ギルド:コスモバビロニア Edit


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst085576.png私が出落ちるのは時代が早すぎたから…かつてそう呟いた男がいた
そして時は宇宙世紀、今一人の男が墓場から立ち上がる───!
わけではなく複数人いるギルドである



 

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • おあ
     めけ -- ザビーネ 2021-01-01 (金) 00:02:52
    • あけましておめですの
      ラスボス戦は師匠で最後の4話はエピローグっぽさがありますの
      ウルベもいい悪役だけど因縁としてもバトルとしても師匠のほうが濃かったし、デビルガンダムは説得イベントだったのと大集合のお祭り感が
      でも最高の最終回でしたの(師匠のところは泣いてたけど、大勝利は大笑いしながら見終わった) -- 名簿/383777 2021-01-03 (日) 00:05:21
      • うむ!あけましておめでとう!
        グランドマスターなどは最後の敵としては十二分ではあったがやはりドモンの成長自体は師匠との別れで完成した感はあるからな
        それでもああして全ての禍根を断つ事で全てが丸く収まるというのは必要な流れではあった…ウルベがDG細胞に感染していた!も納得だったし -- ザビーネ 2021-01-03 (日) 21:57:28
      • グランドマスターガンダムも強いしムキムキウルベも強いファイターなんだけど、結局四天王を再生してくっつけたみたいな部分とシャッフル同盟全員がかりの見せ場で師匠とのバトルは超えられなかった
        銀色マスクが伏線なのはびっくりした!けど、これまで影薄かったから印象がね…
        でも煽りが上手いのと声優の演技力でいい悪役だった(ウォンも) -- 名簿/383777 2021-01-04 (月) 00:45:00
      • その点はどうしてもね…一応アルティメット強奪事件は何時?何処で?誰が?という伏線を張ってはいたものの…
        なんなら当初の予定通りミカムラ博士が主体となって活動していましたでも済んでしまう話ではあったしな
        ウォンがDG細胞で復活は無茶すぎて笑ったが、あれで…あれで復活出来るのか!? -- ザビーネ 2021-01-04 (月) 00:56:07
      • 最初からあった伏線ではあったんだけど、出番がね……
        4年前に死んだ?ネオエジプトのファイターもDG細胞で復活したし……
        ウォンがあの惨事で生き残ったのはもともとDG細胞で人間でなくなっていたから? -- 名簿/383777 2021-01-04 (月) 01:40:48
      • それまでは普通にこっち側に対して理解のあるキャラだったしな…出番自体少ないし…
        ネオエジプトのアレはDG細胞脅威の再生力過ぎる…いや基本どこでも脅威の再生力だったな
        恐らくは、ただそこまでの過程では全く発症している様子は無いので感染してはいたものの吹き飛ばされた肉片が再生した結果かも知れんな
        元々DG細胞を研究していたりと触れているであろう機会は中々多かったので感染者なのは間違いないだろうし -- ザビーネ 2021-01-04 (月) 01:52:32
      • ウルベとおっさんの視聴者のイメージが逆転するのはうまくやってたね
        出番少ないから最初からストーリーに絡んではいたけどポッと出ボスっぽいものの、だからこそ最後のレイン(デビルガンダム)との決着の前に盛り上がりすぎなかった部分はうまいなと思いました(これが師匠だったらどっちかが霞んでしまったかもしれない)
        4年前の死体を復活させるのはおかしい…とおもったけどあの世界の技術力すごいから何かすごいサイバーミイラ状態で死体の保存は完璧とかだったのかしらね?
        ウォンのサイドストーリーとかってどっかで描かれてるのかな?デビルガンダムとの出会いと感染は読んでみたい。いいキャラだけど若干薄かったので -- 名簿/383777 2021-01-07 (木) 01:42:22
      • そんな事よりもレインだ!となるのは良い塩梅だったと思う、狙ってやっているかは分からんが…
        だろうな…それとファラオガンダムもそのファイターも全体としてはあくまデビルガンダムに操られているという体だろうし
        サイサイシーを狙う点以外は人類抹殺とより強い素体の確保に動いているのでまあDG細胞脅威の再生力で十分納得出来る気は…する!
        確か漫画版だともっと悪辣に動いては居たがそれぐらいだな、敢えて描かん事で想造の余地を残しているという事にしておこう…多分監督は考えていない…! -- ザビーネ 2021-01-08 (金) 01:53:46
      • ようつべさんでおにいさまへ…配信してゆ!&r;出崎監督の代表作の1つですの -- 名簿/383777 2021-01-18 (月) 19:10:29
      • ぬおおお…!噎せ返るような少女アニメ…!ただやはりこのゴリッゴリの濃い絵柄は確かに! -- ザビーネ 2021-01-19 (火) 01:13:44
      • 作画すごい美麗…… -- 名簿/383777 2021-01-19 (火) 01:24:15
