所謂恋人専用ってヤツだ

編集/差分
お名前:
  • (2回戦目は、激戦の末4対5でこちらが勝利を収める)
    (その後、程よく汗もかいたということで、引き分けという形で卓球大会?は幕を閉じた)
    ふぇーぃ、いい汗かいたなあ…時間も丁度いいし、ひとっ風呂浴びて夕飯だなー
    • いやあ、いいゲームでしたっ(すっきりさわやかな笑顔)
      えぇ、結構汗かいちゃいましたから(パタパタと手で顔や首もとをあおいで)
      • うむ…しかし中々どうして卓球とは難しいものだ…(遠い目をしつつこちらも暑そうに襟元をパタパタ)
        (フロントに終わった旨を伝えつつ部屋へと戻り)いょぉし、さっぱりするぞーっ(替えの浴衣やらなんやらを持って早速脱衣所へ)
      • はふ・・・浴衣も変えないとですねぇ・・(脱いだ浴衣をたたみつつ困ったように笑って)
        えへへ・・・(恥ずかしそうに汗ばんだ肌を手で隠しながら彼と並んでお風呂場へ)
      • んむー(互いに散々見た裸であるが、それでも恥ずかしそうに隠すのはなんというかこう…とてもいい…一部がとても元気になりそう…とか思いつつ、こちらは別段隠すでもなく風呂場へ)
        さーさー、かいたいい汗を流そう流そう(椅子を二人分出して、シャワーの湯を浴びる)
      • んー♪(気持ちよさそうに目を細める・・・汗が洗い流されていくのを感じるにつれてちょっと距離感が縮まったり)
        えへへ・・汗臭くなかった・・ですか?(安心した様に体を洗ってる)
      • ん…?ああ、それで微妙に距離があったのか…なるほど…(そこまで思い至らなかった、というより汗の匂いまで好き、である)
        …んむ、気にならなかったな…逆に俺が臭かったのでは…(ざーっと流しつつ心配になってきた人)
      • あ、あはは・・・ばれちゃいました?・・・ついつい気になっちゃって・・・
        ん・・・ちょっとだけ・・・(深刻そうにつぶやいた後くすりと笑って)なんて、嘘ですよっ特に気にならなかったので大丈夫かと(こくこく)
      • ふふ…そういうの大事だと思う、うん まあ館内じゃ滅多に人とすれ違わないし、俺は気にならないけどな
        む…ぬぅ…(深刻そうな雰囲気に思わず劇画タッチになりそうな顔)…ん、そうか、良かった…
        (娘に「お父さんくさーい」と言われたらどうしよう…と心配していた頃を少し思い出して、小さく笑う)
        …まあ、お互い気にならなくても、ふとした瞬間誰かが気になる可能性はあるからな…綺麗にしておくに越したこたないか(そんな訳でわしゃわしゃボディソープを泡立てて)
      • ふふっごめんなさいっ(ぺろっと舌を出したりしつつ、こちらも泡立てて・・・)
        えーいっ(ぎゅーっと抱き着きぬるぬると洗ってあげて)
      • ふふふ、まあ汗かいたら臭いがするのが生き物ってもんだー(いざ洗おう、と思ったところで…)
        うぉぅ(と、抱き着かれて嬉しそうな声 元気になってしまいそうだなーとか冗談言いつつ、こちらも彼女の身体を洗って)…夕飯あるからな、程々に…
      • ん・・そうでした♡(なんて悪戯っぽく微笑むと軽く身を引きつつ体を洗ってあげて)
        ふふっ普段使わない筋肉とか使ったから明日は筋肉痛でしょうか?(くすくす笑いつつ洗い流して)
      • あー…確かに、俺も普段のトレーニングメニューにない動きもしたからなあ…(そして忘れがちだし、ほぼ有って無いような物だが歳が歳である)
        …あ、そうだ後で軽くマッサージしようか…さておき、ちょっと温まったら出ようか(湯船で一息入れて出ると、ちょうど夕食の準備が始まるタイミングだ)
      • まぁまぁ、鍛えてますし、なんだかんだで大丈夫ですよきっと(楽しむように微笑んだあとフォローするように言って)
        ふふ、いいですね?そろそろいい時間ですし、ご飯の後にでも・・・(お風呂から上がると新しい浴衣に着替えてさっぱり)
      • ふふ、だと良いな…ん、じゃあそうしよう…(こちらも笑い返しつつも、湯船では軽くストレッチをしたりもして)
        (風呂から上がって少しして、夕食が運ばれてくる 配膳の様子を眺めつつ)…うむ、今日も美味そうだ
      • えぇっ(うんっと嬉しそうに頷くといただきますをして)ん〜♪(美味しい料理に舌鼓を打つ)
        (美味しい食事の時間が終わってお膳が下げられればごろりと転がってぐぐーっと体を伸ばしたりしてる)くぅっんーっ♪・・・程よく疲れてお風呂にも入ってお腹いっぱいで・・・幸せですねぇ
      • …うむ、美味しさのあまり気がつけば食べ終わっていた…(隣にごろんと横になりつつ彼女の方を眺めて、ふっと微笑む)
        ふふー…おいでー(右腕を伸ばして左手で招く 腕枕の態勢である)
      • (一しきり伸びをして、心地よさげに彼の方を見て・・・微笑みあう)
        はぁいっ♪(ころりころりと転がって彼の腕の中へとすっぽり収まる)えへへ〜♡(嬉しそうに笑うと甘える感じで擦りついて)
      • うおお…可愛い…(腕の中へ文字通り転がり込む愛妻に頬擦り、更にちゅっとキス)
        …マッサージは布団が来てからのほうが良いかなー…(なんて言いつつ片腕は腰に、枕にした腕は彼女の頭を包むようにして回して、ゆっくり髪を撫でる)
      • ぁんっ(キスに擽ったそうに微笑んで)
        ふふ・・・そうでした・・・お布団が来るんでした・・(ちょっぴり残念そうにしつつも、撫でる手に心地よさげに目を細めてリラックス、腕枕に擦りつき腰を揺らしたりして甘えたり)
      • まあ自分で敷きますからそこ置いといてくださいって訳にはいかんものなあ…(額を重ねたり、鼻先同士を擦り合わせたり、じぃっと見つめたり)
        (背に回した手もゆったりと撫でる動き)…なんてのんびりしてると寝てしまいそうでもあるなー、ふふ
      • んーっ♡(心地よさそうに額をすり合わせ、とろんとした様子で見つめ合ってる)
        (鼻をすりあわせる互いの息遣いを感じ取れる距離で見つめ合って)ふふっ・・そうですか?・・・私は、ちょっとドキドキしてきちゃって・・・眠れそうにないかも?(くすくすと笑って)
      • なんと…まあ明日の予定は特にないしな…夜更ししても良いかもだ(なんて冗談めかして囁く)
        (ちょんちょんと唇を重ね啄みながら、指は髪から耳を擽るように撫でていく)…布団はまだかな…(布団の趣旨が変わっている気がする)
      • ふふっ・・・ん♡・・(ちゅっちゅと音を立てて吸い付きながら撫でる指にうっとりとしてる)
        ね?・・・待ち遠しいです・・待っている間、何かします?・・・またお風呂に入るとか・・ちょっと外に出てみるとか・・・
      • そうだなあ…このままでいると、布団がマズいタイミングで来そうだものな…(盛り上がって来たところで来る、と言った意味合い)
        もう一回風呂ってのも…悪くはないが さりとてちょっと散歩って感じでもないし…風呂かな、さっきは軽く浸かっただけだし(なんて言っている間もちゅっちゅとキスをしていたり)
      • ちゅ・・・ん・・♡・・・はふ・・・ふふっじゃぁ、決まりです(ちゅっと甘く吸い付いてからゆっくりと身を起こし)
        さっ・・行きましょ?(と誘う様に手を引いて)
      • ん…ふふ(手を引く彼女はなんだか楽しげで、こちらもつい、笑みが溢れる)
        (脱衣所でいそいそと浴衣を脱ぐと、洗い場へは行かず湯船へ直行)…さっき洗ったしな、早速湯船でのんびりしよう
      • そうですねっ(うきうきと、それでいてどこか蠱惑的な笑みを浮かべて手を引き湯船へ)
        (ゆったりと浸かればうっとりとした息をついて・・・)〜♪(心地よさげに彼にもたれたりして)
      • ん…(そっと肩を抱き、こちらからも身を寄せると、そっと頭同士も触れて)
        …今夜も、月が綺麗だなあ…(ふぅっと心地よさ気な吐息)…膝の上、来る?(と誘ってみたり)
      • ふふっ・・・ですね・・・(湯船の中、くっついて一緒になって夜景を見る幸せを享受する)
        ・・・・(誘いにこくりと頷くと、ちゃぷりと波立たせて彼の膝の上に跨り、向き合う形で腕を絡める)・・・ふふ・・(じっと見つめて額を合わせたりして)
      • お…っと、これだと夜景がもう見えないな…(腰に腕を回して胸元に顔を寄せ、湯に温められて少し上気した肌に唇で触れる)
        それとも…(そこから上目遣いに彼女の顔を見やり)…私だけを見ていて欲しい?(囁き、ちょん、ちょん、と胸元から喉、顎へとキスをしながら登っていく)
      • まぁっそれは大変です(くすくすと笑いながら抱き寄せられて)・・・は・・ぁ・・・
        ん・・・レクスさんは・・・私よりお月様を見ていたいんですか?(うっとりと息をつきながら落とされる唇に喘ぎを漏らし、扇情的に腰をうねらせ身をよじって)
      • んー?ふふ…(唇をそっと啄み、微笑んで)…そりゃあ勿論、シンディを見ていたいな…(囁き、もう一度口付ける)
        (右手が腰から、上へ、前へと滑りながら、なめらかな肌と筋肉や骨の作るなだらかな起伏を楽しむ)
        (脇腹、肋骨…うねる身体を、更にその先へと、じっくりと進んでいく)…綺麗だよ(照明に淡く照らされ、逆光の月明かりに縁取られる妻の姿は本当に美しく、唇を離すと暫し見惚れて)
      • ちゅ・・・・ふふっ♡(嬉しそうに微笑み、口づけに応える・・指先が肌の上を滑り気分が盛り上がってくるのに合わせて口づけにも熱がこもって・・・)
        は・・ん・・・はふ・・ありがとうございます(薄く微笑みながら賛辞に応えて・・じっくりと進んでくる手を優しく取って、乳房へと導いたりして)
      • ん…少し、じれったかったかな…?(なんて少し意地悪に囁きながら、誘われる手でそのまま、極上のハリと柔らかさを持つ乳房へ五指を埋める)
        (大きく円を描くようにやや手に余る柔肉を揉みしだきながら、再び唇を重ね、食み、吸って)…ん、ちゅ…ぁむ…ん、ふ…
      • えへへ(恥ずかしそうに笑う)ドキドキしてるの・・感じて欲しいなって・・・ぁん(むにゅりと沈む指先に思わず喘いで)
        は・・っぷ・・ん♡・・ちゅ・・(口づけ、食み、擽る様に舐めては吸い付いて・・)んっ♡・・・んっ(そうしながら身を寄せ、もっと全身で感じ取ろうとするように体を擦り付ける)
      • (恥ずかしげな笑みにこちらも微笑みを返し)…ふむ、なるほど…(鼓動を感じ取ろうとするかのように、埋めた指をうねらせゆっくりと捏ね回す)
        うん、確かに…(勿論揉んでいるだけでは分かるはずもないが、彼女の息遣いと肌の熱さがその興奮の度合をありありと感じさせる)
        (彼女が身を寄せれば、腰に回した腕を巡らせて 湯を掛けて温めつつも背筋や腰のラインを指先でなぞって擽る)
        (やおら、尻を鷲掴みにして乳房と同じように好き放題に愉しむ その間も唇での戯れは続いて)
        …っはぁむ、ん…ん、ちゅ…ちゅ…(その内に、彼女の股の間をつつくように触れる物が立ち上がってくる)
      • は・・ん♡(探る様に捏ね回す動きに合わせて小さく声を漏らして)
        ふぁっ・・あっ・・・(湯の温もりにうっとりとしつつ、なぞる指先の動きにぞくりと震えていると・・・)ふゃんっ!?(不意にお尻をしっかりと掴まれて驚きの声を上げる)
        ちゅ・・ん・・んむ・・ぷぁ・・あ・・(お尻を好き放題に揉みこまれながら、下腹部に熱く屹立してくるモノの感触を感じれば)ちゅ・・ん♡・・んん!(ドキドキと昂り火照る感情が止まらなくなってくる)・・っは・・あっ・・・くぅん・・(早く繋がりたいという様に切なげな声を上げて、掴まれたお尻を揺らす)
      • (彼女が驚いた声を上げれば、にんまりと意地悪な笑み)…ふふふ、可愛いなあ…(囁いて、また唇を重ねる)
        ん、む…は…んー、今回は俺が縁に腰掛けようか…もっと、シンディのドキドキを感じさせて…(甘く、優しく囁きつつ、彼女の身体を抱え腰を上げる)
      • んもぅ・・♡・・・んっちゅ・・・(困ったように笑いつつも嬉しそうにキスに応えて)
        うん♡・・・ぁんっ(こくりと頷き、彼に身を預けて抱えてもらう・・・湯と、体液で熱く火照った秘所を屹立したモノへ切なげに擦り付けて)
      • (縁にそっと座るとこちらも腰を揺らして、濡れそぼった秘所へ固く反り返るモノを擦り付ける)
        (にゅちにゅちと濡れた摩擦音を立てながら、時折カリや穂先が入り口に引っかかって刺激が加わる)
      • はぁんっ(彼の上に跨る形で、擦りつけられる快感に悶え)
        ふっ・・んっ!(湿ったぬめ付いた音を立てながら擦りつくのを感じる・・・快感を堪能するようにうっとりとしながら、つながりを求める様に入り口と穂先を合わせようとして)
      • ん、は…このくらい、かな…と(互いの動きが噛み合って、熱を持つ部分同士が深く繋がり、一つになる)
        っ…ぉー、中、熱…(ねっとりと絡んで締め上げる肉襞の熱に思わず零すように呟いて)
      • ふぁっ・・・あぁんっ(興奮しきり、濡れそぼったそこはあっさりとモノを受け入れて・・・それでいてキツイ程に強く締め付けてその体温を伝えてくる)
        んっ・・・はぁぁ・・あつ・・い・・・(ぼうっと、うっとりとした様子で硬さと熱さを堪能している)
      • ふふ、ぼーっとするにはまだ早いぞー?(と意地悪に囁きながらゆっくりと腰を揺らし始める 同時に胸と尻を揉む指の動きも再開して)
        (じっくりと丹念に、肌の熱と柔らかさを味わうように柔肉を揉みしだき、内襞を掻き混ぜていく)
      • ふゃんっ!・・あっ・・・ふぁっあっ!(愛撫と抽送が始まれば甲高い声を上げて身を跳ねさせる)
        (じっくりと内側をかき混ぜられるほどに体が高ぶり、男の上で乱れ悶えて)
      • っは、ふふ…可愛い…(囁き、耳元へキス そこから首、鎖骨、とだんだん胸に迫るように唇で触れていく)
        (そうしつつも、揺らすリズムと重ねて両手の指を蠢かせて ゆったりとしつつも刺激の量は多めである)
      • ふぁっは・・ぁ・・(囁きながら耳元から胸へと徐々に近づいてくる唇の感触・・・敏感な所を的確に揉みしだいてくる指の動き・・そしてゆったりとしながらもしっかりと内側から突き上げてくるモノの力強さ・・・)
        (それらが奏でる快感の連続にすっかり陶酔した様子で、うっとりとした息をつきながら夢中になってねっとりと腰を揺らして締め付けて返す)・・・はぁ‥♡・・・ん・・(キスを落として来る彼の額にこちらもキスを返したり)
      • ん…ちゅ、ふふ…ちゅ、ちゅ…(額に触れる唇に擽ったそうに笑みを零しつつ、胸元に顔を埋め淡く朱に染まった肌を唇で啄んでいく)
        (うごめく五指はその手にやや余る量感を好きなように歪ませ、ツンと尖った先端部を弾いたり転がしたり)
        (鷲掴みの尻肉は捏ねるだけでなく、撫で擦り、時折ぐっと強めに揉んで、腰の動きと合わせて変化をつけたりもして)
      • ちゅ・・ん・・・ふぁっ・・あ!(乳房に歯が付きたつ刺激を感じながらぞくりと背筋を震わせて)
        ひゃんっ・・うぁっ・・はっはぁ・・・!(好き放題に揉みこまれ、敏感になった先端を弄られれば切なげな甘ったるい声を漏らす)
        くぅ・・・んっ・・(そして突き上げるのに合わせて変化を付けてくる尻への愛撫にすっかり蕩けた様子でより淫靡に、乱れ、悶えて嬉しそうに微笑む)すてき・・んっふあぁっ!!
