ビデオ先生 Edit

exp032811.png
ID:0011
名前:ビデスト・オルス
出身家:レイレナード
年齢??
性別
edit/refer
前職
edit/refer
理由
edit/refer
企画ForAfter
RP傾向塾を開いたり適当に気が向くままに行動
もらい物帽子

3行 Edit

  • 塾の先生はうさぎです
  • 字余り
  • 余白

塾だったり外だったりするこめんと Edit

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • ビデせんせ…いつも、おせわ…してもら…てるから…ありが、と(チョコの入った包みを渡す) -- ハロリータ 2017-11-07 (火) 23:01:20
    • っとこれは、すまないね、まさか貰えるとは思っていなかったよ、ありがとう(素直に受け取る兎) -- ビデスト 2017-11-08 (水) 01:34:16
      • わたし、は…ビデせんせいに…いっぱいしてもら、ってるから…これは、そのお返しなっの…
        ちゃんと、おいしい、よ…?(宿舎で給仕をしているセティという人が一緒に作ってくれたから、と珍しく自信たっぷりに) -- ハロリータ 2017-11-08 (水) 21:17:25
      • ははは、ありがとう、がんばっている結果はハロリータ君自身の努力の結果だよ、私は道を教えているにすぎない(歩くのは自分の足だよとチョコを一つ食べてみて)うむ、言い切るだけはあるね、美味しい -- ビデスト 2017-11-08 (水) 21:28:05
      • う…(頑張った結果だといわれて少し照れた様子でもじもじ、最初に会ったころに比べて声も出てるし
        表情も豊かになったのがそのあたりからも分かる)ほん、と…?よか、った…チョコつくるの、初めてだった、の -- ハロリータ 2017-11-08 (水) 21:57:16
      • 何事も地道にがんばるしかないのが人生だね、うむ、初めてとは思えない出来だね、うちの妹にも見習ってほしいものだよ……(完全にニートと化した妹を思い出しため息を吐く) -- ビデスト 2017-11-08 (水) 23:11:27
      • 頑張ったから、私変われた…きっと、おいしいの、は先生がよかった、から…?(元気を出して、とビデストの腕を触って頷く)
        ま、た魔法の練習 がんばるから…先生…おねがい、ね…(今年はもっと魔法を使うことに近づきたいと意気込んで)
        ん、ほかの人にもお世話になってる、から…チョコ、あげてくる…ビデせんせいまた、ね -- ハロリータ 2017-11-08 (水) 23:15:19
      • うむ、きっとハロリータ君は術士としても成功できるだけの素質はあるよ、安心するといい(魔力や流出抵抗からの逆算だが決して悪い素質ではないと考えている兎)
        日ごろお世話になっている人に配ってあげるといい、それではまた(立ち去る幼女を見送る兎)
        -- ビデスト 2017-11-08 (水) 23:29:41
  • ビデストさん・・は・・・甘い物とか・・・お好きでしょうか・・・(躊躇いがちに声をかけてくる、手には青とブラウンのリボンでラッピングされた小箱を持っている) -- リリア 2017-11-08 (水) 19:44:58
    • うん?基本的に好き嫌いはしないね、好きなものはあるが(水槽に魔導器沈めてウィンディーネに手伝ってもらいながら水の召喚用術式作っている兎) -- ビデスト 2017-11-08 (水) 21:11:46
      • (ほっとして)良かった・・・(なんて安心したりもしたが絶賛作業中のビデストを邪魔してはいけないとちょっとためらい気味)
        えと・・そ・・それが・・・以前・・お願いした・・・魔導器・・(水槽に沈んでるのを眺める) -- リリア 2017-11-08 (水) 21:19:27
      • ほぼ完成、と言ったところだね、あとはリリア君の魔力に馴染ませればいい、構造的に擬似的な魔法生物化させているが、まあ世話の必要はないよ(沈めている方も水中の不純物を餌に勝手に生きるタイプになっている)
        基本的にはトンネルのイメージかな、流して、戻してくる、だそうだ(テストをやっている水の精霊が身振り手振りで説明してくれる)
        -- ビデスト 2017-11-08 (水) 21:30:24
      • (ふむふむと説明を聞く)不純物・・・やっぱり井戸・・みたいな・・・地下水脈に・・入れればいいかも・・ですね・・・(少し構想があるようで)
        流して・・戻す・・・・ふふ・・呼び水・・みたいです・・ね?(うんうんと)・・・私の・・魔力となじませる・・というのは・・・そのまま・・私の力に・・浸してみればいい・・・のかな -- リリア 2017-11-08 (水) 21:36:52
      • 水道水の水槽よりはそう言う自然環境の方がよさそうだね、自然の魔力、マナも多いだろう(正しくは不純物に含まれるマナを補給するが大体意味は同じだと考えている)
        そうなるね、何段階かリミットを設けてあるから必要に応じて混ぜて馴染ませる量を決めていくといい(水に沈める本体と対になっているブレスレットのように手首に通す魔導器を差し出す)
        -- ビデスト 2017-11-08 (水) 23:13:51
      • 自然である方が・・・良い状況なんですね・・(ふむふむ・・・)
        リミット・・です・・か?・・・こう・・呼び水を調節する事で‥湧き出す量を・・・調節できるって・・考えていいんでしょうか・・・(ブレスレットを手にする)
