リザレクス・リヴァイバー Edit

ステと戦歴:ステータス/戦歴
復帰3:ステータス/戦歴
復帰4:ステータス/戦歴
CV:井上和彦
誰これ:http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst066395.png
:ステータス/戦歴
♥♥:ステータス/戦歴
♥♥♥:ステータス/戦歴
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer

俺の部屋 Edit

+  ←リザレクスと会話する時はまずここを押す

愛の巣 Edit

(「・ω・)「<ねる!Edit
編集/差分
お名前:
  • (2回戦目は、激戦の末4対5でこちらが勝利を収める)
    (その後、程よく汗もかいたということで、引き分けという形で卓球大会?は幕を閉じた)
    ふぇーぃ、いい汗かいたなあ…時間も丁度いいし、ひとっ風呂浴びて夕飯だなー
    • いやあ、いいゲームでしたっ(すっきりさわやかな笑顔)
      えぇ、結構汗かいちゃいましたから(パタパタと手で顔や首もとをあおいで)
      • うむ…しかし中々どうして卓球とは難しいものだ…(遠い目をしつつこちらも暑そうに襟元をパタパタ)
        (フロントに終わった旨を伝えつつ部屋へと戻り)いょぉし、さっぱりするぞーっ(替えの浴衣やらなんやらを持って早速脱衣所へ)
      • はふ・・・浴衣も変えないとですねぇ・・(脱いだ浴衣をたたみつつ困ったように笑って)
        えへへ・・・(恥ずかしそうに汗ばんだ肌を手で隠しながら彼と並んでお風呂場へ)
      • んむー(互いに散々見た裸であるが、それでも恥ずかしそうに隠すのはなんというかこう…とてもいい…一部がとても元気になりそう…とか思いつつ、こちらは別段隠すでもなく風呂場へ)
        さーさー、かいたいい汗を流そう流そう(椅子を二人分出して、シャワーの湯を浴びる)
      • んー♪(気持ちよさそうに目を細める・・・汗が洗い流されていくのを感じるにつれてちょっと距離感が縮まったり)
        えへへ・・汗臭くなかった・・ですか?(安心した様に体を洗ってる)
      • ん…?ああ、それで微妙に距離があったのか…なるほど…(そこまで思い至らなかった、というより汗の匂いまで好き、である)
        …んむ、気にならなかったな…逆に俺が臭かったのでは…(ざーっと流しつつ心配になってきた人)
      • あ、あはは・・・ばれちゃいました?・・・ついつい気になっちゃって・・・
        ん・・・ちょっとだけ・・・(深刻そうにつぶやいた後くすりと笑って)なんて、嘘ですよっ特に気にならなかったので大丈夫かと(こくこく)
      • ふふ…そういうの大事だと思う、うん まあ館内じゃ滅多に人とすれ違わないし、俺は気にならないけどな
        む…ぬぅ…(深刻そうな雰囲気に思わず劇画タッチになりそうな顔)…ん、そうか、良かった…
        (娘に「お父さんくさーい」と言われたらどうしよう…と心配していた頃を少し思い出して、小さく笑う)
        …まあ、お互い気にならなくても、ふとした瞬間誰かが気になる可能性はあるからな…綺麗にしておくに越したこたないか(そんな訳でわしゃわしゃボディソープを泡立てて)
      • ふふっごめんなさいっ(ぺろっと舌を出したりしつつ、こちらも泡立てて・・・)
        えーいっ(ぎゅーっと抱き着きぬるぬると洗ってあげて)
      • ふふふ、まあ汗かいたら臭いがするのが生き物ってもんだー(いざ洗おう、と思ったところで…)
        うぉぅ(と、抱き着かれて嬉しそうな声 元気になってしまいそうだなーとか冗談言いつつ、こちらも彼女の身体を洗って)…夕飯あるからな、程々に…
