exp037756.png名前ネル・ファーレント
性別
出身地旧ウォーノック統治領、ヴェルハイム
年齢17
RP傾向行き当たったらばったり
CV水橋かおり
企画帝国学園ロートガルデ
全身絵※頂きものです
+  ロケーション表。目安なので色々ご自由に

 <今週平日1時がデッドライン(たぶん)> Edit

お名前:
  • (学園の授業時間外。傭兵団内の仕事をこなす為に、郊外の危険地帯へ足を踏み入れた傭兵教師)
    (森の中で、何者かの気配を感じ取りそちらへ歩を進める)・・・あれは・・・ -- ジン 2024-05-22 (水) 22:06:57 New!
    • (ジンが森の奥へと進めば、どん、どん、と鈍く低い音が幾つもするだろう。そしてそのまま進んでいけば…そこには見知った少女が白銀の拳を振るう姿)
      せいっ!(気合と共に、またひとつ、どん、と重い音…。その一撃で吹き飛んだのは、スケルトン。野良の魔物なのだろう。足元には既に幾つもの骨の残骸が落ちている)
      ……ふぅ(と、残心を残しつつも息をつけば、辺りにはもう立つ骸骨の姿は居なくなる。そのまま辺りの敵意を少女は探る)
      -- ネル 2024-05-22 (水) 22:22:18 New!
      • (知ってる顔とはいえ郊外で彼女の姿を見かけて少し驚いた表情をしていたが、事が終わったのを確認すると)
        見事なものだな、ネル(周囲の気配を探っている様子を見て声をかけ、彼女の方へ。こちらに気づかれて変に構えられても困るからだったが) -- ジン 2024-05-22 (水) 22:38:49 New!
      • (ぴくり、と声がかけられる一瞬前に、残心を残す少女が反応した。そして)ごきげんよう、ジン様(微笑みを見せる。感じた気配には当然ながら悪意を感じなかった)
        …いえ、対したものではありませんよ。精々が小銭稼ぎの、準備運動程度のものでして…(そうして流石に大丈夫かな、と残心を解こうとした、その時)
        (ぶわり、と森の更にその奥から、強い、強い気配が突然生まれた。それは、大地から。びき、と地面が盛り上がり…そこから、黒い何かが現れようとしている)
        (ばっ、と少女はジンへ向けていた視線を切り、そちらを見る。拳を握り、構えたままで)…先生、ご注意なさってくださいまし。
        -- ネル 2024-05-22 (水) 22:49:10 New!
      • ごきげんよう(微笑に返事を返したが地面を割って出現する気配に気付き)
        ・・・準備運動ではなく本番はここからって事か?(頭を掻き掻きポケットに手を入れたままネルの元へ歩いて行く)
        (以前の冒険時に持っていたはずの槍はその身には無く)今日は一人で仕事のつもりが…予定外…
        (ひとり仕事で丸腰という何とも矛盾した発言をしつつ、気配の主の出現を待つ) -- ジン 2024-05-22 (水) 23:02:42 New!
      • …むしろ、帰ってからの筋トレが本番かな、と思っていたのですよ(などと軽口を叩く。視線は気配へ向けたままで)
        (そうすれば…地面から現れたのは、土。黒い土だ。ただし…2mはある大柄の、子供が土遊びで作るような適当な形をした、人型の)
        (ジンに感じられれば、その土人形からは強いマナを感じるだろう。そうでなくとも…その両目でも模したのか、瞳のような黒い石は敵意を持ってこちらを見つめているが)
        (そして、その黒き土人形が、動いた。ぶん、と無造作に腕を振る。すぐ横にあった立木がその一撃で砕け、大小の木の破片が飛んでくる)
        全く…私も予定外です。これ、多分無報酬ですよっ!(見たこともない魔物だ。姿勢を低くし木の破片を腕鎧で弾きながら土人形の懐へと駆ける)
        -- ネル 2024-05-22 (水) 23:22:16 New!
