リザレクス・リヴァイバー Edit

+  ステと戦歴

俺の部屋 Edit

+  ←リザレクスと会話する時はまずここを押す

愛の巣 Edit

(「・ω・)「<ねるんぬやーんEdit
編集/差分
お名前:
  • さて…後の工程が長引いても良いように洗うとこは洗っとこうな…(とはいえ今日何度目かの風呂なので、真にしっかり洗う必要があるのは繋がっている部分だけなのだった)
    (なので結局)…ふふふ、すべすべ玉の肌…(一応全身を流すと、早々に洗う建前は放棄して愛撫の手付きでお腹から肋へ向かう途中)
    • はぁいっ(きゃっきゃと楽しそうに洗いあって・・・)
      (でもすぐに)・・ぁ‥んっきゃぅ(艶っぽい声をお風呂場に響かせながら、肌を伝う手の動きを追って)
      • (肋骨の下辺へ指が辿り着くとすぐに親指の付け根あたりに乳房が当たる そのまま軽く押し上げつつ、下の付け根のラインをなぞってまずは外側へ)
        そういえば…この辺も何やら性感帯らしいな…(この辺、というのは今まさにさわさわとソフトになぞっている、乳房と脇の下の境目のライン)…今までにも散々触ってるような気もするが
      • ふぇっ!?・・(彼が優しくなぞっていくのを感じ取っていたが、ふとかかる言葉にちょっと驚く)そうなんですか・・?
        あまり・・・意識したことはないですけど…くすぐったいなぁってくらいで
      • 確か…スペンスなんとかとか言う…胸のGスポットとか言われているとかいないとか…(なぞる指先をふにふにとマッサージの手付きに変えつつ)
        でもよく考えるとこの辺りって、割と下着とか服とか色々当たるからなあ…本当なら日常生活が大変になりそうだ
        …擽ったい所は性感帯になりうる、みたいな話ならその通り…なんだろうか(どう?と耳元で囁いて問いつつ、その辺りを重点的に刺激するようにして)
      • そう・・なんですか?意識してないと気づきづらいんでしょうか?(とにかくしてみましょうっと頷く)
        (マッサージするような手つきに変わればこちらも息を吐いてリラックス、身を委ねながら)・・・ん‥(ちゅっとキスをして気分を高めていく)
        ふ・・・言われてみると・・くすぐったいというか・・・こそばゆくぞわっとするような・・・(ほふっと息をつき、「優しくほぐす様にしてみて」と囁く)
      • かも知れん…(気分を高めるのも大事かも、と思いつつ口の横で食むようにしてキスに応える)
        ふむふむ、なるほど…こうかな?(優しく優しく…肉球を上手く使ってゆっくりと解すようにマッサージしていく)
      • ちゅ・・ん(あむあむと啄み、見つめればうっとりとして)
        ん・・・はぁ・・・ふ・・(マッサージするような手つきになれば静かにリラックスするようにして)・・ん・・・ぁ・・
        (擽ったさの中にある心地よさに、素直に声を上げてみて)ふ・・っは・・・(そうするうちに徐々にぞくぞくと身を震わせ出したりする)
      • ん…ちゅ…ぁむ(啄む唇に応えるようにマズルの横を起用に動かし啄み返し、隙間からぺろんと舌を出して唇を擽る)
        ふふ…(腕の中、力の抜けていく彼女の身体を感じつつ、血行を良くしていくイメージで指を動かして)
        …ぉ(腕の中で小さく身を震わせる彼女に感心したような声を漏らす)…流石にちょっとしたくらいじゃ、と思ったが…長年の蓄積かな…?
        (可愛いなあ、と言葉を続けつつ快感を覚えようとする彼女の姿を鏡越しに愉しんで)
      • んぁ‥む♡(差し出された舌を唇で食み、こちらも舌を差し出してちろちろとなめ合って)
        (口づけながら愛撫を受けるうちにとろんと蕩け、彼の手つきに身を委ねるようにしていく)
        ちゅ・・ん・・ま、まだ・・・よくわからないですよぅ・・・(もっとしてくれなきゃヤダという様に首を振って)
      • ん…ふぇへへへ…れる…(舌が唇に捕まれば気の抜けた笑い声を漏らし、舌同士を絡め合わせてじゃれて遊んで)
        (彼女が蕩けていくのを鏡で見、また腕の中の温もりで感じ取りながら)…ぉー、そうかそうか…
        そりゃそうだよな…時間の許す限りじっくりたっぷり、してみなけりゃあ…(時々下から掬い上げるようにしてたぷたぷ揺らしたりもしつつ、件のラインを丁寧に愛撫していく)
      • ちゅ・・ん・・・ふぁっ・・んちゅ・・ちゅ・・・(はむはむと夢中になって啄み、絡めて甘え)
        はん‥ん‥そう・・ですよぅ・・・(キスをしながら愛撫を受け続ける)
        (擽ったさの中にあるぞわぞわする感覚、リラックスしてその感覚を素直に受け止め、吐息と共に少し意識して声を出してみたり)はぁ‥ん!・・あ・・
        (そうしていると徐々に)ふぁ‥ん・・・ぁ♡・・・(段々声に本気で艶めいた色が混じってくる)気持ちよく・・なってきた・・かも‥んぁ!
