施設/足湯

  • 施設/足湯 冷え症にも効果的な足湯
  • 施設/足湯 足湯なぼくら
    • む、お湯の水溜り……足湯?足だけ浸かるお風呂?ふはー、何でもある街っすねー -- ラクエル
      • お嬢ちゃん、二度漬けは厳禁だよー(先客) -- ゲまスーノ
      • 折角だし独り占めしてくっすかねー、よっと(立ったままブーツを脱ぐと片足でけんけんしながらもう片足を後ろに曲げ、白い靴下のつま先をつまんで引き抜く)
        (同じプロセスを逆の足で行って準備は完了) -- ラクエル
      • ぜんっぜん独り占めじゃなかったんすけど!つーか人の足を串カツみたいにゆーなっす!(ツッコミを入れながらスカートをちょっとつまみ上げつつ湯に足を漬ける)
        あー……寒くなってくるとこーゆーの染みるっすねぇ…… -- ラクエル
      • あらあら…若いのにババ臭いこと言ってると老けちゃうんだから(気持ちよさそうなのを見て微笑む) -- ゲまスーノ
      • だって足冷えるんすもん、この際お腹まで浸かりたい気分っすよねー(淵に腰掛けて足を湯につけたまま仰向けに寝転ぶ)
        あともうちょっと老けたいって言うのはあるっすねー、ねーちゃんはどうやっておっきくなったんすか?身長とか -- ラクエル
      • あら、じゃあうちに来る?お湯につかりながらキモチイイこともできちゃう施設なのよ(間違ったことは言っていない娼婦)
        ホホホホホ(なんだイヤミかとプリップリのほっぺをつねる)んー…そうねえ…なりたいようにイメージしてそういう姿になった、って答えじゃ不満? -- ゲまスーノ
      • え、なんすかその天国みたいなところ!お風呂に浸かりながらお酒とかもいいっすよね……今度寄っちゃうっすかね
        あいいいい(弾力があるのによく伸びるほっぺた)不満っつーかそれじゃ真似できねーっすよ……あー、やっぱり時が解決するのを待つしかないんすかねぇ……(足で湯をばちゃばちゃ蹴りながら) -- ラクエル
      • じゃあいらっしゃいな、住所は…(住所メモって渡す娼婦、名刺わたしたら職業バレちゃうしね!)
        なぜベストをつくさないのかー!イメージは大事よ、イメージしまくってればある日突然できる かもしれないかもしれないかもしれない…まあがんばりなさいな
        ……うぅわっ!ちべてええ!!(すぐ足元冷えちゃっていやんなるわあとグチりつつ帰る) -- ゲまスーノ
      • なるほど、ここにいけばいいんすね!ねーちゃんがいたら案内してもらうことにするっす(鞄にしまう)
        出来るかもしれないできないかもしれない……イメトレは大事っぽいっすしね、じゃあちょっと頑張ってみるっす!漠然と大人って考えてたっすけど
        まぁ冷えるっすよね、季節柄……(お見送りしつつしばらくあったまる)
        さて、自分も帰るっすかね……ふふん、自分はまだ若いからそう簡単には冷えねーっす(ブーツと靴下を片手に下げて裸足でぺたぺた出て行った) -- ラクエル
  • 施設/足湯 じわじわ効く足湯
    • (靴下とスニーカーを脱いで洋袴を捲る) -- 仁義
      • せっかく天然温泉に来たんだけど、刀から長いこと離れていられなくて、結果湯船にも浸かれなかった。から、ちょっと近所にある足湯にやってきました。 -- 仁義
      • ゆるりと一人で浸かろう。
        (深みのある熱を籠らせた湯に足をつける。蒸気に撫でられているかのように熱く暖かく、それでいて不快さは何もない)
        うん。……たまには、たまには独りもいいな……。 -- 仁義
      • ひとと一緒に居ると、昏い感情が湧いてくるからな……。(滾々と湧き上がる湯を足で撫でる) -- 仁義
      • 己は、皆と仲良くできているのだろうか。 -- 仁義