      • 凄い労力の詰まった作品だ…そしてあれ…これ3クール!?長い…!合間合間に見るとしよう
        ただ何というかこう…皆長いな!縦に!見事なまでに少女向けでいっそ素直に見れそうだ -- ザビーネ 2021-01-19 (火) 02:28:52
      • 少女漫画のキャラをうまく出崎監督のデザインに落とし込んでいるのでとても見やすい
        ありえないエレガントで華麗な世界が、人生のうちたった3年を過ごすだけの小さな世界だけどそれでも少女たちにとって世界の全てなのが伝わってきて、それ故に深く思い悩み煩わされる青春ドラマなのでいつの間にかこの世界に入り込んでいゆ!(時々演出が暴走して吹く) -- 名簿/383777 2021-01-19 (火) 20:55:45 New
      • 落とし込みすぎてて高校生に見えないのが少々問題だがね…!宮様本当に高校生?薫も?菜々子…!菜々子だけがまともな学生だ…!
        ただだからこそカエル様の言う様に濃密過ぎる世界を上手く表現できているのだろうな…うむ面白い
        漫画の方も今から45年前の作品にしては絵柄が洗練されていて面白そうだな… -- ザビーネ 2021-01-19 (火) 23:29:06 New
      • よんじゅう…ご?戦中の作品?
        出崎監督のキャラは濃いからなぁ……(この間まで中学生だった菜々子視点でお姉様方が大人に見える……と思っておく)
        実況と違って全話配信なのでどこまで話したものかと思うけど、小生はサン・ジュスト様が好き -- 名簿/383777 2021-01-19 (火) 23:50:54 New
      • 漫画の方は1974年…!アニメ化が1991年なのでこれまた随分と離れた作品だな
        もう一目で出崎アニメだこれ!ってなるからな…(なるほどなーと一瞬納得したが宮様が想像を絶する濃さで現実に引き戻される)
        レイか…生まれからして中々に儚いキャラで気に入る人は本当に気に入るのだろうなという感は確かに凄い、私は何と言っても宮様!濃いぃ…! -- ザビーネ 2021-01-20 (水) 01:04:27 New
      • 完全に数世代前…なるほど、コテコテの世界観は時代ゆえか
        サン・ジュスト様は珍妙なキャラだけど話が進んでいくにつれて年相応の面が見えてとても魅力的になる(宮様含めてどのキャラもだけど)
        小生も宮様大好きです -- 名簿/383777 2021-01-20 (水) 02:12:22 New
      • 一応マリア様がみてるなどの様に今もまだ長く息衝いている文化ではあるのだろうが…
        私もそういった作品をある程度学習済みだから気にならんが91年でもかなり異端の作品だったろうな
        どうしようもなく破滅的で享楽的で刹那的なその理由がドロッドロの家族関係や宮様との関係から来るものというのは良く出来ている…
        ただあのゴーストサン・ジュスト様何なんだろう…?あの特殊な空気を見続けてると実在してるのでは?ってなる… -- ザビーネ 2021-01-20 (水) 02:33:01 New
      • 90年代となれば、セーラームーンが流行りウテナが生まれる年代…
        ウテナもありえないような世界観で学校という小さいけどそれが世界のすべてというキャラがもっと広い世界がある外に旅立っていくのがテーマ
        ウテナはおにいさまへ…といえるのでは?
        サン・ジュスト様は存在しててもまるで夢の中の出来事みたいな所あるから…
        でも素の部分は可愛らしく可憐で優しいスポーツ少女なのが垣間見えるのが好き(薫の君とバスケやるところとか)
        少女っぽいお声もまさにサン・ジュスト様ぴったり -- 名簿/383777 2021-01-20 (水) 19:15:17 New
      • 時系列としては結構無視出来ん存在ではないかという気はする…ウテナは共学とはいえ学園の雰囲気そのものは良く似ているしな
        まあウテナは小杉十郎太という最高にアレな存在が居るので完全な同一視は出来んが…!
        最後の亡くなり方まで含めてちょっと幻想的過ぎる…それでも実際に死んでしまう辺りは現実の存在ではあったのだが
        ただやはりああいった家庭でなければそうして普通のスポーツ好きな少女として暮らしていけたのかも知れんな…
        声に関しては最初可愛くて本当にビックリした…ただ実情を知るとあれでピッタリなのだよな -- ザビーネ 2021-01-20 (水) 21:56:20 New
      • おにいさまは菜々子たちとは違う外の世界のおにいさまで、小杉十郎太は学園という小さな世界から卒業できないでいるダメなおにいさま!
        皆、自分を縛るものから解き放たれると年頃の少女になるのがいい
        マリ子さんは智子さんと仲良くなれたし三咲さんもクソ女だけど取り巻きは家柄とかじゃなくはっきり物を言う所が良いって付き合ってる友達だってわかったし
        蕗子さまも宮様という呪縛から開放されることで自分の恋と向き合って薫の君の背中を押せたし、執事も宮様ではなく蕗子をちゃんと見てたっていうのが視聴したあとに心地よさがある -- 名簿/383777 2021-01-21 (木) 01:04:09 New
