リザレクス・リヴァイバー Edit

ステと戦歴:ステータス/戦歴
復帰3:ステータス/戦歴
復帰4:ステータス/戦歴
CV:井上和彦
誰これ:http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst066395.png
:ステータス/戦歴
♥♥:ステータス/戦歴
♥♥♥:ステータス/戦歴
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer

俺の部屋 Edit

+  ←リザレクスと会話する時はまずここを押す

愛の巣 Edit

(「・ω・)「<ねますにゃわーEdit
編集/差分
お名前:
  • さあ腹が減るまでいちゃいちゃするぞおっ…!(早速なんだか趣旨が変わったような気がしつつ風呂場に入る)
    …殊更綺麗好きって訳でもないが、温泉だと風呂の頻度が上がる気がするなあ…(どんな感じで座ろうかなーと考えながら椅子を並べる)
    • ふふっ大変ですね(すごい疲れそうだと思いつつも楽しそうに)
      (お口をきれいにゆすぐと、取りあえずと言った調子で彼と向き合う様に座ってみたり)
      • 案外すぐ腹が減るかもしれん…(口とか喉とかイガイガするって聞いたなあ…と口を濯ぐのを眺めて待って)
        (向かい合って座ればなんとなく楽しくて小さく笑う)ふふ、これは洗っこする流れかな…(とりあえず、石鹸を手に取り湯に馴染ませて泡立てていく)
      • 迷っている風でしたので・・・(えへへっと恥ずかしそうに微笑むとこちらも手に石鹸を付けて)
        ん・・・(彼に身を寄せる様にして、その胸板に手を這わせて石鹸をぬるぬると塗り伸ばしていく)
      • ん、まあそれ程迷うようなことでも無かったかなーとも思うがー(恥ずかしげな笑みが可愛いのでちゅっとキス)
        (彼女の手の運びに倣って胸元から塗り拡げていく)んー…この手触りの良さ…(彼女の肌の滑らかな感触と対照的に、筋肉と傷跡とで滑らかさは程遠い胸板)
      • ちゅ♡(嬉しそうにキスに応えて・・・)んっ・・(うっとりと息をつきながら彼の手付きに酔いしれる・・・)
        (筋肉や傷跡の溝をなぞる様に指を這わしたりして全身を撫であげて・・・段々と座り合った距離すらももどかしく感じて、彼の前に跪き、身を寄せながら背中にも手を這わせて)
      • ふぅ…ん、は…(擽ったくも心地良い、彼女の丹念な指先の動きに吐息が漏れる)
        (胸ばかり揉…洗っていたいが、そうも行くまい…と思った所で何やら彼女が身を寄せ、跪く)…んぉ、それなら膝の上に来る?
        …ちょっと下半身洗いづらいけどな(などと囁きつつ、こちらも脇腹から背へと手を回す)
      • ん・・行く♡(にへへっと笑うと彼の膝の上に・・腕を絡めて抱き着くようにして泡にまみれた肌を押し付けたりして)
        ふふ・・・ん・・気持ちいい、ですね?(背筋を滑る彼の指先にうっとりと呻きながら深く抱いて温もりを感じたり)
      • ふふ、おいでおいで(彼女を膝の上に迎え、こちらからも抱くようにして肌を密着させる)
        んむ、気持ち良い…(泡の付いていない頬や耳元に唇で触れながら、背中の起伏を指で堪能する 続いて腰、更に下へと撫でて洗っていく)
      • ひゃんっ‥ふふっ・・・擽ったいですよぅ?(耳元に囁いて返しながら、身をよじり座り直す要領で柔らかな体を擦り付ける様にして)
        (徐々に下へと撫で滑っていく彼の手付きを意識で追いながら、こちらも指先を背に這わせて擽る様にしたりして)
      • ふふふ…(妻の囁き声に心地よいぞわぞわ感を覚えつつ、こちらからもこすりつけて、むにゅりと押し付けられる柔らかな感触を味わう)
        ん…は…(こちらも彼女の指を意識で追いながら、腰の下に続く丸みへ指を這わせる 好みのボリュームと、素晴らしい丸みを指でなぞっていく)
