名簿/155052

  • なんだこりゃ? やけに沢山いるじゃねーか、うはははははっ!
     お前とお前、来月一緒だがよろしくな……て、ありゃ、お前とお前だったか、いやこっちか?……まぁいい、うはははははっ! -- ゴルグ 2008-11-03 (月) 19:45:25
  • ……ふむ、興味深い。ともあれ、来月そちらの073と一緒に冒険をする事になった。よろしくお願いするよ -- ニーハリー? 2008-10-26 (日) 01:14:14
  • ええと・・・ シリーズの方とは何度も同行させて頂いてますね。ご挨拶に窺うのが遅れましたが、今後ともよろしくお願いします! -- ガク? 2008-10-15 (水) 20:13:18
  • 初めまして。私イコと申します。1月に155064の方とご一緒いたしますわ。よろしくお願いいたしますわ。 -- イコ? 2008-08-13 (水) 15:25:38
    • あら。いらっしゃらないようですね。2月も一緒ですわ。よろしくお願いいたしますわ。 -- イコ? 2008-08-14 (木) 15:20:13
  • そちらのルシアさんも含め、081と同行の模様です
    マスプロさんたちが意外に若い番号だったことに軽い驚きを隠せません。とりあえず、よろしく -- ケイオスソーサラー 2008-08-13 (水) 04:20:36
  • …081の方と来月ご一緒します…よろしゅう -- ルシア? 2008-08-10 (日) 10:37:43
  • …今月、卒業生が出ました。わたしはシノンデルスのみんなと同じくらいの時期に卒業…ですね。 -- マーシャ? 2008-07-11 (金) 17:34:26
  • …12月に155116、155079、2人のシノンデルスと一緒の依頼を受けました。
    きっと成功させて、一緒に帰りましょう。 -- マーシャ? 2008-07-07 (月) 18:56:19
    • らしいな、報告を受け取った。両方とも支援タイプだな、意図は計りかねるが…。
      緊急時の優先防護順位をお前に設定しておく、死ぬなよ。 -- 調整員 2008-07-07 (月) 19:51:53
  • …あの、少し…いいですか?(すっかり意気消沈した様子で) -- マーシャ? 2008-07-03 (木) 00:32:40
    • (相手の様子を見て、作業の手を止めてコーヒーを入れて渡す)まあ、何があったかは大体把握させてもらっているがな。 -- 調整員 2008-07-03 (木) 01:13:21
      • (コーヒーの入ったカップに口をつけ何口か飲むが、すぐにカップを傍らにあった台に置き、
        調整員の胸元に抱きつき、泣いた。声はあげない。
        ルームメイトの死が相当悲しかったらしく、
        養成所内でマーシャが懐いている人間のひとり、調整員を頼ってきたようだ。
        …しばらくの後、落ち着いた様子でごめんなさい…とだけ言うと部屋を後にする。) -- マーシャ? 2008-07-03 (木) 07:49:02
      • (抱きつかれると白衣に手を突っ込んだまま動かず、しばらく後に帰る姿を黙って見送った)
        参ったねえ……。(頭を数回かくとデスクに向かい、今までとは別の書類にペンを走らせていった) -- 調整員 2008-07-03 (木) 08:52:11
  • (徐々に数を減らすシノンデルスを見て、自分もいずれあっけなく死ぬのではないかと不安に駆られている) -- マーシャ? 2008-07-01 (火) 20:26:37
    • よう、久しいな555番。…情動機能は大分発展したようだな、そんな顔をするようになるとは。
      生体ロボットだ人造人間だといった所で、こいつらも生命活動を行っている事に変わりはない。
      訓練生も同じだ、死ぬ時は死ぬし生きる時は生きる。死ぬのが怖いのは、お前さんが今まで重ねてきた経験とこれから体験する可能性が断ち切られてしまうからだ。 -- 調整員 2008-07-01 (火) 22:00:37
  • …。またひとり、減った。みんないなくなったらどうするの…ですか? -- マーシャ? 2008-06-23 (月) 20:11:00
    • …さあなあ。それを決めるのは、俺じゃあないのだけは確かだが。(データを打ち込みながらコーヒーを啜り答える)
