凍結/234118

  • 前回は群馬在住だったから特に気にしなかったけど今住んでる所はちょうど前回停電したらしいので、今回もちょっと怪しいかも
    電気と通信が終わると十中八九wikiる余裕もなくなるので、いなくなるかもとあらかじめ言っておくにゃ
  • 昨日映画見た ジョーカー
    ラストで面白いジョークを思いついたんだって言ったからそこまでの話が全部嘘だったってするのかとも思ったけど特に明言はなし、間接的にとはいえバットマンの誕生にも関わった形になるからブルース=バットマンの構図を知らないと成り立たないからありえない筈・・・つまり間違いなくジョーカーのオリジンの内の一つ
    なんとなくジョーカーはバットマンの存在を知る事で覚醒した狂人だと思ってたけどそんな事はなく、彼は元から狂っていたし、何とかギリギリの所で抑制していた彼を社会が解き放ったって感じだった
    徐々に徐々に、でも確実に目覚めていくのが見ていてよくわかって面白かった
    リハーサルしつつ自分の頭を撃ったあの時、決定的にアーサーは死んでジョーカーとなったって印象
    ジョーカーってある種の起爆剤みたいな強さがあるというか・・あの時ゴッサム全体に渦巻いていた人々の不満や怒りみたいのをぽんと解き放たせる感じが面白い
    • ゴッサムの市民は大体何かしら狂人の素養を持っていて
      市民に募っていく不満がある閾値を超える事でジョーカーは発生する・・・なんとなくそんな印象を受けたにゃね
  • 自分が警官キャラやってたらこういうムーブしなきゃいけなかったんだよにゃぁ・・・
  • 買ったテレビが届いた!55型!でっかい・・・androidも入っていてバランスがいい・・・
    • あと映画見た!アドアストラ
      俺冷めてるわー感情抑えるのなんてわけないわーっておじさんが長く孤独な旅を通して自分の感情を素直に表して周りと接していこうってなる話
      異星人との接触という夢に囚われたおとんが切ない・・・クライマックス宇宙に漂う主人公の泣き叫ぶ声が悲痛だったにゃ・・
      遠くに夢見るよりもっと身近な人の事をちゃんと見ようねって感じのお話・・・結構好き
      ・・・でも主人公あれだけのことして無罪放免なんにゃろか?・・・保釈中だった?まぁいいか
  • 昨日映画見てきた、ハローワールド
    • ネタバレ前提
      最後の最後でちょっと混乱したにゃ・・八咫烏だけ明らかに異質だったから何かあるとは思ってたけど・・・カタガキの世界に対して堅書くんの世界を正史に変えようとしてああなった訳だから順当に階段のアーチくぐればカタガキさんの方は消えてたんだよなぁとか考えてた所にあれだ
      器と精神の同調が大事なのなら、あの事件自体は現実に起こった事なわけだ
      同じ精神状態って事はカタガキさんは10年頑張って一行さんを起こそうとして、でもダウンロードした一行さんは堅書くんラブで「君が好きだったんだ」って泣いた後堅書くんをかばって刺されまくったと
      でもこの時点じゃグッドデザインは存在しないと考えていいから堅書くんは本当に上手い事やって、カタガキさんボディは残ったと・・・分からないのは一行さん(月)はどこから来たの?って所・・・
      新世界開闢の時に分離した?カタガキさんと堅書くんそれぞれの世界が重ね合わせの状態になってるのにカタガキさんは自分の世界を見れて居なかった(自分の世界の一行さんを認識できなかった?)
      うーん・・・わかんにゃい・・カラスのムーブだけ見る為にもう一回見ても面白そう
  • 拝式目付きの悪い男メーカー製

  •  横
    縦横縦 みたいな感じの四画面編成にしてみた・・・なぜって?出来たから・・・趣味なんてそんなものでいいんにゃ
    縦長だと中々迫力が出る・・・
    • ただ上の横モニターの表示が何か右にズレてる・・・右側が見えなくて左側に黒い線が入ってる・・・何かが悪さしてるんにゃろうなぁ
  • 1960年〜70年代が一眼レフ電子化の過渡期か・・・それ以降は駆逐されたろうから30年くらい前の物を直しつつ使ってる事になるにゃか
    アタシそこまでのカメラ知識ないにゃよ・・・
    • そこはフレーバーで…(この世界ではそうなんだよ!というジョージルーカス理論もある…と思いつつフレーバーで盛り込む設定をかく) -- げま子
      • にゃるほど・・・でもその場合周りとの共有の問題が・・・いや、機械式を作り続けている稀有なメーカーがある位いいかにゃ・・・
  • 名前・・・四字熟語からとりたいなーなんて思って調べてた
    無明長夜と暮雲春樹がいいなぁとか思ったり・・・人生に迷ってそうな戦場帰りの方は前者、家族が気になってしょうがない方は後者・・・
    個人的には後者が気に入ってるけど前者も捨てがたくてこまる
  • おかしい…今日届くはずのモバイルルーターがまだ来ない…時間指定はしていないとはいえ
    • 届いたのでよしっ ゾンビの準備しないとにゃぁ・・・
  • 最近の一眼レフもデジタル制御なので・・・それを省くと今どきフィルムのカメラなんてものを持ち歩いている稀有なジャーナリストって事になる
    なんかこう、思い出の品でお守り代わりに持ってたけどこの度愛用のデジタル一眼が壊れたので・・・ってなる?なんかそれだけで一つ書けそうなキャラになっていく・・・
    • 戦場でカメラマンしていた時に誰かの形見として受け取るとか…(駆け出しのとき功を焦った自分が招いたピンチで死んだベテラン強キャラジャーナリストとかでもお話できそう) -- げま子
      • いっそディケイドばりにトイカメラを
      • 人物像を文章化する
        典型的なだらしのない大人、酒もたばこもする、30代半ば〜40代前半くらい、娘がいて溺愛していて欲しい、ただし別居中で月一で会えるくらいがちょうどいい
        娘は10歳程度がそれっぽいと思う・・・20代で結婚して子供こさえればちょうどこの位になるはず・・・となると大学のサークルで嫁と出会って卒業後数年して結婚が妥当な線
        ただ普通に幸せな家庭を築かれてるとイメージから外れる・・・恋愛結婚した後別居?離婚?する程の人間的欠陥が欲しい・・・死別もありだけど
        まぁパパラッチって仕事内容はまさにそれっぽいか・・・
        学生の頃は何か夢を抱いていて、嫁さんもそれに惹かれていた・・・でも結婚して子供とかできると夢よりも即金の仕事を選ぶようになって失望された・・・?
        フィルムのカメラは父親から貰った物とか考えてたけど、青春時代や夢に絡む逸話があった方がよさそう・・・?
        あとこれだけだと嫁さんがあまり現実が見えていないように感じる・・・例えば親と何か確執があって、頼れば養育費の問題は容易に片付いたのに意固地になって意見が割れた?

        ・・・わかる・・・これ以上はあんまり煮詰めてもしょうがない設定類にゃ・・・でもなんかたのしい
      • 友人の形見!それっぽーっ!
        トイカメラ・・・むー・・・できれば本格的でありたいけども選択肢としては考えておこう
      • 若気の至りというか若いなりに何か信念をもって戦場カメラマンとなった
        戦場で地獄を見て帰ってきて、平和すぎる日本の日常とか撮ってきた写真が売れなかったり「難民を撮ってる暇があったら助けるべき」的な自称人権派に叩かれてなんかこううまい具合に心が折れてひねくれる・・・?
        暫く日本でしょぼい写真を撮りつつ細々と生計を立てていたが今回の件に遭遇して、燻っていた何かが再び燃え上がる的な
        これだといい歳こいて独身の方がいいにゃね、結構熱血カメラマンっぽくなる
      • いまどきそんな古いモン(フィルムカメラ)を使ってるなんてクラシックだねえ…とか呆れられてるのか関心されてるのか…っていうモブのセリフでどういうキャラなのかを見せるのが小池せンせいの漫画論だって聞いた
        (キャラの詳細説明は他のキャラから見てどういうふうに見えるかとかで話すとそれっぽくて自然…というヤツらしい) -- げま子
      • 説明っぽくならないいい方法にゃね(やめとけ!やめとけ!あいつは付き合いが悪いんだ)
      • ああ…同僚風の一見腐すようでいて仕事を細々と斡旋してくれる腐れ縁キャラとバッテリー切れかけのケータイで2〜3会話したあと消息を絶った…とかインストでよさそう
        (初心を忘れてだんだんやさぐれている中そいつのことがほっとけなくて仕事紹介するサブキャラ案を思いつく、たぶんメガネとかかけてる) -- げま子
      • 「お前ちょうどいま永野にきてるんだろ?まほろば市でうんぬんかんぬんプツッツーッツーッツーッ」
        「あぁ?クソっ・・なんだよ・・・・・・まほろば市か・・」
        いい感じかもにゃね、メイン判定は探索になりそう
      • 地方都市のしょっぱい仕事っていうと…ゆるキャラの特集記事とかかな…(それで向かう途中だった…とか?)
        あと娘のいるおっさん案も捨てがたい気もしたのでその娘がいるおっさんが戦地で死んでその人の形見を譲り受けたとか…(娘さんとはおっさんの生前から家族同然の付き合いだったがおっさんの死をきっかけに疎遠に…娘さんからは恨まれててもいいしあんたが殺したわけでもないだろ!ってそういう態度なのをキレられててもいい…なんて妄想が膨らむ -- げま子
      • マジでしょっぱくてダメだったにゃ、それいいにゃ(殺人事件の容疑者の家族へのインタビューとか言うゲスい仕事を放り捨てながら)
        いいけどこの場合先のおっさんの話は変に掘り下げない方がいいにゃね、あくまで裏設定位な程度で
        ちなみに先のおっさんに子供を持たせた理由は、所々で顔を思い出させる事でゲスな仕事をするジャーナリストに人助けをさせる為だったので、この場合戦場での死亡フラグ以上の理由がなくなってしまう
  • 今日の教訓、部屋は生活している時より片付けているときの方が傷つく(壁や床の傷を見て頭を抱える)
  • 一年触れもしなかったものって、基本もう使わないんじゃないかにゃぁ・・・
    荷造りじゃなくて丸っと捨てちゃおうにゃかなぁ
  • 多分群馬で最後の映画・・・群馬在住だからじゃないけどまほロバのデザインは琴線に触れるものがあったにゃ
    • 僕のワンダフルジャーニー
      • 幾度も生まれ変わるわんこがイーサンと別れ、再び巡り会うのが前回
        今回は孫娘のCJを守ってとイーサンからの指令をうけ、バラバラになった家族を再びつなげるために幾度でも生まれ変わるお話し
        前回は転生を通して色んな飼い主の下で幸せだったりそうでもなかったりする姿が見られたけど、今回はその要素はちょっと控えめ、全ての生で何らかの形でCJと関わり、何とかして彼女を守ろうとする一途な姿が見られる
        前回は警察犬の話とか犬のネグレクトみたいな犬を巡る諸問題はイーサンとは別の飼い主で描かれたけど、今回はCJと共にそういうエピソードを経験して、その事が彼らのその後に大きな影響を与えたりするのが面白い
        前作よりも人間側のエピソードに比重が置かれた様に見えるけど、それらのほぼ全てが犬の目線を通して描かれるから犬の影が薄くなる事はなく、安心して見れる
        この映画シリーズはペットロスで苦しむ彼女の為に作られたって聞いた事があるけど、今作の方がそれにふさわしい感じがしたにゃね
    • 人間失格 太宰治と三人の女たち
      • 太宰治の晩年、病気に苦しみながらも浮気を繰り返し、人間失格を書いた後心中するまでを描く
        人間は恋と革命の為に生きる、太宰の愛人はロックな生き方してるにゃね・・・あとヤンデレこわい・・・
        小説なんてイカレてないとかける物じゃなくて、妻子を持つ太宰はいつもぎりぎりで踏みとどまってたけど・・・いよいよ切羽詰まってケツを叩かれて狂気に踏み込んでいくと
        うーん・・・正直ちょっとまだ感想が出せないにゃ
    • 記憶にございません
      • 目覚めたら病院のベッド、ここはどこわたしはだれ?え?総理?・・・そんな話
        史上最低の総理大臣があまりに最低すぎて投石を受けて入院、起きたら記憶がなかった・・・仕方がない、隠してこのまま進めよう!ってなる話
        普通に考えればとっとと公表して首を挿げ替える所だけど、その辺はディーンフジオカの思惑があったりしてちゃんと語られる
        政治の世界に限らず綺麗ごとだけじゃやっていけないなんてセリフはよく聞くけれど、本当にそうかなと、誠実である事の大切さを教えてくれる話だと思う
        結構好きなタイプのお話しだったにゃね・・・ただあの義兄に官房長官務まるんにゃろうか・・・
  • イレギュラー化をある種のプログラムエラーだとする
    そのエラー個体を倒してたのがエックスたちハンターだけど今回ルミネはエラーなどではなく自らの意思で人類に反逆を起こしたと
    自分たちは新たな種族であり自然淘汰の摂理により人間及びそれに従うだけの従順なレプリロイドは滅ぶ運命だという
    創造主に対する反乱と言う意味ではまさにパラダイスロストって感じにゃね
    そんなルミネ達新世代の中には自分のデータも含まれているのだから、彼らは自分の子供でもあるのだとシグマいう
    ルミネはあくまで自分の意思だって言ってたけどシグマのミームを受け継いだウィルスとはまた別次元の厄介な存在になったように思えてならないにゃね
    • これは正当な進化であり人は滅びゆく運命であり受け入れるべきだと主張するルミネにエックスは自分のしている事が正しいのか分からなくなり悩むのがエックスエンド
      あくまで人ではなくロボット達の物語だからこそ、このまま人間の側にいるのが正しい事なのかを悩むことができるんにゃね
      それに対してもうシグマの脅威はないものだと考えていいのか、ここらが潮時かと思いつつルミネの主張について考えるエックスに運命だったとしてもそれに抗わなきゃダメだぜって声を掛けるゼロエンド
      ・・・潮時ってなんのにゃろう・・?ハンター辞めるん?なんとなくそんな雰囲気は6辺りから漂わせてたけど
      機能停止したかに見えたルミネから不意打ちめいたウニョウニョが出て、それを額に受けて昏倒したアクセル・・・ラスト気絶したままエックスに抱えられて軌道エレベーターを降りるアクセルの頭部の破損個所に、不穏な紫の光が見えて終わるアクセルエンド
      あのうにょうにょは7の時のシグマにも見られたにゃねぇ・・・新世代とはいえプロトタイプゆえにシグマの因子は入らなかったアクセルだったけど、この一撃で何かが変わるかもという不穏さを匂わせるラストか・・・なんかそういうの多いにゃね
      • これで一応Xのナンバリングタイトルはすべて終えた形になるにゃか・・・X8が2005年だから以降14年間続きは出てなかったのが、この度DiVEが出ることになったと・・・ぱっと見クロスオーバー系っぽいけど
      • あのいかにも続きそうなラストから14年…(Xoverっていうスマホタイトルもすでに配信終了…)
        あとは別世界線の悩まなくなったエックスといつもの3人プラスゲストメンバーをむかえたコマンドミッションもいいゲームなんですよ…(いまやる手段は実機のみ?っぽいけど良作…) -- げま子
      • あのまま行くとエックスは指令とかネゴシエーターとか教官とか後方に移りそうだもんにゃぁ・・・それはそれでいい所だけれど、でも迷いがなくなったエックスはそれはそれで見てみたい
        エイリア・・エイリア?(バスターもってる・・・)
      • X6のときはエイリアに処分されたやつら多すぎだったから…(わたしが処分したわ) -- げま子
      • 書類にサインしたとかその程度の認識だったにゃ・・・バスター構えて直々に処理するイメージに変わったにゃ(後の二人も加入させながら)
        強化もちゃんとできるんにゃね
      • イレギュラーハンターはというかレプリロイドはどうやら最初からなるタイプと後からなるタイプがいるみたいで…(前者が最初から戦闘用として設計されている動物モチーフタイプ?で、後者がエイリアなど学生課程などを経てイレギュラーハンターになったタイプ?)
