exp032855.png名前エルネスティーネ・ブレイネル
性別
年齢18
出身地酒場の街
職業女優兼冒険者(暗殺者)
理由楽しそうだから?(悪人を誅殺するため)
企画誅殺部隊カタコンベ
行動方針
RP傾向冒険に出たり、暗殺したり、フラフラ出歩いたり
好み投げ物、銃、ユーモア
戴き物苦手明るく振る舞うこと(嫌いではない)

三行! Edit

カウガール風の女優は
投げ物使いの冒険者だけど
夜は無音の暗殺者

劇団宿舎の一室 Edit

&COLOR(#787878){エル}; &COLOR(#B22222){ファルケ};
edit/refer
http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=NO%20REASON%20OF%20FEAR http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=NO%20REASON%20OF%20FEAR  ログ1
お名前:
  • (藍微塵争奪戦から二月近く 諜報の結果によれば、屍肉喰らいの動きは日に日に荒く、拙く、そして小さくなっていく)
    斥候頭(ハイエナ)の死亡は部隊の隠密性を欠き、遊撃隊長(ダイアウルフ)の不在が不慮の事態への対応を遅らせる)
    (加えて死体隠滅係(シデムシ)が斃れた事により痕跡は現場に残り、一般の官憲による追跡すら可能となっていた 結果、多大な犠牲を払いながらもティラノという前衛部隊の隊長が討伐されたという)
    (次々と翼をもがれて行く屍肉喰らい このまま待てば解体まで成されるだろうか?……否だ。屍肉喰らいとはすなわち、大鴉(レイヴン)そのものである)
    (他の翼をもぐことは暗殺者でなくても幾らでもできる しかしあの女だけは、通常の手段では絶対に殺し得ない そして、たった一人残ったとして、それでも屍肉喰らいとして活動出来る そういった一種の怪物だ)
    (やはり自分が出なければならない しかし、屍肉喰らい同様部隊はどんどん疲弊している ウルガンが散り、ジャックが討たれ、リーディエは死地へ向かった)
    (敵は減ったとは言え、まだクロウの宿敵「鳥籠」もいる 万が一を考えれば、劇場にメンバーを残さなければならない ステラも疲弊している……)
    (そう思い悩む折に放り込まれたのが、屍肉喰らいのアジトの情報 執拗な情報隠蔽がようやく薄れ、尻尾を出したのだ)
    (そして……それは究極の選択となる 今行けば一人で行かざるを得ない もし味方を待つのなら……連中はこのアジトから去るだろう いくら弱ったと言っても、尻尾を掴まれたまま呑気しているほど抜けてはいまい)
    (書類を前に、音も立てず地蔵のように動かず思案を巡らせる その果てに)……やるしか、ない(決意を抱き、黒衣を身にまとう)
    -- ファルケ 2017-12-13 (水) 23:56:54
    • (市街の中心、夜に煌めく歓楽街の一角にあるクラブ。そこが屍肉喰らいの根城であった)
      (様々な機材を置く名目で広く取られた倉庫には今までの蒐集品が並び立ち、配下である暗殺者はそれぞれクラブの従業員として働いていた)
      (……その従業員が急に減ったのだ。怪しまれるのも当然だった カタコンベの役者が、裏方が消えていったのと同じように)
      (そしてオーナー……を演じていたレイヴンは今、窮地に苦虫を噛み潰す思いであった)
      一体何が間違っていた……藍微塵の奪い損ないか?デウスウルトと事を構えたことか?宗家の女を殺し損ねたことか?否、違う違う違う!!!そう違う違うぞ!!!
      まだ終わってない、終わっていない!!群がる屑虫を残らず駆除してしまえば済む話だ!!! 残る戦力でも……私一人でも出来る!!!一つ一つ潰していけばいい!!!!!
      (憤りに気炎を上げる主に、残る二人の紅眼衆はただ息を飲む 冷静さを欠いた大鴉が一体如何な凶行に走るか知れたものではない)
      「お姉様……ひとまず安全な退避先を得ることから始めましょう 汚らわしいネズミ共が嗅ぎ回っていますから、大切な物だけでも……」
      私に逃げろとでも言うつもりかワスプ!!!!貴様、その転身が一体何を意味するか分かって……
      (部下の意見を遮る しかしそれによって逸れた視線が捉えた 窓の外から何かが飛来する 空気の歪みの影を)
      躱せバカ!!(手は届かない (クロ―)でも遅い 指示で回避をさせるも、大鴉ほどの機動力をワスプは持ち合わせない)
      (身を捩るも)「かっ……」(弾丸が胸を、肺を貫いていく 躱さなければ、心臓を貫かれていた)
