殺戮の舞台女優 ステラ・ウィレムスタッド Edit

かくして物語は終わりを告げる。

彼女の魂が、幸せの国にたどり着けると信じて。



名前ステラ・ウィレムスタッド
性別
年齢18
出身地東のアヴラン
職業劇団銀月の女優/暗殺者
理由復讐を成し遂げるため
行動方針父の仇を追う
RP傾向死を想う
目的父の死の真相を知り、仇に死を持って贖わせる
好み甘いもの、本を読むこと
苦手極端に辛いもの、眠れない夜
音楽鏡面の波
企画企画/誅殺部隊カタコンベ

絵01 絵02 絵03 部隊集合絵01 部隊集合絵02 描いてもらった絵

部屋には彼女の私物が残されている Edit

edit/refer

コメントログ コメントログ2 編集:こんな世界、知りたくなかった。

お名前:
  • (少女が最期の地とした焼けた瓦礫の山に両手いっぱいの鮮やかな紫の花を捧げる)
    (呪う神はあれど祈る神を持たぬ女は短く黙祷を捧げれば踵を返して)さよならステラ、良い旅を…(そう呟いて去っていった) -- サフィリア 2017-12-17 (日) 02:13:37
  •  
  •  
  •  

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

机の中には一冊の本がある Edit

ルーシーあの星々はもう滅んでしまっているのだろうか? それとも今も滅びに向かって輝き続けているのだろうか?
ウルガン俗物たちが賛美歌を歌っている脇を、聖人が流行歌を口笛で吹きながら通りすぎていった。
ガルデグラム生みの親を訪ねて丸木舟で川を遡ってゆくと、上流からたくさんの水死体が流れてきた。
ジャックむきだしの刃物を山積みにした荷車が、憔悴した子供たちに曳かれて花畑を横切ってゆく。
リーディエ奴隷として売られていく夫の足にすがりついて妻が泣きじゃくっているうちに夫は連れ去られてしまい、片足だけが残った。
ルナ周りに水平線しか見えない黄昏時の海原で、小舟にひとり乗せられた狂女が「雪を見たい」と呟くと、空から静かに粉雪が降り始めた。
名前一文
ステラ・ウィレムスタッド硬直した親友の亡骸を横抱きにして、廃墟の地平線の夕焼けを眺めている。
エルネスティーネ・ブレイネル口のきけない人形師が「なぜ? なぜ? なぜ?」と半永久に問い続ける自動人形を作って自分の息子代わりに可愛がった。
ハロリータ愛している男と肌を合わせると、相手は砂になってしまう。
ネピェリヌラリリュア・ティヌティンクドゥエ二本の並んだ切株が、かつて見はるかした遠景や、集まってきた様々な鳥たちの思い出を、愉しげに語りあっている。
エリッサその少女はあるひとの名前だけを途切れることなく繰り返し、ほかのどんな言葉も心に忍び入らないようにしている。
リリア一輪の花を捧げ持って綱渡りをしていた男が足を滑らせ潰れて死んだが、花は空中に留まり、微風にふわふわと漂っていた。
リリネ『これ食べ終わったら、ホントにサヨナラだね、最後の晩餐だね』と彼女は笑った。伸びろ、うどん。
クロウ砂時計の中に、一匹の蟻が閉じ込められていた。
リュキア・アロースミス雪のうえの血痕をたどって森のなかへ入ってゆくと、血痕のとぎれたところに、髪の長い痩せた女が、こちらへ背を向けて立っている。
ムング公園で日向ぼっこをしていた余所者が、突然目隠しをされて円形広場の中央へ連行され、周囲の群衆から「殺したな」「おまえが殺したんだ」と罵声を浴びている。
リッキーキンモクセイだけを嗅ぎたいのに、銀杏が肩を組んでくる。
サフィリアそのバラバラ死体を組み合わせると、どうやっても腕が一本余る。
キール村人たちは、村のなかでなら何をしても罪とはならないが、村からそとへ出ることだけは許されない。
ダー・フェンザー他人の悪口ばかり言って災いを招く舌に追放を命じると、舌は口から出て行きながら「次にあんたを苦しめるのは耳だぜ」と言ってニヤリとした。
???哀れな子が主の御手に挑む時、扉は閉じるだろう。
アヴィスわたしが愛しているのはあなたの囲いこんでいるものじゃなくって、あなたっていう薄っぺらな膜なの、と水たまりに浮かんでいるあぶくが隣のあぶくに耳打ちした。
クロゥシス・サンクカトル進化するほど生物はつまんなくなる。
高野山あざり臨月で死んだ妻の遺髪を揺り籠のなかへ入れて、早ク生マレロ早ク生マレロとささやきながら、毎晩揺り籠をゆすっている。
スパンキー森を歩いていると、突然林に出た。
アーランシャフト「磨く」というのは、どこまで暴力的な行為なのだろうか。物に無数の傷を付けておきながら、本人はそれを満足気な顔で眺めている。
ティレットアノ虹ガ消エタラ、オマエノ命モ尽キテシマウガ、ソレマデオマエハ何ヲシタイノカ、と空の彼方を死神に指差され、それならあの虹を眺めていたい、とその少女は呟いた。
イーリアスその星では、経験の重さが各人の体重を決めており、悩み苦しんできた者は、地響きをたてて歩いている。

//コメントアウト Edit


Last-modified: 2017-12-16 Sat 15:28:55 JST (704d)