        ただ野原ひろしことゲイトよりも科学者として優秀(課題をこなすタイプ)って評価だったのが一転イレギュラーハンターに配属したのは本人の意志なのかそれとも『適正があるし世界がどんどんきな臭くなるから優秀なレプリロイドはイレギュラーハンターが優先的にもらう』なんてことになってたのかって妄想が膨らむ… -- げま子
      • レプリロイドってあまりそういうのしてるイメージないけど、いざそういう仕事に着いたら体を専用に改造くらいはするんにゃない?
        課題をこなすという点では科学者もハンターも同じよ!みたいなことを言っている姿が浮かんだにゃ
        ぬぁぁ・・・片付けが出来ない・・・決めたにゃ、今日を最後にPCとゲームを先に荷造りしちゃうにゃ・・・ノートでちょっとやりはするけど基本お返事は一日一回になる感じで、復帰はモバイルルーターゲットする23日で
  • ふふふ・・・光回線の開通工事予定日が20日・・・9月じゃなくて10月20日・・・引っ越しは9月22日なのに
    モバイルルーターレンタルしよ・・・
  • シミュレート
    • 警察官
      • 同時多発的な暴動なんてテロみたいな物だから全体としては可能な限り組織的に活動しようとするだろう、交番派出所単位での対処が不可能とみれば一か所に集合させて、機動隊や消防救急なんかと連携して警備箇所を絞るなどの対処をすると思う
        ただし初動で取り残された個人の単位ではもちろんそうはいかない訳だ
        交番勤務、同時多発的なゾンビの発生が暴動とかテロと認定されるより前の段階、暴行事件だと思ってホームセンターを訪れてそのまま巻き込まれる
        警察官は基本2、3人で行動するものだろうけど、RP上は邪魔なので(ひどい)その仲間には10/1の時点ではとっくにゾンビ化してて貰おう
        基本的に法の側に属する警察官は市民による過度な自衛行動や武装を容認する事が出来ないというのが結構なネックになると思われる
        9/30の夜を超える為にやむを得ず認めたとするのが妥当な線だけど、基本的にいい顔は出来ないし銃での武装は最後まで反対の立場を取らないといけないから・・それが交流にどう影響するかが心配か
        「口うるさい委員長」的キャラになりそうでちょっとやりづらいかもにゃね
    • ジャーナリスト
      • カメラマンキャラで思いつくのは所謂パパラッチとかのフリーランス、そしてその特性上東京在住でないとまともに稼げないので地方都市に来る理由が必要になると
        例えば週刊誌の記事の取材とかで遠方に取材に行っていた(殺人事件の犯人の家族に話を聞きに〜とかがそれっぽい)・・・折よく近くで暴動が起きたと聞きつけて立ち寄って巻き込まれる、ホームセンターに辿り着いたのは偶々?車で逃げた果てに着いた感じか
        事件が起きたのは9/30の夕刻で、速報と言ったって地方都市のそれが割とヤバい奴だと認知されて広がるにはこの情報化社会においても1時間はかかる?多分着いた頃には夜になってるだろうから、ある程度メンツが定まり立てこもりが安定した頃に乗り込んでいく事になる訳だ
        心象わるそう・・・でも個人的には割と動かしやすそう
      • 全体的に複雑すぎる気もしたので法事で帰省してたとかでも普通にアリか
        その場合家族が巻き込まれてるのでそのショックからジャーナリストムーブが抑制される事になるかも
      • まてよ・・・何かホームセンターによる理由が出来て、それで事件発生を迎える・・・なら割と自然と最初から混じれるにゃね
        なんだろう・・・出張先で急遽必要になるもので、コンビニではなくホームセンターを選ぶもの・・・
        なんだかどんどん回りくどい事になっている気がする・・・とりあえず寝るにゃ
      • 起きた、なんのことはないにゃ「取材終わったーさぁ帰るぞーうわーなんだおまえら!?」でホームセンターに逃げて来れば万事オッケーにゃ
        さぁ後はやるか、やらないかにゃね
  • 引っ越しで落ち着いた・・・25日くらいの参戦になるにゃろか・・・いや、最近の霊圧的には見送った方が無難ではある
    やるなら新人お巡りさんかカメラマンか・・・ゾンビと関わる事に強い動機がある方がいいにゃよねぇ
    レオン?フランク?・・・はい
    • なけるぜ… -- げま子
      • 4のタフだけど女難の相がでてる感じもいいけどRE:2の「あんな人たちを助けたくて俺は警官になったんだ!」って熱い所が好きにゃレオンくん
        あとSIREN2とか見てると、日本を舞台としたサバイバルホラーゲーを作ろうとしたとき、警察官っていうのは技能的にも動機的にもとても扱いやすそうだと言うのを常々思っていたり
  • シグマが・・・いっぱい・・・!?
    • 新世代レプリロイドきたな… -- げま子
      • 利用してるボディがもろ旧世代にゃないかーやだー!・・・っていうかあれ乗っ取られるオチじゃ…
        新世代っていうとアクセルくんと同じって考えていいんにゃかね
      • むっ・・・メカクレ紫髪クールビューティいいにゃねぇ・・・ゼロの朴念仁!アイリスの件でその手の心がさび付いちゃったんにゃろうか…
      • ゼロのなかで永遠の女性になってしまった…(レプリロイドだけの世界で暮らしたいさん、ナチュラルにヤバい思考に染まっていたのはその生まれが関係していたっぽいアイリス) -- げま子
      • ロックマンの再現をしようとしてうまく行かなくてCPUを戦闘向きと平和を愛するのとで分けたと聞いたにゃ
        素直にお手伝いレプリロイドに武器を持たせればよかったにゃのに(絶対うまく行かないやつ)
      • ロックは最初から戦闘用でなく家庭用として心を育んだ後、兄弟たちの暴走を止めたいと自ら志願戦闘用になる
        最初から戦闘用なのに平和を求めるなんて矛盾した存在ではなかったからね…(カーネルとアイリス兄妹は「いきなり心と力を併せ持ったロックマンのようなロボットを作る」という矛盾した行為のすえに生まれたと考えるとつらい
        その優しさっていうのも人間の絶対数が少ないこともあってかレプリロイド、ひいてはゼロひとりにそそがれていたらしく…(X5のボスのひとりペガシオンはアイリスに思いを寄せていたらしいことをウイルス浸食がすすんだ状態のセリフで知ることができるが、アイリスからはなんとも思われていなかった様子) -- げま子
      • ペガシオン・・・お前そういう裏があったんにゃか・・・憐れな奴にゃ・・・(時間止めてチャージショット連打)
  • おわったぁ・・・
    アクセルエンドだとエックスに認められなくて悔しい思いをしつつも次こそはと意気込む前向きなアクセルが見れる
    でもエックスエンドだとその活躍は少し強引で多少の負傷者が出る事もいとわない物で、エックスはアクセルを認められないけどシグナスからそれならお前が面倒みてやったらー?お前のやり方じゃ上手くいかないよーって諭される
    ゼロエンドはちょっと毛色が違って、イレギュラーを排除する事に取りつかれたみたいなエックスの夢を見て不安を覚えるゼロの姿が見れる
    これまではゼロの抱えていた問題点が示唆され続けて来たけど、それが大体煮詰まってきたからエックスに焦点を当てようとしてるように見えた
    ラストでアクセルがシグマを騙し打ちして倒したあと、エックスがそれでも認めようとしない様子にゼロがちょっと肩を落としたのが印象的だったにゃ、ゼロとしてはもうとっくに認めてるけどやれやれこの石頭はーって感じで
    • Xシリーズはハイスピードアクションがウリと聞いてたけどX7に関してはその辺りがちょっとなりをひそめちゃったかなって印象だったにゃね
      PS2になって3D表現をある程度できるようになったけど、スピード感を表現したり操作性を高めるには性能以上にスタッフのノウハウが足りてなかったんにゃかね?
      今のPS4のゲーム見てるとその辺りは十分に解決できそうだし、3D路線も悪くないんじゃないかって思えてくるにゃ
      • ゼロについてちょっと調べてたけど、ロボット破壊プログラムが組み込まれていた事ってどこかで言われてたにゃっけ
        なんかごく当たり前にウィルス関係は元をただせばゼロが原因で確定してて困惑するにゃ
  • アクセル!いかにも重要キャラそうな謎のレプリロイドアクセルですぞー!!(ぬっ) -- げま子
    • にゃるほど敵組織の裏切り者で後輩ポジにゃか
      エックスは前線を退いてるんにゃね・・・あれ?この作品のタイトル・・・
      • セガサターン版X4はゼロだけのパッケージアート…(じつは最初からゼロが主役で企画されていたシリーズにエックスが入ったという眉唾ものの都市伝説があるエックスシリーズ) -- げま子
      • X4はまさにゼロが主役って感じだったものにゃぁ・・・ゼロの設定を定めていくうちに正統派主人公であるエックスがいた方がいいだろうって事になったんにゃかね
        今回はアクセル主役でゼロと絆を深める感じって捕らえるとよさそうにゃね、ボスとの掛け合い的にもそっちのが面白い(要救助者があんまり助けられない…)
        今回あまり隠し通路みたいなのはなさそうにゃね、普通に進んでても取り逃しはさほど多くなさそう
      • 五体仕留めた時点でエックス加入にゃか・・・シグマが出るならエックス出したい所にゃけども・・・流石にここまで来てから参戦しても微妙にゃねぇ
  • すぃーっと近づき…円水斬円水斬円水斬円水斬 これで半分以上は何とかなる
    エックスとゼロをごちゃごちゃにプレイしたからそれぞれのイベントを半端に逃してると思う、と言うか逃してる(EDの画像を見ながら) ハンターランクもGAどまりでまだ上ありそうなのに
    エックス編はこれからみんなで復興していこう、ながくなるぞーって感じ ゼロ編はこのままだとオレがトラブルの元になっちゃうから…取り除けるまで眠るね、102年後くらいって感じ
    あとゼロを復活させずにエンディング迎えても変わるみたい・・・結構ダレたからどうするにゃかなぁ・・・レスキュー基本無視のアルティメットごり押しでとっとといけるにゃろか・・・起きてから考えよう
    • クリア!
      これじゃ終わんねぇから!わかるだろエックス!こんな程度じゃ終わらないから!わかってるだろエックス!
      わかったから…今は復興で忙しいから、また復活したら相手するから…
      必ずだかんな!(ぼかーん)
      シグマがちょっとかわいくみえてきたにゃ・・・おかしくなってきたかにゃアタシ・・・
      もうレプリロイドが失われるのは見たくないと語るエックス、ちょっと離れた所で完全に出る機会を逸したゼロがカッコつけて「もう一人でやっていけるみたいだなっオレはオレのやるべきことをするぜ」と独り言をつぶやく
      エイリア含めバッチリ気配を悟られてたけど上手い事姿をくらませた
      もうちょっとにおわす程度かと思ったらプレイヤー目線だとバッチリ姿をさらしてて思わず笑っちゃったにゃ
      • アイゾックはワイリーと考えてよさそうにゃね・・・イレイズ事件ってのは外伝作品の物っぽいにゃね
        レプリロイドのプログラム(ソウル)が消滅した状態がイレイズ現象と・・・
        ワイリーはソウル化していて、レプリロイドに憑依する事が出来るって考えていいのかにゃ?だからゼロに呼びかける事が出来たり不意に現れて修理できると
        憑依できるのはアイゾックタイプだけなのか、どんなレプリロイドにもできるのか、何か特定の条件がいるのかは不明と
      • エックスとゼロの関係性がおもしろい・・・
        X5で戦う事になった時、始め戦うって聞いた時は悲しいというか不満感があったんにゃけど
        実際に覚醒エンドの展開を見たらその考えも変わって
        ゼロは変なオーラを纏ってはいるけど本質は全く変わってないんにゃよね、ただ自分の使命を思い出して、それに従ってエックスに戦いを挑んだだけ
        エックスもまた、それに触発されるように湧き上がった自分の使命にしたがって、拒否することなく応じる事を決める・・・かと言って二人は別に憎み合っている訳でも悲観している訳でもなくて、むしろ変わらず親友同士なんだなって思えたんにゃ
        ヴァルハラに行った戦士は昼は戦争して夜は敵味方入り混じって宴会をし続けると聞いて現代人は理解できない感覚だと思うけど、それと似たような感じ
        ちょっと理解するのが難しいレプリロイドならではの価値観みたいなものが垣間見えた気がしたにゃ
        まぁ結局はライト博士にかなしいきおくとして消されちゃうんし、悲しいと感じてたんにゃろうけども・・・いや、悲しいと感じたのはシグマによって犠牲になった部分かも?
      • あとゼロ非合流エンドで言ってたゼロのやるべき事ってなんにゃろう・・・ゼロエンドで眠りについたのと同じにゃろか
        でも組織のバックアップなしで単独でやろうとするとなると、なんとなくワイリーと接触しようとしてるようにも見えたにゃね

        寝るにゃ、起きたらX7・・・誰にゃろうこの新キャラ・・プレイヤーキャラみたいにゃけど
  • ゼロ!いきとったんかワレぇ!!
    • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034851.jpg -- げま子
      • 言ってそうな雰囲気でダメだったけど
        セリフ的には寧ろエックスがそういうことやりそう
      • 円水斬つよっ・・・ダメージ覚悟で近接して連発すれば敵の体力がとけていく…
      • エックスって高性能汎用機が様々な武装を一人で運用してるって考えるとコストすっごいかかりそう・・・なんせ普通なら一体分のメンテナンスで済むのにエックス自体が高級品だろう上に使うか分からない八体分の武装とアーマー・・・
        毎回すっぴんになる理由を前に考察したけどそっちの方向性もあり得そうにゃ・・・なんせ通常のチャージショットだけでも十分な威力があるわけだし
        同時に単体で完成しているゼロの優秀さが分かるというか、最高傑作というだけの事はあると思う
      • 在り得ないぐらい拡張性高くて特殊武器も生み出せる(というよりすべてのレプリロイドがエックスの劣化コピーなので元をたどればエックスに帰結する?)100年後でも最前線で使ってけるのと
        基礎構造が完成されててラーニング(相手の動きみただけでコピーできる、X4でシグマがいきなりパイプもったゼロに負けたのも動きを学習したうえにそれを上回ったからという説)なんてシステム以外は後付け特殊武器やパーツをそもそも必要としない(ゼロパーツは作り直しに近い)
        設計思想がこうも真逆なんだなってなるよね…ライトとワイリー… -- げま子
      • ゼロはX6のセリフ的に自己修復機能があるっぽいにゃね
        なんとなくゼロはスタンドアローンで行動する事、エックスは周囲の人間からの協力、バックアップが得られる事をそれぞれ前提としてる節があるんじゃないかにゃって
        ライトとワイリーの協調か支配かって思想がそのまま反映されてるっていうか
      • ここで興味深い資料映像をみていただこう…(ワイリーはパワーやスピードにすぐれたヒーローとしてのロボットを作りたかった、一方ライトは力のみのロボットの危険性を指摘し研究を断念させた、という学生時代のやり取り) -- げま子
      • 面白い・・・それってまさにって感じにゃ・・ゼロってヒーローって感じだもんにゃぁ
      • 「いつも」俺の邪魔をしてくるライバルいいよね…(ライトが金賞をとったコンテストではだいたいワイリーが銀賞をとり、研究コンペではつねにライトが優先され…)
        心を持つことでロボットはパートナーとなるのです!というライトの主張に圧倒的な力を誇示してこそロボットは認められる!と真っ向から否定するワイリー…(ここからはネタバレ注意のムービー集だがきょうみあるならぜひ) -- げま子
      • おぉー・・・
        覚えてないだろうがなーからの思い出したか!の嬉しそうな調子よ、あと初手でロックを奪わなかったんにゃね勝負しないといけないからにゃ・・・
        大学時代のダブルギアシステムを後生大事に取ってたライト博士もキテル…あとロックにダブルギアシステムを組み込んだ事でどちらにしろワイリーの研究はそもそもの考え方に難があれど成果その物は優れていた事が証明されるんにゃね
        憧れのヒーローを作ることを夢見る・・・ワイリーの原点は決して悪いものじゃなかった・・・でもヒーローとなる為には心が大事で、ライトが進めたそれとワイリーの技術が交わることで今回のロックマンができたと
        それを認めるには歳をとりすぎたワイリーが物悲しいにゃねぇ
      • ふむ・・・スピードギアとパワーギア、そして途中解除不可オーバーヒート確実のダブルギア・・・いいにゃねぇ・・シンプルで捻りはないけどそれがいい
  • 色々決まりつつあるから書くと転職する事になったにゃ
    今日は引っ越し先の下見をしつつお泊まりだから携帯環境プラスゲームもなしっ(準備不足)
    • リズムを崩さないようにね…(なにか新しいことが始まるときははやく慣れるのがだいじ!と思いつつ応援) -- げま子
      • 4日おきの三交代から週5〜6日位の日中勤務だからリズムはだいぶ崩れるにゃねぇ…
        確かに早め早めに慣れていかないとにゃ
  • おわったぁぁ・・・
    エックスエンドもゼロエンドも同じ、エックスに止めを刺そうとするシグマをゼロが止めてくれて最後シグマがゼロを道連れにして爆発、かと思いきやこっそり生きててエックスも殺そうとするからゼロが最後の力を振り絞って助けてくれる
    エックスはゼロの形見のセイバーを手に仕事に戻って、ゼロはアイリスたちの事を想いながら消えていく
    で、覚醒エンド・・・これは正規エンドなのかバッドエンドなのか分からないけど・・・
    やっぱりエックスに止めを刺そうとするシグマをゼロが身を挺して庇ってくれる、上の時と違ってこの時にゼロはやられてしまう
    ラストの自爆に巻き込まれてエックスはエックスエンドの時と同じようにぼろぼろになるけどやっぱりライト博士(AI)によって助けられる・・・違いはゼロに関する記憶をつらいものとして消されてしまうこと復興の最中でヘブンを作ることをエックスが思い描く事・・・
    ・・・・・・消されると同時に何かを植え付けられた?・・確かに賛否別れるかもにゃねぇこれは
    • あ、よかった・・・エックスエンドが正規ルートだ・・・(X6のOPをみる)
      • りそうきょうをつくろう…っていう目的を植え付けられてしまったように見えるエックスはイレギュラー状態になってしまったのだろうか…という不穏なラストいいよね… -- げま子
      • いくのかX6…!(そこから先はかけだしでもキツいマゾゲー…!と戦慄、当時実機でやって泣きそうになりながらクリアした) -- げま子
      • エックスは目的部分を白紙の状態で送り出されていて、そうする事にこそ意義があったように思えたけど
        復活後のエックスはヘブンを作るっていう明確な目的を与えられているようにも見えるにゃね・・・
        結構即死ゾーンが増えてるにゃね・・・まぁやるだけやってみるにゃよ
      • ぬぅぅ・・・一人死なせてしまった・・・敵になったからつい殴って・・・これデス判定って事は入り直しても無理にゃろうなぁ・・・厳しい・・・
  • 映画みた
    • ロケットマン
      • 父も母も自分も、家族のだれもが愛を求めて、だれも与える事が出来なかった家庭・・・
        そういう幼児体験から兎に角愛を欲してやまなかったんだなぁとよくわかる作りだった
        ただそんな家庭においてちょっと距離を置きつつもお婆ちゃんがピアノの才能を伸ばそうとしたり、母親の再婚相手が割と気のいいおじさんでロックの世界を教えてくれたり、再婚後の母親は普通にしている限りはそれほど嫌ってもいなかったように思う
        ただ問題は当のエルトンジョン自身が普通じゃなかったというか、愛を求める偏屈なゲイという存在を持て余して、結局離れていってしまうのが悲しかった
      • と言うか問題はそのゲイ描写で・・・いやゲイである事はもうしょうがないにゃ、事実だし性的嗜好は人それぞれだし
        でもにゃ・・・あんな生々しい描写を差し入れる必要あったかにゃって・・・あぁ入れるってそういう・・・ってやかましいにゃっ
        なんにゃろう・・・ウケがいいのかにゃ・・いいんにゃろうなぁ‥滅びろポリコレ!
        自分はゲイだが第一の親友バニーはゲイじゃない、キーっ何よその女!・・・うぅん、いいんだ黙って去るね・・した心の隙間に闇のホモが迫る!
        闇のホモはすぐ浮気するしお金の事しか考えてないし誰も気持ちを理解してくれないし実の父親は「お前の音楽は嫌いだけど会社の同僚に頼まれたからサインちょうだい」するし母親にカミングアウトしても「知ってた、誰もお前を愛さない」とか言う上に再婚相手と共に遠くに去ろうとするし親友は折角築いた地位を捨てて遠くで暮らそうとか言うし、エルトンの心はもうぼろぼろだ!
        それでも切れないバニーとの友情は尊いという言葉の意味を頭ではなく心で理解させる力があったにゃ・・・でも50年一度も喧嘩してないは嘘だと思う、すぐにゴメンねってするだけで
    • 二ノ国
      • 考えるよりまず行動な運動神経抜群のハルと幼少の頃の事故で車椅子だけど頭がよくて優れたアドバイスのできるユウ、一見対極的だけど気の合う二人が異世界に迷い込む
        異世界二ノ国には自分達の住む一ノ国とそっくりな、命の繋がった人間がいる・・・でそこにいるお姫様とハルの恋人でユウの好きな子であるコトナがそれに該当し、しかも呪いがかかって死にかかっているって話
      • 見てる時はハルの考えなしすぎる行動にイライラさせられたけど
        よくよく考えてみれば「命が繋がっている」「片方が死ねばもう片方も死ぬ」とユウが知っているのは、幼少の頃に会った二ノ国から来たとのたまう素性も知らない老人の言葉の他は王家に伝わるいまいちはっきりしない言い伝えだけなわけで
        ハルからすればそんな不確かな物を鵜呑みにするより、「自分たちが姫様に刺さった呪いの短剣を抜く→戻ったらコトナが死にかけている」って事実にたいし、「どちらか一方しか助ける事が出来ない→姫を殺せばコトナを救える」って結論に至るのも仕方がないのかなと
        「考えなしに行動するハルを見ているとイライラする」っていうユウの言葉にアタシ自身も引っ張られてたかにゃと猛省する次第かも
        尺の関係か親友同士の二人を敵対させる展開がちょっと雑に見えてしまったり終盤の黒幕がほぼ完全に説明口調で全部明らかにする上に主人公たちとはまるでかかわりのない動機をべらべら話すとかちょいちょいうんざりはしたかも
        その辺りはゲームやってた人なら楽しめたのかにゃ?・・・なんにせよ多少規模が小さくなったり逆にこてこての王道になったりしたとしても、黒幕・・あるいは世界の秘密的な物は、主人公と何らかの因縁を持っている必要があると思う
        最後の最後の仕掛けはよかった・・・そっかぁ異世界設定ってそういう風にも使えるにゃよね
    • 引っ越し大名
      • 大名の力を削ぐために参勤交代と同じように国替え・・・大名の引っ越しもかつて江戸時代では行われていた
        松平家でありながら幕府のお偉いさんの怒りを買った大名が姫路(兵庫)から日田(大分)まで国替えを命じられた
        非常に距離がある上に海を超えるから金も多くかかるし石高が半分以下になるから人も減らさなきゃならなくなるからさぁ大変
        丁度頭いい奴がいるからそいつに任せよう、ちょっと内気だけど何とかなるだろうっていうコメディ
      • ちょっと盛った、ちょっと内気ってレベルじゃなかったし頭は良いと思うけどそれよりも周りと協力する事や人を説得する事、前任者が積み重ねてきたノウハウを敬う事の方がずっとずっと大事って話で、どっちかというと内気な青年が周りから認められる立派な藩士に成長する話だった
        内気だけど誠実な主人公と腕っぷしは強いけど酒癖も女癖も悪い親友、義憤に駆られつつも行動を起こせずくすぶってた勘定方に気が強い前任者の娘の個性豊かな4人組が見ていて心地よかった
        物を減らす時の一計はスカッとしつつもちょっぴり可哀そうだったけど、商人に借金する時に講じた一計やリストラする家臣に対する一計はすごくよかった、特に後者はアフターケアもしっかりしててラストの読後感の良さに繋がってる
    • ワンスアポンアタイムインハリウッド
      • 60年代のハリウッド
        落ち目の俳優リック・ダルトン(ディカプリオ)とそのスタントマンクリフ・ブース(ブラピ)が再起を願って奮闘する話
      • サクセスストーリーを通じて昔はよかった的な話を展開するのかと思って観に行ったらとんでもない、時折漂う不穏な空気は一体なんだと疑問に思ってたら・・・
        シャロン・テート殺人事件:ハリウッドの女優が妊娠中にカルト信者に襲撃されて胎児もろとも刺殺された事件
        マンソン・ファミリー:そのカルト集団、チャールズ・マンソンがドラッグとセックスでヒッピーの少女等を洗脳して作り上げた、マンソンは金持ちが大嫌い
        この予備知識を得る前と後じゃ全然印象が違った・・なるほど・・・知ってる人は緊張感すごかったんだろうにゃぁ・・・
        胸糞悪い話とかでは全然なくて、むしろディカプリオとブラピの存在によって違う歴史を刻んだ世界って感じにゃ・・・クリフ・・お前なんなん・・・?一体どこでそんな・・っていうかマジで奥さん殺したの?いややってそうな雰囲気あるけど!
        リックもリックで!プールでぷかぷかセリフ合わせしてたら血まみれの女が銃乱射して乱入してきた!怖い!火炎放射器使うね・・・するな!
        ヒーローともてはやされる全盛期が過ぎて、悪役として若手にのされる役が続く・・後はもう落ちるだけで、その現実を受け入れなくちゃいけない・・・その事に気づいて泣くリックがつらい
        そしてその状況を受け入れたのか悪役として見せる怪演(これは本当に必見)と嫌っていたイタリアの仕事での成功
        若い頃みたいな役はこなせなくても、今のディカプリオ同様、リック・ダルトンもいい役者へと成長したのだとわかってよかった
  • アルティメットアーマーをゲットしつつシグマの野望を阻止・・・ゼロ道連れにされてたら阻止できたって言えるんにゃかね!?
    ゼロ死んじゃった・・・後二つエンディングあるらしいからちょっと頑張ってみるにゃか(休ませてやりたいがもうちょっと頑張っておくれ)
    • ゼロ?ゼロって誰…?(いまのエックスを最大に苦しめているのは親友の記憶なので丸ごと消しちゃおうねエ… -- げま子
      • (なにそれひど!?)
        シグナスさん・・・スペースシャトルははっしゃじゃなくてはっしんだと思うにゃ・・・不吉すぎるにゃ・・・ってしっぱいしたー!?・・・これ確率で失敗したりするんにゃろか・・・セーブしてやり直すか
  • はっしゃっ!(1カメ)
    はっしゃっ!(2カメ)
    はっしゃっ!(3カメ)
    やったか!?(壊せてない)
    ダメだったにゃ
    • とうとうきてしまったね…X5… -- げま子
      • 今回は限られた時間内で巡っていく感じなんにゃね・・・余裕があるのはわかるけどどうにも取りこぼしが多いにゃ・・・アーマーもアイテムも全然取れない・・・フォースアーマーがあるからいいんだけど
        ダイナモは珍しいタイプのキャラにゃねひょうひょうとしてるというか、いまいち当事者って感じがしないっていうか
        そしてゼロ・・・紫のおっさんの顔に当たると元気になるってどういう事・・・エックスばかり操作してたから話がでてびっくりした・・・やはりワイリーが何か仕組んでたか・・・X4のムービーからするとむしろシグマに預けてたのが戻っていく感じなんにゃろか
      • エイリアやめろしっゼロウィルスとかいうなし!不吉すぎるわっ
        衛星を破壊すると制限時間も無くなるっぽいにゃね・・・良かった・・これでアイテム集めに専念できる
      • 零空間…いいですよね…(どうみても黄色いアイツの色違いとか、どう見てもアイツのエンブレムが徐々に鮮明になっていくとか…)
        ダイナモ…そいつはね…うn…(方々に複線を張りまくって唐突に消えて存在もなかったことになる猿空間行き…げふげふん)
        ゼロに取ってはそれが正常というか、いまエックスの親友になってるのがイレギュラー状態なので…(あとX6とX7はマジで苦痛ゲーであるのでストーリーを追いたくないのであれば無理にやるひつようは…X8は持ち直してるよ!とだけいっておく -- げま子
      • 元気にやってそうでよかったというべきかどうか・・・
        ダイナモ・・・おまえきえるのか・・・まぁ問題提起してさっさと消えるのはらしいのかもしれない?
