再び木剣を握る

ナギ &color(red){ };  相手 &color(blue){ };  日常用 &color(#CD1076){ };
【文字サイズ調整】&size(){xxx};  【画像挿入】 &ref(画像,XxY);   【ルビ】 &ruby(xxx){xxx};  【改行】 &br;
【強調体】''xxx''  【斜体】'''xxx'''  【強調+斜体】'''''xxx'''''
お名前:
  • (冒険依頼に昔の知り合いと同じ名を見つけ訪れる) -- アル 2009-09-16 (水) 10:43:22

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • (冒険依頼に昔の知り合いと同じ名を見つけ訪れる) -- アル 2009-09-16 (水) 10:43:22
  • あら……? 今月同行したっぽいのに……幽霊だったのかしら? -- ヒステリック 2009-06-02 (火) 16:17:55
  • あ、あれ…? ナギさん……? -- 洗い屋 2009-05-26 (火) 04:24:32
  • ナギさーん!遅くなってごめんね!! はい、チョコレート!今年も一年よろしくお願いします!!(チョコレートを渡しながら) -- 洗い屋 2009-05-21 (木) 03:27:57
    • 遅い?(今年も1年宜しくとの声に年始の挨拶だろうかと考えれば確かに遅いと納得する)
      問題ない。この洋菓子は、確か昨年の・・・。ありがたく頂こう(ぺこりと静かに会釈をすると、チョコレートを受け取った)
      -- ナギ? 2009-05-22 (金) 00:46:57
  • 折角の差し入れ 冷ましてしまった、すまん (鯛焼きを齧りながら現れる) -- ネズ? 2009-05-18 (月) 16:31:46
    • 多少は冷めても食べられるとは思うが、味のほうは矢張り焼きたてに劣る。
      が、別に謝ることでもない。(少しムスっとしたような普段どおりの表情ではあるが、お茶を淹れる際に散りんと鈴が鳴った)
      -- ナギ? 2009-05-18 (月) 21:21:06
      • (困った、という表情で柄にも無くチューと鳴く)
        つ… 次は私が差し入れよう、ナギは何が好きなのだ -- ネズ? 2009-05-19 (火) 00:25:58
      • (思わぬ返しに手が止まる。気にすることでもないのだが・・・)
        それは・・・気が引ける・・・というものだ。あれは私が好きでやった物で、さほど気にすることでもないのだ
        (それはかつて討ち取った相手への贖罪の気持ちだったといえる。ネズにあの忍者を重ね見ている事にナギは気付いてはいなかった。鈴の音が響いた)
        -- ナギ? 2009-05-19 (火) 04:51:39
      • ん… そうか… その、私はこう他人の好意を受けるようなことが今まで無かったからな…
        どう返していいかわからず、その上冷ましてしまい怒らせてしまったかと。 そうだ…感謝している、ありがとう
        (鈴の音にピクリと耳を動かしながらも、思い出したかのように感謝を述べた) -- ネズ? 2009-05-19 (火) 05:36:00
      • 別に、好意というほどの(しかし矢張りあの行為は好意なのだろう、そう思うと少し可笑しく、くすりと笑う)
        こほん・・・怒ってなど居ない。其れは確かなのだから、心配御無用。
        その、礼を言われるほどの事も・・・。わ、私こそ留守に尋ねてすまなかった(礼を言われる事など思いもしなかったのだろう。慌てた様子に首もとの鈴が反応する)
        -- ナギ? 2009-05-19 (火) 05:58:19
  • ん…、人と共生する鬼とは珍しいな (木の上から見下ろして) -- ネズ? 2009-05-09 (土) 07:24:36
    • そこにいるは何者ぞ?(外での寒稽古。すでに葉の落ちた木の上に人の気配を感じれば、木剣を振るう手を止め声をかける) -- ナギ? 2009-05-09 (土) 07:29:38
      • (鉢金付きの頭巾を首元に下げ、鬼のもとに飛び降りた) ん、邪魔をしたか?すまんな -- ネズ? 2009-05-09 (土) 07:39:12
      • 仔細ない。(頭巾を下ろせば見覚えのある耳と尻尾。驚愕に目を見開き)
        お主・・・ネズミの獣人(ヴァーナ)・・・か・・・?
        -- ナギ? 2009-05-09 (土) 07:47:16
      • …鬼が何を驚く ネズミがそんなにも珍しいのか? (少し困惑したような顔で) -- ネズ? 2009-05-09 (土) 07:56:13
      • ネズミの獣人(ヴァーナ)とは一度・・・ここに来る前に会った事がある
        剣も交え・・・(一瞬の沈黙)討ち取った(よぎるのは悔恨だろうか?)。最後の生き残りだと聞いていたゆえ
        -- ナギ? 2009-05-09 (土) 08:13:19
      • ふむ…、なるほどな その者が忍びだったのなら、私の一族の者かもしれん
        かと言って敵討ち、などと言う気もない そう難しい顔をするな、鬼よ (ふっ、と笑う鼠) -- ネズ? 2009-05-09 (土) 08:36:31
      • 忍の術を身に付けた手ごわき相手だった(すこしだけ懐かしい思い出に浸る) -- ナギ? 2009-05-09 (土) 08:48:26
      • めぐりあわせとは面白いものだ…、私はハツカネ忍軍第百三十代目当主、初鐘 杜松だ また会おう鬼よ ではな(木から木へ飛び去っていった) -- ネズ? 2009-05-09 (土) 09:11:33
      • 神武式剣術三級、ナギ(身軽に飛び去る姿を、見えなくなるまでじっと見送った// -- ナギ? 2009-05-09 (土) 09:48:52
  • (ハッピーバレンタインと書かれたチョコレートが届けられた) -- 洗い屋 2009-05-08 (金) 18:17:06
    • かたじけない・・・ふむ洋菓子(一つパクリと口に入れる)
      甘いのだな(すっと音も無く立ち上がると、台所へお茶を淹れにいった)
      -- ナギ? 2009-05-08 (金) 20:49:33
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst037008.gif<酒場で立ってくれた時のドットだよー -- 2009-05-08 (金) 06:37:43
    • これは・・・かたじけない(受け取る。愛らしさに珍しく笑顔になり、小さくフフッと言う笑い声が漏れる) -- ナギ? 2009-05-08 (金) 20:06:12
  • びっくりするほど発情薬が振り撒かれた -- 2009-05-07 (木) 17:06:04
  • あ、海での人だ おはよー(走りこみの途中で発見する) -- リスト? 2009-05-04 (月) 09:39:24
    • おはようござる。うみんちゅ? -- ナギ? 2009-05-04 (月) 18:46:28
  • 上げかけたので尻をなでる -- 2009-05-04 (月) 09:04:11
    • あれは・・・見切って居たのだ(木剣を振り下ろす) -- ナギ? 2009-05-04 (月) 09:14:30
      • 見切ってたのか…ゴン(三秒差の人に挨拶に来たら木剣の洗礼を喰らうエルフ) -- グレーティア 2009-05-04 (月) 09:36:49
      • あ・・・。失礼をした。怪我はないだろうか?(すこし慌てたのか、ちりりんと鈴がなった)
        ・・・こほん。剣士たるもの、見切りの一つや二つできて当然。
        -- ナギ? 2009-05-04 (月) 18:44:11
  •  大変おまたせしました・・・
    西洋剣派だったのですが、最近刀のきれいさがわかってきました あと櫂で殴るって普通に斬るよりエグいですよね -- 2009-05-03 (日) 18:10:19
    • かたじけない
      刀はただの人を斬る道具。それを見て何を感じるかは、受け取る者の感性なのだろうな(こやすの話に素直に感心する)刀で斬らば両断(まっぷたつ)だが、木剣で殴ったくらいではやすやすと人は死なぬ。と、思う。
      -- ナギ? 2009-05-03 (日) 19:39:13
  • よ、こないだの礼に来たぜ。道教えてくれてあんがとな、お陰ですぐに帰れたぜ(ドーナツが入った袋を持ってやってくる) -- アル 2009-05-02 (土) 18:06:08
    • (鋭い日差しの下に影を見れば、それは先日の男。わずかに目を逸らしつつ、それはなによりと答える)
      これは・・・洋菓子か。(アルの手にする袋をみるとふむと小さくうなり、すこし休憩にするかと木剣を壁に立てかけた)
      -- ナギ? 2009-05-02 (土) 18:45:04
      • ああ、さっき焼いたばっかだから美味いと思うぜ。多めに作ったから後で食っても良いしな(靴を脱ぎ、軽く一礼して道場に入る) -- アル 2009-05-02 (土) 18:49:10
      • 焼き菓子か(しばし待たれよと言い残し道場を出る)
        (外からのセミの声だけが道場に響く。暫くすると、盆に湯呑みとお茶の入った急須を持って戻る)
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 19:16:34
      • 茶か。あんがとよ、この陽気で喉がカラッカラになっちまってさ(そう言って笑う)
        えっと、ここに座って良いのか? -- アル 2009-05-02 (土) 19:20:15
      • (麻で編んだ座布団をすすめる。急須からお茶を注ぎ、一つはアルの前におく) -- ナギ? 2009-05-02 (土) 19:36:09
      • (座布団に座り、茶を一口飲む)ふーッ!生き返る気がするぜ
        ドーナツ、ここに置くぜ(ドーナツの入った袋を開け自分とナギの間くらいの場所に置く)
        ドーナツ食べるのは初めてか?こっちじゃ結構ありふれた菓子なんだが -- アル 2009-05-02 (土) 19:42:26
      • 西方を旅して長い。数度口にした事が(いただきますといって手を合わせる)
        (一つ手にとり小さく口を開けて上品にもしゃりと食べる。2、3口にしてから、湯気の立つお茶をズズと口に流し込む。口元がすこしほころんでいるようにも見える)
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 20:03:13
      • ん、そりゃ良かった。驚くよーなもん渡すのはもうちょっと親しくなってからじゃねーとな
        結構自信作なんでな、気に入ってくれっとありがたい(そう言って自分も一つ食べる)
        そーいやよ、やっぱナギは良いトコのお嬢さまなのか?なんつーか雰囲気とかから思ったんだけどさ(ふと思った疑問を口にする) -- アル 2009-05-02 (土) 20:21:11
      • ほぅ・・・(自分で作ったと聞き、手元のドーナツとアルとを見比べる。)菓子職人であったか(むしゃり)
        (お嬢様と言う単語に反応したのだろうか?わずかに不機嫌そうな表情を見せる)(おれ)の家は武家だ。代々殿にお仕えし、軍事をつかさどっている(むしゃむしゃ)
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 20:52:03
      • カハハ、ちげーよ。俺は冒険者。料理はあくまで趣味さ、菓子以外も作れっしな
        武家……つまりは騎士とか将軍とかか、それってやっぱ庶民から見りゃお嬢様じゃねーの?殿ってのは要は王様だろ?それに仕えてんならスゲーと思うけどな(悪気なく聞く) -- アル 2009-05-02 (土) 21:00:22
      • 趣味・・・か(料理をする男性と言うのは、本職以外ではあまり目にした事が無かった。すこし不思議そうな顔でむしゃり)
        ふむ・・・深くは考えた事が御座らぬ(
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 21:35:26
      • ああ……つーか、美味いもんが食いたきゃ自分で作るしかねー環境だったもんでな。それでも本職にゃかなわねーが
        ん、そーゆーもんなのか。ま、俺も雰囲気っつーか物腰みてーなのでナギがいいトコのお嬢様なのかなって思っただけで、そーゆーのキチンと分かってる訳じゃねーしな -- アル 2009-05-02 (土) 21:43:09
      • 料理か・・・(それもまた考えた事は無かった。自身が作れるのは焼き魚くらいだろうか?)
