霧の国家「サンザレイス」 Edit

サンザレイス概要 Edit

正式国名:サンザレイス王国。建国は黄金歴終了後700年頃
北方諸国のひとつ。かつて酒場の街、冒険者の街と言われていた場所から北に約3000km程の場所に位置する
建国される以前は古龍の寝床や魔物の住処として人の踏み入らない未開の地だった
建国以後も容易に人が行き交う事の出来ない場所として戦争とは無縁の歴史を送っている
国土は狭く、また周囲の殆どを未開拓の森と山に囲まれたせいもあり
文化領土も人口も極めて少ない

Edit

種族
この国におけるもっとも特徴的な部分
人の往来はあるが他国との接触も少なく、森からの魔獣の被害も多い為。決して安全ではないこの地に住むのは
迫害者・流れ者・爪弾きにあったものなど、他国に居場所のない者が殆どである
そのため種族も多種多様で、人間でない者が総人口の8割以上を占めている
また、法律もそれに準拠したものであり、種族の違いによる迫害・差別は固く禁じられており
違反者に対する罰則も他の国家より苛烈なものになっている
寿命
前記の理由によりその寿命も様々だが
人間以外の種族は軒並み寿命が長いため年齢が100歳を越えるものも珍しくない
王に至っては建国以来から世代交代をしておらず。その年齢は1000歳を越えているとも言われている

国土 Edit

風土
古龍が長い間寝床にしていた為に土地の四大元素のバランスが崩れており
北に位置する国の中では比較的暖かく、過ごしやすい気候になっている
また、山岳部から冷やされた空気が霧を発生させ文化圏へ降りてくるため
霧が多く、この国の通称名ともなっている
文化圏
国土は約2000㎢
そのうち、人が住むために開拓された場所は四分の一ほどである
人口も少なく、約100万人に満たない程度しか住んでいない
山岳部
かつて古龍の寝床だった場所
切り立った場所が多く、古龍の影響で現在も殆ど生物が生息していない
未開の土地。国土のほとんどを占める
獣や魔獣。知能の低い魔物などの文化的な知性を持たない生き物がその住人であり、他のものを拒み続けている
他国からは立ち入ったら生きては戻れない場所と恐れられ
サンザレイスの文化圏はこの森に囲まれるように作られており
軍事的侵略を遠ざける一因となっている

産業 Edit

主産業は開拓、開墾の折に伐採された木々を他国に加工、輸出する林業
山岳部から出てくる少量だが質の高い鉱石類
木々の細工、鉱物、宝石類の加工に長けた種族も多く
同じ理由で各分野においてもそれに各技能が優秀な種族が先導を務めている為
国土の狭さと歴史の浅さに比べ各方面にそれなりの力を持つ

政治体制 Edit

専制国家
建国以来300年統治を続ける王の為、絶対王政とも揶揄される
内実は明らかではないが今現在でもその体制は変わらず
そのため内戦の類は起こっていない

治安 Edit

周囲を魔物が住む森に囲われている。そのため人為的な被害よりも此方の被害の方が多い
治安維持部隊の衛兵だけでは手が足りず、住民達が武器を取り魔物達と戦わなければならない
柄の悪い野党崩れのごろつきも、それを正す衛兵も迷惑顔の酒場の店主ですら
魔物が出た時だけは共に戦う変わった場所でもある

宗教 Edit

王が唯一神を嫌う為かこの国では唯一神の信仰の宗教はない
どちらかといえば無宗教に近いが、東の国の八百万の神のような、様々な物に神が宿るといった
日常生活を送る上で、必要な物に敬意を払うという行動は推奨されている

組織 Edit

サンザレイス国軍 Edit

建国後各国の流れ者から特に武芸に秀でた者を中心に取り立て作られた、他国に対する自衛と牽制のための軍隊
唯一の侵略口、空から襲撃に備え空挺騎士団が主力である
その他森林部、山岳部が多い立地上、軽装歩兵・騎兵が非常に多く
逆に動きが悪くなる重装歩兵、重装騎兵などは殆ど用いられない
海に隣接しないため海軍は無い
空挺騎士団『シリウス』
魔物の森に囲まれたサンザレイスの他国からの唯一の侵略口になりえる「空」を守る為に作られた騎士団
飛行能力を持つ種族や空飛ぶ魔獣を使役しそれに乗って戦う騎兵などで構成される
また、王が古竜を斃した際にその眷属である下級の竜達を従属させているので
一部の才能あるものはそれに騎乗している
軽装歩兵団『ミロク』
足場の悪い森と山に囲まれた場所の為、必然的に発達した
装備は刀剣、弓矢から携帯大砲までと幅広く様々である
街を襲ってくる魔獣や魔物との戦いが日常茶飯事であり
戦闘練度は非常に高い
特殊部隊『サーフ』
建国時からある最も古い集団
その任は生きている限り、または存在する限り、人に害をなす人外の者を
国の枠を越え秘密裏に抹消する為の部隊
その任務の為か一般市民には情報公開はされてはいないが
他国の重役にはその存在は知られており、自国の被害が大きくなる場合などは
サンザレイスに協力を要請する事も少なくない

その他補足 Edit

古竜 Edit

黄金歴以前から存在し続けていた強大なドラゴン
寝床となる山岳部の周囲、古竜の縄張りとなる範囲にはその被害を恐れ、永らく国が作られていなかった
後にこの地の王となる男に打ち斃されるが、その影響は死した後も強く
周囲の環境や、気候にすら影響を与えている
なおドラゴンの縄張りの範囲はそのままサンザレイスの国土になっている

Edit

建国以降生き続け、300年以上の統治を続ける建国の王。人あらざる者
王になる以前は冒険者として生きていたようで
様々な国から依頼を引き受け雇われ傭兵の真似事をして、国の情勢を変え
古竜をその身ひとつ剣ひとつで打ち斃し、そのまま王になるなど嘘のような逸話を数々残している
その逸話から「建王」ならぬ「剣王」などと呼ばれているが
基本的に民の前に姿を現さない為、国政も誰か他の者が執り行っているのではと囁かれている


Last-modified: 2016-05-04 Wed 19:09:26 JST (1560d)