エリオルネッド家出身 セイバー 461494 Edit

ID:461494
名前:セイバー
出身家:エリオルネッド
年齢:
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
死亡:ステータス/戦歴/名簿Edit
現在:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画/ゴルロア聖杯戦争
クラスセイバー--- ()
マスター紅蓮
真名???
宝具矛盾の黒刀(パラドクス=ブラックエッジ)
"魔剣(ブレイドアーツ)
キーワードエリオルネッド
クラス特性対魔力:A
"騎乗:B
スキル魔眼:A
"透化:A
"心眼(真):B
"自己暗示・最大戦速:C
"魔狩りの血族:C
属性中立・中庸
アイコン1 筋力パラメーター1パラメーター2パラメーター2パラメーター2パラメータ3B+ アイコン2アイコン1 魔力パラメーター1パラメーター4パラメーター4パラメーター4パラメーター5アイコン2
アイコン1 耐久パラメーター1パラメーター2パラメーター2パラメーター2パラメーター5アイコン2アイコン1 幸運パラメーター1パラメーター2パラメーター4パラメーター4パラメーター5アイコン2
アイコン1 敏捷パラメーター1パラメーター2パラメーター2パラメーター4パラメーター5アイコン2アイコン1 宝具パラメーター1パラメーター2パラメーター2パラメーター4パラメーター5アイコン2
活動時間:夜から深夜二時くらい 金土ならもっと
イベント戦闘スイッチ:ON
目的:具体的な願いなし。聖杯の中身に興味あり
ペアへのお願い:戦闘はできますが探索に役に立つスキルがない気がします
注意点:相手が見つからなかったらランダムに頼るよりは鱒に移るか消滅かもしれません

外見 Edit

  • 一見すればなよついた色小姓にしか見えぬ姿。女顔。身長160cm弱だが見る物が見れば手足は伸び切っており、無駄のない筋肉がついているのが伺える
    • 白い肌に長い黒髪。服装は着崩れた着流しかYシャツに黒いズボン。様々な色の小袖