      • ん・・そうでした♡(なんて悪戯っぽく微笑むと軽く身を引きつつ体を洗ってあげて)
        ふふっ普段使わない筋肉とか使ったから明日は筋肉痛でしょうか?(くすくす笑いつつ洗い流して)
      • あー…確かに、俺も普段のトレーニングメニューにない動きもしたからなあ…(そして忘れがちだし、ほぼ有って無いような物だが歳が歳である)
        …あ、そうだ後で軽くマッサージしようか…さておき、ちょっと温まったら出ようか(湯船で一息入れて出ると、ちょうど夕食の準備が始まるタイミングだ)
      • まぁまぁ、鍛えてますし、なんだかんだで大丈夫ですよきっと(楽しむように微笑んだあとフォローするように言って)
        ふふ、いいですね?そろそろいい時間ですし、ご飯の後にでも・・・(お風呂から上がると新しい浴衣に着替えてさっぱり)
      • ふふ、だと良いな…ん、じゃあそうしよう…(こちらも笑い返しつつも、湯船では軽くストレッチをしたりもして)
        (風呂から上がって少しして、夕食が運ばれてくる 配膳の様子を眺めつつ)…うむ、今日も美味そうだ
      • えぇっ(うんっと嬉しそうに頷くといただきますをして)ん〜♪(美味しい料理に舌鼓を打つ)
        (美味しい食事の時間が終わってお膳が下げられればごろりと転がってぐぐーっと体を伸ばしたりしてる)くぅっんーっ♪・・・程よく疲れてお風呂にも入ってお腹いっぱいで・・・幸せですねぇ
      • …うむ、美味しさのあまり気がつけば食べ終わっていた…(隣にごろんと横になりつつ彼女の方を眺めて、ふっと微笑む)
        ふふー…おいでー(右腕を伸ばして左手で招く 腕枕の態勢である)
      • (一しきり伸びをして、心地よさげに彼の方を見て・・・微笑みあう)
        はぁいっ♪(ころりころりと転がって彼の腕の中へとすっぽり収まる)えへへ〜♡(嬉しそうに笑うと甘える感じで擦りついて)
      • うおお…可愛い…(腕の中へ文字通り転がり込む愛妻に頬擦り、更にちゅっとキス)
        …マッサージは布団が来てからのほうが良いかなー…(なんて言いつつ片腕は腰に、枕にした腕は彼女の頭を包むようにして回して、ゆっくり髪を撫でる)
      • ぁんっ(キスに擽ったそうに微笑んで)
        ふふ・・・そうでした・・・お布団が来るんでした・・(ちょっぴり残念そうにしつつも、撫でる手に心地よさげに目を細めてリラックス、腕枕に擦りつき腰を揺らしたりして甘えたり)
      • まあ自分で敷きますからそこ置いといてくださいって訳にはいかんものなあ…(額を重ねたり、鼻先同士を擦り合わせたり、じぃっと見つめたり)
        (背に回した手もゆったりと撫でる動き)…なんてのんびりしてると寝てしまいそうでもあるなー、ふふ
      • んーっ♡(心地よさそうに額をすり合わせ、とろんとした様子で見つめ合ってる)
        (鼻をすりあわせる互いの息遣いを感じ取れる距離で見つめ合って)ふふっ・・そうですか?・・・私は、ちょっとドキドキしてきちゃって・・・眠れそうにないかも?(くすくすと笑って)
      • なんと…まあ明日の予定は特にないしな…夜更ししても良いかもだ(なんて冗談めかして囁く)
        (ちょんちょんと唇を重ね啄みながら、指は髪から耳を擽るように撫でていく)…布団はまだかな…(布団の趣旨が変わっている気がする)
      • ふふっ・・・ん♡・・(ちゅっちゅと音を立てて吸い付きながら撫でる指にうっとりとしてる)
        ね?・・・待ち遠しいです・・待っている間、何かします?・・・またお風呂に入るとか・・ちょっと外に出てみるとか・・・
      • そうだなあ…このままでいると、布団がマズいタイミングで来そうだものな…(盛り上がって来たところで来る、と言った意味合い)
