exp034146.png名前スドウ(須藤庚丸)かのえまる
性別
年齢40歳
出身地不明
職業表:Diener(ディーナー)
裏:死体術師
在籍理由抗争で材料に事欠かない
企画exp033841.png
行動方針
RP傾向
好み筋肉
苦手人ごみ、賑やかさ
CV佐々木啓夫
 

三行 Edit

  • 表向きは死体洗浄や破損遺体を修復するディーナー
  • 裏は適当に死体つなぎ合わせてゾンビ作ったりする筋肉死体術師
  • 流されてマフィア

モルグに近い地下研究室  http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png    Edit

〆準備だ、12月15日中に終われば御の字だなhttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp034000.png

スドウ>MF/0072 &color(#101010){}; ナツ>MF/0072#s7a297e4 &color(#4444FF){}; オリエ>MF/0072#gdd9a9e1 &color(#FF4444){}; エメリエ>MF/0072#l4de97a7 &color(#00FF00){};
編集 差分 LOG:
お名前:
  • ふむ、ふむ…儂の名を呼ぶ同胞在らばと顕れてみたがこれまた異な者を見たぞ
    陽の下にある事を良しとするか夜に在るべき鬼よ、我々は天に背きし外道を歩む者であろう
    (街を歩いていたオリエの耳にふと老いた声が掛かればいつの間にやら大陸の衣装に身を包んだ一人の老人がオリエの前に立っていた)
    (それと共に周囲を歩いていた人々がまるで二人の邪魔にならぬようにとでも言うように酷く離れて歩くようになる)
    (その事に誰も疑問に思う者は無さそうだ…人避けの術の類ではあるだろうが魔術でも吸血鬼の魔性でもない)
    (誰もがそう思う事が「自然であるのだ」と思わせるより上位の干渉がその場に行われていた)
    (赤い瞳、僅かに覗く牙、間違いなくオリエと同じくする怪生は穏やかに陽の射す街の中それを為し、そう語り掛けてきた) -- ??? 2018-12-16 (日) 12:46:55
    • (ハッと顔をあげる、声をかけられる前に物静かでありながら巨大な気配を感じだから)
      (耳朶を震わす声、ただ静かに語るそれが自分に対して語りかけられたことは明白だった)
      ……誰が決めたのかは知らないケド、それに唯々諾々として従う理由はないんじゃないかな
      って、私は思うんだよね……と言うか、貴方も、同じ?なのかな?っていうか、どちら様でしょうか?
      あ、私はオリエ、人間からはデイウォーカーって呼ばれる存在、でいいのかな?(赤い目を見据えて笑いかける)
      -- オリエ 2018-12-16 (日) 13:18:05
      • 呵呵、全ては合理よ…しかして陰陽の内にも反する陰陽があるのもまた合理よな
        しかしこれは妙な事を言う…お主は儂を知っている、紙の上の事であろうが名を知り如何なる鬼であるかを学んでいる
        いやお主は礼儀の話をしているな。では名乗ろう、儂の名はスフェン・カティシオ…西に生まれ東に渡り武を修めた人の形をした塵芥よ(右拳左掌)
        (流れるように行われたそれは東方の武術家の礼、武器たる右拳を収める事で敵意を無い事を示す物だ)
        ふん、どうやら千年以上は在るようだ…儂より長いかそれとも、だが無駄足であったやも知れんな -- スフェン 2018-12-16 (日) 13:31:04
      • え、ちょ……ええ!?い、いや嘘を吐くような必要性もないけど……スフェン・カティシオ、まさか……
        す、すいません、ちょっと急すぎてびっくりだったので……では改めて、オリエ・スティグレー、ただのしがない吸血鬼だったものです(と優雅に礼をする)
        あはは、私は貴方のように武を極めたりとかはしてませんし、千年と言ってもただ研究と倦怠の繰り返しだっただけですから(と頭を掻いて)
        何か期待させていたのなら申し訳ないです(深々と頭を下げる)それで、ここで出会ったのは偶然ですよね?私は特に名を残すようなこと、していませんし……
        -- オリエ 2018-12-16 (日) 13:50:58
      • いやさ、儂とて生まれは漁師の息子で吸血鬼として名乗るのも烏滸がましい程に祖からは遠かろう
        何より武を極めているなどというのは過言に過ぎる、その過程で仙道を修めこうして汝と話している身ではあれどな
        (仙道、陰と陽の交わるそれは即ち清浄と穢れの同居する世界でもある…つまりこの人避けもその類なのだ)
        先程も言ったがなこれは偶々の事ではないのだぞ、お主は儂を知った以上縁がある…ま、星や地がそう語るのに耳を傾けた儂の気まぐれではあろう
        ただ強者であれば拳を交えるも良し…もしくは在るに窮する類であれば終わらせてやるか道を示すか、と思うたのだ
        だが珍しい事にそれだけ永く在ろうとまだ人の世に縁を持ち笑えている、故の無駄足よ…ま、一つ語るも良いが -- スフェン 2018-12-16 (日) 14:06:05
      • あ、そうなんですか、資料を見て私はてっきり凄い武人かなーって……それよりもその仙道!?
        こうして人避けをしているのも、その、星や地の声に耳を語り掛ける?のもそう、なのかな?
        凄い技ですね、それ私も習得できたりするかなーって、思ったり思わなかったり?するんですけど(鼻息荒く)