      ……どうやら、貴様が正しかったらしい。狙撃か……魔弾か、あるいは……(倒れ伏す部下をもう一人の部下、ジャッカルに手当させ、射線の先を睨めつける)
      (その先に映ったのはテイクダウン・ライフルを構えた黒衣の暗殺者)貴様か……ブレイネル!!!(紅い両眼が殺意で染まる)
      -- レイヴン 2017-12-14 (木) 00:32:57
      • ちっ(残る幹部は親衛隊の二人 隙を突き一人獲れればと狙撃を敢行したが、レイヴンにより即死を回避された)
        (先程まで怒りに燃えていた大鴉も冷静さを取り戻した こちらは怒り狂っていてさえ完全な隙は見せなかった 狙撃で殺すのは無理だろう)
        (もう一人……長剣士の方も狙撃で殺し切るのは難い相手 やはり寄って対処せねばならない)
        (夜街の屋根から、屍肉喰らいの巣窟へ駆け下りていく 苦無を投げ下ろし、対処をする暇を与えぬように)
        (そう、側近の女一人でも殺せれば格段に違う 肺を痛め逃げ足を失った者を逃したくはない)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 00:45:52
      • させるか!!(鋼線を放ちバリケードとして展開、苦無を撃ち落としていく 多少数を増やした所で、大鴉には「鬱陶しい」以上の感情を抱かせることは出来ない)
        「マスター、あの女を深追いなさいませぬよう!」逆だ!!あの女だけは今ここで殺さねばならん!!墓掘り共を呼ばれてみろ、今度こそ取り返しがつかんぞ!!!
        (ジャッカルの主の執着を懸念しての忠言だったが、理はレイヴンにあった それでも冷静さを取り戻した様子に安堵し剣を構える)
        (窓から降り来る鷹に対し)「しぃっ!」(鋭い突きを放つ モーションは短く、狙いは動きで躱しにくい胴)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 00:59:32
      • (ジャッカルの突きは脇腹を掠める程度で留まった これが正面から突き刺さっていれば、牙は内臓を横薙ぎに持っていっただろう)
        (三対一。普段ならば「畏れ」を抱き逃げる場面であろうが、もはや今はここで取り逃がすほうが「畏れる」べき事態)
        (長剣士にはテイクダウンライフルを再度組み上げての抜き打ち二連射 以前の時のマグナムよりも弾速は早い 抜けない道理は無いはず)
        (ライフルを空に放り投げ、細剣の女にはマグナムのスポットバーストショット 一丁抜いて三連射、投げ捨てもう一丁抜き三連射)
        (そして大鴉にはトキシック・スモークを抜き放り投げる 部下を始末する時間を稼ぎたいという肚)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 01:11:51
      • 毒ガス!?またか、この……(分かっていても、切断するしかなかった 目の前で炸裂されては本当に吸ってしまう)
        毒入りの煙幕……考えたものだな、クソめ(毒々しい黄色いガスは大鴉の視界を遮る 忌々しく吐き捨てる大鴉にここから取れる手は少ない 部下を守る手に至っては無いとも言える)
        (その隙を付いて、ジャッカルに放たれたライフル弾は)「がふっ……!!」(一つは断たれるも、速い弾速は身から逸らすことを許さず、結果三つの傷をジャッカルに刻む)
        (マグナム三連射はワスプの身を打ち据える 肺を抜かれなお致命を避ける機動は紅眼の意地だったが)「死に腐れこのドブ女……がぁっ!?」(次の三連射はその意地を嘲笑うように、ワスプの背後から跳弾し襲い来る 抜かれたのは即死でこそないが致命点 流血は夥しい)
        (もはや命の灯火は消えようとしている 親衛隊の二人は遂に命を投げ打つ覚悟を決め)「マスターに手出しはさせん……!!」「往生しろやぁぁぁぁあああぁぁぁぁ!!!」
        (斬撃と刺撃、二つの紅い瞳が鷹を挟み襲い来る そして)「お前達……弔いはくれてやる」(煙の対岸で部下の死を覚悟した大鴉は、せめてもの手向けと、煙越しに投げナイフを撒く)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 01:37:01
      • (一人を封じ、二人を一度に相手取る無双の銃器術 それは回避する余裕を投げ打ってようやく成されたものだった)