      • 鬱陶しいと思われていないだろうか。嫌われているのに、無理矢理笑顔を作らせてはいないだろうか。 -- 仁義
      • よう、悩める若人。世間が浮かれてる中鬱々としてんな?(裸足で現れる) -- アーサー 2012-03-06 (火) 21:57:48
      • 己の本性を見抜かれて、裏で糾弾されてはいないだろうか。……ちゃんと、“ひと”だと思われているのだろうか。 -- 仁義
      • (帯びていた刀を腕へひし抱き、気配へ面く)アニキじゃないの。浮かれるのなら、それと同じくらい大きく、鬱屈した思いも溜まるものだ。
        己はその許容量が低い。器が小さいから、溢れるばかりで、だから水場で吐き出している。……関係あるまいよ。
        (「あ、関係ないって言ったら『ファミリーだから関係あるぜ!』って返ってくるな……」) -- 仁義
      • ファミリーだから関係あるぜ。(返ってきた)
        まあ、それでも溢れた言葉で湯が濁りゃ、浸かった足からまた溜まっちまう。俺でよけりゃ話聞き流してもいいぜ。
        壁に向かって言葉を零すよりゃ、有益だろうぜ。(自分も足湯に浸かりながら) -- アーサー 2012-03-06 (火) 22:08:33
      • (「ああ、やっぱり……」)ふん、その理屈じゃあ、垢を落としに風呂に入る事もできなくなってしまう。
        だいいち、人に聞かれたくないから、独りで吐いていたのだ。特に、お前は人を家族だと迷いなく言える気概があるのだからよりそうだ。 -- 仁義
      • ああ、成程な。そりゃ、悪いことをした。
        先月も、似たようなこと言われたぜ、花珠って妹分に。……毎月楽しそうな俺にゃ、楽しくない気持ちはわかんねえ、ってな。
        だからこそ、学びたいと思ってるんだけどな、お前たち弟分が強さを学ぶのと同じように、弱さを。……中々、難しいみてえだけどな。 -- アーサー 2012-03-06 (火) 22:49:40
      • 花珠が……? あんなに楽しそうだってのに、か?(知った顔と性格は、点を与えても線で結ばれず、点は点のまま浮遊する)
        ……それは、傲慢だよ。こんな弱さ、なくなってしまえばいいのに、なくなってしまえば、もっと己と関わる人と仲良くできるのに。厭で、厭で、汚くて仕方が無くて。
        怒るぞ……それを“学びたい”なんぞと……。(ぱしゃんと足を上げると、玉の滴が宙に散った)だけれど、どうせ、それも弟妹分のためとやらなんだろう……。
        本当に痛みや弱さを知らなきゃ、それに口を出す権利もない。林檎が紅いことを知らずに、甘さを語るようなもんだ……共有なんて、できやあしない。 -- 仁義
      • ……かもな。(肩を竦める)ただ、こういう生き方しかできねえのも確かだ。それが自分の為なのかファミリーのためなのかを証明しろってのは悪魔のそれだ。
        ただ、それは要不要関係なく、林檎を手にすることができるやつの理論だ、弟分。お前は人より珍しい果物を持ってる俺が羨ましいだけなんじゃねえか?
        俺は……その感情と同じようにファミリーが持ってるようなありきたりの果物が欲しいだけなんだ。
        そう言っちまえば、話は平行線だがな。……思ったより、俺が手にしてる強さなんて果物は、甘くねえかもしれねえぞ。それを持っていても、弟分にそんな目で見られちまうくらいにはな。
        (足を足湯から抜く。俯いた顔から表情は読めない)……刀に手掛かってるぞ、弟分。 -- アーサー 2012-03-06 (火) 23:11:16
      • ……じゃあ、一つ言う。アニキだって林檎は持っている。ただそれは青く、小さく、まだ熟をしていないだけだ。
        味も事の本質も解らないだけだ。ならば、アニキの言う“学ぶ”とはどういうことか?