        もう一回風呂ってのも…悪くはないが さりとてちょっと散歩って感じでもないし…風呂かな、さっきは軽く浸かっただけだし(なんて言っている間もちゅっちゅとキスをしていたり)
      • ちゅ・・・ん・・♡・・・はふ・・・ふふっじゃぁ、決まりです(ちゅっと甘く吸い付いてからゆっくりと身を起こし)
        さっ・・行きましょ?(と誘う様に手を引いて)
      • ん…ふふ(手を引く彼女はなんだか楽しげで、こちらもつい、笑みが溢れる)
        (脱衣所でいそいそと浴衣を脱ぐと、洗い場へは行かず湯船へ直行)…さっき洗ったしな、早速湯船でのんびりしよう
      • そうですねっ(うきうきと、それでいてどこか蠱惑的な笑みを浮かべて手を引き湯船へ)
        (ゆったりと浸かればうっとりとした息をついて・・・)〜♪(心地よさげに彼にもたれたりして)
      • ん…(そっと肩を抱き、こちらからも身を寄せると、そっと頭同士も触れて)
        …今夜も、月が綺麗だなあ…(ふぅっと心地よさ気な吐息)…膝の上、来る?(と誘ってみたり)
      • ふふっ・・・ですね・・・(湯船の中、くっついて一緒になって夜景を見る幸せを享受する)
        ・・・・(誘いにこくりと頷くと、ちゃぷりと波立たせて彼の膝の上に跨り、向き合う形で腕を絡める)・・・ふふ・・(じっと見つめて額を合わせたりして)
      • お…っと、これだと夜景がもう見えないな…(腰に腕を回して胸元に顔を寄せ、湯に温められて少し上気した肌に唇で触れる)
        それとも…(そこから上目遣いに彼女の顔を見やり)…私だけを見ていて欲しい?(囁き、ちょん、ちょん、と胸元から喉、顎へとキスをしながら登っていく)
      • まぁっそれは大変です(くすくすと笑いながら抱き寄せられて)・・・は・・ぁ・・・
        ん・・・レクスさんは・・・私よりお月様を見ていたいんですか?(うっとりと息をつきながら落とされる唇に喘ぎを漏らし、扇情的に腰をうねらせ身をよじって)
      • んー?ふふ…(唇をそっと啄み、微笑んで)…そりゃあ勿論、シンディを見ていたいな…(囁き、もう一度口付ける)
        (右手が腰から、上へ、前へと滑りながら、なめらかな肌と筋肉や骨の作るなだらかな起伏を楽しむ)
        (脇腹、肋骨…うねる身体を、更にその先へと、じっくりと進んでいく)…綺麗だよ(照明に淡く照らされ、逆光の月明かりに縁取られる妻の姿は本当に美しく、唇を離すと暫し見惚れて)
      • ちゅ・・・・ふふっ♡(嬉しそうに微笑み、口づけに応える・・指先が肌の上を滑り気分が盛り上がってくるのに合わせて口づけにも熱がこもって・・・)
        は・・ん・・・はふ・・ありがとうございます(薄く微笑みながら賛辞に応えて・・じっくりと進んでくる手を優しく取って、乳房へと導いたりして)
      • ん…少し、じれったかったかな…?(なんて少し意地悪に囁きながら、誘われる手でそのまま、極上のハリと柔らかさを持つ乳房へ五指を埋める)
        (大きく円を描くようにやや手に余る柔肉を揉みしだきながら、再び唇を重ね、食み、吸って)…ん、ちゅ…ぁむ…ん、ふ…
      • えへへ(恥ずかしそうに笑う)ドキドキしてるの・・感じて欲しいなって・・・ぁん(むにゅりと沈む指先に思わず喘いで)
        は・・っぷ・・ん♡・・ちゅ・・(口づけ、食み、擽る様に舐めては吸い付いて・・)んっ♡・・・んっ(そうしながら身を寄せ、もっと全身で感じ取ろうとするように体を擦り付ける)
      • (恥ずかしげな笑みにこちらも微笑みを返し)…ふむ、なるほど…(鼓動を感じ取ろうとするかのように、埋めた指をうねらせゆっくりと捏ね回す)