      • …悪意が形を持ってるみたいだな。わわっと!(土人形への感想を漏らしつつ大きめの木片を避ける)
        無報酬で相手にするにはめんどくさそうな相手だな(コートの裾をつまんで露出した顔をガードしつつネルの様子を見守る)
        ・・・(『速いな』と内心思いつつ駆ける彼女を見守る。一応彼女が危なくなるようなら手助けをする態勢は整えつつ) -- ジン 2024-05-22 (水) 23:38:51 New!
      • (土人形の全体的な動きは鈍い。が、少女の…特に白銀の鎧に視線を注ぎ、その一挙一動を、じ、と見つめていたものの)
        (流石に少女に肉薄されれば、反応して腕を振り下ろしてくる。その動き自体は鋭いものだ。しかし、少女は低くした姿勢から)
        …どっっせい!(アッパー。白銀の拳が土でできた拳とも呼べないような固まりとぶつかって、止める)
        (重い一撃だ。止めはしたものの、ぐぐ、と僅か押し込まれる。力ではあちらが上か、とそのままマナを回し…腕鎧の光玉を輝かせ)
        (力がみなぎる。土人形の腕を押し返して…はじき)…せぇあっ!!(伸びる力を活かしてそのまま右のハイキック。どず、と先の打撃音の何倍も重い音がして土人形がよろめく)
        -- ネル 2024-05-22 (水) 23:57:19 New!
      • よくゴーレムと力比べする気になるな…(自分でもやる気にはならないと眉を寄せて彼女の動きを見る。見た所、力負けは否めなかったが) ん…(彼女の装備品が光ると能力が向上したと見て取った、驚異的な力と流れる動きに感心し)
        流石だな…こりゃ手助けはいらんか(よろめく土人形に対してネルのトドメの一撃が加わりそうだなと察しつつ、それとは別に一応周囲に気を配っておいた。彼女に横槍を入れる輩が居ないとは限らないからだ) -- ジン 2024-05-23 (木) 00:04:58 New!
      • (土人形はゆらりと揺れた。そのまま、倒れてしまいそうにも見えたろう。だが…その石の瞳は、光る光玉を見ていて)
        (その瞳から……つぅ、と液体が流れた。それは、泥だ。どろりと流れる、人形を構成する土を濃縮したような、泥)
        (客観的には、そう、涙にも見えるだろう。歪とはいえ、人型をしているのだから。しかし、そんなことよりも何よりも)
        …!?(土人形が涙を流した。その瞬間、人形のマナが膨れ上がったのを感じた。半分カンで腕鎧を持ち上げ)
        (どずん。よろめいた姿勢のままからの、無造作な腕の振るい。技量も何も無い、それ。しかし恐ろしい速度で振るわれたそれは、重い重い打撃音を鳴らし)
        ぐっ…はっ!(まるでバットで硬球を打ったかのように、少女の身体が真横にふっとんだ。そして、太い木に叩きつけられ、肺の中の空気を一気に吐いてしまう)
        (そして…土人形は、ゆっくりと歩み始める。距離的にはジンの方が近いのだが…それを無視して、少女の元へと)
        -- ネル 2024-05-23 (木) 00:18:46 New!
      • ネルッ!!(内心『しまった』と歯噛みする。彼女がゴーレムに後れを取ると予測しておらず助ける事が遅れていたことに対してだ)
        (手を上に掲げると瞬時にその手の中に彼が普段使っている全金属製の槍が出現し)
        『神槍』!(掛け声と共にソイツを投げつけると風を切り裂きゴーレムの体を縫い留めるよう疾走する)
        (それとは別にネルの安否を確かめるべく全速力で彼女の元へ駆け寄っていった) -- ジン 2024-05-23 (木) 00:29:04 New!