主殿と共有スペース Edit

編集するでござる

お名前:
  • ふぅ…セイバーも浴びてくるか? さっぱりすると思うぞ(修練後の汗を流すための淋浴を終えて部屋へと戻り、髪を拭きながら椅子へと腰掛ける)
    (この主、2回戦の決戦を終えて以降はこうした寛ぐような所作が増えた)
    (…かと言って、修練に身が入っていないわけでもなく。棒術、光術などの修練に際しても、自ら試行を申し出て繰り返す等)
    (人が変わった…と言う程ではないのかもしれないが。兎も角、微妙な変化があった)
    -- 紅蓮 2011-10-19 (水) 23:15:15
    • よい湯でしたかな? 拙者は特に汗も掻いておりませんしな(沐浴中も護衛していたのだが。帰還した主にそう答え)
      (余裕が出来て来たな、と感じる。悪くない兆候だ。武芸者としてはともかく術師としては使えるようになるのではないだろうか、自分の専門外なので勘に過ぎないが)
      何か心境でも変わりましたかな?
      -- 2011-10-19 (水) 23:19:39
      • あぁ、身体を動かした後だと格別だな。もっと前にこれを知っていたら、お前と同じく剣士にでもなっていたかもな(冗談めかして言い)
        …言われるほど変わったか? まぁ、少し前よりは幾分変わったのだと思うが
        (水差しから水を注いで、口にしながら)セイバーはどうだ、あの時の怪我とかは――っと。あ…(何かを思い出したような顔)
        -- 紅蓮 2011-10-19 (水) 23:46:45
      • 剣の道でござるか…(普段なら流す言葉にふとひっかかり)…主殿は剣の道をどんなものと思いますかな? 素人考えでよいのでお聞かせ願いたい
        前に進む意思、のようなものがはっきりしてきたかと。いい傾向ですな
        魔力を頂いておりますし、もう残ってござらんよ…ふむ?(妙な顔になったので黙り)
        -- 2011-10-19 (水) 23:49:42
      • 剣の道…? それはまぁ…腕を磨き、その腕で名を上げ、死後も後世まで名を残すような…いや、これは剣術家か
        だとすると…その道程で、己がどこまで高められるかを試す… いや、これだと剣である意味がないのか? むぅ、すまん…思い付いたのだとこのくらいだ
        ……あぁ、そうだ。先のマスター・シィナとの戦い(やおら、頭を下げ)…済まなかった。我が不調に気づかなかったばかりに、本調子を出せていなかっただろう
        彼らは本当に強かったが、我が足を引っ張ったのも確かだ…本当に、済まなかった
        -- 紅蓮 2011-10-20 (木) 00:10:20
      • (紅蓮の回答に若さを感じて少し笑い)
        拙者が、剣聖なんぞと呼ばれるに至って見つけたものは…剣の道とは、剣になる事でござった
        余計なものを殺いで、削いで…ただ、純粋に剣を振るだけの物になる。そこに、剣技の行きつく果てを見た
        (それが、彼の辿り着いた宝具。彼だけの魔剣(BLADE ARTS)だった)
        …ですがそれは。本当に理由なく全てを斬り伏せるモノ、果たして人としてはどうであったのか…(だからこそ、正しい、道を示してくれる主が欲しかったのかもしれない、と思う。唯、一振りの剣で、安心して居られるために)
        …ああ。その事でござるか…お気になさらず。そちらに余計な心労をかけまいと隠していたものでござる
        頭を下げる必要はありませぬ。ただ、前を向いて進んで下さればそれで、戦闘時の推移は全て任されるでござるよ
        -- 2011-10-20 (木) 00:21:32
      • お前は本当に良いサーヴァントだな…(溜息、そしてはにかみ)
        確かにあの時は、他事まで負い込む余裕はなかったかもしれん、だが…お前に主、と呼ばれる立場であるなら、ちゃんと気付いてやりたかったのもまた真なのだ。覚えておいてくれ
        剣に…か。なるほど、確かにそれはもう人ではなかったのかもしれないな
        理由もなく、関わりも、何もかも無くし、ただ刃として研ぎ澄まされて…
        …だがな、それで良かった事もあるのではないか と我は思うぞ?
        -- 紅蓮 2011-10-20 (木) 00:56:55
      • お褒めに預かり光栄でございますな(嫌味でなくそう言い)
        それならばもう少し周囲を見る視点を鍛える事ですな、冷静さと判断力の訓練でござるよ。人を使う立場であるならば特に
        仏に逢うては仏を斬る。神に逢うては神を斬る。ただそれだけでござったなぁ…
        ……よかった事、とは?(善悪すら捨てたその道に、何があるというのか。答えを求めて主を見る)
        -- 2011-10-20 (木) 01:04:47
      • はは…手厳しいな。自分を御するだけでも持て余しているが、そうだな…そうあれるようにならなくては(頷き) …と、おや。分からんか
        剣の道の果て、剣聖と呼ばれるまでの物に成れたからこそ、今こうして我はお前を呼び出せ、前へ向かって歩けている
        あ、いや… 我に使役される事は、別にお前にとっては幸運でも何でもないのかもしれないが…!
        …少なくとも、我はセイバーを呼び出せて良かったと、今はそう思っているよ
        -- 紅蓮 2011-10-20 (木) 01:17:36
      • まあ、人の上に立つ者になるかどうかはともかく、多少は部下を動かす術も身につけておいて損は無いでござる
        ……ふむ? ……ははぁ(なるほど。と思った。出会った事自体への祝福)
        (その点で言うなら)
        …なるほど。では、今後も主殿の剣で在り続けましょう、結果がどうあっても、最後まで拙者を呼んでよかったと思って貰えるように…そうすれば、拙者も満足できるゆえ
        -- 2011-10-20 (木) 01:24:49
      • うむ。恐らく、もうあと僅かの間になると思うが…その時が来るまで
        (そう、この戦いは終局に向かいつつある。勝ち残るにせよ、敗れるにせよ、こうして主従で居られるのはそう長くないだろう)
        (セイバーの目を見、改めて告げる)先へ進む道を拓くため、我と自身のため、剣としてその刃を振るってくれ
        -- 紅蓮 2011-10-20 (木) 01:59:56
      • …確かに、終盤に差し掛かって参りましたな…(短い間ながら色々あったものだと僅かに想いを馳せ)
        …(真っ直ぐ見返してふ、と笑いかけ)
        御意(そっと紅蓮に手を伸ばした)
        -- 2011-10-20 (木) 02:09:43
      • (目があうと、こちらも笑い返し)…ああ、頼んだぞ
        (笑顔。この戦いが始まるまでは殆ど出す事のなかった表情。自分はこの短い間に、多くの事を教えられた。その中で何時も傍にあったのは……)
        (……終わりは近付く。だがその終わりは一秒でも先へと… 聖杯にではない、もう一つの願いを抱え、手を取る)
        -- 紅蓮 2011-10-21 (金) 21:51:53