        (達人二人の剣戟ともなれば、命を守るので精一杯)ぐぅっ!!(斬撃が背中に、刺撃が腹に傷を作る 可能な限り抑えてもこのザマだ)
        (更に闇雲に放たれた投げナイフは)がはっ……(身体の各所に切り傷を、刺し傷を作っていく 煙幕の守りが無ければこれで終わっていた)
        (傷の痛みなど感じる間もない 死に損ないにトドメを差す必要がある ポーチから放たれた戦輪 ぐるりと弧を描き二人へ飛ぶ)
        (もはや剣を振るうのが精一杯だった二人の従者は)「む、無念……」「お、ねぇ、さまぁ……」(二人揃い胸を大きく割かれ遂に絶命する)
        (そして……有毒の霧が晴れ、大鴉の目の前には満身創痍ながらも闘志を燃やし続ける鷹の姿が現れた)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 01:49:32
      • (相対した写し鏡の如き二人は、対象的な姿であった 傷だらけの鷹、身奇麗な大鴉 使命に燃える鷹、憎悪に身を焦がす大鴉)
        (相容れないのも道理だった きっと他のどのような道を選んだとして、二人は対極に立ち、いがみ合ったことだろう)
        貴様の……貴様の肉から!!貴様の皮膚を!!!(左手に投げナイフが触れた瞬間投げ放たれる)
        貴様の骨から!!貴様の肉を引き剥がしてやる!!!(追いかけるように、右手の大鴉の爪(レイヴンクロー)は鋼線を放つ)
        骨についた肉片も!!!全部こそぎおとしてやる!!!!(鋼線はクラブ中の障害物に絡みつき、鷹を追い詰める包囲網を築き上げていく)
        それでも十分ではないッ!!!!!!!(トドメとばかりにソードオフショットガンを二連射 そして言葉通り肉片にまでせんと、鋼線を引き絞る)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 02:04:55
      • (投げナイフにはハンドガン二丁で対応 しかしそれは鷹の手を遅らせる牽制 鋼線の包囲網が本命だった)
        貴女の自慢の爪、破らせてもらう(それでも、ファルケは窮さない この時のために今まで備えてきたのだから テルミット・ペーストに点火し放る)
        (迫り来るショットガンは黒衣で受ける 遠間だったのが幸いし、小さな傷こそ作るも致命には足りない)
        (そして、前方を見ればテルミット反応で焼ききれていく鋼線 細さが災いし、豪熱に負けブチブチと切断されていく)
        (人が通る隙間を作ることさえ出来れば、もはや抜けるのは難くない 鷹は大鴉の爪からの脱出を果たす)
        (……だが、問題はここから 紅両眼がある限り、レイヴンに傷を負わせる事は不可能と言っていい ……そう思っていた 先日の一件までは)
        (大鴉の瞳には抜け穴がある そして、それを突く手段が手の内にある 駆け寄るうちに手元に握り込む)
        だあっ!!(投げ込んだのは野球ボール イーリアスからも一手を取った、巫山戯ていながら奇策を秘めた一球)
        (続いて飛び出したのは)しぃっ!!(トランプであった 1から13 四種のスートにジョーカーを加え53枚の紙の刃が大鴉へ飛ぶ)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 02:27:03
      • わ、私の「爪」を、焼き切っただと!?(大鴉の異常なまでの強さを支えてきた鋼線が、崩れ去っていく 魔法や松明などでは燃えぬ しかし化学反応の2500℃の超高温は想定の外だった)
        ……だが、囲いを破った所でなんとする、お前に私を捉えることは……(野球ボールを構えた瞬間、既に大鴉は回避体制に移っていた その未来予測こそが大鴉の不死性を支える物……)
        だった)ぐうっ!?(縫い目を持つボールに回転を掛ければ軌道を変える変化球と化する カーブ回転を駆けられたそれは避けた大鴉の膝に痛打を与える)
        (……それは、奪うことばかりに興味を持ち、世俗そのものに関心を抱かないレイヴンの大いなる隙であった)
        (野球などまるで知識もない女に球が曲がるなど予想も出来ない そして、どれだけ優れた目を持ってしても身体が反応しきれないタイミングでの回避は不可能)
        な、何故だ!?魔法も使わずそのような曲がり方を……!?(それは眼に頼りすぎたという弱点でもあった そして迫るは紙の刃 鉄のそれとは違い風の影響を受ける 一枚二枚ならその動きを予測できただろう だが53枚全てが風に舞い、軌道を変える その軌道を知るのは投げた鷹のみ)
