名簿/161283

  • あけおめ餅透過わさ 改めて婚約おめわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。おお、今年は…(なんとなく餅仮面を装備してみる)
      なんだかんだで婚約まで長くなりました…有難うございます
  • フォース・サンドローズ。無事の引退とタオツー嬢との結婚を祝わせて貰おう。二人の幸せを、この地で祈らせて頂くぞ。 -- ヨハン?
    • 貴公は…確かジンクスの後に来た…
      有難うミスター、こうして祝われる身になるとは思ってもいなかったな。祝われた分、幸せは大成して見せよう
  • ……忙しそうですね……(ササッと部屋の掃除を済ませておいた) -- 桃子?
    • (帰ってみると、部屋は手入れがされていた
      多忙とはいえ、気を使わせてしまっているな…)
      • (後ろから急に抱き付いて甘える)
        あの……お体は大丈夫ですか…? -- 桃子?
      • (抱きついたまま穏やかな寝息を立て始めた) -- 桃子?
      • (よしよしと撫でて添い寝をする)
  • (お前らも晴れて夫婦か…何があっても桃子を泣かすようなことはすんな!俺達みたいなことにはなるなよ…)という書置きと泥臭い液体の詰まった瓶が置かれている -- ???
    • この泥臭さ…!元気にしているかチョウヒよー!(夕日に向かって叫ぶ)
  • (色々と忙しくて申し訳ない。無事の引退と結婚おめでとう。心から祝福させていただく。 というメッセージカードがあるとか) -- ウィリアム
    • これは…!ありがとうございますウィリアム殿!
      (去る前に礼を述べたいところだ…)
  • あけおめハムじゃないものわさ ワイバーンで引退かー… にんともかんともご苦労様わさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。これはハムじゃ…うん、ハムじゃないですね
      長いものでしたが、とうとう引退ですよ。有難う御座います
  • フォースさんっ新年明けましておめでとーう!・・・ちゃんと居るのかな?久しぶりだからなー -- ヒール
    • 少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございますヒール嬢!
      まあなんというか、色々と立て込んでまして…申し訳ないですね
  • (ぼー、とソファーに座って帰りを待っている) -- 桃子?
    • (相にも変わらず、部屋は静まっている・・・)
      • ……遅いな、サンドロックさん…(体育すわりになって顔を埋める) -- 桃子?
  • ……あぁっ サンドロックさんが白くなってる……(情熱の少なさにおろおろ) -- 桃子?
    • …(リングの端で白くなっている)
      • 〜…!(ぽかぽか叩いて正気に戻させる) -- 桃子?
      • ああ…巨大や怪物ならまだ希望はあったのだが…
        「人型の怪物討伐依頼」。こりゃ9割方アウトだ
        とりあえずせめての餞に、全力で叩きのめしてくる、報告を楽しみにな、レディ(陰りのある笑顔で)
      • サ サンドロックさん……っ!!(全力で頬を抓る)
        ダメです…諦めちゃダメですからね……あなたは、騎士でしょう…? -- 桃子?
      • あいたた、いたた…!
        ウム、いかんな。先の依頼で気迫が抜かれたか。ワイバーンの上に君臨する悪鬼羅刹を葬らん事には…!
        しかし、相当楽観出来ない状況であるのも事実だ。その点、幾分かの覚悟はしておいてくれ
  • (引退が免れて少しほっとしながら、00を見る用意をする桃子だ)
    よしっ……(録画準備も万端な桃子だ) -- 桃子?
    • (あなたが泣かないからよ は良かったと思いつつ)
      只今戻ったぞレディ。次回が英雄クラスに囲まれていて実に恐ろしい…
      • (スメラギさんの作戦がどうみても嫌がらせなのに成功してて腹筋を痛めながら)
        ええ、きっと出てくるのも恐ろしい敵でしょうね……。 …怖い、ですか…? -- 桃子?
      • (〆に大胆です〜のシーンでスタッフ…と思いつつ)
        英雄に肩を並べるポテンシャルと評価されているならば光栄である、それに開けて悔しき玉手箱…の可能性も否めないがな
        …いつの依頼でも恐怖を感じぬ時は無い、全てを喪失する死ほど恐ろしいものは無いだろう
        だが、恐怖がそこにあるからこそより強くなることが出来るのだよ。厄介なものだね…全く
      • …キノ鉱の方々ですし…そうかもしれませんね
        乗り越えようとするから、強くなる…それは機械も人も変わらない本質、なんでしょうね……。
        …あ! そ、そういえばアヘッドを見かけたんですよ! …ブシドーしてましたけど -- 桃子?
      • さて、どうなるかね。恐怖もあるが反面、実に楽しみだよ。我らは戦闘が生業だからな…!本質…か(フム…と、顎に手を置いて一考)
        何!? いろんなものが流れ着くな、ここは
      • 確かにそうですね……(こっそりアヘッドに乗っているのにバレたら怒られるだろうな…と思いつつ)
        ええと! ……正しくは「ミスターブシドー節を駆使するアヘッド幼女」……という感じですが…可愛くて…(思い出してくすくす笑っている) -- 桃子?
      • ハハハ、君も給仕の仕事は退屈で困るだろう(こっそり乗っていることは露知らず)
        …ブシドー節を駆使する…アヘッドで幼女?…ううむ、ますます世は難解だ!
      • え、えぇはいっ!! でも皆さん気さくな方で面白いですよ、ふふふ……(若干声がうわずった)
        …ミスターブシドー自体、難解な存在ですからね……(遠い目) -- 桃子?
      • アレは真似出来ない、うん。そもそも武士道とは、サムライとはいかなる…
        騎士道とは違うのだろうか…(その後、色々食っちゃべたが埒が明かなかったようだ)
  • (やっぱり大きい方がいいのかな……) -- 桃子?
    • ……小さい……(誰もいない所でこっそり胸を寄せてみている) -- 桃子?
      • (そんなことは無い…!とこっそり影から念を送るフォース)
      • はうっ!?(NT的なSE)  い、今誰かに覗かれていたような……
        (恥ずかしくなったので彼のベッドに勝手に潜り込んで眠ってしまった) -- 桃子?
      • (これはNTか、それとも夫婦的なアレか…と思いつつベットに先客。途方にくれる
        とりあえず起こさないように気を配りつつベットの隣で横に)
      • (ベッドの中から片手を伸ばしてがしっと腕を掴む)
        (ぐい ぐい) -- 桃子?
      • (起こしたかレディ(引きずり込まれながら))
      • (…あなたが帰ってきた時から起きてましたよ 今夜は大丈夫なんですか?(ベッドの中でもぞもぞしながら)) -- 桃子?
      • (そうかそうか、バレバレだったか。君こそ…遠征お疲れ様
        今夜はもう少しならOKさ(頭を撫で撫で))
      • (えへへへ…(ふにゃふにゃの笑顔になって抱きつきながら)
        無事ワイバーンも倒せて安心しましたサンドロックさん…でも、情熱が……) -- 桃子?
      • ((様子が面白いのかいちゃいちゃ)
        勝てたのも君が居たからかもな
        既に引退に片足突っ込んで居るような状況だ…もうこの世界で成し遂げるべき当初の目的は果たしてしまった
        そろそろ…いや、その話は明日に改めてしよう…)
      • (……はい、明日、また依頼から帰ってきたらですね
        おやすみなさい、サンドロックさん…(ぎゅっと片腕にしがみつきながら眠った)) -- 桃子?
      • (来月は…余り心配は要らないだろう
        また明日…ゆっくりお休み、レディ)
  • こんにちはーフォースさん、ごるろあ街に諸事情で居られなかったけど戻ってきたから挨拶に来たよっ
    また薬草売りをしてるからー必要になったらよって見てねー
    あとこれどーぞちょっとボリュームがすごいけど(恵方巻きそっくりのチョコを渡す) -- ヒール
    • おお、ヒール嬢!?言い換えれば復職なさったのでしょうかな
      最近ワイバーン等と戦闘するようになりましてね…これから薬草の世話になることが多そうですね。ハハハ
  • あけおめ餅ストラわさ 結構情熱がギリギリだのう わさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。おお、今年は…アレ、コレ生きてないですか…!?
      我ながらなかなか情熱的にスリルのある状態でしてね。引退も死ぬよりかはましでありますが
  • おかえりなさーいっ!!(悲願達成で抱きつきながら、次の依頼に心配している) -- 桃子?
    • ただいまレディ!(思いっきり抱きとめて)
      いやははは、なかなかやるものだろう(見事なすれ違いに吹きつつ)
      • …ほんとですね(顔を赤くしながら)
        じゃ、じゃあ向こうで話しましょう?// -- 桃子?
  • いるかー!(ドンドン) -- ウィリアム
    • イエス、在居(ガチャッ)どうなされたウィリアム殿!
    • (あ…イベント9時だからか…とくずおれる男)
  • フォース!いるかー!!(ドンドン) -- ベルナドット?
    • いねぇならいいや! 桃子ちゃん大切にしろよー! -- ベルナドット?
      • ベルナドットさんー!?(後姿を見送り)
  • 次回、久々の巨大討伐ですね
    ……やっぱりワイバーンなんでしょうか…(心配そうにお茶を淹れながら) -- 桃子?
    • 近いのでなんとも言えんな…まだ鳥を相手にするかもしれん おっと、ありがとう(お茶の香りを仰ぎ、口にする)
      …奴が来る可能性も否めんか、慎重に準備をしておくよ
      • ええ、もうほとんど心配する必要は無いと思いますけどね……やっぱり心配で(顔に不安の色を浮かべ)
        …でも、信じてますから -- 桃子?
      • と、言うわけで。見事にヒリだったな
        しかし直行は物足りなさ過ぎる…(暴落した情熱をみながら)
  • (砂漠の虎……?) -- 桃子?
    • ああ…虎男の首領ってそう言う…(コーヒーを啜りながら)
      • アツクナラナイデ マケルワ
        サンドロックさん、次回もですか……激戦だっただけに少し心配ですね… -- 桃子?
      • 砂漠をフィールドにするのであれば私に負けは無い(ズアッ)
        勝てる戦であればきっちり取って置ねばな。危険な分得るものも多い、気張って行って来るさ
  • あけおめ力うどんわさ すっかり逞しくなったわさ ちょっと変えるとタクマ・サカザキわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。ええ、おかげさまでここまで来れた物です
      たくましいと親父は紙一重ですか・・・むむぅ
  • ……おかえりなさい(帰ってきた彼の頭を優しく撫でる) -- 桃子?
    • ただいまレディ。なかなか順調な感じだよ
      …なんか、私のほうが撫でられるのは初めてだな(身を任せて寛ぐ)
      • ふふ、たまには良いじゃないですか。私も女の子ですから…(ソファーの上に座って撫でている)
        …もう、8年ですかぁ……長いですね… -- 桃子?