        あー……500年も前なら道に迷ってたりしたかな?でも今は色々吹っ切れてますし、永く在る事での楽しみ方も見つけたので
        それよりその、仙道、語るのであればそれの話聞きたいかな?って、この街であればいい所たくさん知ってますよ?勿論スフェンさん?がよろしければ、ですケド
        -- オリエ 2018-12-16 (日) 14:46:43
      • 然り…だが天元を知るは武道に於いては道程に過ぎぬのだ、その方法は幾つかあるが儂は仙道であっただけの事
        天賦の才在らばその様な事をせずとも陰陽を知り天を切り捨てる事が出来るものだ
        (鼻息を荒くするオリエに呵呵と笑い返し)つまりは才無き者の涙ぐましい努力なればこそ汝にも道は在ろう
        だが此度はその道を語るつもりは無い…時は幾らでも在るのだ、己が足で一つ一つ拾うてみる事だな
        (老人はある方角へ首を向けて)儂の内にある鬼は人の世の善き所では息苦しくて堪らぬのだよ
        人の世に塗れた鬼共の権力争いもあまりに馬鹿馬鹿しい…で、一つ魔の王を名乗る愚か者の穴蔵にでも住もうかとな
        (老鬼はその赤い目を細め)そこに誘おうかとも思ったが、無用であろう? -- スフェン 2018-12-16 (日) 15:11:43
      • 天賦の才かぁ、憧れはするケドすぐ何でも分かっちゃうのは何ていうのか、勿体ない?つまらない?
        そんな感じなので私は凡才でよかったカナ?分かりましたヒントは貰いましたからねー、後は自分の足で探してみますね?
        (そして老鬼が向いた方向を見る)はい、こんな凡才の身でも必要としてくれる場所がありますし?そっちの方が先着なもので
        もし迷ったときは、その時は改めてお話に伺おうカナって思います(にひーと笑う)
        そういえば一つ、スフェンさんの事を知って聞いてみたと思っていたことがあるんですケド……なぜ永く在ろうとしたのかな、って(自分は人と交わる、彼は人の世を離れる、その違いは何かと)
        -- オリエ 2018-12-16 (日) 16:04:39
      • そうか、であれば以降交わる事もあるまいよ…お主は陽の下に在るべき者なのだろう
        先程も口にしたが陽の内にも陰がある物だ、迷いとは即ちその僅かな陰が働いたに過ぎぬ
        修羅の世界に足を踏み入れどもこう思う事だろう…「此処は違う」とな
        (何故永く在るかと問われれば老人は鼻で笑い)人か鬼か、つまりは器は同じく灰であろうとも内に在る物が違うのだ
        儂にとっては武こそが、戦いこそが在るに値する物だが不純物を除く程に在るべき場を失っていった
        …いいやかつて死闘を演じ死地と定めた場所でトドメを刺されなんだ時から全て失ったのやも知れんがな
        …納得出来たか?出来たならば行くとしよう -- スフェン 2018-12-16 (日) 16:26:55
      • そう……だね、きっとそういう世界は私には合わない、そもそも答えを求めた方向が違うものね(小さく首を振って)
        ええ納得できた、陽の下に出てこられる存在と言うのが同じであっても、私とスフェンさんは成り立ちから何もかも違うって当たり前のことを、へへ
        でも、今陽の下に在るからと言ってそれがずっと続くかは分からないし、その逆だってあるかもしれない
        流れ廻るのが摂理なら、人と交わって自身の在り様がどう変わっていくのか、その果てを見てみたい。それが私の永く在る理由。
        道は交わらずとも又こうして擦れ違うことはあるかもしれないね、何せ「時は幾らでも在る」んだから
        (手を差し出す)とりあえず出会えてよかったよ、スフェンさんにとっては特にならない出会いだったかもだけど
        -- オリエ 2018-12-16 (日) 18:25:04
      • そうさなそれこそが陰陽魚、儂とて何時か驚くべき出会いにより目を開く事もあるだろう
        何より成り立ちよ、儂は鬼となりて後武の師に出会いて修羅を歩めば陽の下に在る鬼となっていた
        お主は見た所人であろうと足掻いた末に陽の下にある鬼に、正しく流れ廻るが如く
        であれば…お主の納得する時は訪れよう(そして手を差し出されれば僅かに首を傾げ…思い至ったのか握手を交わす)
        さてさて…損得で言えば好奇心が満たされただけ十分と言えるな
        武人であればと思うのは高望みが過ぎる…そちらは出向いた先で満たす事としよう
        さらばだオリエ・スティグレー…地の上にて最後に「人」と出会った事は忘れぬよ
        (そう告げ再びの右拳左掌を示せば老鬼の姿はかき消えた)
        (すると何事も無かったかの如く人通りは戻る…まるで一時の幻の様に) -- スフェン 2018-12-16 (日) 18:39:30
      • そうれあれば、その時が来るのであれば、嬉しいかな?(握手を交わした手をじっと見て)
        こういう出会いもあるから、人と交わるのは面白いのよね……ええ、ではお元気で、と言うのも変だケド
        さようならスフェン・カティシオ、私もこの出会いは忘れません(戻り来る喧噪の中、ゆっくりと手を振る)
        (そして深く深く息を吐き空を見上げ)……こうも縁に導かれると、なんだかホント気持ちいいよね(眩しい太陽に微笑み返すオリエであった)
        -- オリエ 2018-12-16 (日) 19:36:02