        (一枚首元を掠めた瞬間ゾクリとした 全てが急所狙い 一枚とて見逃せない)こ、こんな巫山戯た玩具で私を……!!(必死にナイフを叩きつけ落とす 足がまともに動かない 回避もままならない)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 02:56:14
      • (藍微塵争奪の一件で隙の確信を得たものの、疑惑はもっと前から抱いていた 大鴉は物の良し悪しを定めずなんでも奪う ……それは、奪うこと自体が目的であってそれが何であるかなど基本的にはどうでもよい、ということではないか)
        (世俗に興味を持たないなら、隙はそこにある 故に今回持ち込んだ装備は通常の任務ではありえないほど雑多なもの だが、ファルケはそれらを全て使いこなせる 己の手足のごとく)
        (地面に叩きつけたのは大型のスーパーボール 驚異的な弾力は異常に弾み、大鴉の膝裏に向かう)
        (財布から撒かれる金貨銀貨 跳ねる動き、滑る動き どれ一つとして武器の動きではない)
        (思考を紛らせ、意識を逸しているうちに投げ縄を投げる 引けば輪っかは縮まり腕を捉え惹きつけるだろう)
        (そして……疑念を最大限まで引き上げた所で手裏剣を放つ 西洋人から見れば奇っ怪な形 高まった疑念とともに異常な動作を予想させるだろう しかしそれはあくまで真っ直ぐ飛ぶ 実直な殺人武器)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 03:43:51
      • ぐうっ!!(軌道までは読み切っていた だがその反発係数を読み違えた カウンターに跳ね返ったボールが膝裏ヘ直撃し、バランスを奪う)
        (跳ね回るコインは目くらましになる 通常であればそれら全てを捉えることすら可能だったはず だが混迷の中にいるレイヴンに全ての軌道を計算することは不可能であり)こ、小癪、なっ!?(関節部を打ち据えるコインの群れに紛れ、足元に落ち込んだ硬貨に足を取られる もはや反撃もままならない)
        (投げ込まれた投げ縄に首を捩って躱すも)しまっ……!(狙いは腕だった 狭まる輪っかに引きずられもはや足は地を捉えていない)
        (最後に投擲された手裏剣にはもはや為す術がない)やめろ……やめろぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉ!!!!(慌てて残る腕で投げナイフを放ち迎撃を図る が、手裏剣は無情にも冷徹に直進 曲がる軌道を予想した投げナイフを縫い……)
        ぐ、あああああっ!!!(大鴉の目玉を、抉り抜いた)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 03:57:47
      • (そうして隻眼となった大鴉は、ますます鷹と酷似する)”ペアルック”ね(指でダブルクォーテーションを作り皮肉めいて告げる これで大鴉の神通力は失われた)
        (……一つの業のために全てを捨てながら、全てを望んだ女 全ての業を余さず会得しながら、一つしか望まなかった女 眼のアドバンテージがあれど、最終的な勝敗は分かりきっていたと言える)
        (抵抗する力を奪われ、倒れ伏し眼の痛みに震える大鴉に対し、鷹は撃ち尽くしたマグナムの薬莢を排莢 改めて一発だけ込める)
        いつか、誰かが私を討ち果たすだろう(そうして、ゆっくり腕を伸ばし、大鴉の額へ狙いを定める 傷の痛みに息を吐きながら)
        だが、それは今日ではないし、お前にでもない(最期の言葉を手向けとし、引き金を引く 乾いた発砲音が一発だけ響いた)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 04:07:40
      • こんな、こんな馬鹿なことが……(他者から奪うばかりであった大鴉が、遂に自分の大切なものを奪われた 屈辱に濡れ、もがき苦しむ)
        (只人と変わりない視界で鷹を見上げる 無表情の中に憐れみすら感じさせる表情と、その紅い瞳に映り込む惨めな己の姿に、残った眼から涙が溢れ出した)
        なんだよ……バカに……するなよ……私なんか、お前の通り道の、石ころだっていうのか……
        (業と瞳の他に何も持たないが故に奪って心を埋めようとした哀れな女は、哀れみの一射によって絶命した)