        果実を熟さしめるには、栄養と日光と雨を浴びねばいかん。それは悲哀という毒と、後悔という涙の雨と、諦めで覗いた陽射だ。
        実体の無い口先だけで……図鑑の中でも覗くように、それを“学ぶ”などと言うのがいかに残酷な事か……。
        それだけ覚えておいて呉れればいい。(鯉口は切らぬ。ただ心の依んどころとして、柄を握ったまで)
        己はお前が嫌いじゃないから。(そこから無言でさあと逃げ去るように、その場を後にした) -- 仁義
  • 施設/足湯 薬草の浮く足湯
    • デートで足湯ってどうなってんですか、ちょっとセンス疑いますよ。(とか言いつつ足をつける) -- シュネーブルーメ
      • 飯とか考えたんだけどおめぇいつも美味しいとか美味しくないとか全然言わねぇから……。
        こう、場所変えてちょっと話そうかとかそんな感じ。(シュネーブルーメの隣に座り足をつける) -- カイ
      • まぁいいです、次を期待しておきましょう。
        して、話そうというのは何をでしょうか。もう家でさんざん話していると思うのですが。 -- シュネーブルーメ
      • (無料サービスの温泉まんじゅうが入った籠が漂ってくるが、足湯スタッフの姿は見えない)
      • あんま期待されると困るけど……頑張ろう、うん。温泉まんじゅうか、ありがたくいただこう。(むしゃむしゃ)
        いやー、実際のとこ特に考えてねぇんだけどさ。あ、いつも俺が学校行ってる間なにしてんの? -- カイ
      • シュネーブルーメには取ってくれないのですか、いえ別にだからといってどうということはないのですが。(自分でとってむしゃむしゃ)
        貴方が学校に行っている間、ですか。(目を閉じてんー、と思い出そうとする)
        特に何もしていませんね、しいて言えば天井のシミを数えたりしています。 -- シュネーブルーメ
      • すまない……。(気が利かないなぁ俺……とか思って少しヘコむ)
        (思い出そうとしているその姿を見て少し安心する、そういう仕草はどこか人間らしい)
        それ絶対他のやつに言うなよ!? なんでいつも誤解されそうな物言いすんだよ! -- カイ
      • いいんです、そのあたりの細かい気遣いは全く気にしていませんから。(むしゃむしゃげふー)
        着替えの時も堂々と入ってきますしね、おそらくシュネーブルーメに羞恥心というものがあったら今頃カイは生きていないでしょう。
        とにかくカイを誤解されるような立ち位置にすると良いと聞きました。 -- シュネーブルーメ
      • それはマジでなくてよかったと思う、でもよぉ、風呂なしワンルームなんだから仕方なくね? お前そんな乳でかくないから見てもしょうがなくね?
        おい、ちょっと待て、それは誰に聞いた。 -- カイ
      • そうですね、カイはボインちゃんが好きですから。シュネーブルーメがボインちゃんでしたらカイに速攻押し倒されていたでしょうから僥倖です。
        誰ってそりゃニコ……おっと、なんでもありません。気にしないで下さい。 -- シュネーブルーメ
      • 押し倒さねーよ! そういうのじゃねぇって何度も言ってんじゃん!
        ていうかそんな事言うならワンルームやめようぜ、そのあたり国と相談すりゃなんとかなるだろ。
        今ニコっていったよね? 現皇じゃねーか! 何なのあの人そういうこと言い出す人なの……。 -- カイ
      • いえ、それはいいです。ワンルームのままでいいですよ。……えー、変なとこで経費使わせる訳にもいきませんしね。
        結構そういうこと言いますよ、あのかた結構馬鹿だと思います。 -- シュネーブルーメ
      • いや……おめぇがそれでいならいいけどよ。でもさすがに風呂ありに引っ越さね?
        あの人そんなに変人なのか……一国の主でそれで平気なんかな……。 -- カイ
      • いえ、それもいいです。そうしたら風呂あがりを見るつもりなんですよね、分かります。
        カイがいるのかいないのかパッとわかるから楽なんですよあの部屋。
        ダメだと思います。まぁ今のあの国は国皇主導じゃないから国自体は大丈夫だと思います。 -- シュネーブルーメ
      • 見ねーよ! しかしまぁ銭湯代も馬鹿にならんから……さよけ、そう言われたら納得するしかねーわ。 -- カイ
      • さてそろそろ上がりましょう、足がふやふやです。(足を拭いて上がる) -- シュネーブルーメ
      • あ、おい。ちょっと待てよ。(それに続いて上がった) -- カイ
  • 施設/足湯 薬草の浮く足湯
    • まぁ・・この様な施設がありましたのね・・・ふふ、薬湯の良い香り・・・
