無限に広がる大宇宙の設定 Edit

伊坂両兵 Edit

典型的な日本人であり元大学生
現代日本(西暦2000年程度)の大学に通っていたが祖父の実家に帰省している最中
突如浮遊感に見舞われ気づいたらまったく別の世界の浮遊大陸で目が覚める
そこで眠る第二次世界大戦に存在した戦艦アイオワと似たような戦艦をみつけ艦長になる
艦長承認が終わり席に付くと閃光と共にワープ航法が始まり気が付けばこの世界に
三つ目の世界は冒険者が生きる世界だったのだ
誰の意思でここにいるのか、なぜこの戦艦の艦長に?
謎が残るままこの世界での「生きるための戦い」が始まった

人間性について Edit

典型的な日本人ということでひじょーに普通
個性的な冒険者達の仲ではかなりというかだいぶ浮いているかもしれない
冒険者の世界に来た当初はだいぶ挙動不審、大きすぎる責任や力から不安げな態度が目立っていた
特に秀でた才能はないが見たものを三次元的な捕らえ方と第二次世界大戦中に海軍に所属していた祖父の話が重要な役割を持つ
趣味が模型作りであったり写真を撮ることが関係しているのかもしれない
模型つくりや写真など内向的な趣味を持っていた

リコリス・ラジアータ Edit

赤い彼岸花の名を持つオートマトン、自動人形、アンドロイドともいう女性の人型ロボット
彼岸という言葉どおり確実に敵対目標を消滅させるために「ディ・リジェネレイト(再生を否定する)」というコードも与えられている
限りなく人に近い素体であるが外装に武装が施されている
容姿は身長170cm未満かその程度の女性型に長く深い赤の髪(放熱索)
基本外装はヘッドギア、両腕に装備されたオートマチックカノンギア
アイオワからダウンロード、提供される技術についてはこの世界での技術文明基準に合わせるために
通常要職でない限りクルーに至っては原始的に近い武器や使用可能情報しか与えられないが
艦長である人物を補佐、警護するためもあり艦長が対処困難な事態を解決する用件も解決しなければならないこともあって
艦長よりも高い技術使用権限を保持する。
光学兵器は標準搭載されている上に相転移技術や光粒子技術武装に応用されている
設定された性格データはいくつかあり例に挙げると「忠実」「誠実」等であるが今後交流において徐々に変っていくかもしれない

Q.ぶっちゃけた話どんぐらい強いの?
A.マスターチーフとかKOS-MOSとかぐらい

Q.必殺技は?
A.酒場でぞろ目が出たときに手に入れたクリムゾンスマッシュ

戦艦アイオワ Edit

三連装主砲が三基、連装副砲を20門搭載している全長超大型戦艦である
他にも対空砲、艦載機、魚雷爆雷ミサイル各種発射菅や武装を多く搭載しているが未だ多くの謎が残る
第61世紀世代89式4号艦、つまり完成した最後の万能戦闘航宙艦となった
尚、個人での運用が可能なようにメインシステムに直結されているいくつかのサブシステムAIが装備されており
各班を担っている多数の自動人形やシステムを指揮する班長として活動しているので
大筋の航路計画や戦闘については伊坂が取り決めそれ以外はサブシステムが補助していることになる
本来は外宇宙からの侵略生命体との戦争のために建造されたためにさまざまな兵器を搭載し 開発研究が内部で行えるようになっている。そのため整備施設がなくとも整備ができたり武装開発研究もすべて艦内部で行えるように設定された

外見 Edit

外見はまさしく第二次世界大戦中にアメリカ合衆国が建造したアイオワそのものに近い

兵装 Edit

艦歴
起工6040年6月27日改修黄金歴121年7月改修黄金歴126年
進宙6042年8月27日内容艦砲撃火力と艦載機強化内容艦全体の大幅強化
就役黄金歴115年10月
第一次性能諸元第二次性能諸元第三次性能諸元
排水量
全長270.43m350.87m570.43m
全幅32.97m45.89m68.97m
吃水
最大速
乗員
兵装50口径40.6cm砲9門50口径高圧縮タキオン波動砲9門
38口径12.7cm砲20門
巡航ミサイル32発
対艦ミサイル16発
空間跳躍ミサイル20発
ファランクス20mmCIWS4基複合式56口径40mmCIWS6基