        で‥では・・ちょっと・・・(いそいそと腕にはめてみると)ん・・・(ドーナツ状に流体を展開、くるりと輪を包み込むようにしてみて) -- リリア 2017-11-08 (水) 23:26:27
      • 転送距離自体はほぼ制限がない筈だから、適当なところに沈めてしまってもいいかもしれないね、流石に汚水の中は避けた方がいいかな(リリアの魔力を馴染ませて引っ張ってくる水が生臭いのは駄目だろうと思った兎)
        あとは転送先でリリア君の魔力が拡散し過ぎないようにする為でもあるね、感覚を共有しているようだったのでね、転送距離次第で大丈夫かもしれないが、一応、と言ったところだね}
        (本来の大きさより流体が水槽側に何割か展開している為若干想定よりサイズが小さくなる)今は水槽にサイズを合わせてあるからあまり大量に引っ張ってはいけないが、その辺は感覚的なものだから私には説明しづらいな……(制御が上手くいっているからか水の精霊が音のない拍手を繰り返している); -- ビデスト &new{2017-11-08 (水) 23:34:08
      • ・・確かに・・・(盲点だったと頷く・・・なるべくきれいな場所を見つけないと・・とこくこく)
        そっか・・・流れがあると・・・(そういう話だったとこくこく)・・・ぁ・・(思いの他流体が展開しない・・・同時にひんやりと水に触れた感触・・・)もう・・転送してるんだ・・・
        (これならいけるかもとぐいっと引っ張る様なしぐさをすれば・・・ブレスレットを通じて水槽の水がにゅるり・・・ぽんっと引っ張り出されて球となる)お・・ぉぉゎ・・・(自分でも思わずびっくりだ)で、・・できちゃいました・・・ね‥ -- リリア 2017-11-09 (木) 00:06:51
      • 多少の循環浄化もするが、汚すぎると流石に転送する分にも影響が出るね
        機能を特化している分ほぼ自動で発動するように調整しているよ、勿論任意に停止もできるが、通常の魔導器として使うには少し使いにくいと思う(一応記憶している術式を入れ替える機能もある)
        うむ、成功したね、思ったよりスムーズに転送できている(私が手伝いましたから、と隣で頷きながら主張を忘れない水の精霊、労いと共に指先を軽くナイフで突くと血を精霊の中に混ぜていく、これが報酬である)
        -- ビデスト 2017-11-09 (木) 00:30:56
      • (話を聞きながら頷く)・・多分・・・他の魔法を使う事は・・当分ないので・・・大丈夫です(こくこくと)
        ふふ・・ありがと(なんて水の精霊さんにお礼を言って)い・・嫌な・・・報酬・・ですね(大した傷でもないし、ビデストの特性を考えれば大した苦ではないのだろうが)
        ぁ・・そだ・・・えと・・その・・忘れないうちに・・(そういうと改めて小箱を取り出す)その・・お礼では・・ないですけど・・・チョコレート・・です・・・(と言って差し出す、開ければ色とりどりのチップで飾られた星とか丸とかハートとかのチョコが入ってる、甘くて柔らかなくちどけ) -- リリア 2017-11-09 (木) 00:56:17
      • うむ、まあリリア君の目的からすれば不必要だとは思ったが、一応万が一の為にね
        まあこの程度なら安いものだよ、自分の肉体ならいくらでも切り取れる(価値観が若干おかしいので心臓ぐらい平然とえぐってしまう兎)
        うむ、ありがとう、本来ならクリスマスプレゼントにしたかったところだが、遅くなったので交換と言う形になってしまったね(まあ悪くは無いかとチョコを受け取る)
        -- ビデスト 2017-11-09 (木) 01:49:22
      • あ・・はは・・・その・・・ほどほどに・・(うんうんと)
        そう・・だったんですか・・・いえ・・嬉しいです・・(とブレスレットを撫でる・・ふと思い立って出した分の水を水槽の方に戻せるか確かめたりしつつ)
        じゃ、じゃぁ・・・あの水槽の中にある・・魔導器を・・・水源に沈めれば・・いいと・・・(重くないかなと受け取ってみようとする) -- リリア 2017-11-09 (木) 02:21:05
      • うむ、普段から消費していては疲れるしね(取り出した水が問題なく水槽に戻って水位が回復する、相互トンネルなのでどちらも機能している)
        特に場所は選ばないし問題はない筈だね、ああ、対になっているから手を近づけるだけで反応するはずだ(ブレスレットに反応するのか沈んでいる球体が浮かびあがるとブレスレットに繋がれているような挙動をし始める)
        -- ビデスト 2017-11-10 (金) 00:08:25
      • (ちゃんと水槽に戻れば)お片付けも・・安心です(まんぞく)
        ぁ・・くっついてくる・・・(かわいい・・なんて呟きつつ球体を伴わせて)え・・えっと・・その・・・大事に使わせて・・いただきます・・あ、ありがとう・・ございましたっ(ぺこっと深く頭を下げると「それではまた」と告げて帰っていく) -- リリア 2017-11-10 (金) 02:38:35
      • 多少乱雑に扱っても壊れない程度には丈夫な筈だから冒険先で壊れる、と言う事はないだろう、恐らくだがね?
        うむ、活用できるなら使ってやってくれ、問題点があればまた改修しよう(見送った後チョコ食べてた兎)
        -- ビデスト 2017-11-10 (金) 02:44:44
  • (発情薬と気になる相手…または好みのタイプの下着姿写真が撒かれた!) -- 2017-11-12 (日) 11:56:09
    • また随分珍妙なものが……(元から薬品や環境変化がほぼないタイプである残念) -- ビデスト 2017-11-13 (月) 00:01:06
お名前:

