ウエストエリア

編集:ポート・マフオネス
お名前:
  • ポート・マフオネス
    • 倉庫
      • (近頃港倉庫を根城にしている新生のギャング集団…数は10人前後だが、強硬な手段を取る荒くれ者達だ)
        (彼等がターゲットにするのは主に同業者の密輸品等であり、元々が違法な物品ゆえ警察にタレこまれる事も無い。そんなこの街の事情を活かして最近は特に派手にやっている様子である)
        (クライアントからの情報提供により数は割れている。彼等が根城とする倉庫群の入り口には常に3人程度のギャングが交代で見張りをしている様だ。羽振りが良いのか、倉庫の回りには何台かの高級車が止まっているのが見て取れるだろう) -- 2020-07-09 (木) 21:58:10
      • (問題の倉庫からやや離れた地点。バイオリンケースからトミーガンを出して組み立てている 予備のマガジンは腰のポーチに差し込み)
        んで、連中を誰一人逃がさず始末しろってな話だったな… 突入のタイミングさえ合わせられりゃ、後はどうとでも料理できそうだが。
        …へぇ、いい車乗ってやがる。俺の趣味じゃあねぇが、売ればけっこうな額になりそうな…(遠目に様子を伺いながら、そんな感想を零す) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:05:03
      • ドナ「いるねぇいるいる・・・少数精鋭なんて言ったら聞こえはいいけど、守りに回っていい人数じゃないよね」倉庫から離れたSUVの中、ナイトビジョン遠くからで確認してドナテロがぼやく
        レオ「攻められるって自覚もない筈だがな・・・マイキー、配置についたか?」建物の影、見張りを射程内に捉えたままレオナルドが確認する
        マイキー「着いてるついてる、皆バッチリ見えてるよ」狙撃位置に着いたミケランジェロが応じ
        ラファ「どっち狙ってんだバカっ」レオの隣にいるラファエロが遠目に威嚇する、爆弾が取り付けられたラジコンカーを地面において「おいドナ、いつでもいいぜ」
        ドナ「こっちでどデカい合図を上げるから、それに合わせてくれればいいよー」リアムに無線を送りつつVRゴーグルとリモコンを装備、爆弾付きラジコンカーを見張りめがけて走らせる・・・訝しんでる間にドカンと行く作戦 -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 22:10:27
      • オーケー、そいつに巻き込まれないぐらいには近づいておくか…期待してるぜ(合図について無線連絡を受ければ、必要な装備以外は車のトランクに置き)
        電撃戦だ、こういうのはスピードが命だぜ…あとはキャルの方の準備が完了すりゃぁ…ってとこか?
        (闇に紛れてしまえば、不必要に足音を立てない限り目立つ事もないだろう。見張りの目が届かない裏側から迂回し、隣の倉庫の壁際に背を預ける)
        …そんじゃま、合図待ち。(ついでに裏口とかないかなーとチラチラ様子を伺うの図) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:20:30
      • ビーチから来たので水着の上にボディアーマー、足を保護するごつい革のブーツにグローブ、PDWを抱え、ショーツにリボルバーを突っ込んですでに準備は万端。
        スカーフとゴーグルで顔を隠し、髪をゴムで縛れば臨戦態勢。
        「すげーな、あれ!カウンタックじゃん!帰りにパクッテこうぜ」 -- キャル 2020-07-09 (木) 22:21:28
      • ドナ「サンダーバード2号から解き放たれましてー・・・ドナちゃんカー発進!」
        ラファ「誰が何だって?」
        ドナ「〜♪」鼻歌交じりにファンキーな装飾を施されたラジコンを操作して見張りの足元へ・・・そして
        ドナ「ギャングさーん遊びましょっ」赤いボタンをぽちりと押せば仕掛けられた爆弾が派手に炸裂する -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 22:46:52
      • キャルの方は上陸作戦かよ…また随分と意表を突いた手だな(裏口に鍵がかかってるのを確認し)
        合図ってアレかよ…ははっ、最高にクールだ(ラジコンカーに爆弾、という手法に感心するのも束の間 爆発音が響く間にドアノブを銃撃し、裏口を蹴破る)