      • ちゅ、む…はふ、ん…(絡めた舌を踊らせ、口内を弄り、擽って)
        (しかし、口付けの刺激は少し控えめに、胸に集中出来るようにゆったりと)
        (声色に本気が混ざり始めると、思わず耳がぱたたっと揺れて)…ん、ふふ…それは何より…(擽るようなタッチで擦ったり、かと思えば小さな円を描くように軽く揉んでみたり)
      • んぁ‥あ・・ちゅ・・・んむ・・ぢゅ・・(絡め、入ってくる長い舌を受け入れ、しゃぶる様にしたりして)
        ぷぁ‥っは・・・あ・・んっ(キスが少し浅くなり、深く息を吐く・・そのまま乳房への刺激に意識を集中して)
        はんっ・・あ!・・・はふ・・・んぁ!(小さくほぐす様に擦り、揉まれ、吐息交じりに小さく喘ぎながら悶えて)
        (ふるりと寒そうに小さく震える、ぬくもりを求めるように体を委ねて擦りついて)レクスさん・・・湯船・・行きませんか…?
      • (キスをしながら、丹念に愛妻の新たな快感の開発に集中していたが)…んぉ、おお…そうだな…夢中でしてたが…(気が付けば染み入るように冷える濡れた毛)
        じゃあ例によってこのまま…(立つぞー、と声を掛けつつ極力彼女が寒くないよう抱き締め直して 体制が整えば湯船へ向かう)
        いくら気持ち良くとも風邪ひいたらいかんなー…お゛ぉ゛〜(温度差で余計に熱く感じる湯に思わず唸る)
      • はぁ‥ん!・・あ・・(ぞくぞくと震えながら懇願するようにささやいていて)ん‥ふぁい・・
        (ぎゅっとしがみついて持ち上げてもらい湯船へ)
        はぁ‥ぁぁ・・・・(お湯に浸かり、ほぅっと息を吐く)・・えへへ・・・あったかいですね・・・♡(くすくす笑って温もりに浸る、また少し血行が良くなるかも?なんて思ったり)
      • ん゛む゛ー、冷え切った体に染み渡る…(彼女の肩や胸元に湯を掛けて、撫でて擦って温めて)
        …さて、それじゃあ続きをしようか…(沈みゆく夕日を眺めつつ、再びマッサージを始める 先程と同じく境目を中心に、先端の方には触れずに乳房自体も軽く揉んだりしていく)
      • うん♡(二人重なりながら温もりに喜ぶ・・・彼が優しく撫でてくればうっとりと目を細め、またチョンっとキスをしたり)
        ん‥はぁ・・・あ!(愛撫が再開されればまた少しずつ・・されど先ほどよりもはっきりと喘ぎの形になった声を上げて)
        (お湯の厚さと高まる性感にドキドキと鼓動が早まり、絶えず刺激を受けていた乳房のその先端をぴんと張らせる)
        っは・・はぁぅ・・ん!・・ぁぅ・・(乳房を揉み解される快感に悶え、ちゃぷちゃぷと湯が波たつ)
      • んーへへへ…(キスに嬉しそうに笑いつつ頬擦りをして)…毛が濡れてるとこういうスキンシップはあまり気持ち良くは無さそうだな…?
        ふふ…可愛い声だ…(湯に浮く分、南半球の境目もマッサージしやすいなと思いながら、手の動きに合わせてふよふよと揺蕩う乳房を目でも愉しむ)
        しかしこう…興奮してきたがその行き場がなんとも…折角いい感じだし、シンディにはこっちに集中して欲しいしな?(そもそもモノが彼女の中に収まったままなので、今更と言えば今更である)
      • べちょっとしちゃうから?・・・ふふ、冷えちゃってると確かにそうかも?(くすくすと)
        はぁふ・・(湯船につかる心地よさに目を細めながら浮いた乳房をもてあそばれて)
        んっ・・あ!(ぞくぞくと震えながらマッサージを受けていると呼びかけられて)んっ・・っは・・ぅ・・?・・・ん!・・えへへ・・・すみません♡
        (はにかみ、「またあとでね」という様にきゅんっと締め付けてあげつつ、言われた通り乳房から伝わる快感に集中して)
      • そうそうそれそれ…濡れてもふわっとしてると良いんだがなあ…(それはそれで色々支障がありそうではあると思いつつ)
        ん?いやいや、謝るような事でもないさ これはこれでとても楽しいしな…んぉ…ふふ、ありがとなー♥(ぺろんと軽く頬を舐めつつ、血や筋肉の流れを意識しながら指を押し滑らせていく)
        (じっくりと境目をなぞっては、下から支える様に乳房を揺らし揉みしだき、8合目位まで登ったかと思うとまた麓へ戻っていく そんな感じでマッサージを続けて)
      • ままならないですねぇ・・・濡れてもふわっと・・・(想像がつかないと難しい顔)
        (擽ったげに舐められながら、血行を良くするようにマッサージしてくる手の動きを意識して)
        は・・ぁっ・・ん!あぁっ!(温まり、昂り、解されてどくんどくんと鼓動が高鳴る・・・胸の周りから頂点にかけてまんべんなく疼き、鋭敏になってくるのが分かる)
        はぁん・・・ん!・・や・・はぁ‥ん!・・・ぅそ‥あっ(やがてぞくぞくとせり上がる感覚が、もう少しすればイけるんじゃないかと思わせるほどになってきて、自分でも信じられないというような声を上げて)
