退却する。

qst084920.jpg

四那津(しなづ)の古城には夜毎鬼火が灯り、屍鬼が徘徊し
二千年を生きる君主が今も住むという
民は眠らぬ城を怖れ、いつしかこう呼んだ。不死女城(しなずめのしろ)と

お名前:
  • 穏の里、滅の里、それぞれに調査の指示が下されてた。此度は両の里あい競わず調査に当たるようにと
    必要であれば里に属さぬ忍びも活用し、速やかに怪異の全てを詳らかにせよと
    -- 2014-02-27 (木) 04:22:39
    •   -- 2014-02-27 (木) 04:22:46
    •    -- 2014-02-27 (木) 04:22:57

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

+  
コメント収納

Last-modified: 2014-02-27 Thu 18:27:15 JST (2031d)