      こいつらがコスト以上の働きをすると判断されれば正式に増産されるんだろうが、俺は正直好みじゃあないね。
      散々冒涜した物を、今更生命倫理だのを持ち出すつもりはないが。面白くないのさ、人格のない制御OSでは意外性に欠けている。
      ああ、その袋の中のチョコバーはお前さん用だ。好きな時に齧れよ。 -- 調整員 2008-06-23 (月) 22:50:47
      • …。(静かに耳を傾け、一言)…あなたは感情豊かな生き物が好きなのね。
        わたしももっと豊かになりたい…。
        …チョコレートの塊?…いただきます(少しずつバーをかじる) -- マーシャ? 2008-06-24 (火) 02:42:03
      • 自律意識の存在しない物体は、幾ら人間に似せても人間ではないな。(机に寄りかかってタバコに火をつける)
        言われた事をただこなすだけでも、自律意識のある物は自己との葛藤、上部命令への服従とそれに伴うストレスの発生。
        それを司る理性と感情の葛藤、そしてその集約的表現としての身体行動、あるいは感情の発露。
        そういう「揺らぎ」が無い物には発展性は存在しない。規格通りに作られた物は想定内の性能しか発揮しないんだよ。
        …柄にも無く喋ってしまったな。 -- 調整員 2008-06-24 (火) 02:47:53
      • (バーをかじりながら聞き入る)…作った者の予想を裏切れない人形か、そうじゃない人間か…。
        (煙草の煙に目の焦点を当て)…裏切ったほうが嬉しいの…ですね。
        …珍しいですね(にこっと微笑んで言った)。 -- マーシャ? 2008-06-24 (火) 03:03:30
      • 疲れると口が滑る癖なんだよ。恥かきついでにもう少し付き合え。
        自律意識が人を人たらしめ、肉体は意識の付属物でしかないと定義するならば。
        人間とは、定められた範囲での社交性を有しているか否かに結論される。
        そいつが生活している身の回りにおいて、そいつに求められている役割を果たしているかいないかが重要という事だ。
        ならばこの限定された環境である訓練コースにおけるお前、555番マーシャは既に一個の人格を確立した人間である、とは言えないだろうか。
        …まあ、そういう話だ。ここでなら、お前はもう一人の人間になっているかもしれないのさ。その感情の発露が証拠だ。 -- 調整員 2008-06-24 (火) 03:10:50
      • (付き合いますよ、といわんばかりに身を乗り出して聞く)
        …社交性、役割があるかどうか…。…わたしも人間(自らに言い聞かせるように呟いて)
        …最近は楽しい…ことが多くてつい笑みが…。あっ、そろそろ戻らないと。
        107号室で相部屋になったんですよわたし。それじゃ、おやすみなさい… -- マーシャ? 2008-06-24 (火) 03:19:34
  • (腿と左腕に包帯を巻いた娘がやって来る) …輸液をお願いします。 -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 15:43:14
    • (30台に減らされたが、ケーブルや補機類の増加で手狭になった調整ルーム)
      ああ、来たか。そこの空いているシートに座ってくれ。お前の体液に対応した電解質溶液を今調合し終わった所だ。
      (シートの側に据え付けられた溶液タンクに液体を注ぐ) -- 調整員 2008-06-22 (日) 15:52:25
      • (ケーブルに足をとられないよう注意しながらシートに座り、調整員の動きを見つめている) -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 15:55:17
      • 「555番への輸液作業を開始する」「了解しました。電圧微増させます」(シートが静かに作動音を立て、手首に巻かれたバンドに付属した細い針から溶液が点滴されていく)
        1時間ほどで終了する、面倒かもしれんが静かにしてくれ。 -- 調整員 2008-06-22 (日) 15:58:55
