NS/06

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • (服を脱ぐのをおとなしく見守り、その際少し冷静になりつつも)
    ・・・!(脱ぎ終わるや否や驚くべき速度で近寄り、顔、胸、腹、尻をつたない愛撫を始める)
    (まるで初めて女体にふれるが如く全身を触り舐めていく) -- シモン 2018-12-30 (日) 04:08:58
    • (大人しく引き下がったところで、おずおずと脱ぎ始めて…バニー服でもよく分かるスタイルが直に露わに)
      ってちょ、ちょ…っ!(兎にも角にも触れて堪能しようとがっつくようなあまりなれてない愛撫)
      お、おちつい…(全身を、顔を、胸を、お腹を、尻を…手を触れて舌が這わされていくが、そうではないとばかりに一旦シモンの顔を手で挟んで静止させようとして) -- フィア 2018-12-30 (日) 04:14:35
      • ・・・ッ!(顔の前に手をかざされ幾分落ち着きと取り戻す)
        ・・・。(無言でおとなしくなり、フィア乃様子を疑っているが、その間にも勃起した陰茎は今にもはちきれんばかりである)
        ・・・どうすればいいんだ?(率直な疑問をぶつける。わからないことは効けばいいという考えまで戻れたようだ) -- シモン 2018-12-30 (日) 04:31:49
      • …(落ち着いた割に衝動のまま求める、慣れてない様子から大体予想がつきながらも)
        (そして問いかけには、そのまま唇を重ねて舌を絡ませるようにしてから一度離す。)
        いきなりがっつきすぎるな、とは言いたいけど……道具じゃなくて一人の人間なのよ、一箇所ずつ反応を確かめながらその部分を感じていくようにするの。(別に逃げないんだから、と諭しながら改めて胸へシモンの手を導いて) -- フィア 2018-12-30 (日) 04:41:52
      • ・・・っぷぁ。(重ねられた唇と下の柔らかさに狼狽しながらもその気持ちよさに再びのうは沸騰し始める)
        ・・・人間・・・。(豊満な胸の感触をじっくり片手で・・・やがてで両手でふにふにともみしだき)
        (やがて胸に顔を近づけ向かって左の乳首を舐り、右の乳首を右手でころころと指で愛撫を始める) -- シモン 2018-12-30 (日) 05:13:51
      • ふ、ぁ…ふぅ…(狼狽している様子を優しく見守りながら、導いた手が揉みしだき始めれば指が食い込んだり形を変えて)
        血の通った人間…シモンと同じね?…ぁ…っ(揉みしだいて、近づいた顔が胸を舐り乳首を弄ってくる。同時に右も愛撫をされていくと、次第に先端が存在を主張する様に固さを増して)
        焦らず少しずつ…んっ…気持ちよくしようとすれば、ちゃんと応えてくれる…から…ふぁっ(そう言いつつ撫でて、時折愛撫の度に声を漏らしていく。そんな合間にシモンの肉棒へと手を伸ばして根本から撫でさすりながら、自身も脚を徐々に広げて) -- フィア 2018-12-30 (日) 05:42:01
      • …フゥーッ…(鼻息は荒く、胸をくすぐる。右、左と交互に舐め、右手は腹をさすりやがては下腹部へ。)
        ・・・ッ(肉棒を摩られれば快感が再びこみ上げ、どんどんと硬さを取り戻していく。)
        (乳首から口を離し、再び唇を吸う。今度は舌を絡ませ舐りつつ右手は手を伸ばし陰部の愛撫を始める) -- シモン 2019-01-04 (金) 04:29:40
      • (存在を主張し、舌で舐られる先端部。鼻息で胸を擽られてねっとりとくすぐる様な男の手の動き、拙くはあるが先程よりかは愛撫として身体は受け入れている様で)
        (それと同時に、唇を吸われる。舌同士を絡ませあいながら、こちらからも差し入れて…女の体内を味わい、味わされる行為への期待に膨らませている陰茎の様子を手で擦りながら)
        (そしてシモンの右手が愛撫している秘部、陰核を見つけるのはそう時間はかからないものの肝心の受け入れる部分が指先だけでは簡単に判別出来ないが…柔らかく、こすりつけるだけでも気持ちよさそうである。じっくりと見れば入れる部分も確認できそうで) -- フィア 2019-01-04 (金) 14:42:51
  • (一張羅のスーツもなけなしの旅の荷持もすべてを失い、全裸で浜辺に打ち上げられた) -- シモン 2018-12-22 (土) 20:46:39
    • (アイテム取得ロール!1D20!=20)
      何も取得できませんでした -- シモン 2018-12-23 (日) 01:55:59
      • (アイテム取得ロール!1D20= 3) -- シモン 2018-12-25 (火) 02:19:44
      • (あてもなく海岸に出て歩いてみると、岸辺に流れ着いてるものを見つけた)
