名簿/311717

  • (メイドさんがうちにきてくれませんとティウに文句を言いに来るブラッチェリーさん)「やっぱり 洞窟じゃ 嫌なの かな」(どっちかっていうと相談だった) -- ブラッチェリー? 2010-03-27 (土) 22:06:03
    • 現に私の監督不届きってのもあるけれども
      時間を作るのが下手なのやら、ともかく3月中は相当動けないみたいね。忙しいって言い訳は好きじゃないから使いたくないけど
      お客さんにもブラッチェリーにも申し訳ないし、暫く店を閉めておこうかしら…?
      -- 2010-03-28 (日) 23:10:16
      • (色々な業種が忙しい時期…と気づく)「ううん なら いい 落ち着いたらで」
        (締めてるとそれはそれで寂しいなーっという表情でティウを見つめる) -- ブラッチェリー? 2010-03-29 (月) 20:58:02
  • あ、あれ……久しぶりに様子を見に来てみたら、テメンさん、帰ってきてないんでしょうか…? -- ニキ 2010-03-16 (火) 23:34:43
    • \ スッ / -- 2010-03-17 (水) 22:09:48
      • スポーティーな視線を感じる……あ、て、テメンさんご無事だったんですか!
        やられちゃったんですねテメンさんー、冒険者の方はお休みでお店に集中ですか? -- ニキ 2010-03-17 (水) 22:11:32
      • 出会いがしらにKUMAのワンパンチ食らってびしゃーんなんて死んでも死に切れませんよ!というかニキさんもなかなか苦労されているようで・・・ウウッ!
        それと現在メイドの修行中でございます故(はたきをパタパタしながら)
        -- 2010-03-20 (土) 22:29:41
  • (気づけばテメンが凄く強くなってるということに気づく)「ティーウ テメーン」(遊びに来た) -- ブラッチェリー? 2010-02-24 (水) 21:25:12
    • はいただいま。いらっしゃいませブラッチェリーさん(呼ばれて出迎えたのは従者の方だった)
      ティウ様は今すぐそこで読本中ですよー
      -- 2010-02-24 (水) 22:46:40
      • 「テメン こんばんわ ティウそこ?」(扉から覗いて、読書してるティウにも手を振る)
        「ティウー ティウー ねー ねー」(駆け寄る、何読んでるの?と後ろから覗き込んで) -- ブラッチェリー? 2010-02-24 (水) 22:50:32
      • …ん。いらっしゃいブラッチェリー(店の奥の、いつもの特等席で以前と変わらず積み上げた本を読み耽っている。手にしているのは「太陽信仰の起源」と金字で書かれた、質素な本だ)
        ちょーっと小難しい、歴史ロマンよ。あんまり挿絵が無いからブラッチェリーからしたら見づらいかもね

        …そして私はいそいそと展示物のお手入れ中でございます(小言の多い主を前に実に肩身の狭い…といった具合だろう) -- 2010-02-24 (水) 23:07:09
      • 「そんなこと ないよ? ブラッチェリー 賢くなった し!」(本を後ろから覗いて、ふむふむーなど、なるほどなーとか相槌打ってるが理解はしてない)
        「そうだ ティウにね お願いある の」(ぺたぺた触りながら、この前テメンと話したことを話しはじめる)
        (要約するとこうだ、テメンってメイド服似合いそうだよね。)
        「という わけなの」(前はなした、テメンを雇いたいということを告げてみる) -- ブラッチェリー? 2010-02-26 (金) 00:53:16
      • (今度もうちょっと難しい本を与えて見ようか…と思いながら)
        (斯く斯く云々略)これを雇いたいだなんて、ブラッチェリーも変わり者ねぇ。
        よし、行ってきなさいテメン(主はあっさりゴーサインを出した)
        -- 2010-02-28 (日) 22:04:27
      • 「やった! テメン メイドさんだ ね! お給金 弾む よ?」(基本的にお金使わないので溜めっぱなし)
        (今、お給金どれくらい?とティウにきいてみたり、それよりは多く出す、約束したようなしてないようなと説明しつつ)
        「テメンもだけど ティウも メイドさん 似合いそうだ ね?」(実はメイドが好きかもしれないブラッチェリー) -- ブラッチェリー? 2010-02-28 (日) 23:13:45
      • ちょちょちょちょっとティウさまー!?(素っ頓狂な声を上げる従者)まだメイドの実務なんてやったこと無いですよォー!
        いいじゃない、実践訓練よ。せっかく知人が機会を許諾してくれているんだからまたとないチャンスと思いなさい(しれっ、と言い放つ主人)
        お給金なんてそんな、気を使わなくても良くってよ。ただ週末はお店に帰してね。色々仕込まないといけないから

        …似合うのかしら(腕組み)ブラッチェリー、実はメイド嗜好?まあとにかく、この子の事よろしく頼むわよ
        -- 2010-03-01 (月) 22:49:17
      • 「ありがと ティウ」(メイドさん、メイドさんと喜びながらテメンに服は用意しておくからねと伝える)
        「週末 わかった それ以外は ふふふ」(なんだかとても楽しそうで)
        「テメン 水分」(もう主人気分で命じてみたりもする)「ティウも いつか きて みよう!」
        (こんな感じがいいと、体の表面を変化させてフリフリのいっぱいついたゴシックなメイド服を見せてみる) -- ブラッチェリー? 2010-03-02 (火) 17:09:30
      • ご主人様、命令の意味が分かりません!(とりあえず水差しの水をだばあ)
        用意してくれるの?ウチにも給仕服ならあるけど…とりあえず両方持たせておきましょう
        一体何処で覚えたのかしら…なるほど、そういうのが好みなのね(やはりメイド好きに違いないかも、と思う主人であった)
        -- 2010-03-03 (水) 23:00:24
      • 「うむ 水分じゃ」(極楽極楽と水を飲むが・・・)「テメン 整理水分」(余計わからない命令をしながら)
        「両方ある なら 気分にあわせて テメンを 着せ替えメイドに できる ね」(流石はティウとうんうんっと頷き)
        「色々 本 読んだ から 賢く なったの です」(ジャンル問わず読むので変なことをいっぱい覚えたようだ) -- ブラッチェリー? 2010-03-04 (木) 21:51:24
      • そうか    わからん!(なんとなく生理食塩水を作って渡してみるみならいメイド)
        着せ替えなら私もやりたいわー(ニタニタしている)
        色々ってところがやや引っかかるけど…とりあえず、頑張ってるみたいね。良い事よ(うなづきながら頭を撫でる)
        -- 2010-03-07 (日) 22:26:09
      • (違う、これじゃない!といった様子でテメンに不服そうな顔を向けつつ)「家きたら 教える」
        「それじゃ ティウ テメンも 冒険引退? して メイドさんなってくれ るらしいから しっかり 色々 教えておく ね」
        「それじゃ また くる」(そういって今度ティウもメイド服きてみてねといって帰るのであった) -- ブラッチェリー? 2010-03-08 (月) 16:21:52
      • (残念、と言わんばかりに頭に手を当てた)
        半ば不可抗力で引退かしらねぇ?
