鳥の飛べない荒野「バッドランド」 Edit

  • 英雄奇譚に記された領域で、全容未解明の荒野
  • 設定シェア歓迎、相談はこちら

    下線 は、他のこやすさんの設定・人物です

バッドランドイメージ



  • 位置:割と適当
    • 酒場から西(不確定)へ随分と行ったところにある荒涼とした領域。現在ここを領有している国は無い
      • 気候:乾燥帯、高い植物は生育できず、ときおり潅木を見かける程度である
      • 降雪は無し
      • 通信が利かないなど機械が異常動作する、居住に適した平坦な土地が少ない
        モンスターも多い……などの理由で統治したがらない
    • 茫漠たる砂漠(レオスタン砂漠)よりは広くない
    • 周縁部は北西の魔導王国「ベルチア」と接している
      • 荒野、峡谷、岩地、小さな集落がいくつかと、巨大な地底瑚、シノンデル支部の存在は確認されている
      • 川や池はそれなりにある
      • 砂漠蟹が生息する

静謐な空域 Edit

計器異常と雷雲によって飛空挺の墜落が相次いだため
基本的には航路からは外されているが、今日でも時折、迷い込むなどして事故に遭うことがある
バッドランドを迂回すると遠回りになるので、あえて航行しようとする者もいるが、大抵は墜落の憂き目に遭う

  飛空挺(科学、魔術、どちらの原理によるものでも変わらない)に関しては
  通信もほぼ利かず、操舵や動力炉にも異常が発生し、方位も分からなくなる
  自前の翼を持つ飛行生物も方向感覚が狂うためなのか、やはり墜落してしまう
  そのためバッドランド上空は、鳥すら1羽も飛べず、不気味な静寂に包まれている

  少なくとも黄金歴の始まる前からこのような状態が続いており
  過去何度も複数の国家による調査団が送られたが、結局
  これら現象の原因は解明されずに終わっている

  また、これとは別にしばしば雷雨が発生することでも知られる
  ちなみに、地上では計器異常、通信不良はあまり起こらない

 

漆黒の鏡 Edit

「闇の精霊聖地」のひとつとされる巨大地底瑚 みいるさんの設定を脚色の上掲載

  http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst053909.png
  黄金歴145年1月よりしばらくの間、蒲生みいるが武者修行を行なうなど
  精霊使い、魔導師などが時折、自らを高めるために訪れている

  この地底瑚に鬱積する闇の力が「静謐な空域」を作り出す原因になっている
  と主張する学者もいるが、通説では原因は別のところにあるとみるのが一般的

シノンデル・バッドランド支部 Edit

企画の設定を一部流用したもの

  地下刑務所のような構造をした特殊兵士養成所で、地上からは発見しにくい
  正確な位置を知っている者はそう多くない

  シノンデルといえば強力な兵士を「出荷」するため、
  その一環として「死亡した訓練生を加工して食糧にすること」が有名だが
  当支部でも行なわれていたかは不明である

  修了生の中には、かつて冒険者として登録されていた者もいた
  http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst035310.png紅蓮の魔人・アルフォンヌ(G.E.106-137)   http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051533.jpg  ソードマスター・ベリタス(G.E.117-144)

流しのジャンク屋 Edit

Welcome!

  墜落した飛空挺の部品や積荷、その他食糧などを売り捌く商人
  地を駆ける獣や、自動走行機械に乗り、客を求めてバッドランド中を徘徊している
  彼らの多くは、蜥蜴人(リザードマン)など、高等知能を持った亜人である
  ちなみに墜落事故生存者や遭難者の救助も行なうが、無償ではない

エルナト区 Edit

  ジャンク屋たちがそう呼ぶ区画で、詳細はやはり分かっていない
  黄金暦185年に、鋼殻族のアルバアが、必殺剣を編み出すべく、ここから放浪の旅に発ったが、消息不明となっている

  http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp007039.png  山岳のアルバア(G.E.158-186)


砂漠蟹(荒野蟹、鍋蟹) Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp007354.png
  平鍋のように平らな蟹
  生まれた時は殻に起伏が多く棘を持っているが、砂嵐に晒され徐々に丸みを帯び平らになって行く
  砂の中に身を隠し目を伸ばして獲物が近づくのを待っている。夜行性であり夜間に砂から出てきて移動をする
  蝦蛄と同様に捕脚肢による強力な打撃で、上を通り過ぎる獲物の足を破壊し捕食する
  殻が硬く、退治する際は鈍器を用いるのが一般的
  鍋蟹と呼ばれる通り、実は水気が多く、裏返して腹の殻を剥ぎ取りそのまま火にかけると蟹鍋になる。1匹で4人前
  これにタマネギやラクダの肉を放り込んで食べると美味い。バターで味付けをするのも良い
  殻はそのまま鍋として再利用が可能。オアシスのキャンプによく殻だけで転がっている

── 鋼殻族の口伝より抜粋 ──

Last-modified: 2011-06-24 Fri 08:39:28 JST (3447d)