名前ミユナ・ベネディクタhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst088005.jpg
性別
年齢10歳
瞳の色鉄色
肌の色白色
髪の色梅鼠色
身長136cm
B/W/H111/56/89
出身地ハイメルアルテ
職業娼婦
理由両親に売り飛ばされて
外見全身
企画企画/坩堝通り


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087850.png

会友亭 Edit

編集:海に沈んだ
お名前:
  • (荒々しく巨大なトナカイに引かれたソリが少女の前に横付けされる、尚現在は1月である)
    (そしてソリから黒いサンタ服の女がドカッとソリに片足を乗せて)ハッピーニューイヤー!えっおっぱいすっごいでかい!?
    (何かレンズが付いた魔道具を手に少女と魔道具を交互に見ている)えーと…お嬢ちゃんはいくつかなあ?実は大人かなあ? -- サフィリア 2017-12-20 (水) 21:49:43
    • にゅーいやー!サンタさんも新年をお祝いしたいんだね
      えーと、この前11歳になったとこ!おとな……にはちょっとはやいかな?
      -- 2017-12-20 (水) 23:05:14
      • デュフフアタシは所謂ブラックサンタさん、悪のサンタさんなのでヨシュア君の誕生日は祝わないのだ
        けれど子供へのお祝いはするので…11歳ならOK!最近の子は発育凄いな…親知らずも凄い勢いで消えてるって言うしな…
        という訳でお嬢ちゃんは何か欲しいものはあるかな(そう言いつつ飴で出来たケイン、虹色のカラフルな杖状の飴を差し出す) -- サフィリア 2017-12-20 (水) 23:10:35
      • わたしはとくべつ育ってるらしいよ!いろんな人に言われる!……サンタさんにも色々あるんだね……
        欲しいものかー。お菓子とか美味しいものもいいけど……今は猫の大きなぬいぐるみかなー
        -- 2017-12-20 (水) 23:18:10
      • やっぱりい?時々大きい子はいるけどキミ程誇らしい大きさな子は初めて見たもの
        よしよし猫の大きなぬいぐるみだね(そう言って袋から取り出そう…としてその口を少女へと差し出す)
        いい思い出になるからキミ自身が引っ張り出すといい、さっどうぞ(袋の中身は何故か見えない…が、手を入れて引っ張り出せば望みのぬいぐるみが手に入るだろう) -- サフィリア 2017-12-20 (水) 23:27:02
      • えへへ、そーそーにじまんだから!てれるね
        いいの?サンタさんの袋ってやっぱりふしぎなんだ……サンタさんじゃないのにちゃんと取り出せるかなー(素直に袋に手を入れてがさごそ)
        (触れた物を掴んで引っ張り出すと、抱き枕型の丈夫な猫ぬいぐるみだった)うおおー!!すっごーい!!猫のぬいぐるみだ!あったかそう!!
        -- 2017-12-20 (水) 23:34:40
      • そうだろうそうだろう、何故ならこの袋には子供達の夢が詰まっているのだから…
        (女で黒くてサンタという猛烈に怪しい存在だがどうやら袋は本物なようだ、それが余計に怪しさを加速させるのだが)
        (だがぬいぐるみに喜ぶ姿に満足げなのは確かにそれっぽい)おめでとう!彼はこれから寒い日にキミを助けてくれるいい友達になってくれるだろう、大事にするんだよ
        よし、それじゃあ行きますか…あっそうだこれもついでに(邪教勧誘のチラシを渡して)悪魔に興味があったら来るといい!(ハイヨー!と叫ぶとトナカイとソリは走り去っていった) -- サフィリア 2017-12-20 (水) 23:53:17
      • 大事にします!ありがとうサンタさん!!バイバーイ!!(ぬいぐるみをしっかと抱いて興奮気味の笑顔で勢いよく手を振りサンタを見送った)
        うわー、よく見かけるのよりちょっと変わってたけど、本物のサンタさんには初めて会っちゃった!
        でもこのチラシ何かな?宿を宣伝するチラシにも似てるけど……サンタさんもクリスマス以外はバイトとかしてるのかも(宿に帰っていった)
        -- 2017-12-21 (木) 00:14:08
  • なじむかも -- 2017-12-11 (月) 22:45:11

