http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp036270.png


本編

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • そうですよね、ギャーッみたいな姿が見たかったですよね(げにおそろしき女子トーク)
    隠し扉を見つけられるかどうかって、アカデミーの生徒にとっては死活問題なんですよ。 もちろん偶然踏んだら開くものではなくて、スイッチに触れた者が有資格者かどうかを判定して開くんです
    それでは行きましょうか!
    (パネルがずれ、暗闇だけが見える。 そのまま入ったら落ちてしまいそうだが…)
    (足を踏み入れるとシャラララ…と澄んだ音とともに光の階段が現れ地下へと導いてくれる)
    (一段一段しっかりと踏みしめて降りれば、そこはさらに幻想図書館と呼ぶにふさわしい部屋が現れた)
    (妖精、精霊が自由に飛び交い、ついでに本も飛び交って。 まだこの国にこんな絵本の世界のようなものが残されていたのかと驚くだろう) -- 姫乃 2021-10-09 (土) 22:51:27
    • なるほど…探せる素質を持つ者だけが入れる場所なのね(不思議なところね、と。そして扉が開かれれば、ためらいなく歩みを進めようとする)
      (暗闇であるかどうかなど、颯にはわからないからだ。しかし、続く音に)…?(かつかつ、と白杖を叩くも、何の変化もない…?)
      (パックに「明かりがついたのですぞ。光の階段みたいなものができてますぞ」と助言されて、なるほど、と)……どういう素材なのかしら、この階段……(不確かなのでパックに寄り添いながら一緒に降りていく)
      (そうして部屋にたどり着けば)…………すごい。知らない音がいっぱいね、この部屋…!(子供のように表情をほころばせる。かつ、かつ、かつ、と白杖を鳴らしていろんなものの反響を確かめるように) -- 2021-10-09 (土) 22:56:58
      • (食べられそうなものはありませんぞ……おなかが少し減ってきましたぞ……って顔) -- パック 2021-10-09 (土) 22:57:36
      • 女子こわい。(まあ気まずい雰囲気にならんのでありがたい)
        へぇー…資格者かどうかの判定なんてものまであるのか…あの小さいパネルに
        この階段、下が暗いからいいけど地面くっきり見えたら怖いな?(光の階段が出ると、おお。と声をあげて。最後尾で降りていく)
        こりゃあすごい…(先輩もはしゃいでる! すげえ!となりつつ)…妖精と…本も飛んでるじゃん。もうひと種類なんかいるね? アレは? -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:01:33
      • そういうものだと思っていたので素材を気にしたことはありませんでした…(見つけた当初はそれどころではなかった)
        (ちらりと後ろを振り返り、無事ついてきているのを確認して光の階段を終え) これだけ神秘が残っている部屋も珍しいと思います、自慢の部屋です!
        (ふよ〜っと浮かんでいた本の1冊が颯に近づいてきて近くでバサバサしている) むむ、颯先輩早速ちょっとやかましいけど喋る本が近づいてきてますよ!
        捕まえたら何か話してくれるかもしれません!!(※わくわくランドと同じ形式で判定が入ります。 颯さんは判定してください。 【難易度:40】)
        市川先輩、あれは精霊さんですよ 私の個人的なイメージだと精霊さんの方がかっちりしてます! -- 姫乃 2021-10-09 (土) 23:11:23
      • 神秘……なのね、これが。そうね、少なくとも物理と科学だけでは絶対表現しきれないもの。すごいわ、素晴らしいわ…!
