聖杯戦争/迷宮/第三階層/中枢    企画/ゴルロア聖杯戦争/4期


- 第 三 階 層 中 枢 : 想海のゆりかご -

想海のゆりかご
 



編集:聖杯戦争/本戦/三階層中枢・  差分:聖杯戦争/本戦/三階層中枢・

 
お名前:
  • - 聖 杯 の 迷 宮 ・ 第 二 回 戦 -
    • 告知
      • 対戦期間になりましらたら下記の相談室を併用しつつ、それぞれで決着をお願いいたします
    • - Sword, or Death -  with what in your hand...?
      • (無数の方体で埋め尽くされた部屋の中、杖を手にまっすぐ立つ)
        (気配も隠さず、正面から向き合う様は、決戦と言うよりはさながら決闘のようであり)
        さて…始めようか、準備は良いな?
        (傍らに立つパートナーと、対戦相手の双方へ。確認するように声をかける)
        -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:33:34
      • (腕を組み仁王立ち、自信あふれる笑みを浮かべたまま、相手を見やり)
        言われるまでもねえ!こちとらお前らと全力で戦うために一日たりとも鍛錬に気を抜かなかったんだ!体調も魔力もバッチリだ!
        全力でぶつからせてもらうぜ……!な、セイバー。(隣に並び立つ相棒へと声をかけて)
        -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:37:38
      • 何時でも
        (いつものように泰然と立つ姿は着流し姿のまま。腰には打刀がある)
        (ふと、頭上を見上げる。決戦場もどんどんと様変わりしたものだと)
        -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:40:20
      • ええ、何時でも
        (同じく、着流し姿の相手のセイバーと向かい合い、視線を向けず己のマスターへと応え)
        (二丁の剣鉈を構える。その表情は普段と変わらぬ、笑顔の仮面)
        -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:47:58
      • では行くぞ、かつて交わした約束通り…全力でお相手する
        (3発の光弾をその場へ残しながら後ろへ飛ぶ。残された光弾は一拍の間を置き、剣馬へと撃ちだされる… 戦いの口火)
        (次いで、影の手を側面から伸ばしつつ、自身の従者へも呼びかける)
        聞いた通りだセイバー、これより我とお前は全力で道を切り拓く。加減も遠慮も必要ない、刃となりて一切を斬り伏せよ -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:55:11
      • うおおおおっ、ンの程度の魔法ならッ!(牽制程度の魔法であれば、腕を回し発生した雷撃を帯びた拳で掻き消そうとする)
        (エネルギーでないのに気がついたのはその直後、腕に触れた光弾はまるでブロックのように固く、質量を持って、その分破壊に手間をとってしまい──)
        ごッ、ガッ!?(一発は砕いたものの二発程、受けて後ずさる)
        なんだ、普通の魔法とは違う……ッ!おもしれえ、寧ろこっちのがやりやすいぜ!マスター、紅蓮!勝負だッ!!
        (相手のサーヴァントをセイバーに任せ、紅蓮へと向かう、以前、雷撃を腕に宿したまま、戦場を駆ける!) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:03:59
      • 御意。全て斬り払い進むでござるよ
        (戦闘が始まる。紅蓮が先手を取った、相手マスターがどこまでやれるか…まだ未知数、故に)
        参る
        (二丁の剣鉈を構えるセイバーの間合いに無造作に踏み込んだ、未だ得物は抜かず)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:07:35
      • (戦闘音に一瞥すらしない。其処にはマスターへの信頼が在り、そうして……)

        ────”Curtain call of Pain-and-Painless”(”無痛・痛みの果て”)

        (真名解放。いきなりの宝具使用に、全身に刻まれた人造の魔力回路から、蒼い光が薄っすらと立ち上る)
        (そのまま、こちらも無造作に右剣を振り下ろす。遠慮会釈のない、頭部狙いの一発)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 00:18:16
      • この程度とて自分が喰らえば悶絶する程度、ではあるつもりだがな
        (駆ける剣馬を追い伸ばした闇が撫でる程度に腕を掠める。と、掠めた先から幾分か蓄えた力が削ぎ落とされるように感じるだろう)
        そう、我のこれは、こちらで言う魔術とは似て非なる(大きく十字に杖を振り。杖の航跡から生まれ出た十字の光弾を、剣馬へ向けて蹴り飛ばす) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:32:43
      • こちとら頑丈なのだけが取り柄でな!!それに俺に純粋な魔法はあんま通用し(次に放たれた闇の魔法が腕を掠める、急激な体力の消耗を感じ)
        なッ……打ち消せねえ……魔法じゃ、ねえだと!?(ガクン、と膝が落ちる、目の前には光の十字架──)
        ぐおァあッ!!(巨大な質量を持った十字に押されるように弾き飛ばされ周りの柱へと叩き付けられ力なく頭を垂らす)

        ……へ、へっへっへ……(垂らされた頭からは笑いが聞こえる)……楽しいじゃねえか、面白いじゃねえか紅蓮よぉッ!!(ガッ、と柱を踏み台にして、一気に飛びかかる、距離は離れている)
        ──だったら……『震天動地』のッ!!ブリッツゥ……フィストォーーーーッ!!(そのまま中空から雷撃を帯びた拳で地面を打ち付ける!その雷撃は地面を走る雷槌となり、巨大な蛇のように紅蓮へと迫る!) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:51:47
      • (敵のセイバーの体から立ち上る青い光を捉えて、こちらの目も微かに青く照り返す)
        ……!(真名解放による一撃。しかし、派手な光も攻撃できない唯正確な一撃)
        (つっ立ったままでは両断されるであろうその一撃を迎撃するのは)
        (居合。振り降ろしの一撃を、絶妙のタイミングで横合いから打つ事で、己を斬り裂く軌道から逸れさせる狙い)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:52:35
      • (ぎぃん、と。鋼同士の打ち合いの音が響く。果たして侍の居合はその思惑通り銀光を逸らし、頭部を割られる事を防いだ)
        (が、野良犬の得物は一刀に非ず。即座に左の剣鉈、柄尻のスパイクが、居合を放った姿勢の侍の側頭部へと放たれる)
        ……!
        (無言のままに交わされる攻防。鋼の凶器が、当たれば頭蓋が砕ける事は必死の速度で打ち出され……)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 00:59:50
      • (紅蓮の振るう力は、概念的には技術・科学と言ったものの類に近い)
        (現象から見れば気にされる程でもない、小さな差異であったが、今この場に於いては…剣馬の前に大きな差となって立ちはだかる)
        (放った一撃が剣馬を確実に捉えたのを見、従者同士の戦いへと目を移し――(立ち上る光を見る)
        宝具か!? いかん…!(急ぎ力を織り変え、セイバーへと流す力を増した…その間)
        (全くの意外。格闘家であるとばかり思っていた故の失念ではあるのだが、不意となる攻撃に反応し切れず)
        なっ…く…(光を繰り、迫り来る雷撃の一部…光を歪めるも、熱と衝撃は殺しきれない)ああああぁぁあぁ!!
        (電撃に捲かれ、その身が大きく跳ねる) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 01:20:40
      • 宝具じゃあねえッ!!俺の!俺自身の生き様だッ!!(戦いを重ねるごとに能力は活性化し、威力と可能性を増していく)
        (今のはエネルギーを限りなく電撃に近づけた攻撃、所以に地を走り、限りなく電撃に近いエネルギー、所以に目標を定め意思のまま動く)