      (靴と靴下を脱ぎ足を露出する・・・)これくらいは・・構いませんわよね?(右足についたKのアンクレットはとらない) -- マギー
      • ふふ、足湯なんて初めて・・どんな感じなのでしょう(ローブの裾をたくし上げて白く細い足を晒し、足湯にそっと浸かって腰掛ける)
        はぁ・・・(ほっこり・・・思わず深く安らいだ吐息が漏れた) -- マギー
      • (ちゃぷちゃぷぱしゃりと足で水面を波立たせる)ふふ、心地よいですわ・・・
        (そっと撫でる様に足を揉んで)・・・そういえば闘技場と汎用施設が休止してしまいましたのね・・・普段利用しないとはいえ何故なのか気になりますわ・・・ -- マギー
      • さてと・・・素敵なお湯でなんだか元気が出てきましたわ・・そろそろ行きましょうか
        (足を丁寧に拭き靴を履きなおして去っていった) -- マギー
  • 施設/足湯 ゆず足湯
    • 着きましたー♪(わーい)
      ……あれ、柚子の匂い……? -- 礼蓮 2012-01-22 (日) 00:28:20
      • いい香り(脱いだヒールとストッキングを籠に入れつつ、少年の後に続く) -- ディアマンテ
      • (ぺたんぺたんとはだしで歩く。袴を脱いで着流しで、太ももくらいまで捲り上げて白くて細い足が露に)
        何かあるんでしょうか……? -- 礼蓮
      • (うない…とまではいかない、絶妙な太さの美脚を晒す女悪魔)
        (スカートが短いので、濡れる心配はない。内股気味に座ることで下着が見えてしまうのを多少は防ぎ、足先を湯に浸す)
        柚子がごろごろ入ってるわねえ。今度家でもしてみようかしらね -- ディアマンテ
      • (隣に座って膝下まで湯に)ほんとだ。冬至みたいですね♪ ……このへんにも、桝村の文化が知れてたりするんでしょうか……?(なんとなくちゃぷちゃぷさせながら) -- 礼蓮
      • 冬至に柚子を?(膝まで浸かれる深さのところへ移動。丁度礼蓮の真正面に向かい合う形)
        その習慣は知らないけど、桝村や他の東域出身者も多く集まるところだから、そうなのかもしれないわ
        (スカートの端をすうっ、と指で直し、にこりと微笑みかける。一瞬スカートの色には無い赤が見えた気がする) -- ディアマンテ
      • あ、はい。(こっくりとうなずいて、下着よりも足に視線がチラチラと)
        冬至にこんな風に柚子を浮かべたお風呂に入るんです。風邪を引かないおまじないで、があったまるんですよ♪ -- 礼蓮
      • (傷痕も無ければ陶器のように白く、瑞々しい脚。濡れて艶を増し、少年の視線を感じてか、誇るように見せつける)
        (ちなみに、時折見えるその姿から全体像を思い浮かべると、こういった薄布を着けていると判るはず)
        あら本当、何だか全身あたたかくなってきたような…
        東の湯の文化は興味深いわね……確か、この街に最初にできた銭湯あたりも、東のモノを元に作ったって話だし -- ディアマンテ
      • そうなんですか。色々とつながりが深いんですね……(西の文化にまだまだ疎い少年の脳裏には具体的なイメージはわからないが、とても魅惑的なもので隠されていることだけは想像がついた)
        そういえば、あの空飛ぶ船って商店街みたいな感じですよね? -- 礼蓮
      • そうね、空飛ぶ商店街って感じで合ってると思うわ。開店するのは主に着陸中だけどね
        (こっちにいらっしゃい、と笑顔で手招き。足をちゃぷちゃぷ、柚子をちょん、と触ったりしつつ) -- ディアマンテ
      • あ、はい。それじゃあ失礼して……(立ち上がってちゃぷちゃぷと足湯を横断。隣にちょこんと座って)
        ディアマンテさんのお店はどんな風なものを売ってるんですか? -- 礼蓮
      • (並ぶ2人。満足そうに笑う女)妖術に関係する雑貨屋ね。ちょっとした武器、食料品なんかもあるわ
        後でお店観る? -- ディアマンテ
      • あ、はい。ぜひ!お土産とか、いっぱい買っていこうと思うので……あと、ここらへん特産で、保存が利いておいしいものとかの心当たりってありませんか? -- 礼蓮
      • 燻製肉とか。そうねぇ……チーズなんかはどう? 桝村にも蘇というチーズがあるって聞いたわ
        山羊とか(胸が揺れる)牛の乳から作る、あれね -- ディアマンテ
      • あ、蘇です? それも気になりますね……(揺れる胸からさりげなく目をそらして)
        ……はふ。(湯を足でかき混ぜて、高潮した顔で吐息をつく) -- 礼蓮
      • のぼせそう? もう少し扉を開けてきましょうか? それとももう上がる?
