学園教師 ユミル Edit

名前ユミル・ティア・マルグレット(ユミル)
性別
年齢不明(少なくとも1000歳以上)
出身地とある港町(既に無くなっている)
役職教師
科目実技指導他
種族人間
企画企画/Holy Nightmare High School
RP方針動きたい
好み楽しい事、美味い食事、美男美女、職権乱用
苦手無し(自己申告)
編集:info/HNHカレンダー
3月(西暦 2019-08-21)
NEXT :

三行説明 Edit

年齢4桁以上のロリババアが
学校で
職権乱用

お知らせ Edit

ふふふ、これは予定がまったく定まらないのサインじゃよ…(トントンカチャカチャ


コメント Edit

お名前:
  • 引き継ぎも終わりましたので挨拶回りに来ました、杓子定規となるがこの一年共に働けて何よりでした
    貴方からは大海を知る良き機会を得られた…幾年の内かに必ずやかの外なる法を切り捨ててみせよう
    その為に貴女に教えておかねばならぬ事がある…額をこちらに向けては貰えぬか? -- ターゲス 2019-04-22 (月) 23:41:36
    • あら、貴方も卒業しちゃうの?それは残念…貴重な実戦データの取れる相手だったのに
      ふふ、ええ、待ってるわよ…まあ私もその頃にはもっと強くなってるけどね
      ん?何かしら…(言われた通りに
      -- ユミル 2019-04-24 (水) 02:11:08
      • 元より一年の予定で情報収集に訪れていたのでな…目に余る事態があらばそれが済むまでと余裕は持たせてはいたのだが
        (それはつまり問題を残す事無く一年を過ごせたという事だ、問題そのものはあったのだろうが無事それも済ませたと)
        失礼(額を差し出されれば剣を握り続けて固くなった無骨な指がユミルの額を撫でる)
        (するとこの男が所属する魔界の入り口、階層等の知識、そしてそこに至る為に転移門で必要な縁がユミルに流れ込んだ)
        魔界に戻るとどうしても連絡が取りづらくなるのでな、自身の術の進捗を確かめたい時にはユミル先生から訪れてくれると助かる
        それでなくとも様々な文化が入り乱れ旅行に向いた世界が多い魔界でも在る、知っておいて貰って損は無かろう -- ターゲス 2019-04-24 (水) 02:20:58
      • そう…ならもうちょっと派手にはっちゃけといた方がよかったかしら、貴方も残りやすかっただろうし
        (なんて冗談めかして言った直後、額に当てられた手から流れてくる知識)
        …へえ、これはつまり、デートがしたかったら私から来い、ということかしら?(意地悪く笑うが、意図は汲んだのか)
        ふふ、運動がてら気が向いたら遊びに行くわ…貴方なら心配ないとは思うけど、元気でね
        -- ユミル 2019-04-24 (水) 02:30:14
      • その場合は私が動くのではなく校長先生による査定が動く危険があっただろうな(などと珍しく冗談を返し)
        観光案内の様な形になるがそれで良ければ(やはり不意打ち気味に冗談で返す、別れを湿っぽくする性質ではないのだろう)
        ありがとう、ユミル先生もお元気で…やはり今の貴女の方が魅力的だ、嗜まれるならば兎も角酒に頼らぬように
        それではまた(最後に別れの握手を交わせば男は去っていった) -- ターゲス 2019-04-24 (水) 02:41:03
      • (一気に笑みが引きつる)…あんた、剣より口の方が実は上達早いんじゃない?
        ふん、ただ行くだけじゃ面白くないしどうせならあんたのとこまでの道中も楽しませてもらうわ
        せいぜい派手に持成すよう仲間に言っておくことね…だから、一言多いのよ全く…
        ええ、また(まるでいつも交わすかのような軽い挨拶で、ターゲスを見送る…それが彼の望む別れ方だろうと知って)
        -- ユミル 2019-04-24 (水) 02:49:02
  • 先生っ ソティスちゃんには振られてしまいましたが
    なんだかんだ2年の猶予期間が出来たっぽいので呑みに行きましょう
    (檻無しでばいんと登場し) -- オリヴィア 2019-04-18 (木) 23:31:21
    • むっ!ってオリヴィアではないか…おお〜、とうとう檻から出てこれたのじゃな…
      檻がないのが新鮮過ぎて一瞬誰か迷ったぞ!
      ふふ、何じゃ自棄酒か〜?
      -- ユミル 2019-04-19 (金) 00:10:31
      • はい おかげ様でこの通りに (枷無しの衣装でくるんっと回って)
        ちょっと一年の殿方に手を出してしまいましたので
        丸2年ほど 自主的に学園生活を間延びする感じに?
        あ 奢りの約束はまだ生きていますか? -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 00:25:55
      • (その時ババアに電流走る)
        お主…できたのか…!?(小指を立てて)
        う〜む、まあOKじゃ!アレ?奢りじゃったっけ…まいいか!
        さあてそうなるとどこ行こうかの…お主リクエストとかあるか?
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 00:32:00
      • ふふふふっ 見つけましたよ 私の勇者様を (ガッツポーズ)
        でしたでした(たぶん)
        (後ろからユミルの肩ぽん ぐいぐーい押しだしながら)