      • そう言われると分かりやすくはっきりしているな!まあだからこそ最後の最後に手を握れるのが武彦さんなのだろうが…
        武彦さんと薫の君の関係はいやー…これは無理だろう…!な所から一気に踏み込んで結ばれるのが実に美しい…
        見た目が過度に美しいだけでやはり何と言うか子供の世界なのだよな、か弱く曖昧な世界だからこそ日々成長して強く変わっていくのだ
        その中で色々と大変だった菜々子ではあったものの一皮も二皮も向けて成長して終わったからな -- ザビーネ 2021-01-21 (木) 01:27:27 New
      • ソロリティも(進路に有利なのはあるけど)子どもの世界に過ぎないけど子供にとってはその小さな世界で悩み苦しむ
        菜々子はおにいさまという広い世界の大人と付き合ってたからソロリティから一歩引いていられたのかなとも思う
        貴さんも華やかで華麗な家ではあるけど気取らない感じで普通のお兄ちゃんなところが小さな世界で虚勢を張る宮様との比較になってる気がする -- 名簿/383777 2021-01-21 (木) 01:40:57 New
      • 普通に学閥ではあるからな…あの学園自体が中学からのエスカレーター式の超名門校というのは確か話してたハズだし
        そうして中学から造られ続けた空気が高校の段階で花開いてああいった独特な空気になるのだろう、それを打ち壊せるというのはやはり中々凄い事ではあるがね
        だろうな…武彦さん自身もきちんと受け止めてくれるし、それと青蘭学園に高校から入ったというのも大きそうだ
        ああそれは確かに、男嫌いに対して面白い!であそこまで付き合えるのは強い…!ただそういった度量こそが世の広さの表現でもあったのかも
        最後の最後は薫さんと武彦さんが結婚して子供も出来て…というのはオチとしてとても綺麗だと思う、菜々子にとっても一種の救いかもな -- ザビーネ 2021-01-21 (木) 01:53:40 New
      • 薫の君様はもう、序盤から死臭すごくて、死期を悟ってるがゆえの全力さと達観があって辛かっただけにあのラストは救われた
        全力で生きようとした薫の君様と蕗子様を思うサン・ジュスト様だから変えることが出来たのかもしれない(署名することでソロリティから開放されてマリ子さんと友人に戻れた三咲さんも救われてよかった)
        遊びに来たのに態度悪いマリ子さんを大人の度量で受け止めて、空気悪くならないので見てる方も笑える学園祭は癒やし回(おもしれー女) -- 名簿/383777 2021-01-21 (木) 21:18:06 New
      • それでも俺を必要だと言ってくれぇ!でキスはすれどもそのまま去っていく所であっ…あかん…!ってなった…!そこから更に踏みとどまれるだと!?
        あのままソロリティに囚われ続けていたら将来的にもそんなに明るくなかっただろうしな…色々辛いし大変かも知れんが多くの困難を乗り越えたからこその結果だ
        まあ結局の所学生の領分で生きてこそという話だな、変に大人ぶるのではなく自然と大人になっていけば良いのだ
        普通だったらあそこでかなり空気悪くなってしまうだろうしな、その上で受け止められれば考えを改めるのも立派だとは思うが -- ザビーネ 2021-01-22 (金) 01:46:10 New
      • 小生はラストミーティングの宮様のスピーチが好きです -- 名簿/383777 2021-01-23 (土) 23:20:05 New!
      • 皮肉…!メンバーは誰も居らず滅ぼした側が見守るのがあまりにも皮肉…!ただ同時にそうして見守られながら宮様が口にするからこそ美しいシーンでもある
        とはいえやはり…何時からか最初からかは分からんがソロリティが虚飾の器に成り下がっていたのも事実なのだろうな -- ザビーネ 2021-01-24 (日) 00:09:34 New!
      • 船が沈もうとすれば我先に逃げ出し、新しい権力者にしっぽをふろうとするメンバーはもはやソロリティなどではなく
        サン・ジュスト様や薫の君、菜々子たちこそが誇り高いもの美しいものであり宮様の愛する真のソロリティメンバーだからこそ、彼らを前に女王としてスピーチをする宮様の美しさ
        ソロリティとは制度ではなく誇り…
        宮様自身も自分の立場に縛られて素直に人を愛することも出来ずに、かと言って諦めることも出来ず権力を弄ぶ側になっていた -- 名簿/383777 2021-01-24 (日) 00:40:09 New!
      • 薫の君の君達のその腐った心を目覚めさせる為にこの活動を始めたんだぞ!!の悲しき気高さよ…
        まあだからこそ薫の君やサン・ジュストが生徒達に憧れられているという意味でもあるのだが難しい話よ
        真の貴族的な美しさというのは中々に作り上げられるものではない、コスモ貴族主義の私が言うのもなんだが
        せめて就職などに有利に働くといった世俗的な繋がりを断てていれば少しは違ったのだろうがな… -- ザビーネ 2021-01-24 (日) 02:19:22 New!
お名前:
編集:ネタキャラ及び版権キャラ及び頭のおかしな眼帯男や女やらの 差分:ネタキャラ及び版権キャラ及び頭のおかしな眼帯男や女やらの



