Edit

灰が舞ったかのような霧の中を進むと辺りは薄暗くなっていく

臆さずに進めば地面には人工的な石が混じり行き先を示す

晴れぬ闇を湛えた遺跡の入り口へと

遺跡主/老いた魔物

!!ああっと!! Edit

編集:info/黄昏歴
黄昏歴 1104年10月(西暦 2021-11-28)
NEXT : 6/22
カレンダー

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  •   -- 2019-11-08 (金) 01:29:25
  •   -- 2019-11-08 (金) 01:29:30
お名前:
 余の部下となるならば…  世界の半分を貴様にやろうhttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp014458.png 
edit/refer
&br; &size(){}; &ruby(){}; \/ ''''

ログ1  ログ2  ログ3  ログ4  ログ5  ログ6

100年後


概要 Edit

  • 遺跡
    • 街の外、霧の晴れない地帯に存在する謎の遺跡。
      噂によれば極めて古くからあるとされているが定かではない。
      入り口は二つあり片方は石の扉、片方は木の扉となっている。
      木の扉を潜ればこの遺跡の主に会えるだろう。
      石の扉を潜れば…黄金時代の残り香、もしくは枯れ果てた夢がそこにある。
      石の扉は遺跡主が生み出した無数の異界へと繋がっており、
      かつて滅びた種族や植物、更には宝物なども発見する事が出来る。
      ただし階層によっては極めて危険な魔物も居り最悪命を落とす事もあるだろう。
+  その他遺跡の細かい情報

qst082586.png
  • 遺跡主
    • 身長2m以上の長身と逞しい体躯を持つ魔族らしい魔族。
      純白の髪と金色の瞳を持ち並々ならぬ黒い威圧感を持つ。
      その老いた姿と膨大な魔力からは遥か昔…黄金時代の気配が、
      更にはそれ以上の過去を感じさせる事だろう。
      しかしその昔話にありふれた魔族の姿とは対照的に対話は容易であり、
      想像よりも危険度は低いと感じるかも知れない。
+  その他遺跡主などについて

+  来訪者

相談やら何やら用 Edit

お名前:
  • ああ……どうかお大事になさってください -- ディアマンテ 2021-11-18 (木) 01:34:35
    • (食物繊維を大量に摂りすぎてトイレに起きる老人)フフ…心配痛み入る、気持ちは有り難く受け取ろう…
      だが此度の手術は緊急的なモノではないのでそこだけは安心して良い…内服だけで20年30年と安定する事は伝えられているからな
      そこから先、そしてもしもの時の安定の為の手術なので余としては気楽なものよ -- 老いた魔物 2021-11-18 (木) 02:54:26
  • 爺様よ、入院するってほんと?(手土産の芋きんつば差し出し) -- ヌエ 2021-11-16 (火) 22:15:28
    • 事実だ、フフ…この歳になれば十や二十不調が出る事もおかしくはあるまい?
      (熱いお茶を二人分用意すると和菓子切と共に芋きんつばを出す)12月に脳のバイパスをする、7月の緊急入院から随分と掛かった… -- 老いた魔物 2021-11-16 (火) 22:21:44
      • 久しぶりに訪ねてみたらよもやこんな事になっていようとは(熱いお茶にふうふうして冷ます猿)
        まあ確かに爺様の歳なら致し方なし 十分に準備整えて養生しとくれ
        しかし緊急入院も怖いなボクまだ経験したことないから(むっしゃむっしゃ和菓子をむさぼる猿) -- ヌエ 2021-11-16 (火) 22:31:36
      • (熱い茶を静かに口にする)その点は重ね重ね面談を受けているのでな、手間と感じる程度には入念に用意は出来ている
        とはいえ脳だ…医者としても準備に関しては過剰という事も無いのだろう、軽い手術で済む道を模索もしていたようだからな
        (一口大に切って口に入れて)ふむしっとりとしている、あれには余も少々驚いた…今の入院の為の手続きが何なのかと言う程に簡易な手続きのみで入院したからな、お陰で随分と良くなったが…小指と薬指の痺れも消えた -- 老いた魔物 2021-11-16 (火) 22:54:36
      • こういうのは過剰なくらいが丁度いいと言うでな ま、かといって過剰な心配もそれはそれで負担になるし良い塩梅を探るしかないの
        (和菓子をお茶で流す猿)ほっほっほ この時期の芋きんつばは格別よ やはり和菓子には熱いお茶に限るわい
        脳とか手術とか門外漢すぎて重い軽いの区別もつかぬよ 精々退院が早くなれば良いのう、そしたらまたこうして茶でもしばこうぞ
        緊急入院だとそういうのも手っ取り早くなるんかの というか痺れってなにそれ怖い やはり自覚症状がある内にとりあえず病院に行くのが吉っぽいな早期発見大事 -- ヌエ 2021-11-16 (火) 23:07:43
      • それも全ては年末の手術が過ぎれば軽くはなろう、そういうものと割り切ってはいる
        時期のモノには時期のモノの良さがあるか、常春というものにも多少の季節は必要かも知れぬな(不思議な事を口にしつつ口の中の僅かな甘さを茶で流し)
        そうするとしよう、最長で2週間の入院と言われてはいるが人によっては随分と早まる事もあるという。個人的にはICUを覗ける事が興味深いので精々多くを記憶に留めて帰るとしよう
        余の時は…書類を2枚書いて渡したら即座に病室だったな、他にも自覚症状はあったが進行そのものは酷く遅かったらしく軽症で済んだ…ただ最初期の数時間以内なら完治したとも言われ僅かな違和感で病院に行く大切さを痛感させて貰ったわ(病院に行ったのは初期症状から数ヶ月後) -- 老いた魔物 2021-11-16 (火) 23:24:33
      • (こそっとお茶菓子に栗入りどら焼きを幾つか追加しておく)やほー、なんか色々と大変っぽいけど頑張ってね!という感じと共に すんごい久しぶりにお爺ちゃんを見かけ、
        懐かしいお話をしてたんで益体もないボツネタ(顔の名前)をお届けした私ですっ。本ネタが幾つかあったのがよかったよかった(ぴっと敬礼)
        入院はたいへんだよねー。私ん時はあれ調子悪いなーって思って行ったらそのままドライブスルーの如く書類の一つも無くスゥーっとベッドへお届けだったからびっくりしたなぁー。
        ヌエちゃんもほんと気をつけてねちょっとでも変だって思ったら即座に病院行くように!できればおっきいとこで!(代わりにきんつば一切れかすめとって逃げた) -- 緋乃 2021-11-16 (火) 23:39:55
      • うむうむそうだのう ボクもこの虎足で無事に終わることを祈っておるぞ(肉球合わせてなむーしながら)
        快適空間もなれるとマンネリするでな、多少の刺激も必要なのはボクよりも長生きの爺様の方が実感しとろう
        まあかと言ってこんなサプライズは早々起こってほしくはないがな……二週間ならばあっという間よ これを機にたっぷりと体を休めるがよいよい探検も程々にの
        ふっふっふ爺様も油断する時があるのだな しかし運が良かったではないか、それならば今回は念入りに準備もしとるしもっと大丈夫であろ
        ボクは臆病だから定期検診行っとるし、ししし まあたまにお腹痛い時あったり低気圧にやられていたりするけどこれはいつものことだから平気平気(慢心) -- ヌエ 2021-11-16 (火) 23:44:51
      • 余にとって勇者と来ればまずはそなたであろうよ、この星に於いてその時に前に立つ者に非ぬというのは惜しい程にな
        あれの正体は確かに当時疑問に思ってはいたので良いネタよ、マルベリー改め余も随分と満足した
        成程更に緊急時は書類すら無いか…(勉強になるなと頷きつつ出されたどらやきをバクリと齧る)茶の一つでも飲んで行けば良いものを

