;(そうして頬へと手が伸びて擽られる感覚、触れられて表情も緩みながら)&br;そう、ですね♡(と、口にしてからふと何か気づいた様子で)……あ、それでちょっと思った事が&br;おねえちゃんの所だとそんな風な風習みたいで、他の子とするのが普通でしたけれど。…ここだとちゃんと性教育とかしないといけないような…?&br;(仲が良い人同士、えっちなことをするのが当然…というのがこの周辺ではあまり通じない事を懸念して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ハッ!?そういえばそうだった!&br; (ソニア自身、田舎から出てきた当初、そのギャップには苦労したこともあるわけで)&br; んーでもーやっぱり子供できたら一緒にしたいし…きっとアリーそっくりの可愛い子生まれてくるだろうし…♡&br; …うんっきっとだいじょうぶ!だって、私がこんな風にするのは、当たり前だから…でもあるけど。&br; 好きだから仲良くしたいから。…触れ合うあったかさが気持ちいいのは、悪いことじゃないから…♡&br; (アリーを柔く抱きしめてそう微笑みながら囁いて)&br; んふふっ、でも、こんな風に抱きしめるのはアリーだからだよ。だから色んな人がいて抱き締め方や触れ方が違うのを&br; ちゃんとわかってればいいと思うの。// -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…そうですねっ♡じゃあ特別って伝えながら抱きしめたり…そういう風にしていけば大丈夫でしょうし&br;(正直なところおねえちゃんそっくりな子が生まれてきて。甘やかすどころか…望まれれば何でもしてしまいそう、と言った所はおねえちゃんとこうしている間に変わっていった所で)&br;(そして…こうして抱きしめられるのがやっぱり大好きだから、コクリと頷いて)&br;じゃあ…私からも。えへへ…ほら、ママたちが沢山抱きしめてますから&br;(そうしてこちらからもソニアさんを抱きしめて、二人の間に宿っている赤ちゃんも挟む様に抱きしめる状態。…人懐っこい元気な子になってほしいと思いながら微笑み合って)&br;…こうして抱きしめられるのが嬉しいから、おねえちゃんと…この子達にも沢山抱きしめていきましょうね…っ♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ!いっぱい抱きしめて…いっぱい大好きってして。4人でいーっぱい幸せに気持よくなろう…♡&br; (前髪同士をこすり合わせるように頷いて、お互いの身体を引き寄せ合うように抱きしめ合うと。二人の子を&br; 宿して大きくなったお腹同士が温かくなる)&br; はやく元気に生まれてきてねぇ、楽しみにまってるから…♡&br; (ソニアがそう言うと、まるでお腹の子が催促するようにくぅーっと腹が鳴った)&br; あら、あははっ。育つのにご飯が要るって♡ 戻ってごはんつくろっか? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(こうして前髪が触れ合いながら、抱き寄せ合う身体を心地よさげに目を閉じて感じながら)&br;(確かな生命の鼓動をそれぞれ感じていき…そうしてお腹の音が鳴るのを間近だったため聞いて、つられてくぅ…とこちらも鳴り)&br;…です、ね?え、えへへ…沢山食べて大きくなって、早く会えればなって…そう思います。&br;(何を作りましょうか?と、台所に戻りながら献立の話を振って) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はい!実は実家の方に頼んで食材とか送って貰ったので!ちゃんと栄養あるものたべなきゃってなったので。&br; おじさんにジャムとか干物とかねぇ。なので、ポテトサラダ作ってあげる!アカンソーデスの干物入の奴はうちの名物なの♡&br; (作るのは久々だけどねーっと笑いながら、実に楽しそうで)&br; あと、引っ越す前に食材も色々買ってあるしー。&br; (ソニアの引越し荷物は随分少なかったが、そのうえさらに半分くらいは買い込んだ食材だったりしたようだ。&br; ほんとに身軽な奴である) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…優しい方たちですね、生まれて落ち着いたら改めてご挨拶に向かいたいです。(数日掛けてですから、育ってからですけれどもとお腹を撫でて)&br;ポテトサラダっ!…干物って言ってますけれど何ですかそれ、お魚?&br;(あまり聞いた事のない名前に首を傾げつつ)&br;あ、お野菜なら庭で幾つか育ててるので…何でもとは言いませんけれど、ある程度は揃ってると思いますよ。&br;(まさか半分が食材だとは思わなかった様で、とりあえず今後は食材も買い揃えて置かないととか思いながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、家庭菜園あるから買ってきたのはお肉とか缶詰とかそういうの。&br; (新居ではあるが、今まであしげく通っていたから不慣れなことはないようで)&br; アカンソーデスってねー、湖で取れるお魚でね、よく食べてたん。名物なんだよ。干物が多いけど採れたての&br; フライとかも美味しくってー…。実家に行ったら食べさせてあげる!アリーもお腹が安定期入ったらいけるよ。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(勝手知ったると言った具合に、だいぶ知られているのはやっぱり嬉しく思いながら)&br;名物…何だか愉快な名前ですけれど…ふふ、今から楽しみです。&br;って、あれ?…私が安定期だとおねえちゃんの方が臨月なのでは…?(エプロンを用意して着用、おねえちゃんの分も用意しながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリーは来月4ヶ月目でー私の予定日は今年の秋だからー。夏の間なら大丈夫そうかなぁ?&br; (エプロンを受け取ってかけると、丸いお腹にかかって、いかにも妊婦のようである)&br; 厳しいのは途中の砂漠くらいかな、それでも今のジープなら来た時よりずっと早いと思う。夏は気持ちがいいよー。&br; (そしてキッチンにダンボールを運びこんで中から、燻製肉や缶詰、芋や玉ねぎそしてアカンソーデスの千羽鶴&br; みたいな干物の束を取り出してならべて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--夏は夏で…ちょっと日差し強いのは厳しいと思いますけれど、でもどこかで挨拶には行きたいですね&br;砂漠…うん、でも生まれてから行くよりかはまだ先に行った方が…ですね。&br;(コクコクと頷きながら、安定期とはいえだいぶ大きくなってるおねえちゃんの身体に負担掛けたくないという思いもあったりして)&br;(それはそれとして料理の準備)調味料はこっちに…凝ったスパイスとかは無いですけれど基本?の物は揃ってるはずですよ&br;(そう言いながら戸棚を開けて砂糖や塩コショウ、酢…と言った基本の物をこちらも並べ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---そうなんだよねー、冬なら夜が長いんだけど。砂漠の夜は死ぬほど寒かったり…私街に来るときそれで &br;ちょっと死ぬかとおもったり…。ジープがエンストして…。&br; (ちょっと遠い目になって半笑い) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---……あの時って冬でしたよね。その、到着出来て本当に良かったですけれど…&br;(何だか聞いているだけで少し血の気が引くような感覚を覚えながら)&br;…ジープさんの調子も良さそうですからエンストは無いとして、乗ってる私達が耐えられないともとも子も無いですからね。準備はきっちりと…(と、心に誓うように呟いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あの時は、焚き火してる側の砂に埋まるっていうサバイバル知識で助かりましたん…。&br; アリーの場合は、日差しよけとかあとどうせなら快適に旅したいからその準備もねぇ♡&br; (そう言いながらもテキパキと食材や器具を用意して)&br; んっよし!準備はおっけーぬかりなーし!それじゃあっ腕によりをかけてごちそう作っちゃうから!アリーも手伝ってね! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---砂に埋まる…というのは始めて聞きました。…本当無事にこっちに着いて良かったですよ…&br;着替えとかそういうのも必要ですね…ううん、車での旅って始めてなので何が必要なのか…&br;(こちらはこちらで設備等を改めて確認して問題無いですとうなずき)&br;はい!私も精一杯頑張っていきますっ(ぐっと気合十分と言った様子で二人で調理を開始して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---えー、まずお肉にスパイスをねりこんで、そのスパイスは基本のセットにそれからカラミテスの種は荒く砕いた物とミルで引いた細かい&br; の2種類を用意して…あれ、アカンソーデスの皮むくのは蒸したあとだっけかな…。&br; (材料も器具も十二分だったのは幸いだったが。料理わりとできるけどそんなに毎日してるわけじゃない。初級以上中級未満な&br; 人が凝った料理を作ろうとするとどうなるか。キッチンを右往左往としたかと思えば待ち時間で手持ち無沙汰になって&br; 抱き合ったりちゅっちゅしたり。うっかりしすぎて蒸しすぎたり焼き過ぎたり…。初めてのディナー作りは混迷を極めた。&br; 結局用意ができたのは月も中天をすぎた真夜中で。けれど、元より夜の活動が長い二人だったから。ジープも手伝って&br; 屋敷の倉庫に眠っていた大きな食卓や、燭台なんかを庭に引っ張り出してちょっとしたパーティー気分になったりしたのであった。&br; 月の綺麗な夜だった) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
-続

-(草木も眠る丑三つアワー、館の古びた扉が音を立てて開かれた)&br; ただいまー&br; (ソニアさんでした。夜シフトの日は5時頃でかけてこのぐらいの時間に帰ってくるのが普通なのだ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 03:16:57};
--&color(#f0908d){おかえりなさい、おねえちゃんっ♡&br;(とてて、と傍らにハヴェリーを伴って出迎える。今日は館の掃除等を行っていた様で、ジープさんの戻ってくる音が聞こえた為かこうして迎え入れる)&br;…なんだか、誰かを出迎えるのって…良いですねっ♡(照れた様子ではにかみながら)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]/[[メイド服>http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp030530.jpg]] &new{2016-09-09 (金) 03:26:41};
---えっへへー!ただいまー!&br; (もっかいただいまを言ってメイド服姿のアリを抱きしめる。)&br; うんっいいよねぇ。今まで私がお仕事終わる頃ってほとんど起きてる人も居ないぐらいだったから。なんだか新鮮だよぉ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 03:35:16};
---&color(#f0908d){一人で暮らしていると、言う機会ないですからね。(抱きしめられて照れ照れとして)&br;…本当に良いですね、こうしておかえりなさいって言えるのって…ふふ、言えるだけで嬉しいです。今まで言ったりしたこと無かったですから♡&br;…白金庵だと、共用スペースがあってもこの時間は自室で寝てる事のほうが多そうですからね?}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 03:44:27};
---うんー、だからアリーも夜型でよかったなーって!一緒に居れる時間が長くなるからー…ふぁ…っあふ…。&br; (そう言いながらソニアはあくびした、娼婦は体を使う仕事だし、日に日に重くなるお腹も抱えいるとなれば。疲れも&br; でるというもので。それにあと2〜3時間もすれば夜明けなのだ)&br; でも、今日はちょっと疲れちゃったかも…もっと一緒に居たいのにぃ&br; (うにうにと頭を擦るようにしてアリーに甘える動き、疲れると甘えたくなるよね) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 03:56:21};
---そういう意味では、私吸血鬼で良かったなってそう思います。…ん&br;(抱きしめられながら、あくびをする様子。仕事を終えて帰ってきて、きっと疲れているというのは感じ取れて…抱きしめる為に背中に回した手を頭へ持って行き撫でようとする。甘えられれば甘やかしたくなってくるのは道理で)&br;私もぉ…おねえちゃんと一緒に居たいですし、でも大丈夫‥・好きなだけ抱きしめてください。今日の私はおねえちゃんの抱きまくらですっ♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 04:04:35};
---やったーこれはもう安眠間違いないねっ!じゃあ早速寝るよぅー…お風呂とかは…おきたらで…&br; (よっぽど疲れてるのだろうか、はしゃぐのもそこそこに。寝室の方へとアリーの手を引いていって。&br; パーカーやニーソを脱いで適当にベッドの脇に置いとくと、ベッドに腰をおろしてそのままノーモーションでゴロンと&br; 転がってしまう) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 04:11:44};
---&color(#f0908d){あっ…もう、ふふ‥・しょうが無いですねぇ…♡&br;(寝室に手を引かれながらどこか嬉しそうに、歩きながらハヴェリーに今日はもう休んで良いですよと伝えて)&br;(ちゃんと着替えるのも億劫なのか、それとも普段からこんな様子だったのか…楽な格好になって、そのままベッドに寝転がるのを見れば)&br;(こちらもヘッドドレスとエプロンだけ外して添い寝する様に横になって)&br;…おねえちゃんっ(抱きしめやすい様に少し身体を浮かして)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 04:19:32};
---んあーいー…。&br; (まだかろうじて起きていて、眠たい声で返事をすると。腕と絡ませた足にアリーの感触を感じて満足気に笑みを浮かべる)&br; ここ涼しくて寝やすいから、夏でも添い寝気持ち良い…ねぇ…。&br; (そう言いながら、くっつきあったアリーと自分のお腹を自然と手で撫でていて、その手の動きも徐々に緩慢になっていき…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 04:39:49};
---&color(#f0908d){(抱きしめられ、足が絡ませられて…その感触が嬉しく。血の気の薄い肌がおねえちゃんには心地よさを感じさせたり、こちらも触れ合う事で嬉しさがこみ上げてきたりして)&br;ゆっくり、休んで下さいね…?(撫でられながら、眠りに落ちるまで抱きしめたまま…その様子を眺めて、囁く様に「おやすみなさい…♡」と、甘めな声を耳に残して)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 04:47:08};
---(…それから何時間かして、ソニアは目を覚ました。多分もう日は高いだろうけど、窓は雨戸を隙間なく締めて&br; 糸ほどの光も漏れてこない。手を伸ばして灯りをつけると、豆電球程の明るさに室内が照らされる。&br; 街の喧騒も聞こえてこず、なんだかまだ夜のような気がした)&br; んんっ…!ふぅ。&br; (小さく体を伸ばす) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 04:57:26};
---&color(#f0908d){(ソニアさんが目を覚まし、少し身体を伸ばすと抱きしめながら心地よさそうな寝息を立てている小さな身体)&br;ん…すぅ……くぅ…&br;(寝息を立てながら、寝るに当たって少しだけ着衣を楽にしている様で服の間から肌を覗かせているのが目を凝らせば見えて)&br;(静寂に包まれる館の一室、無防備とも言える姿なのはそれほど安心出来るのだろう。)}; -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 05:01:55};
---ん…♡&br; (こうしてアリーを側に感じながら眠り、目を覚ましてまだ眠る彼女のあどけない寝顔を見るのも何度目だろうか。&br; 胸を広げるように息を吸い込むとほんのりと自分の匂いが移ったアリーの香りがした)&br; ふあ……っ。&br; (まだ頭がぽやぽやとして、眠たい感じがする。けれど2度寝する程の眠気でもないから、ぼんやりとアリーの顔を&br; 見つめて居たりして) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-09 (金) 05:11:18};
---(匂いを嗅がれる様に息を吸い込まれ、その感触にほんの少し身じろぎをしながら)&br;ぁ…♡ん、ぅぅ…おねえ、ちゃ…&br;(甘えるような、甘ったるい様な声を上げて…少し表情が上気している風に見えて、ほんの少しの息遣いにも熱が籠っている様に感じられる)&br;(…起きる様子は無いからか、寝言だと思われるが…妙に耳に掛かるような声に感じられて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]] &new{2016-09-09 (金) 05:19:29};
---(少し寝ぼけた笑みを浮かべると、そっとアリーの頬を撫でる。なかなか起きる気配がないのはやっぱり吸血鬼だから&br; なのだろうかと思ったりもして)&br; んふぅ…♡&br; (メイド服の肌蹴た胸元に、頬ずりするようなキスをする。絶対エッチな夢みてるよねぇ♡ って心の内で囁くと、何度か&br; 体に篭った香りを吸い込むように深呼吸して…)&br; …はぁーい、おねーちゃん側にいるからねぇ?アリーにたくさんキスしてるよぉ…頬にも耳たぶの裏にも首筋にもー…&br; 鎖骨からお腹の赤ちゃんにも…んふふっ。&br; (くすぐるような柔い声で、催眠術でもかけるように耳元に唇を寄せながら) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そっと触れられた頬はやわらかな感触を手に感じさせ、しかしそれだけで起きる様子は無い様で)&br;(胸元に頬ずりをされる、肌蹴ている所から匂いを感じさせつつ…触れられながら吐息が胸にかかり、ほのかに喘ぐ様に声を漏らしていく)&br;ん、ぅ…ふぅ…♡は、ぁ…ん…すぅ……くぅ…&br;(蕩けた声の交じる吐息を漏らしながら、眠りに入っていても身体はしっかりと反応をしていく)&br;(体中、囁かれる事で耳からそのまま頭の中まで擽られるような…そんな快感を享受している様で)&br;(そして敏感になっていくと、段々と眠りの中に合ったはずの意識が引き起こされて行く様子で…どこか微睡みながらわずかに瞳を開いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おはよう…♡ …まだ起きるには早いかなぁ?&br; (瞳を閉じているのも可愛いけれど、アリーの澄んだ赤い瞳は見えている方がずっと素敵で。&br; まだ眠たげな目をするアリーの額にキスをする) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ん、ぅ…?(未だ微睡みの中、夢心地と言った様子のまま)&br;(普段よりもちょっと早い時間の目覚めなのだろうか、普段以上にどこか緩慢に身を揺らして)&br;ぁ…ぅ…?ん…っ♡あ、っと…おはよう…です…?(口付けをされながら、小さく声を漏らした後にカクンと首を傾げて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--うんー…。&br; (ソニアも気だるげに返事をすると、横になったまま腕を伸ばしてアリーを抱きよせた) 昨日は疲れてたから、すぐ寝ちゃったよー…まだちょっと眠いけど…はぁー寝起きのアリー暖かいなー&br; (背に回した手をゆっくりと動かして、撫でながら…さり気なくメイド服の留め具を外して脱がせにかかる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(まだはっきりと目覚めて無い、どこか夢の中の様な感覚を身に帯びながら)&br;(抱き寄せられて、身体をすり合わせる様に身を預けて)…ん、おねぇちゃん…あったかぁ…えへへ…っ&br;…あ、れ…なんでわたし、服を着て…ぁ、ん…おねえちゃん、が脱がせてくれるんですか…?(と、どうやら夢の中では既に脱いでいた様な事を呟きながら…抵抗無く脱がされていく。…少しだけお腹が張っているのも脱がす事で感じられて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あはっやっぱりエッチな夢みてたんだぁ♡&br; (顕になった肌に手の平を重ねて形をなぞるように撫でる。なめらかな背中や腰、それからぽっこりと膨らんできたお腹&br; の上で優しく往復させて)&br; んっ…んんー!ふぅ…よっしょっ…と。&br; (ソニアも寝転んだままワンピースから靴下を脱ぐように抜けだして。ブラと下着以外身にまとうものがない&br; 状態になってでまた寝そべると、大きさの違う膨らんだお腹同士がくっつく)&br; 暑いから、抜いじゃったー…うにうに…んー…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ゆ、め…?ううん…あれ、おねえちゃんも服を着てる…?あ、ぅ…&br;(胸も以前に比べて少し張ってきて、少し身体に丸みを帯びてきて…背中、腰、触れられていく。夢の中と現実とがすり合わせが行われていくかの様に、身体は火照っていくのを実感しながら)&br;‥あ。おねえちゃん、がまた裸に…えへへ、暑いのならしょうがないですねぇ…♡&br;(お腹同士が触れ合い、産まれる前から仲の良い様子を感じさせつつ)&br;ね、ね…おねーちゃん…おっぱい…っ♡(と、まだしっかり覚醒仕切ってない状態で蕩けた声で求める様に声を上げ。そのままブラの下から手を差し込んで顕にしていこうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んーどうしたのぉーなんだか甘えん坊さんだよアリー。&br; (ソニアもまたまだ目の覚めきれない声で答えながら、ほとんど無意識にアリーの頭を抱くような位置に布団の上を&br; ずり上がって。触れるにまかせて甘えるままにさせる。&br; まどろみの中で触れ合うのが心地よくて、目を覚ますのはもうちょっと後と、寝ぼけながら先送り。仔猫のように&br; 抱き合って)&br; んんー…アリーの匂いー…んふふ。&br; (髪に鼻先を付けながら、むき出しになってる背中に手を這わせて撫で回す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---だって、ぇ…おねーちゃんの、おっぱい…気持ちいいんだもん…&br;(頭を抱かれて胸に顔を埋める様な状態、触れてふにふにと手を動かして揉んでいく)&br;(触れながら顔を埋め、すーはーと深呼吸をして匂いを嗅いでいく。求めるままに触れ合う感触を求めていって)&br;(背中に触れられ撫でら小さく声を漏らしつつ)…おっぱ、ぃ…ん…っ♡(柔らかな乳房の先端に唇を寄せてそのまま吸い付いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はーい、一杯吸っていいからねぇ〜…んっ…あんっ♡&br; (頭を抱きかかえるような状態だから、ちょうど赤ん坊に授乳するような格好になって。吸い付かれた&br; 先端の部分からじんわりと温度の高くなるのを夢見心地で感じる)&br; はぁ…あっん…。&br; (覚醒しきらない体は未だに寝床から離れる気にはならないようだけど、体の方は睡眠とは別の快楽に&br; めざとく反応を始める。ソニアの手も半分眠ったままアリーの素肌を愛撫する手つきになって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ん、ふぅぁ…あふ…ちゅ…♡&br;(先んじて赤ちゃんの様な感じに吸い付いていく。唇をむにむにと動かしながら吸い付いて)&br;(まだまだこちらも夢心地、積極的にこちらから吸って求めながら)&br;ん、ふぅぁ…あ、ふ…♡&br;(ちゅっちゅと吸ってから、一度口を離し…そのまま顔を胸へと埋めて)&br;ふ、ぁ…っ♡(無防備な柔肌は、こちら求める様な手つきに声を漏らして)…もっとぉ…♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…ふぅ…ぁ…。&br; (ソニアは、胸の中にアリーの頭を抱きかかえた。耳にかかる長い黒髪を、手首を曲げてかき上げると。&br; お風呂にも入らずに寝てしまったのにまったくべたつかず、髪はさらさらと指先からこぼれ落ちていく)&br; …んっ…ちゅっ♡ もっと…こっちぃ?&br; (少し身じろぎしながら自分の頭を持ち上げると、耳に舌を這わせながら手は脇腹から腰へと這う) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--(抱きかかえられながら、髪を指でかき上げられて…梳かれていく様な感覚。髪の一本一本が絡む様に感じながらゾクリと身体を震わせ)&br;(そして頭を抱きかかえられる事で、密着が増して匂いを強く感じられていく…)&br;んぅ…はぁ…♡そっちも、そこも…♡…ぜんぶぅ…♡&br;(舌が耳に這わされ、その音が頭の中まで響くような感覚。そして腰周りへと這わされる手に…こくこくと頷いてから、足を絡みつかせ…埋めたまま胸の谷間や乳房に口付けを落としていく) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーい…♡&br; (アリーの唇が柔い乳房の硬くなった部分に触れる度に、まどろみ混じりに枕に沈み込んだような艶っぽい吐息を&br; 細く漏らして。いつもより甘えん坊なおねだりに誘われるまま、指を下着に差し入れてゆっくりと割れ目に指を這わせた)&br; んーふふぅーアリーのここーあったかくてふにふにぃ…♡&br; (激しく体を動かすのが億劫なのか、指先の動きまでひどく緩慢で。だけど止めずにずっと感触を手遊びで楽しむように) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(身体が欲するままに、そして意識も蕩けていきそうな程甘い声で…ちゅうちゅうと吸ったり、感触を楽しもうと胸に頬ずりをしたりして)&br;(そうしていると這わされていた指、手が下腹部へと伸びてきて…そのまま下着の内側へ。確かな熱を帯びているのを指先に感じさせる)&br;ぁ…おねえちゃんの、指で……♡&br;(触れられて、ふにふにと指が僅かに動く指にゾクゾクと身体を震わせ漏れる吐息も熱っぽくて)&br;ぅぁ…んんん…っ!(ビクビクと身体を弾ませる様に震わせて、多幸感に満たされそのまま身体は昂ぶって上り詰めて…じっと見つめて、ゆるく微笑み)おねえちゃんに…触られてる、だけで…♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---私も触っててきもちいいよぉ…♡&br; (二人の顔が近づいて、唇が触れ合うと眠りから覚めたばかりで少し乾いている気がした。ソニアは、舌先で唇を&br; 濡らすとアリーの唇も濡らすように舌を触れさせて。手は抱き心地のよい枕の感触を楽しむかのように、すべす &br;べした背中からお尻まで撫でづつけてずらした下着の上も指先でなぞる)&br; んー…もっと触って欲しいー? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(唇を触れ合わせ、感触を確かめるようにしている…舌がお互いの唇に潤わせ、再び重ね合わせ…)&br;(こちらは胸からすっかり大きくなってきたお腹に触れてたっぷりと撫でてから、こちらもお尻を揉む様に手を動かし始めて)&br;(同時に触れられながらこくこくと頷いて)…触って欲しい、ですし…もっとおねえちゃんをさわりたい、です…っ♡(と、両手を下着の内側に潜り込ませ…直接お尻を揉み初めて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、いいよぉ♡ んふふっアリーの手もいっぱい触って来てくれてるぅ…。