ギルドメンバー Edit

頭のおかしな眼帯男が勧誘したり別の縁で加わった面々
約一名以外とても辛気臭い雰囲気を醸し出している
探索で好むのは専ら盗賊とゴブリン

+  わっと伸びる

秘書 Edit

頭のおかしな眼帯男が勧誘したりしなかったりな秘書達
ギルマスとしての仕事や物資の搬入や食事の用意など様々に行う
男性(クール)でも案外こんな喋り方だったかもという気になってくる

+  ジジイ!ジジイ!ゴリラ!ロリババア!

名簿から始まらず魔界にも居ない者達の国辱宿 Edit

ピノック・オルネット Edit

  • 西方のとあるイタリアからやってきた伊達男
    • を自称しているが実際は惚れた女を吸血鬼に殺されブチ切れ金剛と化した復讐者
    • フェリックスの子孫であり貴族出身だが姉が居る為継承権を持たない
    • 代わりに先祖伝来のダヴィンチちゃん並の万能さで復讐機構を作り上げた
  • 当初はあくまでマフィアを利用するだけのつもりだったが共に在る日々で考えを改め、
    更に忘れてしまっていた筈の夢をラリィによって思い出した事で前向きに進み始めた。
    • 復讐の完遂後は組織を改め彼崎等と共に各国の製薬や福祉関係にガッツリと食い込む事だろう。
  • 尚ピノックが惚れていた女性は性格も姿もラリィに良く似ていたトカ。


ヤークート Edit

  • 西方に位置する国ソルトピト…または洋上学園よりやってきた伝説の傭兵。
    • 見た目に違わぬCV大塚明夫だが別に弟妹は液体でも固相線でもない。
  • ルベウスリゼットの子であり小鬼戦争の時代だと完全に人外の年齢。
    • 実際に寿命に関しては細かい設定が無い為伸びる時はとことん伸びる特殊な種族。
    • 母親であるリゼットもごく自然に存命している事になっているが些事。
  • 特に語られる事は無かったがヤークートの黄金瞳は縦長の瞳孔である。
    • これに纏わる物語が何時か何処かで語れたらいいなと思っている。
  • 魔女とはヤークートの祖父カルブンクルスに心酔しその復活、そして思想の流布を目的としている狂人。
    • ルベウスにカルブンクルス復活の術式を組み込んだ張本人でもある。
    • こっちも何時か何処かで展開出来たらいいなと思っている。