        十分温まったといえば、温まったし……(少年と肩を寄せ合うようにして、人差し指を自らの唇に当て、トントンと) -- ディアマンテ
      • そ、そうですね。あの、ディアマンテさんのお店も見て回りたい、ですし……(どうしても唇に視線がいきながら、こくこくうなずく) -- 礼蓮
      • (色めく唇が笑みを形作り、湯から出て水気を拭きとる。脱いだ履物とストッキングを拾い上げると、少年と共に扉へ向かった) -- ディアマンテ
  • 施設/足湯 赤と白の花弁が浮かぶ足湯
    • (右目を包帯で覆った女が端に腰掛け、陶器のように白く滑らかな素足を湯に浸した)
      …これで回復が早まるはず……折角覚えた術もほとんど使えなくなっちゃったし…
      折角だから誰かに術を教わりに行くのもいいかもしれないわねえ……ああ、足が気持ちいい… -- ディアマンテ
      • (ブルカのようなもので目許を覆った従業員から、グラスに入った源泉から湧きたての湯をもらう)
        (包帯を外し、空洞になった眼窩に湯を少しばかり掛け、残りはゆっくりと飲み干した)
        ……天井が高いのはのぼせ難くするためかしら
        (空間の広さに加え、どこからか絶え間なく新鮮な空気が入って来ているため、のぼせる心配は少ない) -- ディアマンテ
      • あっ……
        (塊が、とぷんと湯に落ちた。作り物で補っていた左角の半分ほど。それが落ちたのだ)
        (虹色や赤色の紋様が折れた角の周囲に、弧を描き、歯車のように蠢き、鈍い光を放つ)
        (パキ、ペキ、ペキ……と乾いた音を立てて折れた部分が復元されていく)
        (結晶のように、ささくれ立った樹のように。……しかし、完全に元には戻らず、復元が停まった)
        中途半端な治りだわ。折角作ったエクステがまた合わなくなっちゃったじゃない -- ディアマンテ
      • 目はまだ生えてこないし……片目だけだと、距離がつかみにくいのよ
        頑張りなさい、わたしの身体(つま先で湯をかき混ぜる。静かな灯りが揺らめき、先の凄絶な戦闘・全滅による心身の傷を癒す) -- ディアマンテ
  • 施設/足湯 さわやかな香りの足湯
    • …足湯なのに、深さが僕の半身浴ほどもあるのは如何に!!(ちびなだけ) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:17:25
      • はぁ……コイツはいい、足湯って実は初めてなんだが、足元だけお湯につけるだけでもこんなに気分がいいもんなんだな……(ほへー) -- レイ 2011-12-21 (水) 22:21:22
      • 縁に腰掛ければなんとかならないかしら…?(闇の羽衣のロングブーツを脱いで素足になりつつ) -- ? 2011-12-21 (水) 22:25:36
      • むー…靴だけ縫いでも上着邪魔ぁ……(捲くってベルトで固定しつつ、ブーツもニーソも脱いで)
        これでよし。……(足湯につかろうとして、にやりと笑う)
        この間の短剣の仕返しっ…!(レイさんの背中をドンっと押そうとする) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:28:08
      • コトノハ、こっちこいよ、そこなら他よりもちょっとだけ段差が緩いぞ
        戎の隣、そう、そこそこ -- レイ 2011-12-21 (水) 22:29:32
      • おぶっ!?
        (突然だったので対処できず、ばしゃーんと足湯に勢いよくおちるアサシン)
        (中央は結構深いのでなかなか浮いてこない) -- レイ 2011-12-21 (水) 22:30:47
      • …あら(コトノハがレイを押すのを眺めつつ、自分はゆっくりと脚を湯に浸す)…気持ちいい… -- ? 2011-12-21 (水) 22:31:47
      • 決まった……!(きりりとした表情でやり遂げた感満載。ずっと根に持っていたらしい)
        じゃあ戎ちゃんの近くお邪魔します……はふー……きもちいー…冷え性に抜群…(浅い場所見つけて、足を湯につけて) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:33:12
      • …反省してないわね…(闇の羽衣の一部を硬質化してレイに伸ばしつつ)大丈夫? -- ? 2011-12-21 (水) 22:36:43
      • ぶくぶくぶくぶくぶく
        (急に足湯の中央がボコボコ泡立ち始める) -- 2011-12-21 (水) 22:36:56
      • ざばぁ(戎の闇の羽衣に救出されて現れたのはアサシン……ではなく)
        (ほっぺを引っ張られている精霊的な何か)
        (手に持っているのはアサシン二人) -- 足湯の女神 2011-12-21 (水) 22:39:29
      • アナタ達が落としたのはこの金のアサシンですか? それともこちらの銀のアサシンですか?