      • こう…水弾きが良いとか…でも海の生き物も潜ったりすれば毛がしっとりしんなりするしな…(そしてそもそも水弾きが良い=脂が凄いので触り心地が良いとは限らない)
        (ピッタリと密着しているので息遣いや鼓動、体温の変化もしっかりと感じ取れるし、更に耳も使えば把握は完璧だ かなりいい感じに来ているのが分かる)
        (普段ならとどめを刺すような強い刺激で絶頂に導くが、直接そうした部分に触れずにそうするのは中々難しそうだ)
        (そうなると丹念な愛撫を続けて、そして囁くなどして気分を高め、昂ぶりが頂点を極めるのを期待するしかない)
        …ふふ、もうちゃんと感じられるようになったんだ…可愛いなあ…好きだよ…(愛撫と囁きの波状攻撃で追い立てていく)
      • ぬるっとしてそうな見た目だけどしっかり毛が生えてるんですよね、オットセイとか(うんうんと)
        (囁きと共に愛撫が続く・・鼓動が高鳴り、開発された性感がびくびくと体を跳ねさせる)
        ふあぁっあっ・・ん!・・・や・・ちょっと・・んん!・・・感じ・・すぎてる・・かもぉ・・・
        (囁く声が耳から頭の奥に染み渡る・・彼が悦ぶと思えば自然と反応も大きくなってしまう、乳房を愛撫されながら思わず背や腰を揺らし、胸を突き出すように震えさせる)
        っは・・はぁぁ‥っ(追い立てられるがままに、絶頂へと導かれて行って)
      • 昔アシカか何かのショーで実演してて驚いた記憶があるな…(それまでツルツルだと思っていた幼少)
        (彼女が腕の中で震え、跳ねる度に結合部がきゅっと締まる 出てしまうほどではないが、これもまた彼女が感じているのが分かって嬉しい)
        …ん、大丈夫…怖くないぞー…ちゃんと後ろにいるからな…(優しく声を掛けながら、彼女の動きに合わせ五指を器用に動かして、件の部分への刺激と揉みしだく動きを織り交ぜてスパートを掛けていく)
        …っ、おぉ…(ぎゅうっと結合部が締め付けられて彼女が達するのを感じとれば、愛撫の手を緩めて頭を撫でる代わりに頬擦りをして)…いい子いい子…
      • っは・・はぁ…ん!は・・ぃ・・っっ!!(優しくかかる声にこくりと頷く、刺激が増えれば甘く声を上げて)
        んっ・・はぁ‥あっぁ…ぁ…!(力強く抱き留められながら愛撫が続き、やがてか細く切なげな声を響かせながら静かに絶頂を迎える)
        (ぞくぞくぞくっと小さく震えながらエクスタシーに浸り、うっとりとした様子で頬を擦り合って)あ・・ん♡・・・はぁ‥あ・・・おっぱいだけで・・気持ちよくなっちゃいましたぁ・・・♡
        (また一つ、彼の手で変えさせられてしまった事を実感しながら、捧ぐ様にくてりと男に身を預けて)
      • ん、頑張ったなー…偉いぞー…そして何より可愛い…(胸元から手を滑らせるようにして、こちらに身を委ねて力を抜く彼女の体を包み込むように抱き締めて)
        (ゆったりと湯を掛けながら肩や首筋を撫でて、二人で暫し余韻を愉しむ)…好きだよ(なんて時折囁いたりもして)
      • えへへ・・♡(嬉しそうに笑って抱きしめられる)
        (はふはふとまだ少し息を喘がせながら撫でる手と包まれる感触に目を細め)ふふ・・・私も・・大好きです(囁かれる声にうっとりと)
        ね‥そっち向いていいですか?(ぎゅーってしたいと)
      • なんと可愛い妻だろう…ん、良いよーおいでおいで(どうにかして器用に繋がったまま彼女の向きを変えるのを手伝って)
        …へへへー♥(正面からぎゅーっとして頬擦り 更に鼻面を押し付けるようにキスして、ぺろぺろと舐める)
      • ぁんっ・・ふぁぃ(彼と息を合わせて向き直って)
        ふぇへへっ(向き直れば嬉しそうにぎゅーーーーっとしがみ付いて)
        ちゅ・・ん・・んっ♡(ちょんちょんっと何度も口づけ、マネするみたいにこちらも舌を出してぺろぺろしたり)
      • 何度でも言おう…俺の妻は可愛い…(互いにぺろぺろと舐めて擽り合う内、段々とキスが深くなっていく)
        ん…正面はキスしやすくていいな…ちゅ、ちゅ…(長いマズル分はこちらが首を引けば良い それよりも密着感が堪らない)
      • ちゅ・・・ん♡(舐めあい、口づけるうち、徐々に絡め合うようなキスになっていって)
        ぷぁ‥ふ・・・ですね?・・・んっ(ぎゅっと求めるように抱き着き、密着しながらキスを続ける)
        はふ・・後ろから、がつがつ来られちゃうのも好き・・なんですけどね?(照れた様に冗談めかして笑って)でも、こうして抱き合えるのがやっぱりいいです・・
      • ん、む…ちゅ…ふふ、そうだなあ…ちゅ、抱き締め合ってると…ちゅ、ちゅ…密着してる感じが良いな…ん、ちゅ…(絡めた舌で戯れ、遊んで)