        うぉおおおおおおおおッ!!(衝撃ののち、直ぐ様聞こえてくるのは咆哮!真っ直ぐに雷撃を追う形で紅蓮へと迫っていたのだ!!)
        (──互いに自分の攻撃には自信があっただろう。だが、戦闘が終わるまで、一度足りとも気を抜かない、それが紅蓮とケンマの違い。戦闘経験の違い。気迫を持って、紅蓮へと拳を向ける、その距離、後、数歩、数秒) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:32:03
      • (刀剣の類は腐るほど見てきたが、それにしても奇妙な形の対手の宝具。それが踊る軌道は…)
        (無駄がない。余りにも、最適のタイミングで、最善の攻撃が)
        (二本目の殺気。真横から来る最適解を)
        (身を僅かに沈め。髪を斬られる感覚と共に相手の刃圏から退く。自分が上手だったのでもなく運の良さでも無く。読みが当たったから、まだ生きているというだけ)
        (どうやら、この相手には一手の間違いで死に至るらしい。両手で打刀を構え直した所で…力が増す。だが同時に…主の吹き飛ぶ音)
        主殿……!
        (あのまま剣馬の攻撃を喰らえば、恐らくそれで終わるだろう。さすがにそれは不味い)
        (死角から攻撃される危険を冒してでも、紅蓮を庇いに地を蹴る剣馬の前に躍り出る様に)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:44:08
      • ……!!
        (ちぎれ飛ぶ髪に眉を上げる。互いの戦闘経験は十二分、であればこそ、挑む甲斐の在る相手だという認識)
        (が、そこで対手は主を庇う手を打った。追撃の機会。相棒は、並び立つ相棒は上手くやっている……ならば自分も、報いねばなるまい)
        (右の一刀の湾曲部の背に張られたワイヤーのストッパーを解除。終端部の金属を一瞬で指に通し、)……ふ、ッ!!
        (切っ先を、侍ではなく、その主へと投じる。剣馬の一撃を援護する動きだ)
        (強壮無比の腕力で以て、ただ殺すことに特化した万能の刃物が、紅蓮へと迫る)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 01:54:54
      • …!(無意識下の遠慮、パートナーへの意識…色々と理由はあろうが、端的に言うならば油断であろう)
        (痺れの残る身体を懸命に操り、この体勢からの立て直しを脳内で想像する)
        …………(一手、二手…ダメだ、間に合わん…!)
        (せめての足掻きと、手の内に光槍を生み出したところで視界に躍り出る影。自身のパートナー)…セイバー!
        …すまん、任せた!(思考と想像の切り替え。手にした槍を地に突き立て、身の軌道を変える。向き直った先は…相手の従者)
        (反転する視界、目の前を刃が通り抜ける。紙一重の回避)………っ! -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:39:27
      • (走りながらも腕を回し、雷撃を貯める。今日は既に一回使っているので、残りコレを含め2発程度。)
        (距離を詰め、必殺の一撃を叩き込める、その間合いに入った。その刹那、目の前に現れるのは相手のサーヴァント。主人を守るべく立ち塞がる)
        (相手の体勢は悪い、とはいえサーヴァント相手に生半可な攻撃では通用しないだろう、そういう判断を瞬時に行う)
        とぉぉおおりゃあああああっ!!!(雷撃を左手に移すとそのまま右手での殴打をサーヴァントへ向ける!斬り返しに注意を払いそのパンチの反動でバックステップを取る、一歩二歩、間合いは、遠ざけ切れない……ッ、あと一手あれば、有効打撃も見いだせるが……) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 23:30:01
      • 主殿、鋼糸が!(音だけで判断し、警告を加える。その後主が避けたのを見、確認して指示の声に答える)
        御意(そして、迫る剣馬の動きを見た。なるほど、筋がいいと見た自分の目に曇りはなかった)
        (そのまま闇雲に拳を振らないセンス、相手を強者と見、先の手まで見越して動きを変える嗅覚)
        (だが、最善手は違ったのだ。全力で逃げるべきだったとそう教えてやらねばなるまい…!)
        いずれ良い戦士になるでござるよ…これで死なぬのであれば(足運びと僅かな体捌きだけで剣馬の右拳は侍の横をすり抜けた。そんな拳の間合いでも、剣聖の刀は十分に相手を死に到らしめる)
        (避けようのないタイミングでの、胴を両断するに余りある一閃が横一文字に放たれた)
        -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:41:05
      • (刃を投じた動きのまま走りこみ、握った右手のワイヤーを思い切り良く引く。紙一重で回避が為った紅蓮にとっては、背後から再度攻撃される形)
        (剣馬がサーヴァントへと一撃を入れ、それを難なく回避した侍が反撃の姿勢に移ったのを視界の端に捉える。致死の一刀。己のマスターは、既に銀の円弧の内側、即死圏に在る事を瞬時に理解し)
        ……ッ!
        (故に野良犬は紅蓮へと向いた身を強引に回す。地に突き刺すように踵を叩きつけ、バックステップ。そのまま背中越しの侍の右半身へと強引に肩からタックルし、横一閃の軌道を逸らす)
        (最早対手の主に与える損害なども意識から捨て、巻き取られた右の剣鉈を保持。振り返りざまに二刀で以て、背後の侍へと二重の円弧で斬撃を放つ────!)
        -- セイバー(双) 2011-10-25 (火) 23:48:40
      • (刃を避け、目標を見据え――聞こえる、従者の声)…くっ…!こ、の…!
        (勢いのままもう反転、天地が正しい姿に戻る。またも紙一重、それでも鋼糸伝いの刃による返しの一撃が右腕を掠め、虚空に血の跡を引く)
        (しかしここまで。追撃は…ない。期待通り、侍は剣馬を追い込み、サーヴァントの手は此方に向かえずにいる)
        (対面のまま下がっていく従者へ向け、左手に構えた槍を下手から投げ放ち…)そこだ…弾けろ!
        (従者への間合いに入る直前、指を鳴らす。投げられた槍が更に三つに分かれ、周り込む軌道で奥の剣馬へ襲い掛かる!) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:11:50
      • (不思議と冷静にその剣の軌道を見ていた、見えている、身体能力が向上し、この状態ならば限りなくサーヴァントに近い動きも出来るようになって来ていた、だからこその攻撃だったのだが……甘かった!!)
        (完全に一手遅い、この中途半端な体勢、今のままでは躱せない。届かない、安全距離まで下がれない、拳を躱された辺り、自分は見極めが甘かった、そう、反省する。自分の力を過信しすぎていたのか。)

        (反省して、次にどうするか、このまま剣が決まれば自分に次は存在しない。し得ない。死に直面すればするほど冷静になっていく頭で、答えは閉ざされ固まっていく。答えは簡単。単純に、死ぬ。)
        (更に刹那の動き、セイバーの機転で、刀の軌道は変わった、だが、まだ駄目だ。更には、後ろから紅蓮の槍が追撃のように飛んできている。完全に駄目だ。積んでいる。死ぬ。此処で死ぬ。今、どうあがいても死ぬ。足に力を込め、もう一歩下がろうとしているが、スローモーションの世界、地面に縫いつけられたかのように動けない、たとえ躱せたとて追撃まで処理しきれる行動は俺には不可能……即ち、死ぬ)

        (──死ぬ、死んだらどうなる。すべてが終わり、セイバーも消え、せつなも悲しむ、せつなだけじゃない、家族、幼馴染、それに──約束も、必ず帰る、約束も果たせなくなる。それは──)
        (──それだけは嫌だ、絶対に嫌だ。死ぬのは嫌だ。死んでたまるか。約束を破って意味もなく朽ち果てるなんて──絶対に御免だ!!

        (カッ、と目を見開くと、左へ移したはずの雷撃が再度、予備動作なしで右へと灯る!!そして──!!)
        うぅぁあああああああああああッ!!!!死んでたまるかァァァーーーーーッ!!!(咆哮と、同時に、物理法則を完全に無視した動き──そう、人間にはできない動きで、後ろへ吹っ飛ぶ!!)
        (刀は、胴を真っ二つにするはずだった刀は、心臓の位置から少し外れ、肋の上を切り裂き鮮血を空間に撒き散らす、が!!致命の一撃はギリギリで死なずの一撃へと書き換えられ──
        (その結果!見える、スローモーションで槍が迫るのが見えた!!左右正面からの3ウェイ攻撃、迫る光の槍を、肌に突き刺さるその直前で両手で掴み、口で光の刃先を噛み止め衝撃で後ろへのけぞる!!傍目から見れば、恰もすべての攻撃が通ったかのように見えた、が──) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 00:28:05
      • …ッ!(背後からの風の向きが変わった。と思った瞬間には、衝撃)
        (殺った。と思う時に油断するようなら何度も死んでいる。故にそこにあったのは驚きではなく…)
        見事……!(賛辞。タックルを受け逸れ、しかし敵のマスターを捉えた刀を無理には引き戻さず、タックルで押されるままにくるりと回転する。敵のセイバーは回転扉を押したかのような錯覚を得る、そんな流水の如き動き)
        (剣は下段に、滑るような足運びは剣の間合いを取り直し)
        (その最中。剣馬が見えた…そう、致死の一撃を、不条理な動きで吹きとぶように動いたのを)
        人の動きにはござらんな…!(分析はそこまで。それ以上の死の気配に応えるべく)
        (宝具を放った)

        星貫(BLADE ARTS )

        (瞬時に放たれる突きは、1度にしか見えぬが三段。二刀を弾き、敵セイバーの喉元を抉らんと全て同時に放たれる…!)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 00:37:56
      • ケンマ……!!
        (対手ごしに、血飛沫と共に吹っ飛ぶマスター。そしてそれを追う光槍を見る。今の一撃、斬られれば即座に胴から上だけが飛ぶものだったが己が主はそれを捌いた)
        (理屈は分からないが、安堵を得る。そしてその心の動きに左右されぬ最適の一撃は、ぐるりと円環の動きの中で放たれ)
        (……改めて、厄介な相手だという思いを得る。力任せの相手ならいくらでもやりようは有るものを、と。何故なら今こうして、相手は攻撃後の隙すらも無視して致死の反撃を放ってきているのだ)
        (三閃の銀光が喉を貫くまでの数瞬、女の唇が動く。それは2つ目の真名を、解放する為の────)

        ────”Obsessed Paragranum”(”因業の霊賦抄”)

        (首が、僅かに逸らされた。顎と右耳と頸動脈とを削ぎ、刀の切っ先は走る)
        (背後に置いた紅蓮には、噴水のように吹き上がる鮮血が、鮮やかに見えるであろう……だが)
        (……だが、しかし! 青光りする床を踏みしめる野良犬の脚には、些かの力の緩みも見られず)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 00:58:19
      • …!?(驚愕。ありえぬ流れ、人間離れなどと言う言葉ではない。世界そのものが変わるような――)
        バカな、あれは…あれでは、まるで…!(――「法則破壊者」(ブ レ イ カ ー) ――運命をも打ち砕く力。この世界で求めていた捜し物の一つ――だとでも…!)
        まさか、このような偶然が…! …確かめさせて貰うぞ、剣馬!
        (言葉と共に、令呪を解く。溢れ出た莫大な力が、従者の切り札と自らの切り札を同時に支える)
        (光と闇を引き連れ、剣馬へと駆け出す。駆ける中で黒と白は相反したまま交じり合い、白き闇、黒き光――人智を超えた何か――となった紅蓮が、剣馬へ一撃を放ち――) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 01:32:54
      • (カラン、と音を立てて、三本の質量を持った光の槍は地面へと落ちる)
        (ゆらりとした動きで、のけぞった身体を正面へ、斬られた前面からはドクドクと今なお新しい血液が溢れて、先ほどまで腕を覆っていた雷撃も見る形もなく消え去っている)
        (今の状態ならば。簡単に、確実に。紅蓮の技で殺せるかもしれない。──だが、その眼は死んでいない。能力は消失し、戦う余力も尽きようとしている筈なのに)
        (遠くに構える紅蓮とサーヴァント、そして、己がセイバーををまっすぐと見据える。一歩、足を踏み出す、ボタボタ、と地を血で染めながら動く、そして、最早何の力も宿していない右腕を掲げ──否、令呪の放つ赤々とした魔力を放つ右腕を掲げ)

        ────令呪にて命ず。奴に勝て、セイバー……お前の真の力、解放しろ。

        (──その瞳は。生と勝利へと餓えた野獣の眼だった。そして、その風格は全てを統べ、法則を支配し、概念を超越する、王の威圧。)
        (紅蓮を見据えたまま令呪以外何の効果も発動されていない右手を、拳へと。そして、向かえ討つ)
        (──それは、ただのストレート。傍目から見れば何の力もこもっていない、死にかけの人間が放った苦し紛れのストレート。だが、その拳に、真に宿りし力は──概念を、法則を、因果を、書き換え捻じ曲げ破壊する!!) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:53:26
      • ……!?(今度もまた、殺ったと思える手応え。だが対手は止まらず…!)
        (剣を引き、構える。令呪から送られる魔力を漲らせ、剣を構え直した)
        (相手にも令呪の力が加わった事が分かる。ここが、決戦の分水嶺。死ぬか生きるか)