&br; (お尻に触れるアリーの手の感触に目を細めながら、下着に指をかけて自ら下ろしていく。&br; 寝そべって足を絡ませあった状態で腰を前に突き出すと、膨らんだお腹の下側が柔らかくふれあって。さらにアリーの&br; 太ももを抱え込むようにして互いの秘部を触れ合わせようと)&br; んふふぃー…。お尻しっかり持っててねぇ…?&br; -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、はぁ…♡おねえちゃんの、おっぱい…も、お尻、もぉ…っ&br;(下着を脱いでいくのを見ながら、腰が突き出され…お腹も触れ合ってるのを感じつつ、下腹部の秘部を触れ合わせられ…熱が伝播していく様に感じながら)&br;(一度片手を離して、人差し指と中指に舌を這わしてから再びお尻をしっかりと持ち)…ちゃんと、持ちます、ね…?&br;(と、少しだけ妖しい微笑みを浮かべながらも、期待に喉を鳴らして頷き) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ…♡ &br; (アリーの指が白いお尻に埋まる感触にまた甘く吐息が漏れる。もう目はほとんど覚めていた。だけど&br; ベッドから起き上がる気にならなくて冬の日の布団のようにアリーを抱きしめると互いの割れ目同士を擦り合せる&br; ように腰を動かして…)&br; んっあっん…んっ♡ んー…ちゅっ、はぁ…♡&br; (そのままごろごろとなる喉を指先でくすぐって、頬に両手を添えるとキス) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(ふにふにとお尻を揉みながら、抱きしめられて擦りつけられる秘部…腰が動けば卑猥な水音が聞こえ始めて)&br;おね、ぇ…ちゃん…♡ んん…っ♡ふ、ぅ…♡あ、は…&br;(指が喉をなでてから頬を両手に添えられ、そのまま口付けをされる。)&br;(そして、こちらもしっかりとお尻を持つ為に指を食い込ませて。…先ほど濡らしていた指を這わして、おしりの割れ目に沿わしていく) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっちゅ…、ふぅっ…んふふっアリーの匂いがいつもより濃くって…好きっ♡ あっん…。&br; (アリーが手を動かしやすいように、緩やかに腰を動かして。それでも水音はちゅっくちゅっ…と止まるどころか&br; 大きくなっていってしまう。それに合せて口内へ舌を差し込むと、舌どうしも絡ませあっていく…)&br; はぁっ…あっ…どんどん気持ちよくなってきちゃう…ん…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おねえちゃんもぉ…いつもより、感じられてる気がします…っ♡わたし、も…好き、大好き…っ♡&br;(腰の動きが少し緩まりこちらが攻めやすくなりながら、それでも触れ合っている事に対して興奮が収まる様子は無く)&br;(求め合うように舌を動かして口内を舐め回す様に、秘部も擦り付けあいながら…そして指はそのまま窄まりへと滑らせて、くすぐる様に刺激をして)&br;良い、ですよ…おねえちゃん、と…沢山気持ちよくなりたい、ですから…っきっと、気持ちいいの…この子たちにも伝わってます、から…♡(はにかむように、お腹を示して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっは…ママ達朝からベッドでいちゃついて、いっぱい気持ちよくなっちゃうくらい愛し合ってるよーって。いっぱい&br; 伝わっちゃうねぇ♡ &br; (そうして全身でキスするように、お腹同士を軽くこすりあわせて。太ももを抱えていた手をお尻へやると、アリーの&br; 腰を引き寄せるようにソニアもお尻の割れ目へと手を伸ばす)&br; はぁっ…あっ…アリーの、指ぃわた私の弱いとこいっぱいこすこすってぇ…。&br; (ただ敏感な所を、軽く撫でるだけの柔い刺激だけど。一晩中抱き合う様にして眠り、起きてからも肌をすりあわせて&br; 甘えあっていたから。あとは体中に溜まった快感の元にほんの少し強い火花があれば十分で)&br; はぁ…あっ…んアリィー…あっ…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--…伝わりすぎて、私とおねえちゃんみたいな感じになったらきっと素敵だと思うんです♡&br;(そんな事を口にしながら、お腹を触れ合わせることで将来を意識して。そうしているとお尻に伸びてきた手。そのまま引き寄せられる様に密着しながら、お尻の割れ目に伸びてきて)&br;…寝てる間中感じてた事がありました、よね…今でもたまに夢に出てきたりするんです…っ♡&br;だから…止まらなくなっちゃって…&br;(そう言いながら肌をすり合わせて、唇を啄む様な軽めの口付け。…指を少し曲げ、くにくにと先だけ埋めようとして)&br;…おねえちゃんが、されて気持ちいいことを…弱いところ…私の身体にも、教えて…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あれ、きもちよかったねぇずっと繋がったまま…で。あんっ…教えちゃう、からぁ私の好きぃなとこも…弱いとこも…&br; あっ…。はぁっ…ぁっ!うん…そこぉ、お尻はよわくってぞくぅってなっちゃって…。ほらぁココ…♡ (アリーの唇が触れる度に、ぞくっぞくっと体を跳ねさせて。段々息も荒くなっていく。そうしてアリーのお尻の穴にも&br; 自分の指を少し潜り込ませて。触れ合わせた割れ目同士はほぐれて、硬くなったクリトリスがお互いの柔い肉の中に&br; 少し食い込む。その瞬間に軽く体の奥で溜まっていた快感がぱちぱちと弾けるような気がして…ソニアは達してしまう)&br; はっ…あっイッく…んんっ!…はぁ…はっ…。んっ… -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…思い出すだけで、今までにない何かに目覚めそうな…そんな気がするんです…♡&br;…また、おねえちゃんが可愛い声出してて…ふひゃぅ…っ!あ、ぁ…♡&br;(弄っている為気が緩んでいた為か、潜り込んでくると思わず声を上げてしまい。まだまだ手先の器用さでは先を行かれているためすぐに蕩けていってしまう)&br;い、ま…すごく、ゾクってきてぇ…んん…おねえちゃ、ん…ぁ…っ!(お尻への感触、そして秘部の敏感な部を食い込みあわせる事で一気に上り詰めていく。それはソニアさんも一緒の様で)&br;は、ぁぁぁ…♡おねえ、ちゃんのイってる顔…可愛い、です…っ♡(そう言いながら腰を震わせて、自身も達している為かすがる様に指が動いてお尻を軽くいじり回す様になっていく) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ひゃぁっ…あっん!もぉー…弱いとこ、攻められちゃうっのちょっと恥ずかしい、のに…。あっは…♡アリーも、体が&br; 気持ちいいって…いってるよぉ。あっ…!&br; (同じ体勢でだきあっているからか、釣られるように同じ動きになってしまう。抱き合ったままもっと、と気持ちよさを&br; 求めるように段々指の動きは激しくなって…。そうなると、まどろむよりも気持ちよさを求める気持ちのが強くなる。&br; 体の下側になって、あまり動かしてなかった腕まで動かすとアリーの体の下側からも腕を回してお尻の肉を強く掴んだ&br; ちょうど、正面から抱き合ってお尻を揉むような格好になって…)&br; んんっ…んっ!&br; (そして腕の中に柔らかいアリーの体の感触を抱え込むと、また小さく体を震わせる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---分かってます、分かってますけれど…おねえちゃんが感じてるのを見るのが好きなんです♡…おしりで感じてる所は特に…♡&br;…わかっちゃい、ます…?&br;(抱き合ったまま、僅かな反応も触れ合っていることから感じ取る事が出来るのだろうか。そうしているとお尻を揉まれ始め。少し疼く様な感覚を覚えていく)&br;(正面から身体を包み込まれながら、お尻を揉まれ…こちらもほぐすように動かしていく。きっと互いの緩慢な求め合いはすぐには終わりそうになくて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁー…はぁ…♡ うん…わかっちゃうよぉ?何度もしてるし、いつもしてるから…。アリーの体温も、匂いも…&br; 可愛い瞳からでもぉ…わかっちゃうの…♡&br; (そういうソニア自身の体も熱く火照って。汗ばんだ肌の下にずっと快感がくすぶり続けてるのは筒抜けで)&br; 目、覚めちゃったねぇ…でも、もうちょっとこのまま…しよ?ねぇ…♡&br; (触れてもないのに太ももをつっと愛液が伝って…。ソニアは甘えるように愛撫を続けながら頬を舐めあげて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---全部、見られて…分かられてるって…思うだけ、で…気持ち良く、なってきちゃってます…♡…んぅ…っ!&br;わたし、も…おねえちゃんの気持ち良いの…たくさん、分かるようになりました…♡&br;(太ももに伝う愛液、それはこちらも同じで…甘えられながら頬を舐められ、コクリと頷き)&br;…おねえちゃんの、お尻…つぷつぷ…って、もっと弄ってても良いんです、ね…?…………じょ、冗談ですよ半分くらい&br;(そう言いながらもう片方の手は秘部の周囲を擦るように這わしていって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---…冗談ならだめぇ……なんてねっえへへっ良いよ♡ アリーにならいっぱいおかしくされちゃってもイイ…から。&br; (敏感な場所に触れてくる指の感触に目を細めて、興奮を撫でるような吐息を漏らした)&br; 夜になるまで、ずぅ〜っと、ベッドで遊んじゃおう…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それじゃあ‥沢山いじっちゃいます、ね?……いじってる内にちょっと我慢できなくなってしまいそうです…♡&br;(漏れる吐息に喉を鳴らし、ひしっと密着しながら)&br;はぁ、い…っ♡じゃ、じゃあ早速入れて良いです…?(おずおずと薬をどこからか持ちだして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっやる気まんまんなん!?朝からもー!(多分もうお昼すぎだけど)&br;…しょうがないにゃぁ…いいよ♡&br;(口元に手を当てて上目遣いに、頷く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…やる気なら、一日中ありますよ…?おねえちゃんとエッチしたいっていっつも思ってます…っ♡&br;……‥おねえちゃん、大好きっ!(頷かれて、嬉しそうに身を寄せながら薬を口に含んで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ、私もだよっ。だってぇアリーにいつも大好きってしたいから♡&br; (そう言うと、ソニアは、横に寝そべりながらゆっくりとソニアの腕や腰を撫でて。下腹の辺りに手を伸ばして&br; 生えてくるものを待ち受けるように手をうごかした)&br; んふひひっアリーが動く?それとも私がしよっか? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---えっちなこと以外でもふれあいたいですけれど、エッチなことではもっとふれあいたい…だから、ですね…♡&br;(そうして飲み干して、少し待つと…撫でられて手を伸ばされた辺りから、成人男性のそれよりも少し小さなのが生えてくる。とは言えアリーの身体と比べると少し大きく見えなくもなくて)&br;…おねえちゃんがしてくれる所を見たいので…お願いできますか…?ん…っ(手を動かされて敏感な部分がビクっと弾んで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はーい♡ いっぱい触れ合っちゃおうねぇ。お互いの体で触れたところの無い場所がないくらい…。&br; (よいしょって体を起こすと、アリーを仰向けにさせてその上にまたがる。騎乗の姿勢だ。前戯はもうたっぷりしてたから&br; 今すぐにでも交われそうで。それは前でも後ろでも同じ。どっちもとろとろにほぐれてる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--…実際触った事のない所ってどこになるんでしょうか?&br;(そんな疑問を感じつつ、程よい重さを身体に感じながら…生えたてのおちんちんをピクピクと震わせ、少し腰を揺らして押し付けるように動かす)&br;(このままお尻に…と擦りつけてから、少し引いて前の方へと宛てがって)…ん…っ この、まま…来て…ください…♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んー喩え話だよぉ?んふっこっちぃ…だねぇ♡んっ…はぁ…っ&br; (自ら秘部を指で広げて、小ぶりでも硬く立っているアリーに生えたおちんちんを自分の体内への入り口にあてがうと&br; ゆっくりと腰を落としてぬるぬるとした柔肉で包み込んでいく)&br; んっ…おくまでとどいちゃって…あはぁっ赤ちゃんにもおちんちんでこんこんって♡&br; (ゆるゆると腰を振ってしめつけて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おねえちゃんの…エッチなところ、に…私のが触れて…あ、拡げて私のおちんちんが入ってくのが…♡&br;ん、ぁぁあ…!あ、前より…暖かくって、でも柔かくって…♡狭くなってる気がするの、に…んひゃぅ…っ♡&br;(ゾクリと腰を震わせながら、言葉に表せないほどの快感に酔いしれていって)&br;…赤ちゃんに、挨拶、しないと…ママがちょっと早く、会いに来ましたよ…って♡(先端を擦りつける為に少し揺らしてみながら、すっかり蕩けきった表情を見せて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリーもすっかりおちんちんの気持ちよさ、癖になっちゃってるよねぇ♡ うんっ私も…だから…。&br; はぁ…んっく…赤ちゃん、できてからねぇ?えっちするの、ますます気持ちよくなっちゃって…不思議ぃよねぇ?&br; (子宮を小突かれる度、ほんのわずか、膣内に入ったおちんちんの先っぽが触れる度にソニアはお腹を揺らしながら&br; 声を跳ね上げて)&br; あっ…んっふぅ…♡ こんこんってされてる、赤ちゃんの分まで感じてる、から、かなぁ…♡&br; (そう言いながらも腰使いは孕むまえと遜色なく、あまり激しく動いていないのに手で掴んでおちんちんを扱くような&br; 締め付けをあたえていく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---んぅ…好き、ぃ…おちんちん、でするのも…される、のも…っ♡&br;なんで、ですかね…?ん、良く分からないですけれど、気持ちいいのなら…良いの、かなって…?&br;ぁ、んぅ…♡…‥多分、気持ちいいのが分かって…もっと、もっとってねだってるのでしょう、ね?だって、私と、おねえちゃんの赤ちゃん…ですか、りゃぁ…♡ひぁぅ…中で、急に…んんっ!&br;(思わず嬌声をあげながら、膣内でしごかれる様な締め付けにおちんちんはビクビクと膣内で弾むように動き、まもなく達しそうな様子を感じ取れて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっあっ…っ!はぁっ…はぁっ…あっ…♡&br; (アリーの中に渦巻く快感が高まると、繋がったところからそれが伝わったようにソニアも口から喘ぎを漏らすだけになって。 &br; んっ…はぁぁっ!私も、いっぱい気持ちよく…んんっ!&br; (少し前かがみになると、アリーの手ぎゅっと握る。ほとんど同じタイミングでまた、イってしまって。手を同じように&br; 繋がった部分もぎゅうっと強く抱きしめて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---良い、です…っおちんちん、いい…っ♡あ…あぁ…っ♡&br;(包み込まれながら、耳に掛かる喘ぎ声が気分を快感を、盛り上げていく用に感じていく)&br;出ちゃ、ぅ…ふ、ぁ…にゃああ…っ!&br;(手をギュッと握られながら、強く締め付けられると…質量が増して、暖かな膣内にびゅくびゅくと白濁の奔流を放っていく。もちろん擦りつけられる様に動かされていたため幾ばくかを赤ちゃんの小部屋に注いでいきながら。達している快感にこちらからも腰を押し付けるように突いていって)) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ふぁっああっあ…っ!!あ!!&br; (びくっびくっと体を震わせて。自分と赤ん坊とそして、精を放つアリーの分まで快感を受け止める)&br; にゃっ…!はぁっぅ…ん!くっ…はぁ…はっ…はぁぁ…&br; (繋がったまま、仰向けのアリーに覆いかぶさるように両手をついた。荒く息をして弱点のお尻を攻められた時の&br; ような声もだしちゃって)&br; はぁぁ……っ♡&br; (キスをした) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(快感を解き放つ様な感覚、射精の感覚は身体からも力が抜けて僅かに気だるさを感じつつもそれ以上の快感に惚けてしまいそうで)&br;ぁ…ふぁ…♡んん…は、ぁ…はぁ…♡&br;(覆いかぶさられ、間近に顔を感じ…口付けを受け入れていく。柔らかな感触、そしてその最中も射精は僅かに続いており…お尻に手を伸ばしてしっかりと持つように)&br;(この状態で、そのまま伸ばした手をおしりの割れ目に持って行き…再び窄まりを指先でくすぐり) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んんっ!ん!…ッ! (絶頂の最中に、指で弱い所を触れられれば。ソニアは口づけをしたままの姿勢で身悶えて。&br; アリーの指が搖れて弄ぶままに、大きなおなかと胸を揺らし絶頂かんに身を震わせて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふ、はぁ…っ!おねえちゃんが…っ ん、くぅ…♡&br;(未だ入ったままであるので身悶えられれば刺激されて、2度3度と放つのを止められずにいて)&br;(快感にすがるように指を動かし…やがて、ビクビクと身体を震わせ強い絶頂を迎えて。くたりと脱力し) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっ…はぁぁー…っはぁー…!&br; (脱力するアリーに被さるようにして布団に手をつく。お腹の中で、まだ射精がびゅっびゅっ…と続いていて。&br; その度に背中を伝ってくる快感に意識が飛びそうになってしまう。それが今まで時間をかけた分だけ漣のように&br; 引いたと思えばすぐに寄せてきて。気持ちよさがいつまでも引かない…)&br; はぁっ…あっ…んっ♡ すごい、気持ちいい、のずっとぞわぞわぁって…ふふっアリーのミルク…いーっぱい&br; 赤ちゃんにあげちゃったあ…♡ あっ…ひゃぁっ…ああ!&br; (最後にぶるぶるっと体を震わせてただただ荒い息をしながら、アリーの手を握った。&br; なんとかアリーの上に倒れこんでお腹に体重をかけるのは防いだけど。二人のお腹がぴったりくっつき合って…&br; 呼吸に合わせてゆるく波打つのがわかった) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--(射精を続けて言い知れぬ快感に酔いしれながら、じんわりと体内に熱を広げていく…お腹を触れ合わせてる状態で伝わるのを実感しながら)&br;あ、ぁ…全部、出ちゃってぇ…んん、おねえちゃんと、赤ちゃんに…飲まれちゃってるぅ…っ♡&br;にゃぁ…っ は、ぅ…♡(手を握られて、触れ合う感触を実感しながら。お腹を少し圧迫されるけれども、脱力した身体でどうにか支えて)&br;えへへ…っ。私の方のお腹の赤ちゃんも…気持ちいいのが伝わってるって、そんな気がします…♡(そのまま身体を抱きしめて、支えるように横向きに向かい合おうとして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んふふっ、じゃあ次は私がアリーにいっぱい出してあげなきゃぁねぇ…。&br; (抱き合ったまままたベッドに横たわると、少し乱れたアリーの髪を指先ですくって撫でた)&br; ん…そろそろ、起きてもいいかもだけど…もうちょっとこうしてよっか…。&br; (3度目のもうちょっと。薄暗い部屋のベッドの上で抱き合って寄り添っているとそこから起きてごこかへ&br; 行こうっていう気がなんだか布団に吸い込まれてしまうようで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
-   
--じゃあさっき言った最初の手順からね。シートベルトして、ギアがパーキングなのを確認して。右下のENGINEボタンを1回。&br; そうすると、コンソールと警告灯関係が点灯して、異常のある箇所は点滅するから。そういうときはドアポケの診断機を&br; コンソール下に接続するとエラーコードが出て来るからそれを確認。なにもないようならブレーキを踏みながらもう1回&br; ENGINEボタンを押すとエンジンが起動するからー…。&br; (夜、煌々と月の出る館の広い庭でジープの助手席に乗ったソニアは暗がりの中で早口になっていた。運転席にはアリーが座る) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---は、ひゃいっ!…シートベルトを付けて、ギアをパーキング…このPのままでいいんですよね…えっと&br;(指差し確認をしながら確かめるように1つずつ手順を追っていく)&br;………エンジンを押して、診断機…は何も無いですね。あー…&br;……ん、んー…?えっと、シートベルト…(改めて締めるのを確認すると首をかしげて、ブレーキを踏みながら押して起動するとビクッと身体を弾ませて)&br;……あ、だだだ…大丈夫ですか…っ!?(あわわと慌てふためきながら手をパタパタと動かして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---だいじょーぶだよー。 (慌てふためいてるフェレットみたいでカワイイ♡)&br; まーほんとに危なくなったらジープが止めてくれるからー。はい、ハンドル握ってねー。&br; (お腹にかからないように、ソニアもシートベルトをした。シートベルト未装着の警告などは元々軍用車のジープには &br;無いがしていた方が安全だということは経験からわかっているのだ。ベルトの金具が鳴って、航空機とディーゼル&br; を混ぜたようなジープの独特のエンジン音が車内に響いた。ルームミラーの下でソニアのつけたアクセサリーが揺れる)&br; まー壊れなきゃジープって動かすのは結構かんたんだから、すぐアリーも運転できるようになるよ♡&br; じゃあまずは発進させてみよ。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---本当に大丈夫ですか!?ジープさんも私が変なことしてるって思ったら遠慮せず言ってくださいよ…っ!?&br;(そして促されるままハンドルをしっかりと握り、ややしがみつく様な状態…にはシートベルトがあるためなれないでいて)&br;(そわそわと落ち着かない状態のまま、エンジンの駆動で震える車体。その車内にて深呼吸をしようとして)&br;そ、そうでしょうか?な、何にせよ、やってみます…!アリー、ジープさんで発進しますっ!&br;………?(首を傾げて前進も後退もしないジープさんに不思議そうにして。未だブレーキを踏んだ状態でちらりとおねえちゃんの方を見る)発進しません、ね? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、アクセル踏まないとね。ブレーキペダルの右のやつ。&br; (アリーの足元を覗き込みながらソニアは冷静に言った。ちなみにジープは左ハンドル、オートマ車であるが。&br; この世界にはそもそも車自体ほとんどない。操作に不慣れだとしてなんの不思議もないので) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---左にあるのがブレーキ、その右にあるのがアクセル…うん、うん…(頷き、確認する様に呟きながら)&br;(踏み込みすぎない様に気を付けながらアクセルペダルを踏んでいく。となりで冷静にしているソニアさんがいるから、少し落ち着きを取り戻した様で)&br;(そうしてゆっくりと動き出すのを実感しながら)…わ、ぁ…えっと、ハンドルを回して…方向を変えていくっと…(10mか20mか…操作を確かめる様に動かして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ上手だよっアリー。色々操作するところはあるけど、基本的にはアクセルとハンドルで動かしてブレーキで止めればいいの。&br; ジープは頭いいからギアチェンジとかは自分でやってくれるし♡&br; (実際、運転席に座ってみてると、フロントパネルやピラー部分にまでスイッチがついてるし、フロント中央のコンソールは&br; タッチパネルになって様々な情報を矢継ぎ早に表示し、操作を要求してそうな雰囲気だったが。基本は車なので動かすの自体は、さほど&br; 難しくない)&br; よーしっ!じゃあスピードを上げてみようかー! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---アクセルとハンドルで動かす、ブレーキで止める。…エンジンかけるまでは大変ですけれど、動かすのはそう大変ではないかも…?&br;(とはいえ操作ばかりに気を取られて周囲を見落としては意味が無いですと、周囲にも気を配る余裕が出てきて)&br;(…それにしてもいろんな情報がありますけれど、基本は速度だけ気にしておけば良さそうかなと思っていると)&br;スピードを…こうですか?(少しアクセルを踏みこんで、速度を上げてみる。ハンドルの回し具合でどの程度曲がるのかも少し理解できてきて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(アリーの飲み込みは早いようで。大体自転車を習うのと同じくらいの速度で、運転に習熟していく。夜目も効くので&br; 夜間の走行にもなんの不安もない。小柄な彼女達には不釣り合いな大きなシートやハンドルも、トランスフォーム&br; 機能をもつジープが調整してくれるので、動かしづらいこともなく)&br; はいっそこで一気にアクセル!ギアダウンしつつサイドブレーキ!&br; (急に助手席のソニアからドリフト指示!) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(思っていた以上に運転がうまくいっているのは普段からソニアさんの姿を横で見ていたから。)&br;(そしてジープさんの調整もある為か、次第に慣れてきた様子。それでも普段より引き締まった表情で運転を続けて)&br;えっ?は、はいぃ…っ!?(唐突な指示出しに流れるような動きでアクセルを踏み込みながらギアを下げ、ぐぐっとサイドブレーキを引く。ハンドルを回して進行方向を180度ひっくり返して再度前進…した所でブレーキを軽く掛けて徐々に停車)&br;…って何ですか今のはっ!?(と、ぐるっと顔を向けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おおーっ本とにできた。すごいすごーい!&br; (ソニアは横でパチパチと拍手していた。本とにできるとは思わなかった的な顔をしていた)&br; 結構大事なテクだよ、でっかい敵から逃げるときとか!あとは全力疾走しながらジープが変形して座席から&br; 腕に抱えられるっていうのもあるよ♡&br; (最上位のコンボになると、疾走>変形>反撃>そしてまた変形してダッシュで走る、になるって楽しそうに言う。&br; いったいそんなドライブテクニックが必要になる道というのはどんなところだというのか) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---出来ましたけど、出来ましたけれど…な、何をさせるんですか…っ!?&br;(改めて自分のやったことを実感して肝が冷えた様な驚きすぎてドキドキが止まらなかったりしながら)&br;…一体おねえちゃんとジープさんは何と戦ってきたと言うんですか…。覚えた方が良いというのなら覚えますけれども&br;(ジープさんも大丈夫ですか?と、今のドリフトを行って気遣う様に声をかけたりして)&br;…今のやったらもうなんでもできそうな気がしますよ。(身体に負担がかかってたりしないですかとも心配しつつギアをPに入れて一息) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(''YES SIR''と電子合成音がアリーに返事をして、エンジン音が低く小さくなる)&br; ふふっごめんごめん、でも初めてでこんなに走れるなら、あとは街中流して走り慣れちゃえば十分そうだねぇ。&br; でもアリー、ほんとにしばらく一人で平気ー?私ならまだ動けるし、そんなにいっぱい休んでなくても大丈夫かなって思うんだけど。&br; それにアリーも妊娠中だし?&br; (お腹を撫でながらソニアは言った、アリーが運転を習ってるのは。もうすぐソニアが臨月で産休に入るからだ。&br;
