名簿/514200

  • (アイシャドウや口紅を求めてやってくる) -- ピノ 2014-06-23 (月) 23:02:53
    • あ、いらっしゃいまs・・・ひゃ。あ、あわわ!?
      (交易店といってもこの村では閑古鳥が鳴くもので、手入れはしているが店内は静かであった)
      (カウンターで一人静かにトランプタワーを積み上げていたが
      来店のベルと共に急ぎ立ち上がると、タワーが崩れてしまい慌てふためいてしまう) -- ミーティ 2014-06-24 (火) 01:41:55
      • (呆気にとられる。頬を指で掻く)……悪いことしたかな、私
        大丈夫? ……あればでいい。パープルのアイシャドウと薄いブラックの口紅が欲しい。扱ってる? -- ピノ 2014-06-24 (火) 02:01:15
      • 雑貨品でしたらザックさんの店ほどではありませんが取り扱ってますよ
        (営業中にすみませんねと愛想笑いをすれば机に広がったカードをかき集めて脇へと置く)
        紫色のアイシャドウと黒色のリップですね、それでしたら置いてありますよ
        (シルクハットを頭より取ると、ワン・ツー・スリーの掛け声で帽子の鍔を叩く)
        (すると何も無かったはずの帽子から刷毛と染料、口紅の筒が煙と共に中より出てくるのであった) -- ミーティ 2014-06-24 (火) 02:13:19
      • (瞬き)鮮やか。手品じゃなくて、魔術なの? そう、それが欲しかった。なかなか手に入らなくて、ザックの店でもね
        この色の物は、他に買う客が居ないかもしれないけど、また仕入れておいてくれると嬉しい。できればよろしく
        (代金分の金貨を積み上げて、世間話もそこそこに戻る。街道整備に関する仕事が山積みらしい) -- ピノ 2014-06-24 (火) 02:25:56
      • いえ、私のこれは手品ですよ。種も仕掛けもございませ〜ん…なんてですね
        女性のことでしたら同じ女性同士の方が相談にも乗りやすいでしょうし、今後とも当店をご贔屓に願います (ぺこり)
        (街道事業の話も交易店からすれば死活問題であり、周囲の蛮族たちの襲撃も懸念されている)
        (ゆえにこれより村を大きくするには、常駐する見張りや周辺地域の制圧などが求められ冒険者を雇うという線もあげていた) -- ミーティ 2014-06-24 (火) 02:32:12
  • …街道ぉ整わ無ェとアンタらもヒマだな -- リョウ 2014-06-23 (月) 22:33:39
    • そうですよねえ…。前に目にしたのですが街道ではなく海路による輸送も視野に入れた方がいいかもしれませんね
      ただそうなると陸路よりも輸送費が高くついてしまうんですよ。ですから物はあっても値段が高くて手を出せないということもありまして
      ・・・あー、もう。このままでは社長に申し訳が立ちませんよ。私を助けるためと思って何か買っていきません? -- ミーティ 2014-06-24 (火) 01:39:59
      • …俺の舟ぁ出さ無ェぞ。荷運びにぁ向か無ェ舟だし漁師が俺しか居無ェ今ぁ漁ぉ休むのぁゴメンだ。前ぁザックが村のためって言うからよ(ぶつぶつ)
        街道が通るってェ話もなかった頃ならともかく、あとひと息で道の整備も形になりそうじゃ無ェか。踏ん張ンな(へへっと笑う)
        …てェか、言ったような状況ならいったい何が買えるってンだい? -- リョウ 2014-06-24 (火) 01:50:29
      • うちの商会の所有する船はあるんですが、わざわざ開拓村にむけて採算が取れるかというと・・・
        もっと宣伝に力を入れた方がいいのは分かるんですが、いまいち品物がなくて…
        あの、でしたら花を買っていきませんか? うちのミザリーが作ったものがいっぱいありまして・・・
        (ちらりと窓の外をみれば絢爛の花に囲まれた生産班のミザリーの姿があった) -- ミーティ 2014-06-24 (火) 01:55:39
      • 村に水夫が1人でも居りゃあなぁ…海運ってェ手もあンだろうけどよ(水幸グループの薄さを嘆く。漁師も増えろー)
        …花ぁ? そいつぁ漁に使えンのか?(じろりと見る、朴念仁っぽいハゲ) 酒の肴になンのか?
        俺が花ぁ抱えて歩いてたら、村の掲示板に何い書かれるか判ンねぇぞ。とにかく似合わ無ェんだからよ(ぶつくさ言う)
        …幾らだ? -- リョウ 2014-06-24 (火) 02:02:19
      • お気持ち程度でいいですよ。…どうせ、余ってますから
        (窓の外のミザリーは花に囲まれる姫君のように上機嫌、しまいには両手いっぱいの花を抱えてワンコーラスを始めるほどであった)
        家に飾るなんて柄じゃないですよね。でしたら誰かに気持ちとして差し上げてみたらどうでしょう? -- ミーティ 2014-06-24 (火) 02:06:11
      • 村にも花ぁ愛でるヤツぁ居るだろうが、なるほど過剰生産ってヤツだぁな(呆れてミザリーを見る)
        …ンなのぁ、ますますもってガラじゃァ無ェや。おう、コレで束ねられるだけ暮れや(カウンターに金貨を一枚コチリと置いて) -- リョウ 2014-06-24 (火) 02:09:22
      • 優しい人なんですけど、優しすぎて頭がお花畑というか…ハァ……
        (お客の前だというのに愚痴を零しつつ、花束を作るために活けてあった花を取る)
        (花束を彩るのは6月のアガサンパス。花言葉は恋の訪れである) -- ミーティ 2014-06-24 (火) 02:22:47
      • (朴念仁は花言葉なんて当然知らない。恋心を伝えるには寝所に旬の魚を投げ込むような風習のある地域の出身だ) おう、どっか寂しげな花だな
        …でもまあ、綺麗っちゃ綺麗だ(わしっ、と花束を掴み) おぅ、邪魔ぁしたな(ハゲは帰って行った) -- リョウ 2014-06-24 (火) 02:28:17
      • (プレゼントするにはいい選択であったと自負するが、それを生かせるかはまた別のお話なのである)
        いえ、また今後とも当店をおねがいしま〜す☆ -- ミーティ 2014-06-24 (火) 02:33:42
  • ふぁ〜ぁ〜…。準備はひとまずこんなところかな、日誌は…起きてから書こうと ( ˘ω˘)スヤァ -- ミーティ 2014-06-13 (金) 04:01:09
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Last-modified: 2014-06-24 Tue 02:33:42 JST (2445d)