      • ごほっ…(咄嗟のガードが間に合わなければ、下手をすれば致命傷になっただろうそれ)
        (衝撃に痛む身体を抑えながら、前を向く。油断はしていなかった、が、この力はなんだ、と。人形を睨む)
        (その時…彼の呼び声がした)!?(驚く間もあればこそ、いつの間にか生まれた槍。それが、飛ぶ)
        ジン様…!(何をしたのかは分からない、が…彼のその槍が、土人形の中心…胸の辺りを刺し貫き、かつ地面へと止めた)
        (がくり、と動きを止める土人形。そして…胸の土が崩れた事によって何かが見えた。それは、どこか、木の根を丸めたようにも見える、それ)
        (痛みを堪えてマナを探る。あの人形の力は、そこから発せられている。と。彼がこちらへ駆けている。危ない)
        (何故か分からないが、あの人形はこちらを狙っていた。彼を狙う前に、今、今決めるのだ)
        おおおっっ!!(更に、マナを回す。光玉の陽光のような黄色い光が強くなる。めきり、と四肢に力溢れ…前へと駆けた)
        (走りながら人差し指から小指、四本の指を僅か曲げつつ、突き立てるように伸ばす。それは『鹿の構え』それを頭の先へ添えるように)
        けぇぇっ!!(体ごと突っ込み、放った。それは、胸の土の割れ目から見えた黒く丸い木の根。それを能わず突き刺し…砕く)
        (そして、その瞬間…土人形は大きくぐらりと揺れ…その黒い土の身を粉々に砕けさせていった)
        -- ネル 2024-05-23 (木) 00:49:16 New!
      • (駆け寄る前にネルが立ち上がり地を蹴ると、既にケリはついていた)
        (粉々になったゴーレムの結果を見るより、彼女が立ち上がった事に対して)
        良かった…すまん、余計な事したわ(安堵して、加えて二重の意味で謝罪した) -- ジン 2024-05-23 (木) 01:13:48 New!
      • …いえ、ごほっ…助かりましたよ。ありがとうございます(と、消えていった土を見ながらも、微笑みを洩らし)
        ですが…流石にこのまま仕事継続は厳しいですね。…よろしければ、予定外に予定外を重ねて申し訳ありませんが、
        街まで付き添い、お願いしても?(たぶん腕にヒビが入っている。とガードした腕を下げたまま苦笑して言いつつ)
        -- ネル 2024-05-23 (木) 01:19:00 New!
      • すまんね…決戦前に要らんケガ負わせちまった(申し訳なさそうに謝りつつ)
        もちろん付き添いぐらいは幾らでもするけどな…ちょっと待ってな(下を見ながら暫く周囲を探す動作した後、身を屈めて気を何本か拾い上げ彼女の元へ)
        (コートの中からそれなりの長さの布を取り出し)・・・手甲外せるか?
        (問いかける。露骨に不自然なネルの動きである程度ケガの状態を察し、腕を固定させるつもりのようだ) -- ジン 2024-05-23 (木) 01:37:28 New!
      • いえいえ、この程度であれば家に帰ればメリア様が治せますから(お気になさらず、と無事な方の手を振り…怪我した方の手の腕鎧を外す)
        これはお手数おかけしまして…まあこの程度、筋肉で締めれば動かそうと思えば動かせますが(とはいえ、無駄に無理をしない方が良いのは確かだ、と腕を差し出す)
        (その拳は17の少女とはとても思えない、ごつごつとした節くれだった拳をしていて。積んだ鍛錬の厚みが分かるものだろう)
        // -- ネル 2024-05-23 (木) 01:46:18 New!
      • そうか、メリアはそういうのが得意だったな…けど、非戦闘時にそういう無茶するのは駄目だ
        (言いながらも素直に腕を差し出すメリアの腕を取る。未だ少女と言える娘の腕とは思えない鍛錬の証を確認はするが何も言わずに)
        (手早く添え木をして、手早く三角巾を裂いて包帯にした後余った分で彼女の腕を吊る)
        ・・・さて、じゃあ、帰るか?(外されたネルの腕の部分の鎧を手に帰路に付こうとする) -- ジン 2024-05-23 (木) 01:52:24 New!