        -- レイヴン 2017-12-14 (木) 04:22:21
      • (遂に、屍肉喰らいを、レイヴンを、暗殺者の家系から出た悪の末裔を断つことが出来た)
        (緊張が切れ、どかりと地面に座り込む 余りにも刻まれすぎた 流れた血は尋常ではない)
        (痛みももう感じない 薄れ行く意識はむしろ眠るように心地よい程 もう眠っても良い そう思えた……)
        ……ダメよ、絶対にダメ(涅槃が見えそうになった瞬間、懐から注射器を取り出し打ち込む 法に触れるレベルの気付け薬は失いかけた意識の手綱を取り戻させる)
        私まで死んだら、劇団は……カタコンベはもう持たない(震える手で傷を一つ一つ手当していく カタコンベはメンバーを失いすぎた これ以上は存続の危機だ そうなれば、まだ復讐を果たすべきクロウは、ステラはどうなる?)
        私には待ってくれている観客(ひと)がいる。私には寄り添うべき復讐者(ひと)がいる。ここで投げ出したら……地獄で後悔する
        (応急手当の済んだ身体を引きずり、クラブを後にする ここからなら劇場よりもキールのセーフハウスのほうが近い 薬で半ば酩酊しながらも判断を下し歩き続ける)
        (己の使命を「納得のため」と断じてしまった鷹は、どれほど傷を負ってももはや止まれない 死に至る最後の瞬間まで己の使命に殉じ続ける)
        (その使命の中に、役者として人を喜ばせるという人間らしい物を得たのは、彼女にとって救いだったのかも知れない)
        -- ファルケ 2017-12-14 (木) 04:40:52
  • よう、エル! 久しいな、暫くは舞台の上でしか見てなかったが、調子はどうだ?
    (夏の昼下がり、うだる日差しの中、なお明るい男だ しかし流石に暑いのか、片手には露店で売っているジュース) -- イーリアス 2017-12-04 (月) 23:00:19
    • んー、ちっとバタバタしちゃって大きい劇がやりにくい状況なんだよね……ウルガンもやめちゃったしさ(表向きの理由を口にする イーリアスに劇団の裏を知られてないと思っているからだが)
      それにこう暑いと、ちょっと元気出ないっていうかー。泳ぎに行こうと思ってたのに結局機会逃しちゃったしにゃー(こちらは事実である しょんぼり顔)
      -- エル 2017-12-04 (月) 23:41:26
      • ウルガンなあ… さよならも言えなかったぜ、まったくアイツは… (友人の顔を思い出し、複雑な笑み それから、肩を竦めて) まあ、アイツが決めた事だしな、見送るしかできないが
        うん? そりゃあ残念だな エルの水着が今年は拝めなかったか (まじまじと無遠慮に眺めてこちらも残念そうに)
        しかし、エルはまだステラと劇団を続けるんだろう? 大道具の竜人の兄さんも見かけなくなったが…櫛の歯が抜けるようだな -- イーリアス 2017-12-04 (月) 23:45:41
      • ボクもあんまりお別れを言えなくてねぇ……んむ、田舎に帰るってのは、ウルガンも里心がついたのかなぁ(ぼんやりと語る カバーの顔つきも慣れたものだが、どこか影がある)
        ひひひ、ボクとしてもぱーっと泳ぎたかったところだけどね。微妙に時期を逃しちゃって残念無念
        もともと貧乏劇団だから仕方ないけど、もうちょっとキュッと規模を縮めて運営してくことになりそうだね。ま、ボクはしばらくはやめないさ。ご心配なくー
        -- エル 2017-12-05 (火) 00:05:56
      • お互いに残念だったなあ …まあ、向かう先にウルガンの望むものがあるなら、突き進めりゃあ本懐よな (眉を上げて苦笑し、)
        まあ、来年もあるし、何ならまだプールとかなら遊べるだろうさ 海はもうクラゲが増えてくる時期だろうけどな …おう、なら良かった、銀月が無くなったら俺の余暇の楽しみがなくなる
        …ああそうだ これ、差し入れ (そう言ってひょいと渡す布包み) お前専用に身繕ったから、部屋に帰って一人で楽しんでくれ (悪戯をする子供のようににやりと笑い、またな、と去っていく) -- イーリアス 2017-12-05 (火) 00:17:44
      • ……そうだね(一瞬寂しそうな顔を見せたが、また笑顔に戻り)うぇー、クラゲやだなクラゲ なんであいつら泳ぐ時期ちょっと逃すと湧いてくるの……
        ん、差し入れ?ありがとっと 何だろこれ?(頭に疑問符を浮かべながら袋をちらりと覗いてみる)