        幼少より兄たちの身のこなしを見て育ったがゆえのことだろう。
        -- ナギ 2009-05-02 (土) 22:13:06
      • ああ、特に冒険に行った先じゃ店で済ますって訳にもいかねーしな。持ち歩ける保存食にも限りはあるしよ
        兄貴かー……一緒に過ごせてたってのは羨ましいな(故郷の兄を思い出し少し懐かしそうに)ナギの兄貴はやっぱナギみてーに寡黙でキッチリした人なのか? -- アル 2009-05-02 (土) 22:23:28
      • 確かに現地調達は、旅において重要也。軽視するつもりでは無いが、贅沢も出来ぬ。食べられればそれで十分(食べ終わると、ぺろりと唇の砂糖を舐める)
        兄は・・・個性豊かと申そうか。だが、どの兄も立派なサムライで御座る(手を合わせ、ごちそうさまでしたとつぶやく)
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 22:53:35
      • カハハ、せっかく採った獲物を美味くする為にちょっとした工夫やテクニックを身につけるのは贅沢にゃならねーと思うぜ
        サムライか、名誉を重んじ弓と槍の扱いに長ける東方の騎士……っと、お粗末様
        ところで、ナギ……ちっと頼みてー事があるんだけど、良いか?あ、聞いた後で嫌だったら即断って良いから -- アル 2009-05-02 (土) 23:00:39
      • (アルの言に納得したように軽く頷く)
        サムライはサムライ、それ以外のものでは御座らぬ(むくれたように頬を膨らます)
        頼み?なんでござろうか?(佇まいをただし、きちっと背筋を伸ばすとまっすぐにあるを見つめる金の瞳)
        -- ナギ? 2009-05-02 (土) 23:09:07
      • っと、すまん。本場のサムライがどーゆーのかイマイチきちんと分かってなくてよ
        ああ、怒らないで聞いてくれよ。もし良かったら、ナギの足を嗅がせてくれないか?舐めさせてくれるともっと嬉しい(真剣) -- アル 2009-05-02 (土) 23:12:02
      • ・・・あし・・・?ってあの、足?私の?(いきなりの話にワケがわからない様子)
        何故、足を?何か理由がおありか?
        -- ナギ? 2009-05-03 (日) 00:28:51
      • ああ、ナギの足を舐めたい
        理由って言ってもな、正常な男ならきれーな女のきれーな足を触ったり嗅いだり舐めたりしたいもんだろ?こないだ見た時からナギの足が脳裏に焼きついててさ
        いや、もう一度言うけど嫌なら断っていーんだぜ -- アル 2009-05-03 (日) 00:40:00
      • そ、それはつまり、男女としてのこ、ことでござろうか。(赤面する)
        お断りいたす!(おれ)も武家の子。そのようなこと、だ、断じてっ(悔しそうにぎりと膝の上の拳を握る。)
        -- ナギ? 2009-05-03 (日) 01:20:16
      • ん、突然変な事言ってごめんな
        ただ武家ってのがどーゆーのかは知らないけど、こーゆーのに生まれは関係ないと思う
        ……でも、ごめんな(ナギの様子にもう一度謝る) -- アル 2009-05-03 (日) 01:24:09
      • わ、わたし(おれ)はもののふだと思っているし、そうありたいと思っているっ!
        そ、それを、それは、その様に見るのは、無礼ではないかっ(悔しさか怒りか、袴を握る拳はぎゅっと握られ目に涙を浮かべる)
        -- ナギ? 2009-05-03 (日) 07:37:17
      • ナギを傷つけちまったなら本当にすまない、このとおりだ(深く頭を下げる)
        でも、もののふ……立派な戦士だって事ときれーな女の子だって事は矛盾しないと思う -- アル 2009-05-03 (日) 09:00:23
      • それは、そのような、目で見られる事が、(おれ)が未熟な証・・・っ -- ナギ? 2009-05-03 (日) 16:29:44
      • いや、俺が考え無しだった……すまん、今日は…もう帰るよ -- アル 2009-05-03 (日) 16:36:04
      • (ちりりりんと言う鈴の音が道場を去るアルを見送った) -- ナギ? 2009-05-03 (日) 16:50:50
  • なんだかちょっと怖そうな人!! でも多分そうでもない!!
    こんばんはー!毎度おなじみ洗い屋さんでーす! 酒場のお導きのまま遊びに来ました!! -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 04:05:04
    • (みぃんみぃんと夏の日差しに合わせるかのようなセミの声。道場の扉を開くと、むわっとした空気が外へと流れ出す)
      客、か・・・(ひゅんと軽い風きり音と共に櫂のような木剣が振り下ろされ、ピッと汗が飛ぶ)
      (窓を開け風を入れると麻で編んだ座布団をだし、すすめた)
      -- ナギ? 2009-05-01 (金) 04:12:15
      • おぉー!なんか道場だ! はじめて見た!!(勧められた座布団に座りながら)
        それは剣なのかなー? 変わった形の剣だね! -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 04:19:17
      • (手ぬぐいで顔の汗をぬぐう。木剣を置き、向かいに座る)
        櫂を用いた稽古用の木剣なり。之ならば、重さもちょうど良い。(再び右手にて木剣をつかみ、座したままぶんと振る)
        洗い屋なるは洗濯物屋のことであろうか?
        -- ナギ? 2009-05-01 (金) 04:27:41
      • あーそっかぁ!木だから、軽いんだ!! だから大きくして重くしてるんだね! おぉー…(片手で剣を振るうのを見て感嘆の声を漏らす)
        あ、うん! 洗濯物屋さんとはちょっと違うんだ! 洗濯もするけどね、掃除洗濯お皿洗い、車に船に飛行機に!とにかく何でも綺麗にするよ!! 亀の子タワシとママレモンで遺跡のお掃除だってやっちゃう!!芸術家マジ最強!! -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 04:34:23
      • (ごとりと木剣をおろす)
        ふむ(襟元から手をだし、顎を擦る。これは兄の癖であり、その真似であった。相手の言っている事を半分も理解できなかったが、そういうものなのだろうと思い、深くは考えない。そういう性質なのだ)
        芸術家・・・というのは絵師や彫り物師のことであろうか・・・。強いのか?(目を細める。それはどこか、獲物を値踏みする獣がごとき目にも見えた)
        -- ナギ? 2009-05-01 (金) 04:41:39
      • 芸術家って言っても私は作る芸術じゃなくて、洗う芸術なんだよ。真っ白に!ぴかぴかに!一片の汚れなく!!!芸術的に洗い上げる!!
        芸術家は強いよぉ? 今まで何度も死にそうな目にあってるっていうのに、この通りぴんぴんしてるからね! ちょっとやそっとじゃやられないよ!!(値踏みする目もものともせず、にこにこ嬉しそうに自分の得意なことを話す) -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 04:51:54
      • 洗う?(矢張り何を言っているのかはナギには理解できなかった)
        (身のこなしは武術をたしなんでいるようには見えない。魔術師の類であろうか?世界は広い。ナギは自身の考えも及ばぬものがあると言うのをよく知って居た。そして、そう言うものを斬り捨てて来たのだ(己1人の力では無いのはよくわかって居た)
        (そんな相手の事を思い出したのか、それとも。口元に笑みが浮かび、じわりと肌が汗に濡れた)
        -- ナギ? 2009-05-01 (金) 05:07:55
      • そう、洗うの! 真っ白に洗い上げる技術は芸術的に!! 職人通りこして芸術家なんだよ! -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 05:13:19
      • ふむ(じっと聞いている様で、全く何を言っているのか理解して居ない。相手の話すに任せ、その挙動を仔細に観察する) -- ナギ? 2009-05-01 (金) 05:22:58
      • うん? 分からないかなぁ。とにかく…仕上がりが芸術的な、何でも洗う洗い屋さんなんだよ! -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 05:37:23
      • ふむ・・・ふむ(そもそもナギには芸術と言うものがよくわからない。綺麗な絵を見れば綺麗だと思う。が、それは芸術と言う言葉に置換する思考が出来ない)
        (まくし立てる少女はまるで隙だらけに見える。ナギにはこの少女の強さが良くつかめなかった。これは、試してみるしかあるまい。)
        (もしかしたら、そう思うよりも早く動いていたかもしれない。)
        (それは、座した姿勢からの居合いの応用であった。木剣を握り、膝立ちに立ち上がり斬り上げるようにして少女に打ち込む。全ての動きが連動した流れるような一太刀)
        -- ナギ? 2009-05-01 (金) 05:46:05
      • うん!だから何か洗ってほしい物があったらいつでも…。っ!?(喋りに夢中で油断しきった下顎を掬うような見事な一撃! すかーん、といい音がして、そのまま後ろにぶっ倒れる) -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 05:53:03
      • (残心。確かに手ごたえはあったが、いつでも二撃目を入れられるよう構える。外見が人と同様であっても人にあらざるものもいる。木剣を構えたままじっと相手に様子を伺う) -- ナギ 2009-05-01 (金) 06:01:48
      • 芸術家じゃなければ危なかったぜ…(下顎をさすりながら起き上がる)
        急に何するのさ!!危ないじゃないか!!(手は腰に、ぷんすか怒る) -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 06:05:37
      • (浅かったのだろうか?確認のために上段からぶんと木剣を振り下ろした) -- ナギ? 2009-05-01 (金) 06:10:30
      • ぎゃー!!またーー!?(次の一撃は不意打ちではない正面からの攻撃。間一髪で後ろに避ける)
        こ、こ、こんな危ないところに居られるか!私はお部屋に帰らせてもらう!!(まきびし(スチールウール)を撒いて、たったかたーっと逃げていく) -- 洗い屋 2009-05-01 (金) 06:13:57
      • (少女の身のこなしに、矢張り最初の一撃はかわされていたのだと悟る)
        失礼した。今度はそちらから(参れと、木剣をギリリと振りかぶる)
        あ・・・(しかし少女は間合いには飛び込まず、踵を返して逃げる)
        これが逃げるにしかずというものか(床に落ちたスチールウールを拾うと、シャクシャクと揉んだ)
        -- ナギ? 2009-05-01 (金) 06:19:57
  • へいおまち -- 2009-04-30 (木) 02:03:50
    • うむ(郵便屋さんから封書を受け取ると、道場に入り封を切る)
      !?(取り出した中身を見た刹那、茹蛸のようになると言うのはまさにこのような状態のことだろう。肩から上が一瞬で湯気が見えそうなほどに真っ赤になる)
      (それはまったく身に覚えの無い状況であったのだからおそらく作り事なのだろう自分の姿に怒りと羞恥が交じり合い、眼には涙がにじむ)
      くっ・・・(破り捨てようと力を込めたところでハタと手を止める)
      (マジマジとその写真に映った男性のものを覗き込む。兄と何度も風呂には入った事があるが、性の対象として考えたことはなかった)
      (写真の中ではよくわからない白いものがかかっている腹を無意識に撫でる。あの人のモノもこうなのだろうか?そう思うと何故かその写真を破り捨てる事が出来ず、誰の眼にも触れぬよう受け取った時のように封書に治めると、床の間の掛け軸の裏に隠した)
      -- ナギ? 2009-04-30 (木) 02:39:45
  • (コロコロと坂道をロールキャベツ的なものが転がっていく) -- プラン? 2009-04-28 (火) 23:01:37
    • (キャベツ?訝しげに思い拾い上げ辺りを見回す。落とし主は何処か?) -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:19:48
      • ふにゃ?(掴みあげたキャベツから声がする よく見るとそれはキャベツではなく、葉で出来た服を着た少年だった) -- プラン? 2009-04-28 (火) 23:23:19
      • む?(声の主を探すと、それは胸元のキャベツであった。)
        (少々驚いて葉をめくり、それが人の姿をしている事を認めると途端に懐かしさがこみ上げる。妖精だろうか?妖精は、以前の冒険で尤も思い出深き生き物の一つであった。ほんの一筋、目じりから涙がこぼれたことには気付いていなかった)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:37:24
      • んー(眠そうな目をこしこしとこすり)……?あれ、浮いてる……? んー?