      • ふ、それもそうだな(目を細めて)無論、君が女の子だって事は忘れたことは無いけどね
        そう…もう8年選手か、そろそろ…奴が出てくる頃だな。ここまで頑張れたのは君の頑張りを見ていたからかも知れんなぁ…、あの頃は結構対抗心燃やしていたからね
      • 普段は私ばかり甘えていましたし……ね(はにかんで彼から一度離れる) …膝、使ってみますか?(ソファーに座ったままぽんぽんと膝を叩く)
        奴…ワイバーンですか。ふふっ……そうですね、私も何匹と葬ってきましたけど……手強いですよ(顔を俯かせながら) …でも、あなたなら倒せる筈です。
        なんたって……騎士はドラゴンを倒すっていうのが、お約束らしいですから! -- 桃子?
      • んむ…良いのかな?(少々照れくさそうに寄り添って)
        …やはり手ごわいか。騎士と竜は定説であるからな。この手で討ち取ってご覧に入れましょう!(剣を構えるしぐさをする)なんてな
        …と、そうだ。すっかり忘れていたがちょっと君に渡す物があってな。ちょっと待っていてくれ
      • あまり人口筋肉が無いので、ちょっと固いかもしれないですけど……大丈夫ですか?
        ふふっ、お伽話が現実になる日…楽しみにしてますね(仕草にくすっと笑いながら)
        あ、はいっ ……何ですか? -- 桃子?
      • 大丈夫だ(キッパリ)…しかし、御伽噺か。もう少し鍛えておくべきかも知れんな…英雄ほど勇猛ではないからな

        ええと…ずいぶん前の話になるが、服が欲しいと言ってたからさ…夏が終わる前にこれを渡しておかないと思って
        もう夏祭りって季節じゃないけど、お気に召すかな…(浴衣を手渡して)
      • あら?そうですか? ……強いと思うんですけど…(耐久の値をじっと見つめて)
        っ!? こ、これって…あの……!(おろおろしながら浴衣を受け取る) 
        …ちょっと着てきますね……!// -- 桃子?
      • ほう、コレぐらいなら大丈夫かな?(一緒に耐久の値を見ながら)
        ああ、ちょっと着にくそうな服だからゆっくりなー//
      • (暫くして、恥ずかしそうに浴衣を着て戻ってくる)
        あの、えっと……どうですか? 着付けってした事がないので少し適当ですけど…(帯を気にしながら)// -- 桃子?
      • (着付けた姿を見て)おお…自分で言うのもなんだが、なかなか似合っているぞ?
        服を探し出した甲斐があったというものだな…(自分の顎に手を当ててしみじみと)
      • えへへ、凄く可愛いですね、この柄とか……(にっこり微笑んで回ってみる)
        …ありがとうございます、サンドロックさん。私の為に……用意してくれて… -- 桃子?
      • ふふ、何より笑顔が一番似合っているよ?…君が珍しく欲しと言ったものだ。やっぱりこう、パートナーとしては尽くされるだけでは、ね
        (ベルナドットさんと話して少し思う節もあったしな・・・)
      • (ソファーに座りなおすと、手に優しく触れて)
        …逆ですよ、サンドロックさん……私ばかり尽くされてる気がするんです
        でも、お互いそう思ってるのなら……というよりこれが……(少し頬を染めて) …恋人なんでしょうね…ふふふ… -- 桃子?
      • そう…かな、いや、そうだろうな。有難う…レディ(顔を見て微笑むと、上気した頬にキスをした)
        今年は渡すのが遅くなってしまったけど、来年はこの姿で一緒に涼もうかな
      • ……はいっ!(キスをされると、胸元に顔を埋め)
        えへへ…大好きです……(暫しして眠りに就く音が聞こえ始めた) -- 桃子?
      • ん…レディ。…愛しているよ(気が付けば、一緒に寝ていたようだ)
  • よっ、久しぶりフォース!
    嫁さんが世話んなったな……守ってくれて、ありがとな(くしゃくしゃ頭を撫でて帰った) -- ベルナドット?
    • おや、これは…お久しぶりですベルナドットさん。お茶でもどうですか?
      こちらこそ、菊璃さんに助けられた面も無きにしも非ず。まるっと感謝をお返ししましょう(少々ばつが悪そうになでられる)
      • あ、マジで?飲む飲む(Uターン)
        ハッハハ、そうかい! 俺より強いだろうアイツ?……あんな可愛い顔して怪鳥のから揚げを笑顔で作っちまうからなぁ…美味いから良いけどさ -- ベルナドット?
      • すごいUターンだコレ!ええ今煎れますのでしばしお待ちを…(紅茶の入ったカップを持ってくる)男二人でしたら酒を持ってきたほうが良かったですかね?
        ベルナドットさんの強さもなかなか逼迫してそうではあるのですけどね。嫁さんのほうが強いのは互いに同じですか、ハハハ
      • いーや、たまにゃ優雅にティータイムってのも、悪くはないさ(ニッと笑って)
        まぁ566だが……弓だからな、そのくらいは行くさ  あ、そっか……桃子ちゃん元酒場最強だもんな…しかし、いい子だねぇ 後ろからサワサワしたkゲッフン -- ベルナドット?
      • ふ、それもそうですな…なかなか良い趣向をお持ちです
        弓系列の威力は壮絶ですからね、単純な威力でしたら…おっと、何を言おうとしましたのですかな?ベルナドットさん(目が笑っていない)
        タオツーは私に勿体無いほどのレディですよ。しかしあれほど清楚で美しいお嬢さんいながらそれは罰が当たりますよ?おっと、こちらも他人のことは言えないか…
      • 何も 何も申してござらぬ…(帽子を深く被りなおす俺)
        ハハハ心配するな スキンシップのうちってな…嫁さんには魂まで惚れ込んでるしよ、浮気なんてする気にもならねぇ、たははは…
        そうそう、お前さんだって酒場でも珍しいくらいピュアな彼女連れてるんだ、大事にしろよ? -- ベルナドット?
      • まったく、あなたもお人が悪い(そう言い笑う)ふーむ、スキンシップ…
        先輩のご忠告、痛み入ります。これからもレディに失礼の無いよう致しましょう。思い返すとなかなか反省点がありますからね…
        これは…なんともお二人にお世話になっている形ですねぇ。後ほどお邪魔する予定ではありますが、菊璃さんに宜しくとお伝えください
      • セクハラですね、ごめんなさい(土下座)
        はは、よくやってると思うぜ? 酒場を覗いてる限り…地味に有名なカップルだしなぁ。ああ、最近いないけど…来てくれると嬉しいさ、俺も それじゃまたな!元気でやれよフォース!(ばしばし背中を叩き、笑いながら帰った) -- ベルナドット?
      • セクハラは犯罪です!ストーキングは愛です! って天さんが言ってた
        あんまり表沙汰なのもアレでありますが…(頬を掻く)
        おっとっと…ありがとうございますベルナドットさん。昨今は色々油断なりませんから…どうぞそちらもお元気で!
  • ひと月遅れあけおめトランザム餅わさ 激辛の熱々で情熱も回復させるわさ -- ポヘミアン
    • これはこれは、あけましておめでとうございます。熱い…!この形状は魂を燃え上がらせる…かもしれない!
  • ♪〜(歴戦記念の、超巨大GNケーキを作っている) -- 桃子?
    • おおっ…何時に無く気合が入ってるなレディ…!じ、GNケーキ…!?
      • えへへ、砂糖菓子で作ったドライブと緑色のスプレーチョコ粒子をのせてるだけです(討伐者記念に赤粒子版も追加でのせながら)
        サンドロックさんもとうとう……歴戦…嬉しいです! このまま老練になって……いずれ私を… -- 桃子?
      • なるほどなるほど、それなら安心して頂けそうだな。ふふ、ありがとう
        こう言うと語弊がありそうだが、歴戦の称号を得るとは思ってもいなかった。果てさて、そこまで越えることが出来るかな…?
      • ……出来ますよ、あなたなら(完成したケーキをテーブルに運んで)
        私の騎士様は、弱音を吐いても……絶対に逃げないって信じてますからね、ふふふ…(悪戯っぽく言い放って笑った) -- 桃子?
      • はは、弱いところを見せられるのは君だけだよ。期待されているのやら何なのやら…やれるところまでやってみろって事だな
        ナイトがドン・キホーテにならないよう、しばし見張ってくれるとありがたいね
      • 勿論、期待してますっ! ……しばしと言わなくても、ずっと「見守って」ますよ……サンドロックさん(右腕に体を寄せながら)
        …でも、私の前で素を出してくれるって知ると……やっぱり嬉しいけど…なんとなく恥ずかしいですね…えへへ…♪ -- 桃子?
      • そうだな、これからもずっと…
        君とも十年来の付き合いじゃないか、余り隠すようなものも残って無いぞ(悪戯げに目配せをして)
      • ……ふふ、そうですよね(ちら、と胸を見やり)
        で、でも……こ こことか……まだあまり見てないです…よね?(胸元を少しあけてみせる) -- 桃子?
      • ハハハ ケーキの前で、はしたないぞレディ(おでこをつつく)
        …あー、そちらの方のメンタリティで不足があったかね?
      • あうっ…
        い、いいえ! ……ちょっとだけやってみたかった、かなって……。幻滅しました……?(しゅんとして顔を伏せる) -- 桃子?
      • とりあえずびっくりしたかな、飲料があれば確実に吹いていた…うむ
        その程度で幻滅するほど度量は狭く無いぞ(頭を撫でり)だが私も男だからな、煽情的な事は程々にな?
      • (こくこくと無言で頷いて離れる)……そろそろ帰りますね あの、ケーキ…食べ切れなかったら冷蔵庫に保存してくださいね?
        …それじゃ…おやすみなさい!(ばたん、とすぐドアを閉めて走り去った) -- 桃子?
      • お休みなさ…(走り去った後に)…もう少し、気を遣うべきだったかな
        …(皿に置いたケーキをひと掬いする)…フム、実に旨く作ってある。私一人で残りを食べるのは勿体無いかもしれん…
  • 遅い新年GN餅周りわさ 来ない間にまたずいぶん強くなったのう わさ -- ポヘミアン
    • ええ、お蔭様です。もともとそういう身だったせいか、無性に背中につけたくなる形をしてますね…
      毎年有難うございます大家さん。焼くのが実に勿体無い…(やはり背中につけたいようだ)
  • えー、この度元の世界に戻る事になったので、サンドロックさんにもご挨拶を…
    今後は2期に向けて後進を育てようかと… では、タオツーさんと末永くお幸せにー -- GN-X?