        (時々食べてしまおうとするみたいに、態と唇や舌に歯を当ててみたりしながら)…温まり具合はどうかな…?のぼせそうだったら言ってなー(ゆったり背を撫で、腰を撫で)
      • ちゅ・・はっぷ・・・(ですねと囁きつつ夢中になってキスを続けて)
        んぁ‥っは・・きゃんっ(時折じゃれつくみたいに歯が当たれば楽しそうに声を上げて)
        はふ・・・えぇ・・いい具合にぽかぽかしてます(うっとりした様子でじっと見つめたり・・・もう十分温まってる様子)
      • ふふ、食べちゃうぞぉ(がぉーとか言いながら唇を啄み、舌を捕まえて甘噛みしたり かと思えば労るように舌を絡めてみたり)
        ん…じゃあ名残惜しいがのぼせない内に上がろうか…まだ洗うとこ残ってるしな…(繋がりっぱなしどころか大量の精を収めたままなのだった)
      • えへへぇ(きゃっきゃと笑いながら甘噛みされたり絡め合ったり)
        はふ・・・ぁんっ・・もうちょっと浸かっててもいいのに(もっと温まりながらいちゃいちゃしたいとのぼせフラグを立てつつ)ん‥洗わないとですね・・・(観念して一度上がって)
      • ふふふ、俺もそうしたい所だが…シンディのほっぺ、結構赤いしな?(肉球でふにふに)…俺の耳の中も赤いだろ(ほれほれ、と見せたりして)
        (じゃれ合いながら再びシャワーの前へ運んで、椅子に腰を下ろす あちこちちゅーしながらゆっくりと彼女を持ち上げるようにして、中からモノを引き抜いていく)
      • んにゃ・・・そうです?(むにむにされて目を細めつつ小首をかしげて、彼の耳をじーっと見つめ)んー・・・確かに・・ふっ(擽る様に息を吹きかける悪戯)
        (きゃーっと楽しそうに運ばれ)ん‥っは・・ちゅ♡(甘えるみたいに何度も口づけ、うっとりした様子でもしを持ち上げられる)
        ん‥あ・・・あっ(ぞくぞくと震えながら体液にまみれたモノを引き抜いて)・・はふ・・・(たっぷりと注がれた精を垂らしながら熱っぽい息を吐く)
      • んぉぅっ(耳がぱたたっ)擽ったいぞぉー
        (毎度ながらたっぷり出したもんだと思いつつ)…ふふ、そんな色っぽくしてると注ぎ直したくなってしまうな?(冗談めかしてちゅっとキスをすると、シャワーの湯を出して)
      • ふふふっごめんなさぁい(お仕置きを待つ子供みたいに笑って)
        はふ・・んっ・・・いいですよ?・・・またいっぱいいっぱい・・注いじゃってください♡(ひしと抱き着き、キスをしながらシャワーを受けて)
      • がおーっ(と大きく口を開けて吠える真似をして噛み付く…と見せかけてちゅっ)
        ふふふ…ああ、またたっぷりと…(耳元、首筋、と鼻先で触れながら、彼女の下腹を撫で、更にその下へ進んでいく)
      • きゃー(怖がるフリをして目をつむった所にちゅっとされて)きゃんっ(擽ったそうに笑う)
        んっはっあんっ・・・(鼻先で触れる度に艶めいた声を漏らし、撫で下る手が体液にまみれた所に触れれば)はぁぅ・・ん!(敏感に身をよじらせ、押し付けるように腰を揺らす)
      • おー…出てくる出てくる…(キスに加えてぺろりと舌でも擽りつつ、爪や肉球を器用に使って少しずつ掻き出していく)ふふ…ちゅ、ちゅ…
        しかしこれで出し切るのはちょっと難しいかもしれん…(傷つけないように気をつけると、どうしても中まで指は入れられない)
      • はぅ・・・ん!(鼻先や舌が肌を擽る度にぞわりと震えて首を巡らせる・・・器用に蠢く指先に熱っぽい息を吐きながら腰を前後させて)
        ん‥は・・・あぁっ・・・ぅ・・・(はふっと息を吐きつつ彼のぼやきを耳にすれば)ん・・・・自分で・・掻きだせって、事ですか・・・?(恥ずかし気に、でもどこか満更でもない様子で呟いて)
      • (とは言え全部すっきり掻き出さなくても溢れてこなければ大丈夫かな、とか思っていると)…おぉ?おぉ…ん、そうだな…それが良い
        じゃあ…(秘所から指を離し、胸元辺りまで進んだ鼻先を再び唇に触れさせて)そうしてもらおうか…
      • ん・・・(今の感じはひょっとして描き出さなくてもいいかなって考えてる感じかな?でもそれが良いって言ってるしな?ってなったりしつつ)
        ちゅ・・ん・・♡・・・はい・・・(こくりと頷き、そっと自らの手を秘所に這わせ、挿し入れると・・)
        ・・・っは・・あ・・っ・・ん!・・・あぁ!(ぐちゅぐちゅと卑猥な音を響かせ、描き出していく)あっ!・・ん!はぁぅぅ(切なげで悩まし気な嬌声を上げながら求めるような視線を男に向けて)
      • (ちょっと残ってて溢れそうになったら夕飯に集中出来ないかも、と思ったのだった 掻き出しきってもどの道、集中出来ない気がしないでもない)
        (そして何より、愛する妻のこうした淫らな姿を見たいというのが一番だったりする そういえば犬モードだとこういう時、毎度彼女に洗って貰っているような気がして)