        (金髪のアサシンと銀髪のアサシンが差し出されて問われる) -- 足湯の女神 2011-12-21 (水) 22:40:29
      • …っ羽衣!(ぎょるる、と羽衣がまるで黒い大きな手のように形を変え、お湯の中に突っ込んで行く)早いわね事件が起きるの!まったりしたかったのに! -- ? 2011-12-21 (水) 22:41:24
      • 普通のぴくみんだと思います(ひどい)
        冗談はさておき、黒いアサシンさんだとおもいますー。戎ちゃんおちないようにきをつけ・・・ -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:42:06
      • …女神はスルーで(スルースキルを発動しつつ、ざぶざぶとお湯の中を探索)…死んでないでしょうね…デスペナは駄目よ…? -- ? 2011-12-21 (水) 22:43:36
      • 誰がピクミンだてめぇ……(すっかりほこほこに茹で上がりながら戎の闇の羽衣に救出されるアサシン) -- レイ 2011-12-21 (水) 22:44:33
      • じゃあ女神さまスルーで(ぺこりとお詫び)
        レイちゃん運動神経よさそうですから大丈夫と思って押したんですけどー…いますー?あ、いた、よかったー(ぴくみんについては笑顔で流す) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:45:05
      • (ざばぁ、と救出した羽衣)…ふぅ。生きててよかったわ…(そのままコトノハの横へレイを移動させつつ) -- ? 2011-12-21 (水) 22:45:58
      • ええ、それはおかしいですね……じゃあ、これですか?
        (突然ポンっとマジックのような軽い効果音で現れる温泉饅頭の入ったバスケット)
        アナタたちの湯浴みに幸があらんことを……
        (きえていく女神) -- 足湯の女神 2011-12-21 (水) 22:46:34
      • (温泉まんじゅうの入ったバスケットも羽衣で受け取りつつ、出口の方に置いておく)…計らずもお土産が出来たわね…
        …足湯は身体全体が温まって、いいわね…落ち着くわ…(ふっ、と少し上気して桃色に染まった頬に手をやりつつ) -- ? 2011-12-21 (水) 22:48:24
      • わりぃ、戎助かった……危うくホームに戻されるところだったわ
        バックアタックを鮮やかにいつでも回避できるなら今頃アリーナ上位だっつーんだよ!(コトノハの隣におろされながら、喚く) -- レイ 2011-12-21 (水) 22:48:44
      • 女神様拗ねてないといいですねー……(消える女神に手を振りつつ)
        いやぁほら、先日のあれですよレイちゃん、消え行く意識の中でも頭にクリティカルヒットした短剣は忘れられなかったんです…(ぽ)
        ではここで、ででーんと、差し入れに持ってまいりました飲み物をご披露です(コーラ、カクテル、コーヒー牛乳の三つ。秒数偶数コーラ、奇数カクテル その他コーヒー牛乳) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:52:46
      • どういたしまして(にっこり)私は羽衣のスキルで、ターゲットにされたらそれを捕捉できるスキルがあるからバックアタックには強いわね…(ぎゅー、と羽衣を絞るように動かして水気を切りつつ)
        あら、気が効くわねコトノハ。それじゃあ頂くわ(ひょい、と適当に飲み物を取る はたして…) -- ? 2011-12-21 (水) 22:53:54
      • (コーラだった)…よく友達に飲まされたわね、懐かしいわ(家ではジュースも飲まないお嬢様育ち くい、と煽り)…んー…(炭酸を味わっている) -- ? 2011-12-21 (水) 22:54:51
      • だ、だってあれはお前があんなわけわかんねぇこというからだろ!!(真っ赤になった顔は温泉の湯気のせいかもしれないし違うのかもしれない)
        殺気感知は俺も持ってるけど近距離過ぎると俺は対応できないわ……おう、ありがとよコトノハ、貰うわ -- レイ 2011-12-21 (水) 22:56:12
      • 俺もコーラだな、風呂はいりながら飲む炭酸は大好きだから丁度いいぜ(ぷしゅっとあけてんぐんぐ)
        んーっまい! -- レイ 2011-12-21 (水) 22:56:58
      • (ひそひそ)コトノハ、レイに何て言ったの?(ひそひそ) -- ? 2011-12-21 (水) 22:58:01
      • どぞどぞ(二人にすすめて、自分もひとつ手にとり) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 22:59:11
      • ん?んーっとね……(コーヒー牛乳を手にもって、戎さんにひそひそと「ボスとレイちゃん超ボーイズラブ」っていったのと耳打ち) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:00:23
      • ……ああ…(凄く納得言ったふうに)…まぁ、何と言いますか…仕方ないわね(いい笑顔でレイの肩に手を置いた) -- ? 2011-12-21 (水) 23:01:50
      • えー…だって超いい感じの雰囲気でしたよ、なんていうんですか・・・(クエの中で見た二人のやり取りを説明しながら) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:08:24
      • な、なんだよ戎まで!? つか、ほんとそういうのじゃねーから! ただの腐れ縁だっつーんだよ……!(コーラ煽る)
        げほ! げほ!(咽る) -- レイ 2011-12-21 (水) 23:08:43
      • そんなことが…何て言うか…(とてもいい笑顔で)いつものことね!(おしとやかな戎にしては珍しくサムズアップ)
        …んー、そうねぇ。レイが恥ずかしがるのもわかるけれど、でも傍から見ててすごいアツアツなんだもん。そりゃあそういう感想も持つわよ…ねぇ?(コトノハの方を見て) -- ? 2011-12-21 (水) 23:11:27
      • ねー。(同意するようにいい笑顔)
        で、実際はどうなんですかレイちゃん、ボスとはどういう…感情的なのでもいいですから、教えてくださいよー? -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:17:36
      • げほ……げほ……!