        -- エル 2017-12-05 (火) 00:51:35
      • (黒光りする鈍色、それは、一目で分かるほど綺麗に磨き上げられたリボルバー…『暗殺者の落とし物』)
        (『落とし物だよ仕事人』 意外と綺麗な字で、一筆メモが添えられていて…) -- イーリアス 2017-12-05 (火) 07:47:45
      • (袋の中身は……いつぞや落としたはずの.357マグナムリボルバー イーリアスの一件で失ったもの)
        ははっ、イーリアスさんも役者だよね、全く ……ありがとね(ティレットから調達したものと合わせマグナムリボルバー二丁拳銃 来る大鴉との決戦で役に立つか それは神のみぞ知る わざわざ返してくれたイーリアスに心の中で感謝を述べ、袋を丁寧にしまった)
        -- エル 2017-12-06 (水) 21:26:47
  • ……相変わらず、暑いですね。 レンジャーとしてはやりづらい時期です…(どうしても厚着や重装備になりがちなので苦手な季節だ)
    (そして、冷たいサイダーと一緒に弾やガンオイルを差し入れつつ…)…最近、「彼ら」にもいくつか動きがあったみたいですね? -- ティレット 2017-11-28 (火) 21:43:38
    • 生物が騒がしくなって干渉も増えて、潜むには厳しい季節になったねぇ……虫の動き一つも侮れないよ、ホント
      お、サンキュー(笑顔で差し入れを受け取り、サイダーを開けてグッと飲んで)大人しくしてると思ったら、デウスウルトとかち合いしてるとはね……潰し合いしてくれてる分にはいいんだけど
      ただどうも連中の斥候力が落ちたのかな 狙いを付けてる物に関して当たりが付けて来られたよ ……雑兵の斥候なら、見破るのは難しく無いさ
      -- エル 2017-11-28 (火) 21:56:59
      • ええ…臭いなどにも気をつける必要がありますし… 泳いだりするには気持ちのいい時期ではあるんですけどね。
        (こちらもサイダーを開けて口をつけ)元々、イーリアスさんも裏町経由で鴉の動きを読んだようですが…ここに来てボロも出始めましたか。
        やろうと思えば彼らに先んじて罠を張る…という手も使えるかもしれませんね。 ……そういえば、もう一つ…リリネさんのことですが… -- ティレット 2017-11-28 (火) 22:21:44
      • 泳ぎかぁ、去年は忙しくて海行けなかったね。行けるといいナー、なんて
        覆い隠すのに必要な要素が欠けたのかもね。メンバーが減って苦しいのはうちもだけど、敵も削れればその分苦しい 我慢勝負の要素もある
        ん、それについて案を練ってたところさ。連中、やっぱりイーリアスさんにしてやられたのを大分気にしてて、明確に護衛を付けてる所には余り斥候をよこしてない
        だから、ボクらは敢えて護衛に付かない。連中が攫いに来た所を横から全部掻っ攫って逃して、殴りつける(ぱし、と手に拳を打ち付け)
        リリネのことは……なにかある、っていうのは感づいてたけど、思ってたよりヤバイ状況だったみたいだね。その後の顛末は、詳しく聞いてなかったんだけども
        -- エル 2017-11-28 (火) 22:57:14
      • 私も水着を新調しましたし、機会を見て泳ぎに行こうか…とは思っています。 少し心に余裕を持つのも大事ですしね…
        鴉というだけあって流石に学習しますか。 いかにして彼らの想定していない位置から襲い掛かるか…の勝負になりますね。
        もし、援護やトラップの類が必要になれば言って下さい。 私としても可能な限りの助力はしますので。
        彼女は…以前の「亀」の件が引き金になって、魔族としての力に目覚めつつあった…という状況だったようです。 先日のデウスウルトとの遭遇に際して乱入した謎の魔女…というのが恐らくその魔族としての別人格と言いますか…
        夜な夜な街を徘徊しては暴れていたようで、私も何度か「彼女」と遭遇して、戦う事もありましたけど… ここ最近になってぱったりとその噂が消えましたので、もしかすると…色々と上手く行ったのかもしれません。 -- ティレット 2017-11-28 (火) 23:29:42
      • うむー、水着いいよネ水着……ボクも泳ぎに行きたいぞう!プランが纏まったら泳ぎいくかー
        そう、盗みに入る人間が既に盗まれるとは思ってないはず。……標的になる人には申し訳ない話になるけど、官憲では出来ない方法で、ボクらは人を守る。手段は選ばないさ