今までジープはソニアが運転していたので。仕事等の送り迎えが難しくなる。そして、大丈夫そうとは言ったものの&br;
なんだかやけにアリーの事が心配そうで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(ありがとうございます、とジープさんのハンドルを撫でて後で洗車しましょうと思いながら)&br;普段からおねえちゃんの運転見てましたから…っ&br;うん…少し思ったのですが、この子の為に栄養は付けておきたいですから(そう言いながらお腹を撫でて、仕事だけでなく食事の意も含んでる為か…そういった意味でもすぐには休めないらしい。もっともそうでなくとも休むつもりはない様子で)&br;(そうすると自分の足だけで…となると色々と範囲が狭まってしまうのも考え物であり、相談の結果こうして習う事になった様で)&br;…まあ、私自身出勤の頻度はそんなに多くないので大丈夫ですよ。きっと(と、安心させる様に微笑んで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おねーちゃん心配だよぉ!あとお留守番寂しいです!最近ずーっと一緒に居る時間増えたから余計に!&br; (助手席から身を乗り出してアリーに横から抱きつきながら、ちょっと泣き真似入った甘え声を出す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--なので終わり次第すぐ飛んで帰ってきますっ 同じ状況だったらきっと寂しいと思いますし…っ&br;(抱きつかれながらよしよしと背中を撫でて。…お腹も撫でながら)もうすぐ産まれてくる事も考えたら余計に飛んで帰ってきますよ?(と、安心させるように声をかけて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ…♡&br; (あやされると、満足げに小さく頷いて)&br; あっ、そういえばアリーって羽の方は育ったりしたのー?&br; (そう言いながらアリーの背中をなでなでとして) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(頷く様子にどこか嬉しそうに微笑みながら、こちらも背中を撫でられながら)&br;私の羽ですか?ん…育つ気配は今のところ…うん、育ちそうな雰囲気はあったんですけれどね?何か大事な条件が抜けてる…っぽいです&br;(出し入れは今でも自在ですけれどね?と付け加えながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---そっかぁ、条件ってー栄養?足らないとかー?精液は前よりいっぱい食べるようになってるよね?&br; パピガのお仕事もあるしー…。&br; (抱きついてほっぺたくっつけて頬ずりしながら。会話もスキンシップしながら) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---とにかく力の強い方の精液か母乳か…具体的には1000年前から存在している方が理想です(実際羽が生えたのは1000年を生きる方の母乳を頂いてからですからと口にして)&br;足りない力を経口摂取とかで取り込んでる…みたいな感じになりますね、食事とは別腹みたいな…?&br;(まあそうそう見つからないですし、見つかっても断られてますけれど…とほっぺを頬ずりしあい、時折口付けを落としていったり) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ああーそういえば、前にもそんなお話聞いたねぇ。そうかぁ質の問題かぁ。飛行可能の実績解除は難しいので。&br; (頬にキスされれば、頬と耳元にもキスのお返しをして。互いの顔を舐め合う仔猫のようにじゃれて居て&br; 完全に車の中でいちゃつくカップルのようである。ホラーや怪獣映画なら真っ先に餌食されるやつ)&br; じゃあ、赤ちゃん産まれて、落ち着いたら羽をはやせそうな人さがしてみよっ。お姫様だっこされて空飛ぶとか&br; ちょっと憧れるので! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---出来ればいつか自分の力だけで飛んでみたい…それもちょっと憧れでした&br;(そうして頬と耳元に口付けを受けてから、じゃれ合う様に抱きしめて)&br;(スリスリと頬ずりをしてから、こちらから唇を重ねて)…でも今はそこまででもないですよ?&br;おねえちゃんと居られるのなら地上でも空でも…って思ってますから。&br;……飛べる様になる前に身体もっと鍛えないとですね(そう言いながら細い腕でお腹を撫で続けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリー…。&br; (きゅんっ♡としてきらきらした瞳でアリーを見つめて。さらに身をのりだして抱きついた)&br; 私も!アリーと一緒ならどこだっていいからねー!なんなら飛ぶのはジープを改造してジェットとか羽とか合体すれば&br; いいし!&br; (今ジープをフロント部分から見ていたら、マジカって表情をしたのが分かったかもしれない)&br; んーっ運転の練習は今日はこれぐらいでいいから体鍛えにいこうか…ベッドで♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おねえちゃん…(うっとりとした瞳で見つめ合いながら、でもそれはジープさん的にどうなのでしょうかとも一瞬思ったりしつつ)&br;(……まあ、私も頑張るしおねえちゃんも頑張るし、ジープさんも頑張ってくれるって信じることにして抱き合いながら)&br;…おねえちゃんは、あんまり激しい運動し過ぎない様に私が沢山動きます、ね…♡(と、お腹を撫でてた手を胸に持っていって揉むように動かして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーい♡ じゃあ一杯優しくしてねぇ…♡ んっそんな揉んだらおっぱい漏れちゃうよぉ。&br; (ソニアは完全に運転席のアリーの方を向いて座る、普通の乗用車と違ってジープの前の座席の間にはシフトレバーや&br;仕切りが無いのだ。代わりに収納できる台があって。上に立って天井の穴から身を乗り出したりできる)&br; んーっでもおっぱいマッサージされるのは嫌いじゃないので。&br; (アリーの頭撫でながら微笑んで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---大丈夫ですっ♡私が全部飲みほしますから…っ!&br;(とはいえジープさんの車内でそんなにしてたらというのも何だか気が引けたりする様子で)&br;(その割に手は止まって無かったりする。頭を撫でられこちらは胸を揉みながら…)と、とりあえずお部屋に戻りましょう?その方が色々体勢も落ち着きますし… -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーい。ホントは生まれてから出るものらしいんだけど、なんか早く出てきちゃってるからぁ。飲まないともったいないし♡&br; (優しい手つきで撫でるアリーの手に自分の手を重ねて微笑むと。頬にキスして頷いた)&br; ジープ、ありがとうね。&br; (ジープはクラクションを短く鳴らして返事した。二人が車外へ降りるとガレージの方へ一人でに移動していく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---場合によっては早めに出始める方も居るらしいですよ?二人目以降だと特に出やすくなるとか…勿論初産でもあるらしいですし。&br;体の方が育てる様に出来てきてる…ですね?(口付けを頬に受けながらはにかんで)&br;出勤の際には改めてお願いしますね?(降りた後にそう声を掛けて見送りながら)&br;……おっぱいマッサージ、もうちょっとしっかりとやってみませんか?(と、そんな話を振ってみて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---じゃあ私はもうアリーの赤ちゃんはやくお世話したくてたまんない体なんだねぇ。うんっしっかりとマッサージして&br;早く二人で赤ちゃんにいーっぱい、おっぱい飲ませてあげられるようになろうねっ!&br;(そう言ってアリーと腕を汲んで、月あかりに青く浮かび上がる菜園を横切って館の方へ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…実際私ももう出る様になってたり(最初は驚きましたけれどねと少し肩をすくめながら)&br;…はいっ!(と、力強く答えてみせながら腕組み並んで館へ。その途中で)&br;…飲んだり、飲まれたり…おねえちゃんともしてみたいなって、思ってたりしてますし…(と、呟いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んんー…アリーはえっちだなー!(嬉しそうに頬ずりながらちょっと乱暴にわしゃわしゃ)&br;(それから、がまんできなくなったおかちょっと早足になって、館の中へとはいっていった) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
-流し。
-&br;んふふっいい飲みっぷりで…やっぱり夜の方が少し元気がいいかなぁ?&br; (赤ん坊に乳を吸わせながら、ソニアが言った。片方の肩と一緒に晒される自分の頭より大きな乳房に&br; 小さな赤ん坊は懸命に吸い付いていた。揺れる灯りの元で時折、赤ん坊が乳房を手でこねる影が壁に映って揺れる。&br; エリーが生まれて10日あまりで退院して、館で過ごすようになって3日、少し気持ちも落ち着いてきて。小さな身体が日に日&br; に体重を増していくのを実感し始めている) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]] &new{2016-09-22 (木)};
--ですねぇ…流石私達の赤ちゃんと言いますか。&br;(生まれたばかりに比べると少しずつ顔と髪がしっかりとしてきて、面立ちが分かるようになってくるエリー。)&br;(乳房に吸い付いて懸命になりながら飲んでいる様子を見つめながら、自分もお腹を撫でて私も早く同じ事を…そんな風に感じながら)&br;元気さ、活発さはお姉ちゃんに近いでしょうか?…ふふ、可愛いです(と、柔らかく微笑んで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---目鼻が美人っぽくなりそうなとこはアリーそっくりだよぉ♡&br;(おっぱいあげながらニッコリとアリーに笑い返す)&br;あとおっぱい大好きなとことか。ふふっ、エリーがいっぱい飲んでもアリーの分もばっちり出せるよ。もー私ちょっと牛になった気分。&br;(じっさいお医者に そんなに って驚かれるぐらいお乳の出は抜群なソニアさんだ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それじゃあ今私のお腹にいるのはきっとおねえちゃん似の可愛らしい子が産まれてくるんですねぇ&br;(ちょっと大人し目かも、と思いながらお腹をさすりつつ)&br;…それじゃあ、私もエリーと一緒に飲んでもいいですか?&br;(そう言いながら少し身を屈めて…顔を寄せていく。少しお腹を鳴らしながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---もちろん、アリーも赤ちゃんのために一杯食べなきゃねぇ。&br; (もう片方の肩もはだけると、両方の乳房を出して、ソニアはベッドに腰掛けた。溢れる母乳が服に染みないよう挟んでいた&br; パットを剥がすと、ふんわりと乳の匂いがする)&br; はいっどーぞ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(ふんわりと漂う香り…思わず喉を鳴らして、パットを剥がされて顕になる乳房を見つめてから)&br;ふー…ふー…っ…んっ(すんすんと堪能をするように匂いを嗅いでから、少し垂れてる分を舌を這わしてから吸い付いていく)&br;ん…♡(ちゅう、ちゅうと音を立てて吸って母乳を口の中に含んで喉を鳴らして飲んでいき) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あんっ…♡ &br; (アリーに吸われると、つい甘い声が漏れてしまう。両腕は赤ん坊を抱いているから。胸に吸い付くアリーの&br; 髪の分かれ目辺りに頬ずりする) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ん…ふぁ…むぅ…♡ んん…ちゅ…&br;(時折吐息を漏らしながら、頭へと頬ずりをされてくすぐったそうにしつつ)&br;は、ふぁ……美味しい、です…っ♡(口を放して吐息を漏らしながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---よかったぁ…♡&br; (身をかがめると、アリーの唇を吸った。腕の中のエリーがもぞもぞと動いたのでよしよしとあやす) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…おねえちゃんのおっぱいなら、いくらでも飲めるかも…♡&br;(ちゅっと唇を吸われ、柔らかな感触に蕩けながら…あやされてるエリーの様子を微笑ましく見つめて。お腹をさすさすと撫でながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、うれしい…あとねぇ。エリー、飲み方がそっくりだよ唇の使い方とかぁ…あっそだっ!アリーもおっぱいあげる練習とかしてみる?&br; (腕の中のエリーは、おっぱいを近づけるとちゅうちゅうと吸い付く。小柄だけど食欲は旺盛なようだ)&br; ソフィアが生まれるのも、もうすぐだし…。&br;
(そう言うと、アリーと一緒にお腹を撫でて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おっぱいをあげる練習…ですか?(唇の使い方飲み方がそっくりと言われ恥ずかしそうに唇を抑えながら)&br;(吸い付いてるエリーの様子を眺めつつ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(そしてコクリと頷いてから)そう、ですね…少し膨らんで来てますし、今から慣れておいた方が…とも思いますし(そう言いながら頷き) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---私、おっぱい出るの早かったから、アリーも吸ったりマッサージすると早くでるかなぁって♡&br; (お腹を撫でていた手を、ブラウスのボタンにかけて1個ずつゆっくりと外していく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---もう既に滲み始めてたりは…おねえちゃんほど早く出始めたわけでも無いですし、ようやく膨らんできたくらいですから&br;(お腹を撫でていた手が胸に持ってこられて、そのままゆっくりとブラウスを肌蹴させられる。以前と比べて張った乳房が僅かに膨らんできているのが確認できて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(僅かに膨らんできた胸を指先で擦るような揉むような、絶妙な指先の力で撫でる)&br;うんっ前よりおっきくなってるよ16ミリってところだよぉ。このマッサージも効いてるかなぁ。&br;(そう言いながら、エリーをそっと預けるように差し出して) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ミリ単位で分かるものなのですか…っ!?ひゃぅ…っ んん…あ、エリーはこっちに来ましょうね?&br;(指先で弄られながら、差し出されたエリーの小さな体を抱きかかえて…小さいのに確かに存在を実感しながら自然と表情が緩んで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---わかるよーだってアリーの身体のことならなんでもわかっちゃうよふっへっへっへっ。&br; (身長、体重、匂い、あと味もきっちり覚えてるし爪の伸びる速さももしかしたらチェックしてるかもしれない。&br; 変態ではない、お姉ちゃんだから当然だね)&br; あっえとね、こうやって近くに持っていってあげるだけでいいよあとは自分からちゃんと咥えにくるから。&br; (そっと、アリーの肌蹴た胸元にエリーの顔をちかづけさせて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---な、なんでも…?…じゃあその、おちんちん生やして…一人でして飲んだり、一人でお尻を弄ってたりすることまで…?&br;(一体普段から何をしてるのだろうか)&br;そうですか?…じゃあ、こうして…(腕でしっかりと支えながら、胸元にエリーの顔を近づけてみて。すぐに吸い付かれて)&br;ん…っ(ピクンと少しだけ肩を揺らしながら、咥えられればミルクが吸い出されるのを実感して…言い知れぬ喜びを感じている様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリーの精液の匂いがやけにしてるなーって時は一人でしてたのかなぁ。言ってくれれば私がオカズにもなったげるのに。&br; (懸命におっぱいを吸う愛娘の横でそんな話しながら、だけどソニアの顔も幸福に満ちた優しい表情で)&br; あっもしかしてアリーのもおっぱいでてる?エリーがすごいちゅうちゅうしてる。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…たまに、自分ので型を取ったのを試しに使ってた、り…(顔を真っ赤にしながらうつむき気味に)&br;…自分でするのって、その…おちんちんの方は色々と変な感じになっちゃって…(と、言い訳をしながらも授乳の初体験は嬉しい物で)&br;…たくさん飲ませてもらってましたから、その分出やすくなってるかも…あと師匠に教わってる胸の大きくなる方法試してたりしたから…?(と、首を傾げ気味に) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---それに、やっぱりママだから、だよ。&br; (首を傾げたアリーの額と自分の額をくっつけるようにして、頬をくっつけておっぱいを飲むエリーを見つめた)&br; エリーもおっぱい飲めてうれしそうだし。アリーも嬉しそう。ふふーん、人は誰だって誰かの身体のあったかさが好きだし。&br; 気持ちよくなったら赤ちゃんつくりたくなるし、赤ちゃんが生まれたらいっぱい愛して育ててあげたくなるもんだから。&br; 全部素敵なことだもん。心だけじゃなくて、身体も急いじゃうよねぇ♡&br;(ブラウスをもっとはだけさせて、もう片方の乳房に軽い口づけをして、ちゅっと吸い付いて乳首を吸う) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--あぁ…(何となく、その一言で心で理解できた様な感じで)&br;(二人でエリーを見つめながら、自然と表情を緩ませながら)&br;ぬくもりが欲しくなる、と言うのは何となくよくわかります。おねえちゃんとだから…というのも特にありますけれども♡&br;…おねえちゃんがエリーにおっぱいをあげているの見てたら、身体の方がすごく急いじゃって…って感じかもしれないですね。&br;lん…何だか赤ちゃんが3人になった気がしますねぇ…♡(おねえちゃんにも乳首を吸われ、嬉しさに身を震わせながら吸われて母乳を溢れさせて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…んく…はぁ…。うんっアリーのおっぱいも美味しいよっ♡&br; (喉をならして飲み込み、顔をあげて、口の端についたミルクをぺろりっとなめとった)&br; アリーがいっぱい美味しそうに飲むから、私も真似したくなっちゃって…。エリーは、もうおなかいっぱいかなぁ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---だっておねえちゃんのおっぱい美味しいから…♡&br;(目の前でぺろりとなめとる様子を見つめて、そうしている間にエリーも飲み終えたのか口を放して)&br;ん、二人分飲んだら…その分お腹いっぱいになっちゃったっぽいですね?(そう言いながらゲップを吐かせてみせて。よしよしと背中を撫でて)&br;…おねえちゃんのミルク、どっちも美味しいですからね…なんて(そう呟いたのを聞いてから、エリーがおねえちゃんの方をじっと見つめている様に感じさせて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---そういえばーあっちのミルクは妊娠してたから最近あんまりだったねぇ。おっぱいはたくさん出てるけど。&br; (エリーの、指先2本分の幅の頬を優しくくすぐると、アリーと抱っこを変わる。生まれたては小柄な赤子だったけど。&br; 1日ごとにずっしりとしてくるのが分かるくらいスクスク育っているのだ)&br; アリーはおっぱいだけだと、やっぱり精液の方も欲しくなったりするのかなぁ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(抱くのを変わってもらい、少しうつらうつらと眠そうにしているエリーをみつめながら)&br;おねえちゃんのおっぱいは美味しいですし、うれしいです。………けど、ここ3年近くずっと精液ばっかり飲んでたものなので&br;…少し飲まないでいるとすごく落ち着かないと言いますか、それで我慢できなくなって自分でシて飲んだり…(それでも最近はお腹も大きくなってきて一人でするのもままならない…と、赤裸々に答えて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んー私が産休とってるから、精液とってくる量も減ってたからねぇ。&br; (二人とも娼婦の仕事をしてる。だからアリーの食料にする精液の確保にはあまり困らないのだが。エリーの出産にともなって&br; ソニアは産休中のためどうしても精液の確保量は少なくなる)&br; ん、じゃあ…エリーはお腹いっぱいになったし。久々に私の…食べるぅ?ふふっさっき言ってたアリーの型取りしたっていう…&br; オナホ…ちょっときになっちゃった…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---私の方も産休取る様になりましたから…&br;(小柄な体躯からそのお腹はだいぶ目立った様で、多少体力は付いてた物の身重の身体ではそろそろ動くのも満足に行かなくなってた様子。その分更に確保が乏しくなってて)&br;…良いんですかっ!?わ、おねえちゃんのおちんちん…久しぶり過ぎて…っ♡&br;(うっとりとした表情を浮かべながら、じゃあすぐに用意しますね?とごそごそとあさりはじめて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---私も久々だから…えっへへぇ一杯気持ちよくしてねぇ…?&br; (エリーを抱いて優しくゆすりながら、準備をするアリーに頬をほころばせる)&br; お腹いっぱいになったからエリーもきっとすぐ寝ちゃうし。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そうして取り出したのはパッと見では何の変哲もないオナホ、ただしいつも以上に顔を赤くして)&br;…その、出来は良いみたいらしいです。エリーが寝たら…しましょう、ね?&br;(と、ドキドキシながら寝付くのを待ちつつ…ローションを垂らして指でくちゅくちゅとオナホの準備を整えていき) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---抱いたまんまだとちょっとし辛いもんねぇ。…わぁっすごいエッチな音してる…&br; (舌先をちろっと見せて、ちょとtいやらしい笑みを浮かべる。ソニアも、出産からこっち少しエッチは控え気味だったのも&br; あって期待で下腹が疼くのだ。でも、生まれたてのエリーから目を離す気もないので)&br; …このまま抱いてたら、たぶんすぐ寝るので…アリーが私の扱いてくれるっていうのはどうかな…!&br; (子供が生まれても、夜の性活は旺盛ってカップルはそう珍しくないけど、赤ん坊のすぐ側どころか抱きながらでも&br; 一向にきにならないのは、多分ソニアだからだと思う) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---流石にその状態では動こうにも動けませんからね。…私も激しくは動けませんし&br;(そう言いながらも表情は期待を隠しきれないといった様子。抱き合っていちゃいちゃとかはしているものの少々ご無沙汰な為か身体が欲しているのはこちらも一緒)&br;勿論良いですよ?…久しぶりにおねえちゃんのおちんちん、気持ち良くしたいですから♡&br;(そしてこちらも、ソニアさんの影響を少なからず受けているため。また、普通の家庭というのも知らない為特に疑問を感じないで)&br;…おねえちゃんの気持ちよくなる音を感じながら眠りましょうねー♡&br;(と、エリーに語りかけている辺り割りと大概なところもある様で。もぞもぞとスカートを捲り下着を下ろそうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---きっとエリーもその方が喜んでくれるよねぇー♡&br; (アリーのするがままに任せつつ。二人で顔を寄せて、ソニアの胸を枕にするエリーに微笑みかけると、欠伸で&br; 返事をした)&br; あっ、そだそだ、お薬飲まなきゃ。生える方のでいいのかなぁ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---突然ママがパパになっちゃうと、流石にエリーも驚いちゃいますから…?&br;(それを考えたら生えるお薬のほうがとも思い、まだ生えてない状態の足の付根の間、そこをじっと見つめながら)&br;…あ、私のことは気にせずお薬飲んでみて下さい(と、スカートの中に頭を突っ込んだ状態で声をかけて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーい……って、もぉアリーじっと見られてたら息くすぐったいしなんか照れるよぉ。&br; (下着も脱がされて、お尻にシーツを感じていると。生暖かい吐息がふとももをくすぐって思わず身をよじる。&br; 軽くふとももでアリーを挟んだりしながら、薬瓶を開けて飲み干す。エリーを落とさないようにしっかりと抱いて構えると&br; 久々に味わう、熱くこみ上げてくるものを感じた)&br; はぁっ…んんっくふぅ…んっ…♡ ふふ、これも久々だぁねぇ…。&br; (身体の中を抜けていく熱さに、吐息を漏らして。その熱がもうすでにへその下辺りで一箇所に凝って形を成して&br; 居るのを感じる。…久々だからだろうか、足の間に生えたおちんぽは、なんだか以前よりも一回りくらい太くパンパン &br;に張っているようで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--そう言えば生えるところちゃんと見た事が無かったから…折角、ですし。&br;(太ももで挟まれながら、少し喉を鳴らして待ちわびている様子。久しぶりにこうして感じられて匂いもすんすんと嗅いで息遣いもくすぐる様子で)&br;あ…出て来ました…♡&br;(嬉しそうな声色でじっと見つめて形成されていく、身体の機能が新たに形作られていく様子は興味深くて)&br;(そうして顕れたおちんちん、独特の雌と雄の匂いが混ざりあった香りに喉をならして…パンパンに張っている物を、うっとりと見つめながらそのまま唇を触れさせようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ううっ…生えるところじっくり見られるっていうのはちょっと恥ずかしい……ひゃぁっ!