        燕返し(BLADE ARTS )

        (首筋を刈っても死なぬなら。胴も頭も断ち割るのみと、魔剣が放たれる)
        (令呪による加護を受けた魔剣は横、縦、円の軌道の同時斬撃を音速を超える速度に昇華する───!)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 02:03:14
      • (再生の炎が首筋から溢れる。体内を猛り狂う魔力は蒼い炎となって傷口を舐め尽くし、断ち切られた疵を治す)
        (最早振り返ることもない。自分たちは常に崖っぷちから僅かな勝機を拾ってきた。そして、その中で生まれた信頼は何よりも強い)
        (己のマスターへと走る紅蓮を振り返らず、ただ主の言葉に、答えを返す)

        ────了解したわ、マスター。

        (ただ勝利への強い指向性となって、令呪から魔力が流れこむ。魔術回路による凌駕身体強化(サーキット・オーバードライブ)。ただ、一歩を軽い歩調で踏み出した)

        ”Will of Painful”(”無謬なる原初の痛み”)

        (事象すら凌駕した魔技に対し、神速の十字が交錯し────)

        ……。
        (人の身では成し得ぬ程の業を出し尽くし、互いを背後に置いた二人の同じ位を戴くサーヴァント(セイバー)は、無言。)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 20:48:52
      • (手応えはあった。魔剣は十全に働き、敵を裂いた事だろう…そして)
        (対手に背を向けたまま。先に血の華を咲かせたのは侍のセイバーだった)
        …(致命傷だと分かる深い十字傷。神速の十字は確かに魔剣を掻い潜り届いたのだ)
        よい太刀であった
        (偽らぬ賞賛を相手に捧げ…打刀を地面に突き立てる。それを杖に未だ倒れず立ち))
        (だが消えさるは必定、とばかりに姿が消えゆく。紅蓮からもサーヴァントとの魔力的な繋がりが薄れていくのが分かるだろう)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:05:15  
      • 先のは偶然。ありえぬ事…!
        (事実、相手は立っているのもやっとの有様ではないか。この一撃を振り抜き、打ち倒し、それで終幕)
        (パートナーと、自分と、共に戦い…そして勝つ。今までの相手もこうして打ち倒してきた。そして今も)
        (例え相手が、因果も法則も、概念すらも通じぬあの力としても。後一押し、ほんの僅か、押し込むだけの力で良い)

        ……勝つのは…我らだ!

        (意志と力とを乗せた、渾身の一撃)
        (だがそれは)

        ………あ……………

        (剣馬の拳と触合った瞬間、呆気ないほど簡単に解け、無へと還り)
        (同時、ずっと共に在った魔力の繋がりが薄れ 消えて行くのも感じる)
        …セイ、バー……? -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:17:13
      • (左半身を深々と斬り裂かれ、鮮血と再生の炎で染め上げ。しかし野良犬は未だ立っていた)
        (最高の業で以て、最高の剣士と相対すること。それが────)
        ────あなたを測った評価。
        (いつぞやの会話を思い出し、口の端に笑みを浮かべて。振り向き、満身創痍の己のマスターへ、視線を移した)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 22:10:08
      • (そのパンチは、技を無へとかき消しただけで、紅蓮と拳がぶつかった所でそれ以上の力は微塵も残ってはいなかった。)
        (互いに拳をぶつけた反動で後方へと倒れる、全力を出し切った、振り絞った。何も考えることができないくらいに、力尽きた)
        (だが、勝ったかどうか、など考える必要もない。勝つのが当然だと思ったから。セイバーなら、きっと既に勝っているだろうから、考慮する必要はなく──)
        (地面へと四肢を投げ出し、傷から床に広がっていく血を構うこともなく、ただ、天井を仰いでいた。) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:16:45
    • (自分の消えていく感覚。不満はない、対主はこの度の召喚において最強の相手であったし。己の刃も曇りなかった)
      (ただ、主を聖杯に導けなかった…その事で叱りは受けておくべきか。そんな思いで)
      (己を呼ぶ紅蓮に顔を向けた。表情はいつもの通り穏やかで、目はしかし真っ直ぐに紅蓮を見ている)
      -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:06:20
      • (ゆっくりと、消え行くセイバーの前に立つ)
        ……そうか、我らは…敗れたのだな
        (そう語りかける顔は、哀しむでもなく、怒るでもなく。穏やかな表情で)
        …強かったな -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:25:14
      • 然り。腹を斬って詫びる所ですが…その時間もないようで、申し訳ない(表情は変わらない、最早そんな余裕もなく)
        拙者は折れ、消えまするが主殿は……
        (皆まで言うまいと思ったのかそこで止め。更に姿が薄くなる。もう消えるまで間も無い)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:31:25
      • …セイバー、腹を切る必要などない
        お前の強さがあったからこそ、我はここまで来れた

        敗れて悔しくない訳ではない、これでまた求める物は遥か彼方だ… だが
        此処に来るまでに、お前がくれた物まで無くす訳ではない …充分だ
        (従者へ語るは、感謝の言葉)

        ここまで、我に仕えてくれた事、お前を呼び出せたこの運命に感謝する
        ……ありがとう、セイバー
        (消えゆくその姿へ向け、深く頭を下げ、一礼した) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:49:53
      • (主の言葉を全て聞いて。消えゆく身ですら僅かな笑みが零れた)
        過分なお言葉。有難く頂戴致す(頭を下げる事も叶わない。ひざまづく事も。だが、きっと最後まで凛々しくある事を望んでくれているだろうと思いそのままで)
        (呼びだされた時に見た、取るに足らない小娘が、よくここまで成長したものだ)
        (鍛錬にもよくついてきた。筋がいいわけではないが、飲み込んだ事はきちんとこなして。技も彼女に出来る分と…自分が用意したある動きは覚えて貰った。本人は気付いていないだろうが)
        (ありがとう。と言われ…何か返そうと思った)
        (でも…ああ、何もない。思い残す事がないのだから……)
        (僅かに首肯だけを残し。最後まで潔く消滅する。主の前途への励ましすらない…そんな不安は、この侍の中に無かったのだから)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:58:27

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照



対 戦 相 談 室 Edit


 

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • スーパー待機タイム -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:08
    • ござる -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:20
      • 最後の日 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:30
      • おそとがさむいわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 20:36:15
      • SAITAMAは明日の朝8度とか予報が出てました。1桁て -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 20:37:01
      • (固有結界・炬燵のある部屋を展開する) -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:39:07
      • (ぬくぬく)あぁ…我の聖杯はここにあったのか… -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 20:41:54
      • ごはんおいしゅうございました(コタツIn) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:47:46
      • マスターが死亡フラグを…あ、宝具きた! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:50:28
      • (セミコロン忘れがちで恥死しながら炬燵に入る) -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 20:50:50
      • 順番的にはこの後マスターですがどうしましょう。拙者の結果おいた方がいいですかな?(蜜柑を配りながら) -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:55:26
      • 時系列順なら人間の動きよりサーヴァントのが早いと言うかそういう概念突破してそうな戦いなのでありです! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:57:18
      • と言うかそのほうが紅蓮ちゃんも反応しやすいのでは、と思った。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:58:26
      • では私はごはんたぺてくるわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 21:05:12
      • というわけで返しましたー。いってらっしゃい ここからは枝ごとにそれぞれのペアで進める感じにしましょうか -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:05:59
      • 了解!紅蓮ちゃんの反応後、ツリー分けるか。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:09:51
      • あ、ごめん普通に書き込んでた… け、消すぬ -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:11:18
      • ん?戦闘シーンは紅蓮ちゃんで終わりじゃないん?で、そのあとツリーごとにエンディングみたいな……? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:14:46
      • さっきので戦闘終了 それぞれ枝に……になるのかと思ったけどマスターがレス変更したいならそれはそれで -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:16:28
      • うむ、セイバー後だと思ってなかったのでちょっと変えるのですよ
        後ちょっとお風呂なのですよ -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:16:42
      • なるほどな!あいよいってらっしゃい!!それでは男子組はしばらくみかんでも食べてますか……(もぐもぐ) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:19:07
      • いってらっしゃいでござーる(RECしながら) 蜜柑食べて待ちますかねー(もぐもぐ) やはりこたつでミカンは偉い… -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:21:11
      • ざばぁ(カメラにお湯ぶっかけながら) お待たせしました…あ、半纏出してこよう -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:49:03
      • あぁ、紅蓮ちゃんの貴重なお風呂シーンが!!
        まぁそれはともかく、ツリーはどうする、流して新しく立てとく? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:52:58
      • いやああああああ! カメラがぁあああああああ!! おかえりなさいませ ツリー枝どっちから始めましょうかね。拙者かな…? 消える前に何かしたい事ありますかマスター -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:53:02
      • 下にもう1個枝で良いような気がしますぬ
        ここは愛の告白とかするシーンですかしませんけど。最後にちょっとだけお話しておきたいでーす -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:59:47
      • もどったわふーん -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:00:35
      • 聖杯取ってたら愛の告白は原作再現ですなぁ ふむ、では拙者が枝を植える感じで? おかえりなさーい -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:01:35
      • うむ、ではお願いしよう。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:02:29
      • セイバーもお帰り、冷えるからちゃんと暖かくするんだぞ(此方も半纏着させてやりながら) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:03:26
      • のーとぱそこんさんあったかいなり。あ、じゃあ枝立ったらセイバーに何か言ってこっちもぐったりするわふん -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:05:14
      • えだったー。 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:06:53
      • なんかちょうほめられたでござる くいないでござる しらす -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:14:31
      • こっちの組はこれで終わりにしておくのが綺麗な気がするわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:47:15
      • 止血くらいは頼もう……行間で。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:49:52
      • (ガス欠してるだけで怪我自体はそれほどでもない我が肩を貸して帰っていく→見つかって修羅場) …いけない、剣馬くんが死んじゃう! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:54:55
      • 割と洒落にならない傷貰ってるので本気で死にますが!? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:56:25
      • じゃあそれで -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:57:11
      • マジか(了解) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:58:31
      • シュポーン!! 消えました! お疲れ様ー! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:59:04
      • うおー!セイバー! ありがとうセイバー!お疲れさまー! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 23:01:53
      • お疲れわふーん! 忠義を見たわふーん! -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 23:09:05
      • それでいいのかよわんこー!?死に体にムチを打つような……
        ともかくお疲れ様だ……お別れのときはこういうカッコいいのがいいなぁ……うん……。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 23:12:45
      • 素敵なペアに負けられて満足でござるよー お別れシーンはある意味見せ場なので…頑張って!! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 23:13:54
お名前:






  • - 聖 杯 の 迷 宮 ・ 第 二 回 戦 -
    • 告知
      • 対戦期間になりましらたら下記の相談室を併用しつつ、それぞれで決着をお願いいたします
    • - Sword, or Death -  with what in your hand...?
      • (無数の方体で埋め尽くされた部屋の中、杖を手にまっすぐ立つ)
        (気配も隠さず、正面から向き合う様は、決戦と言うよりはさながら決闘のようであり)
        さて…始めようか、準備は良いな?
        (傍らに立つパートナーと、対戦相手の双方へ。確認するように声をかける)
        -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:33:34
      • (腕を組み仁王立ち、自信あふれる笑みを浮かべたまま、相手を見やり)
        言われるまでもねえ!こちとらお前らと全力で戦うために一日たりとも鍛錬に気を抜かなかったんだ!体調も魔力もバッチリだ!
        全力でぶつからせてもらうぜ……!な、セイバー。(隣に並び立つ相棒へと声をかけて)
        -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:37:38
      • 何時でも
        (いつものように泰然と立つ姿は着流し姿のまま。腰には打刀がある)
        (ふと、頭上を見上げる。決戦場もどんどんと様変わりしたものだと)
        -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:40:20
      • ええ、何時でも
        (同じく、着流し姿の相手のセイバーと向かい合い、視線を向けず己のマスターへと応え)
        (二丁の剣鉈を構える。その表情は普段と変わらぬ、笑顔の仮面)
        -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:47:58
      • では行くぞ、かつて交わした約束通り…全力でお相手する
        (3発の光弾をその場へ残しながら後ろへ飛ぶ。残された光弾は一拍の間を置き、剣馬へと撃ちだされる… 戦いの口火)
        (次いで、影の手を側面から伸ばしつつ、自身の従者へも呼びかける)
        聞いた通りだセイバー、これより我とお前は全力で道を切り拓く。加減も遠慮も必要ない、刃となりて一切を斬り伏せよ -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:55:11
      • うおおおおっ、ンの程度の魔法ならッ!(牽制程度の魔法であれば、腕を回し発生した雷撃を帯びた拳で掻き消そうとする)
        (エネルギーでないのに気がついたのはその直後、腕に触れた光弾はまるでブロックのように固く、質量を持って、その分破壊に手間をとってしまい──)
        ごッ、ガッ!?(一発は砕いたものの二発程、受けて後ずさる)
        なんだ、普通の魔法とは違う……ッ!おもしれえ、寧ろこっちのがやりやすいぜ!マスター、紅蓮!勝負だッ!!
        (相手のサーヴァントをセイバーに任せ、紅蓮へと向かう、以前、雷撃を腕に宿したまま、戦場を駆ける!) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:03:59
      • 御意。全て斬り払い進むでござるよ
        (戦闘が始まる。紅蓮が先手を取った、相手マスターがどこまでやれるか…まだ未知数、故に)
        参る
        (二丁の剣鉈を構えるセイバーの間合いに無造作に踏み込んだ、未だ得物は抜かず)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:07:35
      • (戦闘音に一瞥すらしない。其処にはマスターへの信頼が在り、そうして……)

        ────”Curtain call of Pain-and-Painless”(”無痛・痛みの果て”)

        (真名解放。いきなりの宝具使用に、全身に刻まれた人造の魔力回路から、蒼い光が薄っすらと立ち上る)
        (そのまま、こちらも無造作に右剣を振り下ろす。遠慮会釈のない、頭部狙いの一発)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 00:18:16
      • この程度とて自分が喰らえば悶絶する程度、ではあるつもりだがな
        (駆ける剣馬を追い伸ばした闇が撫でる程度に腕を掠める。と、掠めた先から幾分か蓄えた力が削ぎ落とされるように感じるだろう)
        そう、我のこれは、こちらで言う魔術とは似て非なる(大きく十字に杖を振り。杖の航跡から生まれ出た十字の光弾を、剣馬へ向けて蹴り飛ばす) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:32:43
      • こちとら頑丈なのだけが取り柄でな!!それに俺に純粋な魔法はあんま通用し(次に放たれた闇の魔法が腕を掠める、急激な体力の消耗を感じ)
        なッ……打ち消せねえ……魔法じゃ、ねえだと!?(ガクン、と膝が落ちる、目の前には光の十字架──)
        ぐおァあッ!!(巨大な質量を持った十字に押されるように弾き飛ばされ周りの柱へと叩き付けられ力なく頭を垂らす)

        ……へ、へっへっへ……(垂らされた頭からは笑いが聞こえる)……楽しいじゃねえか、面白いじゃねえか紅蓮よぉッ!!(ガッ、と柱を踏み台にして、一気に飛びかかる、距離は離れている)
        ──だったら……『震天動地』のッ!!ブリッツゥ……フィストォーーーーッ!!(そのまま中空から雷撃を帯びた拳で地面を打ち付ける!その雷撃は地面を走る雷槌となり、巨大な蛇のように紅蓮へと迫る!) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:51:47
      • (敵のセイバーの体から立ち上る青い光を捉えて、こちらの目も微かに青く照り返す)
        ……!(真名解放による一撃。しかし、派手な光も攻撃できない唯正確な一撃)
        (つっ立ったままでは両断されるであろうその一撃を迎撃するのは)
        (居合。振り降ろしの一撃を、絶妙のタイミングで横合いから打つ事で、己を斬り裂く軌道から逸れさせる狙い)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:52:35
      • (ぎぃん、と。鋼同士の打ち合いの音が響く。果たして侍の居合はその思惑通り銀光を逸らし、頭部を割られる事を防いだ)
        (が、野良犬の得物は一刀に非ず。即座に左の剣鉈、柄尻のスパイクが、居合を放った姿勢の侍の側頭部へと放たれる)
        ……!
        (無言のままに交わされる攻防。鋼の凶器が、当たれば頭蓋が砕ける事は必死の速度で打ち出され……)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 00:59:50
      • (紅蓮の振るう力は、概念的には技術・科学と言ったものの類に近い)
        (現象から見れば気にされる程でもない、小さな差異であったが、今この場に於いては…剣馬の前に大きな差となって立ちはだかる)
        (放った一撃が剣馬を確実に捉えたのを見、従者同士の戦いへと目を移し――(立ち上る光を見る)
        宝具か!? いかん…!(急ぎ力を織り変え、セイバーへと流す力を増した…その間)
        (全くの意外。格闘家であるとばかり思っていた故の失念ではあるのだが、不意となる攻撃に反応し切れず)
        なっ…く…(光を繰り、迫り来る雷撃の一部…光を歪めるも、熱と衝撃は殺しきれない)ああああぁぁあぁ!!
        (電撃に捲かれ、その身が大きく跳ねる) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 01:20:40
      • 宝具じゃあねえッ!!俺の!俺自身の生き様だッ!!(戦いを重ねるごとに能力は活性化し、威力と可能性を増していく)
        (今のはエネルギーを限りなく電撃に近づけた攻撃、所以に地を走り、限りなく電撃に近いエネルギー、所以に目標を定め意思のまま動く)