        あぁ・・・結局どこまで行ってもワイリーナンバーズだったんにゃね・・・まぁコレクション買っちゃったし、ここまで来たらやるだけやってみるにゃよ(尚かけだしは外さない模様)
      • ガイアアーマー入手に手間取った・・・今日はここまでにゃね、零空間には明日から挑もう
  • ライト博士としちゃぁできる限り自分で見守りたくて、その為に意識を残してたんにゃろうなぁ・・・
    此処が色々な分岐点になっているんにゃね・・・
    ぬぅ・・・ヘッドパーツだけが手に入らない・・・タイムアタックは苦手なんにゃよぅ・・今回は優秀そうだからなんとしても手に入れたいのに・・・
    • (ソウルボディ…ソウルボディをつかうのです…道中の黄色い目玉(ミル・トラエルという名前)を倒せる武器だから通せんぼされずに突っ切っていける…) -- げま子
      • 使ってる・・・使ってるにゃ・・・(三角跳びで落ちる、ダッシュしたつもりがホバリングし始める、間が悪くボディが消える、ダッシュジャンプしたつもりがホバリングし始める、トゲボールにぶつかる、ホバリングする)ぬぁぁぁ!
        ・・・あるてぃめっと・・あーまー・・・?(あーくまのちーからー)
      • でたな…ライト博士のやってはいけなかったことその1…(エックスに禁断の力を与えてしまう) -- げま子
      • にゃんかこう、段々楽な方楽な方へと逃げてる気がするにゃ・・ノヴァノヴァノヴァストライク!(びゅーん)
      • ダブルてめぇ!・・・ふとっちょのまま奇襲を仕掛けて欲しかった所だった・・・あと出来れば所々愛嬌を見せて愛着をわかせてくれてもいい・・・いややりすぎるとウザがられるにゃろか
        カーネルとの会話的にマジでハンターはイレギュラー認定したら問答無用な対応する観たいにゃねぇ
        いつか自分がイレギュラー化したらとゼロに相談したりそれに応えないゼロもなんかいいな・・・約束は一方的すぎるとおもうけどもっ
        ちょっと前の会話じゃないけどイレギュラーってのはつまり自分本来の目的に沿わない行動を取るレプリロイドなのだとしたらそれを持たないエックスはそもそもイレギュラーにはならないあるいは目的を持ったことで既にイレギュラーになっているとみるべきか・・・とんちみたいな話になっちゃうけども
        EDで明るい調子の歌と共に小爆発を繰り返すファイナルウェポンにわらっちゃったにゃ
        さぁゼロ編にゃ
      • ワシの敵、ワシのライバル、ワシの・・・生き甲斐・・・いいにゃぁ
      • かわいいヒロインが登場しますよお(アイリス) -- げま子
      • エックス編を見た後に演説のムービー見ると結構納得できる感じの話になってるにゃね
        アイリスちゃん司令部にいるって事はダブル枠にゃないのーやだー!
      • てかアイリス結構むっちりしてるにゃね・・・いい・・・
      • (じつはこれ以前にある事件でアイリスが仲間になった時はつるぺたーんだったので豊胸疑惑がある) -- げま子
      • マジかよケイン博士!(迷いなく疑惑の目を向ける)
        既に登場してたキャラだったんにゃか
      • サイバークジャッカーのトコのサブタンク、ゼロだと3つ目で手に入るにゃか・・・ダメだこれ苦手意識がすごい・・・(逃げの姿勢)
      • ソウルイレイザーっていうゲームボーイカラーのソフトで登場したときの胸とX4のときの胸ではあきらかに大きさに差が…
        ゼロの事を意識して色気づいたのかにゃ…(女性型男性型で作られているのでそういう感情が芽生えることもあるのだというのがX5で…いやあいつは横恋慕か)
        くるくるまわるジャンプ切りで蹴散らしながら進むにゃ…(よりノンストップで進めるのがゼロのセイバーアクション!) -- げま子
      • (やったんですよ!必死に!ってバナージ顔になる)エックスより操作性いいのに何で上手い事できないんにゃかなぁ・・・ジャンプ幅が小さすぎて攻撃ボタン押すより早く着地しちゃってるのが原因の一つだってわかるんだけど
        なんだかエックスより楽だった気さえするゼロ編・・・アイリスのおかげかエックスよりムービーも多くてこれは・・・主人公・・
  • X4は大分雰囲気変わったにゃね・・・しかも今回から本格的にゼロを使えるんにゃか・・・習慣でエックスえらんじゃったけど
    「いいから武器捨てて説明してっ」
    「軍人に武器捨てろとかふざけてるんですけお!オレ達には誇りがあるんですけお!」
    「イレギュラーになっちゃうんだって!」
    「呼びたきゃよべばいーし!」「奴らは我々をイレギュラーと呼びうんぬんかんぬん・・・」
    えー・・・
    • X3ではゼロのどうりょくろがやられてないとドップラーステージの演出がちょいちょい変わるというか要所要所でゼロが助けてくれるのがよかったと思う
      その辺りを発展させて例えば画面の奥の方でゼロが戦ってるのが見えるとかしてくれると一緒に戦ってる感が強くなってよかったにゃぁと思ったり
      まぁ一応ゼロは本部を守る任務があったから仕方ないけども
      • フォースの連中があんなクソコテになるのには「イレギュラーハンターはとにかく相手をイレギュラー認定して処分するクソ集団」
        「そもそもいまイレギュラー問題がひどくなってるのはシグマのせいで、あいつもともとハンターじゃねえか!」っていうあの世界の住民なら誰しも思ってる不満に加えて
        「最初のシグマの反乱から大きな事件が3回もあったけど、自分たちレプリフォースがすぐに出動すればあんなに被害が大きくならなかった、それができなかったのはハンター組織のメンツのためだけに自分たちへの出動命令がとうとう出されず、そのくせ手柄だけはハンター組織が全て持って行った」っていう不満がついに今回のイレギュラー認定で爆発した形なのよね…(ほんとイレギュラーハンターはさあ! -- げま子
      • レプリフォースって唐突に出た感じがしたからてっきり新設の部隊かと思ってたけど前々からあったんにゃね
        ハンターからすれば身内の恥を雪いだつもりだけど外から見れば確かに不信感は募るにゃよね
        でもその場合でも独立宣言だとかクーデターだとか、相手を刺激する事しかしてなさそうにゃけどハンターって行政にかなり深く食い込んでるんにゃろうか・・・あーいや・・オープニングのあれを見る限りシグマに嵌められた感もあるにゃね
        そしてライト博士・・・X2の時ならまだ「こんなこともあろうかと」で済んだけどX3では100年後の世界で衛星とリンクさせるシステムつくったり、今回では世界情勢とか把握してたりとか・・・これ記録映像じゃなくてAIにゃろ
        自分の事データ化して衛星とかから監視しつつ新パーツを作って地上に投下しているって考えた方が自然にゃよこれ
      • イレギュラー認定すれば相手に弁解の余地もなく処分できるのと、X1のハンターたちの態度を合わせて考えると世紀末よね…(かたやイレギュラーに怯え、かたやモヒカンみたいなハンターにイレギュラーと認定されれば問答無用で消されるレプリロイドにとっては悪夢のような世界)
        陸海空に合計18の部隊を有する世界的な組織で「イレギュラー認定して処分する権限がある」っていうモロに権力に食い込んでる…(ケインの最高傑作のシグマがハンターのリーダーだったことからレプリロイドの生みの親としてのケインの絶大な権力の影響とも言える?)
        あっ猫ちゃんするどい、そうなのです、このライト博士ただの記録映像でなく意識データだけは残っていて、「肉体という縛りがない思考体」だからこそエックスに対してとても残酷な仕打ちを良かれと思ってやってしまうライト博士本人とは逸脱した存在になっていくのよ…(そのへんワイリーと似た存在かもしれない) -- げま子
      • ドラグーン!なぜだ!(搭乗したマシンで殴りながら)
        いやそれにしたってハンターに対する不信任決議というかやっている事に対する説明責任は常について回る訳で、レプリフォースが正義は自分達にありと考えているのなら市民を味方につける方向性で活動するべきで
        市民を巻き込んだ攻撃作戦何てのを安易にやらかせばそりゃイレギュラー言われるにゃよ・・・まぁ結果として出来てないのだからそういう政治的な駆け引きを封殺されたって事になるのだけれど
        やはりここでもケイン博士か・・・おのれっ!アイツもう世界を支配してる様なもんにゃないか
        やっぱり、精神は肉体に支配されるなんて話もあるとはいえ悲しいにゃね・・・シグマとライト博士・・・一体どこが違うんにゃ・・・あんなに一緒だったのに夕暮れはもう違う色になっちゃうんにゃね・・・
      • 「ハンターが自作自演で罪を擦り付けて大規模反乱をでっち上げている」という邪推がドラグーンの存在で現実のモノになってしまったねえ…(いやー全力のエックスと戦いたくてつい…という史上最悪のついさん、ただでさえ数が少ない人間が少なくとも街一つ分は死に絶えた)
        安易に闘いを求めてしまうのは「戦うために作られた」っていう人間とは違った「被造物」としてのアイデンティティの問題なのかもね…三回も大事件を前にお預けをくらった反動?(人間と似た思考回路を持っていても、明確に「なにかをするため」に作られたモノと特に何者になれと生まれた瞬間強制されているわけでない人間の考え方の違い説)
        その人間なんだけど、ケイン以外の人間キャラが出ていないことや後のシリーズの設定から絶対数が徐々に減っていてレプリロイドに頼らないと何もできない、かつあまりにもイレギュラー発生が多すぎて一種の「必要悪」としてのハンターの存在が必要ってのもあるかも…(ジャッジドレッドなどでも言われている「犯罪者の数が多すぎて司法が機能しない」って状況に対応するために「超法規的断罪者」を必要とする歪み…?)