        トラップの都合があるとありがたいね。それと、持ち去った荷物と人を狙って追手が来ると思う。手伝ってもらえるとありがたいけど
        やっぱりあの海魔の力を使ってたのはリリネだったんだ。性格が大分違ったから驚いてたけど……別人格か、厄介な話だ
        ん、声を伝えてって言われたから助力したけど、一助になってればよかったかな。ともあれ、うまく行ったならよかったよ。うん(満足そうにサイダーを飲み干す)
        -- エル 2017-11-28 (火) 23:41:29
      • ええ、泳いで心身をスッキリさせておく…というのも良いと思います。 良い仕事は良いコンディションからですから。
        そもそもそうした非合法のやり方こそ我々の領分ですからね。 正道でないからこそ裏をかけるということもあるでしょう。
        …では、腕によりをかけて。 狙撃や援護射撃もどこまで通用するか分かりませんが…数減らしや頭をおさえるくらいは出来るでしょう。 決行日が決まれば教えて下さい。(笑みと共に力強く頷き)
        どうやら積極的に海魔の力を使って戦う事で自己研鑽をしようとしていたらしく…普段のリリネさんとは正反対に振り切れた人格だったようです。
        どうなったかまでは実際に会ってみないと分かりませんが… エルさんも顔を見せてあげればきっと喜ぶんじゃないでしょうか。 私も今度会いに行ってみます。 -- ティレット 2017-11-29 (水) 00:18:46
      • だぁねぇ。ヤなものヤな考えはさっぱり海に流しちゃって、すっぱり仕事に取り掛かれるようにしないとだ
        想定しなきゃいけないことは星の数ほどある。今までそういう苦渋を嘗めさせられてきたけど、今度は嘗めさせる番ってわけだ、ひひひ(悪い笑顔)
        ティレットの援護があれば、部隊も戦いやすいはずさ 相手が頭を気にしなきゃいけなくなったら、それだけ動きも鈍る
        デウスウルトの時の様子を見るに裏人格は相当だったんだねぇ……やっぱ色々押さえ込んでた感じだったわけか
        だね、今度会いにいこう。別人格のリリネにお礼もしなきゃいけないし。どういう経緯であれ、ボクらの命を救ってくれたことは事実だからね
        -- エル 2017-11-29 (水) 00:34:50
      • 相手を罠にかける爽快感…というのは、何物にも代えがたい愉悦があるのは確かですね。(同じくニヤリとするトラップマニア)
        追っ手を待ち伏せて迎撃する形であれば、新しい装備や技術も上手く活かせると思います。やってみましょう。
        まぁ…「彼女」も「彼女」で嫌いになれない部分はありましたし…ね。 果たして記憶の方もしっかりしているかは分かりませんが…
        ともあれ、悪い事もあれば良い事もある…昨今の状況はそんな感じですね。(こちらも空になったサイダーを空き袋に放り込んで、立ち上がる)
        諸々…各々の抱えている事情が上手くいくことを祈りましょう。では…良い夢を。(去り際、静かな微笑を向けて、帰っていった) -- ティレット 2017-11-29 (水) 00:53:38
      • ティレットの新兵器とか絶対ヤバいやつだよそれ!待ち伏せプランも組み次第伝達するよぅ、よろしく!
        軽く見た感じではヤバめだったけども、それでもリリネの一部って感じなのかな。丸く収まったなら良し!(サイダーの瓶を片付けて)
        ティレットの方もなんか問題会ったら言ってね―。しんどいとは言え手はいっぱいいっぱいでもないし、借りは山ほどあるからね。それじゃ、またねー!!
        -- エル 2017-11-29 (水) 01:55:45
      • //そういえばこれ、1日の参加フラグ…としていいんでしょうか! 一応その日は予定も無いので行けると思いますが…! -- ティレット 2017-11-29 (水) 20:57:52
      • //参加はお任せします!罠だけ借りたという体もできますのでー -- エル 2017-11-29 (水) 22:19:09
      • //折角なので参加の方向で…! 人数が増えて大変そうなら言って下さいねー -- ティレット 2017-11-29 (水) 23:30:50
      • //そこら辺は大丈夫だと思います、はい ではよろしくお願いしまーす -- エル 2017-11-29 (水) 23:32:56