        どうしたの?(ナギの頬に流れる涙をちょいっと指でぬぐって) -- プラン? 2009-04-28 (火) 23:43:30
      • いや、何でも御座らぬ・・・
        (迷い子なのだろうか?)連れのものはおらぬのか?
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:57:33
      • 連れ? んーん、僕は一人だよ? ねぇ、下ろしてよ? -- プラン? 2009-04-29 (水) 00:04:24
      • す、すまぬ(ひょいと少年を下ろす。話しやすいよう、袴の裾をたくし上げしゃがみこんだ)
        では、この辺りに住む妖精だろうか?
        -- ナギ 2009-04-29 (水) 00:12:31
      • あ、ありがとう… んーん、僕は森から来たんだよ(と、あさっての方向を指さしながら)
        僕は妖精じゃなくってエイント エイントの王様、プランだよ 君はだれ? -- プラン? 2009-04-29 (水) 00:17:51
      • えいんと?・・・王様。ふむ、エイントの殿様と言うわけか(指された方角をみる)
        (おれ)はナギ。神武式剣術三級の剣士、ナギだ。
        -- ナギ 2009-04-29 (水) 00:31:56
      • しんむしきけんじゅつさんきゅうのなぎ 長い名前だね(記憶力は良いようだがあまり賢くはなさそうだ) -- プラン? 2009-04-29 (水) 00:38:31
      • いや、神の武と書いてジンブと読む。父上の名であらせられるのだ。長ければ(おれ)のことはナギで良い -- ナギ 2009-04-29 (水) 00:53:07
  • にゃー -- エメス 2009-04-28 (火) 21:35:34
    • なんだ狗か(届けられたものを大切に床の間に飾った) -- ナギ 2009-04-28 (火) 21:50:57
      • わふーん -- エメス 2009-04-28 (火) 21:56:06
      • (なんとなく自分を随分とかわいがってくれていた11番目の兄の声が聞こえた気がした) -- ナギ 2009-04-28 (火) 22:15:32
  • (あれがフンドシって奴か……足きれーだなー) -- アル 2009-04-28 (火) 20:59:40
    • (ふんどし姿で厠から出る。入る際に慌てたのだろうか、手前に脱ぎ散らかしてあった袴に足を入れ、慣れた手つきで身に付ける。庭先からその様子を伺う気配には気付かない) -- ナギ 2009-04-28 (火) 21:28:19
      • (偶然に見てしまった光景に目を奪われ、ぼーっとしている)
        (図らずも覗きになってしまった事に気付き、立ち去ろうとするが足元に落ちていた小枝を踏み、パキリと予想外に大きな音を立ててしまう) -- アル 2009-04-28 (火) 21:33:21
      • (うしろ板を背に当て紐を前に回そうとした矢先、庭先に響く乾いた音に手を止める)
        (侵入者だろうか?反射的にキョロキョロと当たりを見回す。ちりりんと鈴が鳴った)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 21:50:10
      • ヤバッ、気付かれたか……いや、下手に隠れない方が良いか(小声で)
        すまん、近くの山を散策してたらここに迷い込んじまってな。覗くつもりは無かった(両手を上げてゆっくりと歩いて有角の少女の前に出て行く) -- アル 2009-04-28 (火) 21:59:48
      • そうか・・・(でてきたのが人間、男であるのを認めると、ふんどしを身に付けているとはいえ尻を丸出しにしたあられもない姿である事にわずかに赤面し、手早く袴を身に付ける)
        それは・・・難儀だったな(もとより余り物事を深く考えられない性質、状況もあってか、無抵抗の意思表示なのだろうもろてをあげて近づく男の言に当たり障りの無い言葉で答える)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 22:08:48
      • ああ、すまないついでにこの辺の道も教えてくれっと助かるんだが……
        っと、名乗るのがまだだったな。俺はアル、いちおー冒険者だ。でっかいお屋敷だけど……アンタの家なのか?(道場を家と勘違いしている) -- アル 2009-04-28 (火) 22:14:48
      • ナギ・・・だ(名乗るのが恥ずかしかったのだろう、ぼそりと呟く)
        門を出でて暫くまっすぐ歩けば通りに出る。国元では斯様な家屋、屋敷と言うほどではないが、この地ではそうであるのか・・・
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 22:20:50
      • ありがとよ、ナギ。助かるぜ
        ああ、かなりデカいと思うぜ、少なくとも俺がいつも居る宿屋の部屋全部合わせたよりはデカいな -- アル 2009-04-28 (火) 22:27:55
      • 確かに。宿が部屋にくらぶれば広いな。(この地まで旅をしてきたナギである。幾度と無く宿に部屋を取る事もあった) -- ナギ 2009-04-28 (火) 22:33:04
      • 宿屋の部屋じゃなくて一つの宿屋にある部屋全部、さ。で、フツーの家は宿屋よりずっとちっちぇえだろ?
        だからこの建物は屋敷じゃねえかって思ったんだが(道場を見ながら) -- アル 2009-04-28 (火) 22:44:21
      • ふむ・・・(鈍い少女もこの男の指すものが道場である事を悟る)
        こは剣術の鍛錬のための場。住居に非ず。
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 22:54:28
      • え、そーなのか?ありゃ、素で間違えてた……こーゆー建物見るのは初めてでな
        剣術か……見た所、東の方の服装だけどそっちの方の? -- アル 2009-04-28 (火) 23:00:53
      • 珍しいと言われれば、そうなのかもしらん(あまり物事に頓着しない気質か)
        如何にも東は倭の地、ナバリの国の出だ。
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:16:32
      • ナバリ……初めて聞く国の名前だな、俺に学がないせいかもしれねーけど
        東の剣術は独特な技を使うらしいな。機会があったら習ってみてーけど、やっぱこーゆーのは他の人に教えちゃいけないんだろーな -- アル 2009-04-28 (火) 23:28:17
      • くにもとに戻れば兄たちに教えを請う事も出来ようが、(おれ)の技前は三級、人に教えるほどのものでは御座らぬ。 -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:39:04
      • そっか、そりゃ残念。ちっとは生き延びる確立を上げられるかと思ったんだが
        んじゃ、そろそろ行くわ……あー、今度また礼に来るからよ -- アル 2009-04-28 (火) 23:48:38
      • うむ(男の礼と言う言葉に訝しげな表情で見送る)
        (しばしのち、その意味を理解した時、もう1度赤面した)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 23:54:36
  • (3人でもまあなんとかなるだろうと静かな足音が微かに響く) -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 04:21:58
    • (来客の気配に音も無く立ち上がると、道場の戸をあけた。)
      (夏の気配を感じさせる日差しに目を細めると、果たしてそこに男の影をみる)
      何用であろうか?(男の振りまく潮の香りに懐かしさを感じる)
      -- ナギ 2009-04-28 (火) 04:27:57
      • ……此が建物と主様を御座いますか?(ぺこっと頭を下げた後唐突にそんなことを聞く鱗男)
        付近と戦闘は練習にできる場所やあり、と噂か聞きまして探しておる最中の御座います -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 04:37:23
      • ここは(おれ)が鍛錬のために借りている
        如何にも剣の鍛錬のための場所。が、ここはその様に名のとおった道場跡であったのだろうか?
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 04:43:29
      • アーナインめと冒険者が御座います。冒険者には月と一度冒険がする以外に暇を御座いますよって、噂話に数多う拾えまする。その一端の御座いますよ -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 04:46:58
      • (男の使う風変わりな言葉は旅をしてきたナギにも耳慣れぬものであったがアーナインと言うのが彼の名だと言うことは理解できた)
        神武式剣術3級、ナギだ。(男の言葉の真意は果たして理解できず、「そうか、暇なのだな」とひとりごちた)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 04:50:35
      • ええ、ええ、暇の御座います(笑顔で頷く鱗男)
        さても剣術修行の場、たるや魔術とは不適の御座いますな…探し直しやも知れませぬが、知己を増えたるに良い収穫は御座います
        (んー、剣術道場で魔術戦闘しちゃまずいか…ま、知り合い増えたしいいか) -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 04:56:13
      • (何か楽しいのだろうか?その真意のよくわからない男の笑顔にふむ・・・と呟く)
        魔術を使うか。(火だろうか水だろうか?それとは違う未だ見ぬ魔術だろうか?潮の香りといいこの男はナギにかつて戦った仲間を思い出させる)//
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 05:03:54
      • ええ、ええ…アーナインめとナエドが港を冒険者や唯一魔術師を御座います。氷が御座いますよって火事に心配と御座いません……なにか?(微かに首を傾げる鱗男、あるいはナギの表情にわずかに浮かんだ感慨を見咎めたのかも知れない) -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 05:12:31
      • いや、何でも御座らぬ。(アーナインの言葉に思い出へと行きかけた思考を現実にもどす)
        そうか、氷か。(ここに来る以前に所属していたギルドの頭目が使って居た、水に近いものだろうかと思考する)
        ナエドの港。港があるのか。そういえば海が近いとは聞いたやも知れぬ(初夏の香りに夏になったら海に行ってみるのも良いかと目を細めた)//
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 05:25:43
      • 港と御座いますがナエドは離島…海は御座いましたら海水浴場も確か御座いますよって、そちらが。本格的と夏がなれば調べてみるのも宜しゅう御座いましょう(くっくっくっ) -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 05:33:38
      • (男のくぐもった笑い声にわずかに不思議そうな表情を見せる)
        泳いで渡るもよい、が生憎この近隣の地理には疎いのだ。海水浴場と言うのは浜のことだろうか?尋ねてみるとしよう。
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 05:43:02
      • ええ、浜の御座います
        タイミングに合えばアーナインめと船もて御乗せ致しましょうな、では……そうそう。アーナイン・ミレットフィールドを御座います(去り際に振り返り名乗って帰っていく鱗男) -- アーナイン(鱗) 2009-04-28 (火) 05:51:31
      • 船は、久しく乗っていないな。その際は(よろしく頼む、と名乗る男に声をかける)
        (男が去ると、一度晴天をみあげ道場へと戻っていった)
        -- ナギ 2009-04-28 (火) 20:46:02
  • (じぃと眼を閉じ、座禅を組む。軽やかな鈴の音が道場に響いていた) -- ナギ 2009-04-28 (火) 00:56:57
    • (ほのかに漂う線香の香りを、初夏の風がゆっくりと撫でてゆく) -- 2009-04-28 (火) 02:05:49
  • (道場の中を覗き込みながら)うわっ、アレもしかして鬼っちゅうやつやないんやろうか…角生えとるし -- 2009-04-26 (日) 22:18:41
    • (視線を感じ、素振りの手を止める)
      (果たして外より己を覗きみる影を認めると、声をかける)そこな者。用があるのなら入ってきても構わぬぞ
      -- ナギ 2009-04-26 (日) 22:50:28
      • はっ…気づかれてたん!?いやー、何や珍しく道場があったからちょっと覗いちゃっただけやねん。気にせんといてー
        でもちょっと聞きたいんやけど…もしかして自分鬼とかだったりするん? -- 2009-04-26 (日) 23:02:34
      • 道場と言っても己が稽古のために借りているだけ。門下生などはおらぬ
        鬼?確かに鬼だが、それが如何したか?