        …何だこれは?丸くて水に浮いている…ブイかな?これを持っていけば少しは泳げるかもしれない。
        (シモンは浮標(ブイ)を手に入れた) -- シモン 2018-12-25 (火) 02:21:35
      • …色々と流れ着いてるけれど単体で使えるものってあまり無いわね。(お疲れ様、と声をかけて) -- フィア 2018-12-25 (火) 03:27:12
      • ええと…そちらさんは確か…フィア、さんだったかな?(ブイをいじってしゃがんでたところに声がかかって)
        まぁなにか見つかるだけでも重畳ではあるのだが…その服は? -- シモン 2018-12-25 (火) 03:37:07
      • そういうあなたはシモン。…流れ着いてたバニー服、かな…(服について言及されれば少し遠い目をして)
        (それはそうとしゃがんでる状況で見上げれば胸で顔が遮られてたりする、あとストッキングがビリビリに敗れてたりする)本当見つかるだけ…マシ、ね(肩を落として。それにしてもしつらえたかのようにバニー服がピッタリである) -- フィア 2018-12-25 (火) 03:42:40
      • …我々が乗っていた船の中にあったのかな。(立ち上がり改めて会釈。ヒゲが心なしかさらにボサボサしてる)
        …なんとか食いつないでいるが、このままだと食料を巡って争いになったりしないか私は不安でね…なるべく探して入るんだが -- シモン 2018-12-25 (火) 04:06:38
      • ………私物よ、運良く一緒に流れ着いてた。(着ること自体に躊躇いがあるのかやや嫌そうな表情。それはそうと会釈に対して綺麗なお辞儀をする)
        そうね…限られた供給を考えたら、ちょっと心許ないものね。…水場もあるから1週間くらいは何とかなるけれども、脱出するにしろ救出待つにしろ…ね。
        …もちろん、無理して怪我したり行方不明になったりするのは以ての外よ。(暑い中だけど大丈夫?と気遣って) -- フィア 2018-12-25 (火) 04:20:52
      • なるほどそれは幸運だ。私はなけなしの荷物すらなくなってしまったよ。(見れば一応陰部を葉っぱで作った腰蓑で隠している)
        そもそもここがどこかもわからずだから救出が来るとは思えない…下手すれば年単位なんてことも(おお…と手で目を覆う)
        …もうすでにあのリザードマンが崖の藻屑になった。彼の幸運を祈るしかない。
        (改めてフィアを見ると、極限状態にあるにもかかわらず、魅力的だと思ってしまう) -- シモン 2018-12-25 (火) 21:09:57
      • そう?落ち着かないのだけどね、色んな意味で。いっそ全部流された方が楽だったかもなんて…あるからこそ言える発言よね、これは。
        あれだけの客船が沈んだのだから捜索は既に始まってるでしょうし、ずっと漂流するよりかはよっぽど幸運よ?悪運が強いとも言うかもだけど…(と、悲観しない様に伝え)
        だから、程度の差はあれど持ってる方は多いわよ…まだ藻屑になったと決まった訳でも無いわ
        (どこか物憂げな横顔を覗かせて、しかし手を伸ばせば触れられる位置に存在している) -- フィア 2018-12-26 (水) 01:04:53
      • 生きて地面にいるだけ幸運とも言えるか…まぁ、これで落ち着いてってわけには行かないが…
        リザードマンは強靭と聞く、だから大丈夫だと思いたい。…ゴクリ(生唾を飲みついつい体を舐め回すように見てしまう。)
        …とりあえず、お互い生き残れると良いね。できれば誰もかけることなく。 -- シモン 2018-12-26 (水) 01:26:16
      • とはいえ、先程よりかは幾分か気持ちは楽になるでしょう?…多少空元気でも動いてた方が色々考えずに済むもの。
        出来る限りはね、せっかく拾った命だもの……(それはそうと、向けられる視線が身体に注がれ絡みつく様な感覚…全身曝け出してる訳では無い分遠慮なく感じる様に思い…汗ばむ感覚に胸元を引っ張り大きく開いて乳房、その先端までこぼれ出て) -- フィア 2018-12-26 (水) 01:43:25
      • 確かに少し元気が出てきたかな。人と話をするのは大事…!?(開かれた胸元…その艶めかしい裸体が急に晒されれば驚き)
        ちょ…一体…!?(しどろもどろになる頭脳とは違い、体は正直であった。段々と大きくなる男性自身)
        (長らく女性自身ともご無沙汰なこともあってか隆起するとそれは卑しい匂いを放ち始める)-- シモン 2018-12-26 (水) 01:51:16
      • ……元気が出たのなら良かったけど、その…元気出し過ぎ?