編集

ビデスト>FA/0011 &color(#339999){};

設定等 Edit

  • どこぞのの兄、年は相当離れている
  • 身長140しかないので小さい、軽い
  • ぼさぼさの黒髪と少し短めのロップイヤーが生えている
  • 右目にモノクルを付けているが視力補正ではなく情報処理端末である
  • 普段からローブを纏っている、が本人は攻撃、防御に魔術、魔法を使えない
  • 純粋に契約術と召喚特化型
  • 名前を略してビデオと呼ばれても気にしない、寧ろ気に入っている節がある

能力 Edit

  • 魔術構造の構築能力は極めて高いがそれを直接行使する能力に欠如している
  • その為自分の魔力で作った擬似的な使い魔を造りそれに行使させる事で機能を補っている
  • 使い魔は常時魔力を消費する為必要な時に必要な機能を持った物を呼び出す形で使役する、その為何事も即応性に欠ける
  • 構築の応用で通常召喚を行い主にそれを人に勧める、ただし希望されれば擬似使い魔の構築方法も教えてくれる
  • 最終目標は虚無の構築、「無い」状態を構築する矛盾に挑み続けている
    • 目標としている虚無とは存在の否定、意味の否定、概念の否定の3種の複合状態、つまり「無かったこと」にする能力である、どこぞの古枝の成れ果てた物の目指す物とは微妙に違う

主な装備 Edit

  • 特殊ダガー:召喚用の構造を組み込んだ専用装備
  • リボルバー:44口径のマグナム、構造はかなり古い物を改良して使い続けているカスタム品、実弾と特殊な魔力弾の使い分けができる、外見はM1848ドラグーン
  • 伸縮式重力波サーベル:縮めればスティックサイズで収納できる旧式
  • 特殊コート:召喚用の構造を幾重にも組み込んだ自作装備

お手伝いさん Edit

  • ものぐさなビデストに代わり家事全般あらゆることを押し付けられた、元マンティコア
  • 通称マンティさん、契約により現在ちょっとケモいメイドさんとなっている
  • 背丈は130ぐらいしかないがサソリの尾を含めると全長は結構ある

護衛 Edit

  • 地図屋で貰った遺跡の情報を頼りに最下層で遭遇したガーゴイルナイト
  • 通称サー、本名は魔族式言語なので人の発音で再現不能、聞き方によってはサーディヴェイと聞こえる事から本人も略称を承諾
  • 1000年以上前に遺跡に配備されたが暫くして黄昏暦に突入、誰も来ないまま1000年待ち続けることになり初遭遇が兎だった
  • 地味に見られる事に快感を覚える変態
  • ガーゴイルではあるが動く石像タイプではなく石像に擬態する悪魔である、通称石魔
  • 武装は黒曜石の大剣と大盾、魔素を込めた青銅の鎧兜、ただし防具は劣化が激しい
  • 契約条件は時々塾の庭先でマッスルポーズをご近所の奥様方に見せ付ける事、つまり見て欲しい変態
  • 実力はかなり高くレッサーデーモンの最高司令官並、とのこと、護衛として緊急時は肉盾になることを承諾しているがそれすら相手に肉体美を披露する機会と解釈する、間違いなく変態

塾に関して Edit

  • 暇つぶしに開設した私塾、基本的に無料で魔術(召喚系をメイン)に教えている
  • 魔力がなくとも使える術や魔力の使えない環境でも使える術等も教える
  • 現在は塾生が数名、居る居ない、不明
  • 主に冒険者向けの内容が多いがそれ以外も行う場合がある、なお古い魔術学校に関する資料を持っていくと喜ぶ

// Edit


Last-modified: 2017-10-23 Mon 18:01:46 JST (750d)