&br; (思わずビクッと背を反らせた。慌ててエリーをよしよしとあやす。薄いワンピースのスカートの生地1枚越しに&br; アリーがおちんちんにキスをしているのが、感触ではっきりと分かった。男性器特有の、気持ちいいところに向かって&br; 腰を突き出したい衝動にかられる快楽が、指先で撫でるように腰から上半身へとぞわぞわ上がってくる)&br; アリー…焦らさないでぱくぅってしてぇ…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---すっごいえっちなおちんちん…大好きなおねえちゃんのおちんちん…♡&br;(唇を寄せてちゅっちゅと触れさせていき、先端や雁首の辺りを重点的に触れさせながら)&br;…えー?お口でするんじゃなくって、今日は私のオナホで気持ち良くなってもらいたいですから…もうちょっとだけ我慢して下さい、ね?&br;(そう言いながらもくわえ込みたい衝動を必死に抑えながら、指でいじってほんの少し人肌に暖まってるオナホをくちゅくちゅと宛てがいつつ…こしゅこしゅと小さな手で握って扱きはじめて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぅっ…そうだった…すっかり忘れるくらい久々で気持ちよくってぇ…んっぁっあ!?&br; (さっきよりも大きな声が口を出してしまった。パンパンに膨れ上がった先っちょから柔らかくぬめるものにおちんちんが&br; 飲み込まれていく感触に、腰が抜けそうになって。ぎゅっと腕に力をこめてエリーを胸に抱きしめた)&br; あっあっ…これぇすごっ…んんっ。入り口、入ってすぐのとこ…コリって堅くって狭いの、恥骨があたってるみたいで&br; そっくり…はぁぁっ…。&br; (座ったまま、身動きとれないで。アリーの手でしごかれるままに息を荒げて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---こんなおちんちん見たら私も危うく忘れるとこでしたよ…♡…おねえちゃん、まだ全然入って無いですよ…?&br;(あまり激しくし過ぎると感じすぎて大変なことになるのではという思いと共に、少し焦らすと張り詰めているおちんちんが更に立派に見えている為焦らしていって)&br;…まだ全然入って無いですよ?でも、私のお腹…すごく小さくて奥までも短いですから、これじゃあすぐいっぱいまで入っちゃいます、ね…っ!&br;(言いきると同時にぐっと奥まで達する様にオナホへ挿入させて。同時にしごいていた手は根本をキュッと締めて暴発しないように気をつけて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---えっ…そうなの…?はっひゃぁっ…あっ!んっくぅ!!&br; (そもそも胸が邪魔で下が見づらいソニアが、エリーも抱いてるので。足の間のことはほとんど、性器の触覚を頼りに&br; 感じていたところに。不意打ちみたいに根本までオナホを挿入されて軽い射精感を味わってしまった)&br; んぐっ…んんっ…くぅふぅ…!はぁはぁ…っ♡&br; (足の指を丸めて下半身に力を入れて。アリーの指で栓をされ、暴発はなんとか防ぐ。先っちょからにじみ出た精液が&br; じんわりと、オナホの一番奥に少しだけ染み出した)&br; はぁぁ…なんだか、アリーに射精管理されてるみたいで…ちょっと…くせになっちゃう、かも…おねーちゃんなのにぃ♡♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---わ、わ…奥まで入った途端すっごくビクビクって跳ね回ってます…♡&br;どうですかおねえちゃん、私の作った特製オナホ…本物と比べると少し違うらしいですけれど…♡&br;(そう言いながらオナホ越しにおちんちんを握って。)&br;…たまには、こんな風にしてもいいですよね♡おねえちゃんのおちんちん、射精を管理するのは妹の役目ですっ♡&br;なんて…すごく大それたこと言っちゃってますね。本当はオナホみたいに好きな時に好きなタイミングで好きなだけおねえちゃんには私で気持ちよくなって貰いたい…&br;ですが、それが出来ないなら…こんな風にしちゃうのもしょうがないですよね♡&br;(ほら、エリー…おねえちゃんの気持ちよさそうな顔ですよ。と、おねえちゃんの腕の中のエリーに語りかける様にしながら、握った手で扱いていき)&br;…私のおまんこオナホ、おねえちゃんのおちんちんでまた妊娠させて下さいね…?(一旦スカートから頭を引いて、顔を伺う様にしながらにっこりと微笑んで見せて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---今っお腹にいっぱいだしちゃうと…アリーの赤ちゃん、びっくりしちゃう…からひゃっ、ふやぁぁっ♡&br; んっく、本物のぉ、アリーのオマンコ…もっとふわっってやわっこいからぁ…でも、アリーのおまんこのっあっ!オナホ…&br; も、しゅっごい気持ち…イイ…♡ &br;(微笑むアリーに、すっかり蕩けた顔で、口元もだらしなく緩ませた気持ちよさそうな表情を見せてしまう。&br; それでもエリーはしっかり離さないのはちゃんとママらしい。しかし、快感が高まる度に身体が反応して&br; おっぱいから吹き出るよう母乳が溢れてしまう)&br; -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---だいじょうぶですっ♡わたしとおねえちゃんの赤ちゃんだから…♡もう、そんな風に言ってたら本当に欲しくなってきちゃいますよ…きょ、きょうは我慢、です…っ!&br;だから、ぁ…今日は、私のおまんこのオナホでぇ…たくさんだし、て…あ、飲ませて…っ♡&br;…それに、しても…これ、オナホで感じてもらいながら…おねえちゃんの女の子のところに私のおちんちん入れたらどうなっちゃうんでしょうか…っ♡&br;(そんな、欲望をそのまま口にしながら遠慮することなく気持ちよくなれる様な手の動きを続けていく)&br;おねえ、ちゃん…おねえちゃん…っ!(母乳を溢れさせる程、快感を一身に受けているのを見つめながら今度は止めること無く射精に導こうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっ…はぁっ!んっそれ、…はぁっふぁ…ああっ!!&br; (それじゃあ、私が出した分飲んでもアリーがお腹へっちゃうって。ツッコミ入れようとしたところで。&br; 男の子と女の子、両方の一番感じるところを両方使ってセックスされる姿が、脳裏に浮かんでしまった。アリーなら&br; おまんこの中の気持ちいいところを全部擦りながら、今手でしているように目のくらむような快感をそのカワイイ手で&br; 与えてくれるのは確実なわけで…。アリーのおちんちんを気持ちよくさせながら、自分のも扱かれてあえぐイメージが、&br; 引き金となって。気づいた時にはもうオナホの中に射精していた)&br; あっー…!あっんっ!…はぁっ!あっっ!はぁっ!!んっ…♡&br; (アリーの性器を象ったおもちゃの中に、びゅくびゅくと精を吐き出すたびに。ゆるくなったオマンコの口からも愛液を垂らして&br; 太ももの裏をぬるくさせた。ただよう精臭に混じって、甘いミルクの匂いも漂って。零れた母乳がスカートをまくりあげられた&br; 白い太ももの上に垂れる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---きっとすっごく気持ちいいですよ?…おねえちゃんの形でオナホを作りたいなというのも思ってて、同じ風に出来たらきっともっと気持ち良くなれますし…♡&br;(そんな風に想像を膨らませていると、パンパンに膨らんでいた部分から勢い良く放たれていくのを手の中のオナホで感じて)&br;あ、ぁ…おねえちゃん、イッちゃってます…♡残りの一滴まで、全部射精し切っちゃいましょう、ね…♡&br;(射精の感触と、その匂いにとっくに発情していた身体はゾクゾクと震わせて)&br;おねえちゃん…すっごくやらしくて、素敵な香りに包まれてます…♡(精液、愛液、母乳と溢れている様子に今すぐにでも押し倒したい衝動を…抑える代わりに、扱く手を止めずにもう片方の手で愛液を溢れさせる指を這わして二本埋めてかき混ぜようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…あっんっ、んんぅ…ッ!はぅ、だ、めぇ…そっちも、ぃ、イってる、の…あぅっ♡&br; (荒くしていた息を噛み殺して。ソニアは、呻くように喘いだ。アリーの指が身体の中に入ってて膣肉の襞を撫でる度。&br; オナホの中にさらにビュクビュクッと精液を吐き出してしてまう。くちゅくちゅ…びゅくびゅく…。何度もえっちな水音がする)&br; ひゃぁっ…あっらめっ…意識飛んじゃう…んっ!!&br; (そのまま仰向けに倒れてしまった。抱いたエリーはおっぱいのクッションの上でちょっとぽよんと跳ねて。&br; オナホをつけたままのおちんちんが、射精しながらまだ反り返ったままで。ブルンっとアリーの手を離れてお腹の上に&br;垂直に立って 中で精子が漏れるのに合わせてゆるくうごめく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---きゃっ…!?あ、お、おねえちゃん…?&br;(オナホ越しにびゅくびゅくぐちゅぐちゅ…射精を受け止めながら扱いて卑猥な音を立てさせつつ。)&br;(卑猥な水音を立てているのは膣孔もで、そうしていると耐えられなくなったのか仰向けに倒れる様子に驚きながら…エリーは無事というのを先に確認してホッとして)&br;(手から離れたオナホは垂直に、その中で肉棒がはずんでるのをじっと見つめて…そのまま手を伸ばしてまずはオナホをゆっくりと引き抜こうと。その際に精液が溢れない様に気をつけて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--んにゃっはぁっ…あっ!&br; (射精直後の肉棒が、オナホから引きずり出されると、そのこそばゆさにソニアは身じろぐ。オナホの擬似的な膣口&br; から亀頭の先端が引き抜かれると、最後におまけみたいな汁が、ぴゅっとアリーの手に飛んだ)&br; はぅ…もぉ…すごいしぼりとられちゃった…♡&br; (ふにゃふにゃとした声をだしながら、精液のたっぷり詰まったオナホを持つアリーと、胸の上のエリーへ目をやると。&br; エリーは、二人の情事をよそにすやすやと眠っている) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(オナホから引き抜いた途端、手に飛んでくる白濁の飛沫…と言うには少し量が多い残滓で)&br;ん…っ♡(手に付いた白濁に唇を寄せて)ふ、はぁ…美味しい、ですっ♡&br;(そしてエリーは無事眠りについてる状況を確認すると、オナホから引き抜いたばかりの白濁塗れのおちんちんを見つめて…そのまま唇を寄せて先端に吸い付いて…そのまま喉奥まで一気にくわえ込もうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はふぁわぁ…やっぱりアリーが精液飲んでるところえっちぃ…って、そっち!?ああっだめぇ全部精液でちゃったって…はぅっ!&br; (オナホを引き抜かれた時よりも、さらに激しく腰を痙攣させて悶える。両手はエリーを抱いてるから止めることもできないで。&br; 精液に塗れた肉棒が根本まで、アリーの口内に飲み込まれてしまった。アリーがお腹に唇をつけてキスをしているようにも&br; 見えて。口の中で歯が少しあたって、舌は狭そうに竿に擦り付けられながらうごめく。彼女の口の中の容積をどれだけ&br; おちんぽで専有してるのか丸わかりで…。興奮してさらに血が送り込まれて膨らませてしまう) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ん…じゅ…ずず…っ(腰を痙攣させて、声もあげている状態のおねえちゃん。その足の間に顔を埋めて根本までくわえ込み)&br;(唾液をたっぷりまぶす様にしながら、唇を窄めて精液を口の中に溜め込んでいきつつ頭を引いて)&br;(そうして引き抜いてから再び咥え込む、一体どれだけのおちんちんが口内を満たしているのか…それを更に実感させる様な動きを見せて)&br;(そのまま喉奥に届くほど広がるので少々むせて)ん…く…ぅ♡(そしてたっぷり膨らんだ所できれいになった様で、そのまま口を放して白濁の代わりに唾液塗れの肉棒を顕にさせ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んくふぅぅ…っ!!はやぁっ…すごっイッちゃってる…みたいっ!&br; (口内から開放された肉棒は勃起を保ったまま。ヒクつきながら濡れて光る)&br; もぅどうしよう…こんなにされたら、また痛い位パンパンになっちゃった…♡&br; (身体を起こしてアリーの頭を撫でる。その柔い頬のすぐ側に硬直した竿があって。見ているとなんだか&br; また腰の奥がもぞもぞとしてくる…)&br; ねぇーえアリー…やっぱり飲んじゃわない?お腹で…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふ、はぁ…きれいに、しようと頑張ったら…なんだか、大変なこと、に…♡&br;(ビクビクと弾むおちんちんを見つめながらゴクリと喉を鳴らして、頭を撫でられながら思わず頬ずりするくらい顔を近づけていると)&br;………そんな風に言われてイヤって言えないの分かってますよね、おねえちゃん…♡もう…でもこのお腹だと…?(と、満足に身動きの出来ない身重の身体のためどういった体勢が良いのだろうと首を傾げ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---大丈夫っきっとすぐイっちゃうから…。ほらアリー、こっち♡&br; (足を大きく開いて、手招きした。堅い肉棒の下でピンク色の割れ目が口を開いて愛液に濡れるのが見える。&br; 対面座位の格好ですれば大丈夫と、アリーの腋を撫でるようにして、ベッドの上にのっからせようと) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---そう、ですか?…た、たしかにすぐになら…少し、だけなら…お腹でも飲みたい、ですし。&br;(手招きをされながら、秘部も開いて卑猥な光景を目の当たりに。…そのまま誘蛾灯に誘われる様な感覚で)&br;(ベッドの上に身体を乗せて…大きなお腹の下、下腹部辺りから雌の香りを漂わせているのが実感できて)…もう、止まれませんから…っ♡(と、必死に抑えてた我慢も限界とばかりに下着越しに押し付け様と) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---それは私も…♡ あ、片手はエリー支えてねぇ?&br; (お互い足を開いたまま絡ませたような体勢で向かい合うと。ソニアの胸を枕に抱かれたまま眠るエリーを二人で挟むような&br; 格好になった)&br; ふふっ全然起きない…やっぱりすごくえっちな子になりそうな予感する…♡&br; (そう言って笑いながらアリーの割れ目に堅いおちんぽの先っちょを、パンツの上から挿入するように押し付けて。&br; ねちゃねちゃと音をさせながら、軽くこすり付ける) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---はぁい♡……それにしてもこんなにしてて全然起きないなんて&br;(と、挟んだままこちらからも腕で支えて見つめながら)&br;…お腹に居たときからおちんちんは慣れっこだったのなら、何となく納得な気がしますね♡あ、ん…♡&br;もう、下着ごとするつもりなんですか…?それも、良いかなって思いますけれど…(言いながら、開いてる手で下着をずらして)&br;…おねえちゃんのおちんちん、私のお腹に飲ませて…赤ちゃんに飲ませられるくらい、出して下さい…♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ぬひひっなんかえっちくってつい…はぁーい、じゃあ入れちゃうねぇ、私のおちんちんでアリーのお腹をいっぱい&br; じゅぷじゅぷぅって…はぁっあっんん!&br; (片腕でエリーを抱いたまま、腰を前にせり出すと。肉棒が先端からぬるぬるとして温かいものに包み込まれていく&br; 感触を三度味わう。思わずため息がでた。オナホとも口とも違う感触。ふにゃふにゃと形がないのに、時々きゅっと&br; 締まる蕩けた性器の肉の感触…)&br; はぁぁ…きもちいい…♡ んふふっおちんちんはやっぱり女の子の中に入れるのが最高なんだぁねぇ…あんっ♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---そういえば…ん、下着穿いたままする、というのはあんまり経験が…ぁぅ…んん…っ!入って、きました…おねえちゃんの、おちんちん…♡&br;(エリーを抱き合った状態、腰が動かされそのまま侵入してくるおちんちんに漏れる声は蕩けていて)&br;(ちゅぷ…と埋められ、張り詰めたおちんちんで膣内を押し広げられるのは待ちわびた感触。目の前で自身を模したオナホにたくさん中出ししていたおねえちゃんのおちんちんであればその待望感もひとしおと言った様子で)&br;はぁ…は、ぁぁ…入って、来てる…♡おちんちんと、おまんこと…こうしてする為に、あるんだって…おちんちんを気持ちよくし、て…おちんちんで、気持ちよくなって♡&br;ん、ぅぁ…あ、もう奥まで…付いちゃいました、ね…♡(お腹に宿した状態、内側からお腹がふくらんでいるためか先端が膣の最奥に到達するのは根本まで押し込まれる前で)&br;…は、ぁ…♡もう、なんだかこのまま3人目…作れちゃいそう、です…♡(そう漏らしながら、流石にそれは無理だとしながらも快感を一身に受けて口にする言葉はそれを望んでいる様で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---もーまだ二人目産んで無いのにアリーってばせっかちなんだからぁ♡ んっでも…はぁっあっん♡&br; アリーの中、気持ちよくって…久々だし…。それに、赤ちゃん作るって全部中にだした時は…すっごい気持ちよかったなぁって…♡&br; (思い出しながら腰を降ると、数ヶ月前にアリーに受精させるために中出しを繰り返した時の事が、脳裏で鮮明になる)&br; 孕んでるって分かるまで、何回も何日もしちゃったよねぇ。あっだめぇっ思い出してたらどんどん気持ちよくなっちゃう…。&br; (今は、お腹の中に子供がいるからあまり奥までは突き入れない。かわりに、腫れ上がって堅い亀頭のエラで、アリーの&br; 一番よく反応する好きなところを掻くように擦る。何度も何往復も、おちんぽの臭いを染みつけるように…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--だってぇ…久しぶりに、おねえちゃんのおちんちん…ですから♡ふっ…は、ぁ♡&br;あの時は…お休みの日は一日中やってたり、寝る時は繋がったまま…で、おはようの挨拶の代わりに中出し、で…♡&br;(思い返していく度に、爛れた性生活とも言える内容を反芻する様に口にして)&br;いいん、ですよ…おねえちゃんの、おちんちんを気持ち良くするのも…妹の、役目…ですか、らぁ…♡&br;あ、おちんちんされる度に…お腹の中で、赤ちゃん…気持ちいいって、動いて…♡&br;(そんな風に感じながら、久しぶりの感触を膣内に擦りつけられてその匂い染み込ませる様な動きに腰をこちらからも揺らしはじめて)&br;…赤ちゃんが、感じられるくらい…おちんちんも、精液も…たっくさん感じさせて…っ♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっんっ…あっあっ…♡ ふふっ…アリー…だーいすきっ♡&br; (なんのエロゲのテキストかってくらい卑猥で、聞いているだけで興奮に掛けられるような言葉が、愛の囁きのように&br; 甘く胸の内をさざなみ立たせる。体勢的にもあまり大きな動きができないけど声で身体の内を愛撫されるようで)&br; じゃあっ…あっ、私は…妹と、赤ちゃんをいっぱい感じさせて…あっん、あげるねぇ、おねーちゃんだもんっ♡&br; 私も、すっごくきもちいいよ…だから一緒に、気持ちよく…なろうねぇ…?&br; (くすぐるような声で、囁きながら。手を伸ばしてアリーの腰を掴むとピストンをつよめて。キシッキシッと寝具の揺れる音が&br; 大きくなる、素足が布を擦る乾いたおとに混じって湿った水音が二人の結合部から高く響く…。つながり方が深くなってしまうと&br; お腹の中で、子宮の壁1枚隔てた向こう側にいる赤ん坊の直ぐ側に、今にも射精しそうなおちんぽが近づいて気持ちよく&br; なろうと、のたうって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(きっと思い返して顔をまっかにするであろう言葉が自然と口から溢れ出して、それも本人は飾るつもりの無い本心からの言葉だからこそ胸の奥まで届かせていき)&br;は、ぃ…♡おねえちゃんと、つながりあって…気持ちよくって、嬉しくって…この時間がずっとずぅっと続けばいいのに…って、ん、ぁ…♡&br;(しっかりとエリーを抱きかかえながら、掴まれた腰と共にその動きは早く強く…奥深くまで届くのを実感しながら)&br;(子宮を押し上げる様に腰が動かされ、今にも達してしまいそうな程快楽の中にいる状況。)&br;(ふと思いついたのか、少しこちらから腰を浮かし気味に…先端が子宮口に押し当てられる様な位置を調整しながら耳元で囁く言葉)&br;ここで、出して…♡あ、お腹の赤ちゃんにも…おねえちゃんを感じさせて…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(そのおねだりが呼び水になって、一番奥に突き入れた瞬間)&br; イッく…んっ!ああっあっー…っ!&br; (思いっきりアリーの膣内に精液が放たれた。子宮の口にぴったり押し付けたまま2度めとは思えない量でピッタリと&br; 肉棒にまとわりついた膣肉に、尿道を通って精液が管の中を通っていく震えまで伝えながら。びゅくっびゅくっと精液が&br; とめどなく溢れる。アリーの腰を抱く腕に自然と力が篭って、射精しながらぐっと抱き寄せて…。&br; 長々と続く射精に、苦しくなって荒く呼吸をする胸が、上下に揺れる度に抱かれたエリーも波に揺られるように揺れた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、くぅ…っ おねえ、ちゃん…っ ふあぁぁ…っ!&br;(突き入れられた途端、放たれる白濁が膣内を、子宮にも流れ込んできて。暖かな感触がお腹の中に広がっていくのを実感する)&br;(もちろんそれは続けざまに溢れでてきて、抱き寄せられながら射精が繰り返される。多分1回目よりも濃さも量も増している様に感じながら)&br;(抱き寄せられたまま、身体が揺れて。抱きかかえているエリーも揺れて、揺り籠の中で心地良さそうに眠り続けて)&br;おね、えちゃんの…あっつぅい…精液、お腹で…ごくごく飲んで…♡ ふ、ぁ…♡(蕩けた表情で達したのか、きゅっきゅと締め付けて一滴残らず受け止めようとして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁー…はぁ…でちゃっ…たぁ…♡ しめられて、もっと出ちゃう、あっんんっ…♡&br; (耳の奥を震わせるような甘ったるい鼻にかかった声をだして。アリーの膣内でおちんぽの脈動が止まるまで繋がったまま&br; でいて…)&br; はぁはぁ…っもう、腰の力入んないくらい、でちゃった…♡ アリー…おなか、いっぱいになったぁ?&br; (さすがに限界なのか、挿入したまま、すこし肉棒の張り詰め方がゆるくなって。結合部に隙間が出来ると、音を立てて&br; 薄暗い中でもはっきり分かるくらい濃い乳白色の精液が糊のように溢れ出す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---お腹の、中に…赤ちゃんが居るのに、中出しされて…また、イッちゃった…♡&br;(びゅくびゅくと精液が漏れ続ける間中膣内で脈動を続けるおちんちん。その勢いも段々と落ち着いてきて…漏れる吐息も落ち着きを取り戻しながら)&br;は、ぃ…お腹いっぱい・です…♡あ、でも…まだ残ってました、ね。&br;(傍らに置いていた先ほど使用したオナホ、手にとって舌を差し込んで最初の精液を目の前で味わいはじめて)&br;(膣内のおちんちんが少ししぼんでくると溢れる白濁、その分を口から補充しようとしているのだろうか。吸い付く様に自分の秘部で型取りしたオナホを舌でピストン運動を行って)&br;…お腹もお口も、おねえちゃんの匂いでいっぱいで…♡は、ぁ…っ(実感した途端に再び軽く達して)&br;…と、とりあえずエリーをベッドに寝かせましょうか…? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---くふぅ…♡ アリーが精液飲むのやっぱりえっちでかわいいなぁ!…あっと、そうだった…。&br; (精液を飲んで小さく身体を震わせるアリーを撫でながら、腕の中のエリーを撫でる)&br; …これでもまだ起きないって、なんかスゴイね…大物っぽさがある。&br; (スカートをとりあえず正して、肩紐を引っ張り上げるとおっぱいがつられてもちあがって。ぺたぺたと音をさせて&br; ひんやりした床に素足をつけた。エリーの揺り籠は二人のベッドのすぐよこだ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…ふぅ…んん…っ♡あ、つ、つい夢中になって飲んでました…♡&br;(撫でられて照れながら、エリーの様子を見つめて)&br;…案外エッチな事をしている声とか音とか聴かせると、子守唄代わりになったり…?なんて流石にそれは無いですよね&br;(そんな風に冗談めかしているものの、何となく否定しきれないと内心で思ったり)&br;(そうしてこちらも身重の身体を起こして揺り籠を覗く。足は出された白濁を垂らしながら)……色んな意味で将来楽しみです(と、苦笑気味に) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ああー…子守唄は…どうかわからないけど、私は子供のときからふつーに聞いてたから。えっちな声って特別気に&br; なったりはしなかったり…。むしろ成長してえっちするようになってから反応するようになったねっ。&br; …おっと、アリー、零れてるよ。&br; (そう言いながらしゃがむと、零れてきた白濁を舌で掬いあげるようになめとる)&br; んっ…ふぅ、すっごく濃い…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---私は…そういうの聞き始めたのっておねえちゃんと会ってからで、最初は恥ずかしかったですけれど今はドキドキしてくる感じに…♡&br;…日常の出来事だからこそ、エリーは落ち着くのでしょうか?&br;ん、ひゃぅ…♡あ、ぅ…もう、そんな風に舐められたら、また気持ちよくなってきちゃいます…&br;(ぞくぞくと身体を震わせて舐め取られる感覚に酔いしれながら)&br;はふ…♡ん…(ピクンと身体をはずませ、そのままベッドへと腰掛けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---それにぃ、アリーと私の子だからだよぉ♡ みんなでいーっぱい気持ちよく幸せになろうねぇ…。&br; (膨らんだアリーのお腹にキスをして、それから唇にもキスをする)&br; まだ、夜明けまで時間あるけど、そろそろ寝ようっか。アリーは今ちゃんといっぱい寝て置いたほうがいいし。&br; いっぱいミルク飲んでいっぱい眠って、エリーと一緒だね…♡&br; (前髪を擦りあわせるように甘えて、エリーが起きたら私がやっておくからって言って。そのままベッドに横になろうと) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…エリーも、この子も大きくなったら…おねえちゃんと私みたいにたくさんエッチなことして、気持ちよくなって…考えるだけで何だか楽しいですっ♡&br;(お腹や唇に口付けをされて嬉しそうにしながら)&br;それじゃあ…一緒に、ん、言われてみれば確かに。今度はおねえちゃんも同じ様にミルク飲んだりします?&br;…お腹の子が産まれて、エリーとお腹の子と一緒にミルクをたくさん飲んで…お腹でたくさん飲んで…なんて♡&br;ふふ、はぁーい…(そうしておねえちゃんに倣って横になり)…おやすみなさい、おねえちゃん…♡(と、目を閉じて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんー……ん?そのミルク私がアリーとエリーとお腹の子の分一人で頑張るのかな…?&br;…まぁ、いっかぁ♡ んふへへっじゃあ、おやすみなさーい。&br;(その前髪に優しくキスをしてソニアも目を閉じた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