      • (唇は徐々に乳房の稜線を昇り、頂上へ差し掛かる どこか吸って欲しそうにも見えるその部分へ口を近づけ…)
        (敢えて吸い付かず、尖らせた舌先で突いたり弾いたり 反対側でしているのと同じように弄い、責め立てる)
        (指の食い込む尻肉を時にハンドルのようにして、深く突き入れたモノで彼女の内側を掻き乱し、突き上げる 乱れ悶える妻の姿に掻き立てられるように、じわじわとペースが上がっていく)
      • はん・・ぁ・・・ぁぁ・・・(ぞわぞわと肌が粟立ってくるのを感じながら唇の動きを追って・・・)やっ‥あぁん♡・・(擽る様に弄られてそのこそばゆさに右に左に身をよじらせる)
        あっ!はぁぁ・・んっ(ぐちゅぐちゅと卑猥な音を響かせながら・・・彼の手付きや腰の動きに合わせて操られるように身を跳ねさせて)っはっ・・はぁん・・・!(徐々に上がっていくペースに、上がる嬌声もどんどん切なく、大きく、艶めきを増していって)
      • …♥(身を捩るたびにぷるんと震える乳房を目で楽しみつつ、誘われるように今度はその部分を口に含んで)
        (軽く吸って、舌で弾き転がして、唇で食んで啄む 同じようにして手でも摘んで、転がして弾いて、指の間に挟んで軽く扱いて責め立てる)
        ちゅ、む…ん、ふ…(リズミカルに彼女を突き上げ、揺さぶる 胸を擽る甘い声をもっと聞きたくて、腰の動きにさらにバリエーションを加える 円運動の大小や、八の字、縦や横と、思う様彼女を掻き混ぜて)
      • はっはぅん・・(きゃんきゃんと嬌声を響かせながら体を揺らせていると)ふぁ!・・あぁぁ!(不意に咥えられ、口内のぬめった感触と舌での愛撫にびくびくっと先端を震わせる)
        はぁぅ・・・んん!・・そっち・・も・・・あぁぁっ!(指の刺激も強くなってきて思わず驚いた声を上げたり)
        (そんな風にしながらもリズミカルで、それでいて激しさを増してくる突き上げに髪を振り乱して悶えて)あっあぁあ!・・凄い・・んん!いい・・いいです・・・あん!・・んぁ!ふぁぁ!(多彩な腰の動きによって生み出される抉りの角度の変化に思わず果ててしまいそうになりながら)
      • (先端を吸い立てながら、あむあむと食べてしまうように色付いた部分をまるごと口に含んでみたり、顔を深く埋めるように押し付けてみたり 手指で送る刺激に負けない位に色々としてみる)
        (頭上から降る甘く鳴く声と、内側の不意のきゅぅっと来る締め付けから彼女の昂りを感じ取りつつも、更にペースを上げていく)
        (パンでも捏ねるみたいに尻を揉みしだき、ねっとりと絡む泥濘を荒々しい程に掻き混ぜていく 突き立てたモノは張り詰めを増していく)
      • ふぁんっ!あっ・・・食べられちゃう♡・・あんっ!(楽しそうに微笑みながら、多彩に責めてくる口の動きに甲高い声を上げつつ・・・胸に押し付けられるその頭を愛おしく思えてそっと抱きしめたりして)
        っは・・はぁ・・・(徐々に増してくるペースにいよいよもって余裕がなくなってくる・・・こね回す様に揉みこまれ、内側を荒々しく掻き回されて渦巻く快感に飲まれていく)はぁぁぅ・・ん!や・・やぁ…も、もう…ん!!(限界を訴える様に切なげに鳴いて懇願して)
      • んーむっふっふ(と乳房に半ば顔を埋めたまま、くぐもった笑い声 抱きしめる腕で更に顔が埋まる)
        (彼女の請うような声に、スパートを掛ける動きで応える 今から精を放つ場所を示すように、最奥を何度もごつごつと突き上げ)
        (一際深くモノを押し込むと同時、口に咥えた突端をきゅっと唇で食み、指でも同じように摘み上げる 知らず、尻を鷲掴みにする手にも力が籠もって)
        む…っふ…っ!(どくん、とモノが力強く跳ねて脈打つ 堰を切ったように滾る劣情が解き放たれ、彼女の最奥へ吐き出されていく)
      • ふぁ!あ!(彼の頭を胸に抱いたまま、激しくなってくる突き上げにあられもない嬌声を上げて乱れ踊る)
        (不意に、まるで知らせる様に強い刺激が胸や尻から駆け抜ける・・・それをトリガーに自分の中の我慢が限界を超えて)
        っは・・あぁあぁぁあぁぁ!!!(大きな声を浴室に響かせて絶頂を迎える・・・どくどくと最奥に叩きつけられる熱量を感じながら、ビクンビクンと膣肉を痙攣させてモノを絞り上げて)
      • っむ、ぅ…!(搾り取るような蠢きに、快感の呻きを漏らす 奥へ奥へと飲み込もうとするような蠢動に促され、何度もモノが脈打って)
        (それも段々と弱まって)む…は…んん…(息苦しさを覚えつつも、顔全体に押し付けられるような乳房の感触が心地良くて、胸に顔を預けたまま)
      • はんっ♡・・あぁぁ・・・(ぞくぞくっと背筋を震わせながら脈打つモノを受けとめ注がれる精を呑み込んでいく)
        (それが徐々に収まってくるのを感じながら)・・・ん♡・・(幸せそうに抱き留めた頭にキスを落とし・・愛おしそうに撫でて)
      • ん…ふぇへへ…(触れた唇と撫でる手に、心地良さげな声で笑って すりすり、というよりも、むにゅんむにゅんと埋めた顔を動かして)
        (少し強めにしてしまった尻や乳房を労るように愛撫しつつ、少し顔を上げて)…もうちょっとこうしたら、軽く流して出ようかー…布団もそろそろ来ている頃だろうしな
      • ぁんっ♡・・ふふっ・・気持ちいいですか?(なんて微笑みつつ乳房に埋もれる彼に声をかけて)
        はぁふ・・ん・・・はい♡(こくりと頷くと先ほどまで結構大きな声を響かせていた事などすっかり忘れてぎゅーっと彼にしがみついて幸せを感じたりして)
      • そりゃあもう…幸せだ…(と髭剃り跡が当たらないよう顔の上半分ですりすりしながら)
        (こちらも両手で抱き締め直して、心地よい疲労感と幸せに包まれる時間を暫し味わう)
      • えへへっ♡(嬉しそうに、擽ったそうに笑って胸にうずめた彼の頭をねぎらう様にそっと撫で続けて)
        ・・・あったかい・・ですね・・♡・・・(身も心も、もちろん奥まで暖かくて幸せな心地)ずっとこのままでいたい・・・そんな風に想っちゃいます・・
      • んむー…この幸せ、ずっと味わっていたい…(そのまま寝息を立てそうな程ゆっくりとした呼吸 とてもリラックスしている証拠だ)
        …しかしずっとこうしているとあちこちふやけて困るのだな…後流石に寝られない…そろそろ流して出ようか(などと言いつつ、ちゅっちゅと目の前の柔肌に唇で吸い付いていたずらする)
      • むー・・・(不服そうにむくれつつも、本当にのぼせてしまっても困るので頷く)
        ゃん!流すんじゃないんですかぁ(洗い流しつつとても抗議には聞こえない甘ったるい声で窘めたり)
      • ふふ、そういう顔も可愛いよ…(囁いて唇にもキス)んー?流すさー、流すともー(棒読みである)
        …さー、綺麗にして寝る支度だー(結局は繋がったまま洗い場に座り、ちゅっちゅしながら一応、流している)
      • ちゅ・・ん・・♡・・・(キスを受けてふにゃりと蕩けながら)・・んもぅ・・・(棒読みな受け答えに切なげに唸って返したり)
        ん‥はふ・・・ちゅ・・(洗い流しながら戯れる様にキスをして・・その内キスやすりつく割合が多くなって来たりする)
      • ふふ、ん、ちゅ…寝るのが遅くなるぞー?(割といつもの事だし、大した問題でもない…強いて言うなら朝ごはんを食べ損なうくらいである)
        (そうして次第に洗い流す動きが愛撫になり、触れ合う唇が啄むようになり、更には舌を絡め始める)
        (単に流すだけで済ませるつもりがあまりないのは、彼女の中に収めたままのモノが未だ硬さを保っていることからも明白だ)
      • ちゅ・・・ん・・ん♡・・・大変・・ですね・・・・(うっとりとした様子で受け答えしつつ、夢中になって唇を啄み舌を絡める)
        ん‥ふ・・・・っ(背を洗い流す手はいつしかかき抱くようになって・・収めたモノを愛し気に締め付け・・・初めは身を捩る様に・・徐々にはっきりと腰を動かしだしてくる)
      • 寝不足はいかんなー…ちゅ、ん…まあ、その分寝坊すれば、ちゅ…時間は、ぁむ、ん、足りるが…ん、む…(冗談の合間のキスが、段々とキスの合間の冗談へ変わっていく 言い終わる頃には二の句を次ぐ間もない、口付けの応酬)
        (背中、腰、太ももを撫で、そこから前へ回ってお腹、肋、と登っていく 汗を良くかく南半球と胸の境目だけ、ちょっぴり念入りに洗ってから両の手で乳房を揉みしだく)
      • ん・・・ふ・・・それも、いいかも・・ちゅ・・・(そう呟くと後はもうキスに夢中になって・・)
        ちゅ・・・んっふぁっあ・・はぁ・・・(キスの合間に喘ぎの声を漏らす・・這い廻ってくる指の動きの一つ一つに細かく反応し、挑発するように背中を掻いたりして)
      • (濡れた乳房の上を滑るように指が蠢いて、好きなように弄んでその形を卑猥に歪ませる)
        はぁ、んむ、ちゅ…ん、ん…は、む…(背中で遊ぶ悪戯な指先に応えるように、腰を揺らしてモノの穂先で奥を抉る)

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • (2回戦目は、激戦の末4対5でこちらが勝利を収める)
    (その後、程よく汗もかいたということで、引き分けという形で卓球大会?は幕を閉じた)
    ふぇーぃ、いい汗かいたなあ…時間も丁度いいし、ひとっ風呂浴びて夕飯だなー
    • いやあ、いいゲームでしたっ(すっきりさわやかな笑顔)
      えぇ、結構汗かいちゃいましたから(パタパタと手で顔や首もとをあおいで)
      • うむ…しかし中々どうして卓球とは難しいものだ…(遠い目をしつつこちらも暑そうに襟元をパタパタ)
        (フロントに終わった旨を伝えつつ部屋へと戻り)いょぉし、さっぱりするぞーっ(替えの浴衣やらなんやらを持って早速脱衣所へ)
      • はふ・・・浴衣も変えないとですねぇ・・(脱いだ浴衣をたたみつつ困ったように笑って)
        えへへ・・・(恥ずかしそうに汗ばんだ肌を手で隠しながら彼と並んでお風呂場へ)
      • んむー(互いに散々見た裸であるが、それでも恥ずかしそうに隠すのはなんというかこう…とてもいい…一部がとても元気になりそう…とか思いつつ、こちらは別段隠すでもなく風呂場へ)
        さーさー、かいたいい汗を流そう流そう(椅子を二人分出して、シャワーの湯を浴びる)
      • んー♪(気持ちよさそうに目を細める・・・汗が洗い流されていくのを感じるにつれてちょっと距離感が縮まったり)
        えへへ・・汗臭くなかった・・ですか?(安心した様に体を洗ってる)
      • ん…?ああ、それで微妙に距離があったのか…なるほど…(そこまで思い至らなかった、というより汗の匂いまで好き、である)
        …んむ、気にならなかったな…逆に俺が臭かったのでは…(ざーっと流しつつ心配になってきた人)
      • あ、あはは・・・ばれちゃいました?・・・ついつい気になっちゃって・・・
        ん・・・ちょっとだけ・・・(深刻そうにつぶやいた後くすりと笑って)なんて、嘘ですよっ特に気にならなかったので大丈夫かと(こくこく)
      • ふふ…そういうの大事だと思う、うん まあ館内じゃ滅多に人とすれ違わないし、俺は気にならないけどな
        む…ぬぅ…(深刻そうな雰囲気に思わず劇画タッチになりそうな顔)…ん、そうか、良かった…
        (娘に「お父さんくさーい」と言われたらどうしよう…と心配していた頃を少し思い出して、小さく笑う)
        …まあ、お互い気にならなくても、ふとした瞬間誰かが気になる可能性はあるからな…綺麗にしておくに越したこたないか(そんな訳でわしゃわしゃボディソープを泡立てて)
      • ふふっごめんなさいっ(ぺろっと舌を出したりしつつ、こちらも泡立てて・・・)
        えーいっ(ぎゅーっと抱き着きぬるぬると洗ってあげて)
      • ふふふ、まあ汗かいたら臭いがするのが生き物ってもんだー(いざ洗おう、と思ったところで…)
        うぉぅ(と、抱き着かれて嬉しそうな声 元気になってしまいそうだなーとか冗談言いつつ、こちらも彼女の身体を洗って)…夕飯あるからな、程々に…
      • ん・・そうでした♡(なんて悪戯っぽく微笑むと軽く身を引きつつ体を洗ってあげて)
