&color(#a0522d){};
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst035231.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst065599.png
編集::曰くつきの教会 差分::曰くつきの教会
お名前:
  • (その後もロレナと魔術師は何度も何度もまぐわった)
    (体格の割に大きな乳房の先端と陰核には快楽を高める呪文が施されたピアスが開けられ、衣ズレでも達してしまう程度に改造されてしまった)
    (そして初日の子種はバッチリ受精し、小さな胎はすくすくと膨らんでいった……)

    んふ……♡ すっかり大きくなっちゃったねぇロレナちゃん♡
    (そして十ヶ月後。臨月の腹は円熟の極みに達し、臍が飛び出ている)
    (大きな乳房と相まって小さな身体に3つの球体がついたようなアンバランスさが逆に扇情的だった) -- 2012-08-21 (火) 00:39:48
    • …は…ふぁ…はいっ…(大きくなったと言われ…恥ずかしそうに…手で胸と体を隠そうとする)
      (シスター服の上からでもありありとわかる肥大化して90cmは超えたであろう胸と臨月で今にも産まれそうな腹)
      貴方がこんな風にしたんじゃないですか…(真っ赤な顔で…シスター服には母乳と愛液ですでにシミができ、体は否応無く反応してしまっている)
      -- 2012-08-21 (火) 00:49:58
      • 背は全然伸びないのにおっぱいとお腹ばーっかり大きくなっちゃって……私がやってなくてもいずれこうなってたかもねー、えっちな子♡
        それに、もうこんなに濡れちゃって……(両乳房、股間の三箇所に黒いシミが広がっているのを見て満足げに頷く)期待しちゃってるんだ?(と、徐ろに姿勢を低くして服の上から母乳を吸い上げる) -- 2012-08-21 (火) 00:55:27
      • …期待なんて…ひゃっ♡…くぅ…ぁぁあ…♡(胸に吸い付かれればシスター服に浮き出た乳輪とピアスのラインがわからなくなるほどびゅっと濃い母乳が溢れだして)
        だってこれは…貴方の魔法で…こんな風になっちゃ…たのだもの…私のせいじゃ…(身長は伸びてないのにと言われ反論しようとするが)
        ひゃっあぁぁっ!んっくぅっ♡(胸を軽く吸われただけで膝をガクガクっとさせながら達してしまっている)
        -- 2012-08-21 (火) 01:02:24
      • ん♡ん、んん……(まるで射精のように吹き出す母乳を飲めば、股座の男根が熱り立つ。紫の全身タイツがペニスの形を浮き彫りにしている。馬のような、巨大なペニス)
        ぷはっ、すっごい濃ゆい♡ こんなえっちな母乳飲んだの初めてだなあ、こりゃ赤ちゃんも淫乱に育ちそ……♡
        (言い訳には耳も貸さず、スカートの中に手を突っ込む)ん、言われた通り下着は穿いてないみたいだねー……とろっとろのおまんこが丸見え♡(四指を孔に突っ込むと、乱雑に膣を掻き混ぜる!) -- 2012-08-21 (火) 01:14:35
      • あ、赤ちゃんは普通に…!(言葉をきけば不安そうに見るが…この女魔術師がそんなことを受け入れるはずがないという諦めもあり)
        (次の言葉を紡ごうとした瞬間)あひぃいいぁぁあっ!!(指をつっこまれて膣穴をいじくりまわされただけで、もう理性が大きく削ぎ落とされ、頭の中は快感でいっぱいになりはじめる)&b;ふぁ…はいっ…♡言われた通り…履いてなくて…あっ…時々…まちなかでも…レイプされちゃった…りぃ…♡
        -- 2012-08-21 (火) 01:22:05
      • そんな勿体無いことするはず無いじゃん? 肉便器の子供はやっぱり肉便器なんだよ? そうだなあ、1歳の誕生日に子供孕ませてあげよっか♡(楽しげに、そう言ってのけた)
        (彼女のスイッチは知り尽くしていた。Gポイントを重点的に掻き乱してやれば……)あはっ♡いつものロレナちゃんになってきたね〜♡
        ふぅ〜ん、私以外のチンポハメられて無様にアヘ顔晒してたんだ? ……この畜生以下の便所女がっ!!(急に語気を荒くしたかと思えば、陰核に付いたピアスに指を通し、千切れんばかりに引っ張る!!) -- 2012-08-21 (火) 01:29:47
      • (魔術師のひどい言葉ももう殆ど聞こえてないのか、何度も潮を噴いてだらしないアヘ顔を晒しながら)
        はっはいっ♡…ロレナは…おまんこほじられたら…すぐにアヘっちゃう便器シスターですっ…♡(そういう風にいうように教えこまれ続けもうすんなりとそんな言葉が口からでるが)
        はひぃいいいぃいいいぃいいいいぃいいいぃぃぃいっ♡(クリピアスをちぎれんばかりに引っ張られれば母乳を吹き出しながら膝から崩れ落ち、ガクガクっと体を痙攣させて盛大にイってしまっている)
        -- 2012-08-21 (火) 01:42:56
      • 全く……なんかガバマンになるペースが早いなあと思ってたらそういうことだったのか。知らない男どもにガッツリ中出しされて悦んでたんだ?
        (膝立ちになって全身を震わせているロレナにゴミを見るような目線を向け)そんなこと一回も許してないのに、ほんっとエロガキだよね! 便所ですらない、ゴミ箱だよゴミ箱!!(瞬間股座のタイツをビリビリと破けば、怒張したペニスがビンッとロレナの鼻っ面に伸びる! 常人なら堪え切れない雄臭が鼻孔に直接通って)
        ほら、そんな価値無しのゴミ袋にもハめてやるから、必死に、無様に、惨めったらしくおねだりしてみろよ! -- 2012-08-21 (火) 01:52:27
      • えへ…あひ…いひっ…ぁぁあっ…♡(だらしなく舌をつきだしたまま失禁までして、尿が足元に水たまりを作り)
        がばがばぁ…じゃな…いぃっ♡したのぉ貴方じゃないですかぁ…はぁ…♡(勃起したペニスを目の前に押し付けられれば頬ずりをしながら嬉しそうに)
        ふぁい…(舌を這わせてながらも)便器穴以下のぅ…んぅはぁ凄い匂い…はぁちゅぷっ♡…ロレナのおまんこにぃ…♡
        この…腕より太い化物みたいな雄臭い…私を雌にしたおちんぽをぉ♡…いっぱいぶちこんで…ぇ…♡
        赤ちゃんがでやすいように…もっと…もぉっと…ガバガバにひてくりゃはぁい♡♡♡
        -- 2012-08-21 (火) 01:59:21
      • (こんな小さな子をゴミ箱扱いし、失禁させ、ペニスをしゃぶらせる。退廃の極みのような光景に背筋がゾクゾクッと震え、元より大きいペニスがグンッと反りを深くし、膨らませる)
        チッ! じゃあ今日はロレナがハメ死ぬぐらいハメてやるから、感謝するんだよ?(ぺっと唾液をその顔に吐き捨ててから、妊婦であるロレナを強引に押し倒す!)
        (魔法で強化した腕でスカートを引き裂き、膨らんだ腹を露出、股を大開きにさせる。まるで今から出産するような体型になって)
        お望みどおりガバガバにしてやるよ……オラァァァァッッッ!!!
        (咆哮と同時に、ぐずぐずに熟れたロリマンコに怪物級のペニスを一気にすべて突き刺す!! 赤子の座す子宮を一瞬で貫き、その壁を抉る!) -- 2012-08-21 (火) 02:10:19
      • (強引に押し倒され、服を破り捨てられ、生まれたままの姿に…巨大な乳首とクリトリスのピアスだけが怪しく光る)
        (大股開きで膣穴からは愛液が何度も吹き出しイキっぱなし状態で、自分で膣穴に指を4本ずついれて大きく開けて)
        がばがばぁにしてぇ♡(ろれつも回らない口で今や遅しとペニスを待ちわび)
        ぐひっ♡ぎひっぁっ♡(悲鳴にも近いようなだらしない声があがり、妊婦の腹が大きく揺れる)
        (根本までねじ込まれたペニスで子宮をつきあげられ、激しい衝撃と快感で頭がぶっとびそうに)
        -- 2012-08-21 (火) 02:34:59
      • ぅぁひっ♡(臨月の孕み腹は自重により圧迫感がすごく、肉厚で今までの膣とは比べ物にならないほど気持ちよかった。また、ペニスのすぐ横に赤子がいるという事実も興奮を加速させて)
        ほらほらぁっこれぐらいでヘバってたら幾つ身体があっても足りないよぉ?!(米噛みに青筋を浮かばせながら、膨らんだ腹を腰で殴る、殴る、殴る!!全く母胎を顧みない野獣のようなピストンが子宮を、赤子を何度も何度も突き上げた!)
        くぅぅっ流石にガキ入りの子宮はすごいっっ♡♡ロレナっ、もっとイけ! イき死ねぇっ!!!
        (ピストンに合わせて母乳を撒き散らす乳房のピアスに指をかけ、思いっきり引っ張り上げる!!) -- 2012-08-21 (火) 02:43:07
      • はぎっあがぁいひぃぃいっ♡♡♡(胎児ごと突き上げられる激しい動物のような交尾に、少女が出しているとは思えないくらい酷い喘ぎ声で)
        んぎぃぃいっいっぎぃああぁあっイひっイきゅぅぅううくくくうううっっ♡♡♡(足をジタバタと激しく痙攣するようにイキ狂いながら)
        はぐっはひっおほぉぉぉっ…いひっあっ…うまれ…うまれひゃっ(激しい突き上げの先端がそのまま子宮にまで入ってしまうと赤子にあたる)
        -- 2012-08-21 (火) 02:49:30
      • あははははっ!! なにその声! かわいいっっ♡♡(本能のままに声をひり上げているロレナの様子に高笑い。ピストンごとにぶるんぶるんと醜く揺れる腹も性欲を煽るに十分で)
        (何度も何度も子宮を抉っている内に、口がどんどん緩くなって)お、お? 生まれる、生まれちゃう? よーっし、それじゃ、ラストスパートと行きますかぁぁぁぁっっっ!!!