        うん、確かに…(勿論揉んでいるだけでは分かるはずもないが、彼女の息遣いと肌の熱さがその興奮の度合をありありと感じさせる)
        (彼女が身を寄せれば、腰に回した腕を巡らせて 湯を掛けて温めつつも背筋や腰のラインを指先でなぞって擽る)
        (やおら、尻を鷲掴みにして乳房と同じように好き放題に愉しむ その間も唇での戯れは続いて)
        …っはぁむ、ん…ん、ちゅ…ちゅ…(その内に、彼女の股の間をつつくように触れる物が立ち上がってくる)
      • は・・ん♡(探る様に捏ね回す動きに合わせて小さく声を漏らして)
        ふぁっ・・あっ・・・(湯の温もりにうっとりとしつつ、なぞる指先の動きにぞくりと震えていると・・・)ふゃんっ!?(不意にお尻をしっかりと掴まれて驚きの声を上げる)
        ちゅ・・ん・・んむ・・ぷぁ・・あ・・(お尻を好き放題に揉みこまれながら、下腹部に熱く屹立してくるモノの感触を感じれば)ちゅ・・ん♡・・んん!(ドキドキと昂り火照る感情が止まらなくなってくる)・・っは・・あっ・・・くぅん・・(早く繋がりたいという様に切なげな声を上げて、掴まれたお尻を揺らす)
      • (彼女が驚いた声を上げれば、にんまりと意地悪な笑み)…ふふふ、可愛いなあ…(囁いて、また唇を重ねる)
        ん、む…は…んー、今回は俺が縁に腰掛けようか…もっと、シンディのドキドキを感じさせて…(甘く、優しく囁きつつ、彼女の身体を抱え腰を上げる)
      • んもぅ・・♡・・・んっちゅ・・・(困ったように笑いつつも嬉しそうにキスに応えて)
        うん♡・・・ぁんっ(こくりと頷き、彼に身を預けて抱えてもらう・・・湯と、体液で熱く火照った秘所を屹立したモノへ切なげに擦り付けて)
      • (縁にそっと座るとこちらも腰を揺らして、濡れそぼった秘所へ固く反り返るモノを擦り付ける)
        (にゅちにゅちと濡れた摩擦音を立てながら、時折カリや穂先が入り口に引っかかって刺激が加わる)
      • はぁんっ(彼の上に跨る形で、擦りつけられる快感に悶え)
        ふっ・・んっ!(湿ったぬめ付いた音を立てながら擦りつくのを感じる・・・快感を堪能するようにうっとりとしながら、つながりを求める様に入り口と穂先を合わせようとして)
      • ん、は…このくらい、かな…と(互いの動きが噛み合って、熱を持つ部分同士が深く繋がり、一つになる)
        っ…ぉー、中、熱…(ねっとりと絡んで締め上げる肉襞の熱に思わず零すように呟いて)
      • ふぁっ・・・あぁんっ(興奮しきり、濡れそぼったそこはあっさりとモノを受け入れて・・・それでいてキツイ程に強く締め付けてその体温を伝えてくる)
        んっ・・・はぁぁ・・あつ・・い・・・(ぼうっと、うっとりとした様子で硬さと熱さを堪能している)
      • ふふ、ぼーっとするにはまだ早いぞー?(と意地悪に囁きながらゆっくりと腰を揺らし始める 同時に胸と尻を揉む指の動きも再開して)
        (じっくりと丹念に、肌の熱と柔らかさを味わうように柔肉を揉みしだき、内襞を掻き混ぜていく)
      • ふゃんっ!・・あっ・・・ふぁっあっ!(愛撫と抽送が始まれば甲高い声を上げて身を跳ねさせる)
        (じっくりと内側をかき混ぜられるほどに体が高ぶり、男の上で乱れ悶えて)
      • っは、ふふ…可愛い…(囁き、耳元へキス そこから首、鎖骨、とだんだん胸に迫るように唇で触れていく)
        (そうしつつも、揺らすリズムと重ねて両手の指を蠢かせて ゆったりとしつつも刺激の量は多めである)
      • ふぁっは・・ぁ・・(囁きながら耳元から胸へと徐々に近づいてくる唇の感触・・・敏感な所を的確に揉みしだいてくる指の動き・・そしてゆったりとしながらもしっかりと内側から突き上げてくるモノの力強さ・・・)