    • そうか…時代を繋ぐ意志を伝えるのも重要な仕事だ
      此方は大丈夫だ、達者でなジンクス
  • ……とりあえず…(ケーキを用意して帰りを待っている) -- 桃子?
    • (勢いよく開く扉、慌ただしい足音と共に)クリスマスだと言うのに、遅くなってすまんレディ!
      (肩で息をしながら部屋に入った)
      • …んん……(目をごしごし擦ってテーブルから起きる)
        おかえりなさい……えへへ、ごめんなさい
        ケーキ、食べませんか?// -- 桃子?
      • (眠そうな様子を見て、気を揉む)君に無理をかけるとは…実に情けない(額を押さえる)
        せめて、君が用意してくれたケーキを華やかに頂かせて貰おうか…//
      • だ、大丈夫ですよう! ちょっと暖炉が暖かかっただけで……(そっと額を押さえる手を取る) 
        あまり綺麗じゃないんですが……どうぞ(テーブルの椅子に座り、チョコレートケーキが入った箱を開ける) 私、切りますね? -- 桃子?
      • 良く出来てると思うのだけどね(シャンパンの栓を飛ばしながら)
        二人で食べるにはちと大きいかな…?
      • (思わず1ホール)……そうですね…(半分に切り、そこから4つに切り分けていく)
        はい、今年もお疲れ様でした……色々ありましたね…(ことりと受け皿を置いて) -- 桃子?
      • (凄い気合いの入れっぷりだ、感心しつつ受け皿を受けとる)
        引退という、これまでに無い大きなイベントがあったね。もう少しすればバニーも1年か…?
        …うん、実にうまく出来ているぞ!(切り分けたケーキを一口)
      • はい、すっかりこの格好も慣れました……(気恥ずかしそうにウサ耳を触りつつ)
        ホントですか!? 良かった……ちょっと心配だったんです(微笑みながら自分も食べる) -- 桃子?
      • 私の記憶では、君の料理でハズレを引いた記憶は無いがなぁ、自信を持ちたまえ(シャンパンを勧めながら)
        はて、来年はどんな事が待ち構えているのやら
      • …はいっ(笑顔でシャンパンを一気に飲む) っはぁ…♪
        そうですねぇ……あなたが無事で、皆さんが元気なら、それでいいです…(目を細めてグラスを指でなぞる) -- 桃子?
      • そこに一つ、君の無事と幸福も付け加えて置いてくれ
        私ばかりが無事でも悲しいしな(グラスを揺らしながら)
      • …私は大丈夫ですよ、ほら、引退してもまだまだ力は有り余ってますし!
        ……現役のあなたは、あなたの身を案じてください…(シャンパンを注ぎ直し、ゆっくり飲む) -- 桃子?
      • ふむ、確かに依頼に出て行っているわけではないが…確かに、余計な御世話かもな?(にやり、とする)
        以前教えてくれたレポートの通り、油断ならぬようだしな。有難うタオツー、頑張ってくるさ!(一思いにグラスを呷った)
  • (新依頼についてのレポートを纏めている) ……よしっ -- 桃子?
    • (おお、精が出るなレディ…)何か面白いことはあったか?
      • えっとですね…新たに探検依頼が増えたようです。今の所洞窟と遺跡の2箇所、最奥地まで到達してボスを討伐すれば成功のようです
        ただ…どちらも信頼度が高いほど危険で、なおかつ練達以降の冒険者では、新モンスターの存在も確認されているようですね…。レイス・ガーゴイル・熊・クラーケン……が現時点の新種です
        報酬は低めですけど、アイテム入手率が高いのが魅力でしょうか…でも、情熱が下がる可能性が高いので、総合的に美味しくない依頼です…
        後はワイバーンがキングワイバーンに名称が変更、デーモンが出現した事くらい、でしょうか…… -- 桃子?
      • (かなり長くて恥ずかしくなる) -- 桃子?
      • ほほう!かなり気合を入れて調べたようだな(愛い奴、と頭を撫でた)
        KUMAとデーモンの話は聞いているが、危険な上に情熱低下か。振られた冒険者はたまった物ではないな(腰に手を当てて一息つく)
        あいにくまだワイバーンクラスまで行っていないが、やることが増えてしまったか
      • えへへ……修正しました(嬉しそうに目を細める)
        後は、リッチとジャイアント……どれもこれも上位モンスターですね…
        …無理はしないでくださいね サンドロックさん… -- 桃子?
      • …まぁ、ここに無事に帰ってくるために無理はするかもな
        なに、互いに心配ではあるだろうがまだまだそのレベルにいくまで猶予はある。気にしてくれるのは嬉しいが、余りに気にしすぎるなよ?
      • …はい でも、気にするのが今のお仕事ですし…
        ……気にしないように、が 頑張ります…(きゅっと手を握って) -- 桃子?
      • 気に病まないのは良いことだが、君らしく居ても欲しいしな…
        …君に心配をかけぬほど、強くなってみせれば良い話だったな(じっと顔を見つめてから、ぎゅっと抱きしめた)
      • はわっ…(いきなりで驚くも、すぐに身を委ねる)
        あの……今日はと、泊まっても…良いですか? -- 桃子?
      • ん…狭苦しいとこだけど、良いかい?私は構わないよ
        とはいっても、余りかまってやれなさそうだけど(時間故か、目がしらを軽く押さえる)
      • 構いません、実は……帰るのが面倒になって…(頬を紅潮させて俯く)
        ……一緒に寝ちゃ…駄目ですか……? (軽く服の裾を軽く掴みながら) -- 桃子?
      • そうお願いされて断れる輩が居るか…仕方ないな、一緒にね(やや照れながら)
        …もっと大きい寝床を考慮すべきかな(クッションを枕代わりに敷いて)
      • はい…!(ぱぁっと顔を輝かせ) ごめんなさい、私の我侭を聞いて貰って……
        あう…(そっとベッドに腰掛ける) ……あの、大丈夫…? -- 桃子?
      • 添い寝は初めてだな。大丈夫だ、多分…、少々狭いが我慢してくれよ(タオツーをそっと寝かしつけて、隣に座る)
        えっと…それじゃあ、おやすみなさいレディ(手を握って)
      • ……はい 大丈夫です(微笑んで横になる)
        お…おやすみなさい……(手を握られれば、両手で握り返しながらまどろんだ) -- 桃子?
  • (こいつ…次死んだらガンダムガワな!って言ったとたん長生きしてやがる!と思う影であった) -- マジ赤い影
    • (何故かぶどう酒の瓶を赤いのに浴びせに行きたい気分になる男)
  • (デケデン デデデデン シュウー!) (ファーストのアイキャッチと共にコレをおいていった・・・) -- ウィリアム
    • (惜しみない拍手を送る) とりあえずここら辺↓ あたりに置いとこう
  • くー……(バニー姿のまま、ソファーに倒れこんで眠っている) -- 桃子?
    • こらこら、そんな格好で寝てたら風邪をひくぞ?…お疲れ様(そっと毛布を掛ける)
      • ん……あ、お帰りなさい…(もぞもぞと起き出す)
        ふふー…バニーも大変でした…(寝ぼけているのかそのまま首に抱きつく) -- 桃子?
      • ふふ、ねぼすけさんだな(ちゅっ、と頬にキスをして)
        なかなかハードワークでな、まぁそのうち慣れるさ…そのうち(遠い目をする)
      • えへへ…あい……(酒臭い 多分酔ってるようだ)
        お酒、美味しかったですよぉ…♪(抱きついたまま甘えながら) -- 桃子?
      • あちゃー、こりゃしっかり酔っ払ってるじゃないか
        お酒に弱いのに付き合い酒もほどほどにな(あたまをぐしぐしする)水でも飲むかね
      • んう……すいません…(ウサ耳を外しながら) はい、いただきます…(ソファーに座りなおして毛布を畳む) -- 桃子?
      • 水でってのもへんではあるけどお疲れ様の乾杯だ(水の入ったコップを手渡して)
        あまり酒場に顔を出す性質ではないけど、酒場もなかなか楽しい所だろうな
      • はい、乾杯でーすっ…(コップを受け取って一気に飲み干す) ふぅ…。ちょっと落ち着きました…
        え、ええ ……ちょっと顔を出したら、色々…(赤くなって思い出している) -- 桃子?
      • そのリアクションは何があったのか実に気になる
        厚かましい者がいたら叩き潰してしんぜよう(ズアッ)…君が殴った方が威力はありそうだが(ストン)
      • い、いいえ……別にそういう事は…! そ、その初々しいとか何とか…
        守ってくれるなら喜んで……でも、暴力は駄目ですからね?(手を握りながら)
        …ふぁ… そろそろ戻りますね、おやすみなさい… -- 桃子?
      • そ、そうか…(ほっと胸を撫で下ろして)こんななりだが一応ナイトだからな、気にするもの…と、ほどほどにだな、了解だ
        ああ、もう遅いか…ゆっくりおやすみレディ。よい夢を…(囁きかけるように見送った)
  • まあ、そんなこんなで復帰してみましたが…正直不安いっぱいですね 最近の冒険は殺しにかかるのが多いと聞きますし -- GN-X?
    • お帰りなさいませジンクス。近頃は物騒で困る、新人も沢山やられているみたいだしな
      探索組みのほうが酷いとは聞くが…とにかく健闘を祈るよ
  • (部屋のソファーで、何故かそわそわしている) -- 桃子?
    • お待たせレディ…と、随分と待たせたかい?(何時に無く落ち着きの無さそうな雰囲気を見て)
      • あ、お帰りなさい!
        い、いいえ……。その、最近こちらに来れなくて申し訳なくって… もうすぐ300台の大台ですね… -- 桃子?
      • 私も近頃なかなか立て込んでいてな…時間を作るのが下手でで申し訳ない…(額を押さえる)
        このもうすぐがなかなか長そうだな、フフフ。今年中に超えたいところだな
        …君のほうも情熱が少々不安だな。何故か…ターニングポイントでトロルが良く回ってきている気がするのは気のせいかな
      • いいんですよ……私もこれから忙しくなりそうですから、無理しないでください…(そっと腕に抱きつく)
        ……ええ、トロルは油断すればやられるので気を引き締めたい所ですね…
        あなたも、気をつけてくださいね? そろそろ新世紀になって数年経ちますし……新しい何かが起こるかもしれません… -- 桃子?
      • 忙しくなるか、無茶は承知ではあると思うけど…君も体を大事にするんだぞ?(そう言い少し笑みを見せる)
        新しい何か…何かありそうかね。皆目見当も付かんが君の言う事だ、本当に何か起きるかも知れんなぁ
      • はい!時々、時間を見つけてきますから……その時は…(ちゅっ、と頬にキスしてはにかむ)
        そうそう、そういえばジンクスさんが赤くなって帰ってきてました……! 後でお会いしてみれば分かりますよ…ふふ -- 桃子?