        (それまでも野獣のような腰の速さだったが、それよりももっと荒々しく腰を乱舞させる!! 見難く膨れた腹を鷲掴みにして、オナホールでペニスを扱くかのように内蔵を押し上げる!!)
        ロレナァッ、子宮に全部出すから零さず全部受け取れェェっっ!!!
        (最後にガツンッと腰を突き出し、そのまま大量に子種を吐き出す!! 赤子がいようとお構いなしに排出される精液は膨らんだ子宮を満たし、赤子を包んでいく)
        ぁはぁ……♡赤ちゃんの、ザーメン漬け……完成……♡(恍惚の表情で最後の一滴まで注ぎこむと、入れた時のように一気にペニスを抜き取る!) -- 2012-08-21 (火) 03:06:24
      • (赤子がいようと容赦のないピストンと、そのままの射精に眼球がぐりゅんっと白目を向いて)
        あがぁ…うまれ…たぁ………♡(ずりゅんっとペニスを引きぬかれた瞬間に赤子も一緒に出産される)
        …あっ…ぁ…あ…(そのまま失神するように、がくりっと動かなくなってしまった)
        -- 2012-08-21 (火) 03:12:32

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • (その後もロレナと魔術師は何度も何度もまぐわった)
    (体格の割に大きな乳房の先端と陰核には快楽を高める呪文が施されたピアスが開けられ、衣ズレでも達してしまう程度に改造されてしまった)
    (そして初日の子種はバッチリ受精し、小さな胎はすくすくと膨らんでいった……)

    んふ……♡ すっかり大きくなっちゃったねぇロレナちゃん♡
    (そして十ヶ月後。臨月の腹は円熟の極みに達し、臍が飛び出ている)
    (大きな乳房と相まって小さな身体に3つの球体がついたようなアンバランスさが逆に扇情的だった) -- 2012-08-21 (火) 00:39:48
    • …は…ふぁ…はいっ…(大きくなったと言われ…恥ずかしそうに…手で胸と体を隠そうとする)
      (シスター服の上からでもありありとわかる肥大化して90cmは超えたであろう胸と臨月で今にも産まれそうな腹)
      貴方がこんな風にしたんじゃないですか…(真っ赤な顔で…シスター服には母乳と愛液ですでにシミができ、体は否応無く反応してしまっている)
      -- 2012-08-21 (火) 00:49:58
      • 背は全然伸びないのにおっぱいとお腹ばーっかり大きくなっちゃって……私がやってなくてもいずれこうなってたかもねー、えっちな子♡
        それに、もうこんなに濡れちゃって……(両乳房、股間の三箇所に黒いシミが広がっているのを見て満足げに頷く)期待しちゃってるんだ?(と、徐ろに姿勢を低くして服の上から母乳を吸い上げる) -- 2012-08-21 (火) 00:55:27
      • …期待なんて…ひゃっ♡…くぅ…ぁぁあ…♡(胸に吸い付かれればシスター服に浮き出た乳輪とピアスのラインがわからなくなるほどびゅっと濃い母乳が溢れだして)
        だってこれは…貴方の魔法で…こんな風になっちゃ…たのだもの…私のせいじゃ…(身長は伸びてないのにと言われ反論しようとするが)
        ひゃっあぁぁっ!んっくぅっ♡(胸を軽く吸われただけで膝をガクガクっとさせながら達してしまっている)
        -- 2012-08-21 (火) 01:02:24
      • ん♡ん、んん……(まるで射精のように吹き出す母乳を飲めば、股座の男根が熱り立つ。紫の全身タイツがペニスの形を浮き彫りにしている。馬のような、巨大なペニス)
        ぷはっ、すっごい濃ゆい♡ こんなえっちな母乳飲んだの初めてだなあ、こりゃ赤ちゃんも淫乱に育ちそ……♡
        (言い訳には耳も貸さず、スカートの中に手を突っ込む)ん、言われた通り下着は穿いてないみたいだねー……とろっとろのおまんこが丸見え♡(四指を孔に突っ込むと、乱雑に膣を掻き混ぜる!) -- 2012-08-21 (火) 01:14:35
      • あ、赤ちゃんは普通に…!(言葉をきけば不安そうに見るが…この女魔術師がそんなことを受け入れるはずがないという諦めもあり)
        (次の言葉を紡ごうとした瞬間)あひぃいいぁぁあっ!!(指をつっこまれて膣穴をいじくりまわされただけで、もう理性が大きく削ぎ落とされ、頭の中は快感でいっぱいになりはじめる)&b;ふぁ…はいっ…♡言われた通り…履いてなくて…あっ…時々…まちなかでも…レイプされちゃった…りぃ…♡
        -- 2012-08-21 (火) 01:22:05
      • そんな勿体無いことするはず無いじゃん? 肉便器の子供はやっぱり肉便器なんだよ? そうだなあ、1歳の誕生日に子供孕ませてあげよっか♡(楽しげに、そう言ってのけた)
        (彼女のスイッチは知り尽くしていた。Gポイントを重点的に掻き乱してやれば……)あはっ♡いつものロレナちゃんになってきたね〜♡
        ふぅ〜ん、私以外のチンポハメられて無様にアヘ顔晒してたんだ? ……この畜生以下の便所女がっ!!(急に語気を荒くしたかと思えば、陰核に付いたピアスに指を通し、千切れんばかりに引っ張る!!) -- 2012-08-21 (火) 01:29:47
      • (魔術師のひどい言葉ももう殆ど聞こえてないのか、何度も潮を噴いてだらしないアヘ顔を晒しながら)
        はっはいっ♡…ロレナは…おまんこほじられたら…すぐにアヘっちゃう便器シスターですっ…♡(そういう風にいうように教えこまれ続けもうすんなりとそんな言葉が口からでるが)
        はひぃいいいぃいいいぃいいいいぃいいいぃぃぃいっ♡(クリピアスをちぎれんばかりに引っ張られれば母乳を吹き出しながら膝から崩れ落ち、ガクガクっと体を痙攣させて盛大にイってしまっている)
        -- 2012-08-21 (火) 01:42:56
      • 全く……なんかガバマンになるペースが早いなあと思ってたらそういうことだったのか。知らない男どもにガッツリ中出しされて悦んでたんだ?
        (膝立ちになって全身を震わせているロレナにゴミを見るような目線を向け)そんなこと一回も許してないのに、ほんっとエロガキだよね! 便所ですらない、ゴミ箱だよゴミ箱!!(瞬間股座のタイツをビリビリと破けば、怒張したペニスがビンッとロレナの鼻っ面に伸びる! 常人なら堪え切れない雄臭が鼻孔に直接通って)
        ほら、そんな価値無しのゴミ袋にもハめてやるから、必死に、無様に、惨めったらしくおねだりしてみろよ! -- 2012-08-21 (火) 01:52:27
      • えへ…あひ…いひっ…ぁぁあっ…♡(だらしなく舌をつきだしたまま失禁までして、尿が足元に水たまりを作り)
        がばがばぁ…じゃな…いぃっ♡したのぉ貴方じゃないですかぁ…はぁ…♡(勃起したペニスを目の前に押し付けられれば頬ずりをしながら嬉しそうに)
        ふぁい…(舌を這わせてながらも)便器穴以下のぅ…んぅはぁ凄い匂い…はぁちゅぷっ♡…ロレナのおまんこにぃ…♡
        この…腕より太い化物みたいな雄臭い…私を雌にしたおちんぽをぉ♡…いっぱいぶちこんで…ぇ…♡
        赤ちゃんがでやすいように…もっと…もぉっと…ガバガバにひてくりゃはぁい♡♡♡
        -- 2012-08-21 (火) 01:59:21
      • (こんな小さな子をゴミ箱扱いし、失禁させ、ペニスをしゃぶらせる。退廃の極みのような光景に背筋がゾクゾクッと震え、元より大きいペニスがグンッと反りを深くし、膨らませる)
        チッ! じゃあ今日はロレナがハメ死ぬぐらいハメてやるから、感謝するんだよ?(ぺっと唾液をその顔に吐き捨ててから、妊婦であるロレナを強引に押し倒す!)
        (魔法で強化した腕でスカートを引き裂き、膨らんだ腹を露出、股を大開きにさせる。まるで今から出産するような体型になって)
        お望みどおりガバガバにしてやるよ……オラァァァァッッッ!!!
        (咆哮と同時に、ぐずぐずに熟れたロリマンコに怪物級のペニスを一気にすべて突き刺す!! 赤子の座す子宮を一瞬で貫き、その壁を抉る!) -- 2012-08-21 (火) 02:10:19
      • (強引に押し倒され、服を破り捨てられ、生まれたままの姿に…巨大な乳首とクリトリスのピアスだけが怪しく光る)
        (大股開きで膣穴からは愛液が何度も吹き出しイキっぱなし状態で、自分で膣穴に指を4本ずついれて大きく開けて)
        がばがばぁにしてぇ♡(ろれつも回らない口で今や遅しとペニスを待ちわび)
        ぐひっ♡ぎひっぁっ♡(悲鳴にも近いようなだらしない声があがり、妊婦の腹が大きく揺れる)
        (根本までねじ込まれたペニスで子宮をつきあげられ、激しい衝撃と快感で頭がぶっとびそうに)
        -- 2012-08-21 (火) 02:34:59
      • ぅぁひっ♡(臨月の孕み腹は自重により圧迫感がすごく、肉厚で今までの膣とは比べ物にならないほど気持ちよかった。また、ペニスのすぐ横に赤子がいるという事実も興奮を加速させて)
        ほらほらぁっこれぐらいでヘバってたら幾つ身体があっても足りないよぉ?!(米噛みに青筋を浮かばせながら、膨らんだ腹を腰で殴る、殴る、殴る!!全く母胎を顧みない野獣のようなピストンが子宮を、赤子を何度も何度も突き上げた!)