        (自身のモノを扱く…というかなんかこう、洗う感じで両前足で挟んで上下に擦る)
        ん?ふふふ…(視線に気づくとにんまり、という感じで口の端を吊り上げる)
      • はぁ・・っふ・・・(荒い息を付きながら掻きまわし、熱に浮かされた目を彼に向ければ、彼もまた自身の手で扱いていて)
        ん・・っは・・・あ(にんまりと意地悪な感じで見られていると思いつつも止められず、うっとりと顔をよせ・・)ちゅ・・む・・・(甘える様に啄み、なめる様にキスをしながら秘所をかき回し、合間合間に喘ぎを漏らして)
      • ふふふ…ちゅ、ん、む…可愛いよ…(舐められ、舐め返し、舌で擽り合いながら段々と口付けを深めていく)
        …そろそろ、全部出せたかな…?(少し距離を詰めれば、赤黒いモノがつんつんと彼女の下腹に当たる)
      • ん・・ぷぁ・・♡・・・んん!(気持ちよさそうな声を漏らしながら舌を絡め合い、キスを続けて)
        っは・・はぁ・・ん!・・・うん・・っ(こくんと頷き、見せつける様に腰を前に突き出せば、そそり立ったモノに押し付ける様な形になって)・・はふ・・・っはっ♡
      • よしよし…(腰を突き出すようにすれば、穂先が当たるだけだったモノがぐっと押し付けられる それはあたかもここまで入るのだと示すようで)
        じゃあ掴まって…(彼女のお尻を鷲掴みにして持ち上げると、互いの位置をしっかりと合わせ ゆっくりと下ろしていく)
      • (力強く反り返ったモノがぐぐりと下腹に押し付けられる・・・ただそれだけで体が歓喜で震えて)
        っは・・はふ・・・んっ・・はい♡(掻きだしきり、新たに湧き出した愛液にまみれた手でしっかりと体を支えると、自分からも腰を動かして位置を合わせて)
        ん‥あ・・・ああぁ!(ぬぷりと絡みつき、飲み込む様に受け入れていって)
      • っん、おぉ…ぉー…中温か…(ねっとりとしたゼリーに入っていくようで、それでいてぎゅうっと締め付けられる 堪らない感触に唸るように吐息して)
        (根本のコブまでゆっくりと、しかし一息に収めると早速腰を揺らして彼女の蜜壺を貪り始める)
      • は・・っ・・・あぁん・・・ん!(中で熱く硬く力強く主張してくるモノをしっかりと受け入れる・・・いきり立ち脈打つのを感じ取ろうとするように瞳を閉じてお腹に手を当てる)
        ふあっあ!?・・・っは・・あ!・・ん!ふぁん!(早速とばかりに彼が動き出せば少し戸惑う様に声を上げ、しかしすぐに持ち直していやらしく腰を前後左右によじり揺すって刺激を返す)
      • …っと、少しせっかちだったかな…?(囁き、耳元に口付けて 掻き混ぜるよりも突き上げる動きを多めに責め立てていく)
        (前後左右、あるいは縦に横に、突き立てたモノで彼女の中を掻き乱していく 湧き出す蜜がじゅぷじゅぷと音を響かせて)
      • はふ・・・ん!!(囁く声と触れる感触に譜瑠璃と震え、ずちゅずちゅと突き上げられて甲高い嬌声を上げる)ふぁっあ!・・だい・・丈夫・・です・・・あっ
        はふ・・んん!(繋がり、掻きまわす度に響く卑猥な音に気分が高揚していく・・喘ぎながらうっとりと彼を見つめ、ちょんちょんと愛おし気にキスをしながら懸命に腰をゆすり、絞り奉仕して)
      • ん…ふふ、なら良かった…(彼女の嬌声に耳をぱたつかせながら、一定のリズムを保って彼女を突き上げ、掻き混ぜ揺さぶる)
        …♥(視線が絡み合って、胸の内に愛しさが込み上げる キスに嬉しそうに口の端を吊り上げながら、こちらからも応えるように口付けて)
      • あんっ・・ん!・・ふぁ!(ぱんぱんとリズムよく突き上げられられながら悩まし気な声を上げ、身をよじり、締め付け、身を震わせて)
        ・・・っぁ・・あっ(うっとりと見つめ合いながら微笑み、何度もキスをしながらひしと抱き着き、徐々に激しく体を上下させていって)
      • ふふ…ちゅ、ちゅ…っん、可愛い…好きだよ…(口付けの合間、弾む息遣い その間を縫うように甘く囁いて)
        (互いの動きが噛み合えば、昂ぶりもまたシンクロして 自然と次第にペースが上がっていく 固く反り返るモノが彼女の泥濘を何度も何度も突き上げて)
      • えへへ・・・ん・・あっ(キスの合間に囁かれる声に嬉しそうに微笑み・・・突き上げられてまた嬌声を上げる)
        っは・・・ぁぁ!あ!・・んっあぁ!ぅっ・・はぁ・・はぁ…あぁ!どんどん・・早くなってぇ…んん!っは・・きて・・きてぇ・・・・(切なげに何度も訴える様に懇願の声を上げて)
      • ふふ…欲しい?風呂を出る前に掻き出きゃだぞ…?(甘い言葉から一転、意地悪な囁き とはいえここで止めるという選択肢はもう無い)
        (それが証拠に根本のコブはすっかり張り詰めて、ぐぷぐぷと音を立てて彼女の中を出入りしている)