        奢りですしー 我儘言い過ぎてもいけません 先生のおすすめ スポットでよろしいですよー -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 00:41:06
      • いやーしかしお主が一番か…わしゃ大穴でぴよ助に賭けて…げふんげふん
        うし、そんじゃあ…あそこにでも行こうかの
        ほれ、ついて来い(空間をどっかに繋げてその先へ)
        (歪んだ空間の向こうは暗いバーのような店内が見える)
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 00:50:02
      • なるほど 先生の行きつけ?
        (謎空間をくぐれば いえーいとカウンター席に陣取り)
        (バーテン?に話しかける)
        はい (指パチン) 先生の酔い潰れエピソードを一つ  -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 01:00:16
      • 「はいは〜い、ええとですね、ユミルさんは普段から酔ってますが本格的に酔っ払うと
        異性をパパやママと呼ぶ様になってですね、一度家族のいる同僚にやっちゃったうえ、運悪く奥様がここに」
        (にこやかに答える羊の角が生えた女性、他に誰かいるようには見えない)
        わー!!いきなり何聞いてんのじゃ!?そしてお主も客のプライベートを普通に暴露するでない!
        ええい油断も隙も無い奴め…
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 01:08:21
      • あらまぁ パパはまだしもママも異性なんです?
        ・ ・ ・ (ぽく ぽく ちーん) 結構ふくざつ?
        (ひそり) 大丈夫です先生? このお店ゆるゆるですわよ -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 01:21:26
      • 「一応女性をママと呼びますが、見た目それっぽければ男でもママ呼びしますね〜」
        貴様ー!!ええい違う!わしの両親は普通じゃ普通!!
        (ひそひそ)見てのとおり何もかもゆるゆるじゃが店の雰囲気と出す酒と料理だけはぴかイチでな…
        「聞こえてますよ〜、はい、ご注文のジントニックで〜す」
        待て、わし等まだ何も頼んでおらんぞ!?
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 01:26:25
      • なんだがっかり そんな奇跡の結晶が先生なのかと 思いましたのに
        あ〜 なら仕方ないですね
        (角の女性に向かって) 許します!
        貴方とシェフに 乾杯 ですわ
        (気にせずトニックを受け取り 乾杯) -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 01:34:51
      • もしそうだったら流石にわしもっとグレてると思う…
        「許されました♪、カンパーイ☆」
        だからなんでお主まで酒持ってるのじゃ!?まあいい…そうじゃの、では
        乾杯じゃー!!
        ふふ、いやーしかし…正直一番叶いそうに無い約束だと思ってたんじゃがなー
        で、お相手の王子様は誰なんじゃ?
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 01:43:28
      • えーっと そのー シャオロン君ですっ (きゃあっとてれてれっ)
        ほらあの一年生で? 赤い髪の
        いつもバンダナしたラーメいえ 宝貝屋さんの
        結構いっぱいの宝貝さんに囲まれてて
        血の繋がらない妹さんもいらっしゃる?
        だいたいすました顔なんですが
        意外と笑顔がカワイイ
        あと あれですねぇ 困った方をほっておけないタイプのようで 手広く顔も広いようで
        いつか悪い人にころっと騙されないか少し心配な感じの
        ね?  -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 02:01:42
      • なんと、あ奴か…ああ、知っておるぞ〜、わしも試しに宝貝使わせてもらったりしたしの
        ほうほう、うむ…うむ…(あ、これ惚気長くなりそうじゃな…)
        う〜む、サバサバしてると思ったが結構惚れると燃える性質じゃのうお主…
        (ちなみにバーテンさんは惚気の気配を察知した瞬間厨房に引っ込みました)
        で、馴れ初めはどうなんじゃ?やはり檻がらみか?(惚気地雷とわかっていてもそのあたり気になるババア)
        -- ユミル 2019-04-19 (金) 02:10:23
      • んー 馴れ初めはいつ だったでしょうか? 彼は新入生でしたしねぇ…
        やっぱり入学式からになるのかしら?
        あっ こんな話はもっとお酒を入れた方が…
        (ぱちんぱちん ガンガンお酒の追加注文をしながら)
        (続く惚気トーク)
        (ユミル先生が酔い潰れてママ呼びするくらいまで頑張りたい 頑張りましたとさ) -- オリヴィア 2019-04-19 (金) 02:24:58
      • (ガッツリ酔い潰れて翌日気づいたら部屋に戻ってたって話だ) -- ユミル 2019-04-19 (金) 02:29:26
  • -- ユミル 2019-04-07 (日) 00:04:11