        ハーイ、裏口からこんばんはだ。お前さんらに出前の品を届けにきたぜ!商品は大量の鉛、ついでに送り主から伝言だ…「くたばれ」ってな
        (状況把握もままならない内、裏口の破壊音に振り返るギャングの一人を蜂の巣にして倉庫内に飛び込む…まずは手近な遮蔽物へ) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:53:57
      • 「カウンタックには傷つけんなよ」港側は思った通り手薄。騒ぎに乗じて倉庫まで近づき、ドアを開けて中に入る。
        (さて……どうすっかな……)出入り口付近に座り込み、身をひそめる。コンクリートの床に水のシミが広がる。
        (突っ込んでもいいけどこっから逃がすのもまずいよな)ひとまず、騒ぎが落ち着くまでここで待機し、目についた敵に銃弾を撃ち込むことにした。
        PDWを抱え、廊下に置かれた金属のダストボックスから通路を覗く。 -- キャル 2020-07-09 (木) 23:08:41
      • ドナ「あー・・・・」ドローンに視界を切り替えて「・・・保証しかねる」割と近かった
        ラファ「ちょっと傷がついたくらいなんだってんだ」爆発で吹っ飛んだ見張りにアサルトライフルで止めを刺しながら近づく
        レオ「マイキー、逃げだす奴がいないかよく見ておけよ」こちらも見つけた敵に弾丸を浴びせながら突入していく
        ドナ「敵さん慌ててるねぇ・・出てくるよ、位置的にはレオ達と鉢合わせするけど、リアムが後ろを取れる形だ」
        レオ「良し、いくぞ」
        ラファ「おうっ」散発的な射撃で数人のギャングを引き付ける
        マイキー「キャルちゃーん、そっちに二人、近づいてくるよー」別の倉庫の上からスコープで狙ってるミケランジェロが警告する -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 23:19:59
      • どうしたァ、遠慮なく腹いっぱい食っていってくれよ!(密輸品を収めた箱やコンテナを盾に、腕だけ出してトミーガンでの牽制)
        (後方にも敵がいることをアピールし、伏兵には意識が向かないよう注意を向ける…といっても釘付けにできているのは2名ほどで)
        悪ぃ、こっちからじゃ正面の状況が見えねぇ。流れ弾がそっちいかねーとは思うが…1人仕留めて、こっちに2人居る
        (後のモデルと違って、毎分800発とSMGにしては高レートの連射速度。銃が重い分ブレは少ないが、弾切れは案外に早い)…チッ、どっかで隙を… -- リアム 2020-07-09 (木) 23:29:57
      • 「いくらすると思ってんだよ、スーパーカーだぞ!?くそっ!」裏でさばけばかなり目減りするが今回の報酬より高いかもしれない。
        (二人か……)すぐに足音が聞こえてくる。いったん外に出て逆に襲撃者の後背をつこうとでもいうのだろう。
        一人目をやり過ごし、二人目にタックル。屈強な男だったが、疾走している勢いで足をもつれさせ転んでいる、すきに一人目の背中に銃弾を3つ。倒れている男の手から拳銃を蹴っ飛ばし、胸に二発。
        「二人、片付いたぜ。」 -- キャル 2020-07-09 (木) 23:38:52
      • マイキー「(銃声)・・あれ?・・・よっ(銃声)・・んー?・・・おお、キャルちゃんすごい!」援護しようと何発か打つが結局あたらず見事に二人ともキャルが仕留めた
        ラファ「イタリア車は好きじゃねぇんだ・・・ぅぉ!?」物陰に隠れて銃弾から逃れて
        ドナ「好き嫌いじゃなくていくらするのかって話だよ」ドナちゃんあたーっく!とリアムと相対する二人にドローンをぶつけて
        マイキー「緑色してぺったんこだとなんだかカメムシみたいだよねぇ・・・お、当たったっ!!」窓からはい出し回り込もうとした敵を仕留めて
        レオ「無駄口をたたくな、今は車なんざどうだっていい」ラファエロを追い詰める三人を横合いから襲い
        ラファ「オラぁ!!」生まれた隙をついて飛び出し、仕留める・・・この四人はあまり大物にはなれなそうだ -- ブラックトータス 2020-07-10 (金) 20:28:12
      • じれったくなってきたな…(状況が膠着すると飛び出したくなるのは悪い癖、自制心はあるが。残弾心もとないマガジンを交換するタイミングを見計らっていると)
        なんだぁ…!?(敵の横合い、完全に意識外の方角からぶつかって敵を蹲らせたドローン)っしゃ、ナイスだぜ…!
