* 世界観設定:第一幕 霊界編
* 当頁は国辱冥府に共通する、世界設定の頁になります。
* 中身のRPの際に整合性を整える為の物です。
* 当頁を発見したこやすは、見なかった事にすると幸福になれます。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png* 講師:スノゥ=ドロップ
* 雪の森の魔女。己の肉体を複製する事により生き続ける、永遠の魔術師。
* 目標は創造主の座。日夜、魔術、錬金術による創造を追求する。
* 引きこもり。まぬけ。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png* 生徒:ザキ=デッドクローカー

* 霊界生まれの半魔半精、まぬけ。

* 第一章:霊界、概要編
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 先生!先生!
 霊界は何の事を言うの?霊界は美味しいの?
 それとボクの紹介が酷いよー。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png ごきげんよう。今回、講義を行いますスノゥと申しますの。
 早速、根本的な問答をしますのね。
 霊界とは、霊的存在――肉体の無い、精神体の棲む世界の事ですの。
 悪魔、神、精霊、この様な存在の世界、これを霊界と言いますの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 今先生、ボクの紹介の件スルーしたよね…。
 んと、悪魔の棲む冥府に、天使の棲む天国。精霊の棲む精霊界とか、ヴァルハラとか…
 全部まとめた言い方が霊界なんだね。これは簡単、簡単。
 そんじゃ、その霊界は何処にあるの?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png 貴方の心の中に。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png …先生。
 今時そのネタは――
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png ネ、ネタと違いますのー!
 霊とは精神体。精神体は当然、精神の在るべき処に在りますの。それは心の中…
 人間達の精神の奥に存在する<普遍的無意識>とよばれる領域…
 其処に霊界は存在しますの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 本当に!?んじゃ天国も地獄も心の中に在るんだ…。
 宇宙を探しても、地面を掘りまくっても無いワケだよね。あははは…
 驚いたよ、天国と地獄が同じ場所に在るとは…ね…。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png 非物質世界が物質界に在るはずは無い…。
 霊的存在も、霊界も、人の心の中に生まれ、其処に在りますの。
 天国は人の心の高潔な区域に、地獄は罰と救いを求める病める区域に、と…
 それぞれに相応の場に位置しますの。
* 第二章:霊的存在、禁忌編
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 霊界の事はわかた。
 けどボク達、悪魔は勿論、神様も人間の心の中に生まれたの?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png 勿論、その通りですの
 最初に自然、運命等の人の力の及ばぬ事象への畏怖が有り
 人は其処に超常的な存在が在ると想像しましたの。
 災害を齎す存在、益を齎す存在…いろいろね。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 大昔の精霊信仰の発祥だね。ボクもその位は分かるよ。けど…
 それは妄想なんだよね…?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png 最初はね。けど、其れを疑う人間は居ないですの。
 唯の妄想を、凄まじい人数が信じましたの。
 自然に脅え、その恐怖より救われたい。救う者に縋りたい、その一心でね…
 それは<普遍的無意識>に概念として刻みこまれましたの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png <普遍的無意識>の奥に生まれた概念…。
 本来、其れは共通の幻想に過ぎませんの。けれど<信仰>がはじまりますの。
 <信仰>を捧げる、と言う言葉が在りますけれど…
 其れは、言葉の通り、自らの精神エネルギーを捧げる行為ですの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png 当時、人間のほとんど全員と言うに等しい数の信仰が捧げられましたの。
 途方も無い量の精神エネルギーを捧げられた救済者の概念は
 その結果、魂を、霊を、意思を得るに到り――
 人間が想像した通りの超越者…。<神>になりましたの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png (長い!長いよスノゥ先生!)
 悪魔も神も人間の精神エネルギーを糧に存在する者…それは分かるよ。
 悪魔が人間の魂を欲しがるのも、神が信仰を求めるのも、それが理由だよね。
 けど、そ、それじゃまるで人間が神様を創ったみたいじゃない…!?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png EXACTRY(その通りでございます)
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png ぐぐぐ、聖書をはじめ、どんな聖典、経典にもその事は記してないけど…
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png それは当然ですの。この真相は沢山の魔術師が長い長い年月を掛け
 霊界を探索し、霊的存在と交流した末に得た結論ですの。
 それに、創造主は人間の方だ、という知識が一般に拡まったら…
 どんな事態になるか…想像出来るでしょう?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png まず、神様の地位は墜ちまくりになるよね。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png はい。信仰=精神エネルギーの供給を失い、神霊は弱体。
 宗教は解体し、その教えを心の拠り処に生きる人々の心は…狂いますの。
 <普遍的無意識>に刻まれた共通項の破壊――
 其れは世界を一変する程の大恐慌を引き起こす事になりますの。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png はぅはぅはぅ…。それは流石にまずいよね…。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png ですのでこの知識は、ほぼ全部の宗教におけるタブー。
 上層部の中のごく一部の者のみが、密儀の形で識る事を許される禁忌中の禁忌。
 これにより人は神を創造主、高位の存在だと信じ続けるわけですの…。
 盲目的に、只管、信じる者のまま…。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png 言葉通りの信者だね。
 それに真実は知らずにいる方が良い事もまあ…有るよね。
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011587.png ま、宗教自体、辛い現実から目を逸らす目的のものですの。
 それはそうと、今回の講義はこれで終了としますの。
 霊的世界の根幹の設定は、ご理解頂けました?
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011588.png ましたのー。
 それじゃ、次回をお楽しみにねー!
 またね!

Last-modified: 2011-10-06 Thu 14:16:40 JST (3270d)