        くぅぅっ流石にガキ入りの子宮はすごいっっ♡♡ロレナっ、もっとイけ! イき死ねぇっ!!!
        (ピストンに合わせて母乳を撒き散らす乳房のピアスに指をかけ、思いっきり引っ張り上げる!!) -- 2012-08-21 (火) 02:43:07
      • はぎっあがぁいひぃぃいっ♡♡♡(胎児ごと突き上げられる激しい動物のような交尾に、少女が出しているとは思えないくらい酷い喘ぎ声で)
        んぎぃぃいっいっぎぃああぁあっイひっイきゅぅぅううくくくうううっっ♡♡♡(足をジタバタと激しく痙攣するようにイキ狂いながら)
        はぐっはひっおほぉぉぉっ…いひっあっ…うまれ…うまれひゃっ(激しい突き上げの先端がそのまま子宮にまで入ってしまうと赤子にあたる)
        -- 2012-08-21 (火) 02:49:30
      • あははははっ!! なにその声! かわいいっっ♡♡(本能のままに声をひり上げているロレナの様子に高笑い。ピストンごとにぶるんぶるんと醜く揺れる腹も性欲を煽るに十分で)
        (何度も何度も子宮を抉っている内に、口がどんどん緩くなって)お、お? 生まれる、生まれちゃう? よーっし、それじゃ、ラストスパートと行きますかぁぁぁぁっっっ!!!
        (それまでも野獣のような腰の速さだったが、それよりももっと荒々しく腰を乱舞させる!! 見難く膨れた腹を鷲掴みにして、オナホールでペニスを扱くかのように内蔵を押し上げる!!)
        ロレナァッ、子宮に全部出すから零さず全部受け取れェェっっ!!!
        (最後にガツンッと腰を突き出し、そのまま大量に子種を吐き出す!! 赤子がいようとお構いなしに排出される精液は膨らんだ子宮を満たし、赤子を包んでいく)
        ぁはぁ……♡赤ちゃんの、ザーメン漬け……完成……♡(恍惚の表情で最後の一滴まで注ぎこむと、入れた時のように一気にペニスを抜き取る!) -- 2012-08-21 (火) 03:06:24
      • (赤子がいようと容赦のないピストンと、そのままの射精に眼球がぐりゅんっと白目を向いて)
        あがぁ…うまれ…たぁ………♡(ずりゅんっとペニスを引きぬかれた瞬間に赤子も一緒に出産される)
        …あっ…ぁ…あ…(そのまま失神するように、がくりっと動かなくなってしまった)
        -- 2012-08-21 (火) 03:12:32
  • (冒険者としては順調に借金の返済はすすむ…されど…)
    (ボロボロの教会の奥…ロレナが部屋として使う部屋からは小さな声が漏れ続ける)
    …ぁ…っくっ…はぁ…んんぅ…ぁっ…(あのあとも何度か医者に通い治療をして貰った)
    (ロレナは疑うことなく色々とされてしまい…)はぁ…指…ぁっ…ダメなのに…ひゃっんっ(スライムに犯されて以来すっかりと肛門での快感を覚えこんでしまう)
    (赤く熟れた穴は指をあっさりと飲み込んで、性器のように感じてしまい、弄り回すだけで何度もイってしまう)
    あっぁっイっ…いぃ…イっちゃ…あっあぁあぁぁぁっっ♡(ぴったりと閉じた性器から潮を噴きながらガクガクと腰を痙攣させて絶頂してしまう)
    -- 2012-05-23 (水) 12:19:58
    • …っぁ…はぁ…はぁ…♡…………また…やっちゃった…(絶頂の余韻に浸りながらお尻の穴から指を2本引きぬく)
      (ぬぼっと卑猥な音を立てて、指が抜けたあともものほしそうのヒクヒクと物足りなそうにヒクつく肛門がシスターとは思えぬ卑猥さを醸し出し)
      (いけないとはわかっていても…自慰をやめることはできないすっかり肛門自慰中毒になってしまい)
      -- 2012-05-23 (水) 12:22:27
      • (ベッドの上でくったりと体を伸ばす…連日のように自慰してしまうことへの嫌悪感や後悔などが終われば襲い来る)
        (ぼんやりした目で天井を見つめ)…私…どうしちゃったんだろう…(呟きながらゆっくりと考える)
        (原因はどう考えてもスライム…手を伸ばし少し大きくなった胸にも触れながら)
        (すると…少しだけ…嬉しい。小さかった胸が大きくなったのはやっぱり嬉しいが…)
        …だ、ダメダメ…何考えてるの…(一瞬また、スライムに襲われれば…胸が大きく…もっと気持ちよくなれるかなどと考えてしまい頭を左右に振り回す)
        -- 2012-05-23 (水) 12:29:50
      • (その時だった。ロレナの部屋の扉が急に開き、一人の女性が立っていた。身長は170を超えているだろう長身で、胸部には今のロレナよりも豊かな乳房が実っている。服装はまるでそれを強調しているかのような黒いエナメルのライダースーツで、てらてらと怪しい光沢を放っている)
        ふふふ……声、外まで漏れてたわよ? イケないんだぁ……こんなちっちゃい子が、あんな声上げちゃうなんて。
        (ツカツカと音を鳴らしながらロレナに近づき、無造作に汗ばんだ胸をまさぐった)ふふ、お胸だけは一人前なのね? 可愛いわ……今日は、アナタに決定かも♡ -- 2012-05-23 (水) 17:53:33
      • (頭を振って邪念を振り払い…まだ体のけだるさがとれずぼーっとしていればいきなり扉が開いて)
        えっ…!?(人も訪ねぬ教会…町外れにもあって…日頃から声を抑えることすら意識していなかった)
        (外までまる聞こえだと目の前の女性に言われれば真っ赤になる、しかしなぜ入ってきたのかまで理解できていなかったところを)
        (いきなり胸を揉まれて)ひっ!?な、何をするんですかっ!(困惑と同時に人に触れられるぞくっとした感覚に震える)
        -- 2012-05-23 (水) 18:01:37
      • あははっ、何するんですか、って……そりゃあなた、決まってるじゃない? あなたのだーい好きな事だよ♡(言いながら慣れた手つきで乳房を弄び、指先できゅっとその頂を摘み上げる)
        しっかしラッキーだなー私も。ムラムラしてきたから野外オナニーでもしようかと思ってたら、こーんな可愛い子拾えちゃうんだもん♡おまけにすっごいえっち……ふふ、普段の行いがいいからかなー?
        (笑いながらもう一方の手を濡れそぼった女性器に這わせる。女性の細身な指が未成熟な蕾の線をなぞり、水音を立てる) -- 2012-05-23 (水) 18:11:19
      • 私が好きなこ…ちが…そんな違いますっ!(必死で抵抗しようとするが…同性とはいえども大人と子供、それに体格差もかなりあり)
        (振り払うこともできず、されるがままで…そして性器に触れられば)ひゃっ…だ、だめそっちは…あぁっ…拾われてもな…です…ひ、ひとりでしてくださ…!
        私を巻き込まないでください…!あぁうっ…はぅ…(自慰で潮を吹いたあとですっかりほぐれきっている)
        -- 2012-05-23 (水) 18:18:38
      • ん〜? 違うって、何がかなー?(楽しげに表情を歪ませながら、ぐずぐずに解れた膣穴を浅く穿る。ねっとりと指に絡みついてきた愛液を一舐めすれば、いやらしい笑みを浮かべて)こーんなスケベな汁いっぱい出してるくせに、よく言うよ!
        だめだめっ、ここまでして引き下がれるわけないじゃない♡ 今日はもう、私の肉便器になってもらうんだから、覚悟してよねっ♡(そういって、陰核を思いっきり引っ張りあげる!)
        (股間を見れば、ライダースーツの下に何か大きな棒状のものが浮き出ているのがわかるだろう)そだ、お名前はなんて言うの? -- 2012-05-23 (水) 18:26:02
      • にくべ…えっ(想像すらしてなかった言葉にあっけに取られると同時に…何をしようとしているのか流石に察する)
        (女性に見えたが…股間のあれは…想像してたものだとすれば)い、嫌!わ、私はシスターですよそんな…!
        (名前を聞かれても抵抗するように語ろうとしない、自慰にはまっていたとしてもまだシスターとしての貞操観念などは強そうで)
        -- 2012-05-23 (水) 18:30:49
      • そんなの見ればわかるよ。でも、シスターって禁欲的だからすごいムラムラしやすいんだってねー。だから今みたいにオナってたんでしょ?
