qst085702.png

コスモバビロニア所属 『アルマース』 Edit

名前アルマース・レフトク
出身家ジュエル
年齢25
性別
edit/refer
現職
edit/refer
前職
edit/refer
理由
edit/refer
状態
edit/refer
行動方針
優先依頼
edit/refer
難易度
edit/refer
信頼度
edit/refer
現在拠点
所属コスモバビロニア
レベル51
ギルドはこちら変人と人以外の巣窟




&br; &size( ){ }; &ruby( ){ }; \/ ''''

 http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%A5%B1%A1%A2%A5%B1%A5%C4%A4%CB  http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=%A5%B1%A1%A2%A5%B1%A5%C4%A4%CB  http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp007863.png

お名前:
  • (暑気払いに打ち水をしたり、水を張った桶に氷を入れて足を浸したり、仕事から戻ってくるアルマースのために冷製の野菜スープを用意していたりする) -- オリーヴ 2022-08-17 (水) 01:45:52
    • (男は汗一つ掻かずに帰ってくる、まるで暑さを感じさせないその様子はまるで陶器めいた印象すら与える程だ)
      (人の形をしていながらあまりにも人から離れた生物…だがそれでもその形をしている事にはきっと意味があるのだろう)
      いつも有難う(微笑んでそう告げれば冷製スープを口にする、これも人の真似事でしかないのかも知れないけれど)
      いや…英雄の道というのはなんとも、侮っていたが遠いものだな(そう口にした男の苦笑する表情は少しだけ人間臭かった) -- アルマース 2022-08-17 (水) 22:39:53
      • (彼が何事もなかったかのように戦闘や情報収集を終えて帰ってくるのをみて、ほっと胸をなでおろし、安心する)
        (疲れた顔をたぶん見たことが無いけれど、消耗はしているはず。自分との暮らしで何か補給や癒しになるようなことがあれば、と。不慣れながら、色々と世話を焼き、尽くす)
        (こく、と頷き)……私も、だいぶ、だいぶ歩いたよ。それに、パーティの皆が助けてくれたし、本当、運が良かったの -- オリーヴ 2022-08-17 (水) 22:50:58
      • (オリーヴの献身的な行いはきっと無駄なモノではないのだろう、男は自身を完成された兵器だとかつて語った)
        (老いず、滅びず、傷つかず、そして対応する。けれどもこうして度々失敗して帰ってくる以上完全ではないのだろう、ならばきっと心の何処かに弱さはあるのだ)
        (だからかその言葉を聞く男の表情は柔らかなもので)縁というのもまたそのヒトの素質だよ、支えられる事も含めて君はなるべくして英雄になったんだ…誇ると良い
        まあ、だが、不可能ではないのは既に確認済みではある。大丈夫歩くさ、時間は幾らでもあるからね -- アルマース 2022-08-17 (水) 23:57:57

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

ログ1

設定 Edit

来歴 Edit

酒場のある街より遥か西方にある山岳国家出身
世界を救うやら人々を不幸に陥れるなどと常に嘯きながら世界を旅している
孤児院の出であり時折国に帰っては見てきた事を弟妹達に語り聞かせ、
想像よりも世界が遥かに広い事に胸躍る子供達を穏やかに見つめる
そんな日々を過ごしていたある日一人の頭のおかしな眼帯男が彼の前に現れ
「このままだと設定だけの存在だぞ」と囁かれたのだった
こうしてアルマースはこの土地へやって来たのである

人物 Edit

外見(全身図)
アルマース・レフトク
褐色と言うよりは黒に近い肌、更に黒い瞳、それとは対照的な白い髪を持つ
衣服も白色を基本としており不思議とその服が汚れる事は無い
鍛えられている事が服の上からでも分かる体格と常に薄く笑みを浮かべており、
人によっては魅力的に、もしくは信頼の出来ない存在とバラバラな印象を受ける
少なくとも血の繋がらない弟養父よりも遥かに胡散臭い気配を持つ
実際その通りであり胡散臭い事を日頃常に行っている
好きな物は世界平和と世界各国のお茶、好きな事はお手製の時計を眺める事
嫌いな物は特に無し、嫌いな事も特に無し
生物としての欲求が希薄だが余程女性として魅力的であった為かオリーヴとの間に子孫がいる、とか

能力 Edit

現在は軍人としての技能と弟妹の様な能力を使用している
基本的に技能に関しては人とは思えない程に多岐に渡り精通しており、
特に機械や魔導に関しては細々としたものを自作している事がある
家事も出来るが手作りでも冷凍食品の様な印象を受ける物を作る
養父とは違いパインサラダと牛ステーキも自分で食べる

所持品 Edit

現在は妹が使用していた物と同型の軍事品を用いている
住まいとしているギルドには自作のハインリッヒ式と呼んでいる奇妙な置き時計を置いている
それ以外の持ち物は懐中時計と木製の奇妙なデザインをした椅子一つだけ

国家 Edit

昔に大きな戦争と内乱があったが既に教科書の出来事と呼ばれる過去となっており、
治安自体は良好で歴史保護区などに行かなければ肌身には感じられない
技術体系は科学と魔導学が取り入れられておりそのため電池の規格が非常に多い

+  ラスボスになりそこねた過去

Last-modified: 2022-09-29 Thu 01:09:21 JST (48m)