  • (生徒会室、書類を前に計算中のネル様のようすを見守る…お買い上げいただいた手前例の羽ペンは役に立っているかそわそわしている模様。) -- パメーニ 2024-05-22 (水) 21:51:01 New!
    • (生徒会の書類をさらさらと軽快に赤い羽根ペンが舞うように滑っている。傍目から見てもそれは、書き心地の良さを感じさせるようで)
      ……ん?ふふ、お気になりますかパメーニ様。有り難く使わせて頂いてますよ。……自動書紀はまだ使ってませんが(と彼女の視線に気づいて、苦笑を浮かべる)
      -- ネル 2024-05-22 (水) 22:03:10 New!
      • ええ…安全防具もセットで必要だったかもしれないと…(自動筆記を使うのだったら防具も必要…とは思ったが、ネル様はすでに見た目にも頑丈そうな防具を持っているし。ふつうの羽ペンとして使う分には問題ないのは自分自身よく知っているのでほっと胸をなでおろす。) -- パメーニ 2024-05-22 (水) 22:10:43 New!
      • 大丈夫ですよ、これで炎の魔道具のようなものは使いますし、その手の扱いには少々慣れていますから(くすり、とそんな事を言って)
        実際、石版や鉄板にモノを書くことがあれば役立つのでしょうけどね……そのような方面で活躍したことはあるのですか?これ?(羽ペンをふりふり。局所的には役立つのではないか?という顔し)
        -- ネル 2024-05-22 (水) 22:34:54 New!
      • よかった…いままさに必要なものを必要な方に届けることができたのですね。(危険物取扱に心得がありケガをしたり危険なことはないと聞けば、売る相手を見る目は養われたのだと頷く。)
        そのほかにも金属の板を溶かし接着する工具としても使えるそうです、その分野ではけっこうな売れ方をしたそうなのですが『羽』の持ち主がギブアップしたので在庫は羽ペンのほうにしか…(『人気のある在庫品』という矛盾した品の種明かしは案外シンプルだった。本来想定された用途に使われない欠陥品と取るか、はたまた本来想定されていない用途においては天下一品であることを評価すべきか…といったところ。) -- パメーニ 2024-05-22 (水) 23:17:48 New!
      • 重いペンを使って筋トレ…というのも一興なのですけどね。やはり書き物で筋肉を鍛えるのは違いますし(と冗談めいて言いつつも)
        ふむ?となると…ペンではなく、羽根単体で溶接をする道具として売っていた事があるのですか?(なるほど、と思う。ペンとしては欠陥品ではあるが、そちらならば便利だろうと)
        しかし…羽の持ち主、とはまた興味深い言い方をなさいます。もしかしてこれ…魔術をかけてこうしたのではなく、天然モノの抜いてきたやつなのです…?(なのかな?と想像をして言ってみる)
        -- ネル 2024-05-22 (水) 23:29:41 New!
      • 暮らしの中に修行あり。…というのは修行のために暮らしをしているという本末転倒さもはらんでいるとか。(いつしかどうやったら修行になるかばかりを考えて暮らしがおろそかになってしまう、ネル様はその問題点を理解しているのをみてそんなことを。)
        ハーピィフェザーの名に偽りなし、ということです。(偽りがないというからにはその羽根の持ち主はハーピィである、それも炎を操るような…大きなくくりの人類とも言えるし、魔物であるとも言える…もしかしたらかなりイリーガルな商品なのだろうか?)
        なんでも、本人曰くお守りにもなるとかで…(工具、羽ペンときて御利益のあるお守りとしても売ろうというのか。早々にギブアップしておいて販路を広げることを諦めていないあたり相当金に困っている…?情報が増えれば増えるほどナゾも増えていく…) -- パメーニ 2024-05-22 (水) 23:43:03 New!