        (そう言っていると、ばさばさと羽のような本の音が聞こえる。本体が音を出しているので形も一も丸わかりだ)あら、これが喋る本なのね?捕まえる…や、やってみるわね
        (白杖をかつ、と鳴らして、改めてお互いの位置を確認。位置自体ははっきりしているが、正直言って颯は運動神経がそこまでいいほうではない。えいっと手を伸ばす…)【判定:5】 -- 2021-10-09 (土) 23:14:51
      • (場合によってはフォローしようと思ったけど余裕だったなごす姉……って顔) -- パック 2021-10-09 (土) 23:15:26
      • 光の階段…なんか魔力だとかばかり思ってた。材質に思い至る先輩えらいな…
        (魔力を便利物質か何かだと思ってる人)
        精霊…精霊かー…属性分けとかあるんかな(異世界では馴染みがなかったらしく、物珍しそうに精霊を眺めている。発想はゲーム脳)
        えっ。捕獲、立華先輩がやんの?(大丈夫?と見守っていたのだが…)
        先輩、お見事ーー(見事捕まえたように見えたので拍手) -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:17:47
      • (物理法則を無視して飛び交う者たちの音は颯にも神秘の存在を教えてくれることだろう)
        (精霊はいかにも青!とか緑!な色をしているので属性もあながち嘘ではない)
        きっと颯先輩ならできますよ、フレーッフレーッ(もちろんこちらも万が一の時は手伝う構え…ただしあまりあてにはならない)
        (5+51=56⇒成功 バサバサ羽ばたいていた本は導かれるように颯の腕の中に納まる)
        ナイスキャッチですよ先輩!! -- 姫乃 2021-10-09 (土) 23:24:53
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp036271.png
        (ぱらぱらと自動的にページがめくられ、あるところでぴたりと止まり) あらあなた、素敵な耳を持っているのね
        そういうの嫌いじゃないわ
        (シャベッタアアアアアアアアアアア)
        Pの書と呼ばれる私にどんな知識を求めるのかしら? -- 2021-10-09 (土) 23:25:18
      • (無事に本をキャッチ)と、とれた…(安堵の息をつく、と。ひとりでにぺーしがめくられる…ぱらららら、と小気味よい音が耳朶に染みる)
        (ぴたりと止まり、そして声が)…ふふ、褒めてもらって光栄です。今は、そうね。素直に受け取れる誉め言葉だわ(くすっと笑う。喋る本との対話…夢のようでもあり)
        Pの書?Pから始まることが載っているのかしら…?じゃあ…そうね…(pariah。社会ののけ者、障害を抱えるものについて……なんて、後輩たちの前で言えるはずもなく)…peaceful。世の中が平和になるためには、人々はどうすればいいと思う? -- 2021-10-09 (土) 23:31:29
      • (他の空飛ぶ本を追っかけまわしている画像の通り) -- パック 2021-10-09 (土) 23:31:48
      • 属性か…魔法使えたら役立ち度は上がるけど精霊に頼めば使える訳でもなさそうだしなー…
        おお…本が喋った。喋る本だったんだな…P?(Pって何? 数学?という顔)
        (ひとまず先輩と本の邪魔をしないように妖精や精霊の会話を聞き取る。勇者ですかって? なんでわかるん? 秘密だよ? とか口止め中) -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:34:06
      • (捕まった本はPちゃんだったんだ、と表紙では見抜けない錬金術師)
        (なお勇樹には妖精や精霊が群がっている もちろん勇者が珍しいからである 木の精霊はヒノキの棒を渡したりしている 様式美だ)
        (勇者勇者と語りかけるので颯の耳には届くかもしれない 姫乃には分からない) -- 姫乃 2021-10-09 (土) 23:44:11
      • 私は別にPに限った知識しかもっていないわけではないわ? 呼び名は…古き時代の錬金術師が勝手につけたのよ。 当時揃っていた本たちに、適当に順番にね! おかげで私の対になる本はなぜかWになってしまったわ PとWなんておかしいと思わない?
        でもそのようにPに関する話をたくさん聞かれるから詳しくもあるわ。 だから本当に聞きたいことを聞いても構わないのに 知識は平等に与えられるわ
        さて、平和、だったかしら? そうねぇ…私が覚えている限り人間は争ってばかりいるもの、本能的に無理なのではなくて? それか進化または進歩を完全に捨ててみてはどうかしら? それかそれか…ホムンクルスのように余計なことを考えないように作り変えてしまうのもいいかもしれないわね
        (返ってきた答えは絵本のような部屋には似つかわしくないものばかりである 人外者の意見など、そのようなものなのかもしれない) -- 2021-10-09 (土) 23:44:40
      • あ、やっぱり市川君ってそうなのね(勇者ですかって?なんでわかるん?という妖精との会話の所で反応する。……妖精の会話が聞こえている)
        (しかしこの場には知っているかわからない姫乃がいるので、匂わせるにとどめて)あら失礼。なるほど、それじゃあAAとかABとかの本もあるのね…(なんとも、学者らしいわね、と)
        PW。つながりも何もないわね…?本当に適当だこと(くすくす)そうね、本能は…平和を愛するということは、平和を害する存在を憎むということで、愛憎は表裏一体だものね。人が多様性を持つ限り難しいのかもしれない問いね。
        …進歩を止めるか、種を変えるという手段もあると思うわ?けれど、今人は少しずつ進歩して…昔の時代みたいに、国同士が亡びるまで争ったり、意味のない殺し合いというものは少なくなってきている。理性と、法と、権力でね。それはもちろん完全ではないけれど、いつか平和といえる時代が来るんじゃないかしら?