        (外を一通り撫でると、今度は谷間に向けて進んでいく)
      • ふふっ・・・んもぅ・・(楽しそうに微笑みあい体を寄せ合う心地よさに酔いしれる)
        はん・・んっ(彼の指がお尻に掛かる・・なぞる様な手付きに体が敏感に反応していると、段々と指先が内側へと入ってきて)ん・・っは・・(反射的にお尻を突き出すようにして迎え入れる)
        (同時、彼の背をなぞる指先がするりと首から耳元へと滑り、煽る様に擽って)
      • この辺も結構汗かくからなー…汗疹にならんよう気を付けねばなるまい…(深い谷間を上から侵入していく 彼女が突き出すような動きをすれば、指はより深くへ滑る)
        んっ…ふふ…ふぅっ(耳元を擽る指先に小さく笑って、お返しとばかりにこちらからも耳元に息を吹きかける)
        (その間にも指は両壁を撫でながら進み、一通り洗い終えると谷間の底、窄まった部分を円の動きで擽る)
      • は・・ぁぁんっ(深く入ってこようとすれば思わず力が入るが・・石鹸にまみれた指先を留めるには及ばずに)
        ひゃんっ・・ん・・・ふふ・・・くすぐったいですよ・・・んっ(耳元への刺激に思わず首を縮こまらせつつ微笑んで囁き返す・・そうする間も指はより深く入って擽ってきて…思わず声に艶めいた色が混じって)
      • ふふ、そりゃあ擽ったくしてるものな?(首を竦める彼女の頬に、そして声に艶を乗せる唇に口付けて)
        (指の腹で皺の一つ一つをなぞるかのようにしたかと思えば、今度は指を二本使って広げてみたり)
        (流石に石鹸を付けたままなので軽く押し込むに留めつつ、しかし妙に念入りに弄…もとい洗って)
      • ちゅ・・ん・・・(口づけ、食むように唇を動かすとそのまま甘える様に擦りついて)
        ん‥ぁ・・・はぅっ・・・く(お尻を弄られる感覚に小さく声を上げて悶える)
        んっ・・ぁ(念入りに洗われながら背筋をぞくぞくと震わせる・・・湧き上がる切なさをこらえる様に彼の背を掻き抱き、全身を揺らして体で洗う様にして)
      • ん…む、ちゅ…ぁむ(唇を啄みながら、それに似せるように二本の指を蠢かせて後ろの穴を弄う)
        (身体を擦り合わせる内、段々とモノに血が集まって秘所に沿うように立ち上がってくる)
      • ちゅ・・む・・はむっ・・・んっ(キスをしながらお尻を弄られる内、段々とお腹の奥から、前も後ろも疼いて堪らなくなる)
        (秘所にそう様にモノが立ち上がれば、くちゅりと湿った音が立ち、そのまま擦り付ける様にして)・・・熱くなってます・・・(うっとりと息をついて)
      • ん…そろそろ、シンディの中に入りたいな…(囁き、また唇を二度三度と食んで、吸って)
        こっち…なら向きを変えないと、だな(こっち、の言葉に合わせてつぷりと指先を僅かに沈み込ませ、軽く掻くように動かして)
      • ふふ・・・私も・・レクスさんが欲しいなって・・・んっ(ちゅっちゅっと啄みながらいやらしく腰を揺らし、あげていく)
        ぁんっ(窄まりに沈む指を力強く締め付けて)ん・・は・・・でも・・前も寂しいなって・・・(どっちもちゃんと可愛がって欲しいと甘える様に囁いて)
      • 俺に二本生えてるなんて奇遇なことがあればな…はさておき、きちんと両方可愛がってみせましょうとも 愛しい妻のおねだりだからな…
        じゃあこっち向きに…(と座る向きを変えるよう促す…ついでに自分も鏡の方へ向きつつシャワーで互いの身体の石鹸を流して)
      • ん・・えへへ♡(嬉しそうに頷くと、彼の促すがままに体の向きを変えて)
        ・・・ん・・はふ・・(洗い流されながら、待ちきれないという風にお尻をゆすって)