        -- ナギ 2009-04-26 (日) 23:32:05
  • 憮然とした表情で鈴を鳴らしながら -- ナギ 2009-04-26 (日) 16:48:11
  • 道場の -- ナギ 2009-04-26 (日) 16:47:50
  • 雑巾がけを -- ナギ 2009-04-26 (日) 16:47:37
    • -- 2009-04-26 (日) 22:42:16
      • (いつものようにじっと座禅を組み、舌の上に置かれた秘石に意識を集中させる)
        (しかしどうだろう。普段であれば閉じた瞼を越え、壁を越え、視界が広がると言うのに今日は一向に何の光も見えない)
        それに・・・何か甘い・・・。(口中に広がるえもいわれぬ甘さにすこし頬が緩む)
        (それが飴だと気付くのは、まだすこし先の話である)//
        -- ナギ 2009-04-27 (月) 00:12:15
  • している -- ナギ 2009-04-26 (日) 16:47:14
  • 媚薬が振り撒かれた -- 2009-04-26 (日) 04:10:30
    • (急に道場を包む甘い香り。手にした櫂をぶぅんと振ると、風が漂う薬を拡散させる)
      少し吸ったか?(胸の動悸が激しくなり、呼吸が荒い)毒・・・か?・・・!?(じわりと湿り気を帯びる。むずむずとした身体の疼き)
      未熟・・・っ(あまりに不慣れな感覚に、ちりりんと言う高い鈴の音と共に崩れるように座す。冷たい床が火照った身体にひやりとする。心を落ち着かせんとじっと眼を閉じる)
      ・・・っ(瞼に浮かぶは遠き地にあるかつて共に戦った男の顔。振り払うようにぎりと唇を噛むが、それはより強くナギを悩ませる。小さく切なげに彼の名を呟く)
      (珍しく頬を高潮させ苛立たしげに道場を出たのは、それからかなりの時がたってからのことであった)
      -- ナギ 2009-04-26 (日) 05:41:35
  • 舌の上にコンドーム置いてるのかと思った -- 2009-04-26 (日) 02:10:23
    • 以前にも参られたな。近藤なるものは(おれ)の記憶にはござらぬが、これは家宝の御石『世界の眼』にござる -- ナギ 2009-04-26 (日) 02:13:37
  • ねえナギ、おしゃれってどうやってやったらいいかな -- アンジェラ 2009-04-25 (土) 16:16:14
    • ぶっ(突然の予想もしていなかった振りにお茶を噴出す)
      お、御洒落・・・か(考え込む)
      (考え込む・・・考え込む)
      (日差しも翳り始めた頃、ようやっと口を開く)誰かの真似でなく、自分しか出来ぬ服装というのはどうだろうか・・・?
      -- ナギ 2009-04-25 (土) 19:32:59
      • どっ、どうしたんだいナギ!? うん、おしゃれ。(ナギが考えるのをじーーっと見て待っている)
        自分しかできない服装…? 自分しか……角でも使ったらいいかな。あ、でもナギも角あるか。自分しか…?
        か、考えてみる。ありがとうねえナギ、またねえ -- アンジェラ 2009-04-25 (土) 19:36:46
      • うむ・・・。お洒落な武将は見ただけでそれとわかる甲冑を着装しているもの。武運を祈る
        (アンジェラを見送ると、すっかり冷たくなった茶を一口、口に運んだ)
        -- ナギ 2009-04-25 (土) 19:51:10
  • (雪の中をとぼとぼ歩いてきている) -- 眞子 2009-04-23 (木) 23:32:50
    • (いつも独りで居るときはそうして居るようにそっと目を瞑り、舌の上に乗せた石に意識を集中させる。さすれば、視界はまぶたを、周囲にある物体を越え、どこまでも遠く広がる。未だ父のように自在に使いこなせぬ家宝であったから、こうして修練を積んでいるのだ)
      (が、今日は門を越えたところで見慣れた少女を見た。足取りからこの道場に向かって居るものと思い、ちりんと首の鈴が小さく鳴り、立ち上がると草履を履いて門へ向かう)
      (ガラと門を開けると、果たしてそこに眞子の姿を見た)
      -- ナギ 2009-04-23 (木) 23:54:24
      • ふん、久しぶりだな……(門が開けられると、ナギに向かって静かにそう言った)
        お前は東洋の民だ、我が同胞である。故に今一度参ったといっておこう。(つまり遊びに来たらしい) -- 眞子 2009-04-23 (木) 23:58:33
      • あけましておめでとう。確か、眞子・・・であったか。久しいな。
        同胞・・・ふむ(納得したようなそうでないような表情)
        丁度正月。独り身ゆえ凝った料理などは無いが、市で買い求めた御屠蘇と餅がある。食べて行くがよろしかろう。(積もる雪が音を消し去るのか、招き入れんとする家の中はとても静かだ)
        -- ナギ 2009-04-24 (金) 00:06:34
      • 亜細亜はともに繁栄していく運命にある。欧米の屈辱的な支配から独立し、共栄することが俺の夢であり望みである、だからお前は同胞だ。
        ほう、我が祖国の正月そのものではないか……やはり和の文化が一番であるな。では、言葉に甘えるとしよう。 -- 眞子 2009-04-24 (金) 00:10:45
      • 亜細亜・・・?欧米?良くはわからぬが、己の国を治めているのは欧米などと言う名前の者にござらぬ。(が、まぁ良いか。と思うのは、細かい事を考えるに向かない性質のためである)
        眞子の国元でも斯様な正月を迎えるのか。世界は広いな。(七輪に火を入れ餅を焼くと、ほど無くぷくぅと膨らみ始める)
        (旅の荷物になるからか一人暮らしか、凝った食器などは無く、簡素なお猪口に一升瓶より直接酒が注がれる)
        -- ナギ 2009-04-24 (金) 00:32:13
  • くらえー
    • 何事ぞ -- ナギ 2009-04-23 (木) 22:50:36
  • ナギー、明けましておめでとうさんっ。いっしょにタイヤキ食べないかい?(鯛焼きを20個ほど袋に入れて抱えて、すでにひとつ食べながら) -- アンジェラ 2009-04-23 (木) 17:53:47
    • たいやき・・・ほぅ。正月の鯛の代用品。遠き地においても年始を祝う気持ちを忘れぬようにと言うわけか。(年初めのせいか、普段とはすこし装いの違う多少華やかな着物を身に付けている)
      丁度市に出て御屠蘇を買い入れてきたところ。(白い紙に包まれた一升瓶をごとりとおいた)
      -- ナギ 2009-04-23 (木) 19:46:59
      • ふえ?ああ、あっはは、アタシは出店で売ってたから買ってきただけさ。鯛って祝いの魚なんだ?(1個差し出して)
        おとそ…!? あ、え、えっと……あんま飲まないほうがいいって言われたんだ、おとそ。ナギも気をつけたほうがいいよ、蘇っていう鬼を殺すための酒なんだってさ -- アンジェラ 2009-04-23 (木) 19:52:11
      • 故郷では、祝いのときに食べていた。何故かは知らぬ。
        そうか・・・。己もさほど強いとは言えぬが、よほど酒に弱いのだろうか?正月は兄たちも稽古を休み、御屠蘇と御節で祝うのが慣わしであった・・・。(懐かしげに瞳を閉じる)
        -- ナギ 2009-04-23 (木) 20:28:03
      • そっか!ソイツも酒弱いんだ!あははっ、アタシも酒はダメなんだぁ。旦那さんはめっぽう強いんだけどねえ。
        ナギは兄貴がいるんだ。ナギ、キレイだから自慢だったろうねえ。今日の着物よおく似合ってるよっ -- アンジェラ 2009-04-23 (木) 20:43:56
      • そうか・・・夫か・・・(うらやましそうに目を細める)
        こ、之は別に正月だからと出してきた訳ではないのだ。それより、そう、己の兄の話であったな。
        己には、12人の兄がおり、家は五番目の兄が継いでいる。皆伝の技前であり、無論己など足元にも及ばぬ立派な兄だ(照れ隠しなのか触れては欲しくなかったのか、多少饒舌に語る)
        -- ナギ 2009-04-23 (木) 20:56:48
      • 12人も!?親もよくがんばったねえ…(ぱちくりしながらもりもり鯛焼きを消費していく)。そんなけ家族がいたら楽しそうだっ。
        ナギは兄貴目指してがんばってるのかい? -- アンジェラ 2009-04-23 (木) 21:02:16
      • がんばった?父も齢300を越しておられたゆえ、あまり気にはせなんだが・・・。
        剣に於いてはいずれ父や兄のようになりたいと思っては居る。
        -- ナギ 2009-04-23 (木) 22:17:06
      • いいなあ。アタシも五月雨と、そんなけ長くいっしょにいたいもんだ。
        ナギもシュラみたいにがんばり屋さんだっ。練習だったら付き合うよっ、体は丈夫いしねえ。もし相手がほしかったら言っとくれねっ。
        (この短時間で全部食べ終えたらしい。紙袋をくちゃくちゃにして口に放りこんだ)んぐんぐ……それじゃあまたねえ、ナギ -- アンジェラ 2009-04-23 (木) 22:22:41
      • 五月雨(夫の名であろうか・・・)。父は、二人の妻と死別している。己は3人目の妻の子で、兄弟の一番末っ子だ。
        (五月雨シュラと言うのか)それは有難い。独りでできる稽古には限界がある。身体が丈夫なのも良いことだ。健康が大事だと、兄も申されて居た。
        そうか。これを五月雨シュラ殿に。(酒瓶の栓を抜くと、手近な水筒に注ぎ、手渡す。)
        今年一年、息災でありますように。
        -- ナギ 2009-04-23 (木) 22:49:33
  • お待たせしましたー!どうでしょうかー… -- ぬきぽん屋さん? 2009-04-22 (水) 22:31:32
    • ふむ・・・(届けられた肖像を見るとそっと目を瞑り、傍らの三振りの刀を満足そうに撫でた)// -- ナギ 2009-04-22 (水) 23:16:44
  • ああぁら、可愛らしい子ねぇ それにとっても立派なモノもっちゃって♥ -- ユッコ 2009-04-21 (火) 08:57:04
    • !?