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

ござる連絡欄。一人を相手にしたい時がもしあればどうぞ Edit

メタ相談もRPでの絡みもどうぞ

編集

お名前:
  • きゅーんー……きゅぅ(きょろきょろ) きゅー、きゅー、きゅー……(きょろきょろ) -- あざらし 2011-10-24 (月) 02:13:51
    • (これは侍の消える少し前のお話)
      …何ぞ探し物でござるかな(きょろきょろしてるあざらしを後ろから抱え上げる)
      -- 2011-10-24 (月) 20:14:15
      • きゅ!きゅーぅぃぅ、きゅぃきゅぃ(セイバーの顔を見ると嬉しそうな顔で顔を擦り付ける)
        ……きゅぃ!(懐(?)から魚を出して差し出す) -- あざらし 2011-10-24 (月) 22:19:34
      • はは、これはこれは(相変わらずに人懐こい様子に相好を崩し、そっとあざらしの頭を撫でた)
        (あざらしの懐ってどこにあるんだろう…等と思ったが片手で受け取り)
        おや、頂けるので?(目を細めて笑った)
        -- 2011-10-24 (月) 22:24:41
      • きゅー(こくこく頷く) -- あざらし 2011-10-24 (月) 22:31:01
      • (アザラシを地面に降ろすと、少し考えて受け取った魚を着流しの懐に納めた)
        有難く頂戴致す…人に優しく出来る事は、いつか必ず自分に還るでござるよ。その心、お忘れなく(軽くあざらしの頭を撫ぜ)
        -- 2011-10-24 (月) 22:36:20
      • (あざらしには難しかったのか、セイバーの言葉に首(?)を傾げる、しかしなんとなく意味は通じたようで撫でられてにっこり笑う)
        きゅっきゅーんー!(前ヒレをぴこぴこ振って去っていくあざらし また会えるよねまた来るね、と言いたそうな顔で) -- あざらし 2011-10-24 (月) 22:45:12
      • (言葉で伝わらなくても、心は通じるだろうと疑っていない。この子とは家族でもなんでもないが…それでも)
        (笑顔で手を振り返す。もう一度逢う事は、ないのではと心が囁いていたけれど)
        はてさて、やる事が増えましたな(また来るな、と思ってしまった故に。何か遺すべく考えを進める。せめて姉の似姿を見せてくれた感謝をせめて示そうと、そんな事を思ったのだった)
        -- 2011-10-24 (月) 23:03:40

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

宝具  Edit

名前や説明は正式に決まったら増える可能性があります

銘刀(ブレイド):D Edit

宝具としての属性は持つが他に何ら語るべき所のない打刀

矛盾の黒刀(パラドクス=ブラックエッジ):A Edit

刀を構成する全ての部分が漆黒である異形の大太刀
とある魔王の欠片から生み出されたという
魔眼と組み合わせる事で、認知した物理的には斬れないはずの物を斬る事が可能になる
そんな異常なまでの切れ味を持つ代わりに、所持者であるセイバーは常に
「何かを斬りたい」という欲求と願望に苛まれることとなる、呪いも孕んだ太刀である
本来このセイバーは秩序・善の属性だがこの呪いにより中立・中庸に変化している