      • …ん。(針が血管に侵入して作業開始)。
        はい(ふ…と息を吐き、じっと調整員の目を見る。無言で) -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 16:01:52
      • …まあ、丁度いい空き時間だな。先日話した、今回の冒険経過と結果についての感想をまとめてみろ。 -- 調整員 2008-06-22 (日) 16:03:45
      • 場所はここより近い見通しの悪い森林、目的は巨大怪物討伐、現地での戦闘は2回でした。
        同行者はとはあまり会話がありませんでしたが…戦闘ではうまく連携をとれました。
        インプの群れは大したことはなかったのですが、ムカデは不気味で…わたしは2度も脚で攻撃されて苦痛でした。
        でも、止めを刺したときはとても気分が良かった(少し内股になり、もじもじしている)。 -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 16:14:32
      • ふむ。お前の戦力判定ではムカデといえど油断はできない相手だからな。
        止めをさせたのも単なる幸運だろう、大きな傷をそれ以上受けていれば、生存危険域に達していたはずだ。気を付ける事だな。
        その気持ちよかったと言うのが、生還した事への安心か、撃破した事への達成感かは自分で判別しておけよ。 …どうかしたか? -- 調整員 2008-06-22 (日) 16:19:39
      • …両方だと思います。…ええと、その…トイレに…。 -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 16:23:45
      • ああ、そんな事は早く言え。(一旦バンドを外し、無精髭の残る顎で指し示す)
        生理現象を我慢しろとなどと馬鹿な事は言わないからな。 -- 調整員 2008-06-22 (日) 16:26:34
      • (シートから立ち上がり、すぐに戻りますと部屋を後にする。5分ほどで戻ってきて再びシートに座る) -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 16:29:07
      • (30分ほど経過)…輸液終了、シートを停止させる。(低い音が止まった)
        あまり動かないようにしていれば、再生機能が徐々に復帰してくるはずだ。
        お前の成長率は良い方だからな、それなりに期待されている事を覚えておけよ。 -- 調整員 2008-06-22 (日) 16:38:57
      • (手を開いたり閉じたりして違和感がないことを確かめると立ち上がった)
        …期待に応えられるように頑張ります…(ぺこりと頭を下げ調整室を後にする)。 -- マーシャ? 2008-06-22 (日) 16:44:36
  • (処理するところは余り見たくは無いけど来てみた) -- マーシャ? 2008-06-20 (金) 16:49:49
    • (解体された死体をコンテナに詰めて送り出した所)なんだ、また来たのか。おういお前ら、555番だ。
      今月は候補生からも死人が出たようだな。しばらく蛋白質には困らないぞ、喜べよ。(下げたままの武器に気付く)
      そういえば、お前の剣は候補生の支給剣97式の改良型だったな。 -- 調整員 2008-06-20 (金) 16:54:34
      • (シノンデルズによろしくと挨拶し、蛋白質に困らないという台詞に少し悲しそうな顔をする)
        改良型…振り回しやすくて、良い剣です。これも支給品だったのですね -- マーシャ? 2008-06-20 (金) 17:04:02
      • 「「「「マーシャさんお疲れ様です!!」」」」×29
        元の97式は、先日予備を武器屋が持って来ていた。これだな。
        お前のは補強の心材を外して刀身を延ばしてある、耐久性は落ちているから無理はさせるなよ。 -- 調整員 2008-06-20 (金) 17:08:13
      • …短剣ですね、97式(一斉に挨拶を返されてたじろぐ)
        折れないように気をつけて使います…。(調整員の目を見て頷きながら) -- マーシャ? 2008-06-20 (金) 17:15:53