        ふふっ普段使わない筋肉とか使ったから明日は筋肉痛でしょうか?(くすくす笑いつつ洗い流して)
      • あー…確かに、俺も普段のトレーニングメニューにない動きもしたからなあ…(そして忘れがちだし、ほぼ有って無いような物だが歳が歳である)
        …あ、そうだ後で軽くマッサージしようか…さておき、ちょっと温まったら出ようか(湯船で一息入れて出ると、ちょうど夕食の準備が始まるタイミングだ)
      • まぁまぁ、鍛えてますし、なんだかんだで大丈夫ですよきっと(楽しむように微笑んだあとフォローするように言って)
        ふふ、いいですね?そろそろいい時間ですし、ご飯の後にでも・・・(お風呂から上がると新しい浴衣に着替えてさっぱり)
      • ふふ、だと良いな…ん、じゃあそうしよう…(こちらも笑い返しつつも、湯船では軽くストレッチをしたりもして)
        (風呂から上がって少しして、夕食が運ばれてくる 配膳の様子を眺めつつ)…うむ、今日も美味そうだ
      • えぇっ(うんっと嬉しそうに頷くといただきますをして)ん〜♪(美味しい料理に舌鼓を打つ)
        (美味しい食事の時間が終わってお膳が下げられればごろりと転がってぐぐーっと体を伸ばしたりしてる)くぅっんーっ♪・・・程よく疲れてお風呂にも入ってお腹いっぱいで・・・幸せですねぇ
      • …うむ、美味しさのあまり気がつけば食べ終わっていた…(隣にごろんと横になりつつ彼女の方を眺めて、ふっと微笑む)
        ふふー…おいでー(右腕を伸ばして左手で招く 腕枕の態勢である)
      • (一しきり伸びをして、心地よさげに彼の方を見て・・・微笑みあう)
        はぁいっ♪(ころりころりと転がって彼の腕の中へとすっぽり収まる)えへへ〜♡(嬉しそうに笑うと甘える感じで擦りついて)
      • うおお…可愛い…(腕の中へ文字通り転がり込む愛妻に頬擦り、更にちゅっとキス)
        …マッサージは布団が来てからのほうが良いかなー…(なんて言いつつ片腕は腰に、枕にした腕は彼女の頭を包むようにして回して、ゆっくり髪を撫でる)
      • ぁんっ(キスに擽ったそうに微笑んで)
        ふふ・・・そうでした・・・お布団が来るんでした・・(ちょっぴり残念そうにしつつも、撫でる手に心地よさげに目を細めてリラックス、腕枕に擦りつき腰を揺らしたりして甘えたり)
      • まあ自分で敷きますからそこ置いといてくださいって訳にはいかんものなあ…(額を重ねたり、鼻先同士を擦り合わせたり、じぃっと見つめたり)
        (背に回した手もゆったりと撫でる動き)…なんてのんびりしてると寝てしまいそうでもあるなー、ふふ
      • んーっ♡(心地よさそうに額をすり合わせ、とろんとした様子で見つめ合ってる)
        (鼻をすりあわせる互いの息遣いを感じ取れる距離で見つめ合って)ふふっ・・そうですか?・・・私は、ちょっとドキドキしてきちゃって・・・眠れそうにないかも?(くすくすと笑って)
      • なんと…まあ明日の予定は特にないしな…夜更ししても良いかもだ(なんて冗談めかして囁く)
        (ちょんちょんと唇を重ね啄みながら、指は髪から耳を擽るように撫でていく)…布団はまだかな…(布団の趣旨が変わっている気がする)
      • ふふっ・・・ん♡・・(ちゅっちゅと音を立てて吸い付きながら撫でる指にうっとりとしてる)
        ね?・・・待ち遠しいです・・待っている間、何かします?・・・またお風呂に入るとか・・ちょっと外に出てみるとか・・・
      • そうだなあ…このままでいると、布団がマズいタイミングで来そうだものな…(盛り上がって来たところで来る、と言った意味合い)
        もう一回風呂ってのも…悪くはないが さりとてちょっと散歩って感じでもないし…風呂かな、さっきは軽く浸かっただけだし(なんて言っている間もちゅっちゅとキスをしていたり)
      • ちゅ・・・ん・・♡・・・はふ・・・ふふっじゃぁ、決まりです(ちゅっと甘く吸い付いてからゆっくりと身を起こし)
        さっ・・行きましょ?(と誘う様に手を引いて)
      • ん…ふふ(手を引く彼女はなんだか楽しげで、こちらもつい、笑みが溢れる)
        (脱衣所でいそいそと浴衣を脱ぐと、洗い場へは行かず湯船へ直行)…さっき洗ったしな、早速湯船でのんびりしよう
      • そうですねっ(うきうきと、それでいてどこか蠱惑的な笑みを浮かべて手を引き湯船へ)
        (ゆったりと浸かればうっとりとした息をついて・・・)〜♪(心地よさげに彼にもたれたりして)
      • ん…(そっと肩を抱き、こちらからも身を寄せると、そっと頭同士も触れて)
        …今夜も、月が綺麗だなあ…(ふぅっと心地よさ気な吐息)…膝の上、来る?(と誘ってみたり)
      • ふふっ・・・ですね・・・(湯船の中、くっついて一緒になって夜景を見る幸せを享受する)
        ・・・・(誘いにこくりと頷くと、ちゃぷりと波立たせて彼の膝の上に跨り、向き合う形で腕を絡める)・・・ふふ・・(じっと見つめて額を合わせたりして)
      • お…っと、これだと夜景がもう見えないな…(腰に腕を回して胸元に顔を寄せ、湯に温められて少し上気した肌に唇で触れる)
        それとも…(そこから上目遣いに彼女の顔を見やり)…私だけを見ていて欲しい?(囁き、ちょん、ちょん、と胸元から喉、顎へとキスをしながら登っていく)
      • まぁっそれは大変です(くすくすと笑いながら抱き寄せられて)・・・は・・ぁ・・・
        ん・・・レクスさんは・・・私よりお月様を見ていたいんですか?(うっとりと息をつきながら落とされる唇に喘ぎを漏らし、扇情的に腰をうねらせ身をよじって)
      • んー?ふふ…(唇をそっと啄み、微笑んで)…そりゃあ勿論、シンディを見ていたいな…(囁き、もう一度口付ける)
        (右手が腰から、上へ、前へと滑りながら、なめらかな肌と筋肉や骨の作るなだらかな起伏を楽しむ)
        (脇腹、肋骨…うねる身体を、更にその先へと、じっくりと進んでいく)…綺麗だよ(照明に淡く照らされ、逆光の月明かりに縁取られる妻の姿は本当に美しく、唇を離すと暫し見惚れて)
      • ちゅ・・・・ふふっ♡(嬉しそうに微笑み、口づけに応える・・指先が肌の上を滑り気分が盛り上がってくるのに合わせて口づけにも熱がこもって・・・)
        は・・ん・・・はふ・・ありがとうございます(薄く微笑みながら賛辞に応えて・・じっくりと進んでくる手を優しく取って、乳房へと導いたりして)
      • ん…少し、じれったかったかな…?(なんて少し意地悪に囁きながら、誘われる手でそのまま、極上のハリと柔らかさを持つ乳房へ五指を埋める)
        (大きく円を描くようにやや手に余る柔肉を揉みしだきながら、再び唇を重ね、食み、吸って)…ん、ちゅ…ぁむ…ん、ふ…
      • えへへ(恥ずかしそうに笑う)ドキドキしてるの・・感じて欲しいなって・・・ぁん(むにゅりと沈む指先に思わず喘いで)
        は・・っぷ・・ん♡・・ちゅ・・(口づけ、食み、擽る様に舐めては吸い付いて・・)んっ♡・・・んっ(そうしながら身を寄せ、もっと全身で感じ取ろうとするように体を擦り付ける)
      • (恥ずかしげな笑みにこちらも微笑みを返し)…ふむ、なるほど…(鼓動を感じ取ろうとするかのように、埋めた指をうねらせゆっくりと捏ね回す)
        うん、確かに…(勿論揉んでいるだけでは分かるはずもないが、彼女の息遣いと肌の熱さがその興奮の度合をありありと感じさせる)
        (彼女が身を寄せれば、腰に回した腕を巡らせて 湯を掛けて温めつつも背筋や腰のラインを指先でなぞって擽る)
        (やおら、尻を鷲掴みにして乳房と同じように好き放題に愉しむ その間も唇での戯れは続いて)
        …っはぁむ、ん…ん、ちゅ…ちゅ…(その内に、彼女の股の間をつつくように触れる物が立ち上がってくる)
      • は・・ん♡(探る様に捏ね回す動きに合わせて小さく声を漏らして)
        ふぁっ・・あっ・・・(湯の温もりにうっとりとしつつ、なぞる指先の動きにぞくりと震えていると・・・)ふゃんっ!?(不意にお尻をしっかりと掴まれて驚きの声を上げる)
        ちゅ・・ん・・んむ・・ぷぁ・・あ・・(お尻を好き放題に揉みこまれながら、下腹部に熱く屹立してくるモノの感触を感じれば)ちゅ・・ん♡・・んん!(ドキドキと昂り火照る感情が止まらなくなってくる)・・っは・・あっ・・・くぅん・・(早く繋がりたいという様に切なげな声を上げて、掴まれたお尻を揺らす)
      • (彼女が驚いた声を上げれば、にんまりと意地悪な笑み)…ふふふ、可愛いなあ…(囁いて、また唇を重ねる)
        ん、む…は…んー、今回は俺が縁に腰掛けようか…もっと、シンディのドキドキを感じさせて…(甘く、優しく囁きつつ、彼女の身体を抱え腰を上げる)
      • んもぅ・・♡・・・んっちゅ・・・(困ったように笑いつつも嬉しそうにキスに応えて)
        うん♡・・・ぁんっ(こくりと頷き、彼に身を預けて抱えてもらう・・・湯と、体液で熱く火照った秘所を屹立したモノへ切なげに擦り付けて)
      • (縁にそっと座るとこちらも腰を揺らして、濡れそぼった秘所へ固く反り返るモノを擦り付ける)
        (にゅちにゅちと濡れた摩擦音を立てながら、時折カリや穂先が入り口に引っかかって刺激が加わる)
      • はぁんっ(彼の上に跨る形で、擦りつけられる快感に悶え)
        ふっ・・んっ!(湿ったぬめ付いた音を立てながら擦りつくのを感じる・・・快感を堪能するようにうっとりとしながら、つながりを求める様に入り口と穂先を合わせようとして)
      • ん、は…このくらい、かな…と(互いの動きが噛み合って、熱を持つ部分同士が深く繋がり、一つになる)
        っ…ぉー、中、熱…(ねっとりと絡んで締め上げる肉襞の熱に思わず零すように呟いて)
      • ふぁっ・・・あぁんっ(興奮しきり、濡れそぼったそこはあっさりとモノを受け入れて・・・それでいてキツイ程に強く締め付けてその体温を伝えてくる)
        んっ・・・はぁぁ・・あつ・・い・・・(ぼうっと、うっとりとした様子で硬さと熱さを堪能している)
      • ふふ、ぼーっとするにはまだ早いぞー?(と意地悪に囁きながらゆっくりと腰を揺らし始める 同時に胸と尻を揉む指の動きも再開して)
        (じっくりと丹念に、肌の熱と柔らかさを味わうように柔肉を揉みしだき、内襞を掻き混ぜていく)
      • ふゃんっ!・・あっ・・・ふぁっあっ!(愛撫と抽送が始まれば甲高い声を上げて身を跳ねさせる)
        (じっくりと内側をかき混ぜられるほどに体が高ぶり、男の上で乱れ悶えて)
      • っは、ふふ…可愛い…(囁き、耳元へキス そこから首、鎖骨、とだんだん胸に迫るように唇で触れていく)
        (そうしつつも、揺らすリズムと重ねて両手の指を蠢かせて ゆったりとしつつも刺激の量は多めである)
      • ふぁっは・・ぁ・・(囁きながら耳元から胸へと徐々に近づいてくる唇の感触・・・敏感な所を的確に揉みしだいてくる指の動き・・そしてゆったりとしながらもしっかりと内側から突き上げてくるモノの力強さ・・・)
        (それらが奏でる快感の連続にすっかり陶酔した様子で、うっとりとした息をつきながら夢中になってねっとりと腰を揺らして締め付けて返す)・・・はぁ‥♡・・・ん・・(キスを落として来る彼の額にこちらもキスを返したり)
      • ん…ちゅ、ふふ…ちゅ、ちゅ…(額に触れる唇に擽ったそうに笑みを零しつつ、胸元に顔を埋め淡く朱に染まった肌を唇で啄んでいく)
        (うごめく五指はその手にやや余る量感を好きなように歪ませ、ツンと尖った先端部を弾いたり転がしたり)
        (鷲掴みの尻肉は捏ねるだけでなく、撫で擦り、時折ぐっと強めに揉んで、腰の動きと合わせて変化をつけたりもして)
      • ちゅ・・ん・・・ふぁっ・・あ!(乳房に歯が付きたつ刺激を感じながらぞくりと背筋を震わせて)
        ひゃんっ・・うぁっ・・はっはぁ・・・!(好き放題に揉みこまれ、敏感になった先端を弄られれば切なげな甘ったるい声を漏らす)
        くぅ・・・んっ・・(そして突き上げるのに合わせて変化を付けてくる尻への愛撫にすっかり蕩けた様子でより淫靡に、乱れ、悶えて嬉しそうに微笑む)すてき・・んっふあぁっ!!