        うぉおおおおおおおおッ!!(衝撃ののち、直ぐ様聞こえてくるのは咆哮!真っ直ぐに雷撃を追う形で紅蓮へと迫っていたのだ!!)
        (──互いに自分の攻撃には自信があっただろう。だが、戦闘が終わるまで、一度足りとも気を抜かない、それが紅蓮とケンマの違い。戦闘経験の違い。気迫を持って、紅蓮へと拳を向ける、その距離、後、数歩、数秒) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:32:03
      • (刀剣の類は腐るほど見てきたが、それにしても奇妙な形の対手の宝具。それが踊る軌道は…)
        (無駄がない。余りにも、最適のタイミングで、最善の攻撃が)
        (二本目の殺気。真横から来る最適解を)
        (身を僅かに沈め。髪を斬られる感覚と共に相手の刃圏から退く。自分が上手だったのでもなく運の良さでも無く。読みが当たったから、まだ生きているというだけ)
        (どうやら、この相手には一手の間違いで死に至るらしい。両手で打刀を構え直した所で…力が増す。だが同時に…主の吹き飛ぶ音)
        主殿……!
        (あのまま剣馬の攻撃を喰らえば、恐らくそれで終わるだろう。さすがにそれは不味い)
        (死角から攻撃される危険を冒してでも、紅蓮を庇いに地を蹴る剣馬の前に躍り出る様に)
        -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:44:08
      • ……!!
        (ちぎれ飛ぶ髪に眉を上げる。互いの戦闘経験は十二分、であればこそ、挑む甲斐の在る相手だという認識)
        (が、そこで対手は主を庇う手を打った。追撃の機会。相棒は、並び立つ相棒は上手くやっている……ならば自分も、報いねばなるまい)
        (右の一刀の湾曲部の背に張られたワイヤーのストッパーを解除。終端部の金属を一瞬で指に通し、)……ふ、ッ!!
        (切っ先を、侍ではなく、その主へと投じる。剣馬の一撃を援護する動きだ)
        (強壮無比の腕力で以て、ただ殺すことに特化した万能の刃物が、紅蓮へと迫る)
        -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 01:54:54
      • …!(無意識下の遠慮、パートナーへの意識…色々と理由はあろうが、端的に言うならば油断であろう)
        (痺れの残る身体を懸命に操り、この体勢からの立て直しを脳内で想像する)
        …………(一手、二手…ダメだ、間に合わん…!)
        (せめての足掻きと、手の内に光槍を生み出したところで視界に躍り出る影。自身のパートナー)…セイバー!
        …すまん、任せた!(思考と想像の切り替え。手にした槍を地に突き立て、身の軌道を変える。向き直った先は…相手の従者)
        (反転する視界、目の前を刃が通り抜ける。紙一重の回避)………っ! -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:39:27
      • (走りながらも腕を回し、雷撃を貯める。今日は既に一回使っているので、残りコレを含め2発程度。)
        (距離を詰め、必殺の一撃を叩き込める、その間合いに入った。その刹那、目の前に現れるのは相手のサーヴァント。主人を守るべく立ち塞がる)
        (相手の体勢は悪い、とはいえサーヴァント相手に生半可な攻撃では通用しないだろう、そういう判断を瞬時に行う)
        とぉぉおおりゃあああああっ!!!(雷撃を左手に移すとそのまま右手での殴打をサーヴァントへ向ける!斬り返しに注意を払いそのパンチの反動でバックステップを取る、一歩二歩、間合いは、遠ざけ切れない……ッ、あと一手あれば、有効打撃も見いだせるが……) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 23:30:01
      • 主殿、鋼糸が!(音だけで判断し、警告を加える。その後主が避けたのを見、確認して指示の声に答える)
        御意(そして、迫る剣馬の動きを見た。なるほど、筋がいいと見た自分の目に曇りはなかった)
        (そのまま闇雲に拳を振らないセンス、相手を強者と見、先の手まで見越して動きを変える嗅覚)
        (だが、最善手は違ったのだ。全力で逃げるべきだったとそう教えてやらねばなるまい…!)
        いずれ良い戦士になるでござるよ…これで死なぬのであれば(足運びと僅かな体捌きだけで剣馬の右拳は侍の横をすり抜けた。そんな拳の間合いでも、剣聖の刀は十分に相手を死に到らしめる)
        (避けようのないタイミングでの、胴を両断するに余りある一閃が横一文字に放たれた)
        -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:41:05
      • (刃を投じた動きのまま走りこみ、握った右手のワイヤーを思い切り良く引く。紙一重で回避が為った紅蓮にとっては、背後から再度攻撃される形)
        (剣馬がサーヴァントへと一撃を入れ、それを難なく回避した侍が反撃の姿勢に移ったのを視界の端に捉える。致死の一刀。己のマスターは、既に銀の円弧の内側、即死圏に在る事を瞬時に理解し)
        ……ッ!
        (故に野良犬は紅蓮へと向いた身を強引に回す。地に突き刺すように踵を叩きつけ、バックステップ。そのまま背中越しの侍の右半身へと強引に肩からタックルし、横一閃の軌道を逸らす)
        (最早対手の主に与える損害なども意識から捨て、巻き取られた右の剣鉈を保持。振り返りざまに二刀で以て、背後の侍へと二重の円弧で斬撃を放つ────!)
        -- セイバー(双) 2011-10-25 (火) 23:48:40
      • (刃を避け、目標を見据え――聞こえる、従者の声)…くっ…!こ、の…!
        (勢いのままもう反転、天地が正しい姿に戻る。またも紙一重、それでも鋼糸伝いの刃による返しの一撃が右腕を掠め、虚空に血の跡を引く)
        (しかしここまで。追撃は…ない。期待通り、侍は剣馬を追い込み、サーヴァントの手は此方に向かえずにいる)
        (対面のまま下がっていく従者へ向け、左手に構えた槍を下手から投げ放ち…)そこだ…弾けろ!
        (従者への間合いに入る直前、指を鳴らす。投げられた槍が更に三つに分かれ、周り込む軌道で奥の剣馬へ襲い掛かる!) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:11:50
      • (不思議と冷静にその剣の軌道を見ていた、見えている、身体能力が向上し、この状態ならば限りなくサーヴァントに近い動きも出来るようになって来ていた、だからこその攻撃だったのだが……甘かった!!)
        (完全に一手遅い、この中途半端な体勢、今のままでは躱せない。届かない、安全距離まで下がれない、拳を躱された辺り、自分は見極めが甘かった、そう、反省する。自分の力を過信しすぎていたのか。)

        (反省して、次にどうするか、このまま剣が決まれば自分に次は存在しない。し得ない。死に直面すればするほど冷静になっていく頭で、答えは閉ざされ固まっていく。答えは簡単。単純に、死ぬ。)
        (更に刹那の動き、セイバーの機転で、刀の軌道は変わった、だが、まだ駄目だ。更には、後ろから紅蓮の槍が追撃のように飛んできている。完全に駄目だ。積んでいる。死ぬ。此処で死ぬ。今、どうあがいても死ぬ。足に力を込め、もう一歩下がろうとしているが、スローモーションの世界、地面に縫いつけられたかのように動けない、たとえ躱せたとて追撃まで処理しきれる行動は俺には不可能……即ち、死ぬ)

        (──死ぬ、死んだらどうなる。すべてが終わり、セイバーも消え、せつなも悲しむ、せつなだけじゃない、家族、幼馴染、それに──約束も、必ず帰る、約束も果たせなくなる。それは──)
        (──それだけは嫌だ、絶対に嫌だ。死ぬのは嫌だ。死んでたまるか。約束を破って意味もなく朽ち果てるなんて──絶対に御免だ!!

        (カッ、と目を見開くと、左へ移したはずの雷撃が再度、予備動作なしで右へと灯る!!そして──!!)
        うぅぁあああああああああああッ!!!!死んでたまるかァァァーーーーーッ!!!(咆哮と、同時に、物理法則を完全に無視した動き──そう、人間にはできない動きで、後ろへ吹っ飛ぶ!!)
        (刀は、胴を真っ二つにするはずだった刀は、心臓の位置から少し外れ、肋の上を切り裂き鮮血を空間に撒き散らす、が!!致命の一撃はギリギリで死なずの一撃へと書き換えられ──
        (その結果!見える、スローモーションで槍が迫るのが見えた!!左右正面からの3ウェイ攻撃、迫る光の槍を、肌に突き刺さるその直前で両手で掴み、口で光の刃先を噛み止め衝撃で後ろへのけぞる!!傍目から見れば、恰もすべての攻撃が通ったかのように見えた、が──) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 00:28:05
      • …ッ!(背後からの風の向きが変わった。と思った瞬間には、衝撃)
        (殺った。と思う時に油断するようなら何度も死んでいる。故にそこにあったのは驚きではなく…)
        見事……!(賛辞。タックルを受け逸れ、しかし敵のマスターを捉えた刀を無理には引き戻さず、タックルで押されるままにくるりと回転する。敵のセイバーは回転扉を押したかのような錯覚を得る、そんな流水の如き動き)
        (剣は下段に、滑るような足運びは剣の間合いを取り直し)
        (その最中。剣馬が見えた…そう、致死の一撃を、不条理な動きで吹きとぶように動いたのを)
        人の動きにはござらんな…!(分析はそこまで。それ以上の死の気配に応えるべく)
        (宝具を放った)

        星貫(BLADE ARTS )

        (瞬時に放たれる突きは、1度にしか見えぬが三段。二刀を弾き、敵セイバーの喉元を抉らんと全て同時に放たれる…!)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 00:37:56
      • ケンマ……!!
        (対手ごしに、血飛沫と共に吹っ飛ぶマスター。そしてそれを追う光槍を見る。今の一撃、斬られれば即座に胴から上だけが飛ぶものだったが己が主はそれを捌いた)
        (理屈は分からないが、安堵を得る。そしてその心の動きに左右されぬ最適の一撃は、ぐるりと円環の動きの中で放たれ)
        (……改めて、厄介な相手だという思いを得る。力任せの相手ならいくらでもやりようは有るものを、と。何故なら今こうして、相手は攻撃後の隙すらも無視して致死の反撃を放ってきているのだ)
        (三閃の銀光が喉を貫くまでの数瞬、女の唇が動く。それは2つ目の真名を、解放する為の────)

        ────”Obsessed Paragranum”(”因業の霊賦抄”)

        (首が、僅かに逸らされた。顎と右耳と頸動脈とを削ぎ、刀の切っ先は走る)
        (背後に置いた紅蓮には、噴水のように吹き上がる鮮血が、鮮やかに見えるであろう……だが)
        (……だが、しかし! 青光りする床を踏みしめる野良犬の脚には、些かの力の緩みも見られず)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 00:58:19
      • …!?(驚愕。ありえぬ流れ、人間離れなどと言う言葉ではない。世界そのものが変わるような――)
        バカな、あれは…あれでは、まるで…!(――「法則破壊者」(ブ レ イ カ ー) ――運命をも打ち砕く力。この世界で求めていた捜し物の一つ――だとでも…!)
        まさか、このような偶然が…! …確かめさせて貰うぞ、剣馬!
        (言葉と共に、令呪を解く。溢れ出た莫大な力が、従者の切り札と自らの切り札を同時に支える)
        (光と闇を引き連れ、剣馬へと駆け出す。駆ける中で黒と白は相反したまま交じり合い、白き闇、黒き光――人智を超えた何か――となった紅蓮が、剣馬へ一撃を放ち――) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 01:32:54
      • (カラン、と音を立てて、三本の質量を持った光の槍は地面へと落ちる)
        (ゆらりとした動きで、のけぞった身体を正面へ、斬られた前面からはドクドクと今なお新しい血液が溢れて、先ほどまで腕を覆っていた雷撃も見る形もなく消え去っている)
        (今の状態ならば。簡単に、確実に。紅蓮の技で殺せるかもしれない。──だが、その眼は死んでいない。能力は消失し、戦う余力も尽きようとしている筈なのに)
        (遠くに構える紅蓮とサーヴァント、そして、己がセイバーををまっすぐと見据える。一歩、足を踏み出す、ボタボタ、と地を血で染めながら動く、そして、最早何の力も宿していない右腕を掲げ──否、令呪の放つ赤々とした魔力を放つ右腕を掲げ)