        (その隙にバナナマガジンに装填しなおし、遮蔽物から飛び出しがてら二人に一連射ずつ。)これで…三人
        ぼちぼち入り口側に向かうが、顔見せた途端に反射的に撃ったりはしねーでくれよ? ついでに状況報告誰か頼むぜ(無線でブラックトータスの面々に声をかけ)
        キャルの方とも合流した方がいいか…? あいつ、うまくやってるといいが…! -- リアム 2020-07-10 (金) 21:08:55
      • ドナ「えーっと?・・・入り口で3人、レオたちが3人、マイキーが1人、リアムが3人、キャルが2人・・・12人かな」
        レオ「前情報とも合致するな・・・だが一応よく確認した方がいい」
        マイキー「情報と一致してるんなら大丈夫じゃない?」
        レオ「仕事や取引で人の動きがあった可能性も捨てきれん、見た目の人数だけで判断するのは危険だ、タトゥーなりアクセサリーなり、奴らなりの共通点がある筈だ、よく調べろ」
        ドナ「まだ潜んでるかもしれないから気をつけてね」 -- ブラックトータス 2020-07-10 (金) 22:29:25
      • つーことは…ほぼ片付き? 一応チェックして、隠れてる奴いねぇか見て回るが…(自分の始末した3人も、足で小突いて生きてないか確認し)
        おーい、死んでねぇやつ…手ぇ上げろ …いねぇな?(内部をぐるり回って入り口に姿を現す)
        入り口で吹っ飛んだ連中も、これ以上ないぐらいに死んでらぁ…多分問題ねぇだろう。 タトゥーもアクセも色々ついてて、どれがグループの目印やらな… -- リアム 2020-07-10 (金) 22:45:59
      • 「静かになったな……」静かに、倉庫の奥へと入っていく。
        「よう、片付いたみたいだな、カウンタックは無事か!?」慌てて車に駆け寄って。「結構傷がついてんな……」ボンネットを開ける。「こいつ、エンジンが付いてねぇ……」
        「くそっ……本物ならガワだけでも結構高く売れるだろうけど……目印なら、マナティの旦那に聞けばいいさ」スマホで連絡。「旦那、片付いたぜ」 -- キャル 2020-07-11 (土) 00:40:11
      • ドナ「その呼びかけでのこのこ出てくる奴いる?」
        ドナ「車弄りの好きな奴がいたみたいだねぇ・・・スポーツカーをそのまま使うんじゃなくてエンジンを取ったって事は載せ替えたかな?」
        遺体をひっくり返したり並べたりしたが
        ラファ「よくわかんねぇな」
        レオ「そうだな・・・」連絡はキャルに頼むことにする -- ブラックトータス 2020-07-11 (土) 20:32:11
      • さっきのはヒットマン(90年代のアメコミ、ハゲの暗殺者にあらず)の台詞だ、気にすんな。 隠れられそうな場所と言や、荷物の中だが…
        (手近な木箱のフタを開けてみる)…いかにも足がつきそうなブツばっかりだな。 んで、肝心のスーパーカーはエンジンなしって…どういうこった?
        持ち帰るにはレッカーでも要るか…俺ぁ成功報酬だけでいいが。(連絡がつくまでの間、周辺警戒も兼ねて隠れられそうな箇所を見て回る) -- リアム 2020-07-11 (土) 21:09:04
      • その後、クライアントからの情報に基づき確かに仕事を達成した事を確認して撤収した -- ブラックトータス 2020-07-12 (日) 00:33:20
      • 「偽物でも作って詐欺でもやるつもりだったのかな、くそっ!なんかめぼしい車でもあればいいんだけど……」目印となるものがメールで届くまで、ひとまず家探しする。
        さすがに組織丸ごととなると結構た拾いものもあり、洗浄してもそれなりの稼ぎにはなりそうだ。 -- キャル 2020-07-12 (日) 01:13:30

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • ポート・マフオネス
    • 倉庫
      • (近頃港倉庫を根城にしている新生のギャング集団…数は10人前後だが、強硬な手段を取る荒くれ者達だ)
        (彼等がターゲットにするのは主に同業者の密輸品等であり、元々が違法な物品ゆえ警察にタレこまれる事も無い。そんなこの街の事情を活かして最近は特に派手にやっている様子である)
        (クライアントからの情報提供により数は割れている。彼等が根城とする倉庫群の入り口には常に3人程度のギャングが交代で見張りをしている様だ。羽振りが良いのか、倉庫の回りには何台かの高級車が止まっているのが見て取れるだろう) -- 2020-07-09 (木) 21:58:10
      • (問題の倉庫からやや離れた地点。バイオリンケースからトミーガンを出して組み立てている 予備のマガジンは腰のポーチに差し込み)
        んで、連中を誰一人逃がさず始末しろってな話だったな… 突入のタイミングさえ合わせられりゃ、後はどうとでも料理できそうだが。
        …へぇ、いい車乗ってやがる。俺の趣味じゃあねぇが、売ればけっこうな額になりそうな…(遠目に様子を伺いながら、そんな感想を零す) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:05:03
      • ドナ「いるねぇいるいる・・・少数精鋭なんて言ったら聞こえはいいけど、守りに回っていい人数じゃないよね」倉庫から離れたSUVの中、ナイトビジョン遠くからで確認してドナテロがぼやく
        レオ「攻められるって自覚もない筈だがな・・・マイキー、配置についたか?」建物の影、見張りを射程内に捉えたままレオナルドが確認する
        マイキー「着いてるついてる、皆バッチリ見えてるよ」狙撃位置に着いたミケランジェロが応じ
        ラファ「どっち狙ってんだバカっ」レオの隣にいるラファエロが遠目に威嚇する、爆弾が取り付けられたラジコンカーを地面において「おいドナ、いつでもいいぜ」
        ドナ「こっちでどデカい合図を上げるから、それに合わせてくれればいいよー」リアムに無線を送りつつVRゴーグルとリモコンを装備、爆弾付きラジコンカーを見張りめがけて走らせる・・・訝しんでる間にドカンと行く作戦 -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 22:10:27
      • オーケー、そいつに巻き込まれないぐらいには近づいておくか…期待してるぜ(合図について無線連絡を受ければ、必要な装備以外は車のトランクに置き)
        電撃戦だ、こういうのはスピードが命だぜ…あとはキャルの方の準備が完了すりゃぁ…ってとこか?
