Edit

黄昏の時の中に於いて尚薄暗いその遺跡は佇む

100年と共に遺跡の纏う闇は更に濃く、暗く

いつか内より開かれるその時をただ待ち続ける

遺跡主/老いた魔物の遺跡FA

 *おおっと* Edit

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • -- 2019-04-29 (月) 23:07:33
  • (いざ戦闘になればパーティメンバーを召喚するということにして、とりあえず遺跡を訪れる)
    おぉ、なんかラストダンジョンっていうより、DLC的な追加ダンジョン感あるね此処。屋台とかあるし、セーフルームかな。セーブとかアイテムの整理とかできそう -- 歪歪 2019-10-12 (土) 12:09:02 New
    • (秋に入りこの魔界への門と言えども季節という概念は存在するのか僅かに足元に散った葉や周囲の草花は黄色掛かっている)
      (そして白い毛に覆われた丸い魔物の屋台にも…単純な機構だがしかし先進的なガラス張りの保温器の中に東国の饅頭が温められた状態で収められている)
      (ガラスの中の饅頭がまばらに配されているのはこの昏い地にも人通り…もしくは魔が通るのかある程度売れている事を匂わせる)
      (白い魔物は女の言葉に反応して)道具の管理は1日金貨1枚だ、セーブ…ってよりかは浅層及び加盟している中層の一部までの救出、救命の契約書はあるぜ
      こっちは1回潜る毎に金貨5枚、割と粉々になっても助かるから冒険の素人さんにはオススメしてるが…腕はもう十分そうだな
      (間の抜けた顔をしているが商人ではあるのだろう、歪の腕前は中層以降も通用すると言っているようだ) -- ももんじ屋の店主 2019-10-12 (土) 19:28:31 New
      • (旨そうだねー……と饅頭を見るも、今は腹ごしらえをしている場合ではない。後ろ髪ひかれる思いだが、目的の魔翁との決戦を目指して進むのを優先する)
        救命はまあ、大丈夫かな。こっちの方で何とかできると思うし。……ちゃんと転送装置が機能すればいいんだけど。うーん
        やっぱり、契約書交わしとこう。バラバラになっても大丈夫って地味に凄いね
        ──とりあえず、ここ(暗黒の洞窟を指差し)進んで行けば、あのおじいちゃんに遭えるんだよね? -- 歪歪 2019-10-12 (土) 19:49:39 New
      • (ケースには肉まんにあんまんにカレーまん、季節の柿とクリームチーズまんなる物がシールで貼ってある)
        (おどろおどろしい地だがしかしこれらの品が当たり前に普及している文明的な地がある事を感じさせるだろう)
        (書類を取り交わしつつ)それだけ中が外とは違う存在に支配されてるって事さ、魔界で死ぬ以上地獄に落ちたも同然なんだから魔王の胸先一つだろ?グワッグワッ(鳴き声…というか笑い声の様だ)
        (書類に何か魔力のこもった判子を押す直前おじいちゃんと聞けば不思議そうにし…)そのお爺ちゃんが大魔王様ってんならあっちだな(そう指差した先は正面の入り口ではなくそこから壁沿いに行った木の扉だ)
        いや他にもお爺ちゃんは沢山居るけどなここ、ソヨゴのとこの賢者とか闘技場経営してるジジイとか -- ももんじ屋の店主 2019-10-12 (土) 20:05:55 New
      • (名残惜しそうによだれを拭き、契約費を支払う。後で追加合流するかも?なパーティメンバー分も交わしておく。おそらく2名)
        あ、そっちなの? おっけー。……色々いるんだここ。なかなかおっかないね。ま、いいや。それじゃ、教えてくれてありがとう
        (2振りの刀を携え、黒のツインテールを揺らしながら、木の扉に向かう) -- 歪歪 2019-10-12 (土) 20:10:00 New
      • まー一応魔界だからな、それでも俺みたいなのがこうして商人やってられんだから住みやすい方だたぁ思うぜ
        (一応ポンポンポンと3枚分判子を押しておく、大魔王と戦う以上は正に胸先三寸といった所だがそれでも多少の保険となるだろう)
        (ももんじゃに見送られて着いた木の扉は作りそのものは正面の大門とさほど変わらない、読み解きにくい奇妙な転移の術式により何処かに運ばれるのだろう)
        (ただ何処かの多種多様な種族を血に持つ少女の角を組み込まれ多様性を持たされた正面門とは違いありふれた木の扉はただ一箇所にしか向かわないようだ)
        (当然それは女の望む先ではあるが…扉に触れ僅かに押し込むだけでぐるりと世界は反転しその地へ誘うだろう) -- ももんじ屋の店主 2019-10-12 (土) 20:24:31 New
      • 魔にも秩序がある、って感じ。よきよき
        (入口に辿り着けばニイと唇を歪め、マサムネブレードを抜刀。扉に手を当てて、力を込めた。気力・体力に加え、装備も充実)
        (果たして、意気揚々と進む女の結末は──) -- 歪歪 2019-10-12 (土) 22:48:33 New
    • (木の扉を抜ければ歪は赤いカーペットの上に立っていた、身に纏っている機器や術式からそこが既に異界…魔界の一角であると気付けるだろう)
      (そこは石造りの広間でありカーペットは最奥の玉座まで続きその両側を燭台の上に浮かぶ光球が照らす)
      (勇者による冒険譚などに胸を躍らせた者ならば誰もが見た事があるであろう光景、当然最奥の玉座に座すモノは邪悪な存在だ)
      (それを示すように老いた魔物が歪を見下ろしている…女はこの魔物を知っている、金眼の瞳、白を基調とした衣服、相違点はその片方が欠けた黒い角)
      (世が黄昏に満ちて尚黄金の時代の神秘を湛える老魔は静かに…しかし隅々にまで響き渡る王の声を以て語り掛ける)
      我が名は大魔王アキベドル…あらゆる闇を以て光を降し天頂へと挑まんとする者である
      その姿を見ればそなたの目的は察せよう…だが金羊の隣人である以上一先ず問わねばな
      余に挑むとあらばそれに見合う覚悟と力量を持っていると余に誓えるか
      (とても冷たい声が歪の耳へと響く…覚悟無き者であればそれだけで魂に恐怖が根付く魔性の問い) -- 老いた魔物 2019-10-12 (土) 23:34:57 New
      • (まごうことなき、『魔王』! 魔性にとっては絶対的な存在。見上げ、目を見開き。菫色の瞳は鋭い眼光を放つ)
        (未来の技で鍛えられた白刃が力強く輝いた。そして臆することなく)
        ……誓う!
        覚悟の方は、ね。力量はこいつでカバーだよ(取り出した水晶のような掌サイズの板に浮かび上がる何らかの文字)
        闇と地の魔力をその小さな体から噴出させている少女と)
        腕に装備する杭打機と大きな銃を持った全高2m程のリビングアーマーめいた自律機械が眩い光の渦から出現!3人PTで挑む模様!) -- 歪歪 2019-10-12 (土) 23:52:50 New
      • 良かろう…徒党を組む事で生まれる力というものを余は否定せぬ、かつて余の同胞達もその力によって討滅された
        (過去を思い返したのか自嘲気味な笑いが響けば老魔は立ち上がる、その背丈はフェイスレス程ではないがそこから放たれる圧はまるで空気に強い粘性が纏わされたかのようだ)
        では前口上も済ませた事だ…始めるとしよう
        (その場から足を動く事は無くただ人差し指を三人に向ければ唐突に強烈なオゾン臭が発生する事に気付くだろう)
        (フェイスレスであれば突然大気中に強烈な電圧が発生した事が、他の二人であれば瞬時にその場を包むように膨大な魔力が発生した事にも)
        これで死ぬような真似はしてくれるなよ?(瞬間発せられる球体の巨大な電気、直後にそれは強烈に弾け辺りに電撃を撒き散らした) -- 老いた魔物 2019-10-13 (日) 00:17:08 New
お名前:
 さあ我が腕の中で  息絶えるが良い!http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp014458.png 
&br; &size(){}; &ruby(){}; \/ ''''