      • お前は生体強化プランの中でも最後発だからな、初期性能もそのように強化されている。お前なら使えると上は判断したんだろう。
        死んだ後で若い職員に悪戯されんよう、少しは長生きして頑張れよ。 -- 調整員 2008-06-20 (金) 17:43:09
      • (よく分からないといった目で話を聞く)…プランですか。
        はい、がんばります。…悪戯?(顔に落書きとか、かな。と思いながら帰っていった) -- マーシャ? 2008-06-20 (金) 18:05:57
  • …死んでる(遺体に触れようとする) -- マーシャ? 2008-06-17 (火) 15:40:11
    • ああ、触るな触るな。今からチップを摘出するんだからな。(言うやいやな台に半固定された鉈状の刃物を死体の首に押し当ててガチリとはめる)
      「プレス掛けるぞ」「圧、来ます」(ガコン、と言う音と共に刃が台を通り、首が2つゴロンと転がる それを無造作に掴んでは気管と背骨の間に指を突っ込み爪ほどの大きさの小箱を引き抜いた) -- 調整員 2008-06-17 (火) 15:46:49
      • (差し出した手を引っ込め、少し嫌そうな顔で作業を眺めていた) -- マーシャ? 2008-06-17 (火) 15:55:57
      • (小箱の中から小さな玉を取り出し、傍らの魔力を用いた演算機にセットする データが残りの31体に転送されていった)
        さて、残りは骨格と筋肉を剥離させて肉と消化器官を洗浄に…。(処置台の周りを数名がせわしなく動き出し、2体の体を部位ごとに分割してから切開し、骨と内臓を分離してそれぞれコンテナに積める) -- 調整員 2008-06-17 (火) 16:02:07
      • …これで「処理」は終了…ですか(無感情に処分される人造生命に憐れみの感情を抱いているらしい) -- マーシャ? 2008-06-17 (火) 16:07:29
      • データは抽出し終えたからな、調整ルームの仕事は終わりだ。(ゴムの作業カバーを脱いで首を鳴らす)
        後は内臓と筋肉組織は調理部に回って判らないようにミンチにされ、お前達の食事として配給される。こいつらは「薬漬け」だからいい強化栄養食材になるそうだ。
        骨は就寝前に服用するビタミン剤に混ざるのだったか、とにかく余るのはこの頭部ぐらいさ。 -- 調整員 2008-06-17 (火) 16:13:31
      • た、食べるの…これ。…人は食べたくない(身の毛がよだったのか、自分の腕を抱く娘)
        …せめて、首は埋葬してあげて -- マーシャ? 2008-06-17 (火) 16:17:55
      • …ああ、お前はこの養成所に来てからの経過日数が少なかったな。
        こいつらシリーズに限らず、養成所の生徒は死亡した際に遺体が回収できればそれを調理して食わせている、勿論彼らは知らされていないが。
        食後もしくは就寝前にのむカプセルはその大半が骨髄液や脳脊髄液から抽出された物だ。
        全く身の毛もよだつ話だが、これもコスト削減のためだそうだ。神経強化薬剤はバカにならないからな。 -- 調整員 2008-06-17 (火) 16:23:20
      • …!(整備員の話に少し驚いた顔をした)
        顔を…洗ってきます(そのままふらふらとトイレに歩き去る) -- マーシャ? 2008-06-17 (火) 16:29:25
      • …うん?情動機能は未搭載に近い状態の筈だったが…ショックを受けたのか。まあいい、とっとと次の作業に移らないと定時に上がれないな。
        (回収ボックスに頭を1つづつ投げ込み、血で汚れた衣服を洗浄室へ持っていった) -- 調整員 2008-06-17 (火) 16:32:08
  • (先程の言葉が気にかかり、調整員の後を追ってみた) -- 52-555? 2008-06-16 (月) 16:14:53
    • …何だ、付いて来たのか。まあお前ならいいだろう、どうせ調整を受ける時はここだ。
      (33体の全く同じ容姿の青年が多数のケーブルに接続されたシートに座って目を閉じている 魔法を使用した演算機械が時々低い音を立てた)