        はいいってらっしゃい。私のメイド服は期待しないほうがいいわよー(遊びに出すような気軽さ)
        -- 2010-03-08 (月) 22:47:21
  • (そろそろティウが目覚めるかもしれない!と予感して改めてやってくるブラッチェリー) -- ブラッチェリー? 2010-02-16 (火) 20:08:52
    • (もうちょっとかかるかもしれないというジェスチャーをする従者) -- 2010-02-17 (水) 23:03:25
      • (反復横跳びしながら待つブラッチェリーわくわく) -- ブラッチェリー? 2010-02-18 (木) 21:45:55
      • (なんか1日飛び飛びになってすみません!)
        (色々超たまってたので日曜日になりますと言うジェスチャー)
        -- 2010-02-19 (金) 22:39:33
      • (反復横跳びし続ける。気にしないで忙しいだろうし!と続けるブラッチェリー)
        (ちょっと楽しくなってきた) -- ブラッチェリー? 2010-02-20 (土) 18:11:59
      • (テンション上がってきたってやつか  と分身しているのを見ながら)
        (主人が起きたら御家に行くように言っておきますよー)
        -- 2010-02-21 (日) 20:53:12
      • (ティウがきてたので急いで家に帰るブラッチェリー) -- ブラッチェリー? 2010-02-21 (日) 21:20:33
  • (ぽってぽてとやってきてトントトーンっと扉を叩く)「テメンー遊びに きたー」(頭に籠乗せて) -- ブラッチェリー? 2010-02-11 (木) 20:13:47
    • ようこそいらっしゃいませーブラッチェリーさん!(カチャコン、と扉を開ける)
      まだまだ暖かくなりませんねぇ。はら?そのカゴは…?(器用に乗っかっているカゴを指差して)
      -- 2010-02-11 (木) 22:24:48
      • 「うん 林檎 もってきた の」(昔、ティウによくもってきてたからと)
        「テメンに あげる よ」(籠いっぱいの林檎の山を差し出して微笑みながら) -- ブラッチェリー? 2010-02-12 (金) 18:38:32
      • (いい顔するなあ…)ん、貰っちゃっていいのかな?(遠慮がちに一つりんごを取って、齧った)
        ティウ様もよく貰っていたのかぁ。ブラッチェリーさんもマメな子だねぇ(笑いながらちょん、とかおをつつく)
        -- 2010-02-12 (金) 22:15:48
      • (笑顔を突付かれるとプルンっと揺れて)「ティウは 凄い 喜んでくれ てた」
        (テメンも食べてくれてるのを見ると、美味しい?美味しい?っと聞いてるかのように目をじーっとみている) -- ブラッチェリー? 2010-02-12 (金) 22:44:55
      • ほー、ティウ様が喜んで…(なかなか想像できないものだったらしい)そういやまだ寒いからりんごもつんですねぇ
        そんな期待にあふれた視線にさらされたら食べざるを得ないじゃないですか!まあどの道頂きますけれどもね(きゅっきゅっと袖でりんごを拭いて遠慮なく齧った)
        (…ん、ボケてないかと思ったけど、けっこう行けるかも)ん、ブラッチェリーさんもお一つどうぞ!私は色々料理したり出来ないですからねぇー
        -- 2010-02-12 (金) 22:50:01
      • (テメンからリンゴを受け取ると、かじらずそのまま丸呑み、喉を通ってお腹の中をリンゴがぷかぷか)
        「甘くて 美味しい ね」(少しずつ粘体の中で溶けてるリンゴが良く見える…動物とかだったらグロい光景かもしれない)
        「いっぱい 食べて 元気だして ティウが 起きたら いっぱい 遊ぶ の」(ニコニコと毎日それが楽しみで仕方ないといった様子) -- ブラッチェリー? 2010-02-12 (金) 22:59:19
      • 面白いなぁ(溶け行くりんごを見ながら)消えたりんごは何処に行くのかな…
        そうそう、後ちょっとでお目覚めになられるでしょう(あと4ヶ月で丁度10年…。ちらりと壁掛けのカレンダーに目をやった)ティウ様のことがお好きなですねぇ、多分私より思い入れあるかも…(肩を竦めながらりんごの芯をつまみあげて)ご馳走様でしたっ!
        -- 2010-02-12 (金) 23:08:05
      • (ティウが目覚めるのを楽しみにぷるぷると揺れる)「テメン も 嬉しいで しょ?」(お母さん?が起きるんだよ?と)
        「ティウ 起きても テメンも いる よね?」(役目は終わりとどっかいったりしない?っと少しだけ心配なブラッチェリー) -- ブラッチェリー? 2010-02-13 (土) 16:18:22
      • (まあ「生みの親」には違いない)確かに嬉しいは嬉しいのですが
        何と言うか…すごい必要性を感じるんですよね。私も親離れが必要カモ
        んー…どっか別のところに飛ばされなければ私はここに居ると思いますよ!ただ店主業は自ずと終了ですから
        流石に執事にはなれないでしょうし、どうなるのかな…?メイドになったりして?どのみちお役ゴメンでお別れ!って事にはなりませんよ!心配御無用!
        -- 2010-02-13 (土) 22:38:35
      • (文通気味で申し訳ないと思いつつ…これもまた懐かしいと嬉しそうなブラッチェリー)
        「テメン メイド なる の?」(執事っぽい服をぺたぺた触りながら)
        「テメンが メイドさん なったら 雇う!」(なぜか凄い目をキラキラさせている) -- ブラッチェリー? 2010-02-14 (日) 17:51:34
      • (時間がギリギリなので文通はOKだけどなかなか挨拶に行けなくて申し訳ない従者)
        いや、あくまでも例えですよ例え!フットマンになるかもしれないしね!
        えっ!雇うの!?…いや確かに雇われても問題は無いッスけど、ブラッチェリーさんもしかして…お金持ち?
        -- 2010-02-14 (日) 22:26:28
      • 「冒険 結構長続きして たから お金 いっぱい ある よ?」(大富豪あたりまではいったらしい)
        「テメン 雇ったら   水分いっぱい 貰う?」(何か想像してるらしい…メイドさんの格好のテメンを想像して凄い楽しそうに左右に揺れる) -- ブラッチェリー? 2010-02-14 (日) 23:04:05
      • マジで!ブラッチェリーさん凄い!こう見えて大富豪生活とかしてたりー…うぇへへへ(こちらも何か良からぬ事を想像しているようだ)
        何、水ならいくらでもある!…なんか楽しげなのが気になるますが。あ、ブラッチェリーさんは執事服とメイド服、どちらが似合うとお思いですか?
        -- 2010-02-14 (日) 23:16:26
      • (相変わらず洞窟暮らし、お金使わないので全部溜まってる)
        「メイド かな」(きっと似合う、かなり似合う)
        「メイドさんは 旦那様の 命令に 絶対だ よ」(膝枕とかしてもらう!っと意気込むブラッチェリー…ティウに聞かれたら怒られそうな内容だ) -- ブラッチェリー? 2010-02-15 (月) 00:26:27
      • メイドですか(似合うかな?)