        エックスかわいそうだねえ…なんとかしてあげようねえ…でX5において絶対にやってはいけない一線を越えるライト博士…(見たくなかった…)という点で5以降はやらなくていいなんて口汚いファンもいるほどです(でもX5ではエックスとゼロの宿命の対決がある…) -- げま子
      • 賛同してた以上アイツ自身そういう事を懸念してたんにゃろうけど・・・それを自分で実行してしまうとはにゃね
        それもそうか・・・人間と同じように考え悩むといっても、やっぱり決定的な所で違ってしまうんにゃね
        そして確かに、人間が殆ど出てこない・・・ドップラー博士もサイボーグとかでなくレプリロイドだったもんにゃ・・・ほぼ完全にハンターに生命線を握られた形になっていると・・・何かが一つ違えばレプリフォースがそこに収まれてたであろうことを鑑みると、まぁこういう事態にもなろうというもにゃね
        おぉう・・・あれはもうかつてのライト博士ではなかったとなるにゃか・・・寂しいけど、親離れするいいタイミングなのやもにゃ
      • ライト博士が何かの絶対的な目的をエックスに与えず考え悩むように作ったのも「限りなく人間に近い思考」というのを実現するためだったのかもね(明確に何をするか生まれた瞬間決まっている他のレプリロイドと考え方が違ってくるのもそのため?ゼロですら「アイツ」を破壊するって明確な目的のために作られている)
        その世界がどんどん進んでいきいつしかレプリロイド…というかエックスを絶対的な指導者としてネオアルカディアという形になっていったイフの世界線がロックマンゼロ…(きょうみがあるならこっちも)
        管理はするけどあくまで人間メイン、しかしどんどん途絶えていき最後の人間も死に絶えて…最後に残った自分たちが環境調査用ロボット(生殖もできて寿命まで設定された限りなく人間のようなロボット、デコイと呼ばれる)であることすら忘れた未来の人類として暮らしているのがDASH世界…
        とまあこのようにルート分岐が出てくるのがX5以降…(厄介なことにゲーム本編でやったエンディングどれともつながらないのが本筋の6以降のストーリーという長期ストーリーならではの綻びが出てくるのもここから…と思いつつ寝る) -- げま子
  • 特殊武器は突破には役立たなかったにゃ・・・バグホールは自身も天井に引っ張り上げられるーとかあっても良かったにゃのに
    ダッシュボタンを押しながら壁ジャンプすればダッシュ壁ジャンプを楽に連発できると気づいたけどあと一歩が間に合わない・・・くそう
    おまけにトゲ地帯をまた抜けられなくなってきた・・・拙い傾向にゃ
    • こえた・・・こえた・・・もうゲーム終了しない…ぜったいに
      • にゃんとドップラーは洗脳されてたんにゃか・・・てっきりジョジョ6部のプッチみたいにシグマの親友で意思を継ぐとかそういうノリかと・・・まぁあれもある意味洗脳に近いものだったけども
        これがラストステージだと思いたいっ残りはかえってからにゃ
      • sou -- げま子
      • 迷わずに駆け抜ける…止まらないのが大事!(最後の初見殺しのヒントを出しつつ応援) -- げま子
      • シグマつよっ・・・何処狙えばいいか全然わかんにゃかった・・・サーベルなかったらクリアできる自信ないにゃよこれ
        そして下からマグマが!これかー!(見事に溺れながら)
        かけだしじゃなかったら危なかったにゃ・・・そしてドップラー博士ー!これは熱い・・・
        で何最後のそのナレーション、ゼロとの戦いが避けられないて・・・えー・・・
      • まわりが親友どうし戦わせる悪意に満ちてくるからねえ…戦おうねえ…(倒せ…あいつを…) -- げま子
      • 今しがた二ノ国を見たばかりだからすごく雑に戦わされるんじゃと不安になってしまうにゃよ・・・
  • まって・・・まって・・・一回ゲーム終了するとドップラーステージ1からにゃの?・・・え?1から?・・・
    しかもビームサーベルはしっかりあるのにハイパーチップがない・・・
    • 安定してトゲ地帯は抜けられるようになってきたけどやっぱり壁が無理にゃ・・・壁の直前でクイックセーブして残機無限で何度もチャレンジしたい・・・
      • びっくりするくらい気力がなくなってるにゃ・・・ショックがデカすぎたんにゃ・・・musedashやるにゃ・・・
      • (よく戦った…!とけんとうをたたえる)
      • 一からやり直しになるなら毎回パスワード出す必要なくにゃい?ってなるにゃなった・・・
      • それ伝統なんすよ…(ワイリーステージなどのラストステージはまいかい最初からになる…) -- げま子
      • いらにゃいそんな伝統・・・(かけだしのおかげでトゲ地帯の難易度を下げられる事に気づく、被弾した無敵中に行けばいい)
        あの壁最初どうやって突破したんにゃろうアタシ・・・結構いい速度で行けてた筈なのに全然間に合わない
        攻略の動画見るとサクサク超えていくから悔しい、壁ジャンプをダッシュジャンプでする事でちょっと素早く行けるっぽいけども・・・
      • X4になるとゼロモードもできてサクサクいけそうなんだけどねえ…(ズバババッサリ感) -- げま子
      • 何がなんでもここは自力突破せにゃならんと・・・せめて特殊武器の中にこの辺の攻略を楽にできる物があればよかったんにゃけど・・・
        いや、気付いてないだけであるのかにゃ・・・ちょっと帰ったら色々試してみるにゃか
      • そう…その「もしかしたらここをこうすればいけるんじゃないか感」もシリーズの醍醐味…(ためしてみるとすごいあっさりうまく行ったりして…ぜひためしてほしい) -- げま子
      • ゲームに限らないけど、齧りついてがむしゃらにやりこんでいる時より別の事してる時にその事について漫然と考えてる時の方が妙案が浮かんだりする・・・今がその時にゃ
        後は実践するだけ・・・特殊武器についてじゃなかったけどなんかいけそうな気がしてきたにゃ
  • 小鈴がやられた! 毒虫拳法の追手にやられたんにゃろう
    • 小鈴関連の裏設定、毒蟲の技をまとめる(名称はすべて未定)
      • 小鈴の技
        超音速で腕を振るい、巻き起こった衝撃波で風の渦を作り、それを使いこなす技
        これを攻撃や防御に転用している
        腕の振るいだけでも強力だが専用の扇を用いる事でさらに効果を拡大、作った渦で体を引っ張り上げる事で空を飛んだりできる
        巧みなコントロールによって周りには大した影響を及ぼさず、また速すぎる為目では追えずに優雅に空を舞っているように見える
        当然扇にかかる負荷は甚大なので使用している木も布も異常な程に丈夫、何かファンタジックな植物を素材にしていると思われる
        毒武器も扇、付着した粉を散布し、皮膚や粘膜に触れる事で炎症を起こさせる
        上述の風の技と組み合わせる事で空間にばらまき消耗させていくスタイル
        鱗粉はただの毒物ではなく、魔力の伝導性が極めて高い為、触れた魔法はまるで海に投げ入れた電池の様に力を霧散させてしまう
      • 蛾と同じように超音速で腕を振るって空を飛ぶが、こちらは蛾よりも細かく動かす
        トルクが上がる為運動性能は蛾以上に高いが、静音性に劣り羽音が漏れる
        風を操る術は蛾よりも鋭いが規模で劣る傾向にある
        毒武器は縄鏢、風を操る技と組み合わせて軌道を自在にコントロールする
        免疫系や神経系に作用する毒物で血圧の低下や呼吸困難により死に至らしめる
    • 蜈蚣
      • 独自の呼吸法と訓練によって体を恐ろしく頑強にする術を身に着けている
        空を飛び、相手を翻弄する羽虫の技に対してこちらは相手の刃を正面から受け止め力でねじ伏せる甲虫の技
        毒武器は方天戟、塗られた毒は致死性こそ低いが刺激性が強く腫れと共に強烈な痛みを与えてくる
        武器を振り回して傷を負わせ、毒の痛みで動きが鈍った相手を刺し貫くスタイル
      • 蜈蚣と同じく頑健な甲虫の技を用いる
        毒武器は仕込み刃、神経系に作用して筋肉の痙攣や呼吸困難を引き起こす
        毒武器とは別に両手に青龍刀を持ち、多彩な攻めで相手を翻弄していくスタイル
    • 蜘蛛
      • 羽虫の様な機動力も甲虫の様な防御力も持たないが相手を捕らえる術に優れる
        後述の毒武器とは別に蜘蛛の糸を模した粘性の糸を使いこなす
        罠を張り、相手を捕らえたり位置を探ったりと使い方は様々
        毒武器は点穴針、相手を麻痺させる神経毒と体の内側からグズグズに溶かす壊死毒の複合
      • 夜目を効かす訓練を積んでいるうえ、特殊な歩法により壁や木の上でも難なく音もなく高速で移動してくる
        上記の技に加え、奥義として目の前に居ながらにして見失わせるほどに存在感を薄れさせることができる
        毒武器は短剣の二刀流、素早く変則的な動きで狙ってくる
        それぞれ体に力が入らなくさせる神経毒と血管系を破壊して体内外で著しい出血を引き起こす出血毒が塗られている
    • 蠱毒の儀
      • 数十年に一度、それぞれの技の使い手が集い殺し奪い合う儀式
        勝利者は次代の代表としてグループの一切を取り仕切る権限を持つ
        組織は腐敗にまみれている
      • 今回の蛾は小鈴の師匠が代表者として参戦し、敗死したのだが対戦相手や見届け人より物言いが入る
        曰く「蛾の闘士の戦いは明らかに精彩を欠き、老齢からくる衰えを感じさせた、斯様な者を代表を名乗る事は歴史と伝統ある儀式を侮辱する行為である」
        「師の責は弟子が負うものとし、全ての技を修める最も若い弟子を新たな代表とするべし」
        意訳:ジジイ殺しても面白くないんだよ弟子に女いただろそいつヤろうぜ
        小鈴はにげた
    • 虫偏で毒のある陸上生物縛りだった
      蛙がいてもいいけど技が思いつかなかったにゃ・・・狩りの仕方的には居合になるにゃろか
  • ドップラーステージが突破できねー!
    トゲ地帯を抜けたと思ったら迫る壁!左右左右って飛び移るのはわかるけど間に合わない!・・・死んだらまたトゲからだし
    • 超えたぁぁ!・・・残機ゼロだったから緊張感やばかった・・・もう二度とやりたくない
      ハイパーチップゲットにゃ・・・金色に輝いて目に見えて強いとわかる
      • すげえ … -- げま子
      • 基本ネットの情報だよりなのと相変わらずのかけだしモードが効いてるにゃね・・・サブタンクも満載だし
        かけだしなかったら何倍も時間かかってたにゃろうなぁ
  • ライフアップとサブタンク一個、しいては昇竜拳を諦めたっむずすぎ!
    さっさとダチョウを倒してシグマステージに挑んでX2クリアしたにゃ
    ゼロは最後のワイ・・・ナン・・・、カウンターハンターのジジイはライト製に「また」負けた・・・ワイリーの影がちらつく終盤だったにゃねぇ・・・まぁそうにゃよね、ライト博士が何か残してるのにそのライバルが何も残してない筈がないにゃよね
    なぜって言われてもそりゃぁ誰に作られたかよりどういう風に生きるかがずっと大事ってことにゃ!ゼロはエックスと共にハンターとして生きる!それでいいんにゃっ・・・敵に利用されて立ちふさがるけど戦いの最中に記憶を取り戻し、友に協力するっベタだけど熱い展開だったにゃねぇ
    • きみは ゆくえふめいになっていた マックじゃないか (ふふふ…エックスとゼロの関係いいよね…) -- げま子
      • 聞いた事のあるセリフだったけどX3だったんにゃね
        X3は大分要素増えてる感じにゃね、フットパーツで上に移動できるようになってる・・・ライドアーマーの使用も違うみたいだし取り返しのつかない要素も多そうにゃ
      • 逆にそのとりかえしがつかないことをしないと取れない要素も…オット!(OPでエックス&ゼロしゅつどう!→なんかハンターベース襲われてるから戻ってきて! という即オチ二コマみたいなOPは必見 -- げま子
      • あんまりよく考えずにその辺みてたから今言われて気づいてダメだったにゃ、ハンター本部はドジっ子にゃね
      • エックスとゼロいなかったら即死するレベルの弱小集団になっちゃったのもシグマの反乱がわるいんじゃ…(でも特A級ハンターやそれに匹敵するレプリロイドは全体の0.01パーセントしかいないからね…しょうがないね…) -- げま子
      • そんだけ・・・ドップラー博士によって一度イレギュラーが一層されてるのが大きそうだと思ってるにゃ
        明確には言われてないけど一度平和な世界になった事でハンター全体が縮小させられたというか、それが博士の狙いだったみたいな感じで
      • エックス&ゼロしゅつどう!→すうじかんご… で初手とられて組織ボコボコにされてるから内通者いるよね…(出てって即攻撃仕掛けてくる…)
        だれもが夢見る犯罪者のいない世界ってヤツを一回実現しちゃったからこそ「優秀なかた歓迎!」でドッペルタウンへ行くレプリロイドも多かったんだろうな…(だってもうイレギュラーの心配はないんだから!っていう心のスキを…)
        あとこの作品からOPテーマがつくようになりましたわ(PS・SS版) -- げま子
      • 確かに・・・ドップラー博士は中々の策士にゃね
        あらカッコいいOP・・・タコ野郎!てめぇこの!・・・中ボスの体当たりくらいで砕けちる様なタマじゃねぇにゃろうが!なにやってるんにゃ!!(応援)
        1,2のおさらいみたいなOPかと思ったらその記録を観察してましたーってノリはいいにゃねぇ
      • ゆくえふめいになっていたマックからハンターベースの暗号通信とか弱点とかいろいろゲットしてたんにゃろな…(あわれ真っ二つ)
        さりげにVAVAにリベンジしてるゼロも見どころ…(あわれ真っ二つ)このドップラー博士というひと実はカードダスのメガミックスシリーズからの登場…(まるちめでぃあ展開) -- げま子
      • ありそうな話にゃね・・・先兵にはうってつけにゃし便利な手ごまにゃマック
        黒塗りだったけどどう見てもVAVAでダメだったにゃ、博士は逆輸入というかそんな感じだったんにゃかシグマとも関係ありそうな感じのことほのめかしてるにゃねぇ
      • ないとめあpoliceのおもしろ二人組も要チェックや…(メリークリスマス ヴァジュリーラ でぐぐろう!) -- げま子
      • これヴァジュリーラだったんにゃか・・・(はじめて元ネタを知った)
        もう一人が全然出ないままボスがラスト一人になっちまった・・・出てくれるんにゃろうか
      • たおせなかった場合でも再戦はあるぜえ…(よそうがいのアレで出てくるぜ…とにっこり) -- げま子
      • 取り敢えず一通り倒せた・・・ドップラーステージ一個目から苦戦してる・・・トゲ・・トゲが・・・天井がちかい・・・これ通り抜けるの無理にゃよ・・・
      • (これはあの初見殺しはだまっておいたほうがおもしろそうだな…と悪い顔) -- げま子
  • X2のかけだしハンターモードの恩恵がすごい・・・全然ダメージうけない・・・もうソニックオストリーグしか残ってないにゃ
    そしてカウンターハンターを一体倒し損ねた!mapから消えちまったにゃ・・・くそう
    • かけだしハンターモードは、Xでまず作品の雰囲気を感じてもらった後、後の作品をサクサク進められるようにする・・・そういうモードだと理解しておくのがよさそうにゃね
    • やってしまったねえ…(ゼロ! -- げま子
      • ぐぬぬぅ・・・まぁ戦ってみたくはあったけれども
        アイテムの入手難度が上がってる気がするにゃ・・・チャージしながらダッシュジャンプとかどう考えても親指じゃ足りないにゃよこれ・・・ZRボタンをショットにさせてほしい・・・
      • ストーリー的にもなぞが増える…(ゼロのパーツがあるとはいえ、全部つなげられる技術力とモロにあの人っぽい事言って死ぬカウンターハンターのじじい…そしてゼロの出自についての謎) -- げま子
      • 唐突に出てきたケイン博士も謎にゃ・・・誰!?誰なのぉ!?ってなったにゃ
      • ああ、あのジジイは諸悪の根源です(レプリロイドの生みの親→エックスの劣化コピーを世界中にばらまいた元凶) -- げま子
      • オイオイオイ味方面してるわアイツ・・・いやまぁ憂う者なんにゃろうけども
      • バキでいう徳川のジジイみたいなもんだから…(エックスに関する注意書きをすべて読んだうえで開放した、レプリロイドの生みの親として名誉も富も得た、そしてあのシグマもケインの最高傑作であるとシリーズ通しての元凶…)
        まあ漫画版では3のドップラーと友情育んでたりいろいろフォローされてたんだけどね… -- げま子
      • ライト博士「とっても危険かもしれないから!安全が確認できるまであけるんじゃねぇぞ!」
        ケイン博士「100年たったしいいよね・・・ついでにコピーもいっぱい作るね」
        シグマ「レプリロイドの未来を憂う者である!」
        ホログラムのライト博士「エックスには平和な世界を生きて欲しかったな・・・強化パーツあげるね・・・」
        にゃるほど元凶だわ・・・でもライト博士もそんな事言いつつしっかり武装は施すしX2ではもっとすごい強化パーツあるよ!するし・・・自覚ないだけで充分アレにゃよ・・・
        Xの頃の強化パーツがなくなってるのは解析して内蔵されたか、逆に技術力の不足で半年も持たなかったかって所にゃろうな
      • あっするどいキャッツ(後の作品で「以前のアーマーを再現したけど劣化コピーにしかならなかった」という旨で復刻アーマーが出たことがある、使いまわしとか言うな!)
        以前の武器を好んで使わないのはエックスの性格もあるけどあまりに強い武装をいちレプリロイドに施したままでは世論が…っていう説をいまおもいついたわ(なにせ一発目から「イレギュラーハンターのリーダーが史上最悪のイレギュラーになった」わけで、その反乱を鎮圧したエックスを「お飾りの英雄」として単なるB級ハンターのまま隊長クラスにしているという状況を説明する説) -- げま子
      • ダッシュはできるけど赤チャージが出来なくなってたでもチャージショットのデザインは変わってる・・その辺をそれっぽく説明すると劣化コピー品ってのは妥当な線にゃね
        ありそうにゃねぇ秩序側にいる以上はしっかり手綱を握れている事をアピールしないといけないし、冒頭でいなくなった仲間はそんなエックスの武装が規格化、分散配備されてたとか妄想が広がるにゃねぇ・・・
        ベテランっぽい雰囲気醸し出してたけどB級扱いなんにゃかエックス・・・確かに色々事情を勘ぐっちゃうにゃね
      • 復活したゼロの所属が表向きのエリート部隊第17精鋭部隊から第0特殊部隊(通称忍び部隊)という部隊に配置換えになったのもその辺の事情を感じさせるわよね…
        (エックスと違ってゼロは素直に武装解除してお飾りをやるタイプではない、しかしその戦闘力を捨てておく手はない、「優しいエックスにはできない汚れ仕事をゼロにさせる」…?という妄想)
        ただそういった「悩まないヒーロー」としてのゼロに強烈なダメージを残す事件がのちの作品で…(CMにもなったシーンだからしってるかも?)