各解説 Edit

内部案内(艦内設備) Edit

艦橋 Edit

工場 Edit

格納庫 Edit

貨物エリア Edit

本編 Edit

第一章『空賊』 Edit

冒険者の世界では今まさに空賊が黄金時代に入ろうとしていた
たまたま近くにあった浮遊大陸の連合で空の貿易商人を助けたことから空賊退治の目標ができる
空の海では見知らぬ幻生生物の宝庫であり不思議な世界を経験することになる
空の戦場では数多の技術を用いて作られた数多くの空賊の船と戦うことになる
浮遊大陸の集まりでは現代社会からきた両兵からみたらとてもファンタジックな世界の集まりだった
空の海に生息する青い海獣や植物が魅了してやまなかった。
空賊を半ば廃業に追い込み更正してもらったりしたとかなんとか

第二章『星を喰うモノ』 Edit

空賊との戦いの中で明らかになった航宙艦としての機能。この惑星がある太陽系を一目見ようと惑星から
飛び立ち漆黒の世界、宇宙へ飛び立つ戦艦アイオワと両兵
しかし外円部に出た時に目撃する
星に卵を産みつけ星を喰らい育ち生きる星を喰うモノ
宇宙怪獣の存在を
星の数ほど解釈があれど惑星はエネルギーの塊
それを糧に喰い滅ぼし続ける宇宙怪獣
巨大な惑星ほどもある宇宙怪獣たちとの戦いが熾烈を極める

第9惑星での殲滅戦により辛くもこの銀河における宇宙怪獣掃討の任務を果たす

第三章『育まれた災厄』 Edit

この惑星、はるか彼方の昔に宇宙怪獣のまだ生まれぬ新種の子が植えつけられた
本来の外種が滅びたことにより今目覚めの時を迎える
文化圏などの問題もあり惑星内で戦艦アイオワのオーバーテクノロジーを満足な力を使えないことに悩む両兵
しかしそこに新たな解釈のもと技術が生まれる
伝説を身に纏い人が生み出した超技術を心とする結晶
その名は召喚獣

人を食い人の形を得た怪物
人の文化を食い知識と形式を得た怪物
今、戦いはあらたな局面へと進化する!

召喚獣 Edit

多種の粒子にエレメントと波動エネルギーを組み合わせ相転移
物理結晶体へと昇華させた攻撃兵器
名前は仮決めみたいなものでふとしたときに変えているのだが振られたルビはかわらない
その組み合わせによってさまざまな結晶体に変化し多くの状況に対応する
尚、威力はまちまちではあるが攻撃力が高いものは宇宙怪獣を消滅させるのに十分な威力を持つ

  • ブレイズ・フェニキシアン(燃え盛る転生の炎)
    不死鳥の召喚獣。召喚された後相手を貫き(または相手の内部に空間干渉で進入し)
    内部から破壊、炎上させて消滅させる炎の召喚獣
    人類または大型の獣人まで体構造を復元させるナノマシン生成散布管理能力を持つ
    治癒魔法で促進不可能な領域でも支援が可能でありそのほかの治癒能力向上するシステムも持つ
  • ターレット・アレクサンドロス(撃ち貫く聖なる審判)
    双塔砲撃城の召喚獣。主に小型種を大多数引き連れたモンスターに対して使用
    光、または正(聖)のベクトルへのエネルギーを持つため不可解な現象を持つモンスターにも有効
    両肩に装備されたアハトアハトを上回る大口径カノン砲による砲撃と各種背部、前面にある追尾光粒子弾を無数に発射する
  • ブレードエッジ・リヴァイアス(切り裂き貫く大いなる海衝)
    一角剣槍竜の召喚獣。水のエレメントと直線運動エネルギーが組み合わさり発生
    いわゆる超質量と速度のウォーターカッター。両断できないものはない
  • アーカナイト・ディアボロス(摂理を支配する闇よりの使者)
    翼を持つ悪魔の召喚獣。重力エネルギーと空間座標技術により発生
    重力により相手を圧縮、広域で押しつぶすなど重力がある惑星内では無類の強さを持つ

Last-modified: 2009-05-07 Thu 21:51:58 JST (3914d)