        もちろんそれは、平和な日本で暮らしている私の主観であって、戦争をしている国で生まれたらこんなことは言えないかもしれないけれど。それでも可能性は…………(喋る本と、平和について談義する。話すのはもちろん好きな颯にとってこの本は天啓であった)
        (しばらく知的な会話を続けて)…………姫乃ちゃん。この本持って帰ったらだめ…?(ダメかしら?と遠慮気味に聞き始める) -- 2021-10-09 (土) 23:50:38
      • 実はごす姉は結構ほしいものを欲しがるタイプですぞ(妖精とふんふん遊びながら) -- パック 2021-10-09 (土) 23:51:10
      • 君らゲームとかやるの…?(ヒノキの棒を受け取る。これ…2本目です…え、木の精霊? 特殊効果ある!?)
        (妖精や精霊と違和感なく会話し続けている。意思疎通の異能は対話を求めてくる相手程効きやすいのだ)
        (勇者そんなに珍しいのか…たくさんいるところもあるんだぞ? とか話し込んでいる。颯先輩がそこまで耳がいいとかわからんし、妖精・精霊語を口に出しているので)
        ん? やっぱり?(さっき先輩、やっぱりっていった? いやまさかな…?)
        本、持ち帰り…貸出し? ありえそうな、喋る本は例外でもおかしくないような -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:54:32
      • (残念ながらただのヒノキの棒です。 そこも様式に則っているのです)
        (妖精や精霊は勇者の話に大興奮である 旅立ちグッズを押し付けられるぞ。 初期装備ばかりなのでほぼ役には立たない)
        ……颯先輩とPちゃん、すごく気が合ってますね(しばらくはのほほんと見守っていたが)
        だ、ダメですよ!? Pちゃんはこの部屋から出しちゃダメなんです!!(もちろん出せないような仕組みもある) 万が一にでも出そうとしちゃだめですからね?!
        私たちアカデミーから指名手配されてブラックリストに載っちゃいますからねっっっ -- 姫乃 2021-10-10 (日) 00:05:50
      • あら〜でも表立って戦争している国は確かに減ったかもしれないけれど、それは理性によって抑えられているというよりも恐ろしい武力によって抑えられているの間違いではないかしら?
        昔よりももっとずっと恐ろしい武力を持っているんですもの それこそ人間なんて滅んでしまうようなものよ いいえ、人間以外も滅んでしまうわね Wも巻き込まれて消えてしまったわ それでも表面上平和ならいいのかしら? そもそも平和とはどういった状態を指すのかしら…?
        (おしゃべりな本は止まらない。 ずっと話に付き合ってくれる人がいるならなおさら止まらない)
        まあっ 私を連れて帰りたいの? モテるって大変だわ。 でもダメよ、あなたはこんなところで終わりたくはないでしょう? またいつでも来たらいいのよ。 私と人間との距離感はそれくらいが一番だわ -- 2021-10-10 (日) 00:06:13
      • (知的な会話をPの本としながらも、妖精たちと勇樹の会話も聞き漏らすことなく聞いている。興味のある話なら、どんな数の会話でも、理解できる。神の耳なのだから)
        そうね…力で押さえつけられている面も確かに存在する。それは否定してはいけないところだわ。けれど、それは理性の表れでもあるでしょう?冷戦などがいい例よ、あれは結局多くの地は流れなかった…そして、人は愚かさを学んだ。
        そうして、過去の過ちを学んでいける、そしてその学びを歴史として未来へつないでいける時代になったのだから、それは平和に近づいているとは言えない?…そうね、状態の定義は難しいけれど…(こちらもトークが本番になってきて徐々に早口になる。この本…気が合う!お互いの意見をぶつけてもこう、気持ちよく返してくれる!高圧的にはならないし根拠もある!最高!と内心テンション爆上がりである……ので、持ち帰りたかったが)
        そう……しょうがないわね、決まりなら。決まりを守るのが人間だもの(仕方ないわ、と本からも手を放して)ありがとう、Pの本。素敵な出会いと、有意義な時間だったわ。貴方の言う通り…また、そうね。会いに来るわ。必ず。(満足そうに微笑んだ)
        (そうして本と別れて)…ふふ、ごめんなさいね、私ばっかり楽しんで。楽しかったわー…話せる本、素敵ね。知識の量が全然違うから永遠に話していられそう(待たせてごめんなさいね、と そして勇樹に近づいて、小声で)
        …それで。勇者だということは、姫乃ちゃんには内緒なの?私にも今度、市川君のお話聞かせてね?(と、耳打ちするのであった) -- 2021-10-10 (日) 00:12:13
      • (むっ。急にトライアングラーを歌いたくなってきましたぞ。それはそれとしてお腹がすきましたぞ。仕事中なので顔には出しませんぞ)(しっぽに出てる) -- パック 2021-10-10 (日) 00:12:58
      • えぇ…(どうのつるぎ。たびびとのふく。やくそう。あ、やくそうはいいですね。なんか両手にこんもり荷物が)