        そんな強情なアナタにー……心の扉を開かせるカギ、持ってるんだ♡(びしっ、と額に人差し指をあてがうと、短く何かを詠唱した)
        (それは、深層心理の欲望を引き釣り出す魔法。体中が疼きだし、止まらなくなる。空気が通うだけでもイッてしまいそうなほどに全てが敏感になって) -- 2012-05-23 (水) 18:45:37
      • 違います!ムラムラなんてし…(言葉の途中唐突に触れられた指先から頭の中に染みこんでくれば)
        はいっ♡…もう自慰がとまらなくて…スライムにお尻の穴ズボズボされちゃってから毎日お尻が疼いて疼いて…♡
        (理性は残っていて自分の口から出る言葉に口を閉ざしたいが…普段なら言わないような言葉が勝手にでてくる…そしてそれは実際に思っていることでもあるので余計に恥ずかしい)
        (違う、私こんなこといわない!…頭の中でそう叫んでも口はどんどんと思っていることを口にだす)
        今も実は凄いドキドキしてるんです…だってまたのそれ…おちんちんでしょ…?おねーさん…今も私に魔法かけたし…魔術師か何かかなぁって…
        私は自慰で大声だしてたから…それきいて…私を犯しにきたんだって思ったら…レイプされて処女失うのかって思うと…♡
        もうなんだかすっごい興奮しちゃって…セックスって気持ちいのかなってずっと興味あったんです♡
        -- 2012-05-23 (水) 18:53:01
      • あははっ、ほーらやっぱり! 私の見込んだ通り、すっごいド淫乱じゃないっ♡(次々と口から出てくる隠語にますます股間のモノがビキビキと肥大化する。それは成人男性のモノなどとうに凌駕していて)
        それにしてもスライムかー、成る程ねえ……と言うことはこのおっぱいもそれのせいかなー、変におっきいし?(魔術で敏感になった乳房を乱暴に揉みしだく。痛みすら快楽へと昇華している現在は絶頂すら誘い)
        ああ、わかっちゃった?えへへー……気持ちいいよ? よーしっ、じゃあ今日からあなたは私の肉便器だ! いっぱいずぽずぽして、赤ちゃんとかつくっちゃお♡♡(そして胸元のジッパーをゆっくりと下ろす。まず豊かな胸がまろびでて、その後に凶悪なペニスがビンッと飛び出る。赤黒い亀頭は今にも射精しそうなほどに尿道をひくつかせていて、漂う雄臭は嗅いだだけで妊娠してしまうほどだった)で、お名前はなんて言うんだっけ? -- 2012-05-23 (水) 19:05:33
      • ド淫乱なんて酷いですよー?シスターですから禁欲してるだけです…!…だけど…抑えれば抑えるほど…
        我慢すれば我慢するほど…オナニーが気持よくなっちゃって…(理性の箍を外されて普段の口下手さからは想像もつかないほど口が回る)
        そうなんですよ…スライムにお尻の穴も胸の中も弄られちゃって…♡でも胸小さかったから少し嬉しかったり…
        今度またスライムに犯されてみようかなって考えてた所におねーさんがきて…あっ私はロレナっていいます♡
        …わぁおねーさん胸もおっきくて…それに…おちんちんもおっきぃ…これで犯されて無理やりレイプされて、孕まされるですね?…少し怖いけど…ドキドキしちゃいます…
        -- 2012-05-23 (水) 19:13:03
      • いやいや、元々素養があったんだってーこれは絶対! すっごい饒舌になってるしねー、ふふふ。どう? 自分の中にある欲望を吐き出す気分は。最ッ高に気持ちいいでしょ? もっと良くしてあげるんだから!
        スライムなんかよりずっとずっと、ね♡ お便所シスターロレナちゃん♡
        とりあえずー、まずはしゃぶってもらおうかなー? いーっぱいよだれつけてねー?(と、鼻先に亀頭を押し付ける。濃厚な雄臭が直接鼻孔をレイプし、脳みそに刻み付ける) -- 2012-05-23 (水) 19:19:46
      • 素養だなんて…恥ずかしいです…体弄られたからですよー私エッチじゃないですもんっ♡(ぷくーっと頬ふくらませるさまは年頃の少女そのもので)
        でも…言うとすっごく気持ちいいですね。普段は私、口下手だし思ってること伝えるのヘタだから…こんなにスラスラ喋れるっていいですね♡
        でもお便所とかそういうの言われるのは恥ずかしいですよ…でも…気持よくはなりたいし…
        しゃぶる…?ですか?舐めればいいのかな…おちんちんを舐めるなんて…凄い…どんな味なんだろう(疼く体のまま、少し遠慮がちにキスするように)
        -- 2012-05-23 (水) 19:23:39
      • んふふ、じゃあそういうことにしてあげよう。今日の私は機嫌がいいからねー♡(幼い雰囲気を醸す仕草に背筋がゾクリと震えた。今からこんなあどけない少女を思いっきりレイプできるかと思うと、股座に生えた歪が滾るのだ)
        でしょ? 言いたいことを思いっきり言うってすごくいいことだよ。貯めこんでたら身体に毒ってね。だから今日はもう、言いたいこと気にせずどんどん言ってくれていいんだから。勿論、喘ぎ声もね♡
        大丈夫、その内自分がお便所になるために生まれてきたんだって分かるようになるよ♡ その前に、神様にはごめんなさいしとかなきゃねー?
        そそ、ん、あったかぁ……♡ そういえば、ロレナちゃんファーストキスとかまだ未経験じゃない?あはっ、それじゃー唇の初めてもチンポなんだ♡
        じゃあそのまま、舌を使って全体を舐めて?まだ頬張らなくていいから、思うように舐めてご覧? -- 2012-05-23 (水) 19:31:35
      • でも普段は自分じゃこんなふうには…魔法って凄いですね…ちょっと怖くもありますけど…(思ったことを素直にそのまま垂れ流しで)
        でもおねーさん悪い人ですね…私に魔法をかけて…セックスに興味あるからって…体をうずかせて…セックスに持ち込むなんて…本当酷いです
        私のファーストキスまで…おちんちんにさせるなんて(でもすごく嬉しそうにねっとりと舌をからめて)
        こんなのが初めてなんて…惨めで…悲惨で…絶対一生忘れられません…だから…なんだかすっごく興奮しちゃって…性器もお尻も疼いて…♡
        (根本から舐めてみたり…先端にキスしてみたり…たどたどしいながらも精一杯奉仕をしている)
        -- 2012-05-23 (水) 19:56:13
      • 私はこういう事するためだけに魔法を学んだからねー、女の子がひいひい言ってる姿が大好きなんだー♡ 大丈夫、怖いのは最初だけだよ
        んっ、くひ……♡お上手お上手……ふふ、いいじゃない。私だってその気がなさそうな子にはこんな事しないよ。私はロレナちゃんがしたいことをさせてあげてるだけなんだから。感謝して欲しいぐらいよ?(たどたどしい舌使いに声が勝手に漏れる。幼いシスターが舌をつきだして自らのペニスをしゃぶっている姿は背徳的で、異常なまでの興奮を促した。先端から先走りが絶えずあふれる)
        初めてとは思えないほど上手だねー、んふふ♡じゃあそろそろ頬張ってみよっかー、口の中にずぽずぽーって♡入れるだけ入れてみて? -- 2012-05-23 (水) 20:01:57
      • 変態なんですね…こんなことさせるためだけに習ったなんて…でもいい魔法ですね…とっても気持ちいいですし…
        (はぶ…ちゅぶっと言われた通り、大きく口をあけて喉奥まで一気に飲み込むと…流石にむせて涙目になって少し吐き出す)
        加減が…難しいです…(少し控えめに…喉に当たらない程度まで飲み込んで頭を上下してみる)
        -- 2012-05-23 (水) 20:44:10
      • ふふっ、ロレナちゃんに言われたくないなー……んー、まどろっこしいなあ。喉っていうのはねっ(がしっとロレナの頭を掴んで固定し)
        こう使うんだよっ♡♡(そのまま乱暴に腰を降り始める! ロレナのことなどお構いなしに喉奥に極太のペニスを突き刺して、何度も何度も食道を殴る!!)
        (しかし、その痛みや苦しみさえも先ほどの魔法で快楽に変換されていて……) -- 2012-05-24 (木) 23:58:07
      • ふぎっ…ぁっぐぉ…おほぉ…おぉっ♡(喉を無理やり犯される感覚、苦しいはずなのに…これも魔術のせいか)
        (苦しいのに気持ちいい…頭の中で理性的なロレナすらその快感にどんどん塗りつぶされて)
        ごほっあぐっはひっふごぉ…おぉおぉおぉおっ♡(白目向きかけながら根本まで極太のペニスが入り込んで、喉が異様なまでに膨らんだり縮んだりしている)
        -- 2012-05-26 (土) 22:43:59
      • (豚のようなくぐもった声を聞いて、ぺろりと舌舐めずり。均整の取れた顔立ちが無残にも歪んで自身のオナホールとしてしか機能してないと考えると、益々勢いづいて腰を降る!)