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

編集
&color(#470168){ };
&br; &size(){}; &ruby(){}; \/ ''''


設定 Edit


外見 Edit

  • 一見すると金髪ストレートロングの少女
    • 白いドレスのような服を着ており頭には常に小さな王冠を載せている。
    • 服は季節や行事で変える、別に拘りはないが大事な時やここぞという場面ではゴシックタイプの服装をする。

性格 Edit

  • 常に尊大な態度で接してくる上、テンションが高く非常に喧しい。
    • 負けず嫌いでもあり、どんな勝負であれ負けそうになると平気で卑怯な事をする。
      • それでもなお負けると大抵泣いて駄々を捏ねるか逆切れする。
      • また、都合が悪くなるとボケたふりで誤魔化そうとする。
  • 気まぐれであり、よく思いつきで実技指導と称し生徒達を危険地帯へ連れ出したり
    自習とだけ黒板に書き、自身はいない事もざら。

来歴 Edit

  • 見た目こそ少女だが実年齢は1000歳を超えるババア
    • 神や亜人、龍等ではなく純粋な人間種。特別な血筋を引いているわけでもない。
      • とある悪の組織に所属していたがそこが無くなってしまい、無職でぶらぶらしてたところを
        当時人手不足だった学校の教師としてスカウトされた。
      • 後にスカウトした関係者は「何でこんなの引き込んじゃったんだろう」と深く後悔した。
  • 長生きは伊達ではなく大昔の出来事も知ってる、ただし興味がなくて忘れてたり
    記憶が曖昧になっていたりで余り役には立たない。
    (更に言うと酒場の街にはいなかったので街の過去は全く知らない。)

その他 Edit

  • 上記のこともあり、まじめな生徒からの評判は悪いが座学の苦手な生徒からは割と評判はいい。
    • ただ、つい最近他の教師の皆さんやまじめな生徒達に死ぬほど怒られたので
      今はそれなりにまじめにやってる。
      • 嘘です割とちょくちょく授業サボります。ええ、まじめにやってます、もんだいありません。