      • (まずはそそり立ったモノを秘所へ擦り付け、蜜を馴染ませて)…じゃあ今回の本命は…こっち、で(穂先を窄まりへ押し当てて)
        力を抜いて…ゆっくり呼吸して…痛かったら言ってなー…(ゆっくりゆっくり、僅かに前後させながらカリの張り出した部分までを収めていく)
      • ん・・はぁ・・・あっ(ちゅくりちゅくりと卑猥な音を立てながら秘所とモノをすり合わせて・・・)あっ!(穂先が後ろに押しあたれば思わず声を上げて)
        はっ‥はぁ・・・あっ(深く息を整え吐きながらゆっくりと力を抜いて・・・)ん・・ぁぅ・・っは・・(抵抗感を感じさせつつもつぷつぷと、ゆっくり受け入れていって)
      • (じっくりと、彼女の呼吸のリズムに合わせて深く深く、繋がっていく)…っん、ふ…よし…
        大丈夫かな…?(と優しく囁きながら、右手は秘所へ、左手は乳房へと伸びて)
      • ふぅ・・んっ・・ぁっぁっ・・・(つぷつぷと、やがてすべて埋まって)はぁ・・・ふふ・・大丈夫です♡
        はん‥ん!(乳房に手が触れれば押し付ける様にしながら身をよじり・・秘所に指が触れれば)んっ!(くちゅくちゅと音を響かせながら悩まし気な声を上げて)
      • ん…では早速…(耳元で囁き、耳朶を食む 乳房に埋もれた指を揉みしだくように動かし、秘所に沿う指は蜜を絡め内側へ)
        (中指と薬指で内襞を掻きながら、掌を使って陰核を刺激する その動きと合わせて腰を揺らして、モノで後ろからの援護攻撃を加えていく)
      • ふぁっあっ(囁く声にぞわぞわと震え・・・そのままピクリと身を跳ねさせる)んぁっ・・あ・・・あぁんっ(指先が膣内へと侵入すれば強く絡みつき、愛液を滴らせながら指を締め付けて)
        ふ・・んん!・・っぁ‥(息を整えながら与えられる愛撫の快感に悶えていると)んぁあっ!・・っふ・・・はぁあ・・(モノが前後しだして大きな声を上げる)
      • (とは言え始めの内はゆっくりと、普段と違う快楽を身体に思い出させるように責めていく)
        (前後左右に回転運動、モノで、指で彼女の中を掻き混ぜ、掻き乱す それに負けないよう、少し強めに乳房を捏ねてその形を歪ませて)
      • っは・・ぁ・・・あぁ・・(じっくりと、ぐりぐりと責められれば段々と堪えきれない快楽に呑まれていく・・・)
        ふぁぁっ!あっ・・・そんな・・どうじ・・にっ!・・・んん!!(セリフとは裏腹にしっかりと快感を感じて背筋を震わせる・・指とモノが内壁を通じてこすれれば甲高い嬌声を上げ、少し強めな乳房への攻めがアクセントになって身を跳ねさせる)んんん!
      • は…ふふ…どっちも、っておねだりしたのは、シンディだ…(意地悪に、しかし甘く囁き今度は首筋に吸い付いて、薄く痕を残す)
        (入り口を解すような大きな動きで内壁を抉り、同じように指でも肉襞を掻き回す 一方で乳房では食い込ませた指で更に先端部を摘み擦る動きで刺激を強める)
      • そう・・ですけどぉ・・・んん!(首元に唇が当たればふにゃりと蕩けて)
        っは・・・あぁぁっ(前も後ろも胸も、同時に責め立てる事で生じる快感の渦にすっかり呑まれて・・・)あぁっん!ふぁぁぁ・・・やっあっ・・おかしく・・なっちゃ・・んんん!(ぶんぶんと髪を振り乱しながら身もだえて上り詰めていく)
      • なっちゃえなっちゃえ…♥(などと無責任なことを囁きつつ、かぷかぷと首筋を甘く噛む 上り詰めつつある彼女と対照的に、先程吐き出した分の余裕がある)
        …んー、それともまだ楽しみたい…?(と意地悪を言いながら、ほんの少しだけ責めの手を緩める)…ああ、それより沢山イかせて欲しい…かな…?
      • んんっ!ぁぁぁっ(ぞくぞくと震え悶えながら大きな嬌声を上げて)
        はぁ‥あぁぁ・・・っは(責めの手が緩めばようやく落ち着いたという様に息をついて整える)はぁ‥あぁ・・はぁ・・・ん・・(息も絶え絶えで助かったと思うと同時)