大道譲介 Edit

  • 日本出身の超が幾つか付く程度の凄腕プロレーサー。
    • しかしある日不意の事故から脳がオジャンになり本編に。
  • あまり深くは語られなかったが巻島が大道の家族に治療を持ち掛けた。
    • 色々ズッポヌケの内容に対し大道を大事に思っていた家族は一も二も無く飛びついたがそれも巻島の狙い通り。
    • 大道と家族は治療初期自我喪失から復帰した段階で一度顔合わせをしている。
      その時に家族が泣いて喜んでいたのを大道は感情を喪失した身で真摯に受け止めた。
      無茶苦茶なペースで戦闘し続け極短期間で脳を治したのもその為。
  • 壊れて殆ど止まってた上に脳の隙間に色々詰め込まれた末の自己同一性云々を一切気にしない益荒男。
    • 生き返ったなら丸儲け別人でも生きたいように生きればそれでいいだろと本気で思っている。
      その為大勢に迷惑は掛けるし目についた個人は助けようとする矛盾した事を平気でやれるエゴイスト。
      そういう点では巻島の想定以上に一切悩まず巻島の計画の助けになる人材だった。
  • AIに関するスタンスは良く分かんないけどなんかそういう個人だろ?程度に思っている。
    • 地球の初期にアミノ酸のプールから命が生まれたんだから電子の海からも生まれるだろぐらいの雑な理解。
      チェルノボーグにもAIが搭載されていたが大道の立場と思想が極めて相性が良かった。
      何故なら初期チェルノボーグは捨てられた恨みから全員死ね程度に尖っていた為、
      同じく墓場から蘇った大道ぐらいにしか心を開かない頑なな状態になっていた。
  • 死物狂いのリハビリ後に再び金のカップを掲げる日が来るトカ。


巻島英治 Edit

  • 日本が産んだまったく誇れないマッドサイエンティスト。
    • VRゲームの世界にスキル課金方式(物理)をやろうとした狂人。
      ホビー業界に於いて排除されて当然なタイプの悪の博士。
  • 自分の考え方を否定したHRBG経営陣に対し強烈な逆恨みを起こし今回の事件を起こした。
    • 計画は用意周到で仕込み自体はVR機器開発チーム在籍時に済ませており虎視眈々とその機会を狙っていた。
    • 貴様らやら愚か者共やらと発言した場合100%経営陣に対してである、常に何処かを見ている。
  • ただし人間性に対し発明品はきちんと使えば大勢にとって救世主とも呼べる代物。
    • 応用まで含めれば神経に関する治療に於いてほぼ完成とまで言える技術を成し遂げている。
    • 巻島はあくまでこの技術でVRホビー業界を盛り上げるぞい!としか考えていなかったので、
      医療業界での普及に関してはテンションが低く妙に素直に治療を提示するのはこの為。
  • 開幕MMに対しチケットを渡そうとしたのは単純に孫と同世代だから程度の数少ない人間性の一つ。
    • 敗北後は発想への称賛とMMがやろうとしていた事を何となく読めた為もっといいのがあるぞ!という負けず嫌いも含まれる。
  • 事件後服役し出所後「刑務所で出会った奇人変人100選」という本を出したという。
  • 外見はドロッとした眼を持つナイスミドル


ヴィオラセラ・ダイモニオン Edit

  • 何処ぞの所属とも知れぬ魔界生まれの低級悪魔族。
    • 古代に夢見るドリーマーであり地上にロマンとスリルを求めてやってきた。
  • 考古学者としての基礎を叩き込んだのはヒト族の考古学者。
    • フレーバー的存在でありキャラとして出てくる事は無いがヴィオラを更に偏屈にした狂人。
      古代の神秘に対する姿勢は極めて真摯でありヴィオラの学者精神の礎となっている。
    • 過去とは即ち今が積み重なった物でありその今と未来を否定すれば更なる過去との邂逅を失ってしまうという教えの下、
      正義感とも少し違った独特な義務感で時に危険な遺物を破壊する理由でもある。
  • 人間寄りな感性に見えるが実の所は人間寄りだが一応悪魔的な感性で考古学者をしてもいる。
    • 命を光り輝く美しい物と捉えており古代の名残をその光の残滓としそれを喰んで生きていると思っている。
      思っているだけであり現実は物理的な食べ物を食べて生きているが。
    • その為この世のあらゆる存在にギンギンに光り輝いて貰い最高の過去をこの世に遺して欲しいと願っている。
      むしろ将来一人一人が宇宙を支配する様な物凄い時代になったりしてとんでもない遺跡を作ると信じている。
  • サフィリアのご先祖様でありそのハイテンションさと若干の狂気が隔世遺伝している。
    • サフィリアが時折冒険者の街を離れて地上で何かをしている時はご先祖様のやり残しを片付けている事が多い。
      つまりヴィオラでは破壊出来ず封印せざるを得なかった厄ネタを暴力でどうにかしている。
    • そうご先祖様である以上何処かで子供が出来るのだろうがその真相は未だ不明である。