        はぁぁぁぁぁぁぁっっ♡ ロレナちゃんののどまんこさいっこぉ……♡ 一回このまま出すよ? 全部、飲んで……ねっっ♡♡
        (そう言って食道までペニスを埋めると、そのまま胃に向かってびゅるびゅると精液を排出する! 無遠慮に吐き出される粘っこい液体は喉に絡み付いて、呼吸を遮る)
        (だが、その苦しみすらも全て快楽に変換されて……)んっ、ふぅ……はぁぁぁぁ……っ♡(最後に腰をぶるるっと小刻みに震わせて、ずるりと肉棒を引き抜いた)ふふ、どう? 私のザーメンのお味は……? -- 2012-05-26 (土) 22:50:29
      • おご…ごぼっ…げほっ…ぁ…っ♡(喉奥に溢れた精液の匂いに体の芯から中まで犯されたような気分になって)
        (ずるりと音を立てて引きぬかれたペニス…喉に絡みつく精液がやっと胃に流れ込み…口の中…舌先に残ったドロッドロの精液が開きっぱなしの口の中に見える)
        …苦くて…しょっぱくて……すっごく…変な…味…♡(蕩けた顔でそのまま口を閉じて…ごくんっと喉を鳴らし)
        -- 2012-05-26 (土) 23:15:17
      • うっはぁ……すっごいエロい顔してる……♡(黄ばんだ精液が口の奥までみっちりと詰まっている様子に、ぞくぞくっと全身が震える。征服欲が脳髄に響き渡る)
        そんな変な味なのに、一滴も零さす飲んじゃうんだー……やっぱり、生まれついてのお便器、オナホールだねっ♡
        こっちの方はどうなってるかなー?(にやにやといやらしく口端を歪めたまま、膣穴に指を突っ込む) -- 2012-05-26 (土) 23:24:30
      • …んぐ…はぁ…はぁ…(発情しきった顔で肩で息をしながら)
        オナホールなんかじゃ…ありません…これは魔法のせいで…全部気持よくされて…飲み込むのまで気持ちよかったから仕方なくです…♡
        …そっちは…あっ…本当にレイプするんですね…私の処女を…そのおちんぽで…ブチブチって…(とろっとろにとろけて指は入れば入り口の襞がねっとりと絡み付いてくるほどキツクて熱い)
        -- ロレナ 2012-05-26 (土) 23:38:22
      • へぇ〜、でもこのおちんちん突っ込んでもそんな事言ってられるかな〜? チンポに負けて一生性奴隷誓っちゃうんじゃないのー?(くすくす楽しげに笑いながら、きつく絡み付いてくる膣を悪戯にかき回す)
        うん、当然じゃない♡ここまでやって……お互い止められるわけ無いでしょ?(言いながら指を引き抜いて……唾液と精液ですっかり濡れそぼったペニスの先端を膣穴に宛がう。一度出したにも関わらず、先程よりも大きくなっている風にすら見えるだろう)
        それじゃー、いくよー? 処女だったロレナちゃんにー……さよならっっ!!(そして、そのまま一気に腰を打ち付け、最奥を叩き上げる!!) -- 2012-05-26 (土) 23:45:55
      • …わかりません…だって経験したことないんだから…(素直な感想を述べながらも…あぁとうとうなんだ…っとドキドキが収まらず)
        (頭の中のロレナも諦めきったように…普通にしたら痛いっていうし…気持ちいいなら…いいかな…っともはや流され気味で)
        さっきより…大きくなってます…これが…私のおまんこに…(少し魔法がきれかけなのか普段に近いような口調になって)
        …入り口狭いのにこんな…大きいのが…あ…先端入って…いぁ…ぁっ…おぉ…ひぐぅっ♡'(ごちゅんっと激しい音と共に骨盤ごと押し広げられながら一気に巨根がねじ込まれる)
        (それだけで仰け反って痙攣しながら…純血の証である破瓜の鮮血とともに失禁した尿が溢れだして)
        -- 2012-05-26 (土) 23:51:44
      • っっっっっ〜♡♡♡(肉を潰し、骨を強引に広げた嫌な音、そして断末魔のような悲鳴が共鳴し、まず耳から女の脳を犯した)
        あはぁっ、処女ブチッって壊しちゃった壊しちゃったぁ♡ それも一瞬で! ゴミみたいな処女だったねぇ〜?ふふっ、おしっこまで垂らしちゃって、そんなに気持ちよかったァ?(笑いながら腰を引きぬく。高いカリが膣襞をガッチリとホールドして、肉を裏返していって……)
        ほらぁっ、これでも自分は肉便器、オナホじゃないって言う!?(と、破城槌の如く腰を強く打ち付ける!!腰で恥骨を割らん勢いのそれは、子宮口をぐにゃぁと押しつぶして、臓腑を押し上げる) -- 2012-05-27 (日) 00:01:49
      • (仰け反りながらも…ブチブチ…っと小さく処女膜が破れる音がロレナの頭の中にも響き渡った)
        …わ、私の処女が…ずっと守ってきたのが…変態魔術師に…魔法かけられて…全部気持よくされながら…オナホール扱いで…(小さな言葉でぶつぶつと呟きながら)
        …破られちゃったぁ…あはっ♡(キュンッキュンっとそれと同時に強くペニスを締め付けはじめて)
        …ち、ちがいます…私は…肉便器やオナホールじゃないです…私は…(ぐいっと自分で腰を押し付けていきなり降り始める)
        オナホールが…こうやって腰ふったりします…か?あはぁっ♡(壊れたよな笑みで快感を自分から貪るように)
        -- 2012-05-27 (日) 00:15:48
      • そうだよ〜? 恋人でもない会ったばかりの私に、十何年間か守ってきた処女膜……破り捨てられちゃったんだよ〜? すっごい惨めだね、あははっ!(その小さなつぶやきに重ねるように罵倒するかのように笑って)
        うぁぁ……、く、ひぃ……♡ロレナちゃんのおまんこ、すっごい締め付けぇ……♡(処女であったがゆえに。許容量を大きく超えるペニスに、万力のごとく絡み付いてくる淫肉がうねる。魔法のせいなのか、膣の動きもまるで熟練しているかのように、カリの裏をきゅぅとピンポイントで締め上げ、声を上げる)
        ……あはぁ♡そうだね、これはオナホなんかじゃない……ただのドスケベ変態シスターだ♡(貪欲に腰を振り自らペニスを求める姿に気を良くして、腕を背中に回して抱えるように。そしてそのまま、破壊的なピストン!!)
        ほらっほらぁっ!! どんどんロレナちゃんの孕み穴改造されてってるよぉ!? さっきまでキッツキツの処女穴だったのに、もうがっばがばの価値なし穴に生まれ変わってるよぉ!?(ずどんっずどんっと何度も何度も子宮を潰し、引きとめようとする膣肉などお構いなしに引き上げ、また撃ち抜く!幼くも女の獣欲に呑まれた腹はボコボコと醜く揺れ、その凄惨さを物語った) -- 2012-05-27 (日) 00:27:43
      • (ギチギチと締め付けながらもピストンされるたびにどんどんと拡張され、馴染んでいく)
        それじゃ…こんなおまんこにした責任とって…貴方が…私のセックス用の肉棒になってくれたら…肉便器になってあげても…いいですよっ♡
        (圧倒的な快感に、今日だけでなくこれからも味わいたいとばかりに…元々秘めていた淫猥なきもちがどんどんと強くなって)
        ロリマンシスター専用の肉棒になれるんですよっ♡(ごっちゅんごっちゅんっと激しく腰を上下させて精液を搾り取るように)
        変態フタナリ女魔術師にはお似合いじゃないですか…ドピュドピュして…私の事孕ませるんでしょ…いいですよ…♡孕ませても♡
        (首に手を回して、無理やり唇奪い、舌を絡めて求めるようにしながらアヘ顔晒しながら強がって)
        -- 2012-05-27 (日) 00:45:03
      • (貪るように穿っているうちに肉がふんわりと馴染んできて、逆にそれが気持ちいい。同時に、自分専用の孔に作り替えていく悦びが脊髄にビリビリと走った)
        あははっ、言うじゃない、ガキオナホの癖にっ!(白い尻肉を鷲掴みにし、持ち上げる。そのまま腰を腕を使って更に深いところまでずんずん突き上げる!! もはや子宮など形になっておらず、ただただ亀頭に被せてある薄い膜程度にしか働いていない)
        (まだ精液の味が残る口を乱暴に蹂躙しつつ、腰のスピードが最高潮に上がる!ずばんっずばんっと殺人的な音が寂れた教会に響き、外にまで漏れだして)
        そんなに孕みたいンならぁ、孕ませてあげるよっっ、孕めっ、私専用のオナホを孕めぇぇぇぇぇっっっ!!!
        (最後に臍の遙か上までペニスを突き上げて、ぎっちりと亀頭に密着した子宮の中で孕ませ汁を吐き出す!!)