      • (唇は徐々に乳房の稜線を昇り、頂上へ差し掛かる どこか吸って欲しそうにも見えるその部分へ口を近づけ…)
        (敢えて吸い付かず、尖らせた舌先で突いたり弾いたり 反対側でしているのと同じように弄い、責め立てる)
        (指の食い込む尻肉を時にハンドルのようにして、深く突き入れたモノで彼女の内側を掻き乱し、突き上げる 乱れ悶える妻の姿に掻き立てられるように、じわじわとペースが上がっていく)
      • はん・・ぁ・・・ぁぁ・・・(ぞわぞわと肌が粟立ってくるのを感じながら唇の動きを追って・・・)やっ‥あぁん♡・・(擽る様に弄られてそのこそばゆさに右に左に身をよじらせる)
        あっ!はぁぁ・・んっ(ぐちゅぐちゅと卑猥な音を響かせながら・・・彼の手付きや腰の動きに合わせて操られるように身を跳ねさせて)っはっ・・はぁん・・・!(徐々に上がっていくペースに、上がる嬌声もどんどん切なく、大きく、艶めきを増していって)
      • …♥(身を捩るたびにぷるんと震える乳房を目で楽しみつつ、誘われるように今度はその部分を口に含んで)
        (軽く吸って、舌で弾き転がして、唇で食んで啄む 同じようにして手でも摘んで、転がして弾いて、指の間に挟んで軽く扱いて責め立てる)
        ちゅ、む…ん、ふ…(リズミカルに彼女を突き上げ、揺さぶる 胸を擽る甘い声をもっと聞きたくて、腰の動きにさらにバリエーションを加える 円運動の大小や、八の字、縦や横と、思う様彼女を掻き混ぜて)
      • はっはぅん・・(きゃんきゃんと嬌声を響かせながら体を揺らせていると)ふぁ!・・あぁぁ!(不意に咥えられ、口内のぬめった感触と舌での愛撫にびくびくっと先端を震わせる)
        はぁぅ・・・んん!・・そっち・・も・・・あぁぁっ!(指の刺激も強くなってきて思わず驚いた声を上げたり)
        (そんな風にしながらもリズミカルで、それでいて激しさを増してくる突き上げに髪を振り乱して悶えて)あっあぁあ!・・凄い・・んん!いい・・いいです・・・あん!・・んぁ!ふぁぁ!(多彩な腰の動きによって生み出される抉りの角度の変化に思わず果ててしまいそうになりながら)
      • (先端を吸い立てながら、あむあむと食べてしまうように色付いた部分をまるごと口に含んでみたり、顔を深く埋めるように押し付けてみたり 手指で送る刺激に負けない位に色々としてみる)
        (頭上から降る甘く鳴く声と、内側の不意のきゅぅっと来る締め付けから彼女の昂りを感じ取りつつも、更にペースを上げていく)
        (パンでも捏ねるみたいに尻を揉みしだき、ねっとりと絡む泥濘を荒々しい程に掻き混ぜていく 突き立てたモノは張り詰めを増していく)
      • ふぁんっ!あっ・・・食べられちゃう♡・・あんっ!(楽しそうに微笑みながら、多彩に責めてくる口の動きに甲高い声を上げつつ・・・胸に押し付けられるその頭を愛おしく思えてそっと抱きしめたりして)
        っは・・はぁ・・・(徐々に増してくるペースにいよいよもって余裕がなくなってくる・・・こね回す様に揉みこまれ、内側を荒々しく掻き回されて渦巻く快感に飲まれていく)はぁぁぅ・・ん!や・・やぁ…も、もう…ん!!(限界を訴える様に切なげに鳴いて懇願して)
      • んーむっふっふ(と乳房に半ば顔を埋めたまま、くぐもった笑い声 抱きしめる腕で更に顔が埋まる)
        (彼女の請うような声に、スパートを掛ける動きで応える 今から精を放つ場所を示すように、最奥を何度もごつごつと突き上げ)
        (一際深くモノを押し込むと同時、口に咥えた突端をきゅっと唇で食み、指でも同じように摘み上げる 知らず、尻を鷲掴みにする手にも力が籠もって)
        む…っふ…っ!(どくん、とモノが力強く跳ねて脈打つ 堰を切ったように滾る劣情が解き放たれ、彼女の最奥へ吐き出されていく)
      • ふぁ!あ!(彼の頭を胸に抱いたまま、激しくなってくる突き上げにあられもない嬌声を上げて乱れ踊る)
        (不意に、まるで知らせる様に強い刺激が胸や尻から駆け抜ける・・・それをトリガーに自分の中の我慢が限界を超えて)
        っは・・あぁあぁぁあぁぁ!!!(大きな声を浴室に響かせて絶頂を迎える・・・どくどくと最奥に叩きつけられる熱量を感じながら、ビクンビクンと膣肉を痙攣させてモノを絞り上げて)
      • っむ、ぅ…!(搾り取るような蠢きに、快感の呻きを漏らす 奥へ奥へと飲み込もうとするような蠢動に促され、何度もモノが脈打って)
        (それも段々と弱まって)む…は…んん…(息苦しさを覚えつつも、顔全体に押し付けられるような乳房の感触が心地良くて、胸に顔を預けたまま)
      • はんっ♡・・あぁぁ・・・(ぞくぞくっと背筋を震わせながら脈打つモノを受けとめ注がれる精を呑み込んでいく)
        (それが徐々に収まってくるのを感じながら)・・・ん♡・・(幸せそうに抱き留めた頭にキスを落とし・・愛おしそうに撫でて)
      • ん…ふぇへへ…(触れた唇と撫でる手に、心地良さげな声で笑って すりすり、というよりも、むにゅんむにゅんと埋めた顔を動かして)
        (少し強めにしてしまった尻や乳房を労るように愛撫しつつ、少し顔を上げて)…もうちょっとこうしたら、軽く流して出ようかー…布団もそろそろ来ている頃だろうしな
      • ぁんっ♡・・ふふっ・・気持ちいいですか?(なんて微笑みつつ乳房に埋もれる彼に声をかけて)
        はぁふ・・ん・・・はい♡(こくりと頷くと先ほどまで結構大きな声を響かせていた事などすっかり忘れてぎゅーっと彼にしがみついて幸せを感じたりして)
      • そりゃあもう…幸せだ…(と髭剃り跡が当たらないよう顔の上半分ですりすりしながら)
        (こちらも両手で抱き締め直して、心地よい疲労感と幸せに包まれる時間を暫し味わう)
      • えへへっ♡(嬉しそうに、擽ったそうに笑って胸にうずめた彼の頭をねぎらう様にそっと撫で続けて)
        ・・・あったかい・・ですね・・♡・・・(身も心も、もちろん奥まで暖かくて幸せな心地)ずっとこのままでいたい・・・そんな風に想っちゃいます・・
      • んむー…この幸せ、ずっと味わっていたい…(そのまま寝息を立てそうな程ゆっくりとした呼吸 とてもリラックスしている証拠だ)
        …しかしずっとこうしているとあちこちふやけて困るのだな…後流石に寝られない…そろそろ流して出ようか(などと言いつつ、ちゅっちゅと目の前の柔肌に唇で吸い付いていたずらする)
      • むー・・・(不服そうにむくれつつも、本当にのぼせてしまっても困るので頷く)
        ゃん!流すんじゃないんですかぁ(洗い流しつつとても抗議には聞こえない甘ったるい声で窘めたり)
      • ふふ、そういう顔も可愛いよ…(囁いて唇にもキス)んー?流すさー、流すともー(棒読みである)
        …さー、綺麗にして寝る支度だー(結局は繋がったまま洗い場に座り、ちゅっちゅしながら一応、流している)
      • ちゅ・・ん・・♡・・・(キスを受けてふにゃりと蕩けながら)・・んもぅ・・・(棒読みな受け答えに切なげに唸って返したり)
        ん‥はふ・・・ちゅ・・(洗い流しながら戯れる様にキスをして・・その内キスやすりつく割合が多くなって来たりする)
      • ふふ、ん、ちゅ…寝るのが遅くなるぞー?(割といつもの事だし、大した問題でもない…強いて言うなら朝ごはんを食べ損なうくらいである)
        (そうして次第に洗い流す動きが愛撫になり、触れ合う唇が啄むようになり、更には舌を絡め始める)
        (単に流すだけで済ませるつもりがあまりないのは、彼女の中に収めたままのモノが未だ硬さを保っていることからも明白だ)
      • ちゅ・・・ん・・ん♡・・・大変・・ですね・・・・(うっとりとした様子で受け答えしつつ、夢中になって唇を啄み舌を絡める)
        ん‥ふ・・・・っ(背を洗い流す手はいつしかかき抱くようになって・・収めたモノを愛し気に締め付け・・・初めは身を捩る様に・・徐々にはっきりと腰を動かしだしてくる)
      • 寝不足はいかんなー…ちゅ、ん…まあ、その分寝坊すれば、ちゅ…時間は、ぁむ、ん、足りるが…ん、む…(冗談の合間のキスが、段々とキスの合間の冗談へ変わっていく 言い終わる頃には二の句を次ぐ間もない、口付けの応酬)
        (背中、腰、太ももを撫で、そこから前へ回ってお腹、肋、と登っていく 汗を良くかく南半球と胸の境目だけ、ちょっぴり念入りに洗ってから両の手で乳房を揉みしだく)
      • ん・・・ふ・・・それも、いいかも・・ちゅ・・・(そう呟くと後はもうキスに夢中になって・・)
        ちゅ・・・んっふぁっあ・・はぁ・・・(キスの合間に喘ぎの声を漏らす・・這い廻ってくる指の動きの一つ一つに細かく反応し、挑発するように背中を掻いたりして)
      • (濡れた乳房の上を滑るように指が蠢いて、好きなように弄んでその形を卑猥に歪ませる)
        はぁ、んむ、ちゅ…ん、ん…は、む…(背中で遊ぶ悪戯な指先に応えるように、腰を揺らしてモノの穂先で奥を抉る)
  • (食事も終えれば満腹感が落ち着くまでのんびりしようと窓辺で風に当たったり)
    午後はどうしましょうねぇ…
    • ぁー…いい感じの風が吹いてくるなー…(秋口の冷たすぎない風が爽やかに吹き込む昼下がり)
      夕方くらいになったら卓球として…ごろごろ…し続けるのも難しいか…?昼寝になりそうだ(同じく窓辺で、彼女を眺めつつ)
      • そうですねぇ・・・(気持ちよさそうに目を細めてる)
        ふふ、何なら今から行っちゃいます?腹ごなしにもなりますし?
      • (風に目を細める彼女に良いなあ、と思いながら)…ん
        おー、そうだなあ…今から行って汗を流して、夕飯前に風呂でさっぱり…ってのも良いか
      • (彼の方を振り返れば目が合って、思わず擽ったそうに微笑む)
        じゃぁそういう事で・・・行きましょうか?(よっこいせっと立ち上がり、彼を促して)
      • あぁ…ぁー…可愛すぎる…(胸に手を当て安らかな顔でしぬ…しなない)
        んむー、行こう行こう…(立ち上がると彼女の手を取り部屋を後に 通り道でもあったので一応フロントにひと声かけて、遊戯場へ)
      • ぷっ・・・ふふっ・・なんですそれ(苦し気にすら見える様子にくすくすと)
        (わーいと手を引かれて遊技場に入れば)あ、ありましたよー?ふふふー・・・・・・実は卓球、ちゃんとやった事なかったりします(ラケットもってぶんぶん)
      • いや…あまりにも可愛くて心臓止まるかと…(ちなみに窓はちゃんと閉めました)
        そうか…実は俺もちゃんとしたのはやったことがない…ルールの把握すら曖昧だ…!(行くぞ!とラケットと玉を構え…)
        (そっとサーブする 点数を競うより、ラリーをして楽しもうという心づもりである)
      • 二回バウンドする前に撃ち返さないといけないのはわかります(こくこく)
        ほー・・・ほっ!(リーチの長さがいい具合に効いて球を撃ち返す、ぽーんとちょっと高く飛んで)
      • そうそう、そんな感じでゆるめにやろう…(高く上がった打球を思い切りスマッシュ…したい衝動に駆られつつも)
        ほぃっ(軽めに返す)
        (ここで突然秒数下一桁が相手より下をキープする、卓球ラリーゲームが始まる!)