        な、長い付き合いってだけだよ……そういうのじゃねーからマジ。だいたい俺もアイツも男だろーが……そういうんじゃねーって(コーラちびちび) -- レイ 2011-12-21 (水) 23:18:12
      • だから、えーとただの……
        ……
        ……
        ……なんか、ほっとけねぇだけの友達だよ。弟みたいっつーか……後輩とか、生徒みたいっつーか……そういうの -- レイ 2011-12-21 (水) 23:19:08
      • ――でも、そう思っていたはずのアイツはいつのまにか、俺の心の中で存在が大きくなっていて。 -- レイの心の声(っぽく話す声) 2011-12-21 (水) 23:20:46
      • …男なのは、こっちの世界だけでしょ?(女の勘。にやり、と何でもお見通しな雰囲気の笑みを見せて)…まぁ、深くは聞かないわ。
        これでもしボスの嫉妬を買っちゃったら後が怖いものね…?そうね、ボスには「私とレイとコトノハの三人でお風呂に入ってきたわ、とても気持ちよかった」って伝えておきましょうか。 -- ? 2011-12-21 (水) 23:20:46
      • (心の声に我慢できずに吹きだした) -- ? 2011-12-21 (水) 23:22:20
      • 勝手にモノローグつけんなや!!(コトノハにアームロック)
        (戎の問いに対して少し真面目な顔で)……わかんねーよ、そこまで……それに、俺もアイツも少なくとも成人していることだけは確かだ。っつーことはもう立派な大人だ
        その大人が性別を隠して、違う自分のごっこ遊びをしてこの「もしも」の世界を楽しんでいる……だったら、そんな世界で無理にリアルに触れるのは無粋ってもんだ
        俺はマリヤンのことは確かに好きだ。仲間としてな……だから、そのマリヤンとの今の関係を壊したいとは思わない
        これでいいんだ。だから、それ以上は望まないし、踏み込まない……そんだけだよ -- レイ 2011-12-21 (水) 23:26:30
      • ま、あくまで仮にアイツが女だったらって話だけどな……あくまで仮の話だ、今の話は忘れてくれ
        そして誤解を生むような報告すんなや戎!!!!) -- レイ 2011-12-21 (水) 23:27:46
      • ぎ、ぎぶ、ぎぶぎぶぎぶ(首絞まりながらじたじたじたじた) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:30:05
      • ……(目を閉じ、ふー、と長い息をついて)どうやら私達があんまり関わる内容の話ではなさそうね。変に関係がこんがらがっても困るし…
        私はギルドで…この世界で毎日楽しく過ごせれば、それでいいからね。と言うわけでコトノハ、からかうのはほどほどにしておきましょう?…程々に(いい笑顔にこり)
        いいえ!ギルドの相談役としてボスにはしっかり報告しておくわ!饅頭をお土産として渡すついでにね!…何も嘘は言って無いからセーフよ、セーフ(くすくすと笑い) -- ? 2011-12-21 (水) 23:30:13
      • ボスの中身が男でもそれあんまり意味かわんないよーな…むしろ男だったらのほーがあぶないよーな…(腕ぱしぱしたたいてぎぶ) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:31:32
      • ……男同士なんて…(脳内妄想。初めてこういう事を考えるお嬢様)………あるかも…(何か目覚めたっぽい) -- ? 2011-12-21 (水) 23:32:47
      • ボスは可愛いし、レイちゃんは男らしいし、男性同士でも僕はありだとおもう(詳しい知識は無いけどきりりと語る言葉さん) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:35:43
      • 大人な対応痛みいるぜ……戎のそういうところは頼りになるよホント
        まぁ、俺も毎日楽しくゆっくり過ごせればそれでいいわ。それが今のところの最上の望みだって……報告はやめろや!? (半泣き)
        男とか女とかかんけーねーの! マリヤンはマリヤンなの!(コトノハ解放しながら大きく溜息) -- レイ 2011-12-21 (水) 23:37:04
      • ねーよ!? 戎戻って来い!! そっちは進んじゃいけない道だ!!!