-【流し】
-&br;(夏の陽もようやっと暮れたというのに、暗がりのどこかで、灯火に騙されて鳴いているセミがいる。&br; 1002年の7月も直に暮れる。日増しに強まるセミの声は今年の夏本番の暑さを予感させて、不意にセミの声が大きくなった。&br; 網戸のデカイ蛾と点のようなコガネムシの脇にセミがへばりついて大音声を響かせて…)
--ていっ!&br;(ソニアが指で弾いたボタンをぶち当てられ、ジッと鳴いて暗闇に飛んでいく)&br; 最近射撃練習してないけど、スナイパー魂は健在なのね。&br;(赤ん坊の繕い物を置くと、ソニアは窓辺に寄ってボタンを拾った。今日は風はあまり無い) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…ふあっ!?(横に並んでチクチクと縫い物を行いながら、音が響くのを感じて煩わしそうにしていたところ)&br;(突如真横でボタンを指で弾き、狙いすました様に命中させる様子にちょっと驚きの声をあげて)&br;…意外な特技、みたいな物を見ました。(調子にのって刺繍まで行っていた手を止めて目を丸くしている) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---射撃スキルは結構高めなので、へへへー。でもセミ追っ払ってもあっついのは変わんないかぁ…。&br; (カーテレースみたいに透けたピンクのスリップの裾をふわりとさせて、結んでいた髪を解いて軽く振る)&br; ここ結構涼しいけど、やっぱり汗かきやすくなっちゃうよねぇ…。シャワーとかもっと気軽にあびれるといいんだけど…。&br;(ここのお風呂は少々立派な大浴場すぎてちょっと気軽に使うのに気が引ける、なので入浴は銭湯を利用することもしばしばあって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---気温が高いのばっかりはどうにも…森の中にあるので昼間は街中よりは過ごしやすいんですけどね。&br;(私も射撃出来るでしょうか?と、ボタンを見つめながら…やっぱり無いですねと首を横に振る。逆に汗ばむので髪をポニーテールにしていたり)&br;シャワーも思えば無かったですね。…いっそお湯を沸かす必要がなければ楽なんですけれど、温泉を掘るとか&br;(なんて冗談めかして口にしながらも、少し考え込む様子)…掘りますか?温泉。 -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---温泉!おおー温泉ならボイラー動かさなくていいからお湯張り放題♡&br;(部屋多数、大浴場、地下室あり、時代を感じる趣ある風情で、山北側、日当たり悪し、吸血鬼向きのお屋敷です。&br;そんな月蝕館が温泉付き物件に)&br;それにー今年の冬もちょっとおもったけど、エリーとソフィアたちもうちょっとおっきくなったら盥でお風呂できないし。&br;冬とかちょっと銭湯の行き帰りで風邪も心配だよね。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あれ?意外と乗り気に…?……でも温泉、温泉ですか…&br;(冗談交じりに口にしたものの、色々と思い出深い物である温泉。初めての経験も…そんな事を思いながら)&br;幼い…どころじゃないエリーとソフィアを連れて行き来するにはちょっと銭湯は遠いですからね。…そうと決まったら、掘りましょうか(ぽんっと手を叩いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---温泉できたらぁ、露天風呂とかもいいよねぇ。白金庵のお風呂とか素敵だったよねぇ他にお客居ないからってエッチしちゃったり。&br; お花見会場のも綺麗だったなー、おっぱいおっきくされてそのままえっちしちゃってー…あれ、露天風呂幾度になんかエッチしてる?&br; -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---誰かに見られるかも、って思いながらすると…お腹の奥がいつも以上に熱くなったりしますね。(と、頬を赤らめながら思い返し)&br;…このままだと露天風呂行くだけでエッチな気分になってしまいそうですね。(そしておっぱいと言えば、あの時大きくしてもらった時よりもお互い大きくなったような…と呟きながらもにゅもにゅと手を動かして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---そっかーアリーは視線があると燃えるタイプなんだねぇ♡ じゃあエリーとソフィアが大きくなったらもっとたのしめそうねぇんふへへっ。&br;(揺り籠で眠る赤ちゃんの頬を指先で撫でて。背後からアリーの手に自分の手をかさねて一緒にもにもに。背中にぬっぺふほふ一人分挟まってるような感触が柔らかく押し付けられる、ソニアのおっぱいだ)&br;あっそういえば温泉って結構深く掘らなきゃだめなんだっけー。んー…地下室から掘ればはやいかなぁ?(もにもに) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…なんだか今早まった事を口走った気がします。エリーとソフィアは…この環境でどんな風に育つのやら…♡&br;ん…♡(手を重ねられて一緒に胸を揉まれる、大きくなったおっぱい。そして押し付けられるおっぱいの感触を堪能しようと目を細めて)&br;…だいぶ掘り進める必要がありますけれど、温泉が湧いてる所もこの街多いらしいですから…後は掘る為の方法があれば。(地下室はいくつかあるので問題無いですと頷きつつピクンと身震いして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---掘るのは大丈夫だよ、ジープがそういうの好きだし。&br; (実際アリーの家に越してから、特に命令されなくてもジープは壁の崩れてるのを補修したり回りの森の間伐をしたりしている。&br; 見た目の兵器っぽさに反して、牧歌的な作業が大好きらしい)&br; 庭広いけど日当たりあんまよくないって言ってたから、お庭農園にしたいっぽいねぇ。街来てからあんまり土いじりとかしてないからかな。&br; (愛撫に反応するアリーが楽しくて、つい手の方もたわわな乳房を下から上へ、持ち上げるように撫でてみたり) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ジープさんには今度また改めてお礼…ワックスがけとかすれば喜んでくれますかね?&br;(そんなジープさんに何らかのお礼をしたいと思っていたりしながら)&br;私が出来る範囲でしかお野菜育ててませんでしたしね…館に日がかからない範囲の森を開いてそこに農園とか開くのは全然構わないですから…改めて区画をジープさんにお任せしたりとか…ぁ…♡&br;(揉まれていくと声を漏らし、撫で揉まれるだけで熱っぽい吐息を溢れさせ) -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---洗車とかしてあげると喜ぶよー、あーそういえば最近エリーとソフィアのお世話でしっかり洗車してないなー。&br;あはっ、こんどビキニカーウォッシュでもやろうか!店長さんがパピガの新しいサービスでそういうのどうかしらって…。&br;アリーも去年の水着もう着れないよねぇ?だから新しい水着買うのにちょうどいいし♡&br;(最小の動きでブラをずらして、服の上から乳首をくにくにっと指先で弄る) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---じゃあ今度夜明け前に洗車しましょう。ピカピカに磨いてジープさんも魅力アップで…&br;……ジープさんってそう言えば男性なんでしょうか?それとも女性…?(今更過ぎる疑問に首を傾げつつ)&br;ビキニカーウォッシュ…そういうサービスって、洗うの車じゃなくってお客様だったりしませんか…?&br;…思えば確かに、来てもパツンパツンで色々隠れなく…ん、なっちゃいますから…♡&br;(おねえちゃんにこんな風に隠して貰えれば問題無いですけれどね、と弄られて乳首がすっかり硬くなりピンと張りながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(服のボタンを外して直に触れて、胸を刺激していく。ソニアはほとんど下着みたいな格好で、抱きつく体温は&br; 今夜の気温よりも暑い)&br; マッサージと同じでライトの方のサービスっていってたから車じゃないかなー?&br; (そういいつつほんとおっきくなったねーってむにむに、と…)&br; …ん?そういえばジープってどっちだろう…話してるとなんか男の子な感じだけど…。(むにむにむに) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(薄手のブラウスな為か簡単に脱がされて、汗ばむ身体に押し当てられる身体…しかし不思議と不快な気はせずに、密着するのを心地よく感じて)&br;…カーウォッシュした後に、車の中でお客さんの身体をウォッシュするオプションと言うのも付けてみたりとか。なんて…&br;(むにむにと揉まれながら、今くらいのおねえちゃんの大きさもちょっと憧れてたりしつつ自ら生まれたままの姿に)&br;おねえちゃんも知らないんですか!?…意外と女の子だったりする可能性もあるかもしれませんね…そんなに揉むともっと大きくなっちゃいますよ…♡(と言いながらも嬉しそうにして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---いやー私って女の子でも男の子でもどっちでも好きな人だから、性別ってあんまり気にしたことなくって…。でもジープが女の子なら人間になったらどんな子になるんだろうふふっ。&br;(そう言いながら、手つきはさらに激しくなっていく。もっと揉んでおっきくしちゃえっていうように)&br;おっぱいだけじゃなくってもっと下もいっぱいきもちよくしちゃおうかなぁ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---それはよく分かってます。…好きになったら性別とか二の次で良いですよね?ジープさんは…以前は病弱だったけれど、今は体調が良くなって世話好きな甲斐甲斐しい性格。芯が強い印象もありますね…?&br;(なんて、思いつくまま口にしながら。これ以上大きくなったら動くのすらまともに出来なくなりそうですと冗談交じりに)&br;それじゃあ…いっぱい、気持ちよくしてくださいね♡(下着も両方脱ぎ捨て、一糸まとわぬ姿…お尻をあげて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はーい♡ &br; (いつの間にか、ソニアも薄いスリップ以外何も身につけていない状態になっていて。大きすぎる胸が薄いレースの生地を持ち上げて&br; 生地越しに子を産んで女らしさを増したシルエットを、ランプの明かりに透かせて見せる。身長はあいかわらず伸びていない)&br; でもほんとおっきくなったよねー動いてるとゆさゆさ揺れてすごい迫力…。&br; (後ろから、アリーの乳房とお尻に指を這わせて、重力に引かれる乳房の硬くなってる先端や、熱い体温を感じる割れ目に指先を&br; 伸ばしていく)&br; もともと感じやすかったけど、感度の方も…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(密着して実感する大きさもすごいが、視覚で確認してもやはり胸囲に目を惹かれるのは確か。)&br;(アンバランス過ぎてしかしそこが惹かれる一因であるのを実感しながら)&br;おねえちゃんほどじゃないですよ…後ろからもおっぱいの大きさを実感できて、そのまま襲いかかりたくなったりする事が多すぎます…♡&br;(もっとも今はこちらが背後から乳房を持ち上げられたり、割れ目へと指を這わされたりと攻め立てられて)&br;…毎日おねえちゃんとしてたらこんな風にもなっちゃいますよ?…えへへ(そう言いながら足を自ら開いて攻めやすい様に) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---へへへぇ、背のわりに結構おっきいってくらいだったのに。いつのまにかこんなになっちゃいました。&br;私のはアリーがいっぱいするからそだったんだよーって♡&br;(少し焦らすように太ももを撫でてから、割れ目から指をもぐりこませて。前後させると、陰唇を割ってクリトリスも擦り上げる手の形でうごかす)&br;ん、このまま手できもちよくするー?それともおちんちん欲しいかなぁ、それともそれとも、私で、アリーが気持ちよくなりたい…? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---本当…大きすぎですよ…♡挟んで沢山気持ちよくも、してもらったりしましたし…もっと吸い付いたりしたい、ですし♡&br;(だからもしかしたら今以上に大きくなっちゃうかも…?と脳裏をよぎりつつ、そんな思考も指でかき混ぜられながら陰核を擦られる事でぐちゃぐちゃにかき混ぜられて…)&br;ん、と……わ、たしも…おねえちゃんを気持ち良くしたい…です♡(それはこちらからしたい、と言う意味合いで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---アリーにおねだりされちゃうとおねーちゃん嬉しくて…!はぁーい、じゃあ…いっぱい気持ちよくしてねぇ?&br;(そういって、生えるお薬を口に含むとアリーと頬をすり合わせるように唇をかさねる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
--もちろん、です…♡それじゃあ、沢山気持ち良く…&br;(言いながら顔を振り向かせ、唇を重ねて。…お薬を飲んで生えてくるのを待ち、生じたおちんちんを受け入れる…わけではなく、足の付根で挟み込んで素股の体勢)&br;こういう風にすると、私にも生えたみたいに見えますね…♡(そう言いながら膣内の感触とは違う、愛液に眩しながら前からひょこっと顔を出すおちんちんを手のひらで撫でて疑似的に挿入している感覚) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おぅ、飲ませるつもりが間違えてのんじった。あっ…♡でもこれはこれで…!&br;(バックの体位で、アリーのふとももに挟まれて嬉しそうな声をだすソニアさん)&br;はぁぁ…ふともももむっちりしてきて…アリーの身体がどんどんえっちく成長してるよぉ♡&br;(腰にしがみついて挟まれたまま、こんどはうっとりとした声をあげて9 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---……あ、すみませんちょっと間違えました。私も飲めば済む話ですね(そう言いながら飲もうかと思ったものの、嬉しそうな声で一旦思いとどまり)&br;エッチな事に丁度良い身体に変わって行く…おねえちゃん好みのエッチな身体に…♡&br;(その言葉を嬉しそうに噛み締めながら、こしゅこしゅと扱いて刺激していく。そのまま腰を動かして)もし出そうになったら遠慮なくイッてください、ね…? -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ふぁぁい…♡ おちんちんこしゅこしゅされて…きもちいいっよぉ!あっ…いきなりだけど&br;生えたてでもうアリーの足で、お腹と手にびゅーびゅーしちゃいそ…うで。あっ…! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---生えたてってすごく敏感ですからね…♡それじゃあ…&br;(足の間でビクビクと跳ね回り、張りが増したのを感じたので…腰を揺すり、膣穴へと宛てがい…)気持ち良くなるのはここ以外、で…びゅーびゅーってするのは、ここ、で…♡(射精を受け止める為だけに挿入しようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んぅっぁああ!おちんちん、ぬるぬるぅって飲み込まれちゃっ…はっう!&br; (アリーの背中もたれかかるソニアの重みが増して。ほとんど同時におちんちんが半分くらい入ったところで、びゅくぅっと暴発気味&br; に射精がはじまる)&br; んっ…ふぅ!あっ…あっ、ん…くふぅっ…ん!&br; (そのままびゅっびゅっ、と射精しながら奥へと入っていいって、子宮口に先っちょがくっついて、残りの精液をたっぷりを吐きかける) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---おねえちゃんのおちんちん、入ってきてぇ…♡ん、ぅぁ…ぁ…入った途端、にぃ…っ!&br;(射精しながらのおちんちんを受け入れていく。射精の為だけの挿入…みたいな感覚に、腰が震えて…奥深くまで精液を受け止めていく)&br;(浴びせかけられる精液の感触にたっぷりと注ぎ込まれていく、気持ち良く射精できる様に…奥深くまで受け止める為に使って。子宮に直接注がれるだけで達してしまいながら、ぎゅぅぅ…と、素股とは違う包み込みながら絡みつく感触をおちんちんへと感じさせて一滴残らず搾り取ろうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっぅ…♡ はぁぁ…中っ。イッちゃったアリーのおまんこの中ぁ…きもちいい、よぉ…♡&br;はぁ…あっ…。ん、ねぇアリィ、まだ、精液のこってるからぁ…このまま、このままアリーが上になって私から全部絞ってほしい、なぁ…♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふあああ…射精て、る…おねえちゃんの、おちんちん…♡&br;ふ、ぅー…♡んん、は…私が、上に…?んっ♡分かりましたぁ…♡&br;(そのままおねえちゃんを背中から寝転がる様にこちらから体重をかけ、背面騎乗位に…そうして器用に向きを変えようとして、そのまま騎乗位になろうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あはぁっアリーのおっぱいすごーい♡&br; (重力に引かれてぼた山を作る自分のおっぱい越しに、アリーの小さな顔が隠れそうになるおっぱいを見上げてため息)&br; すごっ…あっん♡ おまんんこまたきゅぅってしてきたぁ…あはぁ!アリー…はやくぅ…♡&br; (そして精液でぬるぬるになったおまんこでおちんちんを締め付けられる感触にまた吐息を漏らして) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、は…おねえちゃんのおっぱいも、すごい…凄すぎて…っん、んん!&br;(吐息を漏らして強請られれば、射精から間もないおちんちんを締め付けたまま腰を揺すりはじめて。動きに合わせておっぱいが激しく揺れ動き)&br;ふぁ…はぁ♡おねえちゃんのおちんちんから、ミルクたっぷり飲ませてもらって…私のおっぱいこんなになっちゃったんです…♡だ、から…おねえちゃん好みのおっぱいになるまで沢山中出ししてください、ね?&br;(上気した表情で、結合部から精液を溢れさせながら卑猥な水音をたてて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっ…んんっ!わた、しのせーえきで…アリーのそんなになっちゃったんだぁ…♡ うんっじゃあ、いっぱいあげるねぇっ。&br; (騎乗位で腰を振るアリーの腰をつかむようにすると、二の腕の間でおっぱいが狭そうによせてあげられて)&br; はぁっ…あっ!すごっまたすぐ…いっちゃいそう・・だよぉ!&br; (1回目の射精の後で、少し柔くなってたおちんちんが、あっというまにアリーの膣内で硬く張り詰めはじめて…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---んにゃああ…っ!?(腰をしっかりと掴まれて、自分の身体分奥深くまで届くのを実感して。寄せてあげられるおっぱいを見つめて)&br;また、お腹の中…大きくなって…きて、ぇ…♡&br;(子宮口へ食い込むほどのおちんちんに、突かれて頭のてっぺんまで快感を味わい…そのまま寄せてあげられたおっぱいに唇を寄せ)&br;私も、イッちゃいますから…こっちも、沢山絞っちゃいます…からぁ…♡(しっかりくわえ込んだままおちんちんを締め付けつつ、両乳首をまとめて吸い上げて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ふにゃぁっ…あああんっ♡&br; (悲鳴に近い甘えた声を上げて、アリーの口の中に母乳を吹き出しながら、お腹の中に抱かれたおちんぽは、子宮口から中に&br; 入って、精液を吹き出す)&br; はぁ…あ…っ!あんっ…ふぅ…!&br; (ぎゅぅうと腰に跨るアリーの太ももを掴んでおちんちんを根本まで突き刺すように腰を突き上げながら。1回目と遜色ない&br; 大量の精液を、アリーの膣肉に包まれながら何度もびゅくびゅくっとしゃくりあげて吐き出して…) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(こくこくと喉を鳴らして母乳を吸い付き飲んでいきながら、子宮口でも精液を注がれ飲み始めて)&br;んんん…っ!ん、ぅ…♡ふ、ぅぅ…っ&br;(しっかりと掴まれた状態、腰を突き上げられると同時に精液が注がれ刷り込まれる感覚にガクガクと腰を震わせて)&br;はー…ふー…♡(ちゅぽ…と、乳首から口を放して…恍惚とした表情で)おねえちゃんが、お腹いっぱい…です…♡(お腹を撫でて、お腹の中のおちんちんをさすさすと撫でて射精が収まるまでそれを続けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はふぅ…んっ…はあ…はぁぁー…っ。絞り、とられちったぁ…♡&br;(うっとりした声で上気した顔のまま、夢見心地な視線をアリーに向けてそう吐息とともにはきだした。ちょうど、アリーのお腹のなかで最後の精液がぴゅっとしぼりだされて、ふるりと心地よさにふるえた)&br;きもちよかったよぉ、アリー♡&br;(両手をひろげておいでおいでーって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふああ…おねえちゃん、が…私のお腹で広がって…♡ふ、ぅ…っ&br;(快感にゾクゾクと身体を震わせ…お腹の中に精液が広がるのを実感しながら)&br;…あっ♡おねえちゃん…っ♡(広げられる両手、入ったままだというのに身を預けるように抱きついて胸に身体を埋もれさせ、唇を重ねようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んー…ちゅっ♡&br;(アリーを受け止めて、優しくだいて頭をなでながらキスをして)&br;んふぅっ…きもちよすぎて、ちょっとつかれちゃった…♡ このままちょっと休もうー? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(撫でられながらのキスを嬉しそうに目を細めてうけながら)はふ…♡&br;沢山、絞っちゃいましたからね…?わかりました、じっくり休んで…おきましょう…(こくこくと頷き、すりすりと頬ずりをしつつ…心地よさを感じ、抱きしめて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---エリー達がおきたら、またおっぱいあげなきゃ…うふふっ。だーいすき♡ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---私も…大好き、です♡…ん、おやすみです…♡(撫でながら気だるさにこちらも次第に瞼が降りてきて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おやすみぃ…(満足気に、アリーの頭を優しく撫でながら、ソニアも目を閉じた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
-【温泉作成中】
-&br;(吸血鬼の邸宅だからなのか、アリーの家も地下室が立派で。全高5m強のロボットなジープが立ち上がっても余裕がある。&br; そんなジープの前には錆びた鉄骨を錆びた鉄線で縛って組んだ、錆びたスクラップめいた櫓があり、中央にシャフトが地面に&br; 向かって伸びていて。そのシャフトについた歯車をジープの右手がつかんでモーターめいた回転をすると、カムを通してシャフト&br; は地面をボーリングするというわけだ。直径30センチほどの穴に、ランタンをかざしても底は見えず、遥か下方から掘削音が&br; 不気味に聞こえるばかりだ)
--掘り始めてから一週間…そろそろ温泉出て来るとおもうんだよねー? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(エリーとソフィアを両手に抱いてあやしながら、ソニアが言った。&br; 温泉掘ろう!地下室から温泉掘ればきっとはやいよ!そんな冗談みたいなプランが実行に移されていたのであった)
---ジープさんが居なかったら多分ここまで掘れたりはしなかったと思います。……ただ、それにしても随分と掘り進めましたよね&br;(まさかこれだけの地下空間があるとは思ってもみなかったのは一週間前の事)&br;(掘り進めて一週間というとかなりの深さに至ってるであろう状況に、少し気が気でないと言った様子で眺めつつおねえちゃんの抱いてる二人を一緒にあやして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---後で調べたんだけど、温泉っておもったより深いとこに埋まってるみたいだからー。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(大丈夫大丈夫―って、気楽に笑い返す)
---この温泉は、アリーとエリーのお誕生日プレゼントなんだから、がんばっちゃうよ!まぁ頑張るのは主にジープなんだけど! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(『YES SIR』と答えたジープが不意に手を止めた。ソニアは、温泉出たのかな?って穴を覗き込む。その時、地の底から這い&br; 上がってくるような響きが足の裏を震わせる…)
---確かに…掘ってすぐのところに温泉があったら色々と大変ですよね。一気に地面が沈んだりしそうですし…&br;(と、頷きながら。覗き込んでるのを眺めつつ地響きに)だだだ…だ、大丈夫なんですかこれ…っ!温泉ですか…っ!?(慌てふためきながら、ソフィアをこちらでしっかりと抱いて振動に備えようと) -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---だ、大丈夫…大丈夫…だと思う!&br; (ソニアもエリーをしっかりと抱いて、ガタガタと震える櫓から後ずさる。地鳴りは最高潮に達したところで急に消えて)&br; …あっ。 &br;(床の石畳がすり鉢状に凹んで、一気に崩落した!ソニアはその蟻地獄めいた落とし穴に飲み込まれて…)&br; アリー!パス!! &br;(とっさにエリーを、アリーの方へ放り投げると、崩れた櫓と一緒にソニアは穴の中へ落ちていく!) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(おねえちゃんが二人を一度に抱えるのは身動きが取りづらいのでは、と言った思いもありソフィアを抱いて避難出来る様にしていたところ)&br;お、おねえちゃんがそう言うなら……きゃぁっ!?あ、お、おねえちゃん…っ!(一気に崩落し始める床、咄嗟に放り投げられたエリーを受け止めて抱きしめると)&br;…お、おねえちゃーんっ!(穴の中へと落ちていく、その姿に顔面蒼白となって…しかし崩落が続いてる状況で留まる訳にも行かず)&br;…ハヴェリーッ!この子達の事お願いしますっ(地上へ上がる階段に待機してたハヴェリーに託し、おねえちゃんが落ちていった穴へと飛び込んで) -- [[&ref(http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png,ちびありー);>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(そんな無茶な!?と言いたげな箒のハヴェリーが、器用に赤ん坊二人を受け止める。アリーを追ってジープも穴に飛び込んだ!&br; 先に飛び込んだアリーの顔の直ぐ横を、突き出して尖った岩が掠めて髪を散らす。重力加速度に身をまかせて落ちていく穴の中は&br; 見た目よりもずっと危なく狭い!)
