魔界区ガイドブック Edit

初めに Edit

このガイドブックは区の管理者による調査と住民による自主的な報告によって作られています。
よって全ての内容に信憑性があるとは限りません。あらゆる真実は自らの目と足で確かめてください。

地域別区内ガイド Edit

魔界村 Edit

  • 復興の第一前線として道沿いに作られた移住地。人間に対しても友好的な魔族が住まう他、
    魔界区の玄関口として往来の安全が保証されており、物資や連絡手段の通り道として使われている。
    • 「魔界村」とはこの地域全体を示す言葉であり、その規模を示すものではない。
      最初は村の様な大きさであったものが発展をするにつれて単語だけが残されたものと思われる。
  • この地域には必要最小限の施設が揃っていると考えていいだろう。
    特に重要なのは土産物屋で販売されている魔族コスプレセット(各種10G)の存在である。
    これを買わずに大手を振って魔界区内をブラブラしていようものならば
    その日内に「味見」と称される好奇心旺盛な魔物達による捕食ゴッコの対象になることは間違いないだろう。
    • ちなみに土産物屋では特産品のお茶も販売しているが、これは舌を痺れさせ味覚を破壊するほどの不味であり、
      人体には有害とされている。飲み過ぎると黒々とした角がお尻から生えて来るらしい。

魔界区役所 Edit

  • 魔界自治区の中では一際立派な建造物。
    区内の事実上の中核点であり、人間と魔族を繋ぐための施設として多様に運用されている。

大使館 Edit

  • 人間の国(各国合同でおくりこんだ)の外交官が仕事をしているところ
    • 自治区を訪れる観光客への案内なども行っており、自治区を訪れる際はここで説明を聞くのが良いだろう
    • また、トラブルに巻き込まれた際にもここを頼るとよい

廃墟の中心 Edit

  • 区の中心部に存在する廃墟群。文明圏や他者からの干渉を好まない魔族が身を隠す場所にもなっている。
    周辺地域の復興と修復が進む中、何時までもその荒廃した姿を晒し続けている。
    • 元々この地域にはそれなりの人工を有する都市が存在して居た様だ。
      しかし年月の経過と自然の猛威により廃退し、その過去の栄光は見る影もない。
  • この辺りから純粋な人間の姿がほとんど見えなくなる。どうやら魔物達による「味見」はこの地域までである。

オーク砦 Edit

  • 魔界区でも最も危険な地域。あらゆる生物を憎み、血に飢えたオーク達が群れる。
    • 危険視されることも多いが、むしろ砦の存在がオークたちの統率を生んでいるという話だ。

魔界門 Edit

  • 魔界と人間界を繋ぐゲート。
  • 『誰しもが心の中に一つ、二つの魔界を持っていて、これはそこに繋がっているんだ』

迷宮牧場 Edit

  • 魔界自治区の牛乳を担う牧場
    • ミノタウロスによって運営されている
    • 危害を加えないなどの念書をかけば牛(普通の牛)とのふれあいも楽しめる

深樹海 Edit

  • 闇より深い森林と霧に覆われたその場所は、生命の往来その一切を阻んでいる。

常夜高原 Edit

  • 深樹海の森を抜けた先にある高原。名前の通りここだけは常に夜の世界が広がっている。
    • 得体のしれない獣が溢れている。幾人かの旅人がこの地から帰って来なかったと言う話もある。

いろんなおしごと Edit

なんでも知ってる占い屋さん Edit

  • 魔界村の片隅 家屋と家屋の間に挟まれたような小さな占い屋さん
    『そうそう そうだね 私はなんでも知っているのさ』

魔界警察 Edit

  • 説明しよう!魔界警察とは魔界自治区の平和を守る組織である!
    • 魔界村の一番広い通りに交番がある

魔界酒場 Edit

  • 自治区でも魔物通りが多い場所にある大衆料理酒場

飼育員 Edit

  • おっぱいより太もも派

インプの果実園 Edit

  • 赤と青の魔界色の果実を実らせて収穫する(甘酸っぱくてジューシー)
  • 悪魔の実(じゃがいも)も裏庭で栽培している
    • 冒険者ならばインプは大した驚異にならないが、ある程度の自衛は必要

怠惰セラピーサロン Edit

  • 時間や仕事に追われ、ストレスを抱えた貴方にぴったりの癒し処。怠惰に営業中
    • 人間のための緊急避難所『人間110番の家』を兼ねています。危ない気配を感じたら迷わず駆け込みましょう

癒し処・耳かき処【おるれ庵】 Edit

  • 文字通り耳かきで気持ちよく癒されることを目的にした施設、膝枕での応接が基本
    • その他に蒸しタオルやお耳マッサージも完備!料金はお気持ち程度で大丈夫です
      • 裏メニューの存在は…割と知られているという認識でも大丈夫、個々に対応します

ドライアドのお茶屋 Edit

  • ドライアドが趣味と実益を兼ねてやっているお茶屋さんだの
    • 秒替わりで様々なお茶が楽しめるだの、移動販売だから頑張って探すといいだの
    •   

おばあちゃんのお土産屋 Edit

  • やたらめったらおっぱいの大きな巫女さんが店番をしているお土産屋さん
    • 「おばあちゃんこれ幾ら?」と尋ねると高確率で「わからん…」と言われるともっぱらの評判。

マスコット枠 Edit

地獄レッサーパンダ Edit

  • かわいい。

ひにゅ Edit

  • KAWAII.

みー Edit

  • UMAMI.

文化・風習 Edit

「味見」「捕食ごっこ」 Edit

  • 下はペロペロ、上はゴックンまで多彩に用意される無防備な人間への洗礼。
    害が及ばない程度なら何してもいいよね、と区の定める条約を歪めて解釈した魔物達により犯行は行われる。
    時と場合によってそれはきっとご褒美である。

噂話 Edit

深層 Edit

深層には危険生物が多数いるって話だ。あんまり近づくな。

怪奇ぬめぬめ事件 Edit

早朝、ふと目を覚ましたら『ぬめりけのある水溜り』の中で気絶している。と言う怪事件が発生している。
『理由も分からず気付いたらそうなっていた』と語る被害者たちは、毎夜を得体の知れぬ恐怖と共に過ごしていると言う。
尚、犯行は区役所周辺を中心に遠くは魔界村まで及ぶ模様。

報告などあれば Edit

お名前:
  • レッサーパンダちゃんをお仕事枠からマスコット枠へ移動しました -- 魔界秘書? 2017-11-11 (土) 07:23:34

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2017-11-11 Sat 06:53:00 JST (1048d)