      • …やはり…(と、手の羽ペンを見る。その見事な紅い羽根を)ハーピィ、という者は私は見たことはありませんが…このように美しい羽根を持っているのですね…。
        (そう言われれば見る目も変わる。いつも綺麗だとは思っていたが、より生き生きとそれは輝いているようにも見えてくる、と微笑み)
        お守りに、ですか。ふふ、確かにこんなに綺麗な羽根ならそうなりそうですね。ですが…そんなに売るほど抜いてしまって…御本人は大丈夫なので?
        (少なくともそんな事を言うのであれば無理にやらせている、とかではないだろう、とは思うものの心配になってしまってちょっと恐る恐る聞く)
        -- ネル 2024-05-23 (木) 00:04:54 New!

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


 【設定】 Edit

  • 外見
    • 身長 164cm
    • 体重 おもめ
    • 黒髪、赤紫色の瞳、筋肉質
  • 主人
    幼少の頃よりメリア・ウォーノックを主人と定め、そのメイドとしてあらんと努めている。
    その意識の現れか、寝るとき以外はほぼずっとメイド服を着ている。学校でも。
    制服は持っている。持っているだけだが。
  • 学業
    身体能力が高く、体を動かす部類の授業においては優秀な成績を残す
    しかし座学においては並以下のドベよりマシという程度。
    授業態度なりは真面目ではあるため全体的な成績としては中の上と言った所。
    様々な戦闘技術を学ぶため、専攻分野は戦闘技術科となる。
  • 魔術
    さっぱり。知識としてはそれなりに備えてはいるものの、実践がメタメタ。
    かろうじてマナの感知、操作は上手いが術式が作れないため無用の長物。
    苦手を克服しようと勉強を頑張っている。
  • 能力
    ゴリラ。その力こそゴリラ。基礎的な身体能力が高いが中でも非常に筋力が強い。
    過酷であり苛烈である鍛錬によって得た、同世代の人間の少女が持ちうる体構造、バランスとしては
    限界に近い筋力を持っている。メイド服で見えづらいが。具体的にはりんごを普通に握りつぶせる。
    そのためか、外見以上に体重がずっしり重いのが密かな悩み。
    ウォーノック式格闘術を納めており、その力を持って敵を撃滅する。
  • 白銀の鎧『パルメムブラム』
    ほぼ常時身につけている腕鎧と足鎧のみの白銀の鎧。自らの一族が仕えていたウォーノック伯爵家に
    代々伝わっていたもの。神代の時代において、故郷で信仰されていた善神より賜ったとされている。
    表面的な特徴としてはやや白味がかった銀で出来ているように見えるが、通常の銀とも違う特殊な金属で出来ている。
    マナを込めることによって装着者の身体能力を高める、光を放出して弾として放つなどの機能を備える。
    また、詳細は不明であるが、稀に装着者の精神に感応し反応することがある。
    なお、サイズは着る者に合わせて大きさを変え、長く着けていても蒸れない匂わない便利仕様。
    • マナを込めると腕鎧に嵌め込まれている光玉が輝き、力を増す。込め方によって力の発露は変わるが、
      基本的には膂力を高めることが多い。込めれば込めただけ力の出力は高くなる。
      • 通常、パルメムブラムにマナを込めると腕鎧の光玉は陽光を思わせるような黄色い光を放つが、
        稀にマナを込めずとも鎧が反応し、白い光を放つことがある。その際はマナを込めた時よりも飛躍的に出力が増大する。
        ウォーノック家の歴史上、過去にも幾度か例があった現象だが、原理はよくわかっていない。
  • 住まい
    上京するまでは故郷のこぢんまりとした素朴な小屋に主人のメリアと一緒に住んでいた。
    今は帝都の外れにある2DKの安アパートにメリアと住んでいる。
    2つの部屋がそれぞれメリアとネルの部屋となる。自分の部屋くらい自分で掃除するというメリアの