倉守喰三 Edit

  • 日本の古都生まれの神社育ちの死神。
    • 乱舞のメロディは乱舞のメロディでも崩玉拾ってる方の乱舞のメロディ。
      だったのだが予定に変更に変更を重ねて問題解決に奔走する週刊漫画特有の変遷を見せた。
  • 実の所長命種どころか寿命が存在するかも怪しい程にとてつもなく長生き出来る。
    • なので物部哀にずっと一緒に居ると言ったのは冗談ではなく本気。
      自分にとってはそれぐらいの時間もさしたる長さではないと思っている為。
  • 伊上に関しては当初完全に自分の進化の為の礎程度にしか考えていなかった。
    • ただ思う所が在りすぎる面々との出会いからその進化を一端棚上げする羽目となる。
      実際棚上げしただけなのでこれからも自分が進化出来る方法を探し続けるだろう。
      もしかしたらその度にそれを手放さなければならないかも知れないが。
  • その果てに自身の納得行く結果が出た場合いずれは未だ知らぬ世界を目指す事だろう。
    • 狭い世界で孤独を感じてきた男にとって空に満ちる無限は好奇心を満たすからだ。
      それだけでなく鬼の少年の行動力や宇宙人の言葉に感化されたのかは彼のみぞ知る。
  • 企画中まるでお金に困る様子がなかったが実はそういう星の下に生まれている。
    • 宝くじを買えば高額当選デイトレードならば上がる銘柄が一目で分かるずるい生き物。
    • 稲荷の神使である為衣食住に困る事は有り得ないのだ、無論その為の努力は欠かさないが。
  • 因みに普通に人との間に子供は出来る。来つ寝。

倉守艶姫 Edit

  • 日本の古都生まれの神社育ちの殺生院キアラ。
    • ただしキアラはキアラでもFGOの方のキアラなので実際安全、しかもゼパルもやってこない。
      なのでやはり同じ土地には長く留まる事が出来ない星の下に生まれている。
      弟の計らいで5年10年と伊上に住むだろうがいずれ衆生救済の旅に戻る事だろう。
  • 急遽出番が出来たキャラの為深くは語られなかったが彼女もまた相応に長く生きる。
    • 生まれついて尾の無い弟と比べて霊格は劣るもののそれでも天狐と呼ぶに相応しい神獣の一匹。
  • 物凄い妖しい雰囲気と色気をバリバリ放出しているが実際は物凄く優しいおっとりとした性格。
    • 天然気味であり割と早い段階から弟は姉に連絡をしようとしていたがスマホを全然充電していないので出来なかった背景がある。
      ついでに超健脚を以て世界中を旅している折にスマホもバキバキにしている。
      伊上に来てからは弟に速攻で新品のスマホと交換させられたという。ケースとバッテリーもばっちり。
  • そしてこれは語る機会が無かったが彼女が仕える荼枳尼天の持つ冥界は案外住みやすい。
    • それは死したるモノ流れ着く世界でありヒトに忘れられたモノも流れ着く為。
      つまりちょっと古いゲームなどが大体揃っており幼い頃の喰三もそれを楽しんだ。
      「でも最近ファミコンのゲームとか良く蘇るのよね、RTA需要とかいうので」とは荼枳尼天談。
  • エッチな事に関しては死ぬほど上手い。相手を問答無用で解脱させる程。


拠点 Edit

exp029115.jpg

  • 大体の作りはよくあるコレ
    • その他に台所、個室、トイレ、シャワー室、倉庫、格納庫を備えている
      • 格納庫にはX2改改改、X2改2(軽トラック)、X2改3(トラクター)と換装装備(ハロー)
      • 他にも軍用バイクや可変形のヒーローバイクや謎の修理用ロボやドラムロが置いてある
  • 匠(アキベドル)の計らいによってトイレは完全防音、トイレットペーパーが自動的に三角に折り畳まれる
    • 他にも触れた者の家に繋がる転送扉など
    • こじんまりした外観と中の容量が完全に合っていないがどこにでも似た魔術はあるとの事
  • 殆どの者が持ち家があるため現在はサーフとアッシュしかベッドは使っていない
  • 拡張工事中なため入ると何故か耳がキンとしたりする

その他リンク Edit


Last-modified: 2021-01-23 Sat 02:18:29 JST (1d)