---(ハヴェリーならきっとどうにかしてくれる…その信頼に応えてくれてるのを見届けながら。)&br;(ここ最近は人前であまり出してない羽を出し、狭い穴の中を飛ぶように落ちていく)&br;(暗い穴の中、擦り傷を作りながら先に落ちたおねえちゃんを見渡す様に探して)ジープさんっ、見当たりますか…!?(追ってきてくれたジープさんに声をかけながら、穴の様子を伺い知ろうともして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(カッとジープの胸元にあるランプが点いて、すごい速度で上方へ向かって落ちていく穴の壁が照らし出された。&br; うっかり激突すれば大怪我は免れない大変な危険な状況だ!再びの地鳴り!前方の壁から、橋脚のような岩が&br; 穴をふさぐようにせり出してくる!ガガッ!ジープがとっさにアリーを腕の中に抱え込み、背中で岩を破砕!&br; その次の瞬間、ジェットコースターのトンネルを抜けた瞬間と同じように肌に感じる圧迫感が開放され、大きな水柱を&br; あげて、岩の破片もろとも真っ暗な水底へ落ちる)
---わ、わわ…っ(落ちながら視界に入る岩肌を確認して、それにしてもすごく深い穴…そんな事を漠然と考えていると地鳴りに身構え)&br;は、はい…っ!?(せり出してくる岩に驚愕しながら、このままではぶつかってしまう…と、思った所でジープさんに抱えこまれて衝撃を感じながら岩を突破)&br;(大丈夫ですかジープさん!?と、不安そうに声を掛けようとした所に水底に落ちて)&br;!!?(突如水中に投げ出されて慌てふためきながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(着水した衝撃もジープが受け止めてくれたようだ。しかし水の様子が少しおかしい…。流れだ!地底湖のような巨大な水たまり&br; かと思いきや、飛び込みプールよりも深い深度がありながら、この水は暗闇の空間の中で川になっているのだ!吸血鬼のアリーに&br; とって流れる水はマイナスの効果がある。ジープは?重たい金属の塊だからとっくに沈んでしまったのか。辺りに姿はみえない。&br; 水中から見上げると、水面にほのかな緑色の明かりがホタルのように揺れている。その明かりを遮り黒い影が横切った。&br; 影はぐんぐん近づき、アリーの身体を抱きしめると浮上を始める。身体に当たる柔らかい感触は、ソニアのおっぱいだ!&br; 2つの超乳は絶好の浮袋となって、二人の身体を水面へ押し上げ、アリーとソニアの胸が水面に浮かんだ!) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ぷはーっ!アリー、大丈夫!? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(地底湖であればそこまで問題は無いのだが、流れがある水にいるという状況はかなり良くない)&br;(幸いにも身体は浮きやすい状態になっている事、そして余計な力が抜けている事で暴れ回ったりしなかった為か溺れている様子は無い)&br;(とはいえ長時間沈んだままというのは、そう思っていた矢先に水中で目を開き…近づいてくる存在。抱きしめられて浮上していく身体は柔らかな感触を押し当てられながら)&br;んん…ぷ、はぁ…っ あ、おねえちゃ…ん…ん(水の中で身震いをする。気温自体も低い為か、身体が冷えてるのもそうだが…やはり流水というだけで感覚も思考も動きも鈍くなって、どうにか頷くくらいしか答えられず)&br;…あ、ジープ‥さん、は…?(そこで、一緒に落ちてきたジープさんの安否が気になって) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(ソニアの背後の水面が盛り上がり、波を起こしながらジープが浮上すると『YES SIR』と電子合成音で返事をする) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---大丈夫、無事みたい。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(波にぷかぷかと揺られながらソニアは頷いて)
---はぅ…冷える…!早く上がろう! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(聞こえてくる電子合成音、それにホッとしながら)みたい、ですね…んぅ&br;このまま、その…引っ張り上げてもらって…も…?(身体に力が入って無い様子で持たれたまま、久しぶりに出した羽根が力なくヘタれて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(再び『YES SIR』と電子合成音声の声がして。大きな鋼の手が二人を包みこんだ)
---はー…温泉掘ろうとしたら地下の遺跡ほりあてちゃったみたいだねー。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(車の運転席で、下着姿のソニアが服を絞りながら言う。車外にジャーッと水が落ちる。&br; ビークルモードになったジープのエアコンから温風が吹き出し、ヘッドライトは、ビルの爆破跡地の瓦礫めいた山を照らす。&br; その先に、列柱の連なる回廊が見えた、その上にもさらに回廊がある。更にその上にも同じように連なっていて。ラザニア構造の&br; 建造物の巨大な吹き抜けに水が溜まって地底湖になっていたのだ。 &br;アリーとソニアは、その湖の中へ回廊の一部が崩壊して雪崩こんだと思しき瓦礫の岸辺に居る)
---上に、家がある…はずなんだけど。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(地下空間の中は、回廊のところどころに緑の光点がともっていて、空間をほのかに照らす。あまりに広大すぎて8割がた暗闇だ。&br; 上を見上げても、天井はみえず、緑の光点がまばらにあるばかりでまるでプラネタリウムのようだ。&br; 地下にはよく、こうした黄金歴時代の遺構があるという。しかしなんという巨大さ圧倒的な古代テクノロジー文明の脅威!)
---はぅ…(すくい上げられて一旦落ち着きながら、服を脱いで絞ったりして)&br;……地下の遺跡。まさか地下にこんなのがあるとは…地下水とかもあればと思ってたんですけれども&br;(照らされる景色を見て息を漏らしながら、その光景に圧巻されている様子で)&br;……ちょっと簡単に戻れそうには無い、ですね。ん…それにしても(と、言葉も無いのかぼんやりと眺め)&br;……(パタパタと羽を動かし、一体何があるんでしょうか…?と、気になってる様子)&br;‥あんまり長居は出来ませんけれど、もしかしたら戻れそうな設備とかあるかもしれないですね? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---だねぇー早くもどらないと風邪引いちゃう!&br;(アリーにぴったりと肌をくっつけてだきしめる。あんまり不安がってないのはアリーも無事に一緒だからか、単に能天気なのか)&br;アリー、出てきた穴から飛んでうちに戻れないかなぁ? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ですっ 風邪は…戻ってから治せば良いですし、ハヴェリーが居れば二人共すぐには問題無いと思いますし…&br;(こういう時の為にハヴェリーが読み書き出来る様にしておいたのでもしかしたら外から助けが来る可能性も踏まえ)&br;(冷えた身体はくっつき合う事で少し落ち着いて、震えも収まりながら。)&br;私の羽一応飛べたりはしな…(パタパタと動かすと、少し首を傾げて)………そう言われると何だか飛べそうな気がしますっ!(結構感覚派) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ほんと!?じゃあお願い!上に行って引っ張り上げて欲しいにゃん! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ま、任せてにゃ…にゃん?(釣られて語尾をつけたりしながら、パタパタと羽ばたいて…ふわーっと浮かび上がる。大体膝よりもちょっと上くらいまで)&br;(…表情は必死そうなので現在一人で飛べるのがそのくらいの高さ、引っ張り上げるにもかなり心許ない) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--アリー!頑張れっ♡頑張れぇっ♡&br; (ソニアはその横で甘い声で応援する。ぴょんぴょんと跳ねて、暗がりの中でも重たい胸が、ゆっさゆさと揺れるのはっきり&br; 分かるくらいゆっさゆさでありどぷんってやつである) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふぁ‥あ、ぅん…っ(元々暗い中でも視界が通るので、大きく揺れる様子が下着姿だからというのもあってはっきりと分かり)&br;(そちらに視線が向いて集中出来ずに徐々に高度50冓佞蠅ら下がっていってしまう) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あああー…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(高度ともにテンションも下降していく。&br; そもそも、落ちてきた天井はビルより高い所にあるのだから、出口にするにはあまりに遠すぎる。ソニアは今一度周囲を見渡す。&br; 湖の方は、夜の海に似て果てがまったく見えず。薄緑の明かりが不知火の如く揺れ、暗闇の何処かから細い雨の降るような&br; 音がする。足元の水はガラス程の透明度で。光の届く範囲に、瓦礫の湖底がすり鉢めいた下り坂を作っているのが見える。&br; どこまでも続いて、先は底知れない暗闇の水底へと消えていた。海に開いた底なしのブルーホールを覗き込むのに似た&br; 静かな恐怖が口を開けていて…。)
---…とりあえず、あっちの壁にあなあいてるとこから、中入れないかな…。遺跡なら地上への出口とかありそうな気ぃするし。&br;
(反対方向へ向き直り) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---……(もう少し、頑張れば…!?と言った思いからテンションの下がってきた様子を見て必死に羽をパタパタとさせるが最高高度はお尻よりも下辺りと言った具合)&br;…うぅ、はじめて飛べたのに役に立てずにすみません…(と、申し訳なさそうに項垂れて)&br;(暗闇を見渡すには十分なアリーではあるが、この空間の果てを見知る事は出来ずにいる。それだけ広い空間にいるのを実感しながらも)&br;そう…ですね。後は…地下水が流れてるって事はどこかに行き着く可能性もありますし…先にあちらから見ていきましょうか?&br;(向き直った先にある壁の方を見て、横に並んでから頷いて)&br;…私が先を進むので、手を繋いで行ってみましょうか? -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はーい♡ じゃあ、お願いねアリー! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(手を握ると、ソニアは明るい声で返事をした。&br; 回廊の崩れた所から、二人は遺跡の中へと入り込んだ。ジープはロボットモードになって二人の後ろに続く。&br; 足元は砕かれた遺跡の構造材が敷き詰められた砂利道で、歩きやすい。横は高さ10mぐらいまで上の階層&br;の断面が道にそって見える。自然に崩落したというより、立体駐車場に開けられた虫食い穴のトンネルの中のようだ。&br;ジープのライトの届く範囲しか見えないソニアは、手を引かれるままアリーに行き先を任せてついていく)
---おねえちゃんに、お願いされました…っ!(それだけで嬉しそうに気持ちも弾ませながら)&br;(そうして歩いて行く道、思っていた以上に足元は歩きやすい。)&br;……んー…?(少し違和感のある、何かが開けた穴と言った印象に首を傾げつつも歩みを進める)&br;(私達の他に気配とかはないですよね…?と、足元を重点的に見ながらも周囲を見渡しながら…普段と違ってこちらが手を引く状況に、ギュッと握り)&br;…大丈夫です、きっと戻れますからっ(そう言いながら笑顔を向けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うんっ頼りにしてるねぇ…。でも、ごめんね、こんなことになっちゃって。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(声を落としてソニアが言った。同時に、人よりも暗闇の中で鋭いアリーの吸血鬼の五感にかすかに響くものがある。 振動だ。砂利道をプレス機めいて踏みしめる大きなジープの足音だろうか?しかし気配は足裏よりも下からわいてきて。&br; ぱらぱら、と細かな欠片が粉雪のように頭上から落ちる。ソニアは、ぎゅっとアリーの手を握る手に力を込めて)
---…ぬぁ、明かり…?下から?? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---いえっ まさか地下がこんな風になってるとは思ってもみませんでしたから!それよりも早く戻らないとエリーとソフィア…は、ハヴェリーが居るので数日位は大丈夫ですけれど(店長さんや二人の知人のところに行ってるだろう事を考えつつ)&br;…だから、私に任せ、て…?(言いかけて振動に首を傾げる。ジープさんと違う振動の発生源を見下ろし)……と、飛びます!頑張って飛びますっ(握られる手の力が増したのを感じ、こちらからもギュッと握り返して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---大丈夫なのアリー!?無理しちゃだめ……わぁっまた床が抜けたぁ!? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(二人の足元の瓦礫が蟻地獄状に陥没!さらに足元の崩落は加速し、ダムの底を抜いたごとく急速に陥没!ぽっかりと口を &br;開けた状態になり、その底から光る口が現れた!ヤツメウナギの歯のごとく並んだ突起がミキサーめいて回転、その歯に当たった&br; 瓦礫は粉微塵に砕かれ、中央の口へ吸い込まれて青白く光り消滅する。光は物質の分解される時に発していたのだ。&br; なんということだろう、それは未だ無人で動き続ける超古代の掘削機械だ!恐るべき掘削刃と口で、粉砕と分解を繰り返し。&br; ソニアとアリーの落下より早く足元は直径10m以上もの穴を空けて消滅する。なんという古代テクノロジー!)