        (闇に紛れてしまえば、不必要に足音を立てない限り目立つ事もないだろう。見張りの目が届かない裏側から迂回し、隣の倉庫の壁際に背を預ける)
        …そんじゃま、合図待ち。(ついでに裏口とかないかなーとチラチラ様子を伺うの図) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:20:30
      • ビーチから来たので水着の上にボディアーマー、足を保護するごつい革のブーツにグローブ、PDWを抱え、ショーツにリボルバーを突っ込んですでに準備は万端。
        スカーフとゴーグルで顔を隠し、髪をゴムで縛れば臨戦態勢。
        「すげーな、あれ!カウンタックじゃん!帰りにパクッテこうぜ」 -- キャル 2020-07-09 (木) 22:21:28
      • ドナ「サンダーバード2号から解き放たれましてー・・・ドナちゃんカー発進!」
        ラファ「誰が何だって?」
        ドナ「〜♪」鼻歌交じりにファンキーな装飾を施されたラジコンを操作して見張りの足元へ・・・そして
        ドナ「ギャングさーん遊びましょっ」赤いボタンをぽちりと押せば仕掛けられた爆弾が派手に炸裂する -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 22:46:52
      • キャルの方は上陸作戦かよ…また随分と意表を突いた手だな(裏口に鍵がかかってるのを確認し)
        合図ってアレかよ…ははっ、最高にクールだ(ラジコンカーに爆弾、という手法に感心するのも束の間 爆発音が響く間にドアノブを銃撃し、裏口を蹴破る)
        ハーイ、裏口からこんばんはだ。お前さんらに出前の品を届けにきたぜ!商品は大量の鉛、ついでに送り主から伝言だ…「くたばれ」ってな
        (状況把握もままならない内、裏口の破壊音に振り返るギャングの一人を蜂の巣にして倉庫内に飛び込む…まずは手近な遮蔽物へ) -- リアム 2020-07-09 (木) 22:53:57
      • 「カウンタックには傷つけんなよ」港側は思った通り手薄。騒ぎに乗じて倉庫まで近づき、ドアを開けて中に入る。
        (さて……どうすっかな……)出入り口付近に座り込み、身をひそめる。コンクリートの床に水のシミが広がる。
        (突っ込んでもいいけどこっから逃がすのもまずいよな)ひとまず、騒ぎが落ち着くまでここで待機し、目についた敵に銃弾を撃ち込むことにした。
        PDWを抱え、廊下に置かれた金属のダストボックスから通路を覗く。 -- キャル 2020-07-09 (木) 23:08:41
      • ドナ「あー・・・・」ドローンに視界を切り替えて「・・・保証しかねる」割と近かった
        ラファ「ちょっと傷がついたくらいなんだってんだ」爆発で吹っ飛んだ見張りにアサルトライフルで止めを刺しながら近づく
        レオ「マイキー、逃げだす奴がいないかよく見ておけよ」こちらも見つけた敵に弾丸を浴びせながら突入していく
        ドナ「敵さん慌ててるねぇ・・出てくるよ、位置的にはレオ達と鉢合わせするけど、リアムが後ろを取れる形だ」
        レオ「良し、いくぞ」
        ラファ「おうっ」散発的な射撃で数人のギャングを引き付ける
        マイキー「キャルちゃーん、そっちに二人、近づいてくるよー」別の倉庫の上からスコープで狙ってるミケランジェロが警告する -- ブラックトータス 2020-07-09 (木) 23:19:59
      • どうしたァ、遠慮なく腹いっぱい食っていってくれよ!(密輸品を収めた箱やコンテナを盾に、腕だけ出してトミーガンでの牽制)
        (後方にも敵がいることをアピールし、伏兵には意識が向かないよう注意を向ける…といっても釘付けにできているのは2名ほどで)
        悪ぃ、こっちからじゃ正面の状況が見えねぇ。流れ弾がそっちいかねーとは思うが…1人仕留めて、こっちに2人居る
        (後のモデルと違って、毎分800発とSMGにしては高レートの連射速度。銃が重い分ブレは少ないが、弾切れは案外に早い)…チッ、どっかで隙を… -- リアム 2020-07-09 (木) 23:29:57
      • 「いくらすると思ってんだよ、スーパーカーだぞ!?くそっ!」裏でさばけばかなり目減りするが今回の報酬より高いかもしれない。
        (二人か……)すぐに足音が聞こえてくる。いったん外に出て逆に襲撃者の後背をつこうとでもいうのだろう。
