昔々の出来事です。
お父さんやお母さんが生まれるよりもっと前。
おじいさんやおばあさんが生まれるよりさらに前。
おじいさんの、おじいさんの、そのまたおじいさんにとっても、昔々。
あるところに、一つの大きな帝国がありました。
かつては皇帝が治め、そしていつしか何人もの王たちの合議で営まれたその国は、
種族、身分、そんな色々な違いを受け入れる、大きな、大きな国でした。
けれどそんな大きな帝国も、盛者必衰の理に漏れることなく、気づけば滅び、
人々は散り散りになってしまいました。







昔々の出来事です。
これは、前のお話より、ちょっと最近。
お父さんとお母さんが、まだお父さんとお母さんではなかった頃のお話です。
ある所に、一組の兄妹がいました。
お兄さんは気弱ですが妹を大事にし、妹は強気ですが、お兄さんを大事にしていました。
いつしか妹の苗字が変わり、違う家に住むようになっても、二人は仲の良い兄妹でした。
小さな村の小さな兄妹。幸せな、とても幸せな時間を、二人は過ごしていました。
禍福は糾える縄の如し。楽園を奪いにくるのは、いつでも蛇のお仕事です。
しゅるしゅるという蛇の声によって、その幸せな村は、突然の終わりを迎えました。
幸せな兄妹は、幸せではない兄妹になり、そして最後には、兄一人。
ただの少年が残りました。







昔々の出来事です。
君が生まれる少し前。それでも昔の出来事ですから。
物語って、そういうものです。昔々の出来事です。
ある所に、一人の男の子がいました。
何も持たない、何も持てない、何もかもを捨ててしまった、そんな一人の男の子。
そんな彼は、ある時、学校に通うようになりました。
そこで出会った色々な人や冒険は、聖書くらいながいながーいお話で、とても口では言い切れません。
つらーいこともありました。かなしいこともありました。
うれしいこともありました。たのしいこともありました。
ひとりのこともありました。ふたりのこともありました。
たくさんのことも、たくさんがへったこともありました。

何もかもが、そこにありました。

世界の全て




















これは今の出来事です。
君が生きる、今この時のお話です。
すべてを失った男の子は、すべてを取り戻すことはできませんでした。
しかたありません。よくばりは、ばちがあたりますからね。
でも、それでも。
男の子は心の中に、ぬくもりを手に入れましたとさ。


心臓にもない 脳にもない 何処にも見当たらないココロ
+  ...

   Edit


Last-modified: 2011-08-13 Sat 03:21:14 JST (3039d)