        ん‥ぅ・・(切なげに身をよじらせる)レクス・・さぁん・・・(ちょっと泣きそうになりながら、訴える様に彼にしがみついて)いかせて・・欲しい・・・です・・いっぱい・・・
      • …ふふ、りょーうかいっ♥(再び責めを強めていく 先程と同じ…ではなく、徐々に強く、激しくしていって)
        (腰の動きは明確に子宮を裏から小突き、揺さぶるような動きへと変わり、ぢゅくぢゅくと蜜を掻き出すような指の動きには、敏感な部分を内外から磨り潰すような動きが加わる)
        (乳房は荒々しい程に揉みしだき、腫れたように尖った部分は摘んで捻り、弾いて責め立てていく)
      • ふぁっ!・・・あっ‥あぁぁ!(悦楽への道を自ら選んだ事で一際感じ入るようで・・・段々と激しさを増す責めにすっかり翻弄されて)
        あぐっ・・ん!くぁぁっ・・(お腹の奥を裏側から突き上げられ大きな声を上げる・・・掻き出しすりつぶして来る指先を愛おし気に柔肉が締め付ける・・少し深めに入れれば降りてきた子宮口に触れられそうで)
        っはぁ‥あ!(荒々しい程に力強い愛撫を受けてもしっかりと受け止め、柔らかな感触を返しながら身悶えて)レクスさっ・・・レクスさぁん♡(柔肌に赤く痕が残ろうと溢れる愛おしさが全てを快感に変えていくようで)
      • んっ…ほぉら、大事な所…触っちゃうぞー…?(なんて囁きながら、柔襞を掻き分け先へ指を伸ばす 男らしいごつごつとした長い指が、普段は触れられないような場所へと迫って)
        (それを後ろから後押しするように、穂先がぐいぐいごつごつと小突く 首筋に薄く残った歯形を労るように擽る舌先、かと思えばまた少し位置をずらして甘く歯を立てる)
        (乳房を苛む手指は、片方だけでは可哀想だと言うように反対側へも攻め入って)
      • あぅっ(入り口に指がふれる・・・普段奥深くを散々小突かれて開発された体が、器用な指先の愛撫に触れてきゅぅんと堪らない疼きとなって体を駆け抜ける)っは・・あぁっ・・やっ!
        (さらに後ろからごつごつと小突かれれば・・局部から伝わる集中的な快感に堪える事など出来ずにばちばちと視界が明滅して・・)あっあぁぁぁぁっ!(びくりびくりと全身が震えて絶頂し・・・)
        やぁぁ‥ああぁぁっいま・・今ダ・・あぁあぁっ(首筋を舌先が滑る・・歯が立つ痛痒すらも快感になって・・・)ひゃんっ・・あっ・・はぁぁ・・・(肌を撫でる指先の動き一つ一つに敏感に反応し、ぴんと張った先端がぷるぷると震えて)
      • …♥(いつもはモノで乱暴なくらいにしている所を、今は指先がそっと擽るようなタッチで愛撫している しかしそれだけで妻の身体が悦びを感じている事に、言いようもなく興奮を覚える)
        っん、おぉ…(上がる嬌声、身体の戦慄き、指を痙攣するように締め付ける内側で彼女の絶頂を感じ取りつつ、まだ責めの手を緩めないまま)
        (震えに合わせてぷるぷると弾み揺れる、痛そうなほどに尖った先端を指が捕らえ、きゅっと摘み上げる 獣がするように首筋に歯を浅く突き立てたまま、しかし獣はしない、快楽だけを求める繋がりを続ける)
      • っは・・ぁぁ・・・あぁっ!(きゅうきゅうと内側を収縮させて普段如何にいやらしくモノを搾り取っているのかを指先に伝えながら、さらにと続く快楽に声にならない声を上げて震えて)
        っぁぅっ!(敏感な先端を摘ままれ首筋に痕を残しながら、それでも気持ちよさそうな蕩け顔を晒して彼にしがみつく)あぁぁ‥いい♡・・いいです・・ん!あぁぁっ!
        (彼に全身を預ける形で絡み合いながら、与えられる快楽を狂ったように貪り、全身を悶えさせるように身をくねらせる)はっはぁ・・・あぁぁっ!!
      • (前が締まれば後ろもまた然り 根本を集中的に締め付けられ、さしもの余裕もじわじわと削られていく)