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

日々の風景 Edit

ロダ3:032992.jpg
お急ぎコース
ロダ3:033073.jpg
ハードなお仕事
ロダ3:033223.jpg
街角宣伝

設定 Edit

  • 性格
    • 明るく元気で無邪気、それでいて結構しっかり者の働き者。
      下に弟妹がいたので面倒見がよく文句も漏らさない。(幼いのに我慢していると
      考えるとあまり良いことではないが)
      人生経験の少なさから仕方は無いが、あまり人を疑ったり悪い方向には考えない。
      財を失うまでは両親ともまともで、失った後も表面上は取り繕っていたので
      健康的に育っていた。
      年齢なりにまだまだ寂しい気持ちにはなるらしく、仕事で父親の様な歳の男性に
      かまわれて密着して眠れるのが好きらしい。
  • 経歴
    • 遊交都市ハイメルアルテという街に生まれる。仕事に失敗した両親と最近景気が
      良いと聞く酒場の街に最後の賭けとばかり8年程前に引っ越した。
      最初の5年程は商売もそれなりに順調にいっていたのだが、
      そこで気が緩んでしまったのか父が悪女にたぶらかされてしまい、
      資産を騙し取られてしまう。
      後には大きな負債と決定的な夫婦間の不和が残り、父は家族を捨て蒸発、
      借金だけが残った母もすぐにアルコール中毒になって一家は崩壊。
      ミユナは酒代と借金の代わりに坩堝通りの娼館オーナーに売られてしまった。
      当時9歳だったミユナは本来なら下働きから始めるのだが、すでに熟れきった人妻
      みたいな肉体の彼女は物珍しさが売りになると考えられ、娼婦として教育していくより
      調教で教え込んだ方が早いとばかりにお抱え調教師に預けられる。
      半年近く調教師の手で開発されたミユナは最終的に高級娼館には向かないと判断され、
      娼婦の健康を大切にはするが、決して良い待遇とは言えない
      「平凡娼館と安い売春宿の境界線」にある宿で仕事をすることになった。
  • 仕事
    • 娘、それどころか孫の様な年齢の少女を抱けるということで中高年の男性に人気。
      明るく屈託ない彼女を弄ぶのがいいのか、ただ奉仕させるより一方的に責めたてる
      プレイが選ばれる。
      彼女の方も男心を理解した奉仕なんてまだまだわからないので、お任せしている。
      女性客の場合、彼女自身にそういう趣味がなく理解もしていないので店としては
      取らない様にしている。会話だけならともかくだが。
      お話しするにしても大人の話はやはり難しいようである。
  • 売春宿「会友亭」
    • 坩堝通りの中ほどを路地に入り少し行った先にある小規模の宿。
      施設としては良くも悪くもなく、安めの値段が相応の場所であるが、娼婦の健康管理は
      真っ当に行っているので安心して利用できるという。
      小さな宿らしく時間の融通は利き、一時間から一晩まで交渉次第。
      • 召使
        体が小さく醜い、如何にも坩堝通りに流れ着いたはみ出し者という風の男が
        召使いとして宿の雑務をこなしている。陰湿だが小心者で支配人には逆らわず
        店の娼婦にも近づかないようにしているが、ミユナは子供であり簡単に言いくるめ
        られるので、仕事の後の片付けの際にたまの楽しみとして手を出している。
  • 仕事の部屋
    • 一般的な木張りの狭い部屋で、客が飲む為の酒とつまみがあり、壁には色々な道具が
      吊るされている。
      ベッドは広めで拘束用の皮ベルトあり。隣には小さいが風呂があり、仕事中でも
      客と一緒に入れるようになっている。
      そのさらに隣が寝床となる私室。
  • 日常
    • 会友亭以外に行く場所も無く素直なので逃げる心配はされていない為、オフの日は
      割と外にも遊びに出ている。むしろ機会があれば客引きしてこいと言われている。
      危険なスラムとはいえ坩堝の大通りから街の方へ抜けると比較的安全。
      少ないながらも給金が出ているので、お菓子や部屋を飾る小物などを買って過ごしている。

      http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087850.png

  • 突っ込む時のロール的なあれこれ
    あまり出歩いたりはしないと思う
    長時間ねっとり色っぽいラブラブファックとかまだまだ無理なので
    日常以外ではかんたんすけべや事後えっちたいむ辺りをお願いしたい

裏口  Edit


Last-modified: 2017-10-24 Tue 01:21:23 JST (697d)