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

昼の顔 Edit

銀髪銀眼であるが、右目を長く伸ばした前髪で覆い隠したメカクレスタイルの女性 他の髪はショートボブで纏めている
身長は並の160代前半 胸はそこそこあるD寄りのC
テンガロンハットにブーツに拍車、腰に拳銃を備えるなどオールドファッションなカウガール的服装を好む
いかにもな革ジャケットとジーンズ、首元にバンダナで決めているが、あくまでコスプレ 馬に乗ったり牛を追ったりは苦手
銃や投げ縄等を得意とするが、それ以外にも物を投げる事全般を特技としており的を射ることにかけては凄腕である
扱うものも硬貨を弾いて飛ばしたりトランプを投げたり果ては酒瓶や椅子などその辺に落ちている物でも、と多様に富む
冒険に置いても特技を活かし、遠距離からの攻撃を担当する
そもそも本来は劇団『銀月』に所属する女優なのだが、「面白そうだから」「劇団の宣伝になるから」などとうそぶき冒険へ出ている
そうしたいい加減な発言から伺えるように、明るく快活な性格をしている あるいは雑に見えるかもしれない

夜の顔(あるいは本来の姿) Edit

銀髪に真紅の瞳 左目を包帯で覆った黒衣の女性 コードネームはファルケ
概ね黒い外套に黒いブーツ、黒いバンダナ(昼のものの裏)で顔を覆うなど闇に紛れる服装をしている
外套内部に投擲用の暗器を備え、脱げば身軽な長袖長ズボン 外套の付け外しで機動力を得られる
余り喋りたがらず、必要なことだけを喋る大人しい性格をしている
黄金歴から続く暗殺者の家系に連なる血を引いており、紅い右目はその証ともされている
無音の殺人術を得手とする彼女の家系は皆息遣いから足音に至るまで常人には聞き取れないレベルに潜める訓練を積む
その影響で、エルは日常生活においても物音を一切立てず行動する これはもはや癖にまでなっている
音を立てない投げ物と遥か遠くを見渡す瞳によって、ターゲットに全く気づかせず暗殺を完遂する
昼の顔で目立つ行動や派手な服装でジャラジャラ音を立てるのは、物音を立てない違和感を隠すためのカモフラージュである
とはいえ、そのように明るく振る舞うのは苦手で精神的に疲労を溜め込むようだ 騒がしいのは嫌いではない、とは本人の談
暗殺者を続けながらも冒険に出た理由は情報収集と昼の顔でも戦い、人々を守れるからである

暗殺者の家業は法で裁けぬ悪人を討ち果たすためのものとされ、黄金歴からずっと続いてきたと伝えられている
しかし、もはや継ぐものも廃れ、エルも一般人として暮らす事を選んでもいいと言われていた
それでも彼女は暗殺者に身を投じる事を選んだ 受け継いだ瞳の力には責任があると
そして裏社会で『仕事』を繰り返すうち、理念に通じ合う組織 劇団『銀月』――誅殺部隊カタコンベと出会い、身を寄せ今に至る

能力とか Edit

投擲術 Edit

冒険者としてはカウガールの衣装通り銃をメインに戦うが、本来は物を投擲しての戦闘が主軸である
およそ投げる、飛ばす、射抜くと言った技能全般に関して才能と見地がある
彼女の強みは状況に合わせて投げる物、投げ方を変えられる「幅の広さ」にある
手投げがメイン、それも人間の腕力によるものであるため破壊力に限度があるのが難点だが、工夫である程度はカバーしている

+  得物一覧

真紅の瞳 Edit

彼女の右目は深い赤色をしており、非常に遠くまで鮮明に見通す「鷹の目」である
物理的な物体に限らず、本来目に見えぬ風の動き、あるいは僅かながら魔力の流れを視界に捉える事ができる
ただし左目は普通の眼であり視力も人並み 同時に使うと非常に物を見づらいため、常にどちらかの目を隠している

鷹の目が観たもの Edit

ステラ劇団銀月、並びに誅殺部隊カタコンベの引率役 その心にまだ光があるのなら
ガルデグラム誅殺部隊の前衛役の竜人 荒く、しかし猛る剣
リリア未熟な、しかし可能性を秘めた魔女の卵 弱気でも前を向く気概
メリル忍者のようで忍者でなく、しかし忍びの力を見せる
ティレットスナイパーでありガンスミス 老骨の教えは受け継がれ途絶えず
サフィリア魔王信仰の宣教者と名乗る 能天気だがやり口は狡猾
ブリジッド六臂持つ鍛冶屋 腕前、気構え、共にプロ
ウルガン大剣持つ魔獣狩り 誅殺部隊の切り込み役 舞台の上では王子様
リッキー無口なレンジャー 手話でのみ語る その胸に秘めるのは情熱か
ネピェ劇団銀月・カタコンベの経営役 奇天烈な言行と強かな経営戦略
キール劇団銀月の小道具役・カタコンベのセーフハウス管理 冷ややかな態度と冷ややかな身体
イーリアス街の武術道場の師範 豪放磊落・明朗快活
グリム観察屋? その瞳が夜の闇を写してなければいいが
ジャック誅殺部隊の新人 純粋さと危うさが天秤を成す
リリネ二人目の魔女 目隠れが被っている
クロウ誅殺部隊の暗殺者 年若いが牙は鋭く身は軽い
ダー・フェンザー猫人の錬金術師 とかく掴み所がない
クウネル食の魅力を見出した天使 天啓はかくも美味を指す
セン北国出身の付与魔術師 魔術とは血筋を選ぶものか
久世幼き修行僧 新しきを知るも修行のうちか
クーロ輪国より来た淑女 輝ける髪、輝ける心
エリッサハーブを扱う店を営む 香りは心を沈める
スパンキー誅殺部隊の問題児 金に貪欲な身の上は理解するが
リュキア地図しか無い本屋を営む 示す道標は迷宮からの出口か、袋小路か

描いてもらった Edit

闇夜に紛れ Edit


Last-modified: 2017-12-13 Wed 20:30:57 JST (701d)