        (昂りに任せるままにうねる肢体を責め立て、貪る 張り詰めた雄が、雌の部分を壁越しに揺さぶり、代わりの指が掻き混ぜ、擽る)
        (乳房と秘所、それぞれの敏感に尖った部分を指が磨り潰さんばかりに責め立てる それらのペースもいよいよ最高潮となって)
      • んっ・・く・・ふぁっ・・あぁぁぁ!(びくびくと余裕なく悶えながらも、その声や表情に、男を掻き立てる妖艶さを纏う)
        (苦し気に喘ぎ悲鳴じみた嬌声を上げながら、無意識にもっと欲しい、否、絞り上げ吸いつくさんとばかりにモノを締め付けいやらしく身をくねらせる)
        きてっ‥きてぇ・・♡もっと・・むちゃくちゃに・・・あっあぁぁぁっ♡(痛いくらいの力強い責めを全身で受け止めながらも愉悦に震え、上がってくるペースにしっかりと答えながら、一際大きな絶頂の波を迎える)んっ・・っく・・ぁっ・・だ、ダメ・・もうっ・・・いっしょ・・いっしょにっ(切なげに、縋りつく様な声で訴え、しがみ付いて)
      • っ、くぁ…あぁ、っん、いっしょ…にっ…(彼女の乞うような甘い悲鳴に応えて、一際深く突き入れたモノと指とで、子宮を挟み撃ちしてトドメを刺す)
        (モノが跳ねるように脈打って、精を勢いよく吐き出す どくんどくんと白濁は行き先もないまま、溜まっていって)
      • んぅっ!あ!あぁぁあぁぁぁっ!!(一際力強く打ち付け、続く熱い奔流が注ぎ込まれる・・・)
        (激しい快感の波に頭の中が滅茶苦茶になっていくのを感じながら、激しい絶頂感に酔いしれて)っはっあぁぁ・・・はぁぁぁ♡・・(びくんびくんと全身を震わせてぱくぱくと喘いでいる)
      • っは、ぁ、ぉぉ…(吐き出す快感に呻きながら、ぱくぱくとどこか欲しがるように震えて見える唇に、誘われるように口付けて)
        (息を継ぐ間も額を重ねて、同じように重なる吐息で互いの籠もった熱を混ぜ合わせる)…っは、ぁ、はぁ…(粋が落ち着くに連れて脈打ちも弱まっていく)
      • はぷ・・っぁ‥は・・・(息も絶え絶えになりながらのキス・・・呼吸は苦し気だが嬉しそうに吸い付いて返して)っは・・はぁ・・・はぁ・・
        (軽い酸欠でくらくらと、少し心地よい感覚に呑まれながら)はふ・・・えへへ・・♡・・・大好きです・・♡(ずっとこうして居たいとバカリニうっとりとしがみ付いてる)
      • あぁ…は、俺も…っん、好きだよ…大好きだ(まあ少し荒い息の合間に囁きを返し、また口付ける 嬉しそうではあるがまだ少し苦しげなので短めに)
        (その合間に噛んだ所をちろちろと舐め、鷲掴みにした乳房をやわやわと撫でるような感じで、それぞれ労って)
      • ふにゅ・・・ん♡(荒く息をつきながらちゅっちゅと口づけて)
        ん・・ぁ・・・はぁ・・・(労わる様な舌や手の愛撫にほうっと息をついて段々と落ち着いて来て)はぁ・・・ぁ・・・ふふ・・すっごい・・♡・・疲れちゃいました♡(くすくすと笑い、甘える様に擦りついて)
      • ふふ…(こちらからも頬擦りを返して)…俺も中々…手がちょっと疲れたな(前の穴に差し込んだ指を、軽くちゅくちゅくと動かしながらゆっくり抜いていく)
        さて…もうちょっとこうしていようか…湯船に浸かってゆっくりするか…どうしようか?(囁きつつ、頬に、唇にキスをして)
      • んっぁっ・・はぁんっ・・(ちゅくりと引き抜かれれば糸を引いて)
        ん・・・じゃぁ‥お風呂に使ってゆっくりしましょうか・・(ちゅっちゅと食み、舌と唇で戯れる様にキスをする)
      • …あ、一旦抜いて流しちゃった方が良いかな…(と思いつつとりあえず互いの身体の汗をざっとシャワーで流して)
      • ・・・♡(まだちょっと夢見心地なのか、真面目に体を流す彼にくっつきちょんちょんと頬とか首とか唇とかにキスをしたりしてはくすくす笑って)