        そうそれ!エックスの特異性として倒した相手のDNAデータをもとに特殊武器を作り出すこともできるから、エックス自身がいればあらゆる特殊武器を他のレプリロイドが使えるようになるというのも後の作品で…(ゼロが特殊武器を使えてることをそういう情報からこじつけるあたい) -- げま子
      • エックスははっきりシグマを倒したから担ぎ上げるのにちょうどいいし、ゼロは一応死んだことになってたしX2のルートによっては敵に利用されたりするみたいだからそのまま裏方に回した方が都合いいのはなんとなくわかるにゃ・・・武装についても大半が後付けのエックスと違ってゼロは基本武装だから外しづらいだろうし
        ロックマンは今までノータッチだったから、ゼロについてもブルースみたいに後から出てきた敵か味方かーみたいな感じの子だと思ってたにゃ・・・まさか最初から出てる兄貴分キャラだったとは
        ほほぅ・・・考えてみれば自前でリバースエンジニアリングしてるんだからロックマンってちょっとおかしいレベルで超技術にゃよね・・・あれ自体が一種の開発システムになってるのか
      • そもそもイレギュラーハンターって組織や存在自体が「その場で相手をイレギュラーと認定して処分できる」っていうべらぼうな権限を持った公務員で
        もともと嫌われるようなお仕事だったところにシグマの反乱が起こったから世間の評価は最悪だからなんとしてもシグマを倒した英雄エックスを担ぎ上げて人気取りとイメージ回復をしたかったって事情もある…
        ええ…最初というか、生まれた時点で因縁の相手…(エックスとゼロは出会うべくして出会った運命の…いやホモ的な意味ではない)
        そういう点や、ちょっと在り得ないくらい情緒的だったり。って点をして「こいつ他と違うぞ」って聡いタイプはエックスの異常性を理解してくのよね…(他の連中はわりとモヒカン気質だから表面上の戦闘力の低さからB級ハンターと見下す傾向にある) -- げま子
  • ライフアップを可能な限り集めてトルネードとローリングでクワンガーを撃破・・・満載にしたサブタンクと残基を使うまでもなかったにゃね
    ローリングカッターをもってカメレオンを撃破・・・うわざっっっっっこっ!
    カッターで可能な限りライフアップとサブタンクを集めてタコ野郎に挑む
    自慢の手がもがれちゃったねぇ!もう渦は起こせないよどうするの?(ローリングシールド連発) うまいなぁ!勝利の美酒はぁ!・・・ふぅ・・・でシグマステージにゃか・・・むずいにゃね・・波動拳も取り忘れてる・・ガメオベラったら残基増やすついでに取りに行こう
    • シグマステージは中々難関だったけどまぁまぁスムーズにクリアできたにゃ・・・ありがとうアルマージステージ・・・お前んとこのコウモリ共はうざいけど感謝もするにゃ(1UPとか回復アイテムを集めながら)
      ボスは一戦目様子見して二戦目で本気出すってしてたけどシグマ第二形態の再戦は犬からなんにゃね・・・うざいっ(波動拳!)
      ゼロ死んでもうた・・・まぁ後の作品で出てる以上復活するんにゃろうけども
      そしてシグマ!なーにが分身の様な物だーだ!ばーかほろびろ(えっくすばすたー)
      ストーリーをもうちょっと知りたかったけど面白かったにゃねぇロックマンX・・・疲れたけども
  • と言う訳でmusedashは一先ずお休みして買ってみたにゃアニバーサリー
    さっそくプレイ・・・画面・・画面がせまい!見てから被弾余裕でしたにゃ!ダメージレースになったらまず勝てないし・・・オープニングステージの時点で苦戦したにゃよ
    とりあえずタコやろうにはフルボッコにされたのでこいつは避けよう・・・海ステージなら電撃が弱いだろうしエレクトリックスパークなるものを持ってそうなスパークマンドリル?でいいんにゃろうか・・こいつを先に攻略してみるにゃか
    • 頼みの綱だった電撃はまるで役に立たなかったにゃ・・・あと連打癖がある・・・ボスの点滅中はダメージ無効だと気づいてもついつい通常弾撃ちまくっちゃうにゃね・・・
      タコは一先ず置いておいて倒せる奴から倒していこう・・・そして今日はいったん休もう
      • 「ロックマンx 相性」でググる、マンドリラーから行ったのはそんなに悪くない選択だったにゃか・・・ペンギーゴ?のとこにパーツがあるみたいにゃね・・・アルマージが電撃効く上にタコ野郎の弱点武器をもっていると・・・ペンギンを蒸してアルマジロを仕留める、そうしたらタコ野郎にリベンジと行こう
      • パーツなしでマンドリラー仕留めたのはひかえめにいってストロングスタイルすぎる…(あいつ弱点なしだとやりづらい部類のはず…) -- げま子
      • ぎりぎりだったけど割と何とかなったにゃ
        ペンギンは壁上部に張り付いとけば問題ないと気づけば敵じゃなかったにゃ、ぎりぎりだったけど
        そして弱点武器の強さを思い知ったアルマージ戦、鎧がめっちゃ禿げた!
        でもタコ野郎には勝てなかったにゃ・・・死んだら武器エネルギー全快にならねぇかにゃぁ・・・
        かけだしハンターモードなのが効いているのかもしれない・・・一撃死するとすぐ近くで再開できるし(死にはする)
      • タコ足をもげば攻撃手段が少なくなるからそこがねらい目かしら…(もしくはボディパーツなどのパーツを集めたりライフアップをゲットして体力アップもできるかも) -- げま子
      • タコ足を・・・もぐ・・・?ローリングシールドをぶち当てたらもげるんにゃろうか?・・・(気づけてない)
        道中なんどかハート型のアイテムを見つけたけどあれがライフアップにゃろうか・・・コツがいるのか上手く取れないにゃけども
      • じつはステージをクリアすると別のステージに変化がおこるステージがあったり、特殊武器を用いることでとれるアイテムが在ったり…おっと!(これはためしてみないと解らない要素…とヒントだし
        うまく相手の弱点をつくとハメ殺せたりもするからいろいろためしてみるのもたのしいわよ!(醍醐味! -- げま子
      • やっぱりもげてねー!別の要素にゃか・・・
        むむむ・・・とりあえずパーツ集めから行くのが吉にゃかね・・・次のパーツ捜しに行こう
      • 足を斬る…すなわち鋭利な刃物があるといいのかもね…(パーツ探しもいいぞ!) -- げま子
      • にゃるほど刃物系か・・・(カメレオンには勝てませんでした)
        道中上行くと中ボスっぽいのがいて勝てなかった・・・敵に触れたからってダメージ受けんなや!(無茶をいう)
      • クワンガーの動きが捕らえられない、ローリングシールドやショットガンアイスみたいなので変則的にダメージを与えないと厳しい
        パーツは一通りそろったにゃ、途中イーグリードとナウマンダーを倒したから残りはタコカメレオンクワガタの三体か
        アームパーツの入手難易度高すぎにゃよこれ・・・ただその甲斐あって威力は満足いくものになったにゃ!ふふふ・・・これで勝てる・・・と思う ライフアップも見つけていかないとにゃぁ
  • 折角switch持ってるのにソフトがカービィだけじゃあれ何で色々見繕ってみる・・・
    • これとかかっこよさそう -- げま子
      • あらカッコいい・・・着ぐるみきたい!
        とりあえずこういうのこういうのをクリアして今はこういうのやってるにゃ
        音ゲー初めてやるけどおもしろい!かわいい!えろい!
      • あらかわいい(テレビとビッグドッグくっつけたかんじの子にわむ)かわいい系だとしゃんたえちゃんとか…謎解きだとゴロゴアってやつもよさそうねえ(でもあたいはなんといってもこのロックマンXアニバーサリーコレクションをすすめるね!! -- げま子
      • その子はロボットにゃ、Flood of Lightは雨が降り続き水没した都市のお話しで主人公の少女以外人間は皆退去しちゃっててロボットは軒並み雨ざらしでこわれてるから直して回るんにゃ、いやまぁ目的は特殊な碑に光を灯して水位を下げる事にゃけども
        しゃんたえちゃんは欲しい物リストに入ってるにゃ! ゴロゴア!steamの欲しい物リストに入れたっきりだったやつ!(おい)こっちで買ってもいいにゃねぇ
        ロックマンはやった事ないにゃねぇ・・いやあるにはあるけどティウンティウンしまくったから避けてる・・・
      • はたして少女は都市を救えるのか!的な…(はっぴーえんどになるといいな・・・)
        しんぱいなし!駆け出しハンターモードならば即死トラップが減ったり敵から受けるダメージが減ったりするんや…(最近すずはらを見てまたやりたくなってきたあたい) -- げま子
      • ハッピー・・ハッピー・・・うん・・・途中「芯」っていう特殊な灯篭があるから、それ全てに光を灯せばバッドではなくトゥルーエンドに行けるにゃ・・・
        猫の方はすきだけど切ないし・・・muse dashの明るいノリノリなテンションが心にやさしい・・・
        ほほう・・・アニバーサリーコレクション・・・2もあるんにゃか、取りあえず欲しい物リストに入れておこう・・・そういえばXって普通のロックマンとつながりはあるんにゃか?
      • いろんなルートがある作品はかわいそうだよねえ…!ってなってつい幸せそうなルートを選ぶ…
        そう!そこでそのつながりの話になるわけです!(ライト博士というひとが家庭用お手伝いロボロックを改造してロックマンにするわけですが、エックスはそのロックくんとは別物らしく、初代のOPではそのことについて「危険性チェックが済むまで絶対開けるなよ!」という念押しをするほどの危険性を秘めた「悩み苦しみ涙を流すロボット」として生まれた…というすごい悲劇がつきまといそうな生い立ちなのです)
        そしてロックマンの時代から100年後、二人の天才の死によって大幅に退行したロボット技術をふたたび高めたのが発掘されたエックスの存在…(製作者のライト博士ですら自身の寿命などの時間的な問題からすべてチェックできていなかった「悩む機能をもったロボット」の劣化コピーを大量に生産、「レプリロイド」とよばれたロボットたちは人間なみの思考機能をもち極めて高い性能を発揮したが、同時に高度すぎる演算処理機能から予期しないエラー、バグが発生。『イレギュラー』となったレプリロイドと、それを狩るレプリロイドである『イレギュラーハンター』が組織されてかりそめの平和を過ごしていたのだが…というところからスタートするのにゃ -- げま子
      • なんというかこの子もう最初からこの都市を救うために生まれたみたいな所あるから・・・脱出する術もないし、救えたのならいいエンドなんじゃないかにゃって・・・
        ふむふむ・・・ライト博士が作ったことには変わりないとしてワイリーに対抗して改造したロックとはそもそもコンセプトが違うっぽいにゃね・・・
        しかも大きく年代もジャンプしてたにゃか・・・ロストテクノロジーってロマンあるにゃねぇ・・・危険性ってのがその予期しないエラーの事を指してそうにゃけど、そういうのは寧ろ生き物として正しい姿だとかの話になりそうにゃね(おもしろそうっ)
      • 都市のために生まれたのにその都市じたいが放棄っていう存在証明問題か…(おつらいルートだこれ…)
        ライト博士が20XX年代の晩年に残したと思われるエックスに関するメッセージで『研究を託せる者もいない』って言ってるから高度すぎる技術を誰も理解できない(ひとりいるにはいるがそいつはワイリーなので当然託せない、もしくはそのときワイリーも死んでた?)
        なので孤独な最期を迎えたらしくてこれは…(ロックマンの時代ではライト博士製のロボットたちと一緒に暮らしているはずなのでみんな破壊された?さらに『day of Σ』という補完OVAでは死病に侵されたと思しき描写がある)という暗黒の未来を示唆するスタート…(皮肉なことに後世には『ロボット工学の父』として伝説の存在として語り継がれている)
        そして年代はうつり21XX年代、世界最高のレプリロイドとされイレギュラーハンター第17精鋭部隊の隊長で実質ハンター組織のリーダーである特A級ハンター『シグマ』がよりにもよってイレギュラーハンターの部隊長クラス8名と多くの部下を率いてレプリロイドの未来のためであるとして人類に対する反乱を開始
        そんななか同じく第17精鋭部隊の隊員だった特A級ハンターのゼロと、平凡なB級ハンターとして活動していたエックスはたったふたりで立ち向かっていく…
        シグマの軍門に下った元ハンターのイレギュラーたちも『楽しそうだったから』『思う存分残虐行為ができる』『隊長の言ってることってまちがってなくね?』『リーダーの言うことは絶対で疑問をさしはさむ余地はない』『人質を取られやむなく…』とさまざまな動機で反乱に参加していて…(特にシグマってまちがってなくない?っていう疑問をエックスになげかけてくるのが一番バカっぽいマンドリラーというのが…これはリメイク版で追加されたセリフ)
        なかでも一番ぶっ壊れてるのがVAVA(ヴァヴァ)っていうヤツで、こいつも特A級ハンターだったんだけど『みんなにちやほやされてるエックスが気に入らない』って理由だけでキレたり『むしろ俺が全部ぶっ殺してやる』でリメイク版では主役モードが追加される始末…(漫画版でもこのグラスに入っているのがバーボンでも泥水でもどうでもいいなどとキレた発言で有名なので知ってるかも?)