        (それらが奏でる快感の連続にすっかり陶酔した様子で、うっとりとした息をつきながら夢中になってねっとりと腰を揺らして締め付けて返す)・・・はぁ‥♡・・・ん・・(キスを落として来る彼の額にこちらもキスを返したり)
      • ん…ちゅ、ふふ…ちゅ、ちゅ…(額に触れる唇に擽ったそうに笑みを零しつつ、胸元に顔を埋め淡く朱に染まった肌を唇で啄んでいく)
        (うごめく五指はその手にやや余る量感を好きなように歪ませ、ツンと尖った先端部を弾いたり転がしたり)
        (鷲掴みの尻肉は捏ねるだけでなく、撫で擦り、時折ぐっと強めに揉んで、腰の動きと合わせて変化をつけたりもして)
      • ちゅ・・ん・・・ふぁっ・・あ!(乳房に歯が付きたつ刺激を感じながらぞくりと背筋を震わせて)
        ひゃんっ・・うぁっ・・はっはぁ・・・!(好き放題に揉みこまれ、敏感になった先端を弄られれば切なげな甘ったるい声を漏らす)
        くぅ・・・んっ・・(そして突き上げるのに合わせて変化を付けてくる尻への愛撫にすっかり蕩けた様子でより淫靡に、乱れ、悶えて嬉しそうに微笑む)すてき・・んっふあぁっ!!
      • (唇は徐々に乳房の稜線を昇り、頂上へ差し掛かる どこか吸って欲しそうにも見えるその部分へ口を近づけ…)
        (敢えて吸い付かず、尖らせた舌先で突いたり弾いたり 反対側でしているのと同じように弄い、責め立てる)
        (指の食い込む尻肉を時にハンドルのようにして、深く突き入れたモノで彼女の内側を掻き乱し、突き上げる 乱れ悶える妻の姿に掻き立てられるように、じわじわとペースが上がっていく)
      • はん・・ぁ・・・ぁぁ・・・(ぞわぞわと肌が粟立ってくるのを感じながら唇の動きを追って・・・)やっ‥あぁん♡・・(擽る様に弄られてそのこそばゆさに右に左に身をよじらせる)
        あっ!はぁぁ・・んっ(ぐちゅぐちゅと卑猥な音を響かせながら・・・彼の手付きや腰の動きに合わせて操られるように身を跳ねさせて)っはっ・・はぁん・・・!(徐々に上がっていくペースに、上がる嬌声もどんどん切なく、大きく、艶めきを増していって)
      • …♥(身を捩るたびにぷるんと震える乳房を目で楽しみつつ、誘われるように今度はその部分を口に含んで)
        (軽く吸って、舌で弾き転がして、唇で食んで啄む 同じようにして手でも摘んで、転がして弾いて、指の間に挟んで軽く扱いて責め立てる)
        ちゅ、む…ん、ふ…(リズミカルに彼女を突き上げ、揺さぶる 胸を擽る甘い声をもっと聞きたくて、腰の動きにさらにバリエーションを加える 円運動の大小や、八の字、縦や横と、思う様彼女を掻き混ぜて)
      • はっはぅん・・(きゃんきゃんと嬌声を響かせながら体を揺らせていると)ふぁ!・・あぁぁ!(不意に咥えられ、口内のぬめった感触と舌での愛撫にびくびくっと先端を震わせる)
        はぁぅ・・・んん!・・そっち・・も・・・あぁぁっ!(指の刺激も強くなってきて思わず驚いた声を上げたり)
        (そんな風にしながらもリズミカルで、それでいて激しさを増してくる突き上げに髪を振り乱して悶えて)あっあぁあ!・・凄い・・んん!いい・・いいです・・・あん!・・んぁ!ふぁぁ!(多彩な腰の動きによって生み出される抉りの角度の変化に思わず果ててしまいそうになりながら)
      • (先端を吸い立てながら、あむあむと食べてしまうように色付いた部分をまるごと口に含んでみたり、顔を深く埋めるように押し付けてみたり 手指で送る刺激に負けない位に色々としてみる)
        (頭上から降る甘く鳴く声と、内側の不意のきゅぅっと来る締め付けから彼女の昂りを感じ取りつつも、更にペースを上げていく)