      そ、そんな格好で女子が・・・っ(色々な地を旅しては来たものの、服を身に付けない文化には触れた事がない。目の前の女性のその格好に、流石に慌て、絶句する)
      -- ナギ 2009-04-21 (火) 19:21:45
  • あれっ。アンタも鬼かい!ね、アタシ、アンジェラってのさ。アンタなんていうんだい? -- アンジェラ 2009-04-20 (月) 16:50:45
    • アンジェラ・・・(旅の中ですでに耳慣れたとはいえ、西方人の名前。なるほど、此方の国にも斯様な鬼が住んでいるのかと稽古の手を止めた)
      ナギ。神武式剣術3級のナギだ。
      -- ナギ 2009-04-20 (月) 20:15:07
      • ああ邪魔しちまってごめんねえ、ナギ。それ日本刀だよねっ。アンタもあっちの生まれなんだ? -- アンジェラ 2009-04-20 (月) 22:23:31
      • 問題ない。そろそろ休もうと思って居たところ(顔に張り付いた髪を除け、傍らに置かれた手ぬぐいで汗をぬぐう)
        (日本刀・・・と言うのはこの刀のことだろう)如何にもこれは刀だ。あっちというのは(おれ)にはわからぬが、はるか東方、(やまと)の地より参った。
        -- ナギ 2009-04-20 (月) 23:31:26
      • 倭……じゃあ違うとこなのかな。でもおんなじ剣使ってるんだ、近いとこなんだろうねえ、嬉しいよっ。
        アタシも旦那さんも鬼でさ、似たようなとこの生まれなんだ。よろしくしとくれよ、ナギっ(握手しようと手を差し出して) -- アンジェラ 2009-04-20 (月) 23:36:39
      • 他にも似たような、日本と言う国や大和と言う国があると聞く。ここに来るまでは斯様な服装や刀は(やまと)の地くらいなのだと思ったのだが、なるほどどこにでもあるものだ(アンジェラの明るい様子に口元がほころぶ。姿形は違うが、それはかつての心許した仲間達にすこし似ているようにも思えた)
        旦那・・・夫婦・・・!?そ、そうか・・・、確かに夫を持っていたとしても不思議の無い・・・。(誰かを思い出したのか、すこし寂しげな、少女のような瞳で逡巡するが、差し出された手を取った)
        -- ナギ 2009-04-21 (火) 00:00:17
      • ?(ためらう様子に不思議そうな目を向けたが、手を取ってもらえるとさらに手を重ねる。にっと笑って両手で握手をした)
        (と、ぐ〜〜〜・・・と腹の虫も仲間に入りたそうに主張する)あぅ……。あははっ、今日はもう帰ってご飯にするよ。またねえナギ! -- アンジェラ 2009-04-21 (火) 00:09:36
      • そうか・・・(また来ると良いといいかけ、珍しく笑顔で送る)
        (静かになった道場で目を瞑りしばしそうして瞑想にふけると再びいつもの凛とした表情となり、櫂を振りかぶり素振りを始めた)
        -- ナギ 2009-04-21 (火) 08:22:33
  • (日の丸の鉢巻に、大和刀を持った和装の少女が歩いてくる)
    む、貴様のその姿……貴様は大和の民か -- 眞子 2009-04-18 (土) 19:56:53
    • (少女の声に素振りの手を止める)
      大和・・・?いや、己は東方にある国の生まれ。どうやら世界には似たような着物を着る国が他にもあるようだ。おそらくは其れと間違えたのであろう。
      -- ナギ 2009-04-18 (土) 20:24:01
      • なるほど、だが貴様は東洋のものに間違いはないのだな。俺は東眞子、誇り高き日本民族である。
        この国との戦争に負け、植民地と化した祖国を解放するため、叛旗を翻すものだ! -- 眞子 2009-04-18 (土) 21:33:48
      • 神武式剣術三級、ナギ。日本・・・。確か以前に会った者もそのような事を言っていたな。
        ふむ・・・。おぬし、其れを吹いてまわってるのか?(この少女にしては珍しく、少々呆れたような表情をする)
        -- ナギ 2009-04-18 (土) 22:20:21
      • 神武……神武天皇か……? そのような剣術の流派はよく知らぬが……
        吹いて回る? ふん、俺は忠君愛国の精神に乗っ取り、英霊達の無念を晴らし、我が祖国を取り戻すことを説いているのみだ。
        勿論、東洋人のみにだ。 -- 眞子 2009-04-18 (土) 22:56:25
      • 天皇・・・?
        いや、神武式の開祖である己が父、神武の名を取って神武式と呼ばれている。国では知らぬもの無き剣ではあるが、遠き東方のこと。無理からぬ事か。
        国を失うと言う気持ちは己(おれ)にはわからぬ。先走る気持ちはわからないでも無いが、事を公にしてまわるは浅慮。国元では、謀反の疑いありとなれば打ち首もまぬがれぬ。
        -- ナギ 2009-04-18 (土) 23:23:03
      • 陛下にご迷惑をおかけすることはない。我が志士たちはこの国にも潜み、漏れぬように活動しているのだ。
        もし計画がばれたのならば、俺が腹を切ればよいだけの話だ。 -- 眞子 2009-04-18 (土) 23:31:59
      • 漏れぬように・・・か。
        腹を切りたいのであれば止めはせぬ、が・・・。覚悟は心に秘めるもの。(忠告であるのかそれともこの少女の思想であるのかは、表情からは読み取れない)
        -- ナギ 2009-04-19 (日) 00:15:43
      • ふん、いちいち貴様に言われるまでもない……貴様が東洋の民であるから話しているだけだ。
        我が大和刀が、友や父母の仇を取るときまで、俺は戦い続けるのだ。 -- 眞子 2009-04-19 (日) 00:32:31
      • 家族か(其れが本心なのかと納得した様子でひとりごちる)
        如何にも己は東方の出身ではあるが、大和と言う国は知らぬ。
        世界は広い。他にも同じような文化を持つ国もあろう。己の友人の言ではあるが、「すこし慎重になれ」
        -- ナギ 2009-04-19 (日) 00:42:05
      • っ……貴様に言われずともそうするつもりだ。少々焦っていたやもしれぬ
        国がためを信じて逝った友や家族の命を無駄にはできぬ……必ずや、我が使命を果たさねばならん -- 眞子 2009-04-19 (日) 01:25:31
      • 感情は殺すもの。感情は太刀筋を鈍らせる。
        剣術と言うのは、己が感情を殺す術でもある。尤も、己(おれ)が知っているのは神武式だけではあるが・・・。
        (そう言いながらも、少女の言葉に、遠く故郷の兄を思い出す。元気でいるのだろうか・・・)
        -- ナギ 2009-04-19 (日) 22:06:13
  • おう、おはようさん……良い朝だな。 -- ブライアン 2009-04-18 (土) 05:46:49
    • おぬしは先日の・・・。そういえば名を聞いていなかったな
      (道場の扉を開け、朝のピンと張り詰めた空気と共に来客を招きいれた)
      -- ナギ 2009-04-18 (土) 05:55:37
      • ブライアンだ。(招かれるまま中へ。 足を踏み入れようと、ぴたりと止まる)
        ……こういうの場所は、ブーツを脱ぐんだったか? -- ブライアン 2009-04-18 (土) 06:05:56
      • 神武式剣術三級のナギだ。
        脱ぐ。稽古と言うわけでなければ、縁側でも問題はあるまい。縁側であれば、脱がずに腰掛けられよう、此方だ(縁側のほうへいざなう)
        して、忘れ物でもいたしたか?//
        -- ナギ 2009-04-18 (土) 06:13:13
      • 縁側……っつーと庭みたいなもんだったか。いや、東洋文化には弱くてなー。(苦笑いを浮かべ付いて行く)
        前から気になってたんだが、こんなバカデカい道場に一人かい? -- ブライアン 2009-04-18 (土) 06:33:22
      • そのようなものだ(説明しようとして、どうにも面倒になってやめる)
        人に教えるほどの技前ではない故、道場跡を借りて己の稽古場にしているだけ。それに、旅の途中でござる。住んでいるのは己独り。
        -- ナギ 2009-04-18 (土) 13:29:00
  • (裏の井戸へ行く。上半身をはだけ、掃除の汗をながさんと水を被る) -- ナギ 2009-04-16 (木) 07:42:27
    • 手ぬぐいで身体を拭き、稽古場に戻ると静かに座禅をくむ) -- ナギ 2009-04-16 (木) 07:43:11
  • 偶には -- ナギ 2009-04-16 (木) 07:41:35
  • 稽古場の掃除も -- ナギ 2009-04-16 (木) 07:40:51
  • せねば・・・ -- ナギ 2009-04-16 (木) 07:40:30
  • (稽古場でじっと瞳を閉じて禅を組み、すぅすぅと静かな寝息を立てている春先) -- ナギ 2009-04-14 (火) 22:17:56
    • (懐かしい夢を見たのだろうか。普段見せぬ表情で立ち上がると、裏の井戸へ向かった) -- ナギ 2009-04-15 (水) 05:00:26
      • (手ぬぐいで顔と髪を拭きながら戻る。水を吸って肌に張り付いた肩口の着物をひっぱってはがす。壁に掛けられていた櫂を手にとって素振りを始めた) -- ナギ 2009-04-15 (水) 05:21:09
      • (茂みのほうからがそごそと、葉が擦れるような音がする。犬や猫か、何かがいる気配が感じ取れるだろう) -- ブライアン 2009-04-15 (水) 05:55:06
      • (木剣を構えたまますぅと瞳を閉じる。静かに心を研ぎ澄ませると、口中の秘石が遮蔽する茂みを越えてそこにいるものを映し出す。)
        (じっと構えたまま、相手の反応を待つ。石像がごとく動かないが、みるものに柔らかさを感じさせる)
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 06:00:26
      • (ナギへと徐々に近づく音は、弱弱しく、不規則だ。やがて、茂みの向こうからドサリと一人の男が倒れこむ)
        (男の目は焦点から外れ息も絶え絶え。掠れた吐息に耳を澄ませば、水を求めていることがわかる) -- ブライアン 2009-04-15 (水) 06:13:21
      • お、おい!(男の様子にすこし慌て、木剣を立てかけると裏の井戸から桶に水を汲み、持ってくる)
        ほら、水だぞ。(冷たい水のはった桶が男の横に置かれる。傍らにしゃがみ、男の様子を仔細に観察する。)
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 06:19:40
      • (水分を得て混濁した意識がはっきりしたのか、木陰の元に凭れかかり)
        あ、ああ……悪ィな、助かった。 ジョッキ3杯からの記憶がねぇ……そもそも、ここは何処よ。
        アンタんちか? -- ブライアン 2009-04-15 (水) 06:22:50
      • 如何にも。ここは己(おれ)の家だ。
        酒・・・か?