        ────令呪にて命ず。奴に勝て、セイバー……お前の真の力、解放しろ。

        (──その瞳は。生と勝利へと餓えた野獣の眼だった。そして、その風格は全てを統べ、法則を支配し、概念を超越する、王の威圧。)
        (紅蓮を見据えたまま令呪以外何の効果も発動されていない右手を、拳へと。そして、向かえ討つ)
        (──それは、ただのストレート。傍目から見れば何の力もこもっていない、死にかけの人間が放った苦し紛れのストレート。だが、その拳に、真に宿りし力は──概念を、法則を、因果を、書き換え捻じ曲げ破壊する!!) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:53:26
      • ……!?(今度もまた、殺ったと思える手応え。だが対手は止まらず…!)
        (剣を引き、構える。令呪から送られる魔力を漲らせ、剣を構え直した)
        (相手にも令呪の力が加わった事が分かる。ここが、決戦の分水嶺。死ぬか生きるか)

        燕返し(BLADE ARTS )

        (首筋を刈っても死なぬなら。胴も頭も断ち割るのみと、魔剣が放たれる)
        (令呪による加護を受けた魔剣は横、縦、円の軌道の同時斬撃を音速を超える速度に昇華する───!)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 02:03:14
      • (再生の炎が首筋から溢れる。体内を猛り狂う魔力は蒼い炎となって傷口を舐め尽くし、断ち切られた疵を治す)
        (最早振り返ることもない。自分たちは常に崖っぷちから僅かな勝機を拾ってきた。そして、その中で生まれた信頼は何よりも強い)
        (己のマスターへと走る紅蓮を振り返らず、ただ主の言葉に、答えを返す)

        ────了解したわ、マスター。

        (ただ勝利への強い指向性となって、令呪から魔力が流れこむ。魔術回路による凌駕身体強化(サーキット・オーバードライブ)。ただ、一歩を軽い歩調で踏み出した)

        ”Will of Painful”(”無謬なる原初の痛み”)

        (事象すら凌駕した魔技に対し、神速の十字が交錯し────)

        ……。
        (人の身では成し得ぬ程の業を出し尽くし、互いを背後に置いた二人の同じ位を戴くサーヴァント(セイバー)は、無言。)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 20:48:52
      • (手応えはあった。魔剣は十全に働き、敵を裂いた事だろう…そして)
        (対手に背を向けたまま。先に血の華を咲かせたのは侍のセイバーだった)
        …(致命傷だと分かる深い十字傷。神速の十字は確かに魔剣を掻い潜り届いたのだ)
        よい太刀であった
        (偽らぬ賞賛を相手に捧げ…打刀を地面に突き立てる。それを杖に未だ倒れず立ち))
        (だが消えさるは必定、とばかりに姿が消えゆく。紅蓮からもサーヴァントとの魔力的な繋がりが薄れていくのが分かるだろう)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:05:15  
      • 先のは偶然。ありえぬ事…!
        (事実、相手は立っているのもやっとの有様ではないか。この一撃を振り抜き、打ち倒し、それで終幕)
        (パートナーと、自分と、共に戦い…そして勝つ。今までの相手もこうして打ち倒してきた。そして今も)
        (例え相手が、因果も法則も、概念すらも通じぬあの力としても。後一押し、ほんの僅か、押し込むだけの力で良い)

        ……勝つのは…我らだ!

        (意志と力とを乗せた、渾身の一撃)
        (だがそれは)

        ………あ……………

        (剣馬の拳と触合った瞬間、呆気ないほど簡単に解け、無へと還り)
        (同時、ずっと共に在った魔力の繋がりが薄れ 消えて行くのも感じる)
        …セイ、バー……? -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:17:13
      • (左半身を深々と斬り裂かれ、鮮血と再生の炎で染め上げ。しかし野良犬は未だ立っていた)
        (最高の業で以て、最高の剣士と相対すること。それが────)
        ────あなたを測った評価。
        (いつぞやの会話を思い出し、口の端に笑みを浮かべて。振り向き、満身創痍の己のマスターへ、視線を移した)
        -- セイバー(双) 2011-10-26 (水) 22:10:08
      • (そのパンチは、技を無へとかき消しただけで、紅蓮と拳がぶつかった所でそれ以上の力は微塵も残ってはいなかった。)
        (互いに拳をぶつけた反動で後方へと倒れる、全力を出し切った、振り絞った。何も考えることができないくらいに、力尽きた)
        (だが、勝ったかどうか、など考える必要もない。勝つのが当然だと思ったから。セイバーなら、きっと既に勝っているだろうから、考慮する必要はなく──)
        (地面へと四肢を投げ出し、傷から床に広がっていく血を構うこともなく、ただ、天井を仰いでいた。) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:16:45
    • (自分の消えていく感覚。不満はない、対主はこの度の召喚において最強の相手であったし。己の刃も曇りなかった)
      (ただ、主を聖杯に導けなかった…その事で叱りは受けておくべきか。そんな思いで)
      (己を呼ぶ紅蓮に顔を向けた。表情はいつもの通り穏やかで、目はしかし真っ直ぐに紅蓮を見ている)
      -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:06:20
      • (ゆっくりと、消え行くセイバーの前に立つ)
        ……そうか、我らは…敗れたのだな
        (そう語りかける顔は、哀しむでもなく、怒るでもなく。穏やかな表情で)
        …強かったな -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:25:14
      • 然り。腹を斬って詫びる所ですが…その時間もないようで、申し訳ない(表情は変わらない、最早そんな余裕もなく)
        拙者は折れ、消えまするが主殿は……
        (皆まで言うまいと思ったのかそこで止め。更に姿が薄くなる。もう消えるまで間も無い)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:31:25
      • …セイバー、腹を切る必要などない
        お前の強さがあったからこそ、我はここまで来れた

        敗れて悔しくない訳ではない、これでまた求める物は遥か彼方だ… だが
        此処に来るまでに、お前がくれた物まで無くす訳ではない …充分だ
        (従者へ語るは、感謝の言葉)