        2019-09-14 (土) 21:55:35
      • (軽めに返されたのを腕まくりして待ち構え・・・)いきますよぉ・・・よっ(とタイミングを計って撃ち返してみる)2019-09-14 (土) 22:43:23
      • おっ、いい感じの球だな…!そいっ(と打ち返す!)
        (よく考えると下をキープし続けるのは無理なのでは…?と思ったので追加ルール!)
        (5以上はそれより下、4以下ならそれより上の数字を狙うというのはどうだろうか)
        2019-09-14 (土) 23:06:59
      • (素人のラリーなんて五回も続けば上々と思ったりもしなかったり、でも真ん中位を保とうとする方がラリーって感じがする?)
        ふっふーん!(得意げにしつつ撃ち返されるボールを見る・・・先ほどよりかなり打ち返しやすい・・・これならとちょっと強めに)
        えーい!(ぽーんと返す)
        2019-09-15 (日) 22:32:20
      • (確かに…まあそこは元冒険者だからという妙な理屈をこねる…!)
        むっ、なかなか鋭い返しが…!とう!(強めに返された玉を加減しつつも若干やや微妙に強めにぱこーん!)
        2019-09-15 (日) 22:46:09
      • えへへー段々わかってきた気がしますよー!(これまた撃ちやすいコース!と張り切ってかまえて・・・)えーいっ(ぽーんと)2019-09-16 (月) 21:06:42
      • 流石にコツを掴むのが早いな…!(というこちらも慣れてきた感じでカツンと打ち返す!)2019-09-16 (月) 23:04:51
      • …ぬぁっ(慣れが油断を生んだか、思い切りコースが逸れてしまう)…今度はシンディのサーブだなー
      • あっ(変な方向に飛んでいってしまったのを見て)ふふっレクスさんがミスするのって珍しい気がします
        (いつでもすごい人ってイメージだった)
        はいっ・・じゃぁこの調子でもう一本もらっちゃいますよー?(ちょっと調子に乗りつつサーブして)
        2019-09-16 (月) 23:47:04
      • ふふ、そんなイメージだった?俺だって失敗くらいはするさ…にんげんだもの
        よぅし来いっ(ぐっと構え、なかなか鋭いサーブを打ち返さんと試みる)
        2019-09-17 (火) 00:08:20
      • (盛大に空振った)…ナイスサーブ!シンディはもしかすると卓球の素質があるのかもしれない…
        さておき、もう一回シンディのサーブかな?
      • えぇ、いつもなんでも出来てなんでも知っていて…とても尊敬できる人だって…ふふ、でもちょっとかわいい(くすりと微笑んで)
        いぇーい!(嬉しそうに手を上げくるくる回って悦びを表現)ふふふっそうですね?(またサーブの構えを取りつつ)
        何点先取にしましょう・・・っか(ぽーんとまたサーブ)
        2019-09-17 (火) 22:17:43
      • …へへへー…照れるな…まあ、出来ることしか出来ないし、知ってることしか知らないけどな?(まいったなあと、てれてれ)
        っふふ、可愛いなあ…(あんまり激しく動くとはだけそうだな、と邪な事を考えつつ)おぅ、こーいっ!
        んんー…この感じだと5ポイントくらい?(ポコンっと打ち返す)
        2019-09-17 (火) 22:42:22
      • (えへへーっと擽ったそうに笑いあったり)
        (撃ち返された球がネットに引っかかるのを確認する)ふっふっふー…今日は不調ですかね?この調子でどんどんいっちゃいますよー!
        (乗りにのってるせいかちょっと緩んで来てるのも気づいていない様子・・・もう一度サーブをして)
        2019-09-17 (火) 23:49:57
      • あるいは球技に向いていないのかもしれん…負けないぞーっ(ぐぐっと気合を入れて)
        (こう、打とうとしている時に指摘して隙を作…いや卑怯すぎるだろそれは…などと思いながら打ち返そうとラケットを振るう)
      • (タイムスタンプつけ忘れてた)2019-09-18 (水) 23:13:47
      • (ぺーんと強いスピンがかかって逸れていく球をみて)あらら・・・本当に苦手なのかも?ふふっちょっと意外です・・(かわいいっなんて呟きつつくすくす笑って)
        ふふーっリーチですからねー?このまま一気にいきますよー…ほいっ!(とサーブをする・・・肌蹴た暗がりでちらちらとこぼれそうになってたり)
        2019-09-18 (水) 23:19:16
      • (逆に俺のペースが崩されている気がする…!と、かわいいと言われるたびに、ほんのりと頬の火照りを自覚しながら)
        …ぬっ(うぉっ溢れる溢れる!と内心完璧に乱されつつも打ち返す…!)
        2019-09-19 (木) 22:57:12
      • むっ!(しっかりゲームに集中しているご様子、しっかり返されたボールに軽いステップで追いついて)
        えい!(乗ってる勢いに任せ、着衣が乱れるのもいとわず強めにぶんと撃ち返して・・・)
        2019-09-19 (木) 23:33:01
      • ・・・はうっ!(撃ち返したかに見えたが思いっきり外した)あ、あはは・・・調子に乗るとダメですね
      • (むっ!軽快なステップとそれに合わせて揺れる揺れる…などと思いっきり集中出来てない人)
        (遊戯室が廊下の突き当りで、通りがかりの人などが居ないのでアクシデントし放題である が、それはそれとしてハラハラはする)
        (そろそろ指摘した方が良いだろうか、などと思いながら、転がるピンポン玉を拾い上げ)ぃょし、今度はこっちのサーブだなー
        そぉいっ!(ぱこーんっとサーブ!)
        2019-09-19 (木) 23:42:04
      • (はぁっと息を整えるとまた構え直す)負けませんよー(くるりと回して構える、結構いいコースだ・・・行けるだろうか?否!やるのだとしっかり集中する、流石に丸見えではないが谷間はしっかり見えてる)
        んん・・・えい!(スイングっ)
        2019-09-19 (木) 23:47:01
      • ふぁぁ!?(力み過ぎて変な方向にとんだ)あ、あれー?・・・(いい具合に出来てたと思いきや途端にできなくなるのも素人あるあるか)
      • (ふぅむ、こうしてはだけるのを見て楽しんでいると逆に余裕が出てきてイケる…!?などと思いつつ)
        (珠を拾って)まあ、プロでも調子でないことはあるしなー、素人なら尚更だとも…(この溢れそうで溢れない感じがまた良いな…などと思いながら)そーら、いくぞぉーっ(サーブっ)
        2019-09-20 (金) 00:10:57
      • むーっさっきまで調子よかったのにー(むすーっとぶーたれつつもしっかり構えて)
        いきますよ・・・えい!(気を引き締めて、ちゃんと返して)
        2019-09-20 (金) 20:52:12
      • ふふふ、可愛い(なんて言って微笑む さっきと立場が逆転であるが、点差はまだ2点ある)
        (今度はしっかり返してきたが球としては甘め、ここはきっちり返していきたい所)…とぅっ!(かこんっ)
        2019-09-20 (金) 23:01:15
      • むむぅっ負けませんよーっ(中々に鋭い返球…しかしこちらもあと一点、ここが正念場だ)
        いきます・・・とうっ!(かこんっと)
        2019-09-21 (土) 22:26:34
      • (素人ながらになかなかの鋭い応酬が続く)…これでっ…!(かつーん!)2019-09-21 (土) 22:41:54
      • ぬわーっっ
        負けたかー…ははは、なかなか楽しいもんだなあ…(流石に着崩れは気がつくだろうか…と思いつつ見守る)
      • (ほっと息をつき・・・)わぁい!やった!勝ちましたー!(わーいわーいとぴょんこぴょんこ)
        はぁ・・・よかったぁ・・ふふっ楽しかったですn・・・(胸をなでおろす仕草で気づく)・・・・・(紅くなりながらいそいそ直し)た、楽しかったですねぇ・・・
      • (跳ねるとまた、こう…弾むなあ…とか、汗ばんだり血行良くなったりで中々いい感じ…などと密かに目の保養をしながら)…や、本当に溢れそうだったら言うつもりだったぞ?(いいわけ)
        さて、もう一試合するか…もしくはひとっ風呂浴びて夕飯に備えるかーだな
      • き、気づいてたんですかぁー(さりげなく直してたつもりだったらしい、ひーんとちょっぴり泣きながら抗議したり)
        はふ・・・ちょっと火照っちゃいましたけど・・・ふふ、そうですね・・お風呂に入りたいですけど・・・もう何ゲームかしてからじゃ時間が足りないですかね?
      • やー、熱中してるみたいだったからなー…邪魔しちゃいかんかなと(ぼうよみ)
        んー、時間は大丈夫かな 後一試合くらいは余裕だろうとも…じゃあシンディのサーブでスタートしようか
      • んもぅ…(なんてむくれつつも少し照れたように笑って)
        はいっでは行きましょうっ次も負けませんよーっ(なんて意気込みつつ楽しんで…)
  • さあ腹が減るまでいちゃいちゃするぞおっ…!(早速なんだか趣旨が変わったような気がしつつ風呂場に入る)
    …殊更綺麗好きって訳でもないが、温泉だと風呂の頻度が上がる気がするなあ…(どんな感じで座ろうかなーと考えながら椅子を並べる)
    • ふふっ大変ですね(すごい疲れそうだと思いつつも楽しそうに)
      (お口をきれいにゆすぐと、取りあえずと言った調子で彼と向き合う様に座ってみたり)
      • 案外すぐ腹が減るかもしれん…(口とか喉とかイガイガするって聞いたなあ…と口を濯ぐのを眺めて待って)
        (向かい合って座ればなんとなく楽しくて小さく笑う)ふふ、これは洗っこする流れかな…(とりあえず、石鹸を手に取り湯に馴染ませて泡立てていく)
      • 迷っている風でしたので・・・(えへへっと恥ずかしそうに微笑むとこちらも手に石鹸を付けて)
        ん・・・(彼に身を寄せる様にして、その胸板に手を這わせて石鹸をぬるぬると塗り伸ばしていく)
      • ん、まあそれ程迷うようなことでも無かったかなーとも思うがー(恥ずかしげな笑みが可愛いのでちゅっとキス)
        (彼女の手の運びに倣って胸元から塗り拡げていく)んー…この手触りの良さ…(彼女の肌の滑らかな感触と対照的に、筋肉と傷跡とで滑らかさは程遠い胸板)
      • ちゅ♡(嬉しそうにキスに応えて・・・)んっ・・(うっとりと息をつきながら彼の手付きに酔いしれる・・・)
        (筋肉や傷跡の溝をなぞる様に指を這わしたりして全身を撫であげて・・・段々と座り合った距離すらももどかしく感じて、彼の前に跪き、身を寄せながら背中にも手を這わせて)
      • ふぅ…ん、は…(擽ったくも心地良い、彼女の丹念な指先の動きに吐息が漏れる)
        (胸ばかり揉…洗っていたいが、そうも行くまい…と思った所で何やら彼女が身を寄せ、跪く)…んぉ、それなら膝の上に来る?