---あああ、アリー!と、飛んで!飛んでぇ!頑張ってー!! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---無理だと分かっていても…っ!&br;(承知の上で足元の崩落を実感しながら、ぐっと羽に力を込めて落ちていく身体を寄せ合いながら)&br;(間近に迫る危機を必死に回避するため、そして何より大事なおねえちゃんを助けるため…回転円盤から逃れようと羽を動かして)&br;(目を閉じて抱きしめ、必死に羽を動かした次の瞬間、ふわぁ…と浮遊感を覚えて目を開けば…眼下に広がる遺跡と化した昔の街並み)&br;…わ、ぁ…っ(自らの力でこんな風に飛び上がった事を自覚し、吐息を漏らしてその光景を眺める)…なんとか、なって…ますね…っ! -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ふわっ…!すごい…アリー!ほんとに飛んでる!やったー!&br; (ソニアが抱きついたまま歓声をあげると、掘削機が遥か足元で唸って電が地面から天井へ向かって立ち上り。&br; その光の中に、柱や壁を飛び移りながら無事脱出したジープの姿も見える) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---私もびっくり…っ です、け、れ、どぉ…っ&br;(そう言いながら羽ばたかせる羽を必死に動かしつつも、徐々に高度が下がっていく。)&br;ちょ、ちょっと適当に降りてきますね…!?(そう言いながらジープさんの無事を確認してそちらに滑空して降りていく。そんなに長時間持たない様子で、何よりジープさんを持ち上げて飛ぶのは物理的に厳しいらしい) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっ!アリー、あそこ!あの建物の屋上まで行ける? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(ソニアが、眼下に広がる街の、ビルの一つを指差す。街は、どうやら最初に落ちた地底湖と同じように地下の巨大吹き抜け&br; 空間の底に作られていて。二人が掘削機械から逃れた階層状の壁と、街を挟んで反対側にも真っ平らで巨大な壁がある。&br; 階層状に連なった方の壁に、また青白い電めいた光が迸った。あの機械はまだ活発に動いていて、空中にいてもその振動が&br; ビリビリと恐ろしく伝わる)
---ふ、ぇぇ…っ!?あ、っとぉ…頑張り、まぁす…っ!&br;(指差されたビルは遠く、だいぶ羽ばたかないと…少なくとも滑空でも十分届きそうではあるが、念の為高度の余裕を保っている。多分翌日は羽が筋肉痛で大変な事になりそうで)&br;(妙な光が迸る中、振動に慄きつつも必死に羽を動かしていって…何事もなければ、建物の屋上へと到達できる。もっとも着いた時には、膝を着いてぜーぜーと息を荒げているアリーの姿があったりして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(よしよし、とアリーの背中を擦ると、ソニアはビルの屋上縁へ行き手を伸ばした。ビルのすぐ横は斜めに傾いたオーバーハング&br; な崖になっている。滑らかに真っ平らで、どうやらこの地下都市のある空洞の半円形の壁なのだ。大部分地面の中に埋まっている&br; 感じで、見えてる部分だけで100m以上はありそうだ。&br; で、そんな崖を背伸びしてペタペタと調べている。崖と屋上の間は隙間があって、3〜4階分下から先は真っ暗で見えない…)
---…と、と…!あったっ!…おわっわっ!?わー!? &br;(何かを見つけたその時、ジープが屋上に登ってきてビルがズシンッと揺れた。足を滑らせたソニアはビルの渓谷の上で何かに&br; 捕まって宙ぶらりんだ!) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---はー…ふー…(背中をさすられて呼吸を整えている。かなり疲労は溜まっている物の落ち着いて着た様子で)&br;(そうしておねえtゃんが何やら調べているのをぼんやりと眺めながら首を傾げている)&br;どうかしたので…わわ…わー!!?(ジープさんが上がってきたところで、振動に驚き、次に目の前の出来事で慌てた声を挙げて)&br;おねえちゃんっ!手、手ぇ!?あ、ちが、私が飛んで下から支え…っ!?(と、動転気味に羽を羽ばたかせながら腕を伸ばして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うひぃ…!&br; (わたわたとアリーの手を掴むと、つい下の方を見てしまい全身が痺れたようにぞわっとする。そうこうしてる内に駆け寄ってきた&br; ジープの手が足元に差し出されて事なきを得た)&br; あー…びっくりしたぁ…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---びっくりしたのは私もですよ…ジープさんもありがとうございます(とりあえずの無事が確保されてホッと一息つきながら)&br;…ところで、何を見つけたんです?(何でしょうかね、ジープさん。と、軽く向き合って首を傾げてからおねえちゃんの方を向き直って) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっそうそう!コレ!&br; (ソニアがさっきからぶら下がっている棒を見上げる、一面真っ平らな塗り壁のような崖に見えていたが、長さ1m程の溝があり&br; その中に棒がはめ込まれていたのだ。しかしその棒がなんなのか、するとさらに上を指差して)&br; ほら、なんかこの部分、隠しドアっぽい!&br; (よく見てみると、棒のある溝から、黒い線で大きな円が描かれていて。なるほど例の棒をハンドルと見立てると出入り口のようだ)&br;だから、引っ張って回せば開いたりするかなーって!ふんぬっ!!&br; (ずずっ、と少し棒が動いた。だけどかなり固いようで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---コレ?…ん、んん…?(ぱっと見では何が何なのか良く分からないけれど、少し引いて全体を見てみれば確かにドア…と言うよりは開く場所だというのが理解できて)&br;ある程度近くで、でも近づき過ぎても私にはちょっとわかりませんでした…けれど、もしかしたら何か手がかりがこの先にありそうな気がしてきました!&br;…ちょっとどころじゃなく固そうですけれども。(容易じゃない様子を目の当たりにしながら、手伝うように一緒に棒に力を込めていこうとして)&br;んんー…っ!! -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---さっき飛んでて、ピカってなったときに一瞬見えてもしかしてって思ったの!よーしじゃあいくよー、せーの!&br; (二人で引っ張る、ソニアなんか棒にしがみついて、壁に足を突っ張って全身で力を込める。ジープは指が太すぎるので&br; 手が出せない!しかし二人がかりでがんばっていると、棒が手前側にがこんっと引っ張り出された。するとそもそもそういう仕掛け&br; だったように、持ちての棒はひとりでに回転を初めた。ただしドアノブのようにではなく、土台である壁面に棒を直径にする円が&br; が現れて、壁からその部分を切り離したように回り始めたのだ。隙間から青白い光が漏れている。そして3回転ほどすると&br; ふっ、と消えてしまった。二人の前に屈んで入れるくらいの穴が空く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---いっせーのー…っ(タイミングを合わせて力をかけて、アリーもアリーで棒を引っ張ろうとして…しっかり踏ん張って引っこ抜こうとしていたりすると)&br;へぷ…っ(引っ張り出された途端にふんばりが効かなくなってそのまま地べたに尻もち)&br;あたた…え…?(そうして目の前の光景に呆気に取られて眺めていることしか出来ずにいて。回り始めた棒、それが壁に埋まっていた部分を引き抜きはじめて…屈んで通れるくらいの大きさになるのを見れば)&br;……え?あ、これだけ…?…あ、えっと…と、とりあえず行きましょうか…?(キョトンとしたまま座り込んで、空いた穴を指差しながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--うん、もしかして出口とか見つかるかも!&br; (ソニアは尻をさすりつつ穴を覗く、彼女も尻もちをついていたのだった。後ろからジープのヘッドライトで照らしてもらいながら&br; 中を覗き込む。すぐ向こうがわは薄汚れた黄色い金属の壁で覆われた小部屋で、むき出しの配管が絡まりあい金網の踏板が&br; 側面に見えた。現代人なら工事現場や工場の内部めいた雰囲気を感じるところだろう)&br; なんで横に階段がついて…ぎゃー!?&br; (内部に足を踏み入れた途端、アリーの目の前でソニアは、ワイヤーで引っ張られたように横へすっとぶ!否、落ちている!&br; 内部は、古代テクノロジーにより重力の方向が捻じ曲げられていたのだ!そのまま階段を転げ落ちて姿が見えなくなる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---出口…そうですね、きっと出られる方法がこの先に…(そう言いながらお尻をさすってる様子から目線を反らして、人の事も言えないので戻ってから大丈夫かどうか確かめようと思いつつ)&br;……んー?(ヘッドライトの灯りもあり、見渡すことが出来るには出来るが…そこに、舞台の裏側みたいな印象を感じて)&br;まあ行ってみないと分からない事ばかりで‥って、ええー!?&br;(横方向に落ちていく様子を目の前で見て思わず驚きの声をあげて)&br;わ、私も行かなきゃ……あ、ジープさん念の為ロープか何か…ありますか?&br;(横に落ちていくのを目の当たりにして、安全に降りる方法を考え…また、ジープさんが入れないのを考慮してはぐれない様にその端を持っていてもらおうと。もしあれば身体にくくりつけて穴の中へと突入しようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(ジープも慌てて中を覗き込もうとするが穴が小さすぎる。お腹の辺りからウィンチのロープを引っ張り出すとアリーに手渡した)&br; \今日おっこちてばっかりなんですけどー!/ -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---/わたしも今落ちますからー!\&br;(ありがとうございますとロープを受け取り、身体に巻きつけてしっかりと解けない様に準備をしてからぐっと親指を立てて見せて。)&br;(そうして足から穴の中へ、すぐに重力が横へ向かうのを実感しながら…ギュッとロープを握って勢いよく穴の中を落ちて行って) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(横向きに落下するーアリーの身体をウィンチが減速する。配管の穴蔵を抜けた先は、外と同じ淡い緑の非常灯っぽいフットライトで&br; 照らされていて。暗闇の中に金網の踏板で作られた簡素な屋外階段がどこまでも伸びている) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---気をつけてねー階段も不親切なくらい急だからー。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(小さな踊り場で、尻もちを付きながらソニアは頭をさすっている。無事なようだ。入り口の方からバチンッと音がした。&br; 同時に、ウィンチにかかっていた力も突然消え失せる)
---……ここは(勢いもそこそこに無事到達する空間、暗闇の中で僅かな灯りと屋敷周りや通常の街中では早々お目に描かれない空間で。)&br;それはもちろん、おねえちゃんに心配かけない様に気をつけますけれど大丈夫でした…か……あれ?&br;(突如として、ロープの張力が抜けた様に感じて。…まさか切れた?と落ちてきた穴の方をバッと見返して)&br;(…試しに今身体に巻きつけているロープを引っ張って繋がりが保たれているか確認をする) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(いくら引っ張っても手応えはなく、降りてきた穴蔵から切断されたロープの先端が引きずりだされてしまう)&br; どうしt…!?&br; (嫌な予感がしてソニアは急な階段を一気に駆け上った。胸は大きすぎるがかなり俊敏だ!)&br; なっ!?大変!アリー!ドアが閉じちゃった!!…うわっわー!? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そして穴蔵から顔を出したソニアは2度びっくり!暗闇は消え失せ、辺りは淡いオレンジの光に満ちていたのだ。&br; 光源がどこともわからない夕焼けめいた雰囲気を出す明かりのもと、二人の目の前に驚くべき構造物の全容が晒される!&br; 二人は、恐ろしく巨大なトンネルの中に居たのだ。足場にしている階段は、下…つまり重力の効いている構造物の壁面へ&br; 向かって、目も眩むような高さで伸びていて。東京タワーの外階段から手すりも外壁も取っ払ったような吹きさらしである。&br; 横を見れば、遥か頭上にシャフトのようなものが、ハイウェイめいて空間の中心を貫き、そこへ向かって高層ビル群が&br; 360度、上からも下から左右からも、壁面から中心軸に向かって聳えているのだ。メガシティを地殻ごと剥がして筒のように&br; 丸めたらこうなるのか。あるいは神話やおとぎ話の、宇宙に人が作った街に似ているのかもしれない。&br; 一体どこまで構造体が続いているのか、果ては霞んで見えず、あまりの高さにソニアは足元が竦む。っていうか&br; 下手したら真っ逆さまに落ちてたのかと思うと、ちょっとちびった)
---あ…っ(切断されたロープを見て、小さく声を漏らし何が起きたのかを予測が出来てしまい)&br;お、おお…落ち着いて下さい!あ、ぅ…あうう…えっと…ま、待って下さいっ!(流石に気が動転したが、駆け上がおねえちゃんの後を飛ぶように追いかけていく)&br;………なんですか、これ(そして目の当たりにした風景を見てポツリと呟く。誰に聞くのでも無く、自分の中でも整理できてない事を口にして改めて理解しようとする…が)&br;(地表がそのまま筒の内側にある状況。地面に立っているのに地面を見上げているという不可思議な感覚にクラクラとめまいの様な物を覚えてそのままその場にへたり込んでしまう) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---その時、巨大な獣に飲まれて腹の中で、唸りを聞くような振動が空間全体を震わせる。遥か頭上にある巨大な軸に光が灯って&br; 軸から突き出した高層ビル並みの柱が時計の針めいて回転を初めたのだ。まるで永劫に横たわっていた強大な存在が、死にも&br; 似た眠りから目覚める時のごとく厳かに圧倒的なスケールでもって…。&br; 胎動は、構造物の内側だけでなく外側でも起こっていた。ソニアとアリーたちから分断されてしまったジープは、消えてしまった&br; 入り口の辺りを調べていたのだが。突然の振動と共に、彼の目の前で壁一面にグリッド状の光が走り、継ぎ目も何も無い壁面から&br; 無数の突起が飛び出す!何百mにも渡って病的なまでに規則正しく並ぶ突起のアラベスク模様。それが回転を始めた!&br; なんとそれは、地下都市空洞の壁などではなく、超巨大なシールドマシンだったのだ!先程アリーやソニア達と遭遇したものと同じ&br; しかし何百倍もの大きさで、都市を丸ごと砕いてしまうほど脅威の古代テクノロジーであった!&br;回転を初めた掘削面は、土台から天井まで地下都市そのものをミキサーにかけて、瓦礫を中心部に飲み込んで光の粒子と化す!)
---もー今度は何ィー!?って…なんか動いてるなんかすごいヤバイ感じする…!! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(外の様子は見えないが、激しくなる振動と、ゴォォグァン…ッと鋼鉄の怪獣めいた金属質な駆動音は尋常ではない。というか&br; 遠くで、ストーブの芯みたいに赤熱する中心軸から巨大な塊が、スローモーションにおっこちて、ゴゴォォ…ッと地鳴りめいた&br; 音を立て、時間差で振動がビリビリきた。それもこの一つや二つで止まらずあっちこっちで同じ崩壊が起こっていて…)
---…もうヤバさしか感じない…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ひぁ…っ!?(へたり込んでいる状況で、振動が空間を震わせれば身体も震えて)&br;なんですか、あれ…っ(胎動を始めるそれは巨大過ぎる機械。ただし、そこまでの規模の機械を機械と認識出来るかどうかは別で)&br;…私が飛んでも、おねえちゃんを抱えてだと長時間飛べませんしジープさんが…に、逃げ…!?あ、でもどこに…っ!?&br;(ギュッと縋る様におねえちゃんの服の裾を握って) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(今にも泣きそうになりながら)…どう、しましょう……っ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---か、考えろ―考えろーわたしー… -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そうこうしてる間にも、外側では掘削の勢いが増していく!ミミズが前進するのと似た動きで掘削面が前面に押し出され、&br; ビルも岩盤もクッキーみたいにたやすく砕かれ、核融合炉の炉心の如く光る中央部へ飲み込まれて消滅!&br; 破壊を逃れ、ビークルモードで地下都市の道路を走っていたジープが、急停止!行き止まりの断崖絶壁だ!&br; 直径数百mの掘削面に、別のシールドマシンが巻き込まれて破砕!核融合炉の炉心の如く光る中央部へ飲み込まれて消滅!)
---制御室とかそういうとこに…! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(ソニアは、ぎゅうっとアリーを抱きしめる、その瞬間、マシン内側の広大な空間で起きていた崩壊が二人の間近で発生する。&br; 巨大な構造物が二人を押し潰すように影を落す!そして横っ飛びに吹っ飛んだ!凄まじい爆発と閃光!爆風!)
---なっなっ…なぁぁあーーー!?…ジープ! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(むき出しの鉄骨階段はひしゃげて、今日落ちてばっかりのソニアとアリーをまたもや空中へと投げ出す!二人の上に新たな&br; 落下物!危ない!再び爆発そして横っ飛びに吹っ飛んだ!爆煙を突き破って飛び出したのは、ジープだ!その片腕が変型して&br; プラズマハンドキャノンを形成している)
---(こういう時何も出来ない無力感を悔しそうに感じながらも、少しずつ破壊の振動が近づいてくるのを実感して)&br;(自分達の身の丈を大きく超える建物が感嘆に粉々になっていく中で恐怖感から震えが止まらなくなりながら…そこをぎゅぅっと抱きしめられて。しかし間近で破壊を実感して縮こまってしまい…そこを大きな影が落ちてきて)&br;ふぁぁぁぁ…!!?…あ、あ…(身体が浮き上がる、というよりも吹き飛ばされて空中へ…咄嗟の事で羽も広げられずにいると)&br;おねえちゃんっ!……あ、ジープ…さん…?&br;(咄嗟の事で対応できず、大きな落下物が落ちてきて…しかしそれも爆発し吹っ飛ぶのを眺める事となり)&br;ジープさん…その腕は…!?(普段のジープさんの腕と違う部分に驚きを隠せないと言った様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--(ガシャンッと青白い光を封じ込めた砲身が二人の前に出される。ジープは、おっと!ってジェスチャーでキャノンになった&br; 腕を顔の前に持ってくると元の右腕に変型させ、改めて二人を両手で包む)
---よかったー無事だったよぉー!よし、逃げよう!急いで逃げよう!!…ああっ!また落っこちてる最中だった! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(折れて倒壊していく階段、そしてジープの侵入によって連鎖的に爆発が起こり、落下中の3人の回りを瓦礫が舞う。&br; 残念ながらジープに飛行能力はない、構造物の重力発生方向である壁面まで、目も眩むような高さをスカイダイビング&br; するハメになってしまっている)
---…アリー、アリーだけでも…。  &br;(一人だけなら、飛んで助かることも可能そうで、覚悟を決めてソニアは頷く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、ありがとうございますジープさん…(少し面食らいながらも、すぐに普段通りの腕に戻ったので慄いたりはしないで両手に包まれて)&br;…今だけならおねえちゃんを抱えて飛ぶ事はできますけれども(そうなるとジープさんがどうなってしまうかわからないので動けずに居て)&br;…イヤです。おねえちゃんも、ジープさんも…みんなで揃ってお家に帰るんです…っ(と、落ちながら…何やら覚悟を決めている様子のおねえちゃんにふるふると横に首を振り、先程までは怯えていたものの…力の篭った瞳で見つめて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(自分がアリーと同じ状況になって、一人だけ助かるとしても、きっとしないだろうとソニアは思って。だから、繋いだ手の温度を&br; とても熱く感じる…。それは嬉しいことでもあるけど、手を離す小さく首を横に振り)&br; エリーと…ソフィアを……っぉおおお!?何何なにぃ!?今度は何なん!? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(下に落ちてたのが今度は逆に上に身体を引っ張られて、慌てて手を握り直す!響く爆発音!&br; 構造物内部で偏向されていた重力が弱まったのだ!実は構造物内を上に向かって落下していたソニア達は下へ引き戻されて&br; 行く、そこには中心を貫く巨大な軸がある、ジープは身体を捻りながら軸に手足をつくと間髪入れずにビークルモードへ変形!&br; エンジンの唸りを上げ走り出した)
---(手を離され首を振られ…一体何を言おうとしているのか…自分だったら何を言うのかはすぐに思いつき)&br;そんなっ!ダメで…わわわっ!?&br;(一体何ごとと手を握りながら辺りを見渡して、重力の方向が急に別へと向かっていくのを実感しながら。)&br;(変に場の流れに抵抗するよりも、この状況に身を委ねた方が…そんな直感めいた物を閃きながら場の流れに逆らわない様にして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---はぁーはぁ…た、助かった??あ、アリーシートベルトしっかりしててね!&br; (ジープの運転席でハンドルを握りしめ、ソニアはアクセルを踏み込む。ひとまず墜落死は免れたが、さっきよりもさらに&br; 構造物の崩壊は進む!爆発!崩落!そして爆発!疾走するジープの行く手にも爆発が巻き起こり、倒れてくる巨大な柱&br; の下をくぐり抜け、爆発!爆発の中を突っ切り、ドリフトで寸断される行く手の道を回避!)&br; あっ!なんか外に出れそうな気してきたよ!ほら!ずっと上り!…おっっと!坂に!なっうぉぉぉ!&br; (ハンドルを右に入れ、ジープの車体は瓦礫を飛び越えてジャンプ!脇に逸れたら下は数百m下へ向かってまっ逆さまで
&br; ガードレールなどはない) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---わわ…わかりました…っ(急転に次ぐ急転、ただ普段通りジープさんに乗り込んだらシートベルトをしっかりと付けて)&br;(背後や周辺で崩落、爆発が続いていく。そんな状況で走り抜けていくジープさんwithおねえちゃんと私。ドライビングテクニックを惜しげもなく発揮していき、阻もうとする瓦礫や倒れてくる柱を回避していく)&br;す、凄いです!これなら外に出られますね!私外に出て無事帰れたらおねえちゃんと溺れるくらい抱き合ったりエッチな事をした…いぃぃぃ…っ!?&br;(何やら口走っていたところに、瓦礫を越えて大きく飛ぶ。脇に逸れたら乗り込んだ状態なのでそのまま一緒に自由落下してしまう状況で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(バウンドしながら着地すると、最悪のタイミングで前方に柱が倒れ込んできた!思わず切った急ハンドルでとうとう車体は&br; 空中の生命線である軸から飛び出してしまう、万事休すか!だがその時ジープは変型!ロボットモードになると二人を前方に&br; 放り投げ、飛来した瓦礫を蹴ってバク転!さらに壁走りの要領で後方へと飛んでいく大きな瓦礫の側面を駆け抜け、再び&br; 二人をヘッドジャンプスライディングキャッチしながらビークルモードへ!コース復帰!ソニアはちょっとちびった)
---ってぇ!なんかさっきから傾斜がどんどんきつくなってんですけどー!?ですけどー!? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(実はその頃、はるか後方のシールドマシン先端部は、まだ稼働して地下へ地下へと掘り進んでいたのだ!&br; 可動部は火を吹き、掘削面中央の核融合炉心めいた光の渦から百億ボルトの紫電が散る!古代テクノロジーにも限界はある。&br; ついにこのモンスターマシンは限界を迎えて、滔々と水を湛える地底湖の底の岩盤にほぼ垂直に突き立つと、爆発を起こした!&br; その大轟音は、巨獣の断末魔のごとく。そして膨大な地下水が管状の内部を伝い洪水めいて押し寄せた!その唸りは&br; 地獄の軍勢の雄叫びのごとく。地の底から上へ上へと、津波となって押し寄せる)
---あああもう無理!無理無理無理ぃぃい!!アリー!先!先行って早くぅぅ! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(三度ロボットになって、瓦礫をよじ登るジープの背中にしがみつきながら、ソニアはなんかもう…必死だ!&br; まだ地上は見えないというのに、背後から、ゴウゴウ、水の渦巻く音が迫ってくる!そして爆発!なんかもう…なんだこれ!)
--(ジープさんの車体が跳ねて空中へ、しかしジープさんがとっさの機転に難を逃れる)&br;(空中で浮遊感を覚えて変形から投げ出されたかと思えば再びキャッチされて走り始めるジープさん。呆けた様子で力なく手を叩いているアリーの姿が助手席に)&br;わぁ…地下なのに夜空で星が瞬いて…流れ星?ううん、彗星がバーって…あは、は&br;(ちょっとダメな方向に崩壊を起こしかけながら、ハッと意識を取り戻したのは激しい爆発音で車内で振動を感じたときのこと)&br;あ、れ?私はって…ええええ!?(押し寄せてくる水に目を白黒させながら、ビークルモードでは移動できない瓦礫の山をジープさんにしがみついている状態)&br;わ、私だけじゃイヤです!おねえちゃんも、ジープさんも…!一緒じゃないと絶対いやですッ!だから…&br;……後、羽がピクリとも動かなくて飛べませんし(先程から酷使してた為か、しばらく休ませないと飛べないとのこと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---まーじかー…。ってもう来たしッ!スゥーッハァーッ!&br; (凄まじい勢いで水位は増して、せめて大きく深呼吸するとぎゅっとアリーを抱きしめて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…おねえちゃんと一緒だから、信じてますから…っ!&br;(目を閉じてギュッとこちらからも抱きしめ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(二人は身体も意識も叩きつける奔流の中に飲み込まれる。重たい金属の身体のジープですら満足に身動きがとれず。&br; ただ、抱き合う二人を胸に抱え込んで。町を丸ごと飲み込む直径のトンネルが流れで満たされると明かりは消え失せて。&br; 構造材は暗闇の中へと沈んでいった。どれほど息が続くのかわからない状況で、どこまであるのか先も見えない流れに&br; 翻弄されて、ただお互いの感触だけ見失わないようにきつくだきあって…。気づけば真っ暗なトンネルを駆け上る水の速度が&br; 増しているのに気づく、加速はさらに強まりそして…。&br; 月あかりの差す、山の黒い森の木々が揺れはじめて、たかだかと梢よりも高く水が吹き上がった!逆向きの滝のように&br; 白い噴火となって地下水は噴出して、月の光で夜に虹を掛ける)
---…ごぼごぼご…ぶっはぁー!!生きてる…ッ!&br;  (またたく間に山の中に出現した湖からソニアが浮上!) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(奔流に飲み込まれ、二人と一体の身体は流されるがまま水の流れの中に。脱力して抱き合う腕からも力が抜けそうになりながらも、互いを離さずに流されながら)&br;&br;(先程まで無かった湖が生じ、街の方にも振動を感じさせながら…同じく浮上するアリーの身体)&br;(流水の中に身を置いていた為か、ぐったりとしている…もっとも浮上して程なくすれば)&br;ぁ、れ…………てん、ご…く…?(月明かりに照らされているおねえちゃんの顔を見つめて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(滝のように水を落としてジープも浮上した。全員無事なようだ)&br; アリー!ジープ!やったー!生還したー!やったよぉ…へっくし!寒ッ!ああ、アリーもぐったりしちゃって早く上がらなきゃ…&br; …ぁぁあッヅぁ熱ッ!?&br;  (アリーの方へ行こうとして、ソニアは突然悲鳴をあげる。彼女の尻の側でポコポコと水面が泡だち、秋の夜の空気に湯気を上げ始めているではないか)
---…死んだかと思い、ました…(と、まだ脱力したまま。その分余計な力を使わずに浮力でどうにかなっている様子)&br;(秋の夜空の下、身体が冷えるのを実感しながら上がろうとして)&br;……もしかして、お湯?…温泉、ですか?と、ともかく上がりましょう…っ(手を伸ばしておねえちゃんの服を掴んで。羽を出して動かし、水中の中では推進力として十分な様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---お尻がゆでられたぁー…。&br; (アリーに引っ張られて湖の縁へと移動。吹き出す地下水の勢いは未だ止まらないようで森が軽く洪水に遭ったようになっていた。&br; マングローブのように水から突き出していた太い木の根の上にあがる。ジープもザブザブと足元に波を立てながら上がってくる)&br; やー…なんかスゴイことなっちゃったねぇ…。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---大丈夫ですか…?後でお尻出して下さいね、ちょっと診ますから&br;(こんなに地下水吹き出して大丈夫なんでしょうか?と、環境の変化に何らかの悪影響が無いかと考えてたりして)&br;…なってしまったものは仕方ないとして。えっと、所でここってどの辺りなんでしょうか(起きた事よりも今後の事。と、根の上に上がってスカートを絞ったりしながら周囲を見渡して) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---大丈夫だよぉそんなにやけどとかはしてないよー場所は山の中だと思うけど…。&br;(そのままお尻弄る気なやつだこれとか思いながら、足元の水につま先を入れるとすでに温んでいる)&br;うん、大丈夫。木の上から街の明かりを探せば、家の方向も分かるよ。それより、アリーは大丈夫?痛いとことかない? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---そんなにってことは何かあるんですか…っ!?(食いつく、普段は受け気質なところがあるもののいつ頃からかお尻への執着がとても高くなってきてたりして)&br;…まだ夜の時間帯で助かりましたね。日が出てると私が活動できないですし。&br;……実はさっきから背中がだいぶ。(これまでに無いくらい羽を動かしていた為か、安心したからか、急にぶり返しが来た様子で) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---なんでお尻にそんなに拘るのかな!?もー、とりあえず夜が空けないうちにお家帰るよー!&br;(そういうと、アリーの腕を取って寄り添う。ぬれたままだと10月の夜気は肌寒い)&br;エリーとソフィアも心配だし、ね。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---だっておねえちゃんのお尻なんですよ!(ぐっと拳を握って力説し始めようとしてくしゃみをする。随分と身体が冷えてきた様で)&br;…そうですね、ハヴェリーにも心配かけてると思いますし。早く無事な姿を見せて安心させないと(寄り添われながら身を預けるように頷いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おうちが穴に落っこちちゃってないかなーとかもね…! -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---……もしそうだとしたらどうしましょう。建て替えとか…と、とりあえず私達が無事でエリーもソフィアもハヴェリーも無事ならどうとでもなります、かね…?&br;(そんな風に首を傾げながら、暗い中を見渡し街の方向も確認出来て。立ち上がって手を引き歩き出そうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---すごいポジティブ!…ふふっ、うん、じゃあ早く帰ろう!&br;(湯気はいつの間にかもうもうと辺りに立ち込めていたけど、後ろに続くジープのナビがあれば迷うことはない。&br;ちなみに地下水の噴出はその後収束して。温泉の湧き出るスポットになったという) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そうして帰宅し、館は無事だった物の数日の間ハヴェリーがピッタリと張り付いて離れないと言ったところがあったり)&br;(エリーとソフィアがお腹を空かせていてふたりとも沢山吸われたりとかそういった事があったものの、おおよそ平和な日常をすぐに取り戻しました。それにしてもあの地下空間、あと機械は一体…?)