        (パンでも捏ねるみたいに尻を揉みしだき、ねっとりと絡む泥濘を荒々しい程に掻き混ぜていく 突き立てたモノは張り詰めを増していく)
      • ふぁんっ!あっ・・・食べられちゃう♡・・あんっ!(楽しそうに微笑みながら、多彩に責めてくる口の動きに甲高い声を上げつつ・・・胸に押し付けられるその頭を愛おしく思えてそっと抱きしめたりして)
        っは・・はぁ・・・(徐々に増してくるペースにいよいよもって余裕がなくなってくる・・・こね回す様に揉みこまれ、内側を荒々しく掻き回されて渦巻く快感に飲まれていく)はぁぁぅ・・ん!や・・やぁ…も、もう…ん!!(限界を訴える様に切なげに鳴いて懇願して)
      • んーむっふっふ(と乳房に半ば顔を埋めたまま、くぐもった笑い声 抱きしめる腕で更に顔が埋まる)
        (彼女の請うような声に、スパートを掛ける動きで応える 今から精を放つ場所を示すように、最奥を何度もごつごつと突き上げ)
        (一際深くモノを押し込むと同時、口に咥えた突端をきゅっと唇で食み、指でも同じように摘み上げる 知らず、尻を鷲掴みにする手にも力が籠もって)
        む…っふ…っ!(どくん、とモノが力強く跳ねて脈打つ 堰を切ったように滾る劣情が解き放たれ、彼女の最奥へ吐き出されていく)
      • ふぁ!あ!(彼の頭を胸に抱いたまま、激しくなってくる突き上げにあられもない嬌声を上げて乱れ踊る)
        (不意に、まるで知らせる様に強い刺激が胸や尻から駆け抜ける・・・それをトリガーに自分の中の我慢が限界を超えて)
        っは・・あぁあぁぁあぁぁ!!!(大きな声を浴室に響かせて絶頂を迎える・・・どくどくと最奥に叩きつけられる熱量を感じながら、ビクンビクンと膣肉を痙攣させてモノを絞り上げて)
      • っむ、ぅ…!(搾り取るような蠢きに、快感の呻きを漏らす 奥へ奥へと飲み込もうとするような蠢動に促され、何度もモノが脈打って)
        (それも段々と弱まって)む…は…んん…(息苦しさを覚えつつも、顔全体に押し付けられるような乳房の感触が心地良くて、胸に顔を預けたまま)
      • はんっ♡・・あぁぁ・・・(ぞくぞくっと背筋を震わせながら脈打つモノを受けとめ注がれる精を呑み込んでいく)
        (それが徐々に収まってくるのを感じながら)・・・ん♡・・(幸せそうに抱き留めた頭にキスを落とし・・愛おしそうに撫でて)
      • ん…ふぇへへ…(触れた唇と撫でる手に、心地良さげな声で笑って すりすり、というよりも、むにゅんむにゅんと埋めた顔を動かして)
        (少し強めにしてしまった尻や乳房を労るように愛撫しつつ、少し顔を上げて)…もうちょっとこうしたら、軽く流して出ようかー…布団もそろそろ来ている頃だろうしな
      • ぁんっ♡・・ふふっ・・気持ちいいですか?(なんて微笑みつつ乳房に埋もれる彼に声をかけて)
        はぁふ・・ん・・・はい♡(こくりと頷くと先ほどまで結構大きな声を響かせていた事などすっかり忘れてぎゅーっと彼にしがみついて幸せを感じたりして)
      • そりゃあもう…幸せだ…(と髭剃り跡が当たらないよう顔の上半分ですりすりしながら)
        (こちらも両手で抱き締め直して、心地よい疲労感と幸せに包まれる時間を暫し味わう)
      • えへへっ♡(嬉しそうに、擽ったそうに笑って胸にうずめた彼の頭をねぎらう様にそっと撫で続けて)
        ・・・あったかい・・ですね・・♡・・・(身も心も、もちろん奥まで暖かくて幸せな心地)ずっとこのままでいたい・・・そんな風に想っちゃいます・・
      • んむー…この幸せ、ずっと味わっていたい…(そのまま寝息を立てそうな程ゆっくりとした呼吸 とてもリラックスしている証拠だ)