        …ちょっと下半身洗いづらいけどな(などと囁きつつ、こちらも脇腹から背へと手を回す)
      • ん・・行く♡(にへへっと笑うと彼の膝の上に・・腕を絡めて抱き着くようにして泡にまみれた肌を押し付けたりして)
        ふふ・・・ん・・気持ちいい、ですね?(背筋を滑る彼の指先にうっとりと呻きながら深く抱いて温もりを感じたり)
      • ふふ、おいでおいで(彼女を膝の上に迎え、こちらからも抱くようにして肌を密着させる)
        んむ、気持ち良い…(泡の付いていない頬や耳元に唇で触れながら、背中の起伏を指で堪能する 続いて腰、更に下へと撫でて洗っていく)
      • ひゃんっ‥ふふっ・・・擽ったいですよぅ?(耳元に囁いて返しながら、身をよじり座り直す要領で柔らかな体を擦り付ける様にして)
        (徐々に下へと撫で滑っていく彼の手付きを意識で追いながら、こちらも指先を背に這わせて擽る様にしたりして)
      • ふふふ…(妻の囁き声に心地よいぞわぞわ感を覚えつつ、こちらからもこすりつけて、むにゅりと押し付けられる柔らかな感触を味わう)
        ん…は…(こちらも彼女の指を意識で追いながら、腰の下に続く丸みへ指を這わせる 好みのボリュームと、素晴らしい丸みを指でなぞっていく)
        (外を一通り撫でると、今度は谷間に向けて進んでいく)
      • ふふっ・・・んもぅ・・(楽しそうに微笑みあい体を寄せ合う心地よさに酔いしれる)
        はん・・んっ(彼の指がお尻に掛かる・・なぞる様な手付きに体が敏感に反応していると、段々と指先が内側へと入ってきて)ん・・っは・・(反射的にお尻を突き出すようにして迎え入れる)
        (同時、彼の背をなぞる指先がするりと首から耳元へと滑り、煽る様に擽って)
      • この辺も結構汗かくからなー…汗疹にならんよう気を付けねばなるまい…(深い谷間を上から侵入していく 彼女が突き出すような動きをすれば、指はより深くへ滑る)
        んっ…ふふ…ふぅっ(耳元を擽る指先に小さく笑って、お返しとばかりにこちらからも耳元に息を吹きかける)
        (その間にも指は両壁を撫でながら進み、一通り洗い終えると谷間の底、窄まった部分を円の動きで擽る)
      • は・・ぁぁんっ(深く入ってこようとすれば思わず力が入るが・・石鹸にまみれた指先を留めるには及ばずに)
        ひゃんっ・・ん・・・ふふ・・・くすぐったいですよ・・・んっ(耳元への刺激に思わず首を縮こまらせつつ微笑んで囁き返す・・そうする間も指はより深く入って擽ってきて…思わず声に艶めいた色が混じって)
      • ふふ、そりゃあ擽ったくしてるものな?(首を竦める彼女の頬に、そして声に艶を乗せる唇に口付けて)
        (指の腹で皺の一つ一つをなぞるかのようにしたかと思えば、今度は指を二本使って広げてみたり)
        (流石に石鹸を付けたままなので軽く押し込むに留めつつ、しかし妙に念入りに弄…もとい洗って)
      • ちゅ・・ん・・・(口づけ、食むように唇を動かすとそのまま甘える様に擦りついて)
        ん‥ぁ・・・はぅっ・・・く(お尻を弄られる感覚に小さく声を上げて悶える)
        んっ・・ぁ(念入りに洗われながら背筋をぞくぞくと震わせる・・・湧き上がる切なさをこらえる様に彼の背を掻き抱き、全身を揺らして体で洗う様にして)
      • ん…む、ちゅ…ぁむ(唇を啄みながら、それに似せるように二本の指を蠢かせて後ろの穴を弄う)
        (身体を擦り合わせる内、段々とモノに血が集まって秘所に沿うように立ち上がってくる)
      • ちゅ・・む・・はむっ・・・んっ(キスをしながらお尻を弄られる内、段々とお腹の奥から、前も後ろも疼いて堪らなくなる)
        (秘所にそう様にモノが立ち上がれば、くちゅりと湿った音が立ち、そのまま擦り付ける様にして)・・・熱くなってます・・・(うっとりと息をついて)
      • ん…そろそろ、シンディの中に入りたいな…(囁き、また唇を二度三度と食んで、吸って)
        こっち…なら向きを変えないと、だな(こっち、の言葉に合わせてつぷりと指先を僅かに沈み込ませ、軽く掻くように動かして)
      • ふふ・・・私も・・レクスさんが欲しいなって・・・んっ(ちゅっちゅっと啄みながらいやらしく腰を揺らし、あげていく)
        ぁんっ(窄まりに沈む指を力強く締め付けて)ん・・は・・・でも・・前も寂しいなって・・・(どっちもちゃんと可愛がって欲しいと甘える様に囁いて)
      • 俺に二本生えてるなんて奇遇なことがあればな…はさておき、きちんと両方可愛がってみせましょうとも 愛しい妻のおねだりだからな…
        じゃあこっち向きに…(と座る向きを変えるよう促す…ついでに自分も鏡の方へ向きつつシャワーで互いの身体の石鹸を流して)
      • ん・・えへへ♡(嬉しそうに頷くと、彼の促すがままに体の向きを変えて)
        ・・・ん・・はふ・・(洗い流されながら、待ちきれないという風にお尻をゆすって)
      • (まずはそそり立ったモノを秘所へ擦り付け、蜜を馴染ませて)…じゃあ今回の本命は…こっち、で(穂先を窄まりへ押し当てて)
        力を抜いて…ゆっくり呼吸して…痛かったら言ってなー…(ゆっくりゆっくり、僅かに前後させながらカリの張り出した部分までを収めていく)
      • ん・・はぁ・・・あっ(ちゅくりちゅくりと卑猥な音を立てながら秘所とモノをすり合わせて・・・)あっ!(穂先が後ろに押しあたれば思わず声を上げて)
        はっ‥はぁ・・・あっ(深く息を整え吐きながらゆっくりと力を抜いて・・・)ん・・ぁぅ・・っは・・(抵抗感を感じさせつつもつぷつぷと、ゆっくり受け入れていって)
      • (じっくりと、彼女の呼吸のリズムに合わせて深く深く、繋がっていく)…っん、ふ…よし…
        大丈夫かな…?(と優しく囁きながら、右手は秘所へ、左手は乳房へと伸びて)
      • ふぅ・・んっ・・ぁっぁっ・・・(つぷつぷと、やがてすべて埋まって)はぁ・・・ふふ・・大丈夫です♡
        はん‥ん!(乳房に手が触れれば押し付ける様にしながら身をよじり・・秘所に指が触れれば)んっ!(くちゅくちゅと音を響かせながら悩まし気な声を上げて)
      • ん…では早速…(耳元で囁き、耳朶を食む 乳房に埋もれた指を揉みしだくように動かし、秘所に沿う指は蜜を絡め内側へ)
        (中指と薬指で内襞を掻きながら、掌を使って陰核を刺激する その動きと合わせて腰を揺らして、モノで後ろからの援護攻撃を加えていく)
      • ふぁっあっ(囁く声にぞわぞわと震え・・・そのままピクリと身を跳ねさせる)んぁっ・・あ・・・あぁんっ(指先が膣内へと侵入すれば強く絡みつき、愛液を滴らせながら指を締め付けて)
        ふ・・んん!・・っぁ‥(息を整えながら与えられる愛撫の快感に悶えていると)んぁあっ!・・っふ・・・はぁあ・・(モノが前後しだして大きな声を上げる)
      • (とは言え始めの内はゆっくりと、普段と違う快楽を身体に思い出させるように責めていく)
        (前後左右に回転運動、モノで、指で彼女の中を掻き混ぜ、掻き乱す それに負けないよう、少し強めに乳房を捏ねてその形を歪ませて)
      • っは・・ぁ・・・あぁ・・(じっくりと、ぐりぐりと責められれば段々と堪えきれない快楽に呑まれていく・・・)
        ふぁぁっ!あっ・・・そんな・・どうじ・・にっ!・・・んん!!(セリフとは裏腹にしっかりと快感を感じて背筋を震わせる・・指とモノが内壁を通じてこすれれば甲高い嬌声を上げ、少し強めな乳房への攻めがアクセントになって身を跳ねさせる)んんん!
      • は…ふふ…どっちも、っておねだりしたのは、シンディだ…(意地悪に、しかし甘く囁き今度は首筋に吸い付いて、薄く痕を残す)
        (入り口を解すような大きな動きで内壁を抉り、同じように指でも肉襞を掻き回す 一方で乳房では食い込ませた指で更に先端部を摘み擦る動きで刺激を強める)
      • そう・・ですけどぉ・・・んん!(首元に唇が当たればふにゃりと蕩けて)
        っは・・・あぁぁっ(前も後ろも胸も、同時に責め立てる事で生じる快感の渦にすっかり呑まれて・・・)あぁっん!ふぁぁぁ・・・やっあっ・・おかしく・・なっちゃ・・んんん!(ぶんぶんと髪を振り乱しながら身もだえて上り詰めていく)
      • なっちゃえなっちゃえ…♥(などと無責任なことを囁きつつ、かぷかぷと首筋を甘く噛む 上り詰めつつある彼女と対照的に、先程吐き出した分の余裕がある)
        …んー、それともまだ楽しみたい…?(と意地悪を言いながら、ほんの少しだけ責めの手を緩める)…ああ、それより沢山イかせて欲しい…かな…?
      • んんっ!ぁぁぁっ(ぞくぞくと震え悶えながら大きな嬌声を上げて)
        はぁ‥あぁぁ・・・っは(責めの手が緩めばようやく落ち着いたという様に息をついて整える)はぁ‥あぁ・・はぁ・・・ん・・(息も絶え絶えで助かったと思うと同時)
        ん‥ぅ・・(切なげに身をよじらせる)レクス・・さぁん・・・(ちょっと泣きそうになりながら、訴える様に彼にしがみついて)いかせて・・欲しい・・・です・・いっぱい・・・
      • …ふふ、りょーうかいっ♥(再び責めを強めていく 先程と同じ…ではなく、徐々に強く、激しくしていって)
        (腰の動きは明確に子宮を裏から小突き、揺さぶるような動きへと変わり、ぢゅくぢゅくと蜜を掻き出すような指の動きには、敏感な部分を内外から磨り潰すような動きが加わる)
        (乳房は荒々しい程に揉みしだき、腫れたように尖った部分は摘んで捻り、弾いて責め立てていく)
      • ふぁっ!・・・あっ‥あぁぁ!(悦楽への道を自ら選んだ事で一際感じ入るようで・・・段々と激しさを増す責めにすっかり翻弄されて)
        あぐっ・・ん!くぁぁっ・・(お腹の奥を裏側から突き上げられ大きな声を上げる・・・掻き出しすりつぶして来る指先を愛おし気に柔肉が締め付ける・・少し深めに入れれば降りてきた子宮口に触れられそうで)
        っはぁ‥あ!(荒々しい程に力強い愛撫を受けてもしっかりと受け止め、柔らかな感触を返しながら身悶えて)レクスさっ・・・レクスさぁん♡(柔肌に赤く痕が残ろうと溢れる愛おしさが全てを快感に変えていくようで)
      • んっ…ほぉら、大事な所…触っちゃうぞー…?(なんて囁きながら、柔襞を掻き分け先へ指を伸ばす 男らしいごつごつとした長い指が、普段は触れられないような場所へと迫って)
        (それを後ろから後押しするように、穂先がぐいぐいごつごつと小突く 首筋に薄く残った歯形を労るように擽る舌先、かと思えばまた少し位置をずらして甘く歯を立てる)
        (乳房を苛む手指は、片方だけでは可哀想だと言うように反対側へも攻め入って)
      • あぅっ(入り口に指がふれる・・・普段奥深くを散々小突かれて開発された体が、器用な指先の愛撫に触れてきゅぅんと堪らない疼きとなって体を駆け抜ける)っは・・あぁっ・・やっ!
        (さらに後ろからごつごつと小突かれれば・・局部から伝わる集中的な快感に堪える事など出来ずにばちばちと視界が明滅して・・)あっあぁぁぁぁっ!(びくりびくりと全身が震えて絶頂し・・・)
        やぁぁ‥ああぁぁっいま・・今ダ・・あぁあぁっ(首筋を舌先が滑る・・歯が立つ痛痒すらも快感になって・・・)ひゃんっ・・あっ・・はぁぁ・・・(肌を撫でる指先の動き一つ一つに敏感に反応し、ぴんと張った先端がぷるぷると震えて)
      • …♥(いつもはモノで乱暴なくらいにしている所を、今は指先がそっと擽るようなタッチで愛撫している しかしそれだけで妻の身体が悦びを感じている事に、言いようもなく興奮を覚える)
        っん、おぉ…(上がる嬌声、身体の戦慄き、指を痙攣するように締め付ける内側で彼女の絶頂を感じ取りつつ、まだ責めの手を緩めないまま)
        (震えに合わせてぷるぷると弾み揺れる、痛そうなほどに尖った先端を指が捕らえ、きゅっと摘み上げる 獣がするように首筋に歯を浅く突き立てたまま、しかし獣はしない、快楽だけを求める繋がりを続ける)
      • っは・・ぁぁ・・・あぁっ!(きゅうきゅうと内側を収縮させて普段如何にいやらしくモノを搾り取っているのかを指先に伝えながら、さらにと続く快楽に声にならない声を上げて震えて)
        っぁぅっ!(敏感な先端を摘ままれ首筋に痕を残しながら、それでも気持ちよさそうな蕩け顔を晒して彼にしがみつく)あぁぁ‥いい♡・・いいです・・ん!あぁぁっ!
        (彼に全身を預ける形で絡み合いながら、与えられる快楽を狂ったように貪り、全身を悶えさせるように身をくねらせる)はっはぁ・・・あぁぁっ!!
