それは、まぼろしのような Edit


――暦XXXX年10月末日 ラリィ記す。

人生とは分からないものだ。
まさかアタシがこの街を離れることになるだなんて、ほんの一年前は思いもしなかった。
『ゲート』という名で出会った、アタシの知らない薬。
それを運んできたコッローディと名乗る人物。
それらがこんなにも、アタシの人生を変えてしまうだなんて。

今アタシはあらためて、アタシの人生のはじまりの場所に来ている。
がらりとした、誰もいない廃墟。アタシの生まれた家。薬物中毒の貧しい夫婦が住んでいた、貧民街のアパルトメント。
赤茶けた壁に残る、少女の残した落書き――手をつないだ家族。
それは二人の吸っていた合成麻薬の副流煙に晒されて見た、手にすることのないはずの夢。そのはずだったまぼろし。
二人は薬欲しさに自分を売った。数日もしないうちに煙と消えたであろう額。かつての自分の相場は、今の家族に拾われてから知った。

アタシにとって薬とは何なのだろう?
自分の両親を殺したもの。自分を娼館に売らせたもの。娼館で狂うほど打たれたもの。
助けられたあとも禁断症状にのたうちまわって、それでも嫌うことができずにいたのは、脳みそのどこかが溶けてしまっていたからだろうか?

だが、その執着が結局――家族のなかでの自分となった。
それはアタシに家族と知識と立場を与え、誰かが見た夢にほんとうの名を取り戻させ、今また自分に新しい家族を与えようとしている。

いつか子どもは家を出て、自分の家族をもつものだ。

「さよなら、小さなアタシ」

あどけなくクレヨンで描かれた、消えかけの家族の姿にそっと花を添えること。
それが、アタシがこの街でした最後のこと。

さあ、飛行機の時間が迫っている。
大事なパートナーと、姉のような個人秘書とを待たせてしまっている。

新しい人生を始めよう。
――新しい薬を作りに行こう。

誰もに、破滅の伴わない幸福を。
暖かな家族が持てるよろこびを。

アタシが願うのは、たったそれだけ。





































































「懐かしい。こんなものが出てくるなんて、よく見つけたね?」

もみじのような両手で、甘やかな香りがする胸に抱えられた一冊の日記。
すっかり埃のかぶったそれを受け取り、柔らかな陽の光の下で広げる。

甘えつく少女のブルネットの髪を優しく撫でて語りだす。
大切な家族と過ごした、懐かしい日々の思い出を。




――Fin.





+  ...

Last-modified: 2018-12-15 Sat 20:36:45 JST (275d)