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 06:27:23
      • ま、そんなトコだな。 ひっさしぶりに金が入ったんで調子にノッてたらこのザマよ。
        (精気を取り戻してきたのか、苦笑いを浮かべる顔に血色が戻りつつある)
        勝手に入ったことは侘びるが、何分意識がなかったからなぁ……それにしても(随分変わったファッションだな)
        (馴染みのない文化故か、じろじろと見回す男) -- ブライアン 2009-04-15 (水) 06:33:27
      • 誰かは知らぬがほどほどに致せ。(昔の知り合いにそういう人物が居たのだろう。懐かしげに目を細めると、ぴりりとした雰囲気が幾分か和らいだように見える)
        む・・・い、如何したか?(無遠慮に見る男に思わず身体を隠すがごとく半身になり、わずかに赤面する)
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 06:38:30
      • ああ、そんなつもりじゃあなくてだな。(額に手をあて、大口をあけて笑う男。しばらくして落ち着いたのか、弁明をはじめた)
        その、なんだ。 珍しくてな。 異国文化なんてモンに疎くてよ。 -- ブライアン 2009-04-15 (水) 06:43:41
      • この町の人間は、様々な国から集まっていると聞く。珍しいものではないと、思っていたが・・・。
        之は、はるか東方にある故郷で男子が着る物で、袴と言う。
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 06:48:18
      • ああ、俺は来たばっかりでな……?(講釈を聞きながらふと疑問に思い)
        それで、その男衣装をなんでまた? 女の子だろ、アンタ? -- ブライアン 2009-04-15 (水) 06:59:19
      • 己は旅に出る時にもののふとして旅に出たのだ。故にかような格好で旅をしている。女人の服装よりも楽でもあるのだ。
        (本人にとってあまり指摘して欲しいものではなかったのか、声のトーンが幾分かぴりりとした厳しいものとなった)
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 07:08:32
      • まあ……国は違えど人は変わらず、か。(顎先を擦りながら浮かべるのは、昔の情景)
        そいじゃ、大分ラクになってきたしさ。 そろそろ行くわ、サンキュな -- ブライアン 2009-04-15 (水) 07:26:01
      • (思慮が読めず、訝しげに男を見つめる)
        左様か。酒で身を持ち崩すものも居る。努々気をつけられよ(思わず苦笑をこぼし男を見送ると、再び木剣を手にし、素振りを始めた)
        -- ナギ 2009-04-15 (水) 07:44:18
  • ええっと ナギ・ジンブシキの部屋はここで良かったかな…?
    来月の依頼で同行するアルアズルって者だ 依頼では宜しく頼むぜ! -- アルアズル 2009-04-11 (土) 23:30:23
    • (訪問者に、稽古の手を止める)ナギで構わぬ。神武式というのは、父・神武を開祖とする剣の流派名でござる。
      アルアズル・・・ふむ。(あまり頓着しない人柄なのか、いつも依頼書はよくは見ていないらしい)宜しくお願い仕る。
      -- ナギ 2009-04-11 (土) 23:56:03
  • えーと…………ここかなぁ?すみませーん、去年10月に一緒に護衛をやったライナですが〜
    (背の高いやや隙だらけな女がきょろきょろしつつやってくる) -- ライナ 2009-03-31 (火) 22:04:29
    • (人の気配を感じ、稽古場の戸をあける)おぬし・・・久しいな。四ヶ月ぶり・・・になるのか?
      一体何用でござろうか?
      -- ナギ 2009-04-01 (水) 22:05:29
  • よ、久しぶり。結構好調の様だな。腕の方や称号も・・・初級者?随分謙虚だな。もう名手、いや達人と名乗っても良いんじゃないか? -- ミッド 2009-03-26 (木) 16:33:49
    • (じっととこに座し、瞳を閉じている)久しいな。依頼のほうも問題はない。
      己が技前はあくまで3級のもの。父上はおろか、兄たちにも及ばぬゆえ。
      -- ナギ 2009-03-27 (金) 22:44:43
      • なるほど、目標があるって訳か。・・・お前よりも遥かに強いっていう、その父親や兄にも興味はあるがな。
        一体どれほど桁外れなものか・・・ -- ミッド 2009-03-29 (日) 02:10:46
      • 父上は今はこの世にはおらぬ。お家は5番目の兄が継いでいる。
        兄たちはみな免許皆伝の技前であるから、3級の己では勝てぬ。兄上達に稽古をつけて貰ったのが、もう随分と昔のことのようだ
        -- ナギ 2009-03-29 (日) 21:37:44
  • 突発!冒険者たちの夏祭り!
    本日(3/13 金)コチラを借りて、群像劇とは名ばかりの夏祭りイベントを行います。
    死人も参加OK!友人・ご家族・恋人・等お誘いあわせの上ふるってご参加ください。
    なお屋台などの出店も自由ですので、この機会に商売や宣伝をしたい方も是非どうぞ。 -- 2009-03-13 (金) 20:41:26
    • 祭り・・・囃しか・・・(じっと瞳を閉じて子供のころの思い出にしばし浸る)
      いって見たかった・・・かな。(呟き、ふたたび木刀をゆっくりと振りかぶり、何かを絶つがごとく鋭く振り下ろした)
      -- ナギ 2009-03-16 (月) 05:33:00
  • こーんばーんわー誰かいねぇかー?日本同盟の誘いにきてみたんだけどなっ! -- 2009-02-24 (火) 21:58:34
    • まぁ、和風の人たちの登録系同盟で、別に組織みたいなRPは前提としてないんだけどな。
      ただこう、同盟を復活させて盛り上げようって運動だからよかったら遊びに着てみてなー!
      登録してれば良いこともあるかもだし、ないかもだぜ?『興味ありましたらこちらまで!』 -- 2009-02-24 (火) 22:09:22
      • ふむ・・・確かに己の故郷によく似た町並み
        だが、己は日本と言う物を知らぬ。此度の話、謹んで辞退致す。
        -- ナギ 2009-02-27 (金) 01:36:23
  • 脱引篭もり!ランダム挨拶運動なんてやっております、クレアと申しますー………わふ?(何だろうここと、辺りを見回す) -- クレア? 2009-02-01 (日) 22:58:02
    • (床の間の前に正座し、静かに両眼を閉じている)
      ここは、剣の鍛錬の場にござる。(オレ)は神武式剣術3級の剣士、ナギ。(瞳を閉じたまま、静かだがよく通る声で名乗る)
      -- ナギ 2009-02-01 (日) 23:28:00
      • はぅ、ご丁寧にありがとうございます。鍛錬場でしたかー…剣術ということは刀使いの方なのでしょうか。
        ……もしかして座禅か瞑想のお邪魔をしてしまいましたか?(頬をかきながら、恐る恐る質問) -- クレア? 2009-02-01 (日) 23:36:38
      • 問題ない。すべき事がない時には何時もこうしているのだ。
        武芸全般・・・ではあるが、主に刀の業を磨いている(板張りの床の上で姿勢も変えず、口だけが小さく動いて言葉を発する)
        -- ナギ 2009-02-01 (日) 23:47:11
      • ご迷惑でなければ良いのですけども…ほむ、武芸全般なんてすごいですねー…僕なんて刀か殴りあいしか出来ません(一人ウンウンとうなずいて)
        お暇なら、ご一緒にお菓子とかいかがですか?蕎麦饅頭ですが、お気に召されなければ持ち帰りますのでご安心くださいです。 -- クレア? 2009-02-01 (日) 23:53:47
      • (オレ)も未だ3級の技前。全てを極めつくしてはおらぬ。
        (片目が開く)饅頭か・・・馳走になろう(首もとの鈴がちりんと小さく鳴った)
        -- ナギ 2009-02-01 (日) 23:58:59
      • あはは、お口に合うとよろしいのですが…ナギさんは和菓子には緑茶派ですか?酒派ですかー? -- クレア? 2009-02-02 (月) 00:09:34
      • 特にこだわりはござらぬ。が、強いてどちらかと申さばお茶のほうが好きだろうか・・・。酒が呑めぬわけではないのだが -- ナギ 2009-02-02 (月) 00:13:19
      • じゃあこちらですね(鞄から水筒を取り出し、コップをはずして湯気の立つ緑茶を注いで差し出す)少し濃い目の緑茶です、饅頭で口の中に甘みを増やしてからどうぞー。
        まぁ、お酒は好みが大きく分かれる飲み物ですからねー…和菓子にお酒も実は少ないのですよ、好きな人(失礼しますと、自分も正座して、饅頭を差し出す) -- クレア? 2009-02-02 (月) 00:18:42
      • かたじけない(差し出された饅頭を手にとると、ぱくりと小さく口に含む)
        (饅頭を置くと、お茶を手にとりズズズと口に含んだ)ン・・・甘い
        酒はたしなむ程度に
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 00:35:18
      • 甘いものは疲れたときにもよいのですよ、集中力上がります。本当は抹茶とかだともっと良いのですけどねー…。
        お酒はそれが一番です、飲みすぎても毒になるですし、楽しめる程度がなんにでも良いのですけどねー…太刀も楽しめと僕は師匠に教わりました。 -- クレア? 2009-02-02 (月) 00:46:17
      • それは初耳にござる。塩と味噌と言うのは聞いた事があるのだが・・・。
        ふむ・・・異な教え。変わった御仁にござるな。この地方の者だろうか?