        (びゅーびゅーと馬かオークのように大量に吐き出される子種は、子宮や卵管、卵巣を精液漬けにして、薄い腹を風船のようにふくらませながら確実に子を宿らせていく……)
        あ゙ーっ、あー……ふひっ、ロレナちゃん、今思いっきり孕んでるよー? 何処の誰かも知らない赤ちゃん、いっぱい孕んでる♡ もう後戻りできないね、あははっ!! -- 2012-05-27 (日) 00:56:53
      • …本当…酷い…処女奪って…♡…小さな体に容赦無く射精するなんて…本当…変態フタナリ女ですね…貴女♡
        (小さな腹が精液で膨らんで、もうイキっぱなしで何が何かわからない状態でも途切れ途切れに言葉を紡ぐ)
        これで本当に妊娠しちゃって…ボテ腹になっちゃって…そしたら…きっと…あぁ…ひっあぁっ♡(ぷしっぷしっとひときわ盛大に潮を噴いて)
        (想像しただけでまたイってしまい…その快感の波に頭がショートしたように…がくんっと体から力が抜ける)
        (女に支えられ、腹が膨れ…力が抜け失神している姿は…まさにオナホールそのものだった)
        -- 2012-05-27 (日) 01:09:37
      • ふふ、でもそれがいいんでしょー? ロレナちゃんこそ、変態ドM豚シスターじゃないっ♡ 神様もきっと、食い入るような目でロレナちゃんを見てるよー♡
        っと、あらら……気絶しちゃった。ま、いっか♡(そしてそのまま、女の欲望が全て満たされるまでロレナの幼い身体は慰み物となったのであった……)

        (ロレナが気がつくと、そこに女はおらず、辺りにあるのは途轍もない淫臭と、様々な体液で汚れた私室。魔法は既に解かれていて、ずきずきと全身が痛むだろう) -- 2012-05-27 (日) 01:15:54
  • (度重なる戦闘にスライムの陵辱、元々一般人に毛が生えた程度の体力を使い果たしたロレナは洞窟からの脱出もままならず、意識を奪われることになった)
    (そしてどれくらいの時間が経ったやら。ロレナが今度意識を取り戻したのは、清潔なシーツに包まれたベッドの上であった) -- 2012-04-27 (金) 22:07:09
    • …………(薄ぼんやりと目をあける…あれからなんとか洞窟を脱出しようと…だけど体力も使い果たし道半ばで)
      (記憶はそこで途切れ、今目をあければまた洞窟かと…しかし…天井は…どこか室内のものに見え…手を動かせば…衣擦れの音…)
      (そして視線をゆっくりと下ろす…自分が寝ているのは…ベッドの上…もしかしてあれはただの悪夢だったのだろうか…そんなことをぼんやり思う)
      -- ロレナ 2012-04-27 (金) 22:09:58
      • がちゃり
        (やけに大きなドアノブの音をさせて入ってくる細身の人影。白衣を着て、めがねをかけて、首からは聴診器。つやのある黒髪を伸ばして後ろでひとつに束ねているが、体格は男性のそれだ)
        ああ、気が付きましたか! よかった……(一見して医者にしか見えない風体。人のよさそうな表情をほころばせて、ベッドまで近づいてくる) -- 2012-04-27 (金) 22:23:08
      • ……(まだ覚醒しきっていない靄がかった意識を急に目覚めさせるようなドアの音に一瞬身を竦ませる)
        (が、響いた声は優しげな…医者に見えた)…あっ…はい…(気づきましたかの声に、咄嗟に反応する…ベッドの上、それに医者…ぼんやりとした頭でもわかる明確な状況)
        (誰かに助けられ、この病院へと運ばれた、または…この医者の人が偶然近くでも通りかかり助けてくれたのだろうか…記憶にはないが洞窟の外まででて、街道で倒れたりでもしたのだろうか…そんな疑問を頭に浮かべつつも)
        …あ、ありがとうございます…こ、ここは…病院でしょうか…
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 22:26:35
      • 病院、というほど大きくはありませんね。いいところ診療所、というところでしょうか(何しろ零細なもので、設備や土地をそろえるのもままならずに…と、苦笑してみせ)
        …申し遅れました。私はキュイ・レリエル。貧民街でしがない魔術医をしている傍ら、個人で小さな冒険者をしています
        ……あの洞窟に潜む魔物の討伐を依頼されたのですが、魔物は妙なスライムがいただけ……その代わり、倒れていたあなたを見つけたのでここまで急いで運んだのです -- 2012-04-27 (金) 22:37:42
      • …キュイ先生ですね…(名を聴き、そして冒険者をやっているという話を聞けば納得したように)
        …他の冒険者の方も雇われていたのですね…あの洞窟は…既に他の…私や既に帰った冒険者の方で魔物自体は討伐を終えていたのですが…
        洞窟の中におとしものをして…一人戻ったところを…まだ残っていたスライムに…
        キュイ先生は…大丈夫でしたでしょうか…私は襲われて…手も足もでなかったものですから…
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 22:43:28
      • なるほど。依頼の行き違いでしたか……しかし、そのおかげであなたという尊い生命を救うことができました。あのままあそこに取り残されたままではいずれあなたも……
        ああ、それはご心配には及びません。あの程度のスライムでしたらね(こう見えても場数は踏んでいるのです、と)
        それよりも、あなたのことが心配です。よろしければ……少々診察をさせていただけませんか?
        (キュイの語ることはほとんどすべてが大嘘である。医者は表向きの顔、裏の顔は肉奴隷の調教師。ロレナが襲われたスライムも彼の手によるものである。依頼ではなく、捕らえた獲物の確認のためにあの洞窟を訪れたのだ。被造物たるスライムが自分の主人に危害を加えるはずもない)
        (そして今、そうした黒いものを一切感じさせない表情を見せながら、スライムによる下ごしらえを確認しようというのだ) -- キュイ 2012-04-27 (金) 22:49:50
      • それは本当にありがとうございます…あのまま洞窟で倒れていたら…スライムもですが…野犬などに襲われていたかもしれませんし…
        …あっ…はい…診療していただけるなら…少し…(恥ずかしそうに顔が真っ赤になるが…魔術医のキュイならばと…疑うことをしらぬロレナは言葉をすっかり信じきっている)
        少し…いえ…かなり…気になることがあるので…先生なら…少しはわかるかもしれませんので…(ベッドから身をおこし)
        …(頭を下げて)よろしくおねがいします…えっと…(どうすればいいでしょうかと少し困ったような視線を向ける)
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 23:10:09
      • はい、ではそこのベッドに端座位……失礼、ベッドの端に腰掛けてください。服は脱がなくても結構ですよ。初対面の男性に見られるのはあまりよくないでしょう(無論これも、最初の譲歩によるロレナの警戒を解くための方策である。両手の親指人差し指中指を伸ばすと、左手はそのままロレナに掲げ、右手は親指を下唇につける)
        Lyn-yo-medica-Lyn-yo-hyps-Lyn-yo-scruta-Lyn-yo-elatio(歌か何かのようにメロディとリズムのある呪文詠唱。何かがロレナを通り抜けていく感覚。それに共鳴するように、胸の奥とアナルにあの快感が蘇り、押し留めようもなく火照っていく) -- キュイ 2012-04-27 (金) 23:24:11
      • はい…(キュイのいうように、裸を見られるのは流石に恥ずかしい…それどころか基本的に男性と会話するのすら)
        (ベッドを出て、端に座れば…少し俯きがちで)…………(黙って診察?なのか魔術に詳しくないロレナにはわからないが呪文のようなものを聞いた瞬間)
        (ぞくぞくっと快感が体に走る…胸と…肛門のほうでスライムが蠢くような…顔を真っ赤にしてそれに耐えるよう、体を震わせる)
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 23:30:01
      • これは……!(予想以上に浸透している。上玉だ。だがその本音は一切出てくることはなく)
        あのスライムの残滓だと…!? そうか、あれは何者かによる調整された…厄介な…(と、表に出てくるのは善良な医師が悩むような呟きばかり。無論これも演技である)
        ……シスター。残念ながら、あなたの身体は何かよくないものに侵食されてしまっているようです。これを身体から追い出すには……まず、どの範囲に、どの程度深くまで侵食しているのかを詳しく確かめねばなりません
        シスターからすればとても恥ずかしい思いを強要してしまうことになりますが……あなたの身体のためです。どうか耐え忍んでいただけませんか(真剣な瞳で、迫る) -- キュイ 2012-04-27 (金) 23:38:07
      • うぅ…あぅ…(医者の口から出た言葉は…自分でも想像していたが…予想通りの言葉であった)
        ………ぅ…ぁ…は、はい…(消え入りそうな声で頷く、恥ずかしさもあるが…これがそのままというのも15歳の修道女のロレナに耐えれるものでもない)
        …お、お願いします…治療を…(顔を真赤にしたまま俯きながら…まだ疼く体を必死で抑えこむように震えながら)
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 23:42:06
      • ありがとうございます。一緒に……あなたの身体に巣食う悪魔を退治していきましょう(と、別室に連れて行く。そこは白く清潔で、適温の地下室で。部屋の中央に魔法陣が描かれて、その中心にベッドが一台)
        あちらのカーテンの陰でこちらに着替えて、この薬を飲んだらベッドに寝てください。検査術式を行います
        (渡されたのは病院でよく見る白い薄手のかぶり式の上衣に赤い糸で魔術紋が縫いこんであるもの)
        (無論、その魔術紋も部屋の魔法陣も、さらには薬も、全てロレナに寄生したスライムの活性を高めるものである) -- キュイ 2012-04-27 (金) 23:44:31
      • …はい…(別室と言われて案内された地下室に少しだけ不安に思う…ただ地下というそれだけでの不安ではあるが)
        …えと…はい(言葉少ないシスターは、震える体を抑えるようにしながら、言われた通り着替える…シスター服を脱いで下着を外せば…己の胸が膨らんでいることに改めて現実を思い知らされ)
        …お薬…(疑う事無く薬を飲み干し、着替えも終えれば、ベッドに横たわる)…先生…よろしくおねがいします…
        (不安そうな表情と、横たわったことで怯えたような目がチラリと見え)
        -- ロレナ 2012-04-27 (金) 23:55:30
      • ……では、はじめます(ここまで騙されやすいのも純朴なシスター故だろうか。都合がいい、と内心ほくそえみながら先ほどの魔力照射のポーズを取る)
        Lyn-yo-medica-Lyn-yo-hyps-Lyn-yo-scruta-Lyn-yo-elatio-Lyn-yo-plent-Lyn-yo-plent-Lyn-yo-plent...