概要 Edit

大体の事はこちらに

  • 100年前の遺跡との違い
    • 石の扉横には「ももんじ屋」という古ぼけた看板が掛けられた小さな屋台が設置されている。
      店主はアヒルの口、鶏のとさか、大きな尻尾を持つ魔物だが100年前の個体とは異なり、
      その孫であるが能力や会話能力共にさしたる差異は見られない。
    • 屋台で売られている商品内容も変化は殆ど無いがご飯のお弁当とパンのお弁当が追加されている。
    • それ以外の事は100年前とは特に違いは無い。

+  100年後でちょっと違ってたり一緒だったり人だったり文物だったり
+  100年後の来訪者
exp033850.png
  • その他遺跡主などについて
    • 100年前と何ら変わる事は無く純白の髪とあらゆるモノを焼き焦がすような金眼、並々ならぬ巨躯を誇る
      相変わらず見る者によっては生粋の悪種、人類の天敵である大魔族としての気配を放つが、
      この100年の間に人類種に対して攻撃的な行為は「おおよそ」観測されていない。
    • ただしレイネスと呼ばれる一族のとある魔術師など一部の者には圧を掛けるなど時折干渉を行っている。
      それらは猫の王国を生み出した経緯とも繋がりがあり「レイチェル」、「レイン」という実力者を得られなかった事が原因とされている。
    • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087778.png
    • 迷惑なほど頑固
  • 名の由来は「正義」の花言葉を持つルドベキアの逆さ読み。
    • 憎むと決めている神族に於いてただ一人尊敬出来る女神が花の名を持つ為肖っている。



相談やら何やら用 Edit

お名前:
  • (台風直撃コースの為先に不慮の文通スイッチを置いておく) -- 老いた魔物 2019-10-12 (土) 19:30:46 New
    • (無事通り過ぎてくれればいいのですがー……とこちらもスイッチON※西側なのでもう安全圏っぽいですこっちは) -- 歪歪 2019-10-12 (土) 19:43:03 New
      • (そちらが無事ならば万事良し!こちらは対策はバッチリなのでご安心を、反応が消えたら停電なぐらいです) -- 老いた魔物 2019-10-12 (土) 19:52:11 New
  • -- 2019-04-29 (月) 23:07:42

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2019-07-10 Wed 00:23:40 JST (98d)