        なんかさらに妄想が深まってませんか!まあ膝枕で耳かきぐらいなら…あ、耳無いか
        私で何処までパトロンの要望に対応できるか分かりませんが…うん、まあなんとかなるよね!
        -- 2010-02-15 (月) 22:56:26
  • さて、久しぶりにここに来たが・・・さて、おるかのぅ?(煤けた扉を叩いてみる)
    しかし、何の店じゃったかな。ここは・・・ -- 神楽 2010-02-08 (月) 23:03:11
    • 骨董品店ですよ(にょい、と扉の脇の窓から顔を出す)いらっしゃいませ!
      いやぁ、早速お越しいただきまして有難うございます!(煤けた扉が開くと、何時ぞやのが頭を下げて招き入れる)
      -- 2010-02-08 (月) 23:10:21
      • 骨董品か・・・骨董品はなかなか目利きでないと、難しいものがあるからのぅ・・・
        うむ、久しぶりに見る顔じゃったし、店の中も興味があったからのぅ(招かれるまま入っていく)
        ふむ・・・確かに骨董らしきものばかりじゃな(店内を見渡している) -- 神楽 2010-02-08 (月) 23:16:48
      • まー集めたのは私じゃないんですけどね…まだまだひよっこですからわかんないことばっかですわ
        割と万屋的な側面もありますので、結構いろんな変なものがありますよ。ほら(ひょいと棚のツボを持ち上げると、地面に落とした!)

        ・・・落ちたツボは割れずにびみょーん、とはねた)
        -- 2010-02-08 (月) 23:20:11
      • むっ、お主ではない?ということは主人は別にいると言うことなのかのぅ?それとも引き継いだのじゃろうか?
        ふむ、古く価値のあるものだけではないと言うことか・・・むっ(落とす瞬間、一瞬焦りつつ見守る)
        ・・・ほぉ・・・面白いのぅ、ゴムで出来ておるのではなくてか? -- 神楽 2010-02-08 (月) 23:27:10
      • 当たりでございます〜。私は店長の代理を勤めているだけでして、本当の店主はいま療養中なんですよ
        その方がまた変わった物ばかりを収集なさるので、こう言うことになってるんですよねー(ひょい、とツボを拾い上げる)コレもそこまで詳しい事は分かりませんし
        …何か古物とか、いわくつきの物で興味とかありますか?

        //あまり時間粘れ無くて恐縮ですが、時刻が押しているので一先ず文通とさせていただきますー -- 2010-02-08 (月) 23:44:37
      • ふむ、やはりか・・・とはいえ、店を任されるんじゃ。大したものじゃと儂は思うぞ
        くふふ、何の用途があるか分からぬものを集める趣味と言うのも悪くないじゃろうて(楽しげに見て回る)
        むっ・・・いわくつき?・・・祓ってほしいとか、そういう意味ではなくてか?(一応巫女の姿をしているだけに聞いてみた//あ、気になさらなくていいですよー。文通了解です!) -- 神楽 2010-02-08 (月) 23:53:29
      • そ、そうでしょうか?流れで私に回ってきたようなものですけれども(ちょっと嬉しいのがくすぐったいのか、もじもじ)…ある意味凝り性なんでしょうね、際限なくこー言うの集めてますから
        まー…取り扱っている品の殆どがずばり、お払いが必要になりそうなものばかりではありますが(大量に札の張られた箱や封印の施された何かをカタログで見せながら)
        人によってはそれが欲しい!ってのもあるんですよ。魔人が振るった剣、血を吸う鞭、魂を封じ込める瓶…エトセトラエトセトラ。お払いお願いしてたらどれだけ掛かるか分かんないです
        …あ、勿論そんなまがまがしいマイナス効果のばかりでは無いのでご心配無く〜(顔に手を当てて苦笑した)

        //1日越しで恐縮です… -- 2010-02-10 (水) 22:17:29
      • 謙遜せずとも良いぞ?まぁ、経営が成り立っておるか次第でもあるのじゃがのぅ
        ふむ、それでこんな雑多な品揃えなのじゃな・・・ふむ、やはりか。見ただけでそこら中にある
        ・・・なるほど、そのような場合祓ってしまっては効力も切れるものじゃし。已む無しか・・・
        くふふ、儂ならば多少安く祓ってもよいがこれほどの量になると、何日かかるやらじゃ
        まぁ、そればかりでは経営も成り立たぬじゃろうしな・・・(迂闊に触らぬよう見て回る) -- 神楽 2010-02-10 (水) 23:21:56
      • おお…なんか凄い頼りになりそうな気がしてきた。こう…たまにあるんです、私のてにあまるのが!(身震い)
        ですので何かあったら神楽さんにお願いさせて貰いましょうそうしましょう!…勿論その…安く?(ちょっと念を押すような感じで)
        -- 2010-02-10 (水) 23:53:35
      • まぁしかし・・・儂は厳密には本職の巫女ではない故、保証も出来ぬがのぅ
        じゃから「お安く」でもよい・・・儂もいわくつきのって事になるのぅ?(楽しげに微笑んだ)
        しかし、その値段を気にする辺りは・・・やはり商売人じゃな -- 神楽 2010-02-11 (木) 00:01:15
      • えっ!そうなの!?(真に本職の巫女だと思い込んでいた従者)…なるほどなるほど、だからロープライスなのかぁ
        私の目ではとてもとても、いわく付きのお方には見えませんがー
        前の店主様は趣味でやってましたけど、私の場合は生活が…よよよ…
        -- 2010-02-11 (木) 00:33:21
      • まぁ、いわく付きと言うのは・・・保証なしと言う意味で、別に儂がいわくある訳ではないからのぅ
        ふむ、冒険をしていてもまだ足りぬと言うことか・・・ちなみに、月いくらほど売れておるんじゃ?
        (なんとなく繁盛してなさそうな雰囲気だったので、思わず聞いてみた) -- 神楽 2010-02-11 (木) 00:45:31
      • 言わせないでッ!…うん 真っ赤なんだ すまない(うつぶせ)
        冒険者として稼いだゴールドが殆どマジックのように消るんですよフフフフ…
        早く目を覚ましてティウ様…(やけ酒を始めそうな雰囲気に)
        -- 2010-02-11 (木) 00:55:31
      • ・・・やはりか・・・なんとなく、理由は儂にも想像つくのじゃがな
        まず第一に・・・紹介されるまで何かか分からぬのが駄目じゃ。もっと分かりやすい、入りやすい看板なり幟などを作るべきじゃ
        知らぬ店に客が来ようはずもないじゃろう・・・まずは周知から始めることじゃな?
        ほれ、男子たる者落ち込まずに自力で立て直そうとせずにどうする(発破をかけるように励ます) -- 神楽 2010-02-11 (木) 01:19:20
      • !言われてみればといいますか、なんで気づかなかったのでしょう!
        看板も情報量に乏しい物しか置いてませんでしたし…!
        (あ、なんか男として見られたの久しぶりかも…と思いつつ)…今の店主は私ですものね。頑張りますとも!