        魔性の身に仏の祈りとは縁起の悪い(苦笑を返す)フ…だが慣れてくればこれも良い経験だ、二度は無いが…あの病院はベッドが固くてな
        油断をするからこその魔性とも言えよう、普段のそなたの様にな(軽口を叩きつつもその程度ならばと頷いて)ただ痺れだけはどの部位であれ常々気を付けねばな、定期的に起こるならば病院だ -- 老いた魔物 2021-11-16 (火) 23:56:02
      • 爺様も緋乃ちんも入院経験ありとかもしかして入院経験有りは結構多い……?(さも有りなんという顔しながらどらやきとお茶を堪能する)
        ほっほっほボク自体になんのご利益も無いでな それなら何にでも縋って利用しようほどに なになにこういうものに信仰の壁などあってないようなモノ 使えるもんは使わんとな
        こんな存在ならばちょいと隙きがあるくらいがご愛嬌というものよ(隙きだらけでダラダラしながら)しかし日々畳にオフトゥン敷いて寝る派だが固いベッドはボクも嫌だな用心しよう
        今の気候なら単に冷えで血行が悪くなってるだけというのもあるが、今後も異常があったら即病院を心がけようぞ 爺様も若くないのだからな
        んではお菓子もお茶も馳走になったしボクも帰るとしようかの 爺様も大変であろうが頑張るのだぞそんでまたお菓子をおくれ ではなー(ドロンと煙を上げて帰っていった) -- ヌエ 2021-11-17 (水) 00:20:10
      • 統計では5年経つと6人に1人入院するという、であらば周囲を見渡せば存外多かろうな…無論単なる怪我の入院も含む
        さて…どうであろうな、余が常々そなたとの約束の下にと口にしている以上案外人の世では崇められているやも知れぬ
        (冗談めいてそんな事を言う、実際冗談も含まれているのかも知れない…人間に対してだが、極めて迷惑な冗談だ)
        此度痛感したのは睡眠を疎かにして起こる弊害よな…さしたるモノではないと思っていたが医者が膝を交わす距離まで詰めて間近で叱られた…
        余もそれと共に異常に重い布団と異常に硬いベッドと異常に薄い枕を味合わぬ為に健康に気を使うとしよう
        そうか、それではまた(言葉少なに再会の言葉を返し見送れば一人芋きんつばを口にする) -- 老いた魔物 2021-11-17 (水) 00:44:36

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2019-11-02 Sat 04:51:37 JST (757d)