      • 君の都合に合わせてくれて構わない、逃げも隠れもせんからな…(頭を撫で、相手にも自分にも言い聞かせるように)
        …おお、ジンクスが戻ったのか!?    赤く?…はて…赤く…
      • はい……(体重を肩に預け、心地良さそうにしている)
        えっとですね… 新型フレーム GN-Xのようです……// -- 桃子?
  • 最近は酒場の方と冒険に良く行ってますね……
    そろそろ300も目前ですし、気をつけてくださいねサンドロックさん? -- 桃子?
    • 昨今チェックが滞っていたが…結構同行していたりするのか、コレはいかんな(菓子折りを戸棚から探し出しながら)
      300到達は昔から仄か夢でな。後一息、気を引き締めて掛かろうか
      • 数ヶ月前はエイさんと組んでましたよ「」さん
        はい!油断は大敵です!(ガッツポーズをしながら) -- 桃子?
      • それは本当かレディ
         
        …本当だった(数ヶ月前の記録に燦然と輝くドラゴンズレアの文字に驚愕を隠せない)
  • こんばんはっ今日はなんだか体力的にもいい感じなので薬草の売り歩きに来たよー
    (重たそうな鞄を地面に置いて)何か必要な薬草があったらどーぞ!冒険で役立つ薬草は得意だからねー -- ヒール
    • お疲れ様ですヒール嬢、薬草の売り歩きとは精が出ますね(鞄が重たそうな事を気にしながら)
      最近は人型ループなので特に大事は必要ではない、といったところかな?おかげさまで健康ですよ(やや軽くなった薬草袋を見せて笑った)
      • フォースさんこそ、討伐は油断できないでしょ?お疲れ様だねっ
        今日はなんだか体が軽いからねー鞄はやっぱり重たかったけど、それで売り歩きする事にしたんだー
        そうなんだー えへへっいつも御ひいきにしてもらっててありがとーねフォースさん -- ヒール
      • ふふ、あなた程のレベルになれば探索も気が抜けないでしょう
        絶好調というやつですかね!(そう言い笑った)礼を言うべきは此方なんですけどね、お世話になっております(かしこまった礼を返し)
  • (そーっと枕元にチョコエッグを置いていくフォースの)秒数下一桁の物が入っているらしいが・・・
    ちなみにー上から「神姫のスペーサー」・「しもんきん」・「金ジム」・「トリュフチョコ」・「シークレット」 -- ヒール
    • ルーレットとな…!よし、来たれ! 2008-08-16 (土) 13:03:20
      • (スペーサーをなんともいえない表情で見ている)
  • あけおめわさ 餅10kg置いてくわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。御世話になっておりま… 10kgって多いですね!?
      可愛らしい雪兎、なんというか、似合っておりますよ?
  • いよいよフォースさんも強い冒険者さんな風格が出てきたねー
    もしもの時用にサソリの毒消しの薬草あげるねっ無くなったらまたあげるよー(小さな袋には解毒薬がいくつか入っている) -- ヒール
    • なんとも、ヒール嬢には頂いてばかりですね。これは何か、気の効いた物を用意しなくては(有り難く袋を受け取った)
      そういえば魔王である以上に薬剤師でありましたか、これは心強い!頼らせて貰いますよ
      • えへへ、気にしなくて良いんだよーグリーンダヨー フォースさんやみんなのお役に立てるのが好きなだけだからー
        それにーいままでもそーやって薬草の練習とか研究もさせてもらってるからねー
        んふふっそう言ってもらえると私も作った甲斐があるよー(満足そうに微笑んで) -- ヒール
      • なんとも出来たお嬢さんだ。魔王軍が安泰なのも頷けますね(軽快に笑いながら)
        来月確定サソリ討伐ですので、早速ですが使わせてもらいましょう
  • あら…? 次の依頼、噂の道場主の方と一緒ですねサンドロックさん
    東洋の剣術はKATANAと技術が合わさって最強だとか…凄いですよね -- 桃子?
    • 噂の…?ム、本当だ。確か著名な騎士が通っていたと言う道場の…ふむ、実に興味深い。後ほど挨拶に参ろうか
      しかもよく見ればもう1名、酒場の同行者が居るな。実に心強いものだ
      • 私はー……サイバトロン司令官ですね…(キカコココ)
        あまり、罠に掛からないでくださいね? 耐久が上がるといっても死亡率も上がりますし…(きゅっと手を握りながら) -- 桃子?
      • 確かサイバトロン長官とはよく同行してるね(私に良い考えが…を想像しながら)
        君ほど強ければ罠もこれぐらいの依頼も安心出来そうなのだかな、ハハハ
        …ありがとうレディ、君も強さのぶん相応の危険がある、無事であるようにな…(言葉を返すように髪を撫でた)
      • (ダムから落ちた後に崖から転がるコンボイ)
        いーえ、私でも時々不安になりますよ!
        はいっ……頑張ります(肩に体重を預けると、そのまま眠ってしまった) -- 桃子?
      • (自動車をバットでホームランするコンボイ)
        それは失礼なことを言ってしまった、許してくれ…と、もうおやすみになっていたか
        (ベットに運ぶと)…何時もありがとう、お疲れだろう。おやすみなさい、レディ…(頬にキスをして、布団を掛け直した)…さて、私も次に備え…寝るとするかな(伸びをすると、奥の部屋に消えていった)
  • ろ、老練になりました……(こそこそ入り口から覗く) -- 桃子?
    • うおん、おめでとうを言う前にレディが到着したか。先を越されたなぁ
      ははは、すまんな…これを持っていこうと思っていたのだが…なんだし、ここで食べていくかい?(テーブルに置かれている箱をそそくさと持って来て見せる。なかにはデコレートされたチョコレートケーキが入っていた)
      この前君が持ってきてくれたのになんというか…触発されてね。あれほど上手くは無いが
      • ご、ごめんなさい……思わず…
        わぁ! あの……ありがとうございます… う、嬉しいです…(赤くなって照れながら)
        じゃあサンドロックさん、食べましょうか? -- 桃子?
      • 謝るのは私のほうだよ。そうだな、頂くとするか!さぁ、御席の方をどうぞ(席を用意して招き入れる)
        …コホン、(少し畏まって)タオツー嬢が現時点での最高称号を取得なさったので、ささやかながら…ここでお祝いをさせて頂きます
        …おめでとう、タオツー。存分に頂いて行ってくれ(ニッ、と笑った)
      • ふふ、ありがとうございます… 老練ですか……思えばもう10年も戦ってきたんですね、あの姿で
        本当は15年以上ですけど…ね ではいただきます!(切り取って一口食べた)
        うん……美味しいです! -- 桃子?
      • もう10年か…長いものだな。君は私よりも長くここで冒険者をやっているからなぁ
        お、上手く出来てたかな?嬉しいね。心行くまで頂いてくれ、体型が変化しないのも我々のメリットだからな、ハッハッハ
      • ええ、あの頃は色々と手探りの時代でした……皆さんが酒場に集まって、私は外からそれを眺めてました…。
        時代の流れですね 嬉しくもあり、寂しい気持ちにもなります…(ふっと目を閉じる)
        ……体型が変わらない…う〜ん…(お腹をさすりながら) -- 桃子?
      • 私が来た頃にはおおまかな形が出来上がっていたが、それでもここまで変化はあった。君にとって感慨深いものもあるだろう…
        (様子を見て)…ん、もしかして…甘いものは響くか?
      • ええ、すっかり大きくなりましたね…。 あの……こんなに長い間…。 …ありがとうございます…私なんかと付き合ってくれて…
        い、いいえ! …ここ 膨らむんでしょうか…? -- 桃子?
      • 何を言って…君のようなレディが側にいながら、節度に欠けている罰当たりなのは私の方だと言うのに。その礼、そっくり帰さねばならぬ、ずっとありがとう…レディ
        神姫ボディが変形する事は無いと思… いや、一概に無いと言えないのが恐ろしいな
      • ……は、はいっ…(嬉しそうに目を細めて俯く)
        ええっと! や、やっぱり何でもないです… -- 桃子?
      • んー…?良いなら追求しないが
        さて、今日は遅くなったな。ここら辺でお開きかな
  • 小金持ちの称号かぁ〜なんだかコガネムシみたいだねー、お金持ちって感じがするするー
    練達の称号ももらってたみたいだしー順調に冒険してるってことかなー? -- ヒール
    • ううむ、名の通り裕福であると嬉しいのですけどね
      お蔭様で今までに無く順調です。過去に幾度と無くやり直しでしたけど、今回は「いけそう」ですよ
  • サンドロックさん!(嬉しそうに部屋に入ってくる)
    練達おめでとうございます、お祝いにこれ……(練達記念、と書かれたプレートの乗ったケーキを持ってくる) -- 桃子?
    • こんな豪勢なもの、頂いてしまって幸せ者だな!…有難うレディ、まぁ、こんな凝ったものまで用意してしまって…(プレートを手に取り)
      ここまで来れたのは前の姿以来だな、ひとえに君のおかげもあるかな?(挨拶代わりに頬にキスをする)
      • 私こそ、あなたがいてくれたから…えへへ(てれてれ)
        今食べますか? 切りますけど…(ナイフを手に) -- 桃子?
      • 全く、可愛らしいレディだな(少し照れ気味で)そうだな…こういうものは早く味わってみたいものだ。お願いできるかな
        ええと…確かこの辺に皿が…
      • 大丈夫かな…?(心配そうに見つめる)
        あ、あの…私もお手伝いします!(後ろから近づいて手伝う) -- 桃子?
      • 手伝ってくれるのは有り難いけど、このぐらいは大丈夫だよ。…おっと(皿を持ち直す)
        ケーキで祝って貰うというのも、何年ぶりだろうか…
      • もう…見てて心配なんですもの…ほら、今も!
        ……最近 あまり作ってなかったですもんね。サンドロックさんの好みも実はあまり知りませんし……(切り分けて皿にのせる) -- 桃子?
      • ハハハ、あぶなっかしい男ですまんな(頭を撫で)
        以外と何でも行ける口でな。む、これは手作りか?なかなかどうして、器用なものだな
      • 私も一応、性別的には女ですから…
        このくらいは出来ないと困るでしょう?(微笑んで) さ……食べましょう、サンドロックさん -- 桃子?
      • 失礼致しました、レディ。よく出来ているので飾っておきたいのも山々だけどね(おどけてみせる)それではお一つ、頂きます
  • ……大丈夫かな…
    (冷蔵庫にまたババロアを入れておく) -- 桃子?