        …貴重なご意見、感謝致します(丁寧に会釈をした)
        -- 2010-02-11 (木) 01:45:45
      • あとは…ゲートを使ってのチラシ配りなどが効果的かも知れぬな、いずれにしてもお主の行動次第じゃ
        まぁ、儂は素人ゆえの浅知恵なのかも知れぬがのぅ(謙遜しながら微笑んだ)
        うむ、頑張るのじゃぞ・・・っと、今宵はもう遅い。祓う儀式はまた後日、それではまたの! -- 神楽 2010-02-11 (木) 01:50:01
  • テメンさーん!お店の様子を見に来ましたよテメンさーん! -- ニキ 2010-02-08 (月) 20:34:15
    • いらっしゃいませー!寒いとこ良くぞお越しくださいました(カラン、と音を立てて扉が開く)
      暖かい飲み物用意致しますので、さ、あがってあがって
      -- 2010-02-08 (月) 20:44:29
      • こーんばんはー、ではでは遠慮無く、やぁこの格好だと余計寒いですへっくし!(真冬でもヘソ出しな悪魔
        どうですかテメンさんー、商売は順調ですかー?繁盛してますか?(とてとてお店の中に入りながら -- ニキ 2010-02-08 (月) 20:48:05
      • HAHA、順調な訳無いじゃないですか(粗茶ですが、と言いながら湯飲みを差し出す。緑色なので東洋の茶だろうか)
        倒した敵が全員顧客に変身すればいいのに…おっと。そういえばニキさんは何か入用ですか?なんなりと
        -- 2010-02-08 (月) 20:58:22
      • 順調な訳無いんですか!あ、どもども(ふーふー、ずず…とお茶をすする悪魔)ふはぁ、たまには緑茶もいいですねぇ……(ほんわか
        そうそう、何か面白いものがあったら友達に買ってあげようかなーと思ってたんですよ
        例えばどういったものがあるんでしょうー?いわくつきーなものとかありますか! -- ニキ 2010-02-08 (月) 21:05:27
      • まー広報活動して無いから当然と言えば当然でもありますが。ワープゲート使用するべきかも知れません
        なんか面白いもの、イワクツキで!うーん、チャレンジャー!
        とはいっても「いわく」のレベルが割りとまちまちなんですよね、変な噂があるだけのレベルから振ったら終末が訪れるレベルまでバラつきあるんです(なにやらカタログのようなものを取り出すと、パラパラめくりだす)
        ん、悪魔さんのプレゼントならば、これなんかどうですか?(パチン、と指を鳴らすと白いシーツがぼふん、と落ちて来た)
        -- 2010-02-08 (月) 21:18:25
      • 終末が訪れるレベルのまで!?それはさすがに困りますねっていうかすごいもの扱ってますね!?
        あとあまりこう持った人が不幸になったりとかも困りますねー、悪魔のプレゼントと言っても嫌がらせの為じゃないので……(カタログを覗きこみながら
        ふむふむ……白いシーツ……これは一体どういういわくつきでしょうどういう代物でしょうー?(わくわく -- ニキ 2010-02-08 (月) 21:23:23
      • なるほどなるほど。あくまでも外道ではないって事ですね
        .掘璽弔鬚ぶってブツブツ言う
        ▲掘璽弔らはなれる
        Nイ譴燭△汎韻幻斥佞鬟屮張屮銚世
        い垢襪函帖米輿魁▲謄瓮鵑侶燭修辰りのシーツが立ち上がった!)
        ね、簡単でしょ?物真似士の怨念が篭っているとか何とか。でも物真似士には悪いけど一種のジョークグッズですね
        汎用性高いですよー(シーツテメンに叩かれながら)
        -- 2010-02-08 (月) 21:33:12
      • すげぇ!これはいいかもしれませんっていうかいけない私が欲しい!
        これ色々罠にも使えそうですむぐぐぐ……ま、まぁとりあえずプレゼント用にするかはこれから考えるとして
        このシーツ欲しいです買いますこれー!……でもお高いんでしょう?(財布の中身を気にしながら -- ニキ 2010-02-08 (月) 21:41:43
      • 残念ながら2枚無いんですよねー…今ならミシンも付けゴフゥ(また殴られる従者)ごめんジョークって言ったのは謝るから許して許して
        とりあえず、初めてお越しになったのと同行者のよしみでお安くしておきます。んーと(サラサラとペンを走らせ、300Gの数字が現れる)こんなもんでどうでしょう?
        -- 2010-02-08 (月) 21:50:50
      • やぁお上手お上手ですよーシーツさん!(ぱちぱち)あ、ちなみにさっきシーツの中でぶつぶつ呟いてた言葉ってなんでもいいんですか?
        おぉ、それくらいなら全然……でもさらに安さを求めてしまうのが悪魔の恐ろしい所ですふっふっふ…
        ……テメンさん、あともうちょっと安くなりませんか…?150G、とか……?(テメンの腕を取って腕で絡め、密着して胸を押し当てながら、ぽそ…っと吐息混じりで耳元に囁く悪魔 -- ニキ 2010-02-08 (月) 21:57:12
      • 起動用のパスワードみたいなものなので何でもOKですよ(カラフルな紙箱に手早くシーツを押し込んだ)
        えー、これ以上値切りは…っ〜!?(ぞぞっ、とした何かを感じ取って跳ね上がる)ひゃ…まけても250ッ!(商人の意地発動)
        -- 2010-02-08 (月) 22:07:44
      • あーい、りょーかいです、ふむ……ならそれで!やったーカッコいいー!(ひょいっと体を離し
        ふっふっふ、さすがにテメンさんも商売人ですね、そう簡単に半額には出来ませんかぁ(くすくすと笑いながら、金貨を払う悪魔 -- ニキ 2010-02-08 (月) 22:10:35
      • はじめから値切りを想定するのが商売人って言うじゃない?(それでもやや不満げではある。もうちょっと減額してたかもしれない)
        何はともあれ、お買い上げ有難うございます!洗えば綺麗になるとは言え、大切に使ってくださいね?いわくつき ですから
        -- 2010-02-08 (月) 22:15:05
      • あっはは、テメンさんは中性的なのでイチかバチかだったんですけど少しは効果があるみたいですねー色仕掛け!
        はーい、洗ってもおっけーなんですね、了解です、それでは今日はそろそろお暇しますー、それではまたー!(よいしょっと紙袋を持って帰っていく悪魔 -- ニキ 2010-02-08 (月) 22:18:43
      • こんにゃろー!(ポーン)狙ってやったデスね!