      • ちゅ・・ん・・む・・・ぷぁっふ・・・んっ・・いぃ・・・いいからぁ(意地悪な囁きにも今この瞬間しか考えられないという様にふるふると首を振り、夢中になって腰を振り)
        ふっ・・くぅぅ・・んん!(張り詰めたコブにそれが欲しいのというかの様に腰を落とし、擦り付け締め付けて)
      • っふふ…ちゅ、ちゅ…可愛いなあ…そんなに、ぁむ…ん、欲しいんだ…?(囁きの合間も唇を食み、彼女に合わせて突き上げる)
        …分かった、たっぷり…約束だものな?(微笑み、囁くとこれ以上は言葉は要らないとばかりにむしゃぶりつくように唇を奪い、舌を差し入れ口内を弄る)
        (そうしながら、腰を落としてコブをしっかりくわえ込んだシンディを、更にペースを上げて責め立てていく)
        (リズミカルに、跳ね上げるように揺さぶって 凶悪な形をしたモノを彼女の奥深くまで突き刺して、抉るように掻き混ぜる)
        (やがて限界が訪れ)……っふ、ぅぅ、ぉぉ、ぉ…!(今日何度目かの精を解き放つ 熱は何度も噴き上げ彼女の中を満たしていくようで)
      • うん・・うん!・・欲しい・・のぉ(訴えながら口づけ、突き上げれる動きに声を上げて)
        ちゅ・・ん・・・♡(囁かれれば嬉しそうに甘えて返し、差し入れられる舌を受けいれ陶酔した様子で目を細める)
        ふぁ・・ん!・・・んん!(キスをしながら激しく力強く責め立てられる・・・長く太い物をしっかりと受け止め、ぞりぞりと抉られ、コブに割り広げられる度に気を失いそうになる位に快感が走って)
        (ずんずんと力強く突き上げられどんどん昂って行って)んぁ!あ・・あぁあぁ!!(やがて限界を迎え、吐き出される劣情に一気に絶頂を迎える)ん!ぁ!あぁあ!!(熱く重く満たされていく感覚にびくびくと震えながら秘所が蠢きモノから精を搾り取って)
      • んん…ぉぉ、ぉ…(蠢き絞り上げる内襞に促されるまま大量の熱を吐き出していく その快感に文字通り総毛立って)
        (彼女をしっかりと捕まえようとするように、あるいは一滴も逃さず注ぎ込まんとするように、ぎゅうっと抱き締めて)
        …っは…ぁぁ…はぁ、はぁ…(互いの呼吸が落ち着くまで、段々と弱まりつつも脈打ちは続いた)
      • はぐっ・・ん!・・っはぁ・・あぁ!(どくんどくんと脈打ち、溜まっていく熱にぞくぞくと震えあがって)
        (ひしとしがみ付きながら抱きしめられ、求められる悦びに浸る)
        ・・・っは・・はぁ・・・はぁ・・・(息を荒げ・・それも徐々に落ち着いてくると)・・はぁ・・・ふ・・ふふ・・・まだ、出てます♡(うっとりと微笑み、ちょんっとキスをして)
      • ん…ふふふ、たっぷり、って約束したからな…(キスに嬉しそうに目を細め、尻尾をぶんぶん お返しのちゅーを二度、三度と重ね)
        …少し休んだら出ようかー…そろそろ夕飯だしな(海の方を見れば、日もそろそろ沈もうかという所)
      • あぁ・・・ん♡・・(嬉しそうに笑い、何度も唇を重ね、甘える様に舌を絡めて)
        ちゅ・・・ぷぁっふ・・・はい♡(うんと頷き、こてんっと頭を預けて一緒に沈む夕日を眺めたり)えへへ・・・綺麗ですね・・・(ぎゅーっと抱き着き、擦りついて)
      • (向かい合った状態で夕日が眺められるように、座る向きをそっと直しつつ)んむー、今日もいい天気だ…というと朝のセリフのようだが
        (片腕でしっかりと抱き返し、もう片手で頭をそっと撫で、こちらからも頬擦り)…湯冷めしない内に…(シャワーを出しておいて、すぐに洗い流せるように)
      • (ですね?なんて笑って)ほとんどこもり切りですから、雨が降っていても関係ないかもですけど・・・でもお日様が出てると気分もいいですねぇ(すりすり持たれながら眺めて)
        ん・・・はふ・・・はい♡(こくりと頷くとシャワーを浴びつつ手を這わせて洗う様に)
      • …ふふ、今度はその気にならんよう気を付けにゃなー(シャワーで互いの汗を流していく と言ってもこちらは体表は殆ど汗をかかないので、気分だけみたいな所はあるが)
        (心地良さに目を細めつつ、妻の手付きの細やかさを堪能し)…じゃあまた、夜に…な♡(ちょんっと頬にキスしながら、繋がりを解いていく)
      • ふふふ・・・そうですねぇ(にこにことそれもまた良しといった風な笑顔で洗い流して)
        はぁ‥ふ・・・‥うんっ♡(嬉しそうに頷くと、またぞくぞくと震えながら離れ・・綺麗に洗い流す)お夕飯、そろそろですかね?
      • 可愛いなあ…(良いお返事に思わず呟く)んむー、日も沈んだしな 髪とか乾かし終わるくらいには…と思ったがこのぺしょぺしょボディがもふもふになる前に来そうだな
        …人モードに戻れば時間は短縮出来るか…(そして夕食後にまたケダモノになるのだ、色んな意味で)
      • ふふ・・・ドライヤーとタオルで頑張って乾かしてあげますよー?