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 01:10:26
      • 脳に甘いものがよいのだそうですよ、ブトウ糖とかもでしたかねー…塩と味噌もよいのですか…今度試してみましょう、わふ。
        あー……実は僕、こっちの世界じゃない場所から来たっぽくてですね。僕の世界で東の出身で、日々の楽しみを教えてくれた師匠です。
        生きるために、殺すためだけに刀を握るなと。相手と闘う事を楽しんで握れって教えてくれたのですー…やっぱり珍しいですかね? -- クレア? 2009-02-02 (月) 01:23:29
      • 食うものに窮した時のために、戦場では常に味噌を携帯していたと聞く。
        世界・・・?ふむ・・・国のことだろうか
        (スゥと姿勢を正した)剣とは人を斬る為のもの。剣術とは人を斬る為の技術。生半な覚悟で剣を振るわば、いずれ自身に帰ろうぞ。
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 01:34:35
      • (自分でも饅頭をひとつ口に入れて、もぐもぐ)んー…そんな感じですかね。まったく違う場所っていうことです。ここまで人類も生き残ってませんでした。
        確かに剣は人を斬るもの、斬る技ですがー……活人剣っていう、生かすための剣もあるのですよ。(自分もお茶を注ぎ、一口)
        覚悟は何時もしております。生かす覚悟……代償を己で払う覚悟。…まぁ、人間元気で仲良くが一番ですよー?(あははと笑った) -- クレア? 2009-02-02 (月) 01:49:52
      • ふむ・・・?戦か天災か・・・難儀であったな
        刀を抜かずに勝利せしむるは達人の技なり。達人にあらざるなら、刀を抜いた時に倒るるは斬る覚悟の出来ぬもの。
        死ぬ覚悟があったとて、無駄に死ぬ事もあるまい。
        美味い饅頭だった。こちらの菓子は甘さに品がない。(饅頭を平らげると、コップのお茶を飲み干した)
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 02:18:33
      • 達人ですか……いつかはその域までいければと思いますよ。…まだまだ戦闘も未熟なのですよね、どうも力に頼ってしまいます、むぅ。
        はい、おそまつさまでしたー…お口にあったならよかったですが。手作りなので何か改善点ありましたら教えてくださいです。 -- クレア? 2009-02-02 (月) 02:38:45
      • ごちそうさまでした(ぴたりと両手を合わせてお辞儀する)饅頭の礼にと思ったが、余計な事を言うたかも知れぬ。師があるのならば、師に従うが(さむらい)の道。
        と、いうても(オレ)は菓子職人ではないゆえ、美味かった・・・としかわからぬ(両目を閉じて、今しがた食べた饅頭の味を思い出す)
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 02:48:36
      • いえいえ、そんなことはないのですよー?いろいろ勉強になります、ありがとうございます(姿勢を但し、正座で礼)
        美味しかったのなら、その一言だけで十分です。次回も機会ありましたら何かお持ちいたしますねー…ご希望ありましたらどうぞです。
        さて、長居してしまいましたしそろそろお暇致しますー…っと、そだ。今度修練のご見学にきてもよろしいでしょうかー? -- クレア? 2009-02-02 (月) 02:58:05
      • (懐から紙を取り出して口元をふいた)和菓子であれば何でも
        ふむ・・・見るのは構わぬが、見て面白いものかどうかはわからぬ。それで良いのなら・・・
        -- ナギ 2009-02-02 (月) 03:06:47
      • 和菓子ですね、かしこまりましたー。(出した荷物や水筒をぱぱっと片付けて)
        見るのも修練。人がやってるのを見るのも勉強になりますし面白いものなのですー、それではまた今度、お邪魔しましたですっ。 -- クレア? 2009-02-02 (月) 03:25:26
  • (綺麗に掃除された道場で静かに座禅を組む) -- ナギ 2009-01-31 (土) 12:46:20
    • ・・・種発? -- ミッド 2009-01-31 (土) 12:51:36
      • 出発。出かけると言う意味だが、東方訛りだろうか?聞き辛かったのなら、すまぬ -- ナギ 2009-01-31 (土) 12:55:44
      • いや悪い、少し意地悪をしただけだ。・・・それじゃ、改めて行くとするか -- ミッド 2009-01-31 (土) 12:57:26
      • 武運を祈る。
        (すぅと瞳を開くと立ち上がり、床の間に飾られた刀を腰、脇に差し、道場をあとにした)
        -- ナギ 2009-01-31 (土) 13:00:42
  • ―――――――――――― -- ナギ 2009-01-31 (土) 12:45:10
  • ―――――――――――― -- ナギ 2009-01-31 (土) 12:44:54
  • ―――――――――――― -- ナギ 2009-01-31 (土) 12:44:41
  • 縮小版だと口にコンドーム銜えてるように見えるんだ -- 2009-01-31 (土) 00:05:52
    • 近藤・・・なる者が何者かは知らぬが、口中にあるは家宝の御石でござる -- ナギ 2009-01-31 (土) 00:36:13
  • あー、んー、こんばんはー(コンコン、と稽古場の扉を叩いて)
    此処って道場だろ?……いやー、いっぺんやってみたかったんだよな 道場やぶりってのよ(何処と無く情け無さそうな男が居る) -- 誠人 2009-01-29 (木) 23:10:48
    • 道場・・・と言うわけではござらぬが、剣の稽古は出来るように作られておる(ちらと男を一瞥すると木剣を手にとり、投げてよこす) -- ナギ 2009-01-29 (木) 23:14:25
      • オッケー、オッケー……ジューブンだ イイねェ、そこら辺のチンピラ相手にするよりは
        よっぽど、楽しそうだ(投げられた木剣を右手で受け取り、そのまま片手持ちで構える)
        そんじゃ、一つ 頼むわ(興味津々と言った顔でナギの方を見ている)
        -- 誠人 2009-01-29 (木) 23:19:25
      • 名を聞こう(立てかけてあった櫂を手にとると、右手で突き出すように半身に構える。頸もとの鈴がちりんと鳴った) -- ナギ 2009-01-29 (木) 23:24:32
      • あ?(仕掛けようとした矢先に名を聞かれ、一度立ち止まる)
        ワリぃ、ワリぃ 忘れてた 誠人だ 誠人……アンタは?(いきなりペースを乱されないようにふぅ、と息を吐いた)
        -- 誠人 2009-01-29 (木) 23:28:33
      • 流派を名乗るもおこがましい技前ではあるが、神武式剣術3級ナギ・・・参る
        (先手を取って仕掛ける。櫂を振りかぶると音も無く踏み込み、上段から袈裟懸けに斬りつけた。櫂の重量も乗った重い一撃)
        -- ナギ 2009-01-29 (木) 23:35:04
      • ジンブシキ?聞いた事ねぇな……で、その3級ってのはスゲェのか?
        うぉッと!受け止め……いや、平たい上にリーチがちげェ……だったら進む!(あえて踏み込み、櫂の先端では無く柄の部分で肩を殴りつけられる)
        馬鹿力だな、こりゃよォ!(骨にまで響く衝撃を受けるも、右手に持った木剣は落とさずに胴へと乱雑な薙ぎを振るう)
        -- 誠人 2009-01-29 (木) 23:42:27
      • 遠き東方の流派なり(段階の話には触れないようにする)
        場馴れしている・・・な(わずかに唇の端が上がる)
        「(下がれば刀身をもろに受ける・・・同じ手を使わせてもらおうぞ!)」
        (踏み込みの勢いのまま身体をぴたりと付けると、誠人の握りがわき腹に入る。)
        (顔をゆがめながら首を抱くように手を伸ばし、そのまま両手で櫂の柄尻を誠人のうなじに叩きつけんとする)
        -- ナギ 2009-01-29 (木) 23:58:56
      • なるほどな……ヘヘッ、伊達にゴロツキやってねぇよ(互いに密着するが、後ろに下がりはしない)
        待て、コラッ んなモン直に食らったらお星様が見えちまう!(左腕で直撃だけは防ごうとするが、勢い良く叩きつけられ自分のうなじを自分の腕で叩く形になる)
        おー、おー……いってェ……(体勢を崩しかけるが、それを利用し 一度距離を開けた 木剣を杖代わりに突き、首根っこを押さえている)
        -- 誠人 2009-01-30 (金) 00:09:29
      • 左腕で致命傷を避けたか。場馴れと言うより喧嘩馴れと申すべきか
        (誠人が距離を取るとこちらも1歩下がって構えなおした。自然と口の端があがる)
        (切っ先が頭上を越えさらに背中に担ぐように構えると、全身が引き絞られた弓のようにしなる)
        参れ(鬼の両眼が誠人をじっと見つめる)
        -- ナギ 2009-01-30 (金) 00:21:39
      • その馬鹿力使った実践だったら折られてたかもな……(ジンジンと痛む腕を振り、両手で頬を打ち しっかりと立つ)
        どう攻めたモンかねぇ、こりゃよ 参れと言われてぼーッと突っ立ってるワケにゃあいかねぇよな お、そうだ(何か思いついたわうにタンッ、と床を蹴り一歩、二歩とナギとの距離を詰める)
        どーだ?稽古でこんな事してくるヤツはいねーだろ?(三歩目で身を屈めスライディング気味に滑り込み 凪の脛へと木剣を叩きつけようとする)
        -- 誠人 2009-01-30 (金) 00:31:40
      • そこまで剣先の働きを会得しているか!(身をかがめる誠人の動きに思わず声をあげる)
        だが!(限界まで引き絞られた櫂は床を切り裂かん勢いで振り下ろされる。もはや風きり音すらない。果たして滑り込むのが早いか、振り下ろされるのが早いか)
        -- ナギ 2009-01-30 (金) 00:43:12
      • なッ……!?(自分の稽古場の床を壊す勢いで来るとは予想してなかったのか、驚きの声を漏らす)
        自分トコの床だぞ……?んな勢いでやったら壊れ……しゃーねぇ!(滑り込んで打ち込んだとしても、振り下ろされた櫂が自分を打つと判断し、木剣を横にし両手で持つ)
        この棒っきれじゃ防ぎきれ……ねぇな(櫂を受けみしっ、と音を立て木剣が軋むがそれでは止まらない)
        (べきり、と耳障りな音がし木剣が折れ、軽く勢いの殺された櫂が頬を掠め床を打ち付けた)
        ………………あ、ワリぃ、折れちまったよ
        -- 誠人 2009-01-30 (金) 00:59:18
      • 問題ない、代わりはいくらでもある。(ゆっくりと櫂を引き、警戒しつつも手足が届かぬ距離まで誠人から離れる)
        (さらに数歩間合いを離すと、そのまま櫂を逆さにたて、柄尻に手を置くと誠人が立ち上がるのを待った)
        -- ナギ 2009-01-30 (金) 01:09:30
      • よいせ……っと(足を上げ、反動を使い飛び起きる)
        稽古なら、こんなモンか?(服に付いた埃や、髪の毛に付いた木片を掃っている)
        -- 誠人 2009-01-30 (金) 01:15:56
      • (相手の様子にぺこりと一礼すると、無造作に櫂を肩に担いだ)
        次は、得意な獲物で相手をしてもらおう。(ちりん、と頚もとの鈴が鳴った)
        -- ナギ 2009-01-30 (金) 01:22:52
      • ん、こうするのが流儀か(同じように軽く頭を下げた)
        あー……あいよ(返事をして、稽古場を後にした) -- 誠人 2009-01-30 (金) 01:25:15
      • 次からは外でやるべきであろうか・・・(誠人が去ると、櫂を床に置き腰を落とすと瞳を閉じた)// -- ナギ 2009-01-30 (金) 01:32:57
  • 初めまして、私は私設ガイドマップの管理をしております、カナという物(not誤字)でございます。
    こちらでは模擬戦の相手を募集なさっているご様子。
    そこで、もしご迷惑でなければ、ガイドマップの「戦闘RP用施設」に登録させていただいてもよろしいでしょうか?
    もちろん、こちらは個人のお宅ですし、あまりおおっぴらにはしたくないということであれば結構です。ご一考をお願いいたします。 -- カナ 2009-01-29 (木) 22:34:36
    • //申し訳ありませんが、施設と言うわけではなく私個人が来客者の相手をする個人名簿で、常に戦闘が楽しめる場所と言うわけではないので
      申し訳ありませんが今回の登録は見合わせていただけませんでしょうか?