        そしてそのシグマもどうやら自発的にイレギュラーになったわけではなさそうで…?というのが続編にかけて明らかになっていくにゃ(あいつ状態で早口になる)ともかく興味もったら一度プレイしてくれ!(わかれ!わかってくれ!と羽生になる) -- げま子
      • 大丈夫、ロボットたちは見ててくれるにゃ・・・彼らにとっての桃源郷みたいな所に行く感じのエンドだし
        唯一最大の理解者が最悪のライバルって燃えるにゃよね・・・多くのロボットには囲まれていたけれどだからこそ余計に天才ゆえの孤独を感じていたとかそんな感じかもしれないにゃね
        ・・・うん?ロストテクノロジーの塊かつレプリロイドの元になったような伝説的なロボットなのにそんな凡人設定なん?エックス・・・その辺りにもなんか理由ありそうにゃね
        (わけのわからない熱気の様なものに押されて猫はロックマンXをやる決心をした)
      • (まあ漫画版とかリメイク版の設定もまざってるんやけどな!とおもいつつリメイク版同梱のOVAもおすすめ…ちなみにアニバーサリーコレクションはリメイク前の原作版がはいっていてリメイク版はPSPになります…と念を送りつつ去る) -- げま子
  • ワイスピシリーズを全然見てなかったので大急ぎで追ってる・・・そして今メガマックスまで見た・・やっとでたなルークホブス
    今回のはシリーズとしては番外作品っぽいんにゃねぇ
    • スカイミッションまで行った・・・ホブスはなんなん?・・・なんなん? ショウはショウで悪役として最後まで格が落ちないし・・・
      ブライアンもといポール・ウォーカーは残念だったにゃ・・良い退場のさせ方をさせて貰えているから、あの物語の中では幸せに暮らせているんにゃろうにゃ・・
      • アイスブレイクおわた・・・ホブスはなんなん?・・・未来から来たメタルの化け物なんにゃろ?いいフォームで走る車に追いついてしがみ付いても全然不思議じゃない・・・
        このシリーズは敵のヘイト管理が上手いと思う・・・嫌な奴はとことん嫌だししっかり酷い目に合わせる・・終盤サイファーのやる事為す事がとことん裏目に出るのは小気味よかったにゃ
        そして明日はいよいよスーパーコンボ観に行く・・楽しみにゃねぇ
      • そしてみてきたスーパーコンボ・・・まさにスーパーコンボって感じの映画だった・・・アイスブレイクじゃなんだかんだ笑いあったりラストでバーベキューした仲だったけど、今回の顔合わせでいがみ合う辺りちょっと落ち着くと苛立って仕方のない相手なんにゃろうな・・・
        やっぱり見た目の説得力って大事で、ロック様のあの体格があってこそのホブスのキャラクターだなと思わせてくれる・・・ショウもぶっ飛んでるんだけどねっ個人的にはやっぱりホブスだわ
        何当たり前みたいにビルから飛び降りてるん?無傷だし・・・何ヘリと車を素手で繋ぎ止めてるん?申し訳程度に苦しそうな表情しやがって・・・
  • えいがー
    • ライオンキングみた
      この前の地上波のアニメは見逃したから結構久しぶりだった・・・
      運命という物を考えさせられた話だったかにゃ・・・アタシがガキの時分に何があっても「それが運命」っていう幼馴染がいて、子供ながらにそんなつまらない事があってたまるかとどうあっても避けられない運命って奴が嫌いだったりする前提があるんにゃけども
      シンバは王になる事が決まっていて、許嫁も決まっていた・・・スカーによる反乱があって追放されて、シンバにも自由気ままに生きる道が提示されたけど、ナラやラフィキの導きもあって舞い戻り、最終的に王となる
      結果的に見ればスカーの反乱があってもなくても予定通りの形に王と妃が決まったわけだから彼は己の運命に従ったと取れるんにゃけど・・・
      だからと言ってあの旅路が無駄だったとかどうあっても避けられない運命ってものに対するやるせなさみたいなのはもちろんなくて、運命なんてのは結局超越的な物言いだったり結果論でしかなく、あの旅の果てにシンバの心に芽生えた王としての自覚なしにはこの話を語れない以上、そこに生きる者たちにとって運命なんて気にするべき事じゃないんだって思えたにゃ・・・なんか上手く言葉に出来ない
      見間違いかもしれないけど、面白かったのがスタッフロールのcastの項目でスカーが一番にクレジットされてたという事

      スカーは敵役ではあるんだけどどうにも憎み切れない魅力があると思う・・・はい、ムファサを謀殺したシーンは悲しさや切なさとともに心のどこかで「やったな!」という奇妙な爽快感も感じましたにゃ
      公約をちゃんと守る所も可愛げがあると思う

      かつての王が星々から見守ってくれているって話はアイズオブヘブンの「太古の人々は夜空に輝く星を天国の住人が地上を覗くために開けた覗き穴だと考えた」って話を思い出した・・・と言うかまんまそうなのかにゃ?
      命は輪か線かとか、星々の話とか肉食獣と草食獣とか、ハクナマタタの精神を教え込まれながらももっと根の深い所でそれを受けとめきれずに徐々に浮き彫りになっていく考え方の違いが、あの生活が長くは続かなかった事が暗示されてる気がする
    • アルキメデスの大戦
      金剛が古くなったので新しい艦作ろうぜーしたら空母がいい派と戦艦がいい派で別れた
      戦艦がいい派がトンデモない巨大戦艦の企画書出した上に建造費も空母派より安い!んなわけあるかってんで数学の天才を招いて再計算させようって話
      初め主人公の態度に不満たらたらだった部下が主人公のすごさや熱意を目の当たりにしてどんどん協力的になっていくのが微笑ましかった
      何がやるせないって戦争を止める為に協力したのにどっちが勝とうが戦争が起こる事自体は止める事が出来なくて、起きてしまう負け戦をどのように終わらせるかを考えないといけない事
      そしてその想いの結晶として出来上がった筈の艦が沈んでも、結局それが敗戦の決定打ではなかったと歴史で明示されているって事
      主人公とヒロインがあの後どうなったのかくらいは説明あっても良かったにゃぁと思う
    • ペット2
      前作がちょっとうろ覚えだったからミル貝見たけどそうだそうだ、マックスとデュークのいざこざの話で、デュークはバカっぽく見えるけど結構したたかな奴だったんだ
      でスノーボールは元ペットの敵役として登場したけど最終的に子供に拾われて再ペット化してめでたしめでたしだ
      今作は飼い主のケイティが結婚して息子を産んで、その子リアムに対する嫉妬はすぐになくなって子供を守るという使命にマックスが目覚める所から始まる・・・そこの所が主題になってもおかしくないけど・・そしたら前作と同じような感じになっちゃうのか
      リアムを守るという使命に目覚めたはいいけどそのプレッシャーから過度の怖がりになり、心因性の皮膚病っぽい感じになるマックスがエリザベスカラーを付けるハメになる
      そんな折に家族でバカンスに行くことになり、その先で出会った牧羊犬のルースター(ハリソン・フォード!)からマックスは多くの事を学ぶ
      バカンスに行くマックスからお気に入りのおもちゃ「ミツバチ君」を預かったギジェットはそれを彼と自分との子供だと思って大事にしていたが、ちょっとしたことがあって「ミツバチ君」を猫だらけの部屋に落としてしまう・・・子供を取り返すためにギジェットは猫に扮する術をデブ猫のクロエに習いに行く
      スノーボールは新しい飼い主の影響によりスーパーヒーローになりきる事に嵌っていた、でもある日シーズー犬のデイジーからサーカスに囚われたホワイトタイガーを助ける様に要請を受ける
      三者三様の物語が同時に展開して、それら一つ一つが成長物語だったりコメディだったりで楽しいんだけど、それらが一本に繋がってからが最高によかった
      でもおばあちゃんそれは拙いよ・・・
  • ドラゴンクエスト ユアストーリー
    んー・・・うーん・・・・・・うん・・あのオチには正直びっくりしたし怒る人がいるのもわかる
    ただこの話からあのオチを抜くと駆け足気味にVのストーリーをなぞっただけの炎上どころか話題にもならない物になってたと思う・・・卵が先か鶏が先か、あのオチの為に敢えてそういう作りにしたと言われればそうなのかもしれないけども・・・そこは分からない
    同時に、あぁいうオチにするからこそ所々に粗があってもいいだろうみたいな風にも取れちゃうのが残念か
    無粋な介入者によってなんもかんも台無しにされそうになった所をそれでも愛を貫いたと考えるといい話かも? Vではなく、ユアストーリーにゃね
    • どんな層向けになるんですかね
      • わからん・・・ただアタシが映画を見る時には結構メッセージ性を重要視してて
        この映画からそれを読み取るとすれば最後の行・・・例えばVtuberの中の人がどうのとかミッキーマウスの中にはおっさんがーとかそういうしたり顔で無粋な事を言ってこちらを冷まさせてくるような輩に対して
        好きな物は好きだここにある物は確かに本物だとそういう風に言っていいんだよって事だと思うにゃ
        だからー・・・そういう事を感じている人とか・・・ドラクエが好きな人むけ?
  • Waifu Labsしゅごい・・・まぁどうしても変な所が出てきちゃうみたいにゃけども
    exp034740.png
  • 中国風の名前ってむずかしい・・・正確には日本人が扱う中国系のキャラっていうか
    向こうの人にとっていい名前でも動かすのが日本人である以上、日本人が聞いてある程度馴染みやすい響きを意識したいし入力もしやすくしたい
    その辺りの公倍数が、ノウハウがある分欧米系の方が求めやすい・・かと言ってどっかで見た事聞いた事があるってのもにゃぁ・・・・・・まぁいいか
    • あと場所柄なんか仕事もたせないにゃと・・・
  • 寝入りかけた頭にふと浮かんだことがあるので書き溜めておくにゃ…
    • アタシは普段キャラを動かす時に「肉体と精神」と「魂」を分けて考えるにゃ・・・要するに前者が「キャラクター自身」で、後者が「中野人」にゃ
      キャラクターが何を考え、どのように振舞うか・・・それとは別に、どのように行動するべきかを中野人が考えて、無意識や偶然、理不尽とか他人の干渉って形でそれに添うように促すというか
      まぁほぼほぼキャラ=中野人みたいな所あるから意見が分かれる事はまずないんにゃけど
      • ここの見かたを少し変えてみる・・・と言うか、「肉体と精神」と「魂」より、「アイドル(タレント)」と「プロデューサー(マネージャー)」って方が表現として適切なのではと考えたにゃ
        これはそのどちらが行動の主導権を握るべきかという話にゃ
        アイドルは自分の思うがままに振舞いたいと考え行動する、そこには確かに自然体の魅力があるんにゃけど・・・やりたくないと感じた事は多分絶対にやらない、近づきもしない、なぜならアイドルはワガママだから
        大してプロデューサーは違う、プロデューサーは「アイドルの魅力を120%引き出し、それを拡散する」という使命をおっているにゃ
        だからアイドルがやりたくないと感じる事でも、必要なら必ずやらせる、納得できる自然な理由を考え用意する事もあるにゃろう、それが仕事だからにゃ
        そうする事でアイドルのまだ見ぬ魅力を引き出し、より多くの人にそれを見て貰おうとするんにゃ
      • ここまで書けばわかる通り、主導権を握るべきなのはプロデューサーにゃ
        だから、「キャラクターになり切る自分」・・・とは別に、「そのキャラクターをプロデュースしたいと考えている自分」を用意して、俯瞰的に見る必要があると思うにゃ
        キャラクター性を崩すことなくどんな形で周囲の変化に対応していくか・・・今まで無意識に出来ていた事を、ちゃんと頭で理解してやる様にしてみたい・・・

        ねるにゃ
  • コイカツのチャイナドレスは切れ込みが深すぎる様に思う・・・
    素足じゃ抵抗があるからレギンスを履かしてみたらアオザイっぽくなったがこれはこれでいいのかもにゃね
    ・・・そしてここまで考えてからスパッツもアリじゃないかと思い始める、でもスパッツ履くと全体的に子供っぽい感じにした方が良くなる気がして・・・こういうシステム面の制約でキャラが定まるなんてのはみんくろで慣れているとは言え、こういう自由度の高い奴でもダメかとしょんぼりする
    • このキャラいいなぁと思って一か所だけその要素を取り入れると、もうそのキャラのパクリにしか見えなくなってくる
      まぁ特徴的な髪飾りだから仕方ないのだけれど
      • ・・・パクリなのは事実なのだからもう開き直っちゃうか
  • 瓦礫城・・・2回目にゃっけ?3回目にゃっけ?話だけ上がってとん挫した?・・・覚えてない
    • 中華系って言ったら昔蛾の少女について設定を考えた事があったにゃね・・・
      マジの蛾じゃなくて蛾をモチーフにした毒技遣いで、同じようにムカデとか蜂とかをモチーフにした毒遣いと殺し合って蠱毒的に最強の毒遣いを生み出す戦いに参加してたんだけど逃げ出した子
      毒遣いが追手として襲ってくるから迎え撃ち、結局は蠱毒の戦いに巻き込まれる形になるんだけど・・・なんかとてもじゃないけどできる気がしなかったので断念した子
      五毒拳ってカンフー映画があったんだなぁなんて思いつつそんな事を思い出したにゃ・・・
      血生臭い部分はまるっとカットしてキャラを作り直すのもいいかもにゃねぇ
  • まさかのネット回線なし
    スマホのギガも少ないし4日間はネット制限にゃねぇ
    • 14時には帰って来てた、暫くは早寝早起きにゃーね・・・
      そして来月は激動の月になるやも・・・霊圧はきたいできまい
  • 天気の子と東京喰種をハシゴする、あんちゃん東京は怖い所じゃぁ・・・
    完全に油断してたからtkkn出るまでゲスト出演してるとは思わなかった・・・三葉もわかりやすく出てきてくれたから分かったけどその他はわからなかった・・・テロリストは観覧車に乗ってたらしいけど完全にモブと思ってスルーしてたにゃ・・・あと四葉ちゃんどこ・・・?
    天気なんてのは元々狂っている物だとか元に戻っただけって大人たちがフォローしてくれて、見かたによってはそれも正しいのかもしれないけど・・・それでもあの時確かに自分はこの道を選んだんだっていうのはいいにゃぁ
    東京喰種はー・・・うん・・予算が足りなかったのかにゃ?スタッフロールも心なしか人が少なく見えたし・・・
    全体的に若干ローテンポにローテンション、画面も暗くて陰鬱になりそうな所を月山さんが頑張ってた印象
    それでも赫子をもっとガンガン出して派手な戦闘を演じてくれたら楽しめたのにってなった・・・
    • ついでにチャイルドプレイも観る、シリーズは未視聴
      悪人の魂が乗り移ったんじゃなくて学習するAI搭載でスマートハウスの中枢になれる機能も付いたおもちゃが、本来ついている筈のいろんな制限を取っ払った状態で出荷されちゃったって感じ
      本来言わない筈の汚い言葉や悪い行動も教えれば普通にできる事から子供たちは面白がっちゃって
      倫理や常識に関わる部分も取っ払われちゃってるもんだから、子供が面白がって見てるスプラッター映画の内容をそのまま実行して楽しませようとしたりしちゃう・・・・
      ただAIの反乱に怯えるのとはちょっとちがうというか、結果として生み出されたのはただの殺人人形なんだけど・・・
      それまでの過程というか・・・教育する事の難しさと、間違った教えと愛情、世の中の色んな人間関係がもつれて狂った行動を引き起こした悲哀みたいのを感じた
  • 設定覚書・・・ふと思いついたので
    魔力を良く通す物質と逆に通しづらい物質を積層構造にする
    折り重なった合間に魔力が蓄積、出せる様になる・・・
    魔力が電気と同等に解釈されることが多い事からヒントを得た、所謂コンデンサーの構造をファンタジーに取り入れる発想・・・
    電池の構造は魔力の性質に深く踏み込む形になるからちょっと使いづらかった
    積層型を参考にしたけど用途を考えると電気二重層コンデンサっぽくした方が説得力がでるかもしれない
    物質が両方とも金属(ミスリルと鉄とか)ならダマスカスっぽい見た目にするとビジュアル的にも良くなるか
    • そしてここまで考えて・・・
      人工物に拘らずとも、例えばタイガーアイみたいに複数の物質が折り重なった宝石を利用して同じことができるかもとか考える・・・
      化石なんかで古代生物の体組織が特殊な鉱物に置換される事でとかファンタジックかもしれぬ
      • 後者の構造を人工的に再現した事で前者タイプの魔石が生まれ、後に大量生産できるようになって産業革命的な事態が発生したとかまで妄想した所で一先ずストップ
      • ドラゴンボールオンラインでやってた気バッテル的なヤツか…(悟飯ちゃんが理論を考えた気の科学再現電池?みたいな…) -- げま子
      • かにゃぁ?所謂電池みたいに魔力をためていつでも使えるというたまに見られる表現を
        じゃぁそれってなんなの?と自分なりに解釈できた気がするにゃ
        マニラの時は発電機を意識してたから、今回はストロボ回路というか・・・弱い力を蓄積して瞬間的に大きな力を生み出す仕組みにつかえるかにゃって・・・溜め撃ちってメリハリが出て好き・・・
      • っていうか悟飯ちゃんさらっと凄い事してたんにゃね・・・人造人間編とかブウ編で気の吸収保存ができる事が示唆されてたから技術的には可能なのか
  • トニーはさぁ・・・ヴィラン量産する人?・・スタークインダストリー被害者の会が極まった気がしたにゃ・・・
  • おわったー・・・どうにも気力が出なくてあんまり交流できなかったのが心残りにゃねぇ
    • いぬだったから?