    • 大丈夫なんじゃないかな?(スプーン置いて手を合わせて)ありがたく…頂きます
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst007930.png あけおめチョコ蕎麦わさ トロトロわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます、今年も御元気のようで何よりです
      そ、蕎麦とチョコを…!?こ、此れはいけるのか…!(ゴクリ)
  • …♪ (ふわりと微笑むと小さく頭を下げた。 次回同行の挨拶に来たようだ) -- アーン・ヴァルキリー?
    • これはこれは、ご丁寧に有難うございます戦乙女様(手を抱え、畏まって会釈を返す)
      次回の依頼、一筋縄では行かなさそうなものですが…共に頑張りましょう。どうぞ宜しくお願いします
  • (耐久だけ追いついてますね…) -- 桃子?
    • (すごい勢いで耐久だけガンガン伸びてるね…以前の姿のとき此れぐらいだったらさまになってたのだけど)
      • (硬さがウリですし…兵士職で200超えたら快挙ですよー) -- 桃子?
  • はっぴーはろうぃん!こんばんはーフォースさんハロウィンだからー魔女がお菓子をもらいにやってきちゃったよー?
    それじゃあいくよートリックオアトリート!お菓子をくれないと毎日宅配ピザ届けちゃうかもよー? -- ヒール
    • おやおや、こんばんわ!今年もようこそヒールさん
      宅配ピザも魅力的ではあるのですけどね(苦笑する)はい、今年はちゃんと用意いたしましたよ(キャンディーの詰め合わせを手渡す)
  • お互い、安定した依頼で良い感じですね
    …今はこうやって、力を蓄える時期なんでしょう。強大な相手はそれからでも……なんて(ババロアを冷蔵庫に入れながら -- 桃子?
    • 安定期って言うのかな、まぁ…これも良いものだ。余りに不足であると情熱も下がってしまうがな
      己の度にあった敵が選ばれるのを祈りたいものだね(ババロアを興味深げに見詰めながら)
  • いよいよ、昔のあなたを越えてしまいそうですね……
    初夏ですから素麺を作ってみました…流しは出来ませんけど、どうですか?(氷と素面が入ったガラスボウルを持ってきて) -- 桃子?
    • そうかな?耐久は追いつきそうではあるが、まだまだ修練が必要だ(磨いていた剣を置く)
      おお…珍しいな、細い麺は。こうして君の料理を食べれるのは嬉しいものだね、頂こう!
      • あ…私とした事が、ごめんなさい  そういえば…この姿なので稽古もお付き合いできますよ?
        ふふふ…夏の風物詩です、あの風鈴もやっと使える時期ですね(くすくす笑いながらテーブルに置く) -- 桃子?
      • いやいや、私の鍛錬が足りぬだけさ(笑い飛ばす) …稽古か、それもそうだな。来月あたり時間を取ってみるかね
        風物詩、か…(フォークのように箸に巻き込んで啜る)…ふむ、淡白ゆえにこの時期には実にもってこいだな
      • ……来月ですか、ちょっと頑張ってみますね
        ちょっとタレも調整するともっと美味しいですよ …でも、お箸の使い方は少し違いますけど…(普通に取って啜る)
        //現時点では言ってみただけですが、どうします? 本当にやりましょうか…? -- 桃子?
      • ん、あ…すまぬ、ついパスタのような気分でな。挟んで食べるものか(見よう見まねで食べながら)
        稽古は無理をしない程度に考えてくれれば良いさ
        //やってみるのも面白いかも知れません。ご都合がよろしければ…
      • ふふ、こうやって上の箸を鉛筆みたいに持ってですね…(丁寧に説明していく)
        ……じゃあ、ちょっと用意しておきますね
        //明日の帰りは遅くなりそうですが…18時には家にいると思うので…時間はそちらでお願いします -- 桃子?
      • ふぬ、こう…か?ご教授感謝する(にっ、と笑う)なかなか器用に扱う食器であるな
        ああ。そうだな…武具等は此方で用意するか
        //了解です、時間を見計らって顔を出させて貰いますね
      • お箸は万能ですから、慣れれば小豆だって摘めるんですよ
        …わかりました、剣の扱いは少々下手ですが…頑張りますね
        //分かりました…あまり上手くないのでお手柔らかにお願いしますね -- 桃子?
      • 小豆を…想像が付かんがやれば出来るかも知れん
        剣でなくても良いと思うけどな。得意な分野の武具を使用した方が訓練にもなるだろう
  • フォースさんの獲物はメイスかぁーきっと一発で敵さんもダウンしちゃうねー
    今回もーボスを倒してるみたいだしー今のところ敵なしかもー? -- ヒール
    • 敵無しってものではないですよヒール嬢。まだまだ中堅に満たない程度でしょうね(笑いながら)
      私などよりも、貴女の方が戦力として優れていらっしゃる。魔法は外見に左右されませんからね
  • お互いクロスボウ……ふふ、面白い偶然ですね
    …あ、あの… この前は……えっと…(顔を俯かせながら -- 桃子?
    • んん、一体どういう偶然だろう…見事に適性外のモノを拾ってくるとはね
      この前…?あ、ああ…こちらこそなんかこう、強引にアプローチしてしまってすまないな(頭をかきながら)
      迷惑かけたかな
      • い、いいえっ! 私こそその……少し酔ってたみたいで…
        迷惑じゃ……ありませんでしたか? -- 桃子?
      • 迷惑ではないが、少し…恥ずかしかったかな?ハハハ
        いや、結構大胆な事をするので私としてもびっくりしたがね
      • うぅぅ……やっぱり…(恥ずかしそうに体をもじもじさせる)
        あ、何だか基地の方が騒がしいですね……?// -- 桃子?
      • そんなに気に病むことは無い、我々の仲であろう?…早く気づかなくてすまなかった
        ううむ…少々物騒な騒がしさだ。少し見てくるか//
  • この前は美味しいチョコレートありがとうございまーす、2つ食べたら気がついたら朝だったよー
    毎日2個ずつ食べて美味しく完食したけどねっ 遅めだけど炒り豆チョコボール、良かったらどーぞ! -- ヒール
    • うーん、あまり酒には強くなかったのですね…以後気を付けます
      おお、これは豆撒きと掛けてますね?美味しく頂きましょう、ありがとう
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst006480.png あけおめバレンタインチョコ餅わさ 煮る焼く食べるわさ -- ポヘミアン
    • いやはや、今年もよろしくお願いしますポヘミアンさん
      ぬう…チョコと餅が合わさった全く新しい新年バレンタイン…!
  • あ、あの……
    サンドロックさん…いますか? -- 桃子?
    • おお…すまんすまん、ちょっと遅くなったが居るよ。明けましておめでとうレディ
      ん…とりあえず御席をどうぞ(椅子を引き、招き入れる)。何か入用かね…?
      • (静かに椅子に座って、顔を上げる)……先日はごめんなさい、調子が悪くって…
        来月、お互い危ない依頼だからと思って… -- 桃子?
      • (真っ直ぐ姿を見つめ)…相方の調子を気遣う事は当然の事だと言うのに、気付かなかった私は非があると言うものだ…
        君はワイバーン討伐…現状で最も危険な以来か。君としてはどうだい、いけそうかい…?
      • (目に力がこもり)…いけます。私は戻ってきます、必ず
        だから、サンドロックさんも必ず戻ってきてください…… -- 桃子?
      • (ふっ、と表情が緩み)それを聞いて安心した。君は強い、その意気があれば大丈夫だよ
        もちろん、私はこの程度の障害で膝はおらん。レディぐらい強くなっておきたいしな!(腕をまくる仕草をして見せる)
      • ふふ…なら安心ですね ちょっと心配しすぎでした(安堵したように微笑む)
        じゃあ、約束ですね… 来月はバレンタインですね……チョコ、ちゃんと用意しておきますからね! -- 桃子?
      • ふふ、好い知らせとチョコレート、期待している。無論、此方も備えておくよ
        …今年が君に幸多い年にならんことを…
  • ハッピーハロウィン!こんばんはーフォースさんっ!魔女さんがお菓子を貰いにやって来たよー
    早速いくね、トリックオアトリート!お菓子をくれないとーいたずらしちゃうッスよぉ〜! -- ヒール
    • もうハロウィンの時期か、ようこそ魔女さん
      余り気の聞いたお菓子が無いが…そうだな、シャンメリーで許してくれないかな?
      • もっちろん、飲み物でも大歓迎だよーありがとーねフォースさん(シャンメリーを籠に入れてお辞儀)
        お菓子をもらっちゃったのでいたずらはもう出来ないやー次こそは!なんてねっ -- ヒール
      • これは困った、次も悪戯をされないようちゃんとお菓子を用意しときますよ
        楽しみに…いや、それはちょっと違うか?とりあえず御楽しみにしていてください
  • サンドロックさんっ!(勢いよくドアを開けて入ってくる)
    だ、大丈夫ですか!? ウーズに奇襲されて帰ってきたって…! -- 桃子?
    • お、落ち着きたまえタオツー。私はこうして大丈夫だ!(抱きとめてなだめ)
      …だが、同行者のメスター殿が…。私が不甲斐ないばかりに…
      • よ、よかったぁ……。 わ、私はてっきり…(目尻に溜まった涙を拭う)
        ……それは…残念です…。 -- 桃子?
      • 約束は守ると言ったであろう?(顔を撫でて)巨大蜥蜴連戦で危険であったのも事実だが…
        弱いな…すまん(ぎゅっと抱きしめ)
         ……こうして、無事だったんだ。今は、無事を称え合うか
      • …はいっ…
        いいんです 私は……気にしないでください…(肩に顔を埋める) -- 桃子?
      • レディを気に止めずに居るものか
        一辺倒とは言わずとも、それほど大切だ。謙遜してくれるな…(ぽんぽんと頭を優しく叩き)
      • ……うっ…サンドロックさぁん…(ぽろぽろと涙が零れる)
        ちょっと…えぐ……今日はこのまま…ヒック…(鳴因を繰り返しながら体を強く押し付ける) -- 桃子?
      • (相手が泣き止むまで、頭を撫で暫く抱きしめていた…)
  • むぅー(フォースの鎧(義手義足)をじーっと見つめて)どうしてもそーゆー機械ちっくな鎧を見るとー
    隠し武器とかーすっごいギミックを期待しちゃうんだよねー何かあったりするのかなー?フォースさん(顔を上げて) -- ヒール
    • ええと…そうですね(期待の視線に応えるべく)
      左腕にはこう、ボウガンがセットされてたりしますよ(左腕をかざすと、かぱっと弓が開いた)
      • 左手・・・ボウガン・・・なんだかフォースさんが鳥に変形するロボットに・・・って早とちり過ぎたね
        へぇーこんな所にボウガンが・・・いいねーこういうビックリドッキリな仕組みってわくわくしちゃうー -- ヒール
      • ははは、音響兵器を持っていたりはしませんよ
        ロボットに変わりはないですが…ヒール嬢は意外とこういうのが好きですかな
      • ロボットとかー機械仕掛けのものが好きなんだー見てて飽きないって言うのかなー?