        また何か入用でしたらなんなりと!有難うございましたー!(扉の前で悪魔の後姿を見送った)
        -- 2010-02-08 (月) 22:26:11
  • (夜鷹亭を訪れるのが一人、こんこんと戸を叩く) -- セリ 2010-02-07 (日) 22:59:27
    • おー、今日は来客が多いねぇ。ハイただいま!(ガチャリ、と扉を開ける従者) -- 2010-02-07 (日) 23:04:26
      • (扉の向こうにいた人物を見て鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしたあとスケッチブックを取り出す)
        『始めまして、ここは夜鷹亭であってますよね?』 -- セリ 2010-02-07 (日) 23:10:26
      • ども、はじめまして!…ん、ん?間違いなく、ここは夜鷹亭骨董品店ですよ(ひょい、と外の看板を指した)
        私は現在このお店を勤めさせてもらってます、テメンと申します(スッ、と頭を下げた)何か御用ですか?あ、とりあえず外は冷えるので中でお話しましょう!(ドアを開いて招き入れる)
        -- 2010-02-07 (日) 23:15:32
      • 『やっぱり間違ってないですよね。テメンさんですか、私はセルフィアスと言います』(返礼する)
        『では少々お邪魔させていただきますね、用事と言うのはここの主のティウさんになのですが現在は?』(店内に入り以前訪れた時と変わらない店内を懐かしそうに見回している) -- セリ 2010-02-07 (日) 23:20:42
      • あ、ティウ様にご用ですか?(珍しいのか、びっくりしたような声を上げる)
        ちょっと怪我をしまして、いま眠りについているところなんです。多分あと1年ほどで目を覚ますとは思うのですけれども…(暖かい物を…と、ポットに入ったハチミツの入ったミルクを注いで差し出した)
        私で良ければご用を伺いますよ(すとん、と向かいの席に腰をかけた)

        //ちょっと時間が遅いので申し訳ありませんが文通にさせて頂きますー -- 2010-02-07 (日) 23:34:47
      • 『あんなに健康そうな方だったのに……。冒険と言うのは何が起きるか分かりませんね。
        あと一年ほどならゆっくり待つことにさせてもらいましょうかね。あ、いただきます』(座りカップに息を吹いて冷ます)
        『用は色々と説明が面倒なのですがとりあえずこれを』(そう書いて菓子折りを渡す)
        『ヨーカンというお菓子です。ティウさんに渡そうと思ってたんですけど起きるの待っていたら腐っちゃいますもんね。どうぞ召し上がってください
        それで本題なんですけど、私実はゴーレムでして。私の先生が私を作るのに随分ティウさんにお世話になったので、その成果を見せに来た次第です』
        //了解しましたー。 -- セリ 2010-02-07 (日) 23:55:03
      • おお!ありがとうございますっ!(いそいそと箱を受け取る)ヨーカン?はて、聞き覚えの無いお菓子…
        え゛ー!?セルファスさんゴーレム!?うわうっそ…とても人間にそっくりなのに(穴が開きそうなほど見詰めている)…ビス穴もつぎはぎも無い…そっくりだ…
        ほむ、成果ですか…。そりゃ確かにティウ様が居ないと感じるとこも無いですね(自分には手に余ると用件だと感じて、やや残念そうに)
        -- 2010-02-08 (月) 20:26:20
      • 『東の国のお菓子です、ティウさんには珍しいものがいいかなと思いまして。テメンさんのお腹に入っちゃうことになりそうですけれど。
        錬金術にちょっとした魔法と愛情を隠し味にいれると私みたいなのが作れるらしいです。ホムンクルスとゴーレムの中間だと先生は言っていました。
        まぁしょうがないですよね、体調不良は誰にでもあることだと思います。ちょくちょく顔を出させていただきますね』 -- セリ 2010-02-08 (月) 23:07:03
      • 東洋のお菓子!はてさて、私が貰っちゃっていいのかなー…うぇへへへ(あまり遠慮をするという目ではない)
        魔法と・・・愛情ですか?分かりやすいようで難しいそうですね、こう・・・掴みにくそうなものですから
        中間?おお、かく言う私もホムンクルスらしいものでして。どこかのすごい錬金術師に触発されてありったけの技術をつぎ込んだけれども、望むようなゴーレムは出来なかったそうです。…結果として私が生まれたとか(肩を竦めて見せた)
        ふぬぬ、なんか来て頂いたのに申し訳ないですね!眠りから覚めたらセリさんの事と愛情と魔法が隠し味だって伝えときますね!
        -- 2010-02-08 (月) 23:17:47
      • 『はい、腐らせちゃうよりは誰かのお腹に入ったほうがお菓子としても嬉しいと思います。
        私もよく分からないんで聞き流しちゃってもいいかもしれません。
        ホムンクルスですか! 先生は知識はともかくとしてホムンクルスを作ったことがなかったので初めて見ますね……』(じろじろ)
        『夜も更けてしまいそうですしそれでは今日はここで。目が覚めても覚めなくても今度はテメンさんに愛に来ますね』
        (笑顔を浮かべ帰っていった) -- セリ 2010-02-08 (月) 23:26:19
      • ホムンクルスをご覧になるのは初めてですか?まあ実際「殆ど」人間とは変わりませんよ
        私にお会いに来て頂けるとは光栄!次はヨウカンに見合う甘いものを用意しておきます故。どうぞご贔屓に(ぺこり、と会釈をした)
        それでは、ありがとうございました!
        -- 2010-02-08 (月) 23:33:49
  • (トントンと扉をノックして遊びにやってくる)「テメーン テメーン」 -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 21:43:42
    • はいはい、テメンはこちらにございます。ブラッチェリーさんじゃないですか、夜分何用ですか?(ドアを開ける) -- 2010-02-07 (日) 21:46:41
      • 「用事 なきゃ きちゃ ダメ?」(ぺたぺた触りながらじっと見上げる) -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 21:54:56
      • その口ぶりだと用事が無いんですねー(みょーん、とほっぺをひっぱってみる)
        別段用事が無くてもカマンではありますけどね!ティウ様も冷やかし上等って言ってました故
        まーとりあえず、凍らないうちにささっ、中へどうぞ
        -- 2010-02-07 (日) 22:00:29
      • 「うん」(寒いので嬉しいとあがりこむ)「冷やかし じゃない けど テメン 会いたい くて」
        (帰ってきたのが嬉しくて仕方ないようで、にへらーっと笑ってテメンに飛びつく)「ぺたぺた ぺたぺた」 -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 22:05:25
      • (やはりスライムでも寒いものは寒いのね…と思いながらストーブの火力を上げる)
        えーと、確かおすそ分けに用意してたクッキー缶が…おっと?
        もー、ブラッチェリーさんは甘えん坊ですねぇ(クッキー缶を開けようとしながらひっつかれる)
        -- 2010-02-07 (日) 22:26:12
      • 「うん 甘えん坊」(すーりすり、ぺーたぺた、幸せそうに)
        「テメン テメン なんだか ね 最近 ティウの 魔力? 気配 感じる の」 -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 22:32:35
      • (なでなでしながら)んー…?ティウ様の?