魔剣(ブレイドアーツ):A Edit

人の身で神仏に挑まんとする修羅の業
使用時に持つ武器のランクを問わず、この技を放つ場合武器の威力もAランク宝具相当となる
使用する武器のランクが既にAを超えている場合、武器の威力に++補正を付け加える
また特徴としてこの業は何度使っても「同じ技の複数回使用」と見なされない

朧月(BLADE ARTS I) Edit

条理を捻子曲げる宙転からの抜刀術

燕返し(BLADE ARTS ) Edit

有名な剣豪な業を再現し、凌駕する条理を超える剣

星貫(BLADE ARTS ) Edit

唯速く。刹那に無数の突きを放つ

??? Edit

???

スキル Edit

上に書き切れなかった分も記す

対魔力:A Edit

騎乗:B Edit

セイバーに召喚された際に得た。特に変更無し

魔眼:A Edit

魔眼というが呪いや魔術効果を発するものではなく
「見えざる物を見る目」である
本来視認が出来ないモノを霊視する事が可能。
視界内に限り気配遮断等隠蔽系スキル・魔術を無効化する
発動時は目が青く輝くので誰にでもそれと分かる。人外の物を見ると勝手に光りもする

透化:A Edit

明鏡止水の心得。
精神干渉を無効化する精神防御。

心眼(真):B Edit

修練と鍛錬によって得た洞察力。
危地にあって冷静に活路を見いだす戦闘論理。

自己暗示・最大戦速:C Edit

暗示をかける事で肉体の限界以上の力を引きだす技術がスキル化したもの
筋力・耐久・敏捷が全て1ランク上昇する。代償として現界してるだけで魔力消費が上がる

魔狩りの血族:C Edit

永らく退魔・神の封印を生業として生きてきた血族の一員である証
相手が純粋な人間以外の存在である場合(サーヴァントの場合は過去純粋な人間以外であった場合。神性スキルがある場合etc)、全能力値に++があるものとして扱う
神性スキルA以上の相手に対しては全能力がさらに1ランクアップする
セイバーは分家筋の人間に過ぎないのでC。本家の人間ならAランク以上、らしい

楽屋裏相談所 Edit

お名前:
  • 【私用】金土日とwikiできなくなりそな可能性(◎◎◎○○)
    ・・・・・・・・・・・・ぐはぁ(ぱたり) -- 紅蓮 2011-10-28 (金) 10:01:33
    • まあラストのイベントは見守る感じになるでござるので問題無いでござる
      頑張ってマスター!
      -- 2011-10-28 (金) 20:07:05
      • 戻りましたがやはり体力が残っておりません、はい(どさっ)
        コピー戦フラグも残していただいてますけど、今からイベントを起こしてもシスター討伐が「現在進行中のPT」って書いてあって間に合わなさそうですし…ぼかした感じになるかなぁ… -- 紅蓮 2011-10-29 (土) 00:09:23
      • 無理しなくていいんだ…まぁ今から混ざるのは難しいでしょうし
        マスターがやりたい事無ければコピー戦もしなくていいかと 事件解決で消えてたとかでー
        -- 2011-10-29 (土) 00:10:52
      • やりたい事は決戦までで十二分にやらせていただきました。これは結構本気で
        優勝は出来ませんでしたけど、予定以上と言っても良いくらいです(ふかぶかとお辞儀)
        だからなのでしょうかね、シスターに向かう動機とか考えてみても、どれも微妙に薄くて… 偽セイバーを使役しているのが許せん、貶めるな。が一番強いか…くらい?
        そうは言っても後々何日かして「あああこれやり忘れてたああぁぁ!!」とか言ってるかもしれませんけど! (とりあえず体力限界なので土下座しつつ横になりながら) -- 紅蓮 2011-10-29 (土) 00:19:58
      • RPでの台詞じゃないですがホント思い残す事無いんですよね、シスターとか関連は因縁付けしてませんし
        まあそういうこともあるない。あればまた相談しましょう、今はおやすみなさい…
        -- 2011-10-29 (土) 00:22:24