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 本人の事
  • スドウが本名かどうかは不明、気分次第でドクターとかプロフェッサーとか呼ばせているので好きに呼んでいい
    身長:195僉/ 体重:123kg
    筋肉粒々 白い歯を見せHAHAHAHAと笑うのが似合う
    年中サングラスと白衣スタイルで、それらを外したり脱いだりはレア
    白衣はだいたい血や謎汁で汚れてるが、外出時は新しいものを用意する程度の気配りはあり
  • 趣味は筋トレ、暇があればとにかく鍛えることに時間を使う
    近隣地域にトレイルランニングに出かけるのも日常茶飯事、野垂れ死んだ珍しい死体を拾ってくる実益も兼ねている
  • 経緯と現状
  • 5年程前に組織に加入し町の地下にあるモルグ近くに研究室を設置、そこを拠点に過ごす。若かりし頃にボスと面識があったようだ
    射撃練習用の的ゾンビやらを組織の依頼を受けて作成しているので、死体術師であることは組織内では公然の秘密
    広義ではネクロマンサーに入るが死霊やスケルトンは専門外、肉のあるゾンビ特化の術師である
    とある目的のために術を修め、その目的は10年以上昔に達成済み。今は術の精度を上げることのみを追求している
  • ネクロマンシーは独学で学んだものではなく、とある人物に師事し教えられたもの
    その人物は吸血鬼であり、その事はスドウも知っている
  • 研究室
  • 地下にある作業場兼生活スペース
    腐臭に死臭に血の匂い、肉片が散らばり場合によってはパーツが転がっているため、マフィア構成員であっても顔を顰めるような環境
    しかし近頃は掃除人が奇麗にしていようだ
    肉の腐敗が進まぬよう作業場の温度は0度近くにコントロールされているため寒い
  • 併設する生活スペースは清潔感を除けば普通に寝泊まりはできる程度
    だったのだが、今はマジ見違えるくらい奇麗になっている、新しく来た同居人が有無を言わせず奇麗にさせたようである
+  ...
+  ...
+  ...
+  ...

お師匠の血液診断 Edit

+  格納!

拾いもの ⇒ 研究材料 ⇒ お手伝い Edit

exp033904.jpgexp033956.jpg名前ナツ
性別女?
年齢不明
出身地不明
種族不明
好み死肉
腐肉
生肉
焼肉
苦手暴力
捕食者
着替え
  • しょうたいふめい
  • いつの間にか研究室にいた触手と人間の合いの子のような存在
    ごくごく最近居ついたらしく、研究室に来た者は初めて目にするだろう
    居ついたと言ったが、実際はスドウが珍しい魔物の死体だと思い拾ってきたもの
    顔も潰れ体中焼け爛れた状態であったが驚異的な再生力で復活を遂げ、今は研究室の肉片やらパーツやらを食べて片づけている
  • 身長:普段はだいたい100cm、足?を伸ばすと130僂らい 体重:不明
    普通に言葉を話せるので意思疎通は可能
    ある程度の人間社会の常識や知識を持っているが、どこで学んだのかは不明
    知能は7歳くらいである
  • ファミリーに対しては「研究材料」という報告をし、何かあった場合ケジメを追うという形で了承されている
  • マートよりお下がりの女児服を貰っており、手足が隠せるような服で出歩くこともあるようだ

スドウの師匠にして街の献血お姉さん Edit

+  師匠
+  これは別に読まなくてもいいヤツだから

スドウの想い人にして妻 Edit

+  エメリエ




































コメアウ Edit


Last-modified: 2018-12-15 Sat 23:37:39 JST (1042d)