    申し出を強行突破して部屋全体を几帳面に掃除している。
    • アパートの所在はスラム街にほど近く、近辺のスラムを支配するならず者の縄張りのすぐ外である。
      そのため帝都の警備兵が他の場所に比べかなり多く、軽度の治安の悪さはあるものの総合的には安全度が高くなっている。
    • アパートそのものは3階建ての木造建築。年季は入っているが頑丈な作り。
      いざというときのため他の住人とは何事かあればお互い知らせ助け合う協定を結んでおり、
      生活時間帯の違う外国人もまま居るためある意味では24時間の監視体制となっている。
    • 周囲の壁や柵にはネルお手製の鳴子を設置してある。正面以外から下手に忍び込もうとすると鳴る。
      風が強い日はそれだけで鳴ったりして住人に評判が悪いので代替策を思案中。
    • 部屋の内装は質素なもの。リビングにはテーブルと椅子があり、キッチンには永久氷片を使った
      保冷器がある。端的に言えば電源不要の石製冷蔵庫である。
      • ネルの部屋には、ベッドにタンス、数々の掃除用具や、筋トレグッズが置いてある。
        それと用意したものの一度も着た形跡のない制服なども。
      • 生徒会の腕章が置かれている。学園でつけている予備らしい。
      • ヒョリミの首毛で作られた卓上ホウキが置かれている。ふさふさ。
      • バニー部の催し物でもらったウサ尻尾がインテリアのように飾られている
      • メリアに冬迎えの祭りでもらった赤い樹の実と黒と赤紫のビーズのブレスレットが大事に保管されている
      • セーフルーム
        ベレグリエルが彼女の魔法で作った、緊急の際に中に避難できる人2人分くらいの黄金の根を籠状に編んで出来た空間。
        稼働時間は三時間ほどで、内部の人間がマナを込めれば稼働時間が伸びる。普段はリビングの床に埋め込まれた
        黄金の欠片としてひっそりと設置されている。なんでも魔王の襲撃をも凌げるのだとか。きらきら綺麗。
      • ボーンモーニングスター
        生物部の活動で退治した魔獣の火熊の骨を使って、死霊術師のソフィが作成した骨で出来た武器。鋼鉄よりも重く耐熱性が高い。
        鉄球に当たる骨球部分は頭蓋骨を元にしていてネルの頭より少し大きいくらい。鎖は脊椎を靭帯が繋げ、持ち手は鎖骨でできており、
        骨球には肋骨を棘として伸びている。みためえぐい。骨球の内部には炎の魔石が仕込まれており、
        ネルの髪や爪で魂をリンクした事によりその意思で魔石を起動。トゲ部分から炎の噴射を行い単独での加速が可能になっている。
        加えて鎖部分も小噴射を行えるため、普通に振ったのではありえない挙動もできる。
      • ボーンスローイングダガー
        生物部の活動で退治した魔獣の火熊の骨を使って、死霊術師のソフィが作成した骨で出来た武器。鋼鉄よりも重く耐熱性が高い。
        五本ほどの、火熊の指の骨から出来ている魔骨ダガー。基本は投擲用武器だが、もちろん短剣としても使える。
        こちらも魂をリンクしているので炎の魔石により、柄の部分からジェット噴射が可能。すごい速度になる。
        モーニングスターもだが、欠けたりした際は骨粉を塗れば修復ができる。
      • ドラゴンボーンバトルアックス
        リーヴに依頼し獲得した古龍である結晶龍の竜骨、その頭蓋骨部分を死霊術師のソフィが儀式により武器化した戦斧。竜骨大戦斧。
        ネルの身長ほどの全長、幅広く分厚い斧腹を持ち盾としても使えるが、普段はそこに刃が無い鈍器のようなもの。
        刃が必要となれば魂のリンクにより、結晶龍の力である金属結晶を生成・成形することにより刃を生み出す。
        金属結晶は一時的にしか存在できず、しばらくすると崩壊。竜骨へと吸収されて回収される。
        普段はプレスティア商会のハイテク(錬金的に)地下倉庫に保管されており、生体認証を突破でもされなければ実際安心。