        ・・・早めに乾かして、ご飯迄いちゃつくのもいいですね?(どちらでもいいですよーなんて笑って)
      • ふふふ、それは嬉しいがそういうのはたっぷり時間かけたいしな ここは時短で、夕飯までいちゃいちゃする…!(どの道いちゃいちゃだと言えばその通りであるが)
        (あれ程あった毛は一体どこへ行くのか…というような逆行具合で人モードに戻ると全身の水分を拭き取り、手早く髪を乾かす)…んむ
      • はぁい、じゃぁそういう事で(うんうんと頷くと変身を解くのを見守って)
        わぁお♡・・・ふふ、なんだか久しぶりに思えちゃいますよ?そんな事ないのに(乾かしている彼にちゅっちゅとフライング気味にいちゃついたり)
      • ん、俺もそんな気分だ…不思議だなあ…ほら、ちゃんと乾かさないと風邪引くぞー(しっとりとした肌を重ねるように身を寄せて、フライングついでに彼女の髪の水気を取っていく)
        毛が無いってのはいいな…一部は除くが(目論見通り、いちゃつきながらでもさほど時間は掛からず浴衣に袖を通す事が出来た)
      • はぁい(ぎゅっと身を寄せ合いながら水気を取って)
        ふふ、便利ですねぇ・・・でも戻るタイミングによっては、毛についた冷えた水が一気に体に残ってひんやりしちゃったりすることもあったりするんでしょうか・・・(それはそれで気を付けないとと)
      • そうなったらかなり寒そうだな…そう考えると犬モードの時無意識にやってた、ぶるぶるーっと水気を飛ばすのは理に適っている訳だ…
        さあさあ、夕飯までべたべたしていちゃつくぞぉー(と高らかに宣言しながら脱衣所を後に 部屋に戻るとざっくり食事のスペースを開けておいて、然る後座布団を敷いて壁に寄りかかって座る そして手招き)
      • ですよねぇ(うんうんと頷きつつ)温まりながらか、よく乾かしてからじゃないとですねぇ
        はぁいっ(わぁいっと連れ立って部屋に戻ると招かれるがままに彼の膝の上にごろりと転がって見上げたり)えへへ〜♪
      • んむ、次はそうしよう…ゆっくり乾かされたい…シンディが面倒でなければ、な
        お、座るかと思ったら膝枕で来たか…よぉーしよしよし…(こちらからも覗き込むようにして、頬をなでなで)
      • ふふ、もちろんいいですよぉ わしわしーってふき取ってあげちゃいます(うんうんっと)
        いやぁ迷ったんですけどね?こう・・ぎゅぅってしたいなぁって・・・(むぎゅぅっとお腹に擦りついたり、ごろんと転がって仰向けになったりして)
        (頬を撫でられれば気持ちよさそうに目を細め、幸せそうな様子で見つめ返す)・・・♡
      • うむ、楽しみにしていよう…(尻尾があったらぶんぶんしてそうな笑顔で)
        おー、そうかそうか…可愛いなあ…(お腹に抱き着かれると、ぐっと力を入れてみたり 仰向けになれば顔に掛かった前髪を払ったり)
        (頬から耳へゆったりと移ると、ふにふにマッサージしつつ)…ふふ、鼻先が短いとぐーっと背中を曲げにゃ届かんなこれは…(とは言え柔軟性は抜群なので軽くちゅーくらいは出来る)
      • ふふふっ・・この体勢じゃなかったらぎゅーって抱きしめたくなるくらいの良い笑顔ですよ
        (お腹に力が入れば「きゃーがっしりー」と笑ったり髪に触れられ心地よさそうに笑ったり)
        ん‥えへへ・・・中々不便ですねぇ・・・お?・・(ちょっと驚いたように目を丸くしつつもちゅっと優しくキスを交わして)・・ぐーっと曲がりましたね?
      • んぉ、そうかぁ?へへへへ…人に慣れた動物が撫でて貰いたがる気持ちが良く分かる…
        ん、ちゅ…ふふ…かなり苦しいので長く維持は出来んなこれは…(背中を元に伸ばしながらぬおお、と唸る)
      • (くすくすと笑い、手を伸ばしてなでなで)ワンちゃんになり過ぎちゃいましたかねぇ
        ちゅ・・・ふふ・・無理はしないように、あとで背中押してあげないとですねぇ(なんて笑いながらじゃれていると)そろそろですかねぇ
      • (撫でる手にすりすりと頬擦りをして)んー…好きな人に触れて欲しい気持ちは人間でもあんまり変わらん気がするな?
        そうだなあ、自分じゃ若いつもりでいるが…なんて ん、そうだな…戸の向こうに気配が(なんて言ってるとノックの音が響く)
        (居住まいを正して仲居さんを迎え入れると、テキパキと配膳され、あっという間に美味しそうな夕食が並ぶ)…うむ、今晩のも美味そうだな
      • たしかに(うんうん)
        (ふふふーっと楽しそうに笑ってたがノックの音がすれば)わぁっ(びっくりして身を起こす)
        ・・えへへ・・で、ですね?(ほっと息を整えつつ配膳された夕食を見て)はいっ頂きますですっ
      • ん、頂きます…しかしこう、改めて思うんだが…毎日献立考えるのって大変だよなあ…(しみじみと呟きながら料理に舌鼓を打つ)
        ましてこういうのは毎日同じ物が穫れるとは限らんし…(刺し身が新鮮で今日も美味いのも有り難いことである)
      • 確かに・・・こう、お客さんの入り具合によっても色々変わったりもするんでしょうか・・・(もぐもぐ食べつつ想像を巡らせたり)
        ・・・考えてみれば、期間を決めずに長々滞在するのって、結構厄介なお客さんだったり・・・?(ハッとして)
      • 量で仕入れ値が大きく変わるようなのは、客が少ないシーズンではあまり出さなかったりしてな(そもそもシーズンごとに違ってくるだろうからあまり考えても仕方がないのかもしれないと思い始める)
        んー、いつもプラス1組で考えるからあまり変わらないんじゃないか、と思わんでもないが…まあ、迷惑だったら申し込みの時点で断られるだろう…(希望的観測)
        …湯治で長く滞在する客は、自炊がメインだったりするみたいだな こうやって旅館の料理を食べていると食費が高く付くからだろうが…(大富豪パワーである)
      • そういう物なんですねぇ・・・(成程確かにと希望的観測に乗っかって)
        ふふ、ありがたい話です(彼を拝むような仕草でおどけてみせたり)