        …しかしずっとこうしているとあちこちふやけて困るのだな…後流石に寝られない…そろそろ流して出ようか(などと言いつつ、ちゅっちゅと目の前の柔肌に唇で吸い付いていたずらする)
      • むー・・・(不服そうにむくれつつも、本当にのぼせてしまっても困るので頷く)
        ゃん!流すんじゃないんですかぁ(洗い流しつつとても抗議には聞こえない甘ったるい声で窘めたり)
      • ふふ、そういう顔も可愛いよ…(囁いて唇にもキス)んー?流すさー、流すともー(棒読みである)
        …さー、綺麗にして寝る支度だー(結局は繋がったまま洗い場に座り、ちゅっちゅしながら一応、流している)
      • ちゅ・・ん・・♡・・・(キスを受けてふにゃりと蕩けながら)・・んもぅ・・・(棒読みな受け答えに切なげに唸って返したり)
        ん‥はふ・・・ちゅ・・(洗い流しながら戯れる様にキスをして・・その内キスやすりつく割合が多くなって来たりする)
      • ふふ、ん、ちゅ…寝るのが遅くなるぞー?(割といつもの事だし、大した問題でもない…強いて言うなら朝ごはんを食べ損なうくらいである)
        (そうして次第に洗い流す動きが愛撫になり、触れ合う唇が啄むようになり、更には舌を絡め始める)
        (単に流すだけで済ませるつもりがあまりないのは、彼女の中に収めたままのモノが未だ硬さを保っていることからも明白だ)
      • ちゅ・・・ん・・ん♡・・・大変・・ですね・・・・(うっとりとした様子で受け答えしつつ、夢中になって唇を啄み舌を絡める)
        ん‥ふ・・・・っ(背を洗い流す手はいつしかかき抱くようになって・・収めたモノを愛し気に締め付け・・・初めは身を捩る様に・・徐々にはっきりと腰を動かしだしてくる)
      • 寝不足はいかんなー…ちゅ、ん…まあ、その分寝坊すれば、ちゅ…時間は、ぁむ、ん、足りるが…ん、む…(冗談の合間のキスが、段々とキスの合間の冗談へ変わっていく 言い終わる頃には二の句を次ぐ間もない、口付けの応酬)
        (背中、腰、太ももを撫で、そこから前へ回ってお腹、肋、と登っていく 汗を良くかく南半球と胸の境目だけ、ちょっぴり念入りに洗ってから両の手で乳房を揉みしだく)
      • ん・・・ふ・・・それも、いいかも・・ちゅ・・・(そう呟くと後はもうキスに夢中になって・・)
        ちゅ・・・んっふぁっあ・・はぁ・・・(キスの合間に喘ぎの声を漏らす・・這い廻ってくる指の動きの一つ一つに細かく反応し、挑発するように背中を掻いたりして)
      • (濡れた乳房の上を滑るように指が蠢いて、好きなように弄んでその形を卑猥に歪ませる)
        はぁ、んむ、ちゅ…ん、ん…は、む…(背中で遊ぶ悪戯な指先に応えるように、腰を揺らしてモノの穂先で奥を抉る)

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

生活 Edit

  • 家族
    • 愛妻・シンディ
      • とラジオさん
    • 愛娘・(ミコト)
      • 178年12月生まれ
    • 愛娘2・アニマ
      • 197年10月生まれ
    • 愛息子・レーヴェン
      • 225年4月生まれ
    • 愛娘3・リーフェ
      • 236年12月生まれ(暫定)
  • 街の一軒家に住んでいる
    • 結構天井が高い
    • そこそこ広い庭がある
      • プールもあるぞ!

長女のデート会場はこちらです Edit

+  しまっちゃうよー

土を掘り返す(コメアウ) Edit


Last-modified: 2019-10-18 Fri 22:22:28 JST (10h)