      • ハーピィフェザー3-60F
        パメーニから買った、鮮やかな紅い羽根が特徴の羽ペン。書き心地もよく、大きさの割にかなり軽くいっぱい書いても疲れない。
        更には自動書記モードが搭載されており、独りでに文章を書けるのだが……動く際に炎を出すため、紙には書けない。おのれ。
        販売元曰くジョークグッズとのことだが普通に書く分には良いものなので書類仕事には良くこれを使っている。
        炎自体は空中に残り、自動で飛ぶため簡易的な追尾火矢としても使えるかもしれない使えないかもしれない。
      • ファイアボルト3600型
        ココナちゃんの不思議なダンジョン(正式名称)にてメイドの試練?を突破した際に貰ったご褒美。プレスティア商会製。
        ホウキとしての質もさることながら、集めたゴミを吸引したり、その吸引したゴミを燃やしたりもできる夢のようなホウキ。
        重心バランスまで気を使い設計されており、長く使っていても負担を感じないのはプレスティア商会の技術力が伺える。
        これのお陰でゴミ捨ての頻度も減りメイドは大層喜んだという。
      • セラフ1200型
        ココナちゃんの不思議なダンジョン(ながい)にてメイドの試練?を突破した際に貰ったご褒美。プレスティア商会製。
        ふわふわした布を先端に持つハタキに見えるが、精霊の力を擬似的に錬金術で再現し、周囲に風を起こしてホコリを集める機能をもつ。
        ホコリや類似するゴミに反応するように作られているので、残念ながらハンディ扇風機のようには使えない。無念。
      • ウンディーネ式万能ダスター
        ココダン(略称)にてメイドの試練?を突破した際に貰ったご褒美。プレスティア商会製。
        通称バケツ要らずで親しまれるダスター(ふきん)。一見ただの雑巾だが、その布の繊維には特殊な錬金糸が編み込まれており、
        その錬金糸から水が染み出すのでわざわざ水に浸けなくともよく、更には汚れそのものも軽微ではあるが洗浄してくれる。
        見た目的にちょっとカラフルな雑巾に見えるので、将来うっかり捨ててしまわないか少し心配。
  • 故郷
    旧ウォーノック統治領、ヴェルハイム。帝都から遠く離れた東方に存在する、
    白の森から少し離れた場所にある『黒の森』を望む厳しい土地。かつてはウォーノック家が統治していた土地だが、
    現在はゼイム国の直接統治となっている。厳しい土地柄からかゼイム国内としては珍しく神への信仰が比較的厚い土地柄である。
    • 黒の森
      ウォーノック城館跡の先に広がる森。瘴気溜まりがたびたび発生し、魔族の出没が頻繁にある土地。
      植生も瘴気に影響されているのか黒色が濃く、その色によって作られる森は黒黒としており、黒の森の名はそれに由来する。
      土地に伝わる伝説の一端に、この森はラルグニアがかつてパルティニアと戦い倒れた際の遺骸から出来たとされる。
      今は廃墟と化した城館はこの森から現れる魔物を抑え討つための前線基地だった。
  • 『彼耀のパルティニア』
    ヴェルハイムに伝わる善神。彼耀/かよう、と読む。かつては信仰者も多かったが、今となっては信仰する者も数少ない。
    ウォーノック家およびファーレント家はその数少ない信徒でもある。
    • ヴェルハイムの地ではパルティニアが司る権能は『未来』と伝わっている。幾年かに一度、ウォーノック家を中心に祭礼を開催し、
      実りある未来や安らかな未来を願って祭りを執り行っていた。現在はウォーノック家が実質存在しないため、規模を縮小して続けられているという。
  • 『彼影のラルグニア』
    ヴェルハイムに伝わる悪神。彼影/かえい、と読む。遥か昔ヴェルハイムの土地地で力を振るったとされ、
    パルティニアと敵対していたようだが、パルティニア以上に文献や口伝が少なく、土地の者でもこの神に詳しい者は稀である。