        (詠唱が始まってからまた徐々に疼いていき、すぐに先ほどの比ではない……どころか、洞窟ですらここまで激しい疼きに苛まれることはなかった、そんな感覚)
        (胸の奥が疼けば、揉みしだかずにはいられず、揉めば揉むほど砂漠で飲む水のようにその快感を欲してやまなくなる、中毒性のある快感)
        (アナルに残ったスライムも蠢き始め、依存性を高める媚薬を直腸を通じて盛んに吸収させ……のみならず、中で増殖しているような、異様な感覚) -- キュイ 2012-04-28 (土) 00:02:45
      • ……(さきほどと同じように魔術の詠唱が聞こえる…最初は不安そうに治療を受けているつもりであったが)
        ひゃうっ!?(思わず声が漏れる、呪文がはじまればすぐにまた体が疼く…胸は上衣の上からでもわかるほど乳首がたっており)
        (肛門のほうなどさらに酷い…スライムが増殖するような暴れるような…媚薬を塗りこまれながら快感だけが強くなる)
        (しかし治療だと思っているので、必死でこらえる、涙が少し浮かびながらも…診療台をギュっと強く握って、自制心を持って必死で堪える)
        -- ロレナ 2012-04-28 (土) 00:06:38
      • (部屋の効果なのか、魔法陣の効果なのか、医師が詠唱をやめても声はやまない。反射して、反響して、より大きな快感でもってシスターの胸と直腸を攻め立てる。そして当の医師本人は、静かにロレナに歩み寄っていた)
        シスター。これは検査です。ありのままを知ることが検査には絶対に必要です。分かりますね?
        我慢してはいけません。シスターの思うとおりに身体を動かしてください。これは検査、医療行為です。何も恥ずかしいことではありません(あまりにも大きな、医師の告げる医療行為という免罪符。強く握られたロレナの手を解きほぐし、それぞれ胸と、股間に宛がわせる) -- キュイ 2012-04-28 (土) 00:16:49
      • …ありのまま…ですか………はい…わかり…ま…した…(更に強くなる快感…今すぐにでも…)
        (そう思った瞬間…堰を切ったように手が胸へと伸び…そして控えめに自分から胸を揉むと)
        ふぁああっ…!(それだけで軽く達したしまったのか腰を軽くあげてガクガクと痙攣しながら、もうそこからは自分で乱暴に胸を揉んで、その快感に身を委ねる)
        (肛門のほうは蠢くスライムだけで存分に快感を与えられ、あとは自分で胸を揉みしだくだけで何度も何度も絶頂してしまう)
        -- ロレナ 2012-04-28 (土) 00:30:30
      • (そして揉まれる刺激を得ることで、胸のスライムも増殖を始める。人外の快楽と引き換えに、清純なシスターを人の道から外させていく)
        (依存性の高い快楽物質を胸の奥と直腸から血管にたっぷりと流し込み、血流に乗って快楽物質は脳へ。脳を)快楽物質で浸し、極度の幸福感でもって少しずつこれなしにはいられなくするのだ。最初の効力はごく弱く、しかし少しずつ確実に)
        シスター、気持ちいいですか?肛門も弄ってみましょうね(赤い魔術紋が鈍く輝く。寄生したスライムをも活性化させる魔術紋は、排泄器官ではなく快楽器官へと作り変えられた肛門をさらに敏感にしてしまう。薄い上衣は、手を入れる隙間はいくつもあるし、簡単にまくれあがってしまう) -- キュイ 2012-04-28 (土) 00:41:36
      • ……(それから暫くの間、目の前で男性が見ていることも忘れたかのような激しい胸や肛門での自慰が続き)
        (キュイの声も聞こえぬほど夢中で…そして絶頂のし過ぎで失神するかのように動かなくなる)
        (次に目が覚めたのは…また最初と同じベッドの上だったとか)…あ、先生…治療は…おわりましたか…?(曖昧な記憶…ただまだ体に残る熱と多幸感だけが先ほどの行為を現実たらしめている)
        -- 2012-04-28 (土) 00:47:28
      • はい、お疲れ様でしたシスター。検査の結果……どうやらあのスライムは宿主…つまりあなたが快感を得ることで一時的に分泌を活性化させる代わりにスライムそのものは活動が鈍くなるようです
        採取したサンプルから疼きを抑えられる薬も作っておきました。状況に応じて使ってください
        (ただし、一時的にスライムを抑えられても効果が切れるとその分後で疼きが倍にも3倍にもなりますし、依存性があるので前と同じ薬の量では利かなくなりますしこれなしでは生きていられなくなりますので、とはいわない。おくびにも出さず、薬の紙袋を手渡す)
        …その年で冒険者をやってらっしゃるんだからわけ有りなのでしょう。お題は、ひとまず次の機会で結構ですよ。 -- キュイ 2012-04-28 (土) 00:58:55
      • (先生の話を聞けば…まだ完全に治療はできていないことに少しだけ不安になるが)…は、はい…薬で………頑張ります…
        (そして代金の事も心配事項であったが)…ありがとうございます…後日…持ってきますので…薬と診察…また…よろしくおねがいします
        (疑う事を知らず、本当に感謝したように頭を下げると、薬を持ち…教会へと帰っていった)
        (しかしその夜も…疼きを抑えきれず…教会の夜に…押し殺した声が…響き渡ったとか)
        -- ロレナ 2012-04-28 (土) 01:15:32
  • (初夏のとある日、いつものように冒険を終える、あと2ヶ月もすれば冒険者となって1年は経とうという夕暮れの出来事である)
    (北西に少しいった場所にある洞窟の探検…戦闘の多さは今までの冒険で一番であったろうか実に11回の戦闘…生きているのが自分でも不思議なくらい…)
    (特に3度もでたオーカーゼリーには斧なども殆ど効かず…PTにいた魔術師の方がいなければ…)
    (洞窟の外で治療などを終え、他の人々とお疲れ様でしたと別れ、家路…町外れの古ぼけた教会への道を急ごうとしたときである)
    (…ふといつも身に着けているロザリオが首からかかっていないことに気づく)
    …ど、どこで落としたのでしょう…(肌身離さずつけたそれは…幼き頃より身につけたもの…今はなき育ての親のシスターから貰ったものである)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 20:13:06
    • (この洞窟にくる前には身に着けており…今はない…当たり前だが冒険中に落としたのは確実だろう)
      (しかし首から下げたものを落とすなどということは…洞窟の中での事を思い出していると一つのシーンが脳裏に思い出される)
      (オーカーゼリーに攻撃されたとき、頭から首まで大きく覆いかぶさられ、あわや窒息しそうであった、その時近くの方が魔法で焼き払ってなんとか脱出できた)
      (しかしオーカーゼリーは尚も暴れ続け、何度かの攻撃ののちに…沈黙した…もし首から外れたとしたらあの時であろう)
      -- ロレナ 2012-04-27 (金) 20:16:21
  • (既に魔物が討伐された洞窟…夕闇はせまり、太陽は地平の彼方へと沈んでいこうとしている)
    (しかしロザリオを無くしたまま帰ることも…もちろんできない…先程まで違う冒険者が使っており邪魔だと入り口に捨てられた松明を拾い…カバンから火打石取り出し明かりを灯す)
    (魔物はもういないはず…それに残っていたとしても今の自分なら一人でもどうにかなるだろう…そうして一人洞窟へと足を踏み入れる)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 20:22:19
  • (それから数刻後…洞窟の奥深く…そこから弱々しい声が響く)
    …やめ…くっぁ…(油断していたわけではない、オーカーゼリーの死体を見つけ…その中にロザリオが見え…警戒し、何度もつついたりして死体だと確認はした)
    (そしてロザリオを拾い上げて…安心しきり、警戒をといた瞬間だった…洞窟の真上から…オーカーゼリーとはまた違う色の粘体が降り注いできた)
    (…それはオーカーゼリーのさらに上位種。スライムである。ロレナの力ではどうあがいても抗えぬそれに捕まり…それから数刻…)
    (すっかりとぐったりし、抵抗も殆どなくなってきた頃…ふいにスライムの動きが変わる)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 20:29:35
  • (獲物の体力が尽きたのか、動かなくなったのを確認すると消化の為、ではなく別の目的を持ってロレナの衣服の下に体の一部を送り込み始める)
    (衣服の隙間から入り込むと全身を隈なく包み、まるで愛撫するかのように緩急のある刺激を与え始め、徐々にではあるが媚薬の成分も分泌し皮膚から浸透させていく) -- 2012-04-27 (金) 20:34:47
  • (手足を動かすこともままならない…泥の沼に首から下が沈んだような重さ…体力を奪いきたれたその時)
    えっ!やっ!?(衣服の上から締め付けるかのように身動き取れなくさせていたそれが今度は衣服の中に入り込んでくる、ぬるりとした感覚が手足の先、胸元に広がり)
    (その嫌悪感にあからさまに顔を顰める)やぁ…いや…やめて…おねがっ…(皮膚が熱い…締め付けるような動きに比べれば…どうということはないが…逆にそれが自分を消化するような咀嚼の動きに思え恐怖にみまわれている)
    ………(しかし暫くそれが続けども消化はされている様子はない…それどころか…徐々に熱いそれが…どこか心地よさすら覚えて全身が疼く)
    -- 2012-04-27 (金) 20:46:14
  • (スライムはロレナの様子にも反応せず、ずるずると音を立て体の表面を這い回り愛撫し続け、満遍なく媚薬を染み込ませる、下手をすれば軽度の中毒になりかねない程の量を塗りこみ)
    (準備が終わったとばかりに不意に3つの突起、乳首とクリトリスにブラシのような部位を発生させ磨くように擦り始める)
    (明らかに通常のスライムとは違う、それを目的とした捕獲と、調教用であることは間違いなかった) -- 2012-04-27 (金) 20:51:18