        フォースさんのボウガンみたいな仕掛けってどうなってるのかなって気になるんだよねー(左腕をまじまじと見つめて) -- ヒール
      • 特に変わった仕掛けは無くてですね、人間で言う骨と表皮の部分が別物になっているだけですよ(左腕をまじまじと)
        生活するうえでは不便ですけどねぇ
  • よう砂岩ァ!なんか武器まで拾って好調そうだぜねー 先生将軍はお前の言うとおり名古屋バカわはー将軍に無限のリスペクトを込めた変装ガワなんだぜ(ピンク色の鎧を着ながら) -- クック先生将軍?
    • 今月は芳しくなかったが、概ね好調だ
      何故に、何故に名古屋なんだチョウヒよ・・・!?
  • お初にお目にかかります、フォースさんでしょうか? 私はメスター・ランクール。アーティファクト商人をしております。
    次回はどうやらご一緒するみたいですから、ご挨拶にと伺いました。以後お見知りおきを。 -- メスター?
    • こちらでも確認しました。次回は巨大怪物の恐れもありますが、酒場の知り合いが居れば心強い!
      どうぞ、こちらからもよろしくお願い申し上げます。ともにベストを尽くしましょう
  • ムカデの攻撃を3回も受けて軽傷で済むなんてーフォースさんつえーってカンジだね〜やっぱり鎧を着けてるとうたれ強いのかな? -- ヒール
    • 鎧のせいと言いますか…うーん(少し考えて)
      あ、ほら、私自体が丈夫なんです!鍛えてますから
  • …綺麗(哨戒中に見つけた満開の桜の枝を置いていく) -- 桃子?
    • 命が芽吹く季節か…美しいな。どちらとも(桜の枝をしばらくかざして見た後、花瓶に差しテーブルの上に飾った)
  • ハッピーバレンタイーン!こんばんはフォースさん!2月14日のチョコ補給日だよー
    今年作ったチョコはねー美味しくて可愛いぬこチョコなのー、良かったらどうぞぉ〜 -- ヒール
    • ヒール嬢!?なんと…当人に似て可愛らしいチョコですね。これは嬉しい
      食べるのが勿体無いですが頂きましょう、ありがとうございます
  • こんばんはサンドローズ卿。最近部隊が停滞しているのはやはり私が止まっているせいもあるんでしょうな・・・
    そういうわけで、色々今後組織の方針、そのほかなど話し合いたいので四月、五月(土日)に会議室を使って会議を始めたいのですが出席していただけないでしょうか -- ウィリアム
    • 了解しました。確かに動く必要があるかもしれませんね
      団員としてウィリアム殿に負担をかけてはいけませんな、4月、5月のいずれかに参加致しましょう
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst005023.png もち米あけおめわさ おそくなったけど復帰おめわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます大家さん。ありがとうございます、自分としてもそろそろ安定したいですよ
      って…なんという巨大なッ!?
  • こんばんはっ!年末のランダムジャンプだよっ!えっとー初めまして!酒場の前で薬草売りをしてるヒールって言うんだー
    お近づきのしるしにー擦り傷に効く薬草をどうぞだよっ -- ヒール
    • ここにお客さんとは珍しい。ようこそ、初めまして
      無償で薬草を頂くとは…恩にきります。後ほど挨拶に向かおうかな
  • (ジャック・オー・ランタンの南瓜を置いておく) -- 桃子?
    • はてさて、こんな悪戯を置いていくのは何処の誰かな?…大方見当は付いているけどね
      最近涼しくなってきたが…もうそんな季節か
      • あれ?もう見つかっちゃいましたか……(自分も南瓜を被って戻ってくる)
        ハッピーハロウィンですよ……もうすぐ年末ですっ -- 桃子?
  • すでに半年以上経過してますが、復帰おめでとうです! うーん、あのバニーを見られなくなったのはちょっと残念――はっ!? 俺にそんな性癖は…あれ? -- SDジンクス?
    • 密かに別の酒場で肩慣らしをしてたのでね、今言ってくれて異は無いよ
      も、もうあの格好はしないぞ?しないぞ?
  • またか! いや俺も人のことは言えないけどよ… へへーん三度目の正直でやっと手に入れた武器らしい武器なんだぜ… その名も槍の神と書いて槍神(ヤ リ チ ン)または槍神(そ チ ン)なんだぜ! (自慢げに掲げる俺) -- 火狐神丸(声:ひろし)?
    • そ れ は 危 な い
      チンじゃなくてシンだろチョウヒ!なんだその放送コードに引っかかりそうな銘は
      今度出落ちたらマスクを被るとしよう、約束だ
  • おぉ、復帰してやがるじゃねーか!やっぱバニーよかそっちの方が似合うぜ?
    ……ま、いずれ依頼で会うかもな。その時は楽しみにしてるぜ、フォース -- ベルナドット?
    • ベルナドットさん。ええ、やはり戦地に居た方がしっくり来ますよ。兵士の性でしょうか
      はい、いずれ依頼で…え?
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst003893.png 100年記念餅配布わさ あけおっめーわさ -- ポヘミアン
    • 新世紀って感じが満開ですねポヘミアンさん、あけましておめでとうございます!
      (…うん、うまい)モチモチ
  • (クリスマスの留守を狙ってお祝いにヒリの丸焼きを仕込んでゆくSD戦士) -- SDジンクス?
    • (極度に豪勢なターキーに思いっきりびびる男)
      • (こっそりと巨大鏡餅も追加したSD戦士) -- SDジンクス?
      • (SD戦士恐るべしと思いつつ鏡餅を焼く)
  • 最近はお忙しそうですね…
    …ちょっと、掃除していきましょうか(軽く部屋を掃除し、ツリーを置いていく) -- 桃子?
    • 家を長く空けてしまったな…(ツリーを見て)
      少し、時期に即したものでも用意してこよう
  • ただいま戻りました 来月は…結構面白い編成で楽しみです
    そうだ……ホワイトデーのお返しなんですけど…桃のシャーベット食べませんか? -- 桃子?
    • いやはやおつかれさま、お帰りなさい。ジンクス…が居るのだね、多分同姓同名の他人だとは思うが…
      このシャーベットは君が作ったのかい?御言葉に甘えて…今頂いても良いかな
      • えぇ、そのようです…不思議な縁ですよね
        はい!この体になってから更に色々作れるようになりましたから…… どうぞ! -- 桃子?
      • (差し出された桃のシャーベットの容器を受け取る。時期もあってか、ひんやりとした氷菓の存在が手に染みる)
        それでは、頂きます…ふむ、程よく優しい味だ。美味しいよ(思わず口元が緩む)
        君も一口、如何かい
      • もちろん、ちゃんと味見できるようになりましたから…(目を細めて微笑む)
        …はいっ、いただきます -- 桃子?
      • ふむ…それでは、こんなのは…(別のスプーンでシャーベットを掬い)
        どうぞ、召し上がれ(相手の方に差し出す)
      • ふふ……たまにはいいですね…(笑顔で応え、顔を近づける)
        あむっ……。 …自分で言うのも変ですけど、美味しいですね…(口元に手を当てながら) -- 桃子?
      • 自分を褒めても良い味だと思うよ?(笑いながら)美味しいシャーベットを有難う
        これは私のほうもなにかホワイトデーのサプライズを用意しないとなぁ…(こめかみに手を当てて考える)
      • そう…ですか? 今度は普通の料理にも挑戦してみようかな……(顔を軽く俯けて呟く)
        あ、あのっ……別に用意しなくとも…一緒にいてくれれば……いいんですが…(自分の手を弄りながら) -- 桃子?
      • ははは、結果を楽しみにしているよ
        …君は奥ゆかしいレディだ。ならば(手を取り)両方とも叶えてやりたくなるのが人情さ
      • ……なら、私も楽しみにしてます…(ぎゅっと手を握り)
        じゃあ、今日はもう寝ませんか?  …楽しみは後に取っておきましょ? -- 桃子?
      • ふ、そうだな。楽しみに待って居てくれ…
        それでは、おやすみ、レディ(軽く抱き締め)明日の無事を祈って居るよ
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst002749.png 正月悪魔型MMS初音モチ配布わさ そういや引退時期同じだったねぇわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます。…これはすごい、食べるのが勿体無いというかなんと言うか
      ええ、そういえばなんか同時期ですね(はた、と)なんともお目出度い月だったのかもしれません
  • サンドロックさん!ただいま戻りました  怪鳥なんて久しぶりに見ました…
    ……もう、今年も終わるんですね -- 桃子?
    • お帰りなさい。昨今でも怪鳥の出現など聞かんのにな、無事で良かった!
      もう、年末か。なんと言うか…今年は実色々とあった年だったように感じるよ// -- フォース
  • (色々あるだろうと思って部隊の基地?が正式に移転できたことを伝える趣旨の手紙をおいていった) -- ウィリアム
    • (手紙に目を通して)…なるほど、了解しました。ウィリアム隊長、かたじけないですね
  • (扉がノックされる) サンドロックさん、いらっしゃいますかー?
    ……あ、まだ扉は開けないでください… -- 桃子?
    • おや、タオツー。今開け…(ノブに手を掛けようとして)
      …っと、危ない危ない。んん、これはまた…何を用意しているのかな…?(手をすぼめてドア越しに)
      • ええっと……(ドアが開く音の後に、少女が入ってくる)
        あ、あのっ  私……タオツーです…(気恥ずかしそうにしながら) -- 桃子?
      • (しばし驚いた顔をして)君は、タオツー・・・タオツーなのかい…!?
        いや…確かにその雰囲気は君に違いない…!随分と小さくなって  いや、違うか。無事、移し終えたのだね(多少の混乱はあるが安堵し)
      • (ウイングを外して入る) はい、成功はしました……ティエレンの方はコクピットを再び乗れるようにしておきましたし…大丈夫です
        …不束者ですが…これからもお願いします、サンドロックさん(ぺこりと一礼) -- 桃子?
      • こちらこそ…至らぬ所ばかりであるが、これからもよろしくな、タオツー
        姿変われど可憐…だな(髪に遠慮気味に触れる)
      • あっ……(顔を紅潮させつつも自ら寄り添う)
        …こうやって……息遣いを聞くのって…初めてですね…。 -- 桃子?
