コルテージュ家出身 ガルデリア 374252 Edit

ID:374252
名前:ガルデリア
出身家:コルテージュ
年齢:18
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
イメージソング:Red Faction
ステータス/戦歴

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst053287.png



編纂
お名前:
  • ?この辺りだと聞いたんですけど…引退されたから、お祝いでいないのかな?(誰もいなくなった部屋の前で首を傾げ) -- リアン
  • あ、あれ、ガルデさん引退したと聞いてたのに……帰ってないんですかね…? -- ニキ
  • 黄金暦145年 7月
    • 鉛色の甲冑に護られ、一人の少女が歩みを進める
      僅か数年であるが、この街で過ごした思い出が一歩毎に反芻されてゆく
      • 学習の記憶、友人との交流、近しいものの死
      • ガルデリア・コルテージュの冒険者としての生は、今ここに終了した
        これから先は、綴り手のいない、誰も知らない物語である

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

Edit

なんか 15歳 16歳

ガイドブック Edit

Cortege Edit

ガルデリアはコルテージュ王朝第十三代の皇女である。
継承権はまだない。
とある武国の分家からなる騎士団を持ち、領地内にある豊富な鉱産資源からなる産業もあることで、
黄金暦以降に建てられた比較的新興の国でありながら、国力はまずまず。
近隣の軍事国家から縁組の働き掛けを受けており、王室は緊張状態。
現在ガルデリアを連れ戻すため、数名の騎士が派遣されている。

History Edit

ガルデリアには一回り年の離れた姉がおり、非常に慕っていた。
本来継承権を持っていたのはこの姉である。
姉も大変妹を可愛がっていたが、悲劇が起こってしまう。
婚礼を目前に控えた姉が突然命を絶ったのだ。
遺書には職業が冒険者だという行きずりの男にどうしようもなく惹かれ、体を許してしまったこと。
不貞の戒めとして、自分の命で償ったという事実。
婚約者、両親、妹に対する謝罪。
そして相手を恨まないでほしいとの言伝が記されていた。
この事件の後、同じ轍を踏まぬようガルデリアは四六時中生活を監視されることとなるが、遂に国外への遁走を果たしたのだった。

全ては、姉の敵を討つために。

Oliveira Edit

魔法文明を排斥し、機械工業による発展を遂げた共和国。
現在では『GeiselhausType:ver.SamStag』という自律機械人形が主な輸出製品となっている。
Auernhammerと呼ばれた魔術師の一族を擁しており、数名の人間が冒険者となった記録がある。

Liechtenstein Edit

調和を秩序を重んじる君主国。
その歴史は古く、独自の戦技の研磨を行ってきた。
数名の騎士が冒険者となった記録がある。

Excuse Edit

・断罪の剣詰所での言動に関して言い訳という名の補足 Edit

  • 本当に誘拐されたの?
    • もちろんです
  • 誰に誘拐されたの?
    • とある武国の方々です
    • 彼女を人質として交渉などに有利になろうとしました
  • でもそれ説明になってませんよね?
    • 仕事人として野良契約者が絡んでいたので多少不可解な状況になってます
    • 彼女は契約者についての情報を断罪の剣には口外していません
  • やっぱりそれ根本的な説明になってませんよね?
    • 仕様です

Last-modified: 2010-01-05 Tue 02:29:17 JST (3806d)