- 
-【温泉とか引けます】
--(赤ちゃん達におっぱいあげながらうたた寝してる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(そんな様子を眺めながら嬉しそうに微笑んで。…こっそり近づいておねえちゃんの頬を軽く突いてみようと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んむぅ…ぁむゅ…。&br;(頬をつつかれると目を閉じたまま、指に吸い付いて。ちゅうちゅうおっぱいを吸うソフィアと一緒になって、ちゅっちゅっと音をたてる。&br;仕事の疲れからか、あるいは暖炉が温いからか、なかなかまどろむのをやめないで。薄暗い部屋に薪が焚き火色の明かりをなげかけて、炎の揺れるのに合わせて影もゆれる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ひゃ…っ(柔らかな頬の感触を楽しんでたところ、指に吸い付かれて少し驚いた声を漏らしながら)&br;……いや、流石にそれは(ちゅうちゅう吸われながら何か不穏当な事を考えついたらしい。それを首を振って考えない様にしつつ、軽く指を引こうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---むぃー……んぉ?&br;(寝ながら赤ん坊抱いたまま器用に座っていたけど、指を咥えて離さないもんだから釣られて。アリーにもたれかかった拍子に寝ぼけた声を出した)&br;寝てぃた…おぅ…よだれ……&br;(あ、また寝てる人だ) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ…(釣られるままに釣ってしまい、もたれ掛かる身体を受け止めて)&br;…おはようございます?いえ、まだ寝てます…?(そんな事を口にしながら、口が開いた間に指を引いて)&br;もう…おっぱい出したまま寝たら風邪引いちゃいますよ?(拭きますね?と、ハンカチを手によだれを拭おうと) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んー…ぎり起きてる…むぐ&br;(口元を拭かれながらほぼ寝言。ソフィアの方は乳から離れて膝のあたりで勝手にもぞもぞと動き出して。&br;腕が解放されてしまうと、今度はソニアがアリーに抱かれるような格好で気の緩んだ欠伸をひとつした) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---本当ですかー…本当に起きてますかー…?&br;(拭き終えてまだ夢心地な様子に首を傾げながら、ソフィアが吸い終わって動き出したのを横目に。)&br;(そして先程まで吸われてた胸が開放されて、露わになってるのを見ると少しもじもじとして。…おねえちゃんの身体を支えつつ、常に持ち歩いている例の薬を自分で飲んで)&br;(生じた部分がむくむくと膨らむのを実感しながら、肩を支えたままスっと腰を上げて…硬くなったのを唇へと押し付けて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…ちゅぅ…&br; (また指だと思ってるのか、ソニアは差し出されたものに、ちゅうと吸い付いた。そして唇を咥え込むように蠢かす。&br; フェラというより幼子が眠る時に指を咥えてちゅぱちゅぱするのと同じにたどたどしい無意識の動きで) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふ、ぁ…っ!?&br;(ちゅう、と吸い付かれて思わず声を上げてしまい。そのまま咥えこまれて…背徳感の強い状況に興奮しているのを実感しながら)&br;(ソフィアが不思議そうな目を向けているのを見られ)…あ、ぅと…んんっ!(ちゅぱちゅぱと、咥えられて膨らませてしまい…腰を引くどころか、頭を掴んでも少し深く…と腰を押し付け始めてしまい) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…っぷぁ……んんっ??&br; (ソニアは、喉奥にあたる突っ込まれる息苦しさで目を覚ますと、ぱちぱちと瞬かせた。目覚ましフェラはしたことあっても&br; 寝てる間に突っ込まれたのは何気に初めてだ。しばし固まって、しかし口を離すことなくそのまま舌を使い出す。&br; 唇をすぼめて竿を締めると、裏筋に舌を押し当てて前後に擦る) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、は…♡ふあああ…&br;(口内の感触に思わず腰を震わせてしまい、ふー…ふー…っと息を乱していて。ゆっくりと腰を揺すって堪能していると、舌が使われ思わず仰け反り…)&br;…あ。(そこで目覚めている事に気付いて、さぁ…っと青ざめながらも、唇がすぼめられて擦られる感触に気持ち良さ気な声が漏れでる。もっともソフィアが間近に、エリーも傍で寝息を立てている状況の為かくぐもった声で)んぃ…ふぃ…っ♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(小さく喘ぎを漏らすアリーに、小さく頭を前後に揺らして、さらに刺激を咥えて答える。なんどか前後させてから、口を開けて&br; 息継ぎする)&br; ぷはぁ…んふぅ…。このままお口でする?&br; (膝の上のソフィアの頭をなでながら、とろんとした瞳でアリーを見上げて微笑んだ。唾液塗れの肉棒が頬を濡らす) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(動く側から動かれる側、ゾクゾクと咥えさせたモノを震わせて)&br;んふぃ……あ、ぅ…んん…ん、と…お、お願いします…♡&br;(とろんとした瞳で見つめられ、暖かく柔らかな感触に包まれたままの状況をもっと味わっていたいと口の中で弾ませながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…♡  (再びアリーの硬くなったものを咥え込むと、舌を這わせ唇でしごき出す。寝ぼけもどこかへ飛んでいって。動きは徐々に激しく&br; なっていく。唇と舌だけで、狭い肉穴の中に生で突っ込んでいる感触を十二分に与えながら、膨らんだ先端から綿棒くらい固い&br; 竿の上まで何度もスライドしていく度にチュクチュクといやらしい水音がましていく) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(包み込まれていくのを実感して、表情はすっかり夢中になっているのを隠しきれずに)&br;(唇が咥えこんでいく様子を具に感じながら、目が離せない状態。口の中で舌が動き回っている動きを感じ取っていき)&br;(何度も竿を這わされていく感覚、咥えた隙間から卑猥な水音を感じ取って…とめどなく溢れる先走りを口内に溢しながら、ゆるゆると腰をこちらからも前後に揺らしはじめ) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---っ…ふ、…ちゅっ…んっんん……。&br; (くちゅくちゅ、じゅぷじゅぷと音が増していく。アリーが腰を前に出すのに合わせて深く咥え込むから、おちんちんは喉の方まで&br; 届いて、ほんとうに狭い肉穴の中に割って、挿入してこすられるのと同じようになっていく)&br; くぅ…っは…!あはっ、先走りいっぱい溜まってきた…♡&br; (音を立てて口内にたまった汁を吸いこむと、また肉棒を咥え込んだ口を前後にゆすって) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---あ、ん…っ く、ふぅ…♡ふぁ…ぁは…っ!&br;(気付けば頭に手を載せて、腰を動かしながらも余裕がなくなっていく)&br;(動きに合わせて深くまで届く様に咥えられて、お口での性行為にすっかりと蕩けていきながら)&br;溜まっちゃってる…たくさん、たくさんおねえちゃんのお口、に…おくちまんこ。に…♡ふ、ぅ…くっ!&br;(自分の言葉で、思わずビクンと弾ませながら…たっぷり溜まった先走りと一緒に吸い込まれ、前後に揺すられれば今にも達してしまいそうで) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んふぅっ…♡ &br; (アリーの中で高まっていく快感を、粘膜を通じて感じ取ったように敏感に反応して。指を性器の女の子の部分に触れさせると&br; 指で竿を掴みあげて至極ように根本へ引っ張る。ぴんっと張った裏筋や亀頭をなめまわし、唇と指を使ってしごきあげはじめて) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ひゃぅっ!?&br;(生やした部分での快感にすっかり夢中で集中していたためか、女の子の方へと触れられると驚いた様に声を上げ)&br;(指で扱かれ、亀頭や裏筋は舌で舐め回され…そうすると意識が再びおちんちんの方に向いて気持ち良く感じる部分が二箇所、それを実感しながら)だ、め…もぉ…っ!&br;(強くなった快感に耐えられる訳も無く、勢い良く濃厚な白濁液を吐き出し始めて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…ふぅ…ふぁ…あー…はぁ…っ♡&br; (口に咥えたまま、何度かびゅくびゅくと射精させて、口を開くと手でしごき出すように舌の上に精液を吐き出させる。&br; あっという間に口の中いっぱいに白濁が溜まって、突き出した舌の上もまっしろになる。勢い良く吹き出す精液は口から&br; こぼれて胸元にも落ちる。授乳のために開いていた胸元は、フェラで乱れてすっかりはだけていて。乳房伝って溢れたミルクみたいに&br; 精液が滴って…)&br; ひゃっ…あっ&br; (不意に胸がこそばゆくなり、ソニアが下を見る。ソフィアが、後ろ足でたちあがって下乳に滴った精液に口をつけているではないか。&br;驚いて口を開けたまま固まったソニアの顔面に、ぽてりと音を立てて精液が落っこちた) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふー…はー…♡あ、は…♡&br;(びゅくびゅくと勢い良く放出しつづけながら、ビクビクと腰を揺らして迎えた射精の感覚に恍惚としていき)&br;(白濁で染まる口、舌、胸…そんな様子を見つめて、萎えずに元気なままで。…ふと見ると精液に口をつけているソフィアの姿が)&br;あ。…あ、あ…っ!&br;(驚きの声を上げながら、これは離したほうが…?と、戸惑いの表情を浮かべて)&br;(生後1歳で、精液を味あわせてしまうことになるとは…と、とにかく前髪についたのを拭かないと。そう思い屈んでハンカチを取り出して拭おうとする)&br;(…屈んだ高さ的に、ソフィアが口にしている白いのの出処が手が届く範囲にあったりする事を失念している様子) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ん……あ、ソフィアーそれミルクじゃないよー?&br; (しかし当のソフィアの方は、一向に構わずソニアの乳房についた精液を、乳を吸うように口に入れている。やがて&br; もっと濃い匂いのする方へ気がついて、鈴口からまだ白濁の滴るおちんちんに吸い付く) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…ソフィアの将来がどうなるやら。(いえ、私が言える事じゃないですけれどと内心でツッコミを入れながらため息混じりに頭を抑え)&br;(その動きで気付いて無かった様子、気づいた時には何かに吸われてる感覚がおちんちんにあって)ひゃぅっ!?お、おねえちゃんこんな時に……あれ?&br;(目の前ではおっぱいを精液まみれにしたままのおねえちゃんの姿が。先程と違っておっぱいの精液を舐めてるソフィアの姿が無くて)んぁ…っ♡&br;(びゅくっと残っていた精液を噴き出したのは、吸い付いているソフィアに向けて。……気持ちいいのと同時にサーッと血の気が引くのが実感出来て) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---おー、精液にくいついた。本能ってやつなのかなぁ?&br;(こっちはのんきな声を出してちゅーちゅーと亀頭を乳首みたく吸うソフィアを見守る。&br;ソフィアは、ミルクより粘度が高くて上手く飲み込めないのか、なにやら不思議そうな顔をして) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---う、わ…あ…ぅわ…(青ざめながらも、勢い余って授乳ならぬ授精をさせてしまったことをどうしようと思い悩みながら)&br:…ぁぅっ♡(敏感な先っぽを吸われて、自然と声が漏れてしまい)&br;…あ、っと…ソフィア、飲める?おっぱいも飲む…?(口の中でモゴモゴしてるのを見て、それならと胸を露わにしながら) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
--ミルクのミルク割り…。&br; (なんだか妙に関心したような顔でソニアは頷く。当のソフィアはというと、さっきまでソニアの乳を飲んでいたのだが&br; 目の前におっぱいを出されるとすぐに吸い付いた。なかなかに食欲旺盛だ)&br; うん、なんか全然嫌がってないね。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…んっ(ピクピクと大きくしたままのおちんちんから、おっぱいの方へと吸い付かれて少しホッとした様子。)&br;(とはいえ、すぐに収まらない様子。…授乳しながらおちんちんは消える様子がなく、少し複雑そうな表情を浮かべながら。)&br;ですね…それはそれとして、ちっちゃな唇が吸い付いてくるのは意外と……(顔を紅くしたまま少し咳払い、失言を誤魔化しきれない) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あはっ♡ ソフィアおくちでするの上手だってぇ〜よかったねー♡ &br; (頭を撫でられたソフィアは、まんざらでもなさそうな笑みでおっぱいをこねながら指をしゃぶる)&br; んーと、エリーの方は…まだ寝てる、やっぱりソフィアの方が夜強いのかな。&br; (見た目はエリーよりもソフィアの方が、人間のソニアに似てるけど、種族的には吸血鬼のアリーの方に寄ってるのかもしれない。&br; それに精液を嫌がりもせず飲めるのもそういう事かな、と。…もっとも、血の代わりに精液を飲むアリーが吸血鬼としては変わり者なので&br; 吸血鬼的な特徴といっていいのかどうかは疑問だが、それはともかく)&br; まだアリーもおちんちんのミルク出し足りないみたいだし。もうちょっとあげてみようかぁ♡ いやー、実はこの子達成長して&br; 普通に?血とか欲しがるようになったらどうしようかなってちょっと心配だったんだけど。アリーと一緒で精液で良いなら&br; 色々助かっちゃうかなぁって。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…(将来が不安なものの、でも気持ち良かったのは事実ですし…。と、すっかり思考が変な方向に飛んでたりしながら)&br;…エリーも、全く夜に弱いっていう感じじゃ無さそうですけれどね。まあ私が基本夜起きてるから沿う感じるだけかもしれないですけれど。&br;(それでもソフィアの方が夜に活発なところがあるように思い返しながら)&br;んー…た、確かに出したりないのは……ありますけれど。(と、否定はしないでいながら)&br;おちんちんよりおっぱいの方が吸いやすそうに見えなくも…って、それはお口の大きさが原因でしょうか。&br;…ん、と…と、とりあえずソフィアに一度聞いてみましょうか?おちんちん吸ってるのも私達の真似の可能性もありますし。&br;(ソフィア?おちんちんとおっぱい、どっちが好きかなー?と、念の為聞いてみる。とはいえ生後1歳、どこまで理解出来るだろうか。) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(まだ言葉もしゃべれない赤ん坊だから、あぶ、とどっちなのかよくわからない返事が帰ってくる。二人のそんな様子を&br; 見ているソニアはますますにこにことして)&br; じゃあねぇ、ママが出し方見せてあげるから見てるんだよぉー?ほら、こっち。&br; (アリーの太ももに膨らんだエアバックのごとく乳房を乗っけて、ソニアは、足の間へと頬を近づける。片腕で固いままのモノを&br; 引き寄せて、もう片方でソフィアを抱き寄せる)&br; んっ…ちゅっ…ん…。&br; (先端に唇だけ押し付けると、音を立てて吸う) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---せめて何か喋れる様になったら言ってることも分かるかも…(と、通じてないのを実感しながら微笑んでいると)&br;え?…あ、お、おねえちゃん…っ!?&br;(太ももに乗っかる柔らかな重量感、そして顔がまだ出たままのおちんちんへと近づいてきて。片手で引き寄せられてから、ソフィアも間近に近づいてまじまじと見つめられる)&br;ひぅ…っ♡は、ぁ…ぁ…はぅ…んっ♡&br;(ちゅっと先端に唇が触れ、柔らかな感触と共に吸い付かれていく…程なくして透明な汁を溢れさせながら、性教育…食事のマナー?を実践されていき) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---んっ…ちゅっちゅ…あー…はふぁっ♡ あむ…っ。&br;(うつ伏せ状態で二の腕からはみ出す乳房に、両手で竿を押し付けながら頭を上下に揺すって口内で擦り、たまに口を開けて舌全体を裏筋に押し当てたりする) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---んん…は、ぁ…♡ふゃぁ…っ!&br;(柔らかな乳房が押し付けられながら、同時に咥えこまれて…敏感な裏筋へ舌が合わさり。)&br;(再びおねえちゃんに口で快感を与えられ腰とおちんちんを震わせながら。ソフィアも身振り手振りで真似し始めて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---あっはぁ♡ ソフィアってばもしかして天才?そうそう、上手だよぉ〜♪ ほらぁ、アリー見て見てぇ。&br; (ソフィアの方は、ほとんど噛み付いてるような状態だけど歯もほとんど生えていないのでしゃぶりついているのと変わらず。&br; いたずらっぽく上目遣いのソニアは、人より長めな舌を巻きつかせるように器用にねぶる) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---わ、ぁ…っ♡一体いつの間にこんなの覚えたんですか…っ ふゃ…んっ!&br;(二人が自分のおちんちんにしゃぶりついている光景は、否応なしに興奮を刺激していきながら。)&br;(はむっとむっしゃぶりつくソフィア、そして舌を伸ばして絡みつく様な舐め方のおねえちゃん。秘所からも、先端からもとろとろと汁を漏らして…程なくしてビクビクと脈動して膨らみはじめ)&br;あ、ぁ…出ちゃ…っ♡ -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(ビクビクと反り返った肉棒が、射精の兆しをみせると、ソニアは指で尿道を指でしごきながら押さえる。すると快感の波は&br; 止めないまま、少しだけ射精のタイミングを遅らせて)&br; はい、あーん♡ (あむあむと、おちんちんに噛み付いていたソフィアに口を開かせると、亀頭をぐいっとむけて指を放す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---んぁぁ…っ!?&br;(今にも出したいと余裕ない表情でおねえちゃんの顔を見つめながら、ビクビクとおちんちんを弾ませ)&br;うぁ…ぁ…♡(おちんちんの先、ソフィアが口を開いてる状態で指を離されれば…勢い余って口の中に向けて射精が始まって)&br;あ、あぁぁ…♡あぁ…は、う……んんっ…♡(口の中、そして顔に向かって白濁液を放っていきながら表情はすっかり蕩けきって気遣う素振りすら出せずに) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---(びゅっと顔に白濁を吐きかけられたソフィアはびっくりした顔をして、びゅくびゅくと精を吐き出すおちんちんを見つめる) あらあら、顔がまっしろ♡  (受け止めきれないソフィアに変わって、残りの精液をソニアが口内に受け止めていく。収まるまで口で吸ってから。&br; ソフィアの顔をべたべたにしている白濁を指拭って、口元へもっていってやるとちゅうちゅうと音を立てて吸い出す) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---ふぁぁ…ソフィアのお顔、が…私ので、真っ白に…♡(驚いた表情をしているソフィア。その顔を白く汚していく事に言い知れぬ高揚感に近いものをこみ上げてくるのを実感しながら)&br;んにゃあ…ぁ…っ♡(横からおねえちゃんに咥えられ、吸われていきながら自然と頭を手で抑えてびゅくびゅくと精液を噴き出し続けて)&br;…あ、ぅ(都合3回は出している状況、くったりと脱力しながらおちんちんも落ち着いてきた様子で…そんな状況でおちんちんから出した白濁液を吸っている様子に、息を乱しながら自然と口元が綻びはじめてるのに気付いて) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---うん、いっぱい飲んでねぇ。…フフっやっぱり精液大好きみたい。&br;(言いながらソニアは、身を起こすと荒く息をするアリーをもたれかからせるように抱き寄せる)&br;いっぱいたべておっきくなってねぇ♡ ん…アリーもおちんちんおちついた? -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---(抱き寄せられて、射精後の気だるさからかそのまま身を預けながら)&br;…落ち着き、ました…と、言いますか…‥あ、ぅ……出しすぎ、て…(軽い貧血の症状に近い、もっともおちんちんもそれに伴って落ち着いているようで。それどころか今はもう付いてない)&br;(精液を吸っているソフィアが不思議そうに下腹部を見つめていたりして) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---ああー、ちょっと出しすぎちゃったねぇ。っていうかアリー、いくら私からおっぱい補給できるからって&br;おちんちん生やしすぎだよ、いっぱい出してくれるのはうれしいけど、おねーちゃん心配になるので。&br;(血の代わりに母乳や精液を吸う吸血鬼なアリーが、魔法薬でペニスを生やして射精するってのは、せっかくあつめたものを放出してるようなもので) -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---…うぅ(反省している様子でシュンとしながら、確かに折角身体に蓄えた分の筈なのに出し過ぎているというのは自覚がありながら)&br;…その、気持ちよくって……つい。うう…気を付けます(と、項垂れたまま) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---わかればいいの♡ それにソフィアもアリーのミルク気に入ったみたいだし。&br;(屈託なく笑いながら、うなだれるアリーの髪にキスをする。ソフィアは、実際精液の味がまんざらでもないようで、自分の顔についたものまで手でこすってぺろぺろと舐めていた)&br;でも、あんまりおねだりされちゃうとアリーがたおれちゃいそうだから、そろそろソフィアも寝かせておこっか。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---そういえば…あぅ&br;(髪への口付けにくすぐったそうに、嬉しそうにしながら。そして今更ながら視線を向ければペロペロと今も精液を舐めている様子のソフィア)&br;(……なんでだろうか、ある程度大きく育ってもソフィアがおちんちんをねだりそうな、そんな予感が脳裏を過りながら)そうですね…たくさん飲んでお腹いっぱいになったでしょうし。私もちょっとへとへとですから…&br;(そう言いながらフラフラと身を起こし、寝かせる支度を始め様と) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]
---大丈夫、わたしがするからまかせておいて。&br;(アリーをやわらかく抱きしめてベッドに座らせる)&br;さ、ソフィア―、こっちおいでーお顔綺麗にしようねぇ。 -- [[ソニア>街人/田舎娘あとロボ]]
---じゃ、じゃあお願いしますね(ふらついたところを抱きしめられて、ベッドに腰掛けながら)&br;……(精液まみれのソフィアの顔を拭っていくのを見つめながら、しばらく生やすお薬は飲まないでおこうかと真剣に悩み始めたり) -- [[アリー>街人/薄幸の吸血鬼]]

-ながします