        コトノハも煽んなボケ!! -- レイ 2011-12-21 (水) 23:38:48
      • >男とか女とかかんけーねーの! マリヤンはマリヤンなの!
        じゃあ僕もこのあたり重点的にボスに報告しますねー(開放されてはふーとア安堵の息つきながら) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:38:52
      • >男とか女とかかんけーねーの! マリヤンはマリヤンなの!  ……名言ね…(うっとり)
        …じゃあそろそろ出ようかしらね?いい話も聞けたし、ギルドのみんなにお土産も持っていかないとね(お湯から脚を抜いて、水気を拭きとりつつ) -- ? 2011-12-21 (水) 23:40:40
      • おまえらホンットいい笑顔だな!?
        ちょっとまてよ、それも報告しなくていいっつーんだよ!? いや、ほんとマジ勘弁してくださいってぇえ! -- レイ 2011-12-21 (水) 23:44:25
      • レイちゃんそんなほめても何も出ませんよ(てれた)
        大丈夫ですよ、そんな誤解されるような報告しませんしー?(くすくす笑って、ニーソを履きながら)
        レイちゃんは激しい男性だねって付け加えるくらいで。 -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:47:20
      • 水も滴る様ないい男で私達と同じ浴槽に身を浸したわ、ってちゃんと事実の通り報告するから大丈夫(ブーツを履いて)
        さぁ、それじゃあ帰りましょう!(お土産の饅頭を持ってギルドへと帰っていった) -- ? 2011-12-21 (水) 23:50:01
      • 嘘吐け! てめぇは何もかも誤解させて報告する気満々だろうが、この腹ぐロリ!! 言ってる傍から誤解ワード添えつけだよ!! -- レイ 2011-12-21 (水) 23:50:31
      • てめぇらあんまりナメたこといってるといつか本当になんかしてやるからな!!! くっそおおおおおお!!(とかいいながら帰ろうとしたが、ビシャビシャだったので呼び止められて普通の温泉にいれられてから帰ったそうな) -- レイ 2011-12-21 (水) 23:51:27
      • そんなボス悲しませるようなことはしませんし、そう、雨降って地固まるかのようなことはしません、聖職者ですし僕(きりっ)
        はーい、お饅頭おいしいといいですねー、ほかにお土産もあったら買って帰りましょう、せんべいとか(かかとをトントンとしてブーツを履いて、連行されるレイさんにぶふーと笑いながら戎さんの後について帰った) -- コトノハ 2011-12-21 (水) 23:52:48
  • 施設/足湯 こんこんと湧き出す足湯
    • こんとんが湧き出す足湯
      • とんらんしつつ温まってゆくこやす -- 2011-12-20 (火) 00:40:55
      • (チョコミント!) -- 2011-12-20 (火) 00:42:26
      • (湯上りにチョコミント!) -- 2011-12-20 (火) 01:02:04
      • (もっと!もっとだ!チョコミント!) -- 2011-12-20 (火) 01:04:02
      • (これは……歯磨き粉の味…) -- 2011-12-20 (火) 01:05:42
      • なんだと -- 2011-12-20 (火) 01:06:18
      • おちつけ -- 2011-12-20 (火) 01:06:45
      • (湯船にとんがらしだばぁ) -- 2011-12-20 (火) 01:08:18
      • (すごく…効きそうです) -- 2011-12-20 (火) 01:09:14
      • こんとんさん、今喋りましたよね? -- 2011-12-20 (火) 01:11:19
      • (ふるふるふる) -- 2011-12-20 (火) 01:11:40

Last-modified: 2013-04-16 Tue 00:18:40 JST (3361d)