      -- 2009-01-29 (木) 22:44:33
      • //了解です。こちらの理解が足りなかったようで、失礼いたしました。 -- カナ 2009-01-29 (木) 23:04:18
      • //勘違いさせて申し訳ない。ガイドマップの編纂、がんばってください -- 2009-01-29 (木) 23:15:19
  • トン…トン…トンカラトン……(自転車に乗った包帯姿の怪人が歌いながらやってくる) -- トンカラトン 2009-01-28 (水) 05:15:17
    • (怪我人・・・のようではない・・・か?)何者ぞ? -- ナギ 2009-01-28 (水) 05:21:53
      • トンカラトンと言え -- トンカラトン 2009-01-28 (水) 05:23:46
      • トンカラトン? それがおぬしの名ぞ? -- ナギ 2009-01-28 (水) 05:31:02
      • (包帯の下でニタァと笑うと)…トン…トン…トンカラトン……(また何処かへと去っていった) -- トンカラトン 2009-01-28 (水) 05:33:08
      • 面妖な・・・化生の類か? -- ナギ 2009-01-28 (水) 05:41:11
  • 矢張り夜遅くともなれば、休んでいる者が多いか・・・少々出歩くべきでござろうか・・・ -- ナギ 2009-01-26 (月) 07:39:30
  • …何だ、休んでいるのか… 仕方ない、出なおすとしよう -- リュウイチロウ? 2009-01-24 (土) 18:49:58
    • 客が来ていたか・・・すまぬ事をしたな -- ナギ 2009-01-25 (日) 02:25:20
      • (軽い欠伸を漏らしつつ かつ、と歩みよる) …む、おはよう -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 02:35:14
      • ・・・おはよう(歩いてくる男にちらと目をやる) -- ナギ 2009-01-25 (日) 02:43:17
      • 一つ手合わせを願おうかと思ったが…どうもいかんな、この時間は… 微妙な眠気のせいで集中できない -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 02:45:11
      • 見たところ・・・軍人か
        戦場に立つものが、その様なことで勤まるのか(あくびをかみ殺して瞳が潤む)
        -- ナギ 2009-01-25 (日) 02:55:58
      • こうも図星をさされてはぐうの音も出ないが… 生理的な物はどうしようもあるまい(眠気を覚まそうと、ポケットの小袋から金平糖を取り出して一つ齧った) -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 03:01:05
      • (さむらい)であれば、常に戦場の心がけを持つべし、だ。
        名を聞こう。
        -- ナギ 2009-01-25 (日) 03:09:57
      • 成程、その通りかも知れん… …幾分気が緩んでるのは確かだ
        あぁ、すまない 名乗りがまだだったな…俺の名は河合龍一郎だ -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 03:16:25
      • 龍一郎か・・・少し懐かしい響きの名。
        流派を名乗るもおこがましい技前ではあるが、(オレ)は神武式剣術3級の剣士、岩元 和でござる
        -- ナギ 2009-01-25 (日) 03:27:21
      • 岩本 和、か… よろしく頼む(握手を求め手を差し出す) -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 03:37:07
      • (差し出された手を握り返す)宜しく -- ナギ 2009-01-25 (日) 03:43:56
      • 自己紹介も済んだところで早速、と行きたいが…やはり眠いな…
        とは言え寝るわけにもいかん …和よ、つかぬ事を聞くが君は酒がいける口か? -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 03:51:58
      • ・・・嗜む程度には -- ナギ 2009-01-25 (日) 04:01:50
      • そうか…一席付き合ってもらおうかと思ったが… すまん、少し休んでくる
        相手は起きてからまたお願いしたい…よろしく頼む -- リュウイチロウ? 2009-01-25 (日) 04:23:07
      • ふむ・・・きちんと身体を万全な状態に保つため、休める時に休むも肝要か
        次の機会を楽しみにしておく
        -- ナギ 2009-01-25 (日) 04:35:19
  • 動いた・・・ -- ナギ 2009-01-24 (土) 15:25:17
    • 護衛を望んでいると言うのに!(ガタッ)
      ・・・平常心平常心・・・。
      -- ナギ 2009-01-24 (土) 16:26:34
      • お互い無事だったようだな、お疲れさん。・・・確かに情熱は下がってるが、これだけ成長してアイテム貰えば
        充分だと思うがな。護衛は危険という話も多く聞くし -- レディ・ミッド 2009-01-24 (土) 17:47:54
      • 無事で何より。
        今日の事を悔いているのではないのだ。明日の事を不服に感じておるのだ。
        (オレ)もまだまだ未熟者。護衛を任せられぬと言うのもわからないではないのだが・・・。
        -- ナギ 2009-01-24 (土) 17:52:21
      • そう言うな、討伐も立派な仕事だ。それに護衛は今人気で数が足りて無いんだろう。その内回ってくるはずだ。
        まぁともかく、今日はゆっくり休みな。コボルドも意外と油断できん相手だ、体調は万全で無いとな -- レディ・ミッド 2009-01-24 (土) 17:59:57
      • 無論・・・気を抜くつもりはない。
        決まってしまったこと、不服を言ったとてせんなき事か。
        ミッドも明日の依頼、無事果たせるように祈る
        -- ナギ 2009-01-25 (日) 02:24:12
  • うーむ・・・霧のロンドンエアポート・・・(胡坐を組んでぼそりと呟き、静かに目を閉じた) -- ナギ 2009-01-24 (土) 02:01:44
    • どうにもならぬときはじっと座って待ってみるのも良い・・・と、兄さまがいっていたな・・・(口中で御石をころがしながら、じっと座禅を組む) -- ナギ 2009-01-24 (土) 09:21:37
      • (ちらと片目を開ける)少しづつ、活気が戻ってきているようだ・・・ -- ナギ 2009-01-24 (土) 11:08:55
      • また静かになったな・・・。依頼に出た所為だろうか・・・? -- ナギ 2009-01-24 (土) 13:35:23
      • 最新のところで度々見かけるから寄ってみたが・・・お前は依頼には行かないのか? -- レディ・ミッド 2009-01-24 (土) 13:48:31
      • 最新60件を変動させずに近づくとは・・・できる!(人の気配を感じ、両目を開いて刀に手を伸ばす)
        (相手に殺気がない事を認めると、すっと手を引いて浮かせた腰を落とす)今の(オレ)にとっては、この町の様子のほうが大事に思えるのだ。
        -- ナギ 2009-01-24 (土) 14:21:52
      • まぁこれだけ凪まくってれば動いていない様にも見えるな・・・
        (こちらは動じる事も無く、ただ目前の相手が刀に手が触れた一瞬、その足元から鎖の擦れる音が聞こえたかもしれない)
        確かに状況は芳しくないようだな。だが、交通整理のようなものらしいし、時が来れば元に戻る事だろう。
        ・・・さて、それじゃあ随分遅刻したが依頼に行くとするか。っと、こうして会ったのも何かの縁。俺の名はミッド、お前は? -- レディ・ミッド 2009-01-24 (土) 14:28:11
      • こほん・・・油断していたと・・・いうことか(金属音を聞いてか聞かずか、再び瞳を閉じる)
        早く戻れば良いのだが、な。今日居る者が、明日も居るとは限らぬ。
        そうか、武運を祈る。(片目を開ける)・・・ナギ。東から来た。
        (オレ)はもうしばし町の様子を見ている事にいたす(再びゆっくりと瞳を閉じ、瞑想を始めた)
        -- ナギ 2009-01-24 (土) 14:41:15
  • 無事に繋がってる人はどこに…あ、人影が。こんにちわー、霧(のような物)が凄いですね…剣士? -- テオン 2009-01-22 (木) 05:22:54
    • 数刻単位で濃淡が変わるとは面妖な・・・
      いかにも。流派を名乗るのもおこがましい技前だが、(オレ)は神武式剣術3級の剣士、ナギだ
      -- ナギ 2009-01-22 (木) 05:30:39
      • 響きと得物のカタナからすると…東方の方ですね。剣士のセイテオンといいます。(頭を下げる)
        ナギさんは剣術修行のためにここに? -- テオン 2009-01-22 (木) 05:41:51
      • いかにも東から旅をしてまいった。
        旅の目的などは持ち合わせてはおらぬが、父の遺言で西を目指している。
        そのような目的無き旅であるから、暫くこの地にとどまろうと思っているのだ
        -- ナギ 2009-01-22 (木) 05:52:22
      • 西か…海もありますし、旅を続けるなら船の手配が必要かもしれないですね。
        ああ、それは良かった。冒険者登録をすませてあるみたいで、部屋の貸し出しもあれがあると早くできますし。 -- テオン 2009-01-22 (木) 06:26:42
      • 船か・・・泳いでわたるわけにもゆかぬ、おいおい考えるとしよう
        宿にはあまりこだわらぬ。剣の振れる場所であればどこでも良いのだが、どこか心当たりは無いだろうか?
        -- ナギ 2009-01-22 (木) 06:35:02
      • 冒険者ギルドの紹介だと一人用の長期貸し出しがあるのかな…うーん、他に元冒険者がしている宿が複数あるみたいですね。
        あ、でも今は一般の方が主に利用されてて空きがないのか…酒場のマスターに聞けば手配してくれると思いますよ。
        それにしても剣の数が多い…乱戦を意識してですか? -- テオン 2009-01-22 (木) 06:41:02
      • 色々あるのだな・・・うーむ・・・。では、酒場の主人に尋ねてみる事にしよう。
        これは、以前妖怪を斬った時に拾った。(二振りの反りの浅い刀を指す)
        妖刀とか言うものらしいが、斬れて使いやすければそれで良いのだ。
        -- ナギ 2009-01-22 (木) 06:52:53
      • それがいいと思います、一人暮らしにはちょうどの宿を紹介してくれると思いますよ。
        妖刀…何かの意識か呪いが宿ったりしているのかな。はやく刀の力が認められるといいですね。 -- テオン 2009-01-22 (木) 07:07:34
      • 知らぬ。
        (少し思案して答える)手に馴染むから使っているが呪われたりといったようなことはなかったな。
        先刻も申したとおり、刀などは斬れて手に合えばそれで良いのだ。敵を斬るは刀にあらず。おのが技量なり。
        -- ナギ 2009-01-22 (木) 07:18:43
  • (ヒュンと音を立てて木剣を一振り) -- ナギ 2009-01-22 (木) 05:18:04
    • どうやら(オレ)は普通に繋がるようだが・・・ -- ナギ 2009-01-22 (木) 05:18:56
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst027478.jpg -- 2009-01-22 (木) 01:25:46
    • 未熟・・・この絵の表すものが汲み取れぬ -- ナギ 2009-01-22 (木) 01:29:48
  • //刀使った戦闘RPとかにうってつけだったりしますか? -- リュウイチロウ? 2009-01-22 (木) 01:17:02
    • //刀を使うキャラなので、相性的には問題ないと思います。木剣で戦うのも良いかと。 -- ナギ 2009-01-22 (木) 01:28:12
      • //承知いたした 飛び道具なしのガチ近接ファイトをしてみたかったんだぜ
        //平日は時間がないので、金曜の夜にかけてお相手していただけたら嬉しいです -- リュウイチロウ? 2009-01-22 (木) 01:31:36
      • //金曜日ですね。用事が入らなければ閲覧中にしてお待ちしております -- ナギ 2009-01-22 (木) 02:11:34
  • 自重しない性能だとどのくらい相手が困るかの実験とかでお邪魔しても良いかなぁ・・・ -- 2009-01-21 (水) 20:40:03
    • 了解いたした。お相手仕る。 -- ナギ 2009-01-22 (木) 01:04:05
  • せーっくす! -- 2009-01-20 (火) 07:45:48
    • それは、男女の契りのこと・・・だな・・・?
      流行っているのだろうか?
      -- ナギ 2009-01-20 (火) 07:47:30

Last-modified: 2009-09-16 Wed 10:43:22 JST (4715d)