      体液のろ過交換、骨格からの筋肉剥離調整と再装着等を行うようになっている。 -- 調整員 2008-06-16 (月) 16:24:10
      • (調整員の目を見つめて、こくりと頷き、人造の生命体たちを眺めて歩く。そのうち一体に顔を近づけ匂いを嗅ぐような仕草をする。
        しばらくそうした後、顔を離す)
        …。…わたしも、ここで、ケーブルに「繋ぐ」のですか? -- 52-555? 2008-06-16 (月) 16:30:08
      • ええと…あ、この書類か。お前はスタンドアローンで長期行動が可能なようにされている。
        そう大掛かりな調整はないだろう。必要があればこちらから呼び付ける様になるはずだ。 -- 調整員 2008-06-16 (月) 16:36:57
      • …わかりました。呼び付けられたら、来ればよいのですね(言葉を反芻し、理解したようだ。しかし、そのまま呆然と直立不動) -- 52-555? 2008-06-16 (月) 16:39:34
      • …情動機能の調整が不完全なままの試験なのか?面倒臭い物を押し付けてくる…(ぶつぶつ)
        用事はそれで終わりだ、眺めたいだけ眺めて満足したら自室へ帰れ、以上。 -- 調整員 2008-06-16 (月) 16:43:13
      • (はい、と返事をして瞬きすると。そのまま調整室を出た) -- 52-555? 2008-06-16 (月) 16:45:32
  • なるほどー……試験体の私よりは、実戦には向いてそうですね〜……
    調整員さ〜ん、久しぶりです〜……ところで、トリニティさんと同じように、欠けたら補充するんですか〜? -- ブロッサム 2008-06-14 (土) 12:50:54
    • なんだ、コード:ブロッサム、まだ生存していたのか。
      下っ端の俺には上の判断に任せるだけだ、年次損耗率を調べるのも計画の内らしくてな。
      まあできるだけ死ぬように願っておけば、いい事があるかもしれんな。さあ依頼へ行け!電磁鞭を食らわせるぞ! -- 調整員 2008-06-14 (土) 13:08:25
  • ……統計どうしよう。(眼鏡を押し上げ目元を押さえる) -- エフェメラ 2008-06-13 (金) 22:08:31
    • アントリオン候補生か、懲罰を受けたくなければさっさと配置に戻れ!
      あぁ?何?…個人的に帳簿を付けているのか、まあ悪くはない行為だ。褒賞1、と(手帳に何かを書き込み)
      こいつらは30人全員が1個の群体としても機能するようにしてある、全機損失までにはお前さんがくたばるか卒業してるから余計な心配はするな!さあ帰れ帰れ! -- 調整員 2008-06-13 (金) 22:12:47
  • …疲れ目かしら。 同じ人間がたくさん見えるわ。(目頭を押さえつつ) -- ユーバリ? 2008-06-13 (金) 21:29:27
    • あ、こらッ 候補生は調整ルームに来るんじゃない!(殴って追い返す 部屋には30台の機械式のリクライニングシートと大量のパイプ、ケーブル類に魔術電子機器) -- 調整員 2008-06-13 (金) 21:31:49
      • 痛っ! なによ、なんなのよ!…もう。(頭を抱えて逃げていった) -- ユーバリ? 2008-06-13 (金) 21:41:49
      • 全くなんてガキだ、今度来たら電磁鞭を持ち出してやる。(唾をはき捨て、忌々しげに呟いた)
        さあて、作業を始めるぞお。『着体開始』!(キーワードが号令となり、30人の全く同じ物体は整然と自分のナンバーの付いたシートに座っていった) -- 調整員 2008-06-13 (金) 21:44:50
  • こちゃまたとんでもなく多いな! -- 2008-06-13 (金) 21:22:41
    • 「はじめまして!マスプロダクトです、よろしくお願いします!」
      (全く同じ顔の30人全員が同一のタイミングで発言し、一斉に敬礼する) -- シリーズ 2008-06-13 (金) 21:24:01
  • あー、テステス。マイクの調整です。 -- 調整員 2008-06-13 (金) 20:16:21

Last-modified: 2008-11-03 Mon 19:45:25 JST (4134d)