  • …っぁ…あっ…やぁ………(恐怖心と…今まで感じたことのないような体の熱さに、何が何やらわからなくなり…ぽろぽろと大粒の涙が両目から溢れたその瞬間であった)
    ひっぐっ!?…えっな、何を…ひゃっ!!(びくっびくっと2度大きく体を仰け反らせる)
    (その小さな胸の先端に走る感覚、下腹部から背筋にまで走る強烈な感覚に、体は勝手に反応し)
    なっそこ…やめ…ひゃっんくぅっんんぅうぅうっやぁ…やっ…あっ…(次第に悲鳴じみた声の合間に、時折色の混ざる可愛らしい声が混ざり始め)
    -- 2012-04-27 (金) 20:58:40
  • (反応し続けるロレナを弄ぶように執拗なまでに3箇所にブラシを掛けつづける、まるで肉を解す作業と言わんばかりに乳首全体を、クリトリスを磨き)
    (不意にブラシが止まり、媚薬の効果もあってか、徐々にロレナの乳腺が解れ、スライムの一部分がゆっくりと浸透し始める、まるでむず痒いような感覚が乳首から乳房全体に拡がっていく)
    (同時に、体が反応し始めた頃を見計らい、閉ざされた菊門にもゆっくり、細く伸ばしたスライムが逆流するように入り始め、内容物を分解していく) -- 2012-04-27 (金) 21:04:16
  • はっ…ぁ…くぅっ…(声を出すまいと歯を噛み締めて…手の中のロザリオを強く握り締める)
    (しかし執拗に自分でも触れたことがないその場所をブラシのようになった粘液で磨かれ続ければいやおなしに声が漏れ)
    (さらに…胸の先端からは何かじんわりと暖かな何かが……まさかとは思うが…頭に不穏な考えが浮かんだ瞬間それは実感へと変わる)
    えっ!?…そこはやめ…あぁ…あぁぁぁぁあっ!!(胸だけでなく肛門からもずるりと音を立てて入り込んでくるそれに、不安は確信へと変わる)
    (本で読んだことがある…スライム種は捕食以外にも…人に寄生したり…苗床とすることがあると…今自分がされているのがまさにそれだということに)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 21:14:48
  • (苗床の確保、確かにそれにも似た行為を続けるスライムだが、本来スライムは媚薬などは出さない、人為的な調整が無い限り)
    (ある程度乳首やアナルへの侵入を行うと、今度は内側から振動を始め、過敏になった神経を嬲るように快楽を無理矢理生み出させる)
    (それと同時に、ほんの少しずつ、スライムの組織がロレナの組織と結びつき、徐々にその体質や神経、肉体に変化を促し始める) -- 2012-04-27 (金) 21:19:16
  • ひゃうっ!?…ぁっくぁ…かふっ…あっあっ…あっ♡…!?(最後にでた自分のものとは思えない甘い声に、腕が動かせたならば口を塞ぎたいほど、顔を真赤にする)
    (体の中に入り込んだそれに…体だけでなく心まで作り変えられてしましいそうな恐怖感と…先程からどんどんと強くなっていく快感)
    (全身を愛撫するそれが肌から体の芯まで染み入るようなゾクゾクとした快感をあたえ…クリトリスを捻られ擦られるたびにチカチカとした火花のような快感が弾ける)
    (肛門から入り込んで中を満たされ…自分でもわかる、性器のほうも尿とは違う何かを感じ)
    (そして…胸のほうは…入り込んだスライムのせいか、痛いほどにツンっと上向きで、固くなっている)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 21:23:40
  • (スライムが入り込み、作り変えながら内側から快楽を生み出させる胸は本来のサイズより明らかに膨らみ、ロレナの手で揉めるほどになり)
    (内容物を消化吸収しては逆流と振動を続け、アナルをもう一つの性器に作り変えていく、鏡があれば普段とは違う、もの欲しそうに開く菊門が見れたかもしれない)
    (性器から溢れ始めた液体を啜り、陰唇を刺激するも、何故か処女を奪う気配はなく、延々とそこだけは緩い愛撫を続けている) -- 2012-04-27 (金) 21:30:15
  • …えっ…何…これ…(自分の胸、平べったくて…女らしさとは程遠いそれが…目の前でむくむくっと急激に大きくなった
    (信じられない光景に驚きを隠せず…少しだけうれしいとも思ったが、そんなことを思っていられる状況でもなく)
    …ぁっ…お尻の…中…(妙にお尻が熱い…そして蠢かれるのが気持ちよく…自分の体が変わっていくことを実感する…このまま…どうなるんだろうと…不安と…)
    (作り替えられるのは体だけでなく…もっと…気持よくなりたい…という熱を帯びた気持ちが少しずつ芽生えている事にロレナは気づいていない)
    -- 2012-04-27 (金) 21:42:11
  • (全身を刺激し、媚薬を塗りこみ、体さえ作り変え始めたスライムが不意に手を引くように、逆再生でも見ているかのように服の隙間から徐々に下がりロレナを開放する……ただし、胸の奥に少量と、アナルにそこそこの量を残して)
    (残ったスライムだった部分は不意に思い出したように刺激を生み出す器官へと肉体を作り変え、排泄物すらスライムの餌となり成長を促す事になるだろう) -- 2012-04-27 (金) 21:47:30
  • …えっ…あっ…(液体の中に漂うような浮遊感が消え、洞窟の床に落ちる…まだ全身は熱いが…それでもスライムから解放され)
    …あぅ…うぅ…(ポロポロと大粒の涙を流しその場にへたり込む…処女は幸い失わず済んだが…それでも辱められたこと)
    ……(自分の手で胸に触れる…あからさまに大きくなり…揉めば…柔らかい…ただその柔らかさが…自分の胸に寄生されていることを覚えが嫌悪感のほうが強く)
    …ど、どうしよう…と、とにかく…はやく洞窟を…でないと…(解放されたとはいえ…他の魔物に襲われないとも限らない)
    (しかし立ち上がろうとすると…足が震えて上手く立ち上がれないどころか…ぶちゅんっという音を立てて肛門の中でうごめく何かに気づく)
    …あっ…あぁ…やぁ…あっ…(急いで手を肛門へと触れさせると…ぞくぞくっとした快感と…肛門から腸の中までスライムがまだ残っている事に気づく)
    (ここで掻き出すことも考えたが…やはり留まるよりは教会に戻ってから…そう思いなんとか必死で立ち上がり、洞窟の壁に体を預ける)
    -- ロレナ 2012-04-27 (金) 21:57:40
  • 外とコメント向きが違ってる? -- 2012-04-20 (金) 04:41:32
    • いづれ…使い道が変わりますので逆にしています。 -- ロレナ 2012-04-21 (土) 23:42:48
  • 黄金暦215年 8月 はじめての冒険
    (初めての冒険を終えた私の手には報酬の金貨300枚、そして洞窟にあった財宝…公平に分配された1171)
    (見たこともない大金が手元に残っている…毎月金貨にして4枚ほどで生活している自分からは想像もつかない大金…)
    (吸血鬼狩りの技術をみにつける。さらに借金返済の上でもっともてっとり早いと…債権者の方と教会の連盟から勧められはじめた冒険者)
    (1ヶ月目だというのに…この金額…。もっとも簡単と言われた依頼…確かに大鼠が数匹、ゴブリンが数匹…苦労はしたが…怪我も特にはなかったよね…)
    (順調な冒険者であれば…金貨70万くらいは数年のうちに稼げるっていってたし…とりあえずは借金してお金を用意したことにより…教会の取り壊しはなんとかなりそう…) -- ロレナ 2012-04-18 (水) 11:27:05
    • …1000枚は…借金の返済にあてて…残りの金貨で…清掃業者の方に一度教会を綺麗にしてもらったり…安く治せるものは治して…
      …まだまだ先は長いけど…一歩前進できたかな…(日記を記しながら一人呟く) -- ロレナ 2012-04-18 (水) 11:28:46
  • 黄金暦215年 9月 人型の怪物討伐依頼
    (今回の金貨は2181枚…凄い…どんどん報酬が増えてる…冒険者って凄いんだ…)
    …それに…冒険先で人と会うから…少しだけ…人と話すのになれた気も…このあたりに住んでた人もいたし…
    もう少し…人の目をみてお話できるようなればいいんだけど…(やっぱり…まだ人の視線は怖い…なんだか自分を見て笑われるような気がして)
    …はぁ…教会も…私ももう少し立派になれば…笑われなくなるかなぁ…
    (ともかく…今月は2000枚を借金の返済にあてよう) -- 2012-04-19 (木) 12:21:46
    • …そういえば清掃の人…結構頑張ってくれたから…室内は幾分マシになったかな…蜘蛛の巣やかび臭さは…減ったかも…
      …礼拝にきてくれる人増えればいいけど…やっぱり私みたいな子供相手だと懺悔とかにくる人も居ないな…
      (はぁ…っとため息がつきない)…でもがんばろう…冒険者やってたら…教会もきっと綺麗に改築…できるはず…!(ぐっと拳を握って決意を新たにする) -- ロレナ 2012-04-19 (木) 12:23:24
  • 黄金暦215年 12月 人型の怪物討伐依頼
    (冒険者になってはや数ヶ月…ゴブリン退治にもなれてきたような気がします…借金も順調に返せており、金融の方も最近は前のように怒鳴らなくなりました)
    (ただ、怪物を討伐よりも護衛のほうが稼げるとのお話を教えていただき、来月からは護衛に回して貰えるよう方針変更届けを出しました)
    (魔物を退治することも大事ですが護衛として人を守るのもシスターとしては成すべきことだと思います)
    …吸血鬼退治の道具も…ある方から譲り受け…将来的には吸血鬼もしっかりと狩り報酬を…(連盟から吸血鬼に賞金がかけられており)
    それまで…もっと頑張らないと…もっと…強くなりませんと… -- 2012-04-21 (土) 23:41:19
  • 発情剤が振りまかれた! -- 2012-04-24 (火) 18:40:04
    • (冒険前にかぶって少し火照る体を抑えつつ頑張って冒険にいくロレナ) -- ロレナ 2012-04-27 (金) 19:25:36
  •  

Last-modified: 2012-08-21 Tue 03:12:32 JST (3444d)