        袋もくれない? 有料? なぜそこで法律に従うのか(袋もくれよと交渉中…貰えた。どうぐ。で出てくる道具袋だよたぶん。)
        ?(袋に初期装備セットを詰めてから立華先輩が近づいてくるな? と見ていたら。小声でとんでもない事を囁かれた)
        うぇっ!?(とかびっくりして声を出してしまったのも無理はあるまい)
        秘密にしてるわけじゃないんだけど…(話すきっかけも難しいというか…ともごもごしていました) -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:17:08
      • ええ、また会いましょう。 今度はEの書も紹介してあげるわ。 逃げ出したくなる偏屈爺よ。
        (手放されるとふわりと浮かびとある書棚へと戻っていった)
        (Pの書のばさばさと羽ばたく音はもうしないし、背表紙にも何も書かれていなかった) -- 2021-10-10 (日) 00:23:10
      • (Pの書を見送っていたら、小声で話し合う先輩二人が視界の端に見えた)
        (何か内緒の話かな、と思いつつも特に深く聞くことはせず)
        颯先輩のとっても満足そうな姿が見れて、ここに案内してよかったーってすごく思いました!
        さっきPの書が言ってましたけど、また来たくなったら言ってくださいね。
        市川先輩は…妖精さんと精霊さんにモテモテでしたね。 色々もらってるの見てましたよ…?? もしかして妖精精霊ホイホイなんですか?
        (などなど話しながらも元来た道を戻り、エントランスを過ぎ、山道を抜けて 水白高校へと帰ったのでした) -- 姫乃 2021-10-10 (日) 00:23:18
      • (内緒話を終えて)ええ、私も本当に来れてよかったわ。喋る本もだけれど…妖精の声や、精霊の音、不思議な図書館。色々見れてとても楽しかった!
        本当に、連れてきてくれてありがとうね、姫乃ちゃん。ええ、またぜひ、いつか。……夏休み中にもう一回お願いしちゃうかもしれないわね…?(すっかり虜になったようだ)
        あら。市川君ったらこんな美少女3人も侍らせてるのに。節操無しって言われちゃうわよ?(くすくす)でも、いいわね、話せるのって。羨ましいわ…私も覚えようかしら、妖精の言葉。
        (その後は一度図書館へ戻り、中も色々見て回りつつ、姫乃たちとアカデミー図書館を後にするのでした) -- 2021-10-10 (日) 00:28:05
      • (勇樹殿は節操無しですぞ。って顔で見てる。こいつ。  そして帰りもしっかり颯をサポートしていきました) -- パック 2021-10-10 (日) 00:28:53
      • 妖精精霊ホイホイになった覚えはないし倉花さんの工房の妖精も俺にデレてなかったよね!?
        自分で仰いますか美少女。否定はできませんが!肯定! やめて下さいハーレムとか侍らすとかは死亡フラグなんですよー!! 健全! 健全!
        (パックさんちゃんまで!? ナンデ!? とか思いつつ。帰り道も過剰な手助けはせず必要な所だけサポートしながら家路に着きました)
        (図書館を出る前に振り返り、ホムンクルスの顔を見たりしてるから節操無いとか言われたことを本人は気づいていなかったという) -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:34:31
お名前:
編集:アカデミー図書館
相談
お名前:
  • 反省を促したところで植林 -- 姫乃 2021-10-09 (土) 22:51:41
    • (私は画像を差し替えるのを忘れました) -- 姫乃 2021-10-09 (土) 22:58:19
      • 暗闇に臆することなく進んでしまう私の描写ができてうれしいですよ私は -- 2021-10-09 (土) 23:00:21
      • (私は余裕で空飛ぶ本を捕まえましたという顔)ふふーん。判定値なんて飾りなのよ勇樹君。ふふーん。 -- 2021-10-09 (土) 23:16:16
      • くそっこの先輩可愛いからって煽りやがる! 可愛いからいいや -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:18:23
      • ほらかわいい -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:26:30
      • パックがかわいい(見えてないので推測) -- 2021-10-09 (土) 23:27:12
      • 先輩はかわいいから…!! -- 姫乃 2021-10-09 (土) 23:27:20
      • ごす姉がかわいい(真理) -- パック 2021-10-09 (土) 23:27:24
      • 先輩可愛いよーー! -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:29:51
      • そんな可愛いと評判の先輩は障害児教育について常に考えており将来は自分と同じ障害を抱える人たちのために働きたいと考えていることは知っているわね?