        ここまで、我に仕えてくれた事、お前を呼び出せたこの運命に感謝する
        ……ありがとう、セイバー
        (消えゆくその姿へ向け、深く頭を下げ、一礼した) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:49:53
      • (主の言葉を全て聞いて。消えゆく身ですら僅かな笑みが零れた)
        過分なお言葉。有難く頂戴致す(頭を下げる事も叶わない。ひざまづく事も。だが、きっと最後まで凛々しくある事を望んでくれているだろうと思いそのままで)
        (呼びだされた時に見た、取るに足らない小娘が、よくここまで成長したものだ)
        (鍛錬にもよくついてきた。筋がいいわけではないが、飲み込んだ事はきちんとこなして。技も彼女に出来る分と…自分が用意したある動きは覚えて貰った。本人は気付いていないだろうが)
        (ありがとう。と言われ…何か返そうと思った)
        (でも…ああ、何もない。思い残す事がないのだから……)
        (僅かに首肯だけを残し。最後まで潔く消滅する。主の前途への励ましすらない…そんな不安は、この侍の中に無かったのだから)
        -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:58:27
  • - 相 談 室 -
    • とりあえず待機はしておくわふん -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 21:49:40
      • んじゃあ俺も待機しておこう -- 剣馬 2011-10-23 (日) 21:52:38
      • (ぱたり) -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 22:52:11
      • 紅蓮さーん!? -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 22:54:40
      • はっ……死んでおる…… -- 剣馬 2011-10-23 (日) 22:57:25
      • すみません遅くなりました …決戦どうしましょうか。何か色々イベント起きてるみたいですけど -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:05:53
      • ここで待機を忘れていた拙者の登場(正座) -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:08:16
      • どうしましょー、私は可能だけどー? -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:09:33
      • ゆっくりならば可能だな! -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:10:51
      • 拙者も問題無いでござるー。限界は二時前後になりますが -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:11:49
      • 我もゆっくりになると思いますけど大丈夫です。リミットは…2時までには多分死んでます -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:14:44
      • では導入を紅蓮さん→剣馬→侍バーさん→私 の順番でやってくという感じはどうでしょー? -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:17:35
      • 順番に関しては問題ないでござるー 後は戦闘の流れでどういう事がしたいとか、各自ありますかな -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:18:35
      • 了解いたしたうおお導入(のたうちまわる)
        やりたい事は…特になし!2回戦までで何かほとんどしてしまった…あぁでも令呪2画残ってますね、使っちゃいたいですね
        半確定とかごりごり入れていくかもしれません -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:24:40
      • 以前も打診したとおりマスター攻撃とかはしちゃうかもねー。長引きそうで申し訳ない感じだけど……! -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:27:27
      • 令呪をどんな風に使うんでござるかなー 自害させられちゃうのかな…長引いた場合むしろ申し訳ないのはこちらのような…そちらは決戦週ですし! -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:30:44
      • こっちも令呪残ってるな……前回がほとんどセイバーに頑張ってもらったので……魔力チャージ以外で使えたらいいかもな。 -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:38:49
      • なんか 赤くね -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:48:28
      • このスレは古いので、もうすぐ消えます。 -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:50:04
      • 色超似てるーーーーーーー!! -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:51:01
      • 全員赤系とは…… -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:51:12
      • マスターは黒のままの方が良いかもしれませんねこれ… -- 紅蓮 2011-10-23 (日) 23:53:06
      • で、でも皆色は違うわけだしー。賑やかな方が好きな子ですみません…… -- セイバー(双) 2011-10-23 (日) 23:54:36
      • どっちかのチーム黒の方がいいかな。負け組は黒にしておきましょうか 黒星! -- セイバー(侍) 2011-10-23 (日) 23:55:31
      • では俺は色を捨てるぞJOJOーーーーッ!!(黒くなりながら) -- 剣馬 2011-10-23 (日) 23:56:02
      • おや、では拙者はつけたままの方がいいのでござるかな -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:00:07
      • 混沌としてきた… ヽき直って全員つけたまま ▲泪好拭爾世云辰后´G埃團撻⊂辰
        さぁ選ぼう -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:04:23
      • 言い出しといてあれだけど,婆滅鬚さい發靴討ました -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:04:47
      • △膿聞圓靴討靴泙辰燭里猫△任垢ね…すまない! -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:05:12
      • 剣馬さんの設定を読んでいくと興味深い記述がありました。使うと思ってなかったのでうちの設定にも書いてないですが天敵に近いですね -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:19:03
      • 厨能力でごめんね!しかもまだ全開じゃないんだ!本編が進んでないので!
        聖杯戦争という独自のフィールドで漸く条件がそろって発動してるようなものなので、ヘイヘイの分子操作くらい使わないから安心してね! -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:25:19
      • いいのよ、うちの世界にも何人かいる希少能力と類似ってだけよ …でも問答無用ブレイクしてもいいんだよ
        (…これ選択間違えたなぁと言う土下座) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 00:52:05
      • 一応設定してた遠距離攻撃を使ってみる俺。 -- 剣馬 2011-10-24 (月) 00:52:29
      • 楽しそうなマスターらと違って凄い無言の応酬を続ける鯖ズ。うーん、真名解放に対していい受け方が出来なかった… -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 00:53:20
      • いきなり無線LANが切れてびっくりした…… -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 01:05:12
      • LAN大丈夫かしら
        紅蓮さん攻めてる間だけ強キャラのサウザーみたいな戦闘スタイルだから、無敵技ぶっぱとか暗転0フレームで割り込むと割と簡単に死ぬ 死なないこともある -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 01:26:26
      • こうしたらサーヴァントが助けに来たりしやすいかなと追撃してみた! -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:32:44
      • んぬ、助けに行けば乱戦モードになりますかな 後ろからぶった切られそうな気もしますが! -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:35:20
      • そこはうちのセイバー信じてるから…… -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:43:11
      • 剣ちゃんナックルと背後からズバーの同時攻撃でさくっと死にそうな気がする鯖です -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:44:39
      • 剣馬ちゃん女の子殴り殺したりしないって信じてる。助けてくれた方が死なないと思いますよセイバー!
        (スイマーが辛くなってきた看板を立てる) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 01:46:57
      • 殴り殺しはしないけど純粋電力に変換してバリバリーとかしようか……。(スタンガンみたいなノリで) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:48:45
      • とりあえず助ける方向で! む、では今日はここまでですかな -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:49:24
      • 電撃プレイなんだわ…では拙者も二時近いので文通札立てまする 申し訳ない -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 01:54:30
      • はーい、了解ですー -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 01:56:22
      • すみませんですー 私は明日だと22時くらいになるかなぁ… -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 01:57:36
      • 紅蓮さん絶体絶命!!ってかんじで次回に続くになってしまったね……いい引きだ……続きが気になる…… -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:57:50
      • 俺も大体そんな感じかなぁ、遅くて23時からだな……多分。それより遅くなったら土下座するね……。 -- 剣馬 2011-10-24 (月) 01:58:48
  • しょくりん!! -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 18:37:06
    • 枝!! -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 18:37:14
      • 待機!! -- セイバー(双) 2011-10-24 (月) 18:37:23
      • すみませんなんか絶不調です待機です(ぐったり正座) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 20:00:18
      • マスター無茶しないでマスター 待機するでござるよ -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 20:12:34
      • そちゃわふん(そちゃわふん) -- せいばー(犬) 2011-10-24 (月) 20:14:27
      • あっ、超待たせてた……今帰りました! -- 剣馬 2011-10-24 (月) 22:20:53
      • ごしゅじんおかえりわふん。ほねっこちょうだいわふん -- せいばー(犬) 2011-10-24 (月) 22:23:31
      • ただいまー、いい子に待ってたね〜よしよし、ほねっこだぞ〜 -- 剣馬 2011-10-24 (月) 22:25:26
      • と、そんなことをやってる場合でないのはわかる。 -- 剣馬 2011-10-24 (月) 22:26:07
      • おかえりなさーい。これは対抗してマスターにも煎餅を上げねばなるまい -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 22:26:40
      • おかえりなさーい。企画主が心配な紅蓮さんです -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 22:26:42
      • (せんべいかじかじ) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 22:27:09
      • 思うところはあるけれどー。とりあえずこの決戦を全力で楽しみましょうー。いっそ長引いても私は構わないのよー(ほねっこあぐあぐ) -- せいばー(犬) 2011-10-24 (月) 22:28:02
      • まあ、この決戦は全力でやりましょう よしよし(マスター撫でながら) 時にマスター、体調の方は -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 22:29:51
      • 犬紅蓮か、紅蓮ってそういう……明日お休みなのでゆっくりとと対戦はできるぞ。
        ていうか俺は色々と楽しみに帰ってきたのだがなー……ビリになってるけど諦めたわけじゃねえんだぜ。(指輪装備しようとしながら) -- 剣馬 2011-10-24 (月) 22:32:30
      • むー あー …うん、今の決戦は楽しみましょう最後まで
        体調は昼過ぎまで寝てて喉痛と鼻水とぼんやり感わふん 助けてせいばー -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 22:46:40
      • この雌犬! 雌犬マスター! …すいませんこのマスター、寝かせてもよろしいでござるかお二方…(紅蓮を布団に投げ入れながら) -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 22:48:49
      • ……寝て体調治した方がいいわふん。お大事にわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-24 (月) 22:49:20
      • ぐえー… ちゃうねん。ごめん(布団の中から申し訳なさそうに見ながら) -- 紅蓮 2011-10-24 (月) 22:53:38
      • うむ、無理はしないようになー……?楽しむにしてもそんな状態じゃきけんがあぶない -- 剣馬 2011-10-24 (月) 22:58:36
      • では、マスターの体調がよくなって以降に再開といく感じでお願いします -- セイバー(侍) 2011-10-24 (月) 23:00:21
      • らじゃっす!どうせ後三日くらい暇じゃ!ゆっくり休むがヨイぞ! -- 剣馬 2011-10-24 (月) 23:18:58
  • (指令っぽく腕を組み)…どうやらイベントらしいな
    …どうしましょう? こっち続けますかそれとも -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 21:39:57
    • 一旦中断してイベントの方に参加しますかー と(改めて正座して) -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 21:49:11
      • どっちでもええでよー。ゆっくり進めつつ、イベントが忙しそうならそっち優先してみるとか。 -- 剣馬 2011-10-25 (火) 21:50:35
      • 拙者はマスターに合わせますー -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 21:51:53
      • …せんせー、イベント参加者誰もいませーん -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:00:56
      • じゃあマスター相談場所で話す事詰めましょうとりあえず -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 22:02:04
      • えっ、未だ始まってないんじゃないの? -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:03:34
      • 22時頃から開始予定、でメンバー募集ツリーにまだ誰もおりませんね -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:06:00
      • ってこれ敗退組だけか! ごめん変な事相談したー! -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:06:31
      • あっ、参加受付希望ってここか。どっちのイベントもするんかな。どのみち野戦型が多いからね…… -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:07:47
      • えっ、そうなん、あぶねえ勢いで参加表明するところだった…… -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:08:31
      • (ぐたー) -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 22:15:47
      • (犬バーさんをなでもふる) -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:16:27
      • そしてメモリさんに今日こそクライマックスではと期待されていた……(プレッシャーで潰れる) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:18:18
      • 我の手番であるのでした…(プレッシャーで潰れる)
        まともに喰らうと死ぬので気合でいなさねばなら ぬ -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:20:56
      • マスターではどうにもならない! なら拙者のターンでなんとかしますが -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 22:22:52
      • んー……とりあえずはこっちに専念してそれから色々考えるわふーん…… -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 22:23:30
      • ということで楽しい楽しい紅蓮ちゃん可愛がり再会だよぉ!集中しようねえ!(戦闘BGMに切り替えながら) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:33:38
      • マスターがミスするたびにボロボロになってマスター曇らせてもいいのか!!! -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 22:34:42
      • 顔はやめて!女の子だから顔はやめたげて! 我今なんとなくミデアの三番機の気分です -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:43:26
      • この後は代わりにサムライバー殴っちゃう展開でいくしかねえ……順番変わらずでいいんかな? -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:43:38
      • ぅ、ちょっとこんびにいってくるわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 22:43:51
      • 順番はそのままでいいかと。剣ちゃんには鯖と戦う意味を身を持って知って頂こう…ククク…(最終的に負けるフラグ) 三番機…紅蓮ちゃんの中にいいものがある事が発覚 -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 22:45:14
      • 俺、ホットコーヒーとウエハース4個くらいね。(お使い頼みながら) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 22:45:25
      • あ、拙者じゃがりこお願いします -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 22:45:40