        一人目をやり過ごし、二人目にタックル。屈強な男だったが、疾走している勢いで足をもつれさせ転んでいる、すきに一人目の背中に銃弾を3つ。倒れている男の手から拳銃を蹴っ飛ばし、胸に二発。
        「二人、片付いたぜ。」 -- キャル 2020-07-09 (木) 23:38:52
      • マイキー「(銃声)・・あれ?・・・よっ(銃声)・・んー?・・・おお、キャルちゃんすごい!」援護しようと何発か打つが結局あたらず見事に二人ともキャルが仕留めた
        ラファ「イタリア車は好きじゃねぇんだ・・・ぅぉ!?」物陰に隠れて銃弾から逃れて
        ドナ「好き嫌いじゃなくていくらするのかって話だよ」ドナちゃんあたーっく!とリアムと相対する二人にドローンをぶつけて
        マイキー「緑色してぺったんこだとなんだかカメムシみたいだよねぇ・・・お、当たったっ!!」窓からはい出し回り込もうとした敵を仕留めて
        レオ「無駄口をたたくな、今は車なんざどうだっていい」ラファエロを追い詰める三人を横合いから襲い
        ラファ「オラぁ!!」生まれた隙をついて飛び出し、仕留める・・・この四人はあまり大物にはなれなそうだ -- ブラックトータス 2020-07-10 (金) 20:28:12
      • じれったくなってきたな…(状況が膠着すると飛び出したくなるのは悪い癖、自制心はあるが。残弾心もとないマガジンを交換するタイミングを見計らっていると)
        なんだぁ…!?(敵の横合い、完全に意識外の方角からぶつかって敵を蹲らせたドローン)っしゃ、ナイスだぜ…!
        (その隙にバナナマガジンに装填しなおし、遮蔽物から飛び出しがてら二人に一連射ずつ。)これで…三人
        ぼちぼち入り口側に向かうが、顔見せた途端に反射的に撃ったりはしねーでくれよ? ついでに状況報告誰か頼むぜ(無線でブラックトータスの面々に声をかけ)
        キャルの方とも合流した方がいいか…? あいつ、うまくやってるといいが…! -- リアム 2020-07-10 (金) 21:08:55
      • ドナ「えーっと?・・・入り口で3人、レオたちが3人、マイキーが1人、リアムが3人、キャルが2人・・・12人かな」
        レオ「前情報とも合致するな・・・だが一応よく確認した方がいい」
        マイキー「情報と一致してるんなら大丈夫じゃない?」
        レオ「仕事や取引で人の動きがあった可能性も捨てきれん、見た目の人数だけで判断するのは危険だ、タトゥーなりアクセサリーなり、奴らなりの共通点がある筈だ、よく調べろ」
        ドナ「まだ潜んでるかもしれないから気をつけてね」 -- ブラックトータス 2020-07-10 (金) 22:29:25
      • つーことは…ほぼ片付き? 一応チェックして、隠れてる奴いねぇか見て回るが…(自分の始末した3人も、足で小突いて生きてないか確認し)
        おーい、死んでねぇやつ…手ぇ上げろ …いねぇな?(内部をぐるり回って入り口に姿を現す)
        入り口で吹っ飛んだ連中も、これ以上ないぐらいに死んでらぁ…多分問題ねぇだろう。 タトゥーもアクセも色々ついてて、どれがグループの目印やらな… -- リアム 2020-07-10 (金) 22:45:59
      • 「静かになったな……」静かに、倉庫の奥へと入っていく。
        「よう、片付いたみたいだな、カウンタックは無事か!?」慌てて車に駆け寄って。「結構傷がついてんな……」ボンネットを開ける。「こいつ、エンジンが付いてねぇ……」
        「くそっ……本物ならガワだけでも結構高く売れるだろうけど……目印なら、マナティの旦那に聞けばいいさ」スマホで連絡。「旦那、片付いたぜ」 -- キャル 2020-07-11 (土) 00:40:11
      • ドナ「その呼びかけでのこのこ出てくる奴いる?」
        ドナ「車弄りの好きな奴がいたみたいだねぇ・・・スポーツカーをそのまま使うんじゃなくてエンジンを取ったって事は載せ替えたかな?」
        遺体をひっくり返したり並べたりしたが
        ラファ「よくわかんねぇな」
        レオ「そうだな・・・」連絡はキャルに頼むことにする -- ブラックトータス 2020-07-11 (土) 20:32:11
      • さっきのはヒットマン(90年代のアメコミ、ハゲの暗殺者にあらず)の台詞だ、気にすんな。 隠れられそうな場所と言や、荷物の中だが…
        (手近な木箱のフタを開けてみる)…いかにも足がつきそうなブツばっかりだな。 んで、肝心のスーパーカーはエンジンなしって…どういうこった?