        (そんな感じできゃっきゃと楽しみながら食事を終えれば、一息つくついでにまた彼にもたれる感じでごろごろ甘えたり)えへへぇ
      • ホッホッホ…ささ、遠慮せずどんどん食べなさい…んー、なんか違うな(大富豪ごっこが出来ない根っからの庶民)
        (のんびりゆったりと、彼女を抱き寄せてなでなですりすり)風呂は…流石に良いか、今日は散々入ったしな…(手を軽く握って指を絡めたりしながら)
      • あははっなんて言うか・・・似合わないです(そこがいいんだろうなぁなんて考えたり)
        ん‥ですね♡(きゅっと手を握り合って)・・・こうしてのんびりと過ごすのも、それはそれでいい気がしますねぇ(しみじみ呟き、擦りついたりくっついたりして)
      • ははは、だろうなあ…似合うようになりたい訳でもないし、それっぽさの追求はしないでおこう(元々大富豪だったら、冒険者ではなかったら…シンディとも出会えなかった事だろう)
        ん、湯冷めだけしないように気をつけて…こんだけくっついてれば大丈夫だな、シンディ温かいし(囁き、耳元に口付けて 絡めた指をもぞもぞして手の甲を擽ったり、掌を擦り合わせたり)
      • ふふ、毛布にでも包まります?(暑くなっちゃうかなと笑って)
        ん‥(耳に触れる唇の感触にくすぐったげにし、擽ったそうに絡めた手を震わせ、擽り返してきゃっきゃと笑って頭を擦り付けたり)
        ぁんもぅ‥くすぐったいですよぅ・・(えいえいっと反対の手で彼のわき腹をつんつんしたり)
      • そういや寒い時用に持ってきた、あんまり厚くないのがあったな…布団が来るまで包まってるのも有りかもしれん…寒いわけじゃないがー(単にくっついていたいだけ)
        っへへへ…んぉっふふ、やったなー?(お返しだーっ、と果てのない報復合戦に乗り出すべく耳にキスしたり、耳の縁をはむはむしたり そうする間も絡めた指はもぞもぞ)
      • んー・・・っと(荷物をひきよせごそごそと)あったあった!(厚手の外套で一緒に包まる感じで)えへへ〜
        きゃーっ ふふっ(やんやんっと身をよじりつつ甘噛まれたりキスされたり、時折思わず喘いでしまいつつも絡めた指をぎゅってしたりして)
        ・・・(少し潤んだ瞳でじっと見つめてみたり)
      • ふふ、これで湯冷めの心配なしだな 後は汗さえかかなければ…(後程たっぷり汗をかく気もしないでもないが、それはそれである)
        お返ししなくて良いのかな?(微笑み、こちらもじぃっと見つめ返し…耳攻めに代わって唇を重ねる そして二度、三度、とゆっくり啄んで)
      • えぇ、汗さえ…ね?(ちょっと含みのある感じで微笑んで)
        ・・・(問いかけに微笑んで返し、ちゅっと唇を重ねて・・・そのまま何度か啄む様に味わって)
        はふ・・ふふ・・・えいっ(そして隙ありとばかりに首筋をつつりと擽る)
      • それは…汗以外が出るという…?(確かにキスをしていたら唾液が分泌されて来たな?と思いつつ)
        ちゅ…へへ…んぉぅ(不意を突かれぞわりと震える)っふふ、まんまとしてやられたわーっ(擽って来た指を捕まえようと大口を開けて)
      • えっへへ〜♪ひっかかりましたね?(嬉しそうに笑って・・)
        あんっ(わざとらしい声を上げて大口に捕まったりして)ふふ、くすぐったいですよぅ…(捕まった指を軽く動かしてくすぐったり)
      • むっふっふー(もごもごと笑いながら、咥えた指を舌で舐って擽り合う)
        (それからぱっと離して)うむ、シンディは指も美味しいな…!(などと妙な事を宣って、もう一度唇を食む)
      • きゃんっ‥んっ っく…くすぐったいですよう(ぴくんぴくんと震えつつ指先を擽ってくる舌を逆に擽り返し)
        はふ・・・んもぅ…ん!(抗議の言葉がキスで塞がれ、すぐにふにゃりと蕩け、食み、だんだんと甘えるように舌を絡めてキスを深くしていく)…はぁ・・・ん♡
      • ん、ちゅ…ふふ…む、はむ…(腕の中、彼女の体の力が抜けていくのを感じつつ、絡め合う舌を踊らせ、口内を擽り、撫で回す)
        …っぷぁ、は…ふふ、あんまり熱が入っちゃうと布団が来た時困るぞー?(と言いつつ意地悪くもまたキスに戻る)
      • ちゅ・・んむぁ‥っはふ(口内を擽られる感覚にゾクゾクと震える…うっとりと蕩けた眼で身を預け)
        ん‥ちゅ…っはっぷ・・・むー‥(意地悪な事を言われればもどかしそうに身をよじり・・昂る心の赴くに任せて身を寄せ、キスに没頭して、誘う様に男の体を擽る)
      • ん、む…ちゅ、ふふ…可愛い…ちゅ、ちゅ…(むーっとするのも愛しくて、ますます熱を帯びる口付けに応えて唇を食んで、吸って、絡め合う舌をうねらせて)
        …ふふ、まあ…こうやって包まってれば何をしてるかは分からんか…ぁむ、ん…(情熱的な口付けと、それに見合うような手付きで弄り合う)
      • ちゅ・・・ん‥はぁ‥あ(口づけを交わしているとその心地よさに溺れ、何も考えられなくなってくる)
        ん‥ふ・・・そう…ん‥ですよぅ♡(多分傍から見れば怪しさ満点な状態だろうが、愛しい人と触れ合う事に夢中になって気づく事もなく、口づけ、まさぐり)
        はふ・・熱・・い・・・(火照りに任せて服を肌蹴だす)

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

生活 Edit

  • 家族
    • 愛妻・シンディ
      • とラジオさん
    • 愛娘・(ミコト)
      • 178年12月生まれ
    • 愛娘2・アニマ
      • 197年10月生まれ
    • 愛息子・レーヴェン
      • 225年4月生まれ
    • 愛娘3・リーフェ
      • 236年12月生まれ(暫定)
  • 街の一軒家に住んでいる
    • 結構天井が高い
    • そこそこ広い庭がある
      • プールもあるぞ!

長女のデート会場はこちらです Edit

+  しまっちゃうよー

土を掘り返す(コメアウ) Edit


Last-modified: 2022-01-17 Mon 22:58:06 JST (8h)