      • (彼女らしい仕草に笑みを浮かべ)そう言えば…初めてだね。人を模した身でありながら生きている事を実感するのは、なんとも不思議なものだ
        (肩を抱きよせ)MSであった時も一度…こうしたかな?
        あー…私が小さくなっていたから、ご無沙汰だったな…済まない(照れながら、少しばつが悪そうに)
      • ……3年振り、でしょうか? ずっと待ちぼうけでしたから…ふふふ(くすくす笑った)
        私も待たせてしまいましたけどね…。  どうですか?……私、変じゃないですよね?(赤い顔をぺたぺた触っている) -- 桃子?
      • ふ…変だと言ったら神に言語機能を破壊されそうだ
        私は君らしく可愛らしいと思うよ。桃色の御嬢さん
      • ぅ〜……(胸に顔を埋める) やっぱり、あなたはずるいです…
        …大好き -- 桃子?
      • ずるい男で済まない。…私もだ(小さくなった背を抱き、髪に指を透す)
      • …(熱のこもった瞳で顔を見上げる)
        ……キス…してくれません…か…?(背中にそっと手を回しながら) -- 桃子?
      • …君の望みとあれば(瞳を交し、肩を抱く)叶えぬ訳には行くまい
        (鼓動が聞こえるような高ぶりを抑え、ゆっくりと唇を重ねる…)
      • ん……(柔らかい感触を確かめ接吻を続ける)
        は……ぁ…(唇を離すと、とろんとした表情のまま)

        あ……今日はもう帰った方が良いですよね…?(我に返る) -- 桃子?
      • おっと、草木もシンデレラも眠る時間だな。明日に響きかねん…
        翼は部屋に運んでおこう。おやすみなさいレディ、また明日…
      • はい……おやすみなさい、サンドロックさん…// -- 桃子?
      • (物陰からうんうんとうなずきながら見守る俺) -- 火狐神丸(声:ひろし)?
  • サ、サンドロックさんっ!!
    た…た、隊長が素体をよよ 用意してくれるそうです…! -- 桃子?
    • なんと、それは本当かね!…例の神姫に体を変えることにしたのだね
      ふむ…隊長には頭が上がらんな
  • …………砂岩ぁ…一緒に地獄に墜ちよう…フフフフ… -- 火狐神丸?
    • チョウヒの身に何があったのか察しかねる…!わしはうしろをむいておるよ
  • (人の形を持って以来初めてであろう複雑な表情を浮かべつつ、様々な感情に胸を痛め?ながら一礼して立ち去る軍服男) -- ジン・エックス?
    • 酒場に恩義のある身としては退いてはならぬ時があるのだジンクス…そ、そんな目で見ないでくれ、流石に堪える(期間限定のものだと言い聞かせつつもやはり凹む)
  • いやぁ・・・ちょっと行きづらかったんだけど・・・貴公子・・・いや・・・淑女・・?が、がんばれ! -- ストフリ
    • ああ…努力はする(遠い目)
      線が細いがちゃんと男の体だ、何時も通りで良い。それより次は君の番だぞ自由の翼、今のうちに良い服を選んで置かれては如何かな、ふふふ
      …君が無事引退できる事を祈っているよ
      • ははは、まだ最強のMSにはなれてないからね。それに・・・後輩に負けるわけにもいかないだろう?ふふ(見栄をはって武器を極めて上質に変えながら) -- ストフリ
      • 酒場の中ではトップクラスのつわものなのだがな、さらに上を目指すというのか
        ストライクフリーダムの名に相応しい強さ、これから見守らせていただくとしようかな(上質な武装を少し羨ましそうに眺めながら)
  • お疲れ様でした……ひとまずは…バニーになるんですか?
    あの…お知り合いの方で引退する方は初めてなので…。 それがサンドロックさんというのは…ふふ、最高に嬉しいです! -- 桃子?
    • ありがとう、君もお疲れさま。…と、引退の報は伝わっていたか。記念すべき第1号になれたことは実に光栄だな…ふふ
      親しいものにこれ以上身勝手な身振りと心配を掛けてはいかんと考え直してな、修練と傭兵団の仕事に重点を置く事にしたんだ
      …まぁ、バニーは…定例というか、暗黙のルールだからな。私が着ても喜ぶものが居るとは思えんが 暫く接客業にも精を出すさ
      • ……(恥ずかしそうに手を挙げる)
        はい……それを聞いて安心しました。 でも私は知ってます…あなたはそんな人じゃないって…暫くすればまた、往くのでしょう?
        そのときはまた……いってきますと…言わせてくださいね…サンドロックさん! -- 桃子?
      • そ、そこで手を挙げられたら私はどうしたら良いのか(苦笑する)
        …判っていたのか、レディ。もとより姿を変え、場所を変え、時空を跨ぎ戦場に身を置いてきた身だ
        いずれ…この世界での戦いがひと区切り付けば往くことになる…だろう。無論、どれだけ先の話かは分からんが
        …すまないな。その言葉、メモリーの中に大切に仕舞っておく
  • …えーっと、引退おめでとう…かな? ひとまずお疲れっスサンドロックさん(国連モナカを勧める軍服男) -- ジン・エックス?
    • ああ…なんというか、ありがとうジンクス(国連最中をもさもさ)
      「少年ハート」が頭の中でリピート再生されているところだよ
  • おかえりフォース坊ー!(抱きつけると見せかけて首を軽く締める)
    彼女にゃ会ったか? …今度は、しっかり男らしくな。テリーヌってのを作ってきた、食えよ(皿にラップをかけたものを差し出す) -- ベルナドット?
    • ただいまですベルナドットさ…わっ、は、ははは!
      挨拶もそこそこにお邪魔してすみませんでしたね。お料理、ありがとうごさいます
      …はい、貴方に負けないぐらいの男を目指しますよ
  • そういえば、まだちゃんとした挨拶してませんでしたね…
    おかえりなさい、サンドロックさん。 あの……これ…(桃のムースを置いていく) -- 桃子?
    • こちらこそ、暫く姿を見せないで置いてなんと言ったら良いか…
      ただいま、そしてありがとう。どんな味か楽しみで仕方が無いよ
  • http://1st.momo.net/uploader/img/adv013204.png あけおめ雑煮わさ 改めてお帰りわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございますポヘミアンさん。どうぞ今年も宜しくお願いしますね
      毎年挨拶に来る大家さんに尊敬の念的なものを覚える
  • 改めて、お帰りっすサンドロックさん! 祝いの酒持ってきましたよー
    このサイズだと酒瓶一本が丁度良くていいな、ハハハ(酒瓶をぐるぐる回す軍服の男) -- ジン?
    • 恥ずかしながら戻ってまいりました、ただいま。恩に着るよジンクス
      維持費が安く付くのが長所というかなんと言うか…有難く頂きましょう
  • (有無を言わさず左腕のシールドナックルをかます俺) -- 火狐丸?
    • いやあのどちらさまですk ごふぅ!

  • くぅん… -- わんこ?
  • ・・・四月の花見は、うむ・・・ -- ウィリアム
  • 若さもあるけど、何か生還した人は出落ち化しやすい気が…またお会いしましょう! -- GN-X?
  • わう?…わん!(年越し蕎麦を置いていった) -- わんこ?
  • あいつ…戻ってきたら一発ブン殴ってやるんだぜ -- ひゃるぽこどっく?
  • (去る影を静かに見守る) -- ポヘミアン

  • (挨拶に訪れるもクマから歴戦のプレッシャーを感じ、土産の国連饅頭を置いて早々に去るSD戦士) -- SDジンクス?
    • 国連饅頭…そのような物もあるのか!色々気遣ってもらってしまって悪いな、近々挨拶に向かうとしよう
      あー、大丈夫だ。クマは動いたりはしない(多分)
      • (夜な夜な少尉を探しに動き回るクマであった)
      • (…そういえば中佐クマの位置が変わっているような…まさか、まさかな)
  • ≪傭兵部隊各隊員へ通達、依頼が入りました。≫
    ≪作戦目的は巨大トカゲの討伐、日時は黄金暦97年2月から3月(23、24日)を予定≫
    ≪作戦メンバーは6名。≫
    ≪選考や作戦詳細の件があるで9月〜12月までに基地発令所でブリーフィングを受けること。≫
    ≪以上です≫ -- 通信兵
    • 了解致しました、これより足を運ばせてもらうとします
  • (あいかわらず美少年の砂岩を見て)よし!テトロンにおまえのこと教えといてやるんだぜ!!(赤さんの構図で) あとお中元ありがとうなんだぜ…中身は…(ごそごそ) -- ヒャルルポコ?
    • まさに外道と申しますかチョウヒさん
      お中元の中身は定番通りではありますが、ワインセットと…あと、銭湯の入浴券もペアで入れておきました
      たまには冒険の疲れを癒すのも良いと思いますよ?
  • 新しい姿もだいぶ様になってきているようで。私は軍人ゆえか人型討伐ばかりでやりやすいやら気が滅入るやらで、ね -- ウィリアム
    • はい!お陰さまで大分この体も馴染んで来ました。最初の頃は重量感の違いに違和感を感じたものです
      人型の「怪物」であるのがせめてもの救いでしょうかね…
  • わん!(ランダムジャンプで飛んできたのでお土産に蕎麦を置いていった) -- わんこ?
    • おや、これはとても可愛らしいお客さんですね…ようこそ(首辺りに抱きついてふかふかする)
      これは…お蕎麦…?頂いて良いのでしょうか…ありがとう、子犬君
  • (これがコメントレイプ…!)
    こんばんはサンドロックさん、良ければこんなものを持ってきてみたんですけど…飾ってみます? -- 桃子?
    • やぁ、こんばんはタオツー。狭い上に見苦しいものがある所ではあるがゆっくりしていってくれ
      ん…これは…チュウサックマか!?ううむ…発想の勝利だな、年甲斐もなく手にしてさまう(荒熊?を抱き上げてしげしげと見ながら)
      今の姿ならあまり問題は無い…とは思う、飾らせて貰おうかな。これは君が作った物かい?
      • …中佐は色々と乙女チックなものを作ってましたから…多分少尉の為に、でしょうか(微笑みながら)
        いいえ 「モケイ・ウラ」という所から拾ってきました…出所は本当は秘密なんですけどね。 はい、是非飾ってください! -- 桃子?
      • 中佐は優しい人であったのだろう、でなければ…うむ(言葉を飲み込み一人で納得)
        確かに隠れ里のような物だな、なんにせよせっかくのプレゼントだ、ありがとう(ぽんぽん…と頭にふれ、目のつくところに置く)
      • …ええ、末端の兵まで気にかけていた方でしたから…
        最近リラックマブームですし…丁度良かったですね(嬉しそうに笑っている) -- 桃子?