        あ、えっとー…シモンの視線が、ね?凄く向いてきたから…服着てない時は逆に避けられてたなーって思ったからちょっとだけ脱ごうとして…
        (何しろ流れ着いた時はほぼ全裸、逆に隠す事で視線が向くのならと…少なくとも陽射しで冷静な判断が出来ていない様子。……ややバツが悪そうな顔で視線がチラッと下腹部へ) -- フィア 2018-12-26 (水) 02:03:53
      • …まぁこれは男として至極まっとうな反応だと思う。それだけ君が魅力的だったということだ。
        …。(気不味い沈黙が訪れる。不断なら自制が効くが咎めるものがないこの状況…。千載一遇のチャンスなのでは?とも思案し)
        …ここまで来てその、引っ込みがつかないというか…。(後ろめたさの言い訳とは裏腹に更に陰茎は固くなり息は荒く、獣のような目つきでフィアににじり寄る。もし逃げようとすれば追いかけてくるだろう…。) -- シモン 2018-12-26 (水) 02:15:23
      • 流れ着く前はメイドやってたもの…主を立てる為に自分自身を磨くのは当然…(ああたてるってそういう…)
        (運が良いのか悪いのか、周囲に人気もなく…じっとみつめながら竿先が向けられる。視線から飛び込んで来るであろう事は予想できて)
        (そしてここで退けたとしても、色々とマズい事は予想できる。なので…その場で膝をついて)
        …(顔を陰茎と同じ高さに、そして胸を出したまま…自らの指を唇で舐るように見せつけて)ここで、良い? -- フィア 2018-12-26 (水) 02:31:11
      • …。(無言で腰蓑を外し、陰部があらわになる。油断した腹とは裏腹にその下にある陰茎は大きく太い。よく見れば割礼の跡がある)
        (顔の前に陰茎を近づけて)…溜まってるから早いかも。
        (そうつぶやくとフィアに身を任せる)。年齢とは裏腹に初々しい動作…こういうことになれてないだろうというのが察せる -- シモン 2018-12-26 (水) 02:41:45
      • (露わにされる陰茎、何やら処置が施されているのを見ながらもかなりの大きさなのを見て、それ以上に反応がやや初々しい)
        …分かったわよ。(そうして近づけられる陰茎、見上げても腹肉で表情は伺えるか伺えないか…といった具合)
        (だいぶ臭いもキツく感じながら、口を開いてゆっくりと口へ咥え込む。…自身の手とは違った、生暖かくも柔らかい感触で包み込んでいくのは一緒に遭難しただけの行きずりの相手。そのまま根本まで、口いっぱいに頬張ろうと頭を動かして) -- フィア 2018-12-26 (水) 02:49:36
      • …ぉぅ(咥えられれば漏れる嗚咽、未知の感触に腰が引けつつその快楽を享受する)
        …ううっすごい…(敏感な部分はビクビクと脈をうち、その行為が男にとって気持ちがいいと如実にフィアに伝える)
        …も、もう出そうだ…(ひときわ大きく膨らむ陰茎。そのまま口に出せば大量の精液を吐き出すだろう) -- シモン 2018-12-26 (水) 18:41:16
      • (口の中で広がる独特の風味、臭いに僅かばかりに眉を顰めながら。)
        (そして上の方から漏れる嗚咽混じりの呟きと口の中で震える存在にまさか…とは思いつつ)
        (えっもう!?と、僅かばかり内心で驚いている間に口の中で迸る精液。絡みつく程濃厚なそれは遠慮なく巻き散らかされて…しかし零さないように様に手のひらを顔の下で広げて目を閉じながら引き気味の腰に追従して根本で受け止め、出されているものはどうにか飲み込んでいって) -- フィア 2018-12-26 (水) 20:28:51
      • っはぁっ…。(久しぶりの満足の行く射精で腰が抜け情けなくその場に座り込む)
        …あぁ…。(口内に射精されむせるフィアを見て、再び鎌首もたげる征服心)
        …。(身を起こし、まだ口を抑えて座り込んでるフィアに覆いかぶさろうと近づく) -- シモン 2018-12-26 (水) 22:52:16
      • ん、ぷ…(出し終えたシモンがその場に座り込めば口から引き抜かれる肉棒。ずるっと抜けて飲み込めきれない白濁が口の端から垂れる)
        (それでも手のひらを出していた為に手と口と顔位しか汚れておらず、喉に絡む白濁に咳き込みながらも嚥下していると)
        …ちょっと待ちなさいよ。(近づくシモンのもたげる鎌首に手を伸ばして握ろうとして)…先に脱ぐから、これしかないから汚されたり破られると困るし。(まずは静止させようとする、やり方は過激ではあるがこれくらいしないと止まらないだろうと思い) -- フィア 2018-12-27 (木) 01:16:33
お名前:
+  格納

Last-modified: 2019-01-04 Fri 14:42:51 JST (1065d)