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

告知 Edit

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • 200年度 告知掲示板
    • 進行イベント 告知
      • ● 仕様変更のお知らせ ●
        探索系施設を利用される場合、事前に予約を行ってください
        予約時間の応じて運営側が待機いたします
      •  
      • ● 3rd.Chapter 猶予期間 ●
        10/17~10/21
        3rd.Chapterだけ予定を変更しまして、帰還後より決戦期間へと入ります
      •  
      • ● 3rd.Chapter 決戦期間 ●
        10/21~10/22(10/23)
        3rd.Chapterだけ予定を変更しまして、帰還後より決戦期間へと入ります
      •  
      • ● Last.Chapter 序幕 ●
        10/23 21:00~(予定)
        迷宮の内部と集会場にて同時イベントが行われます
        迷宮内は勝ち残った4組、集会場には脱落したマスターの方々にお集まりいただきます
      •  
      • 運営かわったり仕様かわったりしてますのでここにもかきます -- 運営代行 2011-10-25 (火) 20:27:27
      • 決勝組の扱いについて
        現在決戦イベント中です。合同での話し合いにはこちらをご利用くださいませ -- 運営代行 2011-11-08 (火) 22:47:05
      • 敗退組の扱いについて
        敗退組の皆さんにはシスター率いる複製軍団と聖杯簒奪を目論む教会と戦っていただきました。お疲れ様でした!
        塔は爆破されていますが別時間軸扱いでサーヴァント復活イベントをしていただいても構いません。
        エネミーの複製サーヴァントについて
        出して欲しくない人たちもいるので運営側では出しません。参加者が各々で処理してください。自分の複製のRPなんだから自分でやろうね!!!
        サーヴァントの復活について
        各ペア自由でいいです。相方と相談しつつ復活したい方は復活してください
        無論復活せずに消えてもOK。ラストイベント期間中だけ復活でもOK。ペアで相談の上ご自由にどうぞ
        復活の理由ですが、聖杯の力でどうこうとかまで指定しないので、理由は各々が勝手につけてください。黒歴史大好きなこやすならいくらでもできるだろ!!
        聖杯終わった後の扱いもそれぞれ自由にしてください、原作も終わってから次の戦争開催までずっと生き残ってる図太い金ピカとかいますし
        GMのイベントと時間あわねぇよ死ね
        うるせぇ一人遊びしろ、もしくは他のペアとイベントしろ
        再世の塔を利用する際に
        GM欲しい場合はまず相談室へどうぞ。イベントをしたい当日に言っていただいても構いませんが、予定がわかっている場合は事前にご連絡いただけると嬉しいです。
        サーヴァント復活等のイベントを自分達で進めたい場合は、どの階層も好きな時間に好きなように使っていただいて構いません。
        ※塔の中の場所はいくらでも増やせますので場所が足りない場合は遠慮なく言って下さい。 -- 運営代行 2011-11-08 (火) 22:47:05
      • 最終決戦の時間軸について
        今回、最も多くの参加者の頭を悩ませている問題です。
        これには現運営陣も、同じ思いを抱いております。
        曖昧なままに進行して頂くのが此方の理想ではありますが
        それでは皆様に多大な負担を強いることになるでしょう。
        故に、一定の指針として塔が立ち、宣戦布告から数日後という舞台背景を提示させて頂きます。
        また、前運営である企画者から200年12月終了までという話が
        以前のイベントで発表されました。
        我々はこの二つを照らし合わせた上で、進行、運営させて頂きます。
        勿論、物語の締めを、我々は強要は致しません。
        今回の発表については、以上とさせて頂きます。
        質問等御座いましたら、相談室までお問い合わせください。 -- 運営代行2 2011-10-27 (木) 22:14:30
お名前:

Last-modified: 2011-10-16 Sun 23:32:05 JST (4572d)