        はてー、私には分からないけれども…女の感ってのです?確かにこの1年ぐらいにお目覚めになってもおかしく無い時期ですね(かぽん、と小気味良く開く缶、クッキーを1枚出して差しだした)
        -- 2010-02-07 (日) 22:41:09
      • (クッキーをうけとって、丸呑みにしながら)「気のせい かな? でも 会える 気が する」
        「10年 たった すごい 懐かしい…ティウ 怪我 治ったか な」
        (テメンも怪我、しちゃだめだよ?っと何度もぺたぺたする) -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 22:48:18
      • 基より私は魔法の才能があんま無いので、もしかしたら波動みたいなのが出ているかも?(ちゃっかり自分もクッキーを咥える)
        もう何時の間にか、私が歴戦と動向するぐらいの期間経ってるんですよね
        こう見えて今となっては(初期剣のままだけど)つよくなってるよ!ですからご心配なく。これ以上心配掛ける訳にも行きませんしねー!(腕まくり。細い)
        -- 2010-02-07 (日) 22:57:06
      • 「うん 安心」(ブラッチェリーも強くなったんだよ?やられちゃったけどと)
        「ブラッチェリー これくらい 強くなったら ティウも 認めてくれ るかな?」
        (少しだけ、不安そうに、そして期待もこもったかのように、ティウの従者。テメンに質問をしてみる) -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 23:03:23
      • 認め…?ああ、うんなるほど!(ぽん、と手を打って)
        正直私もティウ様のことそこまで詳しい訳では在りませんので。ですがすっごーいガード固いらしい(って執事ズが言ってた)ですから、どうかは分かんないですよ
        まあそれでも、強くなられたのなら喜ばれはすると思いますよ!結構色々心配してたし
        -- 2010-02-07 (日) 23:10:01
      • 「認めて くれると いいな」(クッキーさくさく…はできないので丸のみしつづけながら)
        「あっ もう こんな 時間 今日は かえる ね またくる」
        (テメンをまたぎゅーっと最後に抱っこする、また消えるかもって不安らしいので今のうちにいっぱいギュッギュしておく)&br:「それじゃ また」(クッキーありがとうとお礼もちゃんといって帰りました) -- ブラッチェリー? 2010-02-07 (日) 23:12:23
      • こっそり応援…するとティウ様に睨まれますけど、がんばってね!ファイッ
        ではまた!(不安そうなのを感じ取ったのか、別れ際になでなで)お気遣い感謝いたします、またのお越しを!(そっと、後を見送った)
        -- 2010-02-07 (日) 23:19:32
  • (何か小さなものが部屋の隅で蠢いている) -- ?? 2010-02-05 (金) 21:43:19
    • 暫く空けていたせいか、やや積り気味の埃を慌しく、テメンがぱたぽんとしている…ふー、大分空けちゃったからなあ。…?
      何か…動いた?(目の色を変えながら、そーっ戸部屋の隅を覗き込んだ)
      -- 2010-02-05 (金) 22:04:09
      • (紫色の何か固まり、琥珀のように固まった何かが時折揺れている) -- ?? 2010-02-05 (金) 22:05:44
      • …何だろう。どっかの試料が落ちたのかな…?(きゅっ、と白手袋をつけると、そっと手を伸ばした) -- 2010-02-05 (金) 22:07:57
      • (掴めば少しやわらかい、何か乾燥しきって埃も被り)
        「んっ…」(触れると何か聞き覚えのある声が脳内に響く) -- ?? 2010-02-05 (金) 22:12:53
      • …!?(身に覚えのあるあのなんとも言えない感覚。特殊な体験ほど一瞬にして復元されるものである)えっ、ちょっ、まさか!?(パッパッ、と急いで埃を払って)
        ブラッチェリーさんですかー!?
        -- 2010-02-05 (金) 22:16:09
      • 「あ テメン おはよ」(人の形すら保てず丸いまま、軽く蠢いて)
        「ひさし ぶり 元気して た?」(どっちかというとブラッチェリーのほうが元気でなさそうで) -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 22:17:43
      • にァー!ブラッチェリーさんだーっ!?(慌てて取り落としそうになりながら)
        もうっ、私は見たとおり元気に決まってるじゃないですか!えーと・・・スライムは・・・ええと・・・そうだ!水、水!(慌しく流し台に駆け寄ると蛇口を捻った)
        -- 2010-02-05 (金) 22:22:46
      • 「うん ブラッチェ  わわ」(落とされそうになって少しあわてたようで)
        「水分」(テメンをじーっとみながら)「ずーっと待って た よか った…」 -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 22:24:41
      • もう、こんな姿になられてまで…申し訳ございません、10年間遊び相手になるとお約束しましたのに・・・
        もう、90%の約束をふいにしちゃって…ごめんなさい、私がこんなんだったばかりに…(小さくなったブラッチェリーの上からはらはらと、雫が滴り落ちた)
        水分、これでいいですか…?(そーっ、と水で満たされた流し台に下ろす)
        -- 2010-02-05 (金) 22:31:51
      • (流し台でぷかぷか浮かぶと、どんどんと大きくなっていき、人の形をなんとか保つと手を伸ばし)&br:「ううん いいんだ よ テメン 無事で それだけで」(目元に指を伸ばし、軽く涙を拭う)「水分 もったいない よ」 -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 22:38:28
      • 〜〜!〜〜〜(涙を拭われて余計に泣き出す従者)…うー(チーンと鼻をかむ)
        なには・・・ともあれ、ブラッチェリーさんご無事ですか?お亡くなりになったと聞いていたのですけど…それこそ生きててよかったー!(むぎゅーっ)
        -- 2010-02-05 (金) 22:41:32
      • 「うん やられ ちゃって なんとか ここまで あと 寝てた」(スライミーなので核が壊れない限りしなない…待ってようと思ったのだった)
        「それ にティウ や テメンの 水分 いっぱい 貰うまで 死ね ない!」(水分すって小人サイズで元気になりながら)
        「もう 帰ってこないかな って 不安 だった よ」 -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 22:43:25
      • (一瞬カップめんとか単語が浮かんだが、ふきんしん!ふきんしんじゃないか!と思考を振り落とす)
        もしブラッチェリーさn…様がお亡くなりになっていたと聞けば、ティウ様はさぞかし悲しんだ事でしょう。あー、よかったー…
        (水分貰う…?と思いつつ)心配掛けてごめんなさい。元のお姿に戻られるまでゆっくりしてってください、このテメン、腕によりを掛けて……
        ……ええと(別に料理が出来る訳でもなんでもないことに気づく)とにかく!がんばりますのでご安心を〜!
        -- 2010-02-05 (金) 22:50:16
      • 「うん ティウや テメンと 繁殖する まで 死なない!」(久々にあってこんなことを言うダメスライミーなブラッチェリー)
        「胎内 もぐりこんだり? 水分 貰ったり?」(説明もしっかりしつつ)
        「でも 今は」(もぞもぞと流し台に上って、そのまま幼児くらいの大きさのブラッチェリーがテメンに飛びつく」
        「おか えり おか えり!」(本当に嬉しそうな声が響き渡る) -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 22:56:42
      • さらりと物騒な事言いよるこの子(ビンタ)
        …ふふ、有難うございます。…ただいま、戻りました。(華奢な体でぎゅっ、と抱きとめた。少し、ティウに似ていたかもしれない)
        -- 2010-02-05 (金) 23:05:59
      • (ビンタされるとパチュンっと少し弾ける、でも笑顔)
        「なんだか ティウに 抱っこされてる みたい」(にへらーっと本当嬉しそうに)
        「ブラッチェリー ティウと テメンと 繁殖するまで 諦めない」(まだ言う) -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 23:08:15
      • まだ言うかこやつめー(顔をすりすりしながら笑っている)
        …っと、ブラッチェリーさん、本日はもう夜が深まる時刻ですのでお休みになられては如何ですか
        お体の方も戻られてから直ぐですし、色々と不都合もあるかもしれないですし…(少々気がかりなのか、やや不安げに)
        -- 2010-02-05 (金) 23:19:52
      • 「うん そう する…」(チラッチラっとテメンの顔を見て)
        「一緒に 寝たい … ダメ?」(おねだりするようにちょっと呟く) -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 23:22:21
      • んん?むーん……(前発言もあってかちょっと考えて)
        んじゃ今日だけのボーナス!ティウ様のと違ってそんなに柔らかくも大きくもないから文句は言わないでね?
