Windowsローカル環境でのpuikiwikiのインストールについて解説します。
mhtファイルを開くのが大変だったり、コメントログのまとめや自分だけの砂場として利用することを想定。 http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst083936.png

プログラムの入手 Edit

puikiwikiはサーバー上で動くプログラムですので、自分のPCで動かすにはサーバープログラムが必要です。
本格的なものを用意する必要はないので、最低限必要な物だけインストールしましょう。

PukiWiki.adv
http://pukiwiki.logue.be/FrontPage 配布元
PukiWiki Advance for Winginx 20130126
というリンクがサーバープログラムとpukiwikiの一括導入ファイルです

とりあえず自分で見るだけ、多少見た目が違ってもよい、という人は派生型pukiwikiのpukiwki.advをオススメしておきます。

MicroApache
http://custodesblog.wordpress.com/2013/03/25/microapache-2-0-64-with-php-5-2-17-for-windows/

MicroApacheはwebサーバープログラムです。
上記リンクからダウンロードしてください。現在配布先ではグーグルドキュメントを使っているので上部メニューのファイルからダウンロードを選択しましょう。
注意点としては、PHPという実行環境が無ければpukiwukiは動作しないので、それが同封されいるファイルが必要です。
リンク先はwith-php-5-2-17-for-windowsという同封されているもののリンクですので間違えることはないと思いますが念のため。

PHPのverについて Edit

新しけりゃいいってもんでなく5.3とかだとpukiwikiが未対応だったりします。
僕らがセックスセックス言っている間に世間は派生型へ以降してゆく感じなので特にメンテナンスされる気配はありません。あしからず。

PukiWiki Adv. for Winginxのインストールと実行 Edit

適当なフォルダに解凍して、winginx.exeを実行してください。
実行後はタスクトレイに収納されます。お家の形をしたアイコンをクリックしてスタートを選択してください。
http://localhost
もしくは
http://127.0.0.1/ を開いてwikiページが開いたらひとまずOKです。
PukiWiki Adv. for Winginxにはサーバープログラムとwikiプログラムがセットになっています。

MicroApacheインストール Edit

ダウンロードしたら適当なフォルダに解答して下さい。
できればC\直下の日本語を含まない場所が望ましいです。
ファイルが展開できたら、設定をするために confフォルダ内のhttpd.confをテキストエディタで開いて下さい。

# absolute minimum configuration for DokuWiki on a Stick
# change the Listen directive if you want to use a different port

Listen 8800
ServerName MicroApache
ServerRoot .
DocumentRoot ./www
ServerAdmin webmaster@nowhere.com
Win32DisableAcceptEx On

ServerName MicroApacheという部分がサイトのドメイン名です。
今回は自分のPCで見るためだけの目的なので

ServerName localhost

と書き換えましょう。

MicroApache実行 Edit

MicroApacheフォルダ内のgo.batファイルをクリックするとmapache.exeが実行されます。
http://localhost:8800

へアクセスしてください。
環境によっては、セキュリティソフトの警告が出るので動作の許可を与えて下さい。

上記URLにアクセスするとPHPの動作ステータスが表示されますので、それが見ることが出来れば正常にプログラムが動作していることがわかります。
プログラムと停止させるときはSTOP.batをクリックしてください。

pukiwikiのインストール Edit

公式からDLします。
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?cmd=read&page=PukiWiki%2FDownload%2F1.4.6
notarejiniのpukiwikiはver1.46だった気がしますので、リンクはそれに準じます。
自分で使う分には最新のものでもおそらく問題はありません。好きなものをつかってください。
文字コードに関してはEUC-JP版がnotarejiniと同じものです。(多分)

ファイルがダウンロードできたらMicroApacheのwwwフォルダで解凍しましょう。
index.phpの上書きについて聞かれたら元々の方は適当にバックアップしておいて下さい。

インストール後の設定 Edit

http://localhost:8800/index.php?FrontPage
が表示されたらインストールが正しくできています。

http://localhost:8800/index.php?InterWikiName

そのままだとコメントログのnotarejiniへのリンクが無効になるので上記ページの設定を変更します。

-[http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED/ 名簿/] euc

ページ内のpikiwiki辺りに上記の設定を加えて下さい。

ソースファイルの編集 Edit

ソースファイルのリンクは名前?と書かれているので テキストエディタで置換します。 名簿/ を 名簿/: に全て置換して下さい。
これでリンクが機能します。

プラグインについて Edit

notarejiniではデフォルトのプラグインの他にregion やpraedit、listbox3などを利用しています。
それらについては個別でインストールする必要があるので、pukiwiki公式よりDLしてください。
すでに配布が終了していた場合は、泣き寝入りです。
例えばlistbox3とかは配布先終了しているので欲しい人はアレしてください。

細かい設定について Edit

ぐぐりなさるのが一番早いとおもうのですが初期設定だとちょい重なので php.iniのメモリー割り当ては

memory_limit = 256M

ぐらいにしてもいいと思います。

動かね Edit

Skype終了させてみ?8800以外のポート、80を使っている場合Skypeと競合するのだ。
コイツはport:80と443をデフォルトで持っていくのでSkypeの接続設定を変えてやるといい。
ツール>接続>80と443ポートを使うのチェックを外す。

画面がおかしい Edit

index.phpを開くとエラー表示に関する設定ができます。画面に何も表示されないときは

//error_reporting(E_ALL); // Show all errors

をコメントアウトからだして

error_reporting(0); // Nothing

をコメントアウトします。 noticeが大量にでるときはその逆の処理です。
該当部分

// Error reporting
error_reporting(0); // Nothing
//error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED);
//error_reporting(E_COMPILE_ERROR|E_RECOVERABLE_ERROR|E_ERROR|E_CORE_ERROR);	// Show only errors 
//error_reporting(E_ALL); // Show all errors

メモ Edit

advについて
skin.jsでソーシャルボタンを表示している。不要な場合は別フォルダにでも入れる。
multilang.inc.php smb.inc.phpも不要。
spam.inc.phpもローカルならいらないね。
plusについて

https://github.com/miko2u/pukiwiki-plus-i18n

Last-modified: 2013-06-16 Sun 00:03:49 JST (2283d)