        持ち帰るにはレッカーでも要るか…俺ぁ成功報酬だけでいいが。(連絡がつくまでの間、周辺警戒も兼ねて隠れられそうな箇所を見て回る) -- リアム 2020-07-11 (土) 21:09:04
      • その後、クライアントからの情報に基づき確かに仕事を達成した事を確認して撤収した -- ブラックトータス 2020-07-12 (日) 00:33:20
      • 「偽物でも作って詐欺でもやるつもりだったのかな、くそっ!なんかめぼしい車でもあればいいんだけど……」目印となるものがメールで届くまで、ひとまず家探しする。
        さすがに組織丸ごととなると結構た拾いものもあり、洗浄してもそれなりの稼ぎにはなりそうだ。 -- キャル 2020-07-12 (日) 01:13:30
  • ポート・マフオネス
      • マイキー「じゃじゃーん!持つべきものは友ってね」到着した一行に借り上げた漁船を見せるミケランジェロ
        ドナ「防弾(サンアッシュクロス)仕様なのがありがたいね?ウィンチは網の引き上げ用だったから少し手を加えた、ソナーも専用の物を取り付け済みだよ」先行して準備してたドナテロが顔を出す
        レオ「良しよくやった ウラジオストクの奴らが手間取っている内に、とっとと済ませちまおう」機材を運びこんでるレオナルドと・・・
        ラファ「・・・大丈夫・・だよな」揺れる船におっかなびっくりなラファエロだ -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 19:49:28
      • 「こんなオンボロで大丈夫なのか?」紐で留められた眩しい白いビキニでビットに腰掛けて作業を眺めている。ソフトウェアも苦手だがハードウェアは苦手なのは学校に行っていないからというわけでもない。 -- キャル 2020-06-25 (木) 20:18:41
      • ラファ「そうだそうだっ折角ならクルーザーみたいなの用意しろよ」揺れるといっても船としては妥当なレベルで、端に掴まってるラファエロの反応は過剰と言ってよかった
        ドナ「そういうのはお金貯めて自分で用意して、これだって立派なもんさ」カチャカチャと潜水用具などの調子を見てるドナテロ
        レオ「ラファ、怖いなら港で待っててもいいんだぞ」
        ラファ「こ、怖かねぇよ?」
        マイキー「ラファは泳げないもんねー?あ、ひょっとして昨日観たサメ映画のせい?」
        ラファ「うるせぇ!余計な事言うんじゃねぇ!」
        ドナ「よし、準備完了っ出航できるよ」
        ミケランジェロの操舵で船が動き出す、移動中にドナテロが地図を見せて船が沈んだと思われる場所について説明している
        ドナ「はい、じゃぁここでドナちゃんの嫌な予感クイズ ウラジオストクの連中は沿岸警備隊と交渉中だけど、それが通ったらすぐにでも潜って回収したいはずだ・・・だったらどうすると思う?」 -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 20:35:24
      • 「そりゃ、近くに船で待機してるんだろうぜ。ただ」尻を突き出し、テーブルの上の地図に乗り出すようにしていくつかのポイントを指差しながら続ける。
        「沿岸警備隊の奴らと鉢合わせはまずいからこの辺……。沿岸警備隊の奴らも交渉中だから上からイワンの奴らを刺激しないように言われてるはずだ……だから、ポイントから距離をとってこの辺りの岩礁かな?だとすると、イワンはここか、ここだ。」突き出した尻を揺らしつつ、いくつかのポイントにペンで丸を書く。
        「両方と鉢合わせないように近づけるのは、ここまでが限度だな。」 -- キャル 2020-06-25 (木) 20:47:41
      • ドナ「正解、いい読みしてる」うんと頷く「という訳で、丁度今ここまで来たわけだ」
        マイキー「ついたよー、GPSの位置ぴった!でもソナーはよくわかんない!」
        ドナ「ご苦労さんマイキー・・・ちょっと期待してたけど、残念ながらここからじゃソナーに反応はないね」
        レオ「帰りはウィンチで引き寄せられるとしても、泳いでいくには距離がありすぎないか?」
        ドナ「だから水中スクーターが必要になる訳だ」どんっと二つ置く「一つは僕が使うとして・・・もう一人はどうしようか?万一に備えて水中銃を持っていて欲しいね」来るかい?とキャルを見て
        ラファ「・・・うっぷ・・どうでもいいけど早くしてくれ・・・」ラファエロは船酔いでグロッキーになってる -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 21:00:23
      • 「用意が良くて助かる。地図を見ながらこの距離を泳ぐのかってうんざりしてたとこだ。」言うが早いがビキニの上にスキューバ用の道具を身に着け始める。
        「こんな沖で泳ぐのは初めてだから楽しみだぜ…おっと!」足ひれをつけて立ち上がろうとし、ボンベの重さに足元がふらつく。 -- キャル 2020-06-25 (木) 21:06:38