追加情報 Edit

  • 実は実技の実践授業以外は生徒に対してかなり甘い。
    • 実技の実践以外では生徒に対して過保護気味、自覚はあるので気をつけてるが、頼まれるとノリノリで助けに入ろうとする
      当然生徒のためにならないので後で教師や校長に怒られる
  • 決して生徒の前で戦うところは見せない。(撃退したり遊んでおちょくったりはする)
    • 理由は本人曰く「いやーわしがガチでやっちゃったら生徒が自信なくしちゃうしのう?」との事。
      • 昔慕ってくれた生徒が自分の力を見て、あまりの差に絶望し心が折れて学園を去ったため。
        以来生徒に力を見られてるのを恐れている。
  • 他の先生に呼ばれていない事がよくある。
    • 生徒同士の本気の諍いや暴走の力づくの仲裁似よく駆り出されるため。別にサボってるわけではない、ないったらない
  • いい年して男性経験無し、ただし同性愛の経験はちょっとだけある。
    • 男性の理想はかなりの少女趣味が入っている。(白馬の王子様とか)
      • 早い時期に自分の年齢を止めたため、精神(特に恋愛観)がそれに引っ張られてるため。
      • 同性愛の経験は上述の事もあり、ストレートに好意をぶつけられ続け流された結果。
  • 五属性の魔術、特に光を得意とする
    • 近接距離もいけるが得意は遠距離からの魔術による砲撃、ほぼ無尽蔵の魔力でCAV○シューティングの隠しボスみたいな鬼弾幕とレーザーの嵐で攻撃する
      • 魔力とは全く違う力を使い、魔力をつかわずに魔術と同等かそれ以上の力を行使できる(ただし魔術より消費は激しいらしい)
      • 未だに現在進行形で強くなってる、本人曰く限界はまだまだ先だそうだ
  • 少女時代に成長を止めたことと、あまりの強さに誰にも理解されないまま生き続けた結果
    精神構造にやや歪な部分がある。
    • 自分と同等以上の実力を持つ者への強い興味を持ち、何かしら理由をつけて近くにいたがる。
    • 自分を慕ってくる者へは過度な親愛の情を示す、一方でそれらへの脅威に対しては殊更容赦が無い
      • ただの人間としては天使や悪魔をも凌ぐ魔力に、幼少期から化け物扱いされ拒否された反動(こっちは自覚が無い)
  • 素面だと超然とした様子になり、性格も口調も変わる(ただし根っこの部分は変わらず)
    • 酒は酒気に混ぜて自身の魔力を常時発散するのと、集中を乱すため、気を大きくして積極的に
      話しかけたり仲良くするため…だったがその内本当に好きになってしまった

覚書 Edit

ターちゃん…礼儀正しい魔族のあんちゃんじゃ!あれでなかなか茶目っ気もある面白いやつじゃ
バイトの赤い奴…宝貝作りを目標にしとる購買の兄ちゃんじゃ、わし受けた恨みは忘れんからな!
アンジェ…年甲斐もなくどきどきさせられてしまったわい…恐ろしい子…!サラという友人と一緒にいる事が多いの
マナ…不思議な石を作れる子、あの石も美味いがこの子の料理もなかなかの腕前じゃ!またお摘み作ってほしいのう
ぞえっち…今時珍しいぐらいバリバリのヤンキーじゃ、見た目は怖いがいい奴じゃぞ!スーツ姿が楽しみじゃのう
ヴァール…王道ストレートなセクシー悪魔っ子じゃ!見てるだけで生きる気力が湧くのう…うひひひ!
マッキー改めマキマキ…ご存知性別不明のカオス部部長さんじゃ!飄々としたイケメン?イケウーメン?じゃ!…どっちなんじゃろうなホントに
ソティス…真面目なホーリーの女の子じゃ、いやあ正統派の清純美少女って感じでよいのう、ちとストイックすぎて心配になるが
セシリア…ボン!キュッ!ボンッ!な両刀キツネじゃ!ハイテク技術の持ち主でもある
     しかしやはり最大の特徴はあの凄まじいナイスバディじゃの
トリス…シスターだけどナイトメアな子じゃ、からかったらめっちゃ怒られた…何ぞ深い悩みがあるようじゃが、心配じゃのう
ルベにゃん…教師仲間の悪魔ちゃんじゃ、一見ぶすっとしとるが実は生徒思いのいい先生じゃぞ!
こときよ…妖で狐な生徒じゃ、サンタさんに会うため吸精禁止中、会えるといいのう
アニマ…むちっむちっな管理人、一人の体を複数の魂が共有してるというややこしい状態、じゃがそれと豊満ボディは別問題じゃと思う
一華…ホーリー側でも特に優秀な生徒の一人、見た目で誤解されるが茶目っ気のある優しい子じゃ…そして和服でも隠しきれぬナイスバディの持ち主でもある
ヨッシー…ベッドヤクザなちゃら男(レッテル)じゃ、ヴァールとは知り合いらしいの、ちゃら男っぽいがなかなかの知恵者じゃ
オリヴィア…囚われのお姫様なケモミミ娘じゃ、実はわしも素性はよく知らぬ…が、大物だというのはわかる、後お供のぽぽちがめちゃかわいい

メタ的な注意 Edit

中の人がRP久々なので色々ご迷惑おかけするかもしれません。

内緒// Edit


Last-modified: 2019-04-07 Sun 00:03:03 JST (136d)