        -- 2010-02-05 (金) 23:28:40
      • 「わーい」(一瞬ヒゲマッチョ執事になったのかと焦りながらもテメンの胸元に収まる)
        「また 今度 ゆっくり 話そう ね?」(そういってぎゅーっと抱きつき、声がきこえなくなる…眠りについたようだ) -- ブラッチェリー? 2010-02-05 (金) 23:33:34
  • 急がないと…!時間は待ってくれない!(従者は慌しく、駆け出して行った)


  • (霊圧が消えすぎてて心配しつつ店を覗く) -- ブラッチェリー? 2009-11-24 (火) 18:27:52
  • 今月組むテメンなる者はここにいるはずじゃが・・・ふむ、不在なようじゃな
    まぁ、冒険にいけば会えるじゃろうて。どのような人物か、その時を楽しみにするとしようかのぅ
    (応答がないので、その日はそのまま帰っていった) -- 神楽 2009-11-01 (日) 01:46:33
    • ここが次の依頼で一緒の方のお店……よろず屋…?でしょうか…… -- かるか 2009-11-01 (日) 02:41:33
  • えーっとテメンさんのお宅はここでよろしかったでしょうかねー?
    来月冒険ご一緒させていただきますニキですー、よろしくおねがしますねー! -- ニキ 2009-10-30 (金) 19:34:25
  • そのひろひろしたアホ毛を引っ張ったらさぞ楽しかろうと思いながらノックしてもしもーし!
    紅茶を淹れるのに便利な道具とか無いかなー、こうーお湯を淹れるだけでおいしい紅茶が出てくるみたいなー(ふらふら棚を見ながら) -- ディノーテ? 2009-10-26 (月) 00:47:47
  • (今日も今日とて遊びに来て見たり、コンコンと扉をノックする音響く) -- ブラッチェリー? 2009-10-19 (月) 20:47:42
    • いらっしゃいませー。おりょ、ブラッチェリーさんじゃないですか(ひょいと顔を出す店主。揺れるアホ毛)
      ささ、なかへどうぞ!何か御用ですか?

      //今戻りました。時間的に続きは文通になりそうですがご了承を・・・ -- 2009-10-19 (月) 23:07:08
      • 「遊びに 来た!」(相変わらず客ではなくて微妙にガッカリなブラッチェリーだ)
        (頭には籠、秋だから梨やら林檎やらがいっぱい)「ティウも 好きだったの ティウ 寝てるけど 食べれるか な?無理な らテメンや アルグ 食べて?」(と籠を渡す)
        (//お疲れ様です、お気になさらず〜) -- ブラッチェリー? 2009-10-19 (月) 23:12:50
      • つまり冷やかしー?(かくんと頭を落とす)
        (あ、でもお土産付きなんだ という事で)ティウ様は叩いても引っ張っても起きないよ。…そんなことして起こしたら後が怖いけどネ…そうとう根にもたれちゃいますヨ
        アルグ様は本家のお仕事で忙しいですし、あーんと、じゃあ私が頂いちゃってもいいかな?(きゅっきゅっと梨を袖で拭いて一つ取り出した)
        -- 2009-10-19 (月) 23:19:56
      • 「何か 買うが いい?」(適当に店の中を見渡しながら)「それじゃ これ」(とテメンの手を取る)
        ・・・・・・・・・「冗談だ よ」(梨を袖で拭くテメンを見つめ)「うん、食べて」
        「ティウ 10年くら い 起きないいってた から また10年後に 梨もって くるから」 -- ブラッチェリー? 2009-10-19 (月) 23:55:16
      • な、何だってェー!?あ、あたしは売り物じゃないよ!おさわりはおよしになってお客様!
        …は、HAHAHA。ナイスジョーク(瑞々しい梨にそのままかじりついた)
        10年経っても、梨もティウ様も変わらないでしょうね。ブラッチェリーさんはどうかな?変わってるかな?
        -- 2009-10-20 (火) 22:06:40
      • 「残念 残念」(笑うようにしながら自分も梨を一つ齧る)
        「どうだ ろ? わからな いや」(首をかしげながら10年後の自分など殆ど想像もつかず)
        「かわりすぎ てたら ティウが わからないかも しれない し」(梨を齧りながら呟くのであった) -- ブラッチェリー? 2009-10-20 (火) 22:35:11
      • ・・・(もぐもぐ)どーなってるのかなぁ、10年後。英雄になってたりしてー!
        変わってても案外分かっちゃったりしますよ。あの方は変に察しがいいし…女の勘って言うのかな?(何時の間にか芯になった梨を投げながら)
        -- 2009-10-20 (火) 23:09:42
      • 「スライミー で英雄なった 子 いない から なれたら いいな」(芯ごと食べて、おなかの中にぷかぷか浮いてる梨)
        「10年 くらい テメンが 一緒に遊んで くれ る? ブラッチェリー もう友達 殆ど死んじゃ ったから」 -- ブラッチェリー? 2009-10-20 (火) 23:11:28
      • そうなのかー。なれるといいねぇ、英雄。あんまりビジョンが浮かばないけどね!
        オォウ・・・なかなか重い約束・・・。約束以前に10年持つかな・・・まあ極力努力するけどさー
        -- テメン 2009-10-20 (火) 23:20:48
      • 「テメンも 死なないで ね?」(心配そうに近づくと、じーっと顔を覗き込んで頬をペタペタ触る)
        「死ぬと 怖いよ? 人間は 苗床されたり するらしい 怖いね」(たまに自分もしてたのを棚にあげつつ) -- ブラッチェリー? 2009-10-20 (火) 23:22:55
      • ど、努力します(ぺたぺた触られながら)
        いやもう想像するだけで嫌だわ!死んじゃったらそれまでだからね(頭を振って)
        人間じゃないからどうなるかは分からんがねー
        -- 2009-10-22 (木) 22:56:51
      • 「テメン 人間じゃ ない 竜?」(ティウの子供=ティウは竜=テメンも竜?という思考)
        (ぺたぺた触りながら)「でも 竜っぽくない 味」(さっきから触ってるのは味見らしい) -- ブラッチェリー? 2009-10-23 (金) 16:10:12
      • ・・・えー?