    • ヴェルハイムの地ではラルグニアが司る権能も『未来』と伝わっている。情報が少ないため、詳細は不明だが
      彼の悪神を知る者は我が身に降りかかる不吉な未来を恐れその名を忌むという。
  • ファーレント家
    ウォーノック伯爵家に代々使える使用人の血筋。また、魔族との戦いを常とするウォーノック家に仕えていたため、
    戦う術についても備え、使用人としてだけではなく、戦力としての戦士としての面も備えている。
  • その他もろもろ。
    • 掃除洗濯などの家事全般を卒なくこなす。が、料理に関してはメリアに一任している。お互いの胃を守るためである。
    • 料理に関しては致命的だが、お茶を淹れることだけはメリアよりも上手い。
    • 掃除道具を集めるのが趣味。小物から大物まで色々と集めて悦に入っている。
    • 筋トレも趣味と実益を兼ねて色々と行っている。でも案外脂肪も乗ってる。筋肉だけの身体は弱い、弱いのだ。
    • 緊急時用に、マナを込めると鳴る小鈴を身に着けている。メリアの持つ同様の小鈴と対になっている。
    • もふもふとした可愛い生き物が好き。特に猫好き。あからさまに可愛がるのは少し恥ずかしいと思っているのか、
      普段は抑えようとしているが割と抑えきれてない。過去に何かあったらしく犬はちょっと苦手。
    • 全般的に大体のものは食べるが、特にバナナが好き。それと肉全般が好き。セロリは苦手。
    • 歌が好きであり、余裕のある時はメリアとハルミニス歌劇場へと足を運び観賞していたりする。
      歌うのも好きではあるが、照れくさいのか余り歌わない。
    • ゼイム東方の田舎であるヴェルハイムで生まれ育ったため、一言で言えば田舎者である。
    • 数学なりが得意という訳ではないが、さして裕福ではない暮らしの中で身につけたのか、節約上手。家計簿もつけている。

 肩にちっちゃい飛龍乗せてんのかい! Edit

メリアの中の人とは別の人です

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  •   -- 2024-05-22 (水) 20:40:07 New!
    • 闘争、選んだらどうなるんですかねこれ? -- ジン 2024-05-22 (水) 21:43:36 New!
      • 時と場合で色々ですが、基本的は郊外で私が魔物退治している所に出くわす、というイメージですね。
        戦闘できそうな方が選んだ場合は大体共闘になるような感じかなぁ、と(私はおまけ…になるかなならないかな、という感じ) -- ネル 2024-05-22 (水) 21:59:06 New!
      • なるほど。戦闘したい側ではなくむしろ見たい側だったのですが
        お手数じゃなければやってみましょう -- ジン 2024-05-22 (水) 22:05:04 New!
      • 出だしはこんな感じでよろしいですかね -- ジン 2024-05-22 (水) 22:07:09 New!
      • あ、もちろんそれでもOKです(見てる)。なので可能性、という感じなので。ではその方向性でいってみましょうかね。 -- ネル 2024-05-22 (水) 22:08:47 New!
      • (私は弱点として木の根っこの固まりのような心臓が胸にあるとしていたのに、それを描写し忘れましたの札を下げる)
        なので槍を投げてくれて二重の意味で助かった訳ですね(めそらし) -- ネル 2024-05-23 (木) 00:52:15 New!
      • そして時間的にデッドを越えてデッドリードライブになってきましたのでスヤァさせて頂きますねー(スヤァ) -- ネル 2024-05-23 (木) 01:47:36 New!
      • お疲れさま。次で終わりでしょうし明日にでも占めてください。お休みなさーい -- ジン 2024-05-23 (木) 01:52:57 New!
お名前:

Last-modified: 2024-05-14 Tue 01:56:02 JST (9d)