劇団『銀月』の看板役者であった男の死は、彼と親しかった者にだけ伝えられた。
人々の間には、彼は何処かの国の大きな劇団に引き抜かれたらしい、という噂だけが広まり、やがて忘れられていったという。


+  ...

Last-modified: 2017-12-03 Sun 21:30:06 JST (650d)