        (でも後輩の前でコメントしづらい話とかできません。Pの書って何だろうって顔である) -- 2021-10-09 (土) 23:33:23
      • Pチャンダヨ -- 2021-10-09 (土) 23:45:21
      • ヒノキの棒二刀流が出来るようになった勇者です -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:49:19
      • 妖精会話のスキルを習得している先輩です。こんな本持って帰りたくなるに決まっているじゃない…!!(二度と離さないわよって顔) -- 2021-10-09 (土) 23:52:40
      • だめーっ 貸し出しも禁止の禁書扱いでーっす!!(ピピーッ) -- 姫乃 2021-10-09 (土) 23:53:45
      • (まさかここから強奪で戦闘に???) -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:55:32
      • 【判定:65535】 -- 2021-10-09 (土) 23:56:35
      • 勝ったな…(カンストイイヨネという顔) -- 勇樹 2021-10-09 (土) 23:59:12
      • 先輩物騒すぎますー!? 24時回りましたので次の姫乃の発言で帰ることになり〆まーす -- 姫乃 2021-10-10 (日) 00:07:14
      • はーい。颯ちゃんは兄さんと違って素直なのでちゃんと本はお返しします(絶対また来よう)
        それはそれとしてお疲れ様です、楽しかった! -- 2021-10-10 (日) 00:14:07
      • 初期装備はドラクエ3にしておいた。お疲れ様ーーー! いやあ先輩の異能知らないからバレるバレる。 -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:17:48
      • 戦闘とかに全く出てない分能力が周囲に知れ渡っていないのが私の強みね。ぶっちゃけ兄よりもえげつないこと色々できるわ、しないけど。人間で沢山だもの、神にはなりたくないもの。
        でもそれはそれとして勇樹君と妖精の話は聞くもの。後でさらに詳しく聞きに行こうと誓ってるもの私(似たもの兄妹!) -- 2021-10-10 (日) 00:21:05
      • よかった!!!指名手配されずに済んだ!!!! 
        というわけで〆ました! ありがとうございました! -- 姫乃 2021-10-10 (日) 00:24:28
      • 異世界譚、企画開始前にそれなり書き溜めて後は企画開始後に話の流れで捏造したのを追加しよう…とか思ってたら平日夜もがっつり遊んで楽しいせいでさっぱり進まないんですよね。
        つまり先輩も倉花さんもじゃんじゃん聞きに来てほしい。ノルマがたまり中の人が死にます。 -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:25:23
      • お疲れ様でしたー! 楽しかった! いいですねキャラの背景にある設定の開示。素晴らしい。 -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:27:15
      • (アッ〆た後に普通に話してしまったわ…まぁいいか勇樹君がいい感じに〆てくれるでしょうって顔)お疲れさまでしたー!キャラ設定は私はもう書ききったから後はみんなと絡みに行くだけよ…!
        具体的に例を挙げるといつの間にか絡まってるイヤホンとかの細いコード並みに絡みに行くからよろしくね…! -- 2021-10-10 (日) 00:30:27
      • やったー綺麗に〆…… タラシだ! 天然タラシじゃないですか!!! 妖精精霊だけでは飽き足らずホムちゃんまで…っ
        では今後の絡みも楽しみにしてます! ありがとうございました! -- 姫乃 2021-10-10 (日) 00:37:07
      • 見てるだけでタラシはなくない!? 撫でポ超えてない!? おかしいよ〜ハーレム勇者はざまぁされるからいやだよ〜 眠くてアホになってるので寝ます。お疲れ様! -- 勇樹 2021-10-10 (日) 00:38:30
      • 可愛い錬金術師の後輩とミステリアス美人な先輩とそのペットと一緒に図書館に行ったらホムンクルスと妖精精霊にもホレられてハーレムで困っています(単話:18000字)きたわね…
        今後ともよろしくです!こちらこそありがとうございましたー -- 2021-10-10 (日) 00:39:24

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

+    

Last-modified: 2021-10-10 Sun 00:39:24 JST (100d)