        ほら・・洗ったら入りましょ?(と手を引いたり)
      • っはは、洗いづらいぞー?(などと言いつつ、ふわふわしてて可愛いのでちゅーをお返しして)
        (リードされるのも嬉しいもので、手を引かれて湯に浸かる)…ん゛っ…はぁ…(甘い雰囲気が台無しになりそうだったので妙な声が出るのを途中で我慢した)
      • んふふ・・・だってぇ・・(ちゅっちゅーとキスをして、洗ってくる彼の手付きの一つ一つに艶めかしく体を揺らし、押し付ける様にしたりして洗い流す)
        (湯船に入ってもぴったりくっついたまま)ぁ・・♡・・ふふっ・・ちょっと我慢しました?(くすくすと楽しそうに笑ってつんつん突いたり)
      • ん、ムードを大事にしたくてな…(抱き寄せつつ、つつく指を口で捕まえようとしてみたり)
        しかしまあ…いつもながら、一緒に入る風呂は良いもんだ…(頬や耳元にキスをしつつ、湯の熱と肌のぬくもりを同時に味わって)
      • ふふ・・・そういう所も好きです・・・(指先を食まれると同時、スキありとばかりにその頬にちょんっとキスをしたりして)
        ん・・・そうですね・・あったかくて・・・気持ちよくて・・・すごく幸せです・・・(温もりを全身で感じようとするように深く深く抱いて、戯れる様にキスを返してちゅっちゅと音を立てる)
      • ぁむ…ん、っふふ(いぇーぃ捕まえたっとばかりに指をはむはむしている隙を突かれ、しかしそれさえ嬉しそうに笑みを零す)…へへ、ちょっと照れるな
        世の夫婦はそんなに一緒に入らないらしいが…こんな幸せを味わわずに居るとは勿体ない…んっ、ふふ…ちゅ、ちゅ…(温かくて、柔らかくて、こそばゆさも心地良い刺激で)
        (ゆっくり、と言った手前ではあるものの、こうして裸でいちゃついていると自然とだんだん元気になってくる所があるのは、致し方のないことであろう…)
      • (くすくすと楽しそうに笑って)じゃぁもっと照れさせちゃいますっ(うりうりーっとキスを続けて)
        えぇーそうなんですか?・・恥ずかしいんでしょうか・・(それならちょっとわかるけれどもと頷きつつ)ん・・ちゅ・・はっぷ・・・
        (甘える様にくっつき擦りつき、口づけていれば・・・次第にお腹の辺りに触れる熱に気づいて)・・・ふふ・・出したばっかりじゃないですか♡(嬉しそうに笑って「どうします?」と囁く)
      • なんだとぅ…!っふ、へへへ…(キスは照れると言うより嬉しくて、でれでれと相好を崩す)
        んー、夜する時は明るくしないというのも聞くし、そういうのはあるかもしれん…後は単純に住宅事情?(普通の基準が曖昧な大富豪)
        ははは…それもこれも俺の嫁さんが可愛すぎるせいなのだ…ん、シンディがまだお腹空かないなら…(風呂に時計がないので日の高さで推し量るしか無いが、昼までそう長くはなさそうではある)…もうちょっと、深く、いちゃいちゃしちゃおうか

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

生活 Edit

  • 家族
    • 愛妻・シンディ
      • とラジオさん
    • 愛娘・(ミコト)
      • 178年12月生まれ
    • 愛娘2・アニマ
      • 197年10月生まれ
    • 愛息子・レーヴェン
      • 225年4月生まれ
    • 愛娘3・リーフェ
      • 236年12月生まれ(暫定)
  • 街の一軒家に住んでいる
    • 結構天井が高い
    • そこそこ広い庭がある
      • プールもあるぞ!

長女のデート会場はこちらです Edit

+  しまっちゃうよー

土を掘り返す(コメアウ) Edit


Last-modified: 2019-08-26 Mon 02:22:01 JST (7h)