  • 大 -- ウィル
  • 台 -- ウインド?
  • 空 -- ウインド?
  • 寺 -- ウインド?
  • あ -- ウインド?
  • ゆ -- ウインド?
    • いや、何をやっている火消しの風
  • 大空寺の怨み・・・はらさでおくべきか・・・はらさでおくべきか・・・(ゆらーり) -- ウィル
    • ぬおっ!?す、済まない事をした…違う、申し訳御座いませんっ
      大空寺を見るとつい別単語を狙ってしまって…ほら、まともに大空寺が完成するのは滅多に無いのでここは
      「完成しているのはじめて見た」
      で一つ、お引取りを…ね?
      • 完成してるのはじめてみた(狼少年は満足気に帰っていった) -- ウィル
      • 5じゃ見えないから拡張しました…ってなんですかこれ
        くっ、寸止めのと来たか…!げに恐ろしい男よッ
  • (こそっ)…セカンドステージ? 復帰おめでとうジェントルメン、こっちはナイトの号を返しちゃいましたがね… -- SDジンクス?
    • ありがとうジンクス。別にパワーアップとかしてませんけど、心気一新という事で…ひとつ
      騎士団を脱退なさったのですか?ジンクスの事ですから色々思うところがあって、でしょう。決断もきっと間違っては居ませんよ
      それより…その頭身の方が私としては気になります(SDサイズをしげしげと眺めながら)
  • adv011114.jpg(庭先に信管を抜かれたハープーンが着弾、中にはかわいい字で
    「新しく傭兵団に入ったよ♥よろしくね!」と書かれた手紙が) -- マリ子
    • へあー!(衝撃ですっ転ぶ)な、何だ!?新手の刺客か!?
      ふ、不発…では無さそうだな。挨拶に対艦ミサイル使うなんて…凄まじいお茶目さんですよ(ふー…と座り込む)
  • リハビリ中か・・・私も休暇の始まりにずいぶん苦労したよ。これからもよろしく頼む・・・まさか貴方を見上げることになるとは、ね -- ウィリアム
    • その声は…まさかウィリアム隊長…!これはまた随分と偵察向きのお姿になられましたね…はい、今後ともよろしくお願いします!
      調整を続けては居ますが、そうそう時間をかけないつもりです。再び貴方のお力になれるよう努力致しますよ
      • あぁ、しかもこの世界のことを活かしてか生き残ることができたよ。あれは緑の地獄だった・・・
        こちらこそ、な。私も早く元の姿が戻れるようにしたいしな。お互い頑張ろう。それはそうと四月に公園で花見を行いたいと思う。暇なら参加してくれるとうれしい・・・それでは、な! -- ウィリアム
      • 密林…女性受けの良さそうな姿ではありますが、確かに不便なところがありそうですね、互いにベストを尽くしましょう
        と、花見ですか!私でよければお付き合い致します。今は人間の食物も口に出来ますしね
  • http://1st.momo.net/uploader/img/adv010749.png あけおめもちーわさ あえてここにもおいとくわさ -- ポヘミアン
    • あけましておめでとうございます大家さん。先月の養命酒に加え毎度お世話になっています
      このお礼はいずれさせて頂きます、今しばらくは活発に動けませんので…
  • (こっそりとリハビリの様子を覗いている) -- 桃子?
    • 83…! 84…! はじゅうご…っ(振り下ろした木刀を振り落としてしまう。木刀は高い音を立てて叩きつけられた)
      はぁ…は…ぅ、まだまだ、全盛期の3分の1も…つくづく、不便な体だ

      (ふと、誰かが覗いているのに気づく)あ…す、すみません、お待たせしまし…た、タオツー…!?
      • すいませんサンドロックさん…お邪魔してしまいましたか…?
        あの、差し入れ持ってきたんですけど……休憩にしませんか? -- 桃子?
      • 大丈夫、邪魔じゃないに決まっている
        ふむ…そうだね、ちょっと休憩する。積もる話もあるだろうし…(体を冷却しながら腰を下ろす)
      • はいっ  その、お話と言っても……もうあの事は良いんですよ…
        だから私、応援してますからね!  そうだ…はい 色々おにぎりを持ってきました、もちろん疲れが取れやすい食材を選んでみてきたんですが…… -- 桃子?
      • !…なんか、結構追い越されてしまったかな。君に(表情に灯りがともった)
        他ならぬ君の応援だこれは応えないと罰が当たるな。…差し入れ、いただきます(ひとつ、大切そうに手に取ると、口に運ぶ)
      • ふふ、さあ…どうでしょうか…(悪戯っぽく笑った)
        あの、東方では梅を塩漬けにするらしいのでそれを入れてみたんですけど…どうですか? -- 桃子?
      • な、なんとも酸味が強いな…!
        だか…旨い。かつて味わった事がないものだ
        大袈裟とは思うかも知れないが、君が想い人で良かった…
      • そっ…そんな事言っても何も出ませんよ…!(装甲が赤く染まる)
        でも、とっても嬉しいです! 沢山作ってきましたからどんどん食べてくださいね?(半ば強制的なお願い) -- 桃子?
      • ふふ、私としては一切飾ってない言葉を伝えたまで。何度でも言ってみせる
        …はて、この体のキャパシティに収まるかな…。もっとも、残す気もないけどね(感慨深げにおにぎりを眺め)
      • む、無理しないでくださいね? …一応人間サイズにしてみたんですけど、ご飯炊きすぎてしまって…(ランチボックス一杯のおにぎり)
        …今度はもっとおいしい料理を作ってきますね… -- 桃子?
      • さ、さすがにそこまではカバー出来ないか(ランチボックス一杯のおにぎりを見て)
        でもこうして料理を作ってくれるのは新鮮で嬉しい、楽しみにしても良いかな…?
      • はい!お料理、頑張りますね
        それじゃ…ランチボックスは置いてきます。 また来ますね… -- 桃子?
      • ああ、また…また会おう、おやすみなさいレディ。(必ず…復帰してみせるよ)
  • (いつの間にか養命酒がおかれている) -- ポヘミアン
    • (これは…管理人さんに気を使って頂いたのですね)
      …そうだ、こんなところでしょげてる場合じゃない。動こう…!
  • よっ 見舞いついでにフィッシュ&チップスなんてどうだ、坊ちゃん?
    ……あー、彼女と喧嘩でもした顔だな…仲直りしとけよ… -- ベルナドット?
    • ベルナドット殿…お心遣い感謝します。 あー…分かります?
      心は伝えてきましたし、彼女の意志も聞いてきました。後は…「続き」を待つ身です(深く息を吸い込んで吐き出す)
  • (部屋の前で鎮座している) -- 桃子?
    • …酷い目に… …ん
      タオツー…?(その姿を見てはた、と足を止める)
      • サンドロックさんの…バカ!(一言ぶつけて去っていった 辺りに赤いGN粒子を残して) -- 桃子?
      • (暫く状況を反芻し、身近なところに座る)ま…当然といえば当然か…
        …後を追うか。一言、謝らなければならぬ

  • 開けましておめでとさんなんだぜー ああおめでたってそういう… いやなんでもないんだぜグフフ… お前もエロスはほどほどにするんだぜ…フフフ… -- 張飛?
    • あけましておめでとうチョウヒ
      何故に私にエロスを求めるんだ!その言葉そっくりそのままお前に返すよ(笑顔で)
  • あけましておめでとさん、俺ぁアナザー隊長のベルナドットだ……自分で言うのもアレだが謎の役職だな、全く
    ほほう、彼女持ちか…頑張れよ(なでなで) -- ベルナドット?
    • はっ、あけましておめでとうございます! アナザー…つまりウラバンのような物と解釈して宜しいでしょうか?
      本業も両方とも手は抜かない心積もりです、精一杯頑張りま… わっ…!私は頭を撫でられるのはその、慣れているものではなくてですね…(驚いた後に少し困ったような顔をする)
  • (精力剤に加えて『エロスはほどほどにするんだぜ』という書置きと共に明るい家族計画がおかれている) -- 張飛?
    • ……!?(先に発見するも真赤になってそれを無視する) -- 桃子?
      • ハハハチョウヒめハハハ!
        …まだ気が早すぎると言いに行ってきます(ドスドス)
  • (書置きと共に栄養剤が置かれている) 『サンドロックさんへ お疲れ様です。一応人間用の栄養剤を用意してみました。 無理、しないでくださいね タオツー』 -- 桃子?
    • あれ、これは…。無理するなといわれても、してしまうのが己の性かな…?心遣いが今はとても嬉しい…ありがとう
      …あと、一度こういう栄養剤をぐいっと飲んでみたかったりする(手にしてゴクリ…と固唾を呑む)
  • 遅ればせながら挨拶に…って来てみたら、えらい大怪我じゃないっスかー!? し、修理とか大丈夫なんスかね…
    ――嗚呼、コタツや布団干しが冒険してても疑問持たなくなった自分が時々怖いっス -- GN-X?
    • サイズが大幅に縮んだ上、細かいところに手が届くようになったので…これぐらいはなんとかできるよ
      だが…痛覚まで再現されてるのは辛いな…
      布団乾しが得意な人だったのだろうかな…それを知る術は無くなってしまった…(表情が曇る)
      コタツは素直に驚きました、はい
  • 傭兵部隊からのお知らせ
    黄金暦94年11月(土曜日)に演習場の方でイベントを行います。
    その際大規模な戦闘演習を行う予定ですので演習場に張り出されたレギュレーション?をお読みください
    何か質問などがあればウィリアム・マクスウェルまでお願いします
    • 大規模演習!?是非とも参加したい!…と言いたい所ですけど
      依頼の傷がまだ癒えてないので…(//その時間まで粘れるか分からないので)またの機会があったら参加させてもらいます、申し訳ありません…
  • ……………太陽に突っ込んだ上に自爆しちまったのかと思ってたんだぜ (食らえッ!虹色噴射!) -- 張飛?
    • おぶっ!?仕掛け返すとはやるね、チョウヒ!
      あながち自爆は間違ってないんだけどね、心配させてごめんよ
  • (部屋の前にもう一振りの曲刀、ヒートショーテルを置く) …積もる話は、またいずれ。おかえりなさい…サンドロックさん… -- 桃子? 2008-04-24 (木) 01:04:19
    • …ありがとう、そしてただいま、大切な人。また、廻り合う事が出来たね
      こいつも1年ぶりに揃う事が出来て嬉しそうだ…(ショーテルの柄を慈しむように撫でる)

Last-modified: 2008-11-08 Sat 19:42:21 JST (4406d)