      • (前が締まれば後ろもまた然り 根本を集中的に締め付けられ、さしもの余裕もじわじわと削られていく)
        (昂りに任せるままにうねる肢体を責め立て、貪る 張り詰めた雄が、雌の部分を壁越しに揺さぶり、代わりの指が掻き混ぜ、擽る)
        (乳房と秘所、それぞれの敏感に尖った部分を指が磨り潰さんばかりに責め立てる それらのペースもいよいよ最高潮となって)
      • んっ・・く・・ふぁっ・・あぁぁぁ!(びくびくと余裕なく悶えながらも、その声や表情に、男を掻き立てる妖艶さを纏う)
        (苦し気に喘ぎ悲鳴じみた嬌声を上げながら、無意識にもっと欲しい、否、絞り上げ吸いつくさんとばかりにモノを締め付けいやらしく身をくねらせる)
        きてっ‥きてぇ・・♡もっと・・むちゃくちゃに・・・あっあぁぁぁっ♡(痛いくらいの力強い責めを全身で受け止めながらも愉悦に震え、上がってくるペースにしっかりと答えながら、一際大きな絶頂の波を迎える)んっ・・っく・・ぁっ・・だ、ダメ・・もうっ・・・いっしょ・・いっしょにっ(切なげに、縋りつく様な声で訴え、しがみ付いて)
      • っ、くぁ…あぁ、っん、いっしょ…にっ…(彼女の乞うような甘い悲鳴に応えて、一際深く突き入れたモノと指とで、子宮を挟み撃ちしてトドメを刺す)
        (モノが跳ねるように脈打って、精を勢いよく吐き出す どくんどくんと白濁は行き先もないまま、溜まっていって)
      • んぅっ!あ!あぁぁあぁぁぁっ!!(一際力強く打ち付け、続く熱い奔流が注ぎ込まれる・・・)
        (激しい快感の波に頭の中が滅茶苦茶になっていくのを感じながら、激しい絶頂感に酔いしれて)っはっあぁぁ・・・はぁぁぁ♡・・(びくんびくんと全身を震わせてぱくぱくと喘いでいる)
      • っは、ぁ、ぉぉ…(吐き出す快感に呻きながら、ぱくぱくとどこか欲しがるように震えて見える唇に、誘われるように口付けて)
        (息を継ぐ間も額を重ねて、同じように重なる吐息で互いの籠もった熱を混ぜ合わせる)…っは、ぁ、はぁ…(粋が落ち着くに連れて脈打ちも弱まっていく)
      • はぷ・・っぁ‥は・・・(息も絶え絶えになりながらのキス・・・呼吸は苦し気だが嬉しそうに吸い付いて返して)っは・・はぁ・・・はぁ・・
        (軽い酸欠でくらくらと、少し心地よい感覚に呑まれながら)はふ・・・えへへ・・♡・・・大好きです・・♡(ずっとこうして居たいとバカリニうっとりとしがみ付いてる)
      • あぁ…は、俺も…っん、好きだよ…大好きだ(まあ少し荒い息の合間に囁きを返し、また口付ける 嬉しそうではあるがまだ少し苦しげなので短めに)
        (その合間に噛んだ所をちろちろと舐め、鷲掴みにした乳房をやわやわと撫でるような感じで、それぞれ労って)
      • ふにゅ・・・ん♡(荒く息をつきながらちゅっちゅと口づけて)
        ん・・ぁ・・・はぁ・・・(労わる様な舌や手の愛撫にほうっと息をついて段々と落ち着いて来て)はぁ・・・ぁ・・・ふふ・・すっごい・・♡・・疲れちゃいました♡(くすくすと笑い、甘える様に擦りついて)
      • ふふ…(こちらからも頬擦りを返して)…俺も中々…手がちょっと疲れたな(前の穴に差し込んだ指を、軽くちゅくちゅくと動かしながらゆっくり抜いていく)
        さて…もうちょっとこうしていようか…湯船に浸かってゆっくりするか…どうしようか?(囁きつつ、頬に、唇にキスをして)
      • んっぁっ・・はぁんっ・・(ちゅくりと引き抜かれれば糸を引いて)
        ん・・・じゃぁ‥お風呂に使ってゆっくりしましょうか・・(ちゅっちゅと食み、舌と唇で戯れる様にキスをする)
      • …あ、一旦抜いて流しちゃった方が良いかな…(と思いつつとりあえず互いの身体の汗をざっとシャワーで流して)
      • ・・・♡(まだちょっと夢見心地なのか、真面目に体を流す彼にくっつきちょんちょんと頬とか首とか唇とかにキスをしたりしてはくすくす笑って)
        ほら・・洗ったら入りましょ?(と手を引いたり)
      • っはは、洗いづらいぞー?(などと言いつつ、ふわふわしてて可愛いのでちゅーをお返しして)
        (リードされるのも嬉しいもので、手を引かれて湯に浸かる)…ん゛っ…はぁ…(甘い雰囲気が台無しになりそうだったので妙な声が出るのを途中で我慢した)
      • んふふ・・・だってぇ・・(ちゅっちゅーとキスをして、洗ってくる彼の手付きの一つ一つに艶めかしく体を揺らし、押し付ける様にしたりして洗い流す)
        (湯船に入ってもぴったりくっついたまま)ぁ・・♡・・ふふっ・・ちょっと我慢しました?(くすくすと楽しそうに笑ってつんつん突いたり)
      • ん、ムードを大事にしたくてな…(抱き寄せつつ、つつく指を口で捕まえようとしてみたり)
        しかしまあ…いつもながら、一緒に入る風呂は良いもんだ…(頬や耳元にキスをしつつ、湯の熱と肌のぬくもりを同時に味わって)
      • ふふ・・・そういう所も好きです・・・(指先を食まれると同時、スキありとばかりにその頬にちょんっとキスをしたりして)
        ん・・・そうですね・・あったかくて・・・気持ちよくて・・・すごく幸せです・・・(温もりを全身で感じようとするように深く深く抱いて、戯れる様にキスを返してちゅっちゅと音を立てる)
      • ぁむ…ん、っふふ(いぇーぃ捕まえたっとばかりに指をはむはむしている隙を突かれ、しかしそれさえ嬉しそうに笑みを零す)…へへ、ちょっと照れるな
        世の夫婦はそんなに一緒に入らないらしいが…こんな幸せを味わわずに居るとは勿体ない…んっ、ふふ…ちゅ、ちゅ…(温かくて、柔らかくて、こそばゆさも心地良い刺激で)
        (ゆっくり、と言った手前ではあるものの、こうして裸でいちゃついていると自然とだんだん元気になってくる所があるのは、致し方のないことであろう…)
      • (くすくすと楽しそうに笑って)じゃぁもっと照れさせちゃいますっ(うりうりーっとキスを続けて)
        えぇーそうなんですか?・・恥ずかしいんでしょうか・・(それならちょっとわかるけれどもと頷きつつ)ん・・ちゅ・・はっぷ・・・
        (甘える様にくっつき擦りつき、口づけていれば・・・次第にお腹の辺りに触れる熱に気づいて)・・・ふふ・・出したばっかりじゃないですか♡(嬉しそうに笑って「どうします?」と囁く)
      • なんだとぅ…!っふ、へへへ…(キスは照れると言うより嬉しくて、でれでれと相好を崩す)
        んー、夜する時は明るくしないというのも聞くし、そういうのはあるかもしれん…後は単純に住宅事情?(普通の基準が曖昧な大富豪)
        ははは…それもこれも俺の嫁さんが可愛すぎるせいなのだ…ん、シンディがまだお腹空かないなら…(風呂に時計がないので日の高さで推し量るしか無いが、昼までそう長くはなさそうではある)…もうちょっと、深く、いちゃいちゃしちゃおうか
      • うふふーっ(こちらも嬉しそうに笑ってぎゅーっと抱き着き頬ずりしたり)
        あ、それはちょっとわかるかも・・・少しロマンチックになりそうですし・・・(うむうむと)
        (きゃっきゃと楽しそうに微笑み)ん・・・そうですね・・(まだ大丈夫と頷いて返すと、先ほどよりも少し深く唇を交わし、舌を絡めようとして)
      • ふむ、ロマンチック…(可愛い妻のことは隅々までよく見たい派 でもロマンチックも分からないでもないし、宿の夜は大抵明かりは消したままだったりもする)
        ん…ちゅ、はむ…ぁむ、ん(彼女の舌の動きの誘いに乗って絡め合い、深く唇を重ね、吸って、食んで…そうしながら抱く腕はゆっくりと背、腰と撫でていく)
      • ちょっぴり不満げです?(ちょんちょんと突っついて)ふふ・・明るくたって全然大丈夫ですから
        っは・・・ん♡・・(息を、唇を、唾液を交わしながら、下がってくる手の行方を追って背筋をぞくぞくと震わせる)はぁぁ‥んっ・・・レクスさん♡・・・(愛おし気に名前を呼びながらちゅっちゅと音を立てて吸い付き、舌を絡めながら押し付ける様に腰を揺らして屹立しているモノを刺激して)
      • んー?そんな事無いぞー?明るくても暗くても、シンディの可愛さ、美しさは変わらないからな…(笑みを返して)…そういうとこも好きだしな
        はぁむ、ちゅ…む、ん…シンディ…♥(甘く囁く声に胸を擽られながら、同じように名を囁いて 撫でる手付きは尻の丸みに沿って、片方はそこへ留まり、もう片方は太ももへ進む)
        ん…は…手、気持ち良いよ…(モノは彼女の手の中で、温泉にも負けない熱さでその固さを主張する)
      • えへへっ・・・うれしいっ・・
        んんっ(名前を囁かれればぞくりと震えて・・撫でる手に合わせて尻を揺らして足を開く)
        ぷぁ‥はぁぁ・・・熱い・・です・・(モノを優しく撫で・・しっかりと手にして扱いたりして)入りたいって・・言ってる♡(そんな風に囁きながら寧ろ我慢できないのはこちらだという様に腰が揺れていて)
      • (ちゅ、ちゅ、と唇を啄み)…ん、身体は正直だ…(どちらのことを指しているやら、そんな囁きで返し)
        (むっちりと尻肉を鷲掴みにし、脚に掛けた手はそのまま軽く持ち上げる)お湯が入るといけないから…向こうの、縁に腰掛ける感じで…(と抱えあげるような形になった所でそっと促す)
      • うん・・♡(どちらもという様に微笑み、唇を食んで舌で舐め擽って
        は・・あんっ(しっかりと掴まれいやらしい声を漏らしながら促されるがままに彼と一緒になって縁の方へ)
      • (軽いキスを繰り返しながら彼女に縁に座ってもらうと、手を尻から背に回し抱き寄せるようにして)
        (そのままゆっくりと、身体を繋げていく 温泉の熱も加わり焼けた鉄のようなモノが、泥濘を掻き分け押し入っていって)
      • ちゅ・・んっ・・あ・・・(腰を下ろす・・彼の力強い腕にみを預けながら足を開いて)
        あ・・あぁぁっ!(うっとりと嬉しそうな声を上げながらモノを受け入れていく・・・既に濡れそぼっている膣が、押し入るモノを熱く柔らかく受け入れ、締め付ける)
      • っはぁ…ぉー、中熱…(耳元に顔を寄せ、そんな事を囁きながら、更に置くまで深く繋がっていく)
        (穂先をぐっと一番奥に押し当てた所で、ゆっくりと前後に動き始める)…あんまりゆっくりしてると湯冷めするかな…ふふ
      • っは・・ぁ・・・(うっとりとした息をつきながら、彼の吐息を耳元で感じる)
        はんっ・・あっ・・・!(前後に揺れ出せば早くも湿った音と嬌声が浴室に響いて)んっ・・そう・・したら・・・ぁん!・・また・・温まりましょう‥?・・・んっはぁぁ・・・(一番奥を押し上げられる感覚にびりびりとした快感を覚えながら、甘い感覚に身悶えて)
      • ふふ、そうだな…でも風邪引かないように、気を付けないと…だ(ぐりぐりと穂先で奥を抉り、それから腰で円を描きながらゆっくりと抜いていく)
        (今度は小刻みに前後しながら再び奥を目指し、最奥をこつこつ小突いて、ずるりと一息に腰を引く)
        (そうして腰使いを細かく変えて彼女の反応を愉しむ)…♥
      • んふふ・・っ(はいっと頷くも・・・奥を抉りかき回される様な感覚に直ぐにそちらに夢中になって)ぁっんっ・・ふあぁぁっ
        っは・・あっ・・あぁっん!(力強くねっとりと引き抜かれたと思えば細かく何度もノックするように・・かと思えば一気に引き釣り出すように引いて・・)
        っは・・あぁっ・・あ!・・すご・・いいっ・・ん!ふあぁぁっ(多彩な責め立てにすっかり翻弄され、また夢中になって・・・身悶え嬌声を揚げ、濡らして締め付けながら)っはぁぁん♡・・(嬉しそうな笑みを浮かべて腰をゆすり、モノを扱いて返してくる)
      • (もっと彼女の反応を見たくて、耳元から正面へ顔を移す)…っは、ん…あぁ、もう…可愛いなぁ…っ♥(甘く蕩けた声を上げ、嬉しそうな顔さえする妻に、胸の内に燃え上がるものを感じつつ)
        (もっと、もっと見たい…そんな思いに駆られ、重ねた肌を擦り合わせるように彼女を責め立てる)
        (深く、浅く、突き上げ、掻き混ぜ、小突き、揺さぶって ペースは緩やかに、しかし多彩に責め立てて)
      • んぁっぁぁ・・・(向き合えば柔らかく微笑む・・・ただあまりにじっと見つめられても気恥ずかしいので擦りつくようにして視線を切ろうとするも)
        っは・・ぁ・・・あぁっ!(彼がさらに強く激しく責め立ててきて、そんな余裕もなく身を捩らせる)
        やぅっ・・あ!・・そんな・・あぁぁっ‥すごい・・・んん!気持ちいいのが・・すごくって・・んっ・・あぁぁっ(もうどうしていいのか分からないといった風にぶんぶんと首を振りながら蕩けた表情を晒して乱れ悶える)れくす・・さっ・・・あぁっ・・ん!すき・・すきぃ・・・っ
      • はっぁ…ん、そういう時は…キス、したら良いんじゃないかなー?(そう囁いて、耳まで赤らめつつ視線を外そうとするシンディの頬に唇で触れる)
        っあぁ、本当に可愛いなあもう…っ、俺も、好きだ…大好きだよ…(甘い声に囁き返しながら、互いの昂ぶりに合わせて更に動きを変える シンプルながら、彼女の弱点を確実に責め立てる腰使い)
        (彼女の身体を掻き抱き、強く深く、一つに溶け合わんばかりに肌を重ね合わせて)
      • ちゅ・・・ん・・はぁっぷ・・ん(ちゅぅっと縋る様に深く吸い付く)はふ・・ん・・そう・・ですけど・・・んんぁっ
        ふぁっあっぁぁ!(彼の昂ぶりが増しているのを繋がった所からひしひしと感じる・・・こちらの弱い所をばっちり把握された責めにすっかり蕩けて)
        ぁんっ!あぁっそれ・・それ弱いの・・あっ・・・ん!ぁぁっ!(こちらからも求める様に深く強く抱き返す・・・肌を重ね体温も汗も溶け合わせるような心地で深く深く交わって・・・)
      • ちゅ…ん、む…可愛いなあ…ぁむ(深く食み、舌を絡める その合間にまた、そっと零すように囁いて)
        (抱き締め、口付け、深く繋がる 触れられる部分の全てで互いを感じ合う、その歓びと興奮が胸を満たしていく)
        …ん、ふふ、は…知ってる…シンディの弱いとこ全部…(張り詰めゆくモノが彼女の内襞を掻き、奥を突き上げ、抉る 嬌声と弾む吐息、肌を打つ音と泥濘を付く水音に湯の波立つ音が混じって響く)
      • ちゅ・・・ぁ・・・はぷ・・・(舌を絡める快感に思わず震えて)っはぁぁ‥♡・・
        ん・・・ぁぁぁ・・すごい・・深い所で・・繋がってるって・・そんな感じがします・・・んっ(思わずうっとりしながら呟き呻く・・・しっかりと抱き合いながら身をうねらせ交合の感触を堪能して)
        はふっ・・・あっぁぁ・・・そんなっあっ・・・んっ(内側を滅茶苦茶に、的確に突き、掻き、解されていく感覚に陶酔していく)ぁぁっいい・・いいです・・・(悦びの声を上げながらもっともっとと訴え迎え入れる様にしがみ付いて)
      • はぁ…んっ、ふふ…おヘソの下まで来てる感じ…?(実際そこまでではないだろうが、モノ全体を彼女の中へ収め、奥の奥まで押し上げる感覚はそれくらいにも思える)
        (もっともっと、欲しがるようにしがみつく彼女に、それならばと両手を尻へ移し、彼女の身体を抱え上げる いわゆる駅弁の形)
        (そうして彼女を軽く上下に揺らすようにしながら、腰も使って深く強く、何度も最奥を肉槍で刺し貫く)
      • うん・・(言われればそんな気もするようで、甘える様な声でこくりと頷く)きてるっ・・きてるってわかる・・んんっ!