      • レオ「大丈夫か?潜ればマシになる筈だ」ふらりとしたキャルを支えて
        ドナ「上に三人も残るのは無駄が多くて嫌なんだけどねぇ」
        マイキー「実質二人じゃない?」
        ラファ「うるせぇ・・・」
        レオ「準備ができたら合図を送れ、ラファは引き上げ係だ、それ位なら出来るだろ?俺は周囲を警戒してるから、マイキーは操舵室から出てくるな」
        ドナ「よし、んじゃぁ行こうか」スキューバの装備一式に工具をごっそり身に着けたドナテロが海に飛び込む -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 21:14:05
      • 「じゃあ行ってくるぜ。ワインをちゃんと冷やしといてくれよな」スパイ映画のように背中からドボンと海に落ちる。
        《水中バイクってのはあれか?》※ここからの会話はハンドサインでお送りします。 -- キャル 2020-06-25 (木) 21:21:50
      • レオ「積んでないぞ、酒は帰ってからだ」
        ドナ《そうそう、これもってー》と手に掴んでモーターで勢いよく水中を移動できる奴を一つ渡すと、自身は沈没情報と海流から予測した目標地点にすいーっと進んでいく
        問題なく辿り着ければ海底を探ることになる -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 21:27:54
      • (こうかな?)マブチなかんじの水中バイクの取っ手を掴み、スクリューを回す。
        ごぼぼっ…ごぼっ
        出足はうまく扱えず、何度か海底の岩にぶつかりそうになったが、すぐに慣れて思い切りスピードを出しはじめる。乗り物を運転する姦は鋭い。
        ごぼぼぼっ
        しかし、調子に乗る性格。流体の中でスピードを出すと、水着と肌の隙間に勢いよく水が流れ込み、一瞬でショーツが後方へと泳ぎ去る。
        なんでダイバーがウェットスーツを着るかを身を持って知ったのだ。 -- キャル 2020-06-25 (木) 21:35:55
      • ラファ「・・・女の水着が浮かんでる・・・」
        レオ「何言ってるんだ?ちゃんとワイヤーの方を見ておけ」
        しばし捜索すればそれらしき残骸を見つけて
        《あった、これが船首部分だから目的地は・・・》振り返った所でごぼぼっっとびっくり《ショーツどうしたの!?》 -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 21:43:11
      • ブンブンブン手を振って《こ、こっちみんな!》のハンドサイン。
        キュッと足を閉じて見えないようになるべく尻を後ろ側に突き出し、真新しい船の残骸を指さし《いいから、目的のものを早く探せ》のサイン。 -- キャル 2020-06-25 (木) 21:46:49
      • 《わけがわからないよ・・・》首を振りつつ仕事に集中する事に
        一緒に沈んだイワンの亡骸を適当に払いのけながら貨物を一つ一つ開いていって
        《あった、作業するから、周り注意してて》ワイヤーで結んでいく
        レオ「・・・拙いな・・イワンの奴らの船影が見えた・・・向こうからも見えてるとしたら、急がないとまずいかもしれん」双眼鏡を覗きながらぼやく -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 22:00:22
      • 《うへぇ……しばらく魚は食えねぇな》海の生き物たちの餌になったロシア人の死体に青い顔。
        《2人でやったほうが早いんじゃないのか?》訪ねつつ、一先ずは周りに気を配る。青い海中に色とりどりの魚や海藻、まるで遊園地のような景色に見とれる。
        (これが海の中か……) -- キャル 2020-06-25 (木) 22:11:13
      • 海の中は綺麗な景色だけとは言い切れない、色とりどりの魚に紛れて小型のサメの姿も見て取れる
        《警戒してて》そう告げるあいまにもさっさと重心位置から最適なポイントにワイヤーを絡めて
        海に見惚れているキャルを突いてワイヤーに掴まるように指示する
        合図を送れば程なくけん引される事だろう -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 22:18:07
      • 《おわっ……》サメが近づいてこないように必死に祈る。身体が自由にならない海の中、恐怖に背筋が凍る。
        《えっ?あ、ああ、了解》太いワイヤーを掴むと、グローブ越しに金属の硬い感職。滑らないように両手でしっかりと握って合図を送る。 -- キャル 2020-06-25 (木) 22:24:50
      • レオ「・・・近づいてきてるな・・おい、ワイヤーは?」