      • 我はシュークリームが食べたい。頼んだ -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:47:11
      • >鯖と戦う意味を身を持って知って頂こう…   (あ、これ我も思い知らされちゃう…) -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 22:54:47
      • 乱戦になるということはそういう事…! -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:03:20
      • (BIGサンダーうまうましてご満悦の野犬) -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 23:04:03
      • おかえりなさーい。ゆるふわさん頼りになっちゃうんだけど剣ちゃんに即死確定みたいな攻撃してゆるふわさんに妨害されて失敗…という流れはアリでしょうか -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:08:19
      • どんどんやれ! ころすつもりでやれ!!
        あ、こっちもリクエストがー。次の行動で接敵するつもりなんだけど、一瞬侍バーさんと背中合わせになる位置取りでもOKかしら? -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 23:10:51
      • このわんちゃんマスター即売った…! む、位置取りはどうだろう。ダメという意味ではなく流れ的に上手くやれるかな…頑張ってみます -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:13:53
      • あれ、俺一人で何とかする方向だコレ……ガチモードで一撃くらいならかわせるだろうか……うごご…… -- 剣馬 2011-10-25 (火) 23:38:53
      • えっ(即死確定みたいなの打ちながら) ゆるふわさん助けてー! -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:41:30
      • セイバー次第だけど、ズバッとちょっと切られるのもいいかなとか思った。致死の間合いからギリギリで致命傷はかわしてる感じで……普通の人間だと思ったのが貴様の敗因だ!とか!(斬られながら) -- 剣馬 2011-10-25 (火) 23:47:01
      • よし良いぞセイバー!そのまま真っ二つだ!(自分が真っ二つになるフラグ) -- 紅蓮 2011-10-25 (火) 23:48:00
      • オラッ! -- せいばー(犬) 2011-10-25 (火) 23:49:32
      • よし、全力でかわそう!TRPG的に言えばクリティカルが確実に出るアイテム使うみたいな。 -- 剣馬 2011-10-25 (火) 23:54:30
      • やだ…かっこいい…! 剣ちゃんには上には上が居る的体験をして成長して欲しいが拙者じゃ無理かな…! ゆるふわわんちゃんかっこいい…! -- セイバー(侍) 2011-10-25 (火) 23:59:37
      • 照れるわふーん!(やんやん) -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 00:06:39
      • 何絶対回避。よーしじゃあもうちょっと剣馬くんに追撃かけちゃっても良いよね(チャキ) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:09:38
      • バーチャロンフォースとかガンダムエクストリームバーサスとかやってる気分になってきたわふん(意訳:脳の処理が追いつかない) -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 00:16:24
      • あぁ、それだこの感覚…! 右に左にタゲ切替して避けて喰らって… -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:20:55
      • 追撃とか聞いてないよ状態だったのでクソ長くなったが。しかも強キャラっぽい展開にしちゃったが。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 00:29:12
      • いいんだ&ごめん…フリーにされたのでつい… -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:33:26
      • 主人公属性つよいな…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 00:35:04
      • 厨設定を考えてなければ死んでいた。(シャアの声で)そして、3発目発動したからこれで打ち止めだ!次の弾はないぞー!! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 00:36:26
      • …(しまった、撃ち尽させてしまったらどうやって負けよう…!) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:38:17
      • 主人公属性いいよね……そして突如興奮して宝具ぶっぱなす拙者 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 00:38:32
      • いいでござるかマスター。侍には…セプクがあるでござる! ケジメ! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 00:39:13
      • しょうがないから能力なしで紅蓮ちゃん普通にビンタしようね(ぎりぎり死んでないだけで能力終了したら普通に死にかけだが) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 00:51:31
      • 超再生フラグを立てて反撃準備わふん -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 00:59:21
      • 令呪使ってハラキリを命じるだなんてそんな… さぁ来いマスター剣馬!我は実は1発殴られただけで負けるぞー! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 00:59:28
      • そう言えば剣ちゃんのこの能力、聖杯戦争には全く関係ないところで我の探し物なのだが… うーん…!
        さてどうしようかな…我も突如興奮するか -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 01:03:52
      • その前に魔力補給タイムかこれ……(死んでるセイバーみながら)
        ていうかギリギリで死んでないというけど血が吹き出る程度に内臓もちょっとやられてるんですが俺。
        えっ、何その話。聖杯終わったあとで良ければ付き合うが。(聖杯期間終わったのでまた使えなくなりながら) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:06:46
      • マスターも剣ちゃんの修羅場作成に参加するんでござるね…! 剣ちゃんが厳しい状態ならそろそろ派手に負けるべきでござるか。ゆるふわさん何か宝具でぶっとばしたりするでござるかー? -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 01:08:45
      • 我の方も宝具だし補給がいるかな…
        剣ちゃんの能力は自前の別キャラ見つけて片付けようと思ってたイベントなのですよ。だから名簿にも探し物としか書いてない
        ぶっちゃけここまで似通った設定の能力とかマジ居ないわってレベル お付き合いしてもらうかどうかはまた後日で… -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 01:09:51
      • 更にこの後魔力開放したらほとんど動けない状態だなー怪我と体力的に…… -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:10:43
      • ケンマは任せたわふん(紅蓮にサムズアップ)
        えっ、自分一番原作で近いのこじろーとかそういうスタイルなので一発ド派手なのはちょっと…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 01:10:52
      • あ、自前の魔力削らず令呪一画使用でお願いしますわふん、けんまー。 -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 01:11:49
      • すいません拙者もこじろーとかそういう感じなんでござるが… このまま切り合いで勝負決めるでござるか? -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 01:12:34
      • 修羅場らねえし!知人ってことで協力するだけだし!
        あいよ!んじゃ令呪で。びしっとパワーアップセイバーで決めるか! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:14:21
      • 実際今回私へのダメージは全く無かったので、内蔵してる魔力で十分回復可能だったりするわふん
        じゃあお互いの魔技を交錯させて決着!とかやろうぜ! -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 01:15:19
      • 多分うちのセイバーはこういう技量、力が互角の相手には強い。と思う。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:15:40
      • 剣ちゃん、拙者筋力耐久敏捷全部負けてるでござるよ! ござるよ! 技量では勝ちたい 令呪パワーで決め了解 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 01:21:27
      • 令呪ブーストでセイバーと同時超必殺技アタックでございます
        …気合で打ち破ってもらって一向に構わん! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 01:35:06
      • リクエストに応えたけど、直接殴られてもただの死にかけパンチだから、紅蓮ちゃんも安心だよ! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 01:55:09
      • やるきまんまんで宝具二回目 さぁ拙者は一回刺されただけで死ぬでござるよー!! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 02:03:49
      • テンション高いのに非常に申し訳ないんですがそろそろ文通札提出してねないといけないじかん…! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 02:05:42
      • それにしても途中から完全に主人公属性にしか頼ってないこの戦い方ーーーっ!!まぁそれ程の強敵なのですが!! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 02:06:22
      • 了解したわふん。おやすみー侍バー
        紅蓮さんもお大事にするわふん。マスターは……まぁ、明日からラスト修羅場追い込みするからOKAKUGO!って感じで。 -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 02:08:01
      • いつの間にか二時だった……エンジョイ&エキサイティング
        それではまた次回へ続く形で……、あとお互いのラスト部分だけだな……。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 02:08:29
      • あっ、マジでやるんだね……SYURABA。平和ボケした脳にまた恐怖が刻み込まれる…… -- 剣馬 2011-10-26 (水) 02:09:59
      • 了解いたしたのよ。ホントだ2時だわ… ではまた後日なのです!おやすみなさい皆様 -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 02:12:36
  • スーパー待機タイム -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:08
    • ござる -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:20
      • 最後の日 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:33:30
      • おそとがさむいわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 20:36:15
      • SAITAMAは明日の朝8度とか予報が出てました。1桁て -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 20:37:01
      • (固有結界・炬燵のある部屋を展開する) -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:39:07
      • (ぬくぬく)あぁ…我の聖杯はここにあったのか… -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 20:41:54
      • ごはんおいしゅうございました(コタツIn) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:47:46
      • マスターが死亡フラグを…あ、宝具きた! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:50:28
      • (セミコロン忘れがちで恥死しながら炬燵に入る) -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 20:50:50
      • 順番的にはこの後マスターですがどうしましょう。拙者の結果おいた方がいいですかな?(蜜柑を配りながら) -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 20:55:26
      • 時系列順なら人間の動きよりサーヴァントのが早いと言うかそういう概念突破してそうな戦いなのでありです! -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:57:18
      • と言うかそのほうが紅蓮ちゃんも反応しやすいのでは、と思った。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 20:58:26
      • では私はごはんたぺてくるわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 21:05:12
      • というわけで返しましたー。いってらっしゃい ここからは枝ごとにそれぞれのペアで進める感じにしましょうか -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:05:59
      • 了解!紅蓮ちゃんの反応後、ツリー分けるか。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:09:51
      • あ、ごめん普通に書き込んでた… け、消すぬ -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:11:18
      • ん?戦闘シーンは紅蓮ちゃんで終わりじゃないん?で、そのあとツリーごとにエンディングみたいな……? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:14:46
      • さっきので戦闘終了 それぞれ枝に……になるのかと思ったけどマスターがレス変更したいならそれはそれで -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:16:28
      • うむ、セイバー後だと思ってなかったのでちょっと変えるのですよ
        後ちょっとお風呂なのですよ -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:16:42
      • なるほどな!あいよいってらっしゃい!!それでは男子組はしばらくみかんでも食べてますか……(もぐもぐ) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:19:07
      • いってらっしゃいでござーる(RECしながら) 蜜柑食べて待ちますかねー(もぐもぐ) やはりこたつでミカンは偉い… -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:21:11
      • ざばぁ(カメラにお湯ぶっかけながら) お待たせしました…あ、半纏出してこよう -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:49:03
      • あぁ、紅蓮ちゃんの貴重なお風呂シーンが!!
        まぁそれはともかく、ツリーはどうする、流して新しく立てとく? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 21:52:58
      • いやああああああ! カメラがぁあああああああ!! おかえりなさいませ ツリー枝どっちから始めましょうかね。拙者かな…? 消える前に何かしたい事ありますかマスター -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 21:53:02
      • 下にもう1個枝で良いような気がしますぬ
        ここは愛の告白とかするシーンですかしませんけど。最後にちょっとだけお話しておきたいでーす -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 21:59:47
      • もどったわふーん -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:00:35
      • 聖杯取ってたら愛の告白は原作再現ですなぁ ふむ、では拙者が枝を植える感じで? おかえりなさーい -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:01:35
      • うむ、ではお願いしよう。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:02:29
      • セイバーもお帰り、冷えるからちゃんと暖かくするんだぞ(此方も半纏着させてやりながら) -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:03:26
      • のーとぱそこんさんあったかいなり。あ、じゃあ枝立ったらセイバーに何か言ってこっちもぐったりするわふん -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:05:14
      • えだったー。 -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:06:53
      • なんかちょうほめられたでござる くいないでござる しらす -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:14:31
      • こっちの組はこれで終わりにしておくのが綺麗な気がするわふん…… -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:47:15
      • 止血くらいは頼もう……行間で。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:49:52
      • (ガス欠してるだけで怪我自体はそれほどでもない我が肩を貸して帰っていく→見つかって修羅場) …いけない、剣馬くんが死んじゃう! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:54:55
      • 割と洒落にならない傷貰ってるので本気で死にますが!? -- 剣馬 2011-10-26 (水) 22:56:25
      • じゃあそれで -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 22:57:11
      • マジか(了解) -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 22:58:31
      • シュポーン!! 消えました! お疲れ様ー! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 22:59:04
      • うおー!セイバー! ありがとうセイバー!お疲れさまー! -- 紅蓮 2011-10-26 (水) 23:01:53
      • お疲れわふーん! 忠義を見たわふーん! -- せいばー(犬) 2011-10-26 (水) 23:09:05
      • それでいいのかよわんこー!?死に体にムチを打つような……
        ともかくお疲れ様だ……お別れのときはこういうカッコいいのがいいなぁ……うん……。 -- 剣馬 2011-10-26 (水) 23:12:45
      • 素敵なペアに負けられて満足でござるよー お別れシーンはある意味見せ場なので…頑張って!! -- セイバー(侍) 2011-10-26 (水) 23:13:54

Last-modified: 2011-10-26 Wed 23:13:54 JST (4562d)