        ふぁぁっ!(ぐいと力強く持ち上げられる・・全身を彼に委ねる様にすれば奥深くをぐりりと刺激されて大きく喘いで)
        っは・・はぁっあ!すご・・ん!・・・ぁぁつ・・・ふか・・ふかぃぃ・・ん!・・んんんっ!(ぞくぞくと震えあがりながら力強く揺さぶられて)
      • っはぁ…ん…可愛いなあ…(甘える声が可愛くて、そんな風に囁いて)
        (甘い雰囲気な上半身と対照的に、弾むように揺さぶる動きでぐっと張り詰めたモノが、何度も彼女の一番奥をごりごりと抉る)
        (鍛え上げた肉体で彼女の柔らかな肢体を包み込むように支え、責め立てるペースを徐々に上げていく)
      • ふぁ‥んっんんっ(囁く声にぞくりと震える・・・何度も何度も奥深くをごりごりと擦られて堪らない感覚が駆け抜けて、夢中になっていく)
        っは・・はぁ・・あぁ!・・・すごい・・です・・んっふあぁ!段々・・はやく・・あぁ!(力強く抱かれる幸せを感じながら、力強く段々と早く突き上げられ、徐々に絶頂へと向かって昂っていく)ふぁっあぁぁっ!くる・・きちゃう・・
      • んっ…ぁ、は…あぁ、一緒に…♥(揺さぶる動きはあまり大きく出来ないので、代わりに突き上げる腰の動きを大きく、速くしてスパートをかけていく)
        (どちゅん、と音がしそうな程深いストロークと同時、ぐっと押し込まれた穂先から熱が迸り、彼女の最奥へ注ぎ込まれていく)
      • う・・んっ・・うんっ‥いっしょ・・・いっしょ・・にぃ・・っ!(こくりこくりと頷きながら、力強くなっていく動きに嬌声を高めて)
        (やがて一際深く力強い一突きに)くぁっ・・ぁ・・あぁぁあぁぁぁっ!!(続く熱い奔流に押し流されるような心地を覚えながら絶頂して・・・)
        んっ・・あぁぁ・・あっあぁぁっ!(ぎゅぅぎゅぅと深く強く抱きしめながら響き渡る絶頂感に浸る・・・不随意に脈動する膣がモノを絞り上げ、最後の一滴まで受け取ろうとする)
      • っは…ぉ、お…(吐き出す快感に呻きつつ、しっかりと抱えて)
        (一滴も余さず搾り取ろうとする内壁の蠢きに誘われるまま、モノは何度も脈動して彼女の奥へ、熱を吐き出し叩きつける)
      • あっあぁぁっ‥はぁぁぁん♡(蕩ける様な心地で叩きつける様に注ぎ込まれる熱量を感じる)
        (びくっびくっと体を震わせながら彼の脈動をしっかりと受け止めて・・・)・・ん♡・・・(内外両方で感じる幸福感に酔いしれ、甘える様に口づける)
      • はむ、ん…ちゅ、ちゅ…(甘える口付けに応えて、呼吸を整えやすいように少し間を挟みつつ、ゆっくり食み、啄む)
        (そうしながら、そっと浴槽の縁に彼女を降ろす)…♥(口付けを続けながらゆったりと背や腰を撫でて)
      • ん・・ちゅ・・・ぷぁ‥はぁぁ(ゆっくりと余韻を味わう様な口づけにうっとりと息をついて)
        ちゅ・・はふ・・・ん♡(体を降ろされながらこちらも彼を撫でさすり、その体の温もりと逞しさを感じる)っは・・ふふ・・・気持ちいいです・・ん(囁くように告げるとまたちゅっちゅと音を立てて吸い付き擦りついて甘えて)
      • ん…俺も…ちゅ、む…は…シンディの手、気持ち良い…(囁き、口付けて、愛しげに頬擦りをして)
        (そうする内に脈打ちが収まっていくのを感じつつ)…さて、お腹はどうかな…?(なんて囁きながら頬に、額に唇を触れさせる)
      • えへへぇ・・・私も気持ちいいですよぉ(さすりさすりとしながら、頬ずりを受けて気持ちよさそうに目を細めて)
        ・・はぁぁ・・・(ゆっくり収まっていくのにつれてこちらも気持ちが落ち着いて来て)ふふ・・ちゅ・・ん・・・幸せ過ぎてそれどころじゃないかも(でもちょっぴり空いてなくもないかなぁと頷きつつこちらからもキスを返して)
      • んー、へへへ…それは俺もだなー…幸せだ(目を閉じて擽ったげにキスを受け)
        …じゃあ少しのんびりしたら出ようか…あんまり長風呂するとのぼせてしまうしな?(囁き、耳元へキスして)…離れるとお湯汚れるからこのまま…
        (手遅れな気もしないでもないが、そんな事を言いつつ湯へ浸かろうと彼女の体を抱え上げて)
      • ちゅ・・ん・・・はいっ♡(こくんと頷くも)ふふっ・・・でもこうしてたら、またしたくなっちゃうんじゃないですか?(なんてからかいつつもしっかりと抱き着いたまま、ゆっくりと湯船につかって)
        はぁ・・・ふふ・・あったかいです・・・(リラックスした声を漏らしてうっとりと息をつく)
      • まあその時はその時で…や、流石に上がってからにした方がいいとは思うけどな?(なんて冗談で返しつつ)
        ん…ちょっと冷えたかもだ…ふふ(そっと、額を重ねて、こちらもリラックスした吐息)
      • (きゃっきゃと楽しそうに身をよじって笑って)
        ん・・・そうです?(温めようとするように回した腕でそっと撫でさする)・・じゃぁまったりして、温まっていきましょう
      • ん、そうしよう…ふふ、ちょっと背中がなー…へへへ(胸や肩、腕とは対照的に傷の殆どない、筋肉と背骨の起伏だけの背中を滑る彼女の手が心地良くて、小さく吐息する)
        シンディは大丈夫かな…?(と、こちらも背中や肩を撫で擦り、耳元についでにちゅーとかしたり)
      • ふふ・・たっぷり温めあってたつもりなのに冷えたっていうから少しびっくりしちゃいましたよ(くすくすと)
        ん‥だいじょうぶです・・・(いっぱいぎゅっとしてもらってたから気持ちは暖かだが、撫でさすれば少し冷えてたとわかったり)ひゃんっ・・ふふっ擽ったいですよぅ(笑ってちゅっちゅーっとお返ししたり)
      • んむ、その温度差はないので大丈夫だとも…ん、シンディもちょっと背中冷たいな(湯を掬っては肩にも掛けて、ゆっくりとさする)
        っへへー(擽ったそうにちょっとだけ首を竦めて小さく笑う 今度は唇にキスをして)
      • ん・・・そうですか?(ちゃぷりとお湯がかかれば暖かそうに目を細めて)
        ちゅ・・んっ♡・・・ふふ・・気持ちい・・・(はぁぁっとうっとり息をつくと甘える様にしがみ付いて温もりに浸る、段々と冷えていた体も温まってきてふにゃりとしてくる)程よい所で上がりましょうか・・(逆にのぼせちゃいますしとこくこく)
      • なぁにすぐ温まるさ(なでなでさすさす)…ふふ、そうだな シンディもふにゃふにゃしてきたことだし…(可愛いよ、と囁いてちゅっ)
        上がる前にざっと流した方が良いなー…後で気になってくるだろうし(どこをとは言わないが)
      • んー♡(ちゅーっとキスして摩られる)ん・・・そうですね・・・じゃぁもうちょっとしたら…(こくりと頷き、しばし抱き合って温もりに浸って)
      • (そうしてゆっくりまったりとしていると段々と恥ずかし気に身をよじらせて)・・・ちょっと・・お腹空いて来たかもです・・(落ち着いた事で自分の状態に目を向けられるようになったようだ)
      • よぉしよし、じゃあ出ようかー 俺の方もそろそろ…だしな(ちゅるんと抜けてしまいそうなくらいになりつつあるという意味)
        (そんな訳で抱っこしたまま湯船を上がり、洗い場で諸々を流して)…ふぅ、出前が良いかねー…
      • えへへぇ・・はぁいっ(ぎゅーっとしたまま上がる、力が抜けかけてるのを見て「おつかれさま」何て言って綺麗にしてあげたりしつつ)
        (浴衣に着替えてさっぱり)そうですねぇ・・・・おそばなんかで軽く?済ます感じでしょうか
      • (洗われている最中元気になってしまいそうになるのをぐっと堪えたり、やっぱりちょっと元気になってしまったりしつつ、お互いに洗い終えた)
        んー、だなあ…じゃあ蕎麦で…(メニュー群からそば屋を取り出して広げる)…んーむー…俺はざる蕎麦…!(即決である)
      • ふふ・・・困ったさんですねぇ(またあとでねっと)
        ふふっ・・即決ですね?私もそうしようかなぁと思ってましたが・・・お蕎麦屋さんのカレーは美味しい、なんてよく聞きますけどどうなんでしょう?(よくわからない様子)
      • …ん、後で、な…(そこに向かって話しかけられるのもなんだかちょっとえっちだなとか思ったとか)
        (天ぷらは出前だとしんなりしがちだから、とかそれ位の即決理由である)…んー、なんというかこう…単なるカレーじゃないんだよな、カレーそばなりうどんなりのカレーは
        店にもよるんだろうが、大抵はスープが東国風の出汁が効いてて、片栗粉でとろみが付いてたりとか…
      • へぇ・・・(ふむふむと頷く)上手くアレンジされているってことなんでしょうね
        ・・・あるかな・・カレーライス・・いやいや、折角お蕎麦を頼むのだから・・・(匂いの問題もあるしと悩んだ結果彼と同じざるそばにする事にして)
      • あー…カレーライスはどうだろうなあ…同じカレーでライスも作ってるかもしれんが…(メニューにはあるにはあるが、普通のカレーライスが来そうな気もする)
        …ん、いいのか(というわけでざる蕎麦二人前、片方は大盛りで注文)…さて、あとは来るのを待つだけ、か
      • カレーライス用は別で作るものなんですかね?(ふむふむと唸って)
        えぇっ元からそれにするつもりでしたから(うんうんと頷いて注文して)えへへー・・たのしみですね(ごろごろしながら体を伸ばしてる)
      • その辺は…店主のこだわり次第…?カレーそばとか出しててもカレーライスは出さないとこもあるだろうしな
        んむー、楽しみ楽しみ…(ごろごろしているシンディの顔をやら髪やらなでなでさわさわ)
      • ふふっ(擽ったそうに身をよじり、撫でる指先の感触に目を細める)
        (手をそっと取ると頬にあてて気持ちよさそうに頬ずりとかしつつ、ちょっぴりうとうととしたりしつつも時間が過ぎて・・・出前が届く頃になる)
      • ふふ、すべすべだー(頬擦りの感触に嬉しげに微笑んだりしつつ、うとうとしたりするのを眺めて)…そろそろか
        (なんて言ってるとノックの音がして 品物を受け取って代金を支払って)…ほぃ、来たぞー(ラップの掛かったざる蕎麦2セットをお盆に乗せてテーブルへ)
        (手早く並べそれぞれのラップを取って)…よし、待ってるうちに結構腹ぺこになったなー 食べよ食べよ(手を合わせていただきます)
      • ふにゅ・・・ふふ・・レクスさんの手、大きくて暖かくて好きです(なんて言って笑ったりしたりして)
        んっふぁぁい(よっこいせっと起き上がるとテーブルの前へ)ふふっいただきますですっ(ちゅるちゅるとお蕎麦を頂き、さっぱりとした食感を楽しんで)
      • おぉ?へへへへ…なんだか妙に照れるな…(と照れ笑いを浮かべつつ、ありがと、と囁いて)
        初めは一本だけ食べて蕎麦の香りを楽しむだの、一度にたくさん取りすぎないだの、なんか色々作法みたいな話をする奴もいるが…(ずるるっ)
        …好きに食べればいいと思うなあ…見苦しくないよう気をつけてれば…しかし、美味い…これは店にも食べに行きたいな(などと言いつつ食べ進めて)
      • ふふっ聞いた事もないような作法が出て来たりするんですよね(思わずくすくすと)
        ですねっ(うんうんと美味しそうに唸りつつ頂いて)出前はしょうがないとして、専門でやってないお店とかだと蕎麦湯がなかったりするんですよね(それがちょっと寂しいと頷いてる)
      • ははは、そうだなあ…蕎麦は派手にすすって食べねばならない、とか、ありそうななさそうな感じの奴な(とこちらも小さく笑って)
        まあアレはアレで結構手間が掛かるというか…ある程度蕎麦の割合が多くないと、単なる茹で汁にしかならないしな…専門の店はたいがい二八とか十割のイメージだ
        (半分くらい食べたら薬味をちょっと入れて再び食べていく)…あ、蕎麦湯の代わりにお湯で割る…?(なんて思いつきを口にする)
      • ふふっ単なるゆで汁って考えるとお湯でもいいのかもしれませんね・・・思えばそういう蕎麦湯が合って然るべきなんていうのも良く分からない作法の一つですねぇ・・・
        (うんとうなずき)折角ならちょっとやってみちゃいますか?(細かい事は気にしなくていいだろうと乗ってみる)
      • まあ、たかが茹で汁、されど茹で汁って感じだなー あればなんだか嬉しいし、ちゃんと蕎麦の香りがするのも美味しいしな(明日辺り食べに行こう、と心に決めつつ)
        そうだな…この蕎麦汁も美味しいしな…(というわけでお湯を用意して、食べ終わってから二人で試してみることに)
      • (と言う訳で食後にお湯を入れてみて)・・・うん、薄まったつゆですねぇ(いやでもこれはこれでとこくこく)
        ・・・はふ・・ごちそうさまでしたっ(さっぱり落ち着いた様子で手を合わせて)
      • まあでも元々少し濃いめだから飲む分にはちょうどいい感じと言えよう…温かくすると香りが立つなあ…
        んっ、ごちそうさまでしたっ(食べ終えた器やらをお盆に纏めて部屋の外へ置いておく)

Last-modified: 2019-10-18 Fri 23:58:21 JST (8h)