        ラファ「やべぇじゃねぇか・・ってはいはい!」反応しているのに気づけば巻き上げていく・・
        ワイヤーの確かな導きと共に海面が近づき・・・ざばっと
        ドナ「はーい回収してきたよぉ(銃声)うわ!?」
        レオ「来たか、早く上がれ!マイキー!」
        マイキー「あいよー」二人が船上へと上がるのを待って船を発進させる
        ラファ「ウラジオストクの奴らに気づかれた、まだ遠いが撃ってきやがった」引っ張り上げながらラファエロが状況を説明して -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 22:43:41
      • 「な、なんだなんだ!?くそっ、アカ共め、資本主義的勤勉さに目覚めたのか!?」船上に向かって両手を上げる。海中から上がると身体が重くて船に上がれない。何より下を穿いていないので恥ずかしい。
        投げ込まれるように甲板に前転で転がり込むと、船べりに鉛玉が当たって破片をちらしながら木の手すりが削れる。
        そのまま寝転がるようにして酸素ボンベを外し、顔を出さないように背中を船べりに当て座り込み手を差し出して銃を渡すように促す。 -- キャル 2020-06-25 (木) 22:49:20
      • ラファ「お前ら海ン中で何やってたんだ!?」下半身に何もつけてないキャルをみてツッコミを入れるラファエロ
        ドナ「大いなる誤解だと言いたいね!」引っ張り上げた貨物を固定するのにいそがしいドナテロ
        レオ「(ライフルを投げ渡しつつ)落ち着くんだっこの距離じゃそうそう当たらない」積み込んだ道具の中からアサルトライフルを二兆引っ張り出して一つをラファエロに持たせる
        マイキー「でも追われたまんまじゃ引き渡しはできないよ、お客さんに渡す前に取られちゃうっ」全速力で船を走らせる
        レオ「沿岸警備隊の方に近づけっ匂わせれば奴らも警戒して下手に近づけなくなるはずだ」
        ウラジオストクのクルーズ船が近づきながら突撃銃と思わしき銃声を響かせている
        だがこちらの漁船だって負けてない、かなり高い防弾性を誇るのはこの街に住む漁師ならば当然の備えなのだろう、遠くから撃たれる分には穴が開く様子はない
        レオ「応戦しろっ」 -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 23:08:18
      • 「ばっ!ばかっ!何もしてねぇよ!水中バイクのスピードが出すぎたんだよ!」おっとっとと投げ渡されたアサルトライフルを取り落しそうになりつつ、よっこらせと船べりに銃身を乗せる。重い銃を自在に扱うには腕力が足りない。
        「妙だな……狙いが正確な割にイマイチやる気がねぇみたいだ」こちらの正体を測りかね、本気で潰すのではなく牽制と様子見の攻撃のようだ。停船を呼びかけてきているが、もちろん止まればただでは済むまい。先ほど海中で見かけたロシア人と仲良くするはめになる。
        しかし、彼らもここでドンパチを続ければすぐに沿岸警備隊がやってきて状況を混乱に陥れることになるのを知っており焦っても居る。 -- キャル 2020-06-25 (木) 23:27:55
      • マイキー「本日は晴天なり、波は穏やか、白桃が眩しいねぇ」蛇行気味の回避航行
        ラファ「うえぇぇ・・・」船酔いに耐え切れず、海にぶちまけてる
        レオ「(タタタンっと撃ちながら)付かず離れずを保ってこっちの上陸を待てよかった物を、焦って失敗したなウラジオストク」
        ドナ「多分本隊じゃないよ、装備だけ借りた下請けじゃないかな、この感じは・・・マイキー!そのまま大きいRを意識して陸を目指して、それで沿岸警備隊の警戒範囲をかすめられる」
        キャルとレオが撃ち返せば向こうも応じない訳にもいかず・・・そのまま沿岸警備隊の警戒網をかすめるようにすれば、ウラジオストクも手を引かざるを得なかった

        レオ「撃ち方やめ!・・・離れていく・・か?」
        ドナ「逃げきれたっぽいねぇ・・・」
        マイキー「ねぇみんな?見てみて!クライアントから連絡来てるよ」操舵室からスマホを掲げるミケランジェロ、その内容を読んで
        レオ「トライアイズ・・・一体どこから見てやがった・・・」その不気味さに背筋を寒くした
        ラファ「陸地が恋しい・・・グスッ・・」 -- ブラックトータス 2020-06-25 (木) 23:50:56
      • 「うええ……」ライフルを抱えて甲板にあぐらをかく。「あれで軍人じゃないってのかよ……じゃあ訓練された奴らはどんだけこええんだ……」
        「あれで見張ってたんかな?」小型のドローンが見える。「もっとこっちの仕事を信用してほしいもんだ……」ドローンに向かって尻を突き出し、ペンペンと叩いてみせた。 -- キャル 2020-06-26 (金) 00:00:52
    • 倉庫

Last-modified: 2020-07-12 Sun 01:13:30 JST (33d)