        あ、そういう事ね(ぽん、と拍手を打つ)私はティウ様の「お子様」ではなくて、ティウ様が製作した存在って話なの
        血は繋がって無いんだよ!言い換えれば養子に近いかも
        -- 2009-10-23 (金) 23:05:28
      • 「…?」(あまりよくわかってないようだが養子ときくと)「なるほ どー」
        「でも 人間の味とも 違うし 不思議だ ね?」(性別がないとも前いっていたことも含めてテメンはブラッチェリーにはとても不思議で興味を惹かれるようだ) -- ブラッチェリー? 2009-10-23 (金) 23:20:07
      • (わかってるのカナー?と微妙に思いつつ)うん、まあ色々特別だからね、私は!(えへん、と胸を張った)
        そういやブラッチェリーさんも特別な出だってティウ様がいってたね。変わりもんどうしですかな?(なはは・・・と笑っている)
          -- 2009-10-25 (日) 20:36:07
      • (苦笑いに近い笑い声にちょっと心配そうに)「テメン 疲れてそうだ ね」
        「ブラッチェリー そろそろ 帰る また 遊びにく るね? バイバイ」 -- ブラッチェリー? 2009-10-27 (火) 17:55:02
  • (店に明かりが灯っているのを見て、駆け寄り扉を叩く) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 20:41:42
    • (「お客さんだ!」扉の向こうから聞こえる声。続いてトトト…と忙しなく駆けて来る足音がする)
      こんばんわ、いらっしゃいませ(はきはきとした明るい様相で戸を引いたのは、ティウとは別人の見慣れない人物だ)
      -- 2009-10-18 (日) 20:54:08
      • (ぺたぺた触ると、頭の中に声が響く)「こんばん わ ティウの 代わりの 人?」(と問い)
        「はじめま して 私 ブラッチェリー・スライミー・ブラックプティング ティウから 新しい店主 くる聞いた の」 -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 21:09:01
      • わー!?・・・あ、そっか。アナタがブラッチェリーさん?ようこそはじめまして!ティウさまからお話を伺ってますよ(テレパシーのようなものに一瞬驚くが、握手)
        ぼk…私が新しく夜鷹亭の店主を務めさせていただきます、テメン・ディアクロス。テメンと呼んで下さい
        うはー、ブラッチェリーさんが初めてのお客さんなんだ!何か入用ですか?(突き抜けんばかりにテンションをあげてキラキラしている)
        -- 2009-10-18 (日) 21:27:04
      • 「テメン テメン 覚えた」(握手して笑顔で)「ほしいもの…ほしいもの…」(いつも特に何かかうでなく遊びにきてたので少し悩む)
        「テメンの ことを 知りたい」(と微妙に何かずれた答えを返す) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 21:30:06
      • あっ、いけない。何時もティウ様はお茶をお出ししていましたね…(いそいそとお茶の準備)
        私の事ー…?ええと、ふつうの人工生命体(ホムンクルス)でー…えーと ええと
        うん、とりあえず私凄いアルよ…うん(まだ極めて若いせいか、なんかアピールポイントが無かったらしくしおれる)
        -- 2009-10-18 (日) 21:43:13
      • 「ホムンクルス…何?」(はじめて聞く言葉に頭にハテナマークを浮かべて、椅子に座ってお茶を待つ)
        「凄い 色々? 凄い!」(なんか単純に凄いんだーとニコニコ笑顔)「ブラッチェリーも 凄い よ?」 -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 21:51:30
      • ホムンクルスってのはえーと…そうだ!ティウ様に作られた子供なんですよっ(すごく語弊のありそうな説明をかます)
        えっ、ブラッチェリーさんも凄いの!?あぐっ、さっそくわたいのアイデンティーティーがひとつ折られた
        …で、どんなふうに凄いのですか?(微妙にへこみながらもちょっと気になるらしい)
        -- 2009-10-18 (日) 21:59:36
      • 「…ティウの 子供…」(何か凄くじーっと見てる)「ティウ 子供 いたん だ…」
        (じーっと見ながら質問されると)「体 自由に かえれ る ほら」(テメンの手をとると、そのまま自分の腹の中に突っ込ませる)
        (柔らかくてプリンに手を突っ込み、それでいて締め付けてくるような独特の感触) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 22:01:38
      • おおっ?おー…(ぷにぷにと手を動かしてみる)凄いや。私じゃとてもできない…(作文風テロップを背景にぐっと涙をのむ店主)
        ブラッチェリーさん全身がこんな感じですの?不思議だねー、面白いねー(店舗業を頭からすっ飛ばしてただひたすら感心することしきり)
        -- 2009-10-18 (日) 22:12:07
      • 「うん 全身 核が ちょっと硬いけど」(そのまま急に手の周りが泥のように重くなる)
        「こうや って一部分だ け重くした り 硬くしたり して 捕食する」(大丈夫、テメンは食べないよと付け加え) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 22:20:18
      • (こきーんと固まりつつ)にぇー…捕食されるかと思った(ヒートアップしながらドキドキ)
        私一番弱っちいから、フェイントは控えめにお願いしますよォ(へなへなと肩の力を抜かしながら)
        -- 2009-10-18 (日) 22:35:31
      • 「ティウの子供な のに弱い の?」(そのままずぶずぶと腕半分あたりまで飲み込んで抱きつく)
        「あと わからない テメン 男の子? 女の子? 味で わからない」(手首飲み込んだときの表面の微量な汗とかでわかるらしい) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 22:42:59
      • うーん…ティウ様が「作った」のには違いないんだけど…なーんにも無いんです、なーんにも(むすーとしながら手をひらひらさる)
        ええっ、分かるの!?…それがその、どっちでも無いらしくて…ティウ様も「そのうち分化するんじゃない?」とか適当な事も言ってましたし…
        ううー、とりあえずどっちも無いんです!無いの!ナッシング!(腕でばってん)
        -- 2009-10-18 (日) 23:02:50
      • (腕を一気に引き抜かれてちょっとピクンと震える)「そ っかー どっちでもな い ブラッチェリーと 同じだ ね?」
        (女の子の形してるけど不定形生物なので正確な性別はないブラッチェリー、人格的には女の子だが)
        「テメンの こと 色々わかった また 遊びにくる 良かったら 遊びにも きて ね」(とペコリとお辞儀をすれば、ずるずる地面を這って帰るのであった) -- ブラッチェリー? 2009-10-18 (日) 23:07:49
      • つまり…同士?(パアアアッ)そうかー、近いところに似た境遇者が…
        それでは一息ついたら挨拶に行きます。ありがとうございました!またお越しくださいませぇ(ぺこぺこと頭を下げて見送りに出たのだった)
        -- 2009-10-18 (日) 23:13:34
  • &coloe(#339999){今日からこのお店は私が店長!へっへっへー、頑張っちゃうぞ
    …あーあー、その前にボイステストー} -- &new{2009-10-18 (日) 19:55:53};
    • &coloe(#339999){んぬ!?さっそく声色が変だ!
      あー…そぉか、ココをこうして…これでどうだ!}; -- 2009-10-18 (日) 19:59:00
      • eになっとるよー。 -- 2009-10-18 (日) 20:03:56
      • うひゃあこんな所にミスが!よ、ようやく解決したぁ…(椅子に座りこむ)
        あー、気にしない気にしない。ポジティブポジティブ
        -- 2009-10-18 (日) 20:06:46
      • (…ハッ!ありがとう誰だかわからない人!) -- 2009-10-18 (日) 20:07:45

Last-modified: 2010-03-29 Mon 20:58:02 JST (4475d)