      • うんにゃ、犬自体は前々からずっとやりたくて温めてた子だから、作り直しに愚痴は出ても結構楽しんでたんにゃけど
        なんにゃろう・・・企画続きで疲れてたのか、雨が多くて気がめいったか、暑くなってきてバテたか・・・飽きたか・・switchやるのに夢中だったからか
        兎に角中野人の問題にゃーね
  • 11位、ちょうど真ん中くらい・・ちぇー( =3=)
  • 今更エモクリを始める・・・離れすぎてて発売してた事にすら気づいてなかったって言うにゃ
    コイカツの時にシーンで作ったアイテム類はもって来れない感じにゃかねこれは
    • MODなどの干渉も考えないといけない…(いっかいバックアップしたあたい) -- げま子
      • MODを入れているとその辺毎度確認しないといけないから大変にゃね・・・何入れたかちゃんと管理しておかないと何が悪さしているかもわからなくなりそうにゃ(ばにら)
  • 「かなりの深手」と「瀕死の重傷」を混同していたアタシにゃ・・・ってかハードコアでも瀕死ってあるんにゃかね?
    ちょっと深手が多すぎて辟易するも既にこのスタイルで進めている以上今更変えられないにゃ
    次どうするかにゃぁ・・・因みに細身は作る気力がありませんでしたにゃ
    • ゴールデンは個人的に思い入れのある犬種なので最後に持っていきたかったけど・・・
      このペースじゃぁ無理にゃろうにゃ・・・
      • 良かった・・・無事に乗り越えられたにゃ
        しかし最後に一気に討伐数が増えたにゃね
  • はははこやつめ・・・ははは・・・また深手を負いやがったにゃ!!せっかく作ったのにダルメシアン風!
    次はどうしよう・・・黒柴かにゃぁ
    • 首を伸ばしてマイナーチャンジをするのです…
      • 首を・・・伸ばす?・・(思い浮かぶキリンっぽいの)
        テンプレからして太目だから細見を意識するのはいいかもにゃね
  • 重傷を追ったら死亡扱いにするのは決めてあったとはいえ折角作った老衰までの画像をお蔵入りにするのは寂しい…
    作り直すのもめんどいと思いつつ宣言したからにはやらねばならないにゃ
    次はどんな子にしようか全く決めてなかったからどうしようかにゃと思いつつ寝るにゃ
    • ダルメシアン風でいこう
      • スケジュールを作り直し、最低でも後一匹作らないとにゃね、個人的にはラストはゴールデンがいいにゃがー黒系もいいにゃね?柴犬もやってなかった
  • ハスキーっぽくなった様なならないような・・・
    絵は3秒騙せればいいというのが友人の談にゃけど3秒も騙せているかわからない・・・
  •  
  • 火曜と昨日は映画を見てた、イオンシネマ&ドコモユーザーは火曜が安い、1100円になるクーポンがある!dポイント使えばさらに安い!でもクーポンには限りがある・・・
    ユナイテッドシネマは金曜は会員デーは一律1000円で助かる、月曜も1100円で助かる、そうやってポイント貯めれば平日でも1000円とか0円になって助かる
    イオンシネマもみならって!・・・イオンカードよりdポイントのクレジットカードの方がイオンシネマで見るには有利かもしれぬ理不尽・・・
    • スノー・ロワイヤル
      • やっぱ強えぜ・・・リーアム・ニーソン!!
        2014年版は未視聴、予告だけ見た。監督が同じだけどリメイクするからには色々改善したのかな?
        前のと見比べる方が面白いかもしれない、リーアム・ニーソンは強いオーラがあるけど前の方はごく普通の親父さん感が良く出てる様に見える
        勘違いが恨みを買い、連鎖によって自滅に向かっていく、人が死ぬ度に名前と信教が表示されるテンポが小気味よい、皆すごい真剣にやり合っているからこそ生まれるユーモアがある作品
        シリアスな笑いって表現がぴったりかも
        最後ラスボスに生け花アタックかます時の悪い笑顔がたまらなかった・・・あとお前!アバランチ!一晩中飛んでたんか!
        問題に対しての立ち向かい方が男性陣と女性陣とで全く違っているのが中々面白い
    • 海獣の子供
      • 宇宙は生命体、海を持つ地球は子宮で隕石は精子、星の誕生に立ち会う話・・・
        ゲストっていうのがつまり卵子?地球を子宮にたとえている訳だからそこで生まれて隕石を取り込み銀河になる存在はやっぱりそう考えていいよね・・・
        となるとゲストは誰だったのか・・・ルカだと思ったけど最終的には海くんがなったしな・・・まぁ機能までまんま人間と同じと考えなくていいか
        海とその生き物たちのシーンは雄大さと美しさと恐ろしさが上手く調和していて素晴らしかったと思う
        映像美がすごいし少女のひと夏の思い出的な青春だとかジュブナイルがどうだとかそういう感じの物語としてよかったけど、
        同時に話を壮大にしすぎたり抽象的すぎる感じにして誤魔化された印象もある、そんな作品
    • メン・イン・ブラック インターナショナル
      • ナンバリングタイトルじゃないし外伝作品として見ると普通に無難な出来のアクション映画だったと思う・・・ただ同時に、MIBとして特筆すべき物がなかったのが惜しいか・・・衝撃的な宇宙の真実とか作りこまれた時間旅行物のシナリオと言った見ていて驚かされるような何かが弱かった様に思う
        機転が利いて口も上手いJと知識と経験に裏打ちされた強さを持つKのコンビに対してMとHのキャラがちょっと弱かったかも?
        一応Mは優秀でHはコミュ力高くて情に厚い色男って傾向はあって、それがラストで敵の気を引くHととどめを刺すMの「知恵と一丁の銃」の伝説の再現における役割分担になってるんだけど
        Mがただの憧れと熱意のある優等生感じになってるせいで、そのあおりを受ける様にHが無能っぽくなっている気がする
        クリス・ヘムズワースとリーアム・ニーソンの高身長二人が並ぶと迫力がすごい・・テッサ・トンプソンとの身長差も相俟ってやべぇ・・この二人のバディ物を見たくなる
    • アラジン
      • アニメを直前に見直しておいてよかった・・・
        個人的にジャスミンに魅了されたのは序盤でアラジンに導かれるより早くさっさと棒幅跳びしてしまう行動力や素早く話を合わせたりする機転の速さだっただけに、今作のジャスミンにはそれがないのかと少し残念に思った
        でもそれは杞憂で、アラジンが嘘を突き続けた報いを受ける様に世界の果てに飛ばされ、そこから勇気と知恵を武器にジャファーへと立ち向かう立派なダイヤに育ったように
        教養はあるけど世間を知らず自力では思い切った事の出来なかったジャスミンもまた、追い詰められた事で奮起して王としてふさわしい人物に成長する物語でもあった訳だ・・・結果、好き・・
        ジャファーとアラジンの関係性が好き・・・ジャファーは悪役ではあるんだけど、アラジンを見出し、原石をダイヤへと成長させた言うなればヒーローメーカーな訳で、彼を元盗賊だった事にした事でより対比が深まった様に思えていい
        まぁ・・アラジンを成長させたのはジャファーだけじゃないけれど
    • ザ・ファブル
      • 原作未読・・・なんかそういうの多いな自分
        アクションよかった・・・殆ど岡田准一自身がこなしたらしい、覆面なんだからどうとでも出来るだろうに・・・さすがに壁登りは違うよね・・・?いや出来そうだけど万一って事はあるし
        ファブルはとても不幸な生い立ちで、その事を自身で自覚できていない、熱い食べ物や微妙な芸人に対するオーバーなリアクションは一見コミカルだけれど、同時に彼の壊れた部分を表しているようで少し怖くなる
        一年間で普通になれるようならカタギとして生かそうとするボスはその辺りを憐れんでいたのかなと・・・同時に一年後ボスはあの仕事をどうするのかと考えてしまう・・・いやボス強いから一人でもやっていけるだろうけど、人を減らすって事は畳みたがってるのかなとか
        コジマは兄貴分を裏切るかと思ったら最後までちゃんと慕ってたのが意外だった・・それでも許されざる者だけれど
        原作未読だとどうしても感想が浅くなってしまう…あんまり思い切った事が書けないというべきか・・・今度読んでみよう
  • くっ・・・振り直した方が数値がいい・・
    • むむぅ・・ビジュアルは同じの方が神聖さが出る気がする・・・でもそうなると性別は両性か無性の方がよかった
      ・・・いや、元になった花が雄花か雌花かで分ければいいか・・・?
      ・・・あるいは見た目が変わっても心は同じと強調する方がいいだろうか・・・変わったって感じがしないもんにゃ・・・
  • 最近どうにもやる気が出ないと思ってたけども・・・黄金歴か
    暦犬の設定を出す最後の機会かもしれないにゃね・・・ちょっと練り直すところもあるけどやってみるにゃか
    • 死亡復活ありか・・・ならカジュアルじゃなくてもいいかにゃぁ
      • 名前継続するかな・・・するならキャラリストの名前を今のうちに変えておかないと・・でも生まれ変わりで名前変えるのも良いと思うんにゃ
      • フライングマン式に墓石が名簿に並ぶのはアリだと思います
      • わるくないにゃ・・・犬種もガンガン変えていいのかもにゃねぇ
      • 判定名
      • 判定名
      • 判定名は一定で会話などで名乗ってるキャラ名が揺らぐのはコッコナイツでもあったし容認されてたよ
      • 前日までに申告することで判定に使用する文字列(名前)の途中変更は可能とします。後でルールに追記しておきますね。 -- 企画リニン
      • んにゃ、判定名の変更はしないで行くにゃ、ありがとうにゃ〜♪
  •  
  • 家計簿のデータを検証するついでに燃費計算・・・10kmぎりいかないのはちょっとまずいきがする
    でも¥/kmに通勤距離と実働日数をかけて通勤手当から引くと車通勤ってだけで大体2000円くらいプラスになってるっぽい事が分かったのはありがたい話にゃ
  • KOMは平成VSシリーズを見ておくと一段楽しめるわね… (最高だった) -- exp032098.png
    • にゃるほど・・・楽しみにしておくにゃ(多分五日くらいに観に行く)
      • こんなんじゃオレだって家出したくなる!・・・家出したくなるって言ったんだよなんで家にいるって結論になるんだよいたわ!
        思えばアタシがまともに見たゴジラのシリーズが平成のVSシリーズだったにゃ、熱い!
      • アースマザーの主張については登場人物全員からおめーキチガイかよ!って論調で笑うわよね
        怪獣キチの芹沢博士からもキチガイ扱いされて…。情報量多いから吹き替え版で見たけど、芹沢博士のシーン
        字幕版だと英語じゃなくて日本語でしゃべりだすって聞いて深い…ってなった
        平成シリーズ見ておくと楽しめるのも、ゴジラはメルトダウン寸前だ!→あのフォームがここで!?ってびっくりしたわ
        平成VSシリーズ最後で見せたやつだから驚いたけど、ハリウッド仕様だとすごいわね
        あんな強さ見せつけられたらラドンもスタースクリームみたいに「へへへ…」って三下DOGEZAするわ -- イルゼ
      • ODでゴジラが…のシーンは吹替えだと呆然とした感じだったけど字幕だと逆ギレ気味だと聞いてダメだったにゃ
        初代でゴジラを殺す原罪を背負った芹沢博士が核を持ってゴジラを復活させるのいいにゃよね・・・ちょっと元気にさせすぎた、そりゃギドラも腰が引ける
        ラドン…ロダン?の三下っぷりは最高だった・・向こうでも結構いい割合で話題になる人気キャラになってるらしい
        というか左ギドラとか三下ラドンとか嫁気取りモスラとかアースマザーとか…怪獣たちのキャラがいい感じに立ってていい…
  • Amazonプライムビデオとかで再生するとデュアルディスプレイのかたっぽが消える・・・ふべん
    なので三つ目のモニターに別のシステムのからの映像を映し出そうと画策中・・・
    理想はswitchみたいにtype-C一本でドックとつないで投影しつつ切り離して手で持てもするタブレットだけど・・・いい泥タブがない・・type-CでもUSB2.0だったりするから厄介にゃ ちょうどiPadが古いものだからiPadプロに変えちゃってもいいけど出来たら8インチ程度のがいいのとつないだ状態でも操作に支障をきたさない、マウスが使える物がいい・・・
    今のiPadproが9月ごろにマウス使えるようになるかもって噂もあるからそれまで待ちかにゃ
  • スタアラ星のマルマル ストーンにぶつけるだけで手軽にシナジーが期待できる水や氷が強い
    この辺りを適当に組ませておけば画面が愉快な感じになる
    逆にバーニングレオは風としか組み合わせ出来ない上に↑押さないと組み合わせが発生しないからタイミングを見定めないといけないのが面倒くさい・・・頼みの三姉妹も風属性だけは対応してない・・・組み合わせや攻略を考えるとリックカインクーやグーイの方が優秀かもしれないにゃね
  • 流しつつ海獣の子供の予告編が面白そうだけど結構san値が下がった事を報告しておくにゃ
  •  
  •  

Last-modified: 2019-10-10 Thu 22:09:32 JST (7d)